アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.07.31 Tue
超訳百人一首 第5話「東下り 小野小町」「貫之と喜撰 喜撰法師」
『後宮で満ち足りた暮らしを送っていた小町だが、年が経ち、後宮を離れた今は一人静かに暮らす身。身寄りも若さもない、そんな拠り所のない不安な気持ちを抱えているところに、在原業平と文屋康秀が夜這い同然にやってくる。気を取り直して昔のように月見酒を楽しむ3人。月を見ながら自分たちのこれまでの人生について思いを巡らせるのだが、業平が思わぬ提案を持ち出すのだった。』


『うつせみの 命を惜しみ波に濡れ 伊良虞の島の 玉藻刈り食む』
万葉の昔麻続王が流された流刑地と言われる伊良虞を訪れていた小町・業平・康秀
歌人は大体歌オタクだし歌めぐりの旅は向いているだろうと…いわば聖地巡礼のようなもの
山部赤人も見たという富士山が見えたときは三人で一斉に歌を詠もうとはりきってるし
すっかりテンション高くなってる小町は完全にオタクだと気持ちがわからなくもないでもw
そもそもなぜこの三人が東国巡りをしているかというと――…今回は晩年の小町達の話!

康秀から届いた年始の挨拶に昔を思い出す小町
初めて会ったのはまだ皇位だったころ、業平と三人で月を見て語り合いおりを見て文を
かわす間柄今でも付き合いのある数少ない友人と後宮を出て随分環境にも変化があったようで
そんな康秀からの手紙は三河への赴任が決まり、任国までの一人旅を考えると憂鬱
やる気が出ないしもし暇なら一緒に田舎見物としゃれこまないかと冗談交じりの内容!
多分本当は普通に誘いたいんだろうけど気恥ずかしくて最後はふざけちゃったんですかねw
相変わらずお茶目、けしからない誘惑にどんな返事を返すか思案にふける小町が楽しそうな♪

そしてやっぱり結構本気で小町からの返事を首を長くして待っていた康秀は落ち着かない~
思い切って出したけど一体どんな返事をくれるのか、多分スルーされるだろうけどもしか
して…と期待せずにはいられない康秀、人の気配がしただけで有頂天になってるのがw
某所みたく康秀の背後に文字が流れてるのがおかしかったです(笑)
しかし、実際のところは新年の挨拶をする業平で袈裟懸けしてたりとなんだか出家したみたいに??
髪が短くなってるしどうしたのかと聞いたのに関係ないとばっさりな康秀が可哀想すぎるw

三河に左遷されるような物言いをする業平はなんでもいいから途中まで乗っけろと
丁度東国巡りを考えていたしついてきてくれる女性もいないだろうか寂しい道中道連れに
なってやるし光栄に思えとか、上から目線で言われて苛立ち別れを惜しんでくれる人ぐらいいると!!
あはは、強がって嘘いってるとか笑われてたりとほんとこの二人のやりとりも楽しいなぁ
そしてようやく念願の小町からの返事が届いて浮かれる康秀に懸想してるのかとからかったりw
二人の間に進展があったのかどうか康秀の背後から手紙を覗く業平の構図が好きだ♪

『わびぬれば 身をうき草の 根を絶えて さそふ水あらば 去なむとぞ思ふ』
落ちぶれていくあてもない自分は誘いがあれば誰にでもついていく――…
まるで男なら誰でもいいというような内容に思わずドキっとするけどただの冗談に決まっている
といいつつ落胆してる康秀はわかりやすいですよね、けどこんな思わせぶりな歌は小町らしくない

康秀が三河へ出発すると聞いた小町は自分だけおいて行かれるようで寂しくなったのかな…
普段は胸の奥にしまっている不安が押し寄せ、今に本当に一人になってしまうのではないか
歌と美貌を武器に小野小町として宮廷に時めいたけれど盛と咲き誇る大輪の花と持て囃された
のも束の間の出来事、帝人との間に皇子を授かることも叶わず今は静かに余生を送る日々
あの時宗貞を受け入れていたのなら、人生をやり直せるのなら違う選択をするだろうか――
全て覚悟の上だし自分で決めた道で後悔はない…けれどふと思い返しては物悲しくなるのかな
ここまで生きて何を残したのか、悪戯に時を過ごしてきただけでこのまま寂しく死ぬだけで
誰の記憶にも残らないのではないかという不安が押し寄せ宗貞に答えを求める小町が切ない(汗)

