アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
05 ≪│2013/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2013.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2013.07≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2013年06月 」 の記事一覧
2013.06.30 Sun
宇宙兄弟 第64話「一切れのケーキ」
最近手の力がよく入らないというシャロンを診たせりかさんも一緒に病院へ付き添うことに
そして、予定通り行われた筆記試験
しかしシャロンのことが頭から離れず集中を乱し確認したはずの問題の答えさえ書けないまま
いい点をとって誰よりも早く先に選ばれないとダメ、シャロンとの約束が守られないから――

はっきりと答えは出せないし運動神経に何らかの変化が起こっていることは確か
精密検査をする必要があるため家族の連絡先を書くことになったけど力が入らずペンが持てない
その症状はもう完全に凛平さんと同じものでしたよね…
容体など病名は断言できる段階でないしただの運動不足による筋力低下も考えられるという医師にはっきりと心配しているのはALSの可能性だと告げたせりかさん!
腕を叩いた際筋繊維の収縮が見られたと、けれど精密検査を続けALSと診断されたとしても
段階的に知らせる必要があるとアマンティが予言したとおり重い病気だとはっきりしたのが…

幾つもの検査予定を告げられ自分が何らかの病気であることは本人もわかっていたはず
しかし笑顔をやめなかったのは心配かけないようにと強がってる部分もあるだろうな
帰り道、専門知識のあるせりかさんにALSがどんな病気なのかを訊ねてみたムッタ
父親が亡くなった病気で手の力がうまく入らなかったり転ぶことが多くなる酷似した症状
運動ニューロン神経が障害を受け脳から筋肉を動かす命令が伝わらなくなるせいで筋肉が
痩せ衰え徐々に手足が動かせなくなり食事も会話も自力の呼吸もできなくなってしまう――…
あんな風に何度も自分を励まして見守ってくれていたシャロンがまさかとは思いますよね
そう思ってしまって動揺が消えず問題を呼んでいても頭に入らずモヤモヤして悩むことに
ALSは人により進行状況が違い十年以上かけ徐々に悪化する人もいれば急激に進行する人もいる
ちなみに凛平さんは診断を受けてから二年十か月で亡くなったとかあまりにも早すぎるよ(汗)

試験時間は終了しムッタの解答用紙は真っ白とか…結果もそりゃ散々だろうなあ
そして精密検査から八日後、ALSと告知を受けたシャロン
帰国日になり日本に戻り月面望遠鏡プロジェクトを進めると楽しそうに話すシャロンは
同じ病名だった凛平さんも体が動かなくなるギリギリまで研究を続けたし見習ってやってみると
完全な病名を打ち明けられたのかそう思うほどに陽気なシャロンに困惑するムッタも…
あと数か月で大好きなピアノも演奏できなくなる、告げられたはずなのに笑っていられる強さ
三年先か四年先かわからないが自分が誰よりも先に選ばれて月面望遠鏡プロジェクトに参加する!

子供の頃いざというときにも役に立たないダメ人間の英語を教えてほしいといったムッタ
いつか外国の友達ができたら言うつもりだしよく使えそうだからって卑屈になってる(苦笑)
今いった分の英訳じゃないがもっとシンプルな言い回しがあると教えてくれた言葉
「It's a piece of cake.」
直訳するとケーキ一切れ分ということだけど違う意味もあるのだと
ケーキ一切れ分の価値しかないあっけないダメ人間という意味なのかって捻くれてたりw

飛行機の中でも何度もペンが手から抜け落ちてしまうシャロンが…
料理や裁縫、文字を書く、細かな手仕事からできなくなっていくだなんて落ち込むよ…
何の根拠もないのに口から出まかせをいってしまった、誰より先に月へ行くだよとぼやく
ムッタにシャロンを安心させるつもりでいったのだし別れ際の笑顔もそういうことだろうと
筆記テストで最低点を叩きだしたし出遅れたら宇宙まで十年待つという噂
大事な時に結果を出せないいざというときにも役に立てないダメ人間
しかし誰がどんなタイミングでアサインされるかなんて正直わからない、筆記テストの点数順
がアサイン順になるなら自分は宇宙に行ってないと思わないかと返したヒビト――
宇宙へ行けるかどうか選抜されるのは単にテストの結果だけじゃないのは明らかですよね!

いずれ手足の自由を奪い耳は聞こえても会話はできず目は見えても瞼を開くことができない
そうなる前にシャロンのみたがっている小惑星の姿を見せることができるのか?
一人で食事するムッタの気持ちがわかるとよくやってきたせりかさんもデザートは別腹w
It's a piece of cakeの本当の意味は「楽勝だよ」
昔教えてくれたときもっとネガティブな英訳を頼んだのにそんな風に堂々と嘘をついた
高校の時にようやく知ったけれどそういう嘘なら平気でついてしまう優しい人なんだなぁ(涙)
ISS搭乗を希望するのは難病にきく新訳開発に貢献するため、特にALSをこの世からなくしたい
病気に効く薬を生み出してみせると自信もないのに約束してしまったのだと

翌朝シャロンからメールが届き明日から張り切って製作手順書を作るが心配しないでほしい
三年後か四年後かに月面望遠鏡計画の全ての計画を伝えに行く予定で覚えることだらけ
覚悟はいいか?という言葉に「楽勝だよ」と返したムッタがいいですね♪
元気づけられるような文章は考えても生み出せない、だからケーキ一切れ分とだけ返信した
うん、ムッタにもせりかさんにも頑張ってシャロンさんが元気な間に約束を果たしてほしい!

次回「車椅子のパイロット」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/62964-d07c.html
スポンサーサイト



テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(4)   Top↑

2013.06.30 Sun
進撃の巨人 第13話「原初的欲求-トロスト区攻防戦⑨-」
『エレンを覚醒させるべく語りかけたアルミンによって、巨人化したエレンは大岩を運び始めた。トロスト区内に侵入した巨人たちがエレンに群がるのを防ぐため、イアンをはじめ精鋭班の班員たちは決死の覚悟で巨人を自らに引き付ける作戦を展開する。数々の命が無残に蹂躙されていくなか、巨人化したエレンはついに壁の穴を大岩で塞ぐことに成功する。』


今回作画が気になるシーンが多かったけどやっぱりかなりギリギリの状態なのかな
来週も総集編みたいだし何とか追いついてくれるといいですけど…(苦笑)

エレンを中心にトロスト区奪還を決行するも失敗に終わったかに見えた作戦
そんな中アルミンの呼びかけで再び覚醒したエレンを守るため奮闘する精鋭部隊のメンバー
囮となったリコ班のメンバーも残り二人、一旦岩まで撤退するけれどさらに五体の巨人が侵入
機動装置が壊れ家の中に隠れてやり過ごしていたジャンも巨人が遠ざかったのを見逃さず
傍にあった装置を何とか取り外そうとするけどこういうときに限ってうまくいかないのが(汗)
背後に巨人が迫っても反応しないジャンを助けようと飛び出したマルコは地上を走り誘導する!
その間に装置を取り換えたけれどトリガーが固くうまく移動できない!?
ピンチに駆けつけたコニーは目測を誤って巨人の頭に激突しちゃってたりと格好つかない
この隙に離脱したジャンの目の前には口を開いた巨人…
って、このあとのアニのアップはちょっと不自然だった気がするけど妙に美人さんでしたね(ぁ)
結局ジャンがどうやってうまく抜け出したのかわからないけどアニが助けたってことでいいの?

バランスを崩しながらも屋根の上を飛び解何とか壁上まで離脱したジャン達!
ジャン助けるためにメンバー全員戻ったからということですよね、
そんな中理性を取戻し岩を担ぎ上げ扉まで運ぶ巨人化エレンの姿を目撃することに!!
巨人の精神に打ち勝ち自分の責任を果たそうとしているしあとエレンを扉まで援護するだけ
命と引き換えにしてでも扉まで守り絶対に巨人を近づけさせないようにと命令するイアン
ミカサとアルミンにもエレンの下へ向かうように促したけど命を無駄にさせないためにですか

巨人が反応しないからとわざわざ近づき誘き寄せる囮になるミタビ班も決死の覚悟すぎる(汗)
あまりにも自殺行為だし馬も建物もなく戦えない、だがそれしか方法はないと続くイアン班
背後から一体ずつ倒していってもとても間に合わないしエレンが狙われるの阻止のためですかね
少しずつエレンの進路上から巨人がいなくなり扉まで傍について見守るミカサとアルミン
それにしても段々慣れたせいなのか?今度ははっきり意識が残ってましたね…
あと、足をふみつけるシーンで一瞬作画間に合ってないなとはっきりわかるところが(苦笑)

自分達は生まれたときから自由 それを拒む者がどれだけ強くでも関係ない
炎の水でも氷の大地でもなんでもいい、それを見た者はこの世界で一番の自由を手に入れたもの
戦え そのためなら命なんか惜しくない どれだけ世界が恐ろしくて残酷でも関係ない 戦え――
途中部下を助けるために犠牲となったイアンのシーンで必死に涙をこらえてるミカサの姿が…
残った巨人の目を斬りつけたリコとミカサのスライディング共闘シーンがめちゃかっこよかった!
「皆死んだ甲斐があったな 人類は今日初めて巨人に勝ったよ…」
作戦成功を告げる黄色の煙弾を打ち上げるリコ!!他の班長は皆犠牲になってしまったし
この作戦のため死んだ甲斐があったっていうのがまたね、そうとしか言えないんだろうけども(涙)

アイキャッチは巨人との戦いの歴史
確認できる最古の記録では107年前に巨人が出現したとされている
ほとんどの人間は巨人によって食い尽くされた、そして大砲で対抗しようとしたが驚異的な生命力を持つ巨人の前には成す術もなかった…

残った巨人が来る前にエレンを回収し離脱しようとするけれどエレンの体が高熱を発し
一部が一体化しかけ離れないとわかるとすぐさま斬るしかないと決断したリコさんカッコイイ!
二体の巨人を同時に一掃するくるくる兵長来たー!!兵長のシーン相変わらずかっこよすぎるw
一瞬ミカサと見間違えたエレンだったけど背中には自由の翼 調査兵団の紋章を確認する!!
振り向きざまのシーンといいこんな助け方されたらうっかり惚れてしまうよw

急遽駆けつけた調査兵団と駐屯兵団工兵部の活躍によりウォールローゼは再び巨人の侵入を阻止
トロスト区に閉じ込めた掃討戦には丸一日かかりその間壁上固定砲は火を噴き続けた
壁に群がった巨人のほとんどが榴弾により死滅し僅かに残った巨人も調査兵団により掃討された
その際四メートル級と七メートル級一体の巨人の生け捕りに成功、死者行方不明者は207名
負傷者行方不明者は897名と人類初の快挙とはいえ歓喜するには犠牲の数があまりにも多かった…

医療班と共に捜索を続けていたジャンが目にしたのは右半身が潰れて亡くなっているマルコ
顔を見ないと思ったら…ってついさっきまで立体機動で動いてるの見てたのになんてこと(汗)
混乱して聞き込みをしようとするジャンに名前を知っていたら早く答えろと
岩で穴を塞いでから二日経過しているにも関わらず遺体の回収が済んでいない、このままでは
伝染病が蔓延する恐れがあり二次災害は阻止しなくてはならないし仲間の死を嘆く時間はない
キツイ言い方だしその通りかもしれないんだけど、この医療班の人の表情が怖すぎてね…
二日も延々死体の処理と身元確認とか続けてたら精神的に病んでも無理もないかもですが
そして巨人は消化器官がないため腹が膨れたら食べた人間はあたりに吐いて捨てるのだとか
助けられずゴメンなさいと仲間の死を前に謝ってたアニに早く弔ってやるしかないのだと

そして目覚めたエレンの前にはエルヴィン団長とリヴァイ兵長が!!
てか拘束具とかいっぱいあるし明らかに拷問部屋って感じがする…
憲兵団に身柄を拘束されたエレンにようやく接触の許可が下りたため面会にきたそうで
大事に持っていた鍵はエルヴィン団長の手にあり、イェーガー医師の話を告げられたものの
記憶喪失で父親は行方不明とは随分都合のいい話だとか無愛想に淡々と告げるリヴァイ兵長
まだまだわからないことだらけだが今すべきはエレンの意志を問うこと
成果を調べるためにウォールマリアの奪還が必要となり扉を塞ぐためには飛躍的手段巨人化が必要
命運を左右するのは巨人 超大型巨人も鎧の巨人も恐らくエレンと同じ原理で発動している
…ってことはやっぱり他にも巨人化できる人がいるってことですよね!?
この絶望から人類を救いだす鍵、それがエレン自身がどういしたいかということが一番大きい

「さっさと答えろグズ野郎 お前のしたいことはなんだ?」
てかエレンも巨人をとにかく殺したいとか相変わらず明確な理由ですねw
その言葉に反応して悪くないと応える兵長、エレンの言葉は本心でそれは通じたのかな(苦笑)
責任は持つとエルヴィンに告げ信用したわけじゃないが裏切ったり暴れたりすればすぐに殺すし
自分以外に適役がいないため上も文句は言わないだろうとこうして兵長がお目付け役になるのか!!
そしてリヴァイ兵長から調査兵団への入隊を認めてもらえることに!!
これからエレンと兵長のやりとりも増えるのですね~いやあ色々と楽しみが増えた(ぁ)

次回「あの日から」
エンドカットはノ村優介さん!諫山さんのアシスタントの方ですよね
調査兵団仕様のミカサとエレンがカッコイイ!

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/tokyomx63013-ac.html

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(0)   TrackBack(25)   Top↑

2013.06.28 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 番外編「だから、彼らの祭りは終わらない。」
『文化祭も終わり、奉仕部にいつもの日々が戻ってきた。そんな中、やってきたのは生徒会長の城廻めぐり。体育祭を盛り上げたい!というのが依頼内容だ。3人が提案するアイデアはどれもこれも新鮮味がないと、なかなかまとまりそうもない。そこでブレーンとして招聘されたのは、材木座と海老名。ふたりがプロデュースする競技とはいったい?!』


参加することに意義があるという言葉はしばしば誤用され強制参加のための脅迫文句となって
いる節があり世の中往くだけ無駄だったなんてことは腐るほどあるだろうに参加することに
意義があるなら参加しない勢力に参加することにも異議があることであり経験することに意味
があるのなら何事も経験しない経験にも意義がある、誰もが経験することをしないのは貴重
相変わらず屁理屈ばかりな八幡に筋は立ってないのに無駄に説得力がある分たちが悪いと(苦笑)
チームワークはばっちりだと微笑む生徒会長につられて渋々意気込むことになった奉仕部メンバー

時間は少し遡り新たな奉仕部の活動場所として千葉県横断お悩み相談メール
体育祭を盛り上げるためのアイデアを募集し最後なので絶対に勝ちたいという内容のもの
クラス対抗リレーとか嫌だったしクラスが抜かれると舌打ちしてマジ切れする…って個人名w
というかこの学校は文化祭のあとに体育祭やるんですね~なんか体育祭⇒文化祭のイメージが…
バトンを受け取るのを嫌がる女子がわざわざ目の前でありえないとかいうのはツンデレとか(笑)
自分でわかっているなら言明は避けるが女子が嫌がるときはかなりの確率で本気だと雪乃も~
一人足りず先生と一緒にやる組体操、それを目にする両親が哀れとか八幡の思い出が悲しすぎる…

そしてメールの差出人は城廻会長だったようで
文化祭の時のように体育祭も盛り上げていきたいから協力をお願いしたいという相談内容
って名前を憶えてなくて微妙な空気になったけど人に名前を覚えられないのが得意なだけってw
存在感消したりするのも得意とか笑顔で毒舌な雪乃が楽しすぎる!!
ちなみに結衣の教室に一人でいることが多いから目立ってるというのはフォローになってない
自己紹介されてわかったと話しかけてきた会長、やたらと八幡と距離が近くて結衣がヤキモチ♪
でもあれだけ相模さんとのことで有名になったのに名前覚えてないとか会長大丈夫なの??(ぁ)

本題は男子と女子の目玉競技を考えること、あまりに辛い記憶は封印してしまうため黒歴史に…
簡単に忘れられたらトラウマ抱えてないという八幡に結衣もあまり覚えてないというぐらい地味
印象に残るような派手なものをやりたいということだけど、運営委員の会議に参加し提案してほしい
総武高校はクラス内で半分ずつ赤白に分かれて競う、八幡達も全員赤だからとさらに気合を入れる!
文化祭でも平塚先生が仕切っていたけど体育祭も…って面倒事押し付けられてるような~
若手にお鉢がまわってくるものだし若手を二回アピールする平塚先生がww
一番前の席に座ってたメガネコンビの実行委員がちょっと気になってしまった(*´艸`)

体育祭の目玉競技について挙手して提案していくことになったものの王道な部活対抗リレーや
パン食い競争とか悉く平塚先生からダメ押しされて賛成する気ないじゃないし段々脱線してる~
思った以上にアイデアが貧困でなにか提案しても反対する意見の方が圧倒的、ならば適材適所
できる奴は組織に使い倒されて潰されるのが世の常で給料はあがらないと平塚先生が激しく共感(笑)
できない奴がやっても意味はない、その道のプロを呼ぶ…依頼放棄でなくワークシェアリングだと
信じて任せることは大事、結衣に耳打ちしてある人を呼んでもらうことに!
耳打ちする時一瞬赤くなって照れてる八幡にニヤニヤでした
この場に呼ばれた理由がよくわからない姫菜と材木座に事情を説明し競技を考えてもらおうと
盛り上がればいいとか姫菜に頼んだのは色々と放送事故になるんじゃww
熱く語る姫菜の分厚い資料も気になるけど材木座が持ってた写真ってセイバー…(笑)
それを下に衣装を作成し機材を運んだりと準備するなか材木座がサボってるからお仕置きがw

受けた以来はまだ半分しか終わっていないしせっかくだから頑張ろうといよいよ体育祭当日
…リレーや個人走でも断トツな隼人は女子に大人気すぎてて男子からじと目向けられてる(苦笑)
メインイベント女子対抗千葉市民騎馬戦
その昔争いがあったから歴史を考慮した素晴らしい競技というけど当時はこのあたり海だと
ツッコミしつつ合戦なのはともかく洋風コスなのは姫菜の趣味で沙希の手作りと気合も十分!
それにしてもオタク&腐女子コンビがすっかり意気投合しちゃってすっかり仲良しさんですね
この協議に勝てば三十点追加、男子も勝てば逆転できると八幡にも期待された~

大将旗を倒した方が勝つ、勝負が始まり猛攻開始なメンバー!!
優美子VS雪乃、華麗に避けてバランス崩した優美子から鉢巻きだけゲットしてたり凄すぎるw
そのあとも一気に赤組が鉢巻きを奪い取り鮮やかに勝利決定~雪乃と結衣からバントタッチされ
続きは男子の棒倒し くんずほぐれつ棒を倒すなんて卑猥とか言わないww
運動部部長が担当するため赤組の大将はさいちゃん!!学ランで可愛さ120%増しなんですが!
変じゃなくこれは恋、恋に落ちる瞬間を初めてみたとかいちいち解説いれなくてもいいよw

白組の大将はもちろん隼人 赤組メンバーのやる気のなさに材木座に一つ提案し頼むことに
隼人ただ一人でイケメンに優勝までかっさらわれていいのか、もうこれ以上惨めな思いはし
たくないし話しかけれた時頬を引き攣らされたくないし近くを通る際道を譲られたくないとか
うわああ、リアルな体験盛り込んで強引にチームの士気までもあげちゃったー!!
でも気持ち悪くてよく目立っていたしあとは…とこれも作戦の一つでいよいよ棒倒しスタート

狙われたさいちゃんだったけど庇ってくれたお礼にありがとうと微笑み敵味方昏倒させたww
そして誰にやられたわけでもなく自滅のように振舞い派手に目立っている材木座の横をすり抜け
包帯を手に取り鉢巻きの上に自然と巻きつけるとそのまま白組の陣地へと向かっていく八幡
そのまま棒を狙おうとするけどやはりここは葉山が読んでいたようですね
材木座を囮に下まではいい作戦だが八幡をマークしないわけがない、スタンドプレイにはチーム
プレイで対抗するというけど数の暴力、物量作戦だとお互い嫌いあってる感じのやりとりがまたw
両手をあげて降参かと思いきやここで重量勝負に出て一気に棒に向かった材木座の体当たり炸裂!
見事成功で雄叫びをあげて歓喜が沸き起こる中さいちゃんにすりすりされてる八幡羨ましすぎる(≧∀≦)
結果的には反則負けしてしまったようで包帯の小細工がやはりばれてしまったということか
包帯を取り出した時は何するのかと思ったとかさりげなく見てたのを追及されて照れる雪乃が可愛い
雪乃も負けると悔しいのを初めて知ったとか今まで勝ち続けてきたのかな~
敵同士になった方が楽しめそうだとやる気だした雪乃と結衣のやりとりに笑ってる八幡がいいなぁ
祭のあとの祭が終わり全てはあとの祭り、取り返しのつかないこともあるが泣いても笑っても日々は続くし高校生活は終わっていく、だから、彼らの祭りは終わらない――

卑屈ネガティブな八幡がどう変わっていくのかと思ったらそういうものではなく、ひたすら
そのまま駆け抜けてやり方は最低であれまわりを巻き込んで事態を海解消するのが凄かった!
あえて悪役に徹したりしてそれで自分が誰に嫌われてどう思われようが気にしないとか(汗)
それでもちゃんと見てくれる雪乃や結衣、平塚先生みたいな存在がいることで救われてるのかなと
見終わるとモヤっとすることも多かったけど色々考えさせられることもありましたし…
ラブコメにありがちな主人公が超鈍感でハーレム状態じゃなかったというのも好印象でした♪
アニメは大分カットされてる部分が多いとのことなのでまた二期で補完してもらいたいですね
スタッフさん、キャストのみなさんお疲れ様でしたー!!イベント行きたい(笑)

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(4)   Top↑

2013.06.27 Thu
NARUTO疾風伝 339話「傀儡に宿る魂」
穢土転生された君麻呂、そしてチヨバアと退治するミフネ達!
一流の傀儡使いのチャクラ糸は傀儡だけじゃなく人も操ることができるが糸を切ってしまえ
ば害はない、操られた侍を助け加勢したカンクロウはチヨバアと退治することになったけど
サソリの傀儡を見たチヨバア、自分は間違いばかりおかしたがナルトに出会い正しいことが
できたし未来に希望を残し死ねたはずだったのにやはり前にすると後悔の過去を思い出す――

両親がいつ戻るのかしきりに聞いていたショタサソリが可愛すぎる♪
既にこのときにはもうなくなっていたのですね、しかし幼すぎて知らせることはできなかった
そんなサソリは足りない肉親のぬくもりを求めて父と母の傀儡を作っていたのがなんとも(汗)
両親に抱かれているサソリに気づいたチヨバアの声にはっとしたあとの醒めたサソリの表情が…
本当は既に両親が亡くなっていることに気づいていてそれから…ってことになるんですね

部屋に閉じこもりがちになり傀儡の研究に余念がなくなったサソリに声をかけるコムシ
他の人からみたら変わり者なサソリに唯一話しかけたり何かと気にかけてくれてたようで…
依頼した傀儡の納期を早めてほしいという伝言に対し既に三体の傀儡を完成させていたサソリ
ってサソリ@櫻井さんが喋ったー!!!!
待たせるのは嫌いだとこのときから既に人傀儡の原型みたいなのはできてたんですね
烏用の毒をどうするのか、書かれたメモには希少薬草ばかりで調合するのは許可証が必要
掛け合ってやろうというコムシに待つのは嫌だというのならとサソリも連れていくことに

配合比率がわからないと何ともいえないがサソリがいうのなら問題ないし医薬部に話をつけるし
研究の続きがあるから下がれとアレ以降すっかりどこか距離をおいたような態度になってるのが
里の役に立ってるからチヨバア様も鼻が高い、いつもサソリの事を気にかけてくれているし
早く一人前の忍として認めてもらいたいと国境の警備を任されそこで手柄を立てればと力むコムシ
任務なんて断ったっていいし一生面倒を見てあげるからとかこのコムシの母親もちょっと(苦笑)
そんな親子のやりとりを見てるサソリがなんだか寂しそうに見えて切ない…

怪我をしたコムシは傀儡の腕を作ってもらい絶妙のサイズでまるで元から自分の腕のようだと
そんな風にいっていたコムシだったけれど仕込みの毒を自ら喰らい侵食されてしまったコムシ
配合比率がわからず結局治療も空しくなくなってしまったコムシの痛ましい事故
コムシはサソリとチヨバアを繋いでくれたし唯一といていい友だったのにと痛むチヨバア
けれど近況報告をしてもらったときのことを思い出し嫌な予感がしてサソリの自室へ――
待たせるのは嫌いだし目測ではもう少し成長するかと思ったがギリギリ規格のサイズに
収まったのか、チヨバアに襲い掛かってきたのはコムシの傀儡、そして何体もの人傀儡が…!

最も辛いとき傍にいてやれなかった愛情を最も欲したときに傍にいてやれなかった
本当は口実を作り逃げていたしサソリをゆがめた原因、蘇った死人が謝ったところで今更
だけど後悔する気持ちがあるからこそどうにかしたいと思って我愛羅を助けたんですよね
それにしてもチヨバア、傀儡だけじゃなく肉弾戦も強いとかさすがでカッコイイなぁ!
キレは昔どおりだが闘志が宿っていないし傀儡使いが操られていてはダメということ
穢土転生という術を侮ってはいけないし術者が本気になればと侍を操り一気に襲ってきた!
しかしサソリの父と母を使い応戦したカンクロウ、サソリが倒れたあと三体とも回収したと

天地橋での戦いのとき、自分を人形になりきれなかった人間で生身の過去を持つ不完全な傀儡
傀儡になった両親に近づきたかったのか、魂のない人形になりたいなんてわからない――…
けれどサソリの両親に宿る魂を感じる、サソリはそれを感じたと信じているというカンクロウ
両親の最後の攻撃はサソリに葉見えていたのになぜかわさなかったのか、それは伝わったから
確かに若造だがチャクラ糸を通して伝わってくる後悔や悲しみに気づかないほど鈍感じゃない
償いたくても償えない事もあるし死人でどうすることもできない、けれどサソリに傀儡を託された
仕込みは勿論指先にいたるまで繊細に作りこまれている、二人にはサソリの魂が宿りその思いが
傀儡に父と母の魂までも宿らせたと本人も感じていたはず、操演したチヨバアの思いも魂となり
宿っているしサソリは理解していたし全てをひっくるめて未来の忍世界に託していったのだと
それを受け継いで伝えていくのも役目、若造で他人かもしれないが我愛羅は魂をもらい生き返った
他人とは思えないしチャクラ糸を通しサソリと両親の想いからチヨバアを止めてほしいといっている!

たかが家族の記念写真だから強情にならなくてもいい、しのんでこその忍でホームパーティなど
でからかわれることが真っ平ゴメン、というかホームパーティとかって忍もやるものなの?
写真とるのが嫌なのか、ショタサソリのピュアピュアな視線向けられたら居た堪れないー!!
強引に並べさせれたけどチャクラ糸でカメラをずらしたりどこまで意地っ張りなのw
こうしてみるとこの当時はほのぼの普通の家族だったのですよね、サソリは父親似だなぁ
それにしてもよき操演者に引き継がれたものだといいながら倒れたけどやっぱり死んだふり(笑)
慌てて駆け寄ったカンクロウをドッキリで驚かせたり、代わりに遺してやれるのは傀儡の奥義
ぐらいのものでその身で学ぶがいいとか白秘技を披露したりと修行というよりも遊んでる感じw

コムシ@阪口さん!!!
ヤバイ、ほんとに銀魂キャストさんがナルトにも揃ってきて個人的にウハウハです♪

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(3)   TrackBack(2)   Top↑

2013.06.25 Tue
アラタカンガタリ~革神語~ 第11話「生命~MITAMA~」
『革たちはヨルナミの城・玉依ノ宮までやってきたものの、ヨルナミの力によってコトハが捕えられてしまう。コトハを追って王宮へと入った革の前に、ヨルナミが姿を見せる。ヨルナミは、コトハを助けたければ「自分を降すか、自分に降るように」と告げ、革に戦いを挑んでくる。』


以前のヨルナミを取り戻せるかもしれない革と共に玉依宮へ向かうことになった一行
さすがに十二神鞘の城だから大きいけれど自分の城のほうが大きいと張り合ってるカンナギがw
こういうところは相変わらずというかはいはいってカナテも受け流したりやりとり面白い♪
冒頭ではヨルナミの幼少期の回想があったけど、これが変わる原因だったようですね
せっかく作った腕輪もそんな暇があるなら武芸の鍛錬でもするようにと突き放されてしまい
創世を手に入れれば大王はもう目の前と報告する母親は多分もう…ってことじゃないかな(汗)

休憩中、偵察にいったカナテが戻ってこないためカンナギが確認に向かったと話すコトハ
元の世界に戻りたいだろうし寂しいだろうねと事実を知ってからずっと考えたのかな
大切な人や好きな人もいるだろうし無事に帰れる日まで見守ってるとなんだか寂しそうで
そういえばせっかく買った簪もまだコトハには渡せてないのですね…
秘女王の信じるという言葉に答えたかったし天和国でなら自分を変えられると思いやってきた
今までずっと必死に進んできたけれどその先はどうすればいいのかとふと感じることに(汗)

突然水牢のようなものに捕らわれて水中へ引き込まれたコトハがヨルナミに拉致された!!
慌てて追いかける革に続き見張りがいたかどうかカナテに確認するカンナギ、門も開き誰も
いなかったということは明らかに誘導されてるじゃないか(汗)
コトハを助けようと神意を発動するけれど全く効果がなく玉は破壊できない
カンナギに対してもアカチに劍神を奪われた男だと馬鹿にされたりこのまま何もできないのか?
助けたければ降すか降されるがいいし完璧に事を成し遂げるためにはどんな手段も使うし全て
は母親に応えるため、失敗は許されないしこの姿を母親に見ていてほしいと神意を発動する!

