アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2011.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.04≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2011年03月 」 の記事一覧
2011.03.31 Thu
NARUTO疾風伝 205話「宣戦布告」
覚悟を決めてナルトの下へと向かうサクラの様子に何か物々しい雰囲気を感じて気にするキバだけど、ナルトだけじゃなく根の尾行のチェックまでさせられてるから大変そうw
でもサイがこうやって根のことまで任せるってことは信頼してくれる証拠だと思います♪
一方、鉄の国近くの民宿に留まっているナルトはマダラのいったことから直接会ってみなければサスケが何をしようとしているのかわからないと思ったようで、考えるほど深みにはまるだろうし会ってみるってのはナルトらしいけど…(苦笑)
原型を止めてない宿の修理は勿論ヤマトってことで、なんだか腕のいい大工さんみたいな扱いになってるのが(笑)

間一髪のところでマダラに助けられていたサスケは時空間忍術によって別の空間へ!!
同じところへ強制転送させられた香燐はサスケの治療にあたることに
そしていよいよ明かされる"月の眼計画"の全貌――
五影会談を襲撃させたのも須佐能呼を持つサスケの動力を実践で鍛えるため…
この中の誰かを人質にしようとも思っていたようだけどさすがにそこまではできなかったって
ホント悉くサスケは利用されてるのがなんともいえない(汗)

初代火影との戦いで形骸化した存在にすぎないマダラ自体は力がないというけど、
そもそも攻撃が効かないんだからそんなこと言われてもって感じで(苦笑)
「全てがオレと一つになる!全ての統一を成す完全体だ」
うちはに代々伝わる石碑に六道仙人が書いたとされる秘密…それは写輪眼、万華鏡写輪眼、輪廻眼の順に解読できる内容が増えるとのこと…イタチ兄さんがサスケに万華鏡写輪眼の開眼を要求したのはこのメッセージを伝えたかったからですかね(汗)
そもそもどういう繋がりがマダラと六道仙人にあるのか、ということでまた話が複雑に(汗)

「彼はかつて世界を救った あるバケモノから……
そいつは尾獣全ての集合体…最強のチャクラを持つ存在…十尾だ」

一尾から九尾までの尾獣は十尾のチャクラを分散したものに過ぎないのだと
ここでそれぞれの人柱力の映像が流れるのが~…こうやって絵がつくとまた違う感じで!
十尾を倒した六道仙人は自分の体に封印していたものの、己が死ねば封印が解け再び十尾が解放されてしまう、それを阻止するため分散することで保ち、十尾の本体は力の及ばない空へ飛ばされて月になった…
既に十尾の人柱力となってた六道仙人は人智を超えた存在…
月まで作っちゃうとかホントとんでもない話ですよね(苦笑)

十尾を復活させ人柱力となったまだらは月に己の眼を投影する大幻術無限月読を発動――
「わだかまりも争いも無い世界だ
全てがオレと一つになる全ての統一 それがオレの"月の眼計画"」

全人類に幻術をかけ世界を一つにするのが目的だと言い放つマダラ!
しかしそんなことしても空しいだけだと思うのですが…
なんだか人類補完計画を思い出すなとちょっと思ったり(ぁ)
勿論そんなことは認められないと声を揃えるものの、具体的な方法が出せないという点では
痛いところをつかれてるかもしれないけど納得できるはずないですよね!

ってここでビーがまだ健在で実は逃げ延びて遊んでいることがわかっちゃいましたねw
ショック受けて激昂する雷影が面白いです(笑)
「希望は捨てない」
たとえどうなることがあっても諦めない我愛羅の決意が伝わってきます!
申し出を拒否した五影に対し第四次忍界大戦開戦を宣告するマダラ――!!
ついに恐れていた事態になってしまいましたが、対抗するべくこれからの作戦を立てることに!
残りの尾獣の力に対抗するためにも忍の連合軍結成に全員が合意…
木の葉サイドには我愛羅がカカシに伝えてくれるということでナルトの非礼を詫びていたときに
どんな人となりをしてるか察知してわかるから雷影もカカシならと理解してくれた様子で

月の眼計画を阻止するためには八尾と九尾を先に発見し隠しておくことが必要ではないか…
弱っているマダラや暁では残りの尾獣を捕獲できないしできたとしてもリスクが大きすぎる、
この戦争を仕掛けたのも二人を誘き出すのが目的なのではないかということで
それを考えるとやはり戦場に出すのは危険ですよね
積極的に話しかけてくるオオノキは人柱力を全面に押し出して戦いたいんだろうけど(汗)
とはいえ八尾も九尾も作戦には程遠いような人物…て確かに素直に言うこときくタイプじゃないしw
それにしてもホントこの二人の性格って似てますよね
さらっと同調する我愛羅が面白いな~と思ってしまったり(笑)

微妙な反応をするオオノキをおいてテキパキを指示を出す雷影に鬼鮫のことを打ち明ける長十郎!
鮫肌と融合してしまうと人柱力に近い力を発揮する…という有力な情報を!!
それを遮ってまでも尾獣を戦力としようとするオオノキの発言は中々しつこい(苦笑)
不利な条件もあるだろうし当然リスクもある、何より忍連合軍に侍も参戦するからという
ことでミフネが口を挟んだことでようやく黙ることにしたようですね(苦笑)

ようやく復活した水月と重吾も移動をすることに!
そして仙人モードでサスケを探索しようとするナルトの前にサクラたちが到着
「ナルト…アンタに話があるの…」
サクラが打ち明けようとしてることは何なのか…予告で驚いてるヤマトが面白かったですが(笑)

次回「サクラの想い」
スポンサーサイト



テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.03.30 Wed
君に届け 2ND SEASON episode.12「大事な人」
『爽子は風早と付き合い始めたことが学年中に知れ渡った頃、爽子をよく思わない女子たちが、未だ信じられないと話をしていた。そこへ現れたくるみ、そして爽子。女子たちに忠告をし屋上へと去るくるみを、爽子は風早と付き合ったことを報告するために追いかける。爽子の報告にくるみは・・・。』


事態を収拾するためとはいえみんなの前で言ったことを気遣う風早君
ゴミの片付けを手伝うのに役に立つのが自分の特権とか、早速の惚気っぷりが♪
って爽子も片方持ってれば少しでも一緒の時間が長くなるとか可愛すぎる~!!
風早君は変な噂として流れる前にはっきりさせておきたかったようで…
誤解されてまたすれ違うなんてことは散々経験した失敗を繰り返したくないんだろうなぁ(苦笑)
それに彼女宣言しておけば爽子を独占できますもんね(!)
って前に思いっきりみんなの前で告白したことを思い出し赤面する風早君がw
まわりにも自分にも伝えてくれようとする気持ちが爽子にとっては嬉しかったようですけどね!

いい雰囲気の二人に間に乱入して邪魔するピンが鬱陶しい~(笑)
無理やり連行させられ掃除を手伝わされることに!
てかこれはどうみてもただのヤツアタリですよね
幸福があれば同じだけ不幸があるとか酷すぎるww
二人が一緒にいたのを目撃した風早君を好きな子達のひそひそ話しが…
矢野ちんとちづはトイレでの一件のときのように誰かが絡んでくると心配してたようだけど、
何もなく安堵する一方で失恋して涙を呑んだ子もいるんじゃないかとふと口に…
そっちの気持ちもわかると口にしたちづだけど、爽子が耳にしちゃいましたね(汗)

「ううん…ちがわないよ」
思い出したのは風早君の笑顔だけじゃなくくるみちゃんのいろんな表情――
失恋するのは自分だったかもしれない、責められたり一喝されたことがあったと振り返る爽子…
思えばいつもくるみちゃんの存在は爽子に勇気をくれてたんですよね!
こうやってみると本当にどれだけ影響が大きいかわかります…
「こればっかりはホントどうしようもないの あんた悪くないの!それ忘れんじゃないよ!!」
決意してくるみちゃんのところへ向かおうとする爽子に声をかけるちづは潔いなぁ
振られた側だからわかる気持ち…こうやって励ましてくれる相手がいるって凄く頼もしい!
ってそのすぐ後ろでケジメをつけにいくということで号泣してるちづがww

爽子と風早君が付き合い始めたと聞いた女子のグループはまた物騒な相談を(汗)
それを立ち聞きして思わず笑いを漏らしたくるみちゃんは挑戦的な態度に
噂を流すため利用したのも自分と同じタイプだったから…
告白はできないのに嫌がらせは簡単にできる相手に呆れてるって感じですかね
「爽子ちゃん以外はみんな一緒よ」
毅然と向き直るくるみちゃんの一撃がかっこよすぎる…!!
その場に居合わせた爽子に対して一気にまくし立てるユカ達を煩いと一喝!
こういうときの美人さんの気迫は半端ないですね、まわりも気圧されてましたし(汗)

「いい加減にしてよ ゴチャゴチャいって情けなくなんないの?風早が決めたことよ」
今度は逆に噂の出所だと攻められ、風早君に告げ口すると反撃に出てきたけど…
正面から受けて立つくるみちゃんがこれぐらいのことで怯むはずないですよね
もし言ったところで今更昔のことを持ち出してもおかしいと思われるし、
何よりユカの下心もばれて嫌われる原因になるだろうと!
ずっと風早君を見てきたくるみちゃんだからこそわかるんでしょうね
爽子が傷つけられでもしたらそれこそ風早君が許さない――
もしかしたらこの言葉は自分に言い聞かせた言葉でもあったのかな?
だからこそくるみちゃんはまわりくどいやり方で爽子を遠ざけようとしたのかなと…

「くるみちゃんのライバルは…私なので」
駆け出したくるみちゃんを引きとめようとするユカの前に立ちふさがる爽子!
あまりにも凛とした態度にドキっとしました~!
いざというときの爽子って何気に凄いですよねw
そして憤るユカに声をかけて話を始めるちづと矢野ちん!
って他の女子たちもショックで全員で泣いてるし、ユカに遠慮してずっといえなかった様子で(苦笑)
相手がくるみちゃんなら諦められたのか…この中の誰かなら納得したのかといえばそうじゃないですよね

「悔いが残るのは何もしなかったからじゃないの?
それを棚にあげて爽子に文句つけるのは違うんじゃないの?」

片思いのままい続けても何も解決しない…
長い間ずっと徹に思いを寄せていたちづだからこそこの言葉も深い…
振られたけど告白して思いを伝えたことですっきりしたちづは後悔なんて少しもしてないんだろうなと
そんなちづの片思いを見守り続けた矢野ちんもこの気持ちがわかるから黙って聞いてたんだろうなぁ
風早君が夢みたいだといってたことまで暴露しようとして口をふさがれてましたけどw

元々は爽子に喧嘩を売りたかっただけじゃなく風早君を好きなだけ…
まわりの評判も関係なく好きになったのだって風早君が爽子を好きになったのと同じ――
わかっていて幸せを願いたいと思う反面、複雑な気持ちが交錯してしまう…
「そんなに意地はんなくても 悲しんでよくない?まずは風早のためじゃなく自分のためにさ」
相手を思いやる矢野ちんの優しい言葉もユカ達の心に響いたようですね…
彼女達も認めたくないという気持ちが大きすぎて意地悪してしまったのかな
こういうやりとりってついついほろりとしてしまいます

爽子のことで話をきいてもらい龍にお礼を言う風早君に感謝を求めるピンだったけど…
まさか素直に感謝されるとは思わずびっくりしたようでw
色々とピンの言葉に感謝させられたこともあるし…と
確かに背中を後押しされたことも多かったですよね、同じぐらい余計なこともしてたけど(ぁ
でも言うとおりにしたらピンが調子に乗っちゃいますから(苦笑)
「大事にしたいんだよ…本当に」
ああもう風早君は爽子のこと大好きでたまらないんですね♪
惚気っぷりがどんどんアップしてくのにニヤリとします!

真面目に打ち明けてるのに適当に促すところが相変わらずですがw
「恋愛はなァ 最初に告白するやつだけが本命と戦えんだよ
2番目、3番目以降の奴は戦う資格すらない」

またちょっといいこといってくれましたけど…最後にオチがつくと~
爽子に本命が現れたそのときは諦めろって何言ってるんですかw
でも確かに誰かが告白したところに便乗していっても本命と戦えるわけないかなと…
自慢したりしなければ素でカッコイイと思うときもあるんですけどね(笑)

屋上に向かったくるみちゃんを追いかけてきた爽子は、告白して恋人同士になったことを報告…
この時のくるみちゃんの微妙な表情の変化がなんとも切ない(汗)
相変わらずキツイ物言いだけど棘はなかったですね…
逆の立場だったら報告してくれただろうとまっすぐにくるみちゃんを見据える爽子
「爽子ちゃんが…ライバルでよかった」
あれほどまで認めないといってたくるみちゃんから少しだけ本心が聞けた!!
最初から最後まで全力で戦ったくるみちゃんはやっぱり凄くカッコイイです
爽子にとっても大きな存在になったけど、くるみちゃんにも爽子は影響を与えたんだろうな…
君届での魅力って恋愛は勿論だけど友情方面も凄い威力だと思います♪

ふたりとの会話を聞いていて、意外なことだったという健人
感謝や謝罪の言葉を述べられたらぶっとばそうと思ってたって(苦笑)
他の女子と爽子の決定的な違い…風早君への爽子への態度と
どうしたって勝ち目はないと追いかけ続ける中で気づいたくるみちゃん
好きな子を貶めるようなことをした自分を好きになるなんて絶対ないと…

「風早にアンタは無理よ」
自分が男だったらくるみちゃんの黒い部分も受け入れてあげられる――
慰めるわけじゃないけどそういってあげられる矢野ちんもホントなんていい人なんだ(涙)
包容力あるし本当に男だったらきっとモテてしょうがないと思う(笑/マテ)
今まで泣かなかったくるみちゃんも初めて涙をみせたりと…
最後まで強がってたけど少しだけ本音をさらしてくれたのかなと
爽子相手ほどまでじゃないけど矢野ちんにまで…なんてくるみちゃんも変わりましたよね
こんなに一途で一生懸命だったくるみちゃんにもいい人が現れますように

結局健人の気持ちは最後まで曖昧な感じでしたね…
まわりの人の意外な一面が見れた中で爽子のことを好きになる前でよかったと漏らしたw
でもなんだかんだと気づかないうちに…っていうところもあったんじゃないかな??
うちの子にちょっかいかけないで!と牽制する矢野ちんがお母さんみたい(笑)
軽口叩き合う二人のやりとりも面白かったしちょっといいコンビになりそうだなとw

何もいえなかったと先ほどのことを振り返る爽子
実際は感謝してもしきれないほどのことをしてもらってるけど
両思いになった爽子がくるみちゃんにお礼をいってたら…やっぱりキレてたでしょうね(苦笑)
「あ、そういえば千鶴 …好きだよ」
気をきかせて腕を引いて先に帰ろうとしたちづに対して龍がさらりと告白ww
あはは、ちづじゃないけどこれにはびっくりした~あまりにも自然すぎる!
さらりと交わしてたちづは明らかに気づいてないですよねw
でもそんなところも予想の範囲内ってことで龍も気にしてなさそうな(笑)
龍とちづがカップルになる日はいつ来るのかな??
それにしてもこういうときの龍っていつもイケメンすぎるw

「大事にするよ…大事にする…絶対に大事にするから――」
くるみちゃんにかけられた言葉を思い出しながら風早君にはいえなかった…
それぞれの立場の人の気持ちを考えられるようになった爽子はまた少し成長したんじゃないかと
これでもうライバルも卒業かもしれないけれど、またちょくちょく関わってきて欲しいなぁ
爽子を見送ってから一人ガッツポーズする風早君が可愛すぎる!!
付き合い始めてからのデートもこれまたニヤニヤでしたねw
プラネタリウムの席で思わぬ接近を意識して真っ赤になったりともうこの二人は~

渡せなかった手編みの帽子やバレンタインのチョコを渡したりと
今まで溜め込んでた分を全部詰め込んで受け取ってもらおうとしてる爽子が可愛いw
幸せすぎて早く一緒にいることに慣れればいいと告げる爽子だけど…
そんな勿体ないことできないと、風早君はこのままの爽子でいてもらいたいんだなぁ
「俺ばっか好きだと思ってたのに…俺ばっか…嬉しい」
今まで開いていた距離を埋めるように同じ時間を過ごす二人にキュン♪
色々あったけど乗り越えて恋人同士になったんだから本当に幸せになってもらいたいです!

二期は最初から誤解や勘違いでハラハラさせられて
どうしてそうなってしまうのかとひたすら不安が続きましたが
最後には両思いになれて惚気る二人を堪能できてよかったです
今後のやりとりももっと見てみたいけど、綺麗な終わり方でしたね!
主要キャラがカップルになれてくれたので他キャラの関係もどうなるか知りたいですが(笑)
最初の頃は腹黒いくるみちゃんがいつのまにか爽子を認めてライバルになってくれ、
叱咤しながら後押ししてくれるところに好感が持てました
いつのまにやら初期とのギャップで密かにくるみちゃんを応援してしまいました…(笑)

またストックがたまったら三期を放送してもらいたいです
スタッフ、キャストのみなさんおつかれさまでした!
TBやコメントでお世話になった方もどうもありがとうございました!!

http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51772086.html

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック
君に届け    Comment(4)   TrackBack(47)   Top↑

2011.03.30 Wed
君に届け 2ND SEASON episode.11「祭りのあと」
『学校祭の打ち上げに、爽子と風早は待ち合わせをし2人で現れた。2人が付き合い始めたことに、信じられないといった雰囲気のクラスメイトたち。カラオケ屋を出た後、みんなで海辺へ向かう。そこにはピンがいて、爽子と風早にちょっかいを出すのだが、そそのかされた風早は改めて爽子に告白する。』


最近はすっかり出かけることが多くなって爽子パパは寂しい思いをしてるようで
彼氏ができたら…って落ち込んでるけど実際に報告に来たらどんなに凹むのやら(苦笑)
文化祭の打ち上げに向かった爽子は風早君と待ち合わせして来るとのこと
って二人の様子を想像してアフレコする矢野ちんとちづが面白いよw
茶化したいって漏らしてたけど早く正式にお祝いしてあげたくてうずうずしてるんでしょうね!

一方、風早君と二人っきりの爽子は盗み見してたのに視線があってしまい 慌てて謝ったりとテンパってる爽子にショックを受けたりとこの二人は両思いになっても相変わらずですねw
緊張して何を話したらいいかわからない爽子だけど…それは風早君も同じということで♪
意識しすぎるのもこうやっていい方向に向いてるし顔を綻ばせる爽子も本当に可愛いなぁ
って会場では風早君の告白シーンがジョーによって再現されてたー!!
なんだか勢いよく抱きついてたり大袈裟になってるんですけどw
…うん、ちょっとだけじゃなくたくさん殴られてもジョーは仕方ないと思います(ぁ)

早速質問攻めに合う爽子!しかし悪夢とか酷い言われようなんですけど(笑)
困惑する爽子の前に立ってピースサインで肯定する風早君!
「俺がベタ惚れなんだから」
もうそんなこと言われたらニヤニヤが止まらないじゃないか~
というかそこでなんで爽子まで驚いちゃうのやら、当人なのに
爽子の反応にわかってるかどうか確認してたりとこれまでの苦労が忍ばれる(苦笑)
ってここまで見てようやく二人が付き合ってると信じたクラスメイトがw
それだけ衝撃的だったんだろうけど、なにやら恋のご利益がありそうだということで拝まれてるし!
今までは迷惑じゃないかとか色々気を遣っていた爽子だけど…
これからは遠慮しないで堂々としててもらいたいなと思います

寂しく一人酒なピンの前に他のクラスの女子を連れて現れた健人
優勝逃して寿司が食べられなかったからって自棄酒に走ってるんですかねw
通りがかった爽子と風早君に声をかけた健人は風早君だけを連れ出す!!
裏庭で泣いていた理由は風早君に好きな人がいると思ってたから…
ってその原因作ったのは健人ですからね!
でもこうやって打ち明けるってことは反省してるってことなんだろうなぁ
ちゃんと爽子と呼ぶように言う風早君だけど…確かにそのまま呼んだらまたヤキモキしちゃいそうですしw
「いいんだよ、ちゃんと愛称で呼んでるから」
せめてその愛称ももっと可愛いのにしてあげればいいのに(苦笑)
前とは違って爽子のことをしっかり考えてくれてる感じなのでよかったなと♪

今度はピンに呼び出されてはっきり気持ちを伝えたのか…
そういえばわかってるよね?と確認しただけでしたね
って後ろから風早君のタイミングにあわせて茶々を入れるピンがウザすぎるw
結婚してください!!なプロポーズに爽子も固まって考えさせてくださいと逃げちゃうし(笑)
てかピンのせいで変な方向にいっちゃってるのですが
冗談通じないし、本気にして嘘だと話したら傷ついて落ち込むかもしれないと
じわじわと風早君を追い詰めたりと苛めたりとホントろくなことしないw

結婚のことは冗談だということで殴られても仕方ないと覚悟していった風早君だったけど…
爽子はちゃんとピンがいったことだし本気じゃないってわかってた!!(苦笑)
しかも考えさせてください→妄想させてくださいだったとは~
いやいや、これは風早君じゃなくても間違えますよw
でもそれくらい爽子にとっては嬉しくて、思わず想像しちゃったんですね
大分欲張りになったと打ち明ける爽子が可愛くてキュンとします♪

「こんな大事なこと黒沼にちゃんと言わなきゃ前になんか進めない
オレと付き合ってください ずっと大事にするから

改めて交際を申し込む風早君の真剣な告白に痺れました(〃∇〃)
やっぱりこういうのは流れじゃなくてきっちりしておかなきゃですよね
下心なしで見られないと打ち明けられ嫌うわけないと叫ぶ風早君が(笑)
あまりの可愛さにノックアウトされちゃったかな~
二人とも可愛すぎるけどこの絶叫の浪川さんボイスが面白い♪
ばっちりこの海辺でのやりとりは観察されてるしw

ここでポロっと風早君が爽子のことをわかってないと指摘したことについて口を滑らせた!!
あはは、まああれは深い意味じゃなかったんだしちょっとした手違いってことで(苦笑)
龍を盾にして逃げるちづも悪気があったわけじゃないんだしあんまり責めないであげてくださいw
途中出くわした高橋さんのTシャツの柄もシュールだし趣味が気になる(笑)
ああ、何も言わずに去ってくくるみちゃんの背中が切ないよ…

昨日のことが夢じゃないと実感するために爽子はわざわざメモや日記に残しておいたのかw
あまりにも幸せすぎるとそう感じる気持ちはわかりますが
ここまでやっちゃう爽子が可愛すぎる♪
なにやら学校では噂が一人歩きして黒魔術効果で列が出来てしまった様子
それにしても爽子が相談を受けた相手は全員告白成功って偶然とはいえ凄い(笑)
恐れられ崇められ…となんだか宗教じみてきたw
しばらく見守っていた矢野ちんとちづは嫌がらせされないかと心配して玄関で待っててくれたのかな
今更魔力があると信じられてるんじゃと我に返る爽子が(苦笑)

クラス内ではまわりを囲まれた風早君が繰り返し叫んでたりとこっちも大変そう~
からかいながら気持ちを代弁するちづやジョーに続き
どうせならこの場ではっきりさせておこうと挑戦的に見据えて先を促す矢野ちん!(笑)
「…彼女!」
おお、ここは男らしくびしっと決めてくれましたね!
ついに学校中の公認カップルとなるのか~♪
纏めて黒板に相関図を描いた高橋さんと矢野ちんのやりとりでますます広まりそう(笑)

今になってみればどうして気づかなかったかわからないくらい
お似合いの二人だとすっかり応援する側に廻った健人
けれどこれを素直に受け取るばかりのだけじゃないだろうし…
くるみちゃんが失恋したのに爽子がどうしてと納得いかない人もいるだろうな(汗)
最終回、どんな形で爽子が立ち向かうのか楽しみです!

次回「大事な人」

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック
君に届け    Comment(2)   TrackBack(17)   Top↑

2011.03.29 Tue
BLEACH 315話「やちるの友!正義の死神登場!」
今回はやちるちゃんメイン回!と思ってたら意外にもシリアスな内容でしたね(汗)
それにしてもオリキャラ正義@関智さん、繭@さとりなさんてなんてもったいないw
森の中で鍛錬する剣ちゃんについていったやちるちゃんはその途中虚に襲われる女性に遭遇し、そこで昔馴染みの死神の正義と再会することに!
繭の家族を守れなかったのも自分の責任だと悔やんだり名前の通り正義感の強そうな人ですが…
ピンチのときこんな風にさらっとかっこよく助けられたら気になっちゃいますよね(苦笑)

移動型の虚を追って遊撃隊として駆け回っているという正義
家族は妻が一人いたものの、任務から帰ってきたら虚に殺されてしまっていたのだと――
虚の脅威に怯える人々を救いたいと思っているようで、いずれ妻の敵討ちもと決意してるようで
って少しでも多くの人の助けになりたいのはわかるけどそこまで虚に執着するのは嫌な予感が(汗)
そもそも遊撃隊としてならば一人で行動してるのもおかしいですもんね…

ようやく剣ちゃんと合流したやちるちゃん!ってまわりの木が全部破壊されてるのですがw
久しぶりに懐かしい正義に会ったというやちるちゃんになにやら言葉を濁す剣ちゃんが…
なんだか空気が重くなっちゃいましたがこれは何かあるんでしょうね
隊にいた頃、金平糖を喜んで食べてくれた正義とはすぐに意気投合ちたやちるちゃん
ってさっきの正義は甘いものが苦手といってましたしこれはもしや(汗)

差し入れを持ってきた繭と正義がいい雰囲気になりかけたところでやちるちゃんが乱入!!(笑)
どうして奥さんと喧嘩別れしたのか訊ねたりとやちるちゃんは何か確認してる様子でしたね
そんな時、虚の霊圧を察知して正義は飛び出していったりと討伐に躍起になってる感じが~
ひとりきりの自分は、此処を離れる正義についていきたいと頼むけど…またしてもやちるちゃんがw
あはは、これはもうわざと邪魔してるとしか思えないタイミングですね(苦笑)
強引に手を引っ張って正義に近づかないよう警告したりと真相を知ってしまったんだろうな…

繭を使い誘き出され大量の虚に囲まれた正義だけど、全て倒し終えたらついてきて欲しいと!
「最後の一体まで虚を倒すと!!」
そして言葉どおりまわりの虚を一掃したものの今度は正義の身体に異変が(汗)
警戒を解かないやちるちゃんは目の前にいる正義こそが虚だと宣告!
まだ心が残っていて以前と同じようにやりとりできるけど、いつかはそれも消えてしまう…
妻の記憶が抜けてしまっているのも虚化が進んでいる証拠だということだったんですか
しかもその妻を殺した犯人が実は自分自身だったとは…何ともヘビーすぎる(汗)
虚に取り付かれていつしか自分も虚に…そして自分の姿を見た正義の意識は虚を乗っ取ってなんとか保ってはいるもののそれも時間の問題でいずれはってことになってしまうと…

って繭を道連れにしようとした虚の盾となり正義が犠牲となることに
最後に元の姿に戻り二人に看取られたことは救いだったかなと…
もしやちるちゃんが決着をつけたとしても何ともいえないラストになってたでしょうけど(汗)
何もかもわかっててずっと待っててくれた剣ちゃん、こっそり金平糖を懐に用意してたりと
剣ちゃんの優しさに最後にほっこりしちゃいました♪
普段からやちるちゃんのために常備しておいてくれてたりするんですかね~
個人で戦うやちるちゃんとか見てみたかったですけど原作でも明らかにされてないので無理ですかねw
なんだか切ない展開になっちゃいましたけど剣ちゃんとやちるちゃんのやりとりが見れてよかった!

☆次回予告☆
来週はまた現世に戻ってシロちゃんメイン回?
暫く黒埼家にお世話になるということでまたしても一護の活躍の場がw
…まぁ主人公の存在感が薄いとかいうのは今に始まったことじゃないですしね(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
森を彷徨って数日間…迷子のはずなのに自給自足で補えてる点といいもはや
これはサバイバル生活として成立してるんじゃww
戻ったとき散々怒られそうですけどこの二人どうやって戻るんだろう(笑)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(9)   Top↑

2011.03.29 Tue
レベルE 第12話「Half moon…!」
『王子を追って地球にやってきた弟のモハン王子と許婚のルナ王女。彼らの目的は王子が成人を迎える前に結婚の儀をとり行い、王子に王位を継がせること。王位を継ぎたくない王子は雪隆の部屋で身を隠していた・・・。しかし、モハン達はあっさりと王子の居所を突き止めて追ってきた。またしても、宇宙人のトラブルに巻き込まれる雪隆と美歩・・・だったが、ルナから王子への想いを聞き、単純な雪隆はルナを応援する側に・・・。一方その頃、王子達はモハンたちが単身乗り込んできたことを訝しがり、彼らの真意を探り始める。王子は無事にモハンとルナから逃げ通せるのだろうか!』


兄を追って地球へやってきた弟のモハン王子と婚約者のルナ王女!
モハン王子@日野さんとまた豪華ですね!
一本気で実直、民の信頼も厚い弟に国民のほとんどから王位継承して欲しいと思われている弟、生まれてすぐ婚約者となり王子と結婚することを受け入れているルナ王女とは厄介で苦手な相手なんだとか
そんな二人に追われてるから匿ってほしいと雪隆のところに乗り込んできたとは迷惑すぎる(苦笑)
面倒になるというのに文句をいったりと相変わらず雪隆とのやりとりが面白いですがw

成人となる前に結婚の儀を行わなければ継承権次順の王子に移行する…
王にならないようにするため無理やりこんな法案まで押し通したのか(笑)
今回ばかりは利害が一致してるということで隊長たちも積極的に協力してくれてようで
あはは、普段の王子と一緒にいたらそれこそ弟の方を推薦したくなりますよねw
密かにモハン王子に継承してもらおうとする隊長たちだけどどうしても王子を連れ戻すとモハン王子を心変わりさせることはできず~王子は一ヶ月の間なんとか逃げ切らなきゃいけないわけですね
会った事のない弟の方を応援したくなるって落ち込む雪隆がw

逃げ切ることを宣言しようとした直後にモハン王子にかぎつけられた!!
早速居場所がばれちゃったんですけど随分早かったですね(笑)
というか王子ってずっとバカ王子って散々呼ばれてましたけどまさか本名だったとはww
指輪の装着…って一度はめると体の一部となるとか怖すぎる(苦笑)
しかし王子はまだまだ自由を満喫したいと、簡単に了承するはずもなく~
地球面白大改造計画を二年後にって何するつもりですかw

王子が戻ってくるまで待たせてほしいというルナ王女に付き添いモハン王子も一緒に泊まることに
変な行動するとことか強引に押し切ろうとするとこは王子に似てる気が(ぁ)
テレビ画面の砂嵐に反応してたけど一体どんな内容だったのか気になりますw
護衛もつれず脱出用ポットの存在にも気づいてない…
宇宙に脱出してしまえば逃げ切ることも不可能ではないのに、阻止しないのはなぜなのか――
あまりも稚拙すぎると王子は違和感を感じてまた何かに気づいたようですね

翌朝、シャワーの音に期待して極度に反応する雪隆がww
って本当に入ってたのはモハンという残念なことに~(笑)
一方、空の様子を観察していた王子はこれが擬似映像だと指摘!!
惑星全部を覆って隠していたものは大量の宇宙船でしたが…あまりにも大掛かりな事態に気づかないはずがないと思うも、宇宙へ飛び立てる装置は限られるため操作するのは簡単ってことですか…
結婚式の来賓を呼び寄せいざというときは実力行使に出ると言い切るモハン
本当に弟がここまで仕掛けたものなのか…なんだか疑問がわいてきますね

ドグラとマグラは地球と月のような関係で独立を目指していたマグラは政略結婚で星の安定を目指そうとした…生まれたときから王子と映像でやりとりしていたという王女
顔を見るだけしかないし声もわからないのに結婚することを受け入れ
相応しい相手となるために勉強を重ね、数年がたったあと褒めてもらえたのが嬉しかったのだと
どんな悪い噂を聞いても一途に想い続けるルナ王女にときめいちゃった雪隆が(苦笑)
一件奥ゆかしくて礼儀正しい人っぽいですけど…こういう場合は大抵裏がありますよね
それに王子に今まで合わせていたのだとしたら只者じゃないだろうしw
カメラで監視してるのも思いっきりばれてたようだしなんだか腹黒そう~
すっかり彼女に感情移入した雪隆は向こう側に肩入れしちゃって王子にからかわれることに(笑)

相手の行動にあまりにも無駄がないのが不審だと部屋を捜索してみると盗聴器が発見された!!
地球にやってきた頃既に仕掛けられたとデータシステムを確認してみるとコリンの映像が!
そして盗聴器は隊長達の部屋からも発見されたりと、実はルナ王女とぐるだったんでしょうか
サキ王女に夢中になってたようにころっと騙されたのか…それともあえて加担してるのかな(汗)
そして王子に渡された王女からのメッセージは衝撃の内容だったようですが、一体何が書かれていたのかも気になります…最終回はまた斜め上の展開になりそうですし楽しみです♪

次回「Full moon…!」

http://ecolekyouzai.hamazo.tv/e2928251.html
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51238634.html

テーマ:レベルE - ジャンル:アニメ・コミック
レベルE    Comment(6)   TrackBack(38)   Top↑

2011.03.29 Tue
ドラゴンクライシス! 第12話「エンゲージ」
眠りから醒めてようやく落ち着いたローズだけどなぜか記憶喪失に!!
熱と薬による一時的な混乱であり暫くすれば元に戻るだろうけど、
オニキスからしたらこのままの方が都合がいいでしょうね(汗)
ほぼ完全に回復したオニキスはこのままローズの故郷へ戻って静養するとのこと

マルガの屋敷に忍び込んだオニキスはレッドドラゴン関係の書物を読み漁り何かを発見した、まだ諦めてないことは見るからに明らかですし何か仕掛けてくるでしょうね…
というかマルガとオニキスって幼馴染だったんですね!
神出鬼没のビアンカに突っ込まれてましたけど、どこにいても違和感を感じなくなってきた(笑)
一方ローズが連れ去られてからすっかり意気消沈してしまった竜司を見かねてマルガが追いかける!

どんなことでもまわりに流されるんじゃなく自分で選択して欲しいと思ってる英理子さん
ローズを諦めて普通の生活に戻るとしても構わないっていってるけど本心はそうじゃないんだろうなぁ…
苦しんでいるとき何もできず、遺物のせいでローズを傷つけることとなった…
守ると決めたのに逆にあんなことに巻き込んでしまってと責任を感じているようですが、
これじゃ呪念物が暴走してしまったときと同じことの繰り返しになってしまいますよね(汗)

文献にそんな記載はなく、ローズを引き離すための嘘ではなかったのか――
異種間同士の契約ということで身体に影響しただけかもしれないし、
そもそもローズを奪おうとするオニキスのいうことは信じる必要がないと
どちらを信じるのかと言い聞かせるマルガは中々強引な感じでしたねw
レッドドラゴンの力を手にしようとするのはブラックドラゴンの本能なのだとか
スラッシュブレスの使い手だから成竜となったドラゴンに反応したのでは…結局本当に遺物かどうかはわからないですけど竜司が特別な存在っていうことは確かってことになるのかな(苦笑)

「あなたは決めなければなりません ドラゴンの敵となるか、友となるかを
お答えください あなたは私達ドラゴンとどうなることを望みますか?」

人間やドラゴンという種族の違いに関係なく接することができる竜司なら…とマルガは希望を託そうとしたんですね
ここまで言われて竜司も心の奥底にあったローズへの気持ちを確認して再び立ち直れたようで
うじうじ悩んで後悔を続けてても埒が明かないですしね、復活してくれてよかったです
素直になった竜司にマルガがおんぶしてもらってるのが(笑)

ファングの専用機を使って海外へ脱出するオニキス達を追って空港へ―!!
滑走路に立ちふさがり離陸を阻止するマルガ、
空港を全面封鎖しソサエティの協力を要請した英理子さん!
ってまた大掛かりなプランを実行しましたね、凄すぎる(笑)
飛行機を止めた千崎に仮を返すと襲い掛かろうとするオニキスだけど、アイがギリギリのところで抱えて助けた!!本人は竜司を助けたと思ってたようで別人とわかった途端ポイって酷いよw

車のまま飛行機へと乗り上げた英理子さん、よくもまぁこんな無茶してうまくいったなぁ苦笑)
アイスを食べて竜司の記憶を思い出したローズ…とこのあたりもうちょっとどうにか;
自分で決めて自分で行動するようになる、
ローズのことを子供扱いしていたことを反省して一緒に大人になりたいと…
「だから二人のこれからを二人で決めよう?ローズ 大好きだよ」
吹っ切れて覚悟を決めた竜司の願いを聞いて以前と同じようにローズもまた安心できたようですね
まだまだ成長途中って感じですがこれで迷いはなくなったかな??

今度は完全にドラゴン化したオニキスが飛行機ごと連れ去ろうと強行手段に!!
ピンチかと思いきや竜司の両親まで出てきたー!!(苦笑)
息子の窮地に駆けつけたようだけど一体いつからいたのかとw
「ラブ・エンゲージ」
オニキスは竜司とローズの新たな力によってまたも敗北…
せっかくだから竜司との真剣勝負を見たかったので残念です
オニキスもリベンジなんだからもっと白熱したバトルを繰り広げてもらいたかったなぁ

とりあえずは撃退したものの復活したらまた襲撃してきそうだなと(苦笑)
それに両親の手助けがなかったら竜司達も危なかったですよね
竜司自身が一人でもしっかり戦うところも見たかったなと
高いレベルのエンゲージで力が放出された形だったと説明するマルガの傍で
キスしたショックで落ち込むアイがなんだか可愛い(笑/コラ)
でも結局ラブエンゲージがなんだったのかはいまいち伝わってこなかったですw

サフィやアイ、マルガが来てるのはともかく英理子さんも制服着用で生徒になってるしw
監視するために教師として甲斐が潜入してたり小型カメラを設置してローズと竜司の研究を続けてる戸倉さんとドタバタなラストだったなぁ…
全体的にさらっと流されて登場人物の背景が薄くなってるところが残念でした
序盤でしっかりとローズのことを受け入れてたと思ったらラスト付近でモヤモヤ悩んでたりと
竜司に頼もしさをあまり感じられなかったり、バトル描写が物足りなかったのも気になりました
最終話ももっと竜司とオニキス視点に絞ってもよかったんじゃ?と思ったり…
せっかくのオニキス@神谷さんもなんだか勿体ないキャラになってたような(苦笑)

スタッフさん、キャストの皆さんお疲れさまでした!!
TBやコメントでお世話になった方もありがとうございました♪

http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2190/0

テーマ:ドラゴンクライシス! - ジャンル:アニメ・コミック
ドラゴンクライシス!    Comment(0)   TrackBack(33)   Top↑

2011.03.28 Mon
STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」
『理事長室にて長い眠りについていた少年・シンゴがついに目を覚ました。
約束どおり自らのシルシをレイジに渡すシンゴ。
その夜、ひが日死神社跡地にてケイトは密かにスガタと出会う。
四方の巫女でありながら綺羅星十字団へ加盟した理由をスガタに話すケイト。』


残りあと一話しかないんですがここで学園長の台詞が多いとは(苦笑)
わざわざタクト達に話しかけてきたりとこれには何か理由があるのでしょうか
というか怪しい人が多すぎて困りますw
部長の描こうとする舞台が理解できないものがあるけど、突き抜けてるから応援してるってw
キスシーンのことを聞かれてもさらっと流したりと相変わらずの冷静さだったけど…
与えられた役割を演じるのも得意という台詞も今はまた違う意味に聞こえてきます
「与えられた役をやるかどうかは結局自分で決めるんだから」
もうスガタの中ではしっかり固まってる感じだけど…
ケイトに対しても自分の役割を演じているということにもとれるような??
てっきりワコはもうどっちを選択するか決まってるかと思ってたけど迷ってる様子ですね
いつまでたってもはっきりしないけど結局こっちもどうなるのかと(苦笑)

真面目に働いてくれるタクトのことを気に入ったケイトのおばさん、
タクトってば年齢問わずいろんな女性に大人気なんですねw
心に決めた一人の人を想い続けるのがいいと、
ワコやおばさんとも違うと断言したケイトがなんだか切なくなっちゃいます…
そしてスガタの異変に気づいたカナコは綺羅星の合図もせずイヴローニューだと追及!!
まぁまわりからしたらどうみてもばればれなんですけどね(苦笑)
誘いを断ってきたスガタがどうしてキングとして綺羅星へ入ることを決意したのか気になってるようですが、このあたりはケイトがスガタに話したことが影響してそうですね

長い眠りについていたシンゴがついに覚醒―!!
なりたい大人になれる世界でなかったから成長を止めたけど、結局は自分だけが取り残されてさらに辛く感じることになった…シンゴもずっとゼロ時間に囚われていたんですかね…
というかこれもヘッドと同じ能力ってことに??
それにしても君のが欲しいとかいちいち口説き文句が怪しいですw
「今度は俺が夢を見る 長く楽しい夢をね」
約束どおりシンゴから印を継承してもらい新たな力を得たヘッド!
これでレシュバルを復元しなくても他のサイバディを使えるようになっちゃいましたね(汗)

嵐の夜、倒れそうになったトーテムポールを守ろうと海辺にやってきたケイトたち三人!
下敷きになりそうだったスガタを助けようとしてワコが巫女の力を使うのを目撃!!
初めてアプリポワゼしたのがこの時だったということだったんですかね…
神社の跡地でスガタと会っていたケイトは、自分の正体がヘッドにばれたとき酷く怖かったのだと…
直接的じゃないけれど、その気になればいつでもスガタを消すことができると仄めかしていたようで、スガタを人質にとられて利用されてたんですね(汗)

「私はあなたのために生まれてきた巫女なんだ」
ケイトの行動は全てスガタのためを思ってのことだったんですね…
全身全霊をかけて尽くそうとするケイトがあまりにも一途で切なすぎる!!
封印がとかれなくても次の世代の巫女がまたその役目を担うだけ――
綺羅星の野望を阻止するためにも一度はケイトを手にかけようとしたけど、思いとどまったのはケイトの思いを感じ取ってですかね…ケイトのキスを受け入れたときのスガタがどんな気持ちだったのか(汗)

「お願い 私に永遠をください」
何があっても平気だからと笑顔で誓うケイトがー!!
たとえスガタが協力してくれなくてもそれでいいと覚悟してたんだろうなぁ…
しかしこういうやりとりを見ると嫌なフラグが立ってしまったようにしか(汗)
ザメクのドライバーの暗殺奥義を受け継いでいるというジャガーとタイガーに
力を使おうと促すものの、そんなこと二人ができるはずもないですよね…

ゼロ時間の封印が解かれれば周囲の環境に多大な影響を与えるかもしれない、
というか島の火山が噴火したりととんでもないことが起こる可能性があるんですね(汗)
万が一を考えて住民を避難させるための船を用意…ってあの大型船はこのためにあったんですか!
なんだかんだとカナコの株がどんどんあがってる気がします(笑)

二人が結婚したらスガタの屋敷に自分が遊びに行くことになるのかと言うタクト
てか今更またそんなこと言っちゃうわけですか(苦笑)
そんな時ゼロ時間が発動し話は中断――
ケドナの魔方陣に気づいたワコにイヴローニュだと明かしたケイト
仮面をはずしたことで他の綺羅星メンバーにも正体がばれることに!
トーテムポールが倒れそうになったあの日、スガタを助けようと力を使ったワコだけど、実際に助けたのは同じくアプリポワゼしたケイトだったんですね…

「私の全てはスガタ君に捧げる」
巫女の役目を果たすのではなく全てはスガタのために…そんな思いが切ないです(汗)
ケイトのサイバディ・ケトナをスターソードで破壊し封印を解いたヘッド!
ひが日死の巫女の封印が解かれザメクもついに復活―!!
あわわ、やっぱり凄く禍々しいサイバディでいかにも危険な感じが…
他のサイバディとはどうみても異質だし果たしてタクトは倒すことができるのか!?
バトル開始というところで次回にとなりましたけど、来週は本編至上一番長いバトルシーンになるかな?

次回「僕たちのアプリポワゼ」
どうみてもこれで終わる気がしない~(苦笑)続きは劇場版で!!とかいうのは勘弁ですw

あ、間に青エク最新CMもまた入りましたね!!
しえみ@香菜ちゃんの台詞があったけど他の祓魔塾メンバーの台詞も入れて欲しい♪

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック
STAR DRIVER 輝きのタクト    Comment(2)   TrackBack(8)   Top↑

2011.03.28 Mon
よりぬき銀魂さん #51 再開直前スペシャル!よりぬき「よりぬき銀魂さん」
スペシャルということで何があるのかと思いきや…蓋をあけたら総集編だったー!!(笑)
いきなり一話から丸々振り返るということで懐かしい場面がたっぷりとw
何度見ても初期の頃の銀さんて作画が手探り状態なのが初々しい♪
あはは、まあそれでも登場人物がナレの最中あちこちでツッコミしたりされたりと
まるでオーディコメンタリーのような仕様になってましたけどね!
先輩にダメだしされてるとか中の人にそのままってことでしょうかww

でもこんな風にやってたら時間があまりにも足りないということで、万事屋ブルースを流しながら一年分を一気に振り返ることに!!さりげにこの歌って歌詞もいいですよね♪
ニヤニヤシーンを堪能できたのでおなかいっぱいになりました!
後半はもっと真面目にやるとか、CMのあとに重大発表とかどんだけ偽告知で釣るのかとww
銀さんの名前となった金太郎の紹介のときのカメラワーク!!裸エプロンてニヤニヤじゃないか(マテ)
空知のひとりごと、銀八先生、さっちゃんの歌、脳が腐るゲームのアンコールも来た!!
マダオゲームは立木さんのいい声で一体何を言わすのかと当時はツッコミしてましたw

『銀さん透明人間になるの巻』
背景全部CGでオマケのはずなのに手抜きになってなかったですよね、これ(笑)
CGな分むしろ普段よりもお金がかかってる!?
登場人物が服ごと透明になって大ピンチ…とかそんな設定だったけど実際は監督がセル画を
置き忘れたというオチでした☆頭をフル回転して想像力を働かせるのも面白いですよねw
しかしこれ、アフレコ時では一体どんな状況だったのか激しく気になる(ぁ)

紅桜篇での神楽ちゃんと高杉さんのやりとり、中の人がハタ王子にチェンジされたww
これで苦情殺到したらしいですがホント酷かったですよね、腹痛起こしましたし(苦笑)
でもずっと聞いてくると案外慣れてくるという…怖ろしいなぁw
あとは銀さんのとっつぁんの声真似と神楽ちゃんのキャサリン、新八の山崎…と面白かった♪
杉田さんはホント若本さんとシャアの真似するの好きですよねww
というか阪口さんと太田さんは入れ替わってても気づかないかもしれない(!)

って真選組の回想はお通ちゃんの歌に乗せて流れるとかw
こうやって何度見てもやっぱりほとんど仕事してるイメージが湧かないんですよね(笑)
グダグダで一部手抜きだったけどそれも銀魂らしいということでさらっと終わっちゃいました!
一年間よりたまお疲れさまでした♪CMでも本当に楽しませてもらったなぁ…
できるならOP&EDのノンクレジット版をDVDでも特典でもいいので発売してもらいたい~
来週からより抜いてない『銀魂』楽しみにしてます!!(≧∀≦)

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(2)   Top↑

2011.03.27 Sun
テガミバチ REVERSE 25話「こころの光」
セントラルに襲撃したカベルネを止めるべく立ち上がるユウサリの人々!
というかラグを庇ったゴーシュの状態が重傷なのですが!!
絶望に変える希望を届けなければアヌも助からない――倒れたゴーシュはジムノペディを託す!!
あわわ、まさかこれで退場ってことはないですよね?!そんなのあまりにもショックすぎる(涙)
それでもラグが立ち上がったのはやっぱりゴーシュから託された思いを受け取ったからですよね…
今まで色々悩んでたことが嘘のように吹っ切れて向かっていくラグは、ニッチのお姉さんに頼み
摩訶の上に乗るとその場所で心の光を放ちカベルネをわざと呼び戻すことに―!!

まるで人工太陽のように光り輝く…ってまさかラグにそんな力があったとは!
「やはりラグは人の形を成した…」
ってこれを見ていたお姉さんのことも意味深で気になりますし!
普通の人にはこんなことはできないだろうしラグは特別な存在ってことになるのか…
人じゃないとしたら精霊琥珀を依り代に…とかいうことだったりするのかな(汗)

「響け こころ!」
引き寄せられたカベルネに向けてジムノペディとノクターンの二丁で心弾を放つラグ!
それぞれに込められた想いが力となりカベルネの隙間を撃ち抜く――
って今まであれだけ苦戦してたのに最後はやっぱりラグ一人の力で撃退ですか(苦笑)
なんだかあっさりしすぎな感じもするけどそれだけ凄い力を秘めてたってことですかね…
でもあれだけの心を放ったらラグの残量はなくなって…ってことになりかねないんじゃ(汗)

目覚めたラグを心配そうに見つめるニッチとシルベット…そしてゴーシュも無事だったー!!
てっきりあのままゴーシュが犠牲になってしまったんじゃと思ってたので安心しました!
だけどやはり精霊になれなかった者たちと共にこれから歩んでいくことを決めたんですね…
心は失くしたけれど、ラグに出会えたから生き方を見つけることができただなんて切ない(汗)
でも同じようにラグもゴーシュに手紙として運ばれたことで人生が変わったんですよね

「僕達は友達じゃないか」
別れ際友達だと念押しするゴーシュ!!(涙)
世界のどこかにいるのだから本当に会えなくなるわけじゃないけど、こうやってアリアさんやシルベットとも別れなきゃならないのを見てるのは辛いです…
リバースとして活動してきた時期もあるのだし、ノワールをそのまま見逃す…っていうのはちょっと疑問が残りますが、ロレンスに利用された一人としてロイドさんが上に口聞きしてくれたりするのかな?
人工太陽のこともあるしそのあたりロイドさんならうまくやりくりできそうですけど(苦笑)
最後にラグのことを友達だと認めてくれたロダに心が温かくなりました♪
お姉さんもニッチをラグに託し摩訶と共にまた去っていっちゃいましたね…

リバースの重要人物だったガラードとヘイズルもそのまま逃亡って…
マローダーが廃業だといってましたけど、リバースのような人たちはこれからまた出てきそうな…
なんだか根本的なことが解決していないのでちょっとすっきりしない感じです(苦笑)
あの日からしばらく経過し、ユウサリはまた平和な日常が戻ってきたようで!
「心が輝く限り希望もまた輝く…だな」
ジギーカッコイイよジギー!!…って最後にもう一度叫ばせてください(笑/コラ)
手紙には精霊になれなかった者たちがブルーノーツブルースで暮らすことが記されていました
ってことはゴーシュも同じようにこの場所にいるってことになるのかな??
彼らが失くした心を取り戻せるように、博士も研究に没頭しているようですね
手伝ってくれるハントの気持ちも嬉しいけど、医師として無理はしないように注意したりと博士もなんだかんだとホント優しいですよね!まわりの人には中々伝わらないところもありますけどw

暫く治療を続けていたサニーもすっかり元気になったみたいですね
またクッキーを作れるまでに回復してくれて本当によかったです!
記憶は完全には戻ってないようですが…それでもこうして動けるようになったのは大きいですし
大切な人ができたから頑張ろうと意気込むコナーに和みます~
「大切な連中だらけだ」
ちょ、すっかり数が増えてザジのまわりが猫だらけになってる!!(笑)
あはは、大好きなニャンコに囲まれて本当に嬉しそうですね、可愛すぎるよw
まさか最後にこんなザジのワンシーンが見られるとは♪
何よりザジのウインクに思わず反応しちゃったじゃないですか(!)

シグナレスとシグナルはリバースの件は不問にされまたゲートキーパーとして働けるそうで…
尽力してくれたロイドさんにはこれからまた頭があがらなくなりそうですね(苦笑)
まだ人工太陽が必要でなかった世界のある日の仮説――
ラグがカベルネを倒したときの光のように輝く世界が以前あったのだとしたら…
「誰かを思う強い心に世界が照らされるとしたらあるいは…」
人工太陽を必要としなくなる世界がまた戻ってくる可能性もあるのかもしれないですね
それにはやはりラグの存在が重要となってきたりするんでしょうか?

当人は全く気にせずいつもどおり配達を続けてるけど、摩訶が人と認識しなかったことといいラグに関しては結局謎のままでしたね…アカツキにいるだろう母親のことも気になるけれど、今は目の前にある仕事を一生懸命にこなすことがラグにとって一番大切なことになってるんだろうなと
いつか母親と再会できる日が訪れたらいいなと思います!

ラストはその後の日々も描かれていて中々綺麗な終わり方でしたね
記憶は戻らなかったけれどサニーもゴーシュも無事だったし…
まだまだ続く雰囲気の中でのラストだったけどそれなりにしっかり纏めてくれたんじゃないかな?
原作既読組としては解決してないことが山ほどあるし有耶無耶にされてるので消化不良って
感じがしないでもないですが、一期のオリジナルの崩壊っぷりと比べると随分よかったですし(苦笑)
悩んで葛藤するラグとは違いニッチがしっかりした芯を持って行動してるのも印象的でした
リバースやロレンスの扱いには物足りないところもありましたがその他はよかったなと!
スタッフさん、キャストの皆さん長い間お疲れさまでした!!
そしてTBやコメントでお世話になった方もどうもありがとうございました♪
もし三期があるのならば原作がきっちり終了してからでもいいかなと思います(笑)

http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52777094.html

テーマ:テガミバチ REVERSE - ジャンル:アニメ・コミック
テガミバチ    Comment(0)   TrackBack(16)   Top↑

2011.03.26 Sat
4月期アニメ視聴予定リスト
今年も早いものでこのリストをあげる時期が迫ってきました~
ざっとチェックしてみたのですが本数多すぎる(苦笑)
一応曜日は最速ですが詳細は変更する場合もあるので公式へどうぞ!
相変わらず自分用メモ程度ですw

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック
雑記    Comment(2)   TrackBack(6)   Top↑

2011.03.26 Sat
バクマン。 第24話「電話と前夜」
『空前の激戦を制し「KIYOSHI騎士」「疑探偵TRAP」が金未来杯史上初の同時受賞をする。結果を聞いた亜豆からはお祝いの電話が秋人宛にかかってくる。尻込みする最高・亜豆を尻目に、秋人と見吉の計らいで、二人は卒業式以来の言葉を交わそうとするが・・・!?そんな息抜きもつかの間、連載会議に向けたネームへと取り掛かる最高と秋人。同じく福田や蒼樹・中井達も金未来杯の結果に左右されることなく、連載ネームの作成を着々と進めていた。そして日は巡り、運命の連載会議の日を迎える・・・』


本ちゃんの結果を受け取って楽器を破壊するKOOGYの反応が(苦笑)
なんとなくわかってはいたことだけど案の定ということになったようですね
体裁上いえなかったけれど雄二郎さんや相田さんもKOGGYだけには負けたくなかったようで!
というか編集者としてのプライドが許さないですよね、あんなやり方は…
これで実質的には三作品での戦いとなってきましたが1位になるのはどの作品なのか!?

金未来杯を決めるのにどうして他の連載と比べなければならないのかと疑問に思う香耶ちゃん
エントリー作品を指示する、しないの項目があるけど確かにわかりにくいですよね
支持率が高くても順位が低い場合どうするのかは…編集の仕事ということですけど今はとりあえず会議に向けてのネームに集中しようと促すサイコー本人も気にはなってるんだろうな…
アンケートをとったところ三作品は支持率も順位もよかったですけど、カラフジカルが酷すぎるw
キヨシとTRAPがほぼ同率ってところですがこうなるとどちらをとるかということで議論が白熱!
投票者の年齢や男女比などで見ても…ということでかなり揉めることになりましたね(苦笑)

会議直後、それぞれの編集から電話での連絡が!!
金未来杯の結果はキヨシとTRAPの史上初の同時受賞ということが決定!
ってやっぱりエイジの予想はあたりましたね、凄すぎるw
ハイドアも1位は逃したものの連載の方向でということが決まりましたし!
サイコーもシュージンも喜んではいるけど抑え気味のテンションなだけかと(笑)
結果を知った亜豆はなぜかシュージンの携帯番号を聞いてきましたが…
ちゃんとしたお礼をいおうということでシュージンに電話しようと思ったんですよね
まぁサイコーと直接会話するのが恥ずかしいってこともあるんでしょうけど(笑)

シュージンがいなければ漫画家になるという夢を持つこともなかった…
本当は感謝してるけど面と向かって言うのが恥ずかしいそうで、サイコーらしいなぁ♪
「夢を持って頑張っている事、努力していることに凶なんてないと思う」
突然電話して話した亜豆が男子と普通に話せることを茶化すシュージンがw
あ、でも顔も見えないし即答で好きな人じゃないからとか言われちゃってるし(笑)
って横で楽しそうに話してるのを納得いかない香耶ちゃんが携帯を奪いとったー!!
どうせならサイコーにお祝いすればいいということで電話を回されたものの、
迷ってる間に切られちゃってましたね、残念すぎる(苦笑)

連載用ネームを着実に進化させる福田さんを頼もしく感じる雄二郎さん!
「俺はこれに全てをかけてる!もてる全てを叩き込む!」
気合十分な福田さんがカッコイイなぁ、なんだかんだと雄二郎さんともいいコンビですよねw
そして蒼樹さんもさらにいい作品を仕上げるためにさらにアドバイスを求めたりと向上心が!
サイコーとシュージンも次々と修正し次のネームをこなしてるようですね

娘の恋を応援して見守ってくれてる亜豆ママは本当に心配してくれてるんだなと
会わずにこのまま過ごして二人が結ばれないまま終わってしまわないか――
会わないのは相手の気がないのでは思わないかとといかけたものの、亜豆は相手を信じ続けると!
亜豆も気持ちを確認してまた頑張れると思いますし二人の約束が早く叶うといいなぁ♪

まだ連載会議に出られない服部さんは、キャップの相田さんにTRAPをフォローしてほしいと
高校生活をしながらの連載は無理だと言われることがわかっているからだけど…
二人の頑張りを見て努力を認めてるからなんとしても連載にこぎつけてほしいんですよね
金未来杯と同時進行で描いていたネームを全部渡して頼み込む服部さんの気合に相田さんも根負けしたようで、なんとか援護はしてもらえそうですが果たして連載決定となるか…

新人で二本、なんとかならないかと飲みながら話し合う服部さんと雄二郎さん
このペアが二人っきりでいるってのもなんだか珍しい感じですね!
お互い有望新人を抱えてるということで悩みの共通のものが多いしライバルでもあるけど相談できることも多いだろうなと…
あ、バイク乗ってる福田さんがカッコよかったので思わず注目です♪
いまだにキャストが謎な平丸さん、個人的には森田さんボイスに聞こえますが…
最終回は明らかにされるのか、そのまま二期へ持ち越しになるのか(苦笑)

次回「ありとなし」

テーマ:バクマン。 - ジャンル:アニメ・コミック
バクマン。    Comment(2)   TrackBack(21)   Top↑

2011.03.25 Fri
フラクタル-FRACTALE- 第10話「僧院へ」
『ついにロスミレ派と僧院の全面戦争が始まってしまった。僧院を急襲するロスミレ艦隊、応戦する僧院、そのさなかに、飛行船に乗ったクレインとネッサがやってきて、グラニッツと合流する事に……!?』


ついに始まった全面戦争の中、グラニッツ一家に追いついたクレイン!
話し合いで解決しようと一人乗り込んでいったフリュネの気持ちやロスミレにこれ以上犠牲者を出さないよう頼むけどグラニッツだけならともかくこの状況で対話だけで…というのは中々無茶な感じがするのですが…
初めてできた仲間を助けるために自分も動きたい――といつのまにかクレインの中で決心がついてたのかな
ってそんなやりとりを聞いていて賛同したディアスが介入してきた!!
というか思いっきり話が筒抜けなんですけどw
僧院を潰すのが第一なのは本当だろうけど、鍵を利用して他にも何か企んでるような気がしてならないです、他者の犠牲となれる愛が目的とかいかにも胡散臭い感じですし…(汗)

攻撃の停止を願うフリュネは自分が痛みを受け入れる代わりにネッサを解放してほしいと!
もし聞き入られられないのならばと自害する覚悟をもしてきたんですね
鍵としての役割が果たせないのなら戦闘を止めたところで無意味、
システムに依存しきっている人たちにとってそれを奪われるとはどういうことなのか…
再び立ち上がる人も中にはいるだろうけど、システムなしじゃ生きられない人には…ということで
フリュネ自身もどちらが正しいかというのは最後まで答えは出ないだろうなと…

そしてスンダと共に僧院の本船に突入してきたクレイン!
しっかりと後方を援護するクレインを見て変わったというスンダだけど、
成長したというよりはいつのまにかロスミレのやり方に感化されたって感じでしょうか(苦笑)
艦内を一気に突き進んでギリギリで抜けるシーンはなんだか某SF映画のワンシーンみたいでしたw
「私達は元は同じフリュネだったのだから」
モーランを説得できると思っているフリュネから明かされた事実――
前回番号で呼ばれてたときもしやと思いましたがモーランも実はフリュネの一人だったとは!!(汗)
だからって話し合えばわかるっていうのはちょっと安直すぎじゃないかと…
システムを再起動したところで同じことの繰り返し…
維持するために鍵を生み出しそれに見合うだけの実験が行われるのだと
これ以上苦しまないためにもと協力を求めたフリュネだけど…モーランは同意することなく
自分は世界に愛されなかったとフリュネに対して嫉妬心をむき出しに(汗)

「ネッサが消えたらエンリは悲しいですか?」
段々とネッサの存在が不安定になってきてるんですけど!
心が反映されてるのもあるだろうけど消えちゃわないだろうかと心配になります
トリスタンが艦ごと僧院へ乗り込むとわかり、いてもたってもいられずネッサも向かおうと!
ってフリュネとネッサが揃ったらそれこそ危険なのにやっぱり待ってられないんですね(苦笑)
「クレインとフリュネとネッサ、ずーっと一緒だって約束したの!」
そんなネッサを一人で行かせるわけにはいかないとエンリたちも向かうことに!
なんだかんだとエンリも放っておけないところが優しいですよねw

システムを再起動させ人々を操ろうとするモーラン…
この人も利用された一人ってことになるとなんともいえない感じですね…
悲しみを理解したとフリュネはいってたけどそんな簡単なものじゃない気がする(汗)
追手に囲まれたスンダとクレインを手助けしたのはディアスたちでした
って僧院に対抗するためにフラクタルターミナルを使っていたとは!!
人々からは奪っておいて自分達は…って手段を選ばないディアスが黒すぎる…!
それでもディアスがいなかったらネッサはこんな簡単には助けられなかったと思うと(汗)

フリュネの抹殺命令を出したディアス、システムを破壊するには片方を壊せば手っ取り早いと
もっともらしいやり方ですけどこにれはさすがにスンダも黙ってられなくなったようで
ネッサの歌によって再び再会することができたクレインとフリュネ…
声を届けるためにネッサが仲介してくれたりとこんなこともできるんですね!
美しかった頃の記憶だけを守ってくれればよかったと、
クレインたちの下に帰ろうとしないフリュネの言葉は一体何を意味するのか――

ってここでまたしてもバローが邪魔してきた!!
相変わらずフリュネへの態度が気持ち悪すぎる~(汗)
強引に進めるモーランのこともありますしどうラストへ繋げていくのか気になります

http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51767003.html
http://egoist.go-jin.com/e15121.html

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック
フラクタル-FRACTALE-    Comment(2)   TrackBack(38)   Top↑

2011.03.25 Fri
IS<インフィニット・ストラトス> 第11話「ゲット・レディ」
『一夏と箒は、暴走IS「銀の福音」の撃墜へと向かった。しかし、専用IS「紅椿」を手に入れたばかりの箒は力の使い方を見誤り、一夏に大怪我を負わせてしまう。強さとは何かを見失った箒は、もうISは使わないと心に決めるが……。』


福音への襲撃に向けて追跡を開始した一夏と箒
ってなんだか箒は初めての実戦に浮き足立ってるような…
専用機を持ったことで紅椿の力を早く試したい感じですかね(汗)
会話にも積極的に応答したりと様子が違うことに不安を感じた千冬さんは
いざという事態に陥った際箒をサポートするように忠告!

紅椿の超速スピードであっという間に福音に追いつくとすぐに攻撃を仕掛ける!!
相手も一筋縄ではいかず一撃で…ということにはいかず奇襲は失敗したものの
ここからの二人の空中戦のやりとりが凄まじかったですね!
二手にわかれ同時に攻撃し隙を伺うと、箒が動きを止めている間に一夏が仕留める作戦に!
海上の密漁船を守るためチャンスを逃してしまった一夏に、守る存在ではないと激怒する箒
けれど一夏にとってどんな相手でも守るべき立場の人と映るんでしょうね…
「力を手にしたら弱いヤツのことも見えなくなるなんてどうしたんだよ 箒
らしくない、全然らしくないぜ」

精神世界でのやりとり…って別作品みたいになってるしw
でもこれで再び自分自身の中にある弱さに気づくことになったんだろうなと…
紅椿を手にして過信してたところもあるんじゃないですかね…って福音が迫ってるのにこんなのんびりやりとりしてるのは危険すぎる(苦笑)

シールドエネルギーも底を尽き、動けない箒の前に飛び出した一夏が防御もできず直撃!
力の使い方を見誤ったせいでこんなことになるとは…一夏の優しさも仇になっちゃった感じだけど、
これはまた箒が自分の責任だと強く感じて落ち込んでしまうんだろうな…
重傷を負い意識不明に陥った一夏に治療の指示を出しそのまま福音の監視を続ける千冬さん
目覚めていないのに様子を見に行っていない千冬さんが、箒にすら一言もかけないのは冷たすぎると…
「今は福音の捕捉に集中する、教官はやるべきことをやっているにすぎない」
一番心を痛めてるのは千冬さんに違いないし、
どうにかしようと部屋に篭りきりで必死に次の作戦を考えている――
こういうところは教え子としてラウラはよくわかるだろうしはっきりいってくれてよかったです
何もしないで一夏の傍にいたところで福音を対処できるなんて思ってないだろうし、自分にできることを全力で尽くそうとしてるんだろうなと!

それよりも問題なのは…すっかり心が折れてしまった箒の様子で
自分のせいで一夏が犠牲になったと責め続けてるし…

秩序を乱す相手だったのにどうして一夏は密漁船を庇ったのか、自分は力をどう見誤ってしまったのか、剣道の試合のときのように過去の悪夢も甦ったんじゃないかと(汗)
山田先生に促されて部屋を出たものの、休むことなく浜辺を走っていた箒
小学生の頃、クラスの男子に苛められていた箒の悪口に黙ってられないと先に手を出したのは一夏だったんですね!でもきっとあのままだったら箒も…ってやってたんじゃないかと(苦笑)
普通に接してくれる一夏に名前で呼んでくれるようにいったのは箒が最初だったんですね
ってそれに一夏もあわせたりと、昔から天然でタラシだったのか~(コラ)

もうISは使わないと決めた箒を叱咤する鈴!
「それともアンタは戦うべきときに戦えない臆病者なわけ!?」
戦う意志を引き出そうとする鈴がなんとも頼もしいですね
敵の居場所もわからなくても戦いたいという箒は本心をさらけ出して立ち直った!!
なんだかあっさりな感じもしますけど時間の都合もありますし仕方ないですかね(苦笑)
そんな箒のために専用機持ち全員で協力し再び福音を撃墜する計画を立てる!
ついさっき責任があるって話してたのに即座に命令違反とは矛盾してるような(ぁ)

衛星の目視でラウラが追跡中、他のメンバーはパッケージをインストールしていたりと準備万端!
一夏のためにも箒はまた戦う覚悟ができたようで…福音を撃破できるのか――
独断で動いた生徒達のことも予想済みな千冬さんも口出ししないで見守るのかな??
でも最後の一撃は一夏が…という展開になるんでしょうか、
主人公が眠ったままの最終回なんて残念だし活躍できるのか気になります(苦笑)

次回「君の名は(ユア・ネーム・イズ)」

http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2187/0
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/anigishi2/65570737
http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51769119.html
http://pearle.blog.so-net.ne.jp/2011-03-26-7

テーマ:IS<インフィニット・ストラトス> - ジャンル:アニメ・コミック
IS<インフィニット・ストラトス>    Comment(0)   TrackBack(65)   Top↑

2011.03.24 Thu
NARUTO疾風伝 204話「五影の実力」
天照を受けた際、実は尾獣状態のときの切断された足に身を隠し逃れていたビー!
久々に聞いたラップもウザイって八尾に一蹴されてましたねw
それがわかったからって音楽の方向を演歌にシフトチェンジするとか面白いよ(笑)
里に縛られることに嫌気が差したビーは鷹に捕獲されたふりをしてそのまま脱走してるしこれはばれたときの雷影の反応が怖いですよねw
一方、イタチ兄さんの真実を知ったナルトはいてもたってもいられなくなった様子で…
でも詳細を確かめるのは木の葉が大変な今は混乱の上塗りをさせるだけだし、何よりこれは上層部が真っ黒だったという黒歴史だからなおさら確証がないのに広めるわけにはいかないと(汗)

須佐能呼により柱を壊し天井を崩落させてその場を凌いだサスケ!
香燐だけ助けたのはダンゾウの居場所を確認するためだけど…重吾や水月なら放っておいても自分でなんとかするって思ってる部分もあるんだろうけど(汗)
「ナルト…お前ならどうした…?」
我愛羅たちは砂の柱によって事なきを得たけど、復讐に突き進むサスケを案じてナルトに思いを馳せる我愛羅を見てると胸が苦しくなります、言葉も届かず説得も失敗に終わってしまってやりきれない空しさとか感じてるんだろうなと思うと…
この機に乗じて水月と重吾もこっそり抜け出してましたね!
相変わらず液状化のときの水月はシュールでこっそり笑ってしまいます(コラ)

五影の幕を切り裂きミフネの刀を受け止めるサスケ!
この間にダンゾウはさっさと逃走してましたが…ここでサスケは足止めされることに!
って水影さまの溶遁の術来たー!!
「せめてとろけるようなキスをしてあげる」
口元を拭うメイさまの色気の破壊力も凄まじいのでドキドキしちゃいますw
リップサービス宣言にジェラシー感じて動揺する香燐も面白いし一生懸命役に立とうとする青も可愛いなと!あ、でもサスケが再不斬を…ていうのはちょっと語弊がありますが(苦笑)
ここから暫くメイさまの独壇場でしたね!参戦しないのなら頭を下げて…
って既に土影のいたところまでも溶遁の被害が広がってるしw

ヒラメカレイの直撃を受け壁を突き破って飛ばされたサスケの体に激痛が…!
まだ完全じゃないとはいえこれほどまで痛みを感じるとは思っていなかったようで、
だとすると操っていたイタチ兄さんは想像を絶するほどの痛みに耐えて戦ってたんですよね
須佐能呼でふらふら状態のサスケは実体験してようやく理解しはじめたのかな…
未来に目が向けられず過去に囚われたままのサスケが不憫でならないです
…というかこういうやりとりされるとイタチ兄さんを思い出して(涙)

閉じ込められたサスケに沸遁で襲い掛かるメイさまに苦しめられるサスケは雷影との対戦で
チャクラが減っているのもあるけれど須佐能呼の負担がかなりきているようで…
酸の霧で包もうとした直後、分裂したゼツがまわりからチャクラを奪いサスケへと引き渡す!!
ってドロドロしたのがうごめいてるのはちょっと気持ち悪いですがw
手こずっているメイさまに協力しゼツを粉々に砕き、塵遁でサスケごと破壊した土影
分子に近いレベルでバラバラにされたのかと思いきや…寸前のところでマダラが救出していた!!
ホントサスケは誰かに助けてもらわないとヤバイ状況が続きますね(汗)
「オレの目的"月の眼計画"についてだ」
この話をするためにサスケを会談場に投げ込んで襲撃させたんだろうし…
暁を利用するのは自分達だっていってたのにマダラの掌の上で踊らされてるとわかりますよね(汗)

次回「宣戦布告」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.03.23 Wed
君に届け 2ND SEASON episode.10「ここから」
『学校祭が始まり、爽子のクラスの女子たちは次の日の仮装行列の準備のため千鶴の部屋に集まっていた。この日あった風早との出来事を何度も思い返し、風早からのメールを何度も見ながら爽子は夜を過ごした。そして仮装行列の日、学校の皆が校庭へ出て行く中で、爽子は風早から呼び止められ・・・。』


仮装行列の準備のため徹夜で作業を続ける爽子たち<
休む必要があるってわかってても明日のことを考えると眠れないでしょうね!
恋話で盛り上がっていたところアドバイスを求められた爽子は素敵だときっぱり!
あはは、黒魔術とは関係ないけどこれで踏み出すことができるなら何よりですよね
私情が思いっきり入ってるけど幸せパワーが伝わったということで♪

今まで見守ってきたちづや矢野ちんが本当に嬉しそうだけど、
風早君がヤキモキしてることを想像して含み笑いをしたりとよくわかってますよねw
ジョーが寸法を間違えたせいで男子は山車の作り直しをすることに…
本人はゆる~くお菓子食べてるだけだし悪気があるなら少しでも手伝おうよ(苦笑)
仮眠…というか爆睡中の龍は何をしに来てるんだろうww
お互いのメールを見ながら現実を確認する爽子と風早君のシーンがいいなぁ!!

文化祭二日目、トイレで着替えて化粧を終えた爽子は美人な幽霊に!?
思わず足をあるかチェックするぐらいだからよっぽどですねw
本当はもっと飾りたいけど幽霊役ということで迫力重視(笑)
井戸繋がりだからとか、お菊の怪談の話をする高橋さんが相変わらず面白すぎる~
ってジョーはお札の仮想で矢野ちんい褒めてもらおうとアピールですかw
蛇女の恰好してるちづのポニーテールも似合ってるし♪

爽子を探している風早君に、その衣装を作ったのが爽子だと伝えた矢野ちん!
お手製のものだとわかって照れてる風早君が可愛いですw
校庭にいる爽子のところへ足早に向かうのをからかうピンだけど、全く相手にされず(笑)
さらっとかわせるってことはもういろんな悩みからも吹っ切れたってことですよね
てか瞳孔開き早興奮太くんって何ですかそれww

「…これだから見せたくなくなるんだ」
一人佇む爽子に声をかけた風早君、爽子の変身っぷりにドギマギしてる(〃∇〃)
独り言で独占欲丸出しっていうのもまたニヤニヤしちゃいますw
ってせっかく昨日の続きを切り出そうとしたのにここでお邪魔虫が…
お菓子の割合に引き続きしょうもない相談来たー!
でもここ風早君がでごめんと断りを入れたのはジョーに対してでしたね!
きっとジョーは自分の方が優先されると思ったんだろうけど…
ショック受けてるジョーを無言で引きずってく龍がナイスすぎる(笑)

勇気を出して先に話し始めた爽子は、初詣のときからずっと思っていたことを打ち明ける…!
嫌われたくないと思うからこそあと一歩のところで足踏みしちゃってそれでまた溝ができちゃったんですよね…
「『気持ちを言ってしまって終わることもあるかもしれない』
…だけど 私はここから風早君と新しい関係を作りたい ここからまた始めたいの」

視線も言葉もまっすぐに気持ちそのものが伝わってきました
新しく始まることも風早君とならきっとできると感じる爽子の表情が燐としていて印象的だったなと!
最後に幽霊役を頑張ってみんなの役に立つなんてところが爽子らしい(笑)
そういう爽子の態度に満面の笑みを浮かべる風早君もまた可愛かったなぁ

「…黒沼! 好きだよ!!」
風早君から大勢の前で大胆な告白―!!!
って爽子も自分のことだけで行っちゃうからどうなるかと一瞬焦った(苦笑)
まわりにいたちづや矢野ちん、龍も自分のことのように喜んでくれてる感じで
他のクラスメイトはびっくりしてたけどこのあとの反応が気になる~
振り返った爽子のカットがまた美人さんで♪
背中しか映らなかったくるみちゃん、この告白をどんな思いで
聴いてたのかって考えると切なくなっちゃいますけどね…

始まった仮装行列の中今までの回想が流れると爽子の変化を実感してしんみりする(涙)
まわりの人に支えられていたけど一番頑張ってきたのは爽子ですよね
こうやって今までの道程を見ても一生懸命な印象が大きいですし!
というか手あげて合図した時の龍がかっこよすぎて反応したのは自分だけだろうか(笑)
そしてソロパフォーマンスでは迫真の演技で会場を魅了した爽子!
タイミングを見計らって審査員に飲み物の差し入れ…って完全に賄賂ととられちゃいましたw
当然そうなるだろうとはわかってましたけどね、爽子は悪くないし(笑)

閉会式で発表された順位の模擬店部門では見事1位獲得!!
黒魔術カフェのおかげだと爽子が胴上げされてるのを見たピンは仮装行列ももらったと思ったようですが…審査員への差し入れの賄賂が原因で無得点に~逆切れして騒ぎを起こしたりと迷惑すぎるw
下心は心だって叫んでも爽子しかわからないですから(苦笑)
結果は総合六位って大健闘しましたよね、ピンが余計なことしなければよかったのにw

目の前にやってきた風早君を教えるときの矢野ちんの爽子への仕草がなんだかよかった♪
「違わないよ 同じ、でしょ」
さっきの告白の意味も自分と同じだと爽子が気づいたー!!
これでようやくちゃんと両思いになれましたね!二人のやりとりに心が洗われます!
「…夢みたいだ…やっと届いた…  誰よりも好きだよ」
見詰め合って笑う二人が本当に幸せそうで見てるだけで満腹なのですが!
おでここつんだけで終わるところがまたピュアですよね(コラ)
ここまで来るのに時間がかかったし試練もあったけど二人なら大丈夫ですよね
見守る健人がなんだか羨ましそうに眺めている健人を見てたらなんだか複雑な心持ちに(苦笑)
残り二話、二人のやりとりにキュンキュンさせてもらうことになるのかな
くるみちゃんの出番はあるのかなというのが気になりますが♪

次回「祭りのあと」

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック
君に届け    Comment(4)   TrackBack(63)   Top↑

2011.03.22 Tue
BLEACH 314話「コンは見た!美人OLの秘密」
今回のメインはコン@真殿さんでしたね~
カラクライザーじゃなくてコン単独って久々で珍しいなとw
ウェコムンドから戻ってきた直後の一護とコンのやりとりからスタート!!
一護がいない間相変わらず好き勝手やってるせいでまわりから不審な目で見られることに(苦笑)

オリキャラハルコ@能登さんって相変わらず豪華すぎる!!
一話限りとか勿体無いのでまた原作キャラで登場してもらいたいです♪
出現した虚退治に向かった一護の身体に入り出かけたコンはそこで先ほどの美人な女性と遭遇
橋の欄干にたっているのを見て慌てたコンは止めようとしたけど自分が落ちることになるとはw
人に見えないものが見えるせいで不気味がられ彼氏に振られたのがきっかけで自殺しようと(汗)
本人は霊圧が高いせいだと気づいてないけど、先ほどの様子をみる限り別れた方が賢明な相手だったんじゃないかと思ったり(ぁ)

一方、虚の霊圧を追跡していた一護はルキアと合流し、死体だけが残っている現場を目撃…
本来なら魂魄のみを襲うはずなのにどうしてこんな事件が頻発するのか、犯人の虚の霊圧が出現と消滅を繰り返すため追跡も難しいと尸魂界も調査中ということで一護もこの件に協力することに!
自殺願望があるハルコの前に現れたいかにも怪しい一人の男が!!
…ってあらすじにはイケメンってあるけどどうにもそうは思えないのですがw
正体は人間の皮を被った事件の犯人である虚だった!!ってその形が気持ち悪いよw
ハルコの危機を察知しなんとかその場から逃げ出したコンだけど、逆にどうして助けたのかと責められるはめに…って自分勝手にも程があるって感じですけどコンもこういう時放っておけないんですよね(苦笑)
殺された人たちもあんな結末は望んでなかったし自分も普通の人間ではないのだと…
破棄される運命だったコンも処分されずに引き取ってもらった過去がありますしね(汗)

「俺が守ってやるよ」
ってなんだか今回のコンはやたらカッコイイんですけど!!
二人の間でときめきが生まれてなんだか別の番組って感じになってきたw
しかしこれを黙ってみてないのは今の彼氏ですか、土下座してやり直してほしいと(苦笑)
ハルコもあっさりとケンの胸に飛び込んで二人は元鞘に戻ったりとコンが可哀想すぎる~

と思ったら先ほどの虚がハルコの身体に乗り移りコンに攻撃を仕掛けてきた!!
彼氏の体に侵入しておいて狙いは霊圧の高いハルコの…ということだったようですね
腹部に一撃を与え中の虚だけにダメージを与えたおかげであっさり助けられましたが
逆に今度は義魂丸が一護の身体から抜けてしまいコンがピンチに!
って最後の最後で到着した一護が月牙天衝で虚を撃破していいとこ持ってかれちゃいましたねw
目の前の一護もコンも変わりないってことでわけのわからないままハルコに恋人宣言されたり(苦笑)
面倒くさくなったルキアは今回も記憶を消して証拠隠滅したりと強引なやり方だったけどハルコとケンはお似合いのカップルっぽいのでこのままでいいんじゃないかってことでw
…せっかく活躍していい雰囲気になったのに玉砕しちゃったコンが一番可哀想でした(苦笑)

☆次回予告☆
来週はやちるちゃんがメインっぽいですね~
どうせなら剣ちゃんも出てきてくれればいいけど出番はなさそう?
ちなみに一護のタイプは好きになった相手がタイプだそうで、ロマンチストですよね(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
掃除の心得…って単なる卍解禁止じゃないですかww
というか皆ちょっとしたことで卍解の安売りしすぎですw
これって年末四コマのネタですよね まさかアニメで見られるとは(笑)
恥ずかしいものを見られて慌てたマユリ様がどんなものを隠したのか気になる~!!
真っ赤なマユリ様と袖まくりしたシロちゃんという貴重な一枚が見られたので満足です♪

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(9)   Top↑

2011.03.22 Tue
レベルE 第11話「Field of dreams!」
『筒井雪隆たち如月高校野球部はあと一勝で念願の甲子園へ・・・。しかし部員を乗せたバスが突如消えてしまう。現場に居合わせたラファティから事件を聞いたクラフト達は、真相の解明と雪隆たちの救出へと動き出す。そんな中、雪隆たちがいる場所は、なんと甲子園球場だった?!何故、突然こんな場所に自分たちがいるのか・・・?ここは本当に甲子園なのか・・・? まさか、また宇宙人の仕業・・・?突然の事態に、戸惑う如月高校野球部員たち…。そして、彼らの前に現れたのは何とあの王子だった。混乱の中、試合開始のサイレンが鳴り響く・・・如月高校野球部の運命は!』


甲子園の地区予選決勝直前、バスごと行方不明になった如月高校野球部のメンバー
県営球場まで応援に行こうと後についていたラファティ君の目の前で消滅してしまったのだとか!
って自転車でバスを追いかけるとか宇宙人だってこと隠すつもり全くないですよねww
何かが原因で別の空間に飛ばされてしまったのではないか―…
異常現象に巻き込まれた野球部に何が起こったのか!?

まずは人物紹介って感じでしょうか!!中々個性的なキャラが揃ってそうな感じがw
美人マネージャーが主将の岩田と付き合ってることは確かにびっくり(笑)
部室の窓ガラスが割れたりと最近は近くでポルターガイストが頻発していたようですが
特に気にせず放置してたってのもある意味凄いかとw
今回は規模が大きすぎるしそもそも本当に甲子園なのかと疑問に思い調べてみることに!

甲子園出場を阻むためエラル星人が仕組んだのではないかとラファティ君たちが殺気立ってるー!!
あはは、忘れてたけど好戦的な種族でしたね!
ただ野球好きならそういうフェアじゃないことはしなさそうな感じが~
部員達がどれだけ努力していたことも知っているからこそ余計許せないようで…
証拠もないのにこっちから仕掛けたらそれこそ大変なことになっちゃいますから(苦笑)

「ここは甲子園球場になりきれていないということだ」
球場に残したはずの落書きやステッカーもない…違和感を感じた雪隆たちの前に王子が!
久々に雪隆に絡みたくなったからとバスのトランクにこっそり忍び込んでたとはw
てっきり今回も王子の仕業かと思いましたが雪隆のために労力を使うはずもないって
なんだか二人の掛け合いも久しぶりで面白いです♪
さらに建物の中を見てみると市民球場と甲子園両方が混ざった光景になっているようで…
テレビでわかる部分が甲子園になっていて、他は知っている市民球場に…ということ
誰かの心の中に閉じ込められていると推測した王子のとおりなんでしょうかね(汗)

イギリスで起こったロバート事件で行方不明になった父親は娘の潜在意識の中に囚われていた
極度のストレスで引き起こされる超能力に雪隆たちは巻き込まれたのではないかと!
甲子園出場が決まる試合ということで選手にもかなりのストレスが加わっているのでは?と隊長たちと同じ考えを王子もしていたようですが、野球部は全員誰かの夢の中に閉じ込められてしまったんですね(汗)
精神世界でのイメージ映像がグロテスクで不気味でしたね…
現実に戻るためには原因であるストレスを解消することが必要――
全員揃ってるけど誰か一人は偽者…ってなんだか犯人探しで場の空気を悪くしたり
あえて疑心暗鬼にさせることで混乱させて楽しんでると暴露する王子がww

予選の決勝がストレスなら何もしなくても帰ることができる…でもこのままじゃ甲子園は無理だし(汗)
そんな時、試合開始のサイレンと共にライバルの松川商業のメンバーが現れた!!
甲子園に行けるという正夢だと乗り気になった岩田と共に試合を始めることに…
これでうまくいけばいいけど、序盤は緊張が悪い形で出てしまったようで(汗)
というか実況してる王子が自然すぎるんですけどw
バスに王子も同乗してるとわかったときの隊長の深層心理が酷すぎるww
あまりの衝撃で事故を起こしたりとよっぽど嬉しかったんでしょうか~
雪隆たちだけをどうやって現実に戻すかどうか考えて無理だと諦めるのも早いし(笑)
あはは、何を考えてるか表情に出ててバレバレな隊長は確かに悪人にはなれそうにないですねw

本人が無意識で表面的な緊張は関係なく、冷静な人の方がより怪しいと着眼してる王子だけど
なんだか王子のせいで余計ややこしくなってるとしか思えないです(苦笑)
もうここはいっそのこと甲子園で戦ってると思って楽しもうという雪隆!
試合前のイメトレでは成功することだけを考えて結果もよくなることが多い…
原因はストレスではなくて極度の集中力ではないかと美歩の言葉がヒントになったようですね
バスを消してしまったときと同じぐらいの集中力を発揮できれば現実に戻ってくることができる…
潜在意識の中にいる如月ナインが試合で勝てればいいってことでしょうか!
野球のシーンも気合入ってて面白いけど、売り子の王子とかどこからツッコミすればいいのかw

満塁ホームランを打ち取りすっかり調子も出てきたメンバーを見ていてようやくこちらでもストレスは関係ないと気づいた様子で!って王子はどうやってここから抜け出そうか作戦を練っていたようですが…
解放されるために犯人を退部に追い込んだり甲子園を破壊したりとやろうとすることが最低ですw
勿論そのあとに雪隆によって星にされてましたけどねww
如月ナインは現実の決勝戦にも間に合ったようですね!あのあとの試合結果も気になったり(笑)

潜在意識の中に一人取り残された王子のことはスルーされてるしw
隊長にとっても人類にとってもこっちの方が平和になりそうですが、予告を見るとしっかり戻ってきてるし!そのまま放置したことでまた雪隆や隊長あたりがとばっちりを受けそうですよね(笑)
どうやって帰ってきたのかそのあたりも気になるんですけどカットされちゃったのかな
結局犯人は誰だったのか…松川商との試合を知らなかったというのも含めて、
ユニフォームの汚れ具合や声で判断すると寺門ってことになるんでしょうか…?
キャラ称号しながら見直してくとまた面白くなりそうですが、
駆け足な感じがしたので前後編でもうちょっとじっくり見たかったなと思いました(笑)

次回「Half moon…!」

http://d.hatena.ne.jp/taku_007/20110322#p1
http://ecolekyouzai.hamazo.tv/e2919585.html
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51236195.html

テーマ:レベルE - ジャンル:アニメ・コミック
レベルE    Comment(6)   TrackBack(38)   Top↑

2011.03.22 Tue
ドラゴンクライシス! 第11話「ドラゴンクライシス」
成竜の儀以降お互いを意識しすぎてギクシャクするようになってしまった竜司とローズ
鈍感なのも困りものだけど急に変化しすぎるのも…ってことで傍で見てる英理子さんのストレスはたまる一方のようであたりまえのように食事にやってきたビアンカに愚痴るぐらいだから相当なものですよね
ソサエティのページにあったトップシークレットのページを調べてましたけど何が記されていたのか…
困った竜司は友人の真人に相談してみるものの、本当にこの人で大丈夫なのかと(笑)
あ、でも何気に竜司が美人さんたちに囲まれながら全然反応してないことは気にしてたんですねw
一方、同じように儀式のあと変わってしまったことを報告していたローズは、同じように竜司のことを好きな実咲ならわかってもらえるかもと思っていたようですがいいアドバイスはもらえず…
というか竜司の場合も徐々にならわかるけど突然すぎてなんだかなぁ…
こんなことなら前の関係の方がまだよかったんじゃないかと(苦笑)

忘れた靴をとりに戻ってきたサフィを拘束し尋問する英理子さん達!
儀式をしても一晩たてば落ち着くはずだったのに、体育の時間中ローズは急変し倒れてしまいました
ソサエティで検査してみるけれど原因は不明で、危険なことなんてないはずだったのにと教えたサフィもまさかこんなことになるとは思ってなかったようで…
戻ってオニキスに訊ねるというサフィの前に現れた甲斐!!
ってIDを偽造してあっさり侵入…ってソサエティのセキュリティはどうなってるのか(苦笑)

屋上へ竜司を呼び出した甲斐は、遺物によって離れた場所にいるオニキスと会話をさせると
まだこの場所へ直接来れるほど万全じゃないということですが
悪巧みなんてしてないっていうけどどこまで本当のこといってるか怪しいものですよね(ぁ)
儀式を行うためには成竜が必要でありローズが倒れたのは竜司が人間だからだと…
本来なら儀式そのものが成功するはずもないのにローズに変化が訪れたのは
竜司が名前のとおり竜を司る能力を持った遺物だからだという事実が!!
って竜司自身が遺物ってことになるんですか!?
なんだかラストに凄い設定が出てきたんですけど(汗)
「お前は俺たちにとって自由を奪う敵だからだよ 破滅を齎すドラゴンクライシスだ」
心の奥底に恐怖を感じ、拒絶反応によってローズが苦しんでいる、
原因が自分にあるとわかれば竜司は身を引こうとするでしょうね…
ローズを引き取る正当な理由をつけるためにオニキスが仕組んだんじゃないかと思ったり(苦笑)

同属だから治療するのは当然…ソサエティにいたところで実験を繰り返されるだけだとオニキスも以前研究所に囚われていたような口ぶりでしたけどオニキスの過去に何があったのかも気になる(汗)
確かにオニキスに預ければローズの状態はよくなるかもしれないけど、戻ってこないだろうなと…
「人間とドラゴンは結ばれるかもしれない…だけど、お前とローズは絶対に結ばれない」
最初は反抗していた竜司だけどここはオニキスに任せるしかないと思ったようで…
自分の意志でローズと別れることが必要だと竜司に協力を命令!
いくら竜司が相手とはいえ簡単に明け渡したりといったりと淡々と話が進んでいくのが(苦笑)

近くを通りかかったからとお手製の弁当持参なアイが可愛いけど勝手に入ってきちゃうし(笑)
ビアンカもなんだかんだと食事目当てでいろんなとこに出没しますよねw
いつもどおりの光景に感じるけどローズがいないことで家の中も静かになっちゃって…
ローズのためにもこうなってよかったと諦めて納得しようとしてる竜司を気にかけてる実咲がなんだか急に頼もしくなってたけど、それだけ竜司のことを心配してるってことなのかな
最初からこれぐらい実咲のいいところを出してくれてたらよかったのに(苦笑)
中々決心がつかない竜司もマルガが現れたことで動くきっかけが生まれることになるのか…
きっとオニキスも何か企んでるだろうし竜司もまた主人公らしいところを見せて欲しいなと!

次回「エンゲージ」

テーマ:ドラゴンクライシス! - ジャンル:アニメ・コミック
ドラゴンクライシス!    Comment(0)   TrackBack(24)   Top↑

2011.03.21 Mon
ドラゴンクライシス! 第10話「オトナの儀式」
休日を楽しんでいた竜司達の前に現れたブルードラゴンのサフィ!
どうやらオニキスと繋がりがあるようでその仕返しにやってきたのかと思ったら
全然強そうに見えなかったりとホント何しにやってきたのか(苦笑)
「私は彼の未来の花嫁なんだから!」
思いっきり宣言してましたけどこれはサフィがそう思い込んでるだけじゃ…
一応一緒に暮らしてるっぽいですけど面倒を見てもらってるぐらいのレベルだったりして??
本気を出したところで離れた場所にいるローズ達をびしょぬれにさせるだけでドラゴンとしてはあんまり強くない感じだし…まだまだ未熟なんですかねw
って英理子さんのうっかり発言でローズがドラゴンだってあっさりばれた!!
対して気にしてない感じの実咲だけどこれも天然さんだからですかねw
これに便乗して今まで我慢してたのかアイもあっさり人狼だって暴露しちゃうし(苦笑)

独断で竜司たちに接触したことで甲斐から叱られるサフィ
ってサフィは攻撃型のドラゴンじゃないからそんなに強くないんですね
余計なことはするなとオニキスにも伝言されてたり眼中にないような…
まあローズとのことも力を利用したいだけって感じですし(汗)
ソサエティのパーティーに出席するため、学校を休んでいた竜司
強制じゃないみただけど情報収集のためにはできるだけ出席したほうがいいのかな?
何が起きているのか知るためにもと今回は本人の希望もあるみたいだけど…
ここにはドラゴンだけじゃなくレベル10の竜司を目当てに近寄ってくる相手も多いと忠告する英理子さん
ビアンカもこの場にやってきてたようですが、今後は暫く日本支部にいるんですね
再建が迅速に進んだのもドラゴンのおかげで…って色々とぶっちゃけすぎです(苦笑)
ソサエティが何か企めば報告するとなんだかんだとビアンカは竜司や英理子さん達よりの考えって点では安心できるのやらw

再びローズの前に現れ襲撃しようとしたさサフィだけど自分が水を被ることになるとは~
水場のないところだと力のコントロールもうまくできないんでしょうかw
お風呂に入れてあげたり着替えを用意したりと優しいローズにサフィもちょっと気を許した様子で好きな相手が悲しむようなことはしないと強がりながらもちょっとはローズに対して意識が変わったのかなと
それにローズがオニキスに興味がなくエンゲージもしたとわかり驚くサフィ
ドラゴンとの接触もまだ少なく、わからないことも多いローズに成竜の儀を教えることに…
竜紋にキスしてもらうと成人として認められる…ってことになるのかな?
サフィはオニキスに施してもらったそうですがなんだか別の意味がありそうな(汗)
なんだかサフィはすっかりローズと打ち解けちゃいましたね、
オニキスと結ばれるためにローズのことを応援してくれたりと悪い子じゃなさそうですけど
これもオニキスの作戦の一つだったりしたら…と知らずに利用されてる可能性もありそう~

「竜司、私を大人にして?」
あはは、いきなり何を言い出すのかと思ったでしょうね!
早速さきほどサフィに教えてもらったことを提案するローズ
ビデオ撮影するのは英理子さんの趣味でしょうかw
言われたとおり実行してみるとなにやらローズの身体に異変が!?
竜司に触れられるのを嫌がったりと普段スキンシップの多いローズからしたら全く逆の様子でしたがこれは異性としてローズが竜司を意識しだした…ってことですかね!
経験の多い英理子さんから諭されて何となく理解したローズと竜司の関係も変化するかな??
人間的にいえば思春期に突入したということでしょうか、というかそろそろ竜司の鈍感っぷりもなんとかしてもらいたいなと(苦笑)

一方、マルガの屋敷では閲覧禁止の本の場所が荒らされた形跡が…
どれもブラックドラゴンに関係する書籍…となるといよいよオニキスが動き出す!?
あのまま退場ということにならなそうでよかったです、オニキスの出番が楽しみです♪
…でも一人しりとりは寂しすぎですw

次回「ドラゴンクライシス」

http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51764906.html
http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/blog-entry-135.html

テーマ:ドラゴンクライシス! - ジャンル:アニメ・コミック
ドラゴンクライシス!    Comment(0)   TrackBack(20)   Top↑

2011.03.21 Mon
よりぬき銀魂さん #50 56話「一日局長に気を付けろッテンマイヤーさん」
本放送まで二週切りましたね!!
始まるまで絶対に信じないって断言してる銀さんのとおり油断は禁物!?
相変わらずこういうところでも遊びを入れてくれるのでCMも早送りできないんですよね(笑)

今回はすっかりイメージダウンした真選組の株をあげるべく一日局長にお通ちゃんを任命!
って目的を忘れてまわりはすっかりデレデレでミーハー気分なのですがw
でもまあ局長の近藤さんが一番舞い上がっちゃってるからしょうがないですかね
やるからにはきちんと責任を果たしたいとイメージアップするための策を考案するお通ちゃん
武装解除を命令すると見事なまでに指揮されちゃってるし土方さんの不安は的中(笑)
スキャンダルのせいで地の底まで落ちながら復活してきたお通ちゃんは前のイメージを払拭した
凄いアイドル…ってGOEMON@諏訪部さんももう凄く懐かしい回想なんですが
他のキャラでこっそり再登場してくれたりしないですかね(コラ)

手始めに局中法度を変更し、語尾にお通ちゃん語をつけないと切腹って(苦笑)
親しみやすいマスコットが必要ということで真選組のイメージ『誠ちゃん』を連れてきた!!
あはは、どこに真選組と共通点があるのかとかもう全然関係ないですよねw
それにしても土方さんと総悟はお互いの悪口しかいってないし二人の掛け合いが絶妙すぎる♪

なんだかんだと共通語ですっかり意気投合した近藤さんとお通ちゃん?!
人の目ばかり気にしてても仕方ないとか相談にも乗ってくれたりしてますし
段々とバカップルの会話に聞こえてイライラしてくる不思議ですw
ってこのやりとりを訊いてて限界に達した新八が中から出てきたー!!
マコトちゃん本体はというとのんだくれて自暴自棄になってるしw
集団下校の子供達にいいイメージを植え付けようとマスコットの出番ってことで
勢いよく飛び出したマコトちゃんだけどこれはどうみてもホラーの図としか見えない(苦笑)
変装もすっかりとけちゃってもう万事屋がやってたって完全にばれちゃいましたしねww
というかお通ちゃんは本気でこのキャラならいけると思ったのだろうか(ぁ)

お通ちゃんに依頼されてやってたというのも聞き入れず公務執行妨害で逮捕された銀さん達
こんな騒いでるからお通ちゃんが拉致されたことも気づいてないし(!)
現実を直視して生きろって近藤さんも新八もどっちもどっちかとw
あ、土方さんと総悟のいる合コンの開催日是非教えてください!!
…ついでに銀さんも呼んでてくれると非常に嬉しいのですが(マテ)

テレビの生中継からお通ちゃんや他の女性が誘拐されていることを知った真選組
犯人は天狗党を名乗る攘夷浪士集団であり、塔に立て篭もりながら次々と要求を突きつける!
今回ばかりは思いっきり失態をおかした…ってマコトちゃんが出てくると余計ややこしいよw
てか銀さんは土方さんをからかってるとしか思えないのですが(笑)

土方さん@中井さんの三回まわってワン来たー!!!
あはは、もう今日はこれ見れただけでも十分満足です♪
状況的にしょうがないって土方さんのことを呼び捨てする銀さんにもニヤニヤw
って本当はカレーを用意しろって要求だったのに土方さんてば総悟に騙されたんですよね(笑)
他にもロボットダンスやモノマネって…総悟のダンスがうますぎるのと、結局は総悟と土方さんの喧嘩に発展したりとこれはいつもどおりの光景ですしさらにイメージは悪化してるとしかww

「マコっちゃんはイメージマスコットだ 馬鹿で物騒で江戸の平和を守る」
カレーを持って犯人の立て篭もる塔へと向かっていった銀さん達!!
なんだかんだと放っておけない銀さんがお人よしで優しくてカッコイイです!
「俺たちはどんだけ人に嫌われようがどんだけ人に笑われようが構いやしない
ただ、守るべきものも守れん不甲斐ない男にだけは絶対になりたくないんだとね!」

ここの近藤さんがやたらとカッコイイのですが!!普段とのギャップがありすぎる~♪
このいいシーンで犯人が見入ってる間に銀さん達が人質を全員解放し、女装して潜入してた山崎がお通ちゃんを助け出すという見事な連携プレーでしたw
何気に地味だけどいいところ持ってく山崎もしっかり働いてくれてますよね!

次回「銀魂再開直前スペシャル!よりぬき「よりぬき銀魂さん」」
…次回の予告がこれしか載ってないんですけどどんな内容やってくれるんですか!?(嬉)

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.03.20 Sun
STAR DRIVER 輝きのタクト 第23話「エンペラー」
『ある日曜日の朝、スガタの様子はどことなく妙であった。朝の練習で突然ワコを賭けてタクトと試合をしたり、タクトの目の前でワコをデートに誘い、彼女にキスを迫ったり……。その頃、ヘッドに不信感を抱くスティックスター、キャメルスター、ソードスターの三人は、一刻も早くタクトを倒そうと、それぞれ協力して動く事を決意する。己の命を賭けて復元したサイバディを駆り、一斉にタクトへ襲い掛かるスティックスターたち。』


日曜の朝も稽古を続けるスガタとタクト!
そういえば結局賭け試合のことは有耶無耶になってましたがさらにタクトを挑発したり…
今回もやっぱりスガタが勝ったようですが、最後の一手を躊躇うことを忠告してましたね
ワコを守り続ける自信があるのかとなんだかこれからのことを暗示してたような(汗)
そしてスガタの家に届けられた荷物からはヘッドが描いた画が!!
これはもう自分の正体を隠す必要がないからってことですかね…
それにしても絵から支配欲しかないとかヘッドってば何を考えて描いてたんだかw
父親が綺羅星のメンバーだとわかっても、ワコを守るためならばと動じないタクトは
なんだか凄く落ち着いてる感じでしたけど薄々こうなるかもしれないとは思ってたのかな…

スガタとワコがデート中、散歩のついでに学生寮を訪れたタクト
久々にジョージが外へ出てるのを見たのですがようやく復活したのかと(笑)
つらそうな顔してるタクトのことを気遣ったりとジョージがなんだかすっかりいい人にw
二人とも青春を謳歌することよりも旅立ちの日に部外者でいることはできないし、
たとえ印がなくなってもベニオのために綺羅星にい続けるとか優しいですよね!
なんだかんだとこっちの二人も全部ベニオのやめにやってることなんだなと

今日のスガタはデートに誘ったり、積極的にキスを迫ったりとなんだか変な感じが(苦笑)
他人のふりをし道を尋ねながらタクトに接触したヘッドだけど思いっきり殴られたー!!
鋭いタクトにはばればれでしたね!今までのことを踏まえたらこうされても仕方ないかと~
自分の思い通りにならないならとヘッドもタクトを消そうと決めたようですけど…
もう少し親子のやりとりがあるのかと思ったら一瞬で終わっちゃったりと会話もなしですか(汗)

夕方ワコとタクトが二人で食事中、ゼロ時間発動―!!
珍しくバトルシーンが早いと思ったらバニシングトリオが三体一を仕掛けてくるとは!
…むしろ今までこういう作戦とらなかったのが不思議なくらいですが(苦笑)
復元のリスクを背負い、さらにフェーズアップしたことでさすがにキツイ戦いに!
銀河十文字斬りも受け止められタウビームも効かなかったのなんて初めてですよね(汗)
タクトもかなりギリギリのところで持ちこたえてましたが、スガタがタクトに提案を!!
「ボクを使ってタウミサイルを撃て!」
ってその言葉どおりスガタも砲弾になって飛んじゃうとはまた凄い展開にww
あはは、もうなんでもありなのはわかってるけど本当面白すぎる♪
しかも三体のサイバディを同時に破壊とか相変わらず強すぎですよ(笑)

スガタとタクトがいればこれからも平気だと笑顔で言っていたワコの言葉に、
今回ばかりは自分の力のなさを痛感したタクトがなんともいえない様子で…
連戦できたのも運がよかったというかタウバーンが強かったこともあるし(汗)
ひが日死の巫女であり、綺羅星のイヴローニュでもあると伝えたケイト…
ゼロ時間から解放される前にスガタと視線をあわせたりと気になる感じでしたが、
総会にエンペラーの一員としてケイトとスガタが着任するとは!!
てかスガタの綺羅星としての衣装にツッコミどころがありすぎて困るww
最終的にこうなるだろうなっていうのは予想してましたけど、全く知らされてなかったヘッドがどう出るのか気になるところですね…まぁこうなることも予想の範囲内ってところなんでしょうが…
スガタが綺羅星に行ったのもケイトの気持ちに応えての行動でもあるのかな?
親友同士の対決ということで盛り上がっていきそうですね!
色々と時間が足りない感じがするけど本当にまとめきれるのかなと心配になります(苦笑)

次回「ひが日死の巫女」

http://blog.livedoor.jp/aruteiru111730/archives/51946492.html
http://hironika.livedoor.biz/archives/1556026.html

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック
STAR DRIVER 輝きのタクト    Comment(4)   TrackBack(83)   Top↑

2011.03.20 Sun
テガミバチ REVERSE 24話「決戦!ユウサリ中央」
心弾を次々と撃ちこむラグ達だったけど、カベルネは隙間のない形態に変化――
鎧虫襲撃の知らせを受けユウサリでは街の人たちの避難のため移動!
精霊になれなかった者をハチノスへ移動させていたのはカベルネに襲撃させるためだったようで…
ここで力を増幅させて次にアカツキへという作戦だったんですかね
しかしカベルネは静止したままで心の増幅が行われることはなく異変を察知するリバース!
ここに集められた者たちは治療を受け既に別の安全な場所へと避難を完了させているのだと
「政府にされた恨みが消えたわけではない だからといって誰かの心を犠牲にはできない」
自分達兄弟と同じ悲しみを抱く人間が増えるだけ…ゲートキーパーの二人も計画を知ってリバースに
利用されようとした仲間を助けようと動くことを決めたということですかね
兄弟を奪われた二人がまさか自分達を裏切るとは思っていなかったようで動揺が激しい(汗)

ってこの場に摩訶やニッチのお姉さんまで来たー!!
ジギーの登場シーンも相変わらずかっこよすぎる♪
暫く見てなかったロイドさん、実は摩訶の洞窟に行って説得を試みてたんですね…
相当時間はかかったみたいだけどよくニッチのお姉さん達を連れてこられたなあと(苦笑)
摩訶VS鎧虫とかなんだか映像も凄いスケールになってるんですが!!
しかしこれで諦めるはずもなく精霊琥珀の欠片をばらまき更なる鎧虫を呼び寄せる!

この場は任せてカベルネ討伐をラグに頼むジギーがかっこいいよ!!
絶対にできるって信じてくれてる感じでしたよね♪
高台から落下しかけたシルベットを助けたロダの表情がすっかり穏やかになって…
「私はあの人のディンゴだから」
ノワールが戦ってるのに一人だけじっとなんてしてられないんでしょうね
でもロダだって万全じゃないんだからホント無理だけはしないでほしいです(汗)

自信をなくしかけてるラグを何がなんでも守るニッチの意志の強さも凄いなと!
一方でゴーシュがもういない状態でニッチまでも…と思うと全力で戦えない様子のラグが…
というか例えノワールでもゴーシュでも関係ないって踏ん切りがついたんじゃなかったのかな(汗)
「アイツはノワールだけどゴーシュだ」
どちらでもあると受け入れてるニッチの方がよっぽどしっかりしてますよね
いつだってラグが迷ったときに純粋なニッチの言葉が導いてくれるんだなぁ…
ニッチとお姉さんの共闘も見応えありました、しかもピンチにロダが飛び込んでくるなんてー!!
以前のディンゴの資格がないといったことを訂正したりと味方として協力してくれるし頼もしいです

「「心弾装填 響け、こころ!!」」
ゴーシュという人間がいなくても命を賭けて守ってくれたあの時と何も変わらないと、
カベルネを排除するためラグとゴーシュ二人が渾身の力を込めて希望を放つ―!!
ニッチたちが砕いてできた隙間に放たれた心弾によってカベルネを倒した二人
ラグにお礼を言われて照れてるニッチが可愛いなぁ
でも確かにニッチたちがいたからこそユウサリを守ることができたんじゃないかと
追い詰められたロレンスはついに自分をカベルネに取り込ませる最後の手段を!
…なんというか最後に残念なキャラになってしまった感じがしないでもないですが(苦笑)
確かにカベルネは復活するかもしれないけどその後どうなるかはこれじゃ見届けられないし…
もう少し何とかならなかったものかと思ってしまいます~

ラグを守るため庇ったゴーシュが重傷を負うことになりカベルネはそのままアカツキへ!
ってこのまま退場なんてことはないですよね!?予告を見ると凄く不安なんですけど(汗)
それにしてもラスト前にまさか全員集合な展開になるとは思わなかったです

次回「こころの光」

http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-617.html

テーマ:テガミバチ REVERSE - ジャンル:アニメ・コミック
テガミバチ    Comment(0)   TrackBack(16)   Top↑

2011.03.19 Sat
バクマン。 第23話「火曜と金曜」
『エイジの仕事場での意見交換を終え、各々「金未来杯」エントリー作品を更に磨きあげる作業へと入っていく。最高と秋人もより面白くするため、締切りギリギリまで修正を施すことを決意する。いよいよ「金未来杯」がスタート。「KIYOSHI騎士」「疑探偵TRAP」「hideout door」「カラフジカル」と掲載され、ライバル達の作品に一喜一憂する最高と秋人。同じ頃、ライバル達もそれぞれの思いを胸に掲載誌を手にしていた!読者アンケートの結果は…!?「金未来杯」は誰の手に!?』


エイジの意見が気になったサイコーとシュージンはギリギリまで原稿を修正することに!
そして福田さんや蒼樹さんもこの前のやりとりで触発されたようで早速手直ししてるし
結果としてより対抗心を燃やしていい作品ができることに繋がるんだからいいことですよね
なんだかんだと福田さんの意見を気にかけてる蒼樹さんにニヤリ♪
このあと構成とか色々変えてさらにパワーアップさせるんですよね!
一方KOOGYはどっぷりと自分の世界に浸っててまわりは下に見てる感じですが…
こんなことしてて足をすくわれることにならないといいですけどね(ぁ)

「まわりのいろんな人に支えてもらってることは忘れんようにな」
締め切りまで仕事場にこもるサイコーを心配するおじいちゃんの言葉が心にしみます!
必死になることも勿論大切だけどときにはまわりを振り返ることも大切ですよね
こっそり戸棚に漫画を隠して読んでるお母さんの愛情にもほっこりしちゃいます♪
ようやく完成した原稿を持って服部さんの下へ!!
って相変わらず根を詰めすぎてぐったりしすぎてるサイコーにハラハラしますけど、
実際週間連載の漫画家さんてみんなこんな感じだったりするんでしょうか…
大変だけど毎日ちゃんと生きてる実感があるってシュージンもこの夢を選んでよかったと
実感してるようですし…とはいえ本当に頑張らなきゃならないのは連載してからなんだろうけど(汗)
二人の熱意は十分作品からも伝わり、服部さんからも労いの言葉が!

いよいよ金未来杯スタート!!
あはは、またストーリーを読み進めながらやってくれるんですね
速報の結果に自分の将来を期待しちゃう雄二郎さんが面白い~
本ちゃんが発表され連載ネームを作成できるということが決まり喜ぶ福田さん!
ってお祝いをゴミ箱の紙ふぶきで表現するエイジはどうなのかとww
ツンツンして他人の結果は関係ないって感じの蒼樹さんも内心は穏やかじゃないかと(笑)
それにしてもサイコーは掲載された原稿を見ても自分の絵が下手だからって…
今更比較してもしょうがないしこれからもどんどんうまくなっていくと思うのですが
まあ落ち込んでた気持ちも亜豆の感想ですぐに立ち直ったりと単純なところが可愛いですが♪

そしてシュージンとサイコーの下にも連載ネーム決定の報せが!!
引き分けと表現してたエイジの言葉もあるように何となくこの後が見えてきた感じで
それにしてもはハイドアウトの背景がとんでもないことになってるんですが!
このあたりは中井さんの本領発揮ってところですかね、凄すぎです
こちらも連載の方向が…ということですっかり今後の生活を期待して目が輝いちゃってるしw
最後を締めくくるKOOGYの作品、カラフジカルだけど…独創的すぎてついていけそうにない(苦笑)
ファン票が気になるところですが果たしてそううまくいくかどうかわからないですよね
もしこれで連載が決まったらジャックなんて願い下げだと言い切る福田さんがかっこいいよ!
それに便乗して連載止めるとかいって止められてるエイジがw
果たして受賞はどの作品になるのか…次回へ持ち越しですね!

次回「電話と前夜」

http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52159991.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52773936.html

テーマ:バクマン。 - ジャンル:アニメ・コミック
バクマン。    Comment(0)   TrackBack(22)   Top↑

2011.03.17 Thu
NARUTO疾風伝 203話「サスケの忍道」
明かされたイタチ兄さんの真実!!
回想シーンで流されるところを見てても切なくなります(涙)
けれどそれを知った上でどうして暁に手を貸すのか、意志を継がず木の葉を潰す選択をしたサスケに対して納得いかないといった感じのカカシやナルトだけど、サスケも変わってしまったんですよね…
でも本質や元々の性格は変わってないって二人とも信じたいんだろうな(汗)
それにしても真相を話してサスケがどちらを選択するのかは賭けだって…
誘導尋問しておいてよく言うなとホント思いますよ!!
確かに最終的に選択したのはサスケだけど、そうするまでの過程を作ったのはマダラですし(汗)
運命に決められたからそうならざるをえないなんてことはナルトは納得いかないでしょうね…

そして語られる六道仙人から忍に伝わる憎しみの呪い
六道仙人から託された力を持ち、兄と弟の二人の子供にはそれぞれ仙人の眼と肉体を授かり、
兄は平和には力が必要と悟り、弟は愛が必要と悟ったところで仙人は後継者を決断…
愛を求めた弟を選んだものの当然長男が受け継ぐものと思っていた兄は争いを仕掛けたのだと
血が薄れても兄弟の子孫は争い続け、後に兄の子孫はうちは、弟は千手と呼ばれるようになる――
初代との戦いも運命的だったというマダラはナルトの中に千手の火の意志を感じるようで
「お前達二人は運命に選ばれた次の二人になるだろう
最も強い武器であり友であり力である憎しみ…それがサスケの忍道だ!」

争いの運命を引き継ぐ二人は戦わなければならない運命…
それでもナルトはサスケを止めようと必死になるんでしょうね