アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
04 ≪│2013/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2013.04  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2013.06≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2013年05月 」 の記事一覧
2013.05.31 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第9話「驚愕の木曜日」
朝目が覚めたら部屋に居座っていたアルコル、帰れと言われなかったとかそういう問題じゃw
ゆったり寛いで緑茶はないのかといってたりすっかりフレンドリーになってるんですけど!
本当なら緑茶がいいけど響希が淹れてくれたから大切に飲もうとか言い回しが面白い♪
人間はこういう形をもつものだと教わったそうですが大和との関係は友達だったと過去形

生まれたばかりの頃大和には数多の可能性、選択肢があったが大きな力を持って生まれた為
よい選択をすると思っていた、しかし他の可能性を閉ざし早々に選択したことを残念に思う
大和の選択した世界とは有能な人間が管理する実力主義社会
有能とか劣るとか誰が決められるのか、けれど他の人間のような躊躇いがない大和ならできる
人間が選んだ選択に対し賛成も反対もしないが可能性を閉ざし頑なになることは思考の停止
響希は大きな力を持って生まれてきたけれどそれが才能というもの
望む望まざるは関係ないしそして今悩み続けている、考え続けている限り選択肢は存在し続ける
その中によりよい選択もあるのではないか――…響希に可能性を賭けているという感じなのかな

コーヒーは苦いというアルコルに砂糖を勧める響希、味が好みになったのか嬉しそうでしたね
選択肢を与えたおかげでコーヒーを好きになれたし可能性とはそういうことなのだと
ポラリスに創造された装置である以上直接逆らうことはできない、そういう存在で救済は不可能
ただ見守るだけ、だからこの部屋にいるのか?今まで何してたのか訊かれて憂いていたって(苦笑)
装置なのに感情を持ちどうしていいかわからない、響希の傍にいると何かわかると思ったのやら?
敵で邪魔をしないというのならここにいてもいいと言われて驚くアルコルだけど、話し合えば
誰だって理解できるし関係を進展させる、認められて嬉しいと告げたアルコルに頬染めな響希w

絶対に他の人に見つかってはダメといわれて注意を素直に聞くのかと思ったら…
ノックしないで入ってきた大地と維緒に普通に挨拶してるしさっきまでのやりとりは何だったww
悪魔だし敵なのかと慌てる大地はゴミ箱向けて応戦しようとしてるしツッコミどころ満載です!
一息ついたところでアルコルのことを説明するけどさすがに驚く二人
とりあえずアルコルが話し出すとまわりくどくて面倒になるから響希が話した方が速いですね
なんか響希に懐いてて素直に言うこと聞いてるアルコルが可愛いんだけどこれなら一人ほしい(マテ)
悪戯に混乱を広げないためこのことは他言無用に…正確な判断ができるまでは任せておいてほしい
そんな中微妙に地面から浮いてるアルコルが気になると維緒が指摘したことで地面に足をつけたり
本当に大丈夫なのかなとハラハラと見守る大地と維緒も調子崩されちゃって大変そうですが(笑)

地面を歩くのは難しい動作だし右足と左足どちらか歩み初めていいか迷うとかww
まあこんなの見てたらとてもじゃないけどセプテントリオンとは信じられないかも~
早計にならずもっと正しい道を選ばなければならない、視界こんな状況で一体何が正しいのか
無が侵食しその中で人類が審判され試されるなんて正直どうしていいいかわからないですよね
残り三体で下らない世の中の全てが終わり正しい世界が始まる――
大和が胸を押さえていたけど持病か何かだったり…?
実は病弱設定で残された時間が少ないから焦ってるなんて設定だったりするのかな(汗)

気軽に声をかけてきた緋那子にむっとする亜衣梨
こんな時に笑ってられるのはどうかしてるというけどこんな時だからこそ笑いは大切
名古屋のことは気にすることじゃないという亜衣梨に気を落とすなと心配してるんだろうな
第五のセプテントリオン迎撃のため呼び出されたのは亜衣梨と緋那子の二人
特定の悪魔を召喚するために個人の適性が必要な場合がある、身体検査のデータの照合から
今回の作戦に最も適していることが判明したと目的を明かさず調べたことに皮肉るけど菅野博士
からも言う必要なかったと返されたり自分の手で敵を倒せるならむしろ好都合だと亜衣梨も賛成

部屋に椅子用意されてじーっと監視されるアルコルがシュールw
そろそろ時間だけどここにいていいのか、過去も未来も全ては節理の上に定められている…
その摂理を変えなければ生き残れないっていうことなのかな
そして待機を命じられた響希は司令部でモニターをチェックすることになっていたようで
第五のセプテントリオン アリオトは電離層に出現するため響希達の悪魔では攻撃が届かない
超長距離でも迎撃戦で人間の手で神話を再現するのだと大和は既に作戦立案済みのようですね

全長50kmのアリオトの出現位置は札幌上空
札幌市局シヴァ召喚システムと開拓記念公園のカーマ召喚特設会場へ移動した緋那子と亜衣梨
すぐ転送ターミナルで退避できる位置にいて心配ないというけど二人の身はと意味深だったのは(汗)
通常では制御不能の破壊神シヴァ 舞を好む特性があり日本舞踊九条流の一人娘である緋那子がジプスで用意された舞踏家よりも圧倒的に適正が高いと診断され抜擢された…
というか緋那子ってそんな名門の家柄だったのか…それでなんであんな奇抜な格好なんだろうw
もう一体のカーマは生娘を好む色香の魔王で亜衣梨が選ばれたし魔王の好みはわからないとかそもそもヘソチラで召喚される魔王とかチョロすぎると思うのだけども(笑)

シヴァとカーマを定位置へ移動させ防御結界を展開させアリオトの襲撃に備える札幌支部
カーマは瞑想を邪魔する快楽と色香の魔王、シヴァに槍で貫かせそのままアリオトの核を狙う!!
大気圏外の敵を槍で射抜く…って一瞬エヴァかと思いましたw
無事に消滅させ作戦は成功したけれどアリオトの残骸が札幌市内へと落下してきたー!!
核は消滅しても残骸は失われず地上を襲う、それが第五のセプテントリオンの特性なのだと
支局職員の退避は完了し特設会場のスタッフだけ、防御結界に耐えていたけれどすぐに限界に…
全員退避したとほぼ同時に結界は崩壊し札幌市にアリオトの残骸が直撃し相当な衝撃が襲う!
札幌タワーは存在していたけれど市民は…全十人を受け入れる方法はない、これが大和の作戦
敵の能力はわかっていたが他に方法があるのならいってみろと最初から想定済みの被害なのか
人間にはもうどこにも逃げる場所がない、無は広がり世界のどこにも逃げ場はない
あと二日誰か一人でも人間は生き残れるのかそれとも誰も生き残れないのか――

ロナウドが残したデータによると約束の日、セプテントリオンの襲来、世界の変革、峰津院家
は何百年も前から知っておりこれを為政者たちと隠蔽することで権力をほしいままにしてきたが約束された七日間を生き残り政府の計画する国民先鞭カリキュラムに従った新たな世界を造ろうとしている
庶民は見捨てるのか、全然平等じゃない世界、判断を誤らないでほしいとロナウドに頼まれた
皆の信乃上に生きているし皆を背負って生き残らなければならないと感じる響希はどうするのか

晩餐会に招待されたメンバー
なんで急に開いたのか、亜衣梨と緋那子のおかげでアリオトを倒すことができたからだと
しかしそんな気分じゃないし何のためになるのか、死んだ人が浮かばれないというけれど
生き残るとは背負い続けるということ、その重圧に耐えられなくなったとき次に死ぬことに…
そもそも名古屋支局があんなことになったあとで晩餐会とか言われても暗い雰囲気にしか(汗)
そんなことないし絶対に生き残ると宣言する亜衣梨になら食事をと進める純吾に茶碗蒸しの
方がいいと文句を言われて眉ぴくぴくさせてた大和がおかしかった、イラっとしたのかなww
重圧に耐えているというのか、重圧だと思ったこともないのだと
人間には悲しみも怒りもあるし傷ついた心をいやす時間だって必要、皆が大和のように
割り切って考えられるほど強くない…ならばその弱さを認め強き者に従えばいいのだと言う大和

優しさのない世界なんてというけど停滞し傷をなめ合うことが優しさなのか、
無自覚に足踏みしている間に無能な屑友が世界を腐らせていることを考えたことがあるのか

全員をこの場に集めた本当の理由は生き残ったメンバーに今後の選択を問うため
あと二日で敵の侵略は終わるが問題はそれからで最後のセプテントリオンを倒した後生き残った
人間は摂理を司る万能の存在であるポラリスと邂逅できる
ポラリスとは過去現在未来を見通す因果の管理者
神様か何かかと考えた大地の脳みそレベルならそれでいいとか馬鹿にされてるのがw
管理者を倒すなんてことをすれば世界がカオスとなるだけ、それも面白いと愉しむ菅野博士が(苦笑)
ジプスの目的はポラリスと邂逅し世界を形作る係数や数式に介入し望ましい新たな秩序を作ること
つまり世界の仕組みを自分達の都合がいいように書き換えようとしている、ロナウドはその事実を
究明して止めようとしていたとデータチップから知った響希
襲撃から耐えて最後まで生き残った人が願いを叶えてもらえるなら死んだ人も蘇らせられるのか
それをポラリスに有益な選択だと知らしめることができればだろうが元々この世界を不要だと
思ったから攻撃されているわけだし不可能、そもそも死んだ人が…っていうことなんですね

世界のアップデートは介入した人間の意志に左右される、そうすることで何百年も計画されて
きた政府と峰津院の計画が完成する…しかし計画など関係なく自分の意志で今日まで生きてきた
屑どもへポラリスへの介入はさせないし世界の摂理は有能な人間が統治する新たな世界に書き換える
これでここにいるものだけがすべてを知ったことになる、あと二日従えぬものは好きに死ねばいい
ゆっくり考えろという大和を追いかけエレベーターに乗り込んだ響希
理想は正しいのかもしれないが頑なすぎるし冷たい未来で人が幸せでいられるとは思えない
って壁ドン来たー!!なんかあざとい感じになってるんですけど
わかる必要はなくそうするといっているだけで逆らう者は不要、敵というなら力で捻じ伏せてみろ
どうしてそんなに人を受け入れないのかと問う響希は背負うのと受け入れるのとは違うのだと
というか響希と大和の顔が近いよー!!何で今回こんなわざとらしい演出が多いの?w
響希は甘い考えすぎるし最期の時まで傍にいろ、自分の存在が罪だというのなら響希自身が裁け
なんだかんだ新しい世界には響希に同意してついてきてもらいたいって思ってたりするのかな
残り二日生き残ることができれば全てが終わるでも新しい世界なんていらないし帰りたい…
そんな維緒の下に訪れ明日の作戦のため維緒には死んでもらうと宣告をした真琴――!!

なんだかバタバタしてる感じだけどやっぱり尺足りないんだろうなあ…
OPもカットとかギリギリで詰め込んでる感じがするのでやっぱり2クールで見たかった(苦笑)

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/57497596
スポンサーサイト



テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(13)   Top↑

2013.05.31 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第9話「三度、彼は元来た道へ引き返す。」
『雪ノ下家のリムジン、そしてあの事故との関係は果たして──? 八幡は釈然としない思いを抱え、より一層ぐだぐだと残り少ない夏休みを過ごしていた。そんなある日、比企谷家に結衣が訪れた。結衣の愛犬・サブレを預かっていたのを迎えに来たのだ。結衣は、サブレの面倒を見てくれたお礼として八幡を花火大会に誘うのだが…。』


キャンプ合宿が終わってから日々は過ぎ夏休みも残り僅か
二ヶ月ぐらい休みが足りないとか八幡は残りの休み全部ダラダラして過ごしてたんだろうか(苦笑)
預かっていたサブレが騒がしいからワウリンガルのアプリで通訳してみると遊んでほしそうで
というか思いっきり八幡に懐いてるしこれは訳さなくても構ってほしいってわかる仕草すぎる
試しに八幡が録音してみると働きたくないとか翻訳が絶妙すぎて爆笑だったww
というか私服のTシャツIハート千葉ってどんだけ千葉好きなの(笑)
迎えに来た結衣から旅行のお土産をもらった小町ちゃん、今度は両親のいるときに菓子折り
持って挨拶がてらにとかつい受けそうだった結衣も慌てて断ってたけどまんざらでもなさそう!
…あざといけど可愛い小町ちゃんの小悪魔スキルどうやったら身に着けられますか(ぁ)

帰り際ちらっと八幡を見て気にしてたけど玄関で深呼吸するとお礼として花火大会に誘う結衣
この場合はお礼とつけ足さないときてくれないし何より八幡と二人で行きたかっただろうに…
まあ、見事にフラグへし折ったりとガード固すぎるんですけど(苦笑)
これだから全くとぶつぶつ愚痴りつつ誘ってくれるのは嬉しいけどこれでも受験生だしお礼といえ
どこか遊びに行くのは無理、とはいえ買ってきてほしいものはあるけどその時間がないし困った
結構量があると結衣一人だと大変、ならば小町ちゃんへのお礼の買い物へ付き添ってほしいと提案
お世話になってることもあるといわれると断りづらいし花火大会に女子一人で行かせるのは危険
暇な男手があればいいのにとどうにかして付き添わせようとする小町ちゃんの努力が涙ぐましいw

というわけで待ち合わせして花火大会へ行くことになったは八幡、浴衣姿の結衣が可愛い♪
なれない下駄に足がもつれて転びそうになったりわざとらしくないところもいいですねw
そっぽ向きながら浴衣を褒める八幡にニヤニヤ!!
電車待ちしてる間花火大会の話をしようとするとタイミング悪く電車通過してしまったりと(笑)
現地集合にしたら人が多すぎて待ち合わせもうまくできないし携帯も通じづらくて困るはず
…人が大勢集まる場所だと携帯ってホント役に立たないものですよね~
それに何より味気ない、そんなのいらないという八幡は全然女心がわかってないスルーぷりだし
急ブレーキでもたれかかられてドギマギするハプニングがあったり青春してるじゃないかw
並の男子だったらうっかり好きになってるレベル、単なる偶然やただの現象に意味を見出そう
としてしまうのはモテない男子の悪い癖で偶然も運命も宿命も信じないと完璧にガードしてる!!
うんでもホント、青春ラブコメの主人公によくある鈍感キャラじゃないとこがいいですよね

開始時刻までまだ時間が余っているがあまりの人の多さにうんざりで帰宅したそうな八幡がw
お礼のリストはメールでもらい全部食べ物だけど最後に花火を見た思い出プライスレスってww
屋台をあちこち見て回る二人、もう完全にデートです^^
いらん気遣いには参るしこれだけお膳立てされて何もわからないはずない、むしろ敏感で過敏
過剰に反応し世の中の男子は常に自分を好きなんじゃないかという思いを抱きつつ生きているの
だがだからこそ自らを戒める必要があると距離をとっていたけど裾を引っ張られ首がしまった!
常温でも問題ないものから考えると綿あめあたりからとまわる店の順番を考えていたものの
結局自由な結衣に振り回されて好きなものから見ていくことになるんですね~

って、綿あめ屋の前で結衣がクラスの友達と出くわし気まずくなり背景になってやりすごす!
小学校の役でやってた木の役を思い出せとか…その回想泣けるんですけど(苦笑)
結衣に紹介されて一応振り返り挨拶したけど顔見た瞬間鼻で笑われたー!!
モブの子達も可愛かったけどこんな子同じクラスにいたっけ??覚えてないやw
女だらけの花火大会だし羨ましがってる素振りしてたけどこれは明らかに格下に見てるやりとり
今の状況は淑女の社交場のようなもので連れている男子はステイタスの一つかもしれないし
もし一緒にいたのが隼人なら周囲の反応は全然違う、自分なら軍法会議に欠席裁判レベルだとか

これ以上気を遣わせるのも悪いと先にやきそばを買いにいったりこういうとこ優しいなあ
買い物リストにないりんご飴も買うと付き合ってくれたりちゃんと男前なとこもあるんですよね
人が少ない方にはきたがさすがに込み合っているし知っていたらビニールシートぐらい準備した
そんなやりとりに気を遣えるのかと感心する結衣、気を遣うから誰にも気づかれないよう角にいる
そういうことじゃなくて優しい、よく気づけたし今まで色々あったが何一つ誰ひとり復讐せず
見逃してきてやってるとかノートにリストつけてはいるけどそれだけで終わらせてるってことかw
並の人間なら世界は終わっているしある意味救世主とか調子に乗りすぎですけどね!!

有料エリアにやってくると父親の代理で出席していた陽乃と遭遇しお邪魔させてもらうことに
挨拶まわりばかりで退屈していたし八幡が来てくれてよかったし貴賓席は普通入れない
父親が代議士なら自治体系統のイベントは強いだろうしコネもきくでしょうね~
それはそうと浮気は感心しないと耳打ちされたけど浮気でもないし本気でもないと説明を!
公の場に出るのは昔から長女の自分で母親の方針、母が強くて怖いと打ち明けられ雪乃よりも
と気になって訊ねてみたけど陽乃からしたら雪乃が怖いなんてありえないって感じですかね
何でも決めて従わせようとする人だから折り合いをつけるしかないが雪乃はそういうのが下手
デートを邪魔しちゃって悪いと言われてもじもじしてる結衣の態度バレバレだw

「もしデートだったんなら雪乃ちゃんはまた選ばれないんだね…」
陽乃でいいと言われても徹底的に名字にさんづけ呼びをする八幡は色々と訊ねたいようで
八幡たちの三歳上で今は近所の国立理系大学に通っているのだとか、雪乃の進路志望と一緒
国公立理系志望と言われて驚いてたけど、雪乃の進学先も聞いてなかったのかな(汗)
昔から変わらないしお揃いでおさがり…雪乃のことをそんな風に言うけど嫌いなのか?
そんなことないしずっと後を追いかけてくる妹が可愛くないわけない、それは本心でもあるし
自分の好きなことができず何もかも真似しなければならない雪乃に同情してたりもするのかな…
かっこよくて誠実で頼りになる、時々ボケて可愛くてわかりづらいけど優しいから大好き
そう思ってくれるならよかったけれど最後は皆雪乃に嫉妬して拒絶する、結衣は違うといい――
今まで離れて行った人たちばかりだから慕ってくれる結衣のことも試してる感じがするけど
好き嫌い言うなとしつけられているからとさらっと質問をかわした八幡がうまいw

花火も終わりそろそろ帰ることになり送ってくれようとしてくれた陽乃
結衣にとっては事故の記憶と被るしとてもじゃないけどそのリムジンにはなあ(汗)
八幡が一瞬イラっとした表情見せたのは事故のことあまり覚えてない感じだったからなのかな
そんなに見ても見えるところに傷は残ってないとかその発言はちょっと無神経じゃないか…
陽乃はもう雪乃から話を聞いてると思って軽い口調だったものの結衣にとってはショックな事実
でも雪乃は同乗していただけで悪いことはしていない、それでいいと振られ事故を起こしたわけ
ではないし無関係、もう終わったし過去は振り返らない主義でいちいちしてたら人生真っ暗になる
笑って誤魔化してたけどあとで振り返るとこの時嘘をついたことについていってたのか…

途中で話が中断して別れるとかあまりにも気まずいから結衣の下車駅についてきてくれた八幡
あんな悲しそうな表情されてたら有耶無耶にできないのもあるけどこういうとこホント優しい
タイミングを外すとどうしても言えないこともある、それは自分も同じ
ならば知らぬ存ぜぬでいいし本人が触れられたくないことは触れないでいてあげるべき
けれど知らないままでいいのか、それは悪いことだと思わないし知ってると面倒事も一気に増える
お互いよく知りもっと仲良くなり困ってたら力になりたい――八幡と結衣は本当に正反対
もし雪乃が困っていたら助けてあげてほしいといわれたけどそれはないし困ることも助けを求める
こともないし踏み込むこともない、だけど結衣からしたら絶対に助けてくれると信じてるんですね!

事故の時庇ったのは結衣だとわかっていたからじゃないと否定するけどもし遭遇しなくても
どこかで助けてくれたし一緒に花火に行った、事故がなくてもぼっちだったといってたけど
こんな性格だからいつか悩んで奉仕部に連れて行かれたし八幡が斜め下の解決法で助けてくれる
それできっと…と告白の流れになったけど携帯の着信に気づいて強引に話の腰を折ったよ(苦笑)
もしここで告白してたとしてもうまいことかわして逃げたんでしょうね…
好意があるのはわかるし結衣の気持ちも理解できるけど事故のことで責任を感じて気遣ってくれる
っていう思いが抜けない限り報われそうにないし二人のやりとり見てるとなんどももどかしいです

二学期の始業式
久々に再会した雪乃と挨拶を交わすことになったけど素っ気ないやりとりで変わらずな八幡
夏休み中陽乃にあったとわかり多分事故のこと打ち明けようとしてたんだろうけど…
いつもどおり振る舞おうとした八幡に雪乃はどんな気持ちだったのか――
高い基本スペックも中途半端にいい顔もペシミスティックで現実的な思考も嫌いじゃないし
自分のことは好きだと堂々と言える八幡だけど初めて自分のことを嫌いになりそうになったと
雪乃は常に美しく嘘をつかず誠実で寄る辺がなくともその足で立ち続けることに憧れていた
相手に勝手に期待し理想を押し付け、理解した気になって勝手に失望する
「何度も何度も戒めたのにそれでも結局治っていない
雪ノ下雪乃ですら嘘をつく そんな当たり前を許容できない自分が俺は嫌いだ」

誰にでもあることだろうけど嘘をついたり騙されることが嫌いな八幡からしたらそれをした自分
でさえも嫌いだし許せないって思ってしまうのかな…
うう、見てると物凄いもどかしいけど、八幡が壁作ってるのは一部分だしそれを結衣が打破できればまた変わりそうな気がする…自分だったら絶対さいちゃんルート選択するけど(マテ)

次回「依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。」

http://haruhiism.blogism.jp/archives/52342329.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(10)   Top↑

2013.05.31 Fri
はたらく魔王さま! 第9話「勇者、修羅場を経験する」
笹幡七夕祭りが開催されているため大勢の人が行きかう幡ヶ谷駅前
マグロナルドは相変わらず閑古鳥が鳴いていて修羅場向きじゃないとかそれは失礼すぎるw
騒がしくないと雰囲気が悪くなったとき最悪だし相手の男に非があった場合は職場環境を
乱すことにもなりかねない、梨香は好き勝手に妄想して完全に楽しんじゃってるし(笑)

とりあえずまずはセンタッキーで作戦会議してみることに!!
魔王について詳しく聴かせてもらうし修羅場解決の糸口が見つかるかもしれないという梨香
勇者と魔王である以上修羅場しかないと完全に勘違いされてるが鈴乃はどう回避するつもりか
それにしても相変わらず猿江の対応が鬱陶しい感じで~おつり渡すときとかわざわざ手握るし
意外と遊ぶの下手で面倒抱え込むタイプでグラサンも香水も趣味悪いと分析までしてる梨香がw

魔王との関係をちゃんと聞きたいといわれたけど、引越し先の隣人でよき隣人だという鈴乃
倒す相手をよくもまあと考えつつすぐにでも殺したい相手だとエミリアとの意見は真っ二つ
なんでもないし引き合わせたくなかったのは別の理由で奪い合ってるわけじゃないというのも
単にエミリアが意地はってるだけだと囚われてるようだけどそこまでして仲をもちたいのか
残虐で無神経で狡猾で意地汚くて貧乏で拾った傘で人に恩きせるような非常識男だという言葉
に聞き捨てならないと先ほどから同じ店にいたアルシエルが激昂して食って掛かってきたー!!

少し前の時間に遡り、偵察にいってこいと魔王様に頼まれたアルシエル
駅前スーパーのタイムセールから揚げを徹底的に食せといわれるならいざしらず天敵の店の
売り上げ貢献するような経済的余裕はないと、しかしだからこその手段で勝負に勝つには
まず敵を知るのだし参謀に忘れたとは言わせない、ただ食べまくって長所と弱点を徹底的に
調べつくす、出世に関わる必要経費だし頼むと頭を下げられて背くわけには行かない
最小限の出費で虱潰しに調べてくるとなにやら感極まって抱き合う二人に呆れてるルシフェルw

とはいえ時間がかかりすぎではないかと気にしつつバイトをこなす魔王様
皆いつもの活気が削がれてるけど外は人ごみが凄くても店内にこないのだから無理もない
天敵とは対照的に店内には客は全くおらずこのまま手を拱いてるわけにもいかないだろうし
お店の前で客引きするのはどうか…それはアルシエルがきてから対策をたてたほうがいいのでは
それ以前に肝心のブツがきてないのにどうやって客引きするのか、今動くべきかどうか
大手ファーストフード店の最大の戦いはここまで奥が深いのかとかなり混乱している魔王さまがw
さすがにバイト仲間もいくら時間帯責任者とはいえ全部責任を負うことはないと気にしてるよ!!
ここで動揺しては部下達に同様が広がるということで今は相手に流れがあるだけ、必ず流れが来る!

店に入ってきていたのは気づいていたが面倒ごとを避けるべく静かにしていたアルシエルだけど
ただ魔王様を罵倒するのは見逃しては自分が廃るということで声をかけてきたけど沽券に関わる
ことだから協力しろと言われイラっとするアルシエル、何でも好きなもの奢ると言われ態度を反転!
あはは、節約できるならプライドも何もないということですかww
最優先すべきは我が家の家計でどんな屈辱も耐えるし泥にも塗れるとかカッコイイのか悪いのか
デザートとサラダについては予算オーバーでリサーチできなかったからそれを注文してほしいとかw
人間関係で言うのなら鈴乃の隣人だと自己紹介するアルシエルに魔王と同じ家なのかと返した梨香
エミリアが女子を近づけない男…語るに落ちるとはこのことだといいつつフォローを(苦笑)

かつて会社を経営し主に土地運用や人材派遣に力を入れていたが建設業にも手を出したこともある
社名は真奥組でエミリアはライバル社の社員だという設定に(苦笑)
手広くやっていたとはいえ経営陣が現場で指揮をとらなければならない程度の規模
エミリアは本人の優秀さと会社のバックアップもあり現場でよく仕事の争奪戦をしていた
全員が実務経験に大差のない若造でときは不況の真っ只中
大手に奪われては若造の会社など簡単に吹き飛んでしまう、最後に受注を争ったのがエミリア
しかし結局負けて会社は倒産し流れ流れて笹塚アパートにたどり着き一年近く経過して再会した
過去の商売敵である自分達に思うところがあったのか時々様子を見に来てくれる仲なのだとか
起業し成功する夢を諦めていないし経営を一から学ぶべくマグロナルドで働き一年で時間帯責任者へ
日がな一日主夫業で昔に比べ情けないがいずれ真奥の下で企業を志すつもりで全力で支えたい
起業とはいわばギャンブル、そんな自分達に鈴乃が巻き込まれたらと思うこそエミリアが関わらせたくないと躍起になるのも無理はない…
とはいえもうすっかり巻き込まれているわけですよね、本人もしれっと愚痴ってたのが(苦笑)
エミリアを敵とみなし根本的には嫌っているし梨香が想像しているようなことはないのだと!
壮大な嘘ではあったけどあながち全部が全部嘘じゃないところがミソですよね…w

対して利違わないのに勝手に妄想して首突っ込んだのが恥ずかしいと納得してくれたようでw
あはは、でもこういうところさすがアルシエルは参謀って感じですよね♪
実家が小さな工場で危ないときは皆で協力して乗り切ったし情けないといっていたが真奥も葦屋が
いなければ生活できない、なら基礎を支えているのだしもっと誇っていいしお互い支えあう間柄
励まされて照れくさそうなアルシエルとそんな一面にキュンとしてる梨香にフラグの気配(〃∇〃)

誤解も解けたということだけど個人的に真奥が気になるし逸材なら将来のために繋がるべき
どうせ報告することもあるのだから皆で行かないかとメニューの一部をテイクアウト!
どんどん最悪な展開になっているということでがっくりしているとまたもや猿江が話しかけてきた
時間は否応梨に状況を変化させるし自分の意志を介在させることができなくなったとき後悔しない
ようにと色々いってきたけど男は女性が弱ったところに漬け込むとかいらない忠告ですからー
…ってやっぱりいかにも怪しいけど猿江がエミリア襲撃の犯人なのかな(苦笑)

オープニングセールにクーポン配布していることを知った魔王様
コーヒーもオーガニックを採用している有機栽培と聞いても勇気を出したオーガって違うよw
接客も極普通で特に変わったところはないため通行人は新しいものに目移りしてるとしか思えない
とにかく悪あがきをやってみると定時報告を受けた魔王様も遅ればせながら動き出す!!
売り上げ貢献のためとLサイズのセットを注文しルシフェルの夕食用に持ち帰りに
文句は言わせないと噂になってるせいかくしゃみしてるルシフェルが面白かった♫
注文しないまま席に座るエミリアたちにさりげなく急かす魔王さまだけど商品を持ってこいと(苦笑)
アップルパイも頼んであげるからありがたく持ってこいとか横暴なお客様すぎるw
時間帯責任者なのにその時間帯に席はすいてるしカリスマ性はないとか酷い言われっぷり
この場合は明らかにクレーマーな客側が悪いとしか思えないし店員側にも客を選ぶ権利があるかと~

逆切れされたってしたがってもら縄意といけないルールもある、
アルシエルから先ほど聞いてどんな人物か確かめにきたがとがっかりしてる梨香
しかし大切なお客さんの一人だからとわざわざもってきてくれたちーちゃん優しすぎる…!!
って、微笑むちーちゃんの可愛さに思わず抱きしめてキュンキュンしてる梨香が(苦笑)
逸材が多く礼儀正しく仕事に哲学があっておまけに可愛くて反則すぎるとお気に入り♪
真奥の仕事振りを見るべくやってきたのだし、見た目どおりのボンクラではないはずだと
ここは思いっきり試されてるわけだし実力を見せなきゃならないですよね!

