アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
09 ≪│2011/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2011.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.11≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2011年10月 」 の記事一覧
2011.10.31 Mon
銀魂 232話「忘れっぽい奴は忘れた頃にやってくる」
蓮蓬篇スタート!!
イベントで流れてた映像はこの長編のことだったのですね~
それにしてもBGMオンリーアバン、ここの撮影もOA三日前とか…ホント大丈夫ですか?
…スタッフさん、色々と負けずに頑張ってください(苦笑)

捜さないでくださいと書かれたプラカードを残して忽然と消えてしまったエリー
困った桂さんは万事屋に相談に来たようだけど、捜さないで下さい迷路に迷い込んでるしw
家出したのではないかといわれて心当たりはないほど昔から行方不明になってるとか(苦笑)
迷惑メールの画像で誰だっけとかそれ完全にアウトですよね、プラカードに残されたのは11月1日…ってことは一年以上見てないってことになるわけですか、それに気づかず過ごしてたとは~
とはいえいくらなんでもエリーに関しての記憶がほとんどないってのはおかしいですよね

居所を掴もうにも記憶が曖昧、手掛かりを掴むためプラカードを確認してみることに
今まで使った全てのプラカードを確認すれば家出の原因や居場所がわかるかもしれないと
侍だからシンプルな言葉で語るって懐かしいCMネター!!
少しでも歌う桂さん@石田さんが貴重すぎるww
さすがにそのままじゃまずいからOCになってましたが、どれだけこれ引っ張るんだか(笑)
あ、でもポポポポーンは何気に好きだったなと懐かしくなったり♪
まともなものといえば…ってこれはそのまま名前出しちゃっていいんですか?

何か気付いた桂さんは強引に回想入っちゃいましたね
宿も失い途方にくれて雪の中歩き回っていた二人は選挙の話題を流すテレビを見ていたようで
この混迷した世の中を救うのは…ってそれで桂ですってエリーが答えてたとかw
吹雪の中、選挙カーを発見したと思いきや今度は困ってるおばあさんを助けてあげたと
子供相手に紙芝居屋を営んでいるフミ子バアと出会い、エリーが毎日公園へ足を運ぶように
なんだか無理やりいい話的なオチにしようという感じに見えてきちゃったんですが(苦笑)
毎日子供たちを見守るだけの日々、いつも付き合ってあげていたようで、プラカード
どおりにツッコミしないから背後にいる人が怒ってからあげ投げつけてきてるし
結局散々引っ張って台詞じゃなくて紙芝居のタイトルだったとかどんなオチかと

タイトルをめくったあとから記憶が消し飛んでしまっているとか何が起こったのか
そのあとはフミ子バアとエリーのなにやらピンクな展開になっちゃってるしww
そのまま回想に再び突入したところ、フミ子バアとエリーの関係が明らかにー!!
フミ子バアは実は地球人に化けた超美人なエリーの元カノだったとか、衝撃すぎる(苦笑)
笑顔に触れて自分の本当の使命を見つけ、いつしか守っていきたいと思えるようになった…
真相を打ち明けようとしたフミ子を気絶させたエリーの前に現れたのは大量のエリザベス!?
あまりのことに尾行してた桂さんも混乱しすぎてショックで倒れちゃいましたよ

「この星を侵略するためにやってきたの」
敵地調査のため送り込まれた諜報部隊、他の傭兵部族の影で暗躍し恐れられた蓮蓬――
白い悪魔とか呼び名がついてるみたいだけど、着ぐるみきて言われても説得力がw
あまりのことに万事屋三人呆れかえっちゃってましたしついていけないですよね
実は地球に潜伏し情報を本体に送り続けていた…まさか敵のスパイだったとは
…紅桜篇で活躍してるエリーを見てるエリザベスがいるのですがこれは一体…
途中で普段のエリーと入れ替わってたなんてことはないのかなあ
それにエリーの中の人ってそのへんにいるあの人じゃなかったのかと(苦笑)
役目を終え母艦に戻るため都合の悪い記憶を抹消していったせいで、桂さんの記憶は曖昧に
認められないとダッシュで向かった先がトイレとかホント紛らわしすぎですから!

必死で阻止しようと一人戦ってきたけれど結局止めることはできなかった…
地球侵略の計画は決行直前まで進んでいるけれど今ならまだ止めることができる、
一緒に守ってほしいとなにやら壮大な話になってきちゃいましたね

米堕閣下とか、思いっきりベイダー卿っぽいキャラがいたりとSWのパロがまたw
早速宇宙へ乗り込もうと戦闘準備を整えてる桂さん、色々と間違いすぎてて(笑)
フミ子姐さんのふしだらっぷりに翻弄されてたりと、石田さんのテンパリっぷりが面白い
協力するためでも攘夷志士としてでもなく一人の友として…エリーのことを信じると!
事情があって巻き込まれ困っている、だから助けに向かうと鼻血出しながら言われてもw
というかあの中もしや全裸ってことですか?それは危険すぎる(ぁ)

突然現れて協力要請されても困ると納得いかない銀さんだったけど、瞬殺されてるし
一瞬でふしだらな関係になったと思いきやシーソーを変なことに使うのはやめてくださいww
でもそんなドSな銀さんも好きだ♪(マテ)
短時間で認め合ったのだからエリーたちとも…とか妙なところで納得してる桂さんが(笑)
作戦を立てるためにフミ子姐さんを地図に見立てて策を練るため神楽ちゃんも巻き込んだ!
…なんというか、やっぱりスタッフさんに反省っていう文字辞書にないですよねw
そんな時、上空から落下したミサイルに新八以外が吹っ飛ばされてるし!
やってきたのは快援隊率いる坂本さんと陸奥ちゃん!!ホント久しぶりです~!!
侵略するまえに破壊してどうすると早速坂本さんがツッコミされてたりこのノリも懐かしい♪
今回は攘夷メンバー三人揃ってという形になるのですね、これからの展開が楽しみです!

次回「宇宙ブルルン滞在記」

http://blog.goo.ne.jp/stellamini/e/3b16ea10bfb569f456364ba65c8401d2
スポンサーサイト



テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(4)   TrackBack(20)   Top↑

2011.10.30 Sun
ぬらりひょんの孫 千年魔京 第17話「百鬼纏う御業」
『リクオが鞍馬山で修業を続ける中、京都での戦いは熾烈を極めていた。花開院の者たちがいないと封印ができず、奴良組の者たちがいないと倒すことができない。人と妖怪が力を合わせてこそ、京妖怪に対抗しうるのであった。そしてリクオも更に強くなるために、あることに気づかなくてはならなかった。』


窮地に追いやられた首無と毛倡妓の前に現れたゆらちゃんが柱離宮を封印
黄泉送葬水包銃を鬼童丸に放つけどさすがにこれだけじゃ相手にはならないですよね…
神速剣戟梅木で次々と攻撃を弾き一気に距離を詰められ拘束されてしまう!
一転して今度はゆらちゃんがピンチに…と思いきやこれも作戦のうちだったようで、
潜んでいた竜二が言言を放ち、ずぶ濡れにさせたところで魔魅流君の雷撃がヒット!!
三兄弟による見事な連携が炸裂したことで鬼童丸に少なからずダメージを与えることに
骨折が響いて助けにはいるタイミングが遅れたとか、絶対わざとですよね(笑)
魔魅流君に攻撃を命令したときの竜二の表情がブラックですw

加勢に入ろうとする茨木童子の前に黒田坊が現れ、負傷した二人を連れ脱出した河童
水球を連続で投げつけるミ☆ズ☆チ☆球、アニメだと文字のせいかさらに可愛く見える~
原作だと特に描かれてなかったけど、ゆらちゃんて竜二に放り込まれてあの場にいたのかw
毛倡妓を気遣って声をかける首無との構図にニヤリ♪
首無が無事でよかったと胸に押し付けたりと思ったよりも元気そうで何よりです(笑)
助けたのも窮鼠に襲われたときの借りを返しただけとお礼を言われても素直じゃないゆらちゃんがw
助けるのはこれっきりといったけど、羽衣狐を倒すためには陰陽師と妖の共闘が必要なんですよね

一方、鞍馬山で修行を続けていたリクオを看病していた鴆
あまり治療する必要がないぐらい頑丈なようで…珱姫の力を受け継いでるからですよね
部下の薬壷と竹壷くんが可愛いくて気になるw
わざわざ来てくれたのに自分が弱いから心配をかけてると弱気になるリクオに喝を入れる!
大将なんだからしっかりしろと言われちゃいましたね、杉田さんの巻き舌が面白い(*´艸`)
人助けでも敵討ちでも堂々とやればいいし、京妖怪が天下をとれば全滅することになる…
心配しながらもどうにかしてくれるって思ってるからこうやって支えてくれるんじゃないかな

出入りのたびについていった父親から武勇伝を聞かされていた鴆
牛鬼のいう"業"とは何なのか、百鬼夜行の畏を強くするためにはどうするべきなのかと考えるリクオに鴆が自分の翼を見せてくれました
「オレも翼を広げてぇ お前のために戦ってみてーんだ」
守られるだけじゃなく役に立ちたい…リクオには伝わってるかな?
しかしこの鴆@杉田さんボイスもカッコよくてキュンとします(マテ)
今いる自分が力になれば牛鬼のいってることも成立するのではと励まされ落ち込んでた気分も少しは払拭されて前向きになれたんじゃないですかね、信じてくれる人がいると力になるのだと…
みんなのためにも力を手に入れたいと再び決意し誓うリクオ!

目晦ましを使い茨木童子と鬼童丸の前から姿を消した竜二たち
さすがに長期戦になるといくらこの二人でも…ってこともあるでしょうしね
もう少しで勝てたけど、命令がなかったから動かなかったと呟く魔魅流くんがw
言われないと行動できないとか…でも子供っぽくて可愛くみえます(笑)
本家に戻ってきたゆらちゃんを迎えた二十七代目は未来を託そうと――
「もっともっと強くなってワシらの代わりに人々を守るんだよ…」
あの微笑ましい祖父と孫のやりとりがもう見れないと思うと切ないです(涙)
一昼夜戦いっぱなしで疲れきっていたゆらちゃんは緊張の糸が切れたのか眠ってしまったようで
二十七代目も亡くなってしまったし精神的なショックも大きかったでしょうね…

この四百年戦いというものがなく、危機に直面して初めて現実を痛感したという秋房
気づいたのなら大丈夫だし、頼りになる面々もいると青田坊なりに慰めてくれたんじゃないかと
まだ終わったわけじゃないし、ゆらちゃんもまだ成長途中ですからね!
無理して特攻しても意味がないし休めるときに休むよう告げた秀元も消えちゃいました
ゆらちゃんが眠ってる間はしばらく退場というのはなんだか寂しいなぁw

翌日、続きを頼むリクオの表情は前とはまた変わってた感じでしたね!
明鏡止水や鏡花水月だけでは土蜘蛛は倒せない…――
「手に入れるんだろう?大きな敵に届く刃を」
手ほどきを受け日中は修行、夜は少しの間休息をとることで続けることに
本来いなかった牛頭や馬頭も気になって様子を見に来てくれたってことでしょうか
というか鴆の割烹着姿に噴いたー!!
原作だときてなかったはずなのにどんなサービスですか?(笑)
ちゃっかり混じって牛頭と馬頭もご飯食べてるし、無言で茶碗を差し出すリクオとのやりとりがw
休養をとっていたはずなのに突然襲い掛かってきた鞍馬天狗たち!!

羽衣狐が九尾となったとき、自分の席に鏖地蔵が入り込んでいたという大天狗
京妖怪の記憶を一部塗り替え幹部として居座っていた…
前回の土蜘蛛と鬼童丸の会話がかみ合ってなかった理由が明らかになりましたね
しかし羽衣狐を操れるような妖はいないしどうしてそんなことをしているのか…
鏖地蔵の真の目的はもっとあとまで長引いてくることだけどそこまではいかないだろうなぁ(苦笑)
これで大天狗がリクオたちに協力する理由ははっきりしたかなと!
幹部の座を追われて恨んでいただろうし仕返しということもあったんじゃないですかね
既に約束の時間は過ぎているため強引に祢々切丸だけでも回収すると既に部下を差し向け、
牛鬼を出し抜いて我先にとリクオを始末しようとしてたんですよね…

せっかく出番があるのに牛頭と馬頭は対して活躍してなかったのが残念すぎる(苦笑)
時間を稼ぎ馬頭や牛頭を逃がしたものの、足手纏い扱いされることに対して言い争いにw
ぬらりひょんの本質を掴んだとはいえ自分自身はつかめていない、人の柔軟さを忘れている…
土蜘蛛戦のときも畏で僅かに認識をずらし致命傷は避けられたもののまだ足りないものがあると
人の弱さを隠していたリクオや牛鬼と違い、弱い部分も認め仲間を頼ることで強い力を得た鯉伴さん!
というか回想シーンで出てくる鯉伴さんがいちいちかっこよくて困る♪

「オレはてめーと盃交わした百鬼夜行だろーが!!」
守って戦おうとするリクオに下がらないし逃げたくもない、役に立ちたいと言う鴆
信頼するという意味を掴みかけたリクオは吹っ切れたみたいですね!
視線を交わして掛け合う二人のやりとりがいいなぁ
リクオのために毒の羽を広げた鴆によって発動した業とは…
ってまたいいとこで切られちゃいましたが続きが楽しみですね(笑)

次回「全部あずけろ」

テーマ:ぬらりひょんの孫 - ジャンル:アニメ・コミック
ぬらりひょんの孫    Comment(2)   TrackBack(12)   Top↑

2011.10.30 Sun
ベン・トー 第4話「豚肉生姜焼き弁当 852kcal」
『「ダンドーと猟犬軍」に勝利をしたHP同好会の面々。ある朝、佐藤の元に従姉の著莪あやめが現れた。突然の訪問に驚く佐藤だが、著莪は問答無用で佐藤とテレビゲームをはじめる。お互いゲーム好きがこうじて夕方までゲームをし続けると、著莪は佐藤にあるお願いをする。そのお願いを聞き拒否をする佐藤だが、著莪はゲームで決着をつけようと提案する。。。』


OPがキャラソンになってたけど今回だけの特別仕様かな?
個人的にはいつものシリアスな雰囲気の方がやっぱり好きだなぁ

突然羊の部屋に現れた謎の美少女はどうやらいとこだったようで
寮に侵入したあげく工口本をあちこち探索されてばらまかれるとは酷すぎるw
声を変えてなにやら変な小芝居しだしたりとこの人もちょっと変わってるっぽいですね
…いとこ同士なのに名字で呼び合うところに違和感があるのですが(苦笑)
お願いがあるとお色気作戦でオネダリされて結局折れた羊だけど、ゲーム勝負には敗北~
あはは、いつもいつもこんな感じであやめには振り回されてるんでしょうか

日曜に花を呼び出し制服を借りた羊の言葉になにやら妄想炸裂してるしw
わざわざ制服を借りてほしいといったのは学校に潜入するためでしたか
あやめは"湖の麗人"の二つ名を持つ東区の狼
二つ名を持つものが相手の縄張りに足を踏み入れたときは戦うとき――
わざわざやってきたのは槍水先輩に宣戦布告するためだったんですね
というか花にじゃれついてからかってるあやめにはホント困りものですね
書いてる小説を勝手に見て読み出しちゃうし…ってやっぱり羊を題材にしたB/L小説だった!!
さすがに知り合いをベースにするのはまずいし実際こんなことされたらドン引きするかと(苦笑)

花への悪戯をかぎつけた梅が報復にやってきたー!!
何もしてないはずの羊も巻き込まれてましたが、それはあやめにも!
自業自得といえど引きずられてく図はちょっと可哀想になったり(苦笑)
自宅に連行された挙句、お風呂に入れられ強引なスキンシップに耐えかねて逃げ出してきたと
お風呂シーンはサービスカットでしょうか、なんだか怪しい雰囲気になってたしw
普段あれだけ大胆なことしてるのに羊の顔が接近したら照れてたり、ピュアなとこもあるんですね♪
フリルたっぷりのスカートも似合うと褒められて照れてたりとギャップが面白いw
…あ、でもメガネはない方が絶対可愛いと思います(笑)

あやめと槍水先輩が狙う弁当が被ったということで直接対決開始!
今日は狼の数に対して弁当が少ないということで心してかかるよう忠告を受けるのを見て手を引いたあやめは何を考えてるのか…
半額神がバックヤードに戻ったところで一気に攻め込むあやめに続き参戦する羊!
回を増すごとに羊の立ち回りっぷりが進化してレベルアップしてる感じですw
って槍水先輩とあやめの一騎打ちの壮絶バトルも凄かったですね!!
負けるのを承知だけど次での勝機を掴むと諦めないあやめは何が何でも槍水先輩に勝ちたいようで割り箸を使って足裁きをよくし動きが改善されたところで槍水先輩に足蹴りを叩き込む!

半額弁当の戦場なのに相手に拘り戦えば弁当への思いが届かない、防御に徹することになる…
この状況でそこまで判断して戦ってる槍水先輩は凄すぎですよ(笑)
言葉どおり割り箸を圧し折ると、強烈なパンチをお見舞いしてノックダウン!
「心を濁すな 狙いをすます 今思うべきは一つだけのはずだ」
目的は半額弁当をゲットすること…渾身の一撃で迫る羊に対抗してくる一人の狼
対峙しながらも弁当の中身をしっかりチェックしてたりと
これは集中力が欠けて隙をつかれたりしないのかと思ったり(ぁ)
食欲をそそる内容に絶対に負けられないとさらに意気込み手を伸ばした羊と相手が同時に!
タイミングは完全に一致してたけど、奪い合いながらも最後は気迫で羊が競り勝ったようですね

部室で弁当を食べるという羊に対しショックを受けたあやめはヤキモチでしょうかw
傷ついている女性を目の前にして放置する男は嫌い、もし自分が目の前で泣いていたら何もなしないのかと…
こうやって敵のことまで気遣える槍水先輩はホント優しいし頼りになる先輩です♪
我に返った羊はよくわからないままわざとジャンケンで負けて謝ることに
強がってるけどあやめも色々悔しいことがあって誰かにあたりたかったんじゃないかな

羊に言いかけて伝えようとしたことは何だったのか…なんだか告白しそうな雰囲気だったのでw
ともあれ、西区の情報に詳しかったり明らかに怪しいところもありますよね
羊に接触してきた二階堂に情報を集めさせ報告を受けてたボスらしき遠藤が計画を実行しようとしてるし大きな事件が起こる前触れだったりするんでしょうか、あやめもこの二人の仲間だったり??

次回「北海道の鮭を使ったあら汁 326kcal」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/-04-852kcal.html
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63289536.html

テーマ:ベン・トー - ジャンル:アニメ・コミック
ベン・トー    Comment(0)   TrackBack(40)   Top↑

2011.10.30 Sun
Fate/Zero 第5話「凶獣咆吼」
『対峙するセイバーとランサーの前に、姿を現したライダー。
突如として現れた介入者により、決闘を邪魔だてされたセイバーは憤りを感じていた。
そんなことはつゆ知らず、ライダーは闇に紛れ戦いを監視する者たちへ呼びかける。
彼らふたりの決闘に惹かれた英霊は、ライダーだけでは無かったのだ。』


対峙する両者の間に割って入り、自分の配下になり聖杯を譲る気はないかと訊ねたライダー
思わず口を挟んだウェイバーはデコピン一つで容赦なく黙らされてましたねw
そもそもそんなことなら聖杯戦争の意味がないし、それぞれマスターのために戦っている…
決闘を邪魔されたことは騎士として最大の侮辱だとセイバーも動じるつもりは勿論ないし
さらに言葉を重ねようとするライダーにくどい!!と揃えて一喝する二人がちょっと面白かった♪
何より騎士王であるセイバーが敵の軍門に下るなんてことありえないですよね…
こういう状況とはいえセイバーもライダーに自分の正体明かしちゃいましたが(苦笑)

聖遺物を奪い自らマスターになったウェイバーに直接語りかけ精神的に追い詰めるケイネス
まさかケイネスがもう一度チャレンジしたとは思いもよらなかったということでしょうか…
ケイネスの言葉に混乱し恐怖に震えていたウェイバーを気遣うライダーがいいなぁ!
自分のマスターは共に戦場を馳せる勇者でなくてはならない、姿をさらす度胸ない臆病者は役者不足に甚だしいと笑い飛ばす!こうやっていってくれたことでウェイバーも随分気が楽になっただろうなと
見返すために参戦したのに、本人が登場したら何もできなかったりとまだまだですが(苦笑)
高みの見物をしているサーヴァントは他にもいると声をかけたライダーは、二人の真剣勝負の剣戟に惹かれて出てきたものは他にもいると気づいていたようで
正々堂々この場に出てこないものは臆病者と挑発し煽るとはまた凄いことをしますねw

その声に姿をさらしたのはアーチャー!
てっきりアサシンに任せっきりかと思いきやそうでもなかったのかな
英雄はただ一人、あとは雑種でしかないと唯一の王として振舞うアーチャーは相変わらずだなぁ
宝具を露にし今にもライダーに攻撃を開始しようとした矢先、雁夜の命令で現れたバーサーカー
他の英霊とは違って言葉が通じなさそうな雰囲気だし、なぜかステイタスが読み取れない!?
あの黒い鎧が盾みたいな役割でということだったりするんでしょうか?
自らの素性を幻惑させるような特殊能力か呪いを帯びている…またもや厄介なタイプのようで(汗)
四人を相手ににらみ合いとなれば迂闊には動けない…戦略があるならばわざわざこの場に実体化させることはしないだろうと推測する切嗣はバーサーカーのマスターを探すことに

視線があっただけで排除に出たアーチャーの攻撃を交わし、掴むと二撃目の剣を薙ぎ払ったとか…
凶化して理性を失くしているにしてはかなり俊敏な動きだとライダーも驚いたようですね
そもそもの能力以上の動きをしてるってことなのかな、なんだか不気味すぎる(汗)
大量の宝具を召喚し物凄いスピードで放出した剣を全てかわしアーチャーの足場を崩し地面へ!
先ほどの技はゲート・オブ・バビロン…必殺技の一つなんですね、全員の目の前で二度も晒そうとしたことに苛立ち撤退を促した時臣によってこの場は一時退却することに

じっとセイバーを直視してたバーサーカーが突然襲ってきたー!!
なんだか様子がおかしいし暴走しはじめたように感じるんですけど(汗)
ってバーサーカーが触れたものは自分の宝具として写し取ることができるんですか!?
片手が使えないことで苦戦するセイバーの援護に応じたのはランサーでした
合間に入りセイバーとの先約があると立ちはだかるランサーがカッコイイ♪
しかしこの好機を逃すまいとバーサーカーと協力しセイバーを抹殺するよう命令を!!
令呪で言われたことは絶対なんですよね…
一対一で戦い打ち勝ちたかったランサーにとっては屈辱だろうなと…

「大丈夫よセイバー あなたのマスターを信じて!」
この場から逃げるよう伝えるセイバーに反対し、切嗣ならこの状況を勝機に変えてみせると
アイリは本当に切嗣のことをひたむきに信じてるんだなぁ…
状況を打破するためにはランサーのマスターを射殺するしかない、そうなればアサシンも動くだろうと舞弥を狙撃できる位置に配置しタイミングを計る!!
そんな時、雷を放ち戦車で乗り込んだライダーがバーサーカーを思いっきり撥ねたー!!
一緒に乗ってるウェイバーにしたらたまったものじゃないですよね(苦笑)
直撃しても立ち上がるバーサーカーは退散したけど、あのダメージも早く回復しそう…
これ以上続けるつもりならセイバーに加勢すると告げたことでケイネスも渋々退却
ともかくまずはランサーとの因縁を絶ち、勝利したものと相手をすると宣言したライダーに登場から退場までホントまわりが全員ライダーに振り回されたものの、ここまで豪胆だと気持ちいいですね
ずっと同乗してたウェイバーはショックで気絶しちゃってて台無しって感じで残念すぎる(笑)
なんだかんだとアドバイスまでしていったライダーも男前だなと!!

