アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.08.31 Fri
夏雪ランデブー 第9話
『島尾は、葉月に体を借りたまま店から持ち出した植木鉢を抱え、生前に六花と最後に訪れた高尾山へ。彼を追いかけて山を登る六花は、植木鉢の中身を土に埋める葉月を目撃する。一方、絵本の世界に閉じ込められた葉月に異変が起こる。』


六花を追いかけて植木鉢の中へ飛び込んだ葉月と荷物を全て片づけて思い出の山へ向かった島尾
歩いても歩いても切れない息、まだまだうんと遠くどこまでも明るい陽射しの中を進んでいける
でもこれは葉月の若くて健康な体のおかげ、足から伝わる懐かしい土の感触も全て――…
こんな感触はあまりにも…って自分ができなかったことが全てできるからますます辛いんだろうなぁ

島尾と出かけた最後の場所、高台からの眺めを一人で見たら泣いてしまうような気がして
いたけれど案外平気なのは拍子抜けでこの場所がいいのか相性がいいのか…
そんなことを考えていたとき、昔上った木のことを思い出した六花
登りやすそうな木は親切に見える、太い枝は友好的に手を差し伸べているし上の枝は腰かけて
と言わんばかりに座り心地がよさそうできっと人に親切…ってやっぱり変わってますね
発想は絵本から、昔木を愛した女の話を詠んだせいで最後女は根っこに生まれ変わるとか
愛された木はいいところを見せようと思うようになりとにかく成長し大木になり年老いてその
間木の傍で暮らした女が三千歳になったとき木の根が病気になる、どうしても治したくて根を
食べたら毒で死んで生まれ変わって根の一部となりハッピーエンド…といえるのかどうか(苦笑)

晴れて同じ存在になったのだから女にとっては幸せ、そして製作者はなんと母親だとか
小学生のときママさんバレーの仲間内で布で絵本作るのが流行っていたそうでw
パッチワークにするにしては思いテーマ、好きだったといいながらタイトルは覚えてないと
島尾の悪い細胞も全部食べられたらいいのに…そうまでしてどうにかしたかったんだろうなぁ
無理だとわかっていてもその気持ちは嬉しかったでしょうね、それであの遺書代わりの手紙に繋がったりしてたのかな??
そして一人で木に登り上からリュックを放り投げた六花、島尾も誘うけど絶対に無理と拒否
野蛮、お転婆だと言われても体育で木登りを習わなかったのかというけれど体育の授業に
一度も出たことがない島尾にとってはどんなことをしたのかもわからないのが切ないなぁ
リレーのバトンの受け渡しもしたことがない、筋金入りのクララだとw

運動音痴の島尾を初めて見たとき冗談かと思った、かなり特徴的な走り方してるのがww
ろくに走ったことないからこんな癖がついちゃったんですかね(笑)
小学生の遠足コースにもなる低い山が島尾の登った地球上の最高峰
土を踏みしめて空を仰いで…次の人生セミになりたい、道具もってくれば歩きながら六花が
指差した花を摘んで即席でブーケができたし給水スポンジを持ってきて河原で花の展覧会も
でも約束は果たされることなく星の数ほど重なって…それが全部心残りになってるんだなあと
自分も約束を果たしていない、だからと島尾の後を追う六花!
ここまできてまた島尾サイドへ引っ張られてしまってるように感じるような(汗)

一方、植木鉢の中に飛び込んだ葉月はまたもや別の場所へ!!
かえるとかにはなってないと確認しつつも目の前には小人とガラスの棺に入った六花
…ってこれは白雪姫なパターンですかね?
おじさんて声をかけたら怒られたり挨拶されたりでガラスケース傾いちゃってるけどw
姫が眠ってる、こんな寝姿もヤバイって赤くなる葉月が♪
それにしても小人の言い分はまるででたらめ、シリアス設定で本気とか言われても(苦笑)
このあと姫にキスして起こす王子役は自分でいいのか…確認するとすたすた去っていく小人達
近づいた葉月だけど、ガラスを破って元気よく飛び出てきた六花にいいわけないと怒られた!
王子じゃないと、六花に拒否されるのがショックだというや好きだとからかったり…
前途は揚揚、若くて王子にないものを皆持ってる、希望に満ちてるというけど未来が開かれ
てるときにいうべきなのではないか、健康だというのはそんなに有利なことなのか
幼い頃から備わってない人に見ればそれだけで羨ましいと思えるのは未来があるから
六花は振り向いてくれないけれど好きなものは好きという葉月もどうにか報われて欲しい!