ヨルナミの劍神 哭多(ナキサワ)
水を自在に操り水球で人を閉じ込めたり攻撃にも応用できる神意なんですね
応戦しようとしたカンナギとカナテは邪魔ものとばかりに追い払い革との一騎打ちに!
そんな光景を見守るヒルコ達…ってここから本当に見てるだけだったというのが(苦笑)
確かにそうなのかもしれないけど棒立ち状態だったもうちょっと何とかならなかったのw
革が降されれば自分達もただではすまないが以前のヨルナミに戻ってもらうためにも…

ヨルナミの下へ革が向かった報告を受けていたアカチ
門脇の目を貫き潰すと失って初めて見えるものがあるしかつて全てを失った、力を得たのは
自分には失うものが何もないと悟ったときなのだとアカチが地龍を得たときの話も気になる…
そうなったとき強くなれるのか、強くなるためならばもう片方の目もくれてやると引き止める!
どうしたって強くなりたい、そんな門脇の覚悟を見定め決意に免じて自分の片目を与えたアカチ
…ええ、というかそんな簡単に渡して潰された目も治るものなの!?(苦笑)
その後雰囲気が変わった門脇を気にするミヤビ、アカチは自分を初めて見てくれた相手だし
だからこそ近づきたいと思ったとアカチの強さを尊敬してますます求めるようになりそう(汗)
背後からの攻撃もかわしたけれど革を助けるような言葉に愚行とヒルコ達まで攻撃してきた!
コトハに気を取られた一瞬に狙われた革は水球にとらわれ時返しの術をかけられてしまう革!

ってまた絶妙のタイミングできちゃった門脇がw
眠りに落ち微睡の中で降ることになるのだと、革を倒すのは自分だと攻撃するも無意味
同じように水球に捕らわれたまま水の中に沈むことになるけれどまた面倒くさい感じで
自分以外に倒されるのは許せないとか執着っぷりが凄まじいことになってるし~
心地良さに身を沈める革に語りかけるのは優しい母親の声
しかし劍神を降すためにこうやってじわじわと過去を辿り精神攻撃してくる術なのか…
さらに遡り徐々に革の体も徐々に小さくなっていくけれどそれでも屈しない革に対し攻める!
学校で喧嘩して嫌だという革にもう行かなくていいし辛いならやめちゃえばいいし嫌いなもの
なんか見なくていいし逃げていい、終わりにする言葉をいえば楽になるだろうと投げかけ
これからは誰も革をいじめたりしないしもう頑張らなくていい創世を降ろす言葉を口にしろと

抵抗する革がどうしてかと理解できないヨルナミだけど、カンナギは信じていたようですね
というか母に逆らうことなどあるまじきこととか自身を投影しちゃってるヨルナミが(苦笑)
下せないのなら創世など不要、そのまま消滅させようとするけどここでコトハの声が響く!
革ならきっとできるし負けないでほしい、ちゃんと見ててあげるという言葉を思い出し、母親
にももう大丈夫だし好きな子ができたと報告するといってらっしゃいと笑顔で送り出してくれた!
神意を発動し自分だけじゃなくコトハも一緒に救出するシーンの光が凄かったw
戻ってきた革の力を確認してふっと笑ってるカンナギがいいなぁ♪
幻影を見せて降そうとしても無駄で母親はあんなことは言わないもう自分の足で歩いていける
革にそう告げられ神意を使おうとするも既に劍神が戦意喪失し発動できなくなったようで…
母親に駆け寄り訴えかけるものの水球の中にあったのはヨルナミが作り出した幻影の水人形

やっぱり本当の母親は既に随分前に亡くなっていたんですね…
実際のところ失敗を繰り返すヨルナミに厳しくしていたのは家を守るために仕方がなかった
父亡きあと家を守るのはヨルナミで全て完璧にこなせるまでひたすら精進すべき、そんな
母親の教えを受けて完璧になればいつか褒められ受け入れられると思い努力してきたのか
しかし十二神鞘となっても認められず亡くなり想いは強くなり大王になれば認めてくれるはず
それで属鞘にも完璧を強いてきたがそれも終わり
自分は失敗…拠り所にしていた母親がなくなったことがきっかけで精神を病んじゃったのか(汗)

そんな時カンナギが何かに気づいたけれどそれは母親の形見で近づくなと怒鳴ったヨルナミ
これは生命で守りきれぬときは死ぬときだと思えと遺した母親
期待に応えられずとてもじゃないけれど中を見るなどできなかったとずっとそのままに…
でもそうまして遺したものだしヨルナミに見てほしかったのではないか、背中を押されて
あけてみるとそこには子供の頃母親のためにと作って渡した腕輪が大事に保管されていた!
真相を知るシオツチによると、決して厳しい人ではなく人一倍優しく子供思いで苦しんでいた

優しすぎるし甘えん坊でおっとりしているヨルナミは両親がいなくなったときどうなるのか
もしまた戦乱の世が訪れたとしたら…だから鬼になると決めた、どんなに恨まれてもいい
ヨルナミが強くなってさえくれればそれでいいし代わりに腕輪を生命としていた…
すれ違ったまま生前はわかりあえることがなかったけどこれでようやくという感じですかね
まあせめて十二神鞘になったときぐらいと思わずにはいられなかったけど親子とも不器用すぎw
そのあたり母親以外の鞘がフォローしてあげてもよかったと思いますけどね(ぁ)
ヒルコのいったとおり革が悪しき呪縛から解き放ってくれた、属鞘たちにも改めて詫びる!
元々そんな優しさを知っているから属鞘たちも今まで離れずついてきてくれたんだろうなあ

創世の鞘となるは深き目と広き心、強気意志で世界を導く力を持つ者のみ
鞘革にどこまでその心を貫き通せるのか、この世界で一番大事なものは何かと問いかける!
ヨルナミと母親のような絆と応えた革に笑顔を向けたヨルナミと落ち着いたかと思ったら
笑い飛ばし術を破ったことだけは褒めるが皮が絆だなんだ言うことではないのだと
というかご丁寧にこのやりとり終わるまで待っててくれたんですねw
革は自分だけ見てればいいとかホントどんだけ革のことが大好きなヤンデレなんだか(苦笑)
とりあえず来週で最終回…でいいんですよね、二人の決着がついて終わりということに?
個人的には今現代サイドがどうなってるのかが気になるよ…

次回「創世ノ光~SOUSEI NO HIKARI~」

テーマ:アラタカンガタリ - ジャンル:アニメ・コミック
アラタカンガタリ~革神語~    Comment(4)   TrackBack(5)   Top↑

2013.06.23 Sun
進撃の巨人 第12話「傷-トロスト区攻防戦⑧-」
『ミカサに向けて振り下ろされた巨人化したエレンの拳。トロスト区奪還作戦は、いきなり暗礁に乗り上げていた。すんでのところでその拳をかわすミカサだったが、再度、エレンはミカサめがけて拳を振り上げる。ついに自らの拳を顔面に打ち込み、動けなくなってしまうエレン巨人。そこに3体の巨人が接近してきて……。作戦の現場指揮を任された精鋭班・班長イアンは判断に苦慮する。』


トロスト区奪還のため巨人化エレンの力で大岩を運び穴を塞ぐ作戦が決行される中
精鋭部隊の護衛を受け最短ルートを移動し巨人化を発動したエレンだけど突如暴走してしまう!
大部分の巨人は街の角に集め終わったが極力戦闘を割けたにも関わらず約二割の兵士を損失…
けれど失ったわけではないし兵は勝手に死んだわけではなく自分の命令により死なせた
人類存亡の瀬戸際で生きながらえるためなら殺戮者と呼ばれることも厭わないのだと
既に腹を括って貴重な部下でさえも死地へ送り全責任を負う覚悟とか司令がカッコいい

目の前のエレンから攻撃を受けて寸前でかわすミカサの動きも半端ない…!!
必死に呼びかけて理性を取り戻そうと説得を続けるもののやはり人間兵器なんて存在しないし
作戦は失敗に終わったと見越したリコが赤色の煙弾をあげて本部へと通達する!
自分の頭を殴りそのまま昏倒してしまった巨人化エレンには一体何が起こってるというのか
そんな中巨人が接近しすぐに撤退しこのまま放置してこうとする班長達を威圧するミカサが(汗)
役に立たなければ即座に切り捨てるなんてエレン第一のミカサからしたら…ってことだろうなあ

封鎖作戦に問題発生したことがわかりやはり仲間は無駄死にしたのか
壁際で囮をするために集まっていた訓練兵も煙弾は確認し作戦失敗が明らかになり動揺が走る!
早急に扉の防衛形態に戻し精鋭班に撤退命令をと進言する意見も却下し引き続き作戦を続行
精鋭班に関しては現場に権限を委任しているしただ腕が立つだけではなく人類の命運を託した
のだし精鋭中の精鋭で簡単に負けを認めることは許されない、死んでいった兵を無駄死させないために生ある限り足掻き通さなければならないのだと!!

指揮を一任されているイアンに最初から根拠は気迫で責任はないし価値は十分試し終えた
もうこれ以上はとやむを得ないという感じで壁を登ろうとするけどミカサが後ろから(汗)
もしイアンが気づかず止めてなかったら…
無防備のまま置き去りにはできない エレンを守るため三体の巨人を分担し倒すことを命令!
回収するまでエレンを巨人から守る、人類にとって貴重な可能性で簡単に放棄できるものはない
自分達と違って代役は存在しないのだから…イアンもエレンに賭けてくれてるんですね
エレンのため数百人は犠牲になったろうに回収しまた同じようなことを繰り返すのか、納得の
いかないリコは無理もないけれど何人死のうが何度だって挑戦すべきとイアンは諦めていない
他の班長たちが反対する中自分の判断と信念を信じて命運をかけてみるとか凄いことだなあ

作戦失敗の煙弾を見たあとガスボンベの半分を置いて一人で走って行ったアルミン
大丈夫だというけれどやはり不安はぬぐいきれず…
巨人相手の戦闘は必ず消耗戦になるし兵の損失は今の段階では避けたいはず、なら今の段階で
亡くなる兵は無駄死ということか、いずれの総力戦に備えて温存するため犠牲を最小限にする
判断は正しいといわれてもそう簡単に割り切れるわけないし互いに損失にならないようにとか

どうやって人類は巨人に勝つというのか、どうやったらこの状況を打開できるのか
人間性を保ったまま人を死なせずに巨人の圧倒的な力に打ち勝つにはどうすればいいのか
巨人に勝つ方法なんて知ってるはずはない、だから今やるべきことはエレンの為命を投げ打ち
健気に尽くすことだけ、悲惨で人間に唯一できることなんてそんなもの精一杯の戦いと足掻き
これはミカサが単独で無茶をしないためでもあったのですね…

納得できないが作戦には従う、イアンの意見は正しいし必死に足掻き人間様の恐ろしさを見せてやる
12m級の巨人は自分達の班が請け負うとリコに続きミタビも行動を起こしてくれた!!
何をやりだすかわかったものじゃないから肝を冷やしたとやっぱりストッパーの意味もあったのか
当初の作戦通り自由に動けばいいしその方がミカサの力が発揮されるはず!
恋人を守るためと言われて照れて家族ですと訂正するミカサが可愛い♪
でも確かにきっちり指示を出してもエレンの危機だったら飛び出してしまうものなぁ
破損した腕が修復されていないのは依然の損傷が原因なのか、エレンへの影響はないのか
再び元の姿に戻れる保証はないと不安を感じるが考えてもわかるはずないし今できることを!!

アイキャッチは立体起動装置の体重移動装備
両足の脛のどちらか一方に体重をかけることになり宙を舞うような機動であっても全身の筋肉を
酷使することにより成り立っている、そのため教官が命綱を故意に切り対応を見る試験が行われる
安全な訓練とは言い難いが訓練中に死ぬような者が巨人と戦うことはいずれにせよ不可能である
…なんというか立体機動ってやっぱり才能がないとできないんだろうな(汗)

巨人をコントロールできず逆に意識が朦朧とし夢のようなものを見ていたエレンは…
両親とミカサがいる家の中で欠伸をかみ殺して寝ようとしてたりこれは願望も入ってるのか?
とにかく巨人を街の角から離れさせないことが不可欠、集中し十分に引きつけ交戦の必要はない
訓練生は三人一組になり地上を走る、壁際まできたら上へ飛び万が一零れた巨人は駐屯兵が倒す
思わず十に一の割合じゃないかと漏らしたジャンがまた(苦笑)
危険を感じた場合自己判断で動いても構わないかとアニはやっぱり妙に落ち着いてるなあ…
そして空中を飛び解確実に急所をとらえていくミカサが凄い!
13m級がエレンを狙い、さらには扉から新たな巨人も侵入してきたりと段々状況が悪化
後方を頼まれて走るミカサはいくら精鋭班でも二班で四対同時はキツイだろうと危惧するけど
ここには人間の数は少ないのにどうして巨人が集まるのか、エレンに引き寄せられているのか

到着したアルミンにエレンの意志が反映されず会話も不可能だったし作戦は失敗した
置き去りにできず戦っているがこのままでは巨人が多くて全滅することになる…
後頭部から項にかけて縦一メートル横10センチ 急所から出てきたエレンのことを思い出す!
以前の巨人化で元の身体に戻る際巨人の弱点部分からエレンが現れたことを考えれば可能性が
巨人の本質的な謎と無関係ではないし真ん中さえよければ死にはしない、ほんの少し痛いだけ…
ずらした位置に刃を突き刺すとエレンの腕に命中し痛みで意識を取戻し錯乱する巨人!
心配するミカサだけどミカサがいけばまだ助かる命はあるのだし任せて先に行けと叫ぶアルミン

しっかりしてここから出る、巨人の身体に負けずここから出るよう説得を試みる!
しかしなんで出なければならないのか、意識が朦朧として家族との夢の中に囚われてる感じで
巨人を駆逐すると決めたし母親の敵討ちをするんじゃなかったのか、このままいれば殺され終わってしまう、声は届かずどうして外の調査兵団なんかに…
班長が巨人に喰われ嫌でも自己判断で動くしかなくなったジャン達!!
アンカーが壁に突き刺さらず窮地のコニーを庇ったりもう自分のせいで誰かが犠牲になるのは御免
瓦礫に足をとられ動けない巨人に追い打ちをかけようとするけれどこんなときに射出装置が故障し壁上へ登れず地上を逃げ回ることになってしまったりと今度はジャンがピンチに(汗)
家屋へと逃げ込みやりすごすことにしたものの自分が足を引っ張ってどうするのかと焦る!
近くには犠倒れた兵士の立体機動がまだ健在していてこれなら使えそうだけど外にでるのは…

必死にエレンに呼びかけるアルミンはいつか外の世界を探検するんじゃなかったのか
壁の外のずっと遠くには炎の水や氷の大地、砂の雪原が広がり両親が行こうとした世界
忘れたのかと思っていたがこの話をしなくなったのは調査兵団に行かせたくなかったから
壁から一歩外にでれば地獄の世界なのに、両親のように無残な死に方をするかもしれないのに
どうしてエレンは外の世界に行きたいと思ったのか…それは自分がこの世に生まれたから――
壁の内側から外側への希望がエレンを再び呼び覚ます!!
って、扉を塞ぐぐらいまでやってくれるのかと思ったらようやく再覚醒というところまでとはw
今までずっとテンポよくやってきてくれたのでもう少し先が見たかったな~というのが本音だ(苦笑)

次回「原始的欲求-トロスト区攻防戦⑨-」
エンドカットの画伯絵が相変わらずシュールすぎてww

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/tokyomx62312-4b.html

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(0)   TrackBack(24)   Top↑

2013.06.22 Sat
宇宙兄弟 第63話「若き日のドキドキ」
宇宙飛行士になるためにはT38のジェット機操縦資格が必要
もしとれれば月への打ち上げ当日のヒビトのように人生初のマッハを体験できるけれど…
道程は果てしなく遠い気がしていたしこちらへ来る予定のあったシャロンに嫌なフラグが(汗)

ジョンソン宇宙センターに戻ったムッタ達に配られたのは飛行訓練に備えての膨大な教材
どどんとダンボール一箱置かれて中身を全員に配布するのかと思いきや一人一箱だったー!
しかも普通の空軍の学生が三週間かかって習う内容を三日間で覚えろって鬼畜の所業だ(苦笑)
つまり一週間分一日ですか…新人はこの季節覚えるべき知識量にパンク寸前になる
かつては自分もそうだったし消火器から大量の水を飲ませられるようなものだというラリー
話を振られたムッタだけど消化剤をぶっかけられた気持ちならわかるって消火器男事件がw

三日間の授業の後五日目に筆記テストで結果により今後の訓練における各種優先順位が決まる
ここで気を抜くものはどんどん取り残されていくだけ、厳しいけどそのとりいなんだろうな
またテスト勉強することになるとは、何にせよ順位のつくものなら常にトップを狙わなければ
以前新田がいった言葉をかみ締めてひしひしと痛感するムッタも頑張れ~!!

二日間のプレゼン会議を終えてシャロン博士が提案した電波望遠鏡が一番興味深いと感じた
ハワイ大学で天文学専門の惑星敬虔者のモリソン博士が興味を持ってくれたようですね
小惑星のことにも触れていたしそこがまた惹かれた部分でもある、シャロンという小惑星は
夫がつけてくれたものだとしるややっぱりだったかと嬉しそうに反応して昔観測が専門で
発見した小惑星に妻シノーラの名前をつけたりとなんだかこういうのロマンチックでいいな♪
小惑星なんて小さな領域ばかり見ていても仕方がないなんてことをいう学者も多数いるが
二年前に妻を亡くしてからどうしても鮮明な姿を見たいと思っている、それもシャロンと同じ
個人的な理由だから内緒だと茶目っ気たっぷりなモリソン博士が味方になってくれて頼もしい!
とても素敵だとシャロンに言われて頬染めたり、助手に茶化されて逆切れしたりいい人だw
月面電波望遠鏡の計画は反対派もまだいたが何とかするし是非協力させてほしい
少しずつ味方が増えて個人の願いが集まりみんなの夢と呼べるようになったらきっと叶う
機内で水を頼んだシャロンだけど受け取った瞬間手の力が抜けて受け損ねて落としてしまう!
慌ててチームのメンバーも心配したりとこれはもう時差ぼけとかそういうレベルじゃないよ…

ヒビトとムッタへ会うためヒューストン宇宙センターへやってきたシャロンたち
出迎えたヒビトを誇らしそうに見て久々に握手したけれど次の瞬間ヒビトの表情が怪訝に…
すぐに笑顔になったけどこの時手の力全然入ってなかったんですね(汗)
地球に戻りだるさが続きすぐに眠くなってしまうというと全身だるく時差ボケと似たような症状
ムッタに会えるのは夜になるけれど忙しいときにきて悪かったと気まずそうにしてみたり
カフェで注文してくるというシャロンを心配するけど今度は腕の力を入れるから大丈夫とか
気になって田村さんに聞いてみると躓いたり物を落としたりすることが多いと知ったヒビト
それにしても店内で走り回って迷惑かけてる子供を強く注意しない親って世界共通なの?(ぁ)
席に戻る途中危ないなと思ってたけどぶつかって踏ん張りがきかず転んでガラスを割ってしまった!

子供の頃、プラネタリウムでしか見たことがないような満天の星に出会ったとき
心臓がドキドキとなっている音が聞こえた、望遠鏡を覗き土星の輪が見えたときも同じように
夢だった天文学者になれたのは若き日のドキドキを信じたから――…
慌てて駆けつけるヒビトたち、すぐに掃除の人が片付けてくれたけれどやはりこれは病院へ
体調を見てもらおうと促されても自分の体のことは自分が一番よくわかっているとダダをこね
時差ぼけと飛行機での長旅による疲労がバランスを崩している、心配でたまらない二人の表情が
渋々という形だでかえどヒューストンメディカルセンターで診察を受けることに
血液検査の結果異常なし、MRI検査でも脳梗塞の可能性は見られず体温脈拍心音異常なし
本人の言うとおり疲労だと医者に結果を報告されてそれなら問題ないのかと思ったヒビトだけど

前置きが長いムッタ、ヒビト帰還祝いパーティーも兼ねてメンバーを呼び出していたけど
大物風に登場しようと提案したのはヒビトじゃなくて司会して目立ちたいムッタの計画ですか
思いっきり派手に登場してもらおうと思ったのに小町ちゃんがドア開くの遅れて微妙な感じ(笑)
男性二人とはすぐに意気投合してたりとこういうノリのよさはヒビトならではですねw
ピザ屋でうどん注文してるパパさんに笑った、ウドゥーンってそれ魔王さまかとツッコミたくww
そしてヒビトもシャロンと天文チームを引き連れてきたけど今度はせりかさんが目を輝かせる!
若き日のドキドキを信じて夢を叶えたシャロンさんの言葉がせりかさんにも繋がってるのか♪
何かの瞬間抑えきれない心臓の高鳴りを聞いたなら信じてみてほしい…
それを信じてつなげたせりかさんは憧れのシャロンと対面して本当に嬉しかっただろうなあ

宇宙食にはうどんもあると聞いてやたら反応してるパパさんどんだけうどん好きww
というかムッタちゃっかりせりかさんの隣の席ゲットしてるじゃないか~打倒な席だろうけど
アドレス交換しないのかと言われて喜んだのも束の間、やたらボロボロな携帯にヒヤリとして
以前父親の凛平も同じようなことがあったから気にしたけれど手に力が入らず落としてしまう
医者に診察してもらって疲労だろうと言われたシャロンにどちらかの足の力が弱く感じたことは
あるのか、腕を見せてもらい袖をまくって軽く腕を叩いて確認してみたせりかさんの診断は…
内科で診察を受け別に異常はないと言われたもののさらに精密検査を受けた凛平に珍しい病気で
発症の確認も難しい、腕を叩いて触るとぴくぴくしているのが病気のうちの一つの症状だと
こういうの本当はハンマーとかでやると一番わかりやすいんでしたっけ…
深刻な顔つきになり朝から付き添うしもう一度今度は神経内科へ行こうと提案したせりかさん
…父親と同じ病気の可能性が高いということはALS??どういう診断結果か気になるよ(汗)

次回「一切れのケーキ」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/62263-5a66.html

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(11)   Top↑

2013.06.22 Sat
ちはやふる2 第24話「かくとだに」
『B級個人戦優勝を果たした太一。自分のことのように喜ぶ千早。A級決勝の新とクイーンは僅差で新が勝っていた。多くのギャラリーが見守る中、一進一退の攻防が続く。あそこに座りたかった悔しさと二人の強さに圧倒され、2人のかるたにどんどん引き込まれる千早。果たして、結果は―。』


団体戦だけでなく個人戦でも優勝を果たした太一の回想シーンもかかこよかったなぁ!!
時間はかかったけれどようやくA級になれるわけだし待ってた千早の喜びも一入ですよね
ボロボロ泣き崩れる千早を立たせてTシャツで涙を拭いてあげる太一にニヤリw
赤くなってる太一にもニヤニヤなわけだけど、千早はA級=ライバルと認識して殺気向けてるw
千早がほんっと安定したかるたバカで思わず嬉しくなっちゃう←
うん、でもこういう風にライバル視されるのも同じ土俵にあがれたからならではですしね!

二人の様子をこっそり見ていたかなちゃんと菫ちゃん、ヒョロ君がw
キャプテンとして千早は最後まで応援するつもりだったけど
机くんたちの応援は自分達がするから行ってきていいとその場を任せて慌てて向かうことに
千早の腕を掴んだ太一を見守る菫ちゃんからしたら複雑だろうし切ない…
かくとだにはいい歌だと漏らしたり百人一首を飴玉や薬みたいに出すかなちゃんは変わってる
あなたはご存じないのでしょうね 火のように燃え上がる私の想いをという実方の情熱的な歌
D級決勝に残っていた筑波君がかなりの気合で試合を進めてることすっかり忘れられてたのがw

空札が少なかったしまだ二階は枚数が残っているはずだし浦安の間に入ろうとするけど…
途中で手を振り払いやっぱり一階で応援をすると戻りだした千早は二人の対戦を見たくないのか
直前まではずっと見たいと思っていたのにどうしてこんなに怖いのか――…
人が多くて入れないと栗山先生に断られそうになったけど後から来た桜沢先生が頼んでくれた!
正面は無理だけど横からならとお願いしただけあって何とか入れてもらえることに
戸惑っている千早達を見かねていってくれた台詞がまたいいんですよね~
「これと決めた道で知らない方がいい事なんて一つもないわよ」
桜沢先生は指導者としても一流だけど競技者としても凄いからぜひそれを見てみたいよ~
あ、でもこのシーンはもちょっと余韻がほしかったかな…

って、入るタイミングを伺ってる最中に桜沢先生、背後に注意してくださいー!!!(苦笑)
いざ意を決して襖をあけるとそこから流れ出る水に翻弄されるようなイメージを受けた千早
水の中なわけないし普通の試合風景なのにどうして息苦しく感じるのか、今にも溺れそうな…
そんな時五枚対十一枚で詩暢ちゃんが負けていることに気づく!
肉まんくんも遅れてやってきた二人に気づいたけど自分もビデオ撮影していればよかったと
二人に全部教えてあげたい、これまでの試合二人のかるたを間近で見たからこそでしょうね
最初の配置は新も詩暢嬢も共札を分けておいたが新の渡り手のきく配置、決まり字より先に全部
払い手がつけられないがクイーンも慌てないし狙い札を明確に決めていつもの正確なとりをする
出札は狙ってない札へいき新の流れになっている、どうして札をそんな風に呼び込めるのか
嫌な送り札や札移動はまるで須藤さん並のドS!?そりゃ綿谷名人の教えが叩き込まれてるから(ぁ)
綺麗な渡り手や細かい駆け引き、それだけじゃないと新の本当の怖さは…ってことですよね!

流れがくれば巻き返せるどうってことない枚数差だがどうしてこんな悪い流れになったのか
捨てる札拾う札をわけて差別したから札にそっぽを向かれてしまったのだと感じた詩暢ちゃん
ここからまたさらに集中し札を豪快に払うスタイルにチェンジ!
一音目から動いているしリスクをとって先取した、今からでも全部迎えにいくし全部とると本気!
速さ自体はクイーンが上でテクニック自慢は後半が弱いと感じるまわりの面々だけどもそうじゃない
詩暢嬢の右下段を一気に抜き去った新のシーンが凄すぎた!!
千早の顔にあたりそうになって庇った太一の反応も凄いとおもったけどそのあとの新スマイルがw
音への反応は明らかにクイーンの方が速いし手の速度も早いのに追い越して抜き去った超加速
超加速より武器の多さよりも新のリラックスが怖いとこれは対戦した相手にしかわからない怖さ
クイーンとの決勝で観衆も多く注目やプレッシャーを微塵も感じさせないって脅威すぎるよ(汗)

そんないつもどおりの新の後ろ姿に以前教えてもらった「ちはやぶる」の意味を思い出すことに
止まっているように見えながらどこにも偏りなく力が集中し何が触れても弾き返す安定した世界
例えるなら高速回転するぶれない軸の独楽 神に掛かる枕詞「ちはやぶる」
思わず前のめりになってしまって太一に注意されたりとこれでますます千早は新にってなりそう~
どうにかして負けてほしいと思ってる両親の阿鼻叫喚っぷりが半端ないんですけど応援したげて!
綿谷名人の孫と期待していたがまさかここまでとは、けれど最初からこんな風にとれたわけじゃない

昔は粗が多くバタバタした取り方で同世代に敵はいなくても村尾さんには勝てなかった新
動きが大きすぎると名人にも言われるだろうと指摘されてすねたり子供っぽくて可愛いw
でもこの小さい頃の負けず嫌いが今の強さの秘訣でもあるんでしょうね!
京都大会でつまらないミスで負けてみてないから気を抜いているのか、祖父にも叱られたけど
そんなことないし頭の中でイメージしているのに思うようにできないと悔しさを打ち明ける…
怖い顔をしてかるたをしているのか、イメージといっても色々あり自分の身体が一番軽く動いた
のはどんな時か、かるたが一番楽しかったのはいつだったのかと訊ねられて思い出した新
新にとっては最初に千早とかるたをしたあのボロアパートの畳のある部屋なんだろうなあ
とりあえず具体的には毎日素振り300回とスパルタな綿谷名人が今の強さに繋がってる感じで

上り調子のときに名人がなくなり一年半のブランクでどうして戻ってきたのかはわからない
名人が亡くなってから背が20センチ伸びたことと一年間素振り500回を欠かさなかったこと
てか新はそんなに身長伸びたのか…!!素振りも言われた以上とか努力も半端ないですよね
体が成長し綿谷名人のイメージに追いついてきた…本当に周防名人に引導を渡す選手になる!?
あはは、周防名人の嫌われっぷりが安定しすぎてるけど本人全然気にしてないのがw
とはいえそんな周防名人は新のさらに上行く超人で変人ですからね…あの人はもう(苦笑)

残り四枚対九枚でまずクイーンが叩かれるのでは?
周囲のざわつきに苛立つ詩暢ちゃん、なんでこんなにまわりが目に入るのか
使いたくなかったけどおろしたてのスノー丸ふかふかタオルで汗を拭ったり疲労してるのが…
詩暢ちゃんだって人の子だし今日五試合目、決して楽に勝てる相手ばかりではなかった――
恵夢ちゃんや千早、手加減の必要のない一日だとブラックオーラ全開で微笑む詩暢嬢が怖いww

空札が続き次の瞬間とったのは詩暢ちゃんで敵陣右下段を抜いた!!
一瞬新の方が速くとったと思ったのにその手の下に滑り込んだりあんなに低く手が出せるなんて
全然違うに方向にとんだ札、お互い払ったが詩暢ちゃんのとり、というか千早よく見えますね!
なげきが詠まれたが詩暢嬢の左下段にはなげきとなにわへがあったから新は全部札押しでいった
しかし詩暢ちゃんがはらったのはその中の一枚、前へ押し出す形でまたかるたと強く繋がった
どうすればより早くより低くとれるのか、思わずその場で素振りをしてしまう千早を止める太一
詩暢嬢の取り方を即座に吸収しようとする貪欲さはやっぱり千早ならではって感じだなぁ

皆と一番強く繋がっているのは自分だと見下ろす詩暢ちゃんに笑顔を返した新(苦笑)
挑発してもさらっとかわすし本当に調子狂ってイライラするニコニコメガネって詩暢ちゃんがw
四枚対決七枚と差は縮まりどうなるのか…
高校生A級最高レベルの一戦だと間下十段も圧倒されていましたね!
疲れたし熱い、でも自分はまだ強くなれるしもっと深く札と繋がれるしもっと求める…
滴り落ちる汗が手に触れた瞬間詩暢ちゃんよりも一歩先に最後の札を選手したのは新だった――

終わって笑顔を見せた詩暢ちゃん、そしてA級決勝で優勝した新は一気に注目度が増す!!
何年も無配のクイーンに土をつけたとあれば…ですよね、さあ両親よもう諦めてw
って実は鳥人間コンテスト&昨日雨の中にいたことで発熱してたんですよね…
ふらふらしてる詩暢ちゃんの額に手をあて熱があることに気づいてて気遣う新がイケメンすぎる!
保冷グッズまで使って出場しよくやりきったと褒めたりまったくもうどんな天然タラシですか
そんな新の行動を後ろから見てる千早が一瞬唇かみ締めてたのは…多分太一気づいてそう(苦笑)
無理して出場したのは戦いたい相手がいたから、自分に手をあげて向かってくる人がいるから
「当然や うちはクイーンやから」
最後のニヤリといいもうこのシーンの詩暢ちゃん超カッコイイー!!!惚れる、てか惚れてた!!
新と詩暢ちゃん、今後恋愛に発展するかどうかは別としてこのコンビも好きなんですよね
それにしても風邪ひいててこの気迫と勢い、万全だったら結果はどうなってたのかな…
なんかもう、圧倒的実力見せられてなおかつ千早⇒新を見てたらまた太一不憫度が(苦笑)
次で最終回!もう原作追いつき始めてるから三期は当分ないだろうなあ~

次回「ふじのたかねにゆきはふりつつ」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/262124-598c.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(28)   Top↑

2013.06.21 Fri
革命機ヴァルヴレイヴ 第11話「軍事法廷第54号」
ドルシアで開廷された軍事法廷第54号
平和中立と他国を欺き甚大なる脅威ヴァルヴレイヴを開発せしめたことについて召喚尋問が!
ショーコの父親は行方不明になってたけどドルシア軍に拘束されていたっていうことでしたか
当のショーコはそんなことも知らずアキラと月へ行ったら何をしたいか話していたけど…
月は中立地帯でありドルシアも攻めてこれないし戦争も終わり普通の学生に戻り授業も受ける
土日は遊びに中断した全部をやり直すことができるとか何もかもうまくいくはずないですよね

ヴァルヴレイヴは研究を進めて少しずつわかってる部分も増えてきたのかな
冷却装置があれば長時間の戦闘も可能だしオーバーヒートでエラーも少なくなりますかね
そして新内閣が創設され各大臣も決定し全員揃って記念写真の撮影をすることにしたようで
というか全員顔見知りメンバーなんだけどこれは自分達で決めたっていうこと??
皆礼装していたけど学生なんだから制服でいいんじゃないかなとか(ぁ)
そして案の定ショーコはなんともダサい格好だし全員お揃いにしようと言われて却下されたり

サキへの不祥事について話をつけるため待ち合わせしていたハルト
サキが見つけたのは一件のバーだけど、未成年でも自分達が法律変えちゃえばいいとか…
コーヒーの入れ方がわからずハルトがもたついてるときにショーコから着信があったのを見て
隠していたり絶対に謝らせてやらないとかできるだけ二人を近付けさせたくないのですかね
総理大臣就任お祝いメールがアキラから届き慌ててお礼に電話をかけたショーコに思い切って
音声着信で返すと回りも誰からなのか気になって一気に注目が集まってしまったのが…
いきなりたくさんの人に話しかけられて困惑する中一緒に写真を撮らないかという誘いの言葉が
きっかけに思わず過去の恐怖がフラッシュバックしてしまい対人恐怖症のトラウマが蘇った(汗)
回想で見えた両親はどこか余所余所しい感じだったしもしかしてアキラとは血が繋がってない??
どうしてこんな風にパニック状態になってしまうのかアキラの過去も色々と気になるなあ

映画館で時間を潰していたけれどこの映画のヒロインがサキだっていうのも(苦笑)
ずっと一人だったし家族も友達も誰も選ばなかったというけれど人気アイドルで映画の主役も
していたサキがどうして一人なのか、誰かでいいから選ばれて二人ぼっちになれたらよかった
映画のセリフと重なって笑い飛ばしていたけれどこれはサキの本心なんじゃないのかな
もう一人じゃないと励まそうと何かを伝えようとしたけど敵の襲撃が知らされここで時間切れ
モジュール77と月の間にドルシア軍が襲来し突破しなければ月へたどり着くことはできない!
ニヤリとしてたエルエルフさん今回も思惑通りって感じでしょうか?