クーポンに対抗すべきチラシを配布するとしたけど全く人が寄り付かずうまくいかない
骨がなくて食べやすいことをアピールするって、ハンバーガーに骨がないのは当たり前だし
面白いし可愛いからと写真とられるだけで終了したちーちゃんがなんだかちょっと可哀想w
次は商品買わない人にも自由にトイレ使わせてあげる作戦ってそれはまた違うんじゃ(苦笑)
知り合いのお得意さんに笹を届けてもらうと飾りつけとチラシで七夕飾りをお客さんにしてもらい
サービスでSサイズドリンクをサービスしてもらえるよう店長から管轄事務所にも提案しておいた
事前に地域の定期清掃ボランティアで渡邉さんという男性の庭にある笹を分けてもらえるよう
頼んでおいたとか、直接結果に繋がるかわからないがそれでも少しはと配慮を怠らない魔王様!!
プランは大成功で店の雰囲気もかわりまわりの人の目も引いてうまくいって大盛況となったー!
梨香も意外とできる奴だと見直してくれたし、エミリアも仕事熱心なことは変わらないとかw

ってなにやら魔力っぽいものが影響して人を呼び寄せてたようにも見えたけど…
エミリアや鈴乃が反応していたしこれって魔王様の潜在能力みたいなものだったりするのかな
それともこれには何か裏があるとか?
マグロナルドは収益アップして結果は成功したけど単純に喜んでいいのかどうか気になるよ(汗)

次回「魔王と勇者、いつもと違った日常を過ごす」

http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52336408.html

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(33)   Top↑

2013.05.30 Thu
NARUTO疾風伝 335話「名残雪」
竜巻を操るヨタの攻撃を避けつつサクラ達との通信で別の場所にもヨタが存在することを知る!
自分達のせいで死んだから現れたのかというけど穢土転生で操られているだけというシカマル
しかし影分身のように何体も蘇らせることができるのか?
これまではなかったというけどナルトが相手しているのは間違いなくヨタ、つまり他の場所に
いるヨタは白ゼツが変化した可能性がある…白ゼツって穢土転生の相手にも変化できるの??
本体が術をかけていれば問題ないというかヨタを操っている誰かが大元だと推測することに!
他のメンバーにいるヨタはヨタじゃないし痛みは自分が引き受けるから偽者を倒してほしいと
連携してヨタを倒した十班メンバーやキバ、サクラは倒したヨタがり白ゼツが変化したものだったといえこれは後味が悪いです(汗)

ヨタが暗部に連れ去られた後落ち込むナルトの所へ声をかけてくれたシカマル達六人
ヨタがきっかけでこのメンバーとも仲良くなれたようだけど素直じゃないナルトがツンデレw
そんな時部屋から雨が降っているところを見かけヨタがいる場所がわかり助け出すことを計画!
尋問されるのはわかってたけど暗部が直接やるとかちょっと違和感が…(苦笑)
モニターでチェックしながら質問をしていくけれどヨタは泣き喚くばかりで埒が明かない

火影岩にペンキで落書きしナルトが騒ぎたててひきつけている間にヨタの救出へ向かう!
チョウジが途中でずっこけたり危ない感じだったけどばれずにすんだりツッコミどころがw
それにしても一瞬でも影真似で暗部を縛ったシカマルはやっぱり凄いなぁ
とはいえさすがにそれ以上動きを止められず背後とを取られ里の利益を脅かす可能性がある
相手を庇う行為はたとえ子供でも見逃すわけにはいかないと、駆けつけたナルトも必死で友達
だからと守ろうとするけれど目の前でナルトに一撃与えた暗部に対し雷撃で応戦したヨタ!
…瞬殺されちゃった暗部が色々残念すぎると思うw

そのままヨタを連れて安全な里外まで脱出させようとするけれどメンバーの前に川が阻み…
途中流れに足をとられ溺れたナルトを助けるために泳いで対岸までたどり着いたヨタが凄い(苦笑)
大分下流まで流されたものの無事だったヨタの姿を見つけたもののもう力は残っていないようで
自分のせいだと責任を感じるメンバーにもうお別れだし皆のことは忘れないが皆は忘れる
忘れなきゃ辛いと自分の記憶を封印する術をかけて自分の存在そのものごと消したということか
過ごした日々もだし他のメンバーと友達だったことも忘れてまた一人になったナルトが切ないよ(汗)

忘れるぐらいなら後悔の中で生きていた方がよかったしもう一度失わなければならないのか
耐えられるわけないとクナイを落としたナルトの前でもう一度口笛を吹いたヨタ
秘密の糸電話…口笛ならカブトにも聞かれずに意志の疎通ができるってことですかw
サクラやキバ、シカマルやチョウジにそれぞれ言葉を伝えるけど謝るのは助けられなかったから
気にすることはないしナルト達にあったときにもう死んでいたから――
天気を操る不思議な力を持った一族に生まれ天気売りを商売にして里から里へ旅して歩いた
一族の中でも特に天気使いがうまかったものの生まれつき体が弱く幼くしてなくなったヨタ
けれどそんな力を利用しようと穢土転生の実験台として大蛇丸に目をつけられたんですね…

生きているとき辛くてどこにいてもずっと一人ぼっちだったが死んでからはそうじゃなくなった
皆にあえて本当に楽しかったしあの川でまた蘇ってしまったけど思い出があるから辛くなかった
こんな形だけど成長した姿を見られてよかったと…
前みたいに一緒に楽しもうというナルトにこのまま逝けるし今度は忘れないでほしいと自滅を…
思い残すことはないし本当に死ねると目の前で消えていったヨタの笑い声だけが残ってたのが
まあ一応落ち着くところに落ち着いたしようやく纏まって終わってくれてよかったですが(苦笑)

次回「穢土転生連合軍!!」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2013.05.29 Wed
アラタカンガタリ~革神語~ 第7話「火焔~HOMURA~」
『革と入れ替わりで現代にやってきていたアラタは学校で門脇に出会い、“試合”をすることに。一方、天和国では首都への旅の最中に、コトハが足をくじいてしまい、革たちは廃村で休息を取ることに。革と二人きりになったコトハは、勇気を振り絞ってある行動に出る。』


記憶喪失ということで暫く学校を休んでいたアラタだけど久々に登校し門脇に声をかけてきた!!
部屋にあった写真から推測し仲がいい友達にいろいろ革について教えてもらおうとしたようで
険悪ムードだったのにいきなりフレンドリーに話しかけられたらイラっとするのも無理ないか(苦笑)
登校したのはアラタたっての希望だったのか、まあいつまでも休んでいられないですしね…
そんな時屋上へ呼び出され素直についていったアラタに記憶喪失ごっこかと思いっきり絡む門脇
屋上の高さに驚いて大体の家の位置を確認したりと相変わらずフリーダムなアラタに呆然w
呼ばれたからきただけで何様は門脇の方だしさっきから偉そうに何なのかと言い返す!
明らかに革の友達じゃないし金を出せと脅す門脇のグループを馬鹿馬鹿しいと一蹴し出て行く
つるまないと何もできない弱い奴は相手にしないという言葉に殴りかかるもあっさり止められる!
そのまま蹴り一撃で門脇を昏倒させたりとさすがに現代じゃアラタに敵う人なんていないですよね
何があったか知らないが自分の代わりに命がけで頑張ってくれているのだから馬鹿にするのは許さないと革を庇うアラタがカッコイイですね!

首都に向かう道中転んでしまったコトハは足を挫いて痛めてしまったようで
仕方ないからおぶってやると背中を差し出すカナテが完全にスルーされてるのが空しすぎるw
バランスがとれずよりかかられてドキっとしたり革はしっかり意識しているのですよね
とりあえず林で休もうと手を貸して支える革、頼られるのは革ばかりで不服そうなカナテが(苦笑)
釆女族とはいえ自分の体は直せないとのこと、なるほどそういう不便なとこもあるわけか…

薬草をとるためにカナテが出かけたため革とコトハは二人っきりに
こんな時しかできないともたれかかるコトハはいつも傍にいるのに遠く感じることが寂しい
普通の女の子なのだと漏らすコトハも本当は辛くても気丈に振る舞ってるところもあるんだな
だけどコトハが求めてるのはアラタであって革ではないとわかってしますんですよね(汗)
触れようとした手を途中でやめて気まずくなって外へ出て行ってしまうのがまたなんとも…
コトハもコトハで今が大事な時期なのに何をしてるんだとなんだか思い詰めちゃってるし

ミチヒノタマが光りアラタと交信できることになったけどどういう条件で繋がるんだか
アカチが火焔を奪ったことなど今までに起こったことを伝えると色々気をつけろと忠告を
コトハはどうしてるのかと言われて戸惑い実際アラタはコトハをどう思ってるのか訊ねる!
子供のときから一緒だから改めて考えたことはないが妹のような存在で守らなければならない
今は離れ離れだけどだから自分の代わりに守ってやってほしいと頼まれアラタに約束した革
妹みたいだと思ってるとわかってちょっと安心した感じですかね、いつかがコトハがアラタとは別人だって気づくときが来るのかな?
学校に行ったことがわかり驚く革に門脇のことがうざかったからのしてやったと言われ(苦笑)
口の割に弱いし別に友達じゃないだろうと話も途中のまま通信が途絶えてしまうことに…

エミスの墓の周りにある薬草を見つけ採取していたカナテのまわりから突然炎が噴出した!
というか最近なんだかカナテが不憫扱いなのはなんでなのかw
門脇のことで動揺したままの革はカンナギに後ろから襲われ創世を渡すように迫られる!!
火焔を奪っただけで終わりかと待ち構えるアカチもあまりに簡単すぎて拍子抜けしてるようで

地脈に沿って溶岩流が流れ時折こうして地上に吹きだし人を喰らう炎
火焔を奪われ操れないカンナギだけど選ばれし者でこの世に存在劍神の鞘である以上守られる
炎を創世の防御でいなし向き合う革、命が尽きるまでは革のものだが苦しまずに殺してやると
残された希望は創世だけ、アカチを降し火焔を奪い返すため渡せとじわじわと接近するカンナギ
近づいたら斬るというけど丸腰の相手を斬れるのか、相手を傷つけるぐらいなら自ら負けを選ぶ
情けないしなぜ創世が選んだのか、それは革ができる限り戦おうとしないからですかね…
創世を奪い振り下ろそうとしたカンナギは革を守ろうと駆けつけてきたコトハにエミスを重ね動きが鈍っていたけれど同じような境遇でなくしたということになるのか(汗)

暴れまわる炎に近づけば危険だとコトハは必死に遠ざけようとするけど約束を守ろうと飛び込む!
あらぶる炎に絶体絶命の二人を肩の痛みに耐えながらカンナギが助け出した!!
看病するコトハの姿がカンナギにとってはエミスに見えたりとかなり重症の状態なのが(汗)
元々アカチとエミスはカンナギの父親に引き取られた使用人だったんですね…
昔から体術もアカチの方が強くてよく修業つけてもらっていたのか、自分の方が強いという
カンナギを足払いで倒したりと冗談まじりにからかったり、そんな二人を応援するエミス
大事な人を守るためには本当に強くならないと、好きな人のためにも頑張ってと言われて
複雑そうなカンナギを見守るアカチ、アカチも本当はエミスのことが好きだったりしたのかな

カンナギの父親である領主は地龍の鞘が死んで国が荒れなかったら――
暴動を起こした使用人によって殺された領主、そんな追手から必死に逃れていたカンナギ達
海に出られれば逃げられるというとき、二人を助けるため一人その場に残ったアカチが(汗)
そこからどうやって逃げ延びたのか気になるのだけど…その間に何かあったのかなあ
コトハの力でも直せない火傷、鞘になるまえの傷なら…心の傷なのではないか
そしてカンナギとエミスを保護したのはオヒカだったのか!
エミスを幸せにする、それだけを心の支えに故郷のハニヤスを離れ命からがら逃れたカグツチにたどり着いたカンナギに対して優しくしてくれた民達、カグツチで生きていこうと決めたけれど…
五日も高熱を出し続けているカンナギのために薬草をとってこようと無理に外に出たエミス
カンナギを助けるため地脈が活性して明らかに危険なのをわかっていて飛び出したのですね

溶岩流からの噴出によって身動きがとれずどうしようもないエミスを助けようとしたカンナギも
炎に呑まれそのときに肩に火傷を負い何も出来ないままエミスは発火に巻き込まれ亡くなった
エミスのいない今生きる意味はないし火焔に命を捧げると願いが聞き届けられ鞘として選ばれる!
結局見殺しにしてその引き換えに鞘になり生き長らえている
火焔はエミスそのものだから必ず手に取り返す、だからあんなにも必死だったんですね…
通じ合っていた二人が対立してしまっている関係は革も自分自身に重ねてみえたのかな
この国、この世界を変えなければならない、そのためにも一緒にカンナギに来いという革
そしてカンナギを丸め込んだことをヒルコから報告を受け取っていたヨルナミも動きそうで
十二神鞘とはまた別の存在の六ノ鞘という存在も気になるしここから盛り上がってくれるといいなw

次回「逐力~OROCHI~」
エンドカットの和気藹々幼馴染トリオがちょっと切ない(汗)

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/--52707-bdf0.html

テーマ:アラタカンガタリ - ジャンル:アニメ・コミック
アラタカンガタリ~革神語~    Comment(4)   TrackBack(8)   Top↑

2013.05.26 Sun
進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦④-」
『窮地に陥ったミカサを救った巨人を補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に群がる巨人たちを倒せないか、と提案するアルミン。その提案を受け、コニーの援護のもとミカサは駐屯兵団本部を目指す。一方、ジャンたちは立ち塞がる巨人たちをすんでのところでかわしながら、ミカサたちよりひと足早く本部に辿りついていた。』


立体機動のガスを補給するべく巨人の群がる本部へ向かう途中のミカサ達!!
残り少ないボンベをミカサに託し一人残ることを決めたアルミンだって置き去りにしない
巨人が群がる中を人一人抱えて飛び回るのがどれだけ無謀なことか、足手纏いになってしまう
そんな考えが浮かぶ中巨人を襲う巨人を見たアルミンは提案があると二人に打ち明ける!!
人間に興味を示さず同種の巨人を襲う巨人を利用し補給所までうまく誘導し倒してもらう
本能で戦っているように見えるからまわりの巨人をミカサとコニーが倒していけば新たな
巨人を求めて移動するし自然と本部の方向へ向かいうまくいけば巨人を一網打尽にできるかも
根拠も何もないし確証もなく二人がやるしかないわけだから前置きしていたわけですよね…
この状況で冷静に巨人を利用できるかどうか作戦を立てられるアルミンはやっぱり頭いいなぁ
やってみる価値はあるしいずれ死を待つだけなら可能性に欠けた方がいいし提案を受けると!
ミカサはともかく動揺を隠せなかったコニーも失敗したら笑いものだと結局同意してくれたり
なんだかんだお人よしで面倒見いいんですよね、成功すれば皆助かるし今が覚悟を決める時

目の前で次々と仲間が犠牲となり責任ある立場になり指揮をとれるのか葛藤するジャン
しかし巨人が一ヶ所に集中している今がチャンスでガス切れの前に本部に突入するべき
その声に呆然としていた他のメンバーも我に返りジャンに続いていく!
…アルミンを抱えるコニーをサポートしながら巨人を倒していくミカサがやっぱり凄いw
できるだけ最短距離で最小限の攻撃で本部へと向かうジャン達、ジャンが一瞬巨人に捕まって
たけど指だけ切り離して脱出したりとこういうとこも見応えあってのめりこんじゃいます
屋根伝いに走りながらジャンは指揮役に向いてるしおかげで逃げ切れたとお礼を言うマルコ

途中やはり犠牲者は出てしまったけれどそれでも軌道修正しながら本部へ突入成功!!
ジャンに続き他のメンバーも次々と窓を蹴破って飛び込むシーンがかっこよかったなぁ
仲間の死を利用して何人死んだのか、それでも冷静に振り返ると罪悪感は消えないのが…
机の下に隠れて息をひそめている補給班のメンバーに殴りかかり食って掛かる!
補給班が籠城しなければこんなことにはならなかったわけだから無理もないですよね(汗)
巨人が補給所に入りどうしようもなかったと泣きつくけどそれをなんとかするのが仕事
そんな時人の気配を察知し他の巨人が飛び込んで本部の壁を突き破ってきたー!!
普通だしこれが現実、夢か幻でも見ようとしていたのか、現実を知っていたはずなのに
こんな大きな巨人に勝てないことぐらい普通に考えればわかると絶望し立ち尽くすジャン
けれど嫌な笑みを浮かべる巨人二体を拳一つで吹っ飛ばした巨人に驚愕することに

ミカサとコニー、アルミンも飛び込んできたけれど本当にガス切れギリギリだったようで
作戦成功したとバシバシコニーに力いっぱい肩を叩かれて痛そうなアルミンが(苦笑)
巨人を殺す奇行種で人間に興味を示さずうまく利用できれば本部からも脱出できるはず
そんな夢みたいな話があるのかと思うジャンに奇行種でも構わないしここでより長く暴れてもらうのが現実的に生き残るための最善策だと

アイキャッチは引き続き立体機動の構造と巨人の体格差の図説!
ファンの部分、ガスはファンに直接吹きかけて回転しガスの圧力を調整して出力を操作している
比較があったけど…15m級でもとんでもないのに50mとかホント未知の世界すぎる
そんなのとエレンは単独で戦おうとしたんだから…並の精神力じゃとても立ち向かえないよ(苦笑)

並の巨人より強いし派手に暴れてくれているうちは本部は潰されないはず
って、奇行種に見える巨人についてどこまで知っているのかと訊ねてきたライナーが意味深…
まずは何より助かってからだけど、最初から正体知ってるっぽいやりとりだったのが気になる
保管されたままだった憲兵団管轄の散弾銃を探してきたけどこれも次の作戦で使うわけですね!
補給室を占拠する3、4メートル級が7体のままならこの程度の火力でも同時に資格を奪える
まずリフトを使い中央の天井から大勢の人間を投下、巨人に向けて同時発砲し動きを一瞬でも
止めた時その隙をついて天井に隠れていた七人がタイミングに合わせて巨人の急所に斬りかかる
一回の攻撃に全て 全員の命をかけることになるし七体の巨人を同時に一撃で仕留める作戦

今後アルミンは部隊の中で参謀役で活躍しそうな予感ですね!
運動能力的に成功率の高そうな七人にやってもらうことになるが全員の命を背負わせることに…
誰がやろうと失敗すれば死ぬのは同じとフォローされても自分の案に自信が持てないようで
アルミンは正解を導く力があるし自分もエレンもアルミンの力に救われたというミカサ
エレンはアルミンの言葉で外に憧れたけどミカサも救われたことがあるとか気になるなぁ

立体機動装置もなしで仕留めきれるのか、相手は3、4m級で的になる急所は狙いやすい
大きさに関わらず頭から項の下縦1m横10㎝と厳密にはかなり細かく決まってるのか
それ以外は刃を…ってライナーのいってるとこ多分本当は急所じゃないよねw
コニーとサシャは完全に信じてたけど二人ならやりかねないから怖い(笑)
切羽詰まった状況だけどこうやって冗談交じりでも言い合える余裕があるのはいい傾向だなぁ

まずリフトで降りたメンバーは静かに銃口を向け数が増えてないことを確認し作戦を続行
巨人がこっちに気づき接近してきて怯えるけれど不利な戦闘は避けるべきだし一撃で決める
じっくりと巨人を引きつけ七体が全て集まったところで銃撃開始!!これがOPにあるシーンか!
視界を奪われ動きが止まった巨人の背後から一閃し倒すけどサシャだけ急所を外してしまい
対面して勝負はできないと怯えて身動きがとれないサシャを間髪入れず救援したアニとミカサ!!
二人の連携が凄かったし相変わらずかっこよすぎるんですがw
泣いてるサシャに怪我がないならすぐに立つとミカサがサシャの教育係みたいになってるのがw
そういえばライナーがアニにちょこちょこ話しかけてるシーンが多いのが気になるなあ
そんなに二人とも中良さそうには見えないけど…
ライナーに話しかけられてちょっとむっとしてたし二人って実は前から知り合いだったり?

ボンベに補給し安堵する面々、巨人に屈服してしまったとショック受けてるサシャにあとで
たっぷり軽蔑してやるとコニーとサシャも中々いいコンビだと思うんですけど(笑)
強い人ではないから弱い人の気持ちがよく理解できる、それでいて現状を正しく認識することに
長けていて今何をすべきか明確にわかるしジャンの指示は正しかったから飛べたし生きている
弱い立場の利己心なども理解しての対処ができるから言葉にも説得力が出るということですか
指揮役が向いてないと弱音吐いてたジャンだけどマルコから言われて改めて気づけたのかな…
それにしても本当にジャンのこと信頼してるんですね、マルコがジャン傍にいてくれてよかった!
この戦いを通したあとでそれぞれがきっと大きく成長してるんだろうなあ

補給を終えて本体と合流すべく一斉に壁の上に上る部隊
そんな中一人立ち尽くすミカサは巨人が共食いしている光景を垣間見ることに
どうにかして巨人の謎を解明できれば絶望的な現状を打破するきっかけになるかもしれない
あのまま食い尽くされたら何もわからずじまいで巨人を排除しとりあえずは延命させようと
あとはさっさと退却すべきだけど例えば巨人が味方になる可能性があるとしたらどうなのか
どんな大砲よりも強力な武器になる…なんだか嫌な予感がするんですけど
トーマスを喰った奇行種の登場に今まで大人しくしていた巨人が走りだしわき目もふらず攻撃!!
両腕を失いながら再生もせず倒れた巨人にさすがに力尽きたようだし味方になるはずがない
けれど微動だにしないメンバーに振り返ったジャンもミカサ達と驚愕の光景を目の当たりにする!
朽ちかけた巨人の体の中から現れたのは捕食されたはずのエレン――…!!
すぐさま下に降りて抱きかかえるミカサ、心臓の音を確かめ生きていると確認した時の表情が(涙)
ずっと堪えていた涙も溢れて一目も憚らず大泣きしたりと今までずっと我慢してたんだろうな
巨人化したエレンの行動一部始終監視されてたようだしなんだか雲行き怪しくなってきましたね

あの時確かに左腕と足が切断されたはずなのに元通りになっているしあの時飲み込まれたのに…
それでも無事でよかったと手をあわせるアルミン、無事がわかってよかったですよね
というわけでエレンが巨人化して他の巨人を倒してくれてたわけですがどうしてそうなったのか?
イェーガー医師が注射してたり怪しいシーンもあったりエレンには何か秘密があるのやら(汗)

次回「左腕の行方-トロスト区攻防戦⑤-」
予告にリヴァイ兵長来たー!!いよいよ出番も増えてくれるかな♪

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(0)   TrackBack(25)   Top↑

2013.05.26 Sun
宇宙兄弟 第59話「誓いのサイン」
本気の失敗には価値がある――
リックと重なる言葉にはっとしたピコとビンス!
いつもリックの言葉に背中を押されて二人は夢を果たそうとしていたんですよね
ピコがポケットの中身をテーブルの上にばら撒き探していたのはやはりロケットの破片だった
まだ持ってたのかといってたけどきっとビンス教官もどこかに大切にしまってあるんだろうな
何かと興味津々で訊ねるムッタを気にしてたり、昔のリックを重ねてたりするんだろうか(汗)

日曜にある露天掘りの就職説明会に参加するようわざわざ親から連絡があったと言われたビンス
一度サボったのだしこれ以上大人に迷惑をかけるな、念押しされて複雑そうな表情してるのが…
写真たての様子からするに昔は仲もよさそうだったけど、将来について意見が分かれるうちに
父親とも距離ができてうまく話すこともできなくなってしまったと思うと切ないなあ
親心として現実味のない職業よりも安定を求めて…って願うのはわからなくもないけど、
せめてどうして宇宙飛行士になりたいのか、もっと正面から向き合って話を聞いてあげて欲しい

顔に痣を作って登校して来たピコは父親に殴られてしまったようでとてもじゃないけど
ロケットのミーティングも無理だし、日曜の買出しにも説明会に参加するから行けない
ビンスも同じくとわかり落ち込むリックはどんな気持ちでピコの背中を見送っていたのか思うと…
滑って転んだリックにちゃんと足元を見ていないからで進路も同じ、転倒せずに入れる現実的な
行き先を考えるべきだしビンスやピコのように正しい選択をしろと進路指導の教師から言われることに
二人は地元の工業専門学校に進路を決めた――…
そしてビンスとピコはもう必要ないからとロケットの破片を研究室に置きにきていたんですね
誓いのサインを求めるリックに項垂れてもう誓えないし宇宙への夢は最初から大きすぎて自分の
ことは自分でわかってるつもり、テンションのあがる仕事じゃないが鉱山技師も悪くないだろうと
こんなど田舎の町で宇宙に本気で憧れた三人が出会えただけでも奇跡みたいだと思っていたし
二人のことを兄弟みたいに思っていた、誓いをあわせるきがないのならもう勝手にしてくれていい
だけど自分は絶対に夢を諦めないのだとリックとはここで喧嘩別れしてしまったということか…

この日のことを死ぬほど後悔したしそれこそ後悔なんて言葉じゃ全く足りないほど
日曜日、祖父とリックの乗った車は買出しに向かう途中事故で凍った湖へ転落し返らぬ人に
トラックと衝突し乗用車が凍った路面に足をとられ湖に転落したとの事実だけど二人にとっては
多分自分達が約束を破ったからリックは帰ってこなかったとか、罪の意識に苛まれたんじゃ…
事故から二週間学校も休み顔を出さないビンスとピコに心配しつつも無理もないと言う学校側
自分の部屋のISSの写真やカレンダーの印を見たビンスは待ち合わせの場所へ急いで向かう!

そしてピコもロケット製作室においてきた破片をとりに戻り同じ場所へ…
何度謝っても謝りきれなかった、なんであのとき誘いを断ってしまったのかそれはビンスも同じ
「迷ってる暇なんてない、人生は短いんだ!」
「テンションのあがらないことにパワー使ってる場合じゃねえ」
そうか、ビンスの時間を無駄にしない考えはここからきてるんですね…
リックの想いを一度無下にしたことで失われてしまった時間、もう絶対に戻らないし叶えられない
友人のためにも少しでも早く宇宙飛行士になろうと形振り構わず進むことを決めたんだなあ(涙)
親の反対を押し切ってまでも夢を成し遂げた二人の努力は本当に凄いです!!
資金面の援助ももらえなかったと思うし、そのため軍に入って学費援助してもらったりしたのかな

一方、吾妻さん達の到着を祝って出迎えた月面基地クルー
フレディのポエム前置きがかなり長かったけどベルを慣らすよう言われて入ってきたメンバー
足を踏み入れた吾妻さんがどこか和やかで嬉しそうなのがいいですね!
自分に構うなといっていた吾妻さんがピンチに陥ったヒビトを助けるためムッタの提案を信じてブライアン三号を移動させてくれたのですよね、だから命の恩人の一人
仲間の言葉を思い出し振り返った吾妻さんに感謝の気持ちを込めて直角に頭を下げる!
そんな日々との肩こをぽんぽんと軽く叩いて握手を求める吾妻さんに感極まってしまったよ!!

いよいよ四日後の帰還に向けて準備をするわけだけど、久々にムッタも再会できることに
先ほどビンスたちと飲んでいたとき何を話していたのか、熱を出したことなど自己管理が甘い
鍛え方が足りないと説教されたし携帯を探しに戻ったことの判断も決して正しくはないと言われた
砂漠を月面だと考えればあんな無謀な行動はとらなかったはず、キツク言い聞かされたんですね
無理をさせたと謝る新田にE班は一番アクシデントが多かったがその分一番成長したと思っていいと
…ちょ、ビンス教官もデレたー!!これって少しだけど褒めてくれてるってことでいいですよね!?

コンペティション当日
天気は快晴、参加者には日本人らしき人もいるということで海人のTシャツきてたら間違いないw
昨夜雨が降ったせいでローバーが走るコースが一部濡れているとピコに知らされたケンジとムッタ
どのチームも悪条件なのは同じだがもしローバーが濡れた地帯を通る羽目になったらスポンジの
タイヤがどうなるかは明白、裁く競技では最強だと思っていたがよりによって雨が降るとは…
どうしようかって焦るムッタはいつものことだけどケンジまで青ざめてるのは珍しいなあ(苦笑)
ロケットの発射まで、抽選回で一番を引けば一時間後にはもう空の上――
あわわ、ここにきて失敗となってしまうのか、せっかくのコンペだから優勝目指したいだろうし
とはいえ次回予告からするとくじ運が悪かったようだしどうやって対処するのか気になります!

次回「海人と宇宙人」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/52559-0f2b.html

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(8)   Top↑

2013.05.25 Sat
ちはやふる2 第20話「あきのたの」
『団体戦で優勝し、日本一になった瑞沢高校かるた部。優勝の重み、ここまでの道のりに対しての想いが湧き出してくる。そんな中、千早は指の痛みを感じ病院へ。千早の怪我の心配がされるなか大会2日目、クイーンや新が出場する個人戦が始まる。』


団体戦優勝を果たし表彰式で賞状と優勝旗授与されることになった瑞沢高校
賞状は太一、優勝旗は千早となっただろうけど全国かるた部の想いが詰まった優勝旗ですしね
にしても富士崎が優勝独占で十連覇してるっていうのもこれまた凄いなぁ
相当ずっしりとした重さがあっただろうし改めて団体戦優勝の実感を噛みしめることに――…
しかしそんなやはり無理がたたったのか指の痛みはどんどん強くなり違和感を感じる千早

トロフィーやメダルなど整理している中どこか診察できる病院はあるかと訊ねた千早の指が
かなり腫れてることに気づき救急病院へ付き添われ向かうことになったりと不安にもなる…
去年も千早が倒れてて経験済みだからこういうところ手際いいけど太一も心配そうでしたし
というか絶妙のタイミングでお土産渡しに来た新が
ちらっと千早のこと気にしてたけどあえて話逸らしてた感じがしましたね(苦笑)
全国大会三位入賞した北央メンバーは駅まで走っていくとか須藤先輩先導で凄い白熱してるw
明石女子は相変わらず夕ちゃんが男前でしたね、メンバーを仕切ってたりカッコイイ!!
すれ違った恵夢ちゃんの雰囲気といいもう既に個人戦へ向けて気持ちを切り替えてる様子でしたね!

車の迎えが来るまでの間新と二人で話すことにした太一、千早と三人が幼馴染とわかり
何やら三角関係だと興味津々で質問攻めする菫ちゃんの勢いに新もちょっと引き気味ですからw
後ろで実は自分とヒョロ君も幼馴染アピールしてた肉まんくんがスルーされてたのが(苦笑)
千早が必死に勧誘した新入生だという言葉になんだか感慨深そうな新がまた…
「俺にとってチームは唯一 太一と千早やったんや」
ずっと一人でやってきた新にとって初めてできたチームであって大事にしたかったんですね
月を見上げてこんなこというのも気持ち悪いとか照れ臭そうにしてたけどそんなことないよ
それは関係ないけど個人戦で優勝し東京の大学へ進学しようと思っていることを打ち明ける!
東京へ新がやってくる――…今までは距離離れていたけど新が間近にとなると余計太一が~(汗)
いつか千早は新とチームになりたいと思っているが自分は違うし新は敵…これも伏線ですよね!!
仲間じゃなくて常に追いかけてるライバルで同じ土俵に立ちたい気持ちは今も変わらないんだなぁ
下を向いてて表情を見えない太一が腕を抱えたまま新と別れるシーン、背景の夜景の近江神宮
の雰囲気といいなんだかぞくっとする感じもあって印象に残りました!

一方、病院で診察を受けた千早の症状は詳しい症状は不明
骨に罅が入ってるわけじゃないし剥離骨折した欠片だとしても骨折ならもっと痛みもあるはず
精密検査のため大きな病院で検査するよう紹介状を書いてくれるとのことでどんどん大事に…
競技かるたは激しい動きをするし当然無理、骨に弱い部分ができているのは確かであたると痛い
諦めるしかないと言われてホテルに戻った千早はすっかり落ち込んじゃって…
千早の様子がおかしいと思いつつも出会いがしらのかなちゃんと菫ちゃんはお風呂へ向かい
間違えて男子部屋に入った千早だけど疲れて寝てる太一に近寄り背中に頭こつんとぶつけてるのが
太一の寝息を傍で感じながら近江神宮初日からのことを思い出す千早――
ここから一期EDに会わせて回想シーンでそれぞれのメンバーとの対戦を振り返る!!
でも「そしていま」はなんか今聞くとさらにぐっとくるものがあるなあ…
明石女子との白熱した試合模様、運命戦で見事札を抜いた机くん、突き指してしまったかなちゃん
怪我したのがエースじゃなくてラッキーだし代わりに入れる一年生もいていいシナリオだと
そのまま決勝戦の富士崎との戦いで初めて反応や感じのよさの違う理音と対峙し驚きを隠せない
そんな中囲い手破りをしたときに指がぶつかり負傷してしまった千早、そして団結する男子陣!

机くん、筑波君が負けて二敗してしまった瑞沢は追い詰められあとがなくなりピンチ…
周囲が富士崎五連覇するとほぼ確信する中ここから三勝を諦めない太一の掛け声で引き締まる!
最後の一枚は千早がとり瑞沢一勝の声はあがらないまま二組童子の運命戦になだれ込む――
もう一勝運命戦で自陣が出なくてもいいからこの瞬かな今この場で出てほしいと祈る太一
想いが通じたのか自陣の札が詠まれ瑞沢優勝へと繋がったのですよね、振り返っても泣ける(涙)
てか太一は実は途中で起きてドキドキしてるシーンとかあったらよかったんですけどね(!)

