アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2020.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.06≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

2006.11.18 Sat
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを往く者




見るの遅いです。そのうちテレビでもやりそうですよね。やらない?感想は続きから。ネタバレっていうか自分が感じたことを連ねてるだけですが…
あらすじ
アニメ最終話で錬金術世界から現実世界へと飛ばされたエドワードは18歳になり、元の世界に戻る為にロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見るアルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。
あるとき、街で行われたカーニバルに来ていたエドワードは一人の女性に出会った。彼女の名は「ノーア」。彼女には、自分が触った相手の心の中や記憶を観る事ができるという不思議な力があった。彼女は「ジプシー」と呼ばれる被差別民族で、自分たちのことは「ロマ」と呼んでいた。そんな彼女と出会ったエドワードは、次第にドイツで起ころうとしている壮大な計画へと巻き込まれてゆく。そしてそれは同時に、錬金術世界の破滅の危機をも意味していた。
一方、アメストリスで13歳に成長したアルフォンスは兄を探す旅に出る。アルはエドとともに旅した4年間の記憶を失くしていたのだった。そして大切な思い出とともに、希望が時に予想だにしない悲劇を引き起こすことになるということも忘れていた。「兄さんに会いたい」その純粋な想いの果てに悲劇が待っているとは知らずに…。
引き裂かれた兄弟、シャンバラを求める者。門の鍵を為す者、様々な人間の思惑と欲望を孕んで物語の幕は再び上がる。


映画館でやってたときすっごい見に行きたかったんですけど時間がなくて結局見れなくて終わっちゃって、DVDも買うか買わないか迷ってたんですけど結局買わずに友達に借りて見ました(笑)思ったまま書き連ねてるので話がいろいろと前後してます。

出てきて早々ウラニウム爆弾がスチームボールにしか見えなかった(スチームボーイ?)
これって、アニメ全編見てないと全くもってわけわかんない話ですね。いや見てるからいいんですけど、これ単品だけで見るとわけわからん、の一言で終わるよな~と。鋼が好きなら勢いで見れちゃうっていうのもあるような気がしますが。
現実世界(アニメ限定)では亡くなっている人物も、ミュンヘンでは生きていて全く同じ名前で別人として生活している、というのは面白かったです。勿論、生きている人でも同姓同名で実在しているのですが。それがエドにちょこちょこ絡んでいて面白かった。キング・ブラッドレイは映画監督になってますし(笑)

ある意味原作の法則を無視しているところもありましたね。錬金術が使えないのにエドの元いたアメストリスへの門を開くことが出来るとか(いくらホーエンハイムとエンヴィーを代価にしたとしても錬金術が使えないんだからそもそも無理なんじゃ?)ウィンリィの作った機械鎧の接続箇所にホーエンハイムの作った義足がぴったりはまるとか(まあそれはホーエンハイムがうまく繋がるように工夫したということなの?)最後にエドがミュンヘンに戻ってくる際にエッカルトは真理に半分捕まりつつドロドロに帰ってきたのにエドとアルだけ無傷で全然平気なのか、とか矛盾点はいろいろありましたが、それを横に置いといても十分楽しめる内容でした。

アルも、ホーエンハイムもノーアも、ハイデリヒも自分とエドのことを思ったが故の行動だったと思います。足掻くことをやめて自分にとって居心地のいい場所を見つけ、ぼんやりと実感の供わない日々を過ごしてはいますが、結局扉の向こう側は時間軸が違うだけの現実、なのですよ。それを見て見ぬふりをするエドを、余命少ないハイデリヒは横で見ていて、辛くて辛くていたたまれなかったんだと思います。好きな人、大切な人(別に変な意味ではなくて)がそんな風にしてたらそりゃ辛いですって。
「僕達はアナタの夢の中の存在じゃないんだよ。僕は確かに此処にいる。僕は僕だ。忘れないで。」
というハイデリヒの言葉がそれだと思います。
ロケットを完成させ、エドを元の世界に帰して彼は満足して逝ったのだろうけれど見てるこっちはものっそい悲しかったです。そんなことで満足しないでよ。好きな人なら傍にいて欲しいと思うのが当たり前、けど好きな人が悲しんでたら自分ももっと悲しい。だから、好きな人を幸せにしてあげたい、と思ったんでしょうね。切ないです。