今回もカイン大佐は味方を踏み台にしてヴァルヴレイヴ強奪作戦て感じですかね…
稼働時間に限界があるため物量⇒長期戦に持ち込み消耗させるだけでいいというデリウス少将
モジュール77が進路変更したため追撃戦へ移行したドルシア艦隊
でもこれもエルエルフの作戦でバリアシステムを月面側に集中し対峙し相手を誘導していく!
ヴァルヴレイヴ全機投入しているけど四色で戦闘シーンもかなりカラフルになってましたね
明らかに敵数が多く防戦一方だけれど全ては計算のうちで敵艦隊の陣形を崩壊させるため
この状態で腹切りブレイドを使えば一気に敵を殲滅できる、だから進路変更もしたのだとか
腹切りブレイドが逆転の鍵でタイミングを外せば作戦は水泡に帰すとハルトに伝えるエルエルフ
作戦指示書をサトミに手渡してどこかへ行くつもりのようだけど次に起こることも予想済みですか

ドルシアから秘匿通信で総理と二人で話したいという条件を引き継ぎ総理官邸へ向かうのだと
一刻の総理であり最低限の格好はつけてもらうと人気のない場所へ…ということだったのか(汗)
戦争に巻き込まれるまで安全に暮らせるのは凄く幸せなことで平和は誰かが守ってくれていたもの
国家の最大位の使命は国民の安全を守ること、ドルシアもそう考えて強大な軍事力を保持している
それとこれとは…とショーコもいいかけたけどいずれジオールもということになりそうですね…
回線が繋がりデリウス少将との会談に応じたけれど、捕らわれていた父親の姿を確認することに
軍事裁判は死刑で結審したため死刑執行に移ると目の前で淡々と告げられ激昂するショーコ
卑怯者なんて大人には褒め言葉で手段や美学に拘るのは子供の格好つけ、汚い手段を使っても
目的を実現するのが大人というものでヴァルヴレイヴをアルスに渡すという脅迫も効きはしない
これは戦争、あらゆる卑怯も正義も勝利が塗り潰すのだと…
そんな時エルエルフから敵の位置は特定できたし敵艦隊中央は腹切りブレイドの射程内なのだと
このタイミングを逃せば敗北するとショーコがどう出るかでエルエルフも…と用意してたのかな

変化する戦況がエルエルフの指示書どおりで唖然とするサトミだけど後々大丈夫か心配に~
父親の身の安全をとるのか、学校の皆をどうすればいいのかと迷って答えを出しかねている
ショーコにヴァルヴレイヴの譲渡と引き換えに学生と家族を全員第三国に亡命させる取引を…
つまり他ジオールは見捨てるということで同じ人種というだけで大半は他人だから関係ない
けれど自分達だけ助かるわけにはいかないと断るショーコに安全と家族だけあれば人は幸せ
戦争は大人に任せておけばいいし友達が死ぬのは嫌だろうとじわじわ精神的に追い詰めてきた
後ろでエルエルフが銃の安全装置をはずしていたけどもし取引に応じていたら…ですかね
こんな取引受けたところでなかったことにされるのは明白ですし断って正解かと(汗)
元総理が父親と娘の最後の会話だと入ってきたけれどそんなに簡単に諦めないでほしいし助ける
そういうショーコに土になり新しい目を出させるのも大人の仕事で未来は後ろには落ちていないと
充填完了し腹切りブレード発動で一気に艦隊を殲滅したハルト!!
勝利に生徒達が歓喜する一方で何も出来ず父親を失ったと泣きじゃくるショーコとの対比が…

全てはエルエルフの作戦通りでどこまで見えているのかと安堵したのも束の間次の襲撃がー!
下方からイデアール級殲滅機でカイン大佐達が奇襲をかけモジュール77に突っ込んできた!!
ピットが破壊されたため冷却も不可能だしさらにドリルで内部へと侵攻されていくことに…
ってマニュアル以外のことが起きてテンパってるサトミがやっぱりすぎてヤバイじゃないか(苦笑)
ドリルをハーノインに任せてカイン大佐が直接内部へと動いていたけどヴァルヴレイヴ狙い?
敵を誘い込んでからの殲滅戦は自分の指導が行き届いている証拠だけど逆にそれ故読みやすい
ヴァルヴレイヴが冷えるまでは動かせないからその間生身で戦うと不死身だからできるんだろうけど
頑張ってショーコを助けてきなさいと投げやりなサキの前に戻ってきたとき挟まれて危険だったよw
この戦いが終わったらいおうと思っていたけれどと前置きし結婚してくださいとプロポーズ!!
責任とるためにはと決意したんだろうけれどうーん…本当にそれでいいのかどうかは…
この状況でとなると思いっきりフラグっぽいし未来でサキがいってた約束も気になりますしね(汗)

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/tbs62111-b1e5.html

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(0)   TrackBack(30)   Top↑

2013.06.21 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第12話「結実の日曜日Ⅰ」
七日間の試練を生き残りいよいよポラリスと邂逅する直前
全てリセットし強者が生存する世界への変革を止めたいのなら自分を殺せと響希に迫る大和
何も出来ず対峙するというのなら響希を殺すという大和の前に現れたアルコルにより三つ巴に!?
試練は終わったから自分の意志で戦いを始める、芽生えた意志はポラリスの因果にないもの
大和を殺し響希に希望を託すと、ならば今から始めるとアルコルにとって大和は最初の友達

ポラリスの試練神に挑む七日間が終わり生き残った人間の意志で世界は作り変えられる
正しい選択は、自分たちの戦いは何を求め何を得るための戦いだったのかさらに迷うことに
セプテントリオンを倒したけれど人間を試す試練が終わっただけでポラリスとの謁見が始まる
大和の意志が聞き届けられれば世界の理は書き換えられ実力主義の世界が始まってしまうし
始めからそういうものだったことになってしまう…望んでいないしどうしても止めなければ!!

空中を飛び交いながら対峙する大和とアルコル!
東京タワーに近づくほどに力が漲ることに気づいたけれど誘い出されたと気づいたけれど
縁も今日までで最後に死の概念を教えてやるという大和にその機会はないし自分が殺してしまう
響希に選択を託したいと思うようになるなんて不思議、響希と出会ったことで変わりシステムで
なく初めて何者かになった、今は予知できない未来に胸を躍らせているしときめくのだと
気の迷いかあるいは壊れただけというけれど大和だってずっと響希のことを気にかけている
壊れたのかい?と問いかけられたけれど何も意志は変わっていないし響希は計画のための道具
アルコルもシステムの一部で考えることをやめれば変革した未来へ連れて行ってやると誘う!
けれどそれは選択を閉ざした未来で嬉しくないと断ると二人に同時に死に顔動画が届くことに!!

ふらふらになりながら行こうとする響希に今いっても殺されるだけ、いって何ができるのか、
大和を止めるということが交わした約束がたった一つの人間らしいこと
そんな時大和の援護に向かうと告げる真琴は三人に辛い思いをさせてしまい贖えることではない
正しいことかどうかはわからないがどうなろうとも大和につき従うと決めている…
好きだったのかと訊ねる維緒の言葉は軽薄だと返されてしまいましたね(苦笑)

怪我で国体選手としての生命を断たれた真琴に世界は掌を返したが大和は指針を与えてくれた
目的のために生きることでただ逃避していただけかもしれないが願う未来があるなら実現させたい
未来に一度絶望し峰津院に囲われたのだから最初から未来を語る言葉など持ち合わせてはいない…
人に頼った思考停止、そうだとしても誰かの希望に縋るしかない弱い人間であり大和が希望だった
この間待つ間真琴にも死に顔動画も届いてしまいこれはもう…
策がなければ無謀、もとより投げ出す覚悟の命で大和の為ならば惜しくはない、響希は聡明だから
逆にわからないだろうとか…何があったとしても最後の願いとして大和を頼むとかずるいよ(汗)

龍脈の力を扱えるとはいっても人間の肉体には限界があるとどちらかというとアルコルが優位?
けれどこれで修復完了だとケルベロスを召喚した大和は最初に選んだ人間なだけあるしさすが
ケルベロスは貫かれもうすぐに呼び出せる悪魔はいないはずだろうと…
悪魔召喚アプリは持ち主の能力を査定し悪魔を召喚させることができるため人間の成長に合わせ
更に強力な悪魔を呼び出せることができる、ベネトナシュを倒した今ならさらに強力な悪魔が!
あと少しで召喚できるという時防御が破れそうになった大和を庇い飛び込んだ真琴が犠牲に
自分の生きがいであったしありがとう最後に言い残していったけどこれは精神的にキツイ…
馬鹿がといいつつ大和も苦しそうだったしこれで心が痛まないことなんてないですよね(汗)

そしてこの間に新たな悪魔ネビロスを召喚した大和!
さすがに分が悪いと感じたように一気に形勢逆転して今度はアルコルが追い詰められることに
地面にたたきつけられてもこんなに楽しいのは久しぶりとかここまでされてもですか(苦笑)
しかし大和からはそんな風に思ったことないと言われてその言葉が一番悲しいとか…
人類文明の監視者というから遊んでやっただけといわれても遊んでくれてありがとうと返し…

何故付きまとったのか、興味深いし小さな大和を輝く者だと思ったが結局そうではなかった
進もうとしている道は真っ暗、少しでも思い直したりはしなかったのか、思いとどまる必要なく
生まれたとき世界は既に腐敗し無能な者は目を背けていたが人間社会はもう手遅れで誰かが
変革しなければならない、それは自分にしかできないことだと全ての業を背負うつもりですか
力任せで失うものがあろうが構わないし罪は自らが背負うとどうして全てを背負おうとするか
人間一人の心はそんな風にはできていないし並はずれた才能を持って生まれ普通の子供とは違う超越者としての責任に雁字搦めにされていてだからこそ興味深くて好きになったのだと

勝敗はついたけれど大和を止めなければ響希が殺されてしまう、大和を道連れに自爆覚悟を!
自分が出会ったことで大和が壊れよかれと思ってきたことが全て裏目に出て苦しめることに…
過ごした時間は楽しかったし大和となら素晴らしい未来に行けると思っていたと今ならわかる
どうか新しい世界では――…アルコルも大和を最後まで信じていたのかな…
駆けつけた響希の前で別れを告げて上空で爆発してしまったけれどこれが試練で満足なのか
叫ぶ響希の前にボロボロになりながらも現れた大和はどうやって生きてたのか不思議だよ(苦笑)
今までの真琴やアルコルも全部自分が殺したのだしそうしなければとかもう…
世界の変革が始まり再構成され書き換えられる一瞬の狭間であり無に飲み込まれ闇と化していく!

ポラリスと邂逅する転送ターミナルへと足を進める大和はわざと携帯を壊し悪魔を暴走させる!
とうに肉体の限界はきている…とか大和があまりにも凄すぎて人間場慣れしすぎてるから(苦笑)
倒されたアルコル以上に強大な力を持つ化物みたいな大和には従えないと反対する維緒と大地
大和が暴走させた悪魔を押さえ込み先に行けと、けれど世界が変革される際どんな傷害が出るか
わからないのにおいてなんかいけないと、そんな響希が大和を止められる唯一の存在だし
響希が最後に残るのだから今まで戦った七日間も決して無駄ではないはず!
「お前が皆の希望なんだよ!」
二人の想いを受け止め後ろを振り向かずゲートへと進んだ響希だけど無に侵食される二人が…
きっと響希の望んだ世界に大丈夫といいつつ徐々にその記憶さえも消えていってしまったり
最後は響希が誰か自分自身のこともわからず飲み込まれていった大地達を無駄にしないためにも!

そしてゲートを通過した先に待っていた大和とついに最後の決着をつける時が
ポラリスの下にたどり着けず留まっていた大和、決着がつかないと謁見の許可は下りないのか
約束を果たすときがきたし自分が大和を倒しポラリスと謁見すると宣言する響希も吹っ切れた!
って、大和は響希が決意するまでずっと待っててくれたっていうところもあるのかなw
ほとんど退場しちゃったせいでEDがすっかからんでなんとも寂しいことになっちゃってるし…
でも本当にこの先に希望があるのかどうか、最終回がどうなるのか気になるところです(汗)

次回「結実の日曜日Ⅱ」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/devil-survivo-3.html

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(14)   Top↑

2013.06.21 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」
『雪乃はもちろん、八幡でさえも身を粉にして働いたおかげ(?)か、文化祭もいよいよクライマックスへ。しかし祭りを締めくくるエンディングセレモニーの準備中にトラブルが発生。セレモニーであいさつをするはずの実行委員長・相模がどこにもいないというのだ。彼女を捜すために八幡がとった方法とは?』


記録用に文化祭の写真撮影をしていたところに遊びにきた小町ちゃん、お兄ちゃんに会いにきた
だけだから一人で来たとか相変わらずあざと可愛い発現してくれるけど飛び掛かるのは危険ですw

結衣は教室で当番、雪乃はどこにいるかわからないというけど八幡が居場所がないからなのか?
彷徨える孤高の魂は拠り所を必要としないという発言はさらっと流されたけど仕事してるのは
意外だしなんだか遠くにいっちゃったようで複雑だとか普段どんだけだらけてるかよくわかる(ぁ)
小町ちゃんとわかれたところでちょうどカメラのレンズに入った雪乃に気づいて目が合ってしまった!

EDセレモニーの最終打ち合わせに行く途中だった雪乃
有志団体として参加した陽乃のバンド演奏が始まるや体育館は人で埋め尽くされたりと大盛況
かなり本格的で指揮者として出演する陽乃のことは相当高く評価しているしああなりたいと思った
ならなくていいしそのままでいいとか、ぼそっと呟いた八幡の本音にニヤリw
そんな時実行委員から相模さんがどこにいるかわからず音信不通、このままだとEDが台無しに!?
代役を立てて挨拶や総評はなんとかなるが、優秀賞と地域賞の結果を知っているのは相模さんだけ
賞の結果ならでっちあげればいいとかそれはさすがにちょっと…
最悪の場合賞の発表だけは後日に回すことになるけれど地域賞の発表はどうにかしないといけない
困惑する中演奏が終わった隼人たちのグループがもう一曲追加でなんとか時間稼ぎすると提案を
無理無理いってた優美子も葉山のイケメン度に押されて受けちゃったりとわかりやすすぎるw
雪乃にお礼を言われてあんたのためじゃないとかなんだこのテンプレなツンデレは~(笑)

いくつかSNSにも書き込んだから見た人がいたらわかるはず、稼いだ10分で見つけられるのか?
闇雲に探しても見つからないし実際のところ一ヶ所が限界、ならもう少し時間を稼いだらどうか
わからないといった八幡に不可能と言わないのなら十分だと陽乃に連絡をとり手伝ってほしいと
雪乃がお願いするなんて初めてだし今回は聞いてあげると、しかしお願いじゃないしこれは命令
命令違反のペナルティはあるのか、出店取り消しされてももう意味はないし先生に言いつけるか
からかう陽乃に対し何もないがメリットは貸しを一つ作れるということでどう捉えるかは自由
あくまでも利害の一致関係で協力しろってことですね~下手に出ないところが雪乃らしいかな
元々こういう人間だし十七年一緒にいてみてこなかったのか、そんな雪乃に笑いを漏らす八幡が
場を繋ぐためにと雪乃も即席のバンド結成してボーカルは結衣が抜擢されることに!
自信ないし逆に迷惑かけてしまうかもしれないけれど頼ってくれるのを待っていたと嬉しそうで
歌詞とかうる覚え…ってうろ覚えだし何やら心配になってきたと言われてたけどなんだか和むw
雪乃と結衣が頑張って場を繋ごうとしてるのだから今度は八幡が奔走して活躍する番ですよね

自分の居場所を見失った人間が望むこと、誰かに自分の居場所を見つけ出してもらうこと
見つけてほしいから校内しかも目に付くところにいるし選択肢を絞っていかないといけない…
だからって普段ボッチでいることが多い材木座に連絡してどこにいることが多いと質問を(苦笑)
保健室か図書室あとは特別棟の上あたりと情報を入手し向かうとばっちり予想はあたっていた!
セレモニーはもう始まっているがどうにか時間稼ぎをしているのが雪乃達だとわかり反発する…
なんでもできるならやればいいとかそういう問題じゃないし集計結果の発表とかいろいろある
受けた依頼は相模さんを委員長としての責務を全うさせることで結果だけ持ち帰るわけにはいかない
雪乃のしてきたことを否定することになるし今すべきことは委員長として相模さんをあの場に立たせ
曳航と挫折と後悔をきっちりと与えてやることで相模さんが欲しがっている言葉を聞かせればいい

しかし自分にはそれができないと困惑していたところ遅れてやってきた隼人や相模さんの友達
早く戻ろうと手をさし延ばしたりこういうときのイケメンはホントズルいw
迷惑をかけて会わせる顔がないと渋る相模さんに大丈夫だし頑張っているとフォロー
けれどこのままでは時間も余計かかるし自分が悪人になれば…って決意しちゃう八幡が(汗)
雪乃が雪乃のやり方を貫いたのなら自分のやり方で正々堂々真正面から卑屈に最低に陰湿に
思いっきりため息をつくと相模さんに対し本当に最低だと一蹴!
結局ちやほやされたいだけで構ってほしくてこんなことをしているし今だってそんなことない
といってほしいだけ、そんな奴委員長として扱われなくて当たり前で雪乃みたいに認められ求められ
頼りにされるような人間になりたかったからインスタントに委員長という肩書きを張り付けまわりを見下すことで優位性を確認したかった、それが成長の正体
皆多分気づいているしまるで理解していないのだしこのなかでは八幡がわかるくらい…
最底辺の世界の住人だからわかる、そもそも興味ないのにどうして一番早く居場所を見つけられたか
つまり誰も真剣に探していなかったということ本当は自分がその程度の人間だとわかっているのでは
最後まで言い切る前に胸倉を隼人に掴まれたけど本当にこれじゃ完全に八幡が悪者ですよね(汗)
隼人も八幡がどうにかしようとしてたのはわかるけどどうしてこんな最低なやり方しかできない…
あのままだったら隼人の手もとれなかっただろうしあえて敵になることで場をとりなし誘導したのか!
でも周囲から嫌われたり拒絶されたりするのを恐れずここまで言い切れる八幡てホント凄いと思うよ

その頃、体育館ではライブ開始!雪乃と結衣が背中合わせでハモるとこ好きだ~
これが結衣と雪乃のキャラソンになるんですね、ちなみに公式で視聴もできます♪
そういえば材木座がちゃんと文化祭に参加してる姿も確認できてよかったよ、声だけの出演かと
閉会式での挨拶は八幡の言葉が響いたのかどうにもテンパって失敗してしまった相模さん
多分こうなることがわかってたんだろうけど先ほどのやりとりがあるからこそ非は本人に
向かず八幡のせいで~という形の流れになっちゃうっていうのがなあ…
八幡を庇う隼人になにやらよからぬ妄想してる姫菜はちょっと落ち着けww
さいちゃんが八幡に軽く手を振ってるの可愛かったけど材木座に最後同情されてたのが(苦笑)
八幡のヒールっぷりそういうところは好きだし雪野には勿体ないと陽乃はフリーダムだった…
スローガン決定のときといい相模さんのことといい結果的に八幡の尽力は大きかったが素直に
褒めることはできない、誰かを助けることは八幡自身が傷ついていい理由にはならないのだと
痛みに慣れているのだとしても八幡が傷つくのを見て痛ましく思う人間がいることにも気づくべき
平塚先生も不器用な所を気にかけてるのですよね、八幡に愛ある説教が届いてるといいな!

片づけも終わり部室へ向かうと校内一の嫌われ者と皮肉る雪乃に存在を認めらるのはいいとか(苦笑)
提出しそびれた進路希望票を書いている最中、ちなみに八幡は報告書をまとめるためにきたと
選択の幅が少ないしぼっちの修練進化の結果で行きついただけで二人が似ているわけではない
八幡と雪乃はちっとも似ていない、だからこうして交わす言葉がいつも新鮮で心地いいと感じていた
問い直し新たに導き出した答えはちゃんと結論になっている、なら自分と彼女は――
頭をかいてちょっときまずそうに打ちかえようとした八幡の言葉は途中で遮られちゃったー!
友達になることなんてありえない、虚言は吐かないという雪乃に別に嘘ついてもいいしよく自分も
ついている、知ってるものを知らないといってもいいし許容せず強要する方がおかしいのだと
前は知らなかったけど今は知っていると八幡に返した雪乃
おや、なんだか友情じゃなくて…な展開の雰囲気だけど二人にはやっぱり友達になってほしいな
お疲れの後夜祭に行こうと誘いに来た結衣だけど本人も何をするのかよくわかってなかったw
隼人たちがライブハウスをとっていて人を集めてるんだとか
引き立て役って片言で八幡の名前改変してる雪乃が面白かった♪
いっても壁際の隅っこに一人でいるだけだし空気悪くするのも悪い、後夜祭は委員会手動じゃない
から行く理由も特にないと断る二人がやることが終わるまで待ってると前向きな結衣も相変わらず

人生はいつだって取り返しがつかない、こんなどうしようもない一幕でさえいずれは失う
失ったことをきっといつか悔やむのだろうと思いつつ――…

校内一の嫌われ者にはなってしまったけど部室へいけばちゃんと理解してくれる二人がいる!
八幡はこれからも自分が報われることなんて望まないんでしょうね~ああなんか鬱屈とするw
相模さんのことにしてももっと早く生徒会長がフォローしてあげればまた変わったろうに…
モヤっとした終わり方だけど原作かなりカットされているということなので読んでみたくなりました

番外編「だから、彼らの祭りは終わらない」

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(9)   Top↑

2013.06.21 Fri
はたらく魔王さま! 第12話「魔王、己の職責を果たす」
すっかり体調を崩してしまったアルシエルは病院へ搬送され緊急入院することに!
点滴一ついくらかかるのか計算したら回復したところで魔王さまにあわせる顔がないって(苦笑)
フラフラしながらも廊下へ出ると、一人の警察官が倒れていて…って背後からオルバが!!
しかもアルシエルの保険証から魔王城の住所がばれちゃったりとこれはヤバイフラグすぎる…
一方、拉致されたちーちゃんを助けるためバイトをすっぽかして飛び出した魔王さま!

邪眼光で聖法気を封じ捕らえたエミリアに聖剣を差し出すよう甚振るサリエル
本来人の手にあってはならないもので天使の手に取り戻さなければならないし天の総意だと
異世界人であり魔王と知りながら慕う人間、魔王の力が人間の生態にどんな影響を齎すのか
研究のしがいがあると研究対象としてちーちゃんをサンプル扱いとか最低だ…!!
フェミニストである自分にこれ以上やらせないでほしいとか邪眼光でじわじわ聖法気を奪う…
結界に阻まれ動けない魔王様も今なら一人出も十分倒せると鈴乃に命令されるけど、異世界で
勇者と魔王が滅びエンテイスラが何も変わらないままでいいのか、本当にそれでいいのかと
何を迷うことがあるのか、帝教審議会の天使である自分が正当性を保障するから行けとか(汗)

「頼む…助けてくれ…もう誰も犠牲にしたくない…」
鈴乃だって本当はもうこんなことしたくないし間違ってると感じてるんですよね
気合で結界を壊していた魔王様だけど飛び出してきた鈴乃からハンマーを振り下ろされ自転車が~
新しい自転車と防犯登録料と粗大ゴミに出す有料チケット大弁償しろとかそこに反応ですか!?
とりあえず一分でいいからまってくれとかバイトの制服を脱ぎ出したりと間ができた(苦笑)
働いてない鈴乃煮はわからないだろうが制服は貸与制で通常業務に関係ない理由で破損させると
買い取り弁償させなきゃいけないし魔王城に余剰資金はないとか言うから逆に怒らせちゃったよ!
まあ魔王様の言い分もわからなくはないのですが今はそれどころじゃないですからねw
さらに鈴乃の攻撃でタンクトップも消滅しちゃったりとますます破廉恥な格好になっちゃって(ぁ)
たった一人で日本にきて堂々と隣に居座る根性とうまい飯に免じて大抵のことは見逃してやろう
と思ったが大事なクルーを傷つけるようなことがあれば店長代理として許してはおけないのだと

って、やっぱり最初から魔王さまは鈴乃の正体には気づいていたんですね
どこの世界にお隣さんに引っ越して男所帯を甲斐甲斐しく世話する大和撫子がいるのか?
家で鈴乃お手製のキンピラ手にしてたルシフェルも聖法気臭いけどまいっかっていってた(苦笑)
そっか、アルシエルがお腹壊したのは聖法気の影響もあったんですね~そして全然平気な魔王様
エミリアとも仲良くなるような見所あるような奴だと思っていたのに結局オルバと一緒なのか
綺麗ごとをいっても権力握れば結局何を犠牲にしても構わない、目的のために手段を選ばないと
いうのなら悪魔とどう違うのか、一緒にふしまえんいった仲間を巻き込み恥ずかしくはないのか

図星だとばかりに襲い掛かってきたけれど既に魔力を使い果たした魔王様は受けるしかなく~
そのまま攻撃を続行しなかったりやはりきただけで最初から本気で戦う気はなかったのかな
魔王がいったところで月に近づくほど力が強くなるサリエル相手では勝ち目はなく歯が立たない
万が一でも勝ち目がなければ逃げるのか?けれどちーちゃんは守るべき後輩で大切な部下
部下を放って逃げるほど恥知らずじゃないしそれに本当は鈴乃も倒してくれるのを期待している!
渾身の魔王様のブラックスマイルがかっこよすぎるー!!
最初から電話して呼ぶのも見逃したりとしっかり鈴乃の心の迷いも見透かされちゃってましたね
悪魔の癖に優しいことを言うのか、魔王にそんなことを言われたら恥知らずのままではいられない

中々聖剣を渡そうとしないエミリアにならば直接体内から取り出すしかないと迫るサリエル
てか胸に手を伸ばして…とか本当に気持ち悪いんですけどー!!
そもそもエミリアには興味ないとかいってたけどちーちゃんもあとで調べるとかただの変態だw
ちーちゃん&エミリアに罵倒されて逆切れしたりとサリエルってやっぱり小物っぽいですよね
勇者が魔王の助けを当てにするのかと挑発されたけど、エミリアはちゃんとわかってますね!
マグロナルドのクルーであり店長代理な真奥からしたら従業員が危機に陥れば保護する上司の役目
絶対に放ってなんておかないし助けに来るはずと信じて待っているエミリアもカッコイイなぁ

というか夜でエレベーターが止まってるから階段を徒歩であがる魔王様が既にクタクタ(苦笑)
真奥は人間社会の理に縛られているんじゃなく自分の意志で守り時間帯責任者にまでなった人
そしてついに到着した魔王さまだけど既に半裸な状態だから不審者で変態扱いだしw
天界の事情はどうでもいいが見せの仲間を傷つけたのは許せないと魔王様ホントカッコイイ♪
ドキっとしたちーちゃんだけど実際助けにきた理由がエミリアのいったとおりでがっかりw
魔力がほとんど残っていないため攻撃を受けるしかなくこのままではどうしようもない状態

わざわざ出向きルシフェルにもう一度天界へ戻りたくないかと誘い出したオルバも動く!!
聖法気を補給するとその力で月を引き寄せてサリエルの力をさらに増幅させていくことに
駅周辺を破壊すれば恐怖から魔力を得られるかも…そんなことをしても遅いと漏らすルシフェル
って鈴乃がわざわざしなくてもこれからどうなるのかルシフェルにはわかっていたのかな

出し惜しみしている場合じゃないとどうにかしようとするけど魔王様の方が分が悪そうで…
でも月が地上へ迫った影響で混乱する人々の恐怖が少しずつ集まり魔力へと変換されたようですね
久々に魔力補充してムキムキの魔王さま来たー!!(笑)
ちょっとは魔力を抑えないとちーちゃんに影響するとわかって謝ったり、ちょっとやそっと
じゃ絶対破けないパンツとかこんなときでも笑わせてくれる魔王さまがおかしくて大好きだ☆
でも鈴乃もちーちゃんに謝ることができたし今度は自分の意志で進むと決意できたんだなぁ
人々に偽りの平和を押付け異世界に混乱を巻き起こし守るべ信仰に殉ずる人を裏切ることが
本当に神が示す正義か 帝教審議会筆頭審問官として偽りに満ちた正義は断じて感化できない
異端審問会の血に飢えた死神がどの口で正義を語るのか、けれど少なくとも真奥の日本での生き方は正義に悖るものではないのだと!

