アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.08.17 Fri
夏雪ランデブー 第7話
『葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら六花を海へ誘う。翌朝、先に発った葉月(中身=島尾)が残したメモに、六花は島尾の影を感じ心が乱れる。』


島尾のことが初恋だったことを打ち明けられ、そのまま告白されるという展開に!!
できれば本人がちゃんと体に戻ってるところでとなって欲しかったけど無理か~
無駄な抵抗・悪あがきなのは最初から承知だし体を借りてまでして何をしたかったのか
やりきれなさでいっぱいの気持ちを必死に堪えようとしてるのか帽子で顔を隠してるのが…
勇気だして告白したみたいな顔してるけど手を伸ばせば簡単に触れられる距離
その次の行動を期待する六花の表情に応える体や声は島尾じゃなくて葉月なんですよね
確かにいるのに自分を見てもらえないなんてあまりにも切なすぎる…一瞬手が首にかかり
そうになってたけどいっそ自分と一緒の存在にしてしまえばとか思ったりしたのかな(汗)

我に返り今日だけは一人占めさせてほしい、店長じゃなく『六花ちゃん』と呼ばせてほしいと
前に一度嫌がられたけどやっぱりしっくりくる呼び方がいい、一日だけでいいから…
我儘ついでに半日時間がほしい、空がたくさん見える場所がいいと海へ出かけることに!

知らない間に深い海の底に浮遊していた葉月の前には人魚姫の六花が現れた!
上半身裸だったから焦って自分のTシャツ貸す葉月がいいですね♪
そんな行動に島尾が葉月を気に入った理由がわかる気がするといった六花
あはは、普段嫌がらせばかりされてるからさっぱりだしそんなこと言われるとは思わずで
びっくりして口をあけたから呼吸できなくなると焦ったけどこの海では溺れない、肉体は別の場所
なんでも平気、空想の世界だからということになるんですかね
こんなことはいつまでも続かないし長引けば悲しくなるだけ、それは本人も一番知っているはず…
愉しい時間は永遠には続かないしいずれは元通りになる、でも少しでも長く…と思わずにはいられないんじゃ…

こんな思い立つまま電車乗るのは学生のとき以来とはしゃぐ六花に浮かない様子の島尾
六花が誰と過ごしているつもりでもこの際構わない、姿形が変わっても傍を離れたくない
無理でもなんでも、病気も子供も店のことも全部どこかで諦め続けた自分にだって一つぐらい
譲れないものがあったっていいじゃないかと思う気持ちが切ないよ(汗)
幸せにするためには自分がいない方がいい、だけど離れたくないと矛盾した感情がまた…

せっかくだからこのあたりでおいしい店に行こうとお昼ご飯を食べることになったけど、
使ったことがない島尾にとってはスマホで調べるとかそういうのもさっぱりな感じで(苦笑)
食べるなら牡蠣関係以外という六花に、昔牡蠣であたったことをさらりと話した島尾!
六花はミホさんから聞いたと思ったようだけどこれはちょっとばれそうな感じでしたよね
忘れてほしいと赤くなる六花が可愛い♪
入院中、食中毒で病院に搬送されて一晩入院するからお見舞いに来れないと、六花がいない
心細さに普段自分が味わわせている不安感を改めて考えたし申し訳ないと感じたのか…
退院後すぐに照れ笑いを浮かべてやってきた六花は最後の日まで表情を崩すことはなく
手が届くうちに崩してくれれば胸の一つも貸せたのに…
心配かけまいと気丈に振舞うよりも少しでも自分を頼ってほしかったのかな…
もし生まれ変われたとしてもやっぱり六花と結婚したいのだと――こんなのますます辛い(汗)

結局島尾のエゴで本人が状況わかっているといっても存在がそもそも血迷っている、何する
かわからない相手によく体を貸したと言われるけれど島尾込で引き受ける覚悟はあるのだと
土壇場の勢いということもあったしこうなるなんてわかってなかったからもありますよね
好きなのは王子のことじゃなくて六花が…店長に色ボケしてるとツッコミされた葉月w

海開き前だから人もまばらで随分すいているようですね、海の家も一つしかあいてない
花火を売ってるからと夜まで待って一緒にやることにした二人の靴はすっかり砂だらけに
夜の海は静かでいい、閑散としていっそ怖いぐらい…といいながらまんざらでもなさそうな…
半日付き合ってくれた六花の行動に付き合いよすぎだし、葉月のどこがいいのかと愚痴を(苦笑)
金も資格もない銭湯通い…自分がいうのもなんだけど男見る目ないとか六花からみたら自虐的w
でもこんな風にあたりたくなってしまうのも無理ないとは思いますけどね…