ここからはいろいろ個人について。

エッカルト。
人は大なり小なり自分以外のもの対して、差別意識を持っているとは思いますが、それを最大限に出していたのがこの人かな、と。自分と違うものは受けいられない、だから排除するっていうのはあると思いますけど、だからって何もしてない人を襲うのは論外です。人の暗い部分を浮き彫りに際立たせたキャラですよね。

ノーアは初期のロゼと通じるものがありました。
悪いこととはわかっていても自分の望むものが手に入るのならば悪事に加担してしまう、というところ。ただ自分の国が欲しかっただけ、なのですが結局彼女は悪に傾ききれなかった人ですね。

ホーエンハイム。
エドのためにエッカルトに協力してエンヴィーに噛まれても息子が来るまでは、と必死に我慢して最後がアレか。息子の目の前であれはないでしょう。まあ全てはエドのために、ということなのだから気持ちはわからなくもないですが不器用すぎですって。悲しいです。

ラース。
この子は精神面でも身体面でも本当に成長しましたね。
びっくりしました。イズミさんが亡くなっていたのにも驚きましたけど、同じ場所に行けて会えてよかったね。スロウスをエドに殺されて復讐心を抱いてるかと思ったらそうでもなく、素直ないい子に育っていました。これはこれでよかったんじゃないかと。

ウィンリィ。
二年前ってこれが答えか。本当はエドといつまでも一緒にいたいだろうに。この子も綺麗に成長しましたね。元々しっかりしてるなあとは思っていたんですけど、エドがいなくても一人で着実に成長してるなあと感じました。
「アレきっとエドだ。もう、待たせてくれないんだね…」
の台詞を聞いててすっごく切なかったです。一緒にいたい、その一言を押し殺してあの台詞を言えるのがウィンリィのいいところでもあり悪いところでもある…ような気がします。

アル。
記憶がなくても、兄さんのことが心配で心配で居た堪れないというのがよく表れていました。一回目に門が開いて、向こうからきた鎧が回収されてくときに必死に足にしがみついて向こう側に行こうとするアルにエドへの愛を感じました。例え記憶がなくなっていても、たった一人の兄さんだもんね。記憶をなくして二年過ごし、ようやく兄さんと一緒の生活が出来るようになって最後は本望だったでしょうね。

リザさん。
ハボック達と違ってあえて大佐に会いに行かないところに逆に愛を感じました。大佐は絶対司令部に帰ってくる、と信じているかのように。けれど、やっぱり戻ってきたときは嬉しくて、かといって次に離れてしまうかと思ったとき、追いかけてしまう様は、尊敬する上司であり、リザさんにとってとても大切な人なのかなと思いました。私はロイエドが一番好きなのですが、ノーマルではロイアイ主義なのでこの二人にも幸せになって欲しいなあと思っています。そのうち自分自身の気持ちに気づくときが来ると思ってます。うん、気づいて欲しい。

ハボ。
大佐とは呼ばんでくれって大佐に言われて、じゃあマスタング伍長殿!って調子にのってブレダにはたかれてるハボが可愛くて可愛くて。原作だと一時戦線離脱状態なので、動いてるハボが見れて私は大満足です。リザさん同様、上司が戻ってきてくれることを信じて待ってた人物。本当に心底信頼できる上司はきっと大佐が最初で最後じゃないかな、と。