夏雪草の鉢をひっくり返し植えようとしている葉月の後ろ姿に、一体誰がしているのか
古いスコップも服の格好も島尾…思わず島尾なのかとついに声をかけてみることに…
黙ったままで振り向かないのは本人だからなのか、葉月だからなのかと戸惑う!!
逃げ出したときの走り方があの特徴的な動きだったからさすがに誰なのか気づいたようで
今に転ぶと慌てて追いかけて捕まえてようやく島尾だと気づいたけどどんな気持ちだったか

展覧会の花を見た瞬間から電撃が走り動かなくなるまでずっと特等席で見ていた六花
かさかさの手、涼しい顔と裏腹の気持ち、叩きつけるようなフラワーアレンジも追いかけて…
色味の強い花を使うのが好きなのはお見舞いで敬遠されがちな花だったから…
本人がどこまで自覚していたかわからないけど、定期的にある入院の直前目に痛いぐらいの
ビタミンカラーをたくさん使って呪いみたいに家じゅう花だらけにして向かったのだとか
アレンジは鏡、心の内面を映し出してると六花も気づいてたんですね
自分がしたくてやりだした店だから、これ以上迷惑かけたくないという思いもあったのかな

もしものときの話ができるうちにしておこうと離婚届を六花に差し出した島尾
場合によって六花の一存で店を手放していい…軽々しく口先で嘘を重ねても草や土を扱う
手だけはごまかせない、店にも庭にも常に愛ダダ漏れの癖して、ボロ市で選んだ変な形の
花瓶も百均で買ったその場しのぎも茶碗も雪が降り積もるように情が湧いて唯一無二の
宝物を店中に溢れさせておいて捨てるのは人任せなんてあんまり
答えを相手に任せるなんて迷宮入りさせるだけかも、それに別れ方を知らないのだと話す
ずるいけど自分には選ぶ権利はない、選んでいいならよぼよぼになるまで傍に一緒にいる
だけどそれが無理なら全部自分のものを処分できるのは六花だけ、捨てることを託すしか
できないのは本当にふがいないけれど…処分することが次へ進む一歩でもあると考えてたのかな
全部捨てなきゃいけないのか、どうしたっていつかは忘れていくのに――…
作るものや選ぶもの全部大好きだった…思い出すらも捨ててしまうなんてできないですよね

全身島尾の持ち物だと服の裾を掴んで泣き出してしまった六花はいつから島尾だったのかと…
何も話さない島尾にすがりついた六花、その場に座り込んでしまったのを見かねて悩みつつも
振り向いて泣かないでと頭を撫でてあげる島尾はやっぱり我慢できなかったんだろうなあ
ようやく島尾と再会できた嬉しさのあまり抱き着いてそのまま押し倒されることに~
ここまでするつもりはなかった、山に自分の骨の一部を埋めたら全部明け渡す気でいたのに
…あの鉢植えって骨壷代わりにしてたってことですか?
ここでもし約束を破ったらいよいよ外道という感じもするけど生き返られない時点で既に
人でなしだったわけで何かもう色々と手遅れ…ってもしや葉月の体に居座るつもりなんじゃ(汗)

森の中を歩き続けていた葉月と六花だけど、急に六花が葉月のことを王子と呼び出した!
葉の上の水滴には島尾の顔が映ってたりとこの演出は不吉すぎる~
まさか乗っ取られてそのまま…なんてオチにならないですよね!?
葉月サイドからどうにかするってことはできないんでしょうか、このままじゃあまりにも不憫で…


来期のサイコパスCMも入りましたねー、カッコイイ!
今のとこロボティクスノーツよりこっちが気になる感じですw
キャラデザが天野さんで設定を考えるうちに黒髪+スーツになったと公式にあったけど、
ますます某復活に見えてしまう罠、まあそれはそれで♪(ぁ)

テーマ:夏雪ランデブー - ジャンル:アニメ・コミック
夏雪ランデブー    Comment(2)   TrackBack(17)   Top↑

Comment
こんばんは! Posted by 流架
李胡さん こんばんは!