そういえば今回ルシフェルが一番いい仕事してた気がしますね!
さくっとオルバからエミリアの鞄を取り返すとアッパーを食らわせて昏倒させたりとGJ♪
このおかげで再び月は遠ざかり力を徐々に失い始めたサリエル、尻尾を巻いて逃げるか
落とし前をつけてボコられるか選べと一気に形勢逆転した魔王さまにもう怖いものなどない!
目的を完遂すると息巻いていたけれどサリエルの攻撃でビル一つ吹っ飛ぶとかまた修理が~(汗)
ちーちゃんに化けてた?魔王さまにぼこぼこにされてるサリエルには思わず笑ってしまった!
吹っ飛んだエミリアをお姫様抱っこ…魔王さまにされてるの二回目ですね(ニヤニヤ)
もう今日は諦めモードだったけど前はだけてるの言われて顔真っ赤になったりホント可愛い
不可抗力で見ちゃった魔王さまはビンタされてたけど、登場シーンも格好がつかないっていうw
というか魔王様はデッキブラシも自分の武器に変えることができちゃうんですね、凄すぎる…

結果的に一瞬で片はついたけれど、あとは残った魔力でまた町の修復作業が待っているという~
相変わらず魔王様とツンデレエミリアさんのやりとりも楽しくって♪
ようやく駆けつけたアルシエルもマントをとりに戻ってたとか遅すぎて全部終わっちゃったよ!!
今日のMVPはやっぱりルシフェルですかね、から揚げ食べさせてあげてくださいなw(中の人ネタ?)

次回「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(32)   Top↑

2013.06.20 Thu
NARUTO疾風伝 338話「心の穴 もう一人の人柱力」
雷影の指示でビーを追いかけてきたモトイ、握手をされたけどトイレの後で手が濡れてるって(苦笑)
ナルトには手を出すなといわれているが八尾なら研究の実験もできると穢土転生をぶつけるカブト
八尾の足止めもかねて先回りしようとしていた白ゼツが地中に潜ってたら丁度かち合うとか…
そしてビーとモトイの前に現れたのは元人柱力・フカイ
30年前の暴走事件の際八人の忍が犠牲となりその中にはモトイの父親の姿もあったんですよね
いくら思い出そうとしてもあのときのことは覚えていないと感じる八尾との間に何があったのか

次はビーが選ばれるだろうが自分は完全じゃないし人柱力になった途端周囲の目が代わり
見返りもなく自分の歩く先が見えるし暗い場所へ向かっていく恐怖と孤独、適合できたのかどうか
死を隣で感じながら歩きそれらに囚われ来る日も来るひも考え自分が何者かわからなくなってくる
心に穴があき尾獣は弱った心を狙い暴走を仕掛けてくる、恐怖ばかり考えていると死にたくなる
忍術センスも能力も血統も人徳も全て持っている、合理的に八尾の人柱力として選ばれたが
本当に必要なものはそうではないし心の穴を埋められる何かで見つけられれば強くいられるのだと

いくらフカイでも八尾がいなければ相手にならないといっていたけれどカブトには奥の手が…
明らかに八尾のチャクラだし尾獣化してみせたりと穢土転生でどうしてこんなことができるのか
研究室に保管されていたのは八尾の角、細胞を手に入れ何年もかかり培養したものを見せられた
穢土転生で八尾復活できるならわざわざ退治しなくても外道魔像にチャクラを封印できたのでは
すっかり巻き込まれて尾獣玉をくらった周囲にいた白ゼツはあっさり消滅しちゃってましたね(苦笑)

鮫肌に尾獣玉のチャクラを食べて貰い防御したビーも尾獣化
完全に死んだときに抜けたはずだと疑問を抱く八尾と精神下で話をすることになったけれど
ぴりぴり神経をはりつめて中々眠れないフカイは特に満月の夜は心の穴を感じてしまうのだと
体はあっても心は何も生きてはいないし砂漠を一人であるき抜け出せない限りどうしようもない
病みすぎてしまった自分をもしものときは頼むと、そんな心の弱さに漬け込んだのが大蛇丸
雲隠れに潜り込んでいたようだけど、ちょっとこのあたりにはツッコミどころが(苦笑)
研究員を殺し成りすますとフカイに幻術の薬を渡すと八尾を暴走するよう仕組んだのですか
死の世界から導き人柱力としての不安と苦しみから解放する――
エーに切られた足の一部の細胞をこっそり持ち帰り培養…八尾が当時を覚えてないのも幻術のせい

このパワーなら何とかいけると尾獣玉をぶつけたもののやはり封印しないと復活してしまう…
一旦退却して封印準備をしようと攻撃を回避しながら後退するビー
八尾のチャクラを二つ感じて戻ろうとするナルトに呼びかけるエーはビーは負けないし今
ナルトが行ったとしてもフカイは倒せないし心の穴を埋められるのはビーだけだけなのだと
尾獣同士の戦い方に呆然としつつ足止めぐらいはと飛び出たモトイは雷遁で拘束しようとする!
しかし衝撃で吹き飛ばされてしまったりとこれはちょっと無茶すぎる突っ込み方でしたよね…

まだビーが小さい頃、エーの強さを教えていたフカイ
未来の雷影候補として甘やかされることもなく大切に育てられてきたし雷影は元より里の
皆から受けた恩を素直に受け取り期待に応えてきた、元々涙もろく情に厚く大きく力強く成長
雷影の特別な存在として…――
人柱力となれば今までにない以上の苦難が待ち受けているが何かあれば隠さず話してほしいし
自分にとって特別な存在であり最強のタッグだと真実の滝の前で拳を突き合わせたやりとり
他にも支えてくれる特別な人達がいるからこそ今の自分があるのだと言うビーがいいなぁ!
そしてフカイもその一人だし深いの心の穴を穴埋めする、もしフカイも見つけられていたら…
最後は自分の意志で穢土転生に反抗したのかな、ビーと再会できてよかったですよね
父親のように勇敢に戦えたのか、助かったモトイはその手でフカイの想いを遂げてほしいと!

ビーとエーの絆のようなものがフカイにもあったらもしかしたら変わっていたのかも
穢土転生されて少なからず救われるのはその人達がどんな想いだったのかわかることですかね…

次回「傀儡に宿る魂」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(2)   Top↑

2013.06.18 Tue
アラタカンガタリ~革神語~ 第10話「憧憬~SHOUKEI~」
『十二神鞘の一人・ヨルナミの治める領地へとたどりついた革たち。革は、ヨルナミ本人に会う前に彼の人柄を知るため、彼の属鞘に会おうと考える。属鞘の一人であるヒルコが治めるスズクラの街を訪れた革たちだったが、街に入るためには通行税を取られると聞き──。』


領地へと足を踏み入れた革達を監視するヨルナミ
国中の塩を制圧するよう命じたにも関わらず他の十二神鞘の領地には手を出さず失敗した
属鞘シオツチに制裁を加え自分に仕えるならば何事も完璧でなければ必要でない人間だと
ヒルコの言い方からすると昔はこんな風じゃなかったということですかね…

カンナギに案内されヨルナミのいるタマヨリの宮へ向かおうとしたけれど立ち止まった革
ヨルナミを倒したいのではないし実際にどんな人間かを知るために先に属鞘に会ってみたい
戦って降すのではなく争いの気持ちを鎮めて御魂を預かるのだからとコトハが賛成すると
さっきまで行こうとしてたのにあっさり意見を翻すカナテにプライドはないのかとツッコミが
いつのまにかコトハが革を呼び捨てしてることに気づいたカナテに一線を越えた関係ってw
ツッコミするカンナギのキャラが崩壊してるように思えてくる~面白いからいいけど(笑)

まずヨルナミの属鞘が治めている天和国一商業が盛んな街スズクラへと向かうことになった一行
会ったことはないけれどどうやらここに属鞘のヒルコがいるようですね
街へ入るにも通行税を徴収され足らなければ通るだけなのに仕事しなきゃならないのか
まあ見ぐるみ剥がされないだけマシですかねw
やってきたスエヒロという人に案内してもらいながら仕事を紹介してもらうことになった四人
って思いっきりヒルコなわけだけど身分隠してあちこち監視してるってことなのかな
中心街は人が多く賑わい欲しいものはなんでも手に入る街、ゴテゴテして好みじゃないという
カンナギに名前を呼べば十二神鞘だとばれると首しめらて注意されてるカナテの扱いがw
だからこそ十二神鞘の刻印も隠してるということだけどそもそも態度でばればれだと思われ(ぁ)
男は石切り場、女は織物工房 働けばすぐ儲けられると二手に分かれて仕事開始!
というかカンナギは石の大きさは指示されてないからって小さくカットしてお手玉してるし
さすが領主の息子だけあってこういうところ手抜きするのもうまいんでしょうかww
そして革もこの場を仕切るスエヒロと接近するのがヒルコに会う一番の近道だと思ったようで

休憩中、別の場所で洗濯中のコトハのところを訪れた革、コトハのポニテが可愛いですね♪
この間からお互い意識してるから二人きりになると…という感じで二人がどうなるのか気になる
革がアラタと違うとわかってはいるけれど見た目が同じだからどうしていいかわからない
思い立って何か言おうとしてたけど何を告白しようとしてたの??
そして革と門脇の関係によく似た経験を持つ男に会わせたいと六ノ鞘とハニヤスへ向かう門脇
蛮族を制圧するため秘女王に制御されていた神意が一時的に解かれた時の記録として圧倒的な
力を見せ付けるアカチの姿を見たりとこれは門脇が興味を持たないわけはないですよね(汗)
門脇は六の鞘のいいように扱われてるけれど革しか見てないから気づかないんだろうなあ…

ヨルナミがどんな人か聞き込みするけど知るはずがないし中々いい情報は得られそうにないですね
コトハが昼間気にしていた簪、これはプレゼントしてあげるのかな
スエヒロにもそんなことしてると騙されても知らないといわれたけど(苦笑)
崇高で慈愛に満ちて何事にも目が行き届いているが今は他人にも自分にも完璧を求めている
スズクラの規則もヨルナミが考えたものでおかげで天和国一の商業街に成長したのだそうで…
でも今はとかいわれると引っかかるし革となってはますます気になりますよね

荷車を壊した責任を擦り付けられクビにされそうになっていたルカを助けようと庇った革達
しょっちゅういびられたりとウサ晴らしに弱いものイジメされたりとどこでもあるのか(汗)
せめて今までの給料をというけれど修理代でチャラにといわれ思わず食って掛かりそうに
喧嘩はご法度、今回はヒルコには報告しないし風紀を乱したら牢屋入りだとスエヒロが仲裁
それからルカの家に案内されたけど賑やかな表通りと違いひっそりとした裏手にある家屋
誰もが一攫千金を夢見てスズクラを目指すが現実はそんな簡単ではないのだと
両親が経営していた織物問屋は父親が病で倒れたのをきっかけに店の人達も次々に辞職し店は
潰れてその後後を追うように母親も亡くなりルカは天涯孤独になってしまい働かざるを得なく
皆世話になっていたとしても世の中はそういうもの、カンナギはよくわかってるんでしょうね
先ほどルカを邪見にした相手も以前は店で一番番頭で今は金の亡者になってるとか…
弱者が我慢するしかない世界が完璧な街なのか、全然完璧じゃないと漏らす革を見るスエヒロ
出て行くにしろ通行料が払えなければ結局無理、ならば人を蹴落としてあがるしかない――

監視しているスエヒロが只者じゃないと判断したカンナギに対して単にケチな仕切り屋だと
それより革のことをどう思っているのか、カンナギが革に同行しているのが気になる様子で
何となくで特に理由はないというカンナギに大王になりたいのなら狙いは創世なのでは
けしかけても無駄だし弄び楽しんでいるようだがナメてほしくないし特に革は手強いと返す!
なんだかんだカンナギは革のこともうすっかり認めてくれてる感じですね♪

ルカのためにお手製スープを作ってあげるカナテの姿に思わず母親のことを思い出した革
執拗な苛めが続き部屋に引き篭もるようになったしまったのを心配して見守っていてくれた…
大好きなコンソメスープを作ってくれたり革がやりたいようにやればいいし自分の意志で
動けるようになるまでいつまでも待つ、信じているしどんなことがあろうとも絶対に味方だと
革のお母さんはずっと子供信じて静かに待ってくれてる優しくていい人だったんだなぁ

思わず泣き出したルカはもう限界だしいっそ消えてしまいたいと思っていたのか(汗)
ひとりぼっちであんまり辛くて…その気持ちはわかるし悪いことばかり続くと逃げたくなる
何もしていないのにどうしてと、そこで全部捨ててしまったら何のために生まれたかわからない
この世に生まれたからには自分で終わらせちゃいけないしいなくなっていい人間なんていない
街を出たいというルカの意志を尊重し何とかして手助けすると約束する!
もし協力したら革達も責任がと気遣うルカがその優しい気持ちを忘れず生きていってほしいと
って既に事情を説明したカンナギがコトハを連れてきてくれてたりとカンナギが世話焼きにw

門脇の侍女となったミヤビも相変わらず笑顔で手当てしてたり付き添ってるようだけど…
なんで人のために笑えるのか、今まで自分を気遣ってくれるような人なんていなかったのかな
ハニヤスでアカチの攻撃を受けることになったけどそのまま飛び降りて向かっていく門脇
興味を持った門脇がこの場で引くわけないということで六ノ鞘の思惑通りなんでしょうね
アカチの宿敵カンナギは革と一緒にいるし組んだ方が得、しかしアカチはあっさり一蹴
一人で戦う覚悟のないものなど足手纏いなだけだとまあアカチからしたら当然だろうなあ
勝ちたいだけで勝たなければ天和国に北意味がない、一ミリ一秒でも劣っていると思いたくない
貪欲に欲する門脇の気持ちはわかったが絶対に革には勝てないし絆という幻影に囚われているから
介抱してやると右目を潰したー!!!しかしこれで絆が断ち切れるとはどういうことなの(汗)

夜になり門番を気絶させ脱出を試みるルカたちの前に現れたスエヒロは仮の名で本当はヒルコ
この街は完璧なんかじゃないし人を人とも思わない心無い街 そういわれて少し悲しそうな…
金を儲けて人が集まったが結局欲しいのは金だけで自分は必要のない人間だと領主のヨルナミ
を襲ったのが二人の出会いのきっかけということなのかな、諦めて神意で殺すように言うけど
殺すどころか属鞘として認め必要のない人間はどこにもいないといってくれたことがあるのか
以前のヨルナミと同じことをいっていた革ならばと託そうとしたのかな
ヒルコの劍神は「多花邏(タカラ」触れると小判が溢れ出てくるとかw
まあ、以前農具出したりする人もいましたからね、本人の願望とかが大きかったりするのかな
命令でずっと今までの行動を監視していたが鬼化した姿も見て本当に相応しいか試したかった
町を出て行く必要はないし自分が変える、完璧ごっこはおしまいでヨルナミに背くと決意を!
変わってしまったヨルナミを果たして革が元に戻せるのかどうか…

次回「生命~MITAMA~」

テーマ:アラタカンガタリ - ジャンル:アニメ・コミック
アラタカンガタリ~革神語~    Comment(6)   TrackBack(7)   Top↑

2013.06.16 Sun
進撃の巨人 第11話「偶像-トロスト区攻防戦⑦-」
時間を割いて話し合いに応じてくれたピクシス司令からトロスト区奪還を命じられることに!!
穴を封じられるかどうかはわからないがとにかくやってみるというエレンの肩を叩きよく了承したと
いくらなんでも皮算用でしかない思いつきなのにいきなり参謀を呼びこの計画で作戦を立てるとは
判断を訝っても意味がないし司令は今の自分達に見えないものを見ようとしている
そして作戦を実行する以前に根本的な問題があり現状を正しく認識している 敵は巨人だけではない

作戦のため召集された駐屯兵団のメンバーだけどやはり不穏は広がるばかりで今にも決壊しそう…
扉を塞ぐ技術なんてないしトロスト区に入ったって無駄死にでウォールローゼを死守するしかない
手柄欲しさに自分達はむざむざ死ななければならないのかと恐怖に耐えられない声があがるばかり
無意味な集団自殺には何の価値も成果もないあの地獄に戻るぐらいなら任務を放棄した方がいい
巨人に喰われるぐらいなら殺される方がましだと錯乱状態のダズを何とか宥めようとするマルコ
無理もないし反逆者が出れば…できるだけ派手に大勢で反乱すれば騒ぎに便乗して逃げられる
壁を突破されるならせめて最後に家族の顔を見た一心でとむしろそういう人の方が多いだろうな…

作戦前ピクシス司令と話す時間があったエレン
日常を支配される前人類は種族や理の違う者同士で果てのない殺し合いを続けていたと言われる
その時誰かが人類以外の強大な敵が現れたが一丸となり争いをやめるだろうといったがどう思うか
訊ねられて随分と呑気だし欠伸が出ると答えたエレンも自分と同じで品性が曲がってるとかw
強大な敵にここまで追い詰められた今でも一つになったとは言い難い状況だとは思っている
確かに人類同士が諍い足を引っ張っていたり、保身に走ったりと現状は悲惨なものですよね
途中でハンネスが警備してる場所近くを通ったけどエレンが無事とわかって嬉しそうでしたね!
任務に集中しろとジェスチャーするエレンの態度にミカサもアルミンも無事だろうと判断するけど突然ただの訓練兵が司令と一緒にいたらそりゃ何事かとびっくりするよなあ
ハンネスはエレンが巨人化するってわかったらどうするのかなとかちょっと心配になったり…
ピクシス司令からお酒分けてもらってあまりの濃度に噴出してたエレンが面白かったよ(苦笑)

騒然とする駐屯兵団の対して一喝し注目を集めてピクシス司令
トロスト区奪還作戦の成功目標は破壊された扉の穴を塞ぐということ

極秘裏に研究してきた巨人化生体実験成功者で身体を生成し意のままに操ることができるエレン
そう紹介された意味がわからなくてユミルにちょっと黙っててと馬鹿扱いされてたコニーがw
巨人化エレンが正門付近の大岩を持ち上げ破壊された扉まで運び穴を塞ぐために駐屯兵団がすることは岩を運びきるまでの間エレンを他の巨人から守るということ
そしてこの作戦では巨人と無闇に戦う必要がないことを示唆したアルミンも様になってた!!
通常より多数の人間に反応して迫る巨人の習性を利用し大勢で誘き寄せ壁際に集められれば
大部分は接触せずエレンから遠ざけることが可能壁際の巨人は大砲を利用し損害を出さず倒せる
ただしエレンを無防備にするわけにはいかないため少数精鋭で守るべき、穴を塞ぐまでの間侵入する巨人との戦闘も避けられないし精鋭班の技量にかかっている!
ただエレンが確実に岩を運び穴を塞ぐことが前提で確証が乏しいまま決行することには疑問を…
根幹が不確かなまま大勢を死地に向かわせることに何も感じないわけではないが理解はできる!
一つは時間の問題で現在も巨人が街に入り続けているし充満するほど奪還作戦の成功率は絶望的
ウォールローゼが突破される確率も高くなっていくし人が恐怖を原動力にして進むには限界があると

巨人を支配したなんてわけのわからない理由で命を預けてたまるのか、使い捨ての刃じゃない
人間兵器なんてまやかしに決まってる…サシャも相変わらず震えたままで言葉もなかったですね…
次々とその場から逃げ出していくメンバー、人類最後の時を家族と過ごすとほとんど反乱のような
ここで戦う度胸がないのなら全員切り捨てようとするキッツの行動は恐怖を助長するだけだよ(汗)
そんな中この場から去るものの罪を免除する、一度巨人の恐怖に屈した者は二度と立ち向かえない
そして巨人の恐ろしさを親や兄弟、愛する者に味あわせたいものもこの場から去るがいいと命じる!
一旦は逃げ出そうと思ったけど司令の言葉に思いとどまり少なからず戻ってくる人達もいましたね
家族を守りたいのなら自分達が戦わなければ、本当に少しの希望だけれど再び戦意を取り戻すことに

四年前のウォールマリア奪還作戦とは名ばかりでようは政府が抱えきれない大量失業者の口減らし
皆が口を噤んでいるのは壁の外に追いやったおかげで狭い壁の中を生き抜くことができたから
人類すべての罪がありウォールマリアの住人が少なかったため争いは表面化しなかったが
ウォールローゼが突破されれば人類の二割を間引くだけではすまない――!!
ウォールシーナの中だけでは人類の半分も養えない、人類が滅ぶ原因は人間同士の殺し合い
ここより億の壁で死ぬことはならないし死ぬのならこの場所で巨人と戦って死んでほしいと…!
巨人化で岩が持ちあげられるかどうかはわからないが自分の役割は理解しているし見世物かもしれないが成功させなければならない、人類の希望にならなければとエレンも固く誓う!

アイキャッチは立体機動装置の体重移動装備
立体機動を可能にするには全身に張り巡らされた固定ベルトを利用した細かい体重移動の技術が必要
高速な機動が目的であるため装備は徹底して軽量化の限りを尽くされている
敏捷性最優先でやるとはいえ軽量化されてるとなるとかなり壊れやすかったりするんだろうな
しかも完全な修復は専門の技術者しかできないとか壊れたらアウトな代物ですね…(汗)

護衛につき作戦過程でおけるあらゆるリスクを排除する最も危険で何度の高い任務であり
働き以下により人類の命運が決まるといっても過言でないと抜擢されたイアン・リコ・ミタビ!

しかし人間兵器とやらは本当に機能するのか、率直な疑念をぶつけることに…
作戦は恐ろしく曖昧な根拠の上に成り立っているしエレンが機能しなければ多くの兵士が無駄死に
そんなに巨人に負けるのが好きなのか、負けることが何よりも嫌いだが生まれてこのかた負け続け
巨人になんとしても勝ちたいと思うのが同じだというのなら恐ろしく曖昧な根拠であるエレンに賭けるしかないしそれが唯一勝てる可能性!
直感のみで雲をつかむようなことだけどそれでも存亡をかけて信じてみるって命がけの賭けですよ…
精鋭中の精鋭三人に人類の命令を託しそしてイアンには部隊の指揮をとり現場の判断は委ねると
美酒も悪酒もどちらの味もわかるイアンは柔軟な思考の持ち主だらかこそってことなんだろうな

結局エレンにすべての責任を負わせることになったと謝るアルミンは正解を導く力があるし信じる
囮部隊に配属されたミカサもどうにかしてエレンと一緒にいようと必死だけど突っぱねられ~
二度も拒絶されシュンとしてたけどイアンから精鋭班に抜擢されて嬉しそうなミカサが可愛いw
うん、エレンはホント一人だと無茶することがあるからお目付け役は必要だと思う(ぁ)
死ぬなと約束してそれぞれの任務先へ――
極秘人間兵器とかいっていたが穴を塞げるならなんでもいいしエレンを最優先で守から頼むと
体調を心配するミカサがお母さんみたいだ~リコからもままごとやってるんじゃないとツッコミ(苦笑)
甘えたガキに人類の命運を賭けなきゃならないとミタビの言葉に苛立つミカサにはハラハラ…
そんな二人を窘めるイアンはやはり指揮に適任なんでしょうね
もうすぐ岩までの最短ルートで今見える限りで巨人はないがこれは囮がうまく機能している証拠

そんな中一ついっておきたいことがあると話し始めたリコ
この作戦で決して少なくない兵士がエレンのために死ぬことになる、同僚や先輩後輩の兵士達
兵士である以上死は覚悟の上だが彼らは物言わぬ駒じゃない、彼らには名前があり家族があり
その分だけの思いがある、皆同じ人間だし訓練兵時代から同じ釜の飯を食っている連中もいる
彼らの多くは今日死ぬことになる…エレンには彼らの死を犬死にさせてはいけない責任がある
そのことを甘えた心に刻み死ぬ気で責任を果たせと叱咤するリコさんがカッコよかった!

巨人が出現して以来人類は巨人に勝ったことは一度もなく巨人が進んだ分だけ後退を繰り返し
領土を奪われ続けてきたが奪還作戦が成功した時初めて領土を奪い返すことに成功したと言える
その時が人類が初めて巨人に勝利する瞬間 それは人類が奪われてきたものに比べれば例えよう
もなく小さなものかもしれないがその一歩は人類にとっての大きな進撃になる――!!

最短距離で岩の近くまできて一気に立体機動で移動するシーンもかっこよかったなぁ!!
地面ギリギリとか壁すれすれとかカメラワークとかホントゾクゾクしますね!
指を噛み巨人化を発動したエレンはそのまま不時着、
人間の比率で考えればあの岩を持ち上げられるとは思えないがエレンには導く強い力がある
そう思いエレンを見守っていたミカサだったけどなぜかミカサに向かって突進してきたー!
やっぱりまだ完全に巨人化コントロールできるわけじゃないということなのかな
…一瞬アルコールのせいかとも思っちゃったんだけどもまあそりゃないよね(苦笑)
扉を塞がなければ作戦は失敗に終わるというのにこのまま暴走を続けてなし崩しになるのか…

次回「傷-トロスト区攻防戦⑧-」

エンドカットは中村光さん!!血塗れ兵長カッコイイー!!
荒川UBも三期やってくれないかな~…(コラ)

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(0)   TrackBack(31)   Top↑

2013.06.15 Sat
宇宙兄弟 第62話「遥か遠くを望む人」
無事に月から帰還したヒビトから軽く投げて手渡されたのは貴重な月の石
思わず慌てるムッタだったけどいずれは月へいくだろうし月で見たらそこらへんの石だったとw
久しぶりの親子の再会だけど一緒に遊べるのはもう少し先だと手を振ってアランと別れたダミアン
笑顔で手を振り声援に応えていた三人だけど実際たって歩くのだって相当辛かったんですよね
横になってぐったりする三人は堂々としていたしさすが選ばれし宇宙飛行士で月と比べれば
服も体も重さ六倍であれだけの余裕を見せられるのは大したもの、久々の重力はキツイだろな(汗)

子供に飛びつかれただけで肉離れを起こすから警備員も必要以上に近づくのに警戒してたのか…
返ってすぐ子供を抱き上げられないのは父親として頼りなさこの上なしだと痛感しているけれど地上への帰還で一番怖いのは実は子供なんだとか
これから45日間に渡るリハビリのスタートだけど重力になれるまでは数日間酷い眠気に襲われる
リハビリ期間中の仕事は基本三時間まで、寝て検査して運動してまた寝ての繰り返しが続く
説明してる傍から爆睡してるヒビトも相当お疲れだし張りつめてた神経もきれちゃったかなw
お兄ちゃんを引っ張っていくほどの力があるからヒビトがいつもムッタの前にいて先に進み続け
ていればムッタは前進できるしもしもヒビトが止まってしまったらその時はムッタが押してくれる
二人は素敵な兄弟になると昔話してくれていたシャロンとのやりとりを夢見てていたヒビト

ヒビトがメディカルチェックを受ける中基礎訓練を続けるアスキャン
走ってるせりかさんの後姿があれば全然疲れないとか全く現金なムッタがわかりやすいw
そんなムッタを見つつ前よりもあの予知が強く感じるしいつか話をするべきだとアマンティも…
帰ってベッドに横になるヒビトに気遣っておかゆにしようとするけどそれよりアポの重さが~
うどんを進めるパパさんのせいでふにゃふにゃのうどんとか嫌すぎるんですけど(苦笑)
初めてムッタに会ったとき少しだけ未来の様子が見えたことは多分感づいていたのではないか
それはキャンプで熱が出るということじゃなかったのかと思っていたから衝撃を受けることに
日を重ねるごとに濃くなるイメージだから話すことにしたのだそうだけど、ムッタがとても
悲しみ辛い思いをしている姿、直接何かが起こるわけじゃなくよく知る誰かが重い病気を患う
帰還したヒビトを見たがそれは違うと確信したしヒビトも同じように辛い思いをすることになる
そうアマンティに言われたから不安になり思い当たる人がいないかどうか考えてみるけれど…

ゴダード飛行研究所で月面望遠鏡建設会議のプレゼンのためアメリカを訪れていたシャロン
観測地点は月の裏側かクレーターが適しているし月面基地のあるクレーターの中腹を予定地
計画しているのは月面電波望遠鏡
分解度が低いから光学望遠鏡光学にした方がいいのではないかしかし直径五メートルの
光学望遠レンズを月まで送るコストを考えたら莫大過ぎるとぼやく天文学者に対し咳払いを(苦笑)
というかこの天文学者の髪の毛とひげが繋がってるような人がメッチャ気になるww
どうやってこの電波望遠鏡を作るか?
少量のカーボンナノチューブとエポキシ樹脂を月へ送り月のダストを混ぜて反射鏡のユニットを
複数作り繋ぎ合わせて巨大な電波望遠鏡を制作する、この方法ならアレシボ電波鏡レベルも可能
月へ望遠鏡を送り込むのではなく月で望遠鏡を作ってしまうという計画なのだと
大半はロボットに頼るが人の手も必要となる、NASAの宇宙飛行士に協力を依頼したいのだと
合理的でないし人を月へ送る時点で予算オーバー、当然最低限に抑える必要があるがというけど
何にしても莫大すぎる、計画も資金も恐ろしくて手が出せないと弱気なスポンサーの態度が…

ため息をついてマイクをおいたシャロンだったけど今度はまわりに届く声で訴える!
予算を考える前に一度想像してみてほしい、空気の揺らぎのない月面から捉えた澄んだ宇宙
未知の銀河系や惑星系誕生の秘密、宇宙の物質進化、美しい深宇宙の鮮明な姿一度でいいから
見てみたい惑星や小惑星の姿、天文学者に遥か遠くまで行く力はないが遥か遠くを見る力なら
我々に勝るものはいない、ここにいるみんなの力があればきっと実現できると希望を膨らませる!
これは金子博士とシャロンの長年の夢の実現でもあるんですよね…是非とも実現してほしいなあ
ここにちょっと興味深い記事があったので載せときます♪
http://www.jaxa.jp/article/special/lunar/mizutani2_j.html