段々と二人の距離が縮まり、自分から葉月の頬にキスした六花!
別に驚かないしこ必然だと自嘲気味になりながら今度は自分からキスをする島尾が(涙)
必然だし自分以外は全て正しいとわりきろうとしてもやっぱり辛いものは辛いだろうなあと
もう誰にもとられなくたいのに…とそのまま民宿に泊まって一夜過ごしてしまったのか…

一人先に自宅に戻った島尾は自分の部屋を改めてチェックしてみると生前のままの状態
机も椅子も棚や本まで何もいじってない、遺品を丸々残してどれだけ自分が好きなのか
残されていた思い出の夏雪草まで見つけてしまった島尾は何をしようと思うのか
人肌の温度は怖い、忘れていた寂しさをたやすく解凍させてしまう…
一言も声かけないで先に帰るとか意味わからないし葉月はどういうつもりだったのか?
午後電話すると書置きのメモが残してあったけどそれはまるで島尾の筆跡のようで
電報みたいなメモはまさか――…と六花も少しずつ違和感を感じ始めたようですね

知り合って間もない頃、お互いの携帯番号を交換し飲んでいた六花と島尾
クラスの中で一番園芸関連のことに詳しいから、入学前の制作展で見たときからのファン
作品は大きくて図太いのに本人は真逆な雰囲気、実は見栄っ張りなのではないかと
人を見透かすような目がずっと好きで死んだ今も好き、自分じゃダメだとわかっていても…
企画展のタイトルタコ社長、オレンジのバラで作ったタコのイメージが面白かった
材料費がなくて自分の家の花壇から使えそうなものを選んだのだと凄く楽しそうなやりとりが
右耳が遠いことをわかっていて左側から柔らかく話しかけてくれた六花の優しさ
あの声が自分を呼ぶことはもう永遠にない、好きな相手ができるのも当然
自分の手で喜ばせられる唯一の欲は誰のもの、自分の執念にもあきれ返ってしまうほど
こんな風に人の核心をズバズバついてくるような六花に徐々に惹かれていったんですかね

喫茶店で連絡を待っていた六花、いっそ自分からかけてしまうのもありなのか
連絡とらないままいきなり店で顔をあわせるのは気まずい、まさかこんなことになるとは
島尾以外の人を好きになるなんて思わなかった――色々とけじめをつけないといけないと…
海の中で特にやることもなく、動かない植木鉢を必死にどかそうとしていた葉月!
ここまで何もないのは作者が急死したせい…スケッチブックの最終頁、短い手紙を三回も書いては破って捨てたと遺書を残していたけれど六花のことを考えて処分した
でも死後病室を整理していた際発見されてそれはそれは心残りだったろうと
もしやそれを解決すれば成仏できるのではないかと思いついた葉月は提案してみることに
物語の主人公は幸せにならなくちゃいけないけど、問題は誰が主人公かということなのだと

14時まで待って音沙汰なかったら一旦帰ろうとしていた矢先、ようやく連絡が!!
その一方で自分の遺品を全て片づけ準備をして出発した島尾は登山に向かうつもり!?
まさかこんな形で尻拭いできるはずなかったし皮肉にもほどがあると思いつつ…
メールに気づき店にやってきた六花が見たのはレジの前で笑顔を向ける島尾の姿――
飾られていたリースやアレンジにようやく島尾の存在に気づいたのかな…
どこからどこまでが誰が何なのか、一体全体営業妨害だと蹲る六花はどうするのか
というか全代金葉月の出世払いになってたけどこれも最後の嫌がらせって感じでしょうかw

葉月と六花もこのままならうまくいきそうだわかってしまったし、
残っていた遺品を全て処分してから色々と片をつけるつもりですかね…
とはいえ自分の知らない間にここまで色々された葉月も相当不憫になってきた(苦笑)
実際こうやって六花にも触れられるし元気な体もあるしでずっと傍にいれるならますます
成仏したくない気持ちが膨らんじゃうかもしれないし、島尾の幻影まで見てしまった六花が
今後葉月が元通りになったとしてもつい思い出してしまったりで心揺れてしまうんじゃ…(汗)

テーマ:夏雪ランデブー - ジャンル:アニメ・コミック
夏雪ランデブー    Comment(2)   TrackBack(16)   Top↑

Comment
こんばんは! Posted by 流架
李胡さん こんばんは!