ラストに向けて大きく話が動き出しそうですね!
3人がどうなるのか ホント最後まで分からない感じですが
亮介・篤・六花、それぞれが納得出来る終わりになると良いなと
でも、実際は難しそうな感じで(汗)

>追いかけて捕まえてようやく島尾だと気づいたけどどんな気持ちだったか
ついに六花が篤だと気づく事になりましたね!
…と言うか 特徴的な走り方で気づく事になるとはw
真面目なシーンなのにギャグっぽくなっているのが(苦笑)
しかし、中身が死んだはずの旦那だったと気付いた六花は
色んな意味で衝撃的だったでしょうね
勿論 また会えたのは嬉しい思いもあるだろうけど
成仏出来ずに彷徨ってると知ってどう思ったのか…
ここから六花がどう動くのかも気になる所です

>六花は振り向いてくれないけれど好きなものは好きという葉月もどうにか報われて欲しい!
亮介がどんどん切ない事に(涙)
篤の存在を知り、すっかりそっちに引っ張られちゃってますが
このままだと あんまりなので報われて欲しいですね…
軽い気持ちで 六花の為に篤に体を貸しただけなのに
今や生死の危機にまで…って 一方的過ぎる(汗)
すっかり 蚊帳の外になってしまってるし、やはり篤とは
もう一度しっかり 話し合って欲しい所ですね

>まさか乗っ取られてそのまま…なんてオチにならないですよね!?
自分なりにケリをつけたつもりが 新たな執着が生まれた篤
気付かれて あんな風に泣き付かれたら放って置けないし
やはり六花の傍にいたいと言う思いも強くなりましたよね…
最後には 絵本の中の亮介が篤の姿になったりと
やはり亮介の運命は 篤次第って事になるのでしょうか(汗)
このままだと本当に 亮介の人生を篤に乗っ取られる事になりそうな~
色々と手遅れと言うセリフが不吉過ぎる…

あ、私もサイコパス気になります!
雰囲気もカッコ良いので期待w
ではでは、失礼しました!
2012.08.31 Fri 22:44 URL [ Edit ]
流架さんへ Posted by 李胡
流架さんこんばんは!
すっきりするのはまだもうちょっと先になりそうですね~
公式の予告編見たらうわああとツッコミしたくなり…
しかしどうもハッピーエンドにはならなさそうな予感が
島尾は自分で人でなしとわかっていながらもう止まれなさそうだし
六花もようやく再会できたことでかなり嬉しいだろうし…
一人取り残された状態の葉月があまりにも可哀想すぎる(汗)

>…と言うか 特徴的な走り方で気づく事になるとはw
あはは、一瞬欽ちゃん走りに見えましたww
しかし走る格好も変とか本当に運動したことがなかったのですね~
筆跡・言動と気づきそうな点はいくらでもあったのに…
やっぱり印象的に強く残ってるのはこういうところだったりするのか(ぁ)
今まではそれとなく思うところはあっただろうけど半信半疑で
信じたいけど信じたくないという葛藤する気持ちもあったんでしょうか
まさか旦那とこんな形で話せる日が来るとは思ってなかったろうし複雑ですよね

>軽い気持ちで 六花の為に篤に体を貸しただけなのに
>今や生死の危機にまで…って 一方的過ぎる(汗)
これで心残りがなくなって成仏できればという思いもあっただろうにまさか
こんなことになるとは思わなかっただろうし、しかも好き勝手されてるし!
絵本の中の世界であれこれしてるけれどホント早く脱出しないとまずい~
とはいえやっぱりのらりくらりと適当に貸したことも問題ったということなんですかね
さすがに時間がたてばどうにかなるとだけ考えていればいいという状況じゃなくなって…
葉月がこれからどうするのか、気になります!

>自分なりにケリをつけたつもりが 新たな執着が生まれた篤
せっかくどうにかしようとしてた決心が鈍ってしまいましたね…
まああの状況で六花とやりとりして閉じ込めていたものが噴出してしまうのも
無理もないとは思うけど、本当に島尾が自分の望みのまま行動してしまったら
それこそ葉月の立場も全部なくなってしまうとかあまりにもで…
てっきり絵本の中で葉月がどうにかして抜け出せるのかと思いきや、島尾の心
一つでどうにかなってしまうということになるのやら?
体乗っ取られて六花と島尾だけ幸せ…なんて辛すぎてみてられない(汗)

サイコパス面白そうですよねー!
番宣が入ってたので思わず反応しちゃいましたw
設定とかもかなり凝ってる?らしいのでちょっと期待です
ではでは、コメントありがとうございました!!
2012.09.02 Sun 00:21 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TBありがとうございます!
頂いたTBは全て返信させて頂いているのですが
一部反映されない、もしくは弾かれてしまうブログがあるようです。
※楽天さん・ライブドアさん・はてなさん・ココログさん・gooブログさん・FC2等
こちらから送信不可な場合ミラーブログから送らせてもらっています。
ただ、別館からも弾かれてしまうことがあります、ご了承下さい。
こちらからのTBが二重送信になってしまった場合、お手数ですが片方削除お願いします。
申し訳ありませんが、記事に無関係のものはご遠慮下さい m(_ _)m