ヒューストンエーリントン飛行場
宇宙飛行士に認定されるためにはジェット機T38の操縦資格が必要、航空力学に始まりエンジン
システムなどのメカニック、基本的な航法に各種飛行ルールと覚えることは山ほどあるが
あの日のヒビトのように人生初のマッハを体験してみたいと心待ちにしていたのだけれど
グルグルまわってぼんやりしてしまったりとどうやら寝不足がたたりぼんやりしてる様子
それもこれもアマンティに言われた事がずっと引っかかって結局徹夜してしまったたのか

休憩中シャロンから電話が入ったムッタに気づきそわそわするせりかさん可愛い♪
ファンの子が近くにいるからと電話をかわってあげるけどやっぱり気づいてたかw
でも今までこんな風にシャロンおばちゃんのことわかってくれる人いなかったし嬉しいだろうな
昔父親が本を買ってくれてそれ以来ずっと呼んでいると話すせりかさんにも会ってみたいと
でもそんな中もしかしてシャロンのことを言い当てたんじゃと嫌な予感が過ぎってしまうムッタ
スマホを返してもらいやりとりしてると電話口の向こうから派手な音が返り驚いてしまうことに!
携帯を落としただけだったけれどシャロンおばちゃんの携帯は角がボロボロになってるし…
最近よく物を落とすってそれは病気の予兆なんじゃないか…もう嫌なフラグ立ちすぎてて(汗)

次回「若き日のドキドキ」

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(9)   Top↑

2013.06.15 Sat
ちはやふる2 第23話「をのへのさくらさきにけり」
『個人戦決勝戦。A級は新とクイーン。B級は太一と理音。会場が違う決勝戦は瑞沢高校かるた部もそれぞれが別々の試合を観戦することに。新と太一、どちらの試合を応援するか迷う千早の出した答えは―!?』


B級準決勝に進出した太一のいつもとは違うただならぬ気迫
一方A級準決勝の新VS江室、クイーンVS恵夢ちゃんの試合も目が離せないですね!
自分のペースに乗れず差をつけられるばかりの江室、そしてクイーンと恵夢ちゃんも格が違う
札を移動させてもとれるという自信から強い札を積極的に動かし江室に気持ち良く取らせない
しかも絶妙に嫌なタイミングでやってきたりとこういうの場慣れしてるからなんだろうなあ
恵夢ちゃんの応援にきていた夕ちゃんはクイーンにはまるで霊感でもあるかの速さだってw
そうじゃなく独特のルールで札と結びついている、常人ならこれにはついていけないですよね
二人の部員にしっかりと録画を頼みその場から退席した桜沢先生に声をかけてきた村尾さん
指導のコツを教えてもらいたいぐらいというけど競技者としても一流だが指導者としても一流
そうそう、桜沢先生も後々…ですよね!是非ともみたいので何とか三期をば…!!(←)
クイーンと新の他に注目メンバーはいるかと訊ねられて理音とあたった千早を思い出すことに
って近くのソファで爆睡してる千早が色々ひどすぎる~鼻水出してたりと一応ヒロインなのにw

右手の怪我に気づき心配してあとで謝りに来ると言われたけど理音には内緒でお願いしたいし
怪我はする方が手の出し方が悪いと師匠にも言われたしもっと練習すると相変わらずの貪欲さ
こういうところが千早の成長と強さに繋がってるんだろうなあ…
日も暮れてしまっていることに気づいた千早の後ろから試合を終えて出てきた新と詩暢嬢二人
残るのはやっぱり自分達だし団体戦のメンバーは疲れていくつも勝ちを拾わせてもらってありがたいと皮肉りあと一つ拾わせてもらいたいと挑発する詩暢嬢に余裕で笑顔を返した新!
まあ幼い頃からの知り合いでもあるし多分一番いつもどおりにできるんじゃないかなとか
クイーンと対峙するのにどうしてあんなにリラックスできるのか、二人の試合を見たいと!!
速くいっていい席につこうとするけどここで肉まん君と机くんから皆の試合結果を知ることに
C級準決勝で負けたかなちゃんだけど決勝戦は机くんが進出、そして太一もB級決勝で開始する!!
別々の場所で行われるとわかりどちらに行こうかと迷う千早の前で肉まん君は迷わずA級を選択
応援なんかなくても絶対に勝つ、机くんはともかく今日の太一は全然違うし応援なんていらない
何より千早にクイーン船を考えて練習しろと言った張本人だし応援なんて来るなと言うはず

というか悉く負けた北央メンバーは須藤先輩にデコピン100回連打されていたww
お仕置きされなかったヒョロ君だけどライバル相手に18枚差つけられたからいらないのだと
大差つけられて落ち込んでるのだからそれ以上は…一応配慮してくれる須藤先輩が好きだ(ぁ)
気負わない太一の強さを初めて見て痛感した――
試合前に水分補給のためペットボトルを渡していた菫ちゃん、千早達が遅いからまたどこかで
寝てるのかもしかしたら新の方に行ってこないのかと茶化していたけど太一は来ないと言い切る!
A級決勝の対戦カードがわかっているからこそ絶対来ない…その方がってこともあるんだけどね…

富士崎サイドは理音の応援ということもあり団体戦の結果もあってなんだか靄っとした感じに
もう勝ち残ってるメンバーもいないし今年ホントダメだったと言われてむっとしてる三年生'Sw
スタメンにもあがれなかった人が何を愚痴るのかって思わずツッコミたくもなりますが(苦笑)
そんな中決勝戦を精一杯頑張るから応援よろしくと頭を下げる理音が素直で不器用でいい子だ~
理音の健気さに思わず頬染め&振り返られてドキっとする真琴先輩が可愛いww
富士崎のかるた部が充実しているのは毎年結果を出し続けてきたから、三年生の先輩たちが抜け
たらA級選手も激減する、そのために優勝してA級昇格する、来年部長として部を率いるためにも!
五勝勝ち上がると決意を新たに向き直るけれど目の前の新はいつにもなくいい集中ぶりでしたね

同じ級の相手に五回連続で勝つことがどうして今までできなかったのか――…
しかし遅れてやってきた千早とかなちゃんの姿に衝撃が走り思わず動揺してしまうことに(苦笑)
決勝戦は千早が一番大事に思う相手なのに…でもそんな千早の今の目標は太一がA級になること!
千早の考えることはいっつもわからんってもやああってして呼吸も乱れちゃったよw
一分一秒でも早く大差で勝ってA級決勝戦を見せると気負ってしまったのは悪い影響だ…

クイーンの試合を見たいと殺到した観客が部屋から溢れ出てたりとは凄い人気っぷり
B級決勝は富士崎応援が多いだろうからと浦安の間はA級決勝戦だけにしておいたのですよね
勿論クイーンがいるのだからさすがの注目ぶりだけど運営側は綿谷永世名人の孫新に視線が!
クイーン相手にどんなかるたをしてくれるのか?
周防名人を名人の座から引きずり降ろしてくれるかどうかと期待のされ方がおかしいw
詩暢ちゃん独特の札の配置、暗記の仕方、ずっとこの百首で一人で遊んできたのだろうと
そこにいるから迎えに行く…百首全部と友達な詩暢ちゃんのかるた好きの演出がいいなぁ
結局一番強いのはかるたに個人で向かい合ってきたもの、どちらが強いかはっきりさせよう
しかしそうか?とさらりと返した新に対してちょっとイライラしてる様子なのも垣間見れるw

現役最強の相手視界の外も札直でとる速さと正確さを持つ詩暢嬢にどこまでやれるか
連取したのは詩暢嬢だったけれど独壇場ではなく早すぎて見えないだけで二枚ともセイム
全方位の速さ正確さ変わっていない、祖父に言われたとおりだとわかって安心しての笑顔かな
詩暢ちゃんの長所でありそして人が崩れるのはそこから…ここから新の渡り手がカッコイイー!
わかうらを一字決まりでとる詩暢ちゃんのスピードに一字より早い飛び出しでとった新
思わず綿谷名人の嫌なかるたを思い出すと間下十段も何やらフラッシュバックしてたのがw
まあさすが名人というか結構えげつないこと平気でいってたからの強さでしょうか(苦笑)
相手にほぼセイムのトリを続けられて渡り手で得意札をとられ気が抜けない相手と思うはず
全方位守備では危ない、捨てる札拾う札を分けようとする詩暢ちゃんの姿勢を崩していく!

一階朝日の間では他の級すべての試合が行われていたけど太一VS理音はお手付きの応酬
準決勝での集中と切れはどうしたのか、ダメなときのいつもどおりのパターンになっていた(苦笑)
早く千早にA級決勝戦を見せようと思うあまり焦ってミス連発してしまっているんですよね
幸いなことに相手の理音も調子が悪そう、それは読手の不安定さに関係しているのか
担当読手の読みが不安定なのは専任読手三人にチェックされ昇級試験も兼ねているから…!!
ひいい、プレッシャー半端なくてつい咽て咳き込んでしまったりと緊張も最高潮っていうw
調子が悪かった理音だけど富士崎の猛烈なプレッシャーと応援に冷静さを取り戻していく!
今まで読手の方しか見ていなかった…リズムがとれないテンポが安定しないけど一音一音は綺麗
一音を意識し徐々に立て直していく理音のとりは千早でもギリギリだったときの感じのよさ
音になる前の音をとらえられる周防名人のような才能を持つ相手とどうやって勝負したらいいか

早く勝つために枚数差を…才能とぶつかったときどうすればいいのかと思った時ふと我に返る!
立ち上がり周防名人みたいにと思うから体が硬くなるわけで千早みたいだと思って向かえばいい
札移動し共札を分けた太一もまだ練習でだってちゃんと勝てたことないがと千早をイメージ
分けた共札の三字決まりもしっかりとれている、一字決まりは相変わらずの速さの理音だけど…
段々と太一がとる札が増えて行っているし地味だけど感じのよさを持つ相手に圧倒している
スピード勝負に乗らず確実にとれる札の攻め方、ここから太一の暗記力が炸裂してましたね
あとご札は場に一枚、飛び出してとるし自陣のあ札は五枚で離してあるし責められても慌てない
左上段を狙わせて手を低く位置し右下段の大山札を囲えば絶対にとられないし分かれ札は敵陣が
とれればいいし無理せず50%覚悟、暗記しっかりで定位置から動かした札は二重チェックを怠らない
どんどん変わっていく決まり字暗記を積み上げて確認して一字決まりは全部捨てる覚悟
かるたで大事なのは才能と感じ、でも同時にかるたは十枚のとったと十五枚の拾ったで決まるし
大差はいいし一枚差でもいい、いつか千早に勝ちたいと思い最後は「ちは」札で勝負がつく!

負けて改めていろんなものが足りないと痛感する理音、優勝狙って五試合戦い抜いたことがない
その点瑞沢の部長は見事だし鍛えてある、才能と戦う覚悟があると桜沢先生に認められた太一
今までの努力がじわじわ培われてきた証拠ですよね、不憫な太一が報われた瞬間だ~
天性の才能があるわけじゃなくて努力し続けて勝利を掴むのがホントカッコイイ!
運営に結果報告し慌てて千早の腕をつかんで二階へ連れて行こうとする太一だったけど…
ようやくA級に昇格できることが決まって涙を流して喜ぶ千早とEDの入り方がたまらん
歌詞も二番なんですよね…なんてこの場面の太一に合わせた演出…!!
そんな千早につられてふっと破顔してもらい泣きしてる太一にじんわりしてしまったよ(涙)

次回「かくとだに」

http://haruhiism.blogism.jp/archives/52344603.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(27)   Top↑

2013.06.15 Sat
革命機ヴァルヴレイヴ 第10話「恋の選挙公約」
OP、パイロットが増えたから追加されてましたね!
地下の格納施設で量産されたヴァルヴレイヴを目撃し貴生川先生の正体を暴いたエルエルフ
中立平和を歌うジオールは建前上大きな軍隊を持てないため一機で艦隊を相手できる機体を考案
都合のいい兵器が開発できたのはルーンのおかげ 噛み砕くと情報厳守というところ
全ての物理存在は原子で構成されているのと同じように情報を構成する最小単位が情報原子ルーン
つまりカイン大佐もこのことについてはかなり詳しいってことですよね…
ということらしいとあやふやなのは配属早々上層部と揉めて被験体という生徒の監視役に
咲森学園の生徒は皆特別に調整されているため教師は全部軍人で監視役になっているのだと
七海先生は特別で一応普通の学校の体裁があるため教育実習生も受け入れざるをえなかった
ガイドプラグロムは一号機にしか存在しない、やっぱりOSの女の子って特別な設定なんだw
腹切りブレードが使えるのも一号機だけで特別な機体、ヴァルヴレイヴの大元ってことなのかな?

パイロットになったのはいいが神憑きになるとは知らなかったとぼやくライゾウ
そんな暇もなかったのもあるしとにかく宥めようとすると笑い出してカッコイイとか言い出したw
これからはチームになるのだから仲良くやろう、一人じゃないと言われて安心してるハルトに対し
二人ぼっち終了とちょっと落ち込みがちなサキは秘密の共有できず不満げでしたね(苦笑)
新生ジオールの代表として各国首脳と対談する七海先生
英雄であり国際会議にマスコミの取材と忙しくなるし月でお会いしましょうといわれ凹んでるし
そして相変わらずショーコはちょこちょこアキラの所を訪れて仲良くなろうとしてるようで
ユウスケのプラモを掘り出すのを手伝い泥まみれになってしまったけどこの気持ちはわかる
ポテチにラー油とかウエハースに福神漬け乗せとかショーコの味覚ってどうなってるの?
そんな刺激的な味まで教えてるのか~まあアキラも打ち解けてる様子ですね
月に到着したら一緒に買い物いこうと半ば強引に誘われたけど照れつつ答えたアキラが可愛い♪

自分達の身体について調べるため実験してみた方がいいしジャックについて持続時間と回数を
確かめようとした矢先こそこそ男子だけで会話するのがいかにも怪しいしサキだけのけ者に(苦笑)

そんな中七海先生から放送が入り、各国の交渉や取材で代表者が必要になるし、今までは流で
やってきたがそれは違うし年上や先生だからということでなく総理大臣を決めるため選挙を行う!
皆好き勝手自分の言いたい放題だけど面白そうとかまた勢いで勝手にどんどん進めちゃうし…
地道に候補者を募るメンバーもいればインパクト重視で宣伝するライゾウみたいなタイプもいるw
タカヒは勝候補に…ということだけどこの場合誰に投票するのか~
秘密を守るためには誰かがトップにいる方が都合がいい、沙希にもハルトが出ればとか言われて
たけどショーコみたいな無茶な奴が適任とかぶっちゃけショーコが総理大臣って危ない気がする(ぁ)
そういう意味ではライゾウも適任かもしれない、リーダー向きだとフォローされて信じたり単純ww

亡命者であるエルエルフに投票権はないため今回は選挙管理委員に徹するようですね
代表が選出されることは目的にも合致するため公正にやると今回は手出しはしないのかな
ポスターを印刷し立候補しなおした七海先生もやめたいわけじゃないちゃんと選ばれたいから
いい先生になったろうなと子供扱いされてむくれたりなにこれフラグですか?
支持率を見ていたタカヒ、それにしてもまさかサトミが三年連続トップとか意外だったよ…
そんな中エレベータに乗り込んできたハルトにこの前のことがあったから警戒することに~
前のはサキが入れ替わってただけだけど意識されてもハルトからしたら何のことかと思って
いたけど、こんなときに限ってまた吸血衝動が発生してタカヒに襲い掛かりそうになってしまう!
ってここで丁度扉が開いて乗り込んだサキが蹴りを食らわせてハルトを正気に戻した(苦笑)
なんでここにいるのがわかったとかタイミングよすぎるとか色々ツッコミどころがありすぎてw

いくら先輩がこんな格好してるからと適当に誤魔化して逃げたけどこれは変なほうへ転がりそう
段々と発作の感覚が短くなりこのままゼロになったら獣みたいに人を襲って回るのか
その時は自分が殺してあげるとまっすぐ見据えるサキがカッコイイなぁ!
殺されるならサキがいいとか文字通り殺し文句な感じですねw
ショーコがきた途端ため息ついて話題をかえ選挙に出ないのかと指摘したりわかりやすい(苦笑)
向いてないからと断ろうとするショーコ、そんな時ユウスケや他の生徒から出るなら投票すると
いつも試合の応援をしたり差し入れしてくれたり本当にできると思うとか大人気な感じですけど
買いかぶりだとやたら遠慮するショーコを見てるハルトは何やら気づいてたみたいだけど…

中立地帯の月へ逃げ込まれたら手が出せなくなる、月が最後の戦いになるというカイン大佐
というかドルシアはなんか撤退ばかりなのでもうちょっと強いとこ見せてくれると(ぁ)
今回は自信も出るしヴァルヴレイヴを取り逃せば首は危うい、二十年前は総統の側近ではないし
総統も総統ではなかった、国王派の巻き返しを案じているのもあるがと一枚岩じゃないのかな
ここにいないハーノインはというと…
カイン大佐の私室にこっそり侵入したクリムヒルトに声をかけてお茶に誘って来たり(苦笑)
何やら色々と気になるところだけどハーノインも実は別の国の…とかだったりするのやら

いつもと様子が違ったと気にするハルトにショーコのことを頼めるかと言い出したマリエ
願いがかなうと言われている神社で一人ぼんやりとしていたけれど…
ジオールの無条件降伏のサインを見ると松本総理代行とある、総理大臣は逃げ延びた可能性も
あるが恐らく…とショーコの父親は亡くなってる可能性が大きいということを言えずにいたのか
どうして別の総理を断てなきゃならないのか、死んだことにしないでほしいと涙ながらに訴える!
って、そりゃあ行方不明となったら代理が立つのは明らかだしじゃないとまわっていかないよ…
皆を先導してたり励ましたりしていたときからずっと一人で抱え込んでいたことに気づけなかった
自分がなんて馬鹿だと後悔するハルトはずっとショーコは一人で戦っていたのだと…
無力さを痛感するのはいいけども物にあたるのはやめようよw
何とか父親を連れて帰るし一人抜けてもサキ達やエルエルフがいるし無茶でも行くしかない
関係なくはないしショーコが泣いている、大切な人が泣いているのに今しないでいつするのか
大切な人と繰り返されてしどろもどろになりつつ決意とか長い付き合いだと誤魔化し方が(苦笑)
でもそんなハルトの気持ちは嬉しいし選挙に出てハルトと一緒に戦いたいし隣に並んでいたい
助けるならみんなの家族も一緒にだとなんだか意気投合していたけれどまた勢いだけなんじゃ~

時間ぎりぎりとなり駆けつけたショーコの立候補は受理される!
必要事項を先に書いておいてくれたマリエ…って名前とか本人が書かなくてもいいのか?
サトミの演説が終わりラストにショーコの番となったけれど
いきなり月へついたら文化祭やろうとかまた勢いで凄いこと言い出したり突拍子なさすぎる…
戦争のせいで中断しちゃっているし楽しみにしていたし去年の文化祭も最高でたのしかったと
皆に発破をかけて賛同を得るとか、どんどん巻き込んでるけど遊び半分て感じがするし(苦笑)
やってる余裕はないからやる、戦争をしているがいつ死ぬかわからないからやりたい
学生でいられるのは今だけしかない部活や修学旅行や体育祭やりたいことはいっぱいあるし
一つも諦めたくないしもっとよくばりになってそれは頑張る理由やパワーになるし自分もある
月へついたら好きな人に告白するとこの場で宣言したショーコに次々と続いて宣言する生徒達
ええ、こんなバカな…とがっくりしてるサトミの気持ちの方がわかってしまう残念っぷりw
今のままじゃない新しいことを見つけることが自分達ならできる
演説を続けるショーコを見るエルエルフさんは何を思ってるのか…この暴走止めてください(ぁ)

ショーコを送り出したハルトだけど神社で発作に襲われ追いかけてきたサキが自分をジャック
しろというけれどいつもの症状と違い突然襲い掛かって押し倒されてしまったー!!

これってOSの女の子ちゃんの衝動が…っていうことになるのかなやっぱり…
呪いなのかと抵抗するのをやめて受け入れちゃったサキだけど、ショーコの演説の裏で二人とも
服が破けてほぼ全裸になっちゃってたりとちょっとこの展開はドン引きしちゃったんですけど…
ショーコの演説も安っぽかったしハルトの発作もヤバイ状態だしホントどこへ向かってくのか(苦笑)

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(0)   TrackBack(19)   Top↑

2013.06.14 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMAITON 第11話「それぞれの土曜日」
維緒をルーグから救うために龍脈を行使した影響で昏睡状態となってしまい響希はICUへ
こんな子供に酷すぎるという緋那子やもっと強い力があれば支えられると嘆く大地が(汗)
てか憑依されたあと消えたと思ってたルーグゲットできてるとかw
落ち込んでもそれは維緒のせいじゃないし背負い込むのはもうやめるべきで響希も喜ばない
辛いのは皆一緒で生きているのだから大丈夫、寝てる間に自分達が何とかすると励ます純吾
部屋には戻ってこないのかと気に掛けるアルコルの前に現れたボティスとビフロンス
いつまで人間とじゃれあっているつもりなのか、人間への試練だったはずだしその通りだが
どうやら好きになってしまったのだとすっかり情が移ってしまった感じなのですかね…
人間が絶望した果てに訪れる完全なる無を知りたかったとアルコルを消そうとするボティス!
ポラリスの摂理を超えて奇跡や希望なんてものが本当に存在するのかと考えているのだと
指一本で威圧しボティスの動きを拘束すると指で縮めて消滅させてしまうとか強すぎるw
恐怖に怯えてさっさと退散してったビフロンスだけど、これもポラリスに報告されるのかな
好きになったとは我ながらどうかしている、世界が例え終わるとしても見届けなければならない…

作戦本部ではニカイアのアプリを解析し新しい端末に引継ぎインストール完了したようで
最後の作戦で次は自分達と気負う真琴に対し好きでやってるのだからと軽い感じの菅野博士
何かこの人って何に対しても執着がないというか自由気ままにやってるだけって感じですね
てかこういときにお礼の言葉とかいうとフラグ(ry…
そしていよいよ最終決戦の日――
寝ているうちにさっさと解決するしもう一人にだけ押し付けないし辛い思いはさせたくない
強い悪魔を検索し落札しようとするけど、アプリは持ち主の能力で上限が決められているから
大地は強い悪魔が出ないということでからかわれたり相変わらずの残念さなのがw
今まで無事だったのは響希の傍にいたからかもですね、運がよかったというのもあるだろうし(苦笑)
もしものときはローレライで守ってあげるとか亜衣梨に言われてたけど活躍できるのかどうか
茶碗蒸しを手伝ったという維緒は少しは元気になれたようで気持ちも楽になれたのかな
料亭の見習いだった純吾は見た目と無口さからチンピラだと思われてたのか~
ちゃんと自己紹介もしていなかったと改めて職業と名前を紹介してくけど今更って感じが…
つい涙腺が緩んでしまった維緒に謝るのは禁止だと亜衣梨もデレるのが多くなってる気がする

記念にメアド交換した大地達だったけど直後に死に顔動画から動画が届いてしまった(汗)
そんな中警報が鳴り響き最後のセプテントリオンの襲撃が知らされる!!
最後のセプテントリオン・ベネトナシュはこれまでの特性を全て併せ持つ最強の敵
一撃で大阪本局が吹き飛び結界も消滅、西日本が侵食されていったりと撤退もできない
てかあれだけ必死で守っていた日本列島もあっさりとかあっけなく無に帰してくのが…
人々に審決を隠し見殺しにし悪魔の力を使ってまでこの時までを生き残った咎人であり何と
しても勝たなければ叶わないという真琴は恨んでくれて構わないが力を貸してほしいと頼む!
死に顔動画のことがあったからびびる大地だけど覆せるのだから大丈夫と強気でいく亜衣梨
力を持つ者は責任を果たさなければならないし有能な者に課せられる試練で全員出撃を命令
されても関係ないし自分たちの意志で出撃する、大和も全力で相手するために神へと挑む!


小さい頃から親の言うことをよくきく素直で従順な子供だった響希
てかここで回想入るとかタイミング悪い気が…(ぁ)
大人しくて勉強ばかりしていた響希は格好のイジメの的だったようでそれを庇っていた大地
響希は何も悪くないし苛める相手なんてやっつければいいとそんな大地の勉強を見てあげたり
徐々に仲良くなり友達となっていたけれど帰りが遅くなれば親にちくっと釘を刺されてしまい
お前のためにいってるしよく考えて正しいことを選択しろ…結局これって親のエゴですよね
無事高校入学を果たした二人、大地は響希を追いかけて同じ高校入学したのかw
将来他の為の大切な時期だし友達は選ぶようにとか、父親からメールが届き苛立つことに
高校へ入り青春を楽しむと呑気な大地だったけどそんな大地に賛成して楽しそうだったのが
親の意見を押し切りそれからも大地と過ごしてここまでやってこれたということだったのかな

そんな昔のことを思い出した響希もようやく目を覚ました!
ベネトナシュによって国会議事堂は一撃で壊滅とか跡形もなく消失してるんですけど(汗)
結界を守りつつ龍脈回路を全開にした大和が対峙している間に他メンバーが一斉攻撃する!
ケルベロスとバアルに加勢するよう命令し数と力で少しずつ圧倒していきこのまま勝てるのか?
しかしベネトナシュから発生させた干渉波により悪魔が強制帰還させられて反転ピンチ!
奥の手があるかもしれないと別行動をしていた菅野博士
干渉波でDデータを破壊しているし周波は周波で打ち破ればいいとトランペッターで中和する!!
もう同じては食わないといってた矢先菅野博士の死に顔動画の着信が真琴に届いてしまい…
トランペッタは一撃で消し飛ばされ逃げるのも間に合わないと微動だにしない菅野博士は
ここまできてポラリスの審判に立ち会えないのは残念だが代わりに見ておいてと退場ですか(汗)

パワーも修復中で他の悪魔すら召喚できず敵の能力を封じたとはいえ回復を待てば全滅
移動しベネトナシュを引きつける大和はどんな犠牲を払おうと負けるわけにはいかないのだと
しかし狙われた亜衣梨がドゥベに囲まれどうしようもない中駆けつけた純吾も巻き込まれて…
次々とドゥベの爆発が襲う中下に落ちてしまった緋那子が囲まれて助けられないまま――
てか死亡フラグコンプしすぎな三人もあっさり退場しすぎて受け入れる暇もない感じで
必死に逃げる大地達の前に迫る爆発、そんな中スザクが盾となり三人を庇いビャッコも現れた!
大和のせいで大勢また犠牲になったとわかり混乱しながらベネトナシュを攻撃する響希が(汗)
見殺しにしたと責めてたけど大和がいなかったら一瞬で全員吹き飛んでたかもですよね
ビャッコもスザクも消えてしまったけど無我夢中で賭けた響希も龍脈を発動し対峙していく!!
足手纏いに用はないそういって人を切り捨てることに何の呵責もないのか、はじめからそうで
情けを駆ける余裕もないというけどそうして生き残って何が残り何を得られるのか
ポラリスの力で新しい秩序を造りだし正しく反映していける、身勝手なのは今の世界であり
誰かが変革しなければならないのがわからないはずなかっただろう、しかしわかりたくもないし
友達の死の上にある世界なんて望まない、例えどんなに歪でももう一度元の世界をやり直す!!
変われたなら当に変わっていたはずで人間なんてクズだし弱い人間に希望なんてない――…
響希にはしたがってほしかったがといいつつひとまずはベネトナシュの攻撃に耐える二人

何もできず無力を痛感する大地が召喚した邪鬼ジャアクフロストを召喚し氷の槍で突き刺す!
希望はあるしまだ生きている、あの日に帰りもう一度やり直すことが自分達にはできるのだと
初めて響希と大地の連携が見れてよかったですかね、最後の一撃は大和だったけどもw
てかもはや龍脈使う二人が強すぎて何がなんだかって感じで一気に片付けられたような(苦笑)
七日間の審判を生き残った、人間の勝ちだという大和を生かせるわけにはいかないと立ちはだかる
なら殺せ、その覚悟がないのなら黙っていろそれでも立ち塞がるというのなら響希を殺す――
緊張感漂う中響希は殺させないと現れたアルコル!ここから最終決戦となっていくのかな?

次回「結実の日曜日Ⅰ」

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(15)   Top↑

2013.06.14 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり祭りは最高にフェスティバっている。」
『雪乃は、文化祭実行委員の副委員長として委員長の相模を補佐することを引き受けた。その仕事ぶりは、相模の存在がかすむほど。バランスを欠いた実行委員会の機能はマヒしはじめ、実務が雪乃に集中することになってしまった。そのせいか、ついに体調を崩した雪乃は学校を休んでしまい…。』


キャストも決定し演劇の稽古をつけてもらってるさいちゃん&隼人に喝を入れて指導する姫菜がw
近藤さんのイケボはたまらんですね~!!そしてさいちゃんが可愛すぎて天使だ♪
一方の相模さんといえば口を出すだけで手伝ったりするわけじゃなくっていうのがイラっとする
多分指示を出してそれにしたがってくれる皆と上に立ってる自分に酔ってるんだろうなあ(苦笑)
というかここで生徒会長が何かしらフォローしてあげればまだ印象変わるのにほったらかしだし…

雪乃が学校を休んだと八幡から知らされた結衣は二人で一緒にお見舞いへ行くことに
インターホンに出られないぐらい体調が悪いんじゃないかとハラハラしつつも出てくれた雪乃
さすがお金持ちというか自宅は高層マンション一層丸々ですか!!肩だしニットの部屋服可愛い
大丈夫と返事を返してきたけど大丈夫だから何なのか、だから帰れとでもいうつもりかとか…
捻くれてる八幡だけど話があるとかちゃんと雪乃のこと気にかけてくれてるのがいいですよね

休んだから心配したという結衣に一日休んだだけで大袈裟だし多少の疲れはあるが問題ない
だけどそれが問題ではないか、一人で背負い込むことじゃないとわかっているから割振りした
でもそれもできていないし雪乃だけじゃなく助けるといって約束破った八幡にも怒っていると!
まだ時間はあるし家でも進めているから実質的な遅れはなく結衣が心配することはないって…
誰かを頼ったり皆で支え合い助け合うのは一般的には正しい事この上ない、でも理想論で必ず
誰かが貧乏くじを引くからこそ人に頼れという気はないがけれど雪乃のやり方は間違っている
正しいやり方なんて知らないが今までの雪乃のやり方とは違っている…
まわりとあわせようとするあまり本来から少しずつかみ合わせがずれてるの指摘してるのかな
体調の方は大分楽になったというけど別の方がまだ、と何気なくツッコミしてる八幡もね(苦笑)
誰かとか皆じゃなく自分達を頼ってほしいと頑張りすぎちゃう雪乃を心配してるんだろうな

出された紅茶を熱がりつつ一気飲みした八幡は一応気を遣ったってことなのかなw
帰り際玄関で結衣に触れ今は難しいがきっといつかは頼るからありがとうといってくれた雪乃
雪乃のデレって中々見れないから貴重ですね、結衣がお見舞いにきてくれのも嬉しかっただろうな
もう少し考えたいとそんな雪乃の手に結衣がそっと触れたのを見てさっさと帰っていった八幡は…
自分が変われば世界が変わるというのは嘘で都合のいい嘘を押し付けられ妥協させられているだけ
本当に世界を変えるということを教えてやる――いよいよ八幡無双が始まるのか!?