何やらすっかり篤と六花の物語になってきた感じが…
この二人の気持ちにケリがつかない限りは
亮介は…って事になるんですかね
どう考えても、切ない展開しか想像出来ないです(汗)

>自分にだって一つぐらい
譲れないものがあったっていいじゃないかと思う気持ちが切ないよ(汗)
これを言われると 結構辛い感じですよね…
病気でやりたい事も出来ずに、それを受け入れ諦めるしかなかった
そうやって生きていたからこそ、今度こそ譲りたくないって
六花に執着する気持ちは分かるけど
体を借りてる以上はそこに 篤の本当の居場所は無いのですよね
何の為に体を借りたのかと自問するような篤が余計に切ないし
本人も無駄な抵抗だと分かっているのが…

>短い手紙を三回も書いては破って捨てたと遺書を残していたけれど六花のことを考えて処分した
篤が遺書に何を書き残していたのか…
この内容が 今後の展開に関わってきそうな感じですね!
六花はそれを読んでるから 余計に篤の事忘れられないし
心残りになってしまってるんですかね…
自分出尻拭い出来ると 店を出て行った篤だけど
遺書に書かれた内容と繋がりがありそうだし
絵本の中の亮介がどう動くのかも気になりますが…
こちらは なかなか進展が無い感じで(苦笑)

>メールに気づき店にやってきた六花が見たのはレジの前で笑顔を向ける島尾の姿――
ようやく六花が篤の存在を感じはじめたようですね!!
メモの筆跡や 店に残されたアレンジメントだったりと
明かな 篤の存在に、六花がどうするのかも気になります
亮介の体に篤が…と言う事まで 気付く事が出来るのかw
それにしても、見た目は亮介のままとは言え
結局 六花が こうして亮介へ告白したりと前に進んでるのは
本当の亮介ではなく 篤の言葉を受けて…と言うが何とも~
今後の展開も気になりますね

ではでは、失礼しました!
2012.08.17 Fri 22:49 URL [ Edit ]
流架さんへ Posted by 李胡
流架さんこんばんは!
童話の世界にいってからすっかり蚊帳の外状態ですね~
体を貸すっていったのは葉月だから諦めろ…と言われたら
それまでかもしれないけれどどんどん不憫な状態に(苦笑)
どう転んでも切ない展開にしかならないというのがまたなんとも

>病気でやりたい事も出来ずに、それを受け入れ諦めるしかなかった
自分じゃどうしようもないことだしと自棄になってたところもあったのかな…
生前は遣り残した事もたくさんあっただろうし、それが今になって
なんでも可能で未来もある体…となるとますます執着してしまうのも
わからなくもないし島尾のことを思うと同情しちゃいますよ(汗)
とはいえ結局は自分自身を見てもらえないわけだし、こんなことしてても
とても前には進めないとじわじわ来るものがあっただろうなぁ
見てるこっち側としてもつらくなってくるので何とかしてほしい~

>この内容が 今後の展開に関わってきそうな感じですね!
一体遺書になんて書いてあったんですかね??
多分色々悩みつつもやっぱり見せたら余計六花が…と思って
破り捨てたんだろうけれど本当にそれをかなえたら成仏できるのか
やっぱり夏雪草絡みのことだったりするのかなと考えて見たりも…
葉月が絵本の中から試行錯誤することで変わるといいのですが
一人で山へ向かった島尾が何をするのかも気になりますよね

>ようやく六花が篤の存在を感じはじめたようですね!!
さすがに今回のことがあれば気づきますよね
この前は泥酔状態だったから無理もないかもでしたけどw
幻影を見るぐらいだから相当なものだろうし、六花もまた悩むんじゃ(汗)
実際葉月が戻ってきたとしても島尾のこと思い出さずにはいられないだろうしなぁ
なんだかすっかり振り回されちゃってますが、葉月が戻ってきたとき
またややこしい状態になってしまいそうな予感がしてならない~
ではでは、コメントありがとうございました!!
2012.08.19 Sun 00:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TBありがとうございます!
頂いたTBは全て返信させて頂いているのですが
一部反映されない、もしくは弾かれてしまうブログがあるようです。
※楽天さん・ライブドアさん・はてなさん・ココログさん・gooブログさん・FC2等
こちらから送信不可な場合ミラーブログから送らせてもらっています。
ただ、別館からも弾かれてしまうことがあります、ご了承下さい。
こちらからのTBが二重送信になってしまった場合、お手数ですが片方削除お願いします。
申し訳ありませんが、記事に無関係のものはご遠慮下さい m(_ _)m

