アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.16 Sat
刀語 第10話「誠刀・銓」
『次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。
そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深い場所であった。
そして二人はその百刑場で、誠刀・銓の所有者である彼我木輪廻に出会う。
自らを仙人と呼ぶ彼は、とがめに対し、刀を渡すとある条件を言い渡す。』


誠刀・銓を求めて奥州百刑場へとやってきたとがめと七花はその持ち主、彼我木輪廻に会うことに
この場所は飛弾鷹比等やその他反乱に関わったものが処刑された公開処刑場――
七花が何か残ったのもそういった人達の思念が残ってるからでしょうか
二人にとっても因縁深い場所とあればなにやら起こりそうな感じが…

仙人と呼ばれる彼我木を探していると突然目の前に現れた!!
しかもどうやら見る人によってその姿は変わるようで、
とがめには飛弾鷹比等の姿に変化したりと嫌な感じです(汗)
銓が欲しいなら足の真下を一人で掘って見つけろと言い残し消えちゃいました
そうか、それでとがめは似合わない肉体労働なんてして倒れちゃってたんですね
いつもなら奇策を練って交渉するものの、今回ばかりはそうもいかないようですね
様子がおかしいとがめを気遣う七花だけどとがめは触れられたくないって感じで…
会いたくないと思うぐらいだからよっぽど二人の間に何かあったのかな?

再び現れた彼我木は、四季崎から銓を直接貰い受けたのだと――
およそ300歳…ってこの話には長生きキャラがたくさん出てきますよねw
「オレはアンタを知っているような気がする」
この姿は七花の記憶の投影であり彼我木を通して自分の記憶を覗くことになるとのこと
一言でいえば仙人とは人にとって真実を映し出す魔法の鏡だと今度は童話の話を持ち出してきました
「仙人は何もしないんだ、というよりは何もできない 何かしでかすのはいつも君ら人間なんだよ」
そして目の前でこなゆきや七実、慚愧や迷彩の姿に変わってみせました
記憶を辿ってその姿に変わってみせるなんてなんともやりづらいです
しかも苦戦して後悔と罪悪感を覚えていることを指摘したりと心の傷を抉るようなことを
嫌なことなんてできれば思い出したくもないですからね(汗)
都合よく改変されてしまった記憶も彼我木の前では真実のまま映し出される…
こんな相手はいままでいなかったですし一筋縄じゃいかなさそうですね

「人智を超えた仙人たる僕の見るところ
君はここらでそろそろ自分の苦手意識と向き合うことが必要だろう」

となにやらサポートしてくれるような物言いですが、
七花にとって新たな境地を開くきっかけになったりするのかな

既に二人っきりになってしまったまにわにの鳳凰と人鳥
奥州に向かうようですがなにやらこちらも因縁深そうな鳳凰と左右田の関係が気になります!
話からするに明らかに繋がりがないとは思えないし、
本当に相生忍軍の生き残りだとすると一体何歳なのやら(苦笑)
十二棟梁を失った責任を取り、次の頭目は人鳥に譲るということですが何を企んでるのか気になる…
刀の収集だってもう別にまにわにがやりとげる必要はほとんどないわけですしね
それよりも四季崎の刀の毒に鳳凰があてられるんじゃないかと不安です
あ、鳳凰と人鳥の身長差にちょっと萌えました♪

ヒマそうな七花を見かねて声をかけた彼我木
思い出したのは慚愧との戦いだったようですが…
組み手での勝負も七花は手も足も出ずってことがあったんですね
慚愧が負けを認めたためその場で中断となったものの、これは七花の悩みを解決するための勝負だったと
「一芸に秀でるものは万芸に秀でる、ということです」
初心者である慚愧が多少の徒手空拳が可能ならば、木刀を持っただけで弱くなるはずはないと
見極めていたからこそ呪いという言葉で例えたんですか
というかあの動きで初心者って言われても信じられないのですが(笑)
心王一鞘流の概念があるように、虚刀流にも概念があるのだと…