出場を止められたことを翌朝になって打ち明けた千早、朝治ってるといいなと思ってたってw
まあ無理して完治しないレベルまでいったらやばいですしねここはぐっと我慢しないと
他のメンバーにもさすがに止められる始末だし気持ちはわかるが団体戦優勝したし十分頑張った
休もうと女帝にも促されたけれど、やっぱり悔し泣きしたのか目元が赤い千早は出たいだろうな…
その背後でちらちら気にしつつ新しいTシャツを押し付けてきた肉まん君のお姉ちゃん
そこには『祝』のアップリケが追加されてたり徹夜して一人一人の分つけてくれたんですね!

出たいとわくわくする千早に野生の獣は怪我しても鈍くていいなとドSの須藤先輩来たー!!
無茶してへなちょこな結果だったら団体戦優勝校は個人戦じゃぱっとしないと言われるってw
あはは、ここにきて上から目線でとことん挑発されて瑞沢メンバーもイラットしてる(苦笑)
目標は個人戦各階級優勝、団体戦優勝校として全力で成し遂げる――…!
富士崎は自力を見せて全員A級で上位総なめしてこいと桜沢先生に発破をかけられてましたね
そしてB級の理音も随分表情が変わったりいい意味で侮れないって感じになりそうで楽しみ
負けたら琵琶湖に放り込むって須藤先輩本気でやると思うので気は抜けないですねww
雪辱を果たして帰ると円陣を組む明石女子も気合十分!

団体戦も新校で盛り上がったしかるた会前回の層が厚くなりそうだと話す協会の人達
団体戦は力任せに札をとりあっているだけで若くて雑な試合ばかり、ただし個人戦では巧みな
駆け引きのある試合が期待できると思っていると胸躍らすかるた協会会長間下十段
でも確かにA級ってそれ以上上がないから段位で幅があるしクイーンや名人も参戦してるから
そういう意味でもかなり乱戦状態でどんでん返しがあったり色々と見所たっぷりなのですよね

そして超A級の詩暢ちゃんの残念な私服来たー!!!
あの格好もそうだけど肩で風切って歩いてたりとこれは目立つよw
素振りするだけで指に激痛が走る千早、相当痛みをこらえてるようだけど試合はどうするのか
しかし詩暢ちゃんの姿を目撃し詩暢ちゃんが左利きなのを思い出した千早は左手でできるところまでとるとまた無茶なことを言いますよね、でもそれだけ対戦したいメンバーがいる…
そういえばTシャツに着替える新のカットがやたらかっこよかったなぁ、作画の違いが気になる(笑)

全員が優勝を目指してくる個人戦がスタートする!!
千早の初戦の対戦カードは肉まんくんもびびるほどの攻めがるたをする夕ちゃんに(苦笑)
右手でやっても吹っ飛ばされるというのに左手でどうやるのかと慌ててるし
そんな中初戦の対戦カードを見る詩暢ちゃんに強いんだからシードでいいという声も…
一回戦の相手を気にするのは新とあたるかどうかですよね、しかし新の対戦相手は翔二!
団体戦でチームになったというのに個人戦一回戦で当たるとは何とも皮肉なものだ~
ちなみに詩暢ちゃんが激やせしたのはスノー丸大福が販売終了になったからだそうでw
首にスノー丸の保冷グッズで熱さ対策も抜かりなかったりとほんといろんな意味で話題に

新との対戦カードにならず舌打ちしつつやってきた新にいけず全開な詩暢嬢w
また一回戦であたらなくてよかったし何年かの成長分の差をを見せつけられることだったと
いつもの調子の詩暢ちゃんに安心したのか笑い返す新といいこのコンビもやっぱ好きだ♪
「新だけやない、全員や 団体戦なんてお遊びやったって言わせたる 全員潰したるわ」
笑顔でいっておいて振り返った途端にこの気迫ですからねー、ラスボスの風格半端ないw
新が千早に気づき声をかけようとしたけど既に一回戦開始の合図となり会場へ移動することに
思わず怪我した右手を隠してしまったり新たには知られたくないって感じでしたね…
同じ畳の上に新がいると改めて感じた千早は本当に嬉しそうだなあ!
こうなってくるとますます別の階にいる太一が不憫になってくるんですけど(苦笑)

今日こそ勝ち上がり勝ち抜いてと名人への道をイメージするヒョロ君が鬱陶しいw
そんな中なんでここにいるのかと訊ねてきた太一は団体戦で燃え尽き症候群になったのか?
最大のライバルが脱落して優勝確定かと喜んでるヒョロ君、そんなんじゃ足元掬われるよ~
太一も多分千早と新がA級なのにどうしてまだ自分は…って考えたりしたんじゃないかと(汗)

D級の二人は別会場、C級の机くんとかなちゃんは社務所、B級は一階でA級は二階と見に来た女帝
全国大会ともなると応援も厚く親も見に来てるとそこにはハラハラする新の両親の姿も~
まあ優勝じゃなくてどこかで負けて欲しい…ってこの二人は思ってるだろうけど(苦笑)
須藤先輩が見てるのは甘糟君ですかね、まだ何もないのに視線が怖く感じるのはなぜw
新の姿を確認しつついよいよ一回戦開始――…左手のストレッチをしつつ読手に耳を澄ます千早
しかし最初に札をとったのはゆうちゃん、恵夢ちゃんにあたるまでは負けないと決意を!!
反応は千早の方が速いけどやはり左手だとハンデになってしまって一歩出遅れてしまう状態
音は聞けても体や左手が慣れてない為苦戦してしまうしどうやって戦っていくのか…
一度左手で戦うと決めた以上試合中は腕を変えてというのもできないから左手でやらなきゃだし
ここから千早がどうするのかもだけど詩暢嬢や新、太一サイドの試合展開も楽しみです!

次回「なこそながれて なほきこえけれ」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/252420-411a.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(28)   Top↑

2013.05.24 Fri
革命機ヴァルヴレイヴ 第7話「瓦礫の下のハルト」
第三銀河帝国歴214年
アバンではいきなり未来に話が飛んでたけどなんでこのタイミングだったんだろ(苦笑)
ヴァルヴレイヴ四号機に乗って敵を殲滅していたのはサキ!
黄金の七人とか言われてたから全部で七機出てくることになるのかなあ
…今が真歴71年だからその間ずっと不老不死で生き続けていたということなんですかね
それにしても誰の写真に向かって200年経っても約束は約束といってたのか気になる…!

地下の収容施設にあった大量のヴァルヴレイヴのことを他の生徒にも打ち明けたハルト
あれだけ大々的に戦ってしまった以上もう隠しておけるはずはないですよね
貴重な戦力になるし生徒会で引き受けようとするサトミに絶対に触れさせないと猛反対!
というか備品シールで生徒会所持にしようとかなんか色々おかしいと思うんだけど(苦笑)
ただしはっきり理由が話せないから埒が明かないわけだけど勝負は嫌いだけど一度決めたら
強情だとこういう時のハルトは頑固でてこでも動かないと昔話を持ち出したショーコがw
とにかく一番よくしっているのはハルトだし扱いは任せてもらえないか多数決で決定
乗るにしても調査してからだし生徒の安全を配慮する責任があると出てきた貴生川先生に制止
され拗ねたサトミはさっさと出ていっちゃったりなんだか面倒くさいことになりそうな(苦笑)
何かと絡んでくる貴生川先生も段々怪しく思えてきたんですけど…
一方潜入捜査していたアードライはカイン大佐からの任務を遂行し写真を送信していたけど
地下にはまだヴァルヴレイヴのパーツが厳重に保管されていたりと色々気になりますね…
そしてやはり一番の目的はエルエルフということで場所を移動することに!

ああいうときは絶対理由があるからとお互いのことがよくわかってるショーコとハルトに少し
イラっとしてるサキ、恋愛感情ないっていってたけどやっぱり気になり始めてるんですかね
…個人的にはハルトにはデレないでツンツンキャラでいてほしいなあw
ヴァルヴレイヴに乗れないせいか戦闘訓練と称して憂さ晴らししているライゾウがまた(苦笑)
ただ人間じゃなくなる事実を知らないしだから一機だけじゃないことを言えなかったのだと
守れたものもたくさんあるが発作が起きると獣になったように吸血衝動が起こり不死身の身体は
まるで他人のようで本当は死んでいるんじゃないかと思うこともある――…
サキとは違って勢いで選択したようなものだから後になってどんどん不安になってきたのかな
大丈夫だしハルトは人間で仲間なのは変わらないと励ましてくれたアイナ
お礼を言われて照れてたりそんなアイナを見てるキューマが寂しそうだったり何やら複雑な??

タカヒから人気のない場所に呼び出されじっと顔を見つめられて思わずドキドキしたサトミ
とはいえこれはタカヒからしたらハルトと比較してときめくかどうかの確認だったわけかw
…まあハルトとはいえあれ中身はサキだったから事実わかったらまた荒れそうだけども(笑)
モニターで監視してたアキラもお兄ちゃんバグってるとか言われてるのがw
消火器付近で何か仕掛けていたエルエルフに気付いたアキラが監視しているのに逆に察知し
アキラのダンボール区画に乗り込んで縄で縛っちゃったりと相変わらず半端ないんですが!

一方食事作りしていたショーコたち…というかショーコが作ってる料理が闇鍋すぎてww
味見役に抜擢されたサキによれば味はよかったみたいだけど、そもそも火傷するし
見た目よりも中身の女とか、それ以前にとても味がおいしいとは思えないんですけど(苦笑)
何も役に立てないが借りっぱなしは嫌だとこの前の応援時の仮を返するつもりで手伝ったようで
サキもショーコも基本サバサバしてるから案外いいコンビになったりするかもですね

っていつのまにか乱入して試食してるエルエルフさんにツッコミしたく
ドルシア軍人だって警戒してたけどわかってるなら野放しにしてるのもおかしいですよw
新生ジオールの軍事的発展と領土拡大についての計画書をなぜかショーコに渡したエルエルフ
パイロット選定テスト、アルスとの軍事同盟締結、完全徴兵制の実施とジオールを軍事国家に!?
それ以外で生き残る術はないと交渉したけど取引は決裂したため隔壁を操作し学校を占拠する!
今後ジオール国民は徴兵制度の対象となり国家伸張の礎として命を捨ててもらうのだと宣言を

校内には既に多数のトラップを設置し死にたくなければ迂闊に動かないことだと脅迫まで
校舎の外から回り込んで3階まで意地と根性で乗り込んできたライゾウは木刀を持参して来た!
そして調理室にもエルエルフがいるのだからトラップはないだろうと包丁を向けるサキ
そんな二人を前に瞬殺で倒した描写もカットされたりと相変わらず半端ない強さですねw

ヴァルヴレイヴの機体内部の仕組みを確認しながらやりとりしていたハルトとアイナ
突然サキがショーコの料理を手伝いたいといったのはお礼のつもりだろうと言うアイナ
以前膝を汚しているのに気づき絆創膏をあげたことがあったとそこで接点があったのか…
ハルトのことを「かみつき」といってたけど神憑きと噛みつきかけてたんですねw
不死身で人に乗り移れてロボットを操れてそんなの神様しかいないって…それもどうなの(苦笑)
とはいえ化物よりはずっといいと言われて照れてたりハルトもまんざでもなさそうだったし
でもこのやりとり見てるとアイナは恋愛感情っていうより尊敬とか信頼って感じがしましたが…

エルエルフからの校内放送で指名され呼び出されたハルトは急遽ヴァルヴレイヴの下へ!
でもそんな行動もお見通しってわけで乗り込もうとした瞬間後ろから銃をつきつけられることに
というかむしろエルエルフのこと甘く見すぎでしたよね、ようやく痛感することになったと(苦笑)
争いのない世界など幻想、そんな甘い考えでは大事な人は守れないと突きつけられる!!

そんな最中アードライの襲撃に遭ったけどすぐさまハルトを盾にしたりと容赦ない反応ですね
というかエルエルフはどこまで先読みしてるんだか、アードライの襲撃も考えていた仕掛けを作動
閃光弾に目が眩んだ隙を突いて背後に廻り形勢逆転したエルエルフに対し裏切ったと思いたくない
信じなければ許すのかという問いかけにいずれ自分の片腕になるべき男だし最高の腕を得るために
片目を失うなど惜しくはないとかアードライのエルエルフへの執着っぷりが半端ないよ(汗)
目は義眼だとしても銃弾で撃たれたわりには目の傷がまっすぐとか変な傷跡だったような…

誰の腕にもならないし自分の腕としてハルトを見つけたと――
おやおや、完全にアードライが振られちゃいましたけどこれじゃますます苛立ちそうでw
三角関係勃発の中(ぁ)援護にやってきたクーフィアは確保という言葉を蹴り機銃乱射を開始
ってここでハルトを追いかけて隠れていたアイナが巻き込まれたシーンが一瞬ちらっと(汗)
クーフィアの機体に乗り込んだアードライを見てモジュールの外へと追い出したエルエルフ
そういえば育ちのよさがいいとかいってたけどアードライも皇族か何かだったりするのかな
外で待機していたイクスアイン部隊は包囲陣形をとりつつモジュールへ向けて攻撃を開始!

特別に新しいステップを見せてあげると強気で出撃したサキだけどすぐに窮地になった(苦笑)
治安維持対策に作られた捕獲用電磁吸着ブーメランで拘束され身動きがとれずにピンチ!
鉄柱に足を挟まれ動けないハルト、足を切断すればヴァルヴレイヴの操縦に支障を来きたす
どかす時間はないと導き出した決断は体を入れ替えたハルトに託してみるということ
自分の体を使えと腕を差し出したエルエルフをいまいち信用できないハルトに他の方法も
起動する保障もないが最も確率の高い選択肢でリスクも計算済みだとか度胸もさすがですね…

急激な温度上昇により焦るサキの前に駆けつけたのはエルエルフの体を借りたハルト
つまり本人だと確認できれば別人の体でも搭乗できるってわけですか…
目標はブーメランを射出する機体だけ、接近する相手には白兵戦を選択する傾向のハーノイン
というか出撃体制やメンバーの癖とかも予言してあるエルエルフのメモが凄すぎるんですがw
目標は撃破に非ず射出装置の破壊、見事ハーノインの機体を撃破することになったハルト!
やっぱり戦闘慣れしてるせいかエルエルフの時のほうが機体性能もアップしてる感じですね
既に当初の目的は頓挫しているし一度撤退して立て直すとまたドルシアはあっさり退却を
なんかエルエルフさんが凄すぎて元メンバーの戦力が色々と残念に感じるんですけど(苦笑)

下敷きになっているハルトを助けようと皆に見られる前にどこかに運んでおこうとした
キューマは連絡をとろうとしたけど、目の前で無残な姿となったアイナを目撃することに
瓦礫でうまく隠れてたけど腕も千切れてる感じでしたよね…(汗)
これでキューマがハルトを攻めたりヴァルヴレイヴパイロットになるフラグなのかな?
そしてエルエルフのポケットから見つけた一枚の写真に写っていた女の子
涙が止まらなくなったりとこれがエルエルフの本心ということなのか、関係性が気になる所
うん、ハルトのハーレム関係よりもエルエルフさん主体でやった方が絶対いいと思いますw
EDも今日から一新して大分変わってましたね!個人的に曲は前の方が好きです(ぁ)
アードライが持ってた二丁拳銃の片方ってエルエルフのものだったりするのやら…ようやく話も進み始めたし面白くなっていきそうですね!

次回「光の王女」

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(0)   TrackBack(14)   Top↑

2013.05.24 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第8話「変容の水曜日Ⅱ」
三体同時出現のメグレズと対峙するため名古屋港で待機する亜衣梨やロナウド達
火曜日に出現したセプテントリオンとは随分違うタイプだけど、情報もなかったわけだし
レジスタンスメンバーだけでこれを受けようとしてたのなら即壊滅してたかもしれないですね…
よろしく頼むといわれて別に部下になったわけじゃないけど協力するとここでもツンデレが(ぁ)

同時刻の大阪南港釣り園
無駄な犠牲は出したくないし自分達だけの方がいいという響希に大丈夫だろうと同意する維緒
スザクやキクリヒメもいるし、それに緋那子もいますし戦力的にはかなり強いかと
危険だから避難しているよう言われた大地は相変わらず役に立たない立ち位置なのが(苦笑)
緋那子にも召喚アプリの遣い方が間違ってるんじゃないかとツッコミされたりこういう扱いw
戦い直前にロナウドからジプスと峰津院家に渡る記録データを受け取った響希
全てを伝えるのは響希が初めてで自分の意志で行動するというのなら渡しておきたいのだと
人間の未来は誰かに統治されるものではないし判断を誤らないでほしいとかフラグすぎるよ…
大和が間違っているのなら止めればいい――…

メグレズの堅い外壁をサラスバティで弱体化させハゲネ、ケットシーとネコショウグンで攻撃
大阪サイドは維緒と響希の連携でほぼ成り立ってるんだけど大地の悪魔は退散してるしw
啓太の弔い合戦のためベルセルクで猛攻を仕掛ける緋那子は悪魔は使う人間の腕によるのだと
言われてむっとしてたけど、本当に最後まで大地は活躍することがなかったりして(苦笑)
外壁が崩壊し現れた核はメラクの時と同じ…ビャッコで貫くことが成功したものの即座に再生!
攻撃が無効化されただけじゃなく反撃の爆撃も繰り返してきたりと本当に厄介な相手ですね
というか三位一体で同時攻撃が必要なのに最初からバラバラに戦っちゃってたのが(ぁ)

他のメンバーが苦戦する中巡れずの動きを止めたり爆雷を回避したりと大和が凄すぎるw
龍脈上にいる自分に敵うと思うなといってたけどまだまだ全然本気出してない感じだったし…
絶えず攻撃を続け核がむき出しになるようにするよう響希とロナウドに命令する大和!
三体同時攻撃しなければメグレズは無限に再生し続けるためタイミングをあわせてやると
車で移動しながら攻撃を続け連絡をとりあい連携するメグレズに苦戦し始めるメンバー
そんなときニカイアから維緒とロナウド、譲の死に顔動画が届いてしまうことに…
すぐに忠告したもののやるしかないし逃げるわけにはいかないし他のサマナーじゃ倒せない
死に顔動画の宣告は回避できると立証したし死ぬつもりもないとか確証も何もないのに(汗)
というか響希が助かったのは大和が駆けつけて間に合ったからなのが大きいですよね…
身の危険を感じたら退避するよう促すロナウドにこんなところでは死ねないという乙女
犬死はするなと言われてそっちもとつっけんどんに返す亜衣梨、ここでは誰も死なず生き残る!

通天閣まで三キロ、名古屋テレビ塔まで580m地点に接近したメグレズ
名古屋芸術劇場を破壊したメグレズに呆然とする亜衣梨、父親との思い出の場所だったようで
一気に魔力数値があがっていたけど魔力の上昇て感情の急激な変化とか関係してるのかな??
地下に仕掛けた爆薬を爆発させメグレズの動きが止まった瞬間攻撃を続行する名古屋チーム
いつもと同じように普通に暮らしていたのに何も出来ず死んでいった仲間や家族
神だろうが悪魔だろうがこんなことしていいはずないし皆を殺した奴を絶対に許さないのだと
ローレライを召喚しメグレズを全方位から貫いた亜衣梨!!
核がそれぞれ剥き出しになり三か所同時にケルベロス・ハゲネ・ビャッコで核を倒すことに成功!!

しかし成功したかと思いきや最後の攻撃によって回避できずロナウド達三人が犠牲に…
というかあの威力なら純吾と亜衣梨二人だけがよく助かったなあという感じだったんですけど(汗)
そして状況終了だと淡々と告げる大和に動揺を隠しつつ答える真琴もなんともいえないし
自分で決めたことをやっただけ、自分自身も選択したことだと響希も拳を握りしめているのが
セプテントリオンを倒すことができたとしても仲間が犠牲になるのはやはりキツイですね

宮下公園地下
第四のセプテントリオンは倒したからそれでいいと言う大和に付き添っていた菅野博士
峰津院家が代々保管してきた魔装ブリューナクは調整を続けてきたがあとは適応者次第
選択の余地などないとつまりこのために維緒を生贄に捧げるっていうことになるんでしょうか
ロナウドも乙女も誰も皆死ぬ理由なんてなかったのにセプテントリオンとは何か、なぜ襲うのか
夢なら醒めてほしいと願う響希の前に人間の言葉でいうのならこれは現実だと現れた憂う者

人間を弄ぶのが面白いのか、そう思う悪魔たちもいるだろうが響希は思い違いをしている
死に顔動画を作れる力があるのなら人間を助けてほしいという響希にそれはできないのだと
これは人間への試練であり自ら可能性を示さなければ何も成し得たことにはならない
万能なる秩序の管理者 ポラリス
この世界の秩序を維持するためには人間の存在が最も美しくないと考えるに至った
認識の仕方によっては神と思う者もいるだろうがただ世界の摂理を守ろうとしているだけ
人間という存在は不思議な首、存続させるための意志を失ってなお無自覚に繁栄を続けている
世界の摂理として不自然と思っているポラリスの見方は一方的で滅ぼしていい理由にはならない

響希と同じくおかしいと思った、元来そんなことを思うはずのない存在なのに…
アルコルはポラリスの剣、セプテントリオンなのだと!
セプテントリオンはポラリスの考えを維持する装置、ただの装置で仲間意識もないはずだった
なのに人間を思い憂いている、こんな存在が生まれたこと自体ポラリスは万能ではないのかも
だから悪魔召喚アプリという武器を与えたのかと訊ねる響希に生き残りたいというなら
意志を示す機会が必要であるし装置である自分は反逆することはできないが選択を託すことはできる
だから問いかけをしてどんな選択肢をとるのか見定めたいと思っていたんでしょうか
受け止め方がわからず動揺する響希にどうして意志など持ったのか、苦しいなら持つべきでない
自分は何者なのか受け止めてはくれないのかと自問自答を繰り返すアルコル
意志を示し選択しなければ世界が無に帰すことも全て大和は周知の事実!

物質も時間も概念もないというのが無、消失するというのは本当に消えてなくなるということ
文明歴史世界、人間の存在があったこと事実人間という概念そのものが消されなかったことに
約束された裁定は七日間
全ての試練を乗り越えられた時人間は初めてポラリスの審判に立ち会うことができる…
ずっと見守ってきた人間の世界、育んできた人間の世界が消えて失いたくないと漏らすアルコル
元々人間の社会を繁栄させたのもアルコルということだったんですかね
そして無が侵食し残っている世界も僅かで日本もじわじわと侵食が始まっている…
というか日本海側の地域がほとんど全滅してるんですがこんなことになってるとは思わず
物理ではなく認識、概念からの消失、生命があった事実が過去現在未来全て消えうせる

敵は倒すだけど失われた世界で生き残っても意味がないし救いなんてないと想う響希に対し
救われようなどとは思っていない正反対の大和、全て終えたあとどうするつもりなのか…
ラスボスはポラリスということになりそうだけど今後も容赦なく退場者が増えそうだなあ(汗)

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/devil-survivo-3.html

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(13)   Top↑

2013.05.24 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第8話「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」
『キャンプに同行して二日目。川遊びなどキャンプを楽しんでいた八幡以外の奉仕部と戸塚、葉山グループだったが、一つ気になることが。小学生グループ内で孤立している鶴見留美の存在だ。夜、肝試しの脅かし役としてスタンバイすることになった八幡たちは、留美のためにとある作戦を実行することになる。』


キャンプも二日目に突入した朝、さいちゃんに起こされて期待する八幡がおかしすぎるww
しかもTシャツ着崩してるから妙な色気が…朝チュンかと勘違いしても仕方ないか(ぁ)
夏休みあまり運動してないだろうとテニスに誘うさいちゃんからメアド聞かれることにー!!
暇潰し機能付き目覚まし時計としか使ってないスマホについにさいちゃんのメアドがと感動w
というかさいちゃんの初メールの女子力の高さに圧倒される~音声つきで配布してください!

夜に肝試しとキャンプファイヤーの予定があるため八幡達は準備担当
フォークダンスときいてベントラーベントラーとか小町ちゃん宇宙人呼ばないでくださいw
相手にするのは宇宙人みたいなものだから同じようなものだという八幡のトラウマ回想が(苦笑)
小学生の時最初にペアになった女子から手繋がなくてもいいと拒否られそれ以降順番がまわった
女子からも同じように断られひとりオクラホマミキサー状態とか悲しすぎるじゃないか…!
腐った目してるからお化け役にもぴったりとか言われてたけど八幡達は脅かし役担当なんですね

戸部が割った薪をひたすら組み立てていく八幡は一人ジェンガしてるみたいだとすっかり
やりこんで完璧に組み立てているけど振り返ってみると最早誰もおらず寂しい状態にw
川辺で遊ぶ小町ちゃんと結衣を発見した八幡!
新しい水着を見せびらかす小町ちゃん相変わらずあざと可愛すぎる~どこのグラビアですか♪
感想聞かれてさらっと世界一可愛いとかいっちゃうシスコンな八幡にも若干イラっとしたw
結衣の場合は胸元が直視できずギクシャクしてたり煩悩をはらおうと川で顔洗って清めてるww
ホルタ―ネックの水着来てる雪乃も可愛いですね~そして平塚先生は大人の女性なナイスバディ
ちゃんと褒めればいいのに余計なこといって腹パンされる八幡はお決まりのパターンすぎる~
通りがかった優美子は雪乃と自分のスタイル比較して勝ったと誇らしげだし…一瞬わからなかった
雪乃だけど小町や八幡にいろいろ言われて介錯した結果胸のことを言われてたとわかり自覚(苦笑)
というかまた平塚先生の慰め方が漫画からっていう…いえなんでもないですけど!
それにしても水遊びするメンバーの中で一番可愛いのがさいちゃんというのがなんとも複雑ですw

水着持ってないから木陰でぼんやり眺めてる八幡のところへ声をかけてきた留美ちゃん
自由行動で朝ご飯が終わって部屋に戻ったら誰もいなかったのだとそれでここへきたのですね
でもやっぱり一人でいるのも手持無沙汰でどこか寂しいと思うところもあったんじゃないのかな
八幡と呼び捨てにされてたけど、なんか共感してくれそうな八幡に少し懐いてる感じもするし…
小学生の頃友達はいなかったが大体みんな同じだし卒業したら一人も会わなくなるとか
雪乃も同調したけど特殊は英語だとスペシャルだし優れてるっぽいだとかものはいいようですね
ちなみに結衣も小学校の時の同級生でも今でも会う人は何人いるかと訊ねて確率的には3~6%
八方美人の結衣ですらこんなのだからと美人と言われて勘違いして喜んでるのが悲しいw
常人の場合は二方美人ぐらいだから四で割ったら大体1%で誤差だから四捨五入で切り捨てていい
でもそう考えると気が楽かもしれないし皆と仲良くするのはしんどいときもあるだろうとフォロー
母親は納得しないしいつも訊かれて林間学校でも友達とたくさん写真をとってこいと言われた
そっか、それで一人でカメラ気にして触ってたのですね…友達いないとはいえないものなあ(汗)
シカとされると一番下だと感じて惨めっぽいし嫌だけど見捨ててしまったから仲良くできない
仲良くしてもまた今の状態になるかわからないから怖い、ならばこのままでいいと思い始めた
どうせ変わらないならもういいやって諦めて見限ってしまったとは何とも切ないものがあるよ…

自分が変われば世界が変わるというがそんなことはないし人が人を評価するのは固定観念と印象
ぼっちであることを強要され頑張って目立てば攻撃の材料にされるだけ、それが子供世界のルール
世界は変わらないが自分は変えられる、さてどう変わるのか――それは新世界の神になる!
惨めであるのが嫌だという留美ちゃんに肝試しが楽しいといい去った八幡の演出がラスボスw

夜の肝試しの準備に取り掛かろうと仮装衣装を取り出したはいいものの明らかに路線がおかしい~
魔法使いコスなさいちゃん可愛い~!このまま迷わずさいちゃんルートに入りそうで怖いっていっそのこと入っちゃえば清々しくなると思うよw
猫女な小町ちゃんのコス鑑定して嬉しそうな雪乃は着物で雪女コスですか~似合う似合う!
鏡の前で百面相&もじもじしてる結衣のデビルコスはセクシー路線狙ってるんですかね
一番ツッコミしたいのはどうてみても隼人の格好なんだけど、何のコスかもわからないww
それはさておきハブにされてる留美ちゃんの問題をどう解決するのか
本人が一人ずつ話してもその場でいい顔してもあとで悪口をいったり責められたりするだけ
せっかくの肝試しだし利用するに限る、人間関係に悩みを抱えるならそれ自体壊してしまえば
悩むことはなくなるし皆がぼっちになれば争いも揉め事も起きないだろうと一つ提案した八幡

早速肝試しスタートとなったけど結衣のデビスコスは可愛すぎて迫力がなくて笑われているw
そしてラスト、留美ちゃん達の班がスタートしたけれどその先に待っていたのは優美子と戸部
普通の格好をしていて全然怖くないと馬鹿にする小学生達にヤンキー絡みしてきたー!!
誰がいったのかとかいかにもな不良な演技がうまいんですけど普段やりなれてるんで?(コラ)
半分は見逃すけどあとの半分は残るよう自分達で決めていいと静かに威圧する隼人も怖いし

人間本当に怖い思いしたら人のことなんて考えられずまわりを犠牲にしても助かろうとしたがる
醜い部分を晒せばもう仲良くなんてできないし連中をバラバラにすればいいといっていた八幡の
作戦だと解決はできないが問題の解消はできる、逃げちゃダメなんて強者の考え方でしかない
いつも自分が悪いなんてことはない、社会や周囲誰かが間違っていることもたくさんあるし
自分は変えられるなんてゴミみたいな冷淡で残酷な世界に順応して負けを認めて隷属する行為であり綺麗な言葉で飾って自分すら騙している欺瞞にすらすぎない
卑屈に捻くれて見てる八幡だからこそ考え付いたものだしこんな風にとらえていたんだなぁ
そんな八幡だからこそ彼女が気にかける理由も少しわかった…彼女って雪乃のことなのかな?
ただし全員が一致団結し解決する方にもかけると悪役を受けてくれた隼人もお人よしですよね…

残り二人となり責任を押し付け合い仲間外れにしようと徐々に本心が漏れ出す班のメンバー
お互いを貶しあう場の中でゆかという子が押し出され、残り一人となったけれどここでドッキリ
と打ち明ける作戦だったもののカウントダウンが終わる直前手をあげてカメラのフラッシュで
目晦まししその隙に手を引いて皆を先導して助けたりと驚きの行動に出た瑠海ちゃんが!!
誰かを貶め泣ければ仲良くできないグループが本物の友達のはずないが偽物だとわかっていて
それでも手を差し伸べたいと思ったのなら本物、あの班の「友達」は結局崩壊したのですね
えげつないやり方だしあの子たちにはトラウマになったろうけど確かに手っ取り早い方法(汗)

一歩間違えれば問題になっていたものだしそこそ親や教師に話がいったら大騒動ですよね(汗)
ギリギリの綱渡りをしたが時間のない仲でよくやったし最低の方法だった、ただし最低の底辺に
いるからこそどん底に落ちた人間に寄り添えるのかもしれないし資質は貴重だと褒められ…
大元の解決にはなっていないけどそれでも少しでも救われたんじゃないのかな
それに最後の最後でどうするか選択したのは留美ちゃん自身ですからね!
いいことはしてないし報われなかったとしても随分楽になったはずだしお膳立てをしたのは八幡
「誰からも褒められなくても一つくらいいいことがあっても許されると思うわ」
遠回りながらも雪乃からのフォローですよね!
おつかれの花火大会の最中飲み物を持ってきてくれた隼人、悪役もそんなに悪くなかったのだと
似たような光景を前に何もしなかったことを思い出したけどもし同じ小学校だったらどうだったか
ぼっちが一人増えただけという八幡に色々なことが違う結末になっていたかもしれない…
ただし八幡とは仲良くなれなかっただろうといつのまにか八幡の名字覚えてくれたのが!!
今まではクラスメイトの一人だったけど八幡がどういう人かわかって認識してくれたのかなあ
それにしても、高校生でここまで達観しちゃってる八幡はどんだけ壮絶な過去があったのか…

ボランティアを兼ねた合宿も終わり帰りに買い物していこうということで雪野を誘う小町
そんな中校門前に乗りつけたリムジンから降りてきた陽乃、心配で迎えにきたそうですが
無理やり引き離した結衣に関係を問い詰めたり手を出しちゃダメと威圧したり騒がしい(苦笑)
恋人扱いされて全否定する八幡と雪乃の息がぴったりなのが面白いなぁ!!
この二人は友達同士ってほうがしっくりくる気がするし八幡はさいちゃんルートですもんねw
陽乃は平塚先生の教え子、それってといってた八幡は陽乃について何かしってたりするのかな
母親が待ってると言われ買い物には行けないと断った雪乃のさよならが酷く寂しげだったのが…

黒塗り高級車なんてよくあるし体が痛すぎてよく覚えてないと結衣に漏らした八幡だったけど
本当は事故の時八幡が撥ねられた車は雪乃の家のものだったのですね…
雪乃が自分を加害者といってたのもやっぱりこういうことだったとわかったけど痛々しい(汗)
そしてその日以降の夏休み、八幡と雪乃が再び会うことはなかった――…
親に呼び出されたということだけど何があったのかハラハラしつつ次回も気になります!

