アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2011.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.06≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2011年05月 」 の記事一覧
2011.05.31 Tue
BLEACH 324話「瀞霊廷奪還へ!隊長たち、動く!」
尸魂界に戻るため喜助さんの協力を得て断界内を通り向かうことになった隊長たち!
拘突をコントロールできはずもないのにタイミングよく現れることになっていたのか…
それは因幡が自分の能力で発生する時間を操ってわざとぶつけているということだったと
まわりくどい説明を省いて先にいっちゃう兄様、さすがですw
因幡の影響を受けない場所を拘突後方に確保したためその場を走るように告げる喜助さん
しかし少しでもタイミングがずれれば永遠に断界内に閉じ込められることにもなりかねない、
一か八かの作戦だけれど綱渡りなのは覚悟の上ですよね(苦笑)

一方、浦原商店に戻ってきた一護は治療中の他のメンバーと同じように望実も診てもらうようにと
相変わらずコンは蹴られてたりしましたけど心配されてなんだかちょっと嬉しそうでしたねw
素直になってくれた分これからは色々と協力してくれそうな感じですね
それよりもあまり状態のよくない一護の方が心配になりますね、無理してるようだし(汗)
大丈夫だと強がってたら剣ちゃんに思いっきり蹴り飛ばされたー!!
あはは、どうやら一護を試したみたいだけど、確かに普段の一護なら避けられてたようなw
尸魂界に行く前に一護じゃ無理だと突っぱねたりしてたけど
報告のついでとはいえ一護の様子を案じてくれたりとなんだかんだと優しいですよね!

断界内へ侵入し拘突の背後をとることに成功したものの、隊長達の霊圧によって拘流が発生―!!
しかも因幡は拘流のまわりの時間に細工したりと巧妙な罠を仕組んでいたようで
その中で天譴を発動し一人だけ迫る界壁に飲み込まれた狛村さんがー!!
ただでやられるわけじゃないと思いますが抜け出してくるまでには時間がかかりそうでしょうか…
それぞれがひとまずこの場所で別れ、十二番隊を目的としてあとで落ち合うことに!

山爺VS霊骸の京楽さん・浮竹さんの師弟対決!
双魚理、花天狂骨でのバトルが久々に見れてよかったです!
いくら本物に酷似していたとしても自分の意志ではないと指摘する山じいに、霊骸なりの
誇りがあると連携で攻撃を繰り出す二人にどう対処するのか…
山爺の炎熱攻撃も威力を増してましたね、実力で圧倒してましたけど捨て身の攻撃に投げ打つ二人の動きに違和感を感じてる様子で…

剣ちゃんVS霊骸剣ちゃんとのバトルも開始!!
最初から眼帯を外して霊圧を解放して本気モードの剣ちゃん!
って霊圧で刀を弾いて壁に投げつけたりと霊骸の方もかなり強い感じで手強いですし
でも、劣勢に立たされても戦いを楽しむ姿勢を変えないのはいつもの剣ちゃんですね!
土砂降りの中激しさを増す二人の斬り合いが凄まじいものに…!!
そしてついに霊骸に胸を貫かれて倒れてしまった剣ちゃんが!
意識が遠のきかけたもののやちるちゃんの声に戻ってきた剣ちゃんがなんだか切ない(汗)

「負けたくねえとかいったが俺はただ勝ちてえってだけだ」
再び立ち上がった剣ちゃんは両腕で構え霊骸へと刀を向ける――!
最後まで剣ちゃん同士のバトルはかっこよかったなと倒れた剣ちゃんを心配して
駆け寄るやちるちゃんのやりとりも一護との戦いを思い出してちょっとしんみりしちゃったり…
こういうときの雨の演出とかも反則ですよね(苦笑)
その頃、因幡を追い詰めたかに見えた卯ノ花さんだったけど、やはりこっちの勇音さんも霊骸だった!
細工した穿界門から浄化作業のため通った副隊長から霊子を採取し霊骸の中に組み込んだと
つまり卯ノ花さんの霊骸も既に準備済みというわけで、そのためにわざと穿界門に誘っていた…今度は因幡に囲まれた卯ノ花さんがピンチに陥ることに…!!
それにしても夜一さんは今どこにいっちゃってるんですかね?
駆けつけてくれると凄く頼りになるし助かるのですが…(苦笑)

☆次回予告☆
次回はシロちゃん同士のバトルが見られそう…!?
因幡の下にはどうしても一番に到着したい兄様に根負けしたシロちゃんが(笑)
あはは、別に競争する必要ないのに張り合う兄様が面白すぎです!

☆死神図鑑ゴールデン☆
霊骸勇音さんに優しく微笑んで傷つけないから戻ってくるよう促す卯ノ花さんが黒いー!!(苦笑)
ってつい癖で行こうとする勇音さんを霊骸卯ノ花さんのオーラが怖すぎるしw
精神攻撃を受けてる勇音さんが可哀想に見えてきちゃいますね!
というか個人的にブラック対決は楽しみすぎです♪
スポンサーサイト



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(9)   Top↑

2011.05.30 Mon
銀魂 210話「無法の街に集うはキャッホーな奴ばかり」
かぶき町四天王篇スタート!!
予告で既にハラハラドキドキしてたので一週間待ち遠しかったです!

かぶき町の中で最強の人間は誰なのか――四天王は勿論ですがその中には銀さんが!
その情報を聞いてやってきた椿平子@野中藍さん!
最近だとすっかり電波なあのキャラのイメージが強いですが(笑)
すれ違いざまに切りかかってきた相手の刀を一瞬で叩き割った銀さんがカッコイイなぁ♪
笠の下から現れたのは自分を子分にしてほしいと土下座する可愛い女の子!?
万事屋の前で見張ってる平子、鼻提灯を割られただけで殺されかけそうになった新八が(苦笑)
あはは、すっかり舎弟気取りな感じですけど朝から騒がしいと神楽ちゃんに怒られちゃいましたね
最初の登場時と服装のスタイル変えたのは銀さんの真似だったり?

銀さんに前髪の一部つかまれてぶらぶらしてるのがなんだか可愛いw
目にハイライトがない分なんだか病んでる雰囲気醸し出してますけど(ぁ)
抗争となると女手で一騎当千の働きを見せかけた植木蜂一家の『人斬りピラコ』が平子の正体!?
悪い人ほど綺麗な花を咲かせるとか別のものが咲いてるんですけど、背景が怖いw
しかもその一家は次郎長一家のだまし討ちにあってもうなくなってしまったのだとか…
親分に小さい頃拾われ、極道の世界で生きてきた平子はそれからどうしていいかわからず次郎長の行方を追って復讐するためにやってきたということなんですかね(汗)
あわわ、また物騒発言連発な面倒な子と知り合っちゃいましたね~

すっかり極道気分で平子と往来を歩く神楽ちゃんがノリノリでw
これ完全に目立ってるしろくでもない人から目をつけられそうですね(苦笑)
ご近所さんと仲良く会話してると思ったらショバ代取り立てようとしてるし油断も隙もない!!
関わりたくないということでほとんどの店がシャッター閉めちゃうのも無理はないです
というか銀さんも極道から引き離そうととんでもない危険な名前つけられてるしw

女の子っぽさの勉強をしようということで早速ケーキ屋さんへ入った銀さん達
…横でドカ食いしてる銀さんと神楽ちゃんに周りの人から視線集中ですがw
てか一生懸命フォローする新八のポーズがてへっ☆なのが気になった(笑)
平子に馴染んでもらおうとお皿のケーキを食べた新八だけどG扱いされることになってるしww
ちょ、これは色々と酷いですね!アンチ新八って可哀想すぎる~(苦笑)
次は乾物屋へ…ってこれは神楽ちゃんの好きなものをチョイスしただけですよねw

そんな時、ちょっとぶつかっただけで難癖をつけてくるあたり屋と遭遇してしまい(汗)
もし次郎長一家の一味だったら大変だと、穏便に済ませるはずだったのに銀さんがさらにややこしく
振り払われただけで吐血して全身粉砕骨折とかありえなさすぎるww
おつりをもらってた神楽ちゃんも全然関係ないのに便乗してるしどうするんですか!
とはいえお登勢さんの知り合いということで銀さんはかなり有名な様子…
銀さんたちは見逃してもらったものの、平子に責任はあると連れ去られ手をあげられそうになったのを見て庇う銀さん!!女性に手をあげるような相手を見逃すわけにはいかないですよね!
腕を掴んで思いっきり放り投げちゃいましたけど反対側の店に被害が出ちゃいましたよ(苦笑)

気持ちはわからなくもないけどこういうときはさくっと逃げとく方がよさそうな…
トラブルを起こしたということで次郎長と喧嘩するしかなくなったと喜んでる平子がホラーですw
ってこれも平子の実力ならあっさり対処できたろうしはめられちゃったんですかねw
でも銀さんを見てる限り自分からどんどん手をだしてる気がしてしまう(笑)
証拠隠滅のために生コン取り出した神楽ちゃん、それは絶対ダメですからー!!
というかダミ声神楽ちゃんが面白いよww
しかも詰め込んでたところをまさか黒駒に目撃されてしまうとは~

その頃、町内会の会合に呼び出されて出席していたお登勢さん!
四天王のうち三人集合してるとか既に雰囲気がドロドロしてるし(苦笑)
この場所に呼び出したのは、均衡が崩れ始めているかぶき町を何とかしようと持ちかけてきた!
揉め事が多いのは知ってましたが、お登勢さんにしたらそんなことに巻き込まれる理由はないですよね、万事屋も手駒だなんていわれる筋合いないですし…
「この街は誰のもんでもありゃしない
アタシもアイツもこの街で筋通して勝手に生きてる ただそれだけさね」

しかしそれだけでは気に入らない連中もいるとなにやらけしかけてる感じがするのですが(汗)

「我等の敵は次郎長ではないかい?」
危険因子である次郎長一派を徒党を組んで潰そうという計画を提案しきた華陀…もっと別の意味が含まれてる気がしてならないし、機会を伺って自分が牛耳ろうという魂胆なんじゃ(汗)
その場へ噂の本人次郎長@菅生隆之さん!!
そういえば一期のときとキャストさん変わってますよね??
…初代さまと同じ方になってにニヤリ♪これは楽しみが増えました~!

新八を神楽ちゃんを囮に使い、ゴミ箱に隠れていた平子と銀さん!
復讐なんてしてもだれも面白くなんかないと諭す銀さんがいいなぁ…
淡々としてるけど仲間を失った経験がある銀さんが話す言葉だから深いというか何というか(汗)
実際のところ、植木蜂一家は健在で看板を畳んで紅花農園に転職したのが本当の話だったー!!
どう考えてもあの言い方じゃ誤解しちゃうと思うのですが~つまらないから飛び出したってw
重い過去を考えて遠まわしに止めようとしたのに完全に無駄足だったようで(苦笑)
しかし次郎長がなくした花をもう一度咲かせに来たってなんだか意味深な感じがする…
これ以上付き合え切れないとさっさと別れようとしたものの、生コンが固まって抜けられずw
というかどうしてそこに入れて固めちゃったのかわからないです(笑)
オマケにその場を溝鼠組に発見されちゃって絶体絶命のピンチー!!

一方、次郎長の挑発に刀を向けた華陀の部下は本人も気づかないまま一刀両断…!!
次郎長はとんでもない居合いの達人ってわけですか、怖すぎる(汗)
そのまま他の一派の面々も会合場所に突撃してきましたが…西郷さんが仏像を倒してその場を収拾!!
ってその仏像も粉々に粉砕したりともはや一撃自体とんでもないことになってるし
四天王の配下に属するものは私闘を禁じ、破った勢力は残る三つの派で徹底的に殲滅すると――
「徒党を組めばこの次郎長のタマがとれるとでも思っているのかい」な菅生さんボイスがかっこいいなぁ♪

ともあれ戦争を回避するためにはこの手段をとるしかないということで全員が承諾!
ってそんな時既に溝鼠組に囲まれた銀さんがヤバイ状況なのですが~…
争いの火種を作らないためにもと協定を結ぶことになったとはいえ既にトラブル発生(汗)
もしかしたら平子ってこの抗争状態を引きこすために投入されたのかな??

次回「墓場で暴れるのは幽霊だけではない」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(4)   TrackBack(20)   Top↑

2011.05.30 Mon
花咲くいろは 第9話「喜翆荘の一番長い日」
できるだけ早くなんとしても徹を見つけ出し旅館へ戻らなければならない緒花!
こっそり隠れて様子伺ってたら関係ない披露宴のパフォーマンスに割り込んじゃったり
しかしこれよく怒られなかったですよね、司会の人も慣れた感じだったし
受付の人に聞き込みするもののさすがに名簿を見せてもらえるわけもなく…
仲居の格好でうろうろしてる分他の人からも注目されることになってしまい~
しかも探してる最中草履の鼻緒が千切れて思いっきり転んでさらに目立ったりと大変なことに(苦笑)

一方、旅館では人手が足りない分ちょっとしたミスも出始めてるようですね
蓮さんは相変わらずうまく立ち回れてない感じだし、ホントこのままだとヤバイですね…
何とか手がかりだけでも掴もうと連絡をとり、徹の居場所がわかるものがないかと連絡してきた緒花
唯一わかるのは同級生の結婚式という情報ぐらいだったのが(苦笑)
落ち込んでいる中、丁度コウちゃんから電話がかかってきた!!
事情を話して相談に乗ってもらったりとやっぱりコウちゃんって緒花の拠り所になってるんだろうなと

「緒花がそれが一番だって信じてやったことなら何とかなるんだよ これからだってきっと!」
深く考えず旅館を飛び出してきたことを後悔してるものの、その方が緒花らしいし今までもそうやって
緒花はまわりを変えたり窮地を切り抜けてきたのも事実だと励まされちゃいましたね
実は緒花が街へ行ってるとわかりショックなコウちゃんが~
本当はこっそり旅館へ行って緒花を驚かせようとしてたんだろうなぁ
元気付けられて緒花はすっかり復活しましたけど、コウちゃんの気持ちを思うと居た堪れない(苦笑)

会場に戻った緒花、今度は新郎の年齢調査へ!!
って聞き込みしてる緒花の様子は徹にも無事に伝わったようですね
発見できて安心したのか倒れちゃう緒花、ちゃんと説明しないと意味不明すぎるw
駅に到着したところで旅館に戻ってくるときいたコウちゃん、一方的に電話を切られたりでホント可哀想だ…
喜翠荘に泊まろうとしても満室で断られたり…
せっかく湯乃鷺にいるというのに二人は会わずに行き違いになってしまうとは~
お互い気づかず逆方向へ…な場面がちょっと切なかったです(汗)

「お前がそれが一番だって思って俺んとこに来たんだろ?ならいいさ
お前が俺のことをそう思ったんなら必ずうまくいかしてやるからさ」

結婚式を途中で抜けさせてまでと謝る緒花の頭をぐりぐりする徹がw
必死になって迎えに来た緒花に徹からの緒花の印象がまた変わったんじゃないかな、このときの徹がかっこよかったです♪
それにしても緒花、ついさっきコウちゃんに似たようなこと言われたのに忘れてるし(苦笑)

戻ってきた徹の言葉にすっかりいつもの調子に戻った蓮さん!
あれだけテンパってたのにこんな簡単に元に戻るのにびっくりw
引き抜きのときは対して気にしてなかったけど、やっぱり蓮さんも徹がいないとダメなんですかね(笑)
どうやって見つけられたのかと訊かれたのにコウちゃんのことをスルーされたりな緒花とみんちのやりとりが面白かった!
そして徹の口ぞえで始めて揚げ物を担当することになった民子!!
頼りにされて凄くはりきってる感じでしたね!
あ、でも揚げ物なら髪の毛きっちりしまわないと危ないと思いますが(苦笑)

女将さんの帳面はお客さんを対応するにあたってかなり役立ったようで
というか巴さんも自分なりにつけてるんですね~
このあたりはさすがに仲居頭といったところでしょうかw
お客様はみんな等しく同じでおもてなしも平等…なんだかいい感じにまとまってきましたね!
崇子の指示で料理を変更しようとしていた次郎丸も他のメンバーに見つかってあえなく退場w

厨房では出来上がったてんぷらを徹に試食してもらうみんちが!!
手が塞がってるから菜ばしでそのまま食べさせてあげてましたけど、その様子を見て緒花が表情緩ませたりwでも確かに微笑ましい光景でつい和んじゃうのもわかりますけど、見られたみんちは恥ずかしそうで(笑)
ほっこりといったのは雰囲気であって天ぷらの感触じゃなかったのに伝わってなかったですが
ってお客さんを楽しませようと腹芸を披露する次郎丸ww
これ、逆にお客さんにとって迷惑んじゃないかと思います(苦笑)

なんとかこの激戦を乗り切った緒花たち!!
ぐったりしてましたけどかなり充実感もあったんじゃないかなと
緒花が片付けを手伝っていた部屋の老婦人の娘さん…この人が覆面記者じゃないのかな??
でもたとえ誰が記者だったとしても、それぞれのお客さんに心が安らいで満足してもらえるような
おもてなしができたのならそれでいいんじゃないかなと
仕事のノウハウも学んでまた少し緒花も仲居として成長した感じですかね!
コウちゃんに報告メール打ってましたけど…緒花の間には溝が出来はじめてしまったような(汗)
バイト先の女性も気になりましたし波乱の気配を感じます…
無事に戻ってきた女将さんを従業員全員で迎えることに!!
すっかり連帯感が生まれていい雰囲気の中終わりましたね
何となくだけど女将さんもそんな空気を感じ取って嬉しくなったりしたんじゃないのかなと
とはいえ検査の結果が気になりますね…何もなかったらそれでいいのですが(汗)

次回「微熱」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-09-16.html

テーマ:花咲くいろは - ジャンル:アニメ・コミック
花咲くいろは    Comment(2)   TrackBack(99)   Top↑

2011.05.29 Sun
青の祓魔師 第7話「友千鳥」
『人見知りを克服するため、密かに「友達を作る!」と決心を固めるしえみ。さっそく出雲に声をかけようとするが、ドジな性格が災いして、なかなか上手くいかない。その後、授業で手騎士の才能を見せたしえみは、同じく手騎士志望の出雲に友達になって欲しいと告白!しかし、しえみを小馬鹿にする出雲は、適当にあしらって彼女をパシリにしてしまった。そんな中、燐たちの寮で祓魔塾の合宿が行われる。』


祓魔塾の中であまり馴染めてないしえみはこの前燐に友達じゃないと否定されたことが引っかかって何とか友達を作ろうと積極的に女子メンバーに話しかけるものの、不器用で中々うまくいかず
いつまでも燐ばかりに頼ってられないと頑張るのもいいけどなんだか空回りしてしまいそうな~
夏休み前に行われる候補生(エクスワイア)認定試験―
昇格すればより専門的な実践訓練になるため、難易度の高いものになると事前に強化合宿が!
用紙に称号を記入して提出ということでわからない燐は早速勝呂たちに質問!!
そういえばその前にしえみに訊ねようとしてやめるシーンがカットされちゃいましたね
このあとのこと考えるとこういうちょっとした態度って入れた方がいいんじゃないかと思ったり(苦笑)