自分が正しかったのか間違っていたのかわからない…泣いていた小町に夜這いした業平がww
誰ー!?とツッコミする小町の顔がすごいことになってた(笑)
当然何やってるのかと康秀からゲンコツくらうことになったけどほんの挨拶と全然懲りてない
灯りを持ち出しようやく誰なのか確認した小町も激怒、ただお見舞いにきただけと説明するけど
こんな夜更けに一目をしのんでやってくるとかどうにもおかしいですからね
小町が思わせぶりな歌を送り心配になった康秀と偶然居合わせた業平が一緒にやってきた
業平が悪乗りして悪戯するからまた大騒ぎになっちゃったわけでどうしようもない~

冗談だとわかってくれるはずだと思っている最中、業平の髪の毛が短いことに気づき
出家したのかと尋ねるとただのコスプレとか本当に何やってるんですかw
しかも鬼退治に失敗して髻を食われたとか真面目な顔で大嘘ついてるし!!
本当は惚れてはいけない姫君に手を出してしまい激怒した兄上に毟られたのだと
高子様とのあれこれがばれて基経に…って想像図が大変なことになってましたが(苦笑)
失恋で破れかぶれなのはわかるけど寝込みを襲って憂さ晴らしなんて大人げないと言うや
募る恋心を抑えきれなかったからとか、相変わらずの業平と小町の疑似恋愛やりとりがまた
見舞いも建前で昔年の想いをわかってほしいからと口説く業平@諏訪部さんボイスー♪(〃∇〃)

傷心を慰めてもらいたいなら他をあたれとさくっと振られたー!!やっぱこうじゃないと
二人が両想いになるんじゃないかとハラハラしつつ見守ってた康秀もほっとしてましたねw
冗談はさておき新しい恋愛で紛らわすつもりもない、もう女性はこりごりだとかそんな
言葉が出てくるなんてよっぽど愛した女性だったのかと…

東下りをするのは傷心旅行、丁度康秀が三河へ赴任することになったから同調したとか
つまりは足代わりにするってことなんですよね、延々嫌味を聞かされなければならないとか
そんなに嬉しいのかと悪乗りする二人のやりとりに若い頃に戻ったようで楽しいと笑い
丁度今晩は初めて三人が顔合わせをした夜と同じ十六夜、月見酒にしようと提案した小町

しかし、晩年というせいかなんだか月を見ていてもなんだか哀愁漂う感じで(苦笑)
月の満ち欠けに老いを思い知らされるし若返ったのは気のせいだったかと暗い話題ばかり
あんまり空しいやりとりばかりだから今度は庭の椿でもと振ったのに隣の狼狽が長雨で
無残に枯れていたりとどうしてもそんな話題になってしまうんですね、寂しくなるw
月を見れば空しい、花を見れば悲しいと感じるのは盛りを過ぎた人間なりの楽しみ方
老いとは無縁だとばかり思っていた業平がそんなことを口にするのは失恋が堪えてるのか
失恋より人生に負けた気分…もう自由に恋愛できる年じゃないしこの人こそはと思う運命の
相手に出会いたくて彷徨ってきたものの想った相手が自分には過ぎた女性だと分かったとき
障害を乗り越える若さがない、末永くいつまでもと約束することも今後を期待できる年でもない
迷い迷ってたどり着いた先自分が人の盛を過ぎていたとはいかにも無念でならない
振り返ればいつのまにか空しく年をとっているだけ…そんなこと言われると余計切ないよ(汗)

『花の色は 移りにけるな いたずらに わが身世にふる ながめせし間に』
綺麗な花も咲いたままではいられない、思い悩んでいたらあっという間に年をとってしまった
夢を追い求めた人生だったから理解できるし人並みに結婚していれば今頃はどうなっていたか
つい本心を漏らした小町がもしこういう心境で詠んでたとしたら親近感が湧きます!
何事もなかったように月見をお開きにし、今度はもっと早い時間にきてほしいと強がるのが…

もし人並みに結婚して出産していたらさっきのような歌は詠めたのか?
あれこれ悩んで寄る辺なく過ごす小町だからこそ読めた歌で聞く人を選ぶこともない
人は大なり小なり公開を抱えて小町の歌はその心に触れるもの、いい歌だと褒める康秀
歌が自分たちの居場所だといっていた小町と同じようなことを康秀もいっていたしそのことに
ついてよく考えるのは無茶ばかりしていろいろ棒に振ってきた後悔ばかりの人生があるから
だけどその中に確かに残してきたものがあるから平気…自分たちは歌を残してきたのだと!