「刀が刀を使おうとするとこうなってしまう 刀に関する才能を一切持たない それが虚刀流」
悪刀を手にした七実は弱点はないといってましたけど、
もし刀を持たずにいたらまた人生も変わっていたのかな…と考えてしまったり
それにしても虚刀流の呪いとは刀を使うことが許されないことでしょうか?
ということは七花自身も刀、という武器ってことになってくるのかな
なにやら記憶と現実が混濁してるのでちょっとわかりにくかったかも(苦笑)

彼我木の言動はとがめの苦手な相手を投影したものなんですね
姿や立ち居振る舞いは七花の記憶、そして性格はとがめからのものだと
苦手なもの、思い出したくない記憶を持たないものなんていないよ」
ってそれを目の前で現実化するなんてやり方もあくどいと思いますけどw
そういえば、とがめは記憶が曖昧だから鷹比等が父親って覚えてないんですね
七花は蝙蝠から聞いて知ってるけど、ここでそれは言えないだろうなぁ…
今わの際に何か言い残したことはおぼろげに思い出したものの、そこから先はまだわからないと
こういうときに七花が寄り添ってくれてよかったなと思いました
とがめを抱きしめる七花の優しい表情といい以前とは比べものにならないくらい感情豊かになりましたよね

そして否定姫のサイドにもなにやら気になる情報が!
「姫様の悲願の達成も近い」
まるで伝説の刀鍛冶・四季崎の末裔で変体刀に詳しくとがめよりも先回りできているようだと
否定姫は事実はないといってましたけど、
この人は否定することが当たり前ですしあながち嘘でもないのかも…と考えたり
素性が一切不明なこともそうですが、やたらととがめに絡むのも怪しいし~
…とがめが鷹比等の娘だってことも本当は知ってるんじゃないかなと思ってしまいます(汗)

おにぎりもぐもぐなとがめがなんだか可愛い(笑)
何のために戦うのか、その答えを見つけるために戦うのだと告げる七花
仙人との戦いは有益なものになるだろうと応援するとがめの言葉に励まされて向かったものの、
自分を弱いと宣言する相手に翻弄されて攻撃が全て交わされちゃいました!
百合も薔薇も華麗に避けられて思うようにいかず焦る七花の必殺技も効果がなく…
彼我木に戦う意志が全くないことに気づいたようですね

改竄された歴史に気づき、その間違いを正そうと大乱を起こしたのが鷹比等だったようで
というか予知能力の持ち主だったわけですか!?
でもそこまで先のことを見据えていたのならもっと違う方法で解決することができたんじゃないかなと…未来が見えるならまわりを利用してうまく立ち回ることとかできなかったのかな?
武士道に従うのなら生き残りのとがめも殺そうとしていたといいながらも扉に隠し命を助けた鷹比等
「自分の娘は、殺せない」
ああ、ここでようやくとがめ鷹比等が父親だってこと思い出したんですね
最後にとがめになんて伝えようとしたのか…
とても辛いけれど向き合わなきゃならないというのが(汗)

例え戦闘能力が七花より低くてもその全てを防御に徹すれば七花の技を回避することができると
というか銓の属性に合わせて『誠刀防衛』ってw
まぁでも確かに勝つこともなければ負けることもないし…理にかなってるかも
こんな戦いでも教訓を得ることができると一応協力的ではいるんですよね
どうも嫌がらせのようにしか見えないですがこれもとがめの性格を反映してるってことなのか(苦笑)
戦いに拘るとがめの理由を知ってはいるものの、それに同情しているだけと指摘する彼我木
とがめへの気持ちも恋でなければ愛でもないと言われてしまいました
なんだかずっと聞いてると彼我木の雰囲気に呑まれちゃいそうになります
こういう相手とやりあうとなると精神的に強くないと立ち直れなくなりそう(汗)
「僕からみれば君は勿論、とがめちゃんも覚悟が足りない」
自分のしていることと何を釣り合わせているのか考えることだと、
七花が何のために戦うのか気づくことが重要な鍵となりそうですね

「決まっているだろ とがめのためだ」
何のために戦うのか…自問自答した七花が出した答えはやはりとがめのため!
出会って一緒に旅すると決めたときからとがめの刀であり存在し続けた…
理解していたもののどこかでいつのまにか初心を忘れてしまっていたのかな?
「とがめでなければ戦ってこなかったってことだ わかったか彼我木輪廻!」
はっきりとその思いを口にしながら彼我木の作った森の中を駆け抜けてとがめの下へ急ぐ七花がかっこよかったです!