次回「三度、彼は元来た道へ引き返す。」

http://haruhiism.blogism.jp/archives/52341079.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(12)   Top↑

2013.05.24 Fri
はたらく魔王さま! 第8話「勇者、修羅場に突入する」
魔王様が隣に引っ越してきた若い女性からお手製弁当をもらっているとわかりショックを受け
確認のためやってきたものの一人じゃ不安だからとエミリアまで巻き込んでアパートに乗り込む!
もし刺客で毒入り弁当だとしたら方はついてるだろうと適当なエミリアだったけど
とってつけたように言い訳しないで正面からぶつかれとアドバイスするけど部屋には鈴乃が!!
しかも名前呼びだとわかりますます打撃を受けることになったけどホントわかりやすいなあ(笑)

部屋にあがらせてもらい事情を聞いたところでようやく納得したようですねw
料理上手な鈴乃の丁寧な仕事にすっかり感心しちゃってるけどすぐに仲良くなれそうだ♪
この狭い魔王城に人口密度かなり高くなってる中ルシフェルがダンボールに入ってたのがw
席も食器も足りずルシフェルのはこの前の牛丼の空容器とか相変わらず安定の扱いですね
鈴乃みたいに料理がうまくなりたいというちーちゃんもすぐに上達するだろうとアドバイス
手料理を振舞っているといえば聞こえはいいが実際には大量に余ったうどんを消費させているだけ
仕事が見つかるまで食費を節約しなければいかないとはいえこの量だと腐らせてしまうからだとか
からあげ要求するルシフェルの言葉さらっとスルーされてたのがまたww
正社員などと贅沢岩ないし最低限の生活ができような奉公ができればいい、ならば自分達の
店に来れば新人研修も緊張しないでできるしって魔王様さらっと修羅場フラグ立てないで(苦笑)
…ルシフェルの背後でちーちゃんの顔がすっごいことになってますからね!

人足りてないしシフトもきついから入ってくれると助かるとかさらっと聞かれて困惑することに
すぐに決めることもないしメリットと同じようにデメリットもあるとさりげなく阻止するエミリア
鈴乃もなんだかんだいいつつ笹塚へ居つくことになりそうな予感ですね!
仕事もだけど服装や持ち物などなんとかしてみてはどうか、鈴乃は洋服の持ち合わせがない
エミリアならその点詳しいだろうと鞄を持ち上げたルシフェルのニートが移るからって酷いww
会社が終わったあとなら大丈夫とこのあたりは女子同士でうまくやりくりできて心配なさそう

夏バテなアルシエルを心配するちーちゃんにちゃんと自宅まで送るよう言われることに
自転車に荷台がついてなくて二人乗りできず残念そうなちーちゃんが可愛いなぁ
まあでも二人乗りは罰金とかいってると雰囲気もへったくれもないんですけどw
ちーちゃんが魔王城に来ることは両親は何も言わないのか、どこへ行くかは伝えてあるし
いうなればお母さん公認だとか、お父さんも落ち込み気味ながらも許してくれてるようで~
エミリアと出かけて鈴乃がいないしアルシエルは夏ばてでお昼を作ってくれる人がいないなら
栄養バランスを考えて作ってあげようとか、まるでちーちゃんが新妻みたいになってる(〃∇〃)

異世界の悪魔だとわかって気にならないというのは嘘になるしエミリアとメールのやり取りで
魔王が何をしたのか知っているがそれ以前に魔王さまのことを好きになってしまったのだと!

…告白しちゃったちーちゃんが素直健気で可愛い~人気あるのもわかります♪
個人的にはツンデレエミリアさんプッシュだけど、打ち明けられてドギマギな魔王さまにニヤニヤw
後悔しないよう忠告も受けたけど自分が好きになったのだからどうするかは自分で決める
後輩だとしか思ってなくても別になんともないし魔王さまを好きでいることとは関係ない
そっか、その気がなくてもこれからも魔王様のこと好きでいる覚悟も出来てるんですね

一連の告白シーンから丸々鈴乃に目撃されて茶々まで入れられるとは恥ずかしい(苦笑)
全部聞かれててテンパるちーちゃんは自転車掻っ攫って飛び出しちゃって挙動不審すぎるw
人から好意をよせられることについてどう思うのか、深い意味はないがと訊ねてきた鈴乃に
ストレートにこられると下手に誤魔化したくないし両親に信用されたら誠意を見せなきゃいけない
あれこれ考えて配慮してることが意外な感じだったんですかね、かなり驚いてる表情だった(笑)
待ち合わせに駅までいくなら送ると自然といってのけちゃう魔王さまが天然タラシだ~

待ち合わせしエミリアと出かけることになった鈴乃は電車に乗ったことがない!?
しかも電子カードのsuicaをスイカと勘違いしてたり通行手形とか言い回しがww
笹塚まではゲートを使って直接降りたから…ってやっぱりエンテイスラの人間だったんですね
気づいてなくて重大発言されたエミリアはようやく我に返ってたけど勘違いしてたと気づくことに
接近すれば不幸になるし迂闊に近づくなと忠告した時、勇者に言われたため応じようと考えたが
助力を願ったら協力を約束して連絡先を教えてくれのは自分の正体を察していたと思ったから
引っ越したばかりのいたいけな少女が甲斐甲斐しく見知らぬ隣人を世話するはずないとか(苦笑)
魔王を狙っていると訊ねた理由はと直球で投げかけたのは恋愛絡みの方だとはさすがに言えず~
鈴乃は勇者が共闘している情報があったから真意を探るために情報収集してただけだったのか

結託して教会に復讐でも企んでると思ったのか、コンビニで襲ってきたのは鈴乃だったのか?
昆布にお惣菜…って聞き間違いにも程がある(苦笑)
聖剣無効化する力を持っていたから悪魔じゃない、となれば鈴乃しかいなじゃないかというけど
匂いも痕跡もないということでやはり犯人は鈴乃とは別にいるということになりそうですね
勇者の実力は知っている、ならば鈴乃が魔王城に入り浸っている理由は何なのか
鈴乃の本名はクレスティア・ベル 訂教審議会筆頭査問官
魔王を倒す意思があるのならと話を進めようとした矢先会社に遅刻するから到着してからにしようと
切符を渡されたものの通り方がわからず改札口で立ち往生してる鈴乃が天然ドジっ子なポジション
エスカレーターで躓いたり、テレビ中に人が入ってるんじゃないかと圧倒されたりとホント可愛いw

和服は伝統衣装だとわかり一番多く出てる時代劇日本を学び昭和をドキュメンタリーからも
番組で見て特に気に入ってるのは有名な時代劇ばかり…そりゃ時代錯誤にもなりますね(苦笑)
痕跡を調査してわかったのは魔王がいる場所と暮らしぶり、見張っていればいずれ勇者が現れる
と思ったし勇者にまずオルバの不義を謝っておきたかったし共闘してるのかどうか確かめたかった
つまり一緒に魔王サタンを倒しエンテイスラに戻って欲しいというのが鈴乃の本音
オルバの不正を隠し煮え切らない教会をどうにかするためエミリアの生存を報告するのだと!
地位や名誉なんて興味ないしどう思われようと気にしない、ただし勇者と魔王を殺すためだけに
地下通路を崩落させた最高責任者を務めた審議会メンバーの鈴乃を即座に信じることはできない
ルシフェルと一緒に散々迷惑をかけたことはエメラダやアルバートも重々周知のこと
魔王を倒すのは勇者である自分のため、異端審問会改め審議会の人間なのにわからないのか、
食料援助みたいなつまらない小細工や下手なちょっかい出すとすぐに看破される、あれでも
魔王だからとまったくもうエミリアも魔王さまのことすっかり認めちゃってるじゃないですか♪

でもなんだかんだいいつつ世話焼きなところがエミリアも似てるんですよね!
鈴乃ためにファッション誌や求人雑誌を選んで持ってきてれたりこういうとこ魔王様と似てる~
一方、勝手に自転車を使ってしまい平謝りするちーちゃんが(苦笑)
魔王様は店長から打倒センタッキー目指して脅し…じゃなかった喝を入れられることになり
ちなみに店長の同期にはライイバル競争に破れグリーンランド支店に飛ばされた人もいるとか(汗)
閑古鳥が鳴く店内にいかにも怪しげな人が来店してきたー!!
どうも魔王さまについても詳しいようだけど、名刺にはセンタッキー店長の猿江三月の名前が!
ライバル店店長とわかり一気に興ざめする魔王さまの態度の豹変ぶりがおかしかったです
綺麗な女性や可愛い子に目がないようで、隣にいたちーちゃんにキモイナンパしてくるしw
とはいえここまでされて黙ってるだけの魔王さまじゃないですよね、潜入役としてアルシエル
を向かわせ情報収集に余念がないけれど果たして何か打倒策が編み出せるのかどうか…

質屋に宝石を買い取って貰った鈴乃は電子カードもゲットしたりと着実に成長してる(笑)
仕事帰りにエミリアに声をかけてきた鈴乃は魔王様の職場を見に行きたいとお願いを
隣でやりとりきいていた梨香からは修羅場なのかとツッコミされてましたけどまた面倒くさいことになりそうですね~
ここで出てきたということは、前回のコンビニでの襲撃犯が猿江…ってことになるのかな?

次回「勇者、修羅場を経験する」

http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52335544.html

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(32)   Top↑

2013.05.23 Thu
NARUTO疾風伝 334話「悲しい天気雨」
ヨタと知り合い気に入られたサクラ、喜ぶと雪を降らせるヨタを不思議に思いつつも仲良く
なり積もった雪で雪合戦したりかまくらを作ったりソリで滑ったりとなんだか楽しそうで

サスケに花束を渡そうとしたら無視していかれたといういの、この時からいのの積極的さに
感心していたけどサクラが楽しいと感じたヨタにばらされて誤解されることもあったり(苦笑)
ある日、ヨタにあげた切花がサスケの鞄にあるのを見てヨタが里に下りてきたと気づくことに
誰にも見られていないけどお昼のとき一人だけ外に出て鉄棒に座っていた子がいたのだと
まわりにはいつも怒ったような表情してると思われたけど、サクラには違う態度だったようでw
それにしても、自分の鞄に花がついてるのにサスケは誰の仕業か気にしなかったんだろうか(ぁ

ヨタを封印するため戦おうとするシカマルだけど天気を操る相手にどう対応すればいいのか
考えてみれば何もヨタのことを知らないしどうすればいいのか、そんな時サクラに連絡を
とったいのは他の場所にも三人も存在することがわかり困惑することになる同期メンバー
前線へ移動するナルトの前にも口笛をふき現れたヨタは風を操り攻撃してくる!!

突然消えたヨタ、この前アカデミーの校庭で会ったからナルトがどこかへ連れていった
んじゃないのかと言いがかりをつけられたときのナルト、この時は九尾のあの事件のせいで
まだ里の大人たちにも疎まれていたし同世代にも邪険にされていたのがなんともいえない(汗)
里の近くで迷子になっていたから面倒を見ていたけれど突然家もメチャクチャで姿も消えた
だけどヨタはよそ者、なぜ庇って自分には疑いの目を向けるのか――…
証拠もなにもないのに問い詰めたのかもしれないしもし本当に何もなかっただとしたらとこのときからシカマルは冷静に考えられる子だったんですね!

苛立ちながら森の中をうろうろして迷ってしまったナルトは泣いているヨタと遭遇した!!
分身も変化の術もできないからイルカ先生に怒られてばかりで皆に好かれているヨタが羨ましい
ブツブツ愚痴を言うナルトに前に鉄棒に座って口笛を吹いていたとヨタから言われ思い出す!
笛を吹いたら一人じゃなくなってたし元気が出ていたというけどそれは誤魔化していただけ
って一瞬ヨタの雰囲気が変わって白蛇が出てきたりともしかしてヨタも何かの実験台だったり?
蛇=大蛇丸って考えちゃうけどさすがに考えすぎかな(苦笑)
とにかく教えてほしいと頼まれたナルトはその日から付きっ切りで口笛の吹き方を教えることに
喜びが風になる…サクラのときは雪が降ったり相手によって操れる気候は変わるんですかね…
いつのまにかすっかりナルトに懐いて友達だといってきたヨタだけどどうやら犬が苦手!?

赤丸たちが現れた途端雷で攻撃してきたりとだからキバだけ落雷攻撃だったんでしょうかw
逃げながらちゃっかりサクラと一緒になって顔がにやけてるナルトがわかりやすい♪
その後缶蹴りすることになったシカマル達!…って缶がおしるこなのが気になるー!!(コラ)
ヨタと一緒にいるとすぐばれてしまうと慌てたせいで泣き出したヨタ、無理やり追いやったけど
結局最初に鬼役のキバに見つかったのはナルトで他のメンバーも全員見つかり残りはヨタ一人
遠くで雨が降っているのを見かけ駆けつけると暗部に捕まったヨタの姿が…
厳重な監視の下取調べを行うし里以外の者が許可泣く周辺に存在することは許されないし
いずれはナルト達にも出頭してもらうと言われ連れ去られたヨタを死なせてしまうことになった――
このままヨタは尋問されてそれが原因で亡くなったということになるのかな?
だとしたら存在自体記憶封印されてたってのもわかる感じがするけど…これまだ続くんですね(苦笑)
とりあえず声優さんのショタボイスを堪能できただけいいってことにしとこう(!)

次回「名残雪」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2013.05.19 Sun
進撃の巨人 第7話「小さな刃-トロスト区攻防戦③-」
『一時撤退の鐘が鳴ったものの、立体機動装置用のガスが尽きかけているため、壁を登れないジャン、コニー、アルミンたち訓練兵。そこにミカサが追いつき、補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に向かうことを提案する。しかしそこには多数の巨人たちが群がっていた。先陣を切って本部奪還に向かうミカサだが……。』


850年、ふたたび姿を現した超大型巨人により壁を破壊され侵攻を許したものの二時間後
トロスト区全ての住民の避難が完了したが迎撃の任務につき犠牲になった兵士を除いてのこと

住人に被害が出なかったのはある意味それだけ必死に戦ってくれたおかげだったんですね
補給部隊の部下を残し増援部隊の任務につくと身勝手な言い訳をし始めた部隊長
規則に準ずるとかいろいろ並べ立ててたけどこうし見ると言い訳して逃げ出したとしか(汗)

そして後衛から前衛部隊の援護にやってきたミカサ
撤退の鐘の合図があったのにどうして皆壁を登って避難しようとしないのかと疑問を抱くけど
しかし補給部隊のいる本部は多数の巨人に囲まれとても近づけるような状態じゃなくなっていた!
成す術もなく震える隊員、ただの銃を手入れしていると思ったら銃口を口に入れて自殺とか
そりゃ生殺しにされるよりは…だろうけど仲間の前で淡々とやるのがキツイ…
とはいえどこか別の場所でなんて考える余裕はなかっただろうな(汗)
混乱するのもわかるけど、補給班のせいで全員が窮地に陥ることになるとはなあ
ようやく撤退できると思ったのにガス切れで壁を登れず補給班のせいできっと全滅してしまう
隊長がいなくなり戦意喪失した補給部隊は補給任務を放棄し本部に籠城、案の定巨人が群がり
ガスを補給することも不可能、立体機動はガス切れになると機動力も皆無になっちゃうのか…
一か八か群がる巨人を倒すしかないしうだうだ考えていても同じでいずれ巨人は集まってくる
悪戯に逃げ続けても残り少ないガスを使い果たすだけで機動力を失えば本当に終わりだと!

必死に声を荒げるコニーに対し今の自分達でそれができると思うのか
前衛の先輩はほぼ全滅でようやく卒業したばかりの訓練兵の中の誰が決死作戦をとれるのか
…エレンがここにいたら間違いなく声をあげてたでしょうね
指揮がとれたところで巨人はどうにもできないし補給室には3、4m級がわんさか入っている
当然そんな中で作業することは不可能、ジャンも他のメンバーも意気消沈し絶望してるし…
つまらない人生だったしこんなことならいっそいっておけばよかったってそれはミカサのこと??
そんな中力を合わせれば成功するし先陣を引き受けると鼓舞するサシャの言葉も届かずじまい
むしろここでまだ前向きでいられるサシャがある意味凄いと思うけど(汗)
アルミンにも声をかけようとしたけど精神状態じゃ無理があると察して途中でやめてましたね

全員束になってかかったとしても街から全滅、死を覚悟していなかったわけじゃないが一体
何のために死ぬのかとマルコもこの状況からどうやっても脱出できる方法はないと感じて…
ようやく追いついたミカサ、大体把握したところでエレンの班を見なかったのかと訊ねる!
一人無事に生き延びて会わせる顔なんてないしこんなことなら一緒に死んでおくべきだった
ミカサにどう説明していいかわからず震えるアルミンが…こういう時の優しさは余計辛くなる(涙)
嗚咽を漏らしながら34班メンバーは自分以外使命を全うし壮絶な戦死を遂げたのだと報告を
身代わりとなって死んだエレンを見ていながら何もできなかった、そんなアルミンを前にしてすっと感情が消えて瞳の色がなくなっていくミカサも痛々しいよ…
感情を内面に押しとどめて必死で奮起しようとするミカサの姿は悲壮感漂いすぎて見てられない
今は感傷的になっている場合じゃないし本部の巨人を倒せば全員ガスの補給ができて壁を上れる
ここにいるどのメンバーよりも強いから巨人を駆逐することができる、それは一人でも
腕が立たないばかりか臆病で腰抜け、とても残念で指をくわえてみていればいいと剣を向ける!
一人で相手できなければ死ぬだけ、だけど勝てば生きるし戦わなければ勝てない――…
もう、エレンの死を聞いて一人で特攻とか枷が外れちゃった様子で無茶しすぎだよ(汗)

残念なのはミカサの言語力だし発破かけたつもりでいる、それもこれもエレンのせいだと
八つ当たりしつつ仲間を一人で戦わせるとなんて学んでいないし本当に腰抜けになってしまう
単独で突撃したミカサに変わり仲間たちを鼓舞するジャンはかっこよかったし見直しました!
そんな先導に続くアニ達やアルミン、サシャ…ってサシャはただの悪口にしか聞こえないww
ここまで言われて黙って見過ごせるはずないと次々と本部へと急ぐ訓練兵メンバー
とにかく短期決戦でガスがなくなる前に本部へ到着しないとどうにもならない
一撃で巨人を倒す猛スピードで向かうミカサだけどさすがに大量のガスを噴出しすぎているし
あれじゃすぐになくなってしまうしいくら腕があろうが機動力がなくなれば無力に等しい
それにしてもミカサの移動にあわせて変わるカメラアングルがカッコイイなぁ!!

いつもみたいに冷静じゃないし動揺を行動で打ち消そうとしているのはアルミンにもわかる
危惧していた通り途中でガス切れをお越し落下し屋根へと激突しそのまま地上へ転落する!
慌てて追いかけるアルミンのフォローをしようとコニーが向かい、ジャンはそのまま先導役に
ミカサを助けたいのはやまやまだけど他に指揮役できる人がいないしここは堪えるしか(汗)
折れた剣を持って空を見上げながらまた家族を失ったとぼんやり考えるミカサが…
また痛みを思いだし始めなければいけないのか、そんなミカサの前にゆっくりと近づく巨人

アイキャッチは立体機動装置の構造についてでしたね
立体機動の本体部分に鉄線を収納し軸が二つあり独立して回転している
操作装置が作用する部分はブラックボックスで技巧科が秘密裏に管理や改良をしている
ガスはボンベに圧縮して注入されるボンベ本体と大まかに三つに分かれるってことですか
しかしこれ、複雑な装置っぽいし技術は技巧科が独占してるとか作為的なものを感じる(汗)

大分近づいたもののやはり本部に突入するのは至難の業
目の前でガス切れの仲間を見かけて助けようと飛び込んだメンバーも次々と犠牲に…!
止めることもできる見ているしかできないジャンは自分が強引にでも止めていればと後悔を
こんなことで本当に指揮役として責任のある立場にとれるのか、葛藤し迷うのも無理ない
この世界は残酷でとても美しい いい人生だったとエレンとのことを思いだし目を瞑るミカサ
巨人の手が伸びる中その腕を切落とし反射で後方へ飛び退いたミカサの動き相変わらず凄い
もう死んでも構わない諦めたのにどうして生き延びようとしている、何故立ち上がり足掻く
エレンがいなければ生きる意味なんて何もないのに何が自分を突き動かすのか――
それは戦えと訴えかけたエレンの想いがまだ残ってるからなんですよね、もう二度と諦めない
死んでしまったらもうエレンのことを思い出すことさえできないのだから何としてでも勝つ
ミカサの瞳にようやく光と生きる意志が戻りましたね!!
そういえばミカサの傍に落ちてた柘榴の花言葉は自尊心 円熟した優美、子孫の守護だそうで
柘榴の実には結合っていう意味もあるしあの時のミカサ自身を表してたのかなと
何としてでも生きると折れた剣を手に向かおうとするミカサの背後から別の巨人が来たー!!
目の前の巨人を一撃で吹き飛ばし何度も足で踏み潰す行動、巨人が巨人を殺すとは一体…

ミカサの姿を発見し立体機動でそのまま屋根の上に移動したアルミン、そしてコニーも到着
もう一体現れた15メートル級の巨人も格闘術のポーズで向かい首から上を殴り飛ばすと
再生を阻止するため項の部分を何度も攻撃して止めを刺したり弱点を理解しているのか!?
人間に無反応なのもおかしい、格闘術の概念があるようにも感じたがあの巨人は何者なのか
奇行種と判断したコニーにミカサのガスが空っぽだと伝えたアルミンは自分のボンベと交換
自分が持っていても意味がないしこうする他ない、今度は皆を助けるために大事に使ってほしい
仲間の命を背負う覚悟もないまま先導してしまったし責任も感じない内に一旦は命さえ放棄した
自分の都合ばかり考えていて情けないと痛感したミカサもエレン以外のことを見始めたんですね…
一本だけ刃を残してほしいというアルミンは自殺するつもりだったけどそれを投げ捨てたミカサ

「アルミン、ここに置いていったりはしない」
アルミンもミカサもエレンがいなくても自分自身で立ち直ることができてよかった…!
もう無謀に単独で突撃したり自棄になったりせずまたいつもの冷静さを取り戻していくんですね
巨人が巨人を倒していた時ただひたすら困惑したしこんなことは聞いたこともなかった、そして高揚した…その光景は人類の怒りが体現されたように見えたから――
ミカサにとって巨人が巨人を倒す光景は少なからず希望に映ったんですね
今回、ミカサの表情に会わせて変化する虹彩が凄く綺麗だったなぁ…!
盛大なネタバレを某番組でされたので多分エレンはあれなんだろうけど黙っておく(苦笑)
まあ、巨人の弱点を知っていて格闘術で倒せるとかいったら限られてバレバレだろうけどw

次回「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦④-」
永椎さんのリヴァイ兵長ちまちましてて可愛い♪
提供カットの原画時点から凄い気合入ってるの伝わってきたけど過労が心配;
個人的にアニメの原画集とか設定資料集とかあったら欲しいー!

http://blog.livedoor.jp/isayamahazime/archives/7882943.html
原作者さんの体重に衝撃が走った…!体を大切にしてくださいませ(苦笑)

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(2)   TrackBack(28)   Top↑

2013.05.18 Sat
宇宙兄弟 第58話「本気の失敗」
ピコに一人だけ飲みに誘われたムッタは駐車場で会ったビンスの車に乗せてもらうことに
ビンス教官が持ってたロケットの破片ぽいもの、気になってたけど過去に関係あるようで
子供の頃、ロケット製作に打ち込んで失敗ばかりしていたビンス・ピコ・そしてリックの三人
広がった破片で爆発の規模がわかるとはしゃいでいたけど中々うまくいかずヤキモキしてたり
とにかくいい経験になったし本気の失敗には価値がある――そっか、リックの言葉だったのか…
次こそ成功するという願いを込めてロケットの破片を切り分けて三人で持っておこうと提案を

高速でどんどんスピードをあげていくけど無言で耐えてるムッタに想像していたのと違うと
突然人を車に乗せ猛スピードで走り出す感じ、こんな目に遭うのは二度目だと感じるムッタ
デニール・ヤングに比べればビンスはダイブ安全運転だし紳士的なスピード違反だってww
舗装されてない凸凹みちを下か見そうな勢いで走ったの経験してりゃそうなるのか(苦笑)
今は二人きりの会話だから正直に応えてほしいと自分にとって敵は誰かと質問を投げかけられた!
ちなみにビンス教官の場合はマスコミ、大多数が宇宙開発や有人飛行を長い目で見てくれない
有人飛行による明確な成果を見せない限り宇宙飛行士の存在を批判し続ける連中
他にも敵は大勢いる、無人機のみの宇宙開発を提唱する科学者連中、ロボット業界、天文学者
彼らは皆国の予算が有人飛行に多く使われることに反対し口を揃え科学的成果が得られるのは
自分達の仕事でそれができない有人飛行に大金をまわすのは無駄遣い
履歴書のプロフィールに尊敬する人物としてシャロン博士の名前を書いていたが理解に苦しむ
そっか、ムッタに目をつけたのってそういうところも含めて気になってたところもあったのか

人が宇宙に行ってこその宇宙開発でそう信じている、邪魔をするものは皆敵である…
そこまで周囲を敵視するまでになったのは何か原因があったんだろうしやはり過去にですかね(汗)
月面に到着した吾妻さん達三名の飛行士は基地へ移動を開始、月面車で合流するまであと少し!
そしてバーについたはいいけどビンス教官の運転だったからメッチャ早くついて手持ち無沙汰w
衛星やロボットの開発や技術者、天文学者も科学者も宇宙飛行士も宇宙が好きでやってる人々
だから皆仲間でいいんじゃないのか、ムッタには敵はいないということなのか…
自分の敵は大体自分、宇宙へ行きたいという夢を散々邪魔して足を引っ張り続けたのは自分自身
他に敵はいないしそういうことに気づかせてくれたのが天文学者のシャロン博士だったから
ビンス教官も会えば敵だとは思わないはず、ムッタにとってシャロンさんの存在は偉大ですね!

そして遅れてやってきたピコもようやく合流したけどいつもの拳の合図を見たムッタ
ローバーのタイヤをスポンジ製にしようといったムッタのことをビンス教官に話すピコが
正直始めは馬鹿だと思ったが着地からゴールフラッグまでの距離程度なら十分持つ強度だし
消耗しても安いからすぐスペアが用意できる、それでムッタを気に入ってバーに誘うまでに?
気に入るわけないが失敗に前向きだしそこはなんだか…ってやっぱり気に入ったんじゃん♪
「本気でやった場合に限るよ 本気の失敗には価値がある」
リックの言葉と同じことを言うムッタにはっとするピコとビンス教官の表情の変化がいいなぁ!

…ってチビンス@津田さんのショタボイス可愛すぎる~(≧∀≦)
ま、まさかそのままのキャストでやるとは思わなかったよ!さすがにピコは違ったけどもw
ロケットの破片を綺麗に三つに切り分けたのはリック、本当はこの拳の挨拶も三人でだった…
しかしリックの見た目が個人的好みでニヤニヤしちゃったのは内緒です(ぁ)
新作ペンギン15号を制作し実験として屋外で発射してみたもののやはり上空で粉々に粉砕
NASAチャンネルで見たブライアンの宇宙デビュー特集の話をしたりと楽しそうな三人に♪
アメリカ人なのにロシアのモジュールまでちゃんと把握してるのは凄い、ブライアンはカッコイイ
ビンスたちが15だった秋、ブライアンが滞在していたISSでトラブルが発生しそれを対処した――
何やら焦げ臭いと感じて管制室のモニターに何か異常が出ていないか確認してみるけど何もない
クルーキャビンのあたりで何か燃えていないのか、特にないということだけどやはり気になって
いると丁度警報が発生、換気システムとモジュールの電源を切るよう指示しあちこち探し
管制がシステムチェックする前にモジュール裏側にあった配線不備による火災を発見する!!
あわや大惨事となるところだったがブライアンが冷静に見極め消火したのだとか
30歳の初フライトで早くも仲間の命を救ったヒーロー、いち早く察知したブライアンは凄いなあ

ビンス教官たちとブライアンて15歳違いだったんですね~
初の宇宙への打ち上げの際も寝てて記憶にないというのも受けた、わくわくしすぎて前日
眠れずそんな人でも飛行士になれる、でも自分と同じにおいがするから大物だと思うというリック
将来管制官になったらアポロ13号みたいな事故が起こっても絶対エディやブライアンを無事帰還させる、ジーン・クランツのやつのようにというリックは寝癖キャラだったようでw
宇宙飛行士になったビンスに指示を送りビンスはピコの制作した宇宙船に乗り自分は管制官

誓いのサインは三人の目指す先がいつも宇宙を向いているということを意味する証
三人の生まれた街はミネソタ州ポットヒル 人口二万の田舎町で郊外に出ると馬鹿でかい鉱山
があり露天掘りが街の生活源であり成人男性の多くは肉体労働をしているしビンスたちの父親も
帰宅して早々ブライアンの乗ってるISSを木曜日に見ようと電話が入り約束を交わすことに
しかし父親は宇宙に憧れるビンスのことをあまりよく思ってなかったようで
ロケット作りをいつまで続けるつもりなのか、モデルロケットなら簡単に飛べるのになんで
わざわざ難しいのを作るのか、将来同じ鉱山技師になると思っていたのに真面目に考えろ、
木曜に鉱山で学生向けの就職説明会があるため学校が終わったあとに見に行けと促され
ISSの約束を打ち明けたけれどイライラしてコップを机に叩くような仕草をする父親にあまり
強く出れなかったりこの時のビンスにとって父親は絶対的で怖い存在だったんですね…

人は宇宙へ行けるというのにこの街さえ出ることができない
ううう、大人の事情に選択肢を阻められて葛藤するチビンスが切ない(汗)
学校でも将来について進路調査があったけど、宇宙に憧れる三人は教師にも受け入れて貰えず
ポットヒルからセントヒル大学への進学を希望するリックにいけた奴は一人もいないし宇宙船
を作るなんてピコには無理、並の人間にできるはずないし成績優秀なリックだって不可能すぎる
ポットヒルに生まれた時点で無理だし黙って父親の仕事をついだふが親も喜ぶだろうし将来
鉱山で働けば十分安定した人生が遅れるのだから地元の工業高校に進学するべきだとアドバイス
堅実な職場が目の前にあるんだから安定した就職先を目指していけっていう教師がなあ…
まだまだ無限の可能性のある子供がしっかり目標持ってるんだから少しは応援して欲しいです!