祓魔師に必要な技術として騎士・竜騎士・手騎士・詠唱騎士・医工騎士の五種類があり
どれか一つでも称号を取得すれば祓魔師になることが可能なんですよね!
丁寧に教えてくれる子猫丸にお礼いってる燐の笑顔が可愛い♪
なんだかんだと他のメンバーともあっさり馴染んだり勝呂のこと坊呼びしたりw
ほとんどわからない燐に結局勝呂も根負けして教えることになっちゃうんですよね
刀剣で戦う称号…ということで燐はナイトを目指すことに決めたようで!
そんなやりとりを離れてみていたしえみもまたちょっと方に力が入っちゃってる感じが…

魔法円・印章術で悪魔を召喚する能力があるか試してみることになった燐たち
ここでネイガウス@置鮎さんの登場!!
使い魔にするためには強靭な精神力も必要だけど何より天性の才能が必要だと
ちらっと燐の方を見たのが意味深な感じでしたよね、なにやら知ってる雰囲気で(苦笑)
略図を記した紙に血をたらし、頭に思い浮かんだ言葉を呼びかける儀式…
出雲ちゃんの白狐の召喚シーンが派手でかっこよくなってたなと!!
というか素直に感動してる燐が可愛すぎると思います♪

次にチャレンジしたしえみはグリーンマンの幼生を召喚することに成功!
原作で見たときも可愛かったけどアニメでもニーちゃんは可愛いなぁ
共通の話題で話しかけるチャンスと頑張るしえみに嫌味で返したり
まぁ初期の出雲ちゃんって色々…ですし印象はかなり嫌な感じですよね(苦笑)
ってそれも褒められたと前向きにとらえるしえみも中々凄いと思いますがw
使い魔となったとしても自分より弱いものには従わず自信をなくせば逆に襲い掛かってくる…
危険を感じた場合魔法円を破壊すればいいわけだけど、色々と注意して取り扱わなきゃいけない存在なんですよね

「私とお友達になってください!」
一生懸命宣言したしえみを便利屋扱いし始めたり(苦笑)
荷物持ちしたりと早速付き人みたいな感じになってるし、これは心配になりますよね
初めての友達が出来て喜んでるけれど本人が気づいてないだけで
まわりからみたらどうみてもパシリにしか見えないですしこれは明らかにおかしいです(汗)
男子寮でスタートした合宿、頭を使いすぎてぐったりしてる燐がw
毎日みっちり勉強って苦手な燐にとってはさぞかしキツイものだろうなあ
頭冷やしてこいとかさりげに声をかける勝呂とのやりとりがいいなと(笑)

お風呂に行く女子メンバーを見てた志摩君の悪い癖が出てる(笑)
…無謀な冒険はしないとかいってる雪男が一番怪しいと思えてきたり(マテ)
一緒に入ろうとしたもの裸を見られたくないからと断られたしえみ
その間に飲み物を買っておいてほしいと頼まれたり、これはさらりとキツイですよね…
「誰かを助けられるくらい強くなりたい!だってはじめてできた友達なんだもん!」
友達がすることじゃないとわかっていても役に立ちたいと思う気持ちが勝ってるのかな…
さっと輪に入っていける燐との差を感じてしまってついヤツアタリしてしまったんだろうなぁ

小学生の頃、キツイ態度が原因で誤解されていた出雲にも隔てなく接してくれた朴ちゃん
悪魔が視えたせいで色々とまわりから陰口も叩かれてたんですかね…
友達になって塾も一緒に入ったけど、授業についていけないところや自分が祓魔師には向いてないと薄々感じてたのかな…
それに頑張るしえみをバカにするのもおかしいと厳しい言い方でしたが…
こうやってはっきりいってくれる人こそ本当の友達ってものなんじゃないかと
そんな時、脱衣所に現れた屍系の悪魔!!
白狐を召喚しなんとかしようとした出雲の動揺を読み取り白狐は従わず逆に襲い掛かる―!!!
駆けつけた燐が紙を破るように指示したりと凄くてきぱきしてましたね

自分ひとりじゃない以上降魔剣は使えない…
ニーちゃんにアロエを出してもらい魔障を受けた朴の手当てをするしえみ!!
ようやく雪男が駆けつけてなんとかなったものの危なかったです…
ギリギリで間に合ったものの逃がすことになったりとこのあたりは今後のことを考えてですかね(苦笑)

適切な処置のおかげで朴ちゃんも助かったみたいですね
「たった一人の友達も助けられなかった…嫌われた…」
なんでもできると思っていた出雲ちゃんにとってはショックだったろうなと
泣いてる出雲ちゃんを気遣って服を貸す燐がさりげなく優しいですね!
戻ってきた屍を操っていた犯人は実はネイガウスだったことが判明しましたが、
誰かの命令で動いているということもわかりかなり怪しい雰囲気がしてきましたね
それにしても半裸状態できまずそうな燐が可愛すぎる~♪
あはは、でも早く行って貰わないと背中に隠してる尻尾がばれちゃいますよね!(笑)

次回「此に病める者あり」

テーマ:青の祓魔師 - ジャンル:アニメ・コミック
青の祓魔師    Comment(6)   TrackBack(25)   Top↑

2011.05.29 Sun
デッドマン・ワンダーランド 第7話「原罪(レチッド・エッグ)」
『医務室で手当てを受けていたガンタは、突然胸の痛みを覚える。とほぼ同時に、大きな揺れがG棟を襲う。胸の痛みが続く中、忘れていた幼い頃の大切な記憶を思い出すガンタだったが……。そして、その揺れの裏で進行する、デッドマン・ワンダーランド所長とシロの謎の会話……。全ては「子守唄」を中心に動き出す――!』


冒頭から所長とシロのバトルシーン突入にびっくりしました!!
デッドマンとしてとんでもない動きでシロと対峙してるし…
植物状態っていうのも玉木を欺くための嘘だったりしたんですかね(汗)
この戦いのせいで施設内で大規模な揺れが発生――
…レッドホール現象も実はレチッドエッグが原因だったり??
倒れる棚から守るようにした羊の姿にレッドホールのときのことを思い出した水名月は相変わらず乱暴な態度だけど多少は落ち着いたのかな?
本性が出ても変わらず兄として接してくれる羊を少しずつ信じ始めてるのかもしれないですね
あんなことがあったのにまだ一緒にいられるのも凄いなと思うけどたった一人の家族だからなのか…

「シロ…お前は…レチッドエッグ 見捨てられた卵なんだよ」
ついに明かされたシロの正体ー!!
…知りたくなかったけどやっぱりそうだったんですね(汗)
こんなことわかってしまったら本当にガンタが救われないよ…
システムが作動中はシロとして、封印が解かれるとレチッドエッグになるということなんでしょうか
罰ゲームで右目を失った千地に申し訳なく思うガンタ、本人は随分あっけらかんとしてましたが
DWでは日常茶飯事で慣れていくしかないと割り切るしかないのは複雑な気持ちになります(汗)

弾丸にして飛ばす罪の枝の使い方が少なすぎると、ガンタの技を『ガンタガン』と命名!
あはは、何やら微妙なネーミングつけられちゃいましたがやっぱりいい人っぽいw
どうせならエースマンみたいにカッコイイ技名がいいとなにやら昔のアニメで盛り上がる二人が(笑)
昔はなりきって遊んでたけど、いつもガンタは相手のシロに負けっぱなしだったようで
というか抵抗しないガンタにシロも容赦なかったですよね(苦笑)
って怪我を心配してシャワー中確認しようとした羊はやりすぎかと~
ガンタが避けた結果水名月が投げた植木鉢が直撃した千地が不憫すぎる(苦笑)
流血しながら勝負最後の頭突きが最高だったとか言われても困りますw

小さい頃のガンタ@朴さんボイスが可愛すぎでした♪
医療施設に入院していたシロをよく見舞っていたんですかね
元気付けようと持ってきたエースマンのフィギュアにもヤツアタリして壊してしまったり…
犬に襲われたガンタを鮮やかに助けたシロは悪いと思ってたんだろうなぁ
颯爽と登場したエースマン代わりのシロに向けたガンタの表情があの笑い方に繋がるのが(涙)
思えばレチッドエッグ時の格好もエースマンそっくりですもんね…
この施設、そもそも何の研究してたのか…ガンタの母親も研究員だったみたいだし…

「不条理と混迷が現実であるならそれを正すのが人間の役割である
貴様らに出来ぬというのなら私が動く 鳴かぬなら斬って捨てる! …狐狩りだ」

いまだに重要機密にたどりつけないマキナもついに我慢の限界に!!
思いっきりシステム一刀両断しちゃってましたけど頼もしい限りですね
そろそろ本格的に始動してくれそうなので楽しみです♪
何らかの形で赤い結晶『ネームレスワーム』を取り込むことで罪の枝が発症する――
そこまで突き止めた玉木たちはデッドマンを量産しようとしているんでしょうか…
感染源のレチッドエッグの詳細を知る必要があるけど、所長の合意がないと無理というわけで…ただその所長もシロに敗北してしまいましたしこのままあっさりと玉木の思い通りになってしまうのか(汗)

「坊主じゃねえよ兄さん 超坊主だ」
弦角@森川さん!!久々の鬼畜キャラっぷりに思わず反応です(マテ)
G棟では受刑者の刑期が商品とは定められていない…
カストポイントを貯めるために玉木の言いなりになっていたのに、
羊にしてみたら怒りを抑えられるわけないですよね(汗)
知っていて利用していたとかやっぱりえげつないです…
挑発する玉木に向かっていった羊は弦角の前に倒れ伏すことに…

その頃、反体制組織というスカーチェインのメンバーと対面していたガンタ
突然殴りかかってきたのも勧誘するためにやったことだったようで(苦笑)
リーダーの剣ヶ峰凪@小野さんから話を聞くことに!…いい機械の声すぎる(ぁ)
DWを完膚なきまでに潰すためにメンバーを募っているとのこと
中にはこんな風にこの体制をどうにかしようと水面下で戦ってる人たちもいるんですね
ガンタにとっては心強いことだろうなぁ…信用しきっていいのかはわからないですが…

他人になりきってこの場を乗り切る…水名月がこの性格になったのは
G棟の環境に放り込まれたことも大きく影響してるんじゃないかなと
死肉祭でのイメージが強すぎて印象はいまだによくないですけど(苦笑)
化せられるはずの罰ゲームは剣ヶ峰の裏工作によって献体は髪だけで済んだようで
なんだか拍子抜けしちゃいましたけどこういうこともできるんですね
もしこれで信用できたなら自分達の計画に協力してほしいと!!
そんな時ボロボロになった羊をつれ弦角が来襲…!!!
ガンタガンも簡単に跳ね除けられ初めて罪の枝が効かない相手に遭遇したガンタ
こんな状況でも逃げないし諦めないんでしょうね(汗)
デッドマンへの対抗手段がないわけもないだろうし罪の枝を無効化できる人間ってことに??
それぞれの派閥が出てきたし、物語も進展してきそうですね
さらに新キャラも増えてきそうですし続きが気になります!
…そろそろ公式のキャラ紹介も増やしてほしいなと(苦笑)

次回「自由の鎖(スカーチェイン)」

テーマ:デッドマン・ワンダーランド - ジャンル:アニメ・コミック
デッドマン・ワンダーランド    Comment(0)   TrackBack(19)   Top↑

2011.05.27 Fri
電波女と青春男 第7話「誰かさんの思い出になる日」
『真の部屋訪問より約一月前。和菓子屋でバイトしている前川さんに、謎の人物からペットボトル入りのコーラ5本が届けられる。最近頻繁にペットボトルロケットを打ち上げている人からの贈り主ではと推理した前川さんは、打ち上げ現場を訪れて、1人の男と遭遇。男は自分が贈り主だとあっさり認めると、前川さんにペットボトルロケットの製作を依頼してきた。1体につき5000円という破格の製作費を提示され、前川さんは依頼を引き受ける。』


店の前に差し入れとしておかれたペットボトルを見つけた前川さん
毒は入ってませんとかいかにも怪しいんですけど(苦笑)
バイト先の店長代理の小牧さんに相談してみるものの、処分もせずあっさり受け取っちゃうしw
犯人候補として浮かんだのは廃校でペットボトルロケットを打ち上げる男性のこと
しかしいつも平日の昼間すぎ…って仕事は何をしてるのかも謎だし気になりますね!

珍しく学食でランチする真が気になった前川さんから色々訊かれてギクシャクしてる真が~
得体の知れない相手のいる現場へ向かうのは心無いと、頼れる男子を!と考えたものの
どうにも前川さん視点からしたら頼りなさげに捉えられた様子であっけなく却下されちゃいましたね
うろ覚えの名前で真を呼んだものの、普段と違うから真もびっくりしてましたしw
…やっぱり前川さんからは『転校生』呼びされてるのが落ち着きますね
にしてもいまだに名前をちゃんと認識してないというのもどうなのか(笑)

バイトが終わったあと、廃校へと向かい目的の人物と接触することに!
って耳にタグがありましたが女々さんをストーカーしてた人と一緒ですかw
EDによると名前は山本さん…でいいんですかね(笑)
本物のロケットを打ち上げられないから代わりにペットボトルロケットで試しているのだとか
宇宙のことになると話が弾むのはこの街出身の住人ならではなんですかね?
前川さんの手先が器用だと話を訊くと、ロケットを製作して欲しいとのこと
しかも一体につき五千円て手間とか考えてもかなり効率いいバイトですよね!

「誰かが困ったときは前川さんなのだ」
そして話は戻り、家で三人きりになって気まずい真たちサイドへ!
場を和ませようとお茶を淹れた真だけど…湯のみをひたすら次の人に回すって何してるんだか(笑)
「粗茶ですが」な真@下野さんの言い方がちょっと可愛いと思ったり♪
戻ってきた前川さんは白衣に伊達メガネ 似合いますね!!…普段の格好よりいいなとw
というかこの白衣もコスプレの一つだったりするのやら?(笑)

前川さんが持ってきたのはペットボトルロケットの材料ですか
そういえば、女々さんの依頼でといってましたけど山本さんと女々さん実は付き合いがあるのかな?
ロケット飛ばしてる理由も知ってたっぽいですし…でもどうして宇宙人ストーカー呼ばわりなのか(笑)
どうしてこんなことになったのか、探りを入れた真だけどはぐらかされちゃいましたね
…女々さんからもあまり詳しいことは知らされてないのか、秘密にするよう言われてるのかなw

見よう見真似でやってみることになったものの、一人うまくできないエリオ
カッターでボトルを切断するときの手元が危なっかしくてちょっと不安になりますがw
夕食は各自思い思いのものを作ることに決定し、まずはリュウシと前川さんがキッチンへ!
って調理中真がエリオの頭を撫でてたら包丁向けるリュウシが!!人に刃物向けちゃダメです(苦笑)
前川さんお手製の親子丼はかなりおいしかったようですが…リュウシの鶏肉がない親子丼ってw
中身にはパイナップルとは独創的すぎてついていけない~それでも完食した真は偉いなぁ(笑)

その夜、遅いし夜道を歩くのも危ないからと泊まればいいと
なにやら着替えも用意したりと積極的なエリオが可愛かったです!
少しずつだけどまわりと接点もとうと自分なりに頑張ってるのかな?
お風呂に入るだけでもかなり苦労したようですねw
エリオは服のまま入るし、前川さんは一分でのぼせるとか面倒見るのも大変です~!
あ、でもバスタオル一枚なリュウシを見れたのは真的にラッキーだったということで(笑)

「実は明日ね、私の誕生日なんだ」
誕生日には特別なことが起こって欲しいというリュウシに、誕生日祝いをしようと
祝ってもらうのは特別じゃないけれど、それを言い出してくれたのが真なのは嬉しいだろうなぁ
もし昔のクラスメイトにエリオが絡まれていたとして、通りがかった真は絶対にエリオに味方すると…
自分の立場が悪くなったところで見捨てられるわけないとやっぱり面倒見がいいですよね
「私はそういうとき藤和さんの味方にはなんないよ …でも、丹羽くんの味方にはなると思う」
正直に気持ちを打ち明けるリュウシもいい子だなと
珍しく高得点青春ポイントが出たみたいですしこれは真もキュンとしたっぽい♪

翌日、完成したロケットを持って浜辺へやってきた四人
てっきり海水浴にでもなると思ったら海へ行く約束がここで果たされるとはw
事情はつかめないにしろ他人に手を貸すのもたまにはいいと思い立った真!
ロケットの打ち上げは成功するのか…で続くと(笑)

次回「ツィオルコフスキーの祈り」

テーマ:電波女と青春男 - ジャンル:アニメ・コミック
電波女と青春男    Comment(2)   TrackBack(49)   Top↑

2011.05.27 Fri
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話「ほんとのお願い」
『秘密基地に家出してきた「あなる」に「じんたん」は、ずっと学校を休むことなんて出来ない、家出なんてずっと続くわけがないと話す。それと聞いた「あなる」は「じんたん」は昔と変わらないと告げる。』


親に怒られた鳴子はそのまま秘密基地にプチ家出してきちゃったようで
お気に入りのぬいぐるみやタオルがないと安眠できないっていうのが可愛すぎる♪
最初の一歩は気楽でも、だからこそダラダラ続いていつのまにか学校に行くのが辛くなる…
今の仁太からしたらいえる立場じゃないかもだけど、経験者だから尚更深いし説得力あるかと(苦笑)
なんだかんだと仁太もめんまも、超平和バスターズの皆って不器用で優しいですよね
家に帰ろうとした仁太を止めようとした鳴子が躓いてなにやら押し倒したような姿勢に~
…ここで買い物から戻ってきたぽっぽが目撃とかタイミング悪すぎですねw

三人揃ってめんまの日記を開き、願いごとについて何かわからないか調べてみることに
ってほとんど数行で終わっていていまいちどんなことがあったのかわからない内容なのが(苦笑)
みんなで揃って仁太のお母さんのお見舞いに行った日、早く病気が治るようにとロケット花火に願いを書いた手紙を入れて空へ飛ばそうと考えていたことを思い出す――
こんなところからも他人のことを気遣う一面がまた浮き彫りになりましたね(涙)

機嫌を直してもらおうと、帰宅してから塩ラーメンをめんまに作ってあげた仁太
ずっと拗ねてるかと思いきや案外早くめんまも元気になってくれてよかったです♪
学校に行くと嘘をついて仁太が向かった先は秘密基地!
サボってるのに制服なとこをつるこに指摘されてファッションだから…は確かにないですw
とりあえず花火を作ってみようと思い立ったものの火薬の取り扱いは年齢制限があり、玩具用でも資格を持ってないと無理のようですね
昔全員が考えたお手製の花火の作り方もざっくばらんで怖すぎる(笑)
見返してみたらとんでもないけど、子供の頃は無限の可能性を信じて絶対にできると思っていた…
高校生が凄く大人で何でもできると思ってたものの実際に自分達がなってみるとそうでもなかった、っていうのはわかるしそれだけ考え方が現実的になったということですかね…

本人にこれが正解なのか確かめるのは怖いと告げる仁太を
いつも仁太のことを見送っていたゆきあつに被ると感じたつるこが…
「宿海には内緒にして集まろうっていったんだよ、めんまが」
相談があると秘密基地にめんまが呼び出したとき、仁太には秘密だったんですか(汗)
全員が集まってたシーン、あれは別の日だったのかそれとも仁太も偶然来てしまったのか…
本人には秘密にして何を相談しようとしていたのかなと…

父親から近所に祭りの際花火師を兼ねている人がいると訊いた仁太
って仁太パパも深く聞かないですが突然花火を作りたいとか危ないとか思わないのかなぁ
しかし簡単な花火を作るための金額でも二十万――…!
死ぬ気でバイトする!!な二人にだけに負担させられないと仁太もバイトをすることに
というかそもそも学校休んでるのにバイトだけしてるって容認されるものなのか(苦笑)

鳴子と同じ店でバイトすることになった仁太だけど接客はまだいまいちですねw
そんな時、同級生らしき客に陰口を叩かれる鳴子を庇って大声で挨拶する仁太!
あはは、相変わらず突拍子もないけどホント仁太って優しいですよね
「なんかこうしてるとあの頃と変わらない」
昔に戻ったみたいだとほっとしてる鳴子が思わず『じんたん』てあだな呼びしちゃったのがいいなぁ♪
それにしてもつるこが勉強熱心なのは、ゆきあつのペースについていくためだったんですね…
勿論、仁太のことを蔑ろにしてるわけじゃないけどつるこにとってはゆきあつが中心なんだろうなと
いつかつるこの気持ちも報われるといいなぁと思います!