彼我木に勝つ方法を見抜いたとがめがいつもの表情に戻りましたね!
このやりとりの中でとがめもようやく真実にたどりついたようで…
「僕は君のことが大好きだった…」
鷹比等は死ぬ間際娘への愛情を示してたんですね
苦手にしていた相手からの本心の言葉、意外だけど嬉しかったろうなぁ
それにしても既に過去形で伝えたというのが切なくなります(涙)

銓とは天秤を意味して己自身を測り相手ではなく自分自身を斬る刀、己を知るため刃のない刀
鷹比等を父親だと知ることができたからこそ銓を見つけ、彼我木と対面することができた…
とがめにとっても今回の戦いは大きな区切りとなったようですね
刀の本体は刃でありそれが正しいと考えていたとがめ
刃がないのなら護るための鞘もいらないと、己自身を護るための柄と鍔があればいいのではないか?
七花を通しての謎かけによってこれ以上彼我木と争う必要がないってことにも気づいたのかな
ご明察だと上から目線で褒めてくる彼我木が(笑)

そういえば、四季崎が否定的だったということも明らかになりましたね
…ってますます否定姫との繋がりが気になるじゃないですか!
結局四季崎は苦手意識を克服することなく、銓を押し付けて去っていったと
それももらった直後に銓を埋め、その後に飛騨城が建ちいつのまにか処刑場になった…
鷹比等はそれに早くから気づき一人尾張幕府に弓を引いた結果六枝に殺されたんですね
六枝とも昔からの知り合いだったようだしこの過去話のことも詳しく知りたいです

「完了形変体刀『虚刀・鑢』のことを知らないでいるとはまるっきり予想外だ」
ってここでまさかの七花が四季崎の刀だということが明らかに!!
七花、というよりも虚刀流が…ということだそうですが、
四季崎の遺品だといわれていたこともここで繋がってくるとはびっくりしました
…そういう重要な伏線があった錆白兵のバトルはなんで省略されてしまったのか(苦笑)
四季崎の血統じゃなくて血刀という意味らしいですけどw
完成形変体刀はまだ途中で、その上に完了形変体刀があるということだったんですね
本当に刀であるからこそ刀が使えないっていう展開になるとは思わなかったです!

「目的のためには引き分けという不完全燃焼でさえ飲み込まねばならぬということだな」
目的のために目的も捨てねばならないことが教訓だったと、
野望も復讐心も捨てることが必要だったといわれたとがめ
目指すところがないまま先に進めないし、やはりこれからも『目的』を持って進んでいくんでしょうね!
最後に父親の言葉を口にしながら微笑むとがめに穏やかな気持ちになりました

残りの二本、集め終わったらどうなるのか…
野望とか目的とかいってるとまた彼我木が現れるんじゃないかと不審そうなとがめがw
出羽に立ち寄って慚愧にあっていこうとする七花に嫉妬するのも可愛かったですし♪
「とがめのためだ オレはとがめのために戦っている それがオレの出した答えだ」
ってこういう直球ストレートなことには弱かったりとギャップがまた(笑)
抱きついてキスしようとしたのを見事にスルーされ残念ながら顔から地面に突っ伏すことにw
その場に倒れていた人鳥…肩に残る刀傷は誰に斬られたものなのか…
もしやこれも鳳凰の仕業ってことになるんですかね、次回が楽しみです!