出世や子供を成すことだけが自分の存在を残す手段ではない、歌人だからこそ生きた証を
歌にして人の心に残していける…辛くても胸を張りたくさん悩んで後世に歌を遺す――…
だからこそ小野小町の歌もこんなに心に響くしいろんな人に愛されてるのかなと
というわけでってこの流れで一緒に三河へ行こうと誘うことになるんですかw
…よくみるとかなり酒の空瓶が増えてるあのあと結構飲んだってことなんでしょうね(苦笑)
最初は冗談だったのに二人で珍道中はいやだからだとなんだか場の乗り的な感じになってるし
都に慣れてるから田舎はと遠慮していた小町もあんまり懇願するものだから折れたのかな

「私という花は種を残すことはできなかった けれどその姿は歌となって色あせずいつまでも
残っていくのだろうか 私が生きた意味はそこにあったと思っていいだろうか
私はきっとこの先幾度も振り返るだろう もし人生をやり直せるなら私は違う選択をするだろうかと
その答えは悩み悩んで強く生き抜いた先 今際の際に決めることにいたしましょう」

色々苦労したし後悔することもあるだろうけれど、今はもう吹っ切れたんでしょうね
小町の傍にいてくれたのがあの二人でよかったしちょっとしんみりしたもののよかったです!

そうして三人は東国を流離ったといつ話、康秀から伝え聞いた話だから本当のところは
わからないという喜撰法師の言葉を熱心にメモしてる貫之は勅選和歌集の序文に乗せるつもり?
実は業平の恋愛遍歴を物語にしようという企画があるから、名付けて在五中将物語、伊勢物語
でもいいかとか、かなでかかれた物語は今流行っていてあくまでも業平が主人公の創作物と
して書くけれどきっと女性に大人気間違いなしとか、もし貫之が書いてたとしても面白そうですねw
物語にしろ勅撰和歌集にしろ宮廷に歌が浸透した今だからこそできる話、当時は歌はまだ趣味
の域を越えず歌人も趣味人にすぎなかったものの康秀は違う意識を持っていた…

宇治山住み始めて間もない頃康秀が庵を訪ねてきたときの話もしてくれました
都の喧噪からも遠いしもってこいの場所、都では引きこもり扱いになっているという康秀に
この場所に好んで住んでいるのだし、都から逃げたいのは噂してる人たちの方じゃないか
『わがいほは 都のたつみ しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり』
静かで落ち着くから気に入って住んでるのに都会に疲れて逃げたなんていい加減な噂もある
内心羨ましいのだし辛い世で頑張ってる自分を慰めたいからやっかみもあるのではないか
いっそ康秀も出家して山に来ればどうだと誘うけど、思うところもあるようで
宗貞は出家後も歌人としてやっている…趣味じゃなくて出世にも役立てたいと思う
喜撰法師が山暮らしを選んだように康秀も自分の意志で都にいるということをいっていた
もしかしたら歌で宮廷に地位を築ける時代が来ることを見越していたのかもしれない
ただ康秀本人は亡くなってしまってるからあの世でねたんでるかもしれないとか(苦笑)

彼らがいたから帝の命令で歌集を編む時代がきたし、彼らの思いも歌もちゃんとつながっている
存在に大きな意味があった近代歌人たちを序文に称えたい…六歌仙と呼ばれる歌人にとって
社会的地位が高くない時代歌を詠み続けたのは歌を愛する自分に誇りを持っていたから
自分が何を遺して生きるか歌に懸けていたから――…
そんな先人の想いがこんな後世まで続いているというのもまた素敵なことですよね!
って最後の最後でまたスカイツリー&東京タワーのコスプレ二人で台無しになってるしw

次回「うた変。+」
予告で何が起こるか大体わかってしまったw
まさかのうた変もアニメ化とかスタッフさんGJすぎる♪
来週はキャライメージ崩壊に注意ですね、作者さんの本気が見れそうで何より(笑)

テーマ:超訳百人一首 うた恋い。 - ジャンル:アニメ・コミック
うた恋い。    Comment(2)   TrackBack(14)   Top↑

Comment
こんばんは! Posted by 流架
李胡さん こんばんは♪

今回もこの3人のやり取りが見れて良かったです!
恋愛エピソードも良いけれど やはりこういう友情の話も楽しいですw
人生について…と なかなか深いやり取りもありつつ
気心知れた酒飲み仲間って感じで
思っている事を素直に話せる3人が素敵だなと!