全員集合しているのに中々始まらない実行委員の定例会議
てか見るからにだらけてるの明らかだしここは生徒会長あたりがガツンといってくれればなぁ
開始の合図も雪乃に任せっきりで投げてる相模さんはもう単に椅子に座ってるお飾りで感じで…
今回は文化祭のスローガンについて考えることになったけど、出た案が悉く何かずれている
一人は皆のために結構好きだと話す隼人に一人に傷を負わせて除する方法はよくやってるとか
周囲がドン引きするぐらいの卑屈と最低発言っぷりが相変わらずで安定しているww
そして相模さんが友人と三人で考えたスローガンは『絆』あからさまに嫌そうな八幡も発言を!

人~よく見たら片方楽してる文化祭~って本当に酷い提案だ(苦笑)
人と人とが支え合ってと言っているが片方寄りかかっているし誰か犠牲になることを要員してる
のが人という概念で文化祭実行委員会にふさわしい、アホみたいに仕事させられて自分も犠牲に
人の仕事押し付けられてるしこれが実行委員長のいうところの助けあうということなのかと辛辣
皆の視線が集まる中どう応えていいかわからず困惑する相模さんの横で笑いをかみ殺してる雪乃w
笑顔で却下されたけど今日はどのみちろくな案が出ないし実行委員全員で考え各自で決めるべき
以降の作業については全員前日参加にすれば遅れも十分取り戻せると促され言われた通り解散
思いっきり相模さんに対して皮肉った八幡はまわりから非難が集中しちゃって完全に悪役に

誤解はといたほうがいいという雪乃にもう解は出て終わってる、言い訳なんて意味ないし人間
大事な時ほど勝手に判断する、言い訳なんて無意味だしならもう一度問い直すしかないのだと
センスの欠片もないし変わらない八幡を見てると無理して変わろうとするのが馬鹿らしくなる
遠慮したり気を配った結果普段の調子を崩してしまった雪乃は八幡を見て楽になれたのかな
まあ相模さん達のあれこれはストレスたまってたのでガツンといってくれてすっきりしたよ
廊下で言い合う二人はすっかりいつもの雰囲気に戻ってましたね、久々の毒舌合戦に安心!
別れ際一度振り返り手を振るとまた明日…といってくれたりゆきのんが確実にデレ始めている!!

スローガンは最初の案とは全く違ったものになったけどここからスローガンの入れ込み開始
確認をするよう言われてもどこか上の空な相模さんはすっかり立場なくなっちゃった感じですね
そして八幡はというと記録雑務に追われて書類の山に埋もれそうになってた!
ちょっかいかけてきた陽乃からしっかりやってないといわれたけど議事録に八幡の功績が入ってない
集団を最も団結させる存在は何か、それは敵の存在でちょっと小物だけどとそれは八幡のことか
悪者がちゃんとやってるなら対抗心が出るし敵がしっかりしてないと成長もしない、争いこそ
が技術を発展させるとか鬱陶しい事この上ないけどわざと雪乃をけしかけてることに気づいた?
って陽乃と八幡がイチャイチャしてるようにも見えるから嫉妬した雪乃の書類攻撃が怖いですw
書類政策から議事録から通達メールや企画申請書類を取り込んでサーバーにアップとか仕事量が…
暇だし勝手にやるという陽乃には予算の見直しをするからやるならそっちにしてとテキパキ指示

そして文化祭当日
全ての準備が滞りなく終わり最後の確認をするとカウントダウンにより開催式スタート!
実行委員長から挨拶となったけど緊張して最初の声だしが裏返り思わず笑われてしまうことに
気を取り直してスタンバイするけどメモを落として焦ってしまい八幡のまきの合図も見えてない
八幡の存在感がなさすぎるせいで見えないのか…て雪乃と八幡の楽しそうなやりとり丸聞こえww
誰もほとんど相模さんの挨拶を聞いてなかった雰囲気だし、これはかなりのダメージとなりそう
以降のスケジュールも全て繰り上げとなったけどこれは相模さんにとってマイナスになりそうですね
星の王子さまの公園は大成功!!というか観客が女子しかいないww
さいちゃんと接近できる王子役をやりたかったとか歯噛みしてる八幡の態度わかりやすすぎる♪
原作の台詞すら全部BLに聞こえるとかそれはもうしょうがないです絵面と設定的に(ぁ)
鼻血出してぶっ倒れた姫菜をデスノ台詞で冷静に判断する八幡が面白かったのだけどもw

評判は上々、皆頑張っていたしこれでいいじゃないのか、いなかったからよくしらんとか
混雑し順番で揉めはじめたE組をばっちり指揮し指示する雪乃はやっぱりカッコイイし様になる!
じーっと八幡を見てたりと休んで家にお見舞いに行った時結衣と雪乃は何か話したのかと…
八幡が帰ってからは一緒にご飯を食べてDVDを見て帰ったから知りたいことは何も聞いてない
雪乃のことは待つことにしたし話そう近づこうと努力してくれているから、だけど待っていても
どうしようもない人は待たない、待たないでこっちから行くのだとそれって八幡のことかな?
素直でまっすぐな結衣にたじろぎつついつかこのガードの固さが解れてくれるといいですね☆

お昼にとハニトー持ってきたけれど全部パンだとぐちぐち文句言ってるけど声に出さないのがね!
噛みしめつつなんだかんだおいしかったのか二人で仲良く完食~代金を支払おうとする八幡に
これぐらいいと遠慮する結衣に養われる気はあるが施しを受ける気はないとか屁理屈すぎるw
今度奢ってもらう言い出した結衣にようやく何を言いたいのか八幡もどういうことか気づいた
つまり二人でデートということですね~(*´艸`)
いつにすると積極的に訊ねられてちょっとよく考えさせてくださいとか照れてる八幡にニヤニヤw
ってこんなやりとりが繰り広げる中トイレで一人茫然とする相模さんはどうなってしまうのか…
とりあえず八幡と雪乃の距離が広がって元に戻らないようなことにならなくてよかったです!

次回「こうして、彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」

http://do-not-trust-over30.cocolog-nifty.com/nipopodai/2013/06/811-e5e2.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(14)   Top↑

2013.06.14 Fri
はたらく魔王さま! 第11話「勇者、己の信念を貫く」
体調不良で寝込んでるアルシエルを心配し夕飯を代わりに作ろうとしていると宅配便が来た!
もしやまたルシフェルが…と思ったけどそれならいないときに頼むとか全然懲りてないですよね
差出人はハワイ旅行中のミキティからの大量の荷物…ってほとんど座る場所がなくなった~
お土産をたくさん買いすぎて町内会のバザーに出してもらいたいと送りつけた量が尋常じゃない
文句言いたいけど体調不良で咳き込み大声すら出せないアルシエルさんが切ない(苦笑)

エンテイスラでは異端審問会に属し大法神教会に仇名す輩に対し抹殺を繰り返していた鈴乃
連合軍の一派は敵軍勢からして加勢したところで敵わないのなら何も知らなかったことにする方が
得策、村を守れなかった教会騎士団の失態を世に知らしめ魔王討伐のイニシアティブを連合騎士団が
とろうと画策しそのために小さな村一つ犠牲にしたところでさしたる影響もないとか酷い…
それにしても鈴乃の武器ってハンマーみたいなものだったんですね、ちょっと意外な感じだった
魔王軍を相手に教会騎士団と連合騎士団が一枚岩になれないのは協会側にも責任があるが互いに
歩み寄ろうとしないのか、教会のやり方に疑問を抱きつつもこれしかできることはなかったのか
余計な詮索をせず異端諮問会の執行官として自分の仕事を全うすればいいと次のリストを渡され
結局世界を救ったのは教会ではなく勇者、本当に間違ってなかったのかとか葛藤していたのが…

ふしまえんに行った事を梨香にツッコミされてたけど至って普通なエミリアは相変わらず~
バザー準備の手伝いにやってきてくれた魔王城の現状を見て驚くちーちゃん、アルシエルは
動くだけでダンボールの山崩したりもう絶対安静でいたほうがいいと思うんだけどw
手伝って貰うのはいいけどこの部屋でやるのは狭いしエミリアもきたっぽいとかルシフェルは
エミリアのバッグに発信機もつけておいたとかそればれたら半殺しにされると思うよ(苦笑)
まあ、エミリアは鈴乃の様子を見に来ただけで勘違いだったけど結局手伝わされることに

さっさと戻ろうとするルシフェルが魔王さまに首根っこつかまれてるの可愛かった♪
ニートだからって遠慮してるのアパートから出なきゃいいとかそういうとこさすがですw
大家の趣味の水着の趣味をあれこれ話しつつエミリアはサイズが合わないとツッコミされ(苦笑)
パイナップルやマカダミアナッツ、食べ物は皆で分けて食べてほしいとグアバジュースを飲もうと
素手であけようとした魔王さまのせいで隣にいた鈴乃が被害に遭ってたんですけど~
差し出されたハンカチに思わずオルバに血を拭くよう言われたときのことを思い出してたのが…
五人分しかないということで除外されるルシフェルが安定の残念な扱いっぷりで笑ってしまう

バザーに出展する準備が終わり楽しかったというちーちゃんやエミリア
お祭りなんて久しぶりだという鈴乃に準備も本番も楽しもうというけれども猿江の監視が(汗)
何を暢気に祭りの準備などしているのか、魔王が魔力を取り戻さないうちに目的を果たせ
今更何を迷うのか、これまでも散々手を血に染めてきたのに――…

戦闘が終わり平和になった途端居丈高になり連合軍側は教会側を邪険にするように…
暗殺された貴族の死体と審理議事録を抑えられて誤魔化せず追い詰められた状態
筆頭審議官のベル司教を差し出したところで変わらず筋の通らぬ異端審問はいくらでもある
魔王軍を倒したのは元教会騎士勇者エミリアと大神官オルバ、今の平和は教会あってこそ
苛烈な状況に受けた責任を受けるはずの張本人は行方不明、責任者不在で異端信義が滞ることは
避けるため帝京審議会を新設し審問会のものを移動させオルバが戻るまで審問会は凍結
新責任者の下より公平で開かれた審議をすると諸王国には応じればいい…
自らを律せず傷つく事や恥をかくことを恐れててを汚さずおいしいところだけを攫っていく
好きで人を処刑していたわけじゃない…だけどと理想と現実の狭間で揺れるの痛々しいよ
本来の任務魔王抹殺に戻るよう言われてすっと冷え切った目になった鈴乃はどうするのか(汗)

激痛に耐えかねて悲鳴を上げるアルシエルさんの顔が酷いことになってるw
救急車呼ぶわけにはいかないといったけどなら民間の救急車サービスにすると言われたり(苦笑)
仕事が決まっていない鈴乃にマグロナルドを進めるけれど、魔王さまにはもう近づかない方が
いいと警告を発した鈴乃は思惑があるのはわかるがやはり送球に殺すべきなのだと物騒な発言
魔王がマグロナルドに七夕の笹飾りを飾った途端客足が増えたことは何を意味するかと思うか
悪い気を払うと言われる笹の葉に人の念を込めて作った七夕飾りを媒介に無意識に魔力を発動させた

お客さんにきてほしかったこともあると庇うけどもっと危険なことに魔力を使うことにも限らない
魔王が日本で出世を繰り返し信頼と人望を集める人物になったあと世の中を裏切ればどうなる?
長命である悪魔がどれほど綿密な計画を立てているかわからないし今のうちに消しておくべき
辛い決断だが元々全く別の世界で出会うはずない者同士記憶を抹消しエンテイスラの痕跡を消す
そんな記憶を消すだなんて嫌だ、魔王様やアルシエル、エミリアや鈴乃のこと
一応ってルシフェルが一応扱いなのに思わず笑ってしまったけど♪
友達になって楽しい時間を過ごしてなのに全部エンテイスラの都合で忘れさせるなんてあんまり
だというちーちゃんの好意を利用する事も策略で繊維を鈍らせ討伐を躊躇させるための伏線かも…

だけど真面目で優しい魔王さまに何度も助けられたちーちゃんからしたら…ですよね
魔王サタンになる前の魔王にあったことがあるのか、本人に会ってないならわかるはずがない!
指揮官が全責任を負うのは当然のことだというけれどなら人間の世界を助けようとするのか
仕事を教えて貰い間違ったらちゃんと起こってくれてフォローしてくれたし約束も守ってくれた…
本当に悪魔を率いて世界征服しようと思ったのなら理由があるはず
…なんだか魔王様の人となり見てるとちーちゃんのように信じたくもなりますしわかるよ
だけど人間VS悪魔の争いをなかったことになんてできないしそのためにどれだけ犠牲が出たか
このまま言い争っていても埒が明かないと止めたエミリアは鈴乃の言う事は正しいと思うが
平和は皆が笑顔でいられる世界で友達を泣かせた事実に目を瞑る平和のために戦ったんじゃない

そのために何かを犠牲にするような結末を迎えるつもりはない…
夢物語でそんな方法はあるはずはないし払わなければいけない犠牲はあるとしても!
「それでもしなくちゃならない だって私は勇者だから」
こっちへきた当初はツンツンして何かと魔王様に突っかかってきたけどホント変わりましたね!
魔王様と再会した当初の自分と同じように共感するところもあり、自分も変われたからこそ鈴乃にもわかってほしかったのかな…

今はまだ倒すわけにはいかない、そういいきったエミリアもなんだかかっこよかったです
ちょっと言い過ぎたしエンテイスラをほとんど知らないのに鈴乃にひどいことを言った
人を隙になるっていうのは理屈じゃないから、そんな時コンビニの襲撃犯が襲ってきたー!!
すかさず聖剣を取り出し退治するエミリアを吹っ飛ばしたのは猿江ことサリエル!
全ての聖法気の力をを圧倒する堕天の邪眼光で聖法気を打ち消す厄介な力を持つ者なのか…
何とか魔王様に緊急事態を知らせようとしたちーちゃんも鈴乃に気絶させられてしまう!!

ちーちゃんから不在着信があったことに気づいた直後に電話がなってびびる魔王さま可愛いw
そんな中ちーちゃんが家に戻らないとわかりルシフェルに聞いてみると、その原因はわからない
がセンタッキーの従業員名簿に猿江というものは存在せず異変を察知した魔王さまはエミリアの
発信機を辿るように頼むと物凄いスピードで都庁へ向かっていることがわかり急行することに!
デッキブラシを持ち出したけどこれを武器にするんでしょうか(苦笑)
でも仲間を助けようと奔走する魔王様はやっぱりカッコイイし頼りになるなあと思いますが
アルシエルが搬送された病院でオルバが目を覚ましていたのも気になる予告の感じだと復活する?
まあルシフェルと何を話してたかにもよるけど…

次回「魔王、己の職責を果たす」

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(29)   Top↑

2013.06.13 Thu
NARUTO疾風伝 337話「シノVSトルネ!!」
第四部隊からダンゾウの部下が穢土転生されていると知った連合軍本部
確認されたのはトルネのみということで各部隊に見つけ次第最優先で封印するようにとのこと
操られて入るが禁術を使う恐れがあるためナルトにも連絡をとのことだけど、行く不明のまま
のフーはそういえば山中一族でしたっけ…いのいちさんとも結構親しかった仲だったのかな(汗)

そして異変を察知してやってきたシノ!
ダンゾウが死んだと聞いてそうかとあっさり受け止めたトルネから教えられた禁術 蠱毒の術
穴の中で急速に蟲を培養しているとのことだけどトルネの特殊な体質が関係してるようで…
小さい頃兄弟のように過ごした二人、そんな設定作ってくるとかスタッフさんずるい(苦笑)
アカデミーにまだ馴染めずひとりで過ごすほうが楽そうだったシノを心配していたトルネ
そのうち忍として任務に出るのにその時友達がいるいないでは大きな違いだと宥めていたのか
体の中に猛毒を持つナノサイズの毒蟲が存在し毒の抗体があるトルネ以外のものが感染すれば
体中の細胞を破壊されて死ぬ、それはシノの蟲も同じことで毒蟲は生物の細胞の中でしか
生きられず細胞を壊しながら増えて宿主が死ねば毒虫も宿主共々死ぬウイルスのようなもの
毒虫はトルネの中でしか生きられずだから誰にも触れないとかそれはそれで切ないなあ…
でも素手じゃなきゃ大丈夫なんですよね?ならどうにかしてアカデミーもいけたんじゃ?
トルネの能力説明聞いてたら江迎ちゃん思い出しちゃったよw

行かなかったのではなく行けなかっただけ、だけどシノは違うしさっさと慣れて友達を作れと
そんな時ナルトに話しかけられたけど飼っている蟲が変わっているからと興味津々なナルトやキバ
クラスの女子に撒き散らせば大騒ぎになって面白そうとか悪戯考えてると背後からイルカ先生がw
キバののけぞりっぷりと表情が面白かったー♪
相変わらず友達というものがよくわからないというシノに一緒に過ごせれば友達じゃないのか
クラス全員友達ということになるけれどとシノは何かと細かく考えすぎなところも昔からw
シノは力量もあるからダンゾウにも目をつけられていたんですね、そしたらサイと同期ぐらいとかなってたりしたのかな…
様々な人材を幼いときから育成する根の再編成にあたり油女一族からも一名選出してほしいと
人材選出は全て一任されているし山中・うちは一族、秘術を持つ一族は根に人材を提供している
いっておくがこれは要望ではなく強要、逆らえばどうなるのかは…って感じでしたよね(汗)
優秀というのなら自分でもいいのではないか、油女シクロの子でシビさんが預かっているとわかり
興味が沸いたダンゾウは根で預かると、秘伝忍術の使い手はトルネばかりでないし明日の朝来いと
根にいくということはこれまでとこれからの人生を捨てるということ、けれど結局トルネは毒蟲の
可能性とシノを庇って自ら根に…ということになるのかな、シクロとシビさんの関係も気になる…

毒虫は強力だが接触感染しかない、蠱毒には大量の肉体が必要となるため禁術となる所以だが
戦場で死体が手に入り十分な細胞があれば蟲は死なずに増え続け死滅した細胞からガスを発生
それを爆発させ毒蟲に汚染された細胞をあたり一体に撒き散らし接触感染されるのが蠱毒の術
敵味方お構いなしで感染させるとのことで早く援軍を呼ぶよう言うけれど自分一人でとめると
根には友人と呼べる相手もできたとそれってフーのことだったのか…

友達ができたのかと訊ねられそれは相手が友達と思っているとわからないと言うシノ
相変わらずだし自分は根にいってよかったし体質では普通の任務はこなせない、根なら生かせる
初めて入隊したトルネは実力を測るためフーと忍組手をやるようにといわれ実戦することに
直接素肌に触れなければいいしそれに絶対に触れられない、新米とは一緒にされないと挑発され
早速かかっていくけれどガードしていても本気になればすでに死んでいると強気なトルネ
知りたいのは今の実力で本気を出してもらわなければ困る、トルネを軽く往なすフーがカッコイイw
今後二人にツーマンセルを組ませる、先輩として根のことを教えてもらうことになったのか
初めて自分に手を差し出してくれたフーにぎこちなくも応えたトルネのシーンが何かよかった!

そんなフーが穢土転生のため器にされたとわかったらどうなるのかと思ったけど(汗)
誰も呼びにいかないがどうやって止めるつもりなのか、蟲の培養に時間がかかるとわかっている
相討ち覚悟だろうがそれは無理だと言うトルネに接近戦を仕掛けるシノ、遠距離タイプと封印
術者を呼ぶよう言われるけど今は無理、蠱毒の結界に落ちそうになったところへナルトが来た!
チャクラがよくわかったといってたけど感知してもらえるほど親しくないとか思ってたのかな~
倒せば毒蟲が飛び散るし封印しなければ埒が明かない、トルネに触れれば感染してしまうと教え
たけど、触れるだけじゃなく毒蟲の術として霧状にして飛ばすこともできるとはまた厄介な…

シノが蟲壁で防御したけれど触れればすぐ蟲も感染して死に至る、封印札を貼り付けなければ
邪魔者排除のために勝手に攻撃を仕掛けるというトルネにシノには指一本触れさせない、尾獣化
モードで接近戦を挑むけどうまく避けられ螺旋丸で弾いてもすぐに回復し拳をくらう寸前だったナルトを庇ってシノが顔に受けてしまう!!
心配するナルトに下がるよう伝え平気そうなシノ、抗体を持つ蟲を盾代わりにして防御した!
思い出代わりに毒蟲を飼育し餌に自分の蟲を与え育て続け何年も育てるうち抗体を持つ蟲が…
その蟲を結界内で培養するための時間稼ぎをするためにトルネの話にも付き合っていたのですね
蟲で動きを抑制し封印札をトルネに…兄代わりの人を自分の手でというのがまた切ないなあ(汗)

術者が封印されたためいずれ蟲は死滅する、ナルトに先に行かせてトルネに感謝を伝えるシノ
根に行かなくてよかったしなぜならこうして駆けつけてくれる友達ができたから――…
トルネを交えたシノとの設定もよかったししっかりシノの活躍シーンがあってよかった!

次回「心の穴 もう一人の人柱力」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2013.06.11 Tue
アラタカンガタリ~革神語~ 第9話「鬼化~ONIKA~」
『門脇が天和国に現れた!困惑する革だったが、門脇から数々の憎しみの言葉をぶつけられ、その気持ちに変化が表われる。その後、門脇の存在と自分の変化に呆然とする革に対し、カンナギが強い言葉をぶつけてくる。それでも迷いを断ち切れない革。そんな革に、カンナギは──』


六ノ鞘ハルナワと入れ替わり逐力の鞘となって革の目の前に現れた門脇!
にしても対を成す劍神だからなのか近くにいると劍神同士が呼応するような症状が起こるのか…
昨日から妙な感覚と痛みが走り確認してみると創世が変化していたようだけど
いるはずのない門脇の姿に呆然としショックを受ける革の前で逐力を発動して攻撃してきた!!
ギリギリのところで革も創世を構えて防御をとるけれど既にギリギリって感じでしたね

なぜこちらの世界にいるのかと叫ぶ革に前々から思っていた違和感が徐々に大きくなるコトハ
それは自分が聞きたいことだし替え玉立てても別世界に逃げ込みそんなに怖かったのか
中学時代からどうしようもない腰抜けで情けないしいくら虐めても黙って言いなりで現実では
びくびく怯えて逃げてばかりだったのに天和国では最強の劍神の鞘で大王になるなんてありえない
たまりに溜まってた鬱憤を晴らすべく饒舌になってる感じで~
悪いのは全部革でクズの分際で逃げ出して絶対許さないとか、逃げたのは同じでしょうに(苦笑)
一生自分の下に這いつくばっていればいいと散々罵倒する門脇に対し創世まで鬼化してしまう…!!

黒いオーラを放ち門脇へと脇目も振らず攻撃した創世を受け止めた門脇は額に傷ができたのみ
自分が今までどんな思いをさせられたのか、クズは門脇だと怒り憎み鬼化に蝕まれていく革
必死に助けようと縋りつき止めるコトハの信じているという言葉で何とか思いとどまることに
ここで六ノ鞘が現れ創世が鬼化するとは思わなかったし逐力にも完全覚醒させなければならない
一旦退却していったけれど門脇は革を絶望させることができたからひとまずは…っ感じですかね
落とした創世をすかさず奪い取ったカンナギは手放したのは革自身と持ち去ってしまった(汗)
カナテはカンナギから取り返すため追いかけて行ったけどここでようやく状況に気づいた革も
コトハの異変に気づいたもののやはり門脇と再会したショックが大きくて茫然自失だし…

小屋に戻り休む二人 コトハは門脇や先ほどのやりとりについて質問してみるけれど
手を伸ばしただけで意識する革はアラタとは別人ではないか、目を見て話してほしいし誰なのか
コトハにはアラタに見えているだろうが自分は祠開の森で入れ替わった別世界の人間だと――
騙すつもりはなかったがアラタと間違われ誤解を解く間もなく鞘に選ばれあとは知っての通り
というか以前に何度も別人だって否定してたけど記憶喪失で混乱してるだけと思われたままか…
アラタは現実世界で元気にやっているし無事と教えてくれたけどコトハはショックだろうな
天和国と現実で通信できたときにコトハも一緒にいれば納得させられたでしょうにね~

目が覚めた門脇の侍女として仕えることになったミヤビ
出ていけと言われて素直に受け取ってたけど何もないとこで転んだり何このドジっこ(苦笑)
革がやっとまともに見てくれたしでなきゃ勝負できない逃がさないとかヤンデレな感じがw
毎日門脇と仲間に一方的な力で抑え付けられたし学校で降され続けたのだと打ち明けた革
時には力も必要なのもしってるがあの痛みや恐怖や惨めさは味わった人間にしかわからない
力を持たず絶対人に対して力を振るわないと決めたのに自分にも門脇やアカチと同じ力があった
また鬼化するかもしれないし今度は元に戻れるかどうか不安で劍神を使うことが怖くなったのか…
そんなことをコトハに打ち明けてもどうしようもないとわかってても
アラタと同じ名前なことを打ち明けコトハの前から立ち去った革は何とも辛そうな感じで
確かに別人だけど今までコトハも一緒に旅をしてきたのだし色々と感じることもあるだろうな

ヨルナミの領地で劍神がないまま狙われたと案じカンナギに追いつき取り返そうと狙うカナテ
ってあの程度じゃ思いっきりバレバレだしすぐ気づかれたけどそのまま戻ると踵を返す!!
劍神を取り戻そうともしない革に掴みかかり世界を変える、やると決めたことは最後まで貫け
他人の劍神を初めて手にしたが創世は使命と責任の重みが圧し掛かり革以外の誰が使えるのか
一度は奪おうとしたけれどこうした叱咤してくれたりやっぱりカンナギってお人よしですよね

カナテと剣術稽古をつけあう革は大分コツを掴んで上達していたようだけど
二人のやりとりを見ていたカンナギは今度は自分が相手をすると名乗り出て武器を手に取る!
使い慣れてる武器でもないのにカナテの槍であっという間に谷際まで追い詰めたり強いですね
アカチとのときは一方的だったけどあれは多分アカチが強すぎるんだろうな~(苦笑)
六ノ鞘と門脇が入れ替わり天和国へやってきたのではないかと気づいた革に二人の間に何が
あったのかはしらないが再び襲うしその時革はどうするのか、すぐ答えられず俯くことに…
創世をふり払い谷底へ落としたカンナギは今は無用のものだし再び鬼化することを恐れ迷っている
そんな奴に世界が変えられるのか信用に値しないし日没までに見つけ出せなければ戻ってくるなと

迷っていたものの結局一人で向かいあちこち探していると一匹の狼が創世を銜えていた!
意外とあっさり見つかるものですね、てかこの狼も何かの伏線だったり??
そしてここでOPのシーンに繋がってくるのか…追いかけているうちに開けた場所に出た革
もう一度創世を手にしていいのか門脇やアカチを否定しながら同じ鬼の力を持っているのに…
このまま前に進んでいいのか戸惑う革に全力で走れと隣を走る綺麗な門脇との回想シーンが(苦笑)
横を走るのが凄い気持ちいい、一緒に走ると風になれるとかどんだけとツッコミたくなるw
ずっと前を見て走ってくれていれば横で走り続けるから全力で走れ…自分達は友達だった――

腰抜けの屑でいつか絶対叩きのめすし目障りで消えてくれればいいと言う門脇は革のことが
好きで嫌いなら無視すればいいのにそこまで意識するのは好きの裏返しだとツッコミされたw

本当は革と友達になりたいとか言われてたけどこのあたりも図星って感じですかね
知った風な口をきいてほしくないし全部革が悪いとか、認めたくないと否定してるし…
スランプで大会メンバーに選ばれるギリギリのタイムだから並走相手に革を指名した門脇
唯一認めた相手だから全力で競い負けても本望だと思っていたのに最後わざとスピードを
落とされて馬鹿にされたと感じたようだけど本人に確認したわけでもないしわからないかと(汗)
まあ普段優しいし無自覚で…ってのもしかしたらあったかもだけど…
でもこの時のことが原因で母親は家を出ていき父親との仲も一気に悪化したというわけですか
友達だと思ってたのは自分の方だけでだから潰すって…門脇ってなんか面倒臭いキャラですね(ぁ
これ勝手に思い込んでるだけっぽいしちゃんと話し合ったらまた変わるんじゃないのかな…

劍神を手に戻ってきた革は以前とは違いなんだか精悍な顔つきになってましたね
カンナギも信じてるといってくれたけど革ならできるって見込んで試していたということかな
門脇が迷いを吹っ切ってくれたし前へ進みたい、今はまだ自信はないがやってみるしいつか
門脇の心を変えてみせるし鬼には絶対にならないと約束すると思いを告げた革
思わず涙ぐむコトハからも革は強いし信じる、これからもちゃんと見ててあげると言ってくれた!
雰囲気に流されたのかついコトハを抱きしめちゃってたけどなんだか二人がいい雰囲気に~
目の前でイチャイチャみせられて叫ぶカナテを一発殴って黙らせてるカンナギが面白いw
そんな光景を監視するヒルコも優しいだけと思っていたが暗黒の力とそれを鎮める力を持つ
革ならヨルナミを元に戻せるかも…ってヨルナミに何が起こってるのか気になりますね…アニメはどこまでやってくれるのか~(苦笑)
EDは「美しい背骨」通常EDのカップリング曲!もう一つMeteor Trainもいい曲



次回「憧憬~SHOUKEI~」

テーマ:アラタカンガタリ - ジャンル:アニメ・コミック
アラタカンガタリ~革神語~    Comment(6)   TrackBack(7)   Top↑

2013.06.09 Sun
進撃の巨人 第10話「応える-トロスト区攻防戦⑥-」
『巨人が人に化けている──恐怖が伝染した戦場では、エレンやアルミンがどんな申し開きをしようと、誰も聞く耳を持つ者はなかった。エレン達にむかって放たれる砲弾。その刹那、エレンは上半身を巨人化させ、ミカサとアルミンを守ることに成功した。蒸気とともに消えゆく巨人の骨格のなかで、エレンが選択するのは……!?』


駐屯兵団から審議にかけられ始末されそうになり二人を庇うため巨人化してしまったエレン!!
そして初めての実戦ですっかり心が折れてしまった訓練兵メンバーの姿もありましたね
目の前で仲間が喰われているというのに悲しみも憎しみも感じずただ自分じゃなくてよかった
次は自分の番でつまりは巨人に喰われるまで戦い続けるということ、いっさ自殺した方が…
そう考えてしまうのも無理ないし怖気づいてしまうのもわかるけどそれは他の兵士も同じ
項を一撃で削げず作戦に失敗したサシャだって気高き兵士のままだとマルコも説得を試みるけど
突然叫び声あげたと思ったら腹痛だから負傷者にしてほしいとか完全にメンタル折れてる(苦笑)
ただでさえこの絶望的な状況でもしエレンの事実を知ってしまったら――…
そのわりにはアニやベルトルト、ライナーは随分落ち着いてるというか冷静すぎるような気も…

そんな中一発だけ響いた砲声!
壁の中から煙があがりもしや頑丈な正門が突破されたのかと一気に動揺が走り戦慄する!
誰かがうっかり砲弾を落としただけじゃないか、だけど明らかに煙の量が異常だと気づき
ワイヤーを射出し現場確認に向かうライナーにアニやベルトルトも続きジャンも追いかけることに
ライナーの焦り様も気になったけどやっぱり何か知ってるんじゃないかなあとか思ったり…

筋肉や骨が露わになった巨人の肋骨の内側に守られていたアルミンやミカサ
動く巨人の目に怖気づき近づくのは危険すぎるし警戒態勢のまま待機し次弾装填を命じる隊長
にしてもエレンが巨人化するというよりは神経と繋がってて巨人を動かしてるって感じなのか
意識を取戻し目の当たりにした光景に呆然とするエレンや混乱して理性が追いつかないアルミン
でも今はエレンが守ってくれた事実だけを理解できればいいとか相変わらずミカサは頼もしい!
どういう事態かわからないが他の死体と同じくこの体はもうすぐ蒸発し消える
まだ様子をうかがっているのか放心しているのか、駐屯兵団荷動きは見られないが最終的には
攻撃を続行するしこれを見せたあとで会話できる自信はない、ただ地下室へ行けば真実がわかる!
父親に言われた言葉だし巨人化の症状が現れた原因で地下室へ行けば巨人の正体もわかるはず

重大な秘密をどうして隠したのか、何千人もの調査委兵団が命を落としても求め続けた人類の希望
憤りそもそも五年も放置していおいてと憤る気持ちもわかるが今は他にやるべきことがある!
隠さなきゃならない必要があったのか、実は上層部も把握済みとかそんな展開になりそうだ(汗)
徐々に煙が晴れる中骨格が崩壊し足踏みする調査兵団
ひとまずその間にこの場所を離れ壁を越えて巨人化してから地下室を目指す…
仕組みはわからないし説明もできないがやれる確信はある、さっきは無意識に砲弾を防ごうとした
それ以上の機能も持続力もなく朽ちたし今度は巨人を倒したような15メートル級になって見せる
息巻くエレンだけど鼻血が出たりと巨人化する反動が少しもないわけじゃないし影響を受けている
顔色も悪ければ呼吸も荒い異常状態、だけど今そんなことはどうでもいいし考えは二つある
庇わなければ命までは奪われないし迷惑かけてしまったがここからは単独で動くつもりなのだと

何か言おうとしたアルミンより先に当然一緒に行くと即決したミカサは迷いがないなあ(汗)
追いつけなければ構う必要はないが従う必要もない、とにかく出来ることをしようとしてるのか
弟でも子供でもないと反発するエレンもかなり苛立ってるけどミカサを案じてるんですよね…
アイキャッチは珍しく食糧関連についての情報でしたね!
ウォールシーナでのみ生産される特殊な酵母を飼い葉や小麦大豆などの入った倉庫やテントに
置くことで腐敗が極端に遅くなることがしられている
酵母を置いた貯蓄プラントを各地に展開することでウォールマリア奪還のための補給物資を
備蓄するのがこれまでの人類側の戦略だったようだけど内地への襲撃であまり進んでないのかな?