堅実さを優先する大人に散々無理だなんだと言われてすっかり落ち込んでしまったビンスとピコ
NASAの技術者でも最初は田舎に住んでいた人もいる、だから気にすることないしロケットを
飛ばした先生の言うことなんてと励ますリックだけど鉱山の説明会を蹴ってISSを見に来た二人
でもISSを見届ける方が重要、そんなピコとリックに嬉しそうなリックはホント前向きな子です
ISSに目を輝かせる三人の姿、いつのかの子供の頃の南波兄弟と被ってほっこりする♪
やっぱりいつみても人が乗ってると思うとワクワクする、こんな田舎町でもISSは見られる
誰の頭上にだって宇宙船は通過する、ピコが新しい宇宙船を作りビンスがそれに乗っている、それでリックはビンスに指示を送る――…

何やらポケットを探り始めて机の上に色々出して確認し始めたピコはロケットの破片探してた??
でもここにリックの姿がないということは三人全員で夢を叶えることはできなかったのだろうし
…もしかしてリックは亡くなってるとかじゃないですよね(汗)
ラストちょっと中途半端な終わり方になっちゃったけどチビンスの可愛さで打ち消しです(ぁ)

次回「誓いのサイン」

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(12)   Top↑

2013.05.18 Sat
ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」
『3勝して優勝。太一のあきらめない一言に行動に部員たちは勇気づけられていく。積み重ねてきた経験や練習を全て詰め込んで最後まで諦めない瑞沢かるた部。瑞沢高校、富士﨑高校両校、両校の戦いはクライマックスへ!ここにかるた日本一の高校が決定する―』


二敗し崖っぷちに追い込まれた瑞沢だけど、ここで喝を入れ直し三勝すると太一が宣言!
全敗だってありえるのにはったりになってしまうんじゃないのか…
しかしこの窮地の中ではっきり三勝といった太一は基本的に不言実行、慎重でプライドが高く
負けた時のことをいつも考えているのに江室と対戦すると決めたときもだし変わろうとしている!
いつも最後の最後で遠慮してしまうところがあったり運がなかったりだけどそれだけ貪欲に求めてる
ということだし太一自身も自分が勝ちを引き込んでチームを優勝へ導こうとしてるんじゃないのかな
立ち上がり一息入れる太一の陣は六枚、相手は二枚で空札はまだかなりの枚数残っている
江室は暗記をミスする相手じゃないし決まり字の変化にもついてくる堅実さもあるんですよね
ちらっと脳裏に浮かんだ原田先生、出てこなくていいとシャットダウンされてるのがおかしいw

「俺の先生は原田先生だけ」
散々オチみたいに使われてたけど(笑)紛れもなく太一にとって師匠だし心の支えなんですよね
苦しい時の右下段、来い来い来いと札が詠まれるのを引き寄せる太一のオーラが半端なかった!
周囲が見えすぎてクールになっちゃうところがあるけどここは原田先生が乗り移ってたような
見事右下段を引き寄せ一枚とることができた太一!
出たー!!って感動してるかなちゃんたちの言い方だとなんか別のものが出たように聞こえる(笑)
大山札を送りチャンスを作った太一は事前に聞いていた机くん情報をしっかり活用しいていた
江室は囲い手が得意なせいで大山札もつい癖で囲ってしまう、必要ないときもするなら攻め時
しっかりデータを生かしてくれてたりと見守る机くんもそりゃ嬉しくなっちゃいますね

これで三枚差まで追いついたけど送り札を長考する姿勢に観客もざわつくことになったけど
終盤送り札が難しくなるのは無理ないがせっかくいい流れになってきたところでどうしたのか
でもこれもちゃんと太一の作戦だったとあとでわかりましたね
次の瞬間自陣のあまのを払いお手付きどころかダブ、滅多にないミスに富士崎陣も騒然!!
暗記の確認が甘かったのかと思う江室だったけど真っ直ぐ見据える太一の考えに気づくことに
最初から送る札は決めていたが長考のふりをし自分はしっかり送った後のイメージを叩き込んだ!
心理戦や頭脳戦が繰り広げられる駆け引きのあるかるたが見られるのは太一ならではだなぁ
ここにきて初めてのお手付き、江室だって五試合で9時間以上で疲れていないわけがないし
何より東京一位の北央が楽な試合運びさせるはずがない
太一の鋭い視線の背後にちらっと北央の甘糟君が映る演出とかホント白熱する!!

ダブということは自陣の出札をとった上に自陣札を一枚送れる、これで三枚同士の戦い
白熱の試合をする太一と江室の一方で千早VS理音も凄かったですね
五枚対一枚で千早が一枚になっていたけれど焦った理音が一枚お手付きをするというミスをした
この二人に駆け引きはないし純粋な音と反応の勝負で差はほんの少しだが勝負を分ける差はある
指の痛みに堪えながら自分のいる場所を再確認する千早、勧学館で読手の一番近く 勝利確定席
感じのよさを最大限発揮できる場所であり千早にも背中を押して応援してくれる原田先生の姿も
ほぼ同時に札を払ったけれどここで勝負は決したのですよね、表情の変化が細かくてだなあ(涙)
きちんとお辞儀をし試合を終えたけど千早は力使い切って相変わらず爆睡してるというw
最後の最後で完敗しちゃった理音も暫く頭あげられなかったり余程悔しかっただろうな…
瑞沢一勝の声は響かないが千早が繋いでくれた勝ち、残り男子二人が頑張らないわけにはいかない!

流れの読みばかりは経験、5歳からかるたをやっていてこの中の誰よりかるた経験が長い肉まんくん
送り札も読み上げたりしっかり意図的に伝えてましたねw
一次決まりはやはり江室が早いけど名人やクイーンになるのは難しい、何度だって挑戦できるが
自分達が団体戦で戦えるのは高校三年間しかないのだと意地を見せていくのがカッコイイですね!
そしてラスト一枚は二組とも運命戦!!
まさか運命戦になるとは思わなかったと感じる桜沢先生だけどこうなるよう仕込んだんですよね
しかも太一も肉まん君もどちらもゆらが残り一枚の札、つまり札合わせができている
来年優勝争いができるとは思わないしこんなチャンスは二度とないだろうと――…

曾禰好忠の名歌が太一の陣に残り江室が持つ大納言公任のたき、たとなをしつこく技巧的に
並べた歌よりずっと好きだし由良の戸は河口で川と海が出会う正面、そこで舵を失くして
しまった行方のわからぬ恋だとかなちゃんの解説が入ると太一の心情とリンクして泣ける;
急流の飲まれてこの先どうなるかわからない恋だなんてなあ…相変わらず不憫だよ(涙)

せめて自分の運命を見ていてほしいと願う太一 千早、早く起きて~
ゆらが詠まれたらまずいし瑞沢が札合わせしてくるとは思わなかったしきっと偶然
運命戦は誤算だが江室は強い運を持っているし最終的には四勝一敗で富士崎が勝利するはず
桜沢先生はそう考えていたようだけど実際対戦している江室は作戦だとはっきりわかった
送り札をお互い伝え合い最後に残す札を考えていた、団体戦の戦い方がわかっている…!
丁度向こう側が運命戦でしかも札合わせできているとわかり驚くヒョロ君や北央が嬉しそう!!
都大会決勝の瑞沢VS北央戦がきっちり生かされているし瑞沢がここまで繋げたんですよね
勝率は五割、自陣が出れば勝てるが運命戦で太一の陣が詠まれるのは今まで見たことがない

絶対江室のたきが出ると信じて疑わない富士崎陣営、そして本人も勝利イメージを…って
常勝富士崎は盤石の五連覇達成と変な手つきでイメトレやめてくださいww
自陣詠まれる気もしないし相手の守りを突破できる自信もない、つい息が詰まりがちになるけど
ここで諦めるわけにはいかないししっかり呼吸を整えて冷静に残り札の決まり時を確認する!
ゆらはもう読まれて一字決まりになってるけどたまが詠まれてないからたきは一字じゃとれない
攻めるのは無駄なのか、江室の視線に一瞬萎縮するけどそれでも勝気で攻めていかないと!!
きみの二字決まりでも果敢に敵陣を攻める肉まんくんも敵陣を抜くつもりでいるんですよね
しかし低い守りで隙を見せない江室に苛立つ太一、菫ちゃんも戦々恐々としつつ見守ってるよ

たった一枚がいつもでない、本当にずっと出ないのか自分のやってることは必要ないのか
空札はあと六枚、いに・なつ・わび・たま・す・ふとこんな暗記も無駄なのか…
もう一生運命戦で自陣が出なくてもいいから今この瞬間出て欲しいと神様にまで祈る太一
そんな太一の願いが通じたのか、ゆらが詠まれたー!!!千早も最後の瞬間起きてみてましたね
思わず勝利に浮かれそうになるけど下の句を聴くまでが試合だというかなちゃんがいいなあ!
『ゆくへも知らぬ 恋の道かな』最後山城さんが詠んだ瞬間鳥肌たっちゃったよ(涙)
喜びに泣く千早の顔には畳の痕がついてたりでそこへ飛び込む瑞沢メンバー、優勝おめでとう!!

ぎりぎりで勝ち取った優勝だけど、負けた富士崎メンバーの姿も…
負けは顧問の責任だし例えかるたの神様だとしても最後は瑞沢の賢明さに微笑む
強さに驕ったチームを作った自分の責任、悔し泣きする理音の頭を掴み富士崎には千早に
勝てる相手はいないし優勝を逃したのは理音のせいではない、圧倒的に有利な状況で負けた
ことを痛感するべきでもっと謙虚になるべき、来年一度も負けない夏にするのは理音自身
常勝じゃなくなった富士崎が貪欲に追いかける側になりまた強くなってるんでしょうね~!
いつもほとんど表情変わらない理音が泣いててドキドキ&赤面してる真琴先輩も可愛かった
江室も一年もB級でのろのろしていた奴と線引きして見誤ったし太一はこれから強くなると
桜沢先生もこの教訓に経てますます指導にも熱が入りそうだしスパルタになりそうな予感w

表彰式の準備が行われる中ぼんやりしてる千早はやっぱり新にこの瞬間見て欲しかったんだな
個人戦で勝つことしか考えてない、そんな新をロビーで発見した千早と後ろの太一の表情が(汗)
チームが日本一になったところを見てくれていたか、クイーンになるより早くなれたのは皆と戦ったからでチームに興味ないなんて言わないで欲しい――
最初に新と太一と三人一組のチームで戦ったからこそ団体戦の楽しさを知ることができたんですよね
うんて相槌を返すだけの新になんだか別の意味で泣けてきたよ~でも来年は新もチームを作って参戦…なんてことになるのかな?

いやあ手に汗握る試合で最後まで一気に駆け抜けた回でしたね!
負けた側のフォローがあるのもいいし、子供を見守る大人がしっかり導いてて清々しくなる♪
過去の敗北を次に生かしているというのもいいし盛り上がらないはずがないなあと(笑)
団体戦は終わったけど個人戦は全部やってくれるんだろうか、できれば最後まで見たいな…!

次回「あきのたの」

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(29)   Top↑

2013.05.17 Fri
革命機ヴァルヴレイヴ 第6話「サキ・カムバック」
地下の格納庫で収容されている別のヴァルヴレイヴを発見したハルトとサキ
サキは秘密の共有を受け入れ有名になりたいのだと制止を振りきり四号機へ搭乗してしまう!
というかサキがパイロットになったら秘密どころじゃなくなりますよねw
二人の動向を監視するエルエルフは既にアルスパイロットが死んだことも知ってましたね
調査にやってきたサキが興味を引いて実験台になってくれることも予想済みってわけかですか
世界中の人が自分の歌を聴く、人間なんて嫌いだしスペシャルになれるなんてOKだとあっさり
それにしてもあの微妙な歌で世界を魅了できると思ってたことに疑問を抱きますが(ぁ)
四号機を乗り回すサキはまるで鳥、ヴァンパイアだから蝙蝠になったみたいだと楽しんでるし

どうなるかわからないのに人間を捨てちゃうなんて大切な人が悲しむと思わないのか
って勢いで起動させちゃったハルトが相手じゃ全然説得力ないと思うけども(苦笑)
構わないし不死身だから大丈夫、大切な人なんていないし貧乏や暴力、アルコール、犯罪
毒みたいな親から逃げるには有名になるしかなく自分はどうなってもいいし家族も友達もいない
何かできることがあるのか、友達が泣いてるのだから力になってあげたいと励ますハルト
そんなハルトの優しさに漬け込み全部ウソだとバラし抱き着いた勢いで噛みつき体を乗っ取った!!
ハルトに接近してきたのも知名度を利用して世界のアイドルとして返り咲くためだったとはw

新制ジオールの代表になったから任せるとフィガロ議員に言われていた七海先生
というかこの人は相変わらず物凄い頼りないんだけどいつか変化はあるんだろうか…
そして格納庫で寝泊まりしヴァルヴレイヴの調査に撃ちこむ貴生川先生を手伝うユウスケ
筋がいいしいい技術者になれる才能があると褒められて調子に乗りそうだけど大丈夫かな(苦笑)
貴生川先生もヴァルヴレイヴに詳しそうだけどもどういう関係者なのかも気になる所です
ハルトを乗っ取ったサキはタカヒに声をかけられてこの前の仕返しとばかりにやり返してるし
てか無口かと思ったら結構おしゃべりさんなんですね~元々こういう性格だったのやら
口がおしゃべりすぎるからと壁ドンして迫りポッキーをあげるとか何やってるのww
男の子は楽しすぎるとからかうサキなハルトに翻弄されてるタカヒは完全に堕ちましたね~
というかハルト本人よりもサキが乗り移ってる方がイケメンだし仕方ないかもしれない(ぁ
エルエルフはサキがヴァルヴレイヴに適合したといってたけど、パイロットになるには
強烈な渇望とか動機、本人の適合性も加味されるということになりそうですね
隠された兵器、学校、カリキュラムで導き出される結論は学校自体仕組まれていたということ
…つまり咲森学園はヴァルヴレイヴのパイロット養成学校だったということでしょうか(汗)

襲撃作戦から外され激高するアードライ、というよりもエルエルフに会いたいんですかね(ぁ)
カイン様よびしてることをイクスアインがからかわれていたけど、イクスアインて皇子なんだ!
命令は絶対だし従えないというのならと何か勝負を持ちかけてたけど…結局負けたのかな?
朝起きてきたハルトはサキと二人で眠ってる映像がアップされ大騒ぎになってたようで
というか好き勝手使えるのをいいことにハルトの身体でやりたい放題ww
有名人の妹分で売り出そう作戦で猫被りしてるサキは前払いもしたとキスのことを確認させる!
一人ぼっちのヴァンパイアになってどうだったのかと聞いてたけどなんだか寂しそうだったのが…

しかしここにショーコが乱入して修羅場っぽい雰囲気になったw
ネットの書き込みはハルト本人じゃないというけどワイヤードの網膜認証は早々騙されない
彼女の歌はやっぱり凄いしPVでも一番頑張ってくれたっというけどハルトは順位なんてつけない
友達になった子で詳しい子がいるから調べてもらおうとそれってアキラのことなのかな
あれだけ引きこもりだったアキラを勝手に友達認定してるのか口説き落としたのか気になるけど
他の女子と仲良くしてるのが気に入らず嫉妬かと食って掛かるサキに慌てて墓穴掘るハルト(苦笑)
でもそんな二人の漫才にうんざりしたのかハルトなんてどうでもいいときっぱり否定するサキ
有名になりたくて利用してるだけとか行動原理がはっきりしてるところがわかりやすくていいな!
なんかもう最初から主人公にデレデレでハーレム状態になってるとかうんざりですからね(ぁ)
自分の存在を世界に刻み付けないと消えてしまうから――
ってやっぱり過去に壮絶な体験でもしてるのかな、大人嫌いな原因もこの中にありそうですよね

警報によりドルシア軍が攻撃してきたことが明らかに
というか今まで悠長に遊びすぎましたよね、いずれこうなることはわかってたはず(苦笑)
アルス軍はすっかり包囲されて身動きもとれず通信も遮断され連絡もとれないようだし…
追いつけなかったのではなく挟み撃ちにできる機会を待っていたと最初からこの作をとるつもり
ドルシアはヴァルヴレイヴが奪えないなら包囲して逃がさなければいいと考えたようですね
緊急事態にハルトに連絡をとろうとするけど繋がったのは四号機に搭乗したサキは出撃準備開始
ロボットとかヴァルヴレイヴとかイメージじゃないからカーミラと呼んでとか勝手に名付けてるし
…というかカーミラって女吸血鬼の名前ですよね(苦笑)
人に期待することはとっくにやめたし自分でやってみせるとセッティングし宇宙へ飛び出していく!

武器のスピンドルナックルを発動し次々とドルシアの先行部隊を殲滅していくサキ
ヴァルヴレイヴが単機じゃなかったことに驚いている敵をゲーム感覚で殲滅していくのがまた…
対してヴァルヴレイヴは近距離戦闘平気で接近さえしなければ戦闘の威力は半減するはず
少しずつ戦力を削っていけば勝利は疑いないとイクスアインは冷静に判断してミサイル迎撃を
後から出撃したハルトも援護していたもののやはり遠距離攻撃は慣れておらず苦戦することに
そんなハルト達を見ているフィガロ議員の戦艦の前に現れたクーフィア機によって瞬殺された!!
ああ、貴重な腹黒遊佐さんキャラがあっさり退場しちゃうとは(苦笑)
一気に不利な状況に陥り焦るサキ、しかも四号機のコントロールが出来ずさらに混乱していく!
戦況を見ていたカインがヴァルヴレイブを二機じゃなく二人といってたのも気になりますね
ヴァルヴレイヴについて色々と知ってそうだし何やらまだ他に企んでることもありそうです

庇ってもらったサキは自分の無力さを痛感するも怖くて震えが止まらず全く動けない状態
ハルトは攻撃を自分に集中させてたけどこういう場合真っ先にサキの方が狙われるんじゃ(苦笑)
見守る生徒達からも徐々に非難の声があがる中いてもたってもいられず動き出したショーコ
廊下に飛び出したときにタカヒとぶつかったけど応援のために着替えていたってコスプレ!?
司令室に向かいサキへと呼びかけ今助けられるのはサキだけで学校中が見てるのにみっともない
姿を晒していいのか、そこはもうステージでスターじゃないかと叱咤し必死に呼びかける
…で、これを受けてサキも簡単に吹っ切れて世界一のスターになるのだと立ち直れるのがw
この戦争とコックピットの映像をワイヤードにアップしてくれるよう映像を配信してもらう!

思いついたことがあるからやらせてほしいとハルトのところに戻り敵と対峙するサキ
ええとよくわからないけど四号機の足で宙空を蹴って軌道を不規則に変化させてたということ?
少しずつだけど圧しはじめたサキを応援するショーコに続き七海先生やタカヒも声援を送る!
最初は反発してたけどタカヒに一喝されて小さな声で応援しはじめた会長が相変わらずヘタレw

世界が見ているし傷つけて馬鹿にして殺そうとした世界だけどそんな世界に殺されない
周囲から疎まれたり事務所から解雇されたり、引退に追いやられたのはサキの我の強さにも理由があったりしたのかな…一度は世界に殺されたから人間やめるという決意も即できたのかも
一度は竦んだサキも復活し本来の機体性能を取り戻しイデアール殲滅機を撃破する!
イクスアインは完敗したけどここで全軍撤退命令が下りドルシア軍は引き上げていくことに
作戦はもう一つ用意してあると余裕なカインの思惑とは…
そしてモジュール77に単独潜入したアードライはヴァルヴレイヴ奪還に動くのかどうか
友情のため死んでくれとかいってたけどこの演出だと決闘みたいにしか見えないんだけど(汗)
前回はツッコミどころ満載でホント酷かったけど(ぁ)今回はわりと面白かった~!
ただそろそろ一人旅団なエルエルフさんにも表立って動いてもらいたいですw

次回「瓦礫の下のハルト」

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(0)   TrackBack(24)   Top↑

2013.05.17 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第7話「変容の水曜日Ⅰ」
響希の窮地に駆けつけ火曜日のセプテントリオンを一掃した大和の前に現れた憂う者
大和の携帯に死に顔動画が送信されたことを伝えたりとなんだか楽しんでる様子でしたよね…
この先セプテントリオンとの戦いは激化し響希は戦力として必要なだけだと言い張る大和
でも動画を送信したのは憂う者で大和がどう行動するか試していたという感じなのかな
大和が間に合わなければ響希は死んでいた、何もしなければ死に顔動画は絶対
意地っ張りだと言われてたり大和がどんどんツンデレ設定になっていくw
定められた未来など仮初で因果は力でねじ伏せればいいという大和は相変わらずの考えだと
それに対し響希はどう思うのか、レジスタンスに残るのか大和についてジプスへと戻るのか

力を正しく使いたいという響希に戻れば都合よく利用されるだけだと食い下がるロナウド!
今選択肢は響希の下にあるし静かにしていろと事情を知っているだろう憂う者に近づこうと
すると炎を操るビフロンスが炎上させロナウドを引き止め今手を出してはいけないと制止する
名古屋をめちゃめちゃにした張本人という亜衣梨にも容赦なく攻撃したりチビと罵倒されて
本気になりかけたところを憂う者に咎められたりと召喚アプリの悪魔とは違うようですね
そもそも憂う者が携帯を捜査せずサマナーでもないのに悪魔と一緒にいるのはおかしい…
悪魔なのかと訊ねる響希の考えに納得し憂う者でアルコル、それ以上でそれ以下でもない存在
何者なのか知りたいと考えているし少なくとも敵対者ではないはずと自分でもわからない
響希達が納得できる答えを用意できていない――いずれ敵にも味方にもなるということなのかな??

警戒し悪魔を召喚するレジスタンスのメンバー
こんなにも集められたし全員が生きる選択をした人々だと感心する憂う者
拘束しようとしたけどロナウド達の悪魔をビフロンスの一撃で灰にしたりと圧倒的すぎ…
そんな中相手を使用とする響希に対し悪魔召喚アプリを配布したのは自分だと吐露する憂う者
解析を図る真琴達もアルコルが悪魔だというのはわかったけど召喚された形跡がなく疑念を…
まあ大和のことだから秘密なんて山のようにありそうですけどねw
人間はセプテントリオンの攻撃に対しあまりにも脆弱で無力、それはあまりに酷なためニカイアというサイトを立ち上げ戦って生きるという選択肢を与えたのだと
つまり悪魔召喚アプリも死に顔動画も全部アルコルが人類に与えたものだったんですね
おかげで新しい輝く者を見つけることもできたと響希のような存在をずっと探していたのかな
そんな概念は存在しないし個々が有能か無能か人間を推し量るものはそれだけ
大和も輝く者になる可能性は秘めていたけれど結局今の大和は違ったということなんだろうか
明日現れるセプテントリオンは東京・名古屋・大阪に同時出現し三位一体で三つの結界を同時攻撃する厄介なタイプだと通信してきた菅野博士により明らかに!
試練は増すばかりでこの先ビャッコクラスの悪魔じゃないと太刀打ちできないということか
並のサマナーでは戦力外だと大和の言った通りの展開になっていくとは何とも皮肉ですね…

響希に大阪を任せるという大和に初めからそういえばいいのにとからかう憂う者が(苦笑)
駒になるつもりはないし自分の力を誰かに委ねたりしない、自分の意志で人を守るため戦う
目的はセプテントリオンの殲滅それだけだと…
しかしその上で全ての敵を倒した後大和が間違った未来を造ろうとすれば自分が止める――
自分にしかできないことだとどちらにつくこともなく響希自身が決めた選択肢ということですか!
最後まで生き残ると覚悟を決める響希に全ての敵を倒す日が楽しみだと大和も興味深そうでしたね
ロナウドにこの場に残って指揮をとるよう告げる大和、軽率な行動で名古屋支局にはろくな戦力が
残っていないし戦わなければ名古屋は消滅することになるしこれしか選択肢はない…
敵は打つが人類の未来を峰津院の好きにはさせない、それも生き残ることができたらの話

ここでようやく亜衣梨と純吾と知り合うことになった響希
憂う者のことを聴こうとしたけどもう忽然と消えていたり…
悪魔召喚アプリを与えるのはやりすぎではないか、自分自身行動に驚いているし自分とは何か
粛清は覆らないし人間の存在がどうなろうが構わないというボティスに人間が可能性を失った
と思いたくないのかもしれない、大和には否定されてしまったけれどと現状を変えたいのかな
というか大和はセプテントリオンとの戦いで負傷してたのか(汗)
三年前、峰津院の屋敷にはもう戻らないとジプス局長になることを決めた当時の大和
自分の思う理想の世界を作る、真に有能なものが指導者となる優れた世界で他の選択肢はない
人間の未来を背負うために生まれ生きてきた――…
ポラリスの粛清は無慈悲だが最後まで生き残ることができるのか、大和は当然だと応えるけど
輝く者だったらよかったのにといって消えた憂う者になんだか大和が寂しげに感じたのですが…
輝く者や友達なんて何もかもが煩わしいとあえて突き放すような物言いにもきこえなくも(汗)

四日目
転送ターミナルが完全修復したかどうか自分自身で実験する菅野博士が凄すぎるw
調整は完璧で99%以上失敗する可能性はないが神でも悪魔でもないから100%成功する保証はない
昨日のうちに転送ターミナルの調整が終わっていたら大和も危険な方法をとらなくてすんだはず
局長ならターミナルがなくても転送できるけどその場合肉体が保たないって怖いよ!
僅かとはいえ失敗の可能性はあったのにそこまでして響希を助けようとするのは重要なのか
今となっては重要な戦力だけど、そんな風に響希を利用することには心を痛めてるんですね

そして職員一斉身体検査を始めたジプス
ってどうやら菅野博士には目的があるようですがこんな時にって思いますよね(苦笑)
一応組織だったということで管理とか規定通りにやらないと怒られるんじゃないのか
形骸化した政治だし大人の都合は面倒だとやりとりする大智と響希、大地が何か言いたげな
様子を察し昨日二人が駆けつけてくれなかったら危険だったし来てくれてありがとうとお礼を
そんな話はしてないといいつつ照れくさそうな大地がデレてるw
二人が来てくれなければ大和を前にどうなっていたかわからないし響希も助かったんですよね
残りの敵は四対、友達だから頼りにしろと嬉しそうな大地が活躍できる場があればいいけど(ぁ)

大地と響希が幼馴染で楽しそうだと話す維緒に維緒も仲間の一人で助かっただろう
厳しい組織で維緒のような人達を巻き込んではいけない、そんな乙女がジプスに入った理由は?
元々大阪で医者をやっていたがある日政府の人間が訪れ要請を受けジプスの専属医になった
自分が知らない悪魔召喚者としての適性が高いことをわかっていて抜擢されたわけですか…
本人が知らないような個人情報まで何でも知っているのは怖いが今の方が給料もいいし助かる
ってプライバシーの侵害だけど乙女は娘のためならばと割り切って受け入れたんですかね
養子で血の繋がりはないが関係ないし愛しているから頑張れる、親子の絆があるんですね!
友達や好きな人のために一生懸命なのは正しいと言われてバレバレな維緒がわかりやすいw

女性専用の検査室の前でうろうろしてる大地は維緒がいないかと覗き!?
というか間違えて乗り込んでいこうと堂々としすぎな譲もツッコミしたくなるけど大地も
やってきたところで丁度診察を終えた維緒が出てきたりとタイミング悪すぎるんですけどw
譲はさっさと逃げ出してるし維緒には覗きしようとしてたと誤解されるし災難すぎる(苦笑)
というかロナウドも診察受けてたんですね、クリッキーってあだ名はどうなのw
事前に薬品や機材の確認を厳重にしたわけだけどロナウドも素直に検査を受けたようですね!
人類史上初めての異常事態に誰かが体を止んではいけないからという思いのようで真面目な
ロナウドを苦手だと漏らす大地だけど皆必死だからとフォローする譲はそうは見えないと
ま表面的にはチャラチャラしてる感じだけど意外と考えてるタイプ…じゃないかなと思う(ぇ
そして診察室の維緒の後ろには亜衣梨も板のですね、小さいから全然わからなかったよww
覗かれたと思い込まれた上ににさらに譲もおへそが綺麗だったとかいうからますます誤解を~

政治家との食事会に呼び出され報告をしていた大和
東京を離れたそうだが守ってもらわないと困るしそのための峰津院でジプスではないのか
何かあった場合国民の皆様に示しがつかないとか自分達の保身しか考えてないのが…
こんな無意味なやりとりを何度かしてきたら世界を変えようと思うのも無理ないのかも(汗)

水曜日に出現するセプテントリオン・メグレズへの作戦方法を立てるジプス
現在は海中に存在するということだけど上陸まで攻撃のしようがないためどうするのか
市街地への被害を最大限考慮し本土上陸を水際で食い止める、上陸地点の予測を急ぎ万が一
に備え侵攻ルート上の民間人を避難させようとする真琴に対し敵殲滅が優先ではないのかと
響希達との接触で徐々に考え方が変わってきた感じですかね…
回線を繋いだあとの真琴とロナウド、二人の間には昔何かあったとか気になるw
三体のメグレズ配送空間で一つに繋がり同時に止めを刺さないとダメージは軽減されてしまう
名古屋支局のほとんどが民間人だが正規隊員以上の力を持っている、なんとしても勝たなければ
言われるまでもないし敵は必ず討つ、そして響希達は大坂へ向かうことに!!
もうジプス隊員ではないという響希に友人として希望を託すのだと自分達の意志で向かうのか

東京は大和一人で…って戦力分散してるから大和しかできる人がいないのかな
大阪支局へ到着したけど出迎えてくれたのは緋那子、無事だとわかりほっとする響希が…
啓太も緋那子もと崩れ落ちる響希を抱きしめて宥めてくれる緋那子が優しいなぁ…
そんな中真琴を呼び出しルーグに捧げる生贄が見つかったと適正結果を見せた菅野博士
全員の精密検査ってこのためのものだったんですね、というかこれってどういう意味なのか(汗)

次回「変容の水曜日Ⅱ」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/devil-survivo-2.html

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(18)   Top↑

2013.05.17 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第7話「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」
『夏休み、それはぼっちにとってのサンクチュアリ──。だらだらと至福の時を過ごす八幡だったが、ひょんなきっかけで小学生のキャンプの手伝いをすることになってしまった。参加するのは、奉仕部メンバー+戸塚だけでなく、葉山、三浦などカースト上位グループ! (八幡的に)平和な夏休みだったはずなのに、いったいどうなる?!』


夏休みに入りダラダラ過ごす八幡の下へ平塚先生からメールが届く!
返信面倒だから言い訳して深夜に返しておけば問題ないし相手も責めることができないし
中学時代勇気を振り絞り女子にメールしたら四割の確率で同じ返信があり三割は返信なく残り
三割は送信エラーで戻ってきたとかいろいろ切なすぎるんですがw
放置しておいたら大量のメールが届き渋々確認することにしたけど…
それにしても平塚先生ってメールだと割と礼儀正しい感じなのですね、イメージと違う
やたら改行があったり最後のでんわでろが都市伝説のあれすぎて怖いよー!!
結婚できない理由の一旦を垣間見た気がする…つまり平塚先生はヤンデレタイプってことか(ぁ)

宿題が終わり勉強も頑張ったご褒美に何かほしいとおねだりする小町ちゃんあざと可愛い♪
一緒に千葉に行かないといけないという小町は鳥人間コンテンストで優勝レベルできるってw
あまり高いものは無理ということだけどそもそも財布に400円しかないんじゃどうしようもない
別に物が欲しいわけじゃないしお兄ちゃんと出かけれれば十分だとか揺さぶりかけてきたー!
でもなんだかんだいいつつ出かけてあげるあたり優しいですよね八幡♪
ただし小町の部屋着露出度高くて危険だし下着も見えてるから着替えないと危険だと注意したのに
シスコンぶりはキモいと言われたりなんだかんだとやっぱり八幡を扱うのがうまい小町ちゃんだ(笑)
動きやすい格好に…と言われたけど小町はやたら大荷物ではりきってたりと何をしに行くのか