回覧板を持ってきたご近所さんから最近仁太がバイトしてることを知っためんま
息子にまかせっきりだからいい…ってそれはちょっとどうなのかと(苦笑)
それに本人からじゃなく迂回して聞くのってあまり気分いいものじゃないですよね
秘密基地に向かっためんまはぽっぽとのやりとりからどうしてバイトをしているのか
理由を立ち聞きしてしまいびっくりして駆け出した!!
思わずぽっぽ相手にもじんたんっていっちゃう鳴子がwにしてもゆきあつるこって面白い(笑)

「めんまが自分のこと考えてない間 ずっと…じんたんがめんまのこと考えててくれたんだ」
工事現場で必死に働く仁太を見つめるめんまは本当に嬉しかっただろうなあ
こっそりライトの向きを変えて足場を見やすくしたりとささやかなお返しでしたね
疲れた仁太を労うために大量の蒸しパンを作っておいためんま仁太に楽しいのか訊ねてましたね!仕事は大変だけどこっちの方が生きてる感じがすると
一緒にいる時間は少なくなったけど、目標に向かって頑張る仁太は輝いて見えたかな?
前金を持って花火師さんのところへ頼みに行ったものの、
役員に漏らしてしまい高校生に手を貸すことはできないと断られることに…

「仁太君たちがあなたのために色々頑張ってくれてるみたいよ…ふざけてるわね」
必死にやりくりしている仁太たちのことを知りながら否定するめんまのお母さんがちょっと怖い(汗)
これはやっぱりめんまが亡くなった原因が仁太達にあると思っていての言葉なのか…
父親も厳しい人みたいですし本間家は思った以上に複雑な家庭環境だったりするのかな(汗)
右往左往しつつも仁太がリーダーらしい一面を見せてくれるようになりましたし
この困難をどうやって乗り越えていくのかなと楽しみです!

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-07-23.html

テーマ:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル:アニメ・コミック
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。    Comment(0)   TrackBack(84)   Top↑

2011.05.26 Thu
SKET DANCE 第8話「ナーバス&ジェネシス」
『モモカがスケット団に相談にやってきた。幼稚園で行った人形劇の経験から子どもたちが喜ぶ仕事に就けたら素敵だと声優を目指したいという。さっそくボッスン達はスイッチのアニメDVDコレクションを使い声優オーディションの練習を始めるが・・・。モモカの声は子どもたちに届くのか。』


幼稚園で人形劇を披露した際、モモカの声を気に入ってくれた先生が知り合いのアニメ製作関係者に話したところ、声優のオーディションに誘われたそうで!アニメのことはわからないけれど園児を喜ばせることができるのなら…と何か役に立てる仕事につけたらいいと思い立って挑戦してみることにしたんですね♪
モモカ本人とのギャップにぽかーんとしてるボッスンとヒメコが(笑)
…というわけでアニメに詳しいスイッチに相談に乗ってもらおうとスケット団へやってきたと
自分の得意分野ということでやたらとノリノリなスイッチが面白いです!
あはは、作画も思いっきりⒶ先生っぽくなってたりと気合入ってるしw

監督の名前を聞き、アニメ作品を提示したスイッチ!
BDと初回特典版両方揃えてるのがさすがといったところでしょうかw
ひとまず映像を見たあと音声を消しモモカがアフレコにチャレンジしてみることに!
素人の声優の真似事ほど寒いとか羞恥心を乗り越えるべきとかドSなスイッチがたまらない(マテ)
にしてもこの二人はナーバス、OPからしてネガティブすぎて聞くに堪えられない(苦笑)
小さい子向けっていうはずなのに、メインのキャラがマリッジブルーになってたり
妊娠した母親の悩みとか…いくらなんでもドラマパートの設定が重過ぎるよw
これでゴールデンタイム放送、大ヒットって視聴層が凄く気になる(笑)

今度は魔法少女もの…ってセレクトしたものがやっぱりおかしいし
悪事を働いたものに対し脅迫して買収する…とかそんな現実的なものいらないですよw
子供の心がすさんでブラックになっちゃいますからー!!(苦笑)
とりあえずキメ台詞を練習してみると、素のオーラで思いっきりボッスン達を怖がらせることにw
にしても久々に顔が×になってるキャラをアニメで見た気がします(笑)
オーディション当日、どんなことがあっても切れないようにとヒメコから注意を受けていた
モモカだったけど、執拗なセクハラを受けて黙ってなんていられないですよね!!
…こういうところで相手の弱味に漬けこもうとしたりするのはホント最低だと思います(汗)
監督にマジギレしたモモカの態度は見事魔法ヤンキーアニメのヒロイン役を射止めることに!
新人なのにいきなりヒロインは凄いですがモモカなら可愛いからすぐに人気者になりそうです♪

ジェネシス部設立のため、生徒会に嘆願した山野辺先生!
得体が知れない部に許可を出すわけにはいかないと、
実際に競技する部員三名以上を集めて実際にどういうものか見せるようにと言われたそうで…
真っ向から厳しいことを言われたそうですがいくら教師相手でもそりゃ当然ですよね(苦笑)
ということで渋々仮部員としてスケット団が協力させられることに~
着替えてグランドに集合した三人は早速ジェネシスをやることになったものの、足ヒレを装着してわざと動きにくくさせてからやったり、改造した網に変な名前をつけてたりとツッコミどころがw
しかもバレーボールとドッジボールのコートに近いとかもはや設定が緩すぎる(笑)
試合前の舞がスイッチだけ違うのが気になりすぎて何がなんだかw

もう先生のいってる意味がわからないのですが、ようはいろんなスポーツをかじってるだけですよね(ぁ)
得点の数え方とかいちいち名称がややこしいのとヒメコのツッコミで変わってるし!
こういうルールを的確に理解して一番最初に会得するスイッチは凄すぎですが(笑)
一週間後、すっかりマスターしたボッスン達は椿くんの前で試合を披露することに
こうやって見てるとなんだか爽やかスポーツ漫画みたいになってますねw
設立は認められたものの、掛け持ちは禁止という拘束がある以上もしジェネシス部にボッスン達が入ることになるならスケット団は廃部となる…ということでまた一から部員を探すことになったようで~
そもそもこんな内容なら作らない方がよかったんじゃないかとw
個人的にスケダンはシリアスよりギャグパートが面白くて好きですが感想は書きづらいなぁ(苦笑)
前半はモモカとスイッチメイン回だったので楽しかったです♪

次回「円太やります!」

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック
SKET DANCE    Comment(0)   TrackBack(3)   Top↑

2011.05.26 Thu
NARUTO疾風伝 213話「失われた絆」
発作を起こし宿屋で休養していたナルトは付き添っていたヤマトから里へ戻ることを告げられ…
少年時代を思い出したナルトの回想がメインとなっていましたが、
これまた懐かしいシーン満載で色々と切なくなってしまったり…
前回はサクラの想い、今回はナルトの思い出という感じで進んでましたね
同じ班の仲間でありライバルであるサスケをいつも追いかけていたナルト
中忍試験の際、投げかけてくれた言葉は自分を認めてくれて嬉しいと思ったものの、大蛇丸の呪印がきっかけとなりイタチ兄さんとの再会で隅に追いやられていた復讐心が…といった感じで(汗)
葛藤しつつ苛立ちがピークに達しあの屋上でのやりとりから里抜けへと繋がるわけですね…
君麻呂@森川さんー!!これまた懐かしいシーンでつい反応しちゃいましたw
終末の谷のバトルも神回だったなあと思い返してみたり…

「結局オレはサスケのことを何もわかっちゃいなかった わかったつもりでいただけだった」
それがわかったのは大切な師匠を失ったときようやく理解することができたと(涙)
絆を失う辛さを実感したときのナルトはなんともいえないですが、
憎しみの連鎖を断ち切るために自来也さんはナルトに未来を託したんですよね…
というか、イタチ兄さん!!ー(泣)
どこまでもサスケを仲間だと思っているナルトにならどうにかできるという気持ちもあったのかな
けれど暁に入り指名手配犯となり五影会談も襲撃したサスケをまだ仲間、友と思っているナルトはどうするべきなのか――…やはり自分自身で確かめにいってしまうんですよね(苦笑)

大人しくしてるとみせかけてナルトは影分身と入れかわって宿から抜け出してるし(苦笑)
さっき手に取ったポーチのふたがあいてるのもクナイをとって床に穴を開けるためだったとは~
それにしてもヤマトもちょっと油断しすぎという感じもありましたがw
来週はいよいよカカシとサクラがサスケと対面!!となりそうですね(汗)

次回「背負うべき重荷」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.05.25 Wed
Steins;Gate 第8話「夢幻のホメオスタシス」
『ジョン・タイターから「救世主になってほしい」とのメールを受け取った岡部は、ダルと紅莉栖に、過去を司る女神作戦(オペレーション・ウルド)の再開を告げる。そして、岡部は自分だけに世界線変動前の記憶を保持する特殊な能力「リーディング・シュタイナー」があることを示唆する。その能力を立証するために、Dメールの実験を重ねる岡部たちは、4日前の萌郁に“ケータイの機種変更をするな”というDメールを送る。その結果、世界線は変動し、萌郁の行動が変わり、彼女がラボに来なかったという過去に改変されてしまった。そして、Dメールの話を立ち聞きしたるかから“女の子になりたい”と打ち明けられる。岡部らは、るかの母親のポケベルに、「野菜をたくさん食べると女の子が生まれる」という俗説に従って、野菜を食べることを勧めるメッセージをDメールで送った。その直後──岡部を再び奇妙な感覚が襲う。リーディング・シュタイナーが発動したが、るかの外見には一見なんの変化も観られなかった。確かに世界線は変動したはずなのだが…』


タイターからの宣告に驚いた岡部の反応がまた面倒くさいことになってましたねw
世界線を越えてもその記憶を継続できる力 リーディングシュタイナー
本当にそんな力があるのかどうか確かめるためにも再度やってみるべきだと!
そもそもは岡部の設定だったはずなのにとんでもないことになってきた(苦笑)
他の人は移動する前の記憶の一部を失ったというよりも上書きされたに近いんでしょうか?
五日前のダルにフェイリス杯のカードの配置をDメールで知らせ優勝させるという作戦でしたが…
あっけなく敗退したという結果で過去が変わった形跡はないまま…
Dメールを送信すると必ずしも世界線が移動するというわけじゃないのかな
前回は岡部の携帯に…となってたのでそのあたりが関係してるんですかね

過去が変わったとわかりやすく確認できるものはないかと考える紅莉栖だけど、
自分でチャレンジしてみるのはあまり乗り気ではない様子で
実験は興味深いけど、いざ自分がそれに関わって過去を変えてしまったら卑怯だと
過去に何か複雑なことを経験してきたりしたんですかね…
真面目な話をしようとしてると萌郁から自分もやってみたいと催促メールが(笑)
って本人が突然目の前に現れるのは怖いよ!!一体どこから二人のやりとり見てたのかとw

タイムマシンについて色々と訊ねてくる鈴羽
やたら熱心だったりというのも気になりますが
なんだか岡部とタイターのメールのやりとりを知ってるような台詞だったんですけど(苦笑)
相変わらず紅莉栖には冷たい態度で…険悪ムードだとまゆしぃも心配してるし(苦笑)
萌郁の自分あてのメールには携帯の機種変更しない方がよかったというわかりやすい内容に!

電話レンジを使おうとしたとき、この間のお詫びにとるかがスイカを手土産に訪れてきました
邪魔しないようにとすぐに帰るるかを見送って実験を再開すると…
以前と同じように奇妙な感覚になり直後にその場にいたはずの萌郁の姿が消えていた(汗)
るかが訪問せず萌郁という人が誰なのかすら知らないというラボのメンバー
最初から存在すらなくなってしまったのかとヒヤリとしましたが、メールを送ると返信が!
世界線が移動したあとの世界では、どうやらラボの一員にはなってないようですね…

話があるとラボへやってきたるか、今度は強制的にコスプレさせられる展開に~
あはは、どこからどうみても女の子にしかみえませんw
感想を聞かれた岡部もうろたえてまともな反応できないし!!(笑)
そういえば、紅莉栖がるかを見たときの反応がちょっと気になったのですが…
お詫びのために前日訪れた際、扉越しにDメールの話を聞いていて
同じように過去にメールを送ってみたいのだと相談されちゃいました
秘密にするはずなのにどんどんあちこちに漏れてるんですが~(苦笑)

「実は…ボク、女の子になりたいんです!」
あはは、性別転換したいとはまた思い切ったことを打ち明けられましたね
容姿にコンプレックスのあるるかは性別が変われば自信がもてるんじゃないかと思ったようで
…ずっと女性だと思ってた紅莉栖には中々衝撃的な事実だったようですがw
確かめて落ち込んでるのがちょっと面白いと思ったり(コラ)
過去に遡って母親に野菜を食べさせれば女の子が生まれるんじゃないかと
にしてもいくら野菜を食べただけで…なんてとても思えないですよね(笑)
本人がそれで納得するならということで了承しるかもラボメンバーに加入決定!
しかしるかが生まれた当時まだ携帯が普及していない…ということでポケベルに送信することに

母親の番号を入手し早速るかが考えた文章を送信してみると…
…岡部の力が発動したということは世界線が移動したように思えましたが
見た目も特に目立った変化は見られなかったし態度もいつもどおりだったので
その場にいるるかの中身が変わったかどうか確認のしようがないのが問題ですね(苦笑)
ただ、まゆしぃが『るかちゃん』て呼んでたので性別が変わってしまったんじゃ…
Dメール一つでとは信じがたいけど実際どうなったのか凄く気になります!

次回「幻相のホメオスタシス」

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック
Steins;Gate    Comment(0)   TrackBack(75)   Top↑

2011.05.24 Tue
BLEACH 323話「護れ一護!望実の決意!」
二手にわかれ望実の行方を捜している中、川辺で霊骸の恋次と遭遇しチャドが応戦することに!
その間に織姫が倒れてるルキア達の治療を開始とこっちも何とかなりそうでよかったですが
ルキア達が発見されるのがあっさりしてたのでなんだかちょっとした違和感が(苦笑)
その頃、本物と入れ替わった霊骸の浮竹さんと京楽さんは山じいと面会し打破しようと目論む!!
ってさすがにそんな簡単にやられるはずもなく斬りかかる前の殺気の気配でばればれでしたねw
それにしてもこの二人と山爺との対決も久々でどうなるかは楽しみです♪

一方、断界通過記録をもう一度洗いなおした卯ノ花さん、大霊書回廊まで足を運んでいたようで
その中で断界に執着している人物・因幡を見つけ事件の黒幕ではないかと指摘!
マユリ様だとしたらやり方が姑息すぎる…ってさらっと毒舌な卯ノ花さんがw
にしてもある時期以前の記録がないというのはやはり因幡の能力に関係してるんでしょうか
隠さなきゃならない秘密が霊骸を使っての尸魂界の制圧と繋がってくるんですかね??
その場に現れた因幡と対峙することになった卯ノ花さんだけど、一緒にいる勇音さんって確か霊骸だったんじゃ…それとも今いる勇音さんは本物でしょうか?(汗)

チャドVS霊骸の恋次!
こっちは一気に片をつけようと恋次が卍解し防戦一方状態になり苦戦するチャド
ってその前へ今度は恋次本人が駆けつけてきましたねw
相変わらず本人同士の戦いだと画面上がややこしいことに~
チャドが狒骨大砲を破壊した直後攻撃するという二人の連携で勝利しましたが、
二人がかりだったからなのかあっさり終了しちゃいましたね
霊骸に入ってたのがただの義魂丸じゃないというのはどういうことなのか…

その頃、神社へ到着した望実がようやくここへきた理由を話してくれましたね(苦笑)
存在を知られていない穿界門が多数あることが調査によって突き止められた…
自然にできた穿界門の中にはいろいろな種類が存在し、その一つを利用して永遠に逃げ込もうと!
また一人で勝手に決め込んじゃってますが、断界へ行く方が逆に因幡の思い通りになるんじゃ(汗)
決意が変わらないのなら一緒にいくと望実を気遣うコンが優しいなぁ♪
結局望実には木に縛り付けられることになっちゃいましたけどw

そんな時残った霊骸全員が望実の前に現れ再びヤバイ状況に!!
案の定この穿界門の情報も把握済みだったということで逃げ場はないと!
行きたくないと拒む望実のところへ一護が駆けつけてきたー!!
今回のオリジナルはいつもいいタイミングで誰かしらやってきますよね(笑)
六対一の状況に難があると卍解で一気に殲滅した一護だけど、ますます霊圧が不安定になってきているようでそのうち限界がきちゃいそうですよね…
「約束したからだ、お前を護るってな だからもう一人でいなくなろうって考えるなよ」
自分がどうなろうと守り抜くといってくれた一護に素直になった望実がw
これからは少しは考え方を変えて独断行動はしなくなりますかね

☆次回予告☆
汚れてボロボロのコンが雑巾扱いになってるしw
…予告だとすっかり望実がデレてたんですがー!(笑)
剣ちゃん同士のバトルもありそうで楽しみです♪

☆死神図鑑ゴールデン☆
霊骸の浮竹さん、病弱なところもそっくりってそこはいらなかったんじゃ(苦笑)
薬を飲み忘れたことを怒られて山爺に活を入れられたりと何やってるんですかねw

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(10)   Top↑

2011.05.23 Mon
銀魂 209話「いつまでもあると思うな親と金と若さと部屋とYシャツと私とあなたとアニメ銀魂」
冒頭打消し音が多すぎて何をいってるかさっぱり(笑)
しかし元々やるはずだった内容って一体なんだったんだろう…気になりすぎる!!
大人の事情でスルーされたのか、来週からシリアスだったから一週遊んだのか(ぁ)
ちなみに先週の標語ってサブタイの一部だったんですねww

コタツに入ってグダグダトーク、いつもの銀魂ですけど…いつ終わるかわからないから
八回同じ内容放送するとかいうのはさすがになしの方向でお願いします!
とりあえずAパートはダンボールの神様にのせての一期総集編でしたね
マダオ@立木さんのヒット曲をフルで聞くことにまたなるとは、色々と切なくなってきたw

特報映画告知白夜叉降誕ー!!
桂さんの独白から修羅へかかる演出がかっこよすぎるよ!
アニメツアーのDVDそのまんまでしたけど無駄にドキドキしちゃいました♪
そういえば高杉さんの左目を斬った相手って誰だったんですかね…いつか本編で明かされるかな?
銀さんと高杉さんの共闘シーンは目に焼き付けたことを思い出しました(!)
無駄にテンションの高い過去の感想→銀魂 ジャンプアニメツアー2008&2005

「視聴者の皆さん気づいてると思うけど…んなもんやるわけねーだろ」
あはは、そんな落ちがあることはもう想定済みですから!!(笑)
たまたま劇場番がヒットしたぐらいでそう簡単にことは進みませんよねw
でもいつかやってくれると心の中でひっそり期待することはいいじゃないですか♪
今回もしっかり仕込んで次の劇場番は三年後に…って不安すぎる~
個人的に沖田のドS開拓史は同時上映で見てみたいですww
最後のやりとりはDVDと多少変わってましたけど大体は一緒でしたね!
あ、「俺、参上!」は是非鈴村さんにお願いしたかったなと(マテ)
四年ためてワンピースの四分の一なら16年かけて貯める…ってそこまで銀魂続くといいなぁ(ぇ

帰ってきた銀八先生
あはは、痛さを表現するためにって説明してくれたけどやっぱりわからないですw
想像図にハタ皇子とかじいやとか全然関係なかったですし(笑)

冷血硬派高杉くん!
銀魂 帰ってきた3年Z組銀八先生リターンズ 冷血硬派高杉くん (JUMP J BOOKS)
小説バージョンの方も面白そうですよね!
銀さん@杉田さんのダラーっとしてるナレが面白い♪
シリアスキャラの高杉さんがボケまくってるというので読んでみたいとは思ってるんですが~
写輪眼を盗んだ犯人探しって…まず同じ学校にカカシ先生がいた不思議(笑)
…もしかして和彦さんが銀魂にご出演?なんてことを考えてしまいます

眼帯つけてる高杉さんが怪しいと疑われることになったものの、個性がありすぎる設定なので必要ないとw
保健室に行こうとした新八の左目が写輪眼にー!!
人気投票結果を受けて無理なキャラ設定を作ろうとした結果だったのやら!?
…でも新八は前回順位キープしてるから別によかったんじゃないかと(笑)
面白かったのでこれ是非シリーズで本編で放送してもらいたいです!
それにしても二年後篇のときと同じぐらいキャストさんが豪華でしたね~!!