次回「毒刀・鍍」
いよいよ鳳凰とのバトルになりそうですね!
人鳥がピンチっぽかったので退場しないかどうか心配ですよ~(汗)

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック
刀語    Comment(0)   TrackBack(29)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TBありがとうございます!
頂いたTBは全て返信させて頂いているのですが
一部反映されない、もしくは弾かれてしまうブログがあるようです。
※楽天さん・ライブドアさん・はてなさん・ココログさん・gooブログさん・FC2等
こちらから送信不可な場合ミラーブログから送らせてもらっています。
ただ、別館からも弾かれてしまうことがあります、ご了承下さい。
こちらからのTBが二重送信になってしまった場合、お手数ですが片方削除お願いします。
申し訳ありませんが、記事に無関係のものはご遠慮下さい m(_ _)m

刀語 第10話 「誠刀・銓」 (アニメ感想)
結論:かごめは良いです。 一生懸命生きる姿勢に心打たれるのでしょうね。 今回よかったのは番組後半、全てが終わったかごめが空を2回見...
失われた何か 2010.10.16 Sat 18:11
刀語 第十話 誠刀・銓
 ちょっと難しいお話ですね。輪廻みたいなのがいたら頭痛くなりそうです。
つれづれ 2010.10.16 Sat 18:19
刀語 第10話 「誠刀・銓(セイトウ・ハカリ)」 感想
仙人 VS 無刀 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深...
ひえんきゃく 2010.10.16 Sat 18:29
刀語 第10話 「誠刀・銓」
いよいよ1年にわたる刀蒐集の旅もまとめの弾に入ってきました。 とがめと七花は自分が苦手とするもの――心に封じた過去と向き合うことを強...
SERA@らくblog 2010.10.16 Sat 18:31
刀語 第10話「誠刀・銓」
仙人のキャラがすごく良かった。こういう道化的なキャラクターは大事。
妄想詩人の手記 2010.10.16 Sat 19:01
刀語 10話『誠刀・銓』
とがめは嫌な夢を見て苦しむ……
本隆侍照久の館 2010.10.16 Sat 19:31
刀語(カタナガタリ) 第1話   ~ 第10話 誠刀・銓 セイトウ・ハカリ
刀語(カタナガタリ) 第1話   ~第10話 誠刀・銓 セイトウ・ハカリ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を...
動画共有アニメニュース 2010.10.16 Sat 19:35
「刀語」第10話
第10話「誠刀・銓」十本目の変体刀、誠刀・銓。そのありかは、過去を捨てたとがめにとっての因縁の地だった。そこは、先の大乱を導いたとがめの父・飛騨鷹比等が、七花の父・鑢六...
日々“是”精進! 2010.10.16 Sat 19:39
刀語 第十話 「誠刀・銓」
達すべきは勝利ではない。
LUNE BLOG 2010.10.16 Sat 19:58
刀語 10話
1時間フォーマットでこの内容はさすがにきつい…というわけで、「刀語」10話禅問答の巻。とがめさんと七花の目的とは何だったか。無論、四季崎記紀が作りし完成形変体刀十二本の蒐...
アニメ徒然草 2010.10.16 Sat 20:11
刀語 第10話「誠刀・銓」
向き合うは自分自身。 敵を倒すのではなく自分を測るのが今回のお話でした。 刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正...
せーにんの冒険記 2010.10.16 Sat 20:31
『刀語』第10話感想
自分の頭の悪さを痛感した第10話。 む~~~~。 【あらすじ】 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこ...
シュミとニチジョウ 2010.10.16 Sat 20:33
刀語 第10話
刀語 第10話 『誠刀・銓』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である...
刹那的虹色世界 2010.10.16 Sat 20:34
刀語 第10話 「誠刀・銓」
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
物理的領域の因果的閉包性 2010.10.16 Sat 20:35
刀語 #10 誠刀・銓 2chの反応
もぐもぐとがめの可愛さは異常 刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)(2007/10/02)西尾 維新竹商品詳細を見る刀語 #10 誠刀・銓