>誰ー!?とツッコミする小町の顔がすごいことになってた(笑)
あはは、この作品って 女性のこういうシーンの表情が凄いですよね!
高子の時もそうでしたが、小町の顔も酷い(苦笑)
一気にギャグになったりと落差が大きいですが
こういうお遊びな感じは嫌いじゃないですw
それにしても、業平はホント夜這いが好きですね~
でも 二人の事を怒りながらも、こうして3人で顔を合わせたのだから月見でも…って
一人で余生を送ってるから やはり寂しかったのかなと
3人で飲んでる時の小町は 本音も漏れていたし
業平と康秀は素直に話が出来る 数少ない友人なのでしょうね

>振り返ればいつのまにか空しく年をとっているだけ…そんなこと言われると余計切ないよ(汗)
3人の人生話はなかなか重い感じでしたね…
姿に変化がないので まだ若い様に見えてしまいますが
この時の3人の年齢ってそれなりに…な感じですかね?
あれだけプレイボーイだった業平が 恋愛はこりごりとか
よほど高子の事を愛していたのでしょうね…
この人と思える女性が自分には過ぎた存在で生涯を乗り越えるには…と
もう若くないのだと語る業平が切なかったです

>色々苦労したし後悔することもあるだろうけれど、今はもう吹っ切れたんでしょうね
小町の最後の言葉が印象的でした!
余生を過ごす中で、思わず自分の人生を振り返って
これで良かったのかと不安になる小町が
思わず宗貞に助けを求めるのが何とも言えなかったですけど
悩みながらも自分で選んだ道だし、人生に迷いはつきもの
答えは今際の際に決める事に…って
やはり小町は強い女性だなと思いました!
業平と康秀との東国巡りの旅を楽しんでいましたし
新しいものに触れて 良い経験になりそうですよね!

次回はどんな事になるのか楽しみですw
ではでは、失礼しました!
2012.07.31 Tue 22:29 URL [ Edit ]
流架さんへ Posted by 李胡
流架さんこんばんは!
前回に引き続き友情回でしたね♪
ホントこういう話も面白いしこういう気持ちだったのかと
別の視点で解釈されてるのでまたちょっと勉強になったりw
何十年も一緒ですっかり気心しれた同士の関係っていいですよね!

>高子の時もそうでしたが、小町の顔も酷い(苦笑)
一部では顔芸としてすっかり定着しちゃってるような(ぁ
いい感じになると…なところが毎回同じみのパターンなんですよね
多分作者さんがこういうの好きだからなんだろうけどホント面白い♪
業平は一体どれだけ夜這いしてきたのか、勿論本命以外の人が多い
みたいですが、康秀が止めてなかったらどうなってたのかと心配にw
後宮から降りてからは特にすることもなくなり閉じこもりがちになってたのかな…
いつも以上にはしゃいでしまうのも無理ないのかなと思ったり

>この時の3人の年齢ってそれなりに…な感じですかね?
確かあれから二十年ぐらい経過してるんじゃないかと~
だから若く見えても実は…だったりするしそれだけ思うところもありますよね
業平がこんな風に考えるようになったのも高子様に本気だったってことだろうし
そんなに愛された高子さまの方も羨ましいなあなんてw
結局それ以降出会えずじまいだったから余計遊び人装ってたりしたのかも…
あれだけ色々してた業平が振り返ってこんな風に感じるとか年をとる
ってこんな感じなのかあと妙にしみじみしちゃいました(ぁ)

>答えは今際の際に決める事に…ってやはり小町は強い女性だなと思いました!
こんな風に思えるなんて凄いですよね、一人でいると考えすぎてはまってしまう
こともあるみたいですが、今回は二人がいてくれたおかげで立ち直れてよかった
後悔しないことはないと思うけど旅を続けるうちにまた新たな発見や興味も
できていったのかもしれないし、余生を楽しんでもらいたいですよね
あれから三人がどんな旅をしていったのかそのあたりの話もみてみたいなと!
ではでは、コメントありがとうございました!!
2012.08.02 Thu 00:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TBありがとうございます!
頂いたTBは全て返信させて頂いているのですが
一部反映されない、もしくは弾かれてしまうブログがあるようです。
※楽天さん・ライブドアさん・はてなさん・ココログさん・gooブログさん・FC2等
こちらから送信不可な場合ミラーブログから送らせてもらっています。
ただ、別館からも弾かれてしまうことがあります、ご了承下さい。
こちらからのTBが二重送信になってしまった場合、お手数ですが片方削除お願いします。
申し訳ありませんが、記事に無関係のものはご遠慮下さい m(_ _)m