次回「無法の街に集うはキャッホーな奴ばかり」
かぶき町四天王篇が次回からスタート!シリアス長編来るー!!!
「我らお登勢一家 仁義通させてもらいやす」
予告のお登勢さんと銀さんに既にハラハラドキドキしっぱなしでした(苦笑)

1024-by-768-327047-20070602001943s.jpg
画像整理してたとき懐かしいのが出てきたのでとりあえず張っときます(笑)

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(6)   TrackBack(22)   Top↑

2011.05.23 Mon
花咲くいろは 第8話「走り出す」
回覧板を持ってふくや旅館までやってきた緒花は、
結名から聞いて温泉雑誌の特集で湯乃鷺が特集されると知り興味津々!
ランキング上位になれば予約も増えて売り上げアップに繋がるとまた緒花のスイッチが入りそうな~
取材で写真撮影されると困るからと結名は別の心配してましたが(苦笑)
宣伝するため無料宿泊券を配ろうとしていた縁だけど、ばらまけばいいってものでもないですよね
話題性をあげようと努力する気持ちはわからなくもないですけどこの場合逆効果になるんじゃ…
週末なのに一組しかお客さんがいないと巴さんが愚痴っていたところ、常連さんや飛び込み客が次々に予約を!!…これは何かの前触れだったりするんですかね、一気に増えるのも気になりますしw

大量の食材を持って戻る民子の荷物持ちをしながら温泉特集の話をする緒花
ランキング1位になって満員御礼になれば女将さんも満面の笑みになって給料アップ…って(笑)
あはは、とても想像できないですけどそのあとの休暇が普段とほとんど変わらないしw
そもそも三人一緒に休みをとれるようなことなんてまずないんじゃないですかね?
予約が相次ぎお客さんの数は合計で二十名という大人数に!!

嬉しくなって全てに宿泊可能と返事してしまったようですが…女将さんのいうように
従業員も少ない状況で受けて満足のいくサービスができなかったら元も子もないですよね(汗)
料理の方はどうにかなるとして問題は仲居二人で立ち回れるかどうか…
「大丈夫 いざというときは私が手伝うさ」
不安を取り払うように女将さんが協力すると持ちかけてくれました!
なんだか緒花が来たときより随分雰囲気がやわらかくなったような…?

休みよりも仕事を覚えて一人前になることを優先するみんちは偉いなぁ!
純粋に本当に板前になりたいと思って努力してるんですよね
また一生懸命の民子を見たら徹が好きになってくれるかもって(笑)
照れ隠しに早足になるみんちが可愛いなぁ、でも珍しくホビロン!!て出ませんでしたねw
そんな時、具合が悪そうに廊下に座り込む女将さんの姿が…
緒花が付き添いタクシーで病院へ向かうことになりましたが、持病が悪化でもしたんでしょうか…
こういうときこそ自分がなんとかしなきゃと意気込む縁が心強く見えたのは一瞬だったのがw
…以前の失敗もありますし頼る相手は選んだ方がいいかと(苦笑)

いつもは女将と仲居という関係だから、緒花もつい家族ってことが頭から抜けてたのかな…
救急車を呼んで騒ぎにでもなればとこんなときでもお客さんのことを第一に考えてる女将さんの仕事に
対する姿勢は相変わらず厳しいですが、それが旅館を背負うっていうことなんだろうなと…
「緒花 頑張りな 頼んだよ」
帰り際、緒花を励ますようにきかせた女将さんのことが何か引っかかる…
きっといつも自分のことは後回しにしてきただろうし、重い病気じゃないよね??(汗)
母親に連絡しようとしても相変わらずの留守番電話で…
ふとコウちゃんにもかけてみたいと思った矢先、本人から電話が!
びっくりするタイミングでしたけど、なんてことないやりとりがこういうときって安心できますよね♪
トンネルで電話が切れてうまく伝わらなかったけど、コウちゃんも喜翠荘へと向かっているようで
再会したときにどんな会話をするのか楽しみですし二人の関係が進展するのかも気になる!

客のふりをしてあちこち部屋に出入りしてる次郎丸が怪しすぎるw
人間観察力で覆面調査員がどこにいるのかリサーチしてたようですけど…不安すぎですから!
いきなりお客さんが増えたのも理由があると力が入ってる崇子の策もあてにならなそうだしw
記者を見つけ重点的にサービスをして評価を得ると、その人達だけを特別扱いするってことで…
いくらまわりへ今までどおりのサービスをしてるとしてもどこかでその差は伝わって逆に他のお客さんが嫌な思いをしたりとかするんじゃないでしょうか(汗)
おまけに、夕食が勝負だと厨房にまで乗り込んでるし!
英語でまくしたてられて雰囲気に呑まれた蓮さんがプレッシャーにかかっちゃったじゃないですか~
ホント崇子は余計なことばかりしてるのが明らかに多い感じがします(ぁ)

女将さんが心配ならお見舞いにいってもいいと促す豆爺が優しいなぁ!
でもしっかりと旅館を任された以上緒花はなんとしても仕事をやりとげるんじゃないかと
部屋にあった帳面には今まで泊まったお客さんの好みや性格が詳細に記されていました
一度泊まった人のことを覚えて次に来てくれたときによりよいサービスを提供してるんでしょうね
いつもと違い慎重になりすぎてしまった蓮さんは準備に時間がかかり夕食の準備が間に合わなく…
それならばと調査員の可能性のある二組を優先的に対応するという指示が出そうな雰囲気に!
「お客様はみんな同じです それからお持て成しの心は皆に同じなんです
 それが女将さんなんです、喜翠荘なんです!」

ずっと怒られてきたからわかるっていうのも緒花らしい理由だなと(笑)
こういうときの緒花の決断力はやっぱり凄いですね!
人手が足りないならと休日の菜子ちゃんを呼び出してましたし
休みが潰れたことよりも頼りにされた菜子ちゃんは嬉しそうでしたね
これで少しでも菜子ちゃんが自信を持って仕事に専念できることがいいなと思います!

一方、結婚式のため町まで出かけている徹にも来てもらうことに!
いくら見習いとはいえまだ何も役に立てないからとみんちもどうにかしたいと思ってたんですね…
そのままの格好で飛び出した緒花は結婚式の会場へ向かう!!
もし女将さんがいたら…と自分ひとりの考えでやってることは不安だけど、
ただ待ってるだけじゃ何も始まらないしとりあえず何とかしようとするのは緒花らしいなと
式場まで来たのはいいけど徹がどの場所にいるのかはわからず片っ端から探すという手間が(苦笑)
こっそり忍び込んでましたけど果たして徹を発見して夕食の時間までに間に合うのか…
EDの入り方も凄くよくてこの続きが早く見たいなと!

次回「喜翠荘の一番長い日」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-08-13.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-903.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/05/8-84dc.html

テーマ:花咲くいろは - ジャンル:アニメ・コミック
花咲くいろは    Comment(2)   TrackBack(103)   Top↑

2011.05.22 Sun
青の祓魔師 第6話「まぼろしの料理人」
『学園生活を送る燐の目下の最大の悩み、それは毎日の食生活!メフィストから支給される生活費は、なぜか二千円札たった1枚!? これでは、セレブ御用達で高額な学食メニューなど手が届かない。燐は雪男の助言で寮の厨房を使い、自炊生活を始めることに。しかし夜に下ごしらえした料理が、朝になると消えているという事件が発生!』


巻末四コマを基にしたオリジナル回でしたね!
燐の料理上手設定がうまく生かされてましたし(笑)

朝から寝坊とか購買部で奪い合いとか学生生活のお決まりネタが見れたなと♪
購買部で最後のパンを奪い合う勝呂と燐のやりとりが白熱してるのが面白いw
って燐はいつのまにやら子猫丸と肩組んで馴染んでるのが~(笑)
遅れてやってきた雪男は女子三人組から手作り弁当を渡されるほどのモテっぷりで兄弟なのに大違いとかさらっと酷いこと言われてるし!困った雪男は燐を利用してさっさと逃げちゃいましたねw

学食のメニューの豪華さに目を輝かせた燐だけど…セレブな学校だけあってどれも値段が高すぎる~一番安いので2000円弱…ってそれでも十分高いかと(苦笑)
不都合を感じて値段交渉にメフィストの所へやってきた燐だけど、聞いてくれるはずもなく…
一流を知ることが重要とかいいながら目の前でカップラーメンとは説得力がなさすぎるw
そしてメフィストから燐へ渡された生活費はなんと二千円札一枚ー!!(笑)
そういえば最近このお札めっきり見なくなりましたね(ぁ)
文句をいったらマイブームの百円札に代えられそうになったりと不憫すぎるw
思わず降魔剣抜きそう担っちゃう燐の行動がわからなくもないです!
一方で雪男は祓魔師として別収入源があるからそう生活には困らないんですよね、ここでも違いが(苦笑)

食材を雪男が購入し、燐が二人分の弁当を作ることで解決しようと提案を!
というか今料理だけは得意ってさらっと毒吐きましたよねw
燐も早起きすることができて女子の弁当も断る正当な理由ができるとうまく考えましたね(笑)
にしてもホント燐の料理の腕前はプロ並ですよね~前の晩から用意するとか手が込んでるなぁ
翌朝、せっかく頑張って作った弁当が誰かに食べられてることに気づいた燐は雪男のせいだと激怒して飛び蹴り!!(笑)
あ、黒子メガネって言われてマジギレしてる雪男が面白かった(コラ)
特に気にしていなかったけどいつもちゃんと用意されている食事…
寮には二人っきりのはずなのに何気なく食べていたけれど作っていたのは誰なのか――
調理場覗いてみるとメフィストが料理の支度してたー!!
料理するのが見られるとは思わなかったですが、普段作ってたのは使い魔のウコバクだったと
人間が寝ている間に厨房に入り込んで料理をおいしくしてしまう悪魔なんだとか(笑)
燐が無断で使ったことで機嫌を損ねて仕事をボイコットしてしまったんですね
食材からして怪しかったけどメフィストの手料理は全力で遠慮したいですww

というわけで、ウコバクが戻ってくるまで食事の面倒の一切はメフィストが見ると!
…うわあ、それはなんとしても阻止するためにウコバクを連れ戻さないとですねw
「やる気がないならとっとと出てけ!料理ができんのはお前だけじゃないんだからな!!」
燐の挑発にようやく姿を現したウコバク…って意外と可愛い姿でしたねw
ウコバクとの料理対決がスタートし結果新たな友情が芽生えて一件落着!?
やたらと気合の入ってた料理シーンに爆笑です!

料理上手なところをアピールして女子への好感度アップを期待する燐が可愛いなぁ♪
って見た目で判断されてまたもや雪男の印象がよくなっただけなのが可哀想すぎる!
…中々燐のいいところがまわりには伝わりにくいのが残念ですよね(苦笑)
注文品を届けにやってきたしえみを寮の中へ招き入れた雪男を目撃していた女子三人組
どうあっても自分達の手料理を食べて貰いたいとやってきたようですが、しえみが彼女なんじゃないかと疑い出てくるまで待っていようとしたものの、しえみは鍵で雪男に見送られて帰宅しちゃったとw

深夜になっても出てこないのを見かねて勝手に寮の中へ入った三人は、冷蔵庫の中にある完璧な手料理にしえみが作ったものと勘違いしてゴミ箱へ捨てるとは…
って三人を鍋に入れて煮込みをスタートしようとするウコバクを早く止めないと大変なことに(汗)
自分の料理を食べておいしいといってもらえるだけで満足だといっていたウコバク…燐も同じような経験を小さい頃してたんですね、ここで獅郎との思い出とか反則です(涙)
失敗した玉子焼きも完食してくれたりと本当に嬉しかっただろうなぁ…
「料理ってのは誰かの喜ぶ顔が見たいから作るもんだ 誰かにうまいって言われれば嬉しい
だから俺は料理が好きだし作りたいって気持ちになるんだ
今のお前のその料理、おいしいっていってくれる人がいるのかよ!?」

どうして料理する事が好きになったのか、同じ気持ちがわかる燐の言葉はウコバクに通じたかと!
獅郎のことがきっかけで燐は料理の練習をさらに頑張るようになったということだったんですね

ウコバクが巨大化した原因は弁当を食べてもらえなかった無念さが元になっていたようで…
って今回ばかりは雪男が有耶無耶にしてスルーしたせいでこんなことになっちゃったんですね(苦笑)
一人で食べ終えた後具合が悪くなって暫く休んでいたものの、それから暫くは燐とウコバクの手料理攻撃がw体調よくないのにボリュームたっぷりのスタミナ弁当はキツいですよね(笑)

次回「友千鳥」
しえみが友達作りに動き出しそうですね~
あとはネイガウス@置鮎さんが楽しみですw

テーマ:青の祓魔師 - ジャンル:アニメ・コミック
青の祓魔師    Comment(8)   TrackBack(26)   Top↑

2011.05.22 Sun
デッドマン・ワンダーランド 第6話「ハミングバード」
『何もかもが狂っている――。死肉祭の初戦後、希望もないままに意気消沈していたガンタは、G棟で可憐な美少女、水名月と出会う。 涙をこぼしながら自らの境遇を語る、水名月のか弱い姿に心打たれたガンタは、ある決心をする。一方、惨劇の恐怖に苦しみつつも、目的のために再び動き出していた羊だが――!?』


不気味な笑い方をしたあとそのまま倒れてしまったシロ――
一方でレチッドエッグの封印が解かれたときと同じような慌て方を玉木達がしてたのでやはりシロは…ということになるんでしょうか(汗)
所長を警護してた二人が迎えに来てたりとかなり重要な存在だということは
間違いないっぽいですが 真相は所長が全て知ってるのかな?
普通に接してくれる人がいるあまり、異常な場所だということを忘れていたと感じたガンタは昨晩の千地の罰ゲームを見て食事も喉を通らない様子で…

というかこんなところに放り込まれて何とかやっていけてる方が不思議なくらいで現実から目を逸らしたくなるのも無理はないかと…
そんな時、部屋の傍で困っている声を聞いて女の子を助けたガンタ!
ってこの手当たりしだいなんでも食べそうな囚人も不気味です(汗)
EDだとマスって表記あったけどこれって名前なのかどうなのか気になるw

ガンタが知り合ったのは自分の部屋で花を育てる水名月という女の子
デッドマンとしてどうして戦わなければならないというのか、そんなやりきれなさを感じているようだけど、ガンタは水名月を意識しまいと話を逸らすことに(苦笑)
レッドホールで母親を亡くして以降父親が一変しDVを受けるようになった――
命の危険を感じたある日、無意識に罪の枝を使い父親を手にかけてしまったのだと…
能力を知らない兄は冤罪で捕まったと信じ無実を晴らそうとしているのだと
羊は水名月を助けるため囚人となり貯めたカストポイントで水名月の刑期を買おうとしてたのか(汗)
自分が全て悪い、死肉祭に出るのも嫌だと訴えかけたときに水名月の服が(苦笑)
一見すると心優しい穏やかな雰囲気だけど何か裏がありそな感じがして…
いざとなれば罪の枝もあると水名月を守ることを約束して一緒に逃げ出そうとしたガンタ
しかし看守に発見され、翌日の死肉祭の相手が水名月だという事実をつきつけられることに…!!

生命維持装置で繋がれてる所長…思ったよりも意識ははっきりしてるんですね(汗)
前回のノーネームのアバターは所長のものだったんですね
「ここはお前の夢の国ではない 私の作ったただの鳥篭だ」
自在にDWを操る玉木に警告のようなこといってましたけど、
なんだか色々と秘密にしてることがありそうですよね…少なくともシロのことは色々と知ってそうな感じだし、そもそも所長も今の状態になるまでに何があったのか気になります!

そしていよいよハミングバードこと水名月との対戦
ピアスを外しウィップ・ウイングを発動した水名月!!罪の枝は鞭のように操る能力なんですね
というか罪の枝発動で凶暴化して思いっきり別人状態な水名月が怖すぎる!!
昨日逃げようとした際に庇ってガンタが負った傷も狙ってわざとやってたことだとは…
罵倒の数々に攻撃に転じたガンタだったけど…この場に羊が乱入してさらに大変なことに(汗)
会場が盛り上がるならと玉木もあえて羊を止めようとはしないしホント人を物扱いですよね…

この状況を利用して何とか勝利しようとする水名月が黒すぎる(苦笑)
何も理解してないと庇っている羊の背から一気にガンタをしとめようとしてましたけど…
「そうやって親父も殺したのか?」
羊があの日の出来事を覚えていたことを打ち明けたことで動きが鈍ることに…
かっとなって自分が父親を殺したと思っていた羊だけど、実際は水名月が罪の枝を発動した――
妹がデッドマンだなんて信じたくなかったけれど、G棟に来て真実に触れ現実と向き合わなければならないとわかったんですかね…水名月のあの身体の傷って虐待じゃなくて自傷行為でつけてたのかな(汗)

必死に話しかける羊の言葉もあざ笑い、傍にいた羊を盾にしてガンタからの攻撃を防ぐ水名月!
実の兄に対しても容赦ないし普段抑圧されたストレスが露になった状態なんですかね(汗)
無実を信じて水名月のためにお金を稼ぎ、そのために利用されていたとしても構わないと宣言するガンタが…どんな困難や理不尽なことをされても相手を受け入れたり許せるのは凄いところだなと!
ここまで水名月が人間不信になってしまったのは過去に原因があるようで…
レッドホールが発生した直後、母親は助けを求めた水名月を置いて一人で逃げた――
親に見捨てられたことトラウマがきっかけで多重人格になってしまったんですかね?