HISASHI'S ver1.34 2010.10.16 Sat 21:09
『刀語』#10「誠刀・銓」
「君はここらで、 自分の苦手意識と向き合うことが必要だろう」 仙人 VS 無刀 10本目の刀「誠刀・栓」を求めて陸奥の百刑場へやってきた...
ジャスタウェイの日記☆ 2010.10.16 Sat 21:40
刀語 第10話「誠刀・銓」
刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る  仙人である彼我木輪廻が相手な為に、七花もとがめ...
破滅の闇日記 2010.10.16 Sat 22:09
刀語  第10話 「誠刀・銓」 感想
「僕は君のことが、大好きだった」 刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)(2007/10/02)西尾 維新竹商品詳細を見る
狼藉者 2010.10.16 Sat 23:16
刀語 第10話 感想
 刀語  第10話 『誠刀・銓』 感想  次のページへ
荒野の出来事 2010.10.16 Sat 23:22
アニメ「刀語」 第10話 誠刀・銓
俺はとがめのために戦っている。それが俺の出した答えだ。 毎月1話放送、「刀語」第10話の(ほぼ)感想です。 誰のために。 (感想) 七花...
渡り鳥ロディ 2010.10.16 Sat 23:23
(アニメ感想) 刀語 第10話 「誠刀・銓」
刀語 第八巻 / 微刀・釵 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。 そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深い場所であった。 そして二人はその百刑場で、誠刀・銓の所有者である彼我...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2010.10.17 Sun 00:21
刀語#10「誠刀・銓」感想
自分と向き合え。刃の無い太刀、残された鞘。「誠刀・銓」仙人VS無刀次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにと...
おぼろ二次元日記 2010.10.17 Sun 01:11
刀語 第十話『誠刀 銓(セイトウ・ハカリ)』
前回、残り10分で録画をミスったため更新しとらん刀語ですが… 斬愧が生きてるようで何より~ぃ! でも冒頭から弱りまくってるとがめは心臓に悪かったっす。 刀語 第十巻 / 誠刀・銓 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: Blu-ray
風庫~カゼクラ~ 2010.10.17 Sun 02:51
十三本目の刀
{/hiyoko_cloud/}リサイクル! 予定は『それ町』だったんですが、 月1なんで『刀語』優先しちゃいました^^; 『刀語』 第十話 誠刀・銓(セイトウ・ハカリ) モノクロの風景。 七花は荒涼とした土地に雨風の中立っていた。 とがめは穴の中、土を掘っていた。 シャ...
マイ・シークレット・ガーデン 2010.10.17 Sun 16:43
刀語 第10話 『誠刀・銓』 感想
変体刀の持ち主は、常に刀の性質を反映していますが、「相手を移す鏡」という仙人は、まさに 『誠刀・銓』の持ち主にふさわしいものでした...
メルクマール 2010.10.17 Sun 22:32
刀語 第10話「誠刀・銓」
なんのために戦うのか・・・? とがめと鑢七花に問いかける、彼我木輪廻! 今度の相手は仙人! 誠刀「銓」の所有者・彼我木輪廻(ひがき ...
空色きゃんでぃ 2010.10.17 Sun 22:44
刀語 第10話 「誠刀「銓」 感想
 月1放送の刀語。ですが今回は今までのように対戦相手と戦うというわけではなく、自分自身と向き合う話になるようで…。これまで観てきた分、色々感じる事もあって面白かったです。これまでの刀語とは一味違う回でした。
コツコツ一直線 2010.10.18 Mon 02:03
刀語 10
第10話 「誠刀・銓」さて、そろそろ終わりも見えてきました。大河アニメという今までにない発想で毎月放送された今作品、作画も慣れてしまえばむしろ好ましく思えるし、真面目一辺倒...
GIGASSA!! 2010.10.18 Mon 03:38
刀語 第十話「誠刀・銓」
雨風吹きすさぶ中で荒野に穴を掘り続けるとがめと、それを見守り続ける鑢七花。とがめは穴を掘り続けていたとがめは薄れ行く意識の中で、幼い頃に虚刀流六代目当主・鑢六枝によって父・飛弾鷹比等が打たれるのを目の当たりにして白髪となった夢をみる。とがめは小さい頃は...
無限回廊幻想記譚 2010.10.20 Wed 01:08

Top↑

税金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。