まずは傷の呪いを解かなければ次の戦いへも進めない――
「私が前だけを向いて戦えたのは背中を貴方に預けていたからです」
アイリとセイバーの信頼関係もより強固なものとなったんじゃないかなと!
今夜は序章でしかない…いずれも強敵で油断は禁物と改めて聖杯戦争の厳しさを実感することに
バーサーカーを操る雁夜の身体もかなりボロボロの状態でかなり負担もかかってるようだし戦いの前に退場なんてことにならないといいですが(汗)
ただこれも全て桜を助けるために必死になってると思うと切なくなります…
協会に使い魔を放ったものがいると気づいた綺礼もまた何か仕掛けてくるんじゃないかなと
戦いを別の場所で監視していたキャスターと龍之介が本格的に参戦するのはまだかな?
セイバーが運命の女性だと叫び心酔しきってるキャスターが気持ち悪い~!!
本当異一刻も早くランサーとの勝負に決着をつけないとですね(苦笑)

次回「謀略の夜」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/fatezero-05.html

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック
Fate/Zero    Comment(0)   TrackBack(83)   Top↑

2011.10.30 Sun
WORKING'!! 第5話「ワグナリアの巨大な胃袋」
『相変わらず働かず食べてばかりの杏子。小鳥遊や佐藤の説教も全く聞かない様子に、相馬がある一言を告げた。その言葉に動揺した杏子は初めての我慢をするが…?』


掃除してる傍で食べ零すだけじゃなくお菓子がなくなったら捨てといてと押し付けたり…
キレて思わずモップで殴り倒したくなる小鳥遊の気持ちがわからなくもない(苦笑)
店長なんだから敬意を持って接するようにぽぷらに注意されたけど、そんなところも可愛いと
バイトに入ったときから杏子さんと折り合いが悪いのは、主にお姉さんたちのせいですよねw
暴力的なところが被るし面倒ばかりかけるから大変…って色々被ってる点がありすぎるんだろうなぁ
もっと店長のことを知れば好きになるかもしれないと武勇伝を語ろうとする相馬君!
共通点があれば少しは理解できるかも…と干支が同じとかいうけど役に立たないし、
スリーサイズを教えようとすると今度は八千代さんが飛んできて刀をつきつけられたー!!
…このままじゃ相馬くんの命が危うい状態になりかねなかったw

誤解も解けたところで八千代さんに杏子さんの長所を教えてもらおうと
六時間ほどで終了する予定とかとてもじゃないけど付き合いきれないです
乱入してきた山田もいいとこを語ろうとしだすしそんな暇あるなら仕事してください、ですw
今度はぽぷらに訊ねると強いと断片的だし…伊波ちゃんからは健康的って役に立たない(苦笑)
思いつかないんじゃないから仲良くしてとテンパるぽぷらが可愛い♪
バイトに説教させるなと今度は佐藤くんからも怒られたけど、ファミレスは食べる場所だし働いてないから客扱いで食べるのがあたりまえとか根本的に通じてないし話が通じないー!!
八千代さんに庇われたらそれ以上強くいえないとこも弱味ですよね、注意も中途半端に
今更ながら自分のことを嫌いなのかと呟く杏子さん、態度がキツイのは主に八千代さんと杏子さんの仲のよさが原因かと(ぁ)

昔から八千代さん以外にも年下に懐かれて…って主に不良に人気があったようで
そんな後輩を束ねていたんだからある意味リーダー気質は昔から健在だったのやらw
杏子さんは仕事をサボっても食べても怒られないと、甘やかされたいと佐藤君に頼む山田!
佐藤君→砂糖なのに甘くないとか間抜けなこといってるから頭ぐりぐりされて怒られ…
他に甘やかしてくれそうな人はぽぷらぐらい…一応相談してみることにしたようですね
褒められるためパフェの作り方を練習をすることにした山田だけど、壊滅的に下手だった(苦笑)
順番に乗せていくだけなはずなのにドロドロになっちゃってるしいくらなんでも酷いw
失敗作もなんとか食べられるという杏子さんの言葉に何度もトライしたせいで冷蔵庫は空っぽに
あわわ、お客さんに出す分の材料も使い切るとか、もうちょっと配分考えないとですよね

何かあるたび八千代さんが庇うし仕事は全然しない、店長さえいなければとまたもや余計な一言で首絞められてる相馬君がw
女性が困った顔が好きだから説得を試みると笑顔で受けた相馬君がなんともドSです!!
それにしても今までどうして放置されてたのか、逆にそっちのほうが不思議ですよね
入荷量を間違えて在庫がぎりぎりなので、営業停止でみんなクビになると忠告を試みる!
さすがにこの一言は効果があったみたいですね~こんなことなら早く言っておけば(苦笑)

迷子の子供を連れてきた小鳥遊の光景がなにやら犯罪的な感じがするw
まわりにもあまりの可愛さに誘拐してきたんじゃないかと疑われてるし
攫ったとしても家に招き入れてお茶菓子を振る舞い夕方にはちゃんと帰らせるって(笑)
というわけで暫くスタッフルームで預かることになり、仕事してない杏子さんが面倒を見ることに
見るとはいっても本当に見てるだけで特に何を話すわけでもなくでしたけど、女の子のほっぺをむにむにしてるときはおなかが好き過ぎて食べちゃうのかと慌てるのも無理はないですよね

何とか構ってもらおうと小鳥遊を説得しようとする山田もあえなく却下!
あんまりしつこいからつい手が出ちゃってましたね、これはわかりきった結果ということで(笑)
親が見つからないということで自分で育てるといった小鳥遊の目が明らかにおかしいー!!
迷子のことを聞いただけで近づくなと一蹴されてる相馬君はどんだけ危険視されてるのかとw
空腹の余り全く動けない杏子さんにケーキを持ってきてくれた女の子、けど杏子さんは食べずに我慢したんですね、おままごとにつきあって遊んであげたり、意外といいとこあるじゃないですか♪

迷子になったとき、見せるよう言われている連絡先がかかれたメモ
こういう子は必ず持ってるって知ってるなら最初から聞いてくれればいいのにw
舌打ちしながらえら~いって言う小鳥遊が心底残念そうだ(苦笑)
ともあれ親も無事に見つかり手を振って帰っていきましたね!
号泣して育てたかったと嘆く小鳥遊が色々と危険すぎるよw
廃棄材料で作ったから在庫には響かないと作ったオムライスを持ってきてくれた佐藤君
あまりのことに杏子さんがキラキラ視線で見てましたね、相当嬉しかったんだろうなと(笑)
基本食べ物をくれる人は好きだし佐藤君のことも八千代さんの次に好きだと打ち明けた杏子さんとのやりとりは相変わらずだったけど、少しは仲良くなれたというかお互いを知ることができたのかな?
杏子さんみたいなタイプに対応するためには、自分が大人になるべきだとフォローする小鳥遊がw
意外な一面も見たということで見直した部分もあるんだろうけど…おかわりを要求する杏子さんは全然反省してないしこれからもひたすた食べることに専念しそう(苦笑)

次回「就任、解任、もう堪忍」

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/10/working-561d.html

テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック
WORKING!!    Comment(0)   TrackBack(54)   Top↑

2011.10.29 Sat
バクマン。2 第5話「ボケとニュース」
『福田たちの新連載が始まるまでに、アンケートでひと桁順位をキープしたいと狙う港浦は、「センスあるセリフを磨くべきだ」と指摘する。同じことを考えていた秋人は驚き、『ラッコ』のように面白くてセンスあるセリフを考えようと張り切る。福田たちの連載がスタートする中、『TRAP』は6位まで順位を上げ、本格推理が浸透してきたと最高と秋人は手応えを感じていた!その翌週、ついに『TRAP』がアンケート順位で『CROW』に並び、コミックスの発売日も決定する。しかも発売日に巻頭カラーがもらえることになり、意気揚揚と徹夜でカラー原稿の作業へ入る最高。しかしその時、最高の身体に異変が!?』


三年生になり、進路を考え始めるようになったサイコーとシュージン
TRAPが大人気漫画になったらこのまま続けるのもありだけど、実際は…ということで
大学への進学も考えているようだけど、今焦っても仕方ないしできることをやるべき
というよりも連載始まって痩せたサイコーの方が…という感じで兆候現れてたんだなあ
ご飯食べてる時間も勿体ないとか、結構食事を抜くことも多くなってるようだし…

同じクラスになって喜ぶ香耶ちゃんとシュージンは別のクラスになったけど、
対して寂しくなさそうな言い方するから怒られてましたねw
速報より順位が一つあがったということで少し安堵した港浦さんだけど、新連載が
始まればこのままではいかないとため息をついているところを見た服部さんが声をかける!
現担当の港浦さんがどうにかする問題であって心配してないわけじゃないんですよね
本当にこのままの路線でいいのか相変わらず迷ってるようで、いちいち服部さんの意見に
過剰反応して声を荒げちゃったり、冷静に判断できるようになってほしいなぁ(苦笑)
まあ順位が下のほうをうろうろしてるから…というのもあるだろうけど担当として
びしっと腰をすえてとりかかるぐらいのことはやってほしかったりするなと思ったり

経験で人気がとれるなら順位は作家の年の順になってしまう…必要なのはセンスだと!
ますますどうしたらいいか困惑…対応に疲れた服部さんは煙草吸いに外へ出ちゃいました
ラッコ11号来たー!!本誌に掲載されたときも面白かったですよね♪
理屈っぽいのに人気なのはどうしてなのか、やはりギャグが多いのがその理由なのか?
TRAPにも入れればいいし元々ラッコもストーリー漫画、同じジャンルとして比較するのは無理があるかもしれないけれど、推理ものの形をしっかりとりつつ柔らかい要素も取り入れるべきでは…
ギャグセンスない?と訊ねるシュージンに顔は面白いと突っ込みする香耶ちゃんがw
でも確かにギャグってセンスもだけど頭の回転早くないとできないですよね~
テンポもタイミングもうまくないと滑って大失敗するかもしれないし難しいなと(苦笑)

打ち合わせの時間までの間、お笑いのソフトを購入して勉強しようとするシュージン
計算で入れようと奮闘してそれができるシュージンも凄いですよね
そして港浦さんも名推理とつくタイトルの本を目にとまっただけ購入してきたとのこと
このあたりは担当とシンクロしてる感じでちょうどいいタイミングでしたね!
ラッコは台詞にセンスがあって面白い…引き込まれるものがあるということで、台詞を磨きさらに読者を獲得して順位をあげようという作戦、シュージンの即戦力で何とかしようと!二人が必死になっているのならとサイコーも気合を入れるけど、頑張りすぎるとこがあるから色々と心配です(汗)

速報でキヨシが1位をとり密かにガッツポーズをとる雄二郎さんの心理を見抜いて声をかける吉田さんとのやりとりが面白いなぁ♪あはは、顔がにやけてるからばればれですね!
一方、八話の速報が報告されず逆に不安になってるシュージンとサイコーだったけど…
実際は9位であり、ぬか喜びさせてもよくないと黙っていたようで、あがっていたんですよね
本ちゃんではキヨシは二位、残念だったと慰めながら顔はすっかり喜んでる吉田さんがw
そしてTRAPは本ちゃんでもそのままの順位をキープしたにも関わらず素直に喜べない港浦さん
何で前よりも少しあがったのか…それは勿論自分で分析するしかないわけなんですが(苦笑)

一週間後、ハイドアは1位、TRAPは八位、さらには6位へと着実に順位をあげていく!!
やっぱりシュージンの作る話を信じて正解だったと安心するサイコー
とはいえ台詞まわしを変える前だったからまだ何が理由だったかはわかってないようで
ってTRAPに抜かれたからペンで攻撃!!とぼやいた福田さんの言葉に反応して原稿に
ペンを突き刺してるアシの一人が言葉を真に受けすぎてるのが面白い~
ハイドアの結果に夜中に叫んでテンション高い中井さんも近所迷惑すぎるしw
…順位が落ち込んだ平丸さんは案の定またもや家出して逃亡生活してましたね(苦笑)
TRAP以外の作家も連載してるということでますます闘争心を燃やすエイジ!!

事件の解決がよくできていたし、本格推理ものが浸透してきたからそれが結果に出たのか?
とはいえ順調に進んでいる証拠にファンもついて大量のファンレターも送られてきていると
連載当初より最近の方がずっと増えたと、しっかり読者がついたということですよね
…この中に七峰くんからの手紙も紛れてるのかなと思うと(ぁ)
十四話のネームもかっこよく鮮やかに推理して台詞に味も出てるとネームにもOKを!
そろそろ香耶ちゃんにもアシ代を出したほうがいいんじゃないかと相談することに
好きでやってるからいいんだということで落ち着いたけど、内緒話してるから怪しまれて~
必死で香耶ちゃんがいい女だし感謝を伝えようと誤魔化してお礼をいった二人の顔がw
出来る限りのことをしてくれるんだからもっと画で工夫できるはずと必死なサイコーだけど
なにやら一瞬目が霞んで視界がぼやけたりと気になることはあったのですよね…

最近は授業中も起きていて、寝るのは明け方の三時間ぐらい…無理して身体壊しますよ
睡眠時間削ってでもよりいいものにしようと構図に懲りすぎて14話の下書きも遅れてると
迷惑はかけられないからとまた徹夜しようとしてるしホント大丈夫なのか(汗)
そんなときに速報7位とかかかってくるし、ますます頑張ろうと気負ってしまうんじゃ…
6話のネームを描きなおしてほしいと電話をかけて蒼樹さんに直談判した中井さん!
担当の相田さんはOKを出したけど、下積みが長い自分の言葉を信じてほしいとアドバイスも
少年漫画を意識して作り直した方がハイドアのためでもある――このときは熱血してたんだなぁ
その言葉を素直に聞き入れ頼もしいといってくれた蒼樹さんに有頂天になってるし(笑)
語尾に『漫画の関してだけは』ってついてるのすっかり耳から抜け落ちちゃってますよねw

連載中のスケダンのアフレコを終えたと亜豆からメール報告が送られてくる!
なるほど、コラボってこういう風にやるって意味だったんですねw
直前の吉野さんと白石さんの杉田さんについてくって会話が面白くてつい(*´艸`)
自分達の漫画がアニメ化されて出演してほしかったけどこればかりは…って感じですよね
全員に運がむいてきてるんじゃないかと褒められてキラキラ描写のシュージンがw
放送当日全員で確認してるとき、杉田さんが香耶ちゃんにカッコイイって褒められてた(笑)

疲れきってペン入れも下書きも終わってないということで学校を休んでまでやることに
こんなのは連載の予行演習でもあったということだけど、やはり無理がたたってる感じで
結局締め切りは守れず一日遅れてしまったようですね、このあたりから徐々にブレが…
亜豆が頑張ってる分自分も負けてられないというのはいいけど、ちょっと変な方向に
力が入ってしまって身体の具合が悪いのに自覚してない感じだし…
14話の本ちゃんはCROWと並んで三位!!アニメ化も夢じゃないと期待を膨らませるサイコー!
中井さんに言われて直したことでハイドアも順位をあげたようで、これから相田さんに見せる前に一度確認するようにしたことですね…漫画以外に現を抜かさなければ中井さんは凄いんですが(ぇ)
9位に落ち込む平丸さんを監視して原稿チェックしてる吉田氏が面白い~♪

三年後エイジを追い抜いてると息巻いた服部さんへの恩返しのためにも実現させると!!
コミック一巻の発売日と巻頭カラーが重なってることでどれだけ期待されてるのかわかると
初版は10万部…初連載の一巻でって凄いことなんですね、CROWは15万部でその上でしたが
どうせなら100万部って期待するシュージン、アニメ化になってからと言われちゃいました
仕事場に押しかけて寛ぐ平丸さん、何しにきたって愚痴ってストレス解消ですか(苦笑)
入院すればそれを理由に原稿描かなくていいとか相変わらずのネガティブモードだし
吉田さんから逃亡癖があるとのFAXがまわされてるとかそうとうなものですよね!
連絡を受け遣ってきた吉田さんの声に向かえが来たからではまた…って来るつもりなのかww

この数話格段に画がうまくなったと褒めてくれた小河さんの言葉に高揚するサイコー
実際順位があがったのってサイコーの作画も大きく影響してるんじゃないかと
でもこんな風に言われたらますます気合を…となっちゃうような(汗)
やる気のない平丸さんに原稿アップしたら綺麗なお姉さんのいる店に連れていってくれる条件をつけてくれたおかげで本気出すとか、すっかり乗せられてる平丸さんが~
ホント吉田氏って平丸さんの扱いがうますぎて掛け合いが面白すぎる!

時間より少し早く仕事場へきた高浜さんと加藤さんは倒れたまま動かないサイコーを発見
脈を確認して死んでる…とか心臓に悪い冗談すぎるよ高浜さん!
でもこれだけ大声をあげても起きないというのはおかしいと…ようやく異変に気づいたようで
限界がきて過労で倒れてしまったのか…順調に進みすぎてるときは要注意ですよね(汗)

次回「病気とやる気」

テーマ:バクマン。 - ジャンル:アニメ・コミック
バクマン。    Comment(0)   TrackBack(16)   Top↑

2011.10.29 Sat
Persona4 the ANIMATION #04「Somewhere not here」
『親友の雪子を救う為、悠達と共に戦う覚悟を決めた千枝。
彼女達の前に現れた雪子は様子がおかしく……。』


ワイルドの能力を発揮した悠に新たに芽生えた絆の力
戦車のアルカナはどんな影響を及ぼしていくのか…!

今回は冒頭からバトルが炸裂してましたね!!
足技でペルソナを発動した千枝が他の二人とはまた違う感じでかっこよかった~
迫り来るシャドウを一掃し一人で進んでいく千枝を二人が追いかけることに
どんどん先に行く千枝に注意した陽介の言葉はスルーしたのに、悠にはちゃんと答えてるしw
シカトされてショックを受ける陽介を笑ってるクマといいすっかり弄られキャラですね(笑)

たどりついた先に登場したのは、スポットライトに照らされたもう一人の雪子!
白馬の王子様探しとかすっかり盛り上がったまま駆け足で向かう雪子を
追いかけようとした矢先、再び大量のシャドウが道を塞ぐ!!
先へと進みながらクマが陽介に逆ナンの意味を聞いてるのが面白かった(笑)
男子のクラスメイトに囲まれて困っていた雪子に助け舟を出してフォローしたり、
いつも困っているときには千枝に助けてもらっていたと、雪子は頼りにしていたんですね…
優しい千枝はいつも自分の味方で守ってくれる存在――
実家の手伝いで忙しく、他のみんなと同じように遊んだりすることができず
やりたいことや好きなことは後回しにして本当の気持ちを押し込めてきたのかな

そんな時、巣ごと落ちた雛鳥を育てることが唯一癒しになってた感じですかね
小鳥は自分と同じだと思っていたのに鍵をかけ忘れたことで飛び立ってしまった、
旅館でしか生きられない自分だと思っていたのに、そうじゃなかったと
そのショックもあったけど、決定打になったのは千枝の言葉だったようで
遊びにいこうと誘ってくれるけど断ってばかりの雪子に、跡取りだからしょうがないけど無理はしないでほしいと心配してくれていた千枝の気持ちはわかりつつも鳥籠の中からは連れ出してくれないのだと諦めるしかなくなった、千枝は助けてくれないのだと感じたんですね
母親が苦労してる手前我儘はいえなかったけれど本当はやりたいこともあっただろうな…

もう一人の自分に驚く雪子に追いついた三人が王子様扱いされてるのが(苦笑)
…その中にクマは勿論含まれてないですよねw
千枝は素敵な王子様だった、でももういらないとシャンデリアを落下させるもう一人の雪子!!
新たな絆を手に入れたことで戦車のアルカナが使用可能――アラミタマを発動させ防御!
絆が増えていくことで悠のペルソナもどんどん増えていくってことになるんでしょうか
シャンデリアに挟まれたジライヤを助けるためイザナギに戻しなんとかしようとする悠
援護しようとする千枝も絨毯に絡めとられて身動きがとれない事態に…!

たまたま旅館の跡取りに生まれただけで生き方を決められているのが嫌でならなかった
一人じゃ出ていけないから誰かに連れ出して欲しかったし王子様の存在を待っているのだと
老舗の伝統も街の誇りも関係ない、全て投げ捨てたかったというのが本当の気持ちだと打ち明けることを否定する雪子の言葉でシャドウに変化…!
大きな鳥の姿になり、巨大化した鳥籠の中に閉じ込められた雪子を助けるため奮闘する三人
「待ってて雪子 私が全部受け止めてあげる!」
自力で脱出した千枝だったけど、炎の攻撃に苦戦させられることに…
ジライヤとイザナギで応戦するもののやはりそう簡単にはうまくいかないようで

千枝なら私を助けてくれると思ってた…ずっと待っていたと心のうちを吐露する雪子が(汗)
炎を噴出するシャドウにジャックランタンで対応した悠
「自分を本気で思ってくれる人がいるのって凄いことじゃないのか」
王子様じゃなくても本気で助けようとしてくれたのは事実
大切に思っているからこそここまで駆けつけてきてくれたんですよね
しかしさらに激怒したシャドウは炎でまわりを包み込みあたりかまわず炎上させる!!
伝えたいことがあるから逃げないと立ち向かう千枝はずっと雪子のことが羨ましかったのだと
勉強もできて男子にも人気がありなんでも持ってる雪子が頼ってくれるのが嬉しかった…
守ってあげなきゃならない存在を思い込むことで千枝だって自分を保っていたんですよね

そのとおり一人じゃ何もできないというシャドウに雪子は本当は強い、
外に出たいなら鳥籠を壊してどこまでも羽ばたいていけばいいと叫ぶ!
自分を重ねた小鳥が飛び立っていったときも本当は寂しさじゃなく悔しいと感じていたこと
鍵をかけ忘れたのは確かにそうだけど、勇気を持って扉を開いたのを認めるのが嫌だった――…
臆病で人に頼ってばかりの最低な自分を認めたくない、弱さを受け入れたくなかったんですね
自分も雪子が思うような人間じゃないし最低なところもたくさんあるけれど大切だし友達だから傍にいたいのだと言ってくれた千枝と弱さを見せ合うことで、理解しあうこともできたのかな…

「怖がることなんてなかった だって私には……」
一人じゃどうしようもなくても、頼れる仲間がいるんですよね
自力で扉を開き手を取り合う雪子と千枝の姿が印象的でした
弱り始めたシャドウの隙をつき、三人で協力して一気に倒すことに!
友達なのにわかってなかったと言い合う千枝と雪子だけど、自分のことに精一杯でまわりが
見えないことだってあるし、そういう部分を見せられる相手がいるというのはいことだなと
臆病な気持ちがシャドウを生み出してしまったのだと、そんな自分の気持ちを受け入れた
雪子の心の変化によってシャドウからペルソナに昇華――
これからは自分の気持ちに少しずつでも素直になっていけるといいなと思います

雪子を異世界に放り込んだのは誰なのかと訊ねるクマだったけど、突然現れた得体の知れない存在に意味がわからないとツッコミされてスルーされてるしw
早く戻ろうと言い出した四人においていくつもりなのかと寂しそうなクマが可愛い♪
お礼にくるから待っているようにと頭を撫でられた雪子に照れるクマがわかりやすいなぁ
そんな優しい雪子に特別プレゼント…ってなんで鼻眼鏡―!?
鼻ガードになるとか妙にノリのいい雪子は、かけて見せた千枝の様子に大笑い!!
この大笑いは千枝の前でしか見せたことがなかったようで、それだけ吹っ切れたのかな
これからはまわりとも打ち解けられていきそうですし、雪子の変化が楽しみです

次回「Would you love me?」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/persona4-the-animation-04-somehere-not-here.html

テーマ:P4 - ジャンル:アニメ・コミック
ペルソナ4    Comment(0)   TrackBack(19)   Top↑

2011.10.28 Fri
輪るピングドラム 第16話「死なない男」
各キャラにスポットがあたってますが今回は夏芽さん回!
奪った日記帳がダミーだとわかり計画の練り直しをしなければならないことに…
わざわざ音声を仕込んで挑発するゆりさんも中々だけど、投げ捨てた日記が
原因で小火騒ぎを起こしたりと夏芽さんて意外と抜けてるとこがあったり?
慌てて消火しようとしてるエスメラルダがちょっと可愛かった♪
毎朝紅茶を飲みリムジンで会社へ出勤する夏芽さん、資産家の令嬢だったんですね!
元々祖父の左兵衛が一代で築き上げ経済界のカリスマとも呼ばれていたようで
祖父の遺産を引き継ぐ形で今の地位に着任し一人で全ての仕事をこなしているというわけですか
失敗した部下は容赦なく切り捨てる容赦ない一面もあるけど、あの状況でダジャレは寒すぎるw

一方、陽毬は自由に動き回れるようになり大分回復したみたいですね
眞利とのんびり会話してたけど、冠葉にとってはあまり仲良くしてほしくないと
何せホント得体のしれない相手ですからね…冠葉にとっても後ろ暗いことがあるし
都合が悪くなる前に出来るだけ近づかないで欲しいんだろうなぁ
しかし陽毬にとってはダブルHとの接点を復活させてくれたいい人なんですよね
勝手に人を悪くいうのはよくないと陽毬とちょっとした喧嘩になっちゃいました

その様子を一部始終監視し夏芽さんに報告していた執事の連雀
ビデオでばっちり録画…って不審者すぎて誰かに気づかれると思うのですが
勿論陽毬より先に気づいたプリンセスが久々のバンクで登場ー!!
というかこれって冠葉や晶馬じゃなくて誰でもこの異次元に連れてこれるんですね
撮られたら取り返せ…て連雀のセクシーショットを撮影してるプリンセスがノリノリなんですがw
毒のあるイリュージョンはたえられないとショックで戻り再び夏芽さんに同じ報告を(苦笑)