夏雪ランデブー #9
島尾の後を追った六花は、2人で登った山に来ていました。島尾が向かった先は、昔六花と一度だけ登った山でした。その山に、六花もまた向かっていたのでした。そして、そこ
日々の記録 2012.08.31 Fri 21:09
夏雪ランデブー 第9話
うそッ!? 変な走り方…
日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) 2012.08.31 Fri 21:43
夏雪ランデブー 第9話
夏雪ランデブーの第9話を見ました。 第9話 絵本の世界で出口を探す亮介は六花の願いが篤と暮らすことだったらどうするべきかと悩む。 ――もし店長が未来で待ってなくても俺
MAGI☆の日記 2012.08.31 Fri 21:45
夏雪ランデブー 第9話
夏雪ランデブー 第9話 絵本の世界に閉じ込められた葉月。 六花を好きだと言う気持ちはブレないですね。 もし振り向いてもらえなくてもやりきるしかないと泣き続ける六花(幻
いま、お茶いれますね 2012.08.31 Fri 21:53
夏雪ランデブー 第9話 感想
亮介が不憫だ。 心象風景と過去編の入れ替わりが激しい回でもありましたね。 島尾は、葉月に体を借りたまま店から持ち出した植木鉢を抱え、 生前に六花と最後に訪れた高尾山へ。 ...
ひえんきゃく 2012.08.31 Fri 21:57
夏雪ランデブー 第9話
「島尾君… なんでしょう?」 ついに篤の存在に気付いた六花! そして 絵本の中の亮介にも異変が…!   【第9話 あらすじ】 島尾は、葉月に体を借りたまま店から持ち出した植木鉢を...
WONDER TIME 2012.08.31 Fri 22:43
夏雪ランデブー 第9話感想
OPの歌詞が ますます切なくなってきましたね。。(><)ついに六花が島尾の存在を知ることとなり・・・。 葉月の身体で 未練を断ち切るための作業に移った島尾。。歩いても歩
薔薇色のつぶやき  別館 2012.09.01 Sat 00:09
夏雪ランデブー 第9話 簡略感想
なんかもう手遅れだな・・・
雨男は今日も雨に 2012.09.01 Sat 00:32
夏雪ランデブー 第9話 あらすじ感想
まだ島尾が好き。そう告白して涙を流した六花。その告白を聞き、その上で葉月が六花を諦めるかは、別の話だと、自分を奮い立たせる葉月。出来る事はすべてやって、その上でダメなら...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2012.09.01 Sat 00:48
夏雪ランデブー 第9話
欽ちゃん走りの印象がかなり強かったようで
真夜中日記ミッドナイトモノローグ 2012.09.01 Sat 00:52
夏雪ランデブー 9話
「島尾くん!?島尾君なんでしょ?  いつから?どうして----------?」 思い出の場所の高尾山で--「彼」を見つけた六花ちゃん 逃げようとする彼の「欽ちゃん走り」をみて もはや確
shaberiba 2012.09.01 Sat 00:52
夏雪ランデブー  ~ 第9話
夏雪ランデブー 第1話~ 第9話 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月の恋路を邪...
動画共有アニメニュース 2012.09.01 Sat 04:32
夏雪ランデブー「第9話 」/ブログのエントリ
夏雪ランデブー「第9話 」に関するブログのエントリページです。
anilog 2012.09.01 Sat 04:50
【感想】夏雪ランデブー 9話 今に転ぶよそんなんじゃ
夏雪ランデブー 9話 の感想を 「篤」は「葉月」の体で、やり残したことを済ませに進む 腐葉土を踏む感触、進める喜び、でもそれは「葉月」のおかげであって 全てを済ませるつも
おもしろくて何が悪い 2012.09.01 Sat 05:16
2012.09.02 Sun 20:40
(アニメ感想)夏雪ランデブー 8,9話感想
投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2012.09.03 Mon 20:09
夏雪ランデブー 第9話 感動するシーンの筈なのに笑いが止まらない。
だって走り方変なんだもの。葉月に篤の影を感じ取り、夫婦の思い出の山へとやってきた六花は遂に葉月を発見。服も道具も全部篤の遺品で固めている姿に確信に近いものを感じた様です...
こいさんの放送中アニメの感想 2012.09.07 Fri 16:07

Top↑

税金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。