超訳百人一首 うた恋い。 第5話「東下り 小野小町 / 貫之と喜撰 喜撰法師」
「自分たちは歌人だから  生きた証しを歌にして人の心に残していける」 今までの人生を思い巡らせる業平・康秀・小野小町 歌人だからこそ残せるもの――    【第5話 あらす
WONDER TIME 2012.07.31 Tue 22:28
「超訳百人一首 うた恋い。」第5話
【「東下り 小野小町」「貫之と喜撰 喜撰法師」】 和歌の新解釈だけではない、歌人たちが生きた歴史や意義までも再考するような回だった! Amazon.co.jp ウィジェット
ちぇっそもっさの四畳半 2012.07.31 Tue 22:35
超訳百人一首 うた恋い。 第5話
第5話「東下り 小野小町/貫之と喜撰 喜撰法師」 仲良し(?)歌人3人で珍道中w 小町ちゃんマジ歌オタクw 歌の聖地巡礼の旅です。 康秀の三河への赴任がきっかけとなり3人
いま、お茶いれますね 2012.07.31 Tue 22:35
超訳百人一首 うた恋い。 第5話 「東下り 小野小町」「貫之と喜撰 喜撰法師」
 わたしたちは歌をのこした。
つれづれ 2012.07.31 Tue 22:36
超訳百人一首うた恋い。 第5話 あらすじ...
歌人の人生-------------!!しっかり小町は業平と康秀と和歌仲間になってしまったようで、今日は有名だった歌人を偲んでの聖地(?)巡礼の旅に出ているよう。小町は現代で言うところ...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2012.08.01 Wed 00:53
超訳百人一首 うた恋い。 #5「東下り(小野小町)/貫之と喜撰(喜撰法師)」
「返事キターーー」  「ヽ( ̄∀ ̄)ノ┏┛」   「宇宙自重」    「Σ(=゚ω゚=;)」     「待て、これは孔明の罠だ」 ニ コ ニ ● 動 画 パ ロ っ て る (笑)
マンガに恋する女の ゆるゆるライフ 2012.08.01 Wed 10:24
超訳百人一首 うた恋い。第5話 「東下り 小野小町」「貫之と喜撰法師」感想
あら 東下りって 三河の国へですの。。私の里帰りみたいなものですわwwww今は私、京を離れ 近江の国ですけどwww三河の国で テンションアゲアゲの小野小町さんに日本人を...
薔薇色のつぶやき  別館 2012.08.01 Wed 15:49
「超訳百人一首 うた恋い。」 第5話レビュー
「超訳百人一首 うた恋い。」  第5話レビュー 花の色は 移りにけりな いたずらに 我が身世にふる ながめせし間に この歌は表向きには花の色の移り変わりのはやさ ...
HARIKYU の日記 2012.08.01 Wed 16:50
超訳百人一首 うた恋。#5「東下り 小野...
三河の国に任官することになった康秀。小町に一緒に行こうと文を出したけれど?!「東下り 小野小町」「貫之と喜撰 喜撰法師」あらすじは公式からです。後宮で満ち足りた暮らしを...
おぼろ二次元日記 2012.08.01 Wed 17:34
(アニメ感想) 超訳百人一首 うた恋い。 第5話 「「東下り 小野小町」「貫之と喜撰 喜撰法師」」
投稿者・鳴沢楓 超訳百人一首 うた恋い。3 DVD付特装版(2012/04/20)杉田圭商品詳細を見る 後宮で満ち足りた暮らしを送っていた小町だが、年が経ち、後宮を離れた今は一人静かに暮ら...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2012.08.01 Wed 23:03
超訳百人一首 うた恋い。 第5話「東下り 小野小町/貫之と喜撰 喜撰法師」
小町、康秀、業平の3人でいい旅夢気分! 一番喜んでたのは小町であったww アバンで出てきた歌は万葉集巻一に収められてますね(作者不詳)。 歌人は歌オタク 歌巡りの旅は聖地
のらりんすけっち 2012.08.02 Thu 16:44
「超訳百人一首 うた恋い。」#5【東下り 小野小町/貫之と喜撰 喜撰法師】良い関係だね。
今週も遅くなっちゃいました。 でも「うた恋い。」かなりお気に入りなので、 遅くても感想はあげちゃいますよーっ。 相変わらず飛んでる解釈で笑える作品ですが、 良い話だった
橘の部屋2 2012.08.02 Thu 22:43
超訳百人一首 うた恋い。 #5
歌ヲタの聖地巡礼のお話でした。(^^;小野小町、業平、康秀の3人は、三河の地にやって来ていました。過去に詠まれた歌の聖地に来たことで、小町はハイテンションです。どう
日々の記録 2012.08.03 Fri 17:43
超訳百人一首 うた恋い。 第5話 7/31 あらすじと感想 #utakoi
 オタク小町w。  冒頭は、小町さんを連れた業平さんと康秀さんの東国旅行のシーン。歌に読まれた海を見て、テンションあげあげの小町さんは、まさに、歌オタクw。  場面替
Specium Blog 2012.08.07 Tue 15:37

Top↑

税金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。