「けど…そんなのもっと自分が辛くなるだけじゃんか!」
一度裏切られただけでまわりを傷つける行為は空しくなるだけ、
少しだけど水名月はガンタの問いかけに驚いてましたよね
片側のウィップ・ウイングを破壊し羊の拘束を解いたガンタは
動きを封じられながらも頭突きで水名月を圧倒した――!!
まさか罪の枝関係なしに攻撃されるとは水名月も思ってなかったようで(苦笑)
戦闘不能にすればいいわけだし命を奪わなきゃいけないルールはないですもんね
つい水名月の口調が移って玉木にまで喧嘩売ってるガンタがちょっと面白かった♪
「そろそろ私の望みを叶えてくれないか 子守唄が止んでいる」
観戦していた剥切はガンタとシロの過去についても詳しそうですね…
目覚めたシロの雰囲気も冷たいし、所長の望みが何なのかも気になります
どんなときでも諦めないガンタの精神力は目を見張るものがあるけれど、
シロの正体がわかったときでも同じようにいられるのか…色々と心配なところがありますが(汗)

回「原罪『レチッドエッグ』」

テーマ:デッドマン・ワンダーランド - ジャンル:アニメ・コミック
デッドマン・ワンダーランド    Comment(0)   TrackBack(22)   Top↑

2011.05.20 Fri
電波女と青春男 第6話「リュウ『コ』さんの、なんちゅーか、もやーっと」
『商店街の駄菓子屋・田村商店で働き始めたエリオ。そこへ、店の常連だった流子と、流子の友人・ミッキーが来店する。数々の奇行からエリオに悪印象を持つミッキーは、もう店に来るのをやめようかと言い出し、流子はエリオの悪評ぶりをあらためて認識。そのとばっちりで、真が学校で孤立するのではと心配する。そのような折、前川さんが真の部屋へ遊びに行くことに。真に対し、友達以上恋人未満の感情を抱く流子は、心中穏やかでなくなり……。』


入院している間、真をどんな風に思っているかずっと考えていたリュウシ
気がつくとついつい考えてしまっている…ってかなり意識してるようで
友達のミッキーとお気に入りの田村商店へやってきたものの、そこにはバイトのエリオが!
真も一緒にいるのを目撃したリュウシは買い物に誘われたのを断ってここを見張ることに
同じように商店を見張る人が二人…女々さんはともかく耳にタグをつけた男性は一体誰なのかw
あ、もしかして前回話に出てきたペットボトルのおじさんだったり?(笑)

正体を暴こうと色々妄想してる中、女々さんが耳に息を吹きかけてきたのがw
ギリギリのとこで手を貸してもらいましたけどホント人をからかうことが多いなぁ♪
なにやら気になる相手がいることもすぐにばれちゃいましたが恋バナするのも好きそうですよね
宇宙ストーカー…ってあの叔父さんは女々さんお目当てで尾行してるのやら??
まぁ女々さんのいうことだからどこまで本当なのかわからないですけど(苦笑)

店番してるエリオの三つ編みも似合いますね!
相変わらず真以外の相手にはギクシャクしちゃうけど、一生懸命仕事をしようと挨拶したり
まわりの環境に順応しようとしてますよね、真に向けたどや顔が可愛すぎるw
レジ打ちもしっかりやってたし、意外と他のバイトでもやってけそうな感じが(笑)
友達かどうか言葉を濁すリュウシと困った表情のエリオを田村さんは二人がライバル関係とでも思ったのかな~
今はまだなんともいえない関係ですけどこれからどうなっていくのか!

帰り際、言いづらそうに学校でエリオの評判が悪いことを話し始めたリュウシ
仲がいいのを目撃されたら真も孤立無援になってしまうかもしれない…
宇宙人宣言があまりにも有名になってエリオは居場所がなくなってしまったんですよね(汗)
悪い子じゃないとわかっていてもどうもとっつきにくいと感じてしまう部分もあるんだろうなと
中には極端に避ける人も多いだろうし、こういうことを真に直接打ち明けるのは色々キツイですよね
「危ない人には近づきたくないし 一人ぼっちは大嫌い それって普通じゃん?」
自分の印象第一にするならために黙っているのを選択する方が無難ですし
もしかしたら嫌われるかもと覚悟の上で伝えたリュウシはいい子だなと!
どうしていいか複雑な感情のリュウシをフォローする真も優しいなあ
シリアス空気にたえられず個性がないに反応して誤魔化すリュウシがw

これからどうやって付き合っていくべきか…悩んだ真は田村さんに相談してみることに
変人扱いされてるエリオと近づけば学校でも変な噂が立ってしまうかもしれない…
「どうしようなんてのは可能性の探索中
悩んで初めて現実の地に足がつく アドバイスなんてのはそれから求めるもんさ」

別に答えを求めていたのではなく話を聞いてほしかったことを田村さんは見抜いてたようですね
損得を抜きにすれば大抵正しいとかなんだかあっけらかんとしてわかりやすいなぁ(笑)
あれば充実する友達もいなくてもなんとかなる、敵になるとしても恐れる必要はないと!
田村さんとのやりとりの中でもう何となく答えは出掛かってるんじゃないのかな?

前川さんに家に遊びにいっていいかと訊ねられた真
自分の家じゃないにしろ女の子が部屋に…ということでテンパってるのが面白いw
どちらかというと前川さんは真よりエリオに興味あるみたいですけどね
世間の輪から外れてしまったエリオの納まるべき場所はどこなのか、
無理に探さなくても、真たちと過ごせる日常があればとりあえずはいいんじゃないかなと…
放課後、会話を聞いていたリュウシに誤解を招く物言いで遊ぶ前川さんが~(笑)
確信犯な前川さんは何気に黒いですよねw結局リュウシも同行することに!

そういえば前川さん家は居酒屋経営してるんですね、つい癖で店の挨拶をしてしまい(笑)
笑いすぎて貧血になる…ってホントどんだけ脆弱なのかw
お気に入りのぬいぐるみをとられて元の場所に戻るエリオ、行動一つとっても可愛いなぁ♪
早速真の部屋であら捜し始めたり、布団に包まったりと皆自由すぎる~
布団あらばすぐに簀巻きに…と油断大敵ですねw
そして負けじと図鑑を手に取り何とか自分を気にしてもらおうとヤキモチ妬いてたり
真を巡ってエリオとリュウシが張り合ってるようで両サイド往復する真は大忙し!
…エリオも他人が大勢家の中にいるからいつも以上に構って交戦だったりするのかな(笑)

「意中の彼を狙い打つチャンスよ」
あはは、リュウシの好きな人が誰かばれましたかねw
準備をするからと再び出かけた女々さんを見送るエリオ、声をかけられた女々さんが本当に嬉しそうだったなぁ!こういう何気ないやりとりの中にも親子って感じがしてほのぼのしますね
三人きりになってちょっと気まずい雰囲気の中何が起こるのか…続きが気になります!

次回「誰かさんの思い出になる日」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-06-26.html

テーマ:電波女と青春男 - ジャンル:アニメ・コミック
電波女と青春男    Comment(2)   TrackBack(76)   Top↑

2011.05.20 Fri
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
『「めんま」を成仏させるために、「じんたん」は学校へ行くことを再び決意する。
しかし「めんま」には無理して行くことはない、怖い顔をしていると心配されてしまう。』


どうしてめんまがこの場所にいるのか…
振り出しに戻って考えることにしたようだけど、きっかけが掴めず悶々としてるようで(汗)
思い出の中のめんまはいつも笑顔、ってそれも色々と無理してたんじゃないのかな
謝るだけで終わる問題じゃないとわかってはいても他にどうしていいかわからないのも辛いですね
というかテレビに映ってたオカルト学院が凄く気になりました!幽霊繋がり…?(笑)

気になることがあった仁太は登校してみることに!
支度をする仁太にくっついて甘えたりとやっぱりめんまは一人でいるのが寂しいんじゃないのかなと
やることがないめんまの話し相手は亡くなった仁太のお母さん…ってこれもなんだか切ないですね…
まわりがどんな反応をするのかびくびくしながらもやってきた仁太だけど、注目されていたのは鳴子の方だった!
ホテルの前での一件を保護者に見られ学校に連絡されてしまったようで、何も悪いことはしてないのに噂だけが広まってしまった…暫く来てなかったこともあるし仁太のことはほとんどスルーってわけですね、誰だかわかってない人もいたし(苦笑)

授業中にまわってきたノートに書かれた酷い言葉の数々――
あれってイライラを吐き出すために鳴子自身が書いてたものだったのですね(汗)
でもこうやって平静を装って我慢する鳴子を見てるのが辛いです…
「お前ら…俺を見ろ!」
堪えきれなくなった仁太はクラス全員の前で大声を上げ注意を引く行動に
噂にあるようなことはしないと不器用な物言いでも皆の前で庇った仁太はかっこよかった!
鳴子の細かい性格まで喋ることはないと思いましたけどね(苦笑)
堂々と宣言してくれた仁太の気づかいは嬉しかったようで照れてる鳴子が可愛い♪

連絡された家に戻れば親に怒られるとそのまま飛び出していった鳴子はそのまま秘密基地に泊まることにしちゃったようで、気まずいところもあるし顔をあわせたくないとこもあるんだろうなぁ
でも仁太が味方になってくれて少しは元気が出た感じがしますね!
傍にいない間に、お願いのヒントを掴もうとめんまの家に直接行ってみようと持ちかけたぽっぽ
目の前で話をしたら嫌な気がするということで本人には秘密にして行くことに…
なんでも、めんまの家は父親が怖い人で遊びに行ったことすらなかったのだとか
このあたりにめんまが現れた理由が関わってるのかもしれないですね
どことなく渋る仁太はめんまの家族がどんな反応をするのか心配してるようで

快く受け入れてくれためんまのお母さんだけど、仁太が振り返った瞬間視線を逸らしたのが気になる…
それにめんまの部屋は綺麗さっぱり片付けられていてなんだか寂しいです
過去に囚われ続けるのもよくないだろうけど、無理にめんまの思い出から距離を置こうとしてるんじゃないかなと
娘を亡くした心の闇はそうそう消えるものじゃないですしね…
クラスメイトからゆきあつへのラブレターを頼まれ断ったつるこ
いつも一緒にいることが多いからこういうのはしょっちゅうあるんですかね
態度が淡々としてるから上から目線にとられて文句を言われたりとつるこも苦労してるなぁ…
そもそも人に頼んでる時点でいえた義理じゃないと思いますが、まわりからしたら何もしないでも
仲良くいられて羨ましいと嫉妬の対象になっちゃうんだろうなと
こういう時愛想よく笑ってすますゆきあつ、不審者がいるから気をつけてって誰のことですかねw

憎まれ口叩くのは相変わらずだけどゆきあつも随分すっきりした感じですよね
雰囲気が穏やかになったというか、素直に本心を打ち明けるようになったみたいだし…
「あの頃みたいにアイツに振り回される」
どんなに立場が変わっても仁太に勝つことができない何かがあるんでしょうね
それを自覚して口に出せるようになったんだから色々と吹っ切れたのかなと
相談があるから秘密貴地に集まろうとめんまが呼び出したあの日っていうのは亡くなった当日のことでしょうか?何か悩み事があってということだったのか…気になりますね

親が子供を思う気持ちは凄く重いものだと、めんまのお母さんを見て感じた鳴子
強がってたけどやっぱり黙って家出するのは悪いなと反省する気持ちもあったんだろうなぁ
「見えちゃったら余計辛い だったら見えなきゃよかったのか、めんまのこと…」
めんまが残した日記を見ることにどことなく踏み出せず家に帰ってきた仁太
前までは謝れる時間が欲しくてそれが出来なくて後悔してたのに、
今度は向き合わなきゃならなくて…とどちらもやるせないことだろうなと…

「もうめんまのこと思い出させたくない
少しでもめんまのことママに忘れてほしいのに…」

自分のことはずっと覚えていて欲しい、でも悲しませたくないからと矛盾してるめんまが(涙)
そんなめんまに苛立って自分自身のことを考えてほしいと一喝した仁太!
一人で抱え込まないでもっとまわりを頼ってもいいと感じたのかな…
急に興奮したせいで鼻血が出たりとシリアスな空気がちょっと和らいだかなと(苦笑)
頭を冷やそうと飛び出した仁太が秘密基地へいくと、家に戻ったはずの鳴子が!!
あはは、露出度高い鳴子の格好にまたもや鼻血が~完全に誤解されちゃいましたねw

日記には何が書かれていたのか、少しずつだけどめんまが抱えていたことがわかりそうな…
少しずつだけど確実に前に進んでいる超平和バスターズがどうなっていくのか楽しみです

テーマ:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル:アニメ・コミック
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。    Comment(0)   TrackBack(83)   Top↑

2011.05.19 Thu
NARUTO疾風伝 212話「サクラの覚悟」
サスケの居場所を追跡している中、全員を眠らせて一人で向かおうとしたサクラ
サクラは何があっても自分一人の手で…と考えてたんですよね(汗)
しかし例えどんなことがあっても行かせるわけにはいかないと制止するサイ!
振り切ろうと真っ先に仕掛けたキバに犬の方が賢いとか皮肉ってるのがw
二人が攻撃している隙に眠り玉を放り投げサイも眠り玉の煙を吸い込んでしまうことに
あれだけいろいろあったのにどうしてこう一人で突っ走ってしまうのか(苦笑)

そしてここからサスケをいつから好きになったか…回想シーンがかなり長かったですねw
第七班になってからというものサクラはホントサスケ中心に世界が廻ってたんだなぁ…
というかこういうところを見るとどうしてあそこでナルトへの告白に踏み切ったのか、
という残念さがまた蘇ってきて複雑な気持ちに~(苦笑)
でも中忍試験とかナルトVSサスケの対決、別れのシーンとか懐かしかったなと!
ずっと抱えていたサスケの闇がどんなものかわかったときにはもう遅かった…
ナルトに頼り切らず自分も…と思い立ったところまではよかったのですが(汗)

ダンゾウとの戦いを終え引き続き木の葉へと足を進めようとするサスケに休むよう言うマダラ
仲間扱いされて苛立ってましたけどもう完全にサスケはこちら側の道に踏み込んでるんですよね…
死の森でクマに襲われ窮地だった香燐を結果的に助けたサスケ
巻物目当てだったとしても一度は助けたということは重要ですよね!
「じゃあな…」
去り際のあの顔はかっこよすぎてそりゃ惚れちゃいます♪
てっきりアップの時間はもっと長くとってくれると思ったのにさらっと流された(苦笑)

サスケにとっては移動中の些細な出来事だったとしても香燐にとっては一生の思い出
記憶に残るあの表情が見たくてメガネをかけなおした香燐が見ることになったのは
今まさに自分を殺そうとしている別人のようなサスケが目の前に…
「…もう一度…あの時の顔が見たかったな…」
香燐のモノローグが切なすぎる…!!
本当に一途にサスケのことが好きだったんだなと(涙)
これが前水月にぽろっと漏らしかけられてたことだったんですかね
それにしても水月はどうしてこのこと知ってたのか気になったり(ぁ)
千鳥を振り下ろしとどめを刺そうとするサスケの前へサクラが到着!
一緒に木の葉を抜けると宣言しましたが内心サクラはどう思っているのか、
それを受けてサスケはどうするのかといのは次回へ…ですね(汗)
迂回ルートが長かったですが次回七班集結となるのかな?

次回「失われた絆」

本屋で立ち読みしてるサクラの心をキュンとさせようと書かれてるとおりに実践したサイ!
日野さんボイスで囁かれたらクラっとしちゃうと思うのですが(マテ)
しかしあわやパンチの練習台にされたりビンタの殴打を受けることになったりと可哀想すぎる~
袋とじの中身を期待して買ったのに…中身はガイ先生のグラビアだった!!(笑)
あはは、これは極一部の人にしか受けなさそうですよねw

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(5)   TrackBack(3)   Top↑

2011.05.18 Wed
SKET DANCE 第6話「鬼姫の目にも涙」
『生徒会・椿佐介により、遊んでばかりいるスケット団は廃部にすると通告される。他校生徒が出入りしている事も咎められ、責任を感じるモモカ。ボッスンは実績があれば問題ないはずだと幼稚園での劇の依頼を引き受ける。ところが椿も生徒会が引き受けると言い出し、結局どちらが子どもたちに評価されるか競うことになるが・・・。』


「学園生活支援部ことスケット団は本日をもって廃部とする!!」
突然廃部宣告を副会長の椿くんから受けたスケット団!
最近自由な校風をいいことに意味不明な部を設立しようとする人が多く困っているんだとか
ってたとえにあがってる某番組ネタが多すぎるw
確かに活動時間に他校の生徒を入れてゲームしてたりするのを見たら
それって部活動なのか?とツッコミしたくなる気持ちもわからなくはないですが(苦笑)
真面目な椿くんからみたら単に遊んでるとしか思えないだろうなぁ…
以前は不良だったモモカに過去は容易く脱げないと厳しく追及する椿くん!

とにかく実績を見せるという話になり、タイミングよくヤバ沢さんが依頼にやってきた!!
ヤバ沢さんの腕を引っ張って対面してるボッスンと椿くんが面白すぎるw
あはは、一人の女子を巡って二人の男子が…な三角関係に見えなくもない?(笑)
なんでも兄の所属する劇団が事故に遭い、幼稚園で予定していた演劇ができなくなってしまったと
学校の演劇部にも忙しいからと断られてしまい代わりのメンバーを何とかしてほしいということでやってきたみたいですね
張り合ってどっちが引き受けるか揉めた結果、二つの劇を行いどちらが好評だったか勝負することに!
口喧嘩から勃発して生徒会も巻き込まれることになり早速デージーから毒舌攻撃を受けてる椿くんがw
とりあえず会長から許可が出たということで生徒会メンバーも全面的に協力することになりましたが(笑)

一方、スケット団もメンバーを集めて演目は白雪姫をセレクト!
衣装とか小道具をさらっともらってこれちゃうスイッチは相変わらず凄いです
振蔵に結城さんにロマン…てまた色々と濃い面子がそろいましたね(苦笑)
にしても振蔵が制服に着替えてることは誰もツッコミしたないのかw
ヒロインの白雪姫に抜擢されたロマンの妄想がまたもや炸裂ー!!
ナレーションは声が可愛いモモカ、これはぴったりですね♪

生徒会の演目はピーターパン、ってこっちは演劇部も手を貸すようですね…
対決に勝てたら部費を上乗せ…って確実にそっちが目的じゃないですか(汗)
にしてもミモリンがメンバーにいるだけあって生徒会サイドはかなり本格的なものになりそうですねw
空を自在に飛ぶとか高校生が出来る代物じゃないよw
役柄には色々ツッコミしたいですがヒメコの王妃は面白かった~♪
鏡なスイッチは物語の進行度外視してるし、振蔵に関しては桃太郎の鬼退治にww

というか狩人なのにあの侍言葉は直さなくていいんですかね?(苦笑)
祖先は本物の魔女とか変に気合の入った結城さんの演技は怖すぎるー!!
七人の小人は人形、王子役はボッスンとなったものの、
イケメンな方がいいとめがねを外したスイッチに交代することにw
アピールするんじゃなくてさりげなく外してたほうがよかったですけど(笑)
アフレコはボッスン…って何か違和感がありますねww
アイキャッチのラムちゃんモモカが可愛い~♪

本番の数日前、せっかく用意した小道具や衣装がむちゃくちゃにされるという事態…!
スケット団がかなりうまくいっていると焦った演劇部の仕業でしたね
それを見抜いた椿くんによって思いっきり制裁されてましたが(苦笑)
この事件の原因は自分のせいだとモモカが責任を感じたようで
不良である自分達のレッテルが早々に払拭されるなんてやはり思えなかったんでしょうね
「本当は来たいのに無理してそういってんなら んな下らねーこと言うな」
うまく仲間を作ることができなかったのに、スケット団や周りは普通に接してくれた…
友達になれると思ったからこそこれ以上迷惑をかけられないと思ったんですね
今回のことにモモカは関係ないし謝る必要もないと諭すボッスンが優しいなぁ!
集中モードで策を練っても演劇はできないと他のメンバーの出演にはキャンセルの報告を…

いつもはのらりくらりとしてる会長も、身内の非は謝ったりとこういうところしっかりしてますよね!
実質的なことは椿くんに任せっきりだから置物会長と呼ばれてるらしいですけど(笑)
主役に怪我をさせた責任を取ると徹夜で台本を暗記して挑んだ椿くん!
融通がきかないとこもあるけどしっかりしてるってこともありますし
ボッスンもなんだかんだと共通点が多いからイラっとすることも増えるんじゃないかと(笑)
…なんだかんだと会長はボッスンと椿くん両方のフォローしてますよね

「勘違いすんな 俺らは勝負を投げたとは一言も言ってねーぜ」
演劇は無理だと判断したボッスン達は人形劇で園児達を楽しませることに!
またこのモモカが可愛いですね~!アドリブで入るヒメコの台詞も面白いしw
題材はヒメコとモモカのやりとりがそのまま脚本になってましたね…
うまく友達ができなかったモモカの心を開いてくれたヒメコ
ちょっとしんみりするいい話だったけどなんだかあっさり流された感じが(苦笑)

ボッスンの椿くんモノマネが笑える~(*´艸`)
今回の勝負はとりあえず引き分けって感じですかね
なんだかんだと廃部の件もなくなり一段落したようで!
話のわかる会長と褒めるヒメコにちらっとヤキモチやいてる感じのボッスンがw
今後も生徒会とはなんだかんだと対立していきそうですが傍から見てると仲良しだなと(笑)

次回「夏の桜」

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック
SKET DANCE    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2011.05.18 Wed
Steins;Gate 第7話「断層のダイバージェンス」
『岡部はセカンドエディションバージョン1.03に改造した「電話レンジ(仮)」を使い、Dメールで過去を改変する実験を思いつく。紅莉栖はタイムパラドックスを危惧するが、討議の結果、ロト6の3等当選番号を記したメールを、1週間前の岡部自身に送ることに。そして、メールを送信した瞬間、岡部は世界が歪むような奇妙な感覚に襲われる。周囲との微妙な齟齬にとまどう岡部の元に、1週間前に岡部から当選番号を教えられたというるかが現れ、ロト6を購入したものの番号を間違えはずれてしまったという。そして、先程までなかったはずのドクトルペッパーがなぜかラボの机の上にあった。そう──驚くべきことに、Dメールを送った瞬間、過去が書き換わり、世界は改変されたのだ。その場に居合わせたにも関わらず、ラボメンたちは誰も実験のことを覚えておらず、改変前の記憶を持つ者は岡部ひとりであった。この不可思議な現象をジョン・タイターに訪ねた岡部は、自分が世界線を移動しても記憶を保持できる希有な存在ではないかと指摘される。さらに、タイターは岡部にこういうのだった。「ダイバージェンス1%の向こう側に世界を導き、世界の救世主になってほしい」と。』


新たなラボメンも加入しさらに電話レンジの実験をする岡部達!
なにやら勢いよくレンジの扉を破壊してるんですけど
Dメールを自由に転送できるようにと効率よく実験できるよう改造してたんですねw
あまり振動させると天王寺から苦情が…と心配したものの出張で出かけてるとのこと
暫く戻ってこれないからということでこの隙に続けるチャンスですね(笑)

ドクペがないと文句をいってる岡部、嫌なら自分で探しに行けばいいのに~
秘密裏にやらなきゃいけないのに窓をあけて話したりと相変わらずの緩さですねw
Dメールを実践的に使い過去を変えるとかまたとんでもないことを(苦笑)
タイムパラドックスが起これば大変なことになるといった紅莉栖も探究心は隠せないようですが
…物々しいこといっておいて目的は宝くじをあてることですか!!
あはは、過去に戻って一攫千金…は確かにわかりやすいけど目的が低すぎる(笑)
セレブな紅莉栖には理解できないだろうとまた変なあだ名をつけてるし~
ってメールの返信がないからと勝手にIBN5100を持ち出そうとした萌郁も油断できないですw

週に一度当選番号がわかるロト6の当選番号をチェック!
一等で羽振りよくするのかと思いきや金額にびっくりして目立ちたくないからと三等に(苦笑)
ラボ内を紹介され写真を撮ってる萌郁に任された初仕事はDメールの文面を考えること
できたメールはいたって普通のだったのでちょっと意外な感じだったけどw
無表情でよくわからないけれど、自分の役割を与えられて嬉しかったのかな
紅莉栖と岡部が言い合いしてるところを見て楽しそうだと、仲間に入りたそうだし(笑)
ツンデレと茶化すダルに反応して必死に誤魔化す紅莉栖が可愛いです♪

開始直後、奇妙な感覚に包まれた岡部!
Dメールの話をしていた矢先急に電話レンジの前にやってきたのだと
確認してみると先ほど送ったはずのメールが届いており、実験は成功してるはずですが…
辻褄が合わず混乱していところへるかがロトを持ってやってきた!!
一週間前、当選する可能性があると岡部から数字を教えてもらい購入していたそうで
番号を間違えたせいで惜しくも外れてしまったのだと報告され…
なかったはずのドクペが置いてあったり、送信履歴にDメールがなかったりと一緒にいたのに、
つい先ほどのことを覚えてて違和感を感じるのは自分だけって怖いですよね
ラジ館前で感じたあの時の感覚と似てると岡部に何があったのか(汗)

「大丈夫 洗脳されてない」
冗談でいった岡部の言葉に真剣に確認した行動が真剣み帯びてましたね
鈴羽のいた場所では一般人が洗脳されてるのもよくあることなんでしょうか…
というか窓開けっ放しだから今までのこともやっぱり聞かれたし(苦笑)
…鈴羽にはタイムマシン関連は全部筒抜けだったということですねw
もし研究に行き詰っているなら詳しいタイターに訊いてみればいいとアドバイスを
ジョン・タイターとの関係性も感じてなんだか意味深なやりとりでしたね…

過去を変えるとダイバージェンスという数値が変動し世界線は移動する――
その際以前の記憶は消去され新たな記憶が再構築される…
Dメールによって過去の出来事が変わってしまったのだとしたら
どうして岡部だけが記憶を維持していられるのか不思議ですね(汗)
戻ってきた天王寺から言いがかりをつけられた岡部は今まで鈴羽もここにいたと漏らし
仕事をサボっていたことは内緒って口止めしてたのにあっさりばれることにw
娘の綯ちゃんも何気に重要キャラだったりするんでしょうか?

メールを待っていると、次々にその他の人から連絡が(笑)
特にダル、一大事そうな雰囲気だったのに財布を忘れたから持ってきてってw
そんな中でも普通に心配してくれるまゆしぃとのやりとりに和みます♪
表情が穏やかになってるとこを紅莉栖に冷やかされてましたけどw
タイターから岡部が体験したことは世界戦の移動で間違いないと返信が!
Dメールでの過去改変も想定されていないし、その時の記憶が残っている人物も確認されていない…
ダイバージェンス1%の向こう側へ行くことができれば真の自由を手にすることができる――
もしできなければ未来はディストピアになってしまうと!
セルンに支配された未来を変えるため…ってこういうことだったんですね(汗)

「キョーマ あなたに救世主になって欲しい」
いきなりとんでもないことを依頼されちゃいましたね…
今までいろんな設定を作って勝手に妄想してましたが、特殊能力者ってことになるのか…
岡部が言う機関も本当に存在するものになったりして!?(苦笑)
壮大なことに巻き込まれてしまいましたがこれからどうするのか気になります!

次回「夢幻のホメオスタシス」

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック
Steins;Gate    Comment(0)   TrackBack(84)   Top↑

2011.05.17 Tue
BLEACH 322話「激突!ルキアVSルキア!」
自分の行きたい場所もわからず相変わらず一護達のところへ戻ろうとしない望実
というか本人も実はよくわからずうろうろしてたって…尚更迷惑なんじゃ(苦笑)
もしかしたら記憶が曖昧になったりしてるんですかね??
望実本人が因幡の手に戻ったときどうなるのかまだまだ謎が多いですね…

霊骸のイヅル君VS乱菊さん!
工事現場で斬りあう二人がカッコイイですね、鉄骨をうまく利用してる感じだし…
攻撃を受け止めるたびに重さが倍になるのが侘助の能力だけど、
能力が向上した霊骸の場合重さを十倍にするのだと!霊骸の能力はホント厄介ですね(汗)
乱菊さんもさすがにこの重さには耐え切れず灰猫を手放してしまったところを狙われることに!
オリジナルよりも優れた偽者は本物に勝る…と建設現場をうまく利用し追い詰めるイヅル君!
背後をとられた乱菊さんだったけどストールに隠された鋼材で刃を防御し、その重さに刀を
とられて持ち上げられない偽イヅル君を一撃で倒しちゃいましたね!
…好戦的なイヅル君@櫻井さんボイスを堪能できてよかったです♪

断界の記録改竄の容疑で拘置されることになってしまった京楽さんを助けようと四十六室にかけあっていた浮竹さんですが…証拠が出揃っているの一点張りで解放しようとしないとか~
そういう石頭なところが敵につけ込まれる隙にもなるというのに改善されてないし(苦笑)
一度決定されたことは覆されないとかこういうシステムどうにかしてほしいですよ!
何者かの陰謀と気づいた卯ノ花さんも動いてくれてるようですが証拠は掴めず…
もしかしたらもう遅すぎるとか卯ノ花さんも言葉がなんとも不吉な感じですね
この状況を打開できる策があればいいのですが、味方も大分減ってきてるし(汗)

探していても一向に見つからない望実はもしかしたら敵の手から逃れるあてがあるんじゃないかと
ただ因幡は自分の下に戻ってくると自負してるしそのあたりも気になりますが…
「守られなくてもいいようにする そのために空座町に来たんだ」
ってこの力を解放するためには現世へ来る必要があったということなんですかね??
いい加減もうちょっとでも事情を話してくれると助かるんですけどw
向かう場所がわかったと望実に案内するよう言われ稲荷神社へ向かうことに!!

ルキアVS霊骸のルキアとネムちゃん!
近接戦闘なシーンが見応えありました!ネムちゃんが戦ってるのも久しぶりに見ましたし♪
スピードのあるネムちゃんとの連携に分が悪いと見越したルキアの前にネムちゃんの救援が!!
袖白雪を解放しほぼ同時に始解で攻撃を放ったルキアと偽ルキア!
そしてネムちゃんの方は手刀で胸を貫いた一撃であっさりと勝敗がつきましたね
って実は無事だった方のルキアが霊骸でやってきた乱菊さんとネムちゃんが襲われたー!!
ルキアが入れ替わったとなるとまた厄介なことになりそうですね…(汗)

尸魂界では救出に駆けつけた浮竹さんも霊骸の京楽さんに斬りつけられピンチ!
捕まった直後に京楽さんは入れ替わっちゃってたんですかね…
あわわ、これで尸魂界のオリジナルは卯ノ花さんと山爺だけってことに?
ぶっちゃけ山爺には期待できそうにないと思いますが(ぁ)
消息不明の夜一さんの方も気になるしそっちに期待したいと思います

☆次回予告☆
可愛いもので望実を呼び出そうと猫を用意したけど反応したのはチャドだった!!(笑)
来週はチャドVS霊骸恋次が見られそうですね!

☆死神図鑑ゴールデン☆
看病されているところ、クインシー衣装を見てなにやら白衣の天使と勘違いした檜佐木さんがw
あはは、そもそも看護婦さんはそんなセクシーな衣装着てないですから!!
妄想で鼻血出しちゃう檜佐木さんが面白すぎる♪

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(8)   Top↑

2011.05.16 Mon
銀魂 208話「メガネじゃ見えないものがある」
万全の態勢で仕置人を迎え撃つつもりだったのに肝心の銀さん達は深夜の買い物へー!!(苦笑)
本気でピンチだというのにここまできたら意地でも薬を買うと変な意地張ったり~
頼りになりそうな神楽ちゃんは…というと紛らわしい寝言で混乱させられるしww
あはは、普段はもう寝てる時間だから頑張って起きてるのにも限界があるようで
寝ぼけながらまぶたに目をかいて起きてるふりとか色々酷すぎる!!(笑)

その最中やってきた一人目の仕置人、マクラの政!
標的のマクラを爆弾と摩り替えて始末する寝込み専門の殺し屋だそうですが
必死に警告してる全蔵さんからの無線も手刀で叩き割っちゃう神楽ちゃん(汗)
しかし自分のやり方に拘るあまり、なんとしても枕を手放そうとしない神楽ちゃんに苦戦することに!
やとの思い出入れ替えたと思ったら今度は寝相の悪さに巻き込まれて自爆って残念すぎるw
二人目の仕置き人はTシャツの辰!
自分のTシャツに絶対のプライドを持つ職人気質の殺し屋!
ここから移動しようとさっちゃんを抱えて全蔵さんが運んでた矢先新八が巻き込まれた!!
最初からSサイズを着てたのに破いてしまったことを謝ったりと変なやりとりに爆笑ですw
しかもLサイズを着せられたことで自滅って…ホント何しに来たんだかわからないしww

暑いからと勝手に冷蔵庫を物色してチューペットを持ってきた銀さん!
あはは、アレだけ騒いでる中でそんなことしてたとは緊張感なさすぎる(笑)
というか人の家の冷蔵庫から勝手に拝借してきちゃダメですよw
爆発に巻き込まれた神楽ちゃんもすっかり元気になって起きちゃうし、
四人で仲良く分けることになるかと思いきや…魘されたふりして要求するさっちゃんがww
いきなり介入してきてイラっとするのはわかりますけど怪我人にも容赦ないし(苦笑)
いざジャンケンで勝負を決めようと決めようとしたところ、次の仕置き人が登場!!
チューペットの酎兄弟…また変な専門分野の人が出てきたし!

どっちが長いほうをとるかで言い争ってるうちに任務を遂行して満足したようですが…
激怒した銀さんと全蔵さんの本気モードから逃れることはできませんでしたね!
やり方は残念ですけど仕置人モードの二人にニヤニヤします♪
マジギレした銀さん@杉田さんと全蔵さん@藤原さんの低音ボイスは反則でした(〃∇〃)
仕置き人の頭のもとへ現れ、敗北した部下を目の前に突き出し宣戦布告する銀さん!
さっちゃんを始末するつもりならと挑発した所、既に精鋭の殺し屋部隊が用意されていた!!(汗)

完全に包囲され、一気に形勢が逆転しまい再びピンチに!
って平謝りして許してもらおうとしたり、自分は部外者だといったりとかっこ悪いw
神楽ちゃんに関してはなぜだか銀さんだけ始末される展開になってるようだし(苦笑)
弱者は切り捨てられる運命ととどめをさそうとした仕置人の前にさっちゃんが復活ー!!
「この人たちには指一本たりとも触れさせない この始末屋さっちゃんが」
…ヤバイ、さっちゃんがかっこよすぎるー!!
自分の愚かさもみんなの優しさも…ってシリアスにさせておいて全蔵さんで落とすとかw
でもさっちゃんはようやく本当に大切なものが何か気付いた様子で!
貰ったメガネを叩き割り決意するさっちゃんが男前でどうしようかと思いました(笑)
そしてわかっていたように元のメガネを投げて渡す銀さんもカッコイイなぁホント♪

ちょ、メガネからビームでたんですけど!!(大笑)
あはは、一体源外さんはどんなカラクリ兵器仕込んだんですかねww
戦闘力測るスコープまで搭載してるし、もはやメガネとか始末屋の力とか関係ないんじゃ(苦笑)
…変身して大技決めるとかこういう場面に気合入れるスタッフさんが好きすぎる♪
ラストは度の合ってないメガネをかけさせて仕置人部隊を一網打尽にしたさっちゃん!
展開についていけないのはきっと全蔵さんだけじゃないと思いますw
見た瞬間からビーム炸裂…って思いっきり屋敷を破壊されたりと最後まで全蔵さんが不憫だったのが(笑)
これからはますます無敵になって活躍してくれそうですね!

今週の標語「いつまでもあると思うな 親とアニメ銀魂」ってどういうことですか?!
なにやら意味深なのですが…次回予告もなかったし(苦笑)
来週からは長編シリーズ始まったりするのかな??

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(23)   Top↑

2011.05.16 Mon
花咲くいろは 第7話「喜翆戦線異状なし」
実家から縁談を持ちかけられた巴さん!
まわりは皆結婚してることや、旅館の経営が切迫してることもご近所ネットワークでばればれのようで(苦笑)
親を喜ばせたい気持ちもあるし年齢的にもとわかってはいるけれどいまいちふみきれないようですね
玉の輿候補だった次郎丸はとんだ詐欺師だったようですしw
ちょっとしたことで女子高生な緒花達と比べちゃって落ち込むことに~
何をしてもおつりがくるぐらいなのに自分ときたらと愚痴ってるところを女将さんに目撃されたw

帰り道、誰かに尾行されてるような気配を察知した緒花と菜子ちゃん
今回宿泊するお客さんがサバイバルゲーマーであり二人はターゲットにされていた!
常連のお客さんだそうですが、法に触れるぎりぎりのことをするって…
追いかけてくるだけで何もしない…って保障はないんだし警告ぐらいした方が(汗)
むしろなんで今までこの人たちが警察のお世話にならなかったか不思議です!
って早速男湯清掃中に女湯を覗こうと配置についてたし!!
巴さんに発見されて一目散に逃げていきましたがホント危なかったですね…
と言うかこれはもう完全にアウトになるんじゃないですかね!
去年も似たようなことがあったとかその時点で対処するものじゃないかと(苦笑)
掃除中にこっそりお風呂に入ってた緒花も注意されちゃいましたけどw

それとなく女将さんに退職したいと打ち明けようとしたものの
横からお見合いか何かと絡んできた縁に思いっきり威嚇!!(笑)
結局はっきりとは言えずじまいで終了しちゃいましたね
そんな時、先ほどのサバゲーのお客さんが旅館の中まで追いかけてくると菜子ちゃんから訴えが!
いくら常連だから強くいえないとはいえ限度を超えたことはやめてもらいたいですよね…
というかあちこち勝手に走り回ったりとかなり迷惑かかってると思うのですがw

家に帰って一杯やりながらテレビを見ていた巴さんは映画の台詞で再びやる気に!
このまま仕事を放り投げたら未来有望な子を見捨てることになるんじゃないかと
どうせやめるならわざと嫌がらせして自分からクビになろうと決意!!
「あの子達の未来のために最後に一肌脱ごうじゃないの!」
あはは、今度はそんな手を考えましたか!菜子ちゃん達のためとはいえ強気ですねw
とはいえすっかり気合が入っちゃってなんだかまた一騒動起こりそうな感じです!

翌日、朝食の時間に起床しないお客さんを騒音で叩き起こす巴さんw
これで仲居人生終了と諦めたはずなのに、相手は綺麗に整列して素直に指令を聞いたり(笑)
嫌われることをしたはずなのにすんなりうまくいったりと菜子や緒花からは大絶賛の嵐!
先輩仲居のことはお姉さんて呼ぶそうですが、巴さんは恥ずかしがって呼ばせてくれないんだとか
旅館の朝食に手をつけずレトルトカレーを食べているお客に怒り心頭の民子!
豪勢なものよりも軽食がいいだろうと、おにぎりを作って持っていくことに
みんちお手製…ということで口にした面々はなにやら妙に感動してるしw
いつもレトルトものばかり食べてるから簡単なものでも凄くおいしく感じるんだろうなと(笑)
おかわり宣言されて嬉しそうなみんちが可愛かった♪

またもや嫌がらせする作戦は見事に失敗ー!
引き続き女湯を覗こうとする相手に対しホースで応戦した巴さんが楽しそうだったなぁ!
囮役にされて巻き添えになってた次郎丸が酷く残念なことに~(笑)
さすがにこれは完璧にクビになる…とお客と話す女将さんに自分から謝ったものの、
逆に素晴らしい現場指揮官がいる旅館だと褒められちゃいました!
お客さんかはどうやら自分達の作戦に付き合ってくれたと思ったようですね
…まさかクビになるためにとことん妨害してたとはいえないですねw
今度来たときは防衛網を突破してみせるとかなり楽しんでもらえたようで(笑)

「私も呼んでいいですか 巴姉さん…って」
接客の仕方も色々あると尊敬の眼差しを向けられ、不意打ちで姉さん呼び!!
親しみを込めて呼ぶ二人が可愛すぎますね、素直な後輩ができて嬉しそうな巴さんがw
そしてお見合いは断り、仕事を継続することを親に伝えることに…
大変なことが続いても生きているという実感がわくと気づいた様子で
苦労してもこうやりがいを見つけたときの達成感は凄くありますよね
後輩の指導に気合を入れる巴さんはいきいきして輝いてたなと思いました♪

次回「走り出す」

http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/28659348.html

テーマ:花咲くいろは - ジャンル:アニメ・コミック
花咲くいろは    Comment(2)   TrackBack(103)   Top↑

2011.05.15 Sun
青の祓魔師 第5話「祟り寺の息子」
『祓魔塾の授業では、居眠りをしてばかりの燐。そんな燐の不真面目な態度を見て、努力家の優等生・勝呂は苛立ってばかり。祓魔師になって京都の実家の寺を再興しようとする彼にとって、意識の低い燐が同じ境遇にいることが我慢ならないのだ。短気で喧嘩っ早い、ある意味似たもの同士の燐と勝呂は、当然ながらことあるごとに衝突してしまう!』


冒頭のシーン、何が起こったのかと思ったら燐の夢オチ!!
祓魔塾メンバーの前で格好つけてる燐は皆にこうやって頼りにされたいんですかね?
…この状況だと完全に自分の正体ばらしちゃってますけど(笑)
思いっきり睨みつけてくる勝呂の目立つ格好に反抗的でカッコイイって思ってる燐
以前ならすぐにやり返そうとしたこともあったけどと祓魔師になるために決めたからと
宣言する前に授業に集中できるようにしないとだけど燐には難しそうなw

悪魔薬学でこの間の小テストを返された燐の点数は二点って(苦笑)
あはは、雪男の胃が痛くなるのも少しはわかるような感じがw
何かと燐にくってかかる勝呂は真面目な分どうもやる気が感じられない燐にイラっとしちゃうんでしょうね
京都の由緒正しきお寺の跡継ぎで正十字学園へも奨学金で入学してきた勝呂は確かに凄く
努力してきただろうしそういうところも含めて正論だからと釘を刺す雪男の黒い部分が(笑)

塾に入ったものの祓魔師になるための明確な目的もないままで不安に感じるしえみ
新しい環境に入ったもののまわりとの差を感じてまた悩み始めた様子で…
でもまだ始まったばかりだしこれから自分の得意な部分を延ばしていけばいいんじゃないかと!
って雪男がいなくなって急に二人っきりになったから意識しはじめた燐がw
友達がいるのか聞かれてしえみと急接近してドキドキしたりと可愛いなぁ♪
この状況をまたもや勝呂にからかわれることになっちゃって~
燐も向きになって言い返さなきゃいいものなのに、負けず嫌いですよね!
友達じゃないと否定されてショック受けてるしえみが…(汗)
にしても身内同士で固まってかっこ悪い!ってのも見事な指摘っぷりでしたねw

体育の実技でもリーパーのことを忘れて燐と張り合うことばかり気にかけてる勝呂が(苦笑)
お互い同じような言い合いして張り合ってたりとどっちもどっちですよねw
十六年前、世界の有力な聖職者が大量虐殺されたという『青い夜』――
祓魔師が次々と体中から青い炎を噴出して死んでいったのだそうで、その事件を経験した
当時修行僧だった勝呂の父親は寺を継いだものの事件のせいで檀家も参詣者も減りいつのまにか
祟り寺と呼ばれるようになり寺を再興できればと祓魔塾に入った…
寺を再建したいと思うあまり勝呂は気負ってる部分もあるんですよね(汗)

今回もチラホラオリジナル入ってましたね!
志摩君と山田が一緒の組になって訓練受けてるのが気になったり♪
あとは出雲のしえみへの態度がこれからの展開を含ませてる感じで!
にしても授業中にかかってきた電話に出てそのまま授業放置して行っちゃう教師もどうなのか(苦笑)
生徒だけにこの場を任せたらどうしたって騒ぎが起こること間違いないですよね
感情を読み取るリーパーから目を逸らしたら最後、教われずに戻ってこれたら認めてやると挑発してきた勝呂!
当然話に乗ってやるかと思いきやあっさり否定してやりすごす燐がw
人前だといざというときも剣を抜けないというのもあるけれど、
自分も同じ野望があるからこんなところで命をはることなんてできないと!
…知らないところでサタンを倒すって目標が志摩君たちから漏れたことがばればれですw

街の人からは倦厭されるようになってしまい、まわりから聞こえてくるのは陰口ばかり…
理不尽な扱いにもいつも笑顔で勝呂には気にせず自分の好きにしていいと言っていた父親
この環境が余計勝呂の気持ちに火をつけることになったんですよね(汗)
自分達を軽蔑した人を見返してやろうと祓魔師になりサタンを倒すことを目標に!
けれどそんなことできるはずないといつもまわりからは笑いものにされ…

自分の決意を証明するためリーパーの前に立ち止まり、決意を宣言する勝呂!
けれど出雲に笑われたことで再び小さい頃のトラウマが蘇ってしまったようで(汗)
勝呂の恐怖心を感じ取り襲い掛かるリーパーの前に飛び出して庇った燐がかっこよかった!!
燐の潜在的な力を感じ取って大人しくなったようですね
同じようにサタンを倒すという宣言をした燐を見てぽかんとしてる勝呂がw

一方、この騒動を見張ってメフィストに報告していた雪男が黒いですね~
いざというときは銃で応戦も考えてたりと常に燐は見張られてるようだし(苦笑)
「私のような放蕩者にとっては
こんな愉快な玩具箱はないからな 楽しいお遊戯はこれからだ」

アマイモン@カッキーもここで初登場ですね!
会話が変わってましたけど父上に関しては触れないで進んでくのかな?
ゲヘナに戻らないのか…とかかなり意味深なやりとりでした!
もしかしてオリキャラで他の悪魔も出てきたりするんですかね??

珍しく机に向かって勉強を始めた燐に何かの前ぶれかと酷い雪男w
そんな燐に昨日のお礼を言いに来た勝呂のデレの破壊力が凄すぎるー!!(笑)
あはは、原作でもこんなに照れてなかったと思うのですが耳まで真っ赤でしたねw
髪留めを貸してくれたりと少しは打ち解けられた感じでしょうか!

梶君@子猫丸は可愛いし志摩君@遊佐さんはやっぱり安定してるし今後もやりとりが楽しみです!
ラジオの渋い自己紹介から入った志摩くん@遊佐さんが反則すぎました♪

次回「まぼろしの料理人」

テーマ:青の祓魔師 - ジャンル:アニメ・コミック
青の祓魔師    Comment(4)   TrackBack(21)   Top↑

2011.05.15 Sun
デッドマン・ワンダーランド 第5話「死肉祭(カーニバル・コープス)」
『G棟で、自身が能力者「デッドマン」であること、そして「デッドマン・ワンダーランド」に収監された本当の理由を知ったガンタ。だが恐怖の連鎖は止まらず、ガンタは、デッドマン同士が殺し合うショー「死肉祭(カーニバル・コープス)」への参戦を余儀なくされる。しかも最初の対戦相手は、G棟入口での激しい戦いの記憶も生々しい<クロウ>こと千地清正であることがわかり……』


対面したばかりのクロウと死肉祭で一戦を交えることになったガンタ!
先ほどようやく罪の枝を使えるようになったばかりなのに酷すぎる(汗)
負けたとしても研究対象として献体の一つになるだけ――
そうやって謎の多いデッドマンの研究も進行しているというわけですか…
一方、所長に面会にやってきたマキナだけど門前払いさせられることに
というかそもそも植物状態なのにどうやって意志の疎通してるのか…
身体は動かないけど精神だけは移動できたりするんでしょうか??
護衛してる二人の白髪キャラの出番も今後増えるのかな?

一度使った抜け道は封鎖されガンタを迎えに行くのも別ルートを通らざるを得なくなり…
泣き出して心配するシロはよっぽど不安でたまらないんですかね
にしても相変わらず羊はできるだけ関わりたくないって感じなのかな?
いくら罪の枝を目にしたからとはいえ安易に大丈夫とは普通思えないし(汗)
そして否応無しに始まったガンタの初戦――!!
とりあえず会場に設置された木に登り遠距離から罪の枝で攻撃を開始!

しかしガンタの弾丸は完全に見切られて簡単に受け流されてしまうことに…
加減することなく連続で撃ちつづけたせいで貧血状態になり早くも窮地になったガンタ
いくら強い力とはいえやはり血を媒介にするだけあって限度があるんですね…
「壊れるようなおもちゃなら要りませんし」
ショック死するかもしれないとわかってても喜んでる玉木が不気味すぎる(汗)
どうやらガンタがデッドマンになったのはやはり赤い結晶が関係しているとのこと
レッドホールに巻き込まれた地域で発見されたもの…
ってレチッドエッグが埋め込んだものと同じってことなんでしょうか?
詳細を解明するためにも解剖してみないとわからないと、そのための死刑囚でもあるんですかね…

クロウ・クロウを巨大化させ広範囲まで斬撃を届かせた千地!
死にたくないと思う気持ちだけでは勝てるはずもない…
どうしようもない状況に追い込まれて自暴自棄になるガンタが痛々しいよ(汗)
同じようにボロボロになるまで叩きのめされた過去…
小さい頃はシロとガンタは一緒に過ごす時間が多かったようで
この時から驚異的な身体能力を持っていたシロと喧嘩するガンタを見守ってたのはガンタの母親かな?シロの能力に気づいてた様子だったのも気になりました

「ガンタが凄いのはね 何度でも立つんだよ」
体力も気力も限界なはずなのに、復活したガンタのパワーはホント凄いですね!
こんな理不尽な場におかれてそれでも立ち上がるのもガンタの潜在能力の一つなんですかね…
弾丸でモニュメントを落としそ瓦礫の隙間を縫って千地に渾身の一撃を叩き込む!!
戦闘不能になり敗者となった千地だけど、最後にガンタに見込みがあると認めてくれたようで
拳をあわせてくれたりとガンタにアドバイスとかしてくれそうな感じがしたけど…
敗者は罰ゲームでスロットで揃った身体の一部を奪われるという事実が!!
麻酔もなしに献体を奪われるシーンがなんともいえなかったです…叫び声が凄惨すぎて(汗)
勝利したことでこうなってしまうのだから当事者であるガンタにとっては受け入れがたいことかと
少しでもいい方向へ考えたい気持ちはわかるけれど、紛れもなく現実の出来事なんですよね
そういえばまわりのアバターほとんど千地に賭けていたところでガンタの勝利を見越してたような人物がいたのが引っかかったのですが…

囚人から情報収集していた羊は目的の人物がG棟にいるという話を掴み再び潜入することに
公式の紹介だと妹を探してるそうですが、その子もデッドマンということになるんですよね
…ガンタを探しに行く途中大声で歌ってるシロが能天気すぎる(苦笑)
「――子守唄が止んだ…」
看守の注目を引き、シロを囮役にして自分は安全な橋を渡ろうとする羊が腹黒いなぁ…
シロを信頼するようなことをいっていいように扱ってる感じですね
応援要請を受け駆けつけた看守の部隊を一瞬で排除したのは雰囲気ががらりと変わったシロ!!
それもレチッドエッグと同じ笑い方をしていた…!!
って赤い男の正体はシロってことになるんですかね?!
もしそうだとしたらガンタにはますます救いがないじゃないかと…
爆発で受けた傷も瞬時に完治してたりとどうみてもただの人間には思えないし…
真相が知りたいと思う反面事実だとしたらガンタがあまりにも不憫でなりません(汗)

次回「ハミングバード」

テーマ:デッドマン・ワンダーランド - ジャンル:アニメ・コミック
デッドマン・ワンダーランド    Comment(0)   TrackBack(25)   Top↑

2011.05.13 Fri
電波女と青春男 第5話「サンクスギビングの憂鬱」
『迎えたくない40歳の誕生日を迎えた女々は、半ばヤケクソ気味に大はしゃぎ。
エリオから誕生日のプレゼントをもらい、大喜びした女々は、去年の誕生日を祝いそびれたエリオのために、明日はエリオの誕生日にしようと企画する。翌日、宇宙人改め、家事手伝いの地球人となったエリオは、真に社会復帰のため働きたいと告げる。』


アバンからいきなり簀巻き状態の女々さんがー!!(笑)
何があったのかと思ったら誕生日を迎えてショックだったんですねw
とても40歳には見えないし年齢不詳すぎる~
二人が出かけてたのは誕生日祝いの団子を買うためだったんですか!
自転車が新しかったけど女々さんに買ってもらったものかな??
団子を渡すときのエリオの言葉が可愛すぎる~♪
にしても一年前の誕生日を祝い忘れたから続けてお祝いするってのはどうなのか(苦笑)

エリオの誕生日プレゼントを買うため、リュウシに付き合ってほしいと頼む真
理由がわかるまでは嬉しそうでしたけどエリオのため…となったら途端にヤキモチ妬いてましたね!
乙女心をわかってくれず拗ねてヤツアタリするリュウシはなんだか可愛かったです
とはいえ真を男性として好きなのかどうなのかはいまいち曖昧ですけどw
放課後、相談を受けてくれた前川さんについていくと…行き先はバイト先の和菓子店だった!!
相変わらずコスプレして普通に仕事してるし、もう恒例になっててこれは誰もツッコミしないんでしょうか
一緒につけるならともかくわらび餅だけっていうのはどうなのかと思いますけど…
夜のバイトで妙な妄想しちゃう真との掛け合いが面白いですね
なんでも原付の免許をとるためお金を頑張って稼いでいるんだとか
自分の目的のために仕事してる前川さんはしっかりしてて偉いなと!

帰宅するとツインテールになった藤和親子が襲来!!
あはは、女学生風な女々さんも可愛いですけどエリオの髪型似合ってます♪
「これからはね、鏡を毎日見る生活をしなさい
そうしたらあなたはもっとたくさんの人に好きになってもらえるから」

新しい環境になれるためにもとこれは女々さんなりのアドバイスだったり?
エリオは布団にこもってばかりで自分の顔もすっかり見忘れちゃった感じですかねw
真の父親と女々さんのやりとりが気になる~あのあとすぐに電話きられちゃったのかどうか(苦笑)

相談があるからと部屋に招き入れられた真はまたもや布団に戻ろうとするエリオを発見!
すぐにヒモをほどいちゃいましたがそろそろ布団から離れてもいいんじゃないかと
でも少しずつだけど着実に布団から出てる時間が増えてきましたよね
「すっごく…好き」
わらび餅を受け取って喜びを表現するエリオ、まるで真に対していってるみたいでニヤリw
女々さんに話す前に聞いてみたかったと、社会復帰するための第一弾として働いてみたいと宣言!!
まずは美容院にいって久しぶりに髪の毛をカットし見た目から整えることに!
美容院の店長、遠江さんは女々さんのことをジョジョさんて呼ぶんですね、遠江さんのあだ名はトーエックってw
しかも女々さんからはなにやら変な噂が広められてるようですし全く困ったものです(苦笑)

働かなくても定時制の高校に行くという進路もある…
けれど一度やめたところにいく気はないというエリオ
制服が大切にとってるあたり高校に通いたいという気持ちは残ってるんでしょうね…
もしかしたら女々さんに遠慮して別の場所で再出発しようとしてるのかな?
いざバイトの面接に向かったものの、はっきりと断られてしまったようで
町内を徘徊してたことも有名だし何より高校に行っていないというのが問題に(汗)
店の評判も考えれば致し方ないこともしれないけれどエリオにとってはショックですよね…
どうにかして採用してくれるところがあればいいのですが、やはりこの近所だと無理があるのかな

落ち込んでいたエリオを励ます真、こういうとき真が傍にいてくれると安心できますね!
なんだかんだと凄く精神的な支えになってるんじゃないかなと思ったり…
靴を脱いで手を洗ってから!と真の言う事を素直にきくのが可愛すぎるw
エリオが高校に行こうとしないのは金銭的な面を考えてのことだったんですね
親ならばこういうとき娘の気持ちを尊重したいだろうけど、
エリオは自分からやめたしもう一度トライするのも心苦しいと思ってるのかな…
シリアスな空気なのに自由に行動する女々さんの本心はわかりづらいですけど、エリオのことは大切に思ってるだろうし…って突然真の膝を舐めたり意味不明すぎですけど(苦笑)
真が来て以降、今までの埋め合わせをしようとエリオとベタベタしてる時間が多い気がするw

新しいバイト先候補は田村商店という駄菓子屋
なんだかエリオとは親しそうな感じだと思ったら…本当のおばあちゃんのようですね!
エリオットと女々さんの子供…って本当にエリオの父親ってあの名前だったんですか!?(笑)
あまり身体は丈夫じゃないみたいだけど、突然キャトルミューティレーションについて語りだしちゃいましたw
次は自分が拉致されるとかエリオの祖母もまさかの電波系ですか!!
となるとエリオはおばあちゃんっ子だったのかな?
再出発の場所に決定しましたが、また電波が再発しそうな予感が…(苦笑)
廃校でペットボトルロケットを打ち上げてるおじさんもどういう人なのか気になります!

次回「リュウ『コ』さんのなんちゅーかもやーっと」

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-05-21.html

テーマ:電波女と青春男 - ジャンル:アニメ・コミック
電波女と青春男    Comment(2)   TrackBack(52)   Top↑

2011.05.13 Fri
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」
『「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。』

女装していたことがばれ、居た堪れなくなったゆきあつ!
手を差し伸べた仁太を引き倒して首を絞めるとか前回のラストに引き続き衝撃的な光景です(汗)
それでも二人を止めようとしないつるこは仁太になら救うことができると思ったのかな…
「あの日、めんまが死んだのは俺のせいなんだ…!」
自分のせいで亡くなったんだから目の前に現れるのも当然と泣きながら告げるゆきあつが…
そうとでも思い込まなきゃめんまがいなくなったことも受け入れられなかったのかと思うと切ないです
めんまはいないとずっと存在を否定しつづけたゆきあつだけど、
仁太から自分達しか知らない事実を伝えてもらったことでゆきあつはどう感じたのかなと…
ただこれを仁太から聞くことになったというのは辛かっただろうけど(汗)
女性の洋服を買う理由をわかっていて見過ごしていたつるこもどうにかしたいと思ってたもののあと一歩ふみだせなかったのか…口調はキツイけど現実逃避するゆきあつのことも察してたんでしょうね

仁太を追いかけて秘密基地を後にしためんまをゆきあつは追いかけていたんですね
髪留めをプレゼントしたあとに思い切って告白…!!
けれど中途半端に断られ、それからはっきりと返事もきくこともないままだったのか(汗)
そのあとに事故で…ということだったのか、そうだとしたら余計苦しむことになりますよね…
めんまがもらうはずだった髪留めを拾って持っていたつるこも実際は知ってたみたいですが黙ってたのはちょっとした対抗心でもあったのかな??
あたりまえのように仁太には見えているけれど、本当はこの世にはいない存在――
重荷を吐露したゆきあつのことでちゃんと向き合わなきゃいけないことに気づいたのかな…

「めんまのお願い叶えてほしいの」
意を決したように告げるめんまによって空気が重く…
成り行きで一緒にいることになったけど、仁太もしっかりと向き合ったことはなかったんじゃないかなと
耐え切れず忙しいからめんまのことにばかり時間を割けないと強引に話を終わらせてしまった仁太もなんともいえないですね…
あれからもゆきあつとつるこはいつもどおり二人で帰ってるんですね
普段どおり接してくれるつることのやりとりは安心できるんじゃないのかな
結果として最後の一線は越えなかったわけですしつるこの影響も大きいですよね!
本心がはっきりしたわけじゃないけど、めんまの言葉を聴けて落ち着くことができたんじゃないかなと

合コンに誘われた鳴子はそのままホテルへ連れ込まれそうに!
優しい物言いに安心してそのままついてっちゃったりと完全に落ち度がないとはいいきれないけれど…本気で嫌がってるのに無理やりな相手の会社員もどうかしてる(汗)
ここで偶然見かけたのを装って助け舟を出したゆきあつが意識せずに仁太の名前を出してたのが!
試しに付き合ってみるかとか鳴子に持ちかけてみたり、
からかってるとしか思えないけどこういうところはさりげにカッコイイですね♪
格好にもう少し気を遣えばかっこよくなるとか仁太について照れながら話す鳴子が可愛すぎでしたw
割り切って誰か別の相手を思えることができるなら簡単だけどそうはいかないんですよね
鳴子はめんまを想う仁太のことが好きで自分でも譲れない部分なんだろうなと
「俺たちは取り残されちまってんだ」
きっとゆきあつも昔のように接したいと思ってるんですよね…
だけどめんまのことが引っかかっていつのまにか溝ができてしまった、
状況を変えるにはやっぱりめんまの死を受け入れて前へ進むことなんじゃないかなと…

「めんまがここにいるっていうのは多分いいことじゃねーよな」
成仏できないのは心残りがあるせいだと何度も繰り返すぽっぽが(汗)
凄く必死な様子だったけどぽっぽも何か抱えてたりするんでしょうか…
自分でも何がしたいのかわからないと泣き出してしまっためんまに胸が苦しくなりました
本当に願いがわかったとき仁太は叶えてあげられるんですかね…
次回は鳴子がイジメのターゲットになってそうですしハラハラする展開が続きますね(汗)

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-05-20.html

テーマ:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル:アニメ・コミック
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。    Comment(0)   TrackBack(93)   Top↑

2011.05.12 Thu
NARUTO疾風伝 211話「志村ダンゾウ」
二人が同時に相手の体を貫き、相討ちに見えたその場の光景…
イザナギを発動したダンゾウが勝利宣言した矢先、実際に動きが鈍ったのはダンゾウだった!!
違和感を香燐が感じていたように、今のダンゾウは実体だったようですね(汗)
サスケの猛攻はイザナギ発動の写輪眼を確実に減らしていくため…体を刺しあう直前に
写輪眼が全て閉じていたのを見切っていたサスケは幻術をかけて発動しているよう見せかけた、
発動時間に限界があることは何度も確認するという行動と、幻術もかけられることを利用したと!
ってまたマダラ@内田さんの解説が原作より若干長めになってましたねw

「これが眼で語る戦いだ うちはを…なめるな」
敗因は写輪眼を手にしたことで油断していたことではないか…
一度確認してからそれを応用して次の手にいかす戦術は以前もやってましたよね
満身創痍だったサスケも香燐の能力で回復できたようですが、その間にチャクラの制御が
できなくなり取り込んだ柱間の細胞が暴走するという事態に!!
右腕を切離すことで事なきを得たダンゾウは右目を解放――…!
香燐を人質にとりサスケを揺さぶるダンゾウはどんな卑怯な手を使っても生き残ると!

「動くな…香燐」
千鳥で容赦なく急所を一突きにしたサスケがー!!表情が怖すぎる!
目的を果たすためには仲間をも手にかける闇に堕ちる…って感じがして(汗)
しかもここで兄さんて本人と戦ったあともずっと言わなかったのに色々と辛すぎです…
足手まといって香燐の能力は十分必要だったろうに、これじゃ本当に孤独になっちゃいますよ(汗)
シスイの眼と言われてイタチ兄さんにかけられた殺害容疑を思い出すサスケが…

深手を負い道を阻まれこれ以上逃げられないと悟ったダンゾウに浮かぶ走馬灯――
この時から既に皆に頼りにされる三代目をずっと傍で見てきたんですよね…
戦時下、雲隠れの金角部隊に囲まれた二代目の小隊は誰かが陽動をしなければならない状況に
まわりが沈黙になる中、囮役に立候補したのは猿飛ヒルゼン!!
忍らしく戦場で死ぬつもりだったのに、いざというときは震えて名乗り出ることが出来なかった…
自分との覚悟の差を実感してますます劣等感を抱いてしまったと(汗)
本当は自分が…といきりたつダンゾウを諌めて自ら囮役になるという二代目!
この場で必要なのは仲間との強い結束であり言い争いをしている場合じゃないのは明らかでいざというときの決断に踏み切れなかったのは事実だと!
「明日からは貴様が…火影だ…!!!」
二代目@賢雄さんのかっこよさに痺れる♪
ヒルゼンが三代目を任せられたことを理解しつつも裏切られたように感じて
心の底からは受け入れられずずっと葛藤し続けてきたんじゃないかなと…

最後の手段として四象封印でマダラとサスケもろとも巻き込もうと自爆したダンゾウ…!!
「お前は光を浴びる木の葉 オレは闇の中の根 こんなオレをお前はどう思う?
なあヒルゼン…お前にとってオレは…」

やり方はどうあれ木の葉や忍の世界を守るため強い意志があったのも事実なんですよね
敵わなかった故人に問いけて弱音を吐いたダンゾウにちょっと哀しくなりました(汗)
若い頃のダンゾウ@加藤将之さん!思わずズッパシ!を思い出してしまいましたw

次回「サクラの覚悟」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.05.11 Wed
Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」
『SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を開催する。そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送れるメール”を「Dメール」と命名する。特定の時間帯にメールを送信することで「電話レンジ(仮)」が放電現象を起こし、Dメールが送られると仮定した岡部は、検証すべく実験を再開。結果、「電話レンジ(仮)」の中に入れたバナナはゲルバナとなり、紅莉栖が送った岡部宛のメールは5日前の日付で届いた。世紀の大発見に浮かれる岡部であったが、危険な人体実験をもいとわないSERNの秘密を知り、さらには無関係のまゆりを巻き込んだことに一抹の不安を覚える。翌日、IBN5100を見学しようとラボに訪れた萌郁に、偶然にもDメールの存在を知られてしまった岡部は、秘密の保持のために、急遽彼女をラボメンナンバー005に認定することになる。』


人工衛星の墜落から五日後――…撤去作業も行われず放置されているようで
その場にいた萌郁はメールのやりとりをしてたようですけど、相手が誰だったんでしょうか…
インタビューされそうになって向けられたカメラに気づいて慌てて逃げ出してましたが…
映像にとられると何かまずいことでもあるんですかね??
携帯を四六時中手放せないことと関係でもあるのか(汗)

お昼を岡部たちと一緒にとっていた鈴羽
って牛丼食べるのも初めてってことで感激してるし
オススメの生卵を割りいれるのも失敗しちゃったみたいですねw
…段々世間知らずって言葉だけで片付けられなくなってきたような(苦笑)
ようやくこの前の代金を立て替えたことを思い出したダルだけど岡部本人は払う気全然なさそうです!
そもそもまわりに奢るとか絶対しなさそうですよね~

まゆしぃとは普通にやりとりするのに相変わらず紅莉栖には厳しい表情を向ける鈴羽が…
前みたいに突然食ってかかるような様子はなかったけどこの二人が出会うと空気がピリピリしますね(汗)
早速ラボメンで円卓会議という名のミーティングを決行することに!!
って単にアーサー王と円卓の騎士の真似で格好つけたかったとしか思えないw
別に円卓とか関係なく普通に話し合いでいいんじゃないかと(笑)
とりあえず現状を伝えることになりましたが
これって深入りしてなかったまゆしぃも危険に巻き込んでしまうんじゃ…
黙って隠し通すのも無理がありますし仕方ないかもしれないですが(汗)

セルンの陰謀を阻止するために電話レンジを完成させることが不可欠!
メールを過去に送信できることはわかったけど成功したのは二回だけで構造は不明と(汗)
とりあえず放電現象が起きる際タイムマシンとして機能してるみたいですが…
言いにくいからってメールの名前をつけるとこから始まったw
ノスタルジアドライブ!!と声高らかに宣言したのはいいけど賛同者は当然いないし
時を遡るから遡行メール…時をかけるメールとかいろんなアイデアが(苦笑)
「もういっそのこと略してDメールでいいんじゃない?」
あはは、省略してあっさりと決定!!でも確かに言いやすいですねw
発生時刻に実験すれば再現が可能という仮定を立て再び試してみることに!
準備中頭をぶつけた紅莉栖を心配するまゆしぃが可愛いなぁ♪

120秒後、ゲル化したバナナと五日前に送信されたメールが!!
ってすんなり成功しちゃいましたけどこんな単純な方法でうまくいくとはw
あまりに単純すぎて気づかなかったという紅莉栖の発言は褒めてないと思う(笑)
ただどうしてDメールが分割送信されるのかは相変わらず謎ですね
以前岡部が送信したDメールもそういえば三分割されてましたし…

そんな中現れた萌郁、目の前にいるのに岡部にメールで話しかけるってw
せっかく挨拶しようとしたのにスルーされちゃったダルが可哀想です(苦笑)
以前紹介してもらおうとしてたスーパーハッカーだって知ったら興味示してくれるんじゃ(ぁ)
にしても偶然にしては妙なタイミングで気になるところです…
実験の騒音で大家から苦情が来てるようで、このままだと家賃に迷惑料が上乗せされるとw
「過去には何もない…」
紅莉栖と何かあったのかと聞かれて答えた鈴羽、なんだかこれだと未来のことを言ってるような…
ってさっき実験中止するっていってたのにまた繰り返してるしw
大家さんに思いっきり迷惑かけちゃってますけど、やっぱり岡部の交渉は失敗ですかね(笑)

何度も実験を行ったことで色々と法則が明らかになったようですね
・放電現象中に電話レンジにつながれた携帯へメールが送信できる
・放電現象の発生時間は12時頃~18時頃
・Dメール内に入力できる文字数の限度
・タイマー入力の数字によって過去へ戻る時間の調整が可能(一秒は一時間に換算)
・電話レンジの中に入れたものは瞬間移動しゲル化する

なるほど、本文が分割送信されるのはこういうことだったんですね!
というかこれも特異点通過に耐えられないのが原因てことに?
ここまで解明した紅莉栖はやっぱり凄いですね!
…この実験でタイターのいってたように世界線への影響はないのかな??

タイムマシン開発に成功したと宣言する岡部だけど、セルンが先に既にZプログラムで開始していたわけだし電話レンジも偶然の産物ということでまわりからは厳しいツッコミがw
普通に喜んでくれるまゆしぃはホントいい子だなぁ!!
でもそんなまゆしぃを危険に巻き込みつつあることも実感してるわけで(汗)
「振り返ってはいけない 永遠は無限ではない
永遠に向かって時間が無限に引き延ばされようとも終わりは存在する」

空間と時間が入れ替わり時間だけが永遠と引き延ばされる…と
夢の中で警告のような言葉をいってたのは誰だったのか
このあたりかなり意味深な感じのやりとりで気になりました!

翌日、朝早くから突然ラボにやってきた萌郁!!
ってIBN5100を見せて欲しくてやったきたんですか
「メールの方が気楽だから」
頼みごとがあるなら直接話せばいいのに、人と話すのが極端に苦手なんですかね(苦笑)
写真撮影したあと、今度は貸してほしいと要求してきたー!!
このパソコン使って萌郁は一体何するつもりだったんだろう?
さすがに自分も借りたものだから当然無理なわけですが…
ラボにやってきたダルの一言でDメールのことがばれてしまい(苦笑)
あはは、適当にカタコトではぐらかしてるけどどうみても無理だしw
遅れてやってきたまゆしぃ&紅莉栖からタイムマシンの単語を聞くことに!!

「ひょっとして…まさかFB?」
もしかして萌郁はメールでしか接点がないのかな?
あれだけ頻繁にやりとりしてるのに知らない雰囲気だったし…
そもそもFBっていうのが人物を指してるのかどうかわからないですけど(汗)
これ以上誤魔化すのも無理だと判断した岡部は萌郁を新しいラボメンに採用!
突然メンバーにすると言われて困ってる感じでしたね
にしてもさくっと柳林神社の事も喋っちゃったけど大丈夫なのか~
まわりに注意するわりには自分の方が色々暴露しちゃってますよねw
陰謀に関わってるって自覚があるならもう少し慎重になった方がいいんじゃ(苦笑)
ただ萌郁が知ってることもありそうですしまた電話レンジの解明も進んでいくのかなと!

次回「断層のダイバージェンス」

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック
Steins;Gate    Comment(0)   TrackBack(70)   Top↑

2011.05.10 Tue
BLEACH 321話「一角VS一角!自分同士の戦い!」
断界から戻ってきたと見せかけすっかり護廷十三隊に入り込んだ霊骸メンバー
死神代行証や目撃証言からほぼ完全に一護が容疑者になっちゃいましたね
これだけ騒ぎになっているのに弁解のために本人が出頭する気配もないと疑いが強く(汗)
話を聞くだけでもと思ってるんでしょうけど一護が来たら即アウトなのはわかりきってるし…
にしても偽マユリさまの犯人断定説はちょっと強引すぎな印象に感じるんですけどw
真相を追究するため一護捕縛部隊が結成され霊骸は怪しまれることなく現世へ!!

まわりの心配をよそにまたしても一人でどこかへ姿を消してしまった望実
前回一護やコンに言われて少しは変わったのかと思いきや相変わらずだったようで(苦笑)
結局全員総出で探すことになったものの、どうやら望実は何かを探してるらしい?
まわりを巻き込みたくなくてあえて説明しないのかもですが、何も話してくれないんじゃ
対応のしがいもないですしフォローする方も余計負担がかかるということになっちゃいますよね…
あ、コンがいないからとルキアに悟魂手甲で魂魄を抜いてもらう一護が久々で新鮮でしたw
もしかしたら望実の探し物って本物の体だったりするんでしょうか…

せっかく一番に見つけ出したのにまたしても望実に足蹴にされてるコンがw
なんとなく居場所がわかったってのは義魂丸だからですかね?
ってせっかく探し当てたのにまたしても望実は一人でどこかに行っちゃうし!
現世へやってきた霊骸メンバーがなにやら電撃っぽいのを纏ってるのが気になる…
やはりメインは望実を拘束するための計画だったようですが、好戦的という感じで全員が最初から戦う気満々て感じでしたね!
霊骸を迎え撃つ本物の弓親、一角さん、檜佐木さん、大前田!
って偽大前田だけ明らかにオリジナルと別人になってるんですけどww

ここから偽者VS本物のバトルスタート!!
見た目が違いすぎて誰も大前田の霊骸だと見抜けないのがおかしすぎる~
同じ体になるのに拒否したってどんだけ嫌がられてるのかw
…あ、でも格好はそう変わってないからやっぱり変だし性格もウザイですよね(ぁ)
一角さんと弓親に入れ替わって貰えばいいと爆笑されてましたしw
「僕にはこんなに美しい僕を傷つけるなんてことはできない!!」
あはは、久々のナルシスト炸裂っぷりの弓親@福山さんが面白すぎです!
てか霊骸でも一角さん相手なら戦いやすいってことなんですかねw

始解をしない檜佐木さんに対し、戦いには力が必要だと躊躇いなく攻撃する偽檜佐木さん!
霊骸は戦いを続けるほどに好戦的な一面はパワーアップしてしまう…
無闇に攻めるだけじゃなく何か手はないかと考えて行動していたんですよね
今度は大前田の提案に乗り、連携して二人を倒すことにしたようで!
五形頭を鎖で絡めとり封印した檜佐木さんがかっこよかったです~♪
本編でも中々出番がないのでこういうところで活躍しておかないとw
動きを止められた偽大前田が破道を打ってきたー!!本物より鬼道が使えるって(苦笑)

自分を攻撃できない弓親とは逆に、血で装飾した方が美しいと猟奇的な偽弓親がドSすぎるー!!
一角さん再度もなんだか本体の方がピンチだしこのままじゃヤバそうな(汗)
霊圧を察知して駆けつけた石田、またもやナイスタイミングでしたね!!
個人的にはもうちょっと弓親VS弓親見たかった~
斬魄刀異聞篇のときみたいな言い合いする二人が見られるのかなと思ったので(マテ)
というかあれだけ爆発続きで霊圧も何もないかと思いますが、それにいつ着替えたのかw

断界通行記録を再確認していた京楽さんと浮竹さんは阿近さんにこっそり頼んだようで!
うっかり記録を取り残されたと濡れ衣着せられてたときの浮竹さんが可愛かったり(笑)
異変に気づいた阿近さんに迫る因幡の影がー!!あわわ、阿近さんまでもですか!(汗)
調査していたところを記録改竄の容疑で隠密機動に包囲されることに!!

☆次回予告☆
あはは、偽大前田の話を軽くスルーしてる檜佐木さんが面白い♪
まぁ入れ替わったところでどっちもどっちという感じがしますw
それにしても偽大前田と本物の声が同じ声優さんには聞こえない~(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
偽死神対策本部で指揮をとろうとする喜助さんに突っかかるマユリ様!!
自分の隊の死神のことですし納得するはずないですが作戦とか面倒な剣ちゃんまで切れたー!
剣ちゃんに反応して兄様まで思いっきりにらみ合ってるし、これを纏めるのは至難すぎるw
狛村さんは遠吠えしてるし、ちゃんと聞いてるのはシロちゃんしかいなかった(苦笑)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(9)   Top↑

税金