経済人としては並ぶものなき天才だったけど、人間としては破綻していた祖父――
というか顔に張り紙がしてあるのは記憶にあまり残ってないってことなのかな?
てっきり消去したいぐらい嫌な相手だから…とも思ったのだけど父親の顔にもありましたし(汗)
どうにかして祖父を亡き者にしようと夢に見るぐらいだからよっぽどトラウマになってるんでしょうね
いつかは本当に手にかけてしまうかもしれないと悩んでいたときに出会ったのが冠葉だった!?
そもそもどうしてこの時夏芽家を訪れていたんでしょうか?
てっきり一方的な恋愛感情だと思ってたけどこうやってみるとまた印象が違いますね…
それにしても、そんな嫌いな祖父に今の夏芽さんの会社での言動がそっくりなのが(苦笑)

一緒にはいられないし優しくできない、家族の関係からみてこれが運命なのだという晶馬
どんなに晶馬が拒否しても諦めないしストーカーだという苹果は憑き物が落ちたみたいにすっきりしてるしもう完全に桃果のことは吹っ切れたという感じでこれからは晶馬の支えになってくれそうですよね
晶馬によって運命が変わったのだから、次は苹果が晶馬の運命を変えて助ける番じゃないかなと
「私たちは今もあの男に支配されている」
この世には成功者と敗北者しかいないという考えが父親を追い詰め家から追い出した…
夏芽さんの父親は事業の開発か何かに失敗して…ということだったりするんでしょうか?
いつか家族四人で暮らせる日を祈っているという手紙も灰にしてしまった――
でもそんなに大切な子供二人を祖父の家に残していったなろうなと思ったり…

跡継ぎとしてマリオを夏芽家に相応しい男にしようと特訓を開始しようとした祖父
色々と極端すぎる…というかほとんど必要ないことばかりのような(苦笑)
マリオが犠牲になってしまう前に祖父を手にかけようと本気で考え始めた夏芽さんは
たとえ自分が未来永劫呪われることになってもと決心を固めていたんですね
「呪われるなら一緒に呪われてやる それが俺たちを繋ぐ絆だ」
冠葉の言い方がまるで運命共同体みたいな感じなんですけど!
以前はストーカー扱いして拒絶してたのに…どっちが本当の冠葉なのか…
両親が容疑者だとわかって打ちひしがれていた冠葉ならこっちの方がしっくりきそうですが(汗)

海釣りでとってきたフグを自分で捌き、その毒で倒れた左兵衛!
資格がないのに無理するから当然というか何というか…あっけなく亡くなり(汗)
帰ってくると思っていた父親が戻ることもなく、まだ祖父の呪いは続いている…
祖父はマリオの身体に乗り移って支配した挙句真の当主を決めようとマリオを人質に!!
どちらかが毒のあるフグ刺しであり生き残った方が勝者で跡取りとなる――
迷っていた夏芽さんもマリオを危険に晒すぐらいならと全部自分で食べてしまう!!
毒にあたり苦しむ夏芽さん…って突き飛ばされたマリオも酷いことになってるんですけどw
生死の境を彷徨うことになったけど、約束どおり眞利によって救われることになったと

「一言私に愛してるといってほしかった いいえ、本当は私はお父様じゃなくて…」
電車に乗り、黒服の男と一緒にいる冠葉を目撃した夏芽さん
父親と同じように利用されてしまう…って父親も裏の仕事に手を染めていたんでしょうか
間違いを正すものに選ばれただけであり、冠葉と共に行動をすればマリオを助ける…
世界を取り戻すため、つまり眞利も運命の乗り換えを目論んでるってことに?
ただ、眞利の思い通りにはならないと夏芽さんは独自に動こうとしてるんでしょうか
冠葉と対立してるのも危ない道に進もうとしてるのを助けるためということに見えてくる感じで…
それぞれの関係性が見えてくるとまた印象が変わってくるし面白いですね!
多蕗@石田さんがすっかりご無沙汰ですが一体どんな秘密が隠されているのか気になる(苦笑)

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/10/16-a5ff.html
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/29721317.html

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック
輪るピングドラム    Comment(2)   TrackBack(48)   Top↑

2011.10.28 Fri
UN-GO 第3話「覆面屋敷」
『戦争で荒廃した西新宿。立ち入り制限地域の倒壊したビルの一画に住み着く人々がいた。馴染みの女のスマートフォンの回線状況を調べている新十郎。そこに梨江がある事件を携えて訪れる。スマートフォンの回線回復を条件に梨江の事件の解決に当たることになる。死んだのは佐々風守。父親、佐々駒守は人工知性の研究者で天才と呼ばれていたが戦時中の7年前、新情報拡散防止法により強制捜査を受け、そのさなかの爆発事故で死亡した。風守は、駒守がある日突然、遠縁の子供といって連れてきた養子。駒守と同様、風守は当主のならわしとして覆面で顔を隠していた。駒守の死後、財産や会社も風守が相続したが、実質的には駒守の弟、木々彦が実権を握っていた。今回、風守もまた爆死したため、佐々家の人々の間では家にかかった呪いではないかと不安が広がる。果たして死因は、呪いか、自殺か、他殺か……。新十郎が状況を把握したころ、虎山泉が現れ海勝の推理を関係者に披露する。新十郎は、海勝の推理を覆す真実を見つけられるか。』


佐々家の主であった駒守の七回忌の法要に集まった家族
お祈りといって全員が覆面してるのが奇妙すぎる(苦笑)
…思わず犬神家の一族をちょっと思い出してしまったり(ぁ)
養子である風守が後継者と決まっているようですが、
本人は離れにこもりほとんど部屋の外に出てくることがないのだとか…
光子以外の人達からはかなり邪険に扱われてきたみたいですね
そんなとき、突然停電が起こり様子を見るため向かうとそこには風守の姿が…
何かを遮るような素振りを見せ、住み込みの医師からは外に出ないよう注意されてたりいかにも気になる感じでしたが、その夜風守の部屋から悲鳴が聞こえ、中から火だるまになって飛び出してきた!!
まるで七年前と同じ、駒守の呪いだと呟く面々だけど本当にそうなのか…

テロ勢力への武力行使を認めるため、改正してまで反撃に及んだ政府
自衛隊を総動員して戦闘を開始したってことだったんですね…
その影響で東京は壊滅的な被害が起こり今もほんとんどが立ち入りを制限されている――
いつ崩れるかわからない危険なところで生活してる人も多いということなんでしょうか
そんな一角に住む女性から依頼を受け調査にやってきていた新十郎と因果
通信そのものができないのは意図的に接続を拒否されてる可能性がある?
違法性の高いやりとりはコードチェックに引っかかりピンポイントでアクセスを遮断される
テロ行為を阻止するためとはいえなんだか完全な監視社会って感じですね
こんなことしてたら政府に反発する第三の組織が出てきてもおかしくないなと思ったり(汗)

二人の居場所をつきとめてやってきた梨江に面倒くさがって隠れようとする新十郎がw
って梨江が海勝の娘ってばれちゃったから笑顔で石を投げてきたー!!
追い払いたい気持ちもあったんだろうけど、危険なことするのでびっくりした(苦笑)
捜査に協力するかわりにこの女性の回線を復旧してもらう取引を持ちかける!
乗馬でやってきたのは法の網を掻い潜って立ち入り禁止区域に入るため
でも一切の車両、歩行を禁じるなら軽車両扱いの馬もダメなんじゃ?
一緒にいる因果に、女性と関係者か何かと疑る梨江だけどまさか同一人物とは思わないですよねw
連れてこられたのは呪いで亡くなったのではない証明をしてほしいと依頼した光子の下でした

有名な駒守について知らないという新十郎と因果、七年前には日本にいなかったって
二人が出会ったのは外国でということになるんですかね?色々と気になる…
人工知能R.A.I.の研究者としてその技術を応用しエンターテイメント商品に生かした駒守
人前では常に覆面を被るのは本人曰く赤面を隠すためだったとのこと
個性の一つと海勝会長は受け入れていたようですが、顔が全くわからないって怖いよ(汗)
人間と同じ思考プログラムを持ち専用ボディもある機械、しかし発明が法律に違反すると
戦時中突然警察の強制捜査を受けることになってしまったのだと…
驚異的な能力に危険性を感じ早々に抑圧してしまおうということだったんじゃないですかね、
悪事に使われかねないとも感じたのかもしれないしあまりに一方的すぎるとは思いますが…

その直後、研究室で爆破が起こり駒守は死亡――
莫大な遺産と関連企業は風守が継承したけど、なぜ養子の風守が継いだのか…
ある日突然駒守が家につれてきて育てると決めたようだけど、今まで一度も顔を見たことがないとか
覆面~って新十郎のジャケットに隠れて遊んでる因果の反応に困るw
というかそれなら風守がどんな人なのかもわからないのによくみんな受け入れたなぁと
会社にも顔を出さず、グループを実質仕切っていたのは木々彦と糸路
極端に人付き合いが苦手なためという光子だけど、不自然な点はいくつかありますよね

呪いではなく父親の死にショックを受けて欝状態になったのではないか
限界に達して同じ死に方を選んだのではないかというのに対し、危機がわかっていたと話す光子
覆面を除けば知的な冷静で経営者、自殺など考えられない…
爆発までコピーしないのはおかしいしこれは殺人だというのが海勝会長の推理
会社を継いでもらいたい糸路が機械工学に詳しい木々彦と共謀し風守を手にかけたのでは――
家中に仕掛けられた監視カメラをチェックし、アリバイを証明することに
そんな中因果の我慢が限界に達しちゃいましたね!!

「教えて…佐々風守とは誰?覆面の下の顔は誰?」
詰め寄られ逃げ場がなくなった糸路は、風守は最初からいなかったと打ち明ける…!!
正体は人間ではなく人工知能を搭載したロボットであり偽っていたということですか
糸路と木々彦が知ったのは駒守が亡くなった直後だったんですかね?
どうして養子にしようとしたのか…そもそも駒守も七年前まで生存してたのか怪しい(汗)
真相が明らかになるのは次回、ということですがまだ何かありそうだし続きが気になります!

次回「素顔の家」

テーマ:UN-GO - ジャンル:アニメ・コミック
UN-GO    Comment(0)   TrackBack(17)   Top↑

2011.10.27 Thu
NARUTO疾風伝 234話「ナルトの愛弟子」
それぞれが大戦への準備を整える中、じっとしてられないと訓練を繰り返す木の葉丸たち
いつ召集がかかってもいいように…ってさすがに戦場に借り出されることには…
自分たちなりにやらなければならないというモエギとウドンの言葉ももっともかと
あれから成長してるし手柄を立ててナルトのような英雄になろうとしてるようで(苦笑)
なんだか手柄を立てることが第一となっちゃってる感じですよね…

木の葉新聞に戦争のことを取材して記事にしようとサクラに訊ねると荷物運びを頼まれる!
普通はこうなりますよね、備蓄するものは山ほどあっても人手は足りないわけだし
バテながらも何とか運び終えてもう一度訊ねると、既に三人とも里のためには貢献してると
しかしナルトのように凄い手柄を立てたいと宣言すると、戦争は遊びじゃないと一喝され…
サクラに凄い剣幕で怒られても下忍だから馬鹿にされてるとか思ってる木の葉丸が(苦笑)
中々諦められない木の葉丸が苛立ってるところへやってきたシカマルに相談することに

暁とどうやったら戦えるのか、一人前の忍として認めてほしいとのこと
そんな木の葉丸に、『守るべき玉』とは何かと質問するシカマル
この意味がわからないようならまだ一人前ではないといいながら自分も最近わかったばかりだと…
背伸びする必要なんてないと、シカマルももう見守りつつ次世代を育てる側なんですよね
何が言いたかったのか木の葉丸は全然わからなかったみたいだけど
って今度は戦争に参加できるよう綱手さんに直談判しに行ったー!!
里のため…といいつつも結局はもうこれって我儘を押し通す形になっちゃってるような(汗)

前線に出て戦う実力はあるとかいうから綱手さんがマジギレしちゃったし
…机叩き割っちゃったら仕事も何もできなくなると思いますけどw
そんなとき、風影の密書を届けるためやってきたテマリさんを見て何か思いついた木の葉丸!
わざわざきたのは木の葉の現状を確かめておきたかったから…それでやってきたんですね
すぐに里に戻るテマリさんへ勝負をしようと名乗り出て急いでるのを足止めするとは(苦笑)
挑戦から逃げるのは怖がってると挑発したり…テマリさんもナルトの愛弟子というのは引っかかったようで…って相手がテマリさんじゃ無謀すぎると思うけど(!)

灰積焼も手裏剣の攻撃もテマリさんの風遁の前では全く意味を成さず…
猿飛一族にはろくな跡取りが残っていないと言われ今度は影分身を使い数で押していくことに
攻撃をものともせず受け流すテマリさんの立ち回りがかっこよかった♪
全く歯が立たない木の葉丸に、愛弟子と聞いたけど期待はずれだったと一蹴され…
「俺の悪口はいいけど…ナルト兄ちゃんの悪口は許さないんだなコレ!!」
螺旋丸で挑む木の葉丸に警戒しカマイタチの術で対応しようとしたテマリさん!
ウドンとモエギに頼まれて駆けつけたシカマルが影首縛りで拘束し、木の葉丸の攻撃はふっとんじゃいましたが…お互いがぶつかってたらとんでもないことになってましたよね(苦笑)

倒れた木の葉丸のまわりを円状に巨大な穴が広がり驚くテマリさんだけど、そういえばナルトの螺旋丸って直に見たことがないんでしたっけ?
螺旋丸が決まっていたら勝っていたという木の葉丸に、手柄や勝利に拘るのはまるで戦争を喜んで楽しんでいるみたいだと…今の木の葉丸は大切な事を忘れかけちゃってたんじゃないかなと(汗)
ペイン襲撃の際、別れたあとに負傷した子供を見つけたモエギは必死で救出を!!
「戦争に出ることだけが里のために働くことじゃないと思う」
上忍や中忍が出払った後、もし敵に襲撃されたら里を守るのは誰なのか…
そんなとき一般人が頼りにするのは木の葉丸たちしかいなくなってしまうんですよね
守るべき"玉"とは何なのか…木の葉丸もようやく気づけたんじゃないのかなと

くのいちで一番大胆で残忍な忍だとテマリさんを評価するシカマルが(笑)
上から睨んでるテマリさんが怖かったですー!!
でも少しでも本気を出させようとしたところは凄いと認めてくれたのかな
数年後にはいい忍に成長してるだろうと褒めてくれましたし♪
「この里は三代の火影の宝だから俺はそれを守る
オレは木の葉隠れを守った三代目火影の孫だから」

火影の座を競うナルトに勝つためにも修行して強くなると覚悟も決まったようで
ようやく自分が目標にする夢を思い出し進む方向が定まったようですね!
そんな成長を知り、縄樹のことを思い出していた綱手さんも嬉しかったんじゃないのかなと

ベタだけどわかりやすいストーリーでしたね!
個人的にはシカマルとテマリさんの絡みが少なかったのが残念でした(笑)
…貴重な時間を割いて木の葉にきたんだから何かイベントがあると思ったのに~(コラ)

次回「撫子のくノ一」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(5)   Top↑

2011.10.27 Thu
SKET DANCE 第30話「ガチャガチャしたにょら☆」
『学校帰りにガチャガチャを見つけたボッスンとスイッチ。最初は乗り気ではなかったヒメコも、思いがけず可愛いデザインに魅了されてしまう。次々と100年玉を投入しガチャガチャを回し続ける3人だったが…。全国のガチャガチャファン待望のガチャガチャ回!? アンソニーも出るにょら☆』


妙に真剣な空気で話し合うボッスンとスイッチはフィギュアのことで言い争いが勃発!
高校生にもなって取り合いして揉めるなんて子供っぽすぎると愚痴るヒメコをおいて
またもや店先のガシャポンに惹かれて盛り上がっちゃってましたね(苦笑)
まぁでもそんなところがこの二人らしいと思いますし急に大人っぽくなってもw
呆れて帰ろうとするヒメコだけど、何も引き止められなかったのが寂しくて戻ってきたり
結局話題から外されるとつい寂しくなって乗っかっちゃうんですよね、可愛いなぁ!

一部の濃いマニアにだけブレイクしかけの特撮ヒーロー番組、超痩身スレンダー
それにしても悪の組織のメンバーなのに妙に可愛いキャラ設定なのが(笑)
メインは五人組の戦隊ものだけど、リーダーがやたら細いのやら語尾にダーがつくとか
そのうちにスレンダーとは全然関係ない筋肉系やサスペンダーつけた一般人が紛れてるしw
あはは、こんな設定じゃさすがのヒメコもツッコミがつきなくなっちゃいますよね!
あほらしいと一蹴するつもりがレアものが出たという二人の言葉に食いついちゃうのが(苦笑)

ってガシャポンやるのが初めてだからやってみたいと思ってたようで
ヒメコが一回目に出したのはアンソニー、ダークサイダーが現れた際スレンダーを呼びに行くだけの役割とか…いらなすぎるww
そしてボッスンが出したのはバーテンダーとかますます微妙すぎる~
スレンダーのアジトの大家さんで休日は蕎麦うちの教室に通ってるとか
スリムクルセイダーはスレンダーがピンチの時駆けつけ、一人でダークサイダーを殲滅って
見た目はカッコイイけどあまりにも反則的に強すぎるってのも問題がありすぎですよね

ハシャイダーとかヘコンダーとか、なんだか心情描写してるだけのものとしか(苦笑)
三回連続でアンソニーを出しちゃうヒメコはある意味運があるんじゃないかとw
クラムチャウダーをゲットしたボッスンにアンソニー三体を提供して交換を要求!!
残りはスパイスパイダー一体のみ…丁度残りが一個で制覇できるということだったけど、
こんなときに限って三人とも100円がなくなってしまいスイッチが両替に走る!
その間にやってきた子供が一つをひいてしまい、好きなの三個と交換してもらうことに
交渉成立して喜んだのも束の間、スパイダーじゃなくていらないブリーダーだったとw
でも、その子供がだぶってるのと交換してくれるということで無事にゲットできましたね
コンプリートしたのはいいけど、この大量のフィギュアをどうするのか…
冷静になって振り返りどうしてこんな散財したのかと微妙な雰囲気になっちゃいましたし
でもその場のノリでつい衝動買いしちゃうことってありますし仕方ないってことで(苦笑)

声優の仕事が忙しくなり、雰囲気がガラリと変わってしまったと相談するモモカの舎弟
近寄りづらくなって中々話せなくもなってしまった…でもそれは仕事の影響だししょっちゅう
つきあってもいられないというヒメコに、これからどうしたらいいのかと
できれば元のモモカに戻ってほしいというけど、モモカにはモモカの世界がある、
取り巻く状況も本人が戸惑うぐらい変化したのだから以前と同じ付き合いはできないのでは…
せっかく順調に進んでいるのに邪魔しないよう影ながら応援するのが友達ってもの、モモカは忘れたわけじゃないと説得するボッスンをスルーしてヒメコの意見しか聞いてないのがw

…モモカの変貌っぷりは凄かったですね~なんだかアニメキャラみたいになってました!
前までは普通に喋ってたのに、見た目だけじゃなく中身まで…確かに戸惑う(苦笑)
思わずチュウさんに変な薬を呑まされたんじゃないかと疑うヒメコがw
可愛いんだけどなんだかこれはモモカのイメージとは…と困惑することに
ブログを書くときに使っていた言葉だけど、アニメキャラとネットスラングを組み合わせて作ったモモたん語として定着したとかで、ブログの常連であるスイッチは完璧に把握してるしさすがすぎる(笑)

役に入り込みすぎるためアニメキャラの影響を受けてなりきってしまっているのだとか…
少し前までは思いっきりベタなヤンキーぽかったのに、歴史を闇に葬ろうと!
でも、一部の人間にとってアイドルのような存在、スキャンダルになるようなものは
隠しておいたほうがいいし事務所の方針に従ってということもあったんですね
大切なのはキャラ作りであり演じる声優も萌えキャラになっていく時代…色々大変だ(苦笑)
自分なりにガムシャラにやってきたらこんな風になってしまったとモモカも悩んでいたと…

「昔のことまで忘れる必要はねーんじゃねえか?
そこを否定しちまったらそのとき大切にしていた人達も否定することになっちまう」

こんなことしていたら私生活も何もあったものじゃないし無理しすぎたらいつか壊れちゃいますし、大事なことは忘れちゃいけないってボッスンも伝えたかったんじゃないのかなと…
そんな時、スクープをゲットしようと尾行していた写真集のカメラマンが盗撮を!!
激昂したヒメコはデジカメを破壊、スイッチがデータカードごと真っ二つにして証拠隠滅!
さすがにこのあたりはやりすぎだと思いますけどそれだけ許せなかったんでしょうね(苦笑)
人の過去を暴いてそんなに楽しいのかと脅すヒメコの気迫が怖すぎるー!!

「さっき姐さんが啖呵切るの見てアタイの好きな世界はこっちだって目が覚めたよ」
ケジメをつけるため生放送のトーク番組の出演を是非とも見てほしいとおいモモカ
いつものキリっとしたモモカが戻ってきた感じでしたね、語尾はまだついてたけど(笑)
照子の部屋…あはは、色々と突っ込みどころがあるけどスルーして(ぁ)
スケバンのような格好で出てきたモモカはこれが本当の自分の姿なのだと自信を持って挑む!
元々不良でたくさん人を傷つけてきたことを知ってほしいのだと打ち明けることに…
演技することは楽しいし自分のやりたいことだとはっきりいえるけれど、自分の姿を偽ってまでやろうとも思えないし、嘘をついてまで続けたくないと声優を辞めることを宣言!
本当の自分のままで続けられる道を選んで進んでいきたいって思えたんですね
授業中にテレビを見てたボッスンの携帯は勿論没収~チュウさん、爆破はやめたげてくださいw

この潔いモモカのことを見ていたプロデューサーが気に入り、ヤンキー刑事の主役に抜擢!
声優から華麗に女優に転身て凄すぎですね、まあでもきっとモモカならやれるかと(笑)

次回「武士と服装」
バクマンコラボ回来た~!!
早見さんボイスのキャラが気になるw

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック
SKET DANCE    Comment(0)   TrackBack(5)   Top↑

2011.10.26 Wed
ちはやふる 第4話「しつこころなくはなのちるらむ」
『新は、一家で具合の悪い祖父のいる福井に帰ることになった。かるたを続けていれば再会できると信じ、三人は別れる。高校生になった千早は、太一とのかるた部を作る約束を果たすため、A級を目指し大会に出場する。力いっぱいかるたを楽しむ千早。そんな千早をみて、太一の心は動かされていく―。』


引越し当日、次に会うときはA級選手になって全国大会――
固く約束した三人だったけど、現実はそううまくはいってないようで
あれから新とも連絡をとってないし今はどうしているのか…
毎年行われる近江神宮の大会で会えるんじゃないかと期待している千早もまだ昇段できず…
このままじゃまだ三年はかかるし陸上部にしておけという太一が(苦笑)
一人でも頑張ってるのに、いらないこと言うから相変わらず殴られてましたね!
駅で待っていた彼女からはたーくん呼びされてるし、似合わない感じがww
イラっとした千早は日曜日の大会で優勝したら一緒にかるた部を作るようにと宣言!!
思わず誰かにこのことを話したいといいつつ目にとまった新の実家の電話番号
とはいえ今のこんな中途半端な状態じゃかけられないんだろうなぁ…

大会当日、気になり会場へ様子を見にやってきた太一…気づいた原田先生とのやりとりがw
数年ぶりの再会なのにすぐわかる原田先生はやっぱり凄いですね、
三人のことどれだけ見てくれてたのかよくわかる感じでやっぱり師匠だなあと
昇級試験ともあらば緊張は尋常じゃない、どんなに強くても優勝しなければ意味がないということでみんな必死になる、そんな難関に挑む千早の覚悟がどれほどのものかわかってはいるけれど
実際のところ太一は千早が挑戦するにはまだ早いと思っているようですね…
白波会の練習に参加すればいいといわれ、サッカー部に入部を考えていることを話す太一
二股はよくないしそれじゃ名人になれないと凄い怖い顔で睨まれちゃいましたね(苦笑)
中学でも同好会に入りかるたを続けていた太一だけど、
どんなに楽しくても青春全部を懸けても新よりは強くなれないと気づいてしまった――
千早たちと離れてた年数で太一はすっかり悪い癖が戻っちゃったんですかね…
負けるぐらいならやらない方がいい精神が復活しちゃってる感じですし(汗)

試合開始直後、大声を出して札を取った千早!
勝つことにこだわり、原田先生から色々と作戦を教わったようで気合が入ってますね!
これだと相手はびっくりして気後れしたりもするだろうなと
中学時代、陸上部に入ったのも元々はかるたのため――
ピストルを聞いて飛び出す瞬間が似ているし、体力もついて全部かるたへと繋がる…
…ってかるたの話をする相手もいなかったから、友達作りのためというのもあったけど(苦笑)
「青春ぜんぶ懸けたって強くなれない? まつげくん 懸けてから言いなさい」
千早が中学三年間もどれだけかるたに情熱を注いできたか気づかされた太一
そのあとで畳み掛ける原田先生の言葉もホント胸に響きますよね!
気弱になって自信をなくしてるところに気づいて喝を入れてくれたんだろうなと!