待ち合わせ場所にいたのは車を用意してきた平塚先生!
電話に出なかった言い訳を聞かせてもらおうかと脅迫まがいなのが怖いですw
そしてここには雪乃や結衣までやってきたりとどうやら今回は奉仕部の活動だったようですね
小町にやっはろーとあいさつされてノリで返そうとしちゃって慌てて訂正する雪乃可愛い^^
妹への愛情を利用し誘き出すのは卑怯だけど一番卑怯なのはその妹本人だと痛感する八幡(苦笑)
しかし手を振って集合場所へ来るさいちゃんを見たら途端に元気が出たりとわかりやすすぎる!
誘き出されたふりをしていて結果オーライで神まで信じるとかさいちゃんにだけ態度違いすぎw

そして、全員集合してからの行先は千葉駅ではなく高原千葉村だった!!
まさに外道とノリノリで返してたり平塚先生ってねら…ごほごほなんでもないです☆
中学の時自然教室でいった場所だと思い出していた頃、隼人たちと顔合わせすることに
暫く奉仕部の合宿もかねてボランティア活動として林間学校のサポート役をしてもらうとのこと
爽やかオーラ全開で自己紹介する隼人はうってつけって感じでしょうかw
人手が足りない為内申点を餌に募集をかけたところ隼人たちが申し込んできたようですね
いい機会だし奉仕部は別のコミュニティとうまくやる術も身に着けた方がいいとアドバイス
仲良くする必要はないし敵対で無視でもなくさらっと無難にやり過ごす方法を身に着けるべき
それが社会に適応することだろうと八幡達のことを案じたり久々に教師らしい一面を見た(笑)

まずはオリエンテーリングのサポートで一緒に行動しトラブルのないよう見守ること
小学生の頃は高校生は凄く大人に見えたと話す小町ちゃんは八幡をしれっと覗いたけど
愚痴を零したり汚い嘘ついたり卑怯なことをしたりと大人のイメージ最低すぎるww
まあでも実際高校生なんてなってみても実際毛のはえた子供みたいなものでしたけどね!
立ち往生してる女子グループを発見し確認しにいくとアオダイショウがいて困っていた様
追い払った隼人はここでも好感度アップスキル発動してたけど、デジカメを弄ってるだけで
一人グループの輪の外にいる子を見てため息をつく雪乃、共感する部分があったのですかね…

チェックポイントがわからないから一緒に探してほしいと頼まれ協力することに
秘密の共有も人とうまくやるためのテクニックだと感心しているところ隼人相手だと勝ち目はない
小町に言われたけれどそもそも全部BL目線でCPにする姫菜も全く自重してないしw
あ、でも八幡はヘタレ攻めの方がツボるような気がします、主にさいちゃんとで!←
一人でうろうろしてる留美ちゃんにさりげなくボディタッチして連れて行ったりと隼人はさすが
八幡には一生かかってもできない芸当だがあまりいいやり方だとは言えないと言う雪乃
隼人がいる間は愛想笑いして付き合ってるけどいなくなった途端無視してたりと酷いなあ(汗)
ああいう嫌がらせをするのは小学生も高校生も同じ、等しく同じ人間だという雪乃がなんだか…
周囲に雪乃を理解してくれる人がいなかったことや割り切ってしまったことが寂しいなと

火おこしもそつなくこなすサバイバーな平塚先生は頼もしい!
大学時代サークルでバーベキューしたけどその間カップル達がイチャイチャしていたそうで
過去の恨みから男女別々に準備させる平塚先生をホント誰か嫁にもらってあげて~!(苦笑)
夕食メニューはやはり鉄板のカレー
家カレーだと作る人により個性が出る、ちなみに八幡の家のカレーは厚揚げ入りなんだ
いきなり話しかけられて挙動不審になる戸部に友達なのかと思っちゃうって極端すぎです
結衣はローリエをただの葉と勘違いしてるし八幡のイメージのロリエたんはホント何なのww
そして考えが大体雪乃に筒抜けっていう…仲良しさんですね!(マテ)
火の当番をする代わりに見回りしてこいと平塚先生に脅…じゃなかった頼まれて早速スタート

留美ちゃんに声をかける隼人にため息つく雪乃に同感する八幡
ぼっちに声をかけるときは必ず一人の時じゃないと晒し者になりますます周囲と距離ができる…
さっとその場から避けてうまくやりすごす留美ちゃんの心がまるで手に取るようにわかると(苦笑)
周囲は対外馬鹿ばかりという八幡もその一人だと言われその他大勢の中ですら一人になれる逸材
誇れるのは呆れるのを通り越して軽蔑するとか毒舌なやりとりに気になったのか名前を聞いてきた!
人に訊ねるときはまず自分からと小学生にも容赦ない雪乃さん~!
それにしても小学校のときのあだ名がヒキガエルで最終的にひきがとれてただの蛙になった八幡
八幡と雪乃は隼人グループとは違う気がするし自分も違う、まわりは子供ばかりだし別に一人でいい
思い出もいらないし中学に入れば別の人と友達になればいいと考えているようだけど今仲間外れに
している子も同じ中学に進学するだろうし新しく加わったメンバーも一緒に同じことをするだけ

誰かをハブにするのは何度かあるが定期的に入れ替わり終わればまた話すようになる
いつも誰かが言いだし何となくそういう雰囲気になるのを繰り返していて自分がターゲットに
何かしたわけでもないし中学でも延々除け者にされ続けるのかと思うと…
している側のときは何とも思わなかったけど、被害者側になってみたら痛感したわけですね(汗)
孤立することや一人でいること事態は別にいいが問題なのは悪意によって孤立させられていること
可能な範囲で何とかしてあげたいと発言した隼人には無理だったろうと
林間学校のボランティアを部活動の一環としたのだから原理原則から言えば奉仕部の活動に入る
留美ちゃんが助けを求めるならあらゆる手段を持って解決に努めるという雪乃だけど、本人は
もしかしたら言い出せないのでは、同じことをしてたから自分だけ助けてもらうのは許せない
まわりは話しかけたくてもできない環境になってしまっているのではないか?
とにかくここからどうするかは雪乃たちが考えるべきだと平塚先生は一人で休んじゃうし(苦笑)

他の子とつるめばいいんじゃないか、でもそれは優美子だからできることだし今の状況では
話しかけること事態ハードルが高い、ならば趣味に生きればいいしそこで交友が広がる
本当の自分の居場所が見つかるし学校だけが全てじゃないと気づくと姫菜はBL布教宣言ww
さすがに空気読んで遠ざけた隼人に笑った~いいねえこういうキャラが許容されてるって
せっかく仲良くなろうと話し合っているのにどうして突っかかってくるのかと雪乃との
やりとりで言い合う優美子は旅行だから我慢してたけど常にイライラしていたんですね
好きじゃないけどといった優美子に対し嫌いとはっきりいっちゃう雪乃も遠慮ないから~
性格キツイと溶け込むのは難しい、少し醒めてるし冷たい感じがある
上から目線でまわり見下した態度とってるからはぶられるのは誰かさんみたいにというけど
それは劣っているという自覚があるから感じるだけじゃないかと雪乃も負けず嫌いですし(苦笑)
でも優美子がいつも一緒にいる子達は可愛いからという理由だったのは意外でした!
外見可愛ければ中身は気にしないっていうことなんですかね、優美子の好感度アップしたよ

夜も更けロッジで休むことになったけど、さいちゃんと向い合せの八幡は眠れる気がしないw
寝言で八幡の名前呟いてたりさいちゃんはどんだけ八幡のこと好きなんですか(≧∀≦)
外にでて気分を紛らわそうとする八幡の前にはキラキラ星の鼻歌を歌う雪乃の姿が…
それにしても声を確認したのに誰とかいったり永眠した方がいいとか八幡にはホントドS(苦笑)
優美子が突っかかってきたため三十分ほどかけて論破し泣かせてしまい気まずくなって出てきた
まさか泣いてしまうとは思っていなかったからとりあえず結衣が慰めてくれている
さしもの雪乃も涙には弱いなら今度から泣き作戦でいこうとか、八幡じゃ通用しないかとw
でも結局自分が悪いとは思ってないし雪乃からしたら謝るという選択肢は入ってないんだろうな…

知らない人ばかりでやってきたが知己の中だからといって手を差し伸べる事はしない
結衣にもあんな経験があったから似てると思ったんじゃないか、そして隼人も気にしている
隼人とは小学校が同じで親同士が知り合い、隼人の父親が会社の顧問弁護士をしているそうで
家ぐるみの付き合いは大変そうと他人事なのは表向きの役割は姉の仕事で自分は代役でしかない
雪乃は家族の中でも孤独だったんでしょうか、そして隼人はそんな雪乃を見ていて助けたいとか
思っていたりしたのかな、小学校時代の二人のやりとりとかあるんだろうかと気になる…
それでも合宿に来られてよかったし無理だと思ったと雪乃がどこかいっちゃいそうな感じがして(汗)
似たような境遇の瑠海ちゃんをどうやってサポートするのか奉仕部の活躍が楽しみです!
…提供エンドカットで寂しそうにしてたのでとりあえず材木座も仲間に入れてあげてほしいw

次回「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」

http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67873934.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(0)   TrackBack(12)   Top↑

2013.05.17 Fri
はたらく魔王さま! 第7話「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」
隣に引っ越してきた鈴乃が朝早くから訪れ自己紹介&引越しの挨拶される事に!
引越しには麺類が最高だとわざわざ持ってきたけどとんでもない重さのダンボールに困惑w
というかこんな重いものをさらりと持ってた時点で鈴乃は只者じゃないですよね…
話は聞いているし大家と会った事ないが手紙に困ったことがあれば二人に相談しろとのことだった
その手紙に写真が…と取り出した瞬間蒼白する魔王様と止めるアルシエルの反応がわかりやすい
頼れる隣人がいるのは心強いし長屋生活の支援を試みたいとか何やら古臭い言い回しなのが(笑)
最近増えた同居人として引きこもりだと紹介されたけどこれはルシフェルに原因がありますからね!
二の句も告げずもやっとしてると鈴乃にも納得されちゃったりキャラ固定完了ってことで(ぁ)

日本で保存しても違和感のない形に加工成型した聖法気を宅配便で送ってくれたエメラダ
つまり飲めば聖法気を補充できる栄養ドリンク的なものだけど凄い技術ですねw
服用量には十分注意が必要、一日最大2本だけど午前飲まなかったから午後日本は禁止
そういえばもうエンテイスラに戻ってるんですよね?
魔王城の様子を警戒し監視するものの特に動きはなくただでさえ暑くやってられないエミリアさん
ものは考えようだしあの魔王一派が普通に食事し生活してるだけなら平和でいいだろうと納得!
ただし自分の行動も冷静に見れば平和な男所帯を監視するストーカー…あはは、確かにおかしいですけど
そんなエミリアの前に家事を手伝う鈴乃と一から教えられるルシフェルの姿を目撃することに
もしかしてあの子は新しい悪魔なのか、危険だが潜入操作が必要と判断しこっそり盗み見ることに!

洗濯物の干し方から材料のきり方まで丁寧に教えてくれる鈴乃ちゃん女子力高い
そうそう、夏場ってコンロの前にもあまり立ちたくないのですよね~わかるわかる(←)
どうしてルシフェルが台所に立っているのかというとアルシエルが夏バテで倒れてしまったようで
頬こけてぐったりしてるしかなりヤバイ状態じゃないか、昨日まで元気だったのにw
部屋の外へ出てくる気配を察知して慌てて逃げたエミリアは謝って階段から落下ー!!
よく落ちる勇者さんだけど毎回キャッチしてる魔王さまも見事なタイミングすぎる♪
しかもエミリアさん姫抱っこでニヤニヤかと思いきやグーパンチと膝蹴りで対応って
…不可抗力だったのにボコられた魔王さまが可哀想過ぎる(苦笑)

アルシエルが倒れたのはお裾分けのウドンばかり食べていたからなのか…
昨日のにこ生のウドゥン@おのゆーさん思い出して笑ってしまったww
そのわりに魔王さまはぴんぴんしてるあたりやっぱり元の体力が違うのかな
時代遅れの旧家育ちのためまだ不慣れで都会生活の指導を賜りたいと折り目正しい鈴乃
話をしっかり聞いてると思いきやエミリアさんは胸元ガン見してチェックしてるんですけどww
それにしても時間帯責任者へ昇格決定した魔王さまはやる気が違いますね!!
知らないうちに想像もつかない高みへ到達する…最終的には正社員ってことですか

エミリアは魔王さまと親密な関係なのか?
会話を聞いていると気の置けないやりとりだし遠慮のない間柄だと受け止められるのだとか
鈴乃にツッコミされて親友とか友情とかプラスの感情は一切ないと断固否定するのが(苦笑)
むしろ死ねばいいと本気で思ってるとかいい放題だけど鈴乃の反応にはなにやら見覚えがある…
魔王さま狙いなのかといわれて思わず手を引いて外へ出た鈴乃は恋愛感情じゃない気がしますが
最初は刺客か悪魔かと思ったが刺客なら一週間も何もしないのは変、悪魔なら礼儀正しすぎる
煩わしいと思うが聞いて欲しいし魔王に近づくと不幸になるからやめたほうがいいと忠告を
こうみえて修羅場を潜っているのだというけれどエミリアがそこまでいうならと納得して
くれた鈴乃にあっさり連絡先と住所教えちゃったけどエミリアが大丈夫なのか心配になるよ
まあ、仮に魔王様が手を出したとして首を刎ねて魔王城の窓際に晒すとか酷いこと言われますけど!
それにしてもエミリアさんはよく階段から落下しますね~というか監視カメラでもついてるの??

聖法気ドリンクは飲んでるけど効果があるかどうかはっきりわからないようで
最近戦うこともないし顔をあわせれば喧嘩するがお互い忙しくてプライベートまで気が回らない
それはまさしく仕事が忙しくてすれ違いが多い恋人への愚痴とかエメラダに指摘されたエミリア
早口で捲くし立てるエミリアさんの反応がツンデレすぎてなんだかもう♪
まあ魔王様に全くその気がないのとスルースキル持ってるのでそっちの進展はなさそうですけどw
エメラダはエミリアと敵対するようなことにはなってほしくないと懸念しているのですね…
一時休戦とはいえ協力したのは事実だし絆されてしまうんじゃないかと思ってるのかな(汗)

エンテイスラではどの国も表立った動きは見せてないとはいえ緊張状態の様子
情報はきくが噂の域を出ないし教会の宣教部がオルバ行方不明の真相を探ろうとしているらしい
エミリアのことも探そうとする人がいるかもしれないしいずれにしろ油断は禁物だろうと!
功を焦り日本へ迷惑かける連中もいるだろうとエミリアがまた危険に巻き込まれることもある??
通話時間が長いと料金嵩むからと必要なことだけいってきっていくあたり堅実なエメラダが面白い

マグロナルドの敵となるセンタッキーが新規開店するため翌日の営業が心配だと言う店長
不在となるため魔王さまの双肩にかかっている、緊急の場合を想定し連絡はつくようにするが
致命的な案件でない限り自己判断で対処すべきだし魔王様の成長のためでもあるとのこと
時間帯責任者として初仕事の前に休憩をとることになった魔王さま
そういえばバイト前に鈴乃からお手製弁当持たされてたんでしたね!
隣に越してきた若い女の子からの手作りの差し入れとわかり全力で食いつくちーちゃんがw
中身は重箱に入ったおせち、おせちのことがわからなくて片言な魔王さま可愛いな♪
勢いでここまできたが引き返すのなら引き返したほうがいいのか、でも気になるしやっぱり見たい…
二段重ねの下の段を見てみると❤マークのそぼろと卵ご飯が入っていたー!!まるで愛妻弁当(ぁ)

一方、コンビニで夕食を買っていくエミリアはなんかちょっと寂しい感じで(苦笑)
買い物を終えて店を出ようとした瞬間、誰かわからない相手に襲われることに!!
というか自動扉あるの気づかなくて激突してたりとこういう何気ないところで笑ってしまう~
でもこのおかげで警戒し千党体制を整えることができたエミリアはコンビニ店員を巻き込まないよう配慮して相手を聖剣で弾き飛ばす!!
人間か悪魔化わからないがこんな一目に着くような場所で襲ってくるとはどういうつもりなのか
周囲の人に迷惑をかけるつもりなら容赦はしないと鎌を持つ相手に攻撃を仕掛けるのがカッコイイ
しかし相手の紫の光によって一瞬聖剣の力が削がれてしまう…これは見たことない力ですね…
追い詰められてピンチな所、追いかけてきた店員がペイント弾を投げつけ撃退することに成功
強盗犯に遭遇したということでエミリアも事情聴取されることになって余計な時間を割くことに

でも今回は聖法気ドリンクを飲んでいたおかげで随分力は蓄えられていたようで!
これなら破邪の衣も展開できるかもしれないがそれだけに紫色の光の正体はわからず不安
聖剣や聖法気を無効化する敵には出会ったことがないのだそうで敵はどんな相手なのか…!
ラストはちーちゃんからの電話で拍子抜けしたりとシリアスなまま終わらないところが好きですw
エミリアを襲撃した相手はともかく鈴乃が教会メンバーならどうしてまわりくどいことするのかな?
今の魔王様なら隙を突いてとかできそうな感じもするけどとりあえず様子見状態とかいうことなのか色々と気になる!

次回「勇者、修羅場に突入する」

http://kazekura.seesaa.net/article/361872676.html

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(37)   Top↑

2013.05.16 Thu
NARUTO疾風伝 333話「雨のち雪、ときどき雷」
白ゼツの奇襲に消耗戦を強いられるシカマル達は突如滝のような雨に見舞われるシカマル!
一方で後方の医療部隊にいたサクラのところでも室内なのに雪が降ったりと奇妙な現象が起こり…
離れたキバやシノ達の戦場では雷、別の場所で穢土転生された同じ相手が現れていたようで
チョウジが盾となり影首縛りで相手を拘束したものの雨は酷くなり身動きがとれない十班メンバー
泣き喚きデコピンをした相手が振り返り顔を見てようやくヨタだと思い出すことに…!

アカデミー時代のチビメンバーが可愛い♪
入学記念にもらったクナイをどこかへ飛ばしてしまい森の中へ捜しにやってきたチョウジに付き合う
シカマルといの、天気はいいのに突然雨が降り出し不思議に思っているとどこからか子供の泣き声が
ってクナイが服に刺さって木の上に貼り付け状態になっていてとんでもない状態
そっか、まだチャクラを足に集中させることができないから木登りもうまくできないんですね(苦笑)
土砂降りの水の勢いで木が根ごと倒れてしまったけどしっかり子供を庇ってたチョウジが優しい
何事もなく助かって安心したのか笑い出した子供に釣られて笑ってると雨が止み天気へと向かう!

そんなことを思い出したけどヨタは喜怒哀楽で天気を操ることができるというわけですか…
でも穢土転生されたのがこの子供の姿ということはこの後すぐに亡くなってるってことですよね…
男なのにあたしといってたり、国も里にも属さず各地を転々としているヨタのことを報告するか
しかし見知らぬ人間は里に入れることはできないし里間でピリピリしてるから警戒されるだろう
というかピリピリじゃなくてピチピチっていったチョウジ自身がピチピチしてると言われたw
禁句ワード言われて激怒したチョウジの攻撃もさらっとかわしたりと追いかけっこしてたけど
お腹すいて動けなくなったヨタのためにお菓子やお昼を分けてあげたシカマル達
だけどまだまだと我儘を言ってごねるヨタが泣き出したら雨が降り出したり、泣かないと殴った
いののせいでさらに大雨に…そしてチョウジやいの、シカマルまでもらい泣きしてしまうことに~

ヨタとは戦いたくないと思うけど穢土転生されて操られているから本人の意志とは関係ない
とは思っていても子供の姿だとやっぱり戦いづらくなってしまうんですかね
おにぎり食べてもぐもぐしてる丸っこいサスケが可愛い
って、食べたりないヨタのためにアカデミーの子達のお弁当を少しずつ抜き去るシカマル達がw
そんな三人が気になり後をつけていったサクラもここでヨタと知り合うことになったわけですか
ヨタの能力は厄介だけどヨタ自身が凄く強いわけじゃなさそうなのでどうにかなるんじゃないかな
これをわざわざ複数使ってやるような内容なのかとちょっとツッコミたくはなりますが(苦笑)

次回「悲しい天気雨」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2013.05.14 Tue
アラタカンガタリ~革神語~ 第6話「地龍~OKORO~」
『旅の途中に倒れたアラタを助けてくれたカンナギの属鞘・オヒカ。そんなオヒカの家に、十二神鞘のアカチが現れ、自らの属鞘となれと告げる。カンナギに忠誠を誓っているオヒカはそれを断るが、そんな彼に対し、アカチが取った行動は──。そして、アカチの一連の言葉を聞いていた革は……。』


秘女王殺しを画策したのがカンナギであり自分の属鞘になるようオヒカに迫るアカチ
信じることはしないし忠誠を誓った身である以上真実であれ共に罪を背負う覚悟だと拒否
大王になるならどうして自分を属鞘にしようとするのか、それはカンナギの属鞘だから…
ってアカチがカンナギにやたらと執着していることも気になるけど過去に関係あるのかな
フヨウを人質にとり自らの意志で降るか妻の死を目の当たりにして降されるかどちらか選べと
劍神を手にする革の気配を察知し焦るオヒカは降ることを承知、しかし使用人や妻客人には
決して手を出さないことを条件として提示するけど…守ってくれる保証なんてないのになあ(汗)

鍛冶を召喚し御魂と共に鞘に降ることを宣言したオヒカの姿は消えてアカチの地龍へ
やってきた侍女達を容赦なく殺したアカチに子供だけは助けてほしいと懇願するフヨウまで…!
やっぱり最初から皆殺しにするつもりだったんでしょうね、酷い(汗)
当然逃げることもできずその場で狼狽えていた革達も見つかりピンチ!!
衝撃で吹き飛ばされたりとやはり十二神鞘同士のバトルは半端ないですね…
そんな中ようやく追いついたカンナギは惨殺された光景を目の当たりにして問い詰めるけど
大王争いはもう始まっているという言葉に火焔を召喚、アカチも地龍を召喚し劍神同士のバトルに
地龍は地の劍神なのですね、炎も鉄壁の防御で全くきかないどころか無間に出現する地龍に苦戦

どうしてこんなことをするのか、問いかけるカンナギにエミスのことを伝えるアカチ
エミスはカンナギを愛していたがカンナギは――…
回想シーンからするにもしや炎に呑まれて亡くなってるっぽいけど火焔と関係があるのかな?
茫然としたまま火焔を奪われたカンナギは自分の属鞘たちが全て降されたことを知ることに
今は自分の劍神に力を与えてくれているし勝負あった、火焔も頂くと言われ激昂し殴りかかる!
二人は幼馴染みたいだし昔は組手して修行したりと仲良かったんですね、一体何があったのか
先に裏切ったのはカンナギであるし失う辛さを味わうがいい、その右肩に刻まれた罪と共に苦しみは未来永劫続くのだと…

直に言葉をきくまでは殺しはしないと地龍で嬲るアカチがドSすぎる(汗)
大王になるために他人に罪を被せて裏切ったカンナギだけどこれはさすがに見ていられないと
声を荒げ立ち向かう革は平和に暮らしていた人の生活を壊し何の罪もない人達を殺しこれから
埋まれて来ようと命まで消して何が大王なのか、そんなもの手に入れる価値などないと叫ぶ!!
甘い正義感をひけらかすな、これからは降すか降されるか
せいぜい悩み苦しめばいいとわざと猶予を与え消えたアカチに対し身動きのとれないカンナギ

項垂れるカンナギに近寄りオヒカを取り返してほしいと訴えるホニが…
十二神鞘なら強いはず、オヒカを助けられるしカンナギを尊敬して凄い鞘だといつもいっていた
しかし一度下され相手の劍神に取り込まれたらもう二度と戻らないし帰ってくることはない
今の自分には劍神がないから何もできないと絶望してるのか…
初めての子供が生まれると二人とも喜んでいたのに、自分の家族だと思って大事にしてほしい
笑っていたのに全員殺されてしまったと涙を流すホニに対して謝ることしかできないのも(汗)

劍神を奪われたから落ち込んでいるのか、オヒカや他の属鞘を降らされたからなのか?
秘女王がいなくなれば鞘同士で奪い合いになるのはわかっていたはずだし結果こうなった
会ったばかりなのに信用して守ろうとまでしてくれたしカンナギのことも最後まで信じていた
信じていた属鞘全員を裏切ったのに何を凹んでいるのかと食って掛かる革がある意味凄い(汗)
ずっと秘女王に抑えつけられてきたのだしあの機会を逃すわけにはいかなかったのだと
十二神鞘が秘女王に反旗を翻そうとしたのにもそれぞれ何か理由があるってことなんですかね
そしてツツガを降ろし劍神に取り込んだのなら革も同じで鞘なんか嫌いだと言われてしまう…
目の前で大切な主を失ってあたってしまうのも無理ないですよね…
降し合いもしないし大王にもならないと革もカナテにまでイライラしてヤツアタリしちゃうし

ちらっと現代シーンも入りましたね
学校を休んでばかりだから心配して様子を見に来た西島はゲームを返しにきたようで…
後を追いかけたのはいいけど裸足で飛び出したり塀から現れたりと相変わらず自由すぎるw
革じゃないから西島のことがわからないのは無理ないけど、西島からしたら拒絶されたようにも
感じるだろうしすれ違ったままな状態になってしまうのはちょっと悲しいものがありますね(汗)

代わりに天和国を束ねてほしいという秘女王は大王になって鞘を降していけということなのか
迷う革の下を訪れ話を聞いてくれるコトハはいい子だなぁ!
アカチと対峙するのに劍神を使うのが怖くなるのも当然だしそれにまるで心が見えず土くれのよう
…ってこれって伏線ぽい感じなのでしょうか?過去と今のアカチて大分雰囲気違いますし…
確かに怖いがそれ以上に悔しい、動けなかった自分が弱いから力が足りないからもっと強くなりたい
でもそれじゃアカチと同じだし弱い者を強い者が降すのは殺し合いではないのか
そんな革は考えすぎだし本気で戦ったことがないからそんな風に言えるのだと石を投げつけて
かかってこいと挑発するけど誰も傷つけたくないと弱気になってしまう革はとても情けない

ならば何も見なかったことにして逃げてしまえばいい――…ふと門脇のことを思い浮かべる革!
強くなりたければ欲しいものを手に入れたければ傷つけるし傷つく、国を束ねるのは無理でやめろ
でももう逃げたくないし秘女王が信じてくれた気持ちに応えるためには強くなって戦わなければ
十二神鞘が神意で戦ったら天和国は酷いことになる、誰も下さず降されず止めたいができるのか
ツツガは負けて降ったのではないしツツガの御霊を奪ったのではなく預かったのでは…
正しく審判を使ってほしいと言った通り自らの意志でという感じでしたしね
マカリ様から以前攻撃の神意を持たない伝説の劍神で世を総べる源の剣があると聞いたコトハ
その名前は伝説の劍神 創世(ツクヨ)
革が名前を呼んだ途端呼応してたけどこれでようやく本当の力を手にできるということなのかな
創世を手にしたのも革に攻撃の意志がないから選ばれたということだったんでしょうか
ヨルナミやカンナギも反応していたし今後は十二神鞘全員から追われることになったりして(苦笑)

確実じゃないが劍神に取り込まれた御魂は取り出せるかもしれないとホニに教えてあげた革
大きな力秘女王ならアカチの劍神からオヒカを蘇らせることができるかもと少しだけ希望が…
まあ天和国に到着するまでは長い旅路となりそうですけど…終わる気がしないw
天和国を束ねるという本当の意味が分かった気がするしこれ以上悲しむ人を出さないためにも進む!
ようやく自分の目的も見定まったようだし革ももっと見せ場があるようになるといいなと(苦笑)
一方、久しぶりに登校してきたアラタは自分から門脇に声かけるとかこっちのやりとりが気になる!

次回「火焔~HOMURA~」
エンドカットのカンナギ&アカチが美麗!
来週は世界卓球があるから休みで次回は5月27日放送♪
現代の話も大きくなりそうだしカンナギ達の過去が明らかになりそうですね

http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-990.html

テーマ:アラタカンガタリ - ジャンル:アニメ・コミック
アラタカンガタリ~革神語~    Comment(6)   TrackBack(10)   Top↑

2013.05.12 Sun
進撃の巨人 第6話「少女が見た世界-トロスト区攻防戦②-」
『トーマス、ナック、ミリウス、ミーナ、エレン……巨人の前に次々に斃れていく34班の仲間たち。一人生き残ったアルミンは救助に訪れたコニーに声をかけられるが、あまりの出来事に現実を受け入れられないでいた。エレンとは別の部隊で巨人と戦っていたミカサは、エレンと出会ったときのことを回想する。』


中衛部隊に配属されたものの巨人の急襲に成す術もなく巻き込まれて犠牲になったエレン達
別働隊として後からやってきたコニーが気絶し倒れていたアルミンに気づき起こしてくれたけど
何があったのかと言われてようやく目の前で起こった強烈な出来事を思いだし混乱するのが…
部隊が全滅したことはまわりを見れば明白、これ以上アルミンに構っている時間もないだろう
アルミンだけ無事なのは死体だと思ったからではないか、複数巨人に遭遇したのは可哀想だが
劣等生だけ助かるとはエレン達も報われないとか容赦なく突き落とすユミルの言葉が辛辣(汗)
コニーも激昂して一触即発の雰囲気になったけど仲間が犠牲になり気が動転しているだけだし
仕方ないと仲裁に入ったクリスタに作戦が終わったら結婚してくれって本気なのか冗談なのかw
とにかくこのままじゃいけないと手を差し出してくれたコニーの手をとらず後衛と合流すると
一人だけ助かってしかもエレンは自分のせいで…となると余計思い詰めるだろうし心配だよ…

「地獄だ…いや地獄になったんじゃない…最初からこの世界は地獄だ…」
強いものが弱いものを喰らう親切なくらいわかりやすい世界 ただ友達は強くあろうとしたし
弱い自分を助けてくれようとした、小さい頃からいつもエレン達に助けてもらってたんですね
二人にとって守られる存在というのが耐えられずエレン達と肩を並べて生きていきたかった――
エレンはアルミンの言葉で外の世界に憧れたけど、アルミンはエレンの強さに憧れてたんだなぁ
途中目標を誤って壁に激突してしまい自分の不甲斐なさを痛感しているところでハンナと遭遇
必死にフランツの蘇生を試みていたけど…下半身が丸々喰われていてもう無意味な行動としか(涙)
フラグ立てすぎだと思ったけどこうも絶望展開だとなんともいえないものがあります
こんな風に仲間が錯乱していく光景を見たアルミンも戦意喪失してしまってるしどうなっちゃうんだ…

避難民よりも先に大量の荷物を門の中に運び込もうとする商会の会長
止めるように前に押し出された駐屯兵団の兵士にも誰のおかげでただ飯が喰えるのかとか…!
反論もできず黙っていると調子に乗ってるし生死を問う状況というのに何やってるんだ
そんな中奇行種がこっちに向かってきたー!!走り方が気持ち悪いんですけどww
精鋭が揃う後衛部隊に配属されたミカサが他の兵士たちを追い抜き巨人の項にアンカーを打ち込む!
さすが主席なだけあって一撃で項を突き刺し仕留めるとか相変わらず半端ない強さです…
ミカサに荷台を引くのを手伝わせようとするけど当然そんなこと受け入れられるはずないですよね
住民の避難が完了しないため巨人と戦って仲間が死んでいるというミカサの言葉に当然のことだし
命や財産を守るために心臓を捧げるのが兵士の務め、百年ぶりに役立ったからといえ気になるなと
…このあとのすっと感情が冷えてくミカサが怖かったです(苦笑)
兵士を育成するのもいざというときのためだしこのおかげで自分だって今助かってるっていうのに!