あと少しで榴弾の装填が完了する中次の攻撃はどうするのか、とにかく待機だと周囲に命令
ミカサとエレンの意見が真っ二つに割れる中ここでアルミンがまた冷静に考えなおしてましたね
駐屯兵団が白兵戦を持ちかけてくる様子はないしあればミカサが野良猫よりも早く察知する
最短時間で砲弾が装填されたとしてもあと20秒ほどかかりエレンはその間に行動し去っていく
こんな時に限って子供の頃苛められていた自分をエレンやミカサが助けてくれた光景を思い出す――…
結局最後まで臆病者以外の何物にもなれずいつも助けられたが二人を助けたことは一度もないまま
これでどうして対等な友人で一緒に行くなんてことが言えたのか、ついていける自信もないのに

もう三人で揃うこともないだろうと思う傍でもう一つの方法があるし後の判断は任せると託すエレン!
今の話が現実性を欠いていることはわかるし巨人化の力は兵団の下で計画的に機能させるのが有効
無茶を言うがアルミンがもしここで脅威じゃないことを駐屯兵団に説得できるなら信じて従う
もしできないというのなら巨人化し壁の外へ脱出する最終手段を選択する…!!
15秒以内にできるかできないか決めてほしいしどちらでもアルミンの意見を尊重するのだと

重要な決断を託すのは危険なとき程どの行動が正解かあてることができたし頼りたいと思ったから
色々あるが例えば五年前アルミンがハンネスを呼んでくれなければミカサもエレンも死んでいた
五年前にハンネスを呼び出したのはアルミンだったんですね、ちゃんと助けてるじゃないか…!
「僕が勝手に思い込んでただけだ
勝手に自分は無力で足手纏いだと 二人はそんなこと思ってなかったのに」

臆病だからこそ卑屈に考えてしまうところもあるけどいつだって冷静な判断をできたしこの前
駐屯兵団本部奪還のため作戦を立案させて機能させたのは紛れもなくアルミンの手柄ですよね
命を預けるといっている二人はこの世で最も信頼する人間、これ以上の説得力がどこにあるのか
二人に信用信頼されてるとわかったからこそのアルミンは凛々しくてかっこよかったよ
必ず説得してみせる、二人には極力抵抗の意志がないことを示すよう伝えて歩き出す!!
巨人になり戦っていた時からずっと引っかかっていたことがあるが喋りながらでも頭の中で考える
立体機動を捨て煙の中から飛び出し両手を挙げて降伏すると必死に人類の敵じゃないと説明し
知り得た情報のすべてを開示する意思があるというアルミンの命乞いに耳を貸すつもりはないし
目の前で正体を現して今更何を言うつもりなのかととても話が通じるとは思えないのですが(汗)

敵でない証拠を出せないのなら危険を排除するまで…
証拠は必要ないしそもそもエレンをどう認識するかは問題でない、巨人化するところを見たのなら
周囲の巨人と戦い巨人達が群がっていく姿も見たはずで巨人化エレンを捕食対象として認識した
自分達がいくら知恵を絞ろうともこの事実だけは動かないことを宣言する!!
確かに巨人が味方になれば心強いことはない、そんな心の揺らぎが周囲に伝わり困惑した雰囲気に
それを受けながらも苦渋の表情をして迎撃態勢をとらせるキッツ隊長は本当に臆病なんでしょうね
行動は常に理解を超え人間に化けて言葉を弄し欺くことも可能、好きにさせるなと排除を徹底!
考えることを放棄している、何よりも失敗に怯えてとにかくどうにかして逃れようとしてるのか
どうにかしようと二人を振り返るけれどエレンもミカサも信じている、頷くエレンがいいなあ

力強く敬礼し永久に人類復興の為なら心臓を捧げる覚悟を誓った兵士であり信念に従った末に
命が果てるなら本望で巨人の力と残存する兵力が組み合わさればトロスト区奪還も不可能でない
人類の栄光を願いこれから死にゆく全てもの間にエレンの戦術価値を問う――
部下がアルミンの嘆願を聞き入れようと提案するけどそれを一蹴し反逆者で異常排除するべき
それが兵士たるものの務めだと砲撃命令を降そうと振り上げた腕を途中で止めたのはピクシス司令
命を懸けてエレンを助けようとしたアルミンの演説は本当に見事なものだったよ、凄かった…!!!
間に合わなければエレンは指を噛んで巨人化するつもりだったんでしょうね、茫然としてたけど…

見事な敬礼が見えないのか、到着したのは今だが状況は早馬で伝わっているとのこと
キッツには増援の指揮につくよう指示を出したりとギリギリのところで首の皮一枚繋がった…!
調査兵団の報告によると巨人は南から現れるとされかつて巨人の襲撃を受けたのも南に位置する
シガンシナ地区で次に狙われる可能性が最も高いとされていたのはローゼ南城壁都市トロスト区
ピクシス司令はトロスト区を含む南側領土を統括する最高責任者最重要区全権を託された人物
外門に群がる巨人を見て超絶美人巨人になら喰われてもいいとかこの人も変人キャラですかw
得体のしれない者たちを護衛もつけずとぼやくキッツに司令の考えは常人には理解できない
部隊編成が完了したけれど駐屯兵団メンバーの表情といったら…
能力はあるんだろうけれどもこんな臆病さ見てしまったら失望して戦意喪失もしちゃいそう(汗)

エレン自身が確証を得られない以上は地下室のことも頭にいれておくとのこと
物事の心意を見極めることはできるつもりだし三人の命は保証する
先ほど巨人の力を使えばトロスト区の奪還も可能だといったが本当か苦し紛れの命乞いなのか
あの時言おうとしたのは巨人になったエレンが大岩を運び破壊された扉を塞ぐということ
単純に思いついただけだがせめて巨人化の力に現状打開できる可能性を感じてほしいと思った
勿論助かりたい一心もあったというアルミンに何より信用できる言葉だと
ただエレンは本当に穴を塞ぐことができるのか?
ここにいる二人とできることなんてそう変わらないしできるにしろできないにしろ無責任に
堪えるわけにはいかないというエレンに質問を間違えたしやるかやらないのかどちらかと問う!
穴を塞げるかどうかはわからないがやると決意したエレン!!
作戦が成功すれば人類の脅威にならないと証明できるし戦況も一転し兵士も鼓舞できそうだし
ようやく話の通じる人と合えたのだからどうにか打開して救済の道が開けるといいなと

次回「偶像-トロスト区攻防戦-⑦-」
エンドカットは雷句先生!…ガッシュぐらいしか知らないから画力にびっくりしたw

http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/28208084.html

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(0)   TrackBack(30)   Top↑

2013.06.08 Sat
宇宙兄弟 第61話「日々人を待つ人々」
月から帰還する三名の宇宙飛行士の命はパラシュートを担当したピコにかかっている――…
そんな中ムッタ達は出場したキャンサットコンペティションで五位を獲得し見事成功させた
任務を終えたピエコの行き先はもう決まっている、それは勿論あの人のところなんでしょうね!

いよいよ帰還が迫り帰ったら何をしたいかで期待に胸を膨らませるメンバー
やっぱりそろそろ地球が恋しくなってるし家族と会いたいし好きな場所で出かけたいリンダ
愛用の自転車に乗ってどこかへ行きたいと漏らしたヒビトが聞いたのは吾妻さんが慣らす鐘の音
地球でまた会おうという意味も込めて送り出してくれたんですね、こういうのいいなぁ
別れを惜しむバディやフレディの姿もあったけど雑談してる探索・救助班は流石に怒られた(苦笑)
いくら出番が先でも命を預かってる状況だし集中してないとダメですよねこれも打ち上げの一つ
日々との心拍数があがっていても本人に伝える必要はないしこのままでいくとのことのようで
帰還船オリオンの位置を着陸船アルタイルに送信しオリオンの位置をアルタイルでも照合
電力燃料空気打ち上げ速度を確認し最終カウントダウン開始 いよいよオリオンも月から打ち上げ!
無事に成功し高度500メートルに到達、月から離れる中ヒビトの眼に映ったブライアン三号機

現在月軌道上では地球への帰還船が三機回っている
セス51クルーが乗っていったオリオンとロシアチームのルーニエ二号、2025年に無人で月へ
送られた三人乗りのオリオン、クルーが乗ったアルタイルは一時間後にオリオンにドッキング
クルーが乗り移った後アルタイル切り離しを行いオリオンは地球へ帰還する予定とこと
そしてピエコはやはりピコが預かることになったようですね!!
心寂しいけど地と汗と涙と色々流しながら作った作品というといつ血が出たのかとツッコミがw
自分達を忘れないためにもらってほしい、このメンバーはいつかピコの手がけた帰還船で地球に
帰ってくる宇宙飛行士なのだから顔を覚えておいてほしいとか嬉しくなっちゃっただろうなあ
「命を預かる技術者の気持ちを知れというなら あんたは命を懸ける側の気持ちを知ってくれ」
確かにその通りだしこんな小心者に命を託すなんて無理――…
物凄い深い言葉ですね、命を預かるのも懸けるのも自分ならどっちも怖くてできないなあ(苦笑)
信頼してくれたムッタに応えるためにもとお酒をやめてミネラルウォーターにチェンジしたピコ

久々にヒビトの自宅へとやってきた両親
アポを不細工とかいいながらビーフジャーキーあげるパパさんの可愛がりっぷりが面白い
さすが俺の子…ってやっぱりアポは二人にとっても三番目の息子なんですね♪
相変わらず日本的なお土産をたくさん持ってきたけど大量のうどんとか食べ切れなさそう~
それはともかく早くテレビを見なきゃいけないし今からヒビトがドッキングすると教えると
ヒビトが何と?ってヒビトじゃなくて帰還船なわけだけど説明するのが面倒臭くなってるし
アルタイルが接近しいよいよドッキングシークエンス開始緊張しながら見守る三人
ドッキングも成功しまずは一息ですね、願かけておいてよかったとレゴの人形持ってきてたのか
ヒビトと名づけたからすっかり愛着湧いて捨てられなくなっちゃったけどムッタが人形を
凝視してるから怖いと心配するママさんにそういう時期があったから心配するなとパパさん(笑)

そして日本では日本人初の月面からの帰還で空前のヒビトブームが巻き起こっている!!
帰国後のスケジュールはパレードに講演会、テレビ出演のスケジュールでいっぱい
さらに相当モテるだろうとちょっぴり僻み入って自分が宇宙行くまで帰ってこなきゃいいとかw
結局相変わらず自分は弟の先を行くわけでもなく帰ってくる弟に何かしてやれることもない
自慢の弟を自慢するだけ惨めになる出遅れた兄なのだと――…でもムッタだっていいお兄さんだ
休日、どこかへ出かけようと誘われたけどヒビトの自転車を手入れしぴかぴかにするムッタ
何でといわれても何となく、せめてもの労いって感じなのかな、こういう何気ないのいいなあ!

オールバックでばっちり決めて無精ひげを剃りビシっとスーツに着替えたピコがカッコイイ☆
ネクタイを締める理由は仕事が無事に終わったあとに緩めるためだとか決まってますねw
必ず成功するといつも持ち歩いてたウイスキーの瓶を額にあてて必ず成功しますようにと祈る!
あの日からもう願掛けとして酒断ちもしてきたのかな…あのピコがなあとなんだか感慨深い
そして管制室の中を案内されるアスキャン、せりかさんやケンジはメモとってましたね
フライト機動担当官のブースや飛行士の健康管理を担当するフライトサージャーを紹介され
たけどここにも美人さんがいてドッキドキなムッタ、最早美人さんなら誰でも反応しちゃうの?(笑)
あのムッタが管制室に入るなんてと感心するジェニファーからしても嬉しいだろうなあ
帰還船は新幹線の120倍のスピードで帰るからわけわからなくて怖いと話してるママさんに
何も心配いらないし落ちてくるという感じだけどヒビト枯らしたら玄関のドアをあけて入るもの
小町さんに励まされて少しは安心したのかな、そして腕時計をつけて時間を気にするピコ
帰還は勇者を称え迎え癒えれる厳かな式典で打ち上げの盛大なショートは違う、ただし厳かなの
はパラシュートが開くまでの間、そのパラシュートが開くか否かが一番ハラハラするんですよね

大気圏突入まで35分後、高度140キロで突入角度を修正しサービスモジュールを切り離す
管制室だけでもこれだけの人数が帰還の一員となっている、ピコにとっても帰還は一大事
サービスモジュールが分離し宇宙飛行士たちにも緊張が走る!思わず一緒に深呼吸しちゃった(汗)
そして次は大気圏突入のとてつもない衝撃が襲う、外壁温度が上昇し予定高度を通過し機体
角度の誤差が発生したりするけれどこんな中必死にレゴに願掛けし無事を願うムッタ
三人の心拍数は最大値を越えているし機体が最大加熱に到達する中メインパラシュートを開き
一時的に通信が途絶えたものの見事パラシュートは展開し地上へとゆっくりと降下していく
耐熱シールド放出しエアバックも正常稼動、ピコもようやく安堵しネクタイを緩められた~!
これでピコもようやくあの事故以来肩の荷が降りたという感じじゃないのかな
オリオンは無事地面に着陸しレスキュー隊も出動し三人の無事を確認
ヒューストンに戻った三人を拍手で迎える家族や仲間
おけーりと出迎えたムッタに月の欠片を渡してたーいまと返したヒビトのやりとりにほっこり♪

次回「遥か遠くを望む人」


http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52337537.html

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(9)   Top↑

2013.06.08 Sat
ちはやふる2 第22話「めぐりあひて」
『準々決勝まで進んだ千早。対戦相手はクイーン若宮詩暢。千早は全力を出すために怪我をしている右手で対戦することに・・・。全力で向かってくる千早に詩暢は何を思うのか。手加減なしの真剣勝負の行方は?』


A級個人戦三回戦が行われている会場では選手を見守り応援する富士崎サイドの姿も!
準々決勝となり富士崎選手八人のうち残ったのは三人
江室の相手は感じがよく優れた運動能力を生かした速いとりが持ち味でメンタルやトータル
バランスにおいて江室、真太はスタメンを外されたのが相当悔しかったのが普段以上のとり
対する新だけど今までずっと試合には出ていなかったから綿谷名人の孫という情報しかない
真琴先輩の相手は恵夢ちゃん!速さを磨いたしなやかなかるたと団体戦以降調子をあげている
この対戦は気持ちの勝負で残りはクイーンVS千早…
理音を負かした感じのいい千早がどこまで食らいつけるのか、しかし右手の怪我に気づき
左手で勝ち上がってきたとわかり驚くのも無理ないですよね、利き手を変えて挑んでるとか…

包帯までとり右手でとるつもりなのかと心配する女帝も気が気じゃない様子で…
そして千早もこの手でどこまで戦えるかわからないが後悔だけはしたくないのだと意気込む
ぼそっと詩暢嬢が何をつぶやいたかと思ったらつまらんTシャツといってたの聞き逃さなかった!
思わず下に着込んでた激レアマミィベアタンクトップを自慢げに披露したりと何やってるのww
あ、でもこれ本当に超レアらしいですけどかるたしてなかったら普通に友達になってそうな~
詩暢ちゃんもメッチャ羨ましそうに目を輝かせてたりホントこの二人の趣味は共通点多い(笑)

利き手の怪我は大変だろうし右手でとろうかと提案した詩暢ちゃんに冗談でもそんなこと
言わないでほしいと一蹴した千早のまっすぐさは詩暢嬢にもじわじわ伝わったんじゃないかと!
去年戦ってから一日だって消えない速さ、強さ
詩暢ちゃんに勝つことだけを目標にしてきた今までの時間、日本一、世界一の全力を見せてほしい
相変わらずの速さで始めのとりは新とほぼ同じ速度だったのかな、詩暢ちゃんも意識してるし
千歳に文句言われてもめげずリビングでクイーン戦の録画ばかり反復していた千早
空札に一瞬反応をして押し留まった詩暢ちゃんの動きに決まり字まで全く動いてないように
見えるが手が動いてないだけで体は読みのイメージを追って動いているし溜めていると気づく!
ミスなく決まり字の瞬間にぴたりととるため、それも最短距離の札の角を刺すようにとる!!
鋭利な刃物みたいな詩暢嬢のとりのシーンかっこよかったー!!

連取する詩暢ちゃんの圧倒的強さに驚愕するギャラリー
というかモブの中に三木さんボイスの人がいるけどめっちゃ目立って気になるw
まるで札と指が繋がっているよう、札をとるときの音がしないし軽さや鋭さはさすがクイーン
強いとか早いとかいうのは外側の人だけでいい、戦う千早は別の目線で見ているのですよね
普段は苦手な大山札を守り切ってここで初めて一枚取れたけれどこれも練習のおかげのようで
賭けだったがいつもは自陣右下段が定位置の「きみがため」を左下段内側に変更して配置した
左手でとって初めてわかったのは左利きがとりづらい大山札の位置があること
痛む右指、詩暢ちゃんに集中し痛みを忘れて少しでも庇わずどうやったら勝てるかだけ考える!

よく食らいついてるように見えるが札をとっているのは詩暢嬢ばかり
得意札なのに札際ほんの少しで正確さに負けていると痛感しガーゼごと取り払ってしまう千早
ガーゼもテープも重いし正確にとる練習をしてきたのだからそれを発揮するために全力で向かう!!
団体戦で優勝したエースで仲良く目標は達成したはずなのに怪我を推してまで集中しているのか
普通なら諦めたって仕方ないはずなのに一心不乱に向かってくる千早には動揺を隠せない…
そしてスピードアップした千早は詩暢ちゃんの得意札「しのぶれど」を先取する!!
けれどこのとりでさらに指を痛めて持ち帰ろうとした札を落としてしまったりとかなり状態が(汗)
送り札で「ちはや」を選択し挑発した千早に対し本気モード突入してニヤリ…な詩暢嬢のオーラが怖いw

しのぶれどをとられたことで一気に巻き返す詩暢ちゃんの勢いはますます増していく…!!
怪我してても容赦なしとかいうけど配慮して譲ってほしいなんて思わないですしね!
千早がとろうとするより早く札の角を抜き去り連取を重ねていく詩暢ちゃんの回想シーン
かるたの絵に興味を持った詩暢ちゃんにかるたが気に入ったならとかるた会へ連れていった祖母
最初は人見知りしていたけど同じ年頃の女の子がいるから一緒に練習したらいいと言われた時
セイムのときは自陣のとりで初めて詩暢ちゃんがとっためぐりあひては紫式部が詠んだ友達との
再会を詠んだ歌だと教わり目の前の女の子が友達でライバルになるだろうと思っていたのかな
札をとられ拗ねてることに気づいた詩暢ちゃんはそれから手加減してしまうようになったのか…

自分よりずっと年上の選手と対戦し思い切ってとっていいと促され本領発揮することに!
眼にもとまらずスピードで次々と札をとっていく詩暢嬢に圧倒されるまわりの大人達
痛みからくる疲労や大量の汗をかいて息切れする千早に先程のお返しとばかりにちはを抜く!
健闘空しく試合は終了し詩暢ちゃんは23枚差で大敗――

テーピングまでとって指も腫れてと顧問に心配される千早の姿を見た詩暢ちゃんはもう何枚かとらせてあげればよかったのかと思っていたけれど…
同世代の仲間はいない方がいいし手加減を覚えてしまう、詩暢ちゃんは一人になるほど強くなる
腕を掴んで引き止め手加減しないでくれてありがとうとお礼とまたかるたしようと告げた千早
涙を流しながらもまっすぐ見つめてくる千早にいつと聞き返した詩暢ちゃん、次はクイーン戦で!!
一番最初にかるたを教えてくれた新が全力で相手してくれたからというのもあるのかな
普通ならそこで根性へし折れちゃいそうだけど負けじと正面から向き合える千早って凄いですね
その場から立ち去りながら幼い頃対戦した女の子の名前を振り返り思い出した詩暢嬢の瞳にも涙が
もし最初から全力でやっていたらさとこちゃんを失わずにすんでたのかな…
かるたを手放してまで名前呼んでたりあの時の詩暢ちゃんだってきっと辛かったはず…
手加減しない自分の前からいなくなってしまった友達、だけど今は追いかけてくれる千早もいるし
孤高のクイーンだけれど千早は手加減しないで戦える初めての同世代のライバルになったのかな

相変わらずの強さで同年代相手だともう敵はいないのではないか、モチベーションが心配だし
周防名人のように試合に出なくなるようなことがあったらと心配する協会側の声もあったけど
周囲がドン引くほどのブラックオーラで先ほどの試合を振り返り反省する詩暢嬢に盲点はない!
千早がいたからこそ次は一枚もとらせないとこうして緊張感保てるんだろうなw
あっという間に終わってしまった詩暢ちゃんとの試合、自分の夏も終わったのだと――
結果は残念だったけど今度は万全の状態で挑んで勝負したらどうなるのか見てみたいなと

一方三回戦まで勝ち進んだ菫ちゃんはこの調子ならD級優勝もできるんじゃないかと期待を
普段は鬼のように強い先輩たちに囲まれていてわからないけど…って鍛えられてる証拠w
模試優勝したら太一に見直されて!?と妄想に浸るけど準々決勝でアンソニーに敗北(苦笑)
ロビーで素振りを繰り返したりやっぱり徐々に変化が出てきたし向上心の現れですよね
準決勝進出したため写メを取ってほしいと嬉しそうな筑波君の所へ届いた結果報告のメール
太一が勝ち進んでいるとわかり応援に向かった菫ちゃんに置いてきぼりされて自分撮りしてるw

一階で行われているB級の試合に駆けつけた菫ちゃんが見た光景は――…
因縁の対決と言わざるを得ない太一とヒョロ君の準決勝!
太一に勝ってA級昇格を目指すヒョロ君との試合の行方はどうなるのか、次回へ続く!!(笑)

次回「をのへのさくらさきにけり」

http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-2031.html
http://nobufu.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(30)   Top↑

2013.06.07 Fri
革命機ヴァルヴレイヴ 第9話「犬と雷」
ネットでアイナの追悼コーナーが設けられてたけど人の死をこういう風に晒すのはどうなの(汗)
こんな若い子が亡くなるなんてといいつつボタンを押すだけとか思いっきり他人事って感じだし
友達の敵討ちをしようと墓参りにきて約束するライゾウを見ていたキューマは何を感じたのか

そしてエルエルフと協力することになったハルトは戦闘配置の配属を頼んだようですね
というかこの二人で相部屋って…いえ、なんでもないです(ぁ)
広報や砲術など六系統を司令部に集約したけれど自分に頼んでこれでよかったのかとか
エルエルフならば犠牲を最小限にできる、アイナを見てリーゼロってを思い出したのか…
大切なものがあると信じることにしたのだとそんなハルトにまたもや吸血衝動が襲う!!
襲ってきたハルトを腹パン一つで昏倒させたりと相変わらず強いエルエルフさんw
段々と感覚が短くなってきているようだと推測してたけどこれはヴァルヴレイヴ自体の症状??
そういえばOSの女の子いるの一号機だけですよね、他の機体ないっぽいしそれとも関係あるのかな

七海先生が書いた教育指導日誌によるとモジュール77は中立地帯である月へ向かう
というかショーコの白犬Tシャツが気になりすぎるw
生徒達は戦いに備え軍事教練をするようになったけれど教練メニューを作ったのは初めての
亡命者であるエルエルフで皆が意外とすんなり指導を受け入れたのはこれ以上犠牲を出したく
ないと思ったからだろうし生徒が負傷するのは考えたくないが自分も応急処置を教えることに
というか胸開きすぎなシャツのせいで男子生徒は全く集中できてないようですけどね
教室で授業が行われていることにほっとしているといったけど授業受けてる生徒は少なそうで
キューマはいつも携帯開いているけどアイナの画像見て何か思いつめてたりするのかな(汗)

ピットに侵入者の警報音が鳴るけど侵入者はライゾウか、しかも五回目とか懲りてないw
自分の手で仇をとりたいとは下らないと一蹴するエルエルフに友達の仇をとりたいのは下らないか
ヴァルヴレイヴは登録制で一度パイロットになれば変更は不可能、感情に任せてパイロットを選び
才能がなかったらどうするのか、才能がない奴の希望程迷惑なものはないし仇をとったとしても
死んだ人間が生き返るわけでもない、それよりもこれ以上どう被害を出さないかを考えるべき
戦争とは冷静かつ効率的に機械のように行われるものだといわれて返す言葉もなかったようで…

そんなエルエルフの言葉を受けたせいなのか銃を解体→組み立ての速度を何度も計るキューマ
キューマのことが心配で様子を見に来たハルトとショーコはこういうとこも似通ってるw
二人は付き合っていたのか、いつもアイナと一緒にいたけれどキューマも他校の女子と遊びに
行っていたりしたしどっちかというとキューマが片思いでアイナは仲いい友達って感じだったのかな
というか二人で遊びにいっただけでカップル認定とかそれはどうなのかと思うけども(ぁ)
一人で抱えるのは辛いしこういうときは男同士だからハルトが声をかけるほうがいいと提案を

そんな時後方にドルシア艦隊が接近したという緊急アラーム警報が鳴り響く!
デブリ避けの電磁シールドをバリアに転用しバリア支援システムを開発したそうで攻撃される
だろう場所をピンポイントで予想してとか相変わらずエルエルフさんの才覚が半端ないのですが
近距離攻撃には機関銃で応戦したりと組織的な防衛になってうまく役割分担が出来ている様子
ヴァルヴレイヴが出撃したのを見て微速後退しモジュールから引き離すようにするカイン大佐の作戦
ってその思惑にまんまと乗っちゃってまだこれからだと陽動に乗っってっちゃうサキがまた(苦笑)
サキが出撃したら当然ハルトも援護に向かわなきゃならないしもうちょっと考えて動かないとw
この隙に広報から別のドルシア第六艦隊が迫り一気に奇襲をかけて殲滅するということのようで

モジュールの守護神であるヴァルヴレイヴは強すぎるしジオールに兵器メーカーはないのに
どうしてと疑問に感じるサトミを気にしてた貴生川先生の言動もこのあとの伏線だったんですね

配給としてメンバーに渡されたのは羊羹…色々ツッコミどころありすぎるw
自分が渡しておいたレシピと違うといっていたエルエルフは栄養面を気にしてたようだけど
ショーコに無理やり口に突っ込まれて意外とおいしいと驚いてたりこういうとこ面白い♪
というか食事方面にも口出ししてるエルエルフさんの料理の腕が気になるのですが(ぁ)

後方からの別働隊に焦るメンバーを尻目に冷静なエルエルフはやはり予想してたんだろうな
シールドで同じように対応するものの圧倒的数量差でじわじわと追い詰められていく!
敵艦隊がモジュールを襲撃しているとわかり急いで帰還しようとするハルト達を阻むアードライ
戻ることはできないまま第三隔壁が破られ敵艦隊に突破され窮地に陥るモジュールサイドは
戦争のプロなのに何とかしてみせろとエルエルフに迫るもののこんな時に限って停電が発生
バリアが発電システムに負荷をかけすぎたとか当然わかっててやったことなんでしょうねw

そして独房の施錠が解放され閉じ込められていたライゾウもチャンスとばかりに脱走!
ヴァルヴレイヴの下へ向かったライゾウを見かけたキューマはどうにかして阻止しようと制止
敵討ちしたい気持ちはわかるがそれがエゴでみんなで生き残るためには才能ある奴が乗るべき
でもそんなキューマはネットで可哀想ごっこやってればいいし自分の手で友人の仇をとらなけ
れば気が済まないとあくまでも自分自身でとライゾウも強い動機を持った一人なのですよね
皆が幸せになるためというがそれは誰のためなのか、その中にキューマ自身は含まれているのか
自分が入っていない皆なんてクソだと言われたことは図星だったようで返す言葉もなく(汗)

アイナが笑ってるとこっちまで幸せな気分になったし自分に自信がなくて優しくて人の幸せを
ちゃんと喜べる子でシイタケが苦手で悲しい話は嫌いなくせにホラーが好きで泣いてる肩が
小さくて抱きしめたいと思ったしキスしたいと思ったしずっと一緒にいたいとって告白されたw
でもこれで皆のためじゃなく自分自身のために戦うとしっかりと目的を持てたようですね
というか殴られたお返しになのか?ライゾウがキューマに殴られてたのが(苦笑)
パイロット適正Aランクの生徒は17人
その中から自ら乗り込む精神性の持ち主こそがパイロットに相応しいと考えていたエルエルフ
つまりキューマにその意志と度胸があるかどうかわざと煽って試してたってわけなのかな
「ニンゲンヤメマスカ」の文字に躊躇しつつ意を決してイエスを推し五号機のパイロットに

所詮スパイの親玉とカイン大佐を馬鹿にしていた六号艦隊艦長だけど噛ませ犬オーラが凄いw
四方斉射でモジュールの天井ごと吹き飛ばそうとしたもののそれを防いだ五号機が強すぎる
移動したバッフェも次々と粉砕したりと攻撃防御共にかなり優れた機体っぽいですね
油断して背後をとられたけど今度は三号機パイロットになったライゾウが駆けつけてきた!
本人は質問の意味をよく考えずさらっとイエス押したとかまあらしいといえばらしいけど…
連携してバッフェを一網打尽にしていく二機、三号機は腕を合わせて十本脚の機体なのか
それにしてもライゾウの戦い方がコックピットに腕を直接突き刺してビームで殲滅とか初めてなのに倒し方がえぐいのがなんというか(汗)

形勢逆転され味方の部隊がいるにも関わらず超電流加速砲を発動した第六艦隊艦長
キューマに敵の旗艦であり主峰は要塞攻略用の重装砲だと教えたエルエルフからの指示を受け
正面から向かっていったキューマはもし自分が告白していたらOKしてくれたのかとアイナの
ことを考えていたけれど幻影で現れたアイナが振り返って何かを伝えてくれたようで(苦笑)
それを受けて加速砲を押し返し旗艦ごと殲滅したキューマ!!五号機だけ強すぎる気がするw
戦いぶりを見ていたカイン大佐もこれで四人複製に成功したとか意味深なこと漏らしてましたね
やっぱりハルトだけがオリジナルってことになるのかな?