終了後、大きな声を出したことを謝る千早に対戦相手も気分悪いまま終わることはなかったみたいだし、こういうちょっとしたところでも千早のよさも出てる感じでいいなぁと
ってその直後出したサインはチョコレートサイン!(笑)
コンビニに買出しに行ったものの店が閉まっていたため、向かいの高級チョコレートを購入
あはは、でもなんだかんだとちゃんと千早のために買ってあげるんだから優しいですよね♪
手軽にポイポイ口に入れてく千早の顔がデフォルメになってて面白いw
多いときは一日かけて七試合通して優勝者が決定するかるたの大会
その間何度も暗記をして忘れることの繰り返し、極度の緊張感の中で行われるため、脳を酷使して三キロも体重が減るとかかなり過酷な競技なんですね(汗)
そのために糖分補給が必要ということだけど、食べてすぐ寝ちゃった千早はよっぽど集中してたんでしょうね~白め向いて寝てるとこはかなり怖いしホント美人が台無しって感じですがw
上着をかけてあげた太一が優しいといわれて照れてるのが可愛かったです♪

決勝戦の大戦相手は千早と同じ実力あるB級選手――
三年連続で失敗しているから今回こそはとかなり気合を入れているとのこと
札の配置をバラバラにしたりとかなりやりにくくなりそうですが…
わざと『ちはや』の札を攻めてから自陣のあたり札をとる巧妙な作戦!
これで一瞬動揺したせいか千早は出遅れる形になってしまい…
序盤の弱い千早にプレッシャーをかけて動きを鈍らせられることにも(汗)
一番得意な札を先に抜けば追い込め自滅させられると思っているようで~
でも美人さんだから視線が合うとダメってことですかねw

敵陣から一枚とった千早は『ちはや』の札を送ることに
こういう場合自陣から好きな札を一枚送り残りを減らすことができるんですよね
自分が絶対にとれる自信があるからこそ得意札で勝負に出る!!
ってここから『ちはや』札の応酬になっちゃいましたねw
千早も切り替えて次々ととっていくけど、互角の勝負だから札がいったりきたりなのが(笑)
相手の気迫がこもり中々優位に立てない状況でも、落ち込むこともなく笑顔を見せる千早!
「強いだけじゃなくてかるたを大好きな人だ!」
本当に好きだからこそこんな風に戦えて凄く楽しいんだろうなぁ
こういうときでも前向きな千早はホントすごいし本番に強いですよね
そんな千早を見てかるたの楽しさを再び思い出した太一もまたあの情熱が蘇ったんじゃないのかな
仲間と一緒にやるからますます魅力も感じる…思い出すことができてよかったです

最後の一枚、『ちはや』札をゲットして優勝した千早!!
このときのスロー演出がなんだか凄かったですねw
って思わず外に飛び出して太一に抱きついた千早が大胆だなぁ(笑)
でも、千早にとってはこれで念願かなってまた一緒にかるたができると思ったからですよね♪
「仲間がいたら、きっと強くなれるから!!」
これで太一もまたかるたへの情熱が復活したんじゃないのかなと
そのまま昇段したことを新に報告しようと思い切って電話をかけた千早だったけど…
出てくれた新からはもう電話はしないでほしいしかるたも辞めてしまったと言い捨てられることに――
「また三人で会えると思ってた みんなあの頃のままだと思ってた…」
あれだけ熱心に夢を語って名人を目指していた新がどうしてかるたから離れてしまったのか
時間の経過と共に新も変わってしまったかどうなのか、次回はその理由が明らかになりそうですね

次回「よはのつきかな」

http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62919202.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(49)   Top↑

2011.10.25 Tue
BLEACH 345話「襲われた雨竜、仲間達に迫る脅威!」
今回はまた結構オリジナルが追加されてましたね
本編でカットされた部分が多いので補完だろうけど、なら原作の内容も見たかったなと!

不良と喧嘩最中、拉致された一護のことを心配するケイゴに喧嘩にバイトと青春て感じでいいという水色が相変わらずだったけど、その途中工事中のビルから鉄骨が落ちてきたー!!
声をかけて助けたたつきのおかげで怪我はなかったですが、誰かがわざと落としたようだった…
誰かに尾行されてたように感じたともいっていたし、水色とケイゴが狙われたということに?

そして完現術メンバーのリルカ&ギリコも登場しましたね!!
リルカ@豊口さんは個人的にぴったりな配役じゃないかと思ったり~
勧誘に失敗した銀城に嫌味な感じのリルカがここぞとばかりに上から目線だなとw
口説かれてもないし下にもついてないとギリコにイラっとしてるリルカが面白い♪
銀城本人は全く気にしてないって感じですが、これからが…って台詞カットされてるし(苦笑)
それにしても未練たらしいのは苦手だと、代行証を川に投げ捨てた一護がまた…
こういうシーンがあると尚更葛藤してるんだろうなという印象が残りますね
とはいえあんな大事なものをさくっと投げ捨てちゃっていいのやら(ぁ)

テストでいい点がとれたからほめほめて視線を送る遊子が可愛いです♪
思いっきり一護には褒めてもらえたけど、いつもの一護とは明らかに違う様子が…
あんな表情見ちゃったら何も言えなくなっちゃいますよね
夏梨もからかって一護のことを色々言うけど、余計遊子を怒らせることに~
パンを渡して帰ってきた織姫の妄想ビジョンの一護が凄い美化されてるのですがww
部屋の中をごろごろ転がってたりとかなりテンションがあがっちゃってるし(笑)
詳しくは聞けなかったけど、一護が何か隠してるということは気づいてたようで
そんな時夜中にもかかわらずかかってきた電話は病院に運ばれた石田のことを報せるもの!

久々に竜弦さん来た!!テンションあがります♪
って相変わらず反発しあってて親子らしい会話はしてないみたいですが(苦笑)
連絡を受けて駆けつけた一護と織姫だけど、連絡がつかなかったチャドが気になりますよね
一人で何とかできないなら全員で解決するしかないという一護に関係ないと…
こういうところも死神だった頃の癖が抜けてない感じですよね
もう少し大声を出したら傷口が避けるとかドSな竜弦さんがたまらないです(ぁ)
とはいえ多くを語らないのは本当に話せることがあまりにも少ないし、一護を巻き込みたく
ないという気持ちもあって…といろいろ気を遣ってたりしたんじゃないのかなと

傷口の残存霊圧を調べた結果、斬った相手は死神でも虚でもな不思議な霊圧――
斬られた本人も敵のことは何もわからず何も話せなかっただけ…
「「敵は恐らく我々の知らない何らかの力を手にした―――人間だ」
死神よりも織姫やチャドに近いもので、同種の人間が襲撃したと仮定すれば、次に襲われるのは二人のどちらか…竜弦さんからも危険に巻き込まれていると忠告を受けることになりましたね

知り合いのはずのルキアに誰だと問いかけられた夢を見た一護がまた切ないです(汗)
その日も夏梨と遊子に買い物にいこうと呼びかけたりやっぱりちょっと変ですよね
ケイゴも水色も心配かけないようにと昨日のことは黙ってましたし…
そんな時、合流するはずの二人に連絡がとれないというたつきから昨日のことを聞いた一護
とにかく二人で急いで探すことにしたけど、行くよう促す遊子がいい子だなぁ!

工事現場に向かった一護はそこで倒れている二人を発見したけど鉄骨が崩れかけてきた!!
復讐ではなく頼まれただけだと、支える一護の足元を蹴りつける不良の言葉に激怒し
不意を突いて殴りかかった一護を一発でノックダウンさせた一護の前へ月島が来たー!!!
今回はちらっとだけど台詞もようやく聞けましたし♪
って織姫たちよりも前に直接一護の前に姿を現すとは思いませんでしたがw
竜弦さんの霊圧を察知して消えちゃったみたいですが…竜弦さんがこのあたりにいたのは
襲撃犯を捕まえようと色々独自に調べてくれてたんじゃないのかなと
やっぱりなんだかんだと息子思いなところもありますよね、本人には言わないけど(笑)
これ以上関わるなといわれた一護は、何ができるのかと言われることに…

「俺に……俺にできることは無えのかよ……っ!!」
物足りなさを感じながら、石田が負傷しても何もできない無力さを痛感した一護が…
思い立った一護はついにエクスキューションのカードに手を伸ばし電話を!
じわじわたまっていた喜助さんや一心さんに向けられた不信感も相成って…
ということもあって最後の手段として頼ってしまったって感じもありますかね(汗)

☆次回予告☆
来週は完現術メンバー集合となりそうですね!
予告の一護、竜弦さん、石田のやりとりが面白かった~♪
一護にはお父さんと呼んでほしくないけど石田にはお父さんと呼んで欲しいとかw
呼ばれたら逆に動揺しちゃったりとかしないですかね??是非見てみたいです(笑)

クインシー大全☆
こっちも久々のクインシー大全!!
本編登場したせいで通常業務に支障が出たと焦って進める竜弦さんがw
ってしれっと部屋に入り込んでる一心さんが来た理由が暇だからとか(笑)
医者なのに本編では一度しか診察してないと霊弓を向けて攻撃されたー!!
確かに一心さんてあまり医者のイメージが…(マテ)
あはは、ホントこの二人のやりとり面白いですけどまた修理が大変なんじゃw

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(11)   Top↑

2011.10.25 Tue
君と僕。 第4話「Noisy Medicine」
『東先生に、小さいころから一緒にいる悠太たちのことを聞かれ、幼稚園時代に職場体験にやってきた"穂稀高校のお兄さん"のことを思い出す要。当時、かおり先生のことを好きだった要は"彼"に対抗意識を抱いていた。余計なことまで思い返してしまい顔が熱くなる要だが、どうやらその熱は恥ずかしさからだけではないようで…。』


夜の公園に集まり、男女に分かれて合コンスタート!?
一応皆が自己紹介する中、全くやる気のない要君は強引に巻き込まれたのやら~
梅雨の季節+千鶴が増えたことでますます不快指数が上昇してる要君が(苦笑)
とはいえ千鶴が増えたことで多少会話のテンポはあがっていきそうな(ぁ)

千鶴が提案して呼び出したようだけど、このメンバーでやると女子が足りないということで
祐希と春が女子役にまわって人数を合わせたとか、無理やりすぎるw
にしても千鶴はまわりの空気気にせずわが道を行くタイプですね!
好きな異性のタイプを聞かれ金より大切なものがあると証明してくれる人とノリノリな祐希がw
悠太は春の手を握って聞いてたりとホント双子はこういうことさらっとやっちゃいますよね
しかもタイプが優しい人だと聞いて興味津々な茉咲だったり、ホント面白いなぁ♪
知らないとスルーしていた要君も年上がタイプだとばらされちゃってからかわれてるしw
暴力を振るう~と千鶴が祐希になきつくと頭を撫でて慰めてくれたりとどんな小芝居ですか(笑)

合コンがしたかったと胸を張る千鶴だけど、そもそもこのメンバーでやることじゃない
それにそもそも天気を気にしてなかったのと屋外でやったのが失敗だったと
結局その日は途中で雨が降ってきたために途中で中途半端に終了することになりました
次の日、自販機の前で東先生と会った要君は、幼稚園の頃から幼馴染のメンバーが代わったかどうかの話題に
今と変わらずませていた子供だったと話す要くんに東先生も昔のことを思い出したようで…

東先生が高校の時、職場体験で訪れたのが要くん達が通う幼稚園だったのですね
同級生のあきら@梶くんが気になりますw
園児なのにクサイ台詞を吐く要君に思いっきりツッコミ入れてる双子が面白いw
実習とはいえかおり先生と親しげに話してるからとヤキモチ妬いて対抗心を燃やす要君が(笑)
絵本の白雪姫を読んで泣いてしまったという東先生に、魔女と戦って助けるとかいったけど、
お金で解決できると思ってると双子にいわれたりしてるところで女の子たちに囲まれちゃいました
優しくてカッコイイから園児にも大人気みたいですね♪
要君と比べて勝るとも劣らないとか初恋は実らないとか全然フォローされない要君が可哀想w

まわりが雪合戦をする中、一人で雪玉を作っていた要くんは相変わらず東先生と近づこうとしないようで、思いっきり敵意むき出しで嫌われてるとショック受けちゃってますよ(苦笑)
そんなとき、かおり先生が一緒に合体させて雪だるまにしようと声をかけてくれたけど…
重くて足元がふらついて転びそうになったとき、助けてくれたのは東先生だった!!
そんな光景を見てしまったせいか、心配されたくないとヤツアタリして飛び出してしまった要くん
自分が助けられないのと、東先生との差を感じて落ち込んじゃったんでしょうね
意地をはって素直になれない要くんにカッコイイといって頭を撫でてくれた東先生が優しいなぁ
「なれたらいい 自分もいつか…この人みたいになれたら…」
そっか、これが東先生に憧れるきっかけになったんですね
昔から背伸びしたがりな感じだったけど、それは今も変わらず…ってことでしょうか(笑)
いくら子供の頃とはいえ恥ずかしいと一人思い出して照れてる要くんがちょっと可愛いw
でも、東先生もその子供たちが教え子になってることは気づいてないのかな??

風邪をひいてしまった要くんが学校を休み寝ているところをお見舞いにやってきた四人
激写した寝顔を本人に送ったりと祐希がメガネを借りて要くんの真似してるしー!!(笑)
あはは、メガネかけた祐希、ちょっとは真面目に見えるんじゃないかと思ったりw
ツボに入った千鶴と春にも笑われちゃいましたね~
さらにこの場に要くんママが入ってきてますます騒がしくなっちゃいました
若くて綺麗だけど、どうもちょっと変わったママさんぽいですね
男子に混じって一緒に喋ろうとしたり、手を繋いでくれないと愚痴ったりとなにやら変な方向へ…
息子を巻き込んで恋人コントのつもり!?さすがに友達の前でこれはちょっと困るかも(苦笑)
と思ったら買い物を思い出してさくっと出てったり、テンションの違いについていきづらいw

休んだ分のノートをとろうといいだした春を強く断ってしまった要君だけど、
言い方はキツクなっちゃったけど要くんて誰かに頼るとかあんまりしたくないんですかね??
そんな時、やってきた要君の幼馴染の日紗子!!ってこの子だけ学校違うんですね~
暴力女とか余計なこというから思いっきり殴られちゃってましたが(苦笑)
その間に千鶴は勝手に人の机の中を見て弄ってるし迷惑すぎるw
にしてもこの写真見てるときの日紗子の反応がちょっと気になったり…
そのあと要君の顔、熱関係なく赤かった気がするしこれはもしや?(ぁ)
昔からまわりに頼らずなんでも一人でやってしまう要に助けてもらってばかりだという春
でも、そのほうが要君にとっていいのだと日紗子は要くんのことを理解しているのかなと

病人のベッドにダイブした千鶴の上にさらに春を巻き込んで飛び乗る双子がw
結局さらに悪化させたんじゃないかと謝る春だけど、ホント何しに来たのかって感じですよね(笑)
何日もいないと飽きるしやっぱり早く来てほしいと…
騒がしくて煩いけれど、おかげで汗をかいて熱が下がって少しは楽になったようで
梅雨は嫌いだけれど、窓を打つ騒がしい雨の音は嫌いじゃないしどこか心地良い――
あの四人ともそんな関係になってるってことなんでしょうね
要君もなんだか楽しそうにしてましたしやっぱり来てくれて嬉しかったんだろうなと!
…実際風邪で具合悪いときに大人数でお見舞いにこられても困りますけど(苦笑)
どうせなら授業の復習でもしようとノートを確認しようとしたけど、四人が持って帰ったってw
振り回されることばかりだけど、これが要君の日常ってことで受け入れてるんだろうなぁ(笑)

次回「いつかの夏」

テーマ:君と僕。 - ジャンル:アニメ・コミック
君と僕。    Comment(2)   TrackBack(26)   Top↑

2011.10.24 Mon
銀魂 231話「葬式って初めていくと意外とみんな明るくてビックリする」
馴染みの定食屋の親父が亡くなり、葬儀に参列することになった万事屋
銀さんの袴姿ってたまにしか見れないのでついついガン見しちゃいます♪
あ、神楽ちゃんのダークトーンのチャイナ服もいいですね!
客一人一人にあわせた料理を提供することで評判だったようで、常連だった土方さんの姿も!
って宇治銀時丼と土方SPで言い合いになったときにいた店でしたかw
葬儀の席で喧嘩になるのはさすがにまずいと窘める新八だったけど、惜しい人を亡くしたし江戸の宝をなくしたと落ち込みいつもと違ってしんみりした空気に…味覚馬鹿二人の唯一の理解者だったと(笑)

お経唱えるお坊さんの格好にまずツッコミしたい~(ぁ)
いくらなんでもあの柄は…どうみてもふざけてるとしか思えないんですが(苦笑)
そんなとき、棺桶の中から現れた半透明の人物を指差して声を荒げる銀さん!!
新八と神楽ちゃんには見えてないようですが、隣の土方さんには完全に見えている!?
どうやらこの二人にしか見えていないということで、亡くなった親父さんの幽霊だと
認めたくないあまりに必死に理由を作って言い訳してる土方さんと銀さんが似たもの同士だw
この二人のテンパリ具合がホント面白い~ヘタレなところまでそっくりです♪
お化けかとわかった時点で少しでも早く逃げ出そうとする二人だったけど、立ち上がった親父さんが近づいてきたー!!葬儀中ゲームで遊んでいる親戚の一人にビンタして吹っ飛ばした(汗)
幽霊とはいえ別人みたくハードボイルドになった親父さんは相当ご立腹の様子でしょうかw
これを見た二人は席を発つどころか震えながら無事に式が終わるまで待つしかないはめに

いつのまにか焼香の順番が回ってきたということでやり方がわからずあせる銀さん
社会人としてダメとかいいながら土方さんの記憶も曖昧になってるようですけどw
どっちがやるか押し付けあいになる中、神楽ちゃんにお手本を見せるため新八が向かう!
新八ってば凄いやり慣れてる感じでしたね~冠婚葬祭のルールって難しいですよね(苦笑)
帰ってきてすぐいかにも信じていた感じを装って褒める銀さんと土方さんがw
無駄に格好つけてまるで自分の手柄みたいな言い方の二人が鬱陶しい(笑)
…うん、でも銀さんのウインクは一時停止しましたけどね(!)

同じようにやれば絶対に失敗はないはずだけど、神楽ちゃん思いっきり間違ってるー!!
お坊さんを殴っていえーいって…これでますます親父さんの機嫌が悪くなっちゃいましたね
ということでフローチャートにお坊さんを蘇生させることを追加!
でも次のメンバーが総悟って時点でうまくいかないことはわかってましたけど
遺族を一礼で坊主とか、坊主を蘇生とか色々間違いがありすぎるよw
責任をとって全て立て直そうと立ち上がった近藤さん…期待しただけ無駄でした(笑)
ショックで記憶をなくした遺族をお坊さんの代わりにしてお坊さんが木魚にってww

やってられないとその場から逃げ出そうとした瞬間、銀さんと土方さん以外が気絶!?
万事屋と真選組の他のメンバーの人質ならぬ魂質をとられてしまったようで
というか魂にもメガネかけてる新八の存在意義ってやっぱりメガネなのか(マテ)
でもメガネかけてる魂ってちょっと可愛いですよね♪
葬儀を抜け出そうとしたのがまずかったと、最後まできっちり行って成仏させれば問題ない…
あとは目立たないように大人しくじっとして機嫌を損ねることだけは避けようと!

出棺の際、手伝いのため借り出されそうになったので肩を外したり骨折させた二人がww
真面目な顔して左腕ブラーンってなってるのが面白すぎる(笑)
あわわ、イラっとした親父さんが魂をこねて何か作り出しちゃいましたよ~
でもこんな光景見たら気のせいにして何とかやりすごすしかないですよね!
いつもなら絶対呼ばない君づけで意気投合してる土方さんと銀さんがww
ともあれ片腕だけで運ぶしかなくなり、残りの力を全て右腕に集中しすぎて棺桶をひっくり返しちゃいました!元に戻そうと必死なあまり焦りすぎてどんどん状況が悪化してるのがおかしすぎるよw

無理やり棺桶に詰め込んだら今度はモザイクなものが出てきてしまい大変なことに(苦笑)
魂で蕎麦を作り出した親父さんを見たらいてもたってもいられず外へ運び出そうと
モザイクが引っかかってうまく通れず思い切って奥さんが折っちゃったり、お坊さんが
出てきてひたすらお経読んでたりと色々と酷すぎるんですがww
お坊さんを打ち付けすぎて今度は親父さんが飛び出してトラックへー!!
とにかく霊柩車で追いかけることになったけど、運転手は音楽聴いてて気づかないし
幅寄せして捕まえることになった銀さんの前に大量のモザイクが出現しちゃいました
というかこれは珍味の貝を輸送してるトラックだったんですね、紛らわしすぎるよww

どれが本物か長年見てきたおばちゃんならわかると真剣な表情で説得する銀さん!(大笑)
こういう状況じゃなきゃ銀さんにドキっとするとこですよね(ぇ
いや~ボケる銀さんに冷静にツッコミする土方さんとかホント面白い♪
今からでも立派に葬儀をやりきろうという言葉に頷きやってみると集中したおばちゃん
って見つけたのはいいけど凄い勢いで折っちゃったー!!…何か恨みでもあるんですかね(笑)
落ち着かせようとしたとき、思わず車から乗り出してしまい捕まろうと手を伸ばした先に本物が!!
絶体絶命のピンチの中、トラックから落下した銀さん達を助けてくれたのは親父さんでした

「ありがとうよ 涙も引っ込むようなにぎやかな葬式を」
これで心置きなく成仏できると別れを告げていった親父さんが残した最後の料理
定食屋に戻ってきた二人はまたしんみりして食べたけど…その中にはチコン貝が入ってたのやら?おいしいと思ってた食べたのに全部吐いちゃってましたねww
親父さんがウインクしてる遺影にほっこりしつつ、爆笑させてもらいましたけどw
…銀魂スタッフさんていつもながらチャレンジャーだなと実感した回でした(苦笑)

次回「忘れっぽい奴は忘れた頃にやってくる」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(14)   Top↑

2011.10.24 Mon
ぬらりひょんの孫 千年魔京 第16話「二人の過去」
『一度は羽衣狐によって破られた陰陽師の8つの封印。今では羽衣狐の側近の京妖怪たちがその地を守っていたのだが、羽衣狐が弐條城に留まるなか、今度は秀元、秋房らの陰陽師たちと奴良組による再封印がなされようとしていた。』

なんだか一気に消化スピードが速くなりましたね
原作以上にあちこちのバトル展開になってて見づらいので纏めて書きますw

冒頭では鬼童丸と土蜘蛛のやりとりが意味深でしたね
四百年ぶりの宿願達成ということで、鞍馬の天狗はどこへいったのか…
鏖地蔵のことを知らないといっていたり鬼童丸と話がかみ合ってないんですよね
過去篇の京妖怪幹部メンバーを覚えていればこのあたりの違和感は…って感じで!
そんな鏖地蔵が四国勢としてリクオたちと戦った夜雀から魔王の小槌を受け取っていたりといかにも怪しいですし…このあたりの伏線回収がどうなっていくのか楽しみです!

第七の封印柱離宮で茨木童子と対峙していた首無!
無茶して一人で何とかしようとする無謀な戦いを止めようとどついたり頭突きしたりな毛倡妓がw
あはは、言ってもきかないから思いっきり強引なやり方に出ちゃいましたが面白いなぁ
アニメだとさらにコミカルになってる感じが(笑)
「一人で何もかも背負うのはやめて 私たちは仲間じゃない」
昔のように二人で戦う、攻めが首無、守るのが毛倡妓だと…
暴走して崩壊寸前だった首無もようやく我に返ったみたいですね、こういうところも長い付き合いだからだろうなと!それにしても挑発した鬼の首を首無と同じようにしてやるって啖呵の切り方はww

花開院本家が停電し慌てふためく清十字団を護衛する青も動き出したようで
他のメンバーを心配させないように気絶させて自分は一人外へ!
つららに頼まれたときは不服そうだったけど、なんだかんだとこれも青にあってたんでしょうね
憑鬼槍で果敢にしょうけらに挑む秋房も傷が完治していないせいか隙をつかれてピンチに!
そんな攻撃を素手で受け止め間に入った青田坊が拳一つで雑魚を片付けたりとカッコイイなぁ
「陰陽師(こいつら)助ける義理はねぇが 守らなきゃならねぇもんがあるんでな!!」
というわけでいよいよ青田坊の本気モードが見られそうですね!!