夏雪ランデブー 第7話
夏雪ランデブーの第7話を見ました。 第7話 六花は自分の気持ちを整理する中で今まで亮介を傷つけていたと気付き、亮介に好きだと告白する。 「ところでさ、私…私ね…主人し
MAGI☆の日記 2012.08.17 Fri 21:33
夏雪ランデブー 第7話
夏雪ランデブー 第7話 六花さんが上げて落として告白。 その流れで2人で思いつくままにお出掛け。 六花は葉月とデートのつもりですから、篤の心中は複雑です。 夏にはちょっ...
いま、お茶いれますね 2012.08.17 Fri 21:56
夏雪ランデブー 第7話 感想
亮介、篤、六花。 この状況は3人にとって悲しすぎますよ。 葉月が好きだと告白した六花。 葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら 六花を海へ誘う。 翌朝、
ひえんきゃく 2012.08.17 Fri 21:56
夏雪ランデブー #7
葉月と島尾が入れ替わっていることに、六花が気がつくお話でした。島尾が葉月の体を借りてからも、六花と葉月の関係は進展しています。島尾はそれを苦々しくも思いながら、
日々の記録 2012.08.17 Fri 22:09
夏雪ランデブー 第7話
「どこからどこまでが… 誰が何なのか… 一体全体――」 体を借りてまで結局何がしたかったのかと悩む篤 そんな篤の影を感じ始めた六花!   【第7話 あらすじ】 葉月が好きだと
WONDER TIME 2012.08.17 Fri 22:49
夏雪ランデブー 第6,7話
夏雪ランデブー 第6,7話すみません!最近、レビューが書きにくくなっちゃってて・・・この作品ぐずぐずしている間に一週間(^^ゞ2話分、まとめてUPします公式HPより第6話葉...
SOLILOQUY 2012.08.18 Sat 00:04
夏雪ランデブー 第6,7話
夏雪ランデブー 第6,7話 すみません! 最近、レビューが書きにくくなっちゃってて・・・この作品 ぐずぐずしている間に一週間(^^ゞ 2話分、まとめてUPします 公式HP...
SOLILOQUY 2 2012.08.18 Sat 00:04
夏雪ランデブー 第6,7話
夏雪ランデブー 第6,7話
SOLILOQUY別館 2012.08.18 Sat 00:04
夏雪ランデブー 第7話
花屋の年上店長とのランデブー in 江の島
真夜中日記ミッドナイトモノローグ 2012.08.18 Sat 00:08
夏雪ランデブー 第7話 簡略感想
進んだ二人。一人を残しながら・・
雨男は今日も雨に 2012.08.18 Sat 00:53
夏雪ランデブー「第7話 」/ブログのエントリ
夏雪ランデブー「第7話 」に関するブログのエントリページです。
anilog 2012.08.18 Sat 03:50
【感想】夏雪ランデブー 7話 無駄な抵抗・悪あがき
夏雪ランデブー 7話 の感想を こうなる事は分かってたいたけど、流してしまう”涙” 時間の止まった魂は、今を生きるキラキラした魂に置いて行かれる それでも… みっともなく
おもしろくて何が悪い 2012.08.18 Sat 05:12
夏雪ランデブー 第6話・第7話
何しでかすか皆目わからん!
日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) 2012.08.18 Sat 20:40
「夏雪ランデブー」#7 ビックリした…良いのか、それ。(汗)
びっくりです。 貸し出し期間中に、 致してしまうとは思わなかったなぁ。 でも…良いのか、それ。 どっちも辛くない? どっちもというか、全員か。 後でもし、事実知ったら六花も
橘の部屋2 2012.08.18 Sat 22:57
夏雪ランデブー 第8話感想
投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る 葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら六花を...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2012.08.20 Mon 19:50
(アニメ感想) 夏雪ランデブー 第7話
投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る 葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら六花を...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2012.08.23 Thu 18:54

Top↑

税金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。