大佐。
何してんの~私の第一声がそれでした(笑)アニメ大佐はいかんせん全部投げ出して一人のために戦うというようなことをやってたので、こっちの大佐も何やってるのかと思いましたよ。セリムを助けられなかったことで自分を責めて伍長に降格だなんて…もったいない。二年黙々と北方で軍務に励みつつエドの帰りをひたすら待ってたんでしょうか。てか伍長なんかならずにセントラルいってどんどん上にのぼればいいのに。そしてアメストリスをよりより国にすればいいのに。あんなに頑張って上を目指していたのは何処の何方ですか。まあでも大佐も全てはエドのためを思ってやっていたということで、本当は兄を追ってったアルを見て自分もエドのあとを追っていきたかったけれど人生をかけてきたものをそんな簡単に捨てること出来ないし、もしやったとしてもエドに帰れ!って即行言われるだろうから追いかけることが出来ない大佐はそれが精一杯だと思ってます(ロイエドだから結局は)

向こう側に帰って早々エドはノーアに抱かれて亡くなっているハイデリヒを見てしまい泣きっ面に蜂な状態。エドは行くときにハイデリヒに何もいえなくて、帰ったらまずありがとうって言おうとしてたんだけど(妄想)、帰ってきたらハイデリヒはもうこの世にはいない…辛いですよね。でもそれを一言も億尾に出さず凛としているのはエドの凄い所。アル、一緒にきてくれてありがとう。今までの生活全て投げ打って、ウィンリィのこともほっぽいてもエドと一緒にいたかったんだね。でも本当にきてくれてありがとう。これでエドも報われる気がします。
ウィンリィ、一人残ったけど絶対彼女は幸せになれます。エドもアルも、三人分まとめて幸せになって欲しい。

映像、戦闘シーンともに申し分ないクオリティでした。満足満足。

+好きなシーン+
・ジプシー達が祭りに行く最中歌ってるところ
・鎧アルと兄さんの再会
・ラースVSグラトニー(ちょっとグロかったですが^^;)
・イズミさんとラースの再会
・ハイデリヒ、エドのためにロケット準備
・ハボックとブレダが大佐のところにきたときに
「遠方まではるばるご苦労様です、ハボック少尉!ブレダ少尉!」
って敬語の使い方(伍長なのにご苦労様→本当はお疲れ様ですよ)間違ってるとこ
・リザさんが大佐と再会して、「お待ちしておりました」のあとの表情
・気球をおっかけてくリザさん「私の力では定員は一名だ」の大佐
・「おいおい伍長殿が命令してるぜ。」のあとに大佐に呼ばれてびびりながらも動くハボ
・大佐とエドの再会「今だ!伸ばせ鋼の!」(どうせならエドって呼んで欲しかった)
・「どうやらこの厄介はお前が運んできたらしいな」
「いきなり嫌味かよ。しっかし似合わねえなその眼帯」のやりとり
・「行け、鋼の。そのために私は来た」→「生きていると、思ったよ」
・アルにウィンリィのこと聞かれて「これ、ありがとな」って機械鎧見せるとこ
(エドがすっごい美人!!)

大佐が門を閉じるとき、最後にエドの顔を思い出して閉じたとか妄想する(笑)ロイエド・ロイアイいっぱいでCP好きの方も楽しめたんじゃないでしょうか。結局のところ鋼が大好きなんです。いろんな意味で、深い映画でした。映画版は原作と別物と考えてますけど、やっぱり原作では最後にはハッピーエンドで終わって欲しいと常々思います。なんかこう、いろいろと可哀想な終わり方だったので…ああでもきっとミュンヘンで兄弟二人は錬金術が使えなくても幸せ、なのかな?二人一緒にいれるっていうことが一番大切なんですよね。記憶も戻ったことだし、6年分(4年+2年)大切に過ごしてください。(それが言いたかったのです)

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TBありがとうございます!
頂いたTBは全て返信させて頂いているのですが
一部反映されない、もしくは弾かれてしまうブログがあるようです。
※楽天さん・ライブドアさん・はてなさん・ココログさん・gooブログさん・FC2等
こちらから送信不可な場合ミラーブログから送らせてもらっています。
ただ、別館からも弾かれてしまうことがあります、ご了承下さい。
こちらからのTBが二重送信になってしまった場合、お手数ですが片方削除お願いします。
申し訳ありませんが、記事に無関係のものはご遠慮下さい m(_ _)m

Top↑

税金