まわりを取り囲む鬼に対してコンビで立ち向かうことに!
毛倡妓の畏・みだれ髪"遊女の舞"によって動きを封じられたところを首無の黒弦が襲う!!
やっぱり二人の連携は見事なものでしたね、背中合わせの共闘って燃えるなぁ♪
一人じゃないから安心して守れるし攻められる…昔言われたことを思い出す首無
生前自分と仲間を妖怪に殺され、恨みを晴らすために妖怪となり復讐してまわっていた…
その噂を聞きつけた鯉伴さんに出会い、変わるきっかけに…
百鬼夜行の"御業"によって勝ち目のなくなった首無に、仲間がいる方が強くなれると告げた鯉伴さん
守るものがいれば足手纏いになり失ったときには絶望するだけと荒んでるのが(汗)
その首無を庇って助けてほしいと命を投げ出そとしたのが当時人間だった毛倡妓だったと

「何にも背負わねぇで一人で闘うってのは誰にでもできる
奴良組は…大事な仲間を守るために戦ってんだ」

大事なもののために命を張れるのが本当の強さであり首無がいっているのは強がり…
身を持って知ることになり、鯉伴さんの言葉に心を動かされて少しずつ気づいたんじゃないのかな
百鬼を背負う鯉伴さんの大将としての風格がホントカッコイイ♪妖艶って言葉が似合いますよね
感化された首無はその後盃を交わし奴良組に…
首無の精神的に弱い部分を毛倡妓が支えてるというのが二人の関係なんじゃないのかなと
寄りかかるだけじゃなく時には檄を飛ばして引っ張ったりもしてくれるんですよね!
鬼太鼓桴"仏斬鋏”によって断ち切られた毛倡妓の畏…次に首無の殺取螺旋刃が茨木童子を!!
堕ちやすくて弱い妖怪と気づかされた礼を言う首無に照れる毛倡妓が可愛かったw
大技が決まったもののやはり茨木童子がこれで終了するわけないですよね(汗)

元々は人間であり、千人の武士を殺した大破戒僧だった青田坊
捕らえられ、処刑される寸前に聖人に出会い、犯した罪を償うため人を救っていけと…
人に戻れるか鬼神になるかは自分次第と諭されていたのですよね
しかしこうしてみると奴良組って元々人間だった妖が結構多いなとw
あ、でもだからこそ人に歩み寄ろうと思う妖が多いのかもしれないですが
光で目が眩んだ不意をつき、槍を突き刺したしょうけら!!
痛みで身動きができない青の前で正体を晒したしょうけら…って実は虫の姿なのが~
せっかくナルシーでカッコイイ斎賀さんボイスなのにこの姿は遠慮したいです(ぁ)

しょうけらは人の罪を天に告げ罪を問い人の命を奪う妖――
屋敷の中にいた清十字団のメンバーも発見されてしまいこのままでは助けられない…
この場に来たのは破軍使いのゆらちゃんを探すためだったんですよね…
居場所をはかないのならとさくっと二十七代目を排除したしょうけらが!!
他の人間も用済みとばかりに殺そうとするしょうけらに憤った青田坊も過去を思い出すことに…
聖人に言われた言葉から、孤児を面倒を見ながら人のために生きていた青田坊だったけど、
野盗に襲われた子供たちを前に激昂し我を忘れ鬼神へと身を堕とすことになってしまった…
守るためだったんだから仕方ないと自嘲する青田坊が切ない(汗)
自分を取り戻した青田坊は張り手一つでしょうけらを倒す!!
畏を解放した青に一撃で…あっけなかった感じですね(苦笑)
なんとしてもこの場を守ると秋房と共同戦線を張ることに!

自分の親となってくれた酒呑童子を殺された茨木童子は羽衣狐の配下に…
…というか晴明@小山さんてキャストが出ちゃってるので鵺の正体がばればれじゃ(ぁ)
そのときに亡骸を切り刻み自分の左頬に埋め込み共に目指した鬼の世界を作るまで、
亡骸を埋め込んだ場所を墓場にすると心に決めた…
この卒塔婆が外れると茨木童子の真の力が発揮されるということで(汗)
本来の力を取り戻し鬼太鼓乱れうちから救出した毛倡妓の髪を切断!!
生き胆が届くのが遅いと痺れを切らしてやってきた鬼童丸に背後から貫かれてしまう!
二人とも絶体絶命のピンチのところで封印をやり直したゆらちゃんと秀元が登場!
鬼童丸を正面から挑発するゆらちゃんを褒める秀元が面白いw

鞍馬山で修行を続けるリクオサイドはまだまだかかりそうで…
それにしても天狗に刀をつきつけられた凄いシーンで終わりましたね(苦笑)
個人的には修行シーンは別にして首無や青の過去をもう少しやってくれてもよかったかなと

『ある義賊』
まさかこれも映像化してくれるとは!
まだ人間だった頃の首無と毛倡妓の話ですね…
義賊として金持ちの屋敷に盗みいり、金をばらまいていた首無
常連の花魁さんもいつか捕まるんじゃないかとそのことを心配していたようで
このときは毛倡妓は紀乃という名前で禿だった…このときからの繋がりなんだなぁ
ちなみに小説版では二人のエピソードががっつり見られますよ♪
確か内容が一部アダルトだったので本誌では掲載アウトになったんですよね(笑)

ぬらりひょんの孫 京都夢幻夜話 (JUMP j BOOKS)

次回「百鬼纏う御業」

テーマ:ぬらりひょんの孫 - ジャンル:アニメ・コミック
ぬらりひょんの孫    Comment(4)   TrackBack(12)   Top↑

2011.10.23 Sun
ベン・トー 第3話「大盛りチーズカツカレー 1080kcal」
『無事初の半額弁当を手に入れた佐藤。そんな折、佐藤と白粉は剣道部に所属する山原から「ダンドーと猟犬群」に入らないかと誘われる。「ダンドーと猟犬群」とは、剣道部顧問の壇堂とその部員たちによる半額弁当の奪取を目的とするチームであり、二人は一度そのチームに参加をすることになった。そして、山原たちと共に半額弁当の奪取に成功する。しかし、おいしいはずの半額弁当を食べて佐藤はある違和感をもつ。』


今日も相変わらず梅に酷い仕打ちをされてる羊が理不尽ですね!
教室でパンツ一丁ににされて携帯がどこにあるか確認されてるのを
見て同士だと妙に嬉しそうな内本も迷惑すぎるw
というかそんなに羨ましいなら変わってあげればいいのに(ぁ)
それだけじゃ飽き足らず全裸にして確認するとか若干気分悪くなったのですが(汗)
どうも梅のやることって一線越えててどうなのかと思うことが多くて困ります…

ボロボロになって部室へやってきた羊の制服を直してくれる槍水先輩が優しい♪
あれだけいつも弁当戦線に出てるのに裁縫得意だったりと女の子らしい一面もあるんですね!
半額の寿司の取り扱いについて話されたけど、
裸なせいで集中できない羊に呆れて制服を窓の外に放り投げた槍水先輩!!
せっかくやってくれてるのに中途半端に受け答えしてるからですよねw
花から説明を受けたことで一応納得したと槍水先輩に謝りに来た梅
やっぱり花から言われたことだけはちゃんと聞いてくれるんですね
弁当争奪戦に参加したのは小説のために必要なこと…って花のかいてる小説ってB/Lなんじゃ(笑)
本人が納得してるなら口出ししないけれど無理強いはしないで欲しいとのことだけど、
羊に暴力振るったことも間違ってたんだからちゃんと謝って欲しいですよね!

生徒会役員になったため二人の入部も受理されHP同好会も存続――…
正式に部として認められたということだったけど、今日は生徒会で一斉ゴミ広いをしている
落ちているゴミを集め焼却炉で燃やすことになっているのだとか
ってさきほど落とされた羊の制服も対象ってことになってしまっている…
いや、いくら汚れて落ちてたとはいえかりにも制服だし名前も書いてあるだろうに
確認せずゴミとして廃棄するってそんなことありえるのかなと気になったり
下手したらまた入院沙汰なのに凄かったねで済ます花もどうかと思うし…
…それで冒頭の焼却炉に少年が飛び込んだ噂に繋がるというわけですね(苦笑)

頭角を現し始めた羊たちは剣道部の顧問率いる『ダンドーと猟犬群』にスカウトの話が!
将来性を見込んで仲間にならないか…自分達の勝運も高まると試しに参加してみないかと
弁当もちゃんと補償されるとあらば一度はやってみない手はないですよね
ジジ様が裏手に入った瞬間、一斉に押し寄せる犬を押し避け道を作る猟犬群!
統率された完璧な連携で戦うことなく弁当にたどりつけた羊も花も簡単にゲットしちゃいました
それに弁当を手にしたものは攻撃できないルールもあるから完全勝利――
とはいえあっさり手に入れられた弁当は前回のものほどおいしいと感じられなかったようで…
やっぱりこう、自分で汗水流して手に入れてないから違うんですかね
狼ではないけど徒党を組めば狼相手でも苦労することないし情報も多く入る…
でも、狼の上位レベルが集団でやってきたら勝ち目はないのではと思ったり

渋っているとはいえ、弁当の誘惑には勝てない…まだ見込みはあると余裕の山原
一方で、猟犬群に誘われたことは槍水先輩にも打ち明けることに
「期待してたほどおいしいと思えなくて…」
チーズカレー弁当は昔から人気のあるものだしうまくないわけない、けど違和感が拭えないと…
以前の部長、金城先輩が半額弁当は販売方法も含めて最高の料理の一つだといっていたそうで
この言葉の意味がわかれば己ずと答えは出るはず…
槍水先輩はどうして羊がそう感じたのか理由はわかってたみたいですね!
それにしても、槍水先輩が食べてる角煮弁当もおいしそう♪
拒否するといったものの二人の視線に負けてわけてあげたり、やっぱり優しいなぁw
先輩にあーんしてもらって食べた羊はなんてラッキーなことかと(笑)

それにしても花は言葉の意味を勘違いしすぎなんじゃ…
どうやってもそっち方面にもってきたいんですかね~ちょっと大袈裟すぎかと
勘違いしてるから思いっきり羊にも怒られてましたね!
その後も猟犬群と一緒に弁当を手に入れたりはしたけれど達成感は得られなかったようで
雪山のスーパーまで遠征とか、残り一つに十人が群がった弁当をゲットとか先輩の武勇伝が凄すぎて…弁当一つにそこまで体張りますか(笑)
自分が得意なゲームに見立てて話をしていた羊は何が足りなかったのか気づくことに…!!
強い相手を倒すことで燃えるし一目おかれれば二つ名がつく――ゲームも弁当争奪戦も一緒だと

「狼たちと死に物狂いで争って勝ち取った弁当の味 涙が出るくらいうまいってことを!!」
猟犬群と一緒に参加した争奪戦だけど、目の前の弁当をとらず盾になっている壁を壊した羊!
安定したぬるい関係よりも自ら挑戦して勝利を勝ち取るわけですね
ジャージを脱ぎ捨て颯爽と立ち回る羊がかっこよく見えました♪
それにしても羊がいきなり強くなってるように感じるんですけど!?
軍隊として行動すれば弱者も強くなるという山原にどれだけ増えても犬は犬だとか
言うこともやることも変わって狼の矜持を熟知してる感じになってきましたねw
最後にやってきたダンドーの一発を受けながらなんとか弁当をゲットした羊と花
実質花はほとんど何もしてないで隙をついただけですけどね(苦笑)
生徒だけならまだしも教師が直接殴りこむ…っていいのやら~

昔から変わってると言われ苛められてたという花だけど、
槍水先輩や羊は普通に接してくれるから二人にあえて嬉しいしHP同好会のメンバーでよかったと、花にも暗い過去があったりしたんですね…
イジメは別として、まわりと打ち解けられなかったのは本人にも原因がありそうな(苦笑)
梅がやたらと花に接触する相手を敵視するのはこういう背景があったらでしょうか?
…ってそれにしてはあまりにもやってることが過激すぎてついてけないですがw

「お前たちにとって半額弁当はただの売れ残りの古い弁当か?」
もっとそれ以上のものだと自信を持って答えた二人に部室の鍵を渡した槍水先輩
これで正式にHP同好会の部員として認めてくれたということでしょうか
やはり苦労して手に入れたものは格別の味ということに気づけたということで(笑)
バトルはカッコイイんだけどどうしても笑ってしまうんですよね
今回はいつもより気になる部分が多かったのですが、槍水先輩が安定してるのでいいかなと♪
…細かいとこを気にしなければホント面白い作品ですよねw
次からはまた新キャラも出てくるみたいなので楽しみです!

次回「豚肉生姜焼き弁当 852kcal」

http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63265242.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/-02-1080kcal.html

テーマ:ベン・トー - ジャンル:アニメ・コミック
ベン・トー    Comment(0)   TrackBack(38)   Top↑

2011.10.23 Sun
Fate/Zero 第4話「魔槍の刃」
『倉庫街でランサーと対峙したセイバー。
両者間の緊張が高まる中、闘いの火蓋が切って落とされる。
英霊同士の戦いを初めて目の当たりにするアイリスフィールは、その壮絶さに圧倒される。
一方、両者の戦闘を見張りつつ敵マスターの動きを探る切嗣と舞弥だが…』


対峙し挑発しあう二人を固唾を呑んで見守るアイリ
ってランサーには女性を魅了する魔力があるんですか(苦笑)
…セイバーには全く通用しなかったみたいですけど
とはいえ騎士道に通じ誇り高い部分にはセイバーも共感するところがあったようで
最初の相手がランサーだったのはセイバーにとっても幸運だったのかもしれないなと
剣を受けるごとに衝撃波で瓦礫が舞う描写もカッコイイですね!

ランサーのマスターを発見するため、密かにあたりを探索していた切嗣と舞弥
丁度上から見下ろせる位置にあるクレーンが怪しいのではないかと推測し行動に!
お互い間合いを読みながら戦いを繰り広げていたけれど、宝具を警戒してか極端に踏み込めず
二本の槍のうちどちらが宝具なのか見極める…って二本ともって可能性もありますよね(汗)
聖杯戦争の勝敗は真名を知られるかどうかでも左右されるってことなんですかね
相当な腕の槍使いというだけでは見当がつけられず推測しながら戦うことになるセイバー
二槍の連携攻撃を受け流すセイバーも凄いけど、見えない剣を交わすランサーも凄いなぁ
どちらも一歩も譲らないバトルで凄い迫力ですね!!

スコープで監視していた切嗣は、ランサーのマスターを発見したようで
始末しようとしていた矢先、目に入ったのは消失したと思われたアサシン
というかこんなにわかりやすい場所で姿晒しちゃっていいのかな?
諜報に長けてるといってたので感知されないように見張るのかと思ってましたが(苦笑)
それにしても、アサシンを経由して他のサーヴァントのステイタスも読み取れるんですね
セイバーの方が能力値が上ということでいってましたがこのあたりの情報も気になるなぁ
セイバーのマスターがアイリとわかった時臣は意外そうだったけど、これで誤魔化せたのかどうか…
聖杯戦争の重要な鍵となるため決して目を離さないようにと指示を出す時臣

ともかくケイネスを始末することを中断し、アサシンにも警戒を向ける切嗣
もしこちらから襲撃したとしてもサーヴァントに対応する備えがないということですか…
実力を認め賛辞を呈するセイバーとランサーもかなり気が合いそうなw
しかしここで勝負を決するようにと宝具の開帳を命令するケイネスの声が響く!
短槍を投げ捨て、長槍だけに持ち替えると色が赤く変化!
束ねた風の魔力で剣を隠したままなのか…剣の存在で正体がばれちゃうからですよね(汗)
勝負を決めてみせると受けて立つセイバーだけど、槍が触れた瞬間風の結界が解れてしまう!?
途中槍を回転させてるランサーがかっこよかった♪

結界が破れたことで刃渡りや間合いの距離も確認されてしまったようで(汗)
まだ応じようもあると肉を切らせて骨を発つ戦法に出るセイバー!
しかし逆に見切られ自分だけが深手を負うことになってしまい…
この傷はアイリによって治癒されたけどホントハラハラしますね
鎧で防げたのになぜ攻撃が届いたのか…鎧を破壊することなく生身だけ傷つけたということで、
ランサーの槍は魔力を断つ能力、魔力を下にしたものは意味がないということですか

通じないとあらば瞬時に鎧を解き身軽になったセイバーはスピード勝負でしょうか!
鎧を捨て大勝負に打って出る勇敢さを認めたランサーは、それが失策になると…
光の斬撃を放ち挑むセイバーだったけど、短槍を拾い上げたランサーが斬りかかる!!
宝具かどうかわからなかったとはいえこれはどう対処すべきか悩みますよね…
そして見事にランサーの策に嵌ってしまい再び傷を負うことに(汗)
一方、見守っていたライダーはこのままだと脱落しかねないと仲裁に入ることを決めたようで
挑発に乗って出てきたサーヴァントを纏めて全員相手にするつもりだったのか(苦笑)
二人が共倒れになるのを狙っていたウェイバーからしたら唖然としちゃうかと
能力に感心したランサーは二人を自分の陣営の傘下にしようというところなのかな?
あはは、こういう破天荒なところもホント面白いし他のサーヴァントと違いますよね!
一人置いていかれそうになって連れていけバカ!!と叫ぶウェイバーのヘタレっぷりがw

魔力を打ち消す長槍に対し、短槍ゲイ・ボウは治癒を不可能にする呪いの能力を持っている…
アイリの力でも治癒することは不可能…宝具とその魔力からランサーの正体を暴いたセイバー!
輝く貌の異名を持つフィオナ騎士団のディルムッド――これがランサーの真名なんですね
ってまさかケルト神話の人物が出てくるとは!
そしてセイバーが誰なのかわかったランサーも光栄そうでしたね
片腕でも支障はないと気迫を込めるセイバーがカッコイイなぁ♪
両者の間に割って入り戦いを中断させたライダー、いきなり真名を名乗っちゃってるんですけど!!
それだけ自信があるんだろうけど、振り回されるウェイバーもちょっと可哀想だなと(笑)
ウェイバーとライダーのコンビが入ってくるとなんだかシリアスな空気も飛んじゃいますw

次回「凶獣咆哮」

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック
Fate/Zero    Comment(2)   TrackBack(76)   Top↑

2011.10.23 Sun
WORKING'!! 第4話「マンホールスパイラル」
『店のものを食べてしまった杏子を連れ、買出しに出かけた八千代。その途中、マンホールから突如女性が現れた!驚く二人だったが、八千代はその女性の正体に気づき…?』


お腹がすいて我慢できない衝動でパフェの材料を全て食べ切ってしまった杏子さん
丁度休憩中だからと八千代さんが一緒に買出しに行くことになりましたが…
出くわしたぽぷらがストレス発散にヤツアタリされることになってるのが(苦笑)
いくらなんでも椰子の実つきとは~…似合ってて可愛いですけどw
でもいつものこととはいえさすがに空になるまでは食べすぎですよね
杏子さんの中には小さい店長がいっぱいで常に空腹なのはその呪いって~
小さいと聞いて真に受けた小鳥遊が完全に喜んでるんですけど!…小さければなんでもいいんですか(笑)

それにしても、小学生の身の回りの世話をしてもらう高校生って(苦笑)
助けてもらったから懐いたとはいえスカーフ直したり、パンを分けたり…なんというか凄く色々言いたくなる光景ですよね、子供の頬っぺたはおいしそうとか考えてる杏子さんがw
買出しへの途中、マンホールから出てきた謎の女性と遭遇した二人!
道に迷ったから教えてほしいというものの、情報が公園の近くに家があるとしかわからず
というかそもそもなんでマンホールから出現したんだろう!?
ずっと家に帰れず夫も心配しているというやりとりから心当たりのある人物にたどりついた八千代さん
ってこの人が噂の音尾さんの奥さんってことですか!!

一生懸命伝えようとするけどテンパって伝えられず~
八千代さんて人見知り激しくて初対面の人だと緊張してうまく話せないんですねw
抱きしめて落ち着かせようとしてるけど思いっきり逆効果だし、教えないといけないと思いつつ
音尾さんに知らせたら捜索の旅は終了してワグナリアにお土産を持って帰ってくることもない、
つまりは杏子さんのお目当てがなくなって悲しむということで葛藤してる様子が(苦笑)
混乱している八千代さんに心が落ち着くからと服の下から牛乳を取り出したー!!
…いくら買ったばかりでもそんなところに隠してた牛乳はちょっと受け取りづらいですw
なんでも牛乳を買うために出かけたら迷子になってしまい、帰宅できたときのためにスーパーにたどりついたら常に購入してるのだとか

思った以上に優しい人だったのと、やはり大切な人と一緒にいられないのは辛い…
思い返して声をかけようとするけど既に忽然と消えていたようで結局連れてこられなかったと
買い物から帰ってきてもショックで落ち込んだのか様子がおかしくなっちゃいましたし
というか山田が音尾さんの写真飾ってるけどそれじゃ完全に遺影ですー!!(苦笑)
自分のせいで…と不在の音尾さんに謝る光景を見た山田がついに音尾さんを手にかけたと勘違い
相談された佐藤君が直接訊ねるけど…今度は八千代さんから自分のことを好きかと聞き返される!
…頑張って答えたのにまあまあ好かれる価値もない人間だと卑屈になって逃走しちゃうし
それを見ていた伊波ちゃんも興味津々に!!年頃の女の子って感じですねw

八千代さん、杏子さん、佐藤君で三角関係!?とハラハラしつつ見守ることに
しかも偶然相馬君と話しているやりとりを聞いて佐藤君が八千代さんに片思いしてると知ってしまい…
偶然とはいえ完全に相馬君が仕組んだとしか思えないタイミングでしたねw
報われない恋だと知って涙ぐむ伊波ちゃんを見て今度は佐藤君が泣かせたと誤解したぽぷらは
はさみとテープで糸電話を作成し謝るようにと強制!!(苦笑)
強く引っ張ったらすぐに外れてしまったということで結局相馬君の電話を借りて話すことに
自分が直接原因じゃないのに気にかけてくれたり、なんだかんだと面倒見いいですよね~

もしまわりに話したら、伊波ちゃんが小鳥遊を好きなことをばらすとも言われちゃいましたw
ってそういえば山田は伊波ちゃんが誰を好きなのか知ってましたよね
とはいえ伊波ちゃんもこの状況で頑張ってくださいとか~
本人に気づいてもらえてないのは伊波ちゃんも同じなんですけどね(苦笑)
佐藤君の場合、本人が聞いてたとしてもはぐらかされちゃいそうですが…
報われない恋という共通点で同情した伊波ちゃんは翌日から佐藤君を常にガン見してるし!!
哀れみの視線が送られることにあまりにウザイとイライラしてる佐藤君がw

そして今度はもしや伊波さんが佐藤君のことを…と小鳥遊が思う展開へ
あはは、なんだか面白い図になっちゃいましたね!
殴り続けることにより男嫌いが緩和され惚れたけど何か釈然としないってw
実際佐藤君はかなりモテそうですよね、イケメンだしぶっきらぼうに見えて実は優しいし♪
肝心なところで押しが弱い…と余計な一言追加して空き缶投げられた相馬君が(苦笑)
最近伊波ちゃんがやたらと佐藤君を見てるから気になると打ち明けた小鳥遊
人並みに恋愛ぐらいするとかさらっと酷いけど、もしそうだとしたらイラっとすると!
途端にキラキラして嬉しそうな相馬君が鬱陶しい(笑)
ただ気になってるのは躾けた犬が別の相手に懐いてしまったというジェラシー!?
…相変わらず伊波ちゃんのことは犬扱いなんですねw

失恋して男嫌いが悪化する前に確かめてみたほうがというアドバイスに従い質問することに
好きな人がいるから諦めた方がいいといわれたけど、ここで小鳥遊が勘違いしてたことが発覚!
佐藤君じゃないけど別にいる…と言われてショックな小鳥遊の反応がなんだか…?
まさかその相手が自分だとは全く思ってないようですが、これだけ衝撃だったってことは
少なからず伊波ちゃんのことを異性として意識し始めたんじゃないかと思ったり♪
小鳥遊が伊波ちゃんのことも可愛いと思える日は来るのでしょうか(苦笑)