戦いを終えたライゾウやキューマは敵を撤退させたから一気に人気急上昇って感じで~
エルエルフに自慢げに報告してたけど独房からの脱走は逃亡罪だからもう一週間入ってろとw
最初の敵が囮だと読めたはずだと殴りかかるハルトに買いかぶりすぎだとニヤリなエルエルフさん!
でもキューマからしたらこれでパイロットになれたわけで今後は一緒に戦わせてほしいと…
あの時振られてすっきりしたとか、あれって告白の返事だったの?(苦笑)
月に到着したら羊羹を名物にして設けようとかすっかりいつもどおりに戻ってましたね
地下のヴァルヴレイヴ実験施設?のような場所で一人確認作業をしていた貴生川先生
正規ナンバーを与えているのに動かないとか何かカラクリがあったりするのかな
そして実は貴生川先生はジオール軍第四研究所所属の軍人だったことが明らかになったけど
七海先生以外は全てジオール軍人で教師だけでなく街の住民や港の職員も全て軍属だとか
モジュール77も生徒達も全てはヴァルヴレイヴのために創られたということ――
実は中立をうたってたジオールが裏では真っ黒だったということなのか、色々と気になるよ…

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(0)   TrackBack(18)   Top↑

2013.06.07 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第10話「決別の金曜日」
セプテントリオンへを倒す計画のため死を宣告された維緒!
切り札であるルーグを憑依させられる適合者は維緒のみで存命の可能性はないと告げられる
犠牲になれば他の人達を助けることができるならと本当の気持ちを隠し了承したのが…
明日に備えて休めとか言われても死ぬのわかってて眠れるはずないと思う(汗)
ってアルコルはすっかり懐いて萌えキャラになってるような気がするw
勝手に持ち出した食材で朝食を用意して振る舞ったりせっかくだからもっと人間を知りたいとか
とてもじゃないけどセプテントリオンには見えない行動に困惑しつつ味見してみると上出来!?
自分じゃ同じようにはできないという維緒に響希も多分これは言い知れない何かだと否定してるw
こうして全員でとるのは楽しい食事だしアルコルが作ったのを秘密にして皆に配ろうと提案を
もし話せば捕まって実験動物にされると聞いて怖いねと返してるアルコルがいちいち面白いよ♪
あと二日乗り切れば戦いは終わる――生き残ればきっと希望はあるという響希笑顔を返した維緒
蚊帳の外な大地が自分も頑張ってるアピールしてたけど今の所その兆しが見えないのが(苦笑)
だけどアルコルも維緒がどうなるかはわかってるからちょっと浮かない表情をしてましたね…

大和の私室を訪れたアルコルはもうすぐミザールが襲撃するがこのままの計画でいいのか
か弱い人間の肉体では魔神ルーグの憑依に耐えきれず崩壊すると言うが作戦の間保てばいい
まさか個人に興味を持つようになるとは思わず面妖だと、アルコル自身も意外なことの連続
何も企んでいないしただ響希達が悲しむことを憂ているし響希は大和とは違い友達の死を
割り切ることはできない、友達など無意味なことだと返す大和の言葉は強がりにも感じるのかな
一人で憂えていればいいし感情を捨てれば憂えることもない、それは大和のようにということか
もし感情を捨てたらどうなるのか、自分で決められないなら全てを委ねていればいいのだと――

母親から届いた最後のメールを確認していた維緒にジプスからの迎えが…
維緒の姿が見えず不安に感じる響希達だけどミザールの顕現反応が起こり一刻を争う事態
ミザールは東京結界に直接攻撃を仕掛け特性は無限増殖で出現したら最後永遠に増え続ける
永遠に倒し続けるのは無理、しかしこの攻撃は予見されていたし作戦に変更はないと大和
そしてモニターに映し出されたのは渋谷区地下にルーグ憑依のため拘束された維緒の姿
脈拍心拍数魔導係数の数値が正常でまるで憑代のために生まれてきたような状態だと
慰めの言葉なんて無意味だし現状考えられる最も高い手段で残された方法で皆の為に死んで
憑依とは悪魔に体を差し出すことで命の保証はない、生贄といえ緋那子や亜衣梨の時とは違う!
どうにかしようと声をかける響希達はどうにかしてやめさせようと大和に反発するけれど
敵は無限増殖でビャッコやケルベロスでもいつかは力尽きる、ならば他の方法を探せばいいか
けれどどちらにしろその間に地上波ミザールで埋め尽くされ全員死ぬことになる――

池袋に出現したミザールに続きルーク召喚の儀式がスタート
龍脈からの魔力供給も安定しルーグが出現し維緒に強制憑依させられることに…
そんな中響希達にはニカイアから維緒の死に顔動画が届いたりとこれは精神的にキツイ(汗)
非道なことはわかっているしもう引き返せない、どうにか大人しくしておいてほしいと真琴も
ルーグ制御装置を起動させ大和と精神リンクし新宿から龍脈の力を解き放ちミザールを飲み込む!
日本の龍脈が顕現した姿龍脈の龍シャッコウで対ミザール用に温存されてきた切り札
ミザールの増殖速度はすぐに光速をこえ宇宙を飲み込む、物理的に葬る手段がないため別宇宙に
繋がっているルーグと維緒をシャッコウの操作端末として操り完全にミザールを隔離する!
交換も補充もない使い切りの端末とか…あくまでも維緒のことは道具扱いなのがまた…

自分の魔力も消費し操る大和、ミザール消滅し作戦は成功したけど完全精神崩壊した維緒が…
よくやったと労っていたけどもう維緒の精神は…ってことですもんね(汗)
駆けつけた響希にも攻撃を繰り出す維緒の自我は完全に消失しルーグに乗っ取られたのだと
ルーグ自身である維緒を響希の手で殺せとか非情すぎる…
脆弱な人間の分際でよくやってくれたというルーグに直接相見えるのは初めてだと
神を牢獄に入れあまつさえ道具扱いするとは罪深い奴らと攻撃するルーグにこの先選ばれた
人間に神など不要目覚めて早々だが脆弱な体では存在を維持し続けることはできずもって数分
楽に殺してやるという大和に神を愚弄した者がどうなるか教えてやるとその場を離脱し支局へ!
維緒になんてことをするのかと大和に食って掛かる大地も何もできない奴は黙ってろと言われ(苦笑)
てか結局最期まで大地の活躍は見られないんですかね??なんか色々と残念な扱いになってる気がw

気が弱いから押し付けたのではないか、けれど維緒の了解ならあるし誓約書もとってるとか…
状況は変化しているし大義のためには私情を挟むことはできないというが生き残るか死ぬか
決めているのはジプスで自分たちの都合しか考えてない、激昂し殴りかかった大地だったけど
いとも簡単に避けられそのまま首を絞めて落とされそうになるのが…
無理して怖いのを必死に耐えていたのにそんな子が生贄にされなきゃならないのかと抵抗する!
国会議事堂で待機するジプスのサマナーを瞬殺したルーグ二対してスザクで迎撃する響希
どうにか維緒を助けようとするものの精神は無に帰したし肉体もまもなく崩壊する、唆された
かもしれないが最期には自らの選択で命を差し出し絶望の叫びをした弱い娘でまもなく世界が崩壊する中その絶望の中で何を示すのか――

衝撃で吹き飛ばされた響希の腕を掴んだのは大和!
覚悟を見計らっていたが何をためらっているのか、バアルを召喚し殺せと命じる!
そのまま手を振りほどきビャッコの背に乗り攻撃する響希は二体同時召喚したりとバアルで
攻撃する大和との攻防戦もなんだか凄いことになってましたね、相殺されお互いの悪魔は消失
甘い考えは捨てろといわれてもけれど絶対に守ると約束したと一歩も退かない響希
人間とはいつの時代でも愚かしい、そろそろ体も限界だし峰津院の長だけでも裁くと向かって
きたルーグから大和を庇い攻撃を一手に受けた響希に龍脈の魔力が活性化し力を与えている!?
大和と同じ素養を持ちシャッコウが響きを選んだとかなんか凄いことになってきましたねw

やはり同じ業を背負った者で世界の導き手となるもの、自分の手をとれと差し出すけど拒絶(苦笑)
自分の力は人を守るために使うと必死な魔力供給が増大し制御不能になってしまう!
どんなに足掻こうとも無駄にはしないし維緒は消えていないとわかるしまだ存在している
死なんて選択を選ばないでほしい、できることをしないとそうしないといけないから仕方ない
だから死ぬなんて認めない、皆みたいに強くないしもう我慢なんでもないふりをするのは辛い
母親も父親もいない世界でどうしたらいいのか、頑張るなんて無理で皆みたいに強く生きられない
皆弱いしだからこそ頼り合って助け合って生きていけるしお互いを必要だって言える
みんなや維緒がいたから生き残ることができたし維緒と離れるのは嫌だと言い切る響希

「だから助ける!一緒に生き残ろう、維緒!」
ルーグの憑依がはがれてて抱きしめあう維緒と響希のシーンにちょっと苦笑しか起きないw
というか大和もこれを奇跡の一言で片づけるていうのもどうなの(苦笑)
なんかすごいシリアスで大事なシーンなんだろうけどそこまで長引かせなくてよかったんじゃ…
肝心のバトルがさくっと終わってあまり窮地って感じもしなかったし勿体ないなあとか
もう心配しなくてもいいから生きてもいい、そのまま魔力が尽きて落下した響希を助ける大和
龍脈の影響で今の響希の身体はボロボロの状態、殺しはしないしジプスの医療や魔術全てを使って癒すしそいつは自分の者とか大和の発言がw

こんな辛い戦いも明日で終わる生き残ることができたらこれから始まる未来を見届けるがいい
大和と同じ道は選ばないし響希と一緒に進むのだという維緒に構わないしお互い戦うことになった
としても人類の進化には必要な試練なのだろうその時は全力で殺してやるのだと――
やっぱ癪が足りないというか後半のラブコメにはぽかーんとしかならなかったんですけど…
なんだかさくっと片付いちゃった感じになったけど結局大和と響希の無双って感じがして
もうちょっと大地が活躍できる回があったりするといいんですけどね~(苦笑)

http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2860.html

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(16)   Top↑

2013.06.07 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話「依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。」
『文化祭の準備が始まった。居眠りをしていたせいで、文化祭実行委員をやるハメになってしまった八幡。しぶしぶ向かった実行委員会には、雪乃の姿もあった。文化祭準備期間中は奉仕部の部活動を中止にすることになった…はずだが、文化祭実行委員長になったばかりの相模 南がとある依頼を持ちかけてきた。』


二学期が始まって以来どこかギクシャクして重い空気が漂う奉仕部
なんとか間を取り持とうとハラハラしつつ見守る結衣も気が重くてため息ついちゃってるし…
雪乃から打ち明けようとしたところを拒絶しちゃったし、雪乃も雪乃で加害者と思って遠慮
してるところもあるからなんだかいつもの毒舌やりとりがなくて寂しくなっちゃうよ(苦笑)
というかこの前二学期始まったばかりだと思ったらもう文化祭の準備ですか
次の授業なのにまだ委員が決まっていなかったためLHで居眠りしていた八幡が実行委員に抜擢!
こんな大仕事が回されるとは思ってなかったし何よりクラスの中心で動かなきゃならないですしね

放課後、女子の委員を決めることになったものの立候補者はおらず委員長も困惑気味
普通にやれば大変じゃないけど女子の方は結果的に大変になっちゃうかもとか八幡だからですか
人望あるし適任だと思うと質問した結衣が押し付けられそうになっちゃって、夏祭りで二人が一緒に
いるのを目撃した相模さんからも仲いい通しでイベントするなら盛り上がるとかからかわれることに
とはいえ客の呼び込みがあるから無理だろうと優美子の発言が助け舟になったようでw
人望もありリーダーシップも発揮してくれそうな人に頼みたいということ、ならば相模さんでどうか
笑顔で無理無理~とかいってる人は建前だし皆に頼られてる自分素敵!!なタイプですよね(ぁ)

一級拒絶鑑定士の目は誤魔化せないし本気で拒絶するときは女子にほとんど無表情で発言される
心臓が凍えるかと思うほど怖いとかやっぱり経験済みな八幡が切なすぎる~
クラスのイケメンからも拝まれて…こういうとき隼人のポジションはずるいと思うのだw
実行委員が会議室に集まり実行委員長の選出となったけれど中々立候補も出ずそんな中生徒会長は
陽乃の妹の雪乃を見つけ当時も陽乃が委員長となり総武高の歴史に残る文化祭になったと昔話を
だから雪乃もと推薦したかったようだけど辞退した雪乃に落ち込んでたけど、姉が凄かったからその妹に任せようとする生徒会長もちょっとどうなのかと思うよ…雪乃と陽乃は違うんですし

そんな中やりたがらないならやってもいいと挙手した相模さん、あんまり前に出るの得意じゃないが
興味あったし文化祭を通して成長したいといいとこみせたがりなオーラが全開なところがイラっとw
ノリで委員長になったけどどうしようかと友人に相談しつつそわそわしてたり浮ついてるなあ…
委員会をやるなんて意外だというと八幡が実行委員にいたことも意外だったと漏らした雪乃
半ば強制だし避けられなかったとそれっきり二人の会話は途切れてしまったり、やっぱりどこか
重たい空気の中これから準備で忙しくなるし文化祭が終わるまで奉仕部の活動は休止しようと提案
終わるまではその方がいいということで全員一致…でもどこか寂しそうな雪乃の表情がなんだか(汗)

そんな中やってきた相模さんから実行委員長のサポートをしてほしいと依頼されることに
自身の成長ということなら自分が掲げた目的とは外れると指摘しても迷惑をかけるのが一番まずい
失敗したくないし誰かと協力して成し遂げることも成長の一つだからと返した相模さんの話を
要約し納得した雪乃は補佐だけなら委員としての範囲から外れない程度に手伝えるし大丈夫だと
普段ならこんな風に受けることはないしやり方は教えるけどあくまで自立を促す部なのにな…
個人でやるから部活とは関係ない、いつもどおりで委員会のことは勝手がわかり一人の方が効率いい

イライラし部室を飛び出した結衣を追いかけてきた八幡がちゃんと話を聞いてあげるのいいなぁ
どうして苛立つのかはわからないがいつもの雪乃と雰囲気が違う、それは八幡もで相模さんの
やってることも嫌だ、雪乃がお願いを聴いたり仲良くしようとしたりするのも…ってヤキモチかw
思ってたよりずっと雪乃のことが好きだと告白されて戸惑う八幡とずれたやりとりが面白い♪
困ってたら出来る範囲で助けると約束してくれ安心だと言う結衣、八幡だから信頼するんですよ!

定例ミーティングが始まりまずは各部署の報告から
刑事予定ポスターも大体半分終わっているということだがこれは遅いし掲示箇所の交渉やHP
への掲載は終わっているか、社会人はともかく受験志望の中学生や保護者はHPを細かくチェック
融資参加団体も校内のみなら足りないし地域への打診も必要で例年連携を掲げている以上参加団体
減少は避けないといけない、ステージ割り振りや開演スタッフ打ち明け等タイムテーブル一覧に
して提出してほしいと次々提案する雪乃はさすが陽乃の妹だしまるで雪乃が実行委員長のよう…
ここまで把握してプランを立てられるのはさすがといったところだけど、一応周囲の推薦まで受け立候補した相模さんから逆恨みされそうな予感が…(汗)

八幡達のクラスはミュージカル劇星の王子様をやることになったけどメインキャラに推薦!?
王子様が隼人で飛行士が八幡…って完全に姫菜の妄想と趣味が入ってるキャスティングすぎる
やさぐれた感じの飛行士を王子様が純粋無垢な言葉で巧みに責めるのが作品の魅力とかww
演劇だと稽古も必要であまり現実的じゃないと隼人にもさらっと指摘されたけど結局自分が
王子役やるの嫌だったから最初から考え直してほしいと打診したけど、今度は王子役がさいちゃん!
飛行士が隼人になって結局出演することになりやさぐれてていい感じになってる隼人が(苦笑)
残るは衣装担当、そこは沙希が目をつけられていたー!!
制服やブレザーを少しずつ改造しているしシュシュもハンドメイド、ミシンで作るものもある
そういうところ何気にしっかりチェックしてるんですね、ということで衣装担当は沙希に決定
難しい役でできるか不安げなさいちゃんは王子様というよりお姫様なキラキラっぷり可愛いww

有志団体が足りないといっていたためどうかなと以前力になってくれた陽乃を呼んだ生徒会長
平塚先生と一緒にバンドを結成して演奏して凄かったとか陽乃ってホントなんでもこなすんだ…
可愛い妹のためにしてあげられることはしてあげたいとかなんだかわざとらしい感じで(汗)
決定権は自分にはないと遅れてやってきた相模さんに対し実行委員長が遅刻とはいい度胸だと
なんか一瞬怖い雰囲気になったけど文化祭を最大限楽しめるものこそ委員長に相応しい資格
これって皮肉だし有志として参加するのを渋る雪乃に対してのあてつけも入ってますよね…
お願いがあるのだがどうにかして出たいし反対されてる雪乃のことを聞いて早速了解した相模さん

八幡にも絡んできたけれど部活にいづらくなったなら姉がやっていた実行委員長をやるはず
なんでもかんでも陽乃と同じように辿る…って周囲にも思われてしまうのが悲しいなあ
そしてそれが当たり前って思ってる陽乃やどこかで割り切ってしまっている雪乃も何だか…
実行委員も文化祭を愉しんでこそで自分達が楽しまないと人を楽しませられないため少し仕事
のペースを落としクラスの準備を手伝うのはどうか、それは考え違いで前倒し進行の方がいいと
アドバイスする雪乃に当時の自分もと口を出してくる陽乃に優位に立ったと感じる相模さんがw
姉と何があったかしらないが先陣の知恵に学ぶのがいいし私情は挟まず皆のことは考えようとか
というか卒業生というだけで文化祭にここまで影響力与える陽乃の方が怖いよ(汗)
雪乃のこと嫌いじゃないといってたけど今回の行動見る限り嫌ってるようにしか見えないしw
実行委員までクラスにまわっちゃったら他の補佐とか全部まわらなくなっちゃうじゃないか…

相模さんが言い出したことでクラスの準備を優先する人が増えて委員会の仕事は滞る一方
書類整理を一人で請け負う雪乃もかなり疲労蓄積してるようだし…
やっぱりちゃんと止めていればよかったとか生徒会長も今更ぼやかれてもって感じだし(苦笑)
そもそもこういうのを纏めるのが会長の役割ですよね?陽乃に頼ったばかりにこんなことに~
有志の申込書類提出にきた隼人は見るからに人出が足りずほとんど雪乃がやってるように見える
そろそろ破綻するしそうなる前に頼った方がいい、有刺団体の取りまとめだけでも手伝うと
誰かを頼るのも時には大事だし陽乃もっていちいち陽乃を引き合いに出さないで欲しいですね

会長や隼人の言うことも間違ってはいないし麗しい仲間意識だが一人でやることは悪いことか?
どうして今まで一人で頑張ってきた人間が否定されなければいけないのか、それが許せない
頼るのは大事だろうがそもそも頼る気満々の奴しかおらず右へ倣え状態だとぽろっと漏らし
具体的に言うと仕事を押し付ける連中で楽できないのは仕方ないが自分以外の誰かが楽をしているのは許せないとか雪乃の代わりに泥を被った八幡が男前だ…!
雑務にも皺寄せがいっているようだし一度割り振りを考え直す、手伝いの件はありがたく受けると
雪乃が呟いたゴメンなさいという言葉はフォローした八幡へ対しての謝罪も含まれていたのかな

クラスで談笑してて遅れた相模さんは悪びれることもなく判子も渡しておくから押しといてとか
てかもうこれ委員長でもなんでもないし楽したいから完全に仕事押し付けたって感じですよね
文句言うこともなく受けた雪乃を見てる八幡もそろそろ動き出しそうな予感!
って小町ちゃんかと思った八幡の風呂シーンはサービスでもなんでもないというw
そんな中頑張りすぎた雪乃が体調を崩して学校を休むという事態に――文化祭はどうなるのか!?
相模さんはわかりやすい鬱陶しさだったけど、どっちかというと無自覚の悪意ばらまいてる生徒会長のほうが引っかかってイラっとしてしまったw
終始モヤモヤしてた内容だったけど次週それが払拭されてすっきりできるといいなあ…

次回「そして、それぞれの舞台の幕が上がり祭りは最高にフェスティバっている。」

http://do-not-trust-over30.cocolog-nifty.com/nipopodai/2013/06/710-f4c6.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(10)   Top↑

2013.06.07 Fri
はたらく魔王さま! 第10話「魔王と勇者、いつもと違った日常を過ごす」
七夕作戦が功を奏し売り上げ貢献したことで何とかセンタッキーに対抗できた翌日
なんとかなったけどうっかりしてるとまた客足をとられてしまうかもしれないし下手すれば
店長に言われたようにグリーンランドへ左遷なんてことになりかねないと不安を~(苦笑)
そんな時同期がいるふしまえん店に助っ人としてきてほしいと頼まれ魔王様が派遣されることに
新しいアトラクションやフェアで入場者殺到するということで優秀なクルーとして抜擢
交通費も諸費用もつくということで喜び勇んでいく魔王さまについていこうとしたちーちゃん
しかし一人で十分ということで遠慮されちゃったものの行くことになりそうですね!

賞味期限迫るうどんを何とか食べつくそうとお皿に山盛りの夕食をとるアルシエルがw
ネットで検索したところ明日は新しいお化け屋敷と大爬虫類展が開催されるため大勢集まる
お化け屋敷は日本一と言われる新館迷宮より怖いといわれているのなら相当な魔力も得られる!?
そういうことならと自分も同行しようと言い出したアルシエルは獅子奮迅し介添えを務めると
魔王城で大人しくしていろといわれ食事代を要求したけど勿論そんなの渡してもらえるはずなく
さすがに賞味期限ヤバイといわれてたけどこれはこのあとのフラグだったわけですね(苦笑)
というか部屋の壁薄いし窓全開だから隣の鈴乃に丸聞こえでばればれという~

明日一緒にとしまえんに行かないかとエミリアを誘ったちーちゃん
本当は魔王さまと一緒にいきたかったと水着を準備したり可愛いなぁ
そしてエミリアに連絡をとり魔力供給しようとしてることを伝えた鈴乃だけど
既に情報が入ってるとわかりふしまえんに行くとわかり自分も好めで確かるため同行したいと
って勇者なのに魔王さまと何気に親密なところが引っかかってたりするんですかね…

遊園地は初めてだから色々教えてもらいたいという鈴乃をエスコートすることに
水着に着替えたちーちゃん、さすがの…エミリアと胸の差に切なくなってしまう(苦笑)
というか思いっきり海女さんな格好してる鈴乃には激しくツッコミしたいですww
忙しくてもテキパキ注文を受けて働く魔王さまはさすがといったところで~
そんな中来店したちーちゃんにもお客さんとして対応していたけど…
水着をどうか感想を聞きたかったのに住宅街の店舗と違って忙しいし接客の勉強になる
うわあん女心を汲み取ってほしかったのに渾身のスルーという相変わらずの残念っぷりなとこが(苦笑)
遊びできたのじゃないし立派な社会勉強と同行してきた鈴乃にはやれやれといった感じで

賞味期限ギリギリのうどんにあたってトイレとお友達になっちゃったアルシエルさんw
腹痛ごときで飲む薬は…とかアルシエルさんの絶対領域が気になる(ぁ)
魔力回復の手伝いをするつもりなのに情けないことに…ってそりゃ明らかに食べすぎだし
元々夏バテで体調崩してて万全じゃなかったんだからさ~無理しないでやめてれば…
どうせならトイレに閉じこもっているか寝てればいいのにとこの隙にネットで買い物した
ルシフェルはゲームポチってるし絶対これあとでばれて大変なことになると思うw

恐怖のお化け屋敷試しに行ってみるかということになり向かう三人
いかにもな廃墟な館に続き怪しい人影…もうこれだけで十分怖いんですけど!!
突然走り出したちーちゃんを追いかけてきたものの見つけたのは親とはぐれた子供
上から滴った水に怯えるエミリアが可愛いかった♪
いないを繰り返し振り返った子供の顔は血まみれで天井に張り付くお母さん…これは怖すぎる(苦笑)
次に向かったのは大爬虫類展
エミリアも苦手そうだったけど、こっちの苦手は別の意味だったようで次元が違う
エンテイスラで対峙した巨大な爬虫類…そりゃもう倒すだけで大変だろうしなあ
ちなみに鈴乃は以前とかげ料理を食べたことがあるとのことで
現地の知り合いが食べないで帰ったら後悔すると勧められ気が進まなかったものの食べてみる
頭から尻尾まで全てを使ったフルコースが提供されたけどテールスープはかなりの味だったとか
見た目はグロイけど気になることもなくとちーちゃんにエンテイスラの話をしてもわからないから

エリマキトカゲに驚いて飛びのいたエミリアと職員さんがぶつかってワニ園の鍵が落ちたー!!
一方園内デリバリーをしていた魔王さまの横で猿回しの猿が逃げ出しちゃってたけどそもそもなんで首輪とか紐できっちり縛っておかなかったのか、ちょっと管理杜撰すぎやしないだろうか(苦笑)
園内を回るエミリアは鈴乃に食べたものを同じのはいたのかとからかってるところ逃げ出した猿と遭遇
…エミリアじゃなくてちーちゃんの胸にくっつくところがww
逃げ出した猿はサダオという名前だったようで呼ばれて複雑そうな魔王さまが面白い♪
ちーちゃんたちと遭遇したけどサダオという名前をからかわれてイラっとさせられることに~
サダオが鍵を持ち出して遊んでいたせいでワニも脱走しップールへ…ってリアルに怖いよ!!

騒然とする中逆方向へ向かっていった魔王様は周囲の魔力を吸収しワニを一手に自分の下へ集める!
混乱に乗じてもっと力を得ることもできたはずなのにせっかく集めた魔力を人のために使うとは
一体何を考えているのかと呆然とする鈴乃…まあ、魔王なのに人のためとか理解できないですよね
でもこの流れってエミリアのときのパターンと似てるし鈴乃も感化されるんじゃないのかなあ
魔王様のカッコイイところが見れただけでもきたかいがあったかもというちーちゃんが可愛い
エミリアや鈴乃と思いっきり遊べたから満足だし、エミリアも久々にリフレッシュできたと
とはいえ浮かない顔をする鈴乃は魔王様に対しての価値観を改め始めていたり?
駅前へついた直後、フードを被った人物の背後に一瞬羽根が見えた鈴乃!
…って青髪だしこれはどうみても猿江ってバレバレですよね~(汗)

相変わらずお腹下してるアルシエルさんの背チラ腹チラいただきました~♪(コラ)
玄関にやってきた宅急便を見て慌てて出ようとするけど出遅れて勝手に買い物したことがばれたw
トイレの住人になっているときに何をしたのかと迫るアルシエルさんはトイレから出られる無念(苦笑)
今日は水着回で小休止って感じだったけどそろそろ猿江も動き出してまた騒動が勃発するのかな?

次回「勇者、己の信念を貫く」

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(33)   Top↑

税金