人が人のために死ぬのが当然だと思っているのならきっと理解してもらえる
時に一人の尊い命が多くの命を救うこともあるのだろうと武器を手にしたまま向かっていくミカサ
雇い主とも付き合いがあるし下っ端兵士の一人ぐらいどうってことないと息巻いて挑発!
向かってきた部下の二人を峰打ちで瞬殺すると死体がどうやって喋るのかと剣を振り下ろす!!
寸前で止めたけど目がマジだったから本当に消しちゃうんじゃないかとちょっとヒヤヒヤした;
ミカサの剣幕に怖気づいて渋々だけど荷台をどかせてくれたことで住民達が無事避難できるように
見知らぬ母親と女の子からお礼を言われて胸に手をあてて応えるミカサもかっこよかった!

仕留めはしたものの焦って一回の攻撃で刃を鈍にしてしまったため次は注意すると
刀身は着脱式で切れなくなると交換する使い捨て方式なのですね…交換用切れたら(汗)
初めての実戦だというのに顔色一つ変えず巨人を制圧したりとこれまでどんな経験をしてきたのか
それはミカサの過去に通じるものなのですね…
アイキャッチは超硬質スチール 刀身についての情報!
強靭さとしなやかさを兼ね備えた素材であり巨人の肉質を斬裂し得る
これを利用し製造された「半刃刀身」は対巨人兵器として広く知られている
超硬質スチールの精錬には工場と志賀備える高炉が必要不可欠である工場都市以外では製造できない
…工場都市が襲撃されたらヤバイだろうけどそのあたり鉄壁の防御態勢だったりするんでしょうか

844年
まだ両親が健在で山奥で家族三人で平穏に暮らしていたミカサの姿が…
教えてもらっていた刺繍は一族が代々伝えてきたものでミカサも自分の子供に教えてあげるようにと
子供はどうやってできるのかと聞かれて気まずくなって話を逸らした両親に和むw
でもほのぼの光景はここまででしたね 扉をノックする相手を出迎えようとした父親は――…

同じ年頃のミカサに合わせようと診察のためミカサの家を訪れていたイェーガー医師
このあたりは子供がいないし仲良くすると中々友達ができないエレンを気遣っていたようで
扉を叩いても反応がなく中を確認してみると凄惨な光景が
両親は容赦なく殺されミカサの姿はなく連れ去られた様子、憲兵団を呼び捜索することに!
というかエレンもまだ小さいのにこんな光景見せられてしまってトラウマになったんじゃ

ミカサを拉致したのは人身売買している一味のメンバー
価値があるのは"東洋人"だからだそうで、東洋系は絶滅し存在してないことになってるのか
昔東洋から壁の中に逃げ込んだ一族最後の末裔で都の地下街で変態相手に競売にかけて売る
金儲けのために家族を殺して拉致とかホント最低すぎる…!!
父親はそうは見えなかったしミカサはハーフということになるけど、価値があったのは母親の方
警戒もしていない父親をまずは刺殺し母親と娘を拉致しようとしたけど抵抗されて殺したとか…
お母さんをミカサを守ろうと必死に反抗しただけだというのに斧で惨殺されたとか酷すぎる(汗)
わけもわからないまま呆然とするミカサは殴打され気絶させられたまま誘拐されたんですね…

森に迷い込んでしまったただの子供を装ってアジトに一人乗り込んだエレンは後ろに隠していた
ナイフを手にまずは一味の一人の胸を一突きに…!!
扉を閉めてもう一人をおびき出すと小屋にあった槍とナイフで何度も突き刺して惨殺…
ミカサを助けるためとはいえ単身で突撃して迷うことなく手にかけられる精神状態って(汗)
血まみれのまま安心しろとかいわれても多分普通なら怯えたりするだろうけどミカサも大人しく
してたりとこの二人ってやっぱり昔からどこか異質な部分があったりしたのかな…

診療の付き添いで家に向かったことを話すエレンに犯人はもう一人いたはずだと漏らした時
残りの一人が戻ってきて慌ててナイフをとろうとするも蹴り飛ばされ首を締め上げられるエレン!
戦わなければ死ぬし生き残れない、勝てば生きられる、戦えと呆然とするミカサに投げかける!
ナイフを手に取り震えていたミカサだけどこの光景は以前何度も見たもので
いつだって目に入っていたが見なかったことにしただけで事実この世界は残酷なのだと
そう思えた瞬間体の震えが止まりその時から自分を完璧に支配できたしなんでもできると思えた
戦えという命令が脳から腕に伝わり犯人を背後から狙い定めたミカサ…!

この一撃で犯人は心臓を貫かれ即死とかミカサの潜在能力はこのとき覚醒したのかな(汗)
憲兵団と共にイェーガー医師が戻ってきたのは日が暮れて暫くしてからの時刻
麓に戻っていろといったのにどうしてここにいるのかと叱られたけど有害な害虫を駆除したまで
たまたま人と背格好が似ていただけの獣だしこの時間ではとても間に合わなかったと反論!
エレンは元々怒りが力になるタイプだったのですかね…悪に対する嫌悪感が危なっかしいな…
助かったのは運がよかっただけ、命を軽々に投げ打ったことを咎めているのだと
でも早く助けてあげたかったしミカサのため一心不乱になってしまった所もあるのですよね

「私、ここからどこに向かって帰ればいいの」
ふと我に返って帰る家がないことを実感したミカサが痛々しすぎる(涙)
寒いしもう帰る場所もないと漏らしたミカサに自分のマフラーをあげたエレンが優しいなぁ
そっか、あのマフラーってエレンがこの時あげたものだったんですね!
辛いことがたくさなったし十分な急用が必要、帰る場所がないなら家に来ればいいといってくれた
イェーガー医師や自分達の家に帰ろうと手をひいてくれたエレンにようやく涙を流せたミカサが…
昔はあんなに笑う女の子だったのに物静かで表情が激減してしまったのはこの事件のせいでしたか
人買いから助けてくれて家族として迎えてくれたエレンに対して執着してるように依存度高い
理由もわかったしこんなことがあったら絶対に失いたくないと躍起にもなってしまうだろうなと

勝者しか生き残ることが許されない残酷な世界
でも自分にはこの世界に帰る場所がある エレンがいればなんでもできる――

…ってそのエレンがいなくなったとわかったらミカサはどうなってしまうのか不安すぎる
エレンがミカサの中心にいるのなら巨人に喰われたとわかったら自棄になってしまうんじゃ…
壁が閉じられ撤退しようとする中前衛の支援をすると命令を振り切り向かうミカサ
この後アルミンと再会してエレンのことを知ることになりそうで…引き続き展開が気になる!!

次回「小さな刃-トロスト区攻防戦③-」

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック
進撃の巨人    Comment(2)   TrackBack(24)   Top↑

2013.05.11 Sat
宇宙兄弟 第57話「技術者のスイッチ」
吾妻が乗ったロシアの宇宙船ルーニエ二号が打ち上げられ無事に月周回軌道へと乗ったとのこと
その一方でキャンサット作りに奔走するムッタ達だけどパラシュートが一切開かず着地!?
まあこれも想定内ということでパラシュートが開き着地成功したと仮定し筒からローバーが
飛び出し出動していくと自動制御での走行開始し目指すはゴールフラッグなわけだけど…
大きな岩の前で立ち往生してしまって身動きが取れない状況にムッタも想定外だとショック(苦笑)
とりあえずロケット回収しに行こうともう一度最初からやり直しに…
コンペまであと五日しかないのにまだまだ課題が山積み、パラシュートは絡まって開かず
ローバーは遅い上にすぐ止まり10メートルも進まない、少しの壁にあたったり窪みに落ちる
だけでダメになるのはまるで自分のようだとかムッタも落ち込んじゃっているようだけど
話を聞いてるピコは原因がわかってるけどアドバイスしてあげなかったりスイッチオフのまま
溝に嵌ったりするのはタイヤが小さいせい、そんなんだから障害すら越えられないのだとか

子供用のおもちゃでひとり遊びしてるピコがなんだかww
食堂で北沢さんが聞いた話によるとC班はランバック方式じゃなくフライングバック方式に
そもそもローバーを作らないということ、パラシュートで着地させるのではなくキャンサット
がグライダーで空を移動し自動コントロールでゴール地点にピンポイント着地させる作戦
地面の凹凸も関係ないし急に今までのやり方が無駄に思えてきたが方式を今から変えるのか
そんな時アホかと声をかけてきたピコは弱点がないかちゃんと考えろと…
空の障害といったら鳥か、と思ったムッタだけどせりかさんの風が無難に正解(笑)
大会会場一体の上空はかなり強い風が吹いているしキャンサットの自動制御程度じゃ十中八九
制御不能で流されるため恥をかきたくなければ空中戦はやめて地を張っていくことを進める
なんだか前回のムッタの言葉が気にかかってちょこちょこ絡んでてきてくれるようになったかな?

他の班が次々と前進していく中何もかも遅れているE班
まずはローバーからじっくり作り直し地面の障害に負けないようにするにはどうすればいいか
ジャンプして飛び越える装置でも追加…ってイメージのローバーが凄いことになってるw

さすがに重量も重くなるしシステムを作るだけでも難しい…
物作りには失敗する労力と金が必要だといったムッタの考えは思ったよりも技術者より
元々同じような畑にいたのかと何気にそわそわし始めてるピコにニヤリとしちゃいます♪
プログラムを弄るだけで障害回避できないか、例えば五秒以上進まなかったら少しバックする
命令を加え角度をずらしまた走り出すシステムをローバーに追加しタイヤの直径を大きくする
スピードも増すし障害も越えやすくなるがロケットに入れる筒の大きさが15センチだから…
拡張式のタイヤならば筒に入る元の直系から1.5倍にできるがムッタ達にその技術はないのか
笠みたいに広がるタイヤはどうか、いいアイデアだと思うけどと頭を抱えて悩むムッタは
パーツが増える分重量も気になると思いつつタイヤをスポンジにするのはどうかと提案する!
スポンジなら縮めて筒に入れられるし走るときは大きく膨らむし安く軽く加工しやすい点もあり
着地のショックも和らげるといいことづくめ、この方法はピコも考え付かなかったようですね
というかそれを思いついた作者さんも凄いなあ~
次はパラシュート、パラシュートのパぐらいは教えてやってもいいとピコがついにデレた!!(笑)
そういえばCM、ソフバンと宇宙兄弟のコラボだけど平田さんボイスだとタイバニに思えてw

パラシュートを整え丁寧に折り畳んでいくピコに感心するムッタ達!
毛深くワイルドな手がまるでラッピングする女性店員の繊細な手つきのようだって例えがw
宇宙飛行士が6人もいてキャンサットが本物の宇宙船だったらと一人も考えなかったのか?
自分の隣にいる飛行士を乗せて打ち上げるつもりで全部の作業をやっていたのか…
そんなこと考えてもいなかっただろうけど実際はそれぐらい本気で集中しなきゃなんですね(汗)
パラシュートは女子が畳むようにとのこと、収納作業は昔から女性の仕事であるとのこと
隣の男の命を預かったつもりで…つまりせりかさんはムッタの命を預かることになりキュンキュン?!
落ちたらゴメンなさいと謝られちゃったけどそれはシャレにならないですww
繊細で妥協が許されない作業が女性向きという節もあるが起源をいえば第二次世界大戦の頃
戦場へいった夫やボーイフレンドに無事に帰ってきてほしいという願掛けの意味でパラシュート
が開く生命線になる収納作業は女性がやるようになった、へええそんな深い意味があったのか!
「ようするにパラシュートってのは愛で開く」
ぐは、芳忠さんボイスだと様になってクサイ台詞でもますますカッコイイ(〃∇〃)
うっかりパラシュートのトまで教えちゃったとかもう誤魔化してもデレたのばればれですよw

その後も順調に進み模型作りに専念していたムッタのおかげで作業ペースも速い!
キャンサットが開いた瞬間縮んでいたタイヤが飛び出して大きなタイヤにはやがわり
障害物にあたった直後GPSから座標を広い新しい最適ルートを探し進んでいくローバーの試運転
運転時の音が煩いしピコピコ音はいらないとか言われて反応してるピコがちょっと可哀想ww
試運転を経てさらに外での実践、障害物も無事に乗り越えルート変更も自動制御で完璧に!!
そのうちムッタもピコの一人遊びに付き合うようになったりとすっかり仲良しになってる(笑)
子供のおもちゃで本気でぶつかりあって買ってドヤ顔なムッタにイラっとしてるピコが面白い
ピコがローバーにこっそりリモコンで動かしたフィギュアを乗っけてからかってたりと笑える~
皆の想いが詰まったローバーをキャンサットに詰め込みパラシュートを収納しとりつける――
最終作業を終えていよいよ打ち上げ、せりかさんが畳んだパラシュートも見事に開きましたね!
横で嬉しそうにせりかさんに自分を指差してるムッタと満面の笑みなせりかさん可愛い♪

ルーニエ二号も月周回軌道に到着し着陸船も無事月面へと着陸成功!
そんなニュースを車のラジオから聞いていたビンス教官が持っているのは墜落事故の時の破片?
駐車場付近でうろうろしていたムッタが気になり訓練は終わっているのに何をしているのかと
ピコに酒に付き合えと誘われて待ち合わせにきたというムッタ、ビンス教官からの冷たい視線
はまるでパセリでも見るような目って例えがおかしい(笑)
元自動車会社開発勤務だったなら車は好きだろうから一緒にドライブをしないかと誘われる!
今からピコと飲む約束をしているし乗るか乗らないかさっさと決めろと促され同乗することに
…というか飲む予定なのに帰りどうするんだろ??
まさかムッタがヒビトの兄だとは思わなかったピコは残り五日の辛抱でヒビトたちを乗せた
オリオンが帰還しパラシュートが無事に開いた瞬間ようやく負い目から介抱されるのだと――
なんだかこれフラグに聞こえなくもないんだけど大丈夫だろうかと心配になっちゃいます(汗)

次回「本気の失敗」

テーマ:宇宙兄弟 - ジャンル:アニメ・コミック
宇宙兄弟    Comment(0)   TrackBack(11)   Top↑

2013.05.11 Sat
ちはやふる2 第18話「わすれじの」
『瑞沢かるた部全員の「諦めない」思いがそれぞれの試合を白熱させていく。千早は怪我の痛みに耐えて試合を続けていた。それでも強い人と試合ができる喜びをかみしめながら、常に本気のかるたをする千早に。理音は―そんな試合をみるクイーンは―』

VS富士崎との決勝も中盤に差し掛かった試合
千早は六枚差、肉まんくんは三枚差、太一は四枚差、筑波くんと机くんは七枚差で負けている
けれど皆の諦めない必死な気持ちが伝わってくると応援する一方で気合ではどうにもならない
ことを教えてあげるようにと考える桜沢先生の予想通りに試合は富士崎有利で進んでいくのか
とても強いが新よりは弱いとあの江室の変な手つき見てたらそうもいいたくなりますよねー!
というかえろむ、試合中のイメトレはホントやめてほしいんですけどww
新を忘れて喜んだり思い出して励みにしたり、忘れることが下手なんだと比較してしまうけど

けれどもう一度立ち上がり陣にある札の差を確認する!小学生のとき、はんでを五枚差つけてはじまっていた原田先生との練習日一回戦
四試合分の暗記もこの試合の細かい札の動きも全て消してまっさら状態で江室へと挑んでいく!
ここへきて思い切りのいいとりをした太一、序盤に差はついてしまったけど巻き返しなるのか
真琴先輩の強さに付け入る隙がないと息も荒くなっていく机くん
多分試合では勝てないしそんなに甘くないと自分で作ってしまった分析の壁を越えてみたいと
友札が綺麗に場に残りどうとるかイメージする肉まんくんは空札もつくかもしれないから注意
だけど必ずとるし何度も確認し体に道を作ると素振りを繰り返し筑波君にもエールを送る!

相手の変なポーズに集中を乱されてイライラする筑波君だけどこれはなめられている証拠
こんなことじゃヒーローになんてなれない、そんな時視線のさきに「つき」の札を見た筑波君
絶対に強くなれる札として教えてくれたのはつくとつき
瑞沢全員が絶対に負けないというほどの札でかなちゃんも大江千里の澄み切った月を思う秀歌
月を見てセンチメンタルというのはよくわからないが得意札が畳の上にあるだけで勇気が湧くと!
ようやくいい流れが出始めたと思いきや横で苛立って爪噛んでる詩暢嬢と腕組んでる桜沢先生がw

七連取し三枚差まできた千早、理音はプレッシャーのかかる場面での経験不足が仇となった?
先ほどよりも加速し始めた千早に怪我はどうなのかと心配しどうしても全力が出せない理音に対し
こんな感じのいい選手とあたれる機会はそうないし全力でぶつかってほしいと案じる千早
そんな理音の試合の様子がわかり絶対勝てると大口叩いた癖に何をやってるのかとストレスがw
送り札も適当におくってきたかと思いきや前髪に息を吹きかける焦った時の癖が出た!!
美しいものが好きだし泥まみれになる体育会系を選ばなかったのもそれが理由、かるた部が十分
汗まみれになると知ったのは嵌まってから、美容にも効果あるストレッチとか勉強になることも(笑)
力任せにばんばん払うやつが大半の中で理音は特別で美しかったと真琴先輩視点の理音がキラキラ♪
こんな好条件で勝たないとまた虐められる、自分に虐められることになるとかツンデレすぎるw
ここで筑波君が負けて富士崎に一勝、あれだけいっていた理音に対し集中しろと声をかける!
前髪を吹きかける仕草はヤバイと思ったときじゃなく本気を出すぞという意味で読み切れなかった
力全部足りなかったしさすが富士崎の三年だと改めて差を痛感する机くんもよく頑張ったよ…!

そしてここで理音も自分のペースを戻すため髪を耳にかけてさらによく音を聴こうと集中モード!
こういう何気ない仕草の描写に力が入ってるのもちはやならではですよね
読手として出ることで不公平が生じるかもと不安だったが互角の感じのいい子がいる
それは周防名人ぐらいかと思っていた山城七段!
わざわざ家まで訪れて詠みを録音させてほしいとかホント大好きなんですねww

四字決まりの決まり字前に飛び出した千早と理音
四文字目まで同じよのなかよよよのなかはだけど歌の意味は全然違うで簡単に言うと明と暗
「世の中よ」の道がないと思うか、「世の中は」の永遠であると願うか
よのなかはが出たわけだけど二人とも決まり字前にとりにいってセイム、相手陣で理音のとり
札をとった千早の手首に尋常じゃない痛みが走ったりと無理をしてるから悪化しちゃってるし
痛みに耐える千早の視線に映った詩暢嬢、そして詩暢ちゃんは新が連れてきてくれたのではないか
と思い会場を見渡して探すけど…もう千早が新大好きすぎて泣けてくるよ(苦笑)
団体戦には興味ないし個人戦で勝つことしか考えてないといっていた新の言葉
だけどこのままだと個人戦に出場して新や詩暢ちゃんとも戦うことはできないかもしれない
それでも今が大事だとメンバーの肩に手を乗せて気持ちを伝える千早の想いは団体戦で勝つこと!

翔二たちがかるた談義であれこれ盛り上がっている中トイレに席を立った新はふと会場が気になり
畳から札が減るごとに空気が薄くなる終盤 次に買ったと息をするのは誰なのか――
三位決定戦も全組三枚差いないの熱戦を繰り広げる明石女子VS北央戦
優勝目指して頑張ってきた両校でその芽がなくなったのに気持ちが折れないのか
…北央サイドはというと須藤先輩からのプレッシャーが怖くてぶるぶる状態なのもあるけどw
負けた人間が気持ちを保つために大事なのは実は周囲の視線!
でも確かにまだ応援してくれる人達がいるからこそ生半可な試合なんて見せられないですよね!

そんな団体戦の一致団結の雰囲気を気持ち悪いと感じている詩暢嬢の回想が切ない(汗)
子供の頃、同世代の子と対戦するとどうしても手加減してしまう癖がついてしまった詩暢ちゃん
一人になるほど強くなる子、そんな昔のことを思い出してしまうのはなぜか
帰ればよかったと感じつつ千早から目が逸らせない詩暢嬢、接戦になっている千早と理音の
とりがどちらかわからないと審判につくと村尾さんも間近で見たりと集中させてあげたいと!
全然楽勝じゃないしやっぱり自分が出た方がと真太がハラハラしてるけど横の桜沢先生の表情がw
一字決まりが少なく三字決まりの多い札配分の試合、山城七段の繊細な読みを聞き取れる理音が
有利だったが前半で試合を決めるべきだったしもう一字決まりだらけで今度は千早が有利となる
祖母の詠みなら絶対に負けないしクイーンにも負けないと思っていたのに…
富士崎の一番席で負けたら許さないといってくれた真琴先輩の言葉、負けたくないと必死になる!!

チームを持たない人は自分が強くなることしか考えてない、かるたを好きなことに間違いないが
世界を豊かにしているのは人を増やし教えて励まして支えているチームを持つ人達の方ではないか
そんなの関係ない、誰も自分に本気にはなってくれない
本気を出せば出す程相手は遠ざかっていってしまうとかそれはそれで寂しいなあ…
詩暢ちゃんの中で占めるかるたの割合が大きすぎたからというのもあるかもですね
だけどその中で本気でぶつかりあう千早達の姿、ここにはライバルになれるかもしれない相手も
団体戦のチームを見つめる詩暢ちゃんが口元に笑みを浮かべるシーンが怖かった~!
最近面白キャラと化してたけどやっぱりこういうところはかるたに憑りつかれてるなと
多分これってようやく本気でぶつかれる相手を見つけて歓喜したという感じですかねw
存在感半端ない詩暢嬢はやっぱりラスボスとしての風格が違いすぎる!(笑)
詩暢ちゃんに心境の変化が出てくるのか、それとも変わらずなのか今後が楽しみだ!!

肉まん君も筑波君も富士崎相手に頑張っている、祈るように試合経過を見守るかなちゃん達
そして太一は序盤のミスのせいでまだ五枚差、終盤にいいとりはあってもやっぱり運がないってw
攻めたいのに五枚連続で自陣ばかり読まれて焦る太一は江室が主将なのかはわかる気がするし
怖くて中々できない覚え過ぎないことをさらりとやってのけるし先ほどの二枚も体を真ん中まで
出してそこから判断してとりにいっているのにとりまけてしまう、追いついてもガードされるし
お手付きもない、自陣を支える体力があるし二枚の敵陣より七枚の自陣を守った方がいいのか
そんな時脳裏に浮かぶ原田先生に出てこなくていいと拒否る太一がw
苦しいときの右下段を見事払ったしただ攻めたのではなくこいがよまれてないから囲いながら攻め
しかしここで筑波君が完敗、実は普通のとりもできるわけだけどそれは本気になってくれた証拠
結果負けはしちゃったけどホント富士崎のA級相手によく善戦したと思いますよ
あ、認めてくれたのはいいけどギアセカンドとかいらないww
かなちゃんに託されて出場したのに負けてしまってなんともいえない悔しさを痛感しただろうなあ

ここで瑞沢二敗、崖っぷちに追い込まれ観客も富士崎で決まりという雰囲気に…
そんな中大山札を送った太一、でも実際には二字決まりになっているけれど奇襲なんてきかない
優勝に慣れた富士崎相手に瑞沢が一勝でもできれば御の字という中瑞沢も三勝を諦めていない!
部長らしく気合を入れなおした太一がかっこよかったですね!!

次回「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/251018-6af0.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(30)   Top↑

2013.05.10 Fri
革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」
ショーコの独立宣言に賛成意見多数で学生たちだけで独立することにした咲森学園の生徒達
食料揉んだとかいろいろどうなってるのかと思ったけどインスタント麺ですませてたとは
棚の端から端まで倒すのを一度やってみたかったと見せたショーコにはさすがにドン引きした(苦笑)
今はまだ余裕あるからいいけどそのうち不足するだろうし暢気にしてられるのは最初だけだと思う~

ドルシアとアルスの両軍は睨みあいとなりモジュール77は拍子抜けしたように平和な状態に
ルールを決めて暮らしているけれど大人達がいないのをいいことにネバーランドを楽しんでいる
というか敷地内での光景が色々カオスなことになってるんだけど何かツッコミすればいいのかw
ショーコとはすっかり元通りの関係になったハルトだけど自分から告白をなかったことにして
おいたのにいつもどおりになったらがっかりとかそれもどうかと思うんですけど(苦笑)
暑いからと水着姿になってうろうろしてるマリエといいホントやりたい放題って状態だし
荷物の運搬に使おうと重機を持ち出してきたユウスケ、法律を作るのも警察も生徒達なのだから
自由だと放任してたけど、無免許で操作するから失敗して消火栓を壊して水浸しにしたり…
というかこのせいで水足りなくなるとかあるんじゃないのかなあ
ショーコの下着が透けてるとか明らかにサービス路線狙ってるあざとい演出いらないですw

とにかく大人がほとんどいないわけだから生徒が取り仕切っているわけだけど進行は大分遅れがち
アドバイスをもらおうにも七海先生は全然役に立たないしホントどうにかしてって感じです(ぁ)
とりあえず余裕ある回収班から人を回すよう進言するサトミは先生の胸元に反応しすぎw
空調システムとかもモジュール全体で管理してるようだけど妙に暑く感じることに違和感を
覚えつつも特に規してない面々、システムの数値が凄い勢いで上昇してるけど大丈夫じゃないし!

学生の稚拙な恫喝を認めるのか、アルス市民の中にも応援する声が大きくなり選挙戦を考えると
味方にしておいた方がいいし相手は子供だから適当に宥めすかせればいいし真の脅威はドルシア
ドルシア総統@子安さん!
…てか今回の内容があまりにもアレなので悪役子安さんが霞んじゃったよw
国家とは何か、すべての国民が最も必要とし求めているものは命、自由も平等も命あってこそ
力がなければ正義も正論も通りはしない、国家とは力、赤い木曜日の悲劇を忘れてはならない
未来を違え失われた同胞の血にかけてドルシアに絶対無敗の勝利をと国民に向けて演説!
独裁軍事政権のわりには単一種族じゃなかったりと色々気になるところはありましたけど(苦笑)

地下に収納されているヴァルヴレイヴに興味があって調べていた貴生川先生
人類の技術レベルを遥かに超えた代物、そしてヴァルヴレイヴにはハルトの父親が絡んでいる!?
技術者がハルトの父親だったということですかね、だからハルトがパイロットになれたとか?
何なのか調査するため今日からここに寝泊まりすると呼びに来た七海先生に伝えることに
一番年上だから生徒を纏めてほしいといわれたけれど向いてないと断って扉を閉めちゃったし
その頃のエルエルフはというとシステムにハッキングしコードを解読、地下通路へ向かっていた!
というか拘束もされず自由に動き回ってたけどこのあたり誰も気に止めてないというのも…
何やら地下に見つけたようだけど、今後はハルトを利用してドルシアに仕掛けるつもりなのかな

ハルトを大々的にアピールし義援金を受け付けるHPを立ち上げたキューマ
食料や薬も用意できるし傭兵も雇うことができると意気揚々としてたものの集まったのは数千円
フレンド一人一人が一円ずつ寄付したとしても七億円ってそれはまあ計算のミスなんじゃ
そんな時電源がシャットダウンしあたりは真っ暗闇に――しかも天候が激変し雪まで降ってきた!
環境整備システムの不調でモジュール全体を冬モードへ一気に移行しようとしているとのこと
いきなりダウンしたから対処できずショックなアキラ、デスクトップはこういうと危険ですww
貴生川先生の解説がわかったユウスケしか修理できないとライゾウに強制連行されることに(苦笑)

システムがあるのは高所ということで怯えて中々進めないユウスケに覚悟を決めろと脅すライゾウ
施設内に入り基盤をようやく発見したと思ったら足場が崩れて落下しそうになってしまう!
ギリギリのところでライゾウが手を掴んで助けてくれたけどここで制御盤のスイッチを発見!!
冬モードに移行し真夏から一気に気温が下がり寒そうなハルトはくしゃみ連発してるのがw
室内では女子たちが毛布に包まってやりすごそうとしてたけど、このままでは死んでしまうかも
何とか励まそうとするショーコの言葉は無責任だし元はといえば巻き込んだ本人であると責任転嫁
そもそも独立宣言するんじゃなかったとか自分達が散々挙手しておいてそれはないですよ…
まあ、ショーコもその場の勢い的なものがあったからどっちもどっちう感じがしないでも(ぁ)
苛立ちの声が上がる中馬鹿じゃないか、人の意見に載った自己責任だと一蹴したサキ!
責任の押し付け合いからキャットファイト勃発への流れが怖いw
仲裁に入ろうとしたサトミは黙ってての一喝であっさり根負けしちゃうし生徒会長形無しすぎる~
タカヒの腕に噛み付いてみたサキはハルトの真似してみたりと能力が欲しかったりするんだろうか

腕一本で支えるライゾウは撃たれた傷が開いてしまったもののもう仲間が死ぬのは嫌なのだと
自分に構わず続けろと言ってくれたりとライゾウのキャラ株急上昇ですね
…というかこの学園内で一番まともな人がヤンキーっていう(苦笑)
世界中が敵の中自分達で争ってどうするのか、何とか止めようと入ったハルトだったけど
ここでいきなりジングルベル歌い出したショーコはホント頭おかしくなったのかと思ったよ(ぁ)
歌ったら体もあったまるし心も温まるんじゃないかとかだからって何で唐突に歌うんだろうw
さっさと出て行こうとするサキにどうするか決めるのは自分だとビンタをしたタカヒがまた…
イラっとしたサキにビンタ仕返しされてたけどされたことないのかショック受けた感じで~
丁度ここで電源が復旧し元通りになったけど、色々修理したりもなくスイッチ一つで終了とか
明るくなったけどハルトがきてた着ぐるみの角がタカヒのスカートの中に入ってたりいらないサービスがあるのはなんなの(苦笑)
恥ずかしい思いをして場がしらけたとタカヒは退散、そしてハルトとショーコはサキを誘うことに!

ジオールの人々に向けて元気にやってると伝えるために映像配信することにしたようで
PV風に流してサキの歌を…って歌で皆の心を一つにとかそういうの別の作品でいいですから(!)
というかこれを延々流されたときの視聴者の心境はほぼ一致してたと思うけどもw
ジオールだけでなくアルスやドルシアのアードライたちまで視聴してたけどええっとですね;
この歌が届いているのならきっとまた合えるとヴァルヴレイヴに乗り込み伝えるハルト
映像のおかげで寄付してくれる人も増大し義援金も一気に跳ね上がることに…
モジュール内を把握するため調査として向かうハルトに同行するサキに先ほどのお礼を伝える!
咲森学園にきてから諦めていたが歌をああいう風に使うのは嫌いだけど感謝していると歌えたから
嬉しかったというのもあるのかな、サキもヴァルヴレイヴを求める動機を持ってそうですしね

地下へと降りた先にあった無数の各色のヴァルヴレイヴが収容されているのを目撃した二人
先にエルエルフが見つけてたっぽいけどこれで何するつもりなのか…
このことは二人だけの秘密にしてほしいし自分のような化物は増やしたくないのだと頼むハルト
了解したサキは代わりに二人ぼっちになろうとハルトに積極的にキスしてきた!!
てかガイドのOSがなんか学習機能つきっぽいけど人工知能だったりするのかな~
展開的にはやっぱりサキが搭乗することになるのですかね、四号機がなんだか封印されてるっぽい
のも気になるけど、エルエルフが乗ってくれたら面白くなりそうだけど無理なんだろうか(笑)

次回「サキ・カムバック」

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック
革命機ヴァルヴレイヴ    Comment(2)   TrackBack(19)   Top↑

2013.05.10 Fri
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第6話「不穏の火曜日Ⅱ」
名古屋支局奪還のために換気ダクト内を通り密かに侵入する亜衣梨と純吾!
小さいから楽ちんだと言われて気にしてると返す亜衣梨に帰ったら茶碗蒸しを作ってあげると
無事に帰れたらと言う亜衣梨もツンデレキャラっぽいですよね、なんだかんだいいコンビだw
響希の居場所がわかりレジスタンスの仲間の一人にトラックに乗せてもらい維緒と大地も向かう!

セプテントリオンが出現するセンタリングパークで準備を進める響希達
峰津院家の盟約によれば三体目は必ずここに出現するそうですが敵の正体はジプスとしても
未知なものだらけでレジスタンスだけで戦えると思っているのかと詰め寄る乙女に対し自分達
が使役する悪魔はジプス側よりも遥かに協力で自分たちの手で人々を守ると意志は固いようで…
一体誰が悪魔召喚アプリなんて作ったのか、出所のわからないもので戦うのは危険と思わないのか?
ジプスのやり方に反目しているのは自分達だけではないし同志を募って戦い続けてるわけですね
ただこのアプリについてもまだ色々秘密がありそうだし実際レジスタンスだけでどこまでやれるのか
ニカイアから全て始まり誰よりも強い悪魔を召喚できる力があったが正しく使う方法がわからなければ無力と同じ、どっちかというと今は大和に反発して躍起になってる感じなのかな

どうしてレジスタンスに入ろうと思ったのかと訊ねる乙女にジプスでは皆を助けられないと思った
乱暴なやり方を受け入れるしかないのがジプスなのか?
大和の命令で大勢の人が亡くなっていったが必要な死だったのか、被害が最小限の選択をした
考えはわかるが犠牲となった啓太や巻き込まれた緋那子のことを簡単にはわりきれないですよね
力があったことを知らなければ戦わない選択肢もあった、しかし力があるから戦うのは勇敢だと
正しいのなら協力したいがわからないことには従えないという響希からしたらロナウドも正しいか
どうかなんてわからないけど少なくとも無闇に犠牲にすることはないだろうから手を貸そうと…

そして駆けつけた大地・維緒と響希も再会することに!
顔見ても突っぱねたりするのかなとか思ってたけど案外普通に接してましたね~
響希の友達ならジプスだとしても大丈夫だとジョーは呑気な感じだし(苦笑)
二人から死に顔動画が届いたことを知らされ間に合ってよかったと打ち明けられたけど
許可もとらず身を暗じて駆けつけてくれたからこそ少しは落ち着くことができたのかな
消息不明になった二人のことが東京支局では既にばれていたものの真琴がうまくフォローし
処理してくれるとのことでこっちは何とかなりそうですね、まあ大和にはばれてそうだけどw
 
東京へ戻ろうという二人に自分はセプテントリオンが来るのがわかっていて離れるのは無理
死に顔動画の予告はあたる、わかっていれば回避できるというけど大阪ではできなかった…
つい言いすぎてしまったという顔をした大地だったけど放っておけず響希を守るのだと!
それに続き響希を守るために一緒に残るから飛び出して行ったり一人で抱え込まないで欲しい
憂うものに指摘されたように大きな力は人を巻き込み一緒にいることが一番危険に繋がる…
力なんて関係ないし幼馴染が困っているのに放っておけるわけないだろうと大地もいい奴ですね!
等身大だし共感はするんだけど、もう少し何かしら見せ場があればいいいのになと思ったり
どうにかするとはいっていても今の所悪魔は弱いままだし目立った活躍ないままなのかな(苦笑)
力を合わせればきっとうまくいくし一人でいるよりはいいという言葉に二人にも頼ることに

瓦礫の撤去作業中ダクトの穴から落っこちてきた亜衣梨、純吾がしっかり姫抱っこしてキャッチ
当然レジスタントメンバーに囲まれることになったけど作戦通りだと息巻いてかっこつけてるし
基地を取り返しにきたとか堂々宣言して速攻で実力行使するとか話し合いじゃなかったの~!?
亜衣梨の悪魔はケットシー、純吾はネコショウグンってニャンコだらけでちょっと可愛いw
悪魔召喚しあい対峙することになったものの遊びなのかといちいち突っ込みする純吾が(笑)
仲間たちとの間の仲裁に入り声をかけてきたロナウドとジョーは退避するよう命令する!
理由も聞かされずスカウトされた口のようだしなぜ疑いも持たずにジプスに従うのか、何が正しい
か考えるべきだというロナウドに自分が正義だとお互い悪魔を召喚して一歩も引かずバトル開始

メインモニターに映し出された光景を見た響希は人間同士で争ってる場合じゃないだろうと
とはいえ話は聞かずそのまま続行かと思いきや顕現率が跳ね上がりセプテントリオンが出現!!
出現場所は地上のセンタリングパークではなく名古屋支局
ロナウド@小山さんのなん…だと!?に思わず笑ってしまったww
選抜されたメンバー以外はシェルターへ緊急避難させ亜衣梨と純吾にも協力してもらうことに!
四方から畳みかけていくものの防御が固く傷一つつかない、地上に出ないならかえって好都合
このまま倒そうと総攻撃を仕掛けていくけれどなんだか作戦が大雑把すぎじゃないか?(苦笑)
雷撃で周囲の悪魔を一掃したフェクダの影響で電源がシャットダウンし支局内が停電させられる…
目的は基地機能の停止、今は予備電源に切り替わっているけれど二撃目が来たら絶体絶命
フェクダの出現に対し面白いところに現れたがさすがに人間には酷だろうと監視する憂う者

もし基地機能を失えば龍脈の結界を維持できなくなり名古屋は消滅する
でもここで響希が駆けつけてスザクの炎で焼き払うと維緒もキクリヒメで援護する!
さらには吸魔の力を習得したサラスヴァティを乙女が召喚しセプテントリオン自体にダメージを
しかしやっぱり強敵ですね…今度は二体に分裂して反撃し強烈なビーム攻撃を仕掛けてきた!!
スザクやキクリヒメも貫かれるほどの威力、しかもこれは死神動画に映っていた攻撃そのもの

ビャッコを召喚するも直前に攻撃を受けてアプリが強制終了し絶体絶命のピンチ!!
ってここでセプテントリオンを一刀両断したのは大和のケルベロス!
悪魔の能力を上書きして難なく応戦したりとそんなことができるんだ(苦笑)
でも以前は響希も無意識でしてたっぽいし響希ももしかすれば…ということにもなる?
峰津院家の血ではなく自分の力だと圧倒的差を見せつけ倒したりと凄すぎるんですけどw
…というかこれができるなら最初からさくっと大和が倒せばあっさり終了しますよね(ぁ
丁度指令室が手薄になったのを狙い司令室にハッキングし菅野博士がコントロールを奪還
転送ターミナルは復旧中で使用できないはずだが足りない魔力は大和自身が補ったのだと…
てかケルベロスも召喚して転送の魔力も自分でとかどんだけスペック高いんだw

通信が復活し大和の姿を確認した真琴、失敗したら死んでいたわけなんですよね…
そんな力があるのなら一人で戦えたはずなのにどうしてと叫ぶ響希に対し下らないと一蹴
審判の日を迎えるために必要なことで明日以降セプテントリオンを倒すには手足となる駒が必要
響希はマシな駒に育ったし感情など無意味で下に戻り命令に従えば世界は救われると強制する!
弱者を排除する世界や美雷を認めるわけにはいかないとロナウドの言う平等社会など絵空事で
傷をなめ合って生きていけるなら好きにすればいいが侵略者は容赦しないし誰も生き残れない
生き残り審判の日を迎えたあと何を企んでいるのか、混乱した世界で支配者とならんことを承知
している…それは実力のあるものが導き手となるだけのことだと徹底した弱者排除策ですね…

古来より準備されてきた峰津院家の野望であり血塗られた一族
過去峰津院家が何をしてきたのかも気になるなあ…
仇名すというのなら手心は加えないとケルベロスを召喚した大和にビャッコで対峙する響希!
人を傷つけるというのなら止める、大和が何を考えているかわからない…
そしてこの場に憂う者も現れ初めて三人が揃うことになったけど随分と悲しいことになっている
し輝く者同士がいがみ合うなんて想像もしなかった、大和は死に顔動画を見て駆けつけたのだと
一応心配してたんだよってことをわざわざ伝えにきただけじゃないよね??(苦笑)
まあでも大和にも相手を気にかけるところがあるということがわかれば響希の印象も変わるかも?
とりあえず倒すことができたけど、次回は三ヶ所に同時出現とかどんどん厄介なことになってきそうだし響希がどの道を選択するのかも気になります!

次回「変容の水曜日Ⅰ」

テーマ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック
DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION    Comment(0)   TrackBack(14)   Top↑

2013.05.10 Fri
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第6話「ようやく彼と彼女の始まりが終わる。」
『まちがってしまった関係、誤解は正せないまま──。八幡の卑屈さゆえからの態度で、気まずくなり奉仕部に来なくなってしまった結衣。そんな中、平塚先生からの奉仕部人員補充の指令もあり、雪乃は結衣を復帰させるため八幡にある提案を持ちかける。それは、一緒に買い物に行くこと──?』


犬を助けたのは偶然で気にして優しくしているならやめて欲しいとはっきりと言われてしまった結衣
あれから一週間、二人はどこかギクシャクしてしまってるし結衣も気にして距離を置いてるし…
八幡には同情だけでここまで一緒にいてくれたんじゃないんだと早く気づいてほしいですね
お互いの関係性をリセットすることで心の平穏を取り戻し結衣は負い目から解放され元の生活に戻る
選択肢として間違っていないしむしろ正しいからこの件はこれで終わり、またお互いの日常になる
だけだし人生はリセットできないが人間関係はリセットできるとか淡々と割り切ってる感じだけど
結衣もちらちら視線送ってたりここまでいうのにはやっぱりどこか寂しい所があるんじゃないかな
中学の同級生は一人も連絡取ってないけどこれはデリートだったとか八幡の中学ライフ泣ける(汗)

部活の時間になってもやってこない結衣と八幡に何かあったのか気になって訊ねてきた雪乃に
喧嘩なんて親しい関係の連中がすることだし諍いか、徐々に話がずれて殲滅戦とかおかしなことに
すれ違いなら仕方ないとあっさり引いた雪乃もそれ以上追及しなかったけど気にしてるんですよね
二人でバトルロワイヤルで勝負の決着をつけようと言い出した平塚先生!
必要なら新入部員を勧誘すべき、結衣がいなくなり欠員が出たからということだけど来ないなら
辞めたも同然だしやる気がないのに構ってやるのは義務教育までで意志なきものは去るべききと一蹴
…やる気も意志もないから去りたいと挙手した八幡に対して骨鳴らす平塚先生の脅しが怖いw
結衣のおかげで部員が増えると部の活動が活発化することがわかったし月曜までに少なくとももう一人
やる気と意志を持ったものを確保して人員補充するよう促され早速取り掛からせられ探すことになる!

入ってくれそうな人になら心当たりがいると言われてさいちゃんを即座にあげた八幡
じゃなくって結衣に入ってもらえばいいし再入部してもらうだけ、補充さえできればいいわけだし
メアドにあった数字から6月18日が誕生日なのではないか、直接確認したわけじゃないと指摘され
てむっとしてる雪乃に言い過ぎたとたじっとなってる八幡がちょっと面白かった~
今後奉仕部へこないにしてもこれまでの感謝はちゃんと伝えたいから誕生日を祝ってあげたい
雪乃がもじもじしながら付き合ってくれないかとこのお誘いは勘違いしちゃいそうなパターンw

休日、小町と八幡を誘って誕生日プレゼントを選びにアウトレットモールへ買い物へ
ツインテールの雪乃が新鮮だなあ、でも個人的にはポニテの方が似合いそうな気がする♪
効率重視で三人で分担して回ろうとするけど指をぐきっとおられて小町に止められることに
せっかくだから全員でまわりアドバイスしあおうと、結衣の趣味的にはとポイントを絞り向かう!
そして八幡達を二人っきりにさせようと途中ではぐれたふりしてこっそり消える作戦ですか
五時間ぐらい自分の買い物にかかるしなんなら一人で帰るから二人で頑張ってとか小町ちゃん
そもそも突き合わせているのだし文句がいえた義理じゃないと二人で買い物することになるけど
女性の水着とかおいてあるエリアに男一人でぶらぶらしてたら不審に思われるのも無理ない(苦笑)
出来ることは何もないだろうしと離れて待ってようとするけど一般の女子とは離れた価値基準だから
放置されると困ると、手伝ってもらいたいし仕方ないから今日一日に限り偽恋人になる許可をする!
許可が下りたけど上から目線なのは変わらず、エアコンの方が優秀扱いまでされちゃいましたしね
雪乃の恋人はまっぴらごめんだが嘘はつかないからふりならふりで勘違いのしようがないって…
断る理由もないし雪乃も周囲に他人しかいない状況なら勘違いされて風評被害に遭うこともないとw

というか雪乃の場合服の基準が見た目とか好みじゃなくまずは耐久性なんだ…
商品をたてよこに引っ張って何度も確かめたりってあまりやりすぎると追い出されるんじゃ(ぁ)
どんなものが好みか知らなかったという雪乃に半端な情報で知ったかぶりされても困るしソムリエに
半端な知識でワインを送るようなもの、ならばと次はエプロンをチェックしてみることに!
紫の地で猫のアップリケのついたエプロンよりも結衣はもっとふわふわした頭の悪そうなものが
似合うんじゃないかとか、酷い言いぐさだけど適格だからとピンクのフリル&リボンつきをセレクトw

途中雪乃の姉陽乃と遭遇し自己紹介することになったけどもしや彼氏じゃないかと勘繰られ(苦笑)
いきなりツンツンしたり胸おしつけてきたりとあざとい感じの人だ!
雪乃は繊細な性格だから八幡が気を付けてほしいと耳打ちしたけどなんか小悪魔系っぽい感じが
姉は雪乃と違い凄い人、完璧で誉めそやすというけれどそれは雪乃も変わらないし遠回しな自慢…
教科外骨格みたいな外面のことで人当りがよくてずっとにこにこしていてい男の理想像みたいな人
理想は理想で現実じゃないしどこか嘘臭い、腐った目だから見抜けることがあるのかと言われたー!!
でも八幡の見立てがあってるっていうならつまり内面は真っ黒ってことでいいんでしょうかw

自分達の方へ向かって飛んできた犬に怯えて八幡に接近しちゃう雪乃が可愛い♪
猫と違って犬は苦手なんですね~何かトラウマがあったりするのかな?
やたら懐いてお腹までみせたりする人懐こい犬に何かと思っていると飼い主の結衣が登場!
休みの日に出かけたら決まってるしなんで気づかなかったのかと完全に誤解しているモード…
しかもここで話があるから月曜日部室へ来てほしいとこれは二人の何の報告かと思ったのか(苦笑)
性格上うまく伝えられないがキチンと話しておきたいと言われ落ち込みながら帰る結衣が何とも…
というかさっきからリード外れすぎなのが気になって…飼い主なら脱走癖ある犬はちゃんと
管理しないとご近所さんからも苦情きたりして色々大変だと思うから治した方いいよw

気落ちしながらも何とか部室前までやってきた結衣、で後ろから八幡がきたから驚くことに
今後のことで話をしたい、なら気にしなくていいしお祝いや祝福ならこっちがしたい、感謝している
しお祝いは本人が何かしたから行われるものじゃない、話がかみ合ってない状況になってて
ここで勘違いしてるんじゃないかと八幡が見かねて助け舟を出してようやく事態が収拾した!!
あはは、やっぱり二人が付き合ってるんじゃないかと思いこんじゃったわけですね
ちなみに自分でも怒ることがあるのだと淡々と話す雪乃が本気すぎて相当イラッとしてるのわかるw

結衣の誕生日をお祝いしたくて呼び出した…最近部活にきていなかったし慰労もかねて感謝の
証も示したいとプレゼントを渡されて抱き着く結衣に八幡からもプレゼントを渡され驚くことに
誕生日というわけじゃなくこれで白紙に戻したい、犬を助けたのも気遣ったのも全部ナシに…
個人を特定し恩を売ったわけじゃないのだから特定して恩を返す必要もない、でも気遣ってもらった
分は返しておきたいし差し引きゼロでチャラ、これで終わりにしたいとそこまで突き放さなくても(汗)
同情とか気づかいとか一度も思ったことがない、結衣自身がやりたかったからしただけですよね
別に最初から何もなかったし助けたことも同情したこともない、二人の始まりから既に間違っている
だから終わりにするという選択肢は正しい、二人は悪くないし終わったのならまた始めればいい
助けた助けられたの違いはあっても等しく被害者でなら原因は加害者に求められるべきでどちらも
悪くないなら初めから揉める必要はない、だからちゃんと始めることだってできるのだと――
加害者の自分は始めることすらできないというように聞こえたしどこか寂しそうだったのが…
入学式の事故には雪乃も関わってるっていうことなんでしょうか?

人員補充の件を報告してくると教室から出て行った雪乃は気を遣ってくれたんでしょうね
プレゼントをあけて中身を確認した結衣、犬の首輪なのにつけちゃってなんともいえないものがw
というかダックスの首輪結構細いと思うんですけど!?よくつけられたなあ(笑)
バカにも愛情籠ってる感じで二人の関係もまたいつもどおりになりますかね
八幡は多分結衣の気持ちを何となく察してると思うけどこれからもスルーしていくのかな…
雪乃の本のブックカバーがエプロンの柄と似ていたことに気づいた八幡、家庭内事情も何かありそうだしそろそろ雪乃本人についても掘り下げていってほしいなと!

次回「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」

http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-765.html

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。    Comment(1)   TrackBack(11)   Top↑

2013.05.10 Fri
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
冒頭、焼肉屋で魔王モード発動中の魔王さまのナレが面白すぎたんですがw
食事中延々自分の世界だからアルシエルに周囲も気にしてほしいと叱られることに(苦笑)
テンションあがりすぎたし腸をうまいという悪魔の気持ちがわかるとか魔王さまその筆頭ですよね!?
栄養バランス気遣って野菜もとれとか相変わらずアルシエルさん細かいです
昇進祝いで外食にきたはいいけどついでにルシフェルの分も買って上げた方がいいのでは
最近漆原はネット通販を覚え家計を使い込みすぎているそうで裁きの鉄槌をお願いすると
…完全にニートまっしぐらなルシフェルの生活は確かに喝入れないとダメかもですねww

オルバが失踪し死亡したはずのエミリアが生存していることが明らかになり困惑する事態
そして魔王も生存している様子、オルバはどちらも消失したと報告してたのですね…
エメラダとアルバートが拘束された件もオルバの差し金によるもの、エメラダに関しては
神聖セント・アイレ帝国への帰還が確認されエミリアの生存とオルバの背信を広めようとしている
大神官が背信なんてありえないと倒れかけるほどの強烈な報告だけど事実には変わりない
エメラダが公式にエミリアの存在を認めたとなると影響力は無視できないし公式発表とも矛盾する
大神官の背教を認めるか、エメラダ・アルバート・エミリアの三人を抹殺するかのどちらにするか
無茶苦茶な案であるけれそれを異端審問会にやらせてきたのは大法新教会だと迫るのは――

騒動起こしたルシフェルはすっかり魔王城に居ついちゃったんですね!
行き場もないし事件の首謀者だから魔王さまが匿ってくれたんだろうけど好き放題してるし
帰ってきて早々お帰りなさいませご主人様呼びさせようとするアルシエルがおかしいw
土産は焼肉じゃなくて豚丼にチェンジ!
それにしてもパソコンもネット環境も全部整えてあげたとかどんだけお人よしなの…!
せめてこの世界に現存する魔力情報の収集に専念して成果に応じて豚丼もランクアップさせる
…報酬が豚丼限定だったりとあまりやる気でない感じだけどまあ今までのことを鑑みれば…

本当に使いこなせるかどうか信用できないなら腕を見せるとエミリアの職場にハッキングした!!
お客さんかと思って丁寧に対応したのに相手が魔王さまとわかってイラっとしてるのがw
しかし仕事中どうでもいい話をしてきた魔王様がルシフェルと一緒にいるとわかってさらに(苦笑)
バイトを始めて一年も立たないうちに時間帯責任者に昇格した魔王様はやっぱりさすがですかね
店長いない時間だけの店長代理とはいえ時間帯限定で僅かな人数とはいえ人間を支配できる…
ちょ、ちーちゃん考え方が魔王さまよりになって感化されてるからww
勤務中に電話かけてきたのは先だろうと連れ出そうとするエミリアを何とかするちーちゃん!

というか、情報収集そっちのけでネトゲしようとしてるルシフェルがわがまますぎるw
遊び半分で心霊現象スポットを検索していると笹幡北高校の七不思議についての情報を発見
アルシエルは図書館で色々調べた結果カッパドキアがこの地に落ちた下級悪魔の住居跡という可能性も
魔力補給できるかもしれないがトルコへの旅費となるとバイト代何か月分に…ってそれはまた(苦笑)
仕事が終わりエミリアに呼び出されたけどオルバが警察に逮捕されルシフェルも迂闊に出歩けない
仕方ないから暫く面倒見ることにしたということだけど確かに六畳一間に男三人は狭そうですよね
魔力も枯渇しエンテイスラには帰還できない、しかしエミリアはいつでも帰還できるのだとか
ゲート制御のため聖法気をあくせく探す必要もない、だったら帰ればいいわけだけど勇者である以上
見張る義務があるだとかそれって魔王様が気になって仕方ないってことでいいですよね?(*´艸`)

帰宅して早々畳みに倒れているルシフェルとトイレから出てこられないアルシエルに一体何が!?
ハワイに滞在中の大家さんの水着写真を見た瞬間吐き気を催したって…
情けないし怯えてどうするのか、だったら見てみればいいと言われたけど華麗にスルーしたw
誤魔化してないし時には勇気ある撤退も必要とかww
気になる情報を見つけたというルシフェル、この世界の魔力スポットは何もピラミッドや
ストーンヘンジみたいな古代遺跡だけじゃなく探せば近場にあるしそういう情報は図書館で得られない
有力なのは笹幡北高校旧校舎の七不思議、使われていない教室で囁き声や笑い声が響いたりする

魔のものが関わっている可能性が高いというルシフェルに言われて調査することに!
部外者である以上立ち入るのは難しそう、だけど実はここちーちゃんの通う高校だった!
魔王さまの隣にいるルシフェルがルームメイトとわかり興奮する同級生の子がw
試しに七不思議のことを訊ねてみると確かに有名でうめき声や窓に悪魔の姿が映ったとか
もしかしたらエンテイスラが関係しているかもしれないと相談すると協力してくれるとのこと
早速旧校舎へと案内してくれることになったけどやはり夜に行くのですねw
生まれるずっと前生徒が神隠しにあったみたいに消えた事件があり依頼ずっと使われていない
休憩してお菓子食べようとかなんだか楽しそうだけどバイトでも何でも魔王さまに助けられてばかり
役に立てるのが嬉しいし魔王さまが一緒だから怖くないと渾身のアピールもスルーされてる(苦笑)
昇り降りした時の段数が違う来た階段、血まみれで歩く二宮金次郎像、午前0時になると二重瞼
になる美術室の彫像、呪いという言葉だけ赤く塗りつぶされた図書室の広辞苑、時々シの音だけ
ならなくなる音楽室のピアノ、あかずの教室とあわせて六つしかないけど七つ全部知るとあの世から携帯に電話がかかり魂を持っていかれるから…

話のオチを聞いて急に怖くなってテンパる魔王さまが可愛いなあ❤
そもそもちーちゃんが生まれる前からある話になぜ携帯が出てくるのかおかしいと冷静なアルシエル!
急にルシフェルから電話かかってくるからかなり怖かったようで、幽霊とか苦手なんだ~(笑)
過去ゲートが開いた事ある場所、一度開くと磁場が不安定になりそのあとも開きやすくなる
昔神隠しにあった生徒がいるのはゲートに飲み込まれた可能性が高いしまたゲートが開いた瞬間
うまく居合わせられたら魔力を補給できるかもしれないし到着したらまた連絡してって…
一体どうやってそんなことまで調べたのか、ネットすげーって感心してる場合じゃないw

背後で怪しい物音がしたがもしや異世界の魔物がきたのか!?
最初から相手がわかっていれば怖くないと急にやる気になった魔王さまがわかりやすいw
いざというときは魔よけとしてミキティの写真持参とかアルシエルのそれボケじゃないんだ(笑)
不審な足音に警戒する魔王様達の前に現れたのはエミリア!ポニテエミリアさんもいいなぁ
事情を説明しスリッパに履き替えてもらっている間に面倒くさいからととんずらした魔王さま達w
鬼の形相で追いかけてきたエミリアから逃げるために化学準備室に逃げ込んだけど…
魔王様と至近距離でドキドキしてるちーちゃん可愛い!
人体模型を魔王さまと思い込み聖剣で一刀両断したエミリアが容赦ない(苦笑)
こういうのは高いし後始末しておけとかじと目でみるアルシエルと魔王さまが面白いんですがw

旧校舎のあかずの教室は階段をのぼって一番上の三階にあるそうで
打ち付けられていなかったはずの板があり不審に感じるアルシエルは出入りしたあとを発見
教室は普通に出入りできるようになっていて室内は妙な生活観で物が散乱した状態!
誰かが落としたゲーム機、そして絶妙なタイミングでルシフェルから電話がかかってくると…
やっぱりそこに落としたのかってルシフェルの私物という顛末ww
ゲートが開きやすい場所とかいってたけどオルバと開いて日本へやってきたのでは
暫く生活したが遊んでたゲームをおいてきてしまったからって…拾わせるつもりで向かわせたのか
もしや誰かがきたりしてないのか、これは厳重にお仕置きする必要がありますよね(ぁ)
思わずお金に換えて生活費のたしにしようとしてるアルシエル、ナイスアイディアに一票!

うっかり封筒の中身を開いてミキティの水着写真を見てしまった魔王様の顔が酷いw
ゲーム機没収されそうになって身長差で届かないルシフェルがちょっと可愛いかったけど(!)
魔王様がバイトから帰ってきた直後階段から転落しかけて助けて貰った女の子 鎌月鈴乃
油断大敵と呟いて胸にもたれかかって気絶しちゃったけど直前の動きがわざとらしかったような~
突然の大きな物音もゲートを展開してきたとかだったりしたら納得がいく感じだし…
やはり鈴乃=異端審問会のメンバーということになるのかな?
旧校舎でも見張っていましたし一段落したら次から次へと問題が起こっていくんですね(苦笑)
でもなんだかんだいいつつ皆魔王さまに絆されて地球に馴染むキャラにならないかと楽しみですw

次回「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」

テーマ:はたらく魔王さま! - ジャンル:アニメ・コミック
はたらく魔王さま!    Comment(0)   TrackBack(38)   Top↑

2013.05.09 Thu
NARUTO疾風伝 332話「老人と龍の目」
戦場で休憩中のリー、おにぎりを見て物思いに耽っていたり昔を思い出していたようで…
木の葉の最強体術使いであり第三次忍界大戦でなくなったと言われるチェン老師
当時は遠くで見ているだけだったが戦えるとは体術使いとして感激だと挑むガイ先生
最強といわれるだけあって強いチェン老師に圧されているとわかりリーも駆けつけることに!
どうしてリーとチェン老師が知り合いなのか、奥義を教えてもらいたいと頭を下げた時のこと

大ケガから復帰して間もない頃、図書館で見つけた秘伝体術の巻物を持ってきてくれたテンテン
それによるとチェン老師が編み出した木の葉竜神という術が記載されており早速教わろうと
するけれど既に亡くなっていてしかも巻物は途中で破れていて見ることが出来ずわからないまま
落ち込むリーに一緒に修行すればいいとナルトに励まされまずはお墓参りして気合を入れようと
祖父のお墓におにぎりを備える孫のアザミちゃん曰く祖父は生きてるし毎日食べに来るとか…
一体どういうことなのかと疑問に思っているとお墓の上で食事するチェン老師が(苦笑)
アザミちゃんを騙しているのかと制止しようとしておにぎりを落としてしまい激昂した老師
から木の葉竜神を受けることになってしまい本物で実は生存していたと明らかになったんですね

奥義を学べるチャンスだと思い再び墓前へ訪れたリーは何とか伝授してもらおうと頼み込む!
忍術が使えないから体術を極めたい、何とか立派な忍になれるよう努力している…
けれど忍術を使えない奴が忍なんてできないし資格がないことを体に叩き込んでやる、
そのままチェン老師に一方的に痛めつけられることになり弱いのだから忍もやめろといわれ
どうしてこんなことをしたのか、それはガイ先生が一番よくわかっているはずで忍になることに命を賭けるなんて笑止千万だと…

忍の資格はないといった老師に自分ひとりの力で認めさせたいからとテンテンとナルトに
伝えるリーはアザミちゃんから預かってもらったというおにぎりを受け取り老師の下へ通う!
来る日も来る日も待ち続けるリーにチェン老師がいい加減うんざりした頃
忍の資格がないといわれても受け入れるわけにはいかないし技を打ち破ることができたなら
忍として認めて欲しい、もう一度木の葉竜神を見せて欲しいという根性に根負けしてくれた!!
所詮龍の目を見抜くことはできないだろうしこれで自覚できるだろうとその場で対峙する二人

竜神に飲み込まれて傷だらけになって倒れてしまったリーの前におにぎりを置く老師が…
龍の目と竜巻、もう少しで何かが見えそうな気がするのだと、諦めない所が奴にそっくり
何を言われようと諦めるわけにはいかないし忍になることに命をかけてくれるガイ先生との
約束があるし否定する老師に負けるわけにはいかない、もう一度と頼み込むリーだけど
その夢は諦めたほうがいいしどうしようもないと老師とはその後二度と会うことはなかった…

忍の厳しい世界において忍術が使えないものは無力に等しいし目指してはいけないのかも
老師がリーを諦めさせようとした事は何一つ間違ってはいない、けれど老師のしたことは認めない
師弟が間違っている事を証明してやるという老師にそうじゃないと伝えられるはず
木の葉竜神の正体は竜巻で龍の目とは…表蓮華でイメトレするけれど試すこともできず悔しい
思いをしていたリーも今ここでようやく実践できることになったというわけですね!
竜神の上に乗り口が開いた瞬間、龍の目は竜巻の中心のことだと一人表蓮華で対処する!!
見事打ち破り竜神も消滅、チェン老師も技を破られ精神的にも完敗したというわけですかね…

以前大ケガをして夢を諦めかけたことがあったが、ガイ先生がいってくれた言葉
苦しみから解放されたければ覚悟を決めること、己の夢を失えば今よりも苦しむ事になる
忍道を失うようなことが生きていけないような大馬鹿、だから手術を受けて前へ進むべき
努力を続けてきたリーの手術は必ず成功するし未来を呼び寄せるし失敗するようなことが
あれば一緒に死んでやる、リーと出会った時から立派な忍者に育てることが忍道だった…
だから約束だと親指を立ててくれたガイ先生がいたからこそ今のリーがあるんですよね!

かつて一人だけ弟子がいたしリー同様忍術が使えず体術のみで忍になると修行に励み叶った
木の葉竜神を伝授するはずだったが第三次忍界大戦が起こり戦場へ向かうことになった弟子
忍術や幻術が使えない弱点をつかれ無残にも殺されてしまった…
予測も出来ず弟子を忍にした自分に師匠の資格はない、だから忍を辞め死んだことにして墓を…
老師が隠遁生活送っていたのは弟子への贖罪もあったとは…
同じ道を歩んでほしくないからこそリーに教えたくなかったとか切ないですね(汗)
本当に墓が役立つときがきたようだと最後は満足していけたりと晴れ晴れとしてましたね!
ガイ先生&リーの師弟関係がクローズアップされたり体術が見れたのはよかったかな♪

次回「雨のち雪、ときどき雷」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

税金