戻ってきた音尾さんにも斬りかかることなく挨拶だけした八千代さんに違和感がw
って早速かぎつけた山田が養子縁組の書類を要求してきたり、大変だなぁ
「俺はお前のこと嫌いになったりしない!」
もし本当のことをいったらみんなに嫌われると悩む八千代さんに叫んだ佐藤君がカッコイイ♪
普通のシチュエーションだったら思わずキュンとしちゃうんじゃないかとw
あと他のメンバーも…と追加しちゃわなければ告白にもなってたのに残念でした
立ち聞きしてた相馬君にはヘタレ扱いされてるし
でも八千代さん相手だから情けなくもなってしまうし弱いとこを見せちゃうんだろうな~

音尾さんの奥さんを取り逃がしたということで、一応報告にいくと起こられることはなく…
出現の度合いがつちのこと同じって神出鬼没すぎるww
お客さんのクレームぐらい言われると思っていた八千代さんに、自分達は客ではなく仲間だと!
ホント仲間思いで特に八千代さんには甘々ですよね♪
これで全く八千代さんには意識されてないんだから…可哀想すぎる(苦笑)
なんであの場で押し切らないのかとツッコミした相馬くん、中華鍋で殴られそうになってたw
山田の養子縁組攻撃から逃げるために早々にワグナリアを出発した音尾さん
背後でマンホールから顔を出してたのは…もしや奥さんですか!?
とはいえまだまだ奥さん捜索の旅は時間がかかりそうですね

次回「ワグナリアの巨大な胃袋」

テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック
WORKING!!    Comment(0)   TrackBack(56)   Top↑

2011.10.22 Sat
バクマン。2 第4話「テコと我慢」
『『TRAP』2話の本ちゃんは8位だったことから連載打ち切りを心配する最高と秋人。そんな二人に港浦は「18,9位にならなければ大丈夫」と断言するが、二人の危機感は拭いきれない。連載会議当日、福田、蒼樹&中井の連載と、『TRAP』と同時に連載が始まった『チーズおかき』の終了が決まった。それを聞いた秋人は、テコ入れをして7話目のネームを変えると言い出すが、港浦は「今の順位をキープして、しっかりとした推理モノとして定着させるべき」と譲らない。激論を交わす港浦と秋人を前に、最高はエイジのある言葉を思い出す。最高が導き出した答えは!?』


二話目の順位が下がり、3話目はさらに下がるのではと不安になるシュージンとサイコー
チーおかのようにならないかと気になるのも無理はないですよね
もっと下位にならない限り100%安全とはいわないにしろ打ち切りにならないと言われ
それにさらに新連載が始まったら打ち切りにならない順位でも危険じゃないかと…
港浦さんに頼りないところがあるから余計…っていうのもあるでしょうね(苦笑)

実際3話目の連載は9位とさほどおおきな差は開かなかったようですが、
9位で安心してるところには服部さんも口には出さないけど危機感を抱いてるし
担当本人がそういうところに気づかないといけないとは思うのですが(汗)
速報を聞いてさらに焦りが募り始め、サイコーから次のネームを変更した方がいいのではと
今後の結果次第で打ち切りもあるかもしれない…推理ものはボリュームがないと読み応えないし、今までどおりでいいと港浦さんに言われたこともありそのままでいったほうがいいとシュージンは思ってるわけですが、高浜さん曰く港浦さんのことはあまり信用しない方がいいとのこと
手塚賞の最終候補どまりで目にかけてもらい、指示どおりのネームで作った原稿三作品が月例賞にも入らなかったそうで…まだ経験も浅いし楽観的すぎるから基本的に信用してない様子で(苦笑)
だからこそ自分のやりたい作品で勝負しようと思ってるようですね!
まぁ今後高浜さんと港浦さんも色々とあったりするわけですが
とはいえペン入れもあるし今からネームを変更してやり直す時間も限られてるんですよね

刑事に近い人物に追われてるから匿ってほしいとエイジの仕事場へ逃げ込んできた平丸さんがw
あはは、また仕事場…というか吉田氏から逃亡してきたんですね!!
しかもそこで毎週19ページも描く連載陣のやることが人間業じゃないとか~
平丸さんの場合、嫌いな会社づとめから逃れる手段として選んだわけだけど、実際に
やってみたら予想以上にハードで普通に土日休みの会社員のほうがよっぽど楽と気づいたと(笑)
そもそも漫画に対する知識が全くなく飛び込んだ世界ですから無理もないですけど
そもそも漫画家にそんなに休みがあるって思ってたほうが不思議ですがw
好きじゃない仕事じゃないし自分は好きだというエイジにとってはホント天職ですよね!
漫画が好きなわけじゃないし仕事にするにはあまりにも辛いと愚痴る平丸さんは辞めるのを止めないエイジにあれって感じだったのが…って止めて欲しかったんですかね?(笑)

このやりとりを聞いていた福田さんが連絡して吉田さんが連行迎えに来たー!!
近くで延々鬱屈した言葉で漫画なんか嫌いとか言われてたらイラっとするかとw
連載を狙ってる福田さん達からしたら迷惑でしかないということで一喝されることに(笑)
…あ、でもこれでまたネガティブになってネームのネタも生まれるのでは(コラ)
帰りながら漫画を描けばいいと諭されてる平丸さんの背中が哀愁漂ってましたね
なんだかんだで吉田さんと平丸さんてホントいいコンビだと思います!
同情してるエイジと対照的に全然可哀想じゃないと声が揃ってる福田さんと中井さんがw

連載会議が終わったあとの報告で、キヨシとハイドアの連載が決定したとの報告が!
うわあ、福田さん嬉しそうだなあ、ホントよかったです~
でもホントジャックを変えてやる!!といき込んでたメンバーが連載って凄いなと
二人の連載が決定してエイジも負けないとさらに気合を入れてたりいいライバル関係で!
…てか蒼樹さんとの薔薇色ライフを期待してる中井さんはさくっとスルーしたいw
嬉しい反面、こうなってくるとTRAPの順位はますます不安になりますね…
金未来杯で競い合ってただけに二作品の内容は十分わかってるしそれに拍車をかけてとなると~
そしてチーおかはついに連載終了になってしまったようですし…これはまた(汗)

この状況にシュージンが七話目のネームを変更すると言い出した!
アニメ化が目標なのにこんな順位じゃ絶望的だと苛立つのも無理はないですが
何より他のライバル作品に負けたくないと、そのためにはネームを変えるのが一番なのか…
港浦さんに電話しネーム変更を伝えると約束と違うからということでびっくりされ
編集部でも声を荒げてやりとりするから何があったのかと注目されることになってしまい(苦笑)
連載会議で終了候補にはあがらなかったけど、危ないのは次あたりから…
打ち切りにならないようにするのが編集の仕事だと相田さんにもビシっと言われることに
というか担当が右往左往してたらそれこそ作家にも示しがつかないですしね!

自分ならテコ入れするという雄二郎さんに対し、吉田さんは確実に地盤を固めた方がいいと
何話かけても面白いトリックと推理をやれば必ず票が入る…一話完結にして様子をみるとトリックがチープになって台無しになるとも言ってたり吉田さんて他の作品のこともよくわかってますよね(笑)
二人の意見が真っ向から対立してるから余計わけわからなくなって混乱してる港浦さん
いつのまにか吉田さんと雄二郎さんの言い合いになって二人を仲裁するはめにw
瓶子副編にも自分に自信を持つよう叱咤されることになっちゃいましたね
実際自分でもどうしていいかわからなくて葛藤してる部分もあったんじゃないのかと(苦笑)
一方、二人が逸って変な選択をしなければいいと心配してる服部さんも…

連載決定を祝うため福田さんと中井さんに電話をかけたサイコー
こんなときでもTRAPの順位を心配してる福田さんはやっぱり頼もしいなぁ
ってキラキラ輝いてる中井さんは…何か別のこと期待してないですか?(笑)
そんなとき、エイジに代わりTRAPはジャックっぽくなくて凄くいいと褒めてもらい
シュージンの話はよくできているとまで言われてどういうことなのかと考えることに…
なんだかんだとエイジの言葉って的を居たものが多いですよね

翌日、書き出したアイデアを見たものの、ジャックっぽいとなると王道ものになってしまうのか
指示どおりのネームがいいと判断した港浦さんは、変更する必要はないと言い切る!
本ちゃんも9位なら十分だし、下手に動いたら失敗してしまう…
上を狙うよりも順位をキープすることを中心に考えるべきだと
しっかりした推理ものとして定着させ読者にイメージを植え付ける…
本来は教えるべきものじゃなかったアンケートの結果が明かされるようになり、それを聞いて左右され失敗した新人作家を何人も見てきたのだと…
アンケートがあるなら結果は知りたくて当然、そのせいで…ということのようで
結果を気にするあまり本当に自分が描きたいものを見失ってしまっているのではないか――
そもそもアンケート至上主義とか人気順掲載とか色々気になるところもありますけどね(苦笑)

ここで無理にテコ入れしていきなり路線を変えるよりも安定感を選ぶべき、
連載した以上できるだけ長く続いてほしいし、それがTRAPと二人ののためでもあると
昨日の連載会議後のやりとりが影響して説得するためにしっかりした感じになってましたね!
高浜さんに言われてできない人と思い込んだサイコーも冷静に見てくれてるとわかったようで
漫画は博打で何もしないよりは失敗した方がマシだというシュージンにこのままいくと…

「漫画家って仕事は博打でも連載されてからは博打じゃないのかも
博打だったとしてもシュージンのいってるのはヤケクソ…
博打でもなんでもヤケクソになったら負けだ」

今回は港浦さんの言ってることの方が正しいと言い出したサイコーは
順位ばかりを気にして大切なことに気づいてないとシュージンに伝えたかったのかな
何よりシュージンのネームは面白いし、エイジがいってたようにこのままでいいのだと
ジャックらしくはないけれど他の雑誌では成功例があるし、読者にわかってもらえれば…
自分達から読者を引き込むための努力すればいいと気づいたようですね
これでシュージンも同じように今までのスタイルを続行すると落ち着くことに
この先のTRAPに迷っていたところ、エイジの言葉に救われたと連絡したサイコー
結局港浦さんが言いたかった事はサイコーが言っちゃったわけだけど、自分達から気づいてちゃんと自分達の進む路線が見えたんだからよかったなと
ただこのままだと危ないのも事実とまだ問題は残っているようでどうなっていくのか…

次回「ボケとニュース」

テーマ:バクマン。 - ジャンル:アニメ・コミック
バクマン。    Comment(0)   TrackBack(22)   Top↑

2011.10.22 Sat
Persona4 the ANIMATION #03「We are friends, aren't we?」
『マヨナカテレビに映った雪子の姿。
失踪した雪子を救う為、悠は陽介・千枝と共にTVの世界へ向かう。』


ペルソナ能力は心を御する力、心とは絆によって満ちるもの、
魔術師のアルカナは絆によって育つ力
友情が芽生えたことで発動するということなんですね!
冒頭のベルベットルームで説明してくれるのでわかりやすいです

小さい頃、拾った犬が家で飼えないと泣いていた雪子に話しかけた千枝
何とかして励まそうと変顔したりとこの頃からサバサバした性格だったんですねw
そんな雪子がマヨナカテレビに映り、まだ学校にも来てないことで心配に…
もしかしたらテレビの中に…と思ってしまうのも無理はないですよね
連絡が来ないのも家の手伝いが忙しいだけかもとフォローしてくれる悠も優しいなぁ
旅館に確認しにいこうとした矢先、雪子本人から電話がかかってきたようで
団体客の予約が入り忙しくて連絡できなかったと確認できて一安心
しかし雪子じゃないとするとテレビに映っていたのは誰なのか…

休んだ雪子のためにノートをとってあげた千枝
字が汚いとかいらない一言で制裁を受ける陽介が相変わらずすぎるw
悠をバスケ部に誘ってきた一条も今後何か関係してきたりするんですかね?
とりあえず三人はジュネスに向かったけど、土曜日でお客さんが多く
簡単に中に入れないということで手を入れてクマを呼ぼうとすると…いきなり噛まれた!!
淡々と泣けてきたとかいう悠は全然痛そうに見えないんですけどw
って丁度クマがすぐそばにいたようですね!寂しんボーイって口癖ですか??(笑)
今現在中には誰の気配もないということだけど、だとしたらどうして画面に映ったのか…

その夜、確かめてみるとテレビにはまるで別人のようにレポートする雪子の姿がw
いつもの大人しい雪子を知ってるとギャップに困惑しちゃいますね
もしやこっちが本来の…というかこういう風になりたい願望があったりするのかな~
にしてもこんなの見たらびっくりしちゃいますよね!
それなのに、録画しとけばよかったって悠の反応が冷静すぎて面白いよ♪

出かける準備をした悠に留守番ができると見送る菜々子ちゃんがいい子だなぁ
父親も仕事に出かけていて寂しいだろうに、ちゃんと家事をこなして…
愚痴とかも言わないし年齢以上にしっかり者ですよね!
翌日、ジュネスで待ち合わせしていたところにバックヤードから刀を持ち出してきた陽介が(苦笑)
偽物とはいえ大勢のいるとこで振り回してるから目をつけられて警察に連行されることにw
やってきた千枝からしたら何がなんだかって感じになっちゃいますよね…
ため息つきながらも付き合う悠は友達思いだなあと(苦笑)

二人が堂島の甥とその友達ということで厳重注意ですんだようで
追いかけてきた千枝から雪子が行方不明になったと知らされることに
家族から捜索願も出ているということで思い当たることがないかと聞かれましたが、
事件の最初の犠牲者、天野アナが宿泊していたのが雪子の旅館であり、
酷いクレームをつけたせいで女将さんがストレスで倒れてしまったのだと…
行方不明になった雪子は姿を隠したのじゃないかと容疑者として疑われてるということか(汗)
…というか一般人にこんな内部の情報話すのもどうかと思いますが(苦笑)

助けるためにもと三人は再びテレビの中へ!!
マヨナカテレビに映った場所にたどりつき、一目散に千枝が危なっかしいです…
千枝はメガネをかけてないし他のことなんて考えてないからシャドウが見えてないし
サポートするためにペルソナを召喚する悠と陽介!
初めて見ましたが陽介の召喚シーンもカッコイイですねw
二人で協力してシャドウを倒していく連携も見応えがありました!
陽介のペルソナはジライヤっていうんですね、剣を使うイザナギと違って直接攻撃タイプかな?
頑張って応戦してるのにクマにはまだまだだとか言われてたり呼び捨て扱いなのが(笑)

先を急ぐ千枝が次の扉を開けると、その先は雪子の部屋と同じような場所
雪子という名前が嫌いで自分には旅館の跡継ぎ以外価値がないという雪子
そんな雪子に赤が似合うといってくれた千枝は何でもできて羨ましい、
ないものをもってる千枝と比べたら自分は…と続ける雪子は劣等感を抱いてたんでしょうか
しかしその声を遮るように現れたのはもう一人の千枝!
色白で美人、男子にもモテる雪子がたまに卑屈で見てくるのが嬉しかった…
一人じゃ何も出来ない、絶対に自分の方が上だと今回も追い詰めてきましたね(汗)

見ないふりで抑えつけるのかというもう一人の自分を否定する千枝!
千枝の負の感情に影響されてか大量のシャドウも出現!!
狙われる千枝を助けようと真っ先に飛び出した陽介とそれをフォローする悠
って陽介も助けたのにカッコイイといわれてるのは悠だけだし(笑)
シャドウの攻撃に巻き込まれ、拘束されてしまった陽介!
一人じゃ何もできないのは本当は自分…頼られているから手放せないのが本音なのか…
本当はまわりににチヤホヤされる雪子が羨ましくて仕方がなかった反面、頼られることで優越感を感じていたのだと――…

「本音、結構じゃねえか」
「それでも友達なんだろ?」
一瞬折れそうになる千枝を奮起させたのは陽介と悠の言葉!
そんなところも千枝の一つだと認めてくれてるんですね
ずっと見ないふりをしてきたけれどこれも自分自身なのだと受け入れようと…!!
それを阻止しようとするシャドウが反撃してきたけど、そんな時マーガレットの言葉を思い出した悠は絆ができたことにより、新たなアルカナ複数のペルソナを操れる力、ワイルドを手に入れる!!
って悠の場合は複数のペルソナを所持できるんですね!!これが特別な力ってことですか!
悠のアルカナはワイルドカードみたいなものってことなのかな?

ジャックランタンに変更し、陽介を助けると連携の遠隔攻撃でシャドウを撃退!!
二人同時のカットインもかっこよかったです♪
自分を見つめなおしたことで受け入れられた千枝のおかげでペルソナに昇華…
これからは千枝も戦いに参戦することになりそうですね!
早くしないと雪子のことが手遅れになるかもしれないのに、
身体が言うことを利かず情けなくて悔しいという千枝に千枝の力が必要だと
これからはペルソナだってあるんだし協力して戦っていけばいいんですよね
そして、雪子が拾った子犬は千枝が育てていたようで…大型犬だったのか(笑)
雪子のことは次回で解決…ということになるんでしょうか
新しく悠の能力もわかったところで次からのバトルも楽しみです!

次回「Somewhere not here」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/persona4-the-animation-03-we-are-friendsarent-we.html

http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/blog-entry-2352.html

テーマ:P4 - ジャンル:アニメ・コミック
ペルソナ4    Comment(0)   TrackBack(8)   Top↑

2011.10.21 Fri
輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」
今回から新OP!!
ラストの三人がそれぞれ別の場所に向かってる感じなのが気になる…
…眞利はやっぱりラスボス的な立ち位置なんですかね?

商店街の福引で温泉旅行をあてた友人と旅館へやってきていた晶馬
せっかく遊びにきたのに浮かない表情をしている晶馬を元気付けようと誘ってくれたのか
あのあと、さすがにキツクいいすぎたと晶馬も後悔していたようで…留守電メッセージの意味深な言葉に気になってかけ直してみると苹果がとんでもない状況に巻き込まれていると!!
って苹果はこういう状況になるだろうことをわかっててついてきてたんでしょうか(汗)
大人の会談を上ろうとする苹果を止めようと必死な晶馬の自分ツッコミが面白かったw
電話口と友人が聞いてる台詞が同じだと知り…苹果が隣の部屋にいることを知る!!
…先週晶馬が駆けつけたらいいなとは思いましたが、まさかこんな都合よく展開するとは(苦笑)

慌てて駆け込み助けようとするけど、空の瓶に躓いて頭を強打し気絶しちゃう晶馬がw
あはは、あと一押しというところで失敗しちゃいましたけどこういうのも晶馬らしいかも(笑)
お姫様を救う王子様のような情熱、
ありのままの自分を見て欲しいと相手に求められる無邪気さがあればよかったと――
ここからはゆりさんの過去がわかるシーンでしたね…
有名な芸術家だったゆりの父親は毎日いくつもの彫刻を制作していたようで
美しいものが好きと素直に頷くゆりさんに面と向かって醜いと罵倒した父親があまりにも酷い…

母親もゆりさんを生んでからどんどん醜くなり家を出て行ってしまったのだと告げたり
年齢と共に美貌を失うことがあまりに許せず妻の事も追い出してしまったんですかね?
美しくない子供は誰にも愛されないし必要ないと存在を否定されショックを受けるゆりさんに
身体から余分なものを取り除き美しく完成させることができると、愛するために改造することを要求!
愛情が欲しい、見捨てられたくないとゆりさんも必死だったんでしょうね…
何でもするといったゆりさんの腕に鑿を突き立てる父親がー!!(汗)
娘も作品の一つに過ぎないから完璧に…と求めたんでしょうか、性癖が歪みきってて怖すぎる…

自分を醜いと思い込んでしまったゆりさんは学校でもすっかり卑屈になってしまったようで
二人一組になって似顔絵を描く授業で一人でいたとき、話しかけてくれたのが桃果だった、
思ったことを素直に言葉に出す桃果と少しずつ仲良くなっていったんですね
醜いというのはどんな辛いことでも我慢しなければならない、美しくなれば愛してもらえる
そんなとき、醜いものなんて本当にいるのか、アヒルの子も可愛かったと話す桃果
神様によってこの世界が作られたのなら、目に見えるもの全てが綺麗であることに変わりないと、父親の価値観しかわからないゆりさんにとって桃果は初めて見えた別の世界だったのかもしれないですね

友達ができたと嬉しそうなゆりさんに、素敵な子なら信じてはいけないと注意する父親
素敵な子ほど自分をアピールするために八方美人として振舞う…
そのあとに平気で裏切るから他人を信じてはいけない、
信用できるのは血の繋がった家族だけだと言い聞かせ他人は母親と同じ裏切るものだと
幼い子供にとんでもないことを教えてたんですね、ほとんど洗脳されてるような(汗)
優しい言葉を吐きながらゆりさんを傷つけてるのは父親なのに…
ただでさえ頼る人がいないのに、余計偏った思考をするようになっちゃいますよね…

「私はあなたを信じない」
桃果を遠ざけようとするゆりさんだけど、桃果は逆に信じてもらおうと諦めなかったようで
どうにかして信じてもらいたいと自分の秘密を打ち明けることに――!!
日記にある呪文を神様にお願いすると、運命を乗り換えることができるのだと!
飼育小屋のウサギの寿命も延ばし、世界が変わったことを覚えているのは自分だけ…
運命を乗り換えると罰として代償を受けなければならないと人差し指の絆創膏を見せる桃果
どれだけ変えるかによってその代償の大きさも変わるとうことなんでしょうね(汗)

「ゆりの運命 乗り換えてみる?」
大好きなゆりさんを救うためにと何とかしようとするのはわかるけど、
なんだか桃果の方もゆりさんに盲目的になってる感じがするのは気のせいでしょうか?
仲良くなったとはいえ友達に…って何かありそうな…
アトリエから見える父親が作ったタワーを消せば解放される――
醜いまま愛されないなら死んで白鳥になったほうがマシと拒否したゆりさんだったけど、
自宅には新調した鑿を持って待ち構えていた父親が怖すぎる(汗)

ダブルHがつけていたマフラーは、陽毬が捨てたはずのもの…
自分がもらったと見せかけて眞利がどこか経由して渡したのかな?
何にせよただでこんなことするはずないし裏があるとしか思えない(ぁ)
それにしても、冠葉が渡すお金もますます増えてる感じで心配に…
とはいえ、眞利のことを信頼する陽毬の笑顔を見てたら何もいえないですよね…
「彼等が愛してるのは自分自身だけだというのに
子供はただ家族という理由で親を愛し、兄弟を愛さなければならない」

家族という名に囚われた子供は犠牲者で愛情で縛り暴力を振るったり私物化したりする…
それって両親の無実を必死に信じようとした冠葉のことも指してたのかな
三人が家族として振舞うことに限界を感じてるところを見抜いてたりしたんでしょうか?

「桃果…私はやっぱりあなたじゃなきゃダメ…だから…」
ギリギリのところで思いとどまっていたゆりさん
というか元々最後までするつもりはなかったんじゃないかと思ったり…
そんな時仲居として潜り込んだ夏芽さんが接触してきたー!!
芸能人は愛に飢えていて、幼い頃に必要だといわれた事がなく、生い立ちに復讐しようとしているからだとまるでゆりさんの過去を掘り返すような嫌味な感じの挑発でしたね

日記の残りを奪うと水着になり温泉に飛び込んだ夏芽さんとタオル一枚のゆりさんがバトルに!!
夏芽さんの攻撃を卓球のラケットで打ち返すゆりさんが凄すぎるw
…暗闇の中での真剣勝負なのになんだか笑ってしまいます(コラ)
戦いの最中も常に誰かに必要とされないと不安で仕方ないとか嫌なとこをついてくる精神攻撃が~
突然の光で目が眩んだ瞬間を狙い、日記を奪取して海へと逃げ去った夏芽さん!!
しかしこれだけ派手に騒いでたら旅館の人も気づくんじゃ?(苦笑)

目が覚めた晶馬は、ゆりさんから奪われた日記はダミーだったと知らされることに
どうしても日記が必要だから奪ったのだと晶馬にも打ち明けました…
そして、ゆりさんを父親から助け出すために自分を犠牲にした桃果はヤケドを!
運命を変えるために大きな代償を払ったんですね
大切なものを失うことになるのを承知でやったのは、ゆりさんが大好きだから――
なんだか桃果もゆりさんに執着してたように感じるんですよね(汗)
その後、爆破事件で姿を消したのは世界の乗り換えをしたからなのだと、
って亡くなったわけじゃなく別の世界に行ってしまったということなんですか??
今いる桃果の世界は眞利が以前いた図書館みたいな空間てことだったりするのか…
桃果を現実世界に取り戻すため、呪文で世界の乗り換えを実行するというゆりさん!
…それがプロジェクトMの成功、ピングドラムを手に入れることに繋がっていったりするのかな?

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/10/15-2282.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/2550b65488524655899a44af0188b3b7
http://chai-chau0347moe.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/15-6d0c.html
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/29679394.html

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック
輪るピングドラム    Comment(0)   TrackBack(48)   Top↑

2011.10.21 Fri
UN-GO 第2話「無情のうた」
『海勝のもとに虎山がまた不可解な事件を持ち込んだ。無認可タクシーが正体不明の女に配達を頼まれ、あるお屋敷を訪ねて、トランクを引き取った。運転手がトランクをあけたところ、トランクの中にあったのは、そのお屋敷の主・投資家の長田久子本人の死体だった。トランクを屋敷の門番に預けたのはこれまた謎の男。海勝は、これはグループの犯罪に見せかけた単独犯の犯行と推理、捜査線上に浮かんだ容疑者・荒巻の捜索が始まる。その数日後、新十郎は長田久子の娘、長田安と出会う。海勝の推理で浮上した容疑者は、真犯人ではないという安。母・久子はずっと以前から脅迫され、毎月品川のホテルにお金を届けていたという。脅迫犯について「もしかしたら夜長姫の……」と気になる言葉を漏らす安。夜長姫とは、一世を風靡した国民的アイドル。彼女たちは日本の海外出兵をきっかけとする報復テロに対し、徹底抗戦を歌った“戦時下”のカリスマだった。だが終戦後は、その内容故に彼女たちの歌は、検察庁連合調整部によって放送・発売禁止となっていた。謎の殺人と放送禁止アイドルを繋ぐ線とは何か。捜査を始めた新十郎の見たものとは。』


アイドルアプリ通称『ドルプリ』購入のためバイトで長蛇の列に並んでいた新十郎と因果
データでありながら生身の人間とほとんど変わらないってそれはまた凄い性能です!
しかしこの時代では歌一つとっても厳しく制限されたりしているようで
一度禁止データと認識されたら即販売中止となるんですね、違法データ扱いってことですか
延々並んで発売を待っていたファンにとっては我慢ならないだろうなぁ…

無認可タクシーの乗客の女性が荷物を忘れたといい、高額を出すかわりに荷物をとってきて欲しいと頼まれ向かったのが横浜の投資家、長田久子の屋敷で門番に預けられたスーツケースを受け取り、興味本意で中を確認してみるとそこには長田本人の死体が入っていたのが今回の事件の発端――
何かしら事件があると検察は即座に海勝会長に頼るんでしょうか
謎の多い事件とはいえもうちょっと部分での動きも見てみたいなと思ったり(苦笑)
しょっちゅう自宅にやってくる虎山さんを梨江はあんまりよく思ってないみたいだしw
スーツケースは別の男が預けたもので、メモには白タクに渡してほしいとだけ書かれていた
わざわざケースを本人の屋敷に預けた理由、そして女との関係は何なのか…
容疑者は長田の愛人であり女装癖がある荒巻なのか――
犯人は二人組と見せて容疑者から外れようとしたのではないかというのが海勝会長の推理!

一方で長田の娘・安から捜査を依頼された新十郎と因果も動き出す!
荒巻は犯人じゃないと庇い、母親が誰かから脅迫され毎月品川のホテルに金を届けていた、ケースの届け先でもあるしいかにも怪しい感じだけど、脅迫者の心当たりは夜長姫の誰かではという安
祖母が教えてくれたブルーライトヨコハマが好きな安は歌手を目指してるんですね
一度は諦めたけれど必ず叶うと信じている…逆のフラグのような感じがしてならない(ぁ)
捜査するうちに違和感を感じた新十郎はまず夜長姫について調べてみることに
夜長姫は元々四人組の国民的人気アイドルだったようで
テロ攻撃に屈服せず反撃して出兵を後押しする内容で世論の後押しを受けて爆発的ヒット…戦意高揚させるための存在だったってことか(汗)
あまりのことに危険視されてついには放送禁止命が出されたのだとか…
ってちゃっかりドルプリの中に入って夜長姫に混じってる因果が(笑)

グループ名のプラス1とは、最初のテロ行為の犠牲者となった一人を偲んでつけられたもの
録音済みの声もそのままライブで使われたけど、そのパートを聴き何かに気づいた新十郎!
って曲に詳しくない新十郎がピンときたんだから声の主は…ってことになるんじゃ(汗)
解散してからソロでやりたいといった澄香だけど、社長の長田がそれを許さなかったようで
残りの二人、夢乃と公美にも面会し話を聞くことにしたようですね
お忍びできてるのに大声で夜長姫だと暴露しちゃう因果が何も考えてなさすぎる(苦笑)
被害者と月に一度会っていたのはこの二人…
脅迫していたのではないかというけど、本当は毎月の生活費を工面してもらっていただけ
公美の背格好が男に見えることから犯人ではないかという因果
確かに状況からは繋がってくるけれどこれは二人を犯人にさせるための巧妙な罠…

真実は既にわかっている、動機は自分が訊きだすと女性に変わった因果――!!
人間の真実を見せてやるって一体過去にどんな契約を交わしたのか
犯人が誰なのか知りたくないっていうのもあるけど、もっと別の何かに新十郎は怯えてるような…
ってやっぱりこのあたりは二人の出会い篇をみないとわからないんですかね(汗)
トイレに逃げ込んだ夢乃を捕まえ、四人目の夜長姫の正体を尋ねる因果が怖いよw
本当は夜長姫は元々三人…えりという子は存在しなかったんですね
テロで亡くなったというインパクトを与えてブレイクさせたということですか
世相が終わったら解散させるけど、えりのことは絶対に話はいけないといわれていたと…

お墓参りにやってきた安に捜査結果を伝える新十郎は、えりの正体が安であると突きつけ
この前録音した声やドルプリのデータを分析した結果ほとんど一致したと動かない証拠を!!
被害者の自宅前でスーツケースを受け渡したのは、屋敷内の人間を疑わせないため
ただ歌うことが好きだったからテレビから自分の声が流れることが嬉しかった安
子供の頃はそれでよかったけれど、戦後は自分の歌で元気を出してもらいたいと思っていた
母親は否定し、名前の出ないドルプリのデータでさえも破棄され何もかも奪われた…
それがきっかけで母親へと殺意を向けることになったわけだったんですね
しかし、犯人は遺体で見つかった荒巻ということで公表されたようで、
解決するために始末した…みたいなやりとりがあったけど実際どうなのか(汗)
安の歌は二度と世の中に出ることはない…新情報拡散防止措置によるものだと

「ただ探しているだけ
なぜ探すか 探さずにいられるほど偉くはないからだ」

テロの犠牲者を作り上げたのも社会をコントロールするため…
戦後、戦意高揚のアイドルだとばらされては困るから情報をもみ消そうとしているのか――
情報操作し真実を隠し通そうとする海勝会長や検察は一体何を企んでるのかなと(汗)
新十郎も黙って見過ごすことはしなかったようで、
ネット上に安の声を録音したデータを流しユーザーにダウンロードさせる!!
…画面上で違法検知とDLのいたちごっこと化してましたね(苦笑)
歌手になる夢は叶わないけれど、公共の場で流れたことで安の気持ちも少しは救われるのかな?
ここまで事実に踏み入っていて、真実を明かさない新十郎が何を考えてるのかも気になります!

次回「覆面屋敷」

テーマ:UN-GO - ジャンル:アニメ・コミック
UN-GO    Comment(0)   TrackBack(21)   Top↑

2011.10.20 Thu
NARUTO疾風伝 233話「参上、偽?ナルト」
次の港まで久しぶりに陸地を進むことになり、ガイ先生も復活したようですね
ただし雷の国までは陸地続きでないということで船に乗るまでまだまだかかるといわれ吐き気がw
…ってまだ大分距離があるってことはそれだけオリジナルが続くってことですか(苦笑)
このあたりで偽者が出るという情報を掴んでいたアオバの言葉どおりナルトの偽者が出没ー!!
本人と全然似てるところがなくてほとんど別人なんですけど!全く似せる気ないようなw
あまりのことに大爆笑してる大人三人は完全にからかってますよね!
こういうことがあるのも有名になった証拠だけど、逆に悪名が広まりかねないかと(笑)

話の流れでようやく本物と対面したことに気づいた偽者だけど、
倒せば自分が成り代われると思いついた相手と勝負することになっちゃいました!
負けたら終わりって半笑いで応援してる三人がやる気なさすぎるw
…勝負の結果は省略されて、いうまでもなくボコボコにされて終了だったわけですけど(笑)
縛り上げて困っていたところ盗賊を追ってきた役人を自称するイギーも現れ、預けていくことに
凄腕の忍者マスターとかいかにも怪しい感じですけどさくっとスルーしてきましたね
ナルト達が去ったあとやはりこの二人は仲間だったようで、盗賊の本当の名前はバンナ
暴れるバンナをやっつけて名をあげて有名になる…って作戦だったようですが(苦笑)
自分がいなかったら一人だったとか恩着せがましい感じで、ただ利用してるだけなのか…

一方、ナルトが盗賊をしている噂を聞きつけた影も調査していたようですね
里の英雄と言われたのにどうして…って明らかにおかしいわけですけど(!)
厄介者扱いされていたのなら抜け忍になって乱暴を働いているのではないか、
それを捕まえて木の葉に連行すれば大金を払うだろうと推測し金銭目的で目をつけたようで
中忍試験にも合格していないのなら英雄伝説もでっちあげとか好き勝手言われてますよ(苦笑)
…でもそういえばナルトって同期の中でいまだ下忍扱いなんですよね~

通りがかった商人の前に立ちはだかり、ナルトを自称するバンナだったけど
先ほどの忍が化けて待ち伏せしたいた罠にかかりあっけなく拘束されてしまう!!
慌てて駆け寄りナルトじゃないと説明するイギーにも手が迫ったのを見たバンナはナルトだと宣言し、イギーは似非忍者で仲間でもないと切り捨てるようなことを…
イギーを守るために一人で犠牲になろうとするのは明らかでしたね(汗)

見ていることしかできず、どうしたらいいか悩んだイギーはナルト達に助けを求めることに
何とか手助けして欲しいと頼むけど、忍者マスターというのもあるし何より役人なら他の仲間に頼めばいいわけだからすぐに嘘もばれますよね…
盗賊が盗賊に盗まれても自業自得でしかないといわれると、バンナは悪党でもなんでもないと
こんな風にフォローすればするほど矛盾が生じ、最後には正直に話すことにしたけど
友達なら相手のことを考えてやらなかったのかとナルトを激怒させることに!!
都合がいいから一緒にいただけで利用した…言い捨てるイギーを殴るナルト!
不器用だけど自分なりのやり方で仲間を見つけてきたナルトが聞き捨てられるはずないですよね(汗)

今は迂闊に正体と居所を知られるような悶着を起こしたくないしこれ以上関わるのは無理と
一人残されて茫然とするイギーに自分のことは自分で考えろと言い残すナルト…
自業自得でこうなったんだからやはり後始末もきっちしなきゃいけないし、何よりこれはイギーを試すことでもあったんだろうなぁ(汗)
連行されるバンナを助けるため単身乗り込んだイギーはバンナのことを親友だと叫ぶ!
見た目からまわりと打ち解けられなかったとき、話しかけて友達になってくれたイギー、バンナをからかえば苛めないと言われただけだったけどそれがきっかけで…ということだったんですね

やはり囲まれたら敵うはずがなく、覚悟を決めるバンナの前にナルトが増援に!!
イギーのことが真実と確かめられ友情を信じあった二人に感激し号泣するガイ先生がw
本物の正体を隠すためあくまでもバンナをナルトとして戦うことになりました
二人はもう二が重すぎると故郷に戻り普通の暮らしをしていくと決めたようで
「やっぱ親友っていいな 俺たちも…いつかアイツらみてえに…」
オリキャラを交えて再びナルトもサスケのことを思い出したみたいですね(苦笑)
ベタだけど一応ちゃんとしたテーマがあったのはよかったんじゃないですかね
行く先々で派手に大立ち回りしてるナルトが正体隠せてるとは思えないですが(笑)

次回「ナルトの愛弟子」
来週は久々のテマリさん登場!!シカマルとの絡みもあるかなぁ♪

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(4)   Top↑

2011.10.20 Thu
SKET DANCE 第29話「過ちのエンジェル再臨」
『またまたダンテが相談にやってきた。相変わらずの分かりにくい表現をなんとか解読するスケット団。どうやらダンテは、学校で流行っている恋のおまじない中に、重要なアイテムを無くしてしまったらしい。さっそく調査に乗り出すのだが…。次々と明らかになる衝撃の真実。果たしてダンテの恋の行方はいかに!』


一箱12粒入りのドライ者チョコレートの中で笑っている顔が現れると幸せになれるという噂があり、ついにボッスンがあたったと思いきや…実はヒメコと自分のをこっそりとりかえていたという(苦笑)
スイッチも盗撮してわかってたのに黙ってたとか相変わらずあざといですよね!
そんなとき、丁度部室を訪れようとしてたクラちゃんに案内されてやってきたダンテ
ってダンテを連れてきたら自分はさくっと帰っていったりと面倒だから丸投げですかw
わかりづらい言い回しをするダンテから必死に会話の意味を汲み取ろうとするスケット団
ちゃんと喋ってほしいものだなって機械音声なスイッチに言われても(笑)

どうやら何かを失くしたようですが…話からシャーペンの中身をなくしたという推測に
イラっとして技をかけるヒメコが怖いです~わからなくもないですけどw
最近、小さく切った紙に好きな女子の名前を書いて三ヶ月一度も開かずに保てたら恋は実るというお呪いが男子の中で流行っているんだとか…ダンテの想像図が妙に笑えます(ぁ)
F組の泉沢さんの名前を書いて入れていたけど、その紙がいつのまにか消えていたようで
もしかして、ダンテの恋愛を邪魔しようとする誰かが持ち出したのではないかということですか
犯人は呪いをやったことを知ってる人物、それは呪いを教えた人物城ヶ崎ではないかと

男の癖に呪いや占いがすきでよく校内に噂を広めているんだとか~
あはは、ヒメコやスイッチがはまってたドライ者も実は…だったんですよねw
好きな相手がいると追及され、被っているから邪魔するように紙を奪ったのではないか…
号泣して悔しがりながらキャプテンのことが好きだと宣言する城ヶ崎がww
誰にも信じてもらえずスイッチには嘘をついている波形とまえいわれ、シャーペンの中から取り出して見せて証拠としたようですが、好きな人がばれた挙句お呪いも失敗しちゃいましたし(苦笑)
そういえばキャプテンは競争率高いんでしたね、城ヶ崎じゃとても無理そうなw
最後まで名前を覚えられてなかったりこういう扱いで終わるところがテンプレ化してきたなと

好きな男子の使っているものをもらい、三ヶ月肌身離さず持っていると恋が成就する――
もらおうとするだけで告白するようなものだから実践する人は少ない…
ダンテのシャーペンは天使の館でしか手に入らないものということが判明し考えるボッスン
悪いと思いつつ自分で買ったシャーペンを相手のものと入れ替えていたのは泉沢さんだった!!
同じだから本人は全く気づかないだろうけど、中身の確認したダンテが気づいてしまったと
しかしそうなると二人は両思いということで一件落着ということになりそうだったものの、
隣の席の村上くんが好きだったというオチが待っていましたww
偶然同じシャーペンを使っていたのと泉澤さんが勘違いしちゃったということで~
…すっかり盛り上がってしまったダンテが可哀想すぎる(苦笑)

ラーメン屋で大盛りに挑戦したものの、結局惨敗して五千円を払うことになったボッスン
絶対食べきれると豪語した上中々リタイアできなかったんですね
落ち込むボッスンにラーメンでも食べに…って元気づけることにならないしw
久しぶりに部室にお茶をしにやってきたキャプテン、一瞬でクッキーを完食!?
最近やたらと食べ癖がついて、自分でも気づかないうちに食べてるのだとか…
喋りながら淡々と食べるキャプテン、凄い大食いってことが明らかになっちゃいました
消えるキャプ食い来たー!!しゅって口に吸い込まれてるようにしか見えないんですけどw

しかしそんなキャプテンならあの大盛りラーメンも制覇できると思い連れていくことに!
麺8玉重量7kgって物凄い量だけどあれだけお菓子たべたあとに余裕かもとしれっと言うのが(笑)
3分で半分食べ終え、休憩しているということでしたが空腹だったらどれだけ食べられるのか?!
バッファローについていちいち説明してくるスイッチのやりとりいらないようなw
これなら楽勝と高をくくっていた矢先、キャプテンにとって嫌いな煮玉子が出現ー!
どうしても苦手でもし食べたら吐く…ってそれはヤバイですよね(苦笑)

五分後、煮卵以外は完食したもののやっぱり残ってしまいどう対処するべきか…
途端元気になるラーメン屋の店主がわかりやすい反応ですね
一瞬でも飲み込めば成立するからそのあとはリバースしてもOKってそれはどうなのかw
無理やり食べさせようとするボッスンとスイッチが悪人すぎるー!
玉子をボールに見立て、昔の回想から入りソフト部への情熱に摩り替えたボッスンがw
乗せられてやる気になったキャプテンは代わりに帰りにたいやきを奢ってほしいとのこと
苦手なものを克服するチャンスだと前向きに口の中へ…でも結局はダメだったんですね(苦笑)

次回「ガチャガチャしたにょら☆」

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック
SKET DANCE    Comment(0)   TrackBack(4)   Top↑

2011.10.19 Wed
ちはやふる 第3話「ふれるしらゆき」
『千早と太一、新の三人は地元のかるた会の「白波かるた会」を訪れ、責任者の原田や同年代の木梨浩(ヒョロくん)らに出会う。ヒョロくんと源平戦で戦う三人の姿を見た原田は、千早の才能を見抜き、入会を勧める。原田から「百人友達ができたと思って仲よくなりなさい」と教えられた千早は自分の夢を見つめ始める。』


インターネットで調べて地元にある白波かるた会を訪れた三人!
かるたばっかりやるつもりはないとか言いながら、下調べしたりサッカーをサボってまでやってきたり、なんだかんだと興味が沸いてきた感じですよねw
千早がいるからっていうのも大きいかと思いますが、元々負けず嫌いなこともありますし
すぐにでも新を追い抜いてやるとかわかりやすい対抗意識燃やしてるのがw
そんなところを軽くスルーして地味に喜んでる新がまた面白いなあと
挨拶しながら扉を開けた千早だけど…札が読まれだしたあとだったから怒られることに(苦笑)
競技中の白熱した真剣勝負を目の当たりにし、まるでスポーツだと熱中する千早!!

会の責任者原田先生@石塚さんですか!!
かるたに興味を持ってくれたことを全力で喜ぶ原田先生がw
交流会を開いて勧誘しても入ってくれる人が少ないから感激されることに!
少ないながらここには千早たちと同じ年の子たちもいるんですよね
…ヒョロくん@中井さんとはまた予想外のキャスティングでした♪
まだ数行しか覚えてないと言った千早をまるで話にならないと馬鹿にするのが嫌味な感じでw
試合も無理だろうと言われて今度は新が三対三の源平合戦を持ちかけて勝負しようと!!
やるからには負けないと太一以外の二人がすっかりやる気になっちゃって(笑)

源平戦は札を50枚ずつにわけた札を自分の陣地に3列に並べ、15分の暗記時間が設けられる…
しかし暗記が苦手な千早にとってはちんぷんかんぷんて感じで早くも苦戦は確実(苦笑)
ただこの暗記時間はどこにいってもいいということで外で作戦会議することにした三人
暗記が苦手な千早が担当するのは一字、あ行の二字決まりの句
少ない決まり字だからわかりやすいしすぐに反応できるだろうということなんですね
太一には6字決まりと5字決まりを担当することになりましたが、6字札は出だしで山を晴れるから大山札とも呼ばれているんだとか、こういう説明があると初心者にもわかりやすいですよね!

勝手に仕切ってることにイラっとしつつ、一人でやれば足手纏いもいなくて
よかったんじゃとぼやく太一にチームになってみたかったという新
こっちでかるたをやれる仲間ができて初めてのことだし、全員でやりたかったんですよね!
とはいえ、試合開始直後はほとんど新が先取して二人の立場がなかったようで(苦笑)
お手つきをしても相手の陣営から送り札が一枚送られてマイナスにはならない、間違ってもプラマイゼロならいいということで、チーム戦といいつつ新の独壇場なことにショックな二人がw
とはいえこれは練習だし二人に慣れてもらうためでもあったんじゃないのかなと!
大人顔負けの凄業の連続に原田先生もテンションが高くなってましたね!!

千早も相手陣じゃなく完全に新に負けん気発揮してるし面白いなぁ
実力差があるのに悔しがらず奮闘する千早を見て少し落ち込む太一は、
負けるぐらいなら最初から頑張らなくてもいいのではないかと…
期待なんてされないぐらいならいっそなんて思ってしまって凹んでしまったり(汗)
必死でとった一枚に喜ぶ太一の一方で、新はミスした場合を考えてとる準備していたようだけど、
こうやってフォローしてくれるから全力でできるってわかったんじゃないのかなと!
ナイスと褒められて太一もどこか嬉しそうでしたね♪
そして他の誰よりも早く反応した千早も天性の資質を垣間見せる!
とった札は勢い余って原田先生のおでこにヒットしてましたけどw

そんな千早の凄い一面を見た新の闘志も燃え滾る!!(笑)
後半戦はほとんど二人での取り合いにもなってたような~
でも、初心者でも過小評価しないとことか、冷静にまわりを見てるのがわかるなと
自分の力に慢心してないから千早相手にも手を抜かないんでしょうね!
千早は一枚しかとれなかったけど、それ以上にヒョロくんもショック大だったようで(苦笑)
結局ほとんどは新が制覇しちゃったんですね、容赦ないなぁw

小学校の全国大会の学年別で毎年優勝してきた新はかなり有名のようですね
しかも新の祖父は永世名人…となればこの実力にも納得ということでしょうか
「百人一首は全部で百首 百人友達ができたと思って仲良くなりなさい」
かるたが全然覚えられないという千早に自分と関わりが深い句は誰より早くとれるようになる…
知ればしるほど奥が深いんだろうなと、何気に原田先生の言葉とか胸に響くことが多いなと
ちょっと迷っていた太一も塾の合間をぬってできるだけ来ると入会を決めてくれました!

三月にある六年生最後の大会に三人で挑戦してみることにあったけど、
総当り戦だから絶対に二人は勝ちぬけしなくてはいけない――
千早か太一が勝たなきゃいけないということで大会までみっちり新が特訓してくれることにw
翌日のオーディションを控えて服を準備してる姉に付き合っていた千早も札を覚えるため勉強しようと珍しく部屋にこもっていたようだけど、やりたいことを見つけた千早を素直に喜べない千歳が…
自分を追いかけていればいいとか構ってほしくて仕方ない感じに見えますし
素直じゃないだけで千早が離れていくのが寂しいとか思ってるのかもしれないなと(苦笑)
両親も普段千歳のことばかりだから貰った賞状を千早は両親には見せられなかったのかなぁ…

「ずっと一緒にかるたしようね!」
雪合戦しながら太一、新と繰り返す千早が可愛い♪
三人でこれからも…と約束したのに通学に一時間半かかる私立へ進学、
そして新も病気で倒れた祖父を介護するため福井へ戻ることになってしまったようで
千早も三人でかるたができないならと大会に出ないとまで言ってしまいましたね…
お互い自分のせいだとこんなところでも譲らない太一と新も喧嘩になっちゃって(苦笑)
太一が中学に受かるまでにどれだけ努力したか…かるたと両立してできることじゃないと褒める原田先生は新の祖父が永世名人であること、そんな祖父から教わったから今の実力があるわけで病気になったらどれだけ心配かと…
三人それぞれの気持ちを考えながら諭してくれる原田先生が本当にいい人です!
何より千早までやめてしまったら寂しくなると言われ、千早も思い直したんじゃないのかな…

大会当日、風邪をひいて体調が悪い中気合でやってきた新
小さな大会とはいえ、一回戦の相手に全国大会での順優勝者がいると!
太一と新が作ってくれた大会のためのTシャツを受け取り会場へと向かった千早!!
って肉まんくん来た!!そういえばこの時の対戦相手でしたねw
「でも、こんなに寂しいのは私だけじゃないよね?」
三人が揃ってできるのは最初で最後の大会――
次々に札を連取していく三人だったけど…力が足りず優勝することはできなかったようで
もっと一緒にかるたがしたかったと号泣する千早にこっちもほろりとしそうに(涙)

卒業式当日、何も言わず先に帰り引越しの準備をしていた新
そんな時、駆けつけて真剣勝負をして欲しいと頼む千早が!!
忙しいといわずさくっとまわりを片付けて勝負を受けるところが相変わらずですねw
本気で挑んでくれる新に自分も負けないと気迫を込める千早は「ちはやふる」の札をゲット!
中々札から手を離さない新もいつのまにか泣き出しちゃってましたね
我慢してたけどやっぱり離れることは寂しかったんだろうなぁ…

「私達にはかるたがあるからまた会えるんじゃないの?
続けてたらまた会える…―― 絶対会えるよ!」

かるたを続けてまた再会することを誓った千早に励まされて前へ進むことに
三人がどうしてかるたを始めたのかの理由が明らかになるスタート地点でしたね
随分駆け足な感じがしたけど、三人の絆もしっかり感じられたしよかったんじゃないかと
高校のかるた部では部員も増えていきますしこれからの展開も楽しみです!
…肉まんくんは勿論ヒョロくんも再登場しますしね(笑)

次回「しつこころなくはなのちるらむ」

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/10/post-1c83.html
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63258742.html

テーマ:ちはやふる - ジャンル:アニメ・コミック
ちはやふる    Comment(2)   TrackBack(46)   Top↑

2011.10.18 Tue
未来日記 第2話「契約条件」
『サードを倒したことで他の日記所有者たちから狙われることになった天野雪輝。その雪輝が通う桜見中学校に9番目の日記所有者「雨流みねね」が現れる。仕掛け爆弾を使って雪輝の命を狙うみねねに対し、雪輝を守ろうと奔走する我妻由乃。』


今回からOPがつきましたね!!
物語を象徴するようなかなりホラー仕立てにw

ひっきりなしに届く由乃からのメールに悩まされる雪輝
自分の行動が全部送られてるわけですからね…ホント怖いよ(汗)
突然未来日記によるサバイバルゲームに巻き込まれ、
3rdを消したことで他の所有者から目を付けられることに
唯一相談できる相手といえば事情を知っている由乃に絞られるわけだけど
教室で話しかけても他人行儀な感じであしらわれてしまい
まぁ実際こういう人目につくところで色々と相談するのも危険ですし
一応由乃なりに気を遣ってくれたのかもしれないなと

そんな時、9thの雨流みねねが現れた!!
最近起こっていた通り魔の犯人は火山で3rdであり殺人日記の所有者――
衝撃を受け混乱する雪輝に迫り正体を現したみねねによって雪輝にデッドエンドのフラグが!
異変に気づいた由乃が駆けつけて間一髪でしたが、これはまだ始まりでしかなかった…
仕掛けた爆弾を爆破させ無関係の人間を巻き添えにするみねねが(汗)
こんなときでも絶対に自分が殺すとかさらっという由乃も怖いです…
でもなんだかんだといつも助けてくれてるのは事実ですよねw
生き残るために何でもしてくれる由乃を利用し、自分を守ってくれるよう頼みキスをする雪輝
って先ほどのことを思い出して照れてる由乃がw

生徒と教師を人質にとり学校を制圧したみねね
割れたガラスで反対の校舎内の状況を把握し、未来日記に書かれた状況を確認しながら進むことに
雪輝の強みは目についた周囲のことが予知される無差別日記
日記に反する行動をすれば未来も変わっていくけれどそれはみねねの場合も同じ…
みねねが動けば二人の未来も変わるということで、常に警戒してなければならないと
由乃の的確な分析もあり間一髪で何とか逃れていくけれど、みねねも徐々に追い詰めていく!
爆発する場所はわかっても自分がどうなるかはわからない…
傍観者でいようとしたために自分自身のことは一切書かれてない欠点があるんですよね(汗)

そんなとき役に立つのが由乃の持つ雪輝日記――
膨大な情報量がある無差別日記と雪輝日記があれば無敵になれると!
確かにかなり有利なわけですが、逆に考えれば由乃からは…ということで(汗)
本当は寂しかったしまわりと普通に関わっていたかったと打ち明ける雪輝
人と付き合って傷つくのが怖かっただけで傍観者でいたいのは嘘だと…
まだ時間はあるし、向かいの校舎へいけば残っている仲間に会えると励ます由乃
ただ、出会ってすぐに殺せばいいのにデッドエンドまでかなりの時間が残っているのが気がかりのようで、状況を的確に判断したり、分析したりする由乃は何気に凄いですよね!

勃発したテロ事件に動き出した警察も周囲を固めていました
狙撃してみねねを殺せば心停止とともに起爆装置が作動してしまう…
確認していた刑事の一人も未来日記所有者!
信じてもらえるかわからないけれど事情を説明しようと決め進む雪輝
順調にたどりつき、クラスメイトの一人を見つけ駆け出した雪輝の目の前で由乃の日記が変化!!
爆弾のセンサーを止める代わりに雪輝を差し出すようみねねが取引していたようで
安全の保障と引き換えに二人をとらえようと待ち構えていたわけですか…

思惑どおり捕まりみねねの前に引きずり出された雪輝
携帯も奪われ身動きのできない雪輝、せっかく信じようとしていたのに
自分のせいで危険に晒してしまったと責任を感じた由乃が暴走ー!!
雪輝を見捨てたクラスメイト達に激怒し廊下に飛び出し爆弾を作動させる由乃!
常に雪輝だけのことを考えてる由乃ならでは…って感じですがホントデンジャラス(汗)
10分後に全ての爆弾が爆破し全員死亡すると告げるみねね
死亡時刻の時間に差があったのはこういうことだったんですよね

「ようやく会えたな1st 言ったろう、君は私が保護すると」
窮地の中現れたのは刑事である4thの来須!!
来須の未来日記はあらゆる事件を予知する『捜査日記』
元々みねねの目的は自分を追っていた来須だったと
…携帯の画面にははっきりみねねがテロリストだと記されていましたね(汗)
校内の人質と雪輝どちらの命をとるか…選択を迫られた来須は雪輝に笑顔を見せるけど、
どうするかは決まっていたようで銃口を向けられることに!!
キラキラ描写になってるのがちょっと気になりましたw

自分みたいなダメ人間が生きのびてること事態おかしいと
何もしないで由乃を利用してきただけなのだから破滅して当然…
せめて死を有効に使ってほしいと頼む雪輝!!
そんなとき教室の窓から飛び降りみねねに襲い掛かった雪乃!
そして来須にもダメじゃないことを証明するチャンスだと、日記を取り戻すようにと!
由乃の指示で地雷を交わし見事携帯を取り戻した雪輝を見てクラスメイト達もみねねに物を投げつけて援護してくれました!
爆風に飛ばされながらもみねねに迫る雪輝のダーツの矢
手でかばったものの携帯を壊すわけにはいかないと左目で受けたみねねが(汗)
隠しもっていた煙幕を使いバイクで逃亡――
みねねの未来日記は逃走ルートが記録されているんですよね…

未来日記を狙ってくる他の所有者に対抗するためにもとお互い協力しあい同盟を組むことになりましたが、これで雪輝の未来が少しでもいい方向へ向いていくのかどうか…
って由乃は雪輝とのハッピーエンドを知って有頂天になってるし(苦笑)

『ムルムル先生の裏未来日記』
これはレギュラー化されてるんですねw
日記を悪用するものは犯罪を犯すだろうということで通り魔の火山を追っていた来須とみねね
3rdの火山が倒されたことから今度は雪輝がターゲットになってしまったと
こういう繋がりがわかるとまた面白くなりますよね!

次回「初期不良」

テーマ:未来日記 - ジャンル:アニメ・コミック
未来日記    Comment(0)   TrackBack(13)   Top↑

2011.10.18 Tue
BLEACH 344話「学校間抗争!? 一護と雨竜、共闘!」
一護にコテンパンにやられた仕返しに逆恨みしてやってきた不良の仲間たち!!
校門前を占拠したりと迷惑なやり口に最初に出てきた石田だけど、一護扱いされて切れたw
あはは、思いっきり怒りを買っちゃったみたいですっかりやる気になっちゃってるし
そんなところへ真っ先に飛び出した一護も加勢に入ってさらにややこしい事態に
って結局言い合いしながら二人で全員倒すことになちゃうんですよね(笑)
最近虚を倒しすぎて尸魂界に目をつけられたりしたらどうするのか、喜助さんからの依頼があったときだけいくという石田が後でメールしろとか二人のやりとりが面白い♪
貰った携帯はどうみてもこっちで使えそうにないタイプのものとツッコミされてるのがw
ってさらに久々な横ちんまで来た!!アニメだと回想云々もばっさりカットされてましたねww

背後から不良たちを一網打尽にした育美さんの登場シーンがラスボスすぎる(笑)
バイトをサボり続けることに我慢の限界が来て無理やり来るまで拉致されたー!!
逃げないと約束するなら解放するとか誘拐犯の台詞だったり、完全に悪役ですよw
店の名前がうなぎ屋だから間違ってしょっちゅう出前の注文が来たりしていると
連れ戻し一護にさせる仕事といえばほとんどが雑用なわけですが人使いが荒い~
でも育美さんも息子の馨ちゃんの前だとデレデレな親馬鹿になっちゃうんですよね(笑)
色々いいたいこともあるだろう…といわれて失礼なことをズバっという一護がw

一護が攫われたと聞いて助けに行こうとする織姫を止める石田
バイト先の店長ってわかってることもあるし特に気にも留めてなかったけど、変な人かどうか確かめる織姫に対外まわりにいる人は変な人ばかりと言われ、自分や石田もそうだと納得した織姫(笑)
ただ、一昨日ぐらいから一護のまわりに変な雰囲気を感じるのだとか…
一昨日といえば多分初めて一護と銀城が接触したときからですよね
霊力を失ったのに、周りに纏わりついていたものは霊圧だったと石田も気づいていたようで!
そんな石田を木の上から監視するあの人の姿もありましたね!!

突然店を訪れて二人の目の前でラーメンを食べだした銀城が(苦笑)
さらっと休憩所扱いしてたことを暴露する一護が面白かったですw
面倒な頼みごとを引き受けてくれる店を探していたら看板が目に止まり訪れただけ…
ってラーメンを持ちながら偶然とかいかにも胡散臭い感じですよね
というかお姉さん扱いされて何気に照れてる育美さんのシーンがさらっと流されたw
銀城の仕事の依頼は一心さんの身辺調査――偶然を装ってるけど一護の父親だからって明らかにわかっててやってきたって感じですよね(汗)

「オメーは自分の家族の事なんて知らねえ筈だ まだ何もな」
浦原商店にいってみればわかるはずと言われ向かう一護!
その頃、その場所には夏梨も訪れていたんですよね…
成長したジン太とウルルも大分印象が変わったなと!ウルルはさらに可愛さ増してるような♪
って買出しに来た夏梨に発明品を渡す喜助さんの商品説明がノリノリですねw
霊力があがってからは頻繁に訪れては買っているようですが、夏梨も思うところがあるようで…

「これからはあたしらが一兄を護る番だから」
死神になる前から戦い続けてた一護がようやく解放されたのだからと今度は自分達が…と
夏梨は決意を固めていたのですね…心配や負担をかけたくないというのもあったのかな
そんな光景を見てしまい、ショックを受ける一護!
一体どれだけのことをわかって喜助さんをわかったつもりになっているのか、
自分の家族を護りたいのなら今のうちに手を打つよう忠告する銀城がなんとも…
今から思えばこうやって不信感を持たせて…っていうことだったんでしょうね(汗)
名前を聞いてカードを受け取った一護だけど、今後も付き合うことになりそうで…

出かけていてどこにいったかわからない一心さんの霊圧を追えればと考えてしまう一護が…
売れ残りのパンをおすそ分けしようとやってきた織姫のノリも懐かしいw
差し入れに来つつ、何かあったんじゃないかと気になって様子を見に来たんですよね
丁度やってきていた石田も織姫が聞き出してくれるのならと安堵した様子で
そんな時目の前に現れた上空を拘束スピードで移動する謎の人物――
霊子の変動も見えないのにどうやって移動しているのかと考えていた矢先、
一瞬の隙をつかれ背後から斬られた石田が!!(汗)
また凄いところで終わりましたが、今週の消化ペースも速かったですね~
細かいところとかカットしてるので余計あっという間に感じました
…この分だとホントあっという間に追いついちゃいそうです(苦笑)

☆次回予告☆
来週はまたオリジナルシーンがあるのかな?
現世でも通信できるといいつつ画面白黒でカメラもついてないって…
あはは、なにやら物凄い古い機種のようですね!
今時そのタイプだったらある意味レアものってことになるかも(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
あ、一週で復活したー!!でもコン@真殿さんのタイトルコールがないのが寂しいw
殴られたことに反撃しようとするジン太だけど相変わらず全然勝ち目はないようで
足の裏をウルルにくすぐられたりと相変わらずこんな扱いなんですね(笑)
というかこれも本編の話だけどこっちで消化しちゃって大丈夫だろうかと(ぁ)

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2944.html

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(9)   Top↑

2011.10.18 Tue
君と僕。 第3話「麦藁色をかぶった少年」
『祐希と要のクラスに転校生がやって来た。金髪がトレードマークの彼の名前は「橘千鶴」。
陽気な性格の千鶴は、隣の席になった祐希にも気軽に話しかけていたが、
顔を見たとたん驚いたように祐希に飛びついた。
どうやら昔、一緒に遊んだことがあると言うのだ。
いつもはひょうひょうとかわす祐希も、千鶴の妙なアプローチにはなすすべなく、
休み時間になっては逃げるように悠太のクラスに足を運ぶが…。』


あれから懐いた茉咲は昼休みにはいつも屋上に来るようになったんですねw
授業でわからないとこを質問するために来たと言い張る茉咲に、
学年トップの要君が教えようとすると全力で拒否された(笑)
勢いで春ちゃんといってしまった茉咲に要君がヤツアタリされたりと巻き添えになってるのがw
ここまでわかりやすい態度なのに、春だけが茉咲の気持ちに気づいてないようですね!
あまりの鈍感っぷりにそれとなく解説する双子の冷静さが面白かった♪

要くんと祐希のクラスに転校してきた帰国子女の橘千鶴
金髪ということでかなり目立ってたようだけど、そんな千鶴が真っ先に反応したのが隣の祐希!
どうやら二人は昔遊んだことがあるようで、授業中にも関わらず再会を喜んでるのがw
相手のハイテンションっぷりにさすがの祐希もちょっと引いてましたね(苦笑)
隣の席から集中攻撃を受けないよう、休み時間は悠太のとこに避難してたようで
普段からまわりと関わろうとしないから尚更こういうのは面倒って感じでしょうか
しかし妄想の中での知り合いとか祐希もさらりと酷い言われ様でしたw
校内を案内しようとやってきた要君のことを記憶してなかったり、千鶴も結構適当だなぁ(笑)

愛称で祐希のことをユッキーと名づけたところ、要君のことをメガネくんって
あはは、親しみというよりも悪意を込めてるように聞こえちゃいます(笑)
それとなく人をイラっとさせるところは似たもの同士…と納得しちゃってるし
素っ気無い態度で冷たくされても昔はもう少し優しかったし、
照れてるだけだと前向きに考える千鶴はなんとしても思い出してもらいたいんですね!
祐希のシャツの襟を直してあげてる春を見て彼女だと勘違いしてるのですがww
女じゃない…というのも別の意味でとらえちゃってましたし、日本語って難しいですよね(ぁ)
まあでも双子がちゃんと男子だって説明してあげればすむことだったんですけどw

少しずつ祐希も昔のことを思い出しつつある…?
とはいえ知らないふりをしたりとあんまり深く関わりたくないのかな
プールの授業中だから誰かわからなかったという祐希は、もしかしたら
前髪の分け目のせいで悠太と間違えていたんじゃないかと千鶴に話すことに
あ、メガネないと要君の印象大分違いますね♪
双子だからありえそうですけど千鶴の中ではいまいち決定打がないようで確信が持てず
本屋まで後をつけて何かわからないかと監視してたのか(笑)
それにしても保存用にするかどうか立ち読みして確認してる祐希がw

そんなとき、店の前にあったガシャポンを見て前に祐希にあげたという千鶴
公園の前でなんとなく貰った記憶があると言い出したは祐希だったけど、
千鶴のことまでは記憶がないとさくっとスルーされちゃいました
これでまた振り出しに戻っちゃった感じなのかな…
結局曖昧なまま、それからは千鶴もあまりその話には触れなくなったと
事情がわからない春だけ蚊帳の外って感じでしたけどねw

自分のことは架空の人物なのかと自嘲気味にぼやいていたところを見られ
上級生に絡まれて校舎裏に呼び出されてしまった千鶴!
それだけじゃなく後輩なのに金髪というとこも目に留まってしまったようで(汗)
手を振り払ったことにますます怒って殴りかかろうとする先輩に声をかけた悠太と祐希
今度は双子まで巻き込まれそうだったけど、うまい具合に助け出してくれました
校長先生が来たと誤魔化してその合間に逃げるとは~(笑)

自分の手を引いてくれる祐希に昔のことを思い出した千鶴…
悠太が風邪をひいて寝込んでしまい、一人で公園に来ていた時話しかけてきたのが初対面…
その当時はドイツ語しか話せず会話が成立しなかったんですね(苦笑)
子供ながらに通じる部分があったのか、その後も一緒に行動することに
教えてあげたガシャポンでレアものを出して衝撃を受けてる祐希が面白いw
知らない子と一緒にいるのも、喋らなくていいから楽だと…

砂場で作っていたトンネルが崩れたときも何も言わずにやりなおしたり
なんだかんだとちゃんと相手に合わせてくれるところもあるんだなぁ
トンネルが繋がって握手できたときの千鶴の笑顔が可愛かったです!
木登りしている遊んでいた最中、足を踏み外して地面に落下してしまった千鶴!!
慌てて大人を呼ぼうとする祐希を止めて笑顔を見せたのは、心配かけないようにしたのか…
呼び止めて謝ったけど言葉は伝わらない――自分のせいだと感じてもいたのかな?

悠太の具合がよくなった直後、今度は祐希が熱を出して寝込んでしまい…
双子ってこういうところあったりするんですかね?
買い物に出た悠太を祐希と思い、カプセルを渡していった千鶴
それで二人とも覚えていることがちぐはぐだったりしたのか(苦笑)
思い出したことを言わなかったのは、謝れなかったことがシコリになってたからなのかな…
せっかく楽しく遊べて嬉しかったから謝られたら逆に嫌だった――
あの時のことは気にしてないと笑う千鶴がいい子だなぁ♪
わざわざドイツ語を勉強してまで謝るつもりはないとすねてる感じの祐希がw
まあでもいつかはちゃんと伝えられるときが来るといいですよね

翌日から屋上にはもう一人追加して千鶴も来るようになっちゃいましたw
しかし気になっていた春が男だとわかり衝撃を受ける千鶴ー!!
期待したのにホント残念でしたね、ショックで魂抜けちゃってるし(笑)
これからはこの五人のやりとりがメインになっていくのかな
ちょっとお調子ものな面があるけど千鶴は素直でいい子ですよね!
これからのほのぼの高校ライフが楽しみですw

次回「Noisy Medicine」

http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62896774.html

テーマ:君と僕。 - ジャンル:アニメ・コミック
君と僕。    Comment(2)   TrackBack(28)   Top↑

2011.10.17 Mon
銀魂 230話「ここのタイトルもメールのタイトルみたいなトコも考えるのメンド臭え」
友達が携帯で簡単に連絡をとりあう光景を見て羨ましくなってしまった神楽ちゃん
定春を合間にそれとなく銀さんに携帯をねだることにしてみたけど、定春ボイスでそれとなく拒否されてしまったり…てか言い合う杉田さんと釘宮さんボイスが面白い♪
目の前にいるのに直接喋らないから聞いてた新八が切れちゃいましたね!!
今度は新八をママに見立てて口喧嘩になっちゃったり…ちょっと面倒な感じになってきた(苦笑)
そんな時、定春の四次元ポケットから携帯が三台出てきたー!?

データは元々壊れていて持ち主は不明、アドレスも塗り替えられていたとか
通話は無理だけどメール機能は修理できたということでとりあえず使えるようですね
語尾がおかしかったりとツッコミどころ満載ですが念願の携帯が持てて神楽ちゃん嬉しそう~
お揃いのストラップもつけていつどこにいても一緒で片時も手放したらダメと約束を!
って銀さんと新八に笑顔向ける神楽ちゃんが可愛すぎる♪
翌日から一日に何度も神楽ちゃんのメールが…って行動監視しての内容はやめてくださいw
猫を捕まえる仕事中、足を踏み外して落下してしまったときも大丈夫と二人に返信したり、
普通の会話ですらもメールで送ってくるようになったりとなんだか携帯中毒のような状態(苦笑)

とはいえ初めてのことだから些細なことでも報告したくなるんだろうな~
キャサリンの時代は手紙じゃなくて果たし状ってどんだけ嫌われてたのかw
直接話しづらいことも文面でなら伝えやすいこともあるしこれが本来の神楽ちゃんでは…
もしかしたら返信を待っていて大量に送ってきているのかもしれないと
そういえば面倒くさがって二人とも全然返信してなかったようで
男は肝心なことは格好つけて口に出さない、それでも女は聞きたいときがあるとか深い~!!
銀さんも新八も思い当たることがあるから言い返せなくなっちゃいましたねw

たまには優しいメールの一つでも…といってるときに丁度送信がありました
ちょっとおかしな文面に続き銀さんが間違って一斉送信しちゃってたようですが文句いいながらもちゃんと送ってあげてるとこがさりげなく優しいですよね♪
差出人のメアドは別人で、文面には携帯の情報を漏らせば命はないと脅迫めいたものが!!
元々の持ち主はどんなヤバイ人なのか、一気に緊張状態になる新八達!
さっきのメールを修正して送信した銀さんのメールが変なとこで区切られてるんですがw
しかもこれに反応して九ちゃんからやたらと興味津々な内容が届いたり、西郷さんからお誘いがあったり、東城は…ってもうこの人は放置プレイでいいですよねw
頼りになりそうな感じだった桂さんからは攘夷志士勧誘の迷惑メール!!
てかイメージ映像だと脱いでるんはなぜ!?お色気シーンは視聴者へのサービスですか(マテ)
石田さんもいい声すぎて思わず反応してしまいましたw

その頃、新しくできたメル友と会っていた神楽ちゃんから写真つきのメールが届く!
相手のデスキャンサーに神楽ちゃんを人質にとられ、ファミレスまで携帯を届けるようにと
どうあってもカタギの人じゃないと慌てふためく新八に対し相変わらずの銀さんの対応が(笑)
それに食いついたデスキャンサーのかっこ文字がまた…銀さんもちゃんと本文に打ってくださいw
というか熱中してフィーバーしてるときの銀さんの照れた表情が可愛かった♪
店の名前を教えたことで乗り込もうとしてきたデスキャンサー、誤って別の場所に
携帯を取り返すどころかすっかりフィーバーして満足しちゃってましたし
しかも神楽ちゃんのせいでデスキャンサーから昇華してホーリーキャンサーになった!!
あはは、すっかり変貌していい人になったりと一体どんなショックが与えられたのかw

三つの携帯には忘れてはいけない想い出が詰まっている――
実際は対面して話すことは愚かろくに人の目をみることもできない小心者男なのだとか
そんな無口な男に嫁いできた奥さんとの過去回想に入っちゃいました(苦笑)
床屋を営んでいたけど口下手なせいで客足も遠のき悩んでいた…
お客さんが来なかったのはあの鉄の爪のせいだと思いますけどw
見かねて用意してくれた携帯も結局は本人あてに送ることはできなかったんですね…
ここまで気遣って心配してくれてた奥さんがいい人すぎる!!
奥さんに届けることができなかった言葉が詰まっているとしんみりした雰囲気になったのに~
中身はほとんどろくなことしか入ってなかったですよね、まぁ生前冗談の一つでもと
言われてたのできっと冗談の境界線がわからなくなってしまったんだろうなと(笑)

かけがえない大切な携帯だから返してほしいと頼まれ差し出す銀さんと新八
けれど神楽ちゃんにとっては二人とも繋がれる大切な携帯――
まだちゃんと返信してもらってない、夫婦は遠く離れていても繋がっているのに万事屋は
そうじゃないしいつまでも過去を引きずるなと怒ってその場から駆け出しちゃいました
橋の上でストラップを千切って捨てる光景がまた寂しくなってしまったり…
奥さんの三回忌に付き添った銀さん達は、そこで自分を慰めるためにメールを打っていた
顔を突き合わせ友人と語り合うことを望んでいたのにそれはできなかった、
最後に本当に届けたかった一言を送って終わりにすると告げるホーリーキャンサー
何も言わなくても伝わるだろうと、格好つけて取り返しがつかなくなってから醜態を晒す…
そんなことにはなってほしくないから銀さん達に託そうとしたんですね

「俺たちの捻くれた感情乗っけるにはそのカラクリは小さすぎらァ
まだ来てねえじゃねえか ばーさんの返事」

銀さんのこういうとこホントカッコイイですよね!
最後に届いた天国からのメール…
本当は神楽ちゃんが送った優しい嘘だったけど、その気持ちも伝わったんじゃないかなと
知らないといいながら届いてるだろうといってくれた銀さんがいいなぁ♪
携帯はなくなったけど、お揃いのストラップは手元に――
目に見えないものだけど、三人はちゃんと絆で繋がってるんですよね
しみじみ万事屋は家族だなあとちょっと温かい気持ちになりました!

次回「葬式って始めていくと意外とみんな明るくてビックリする」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(18)   Top↑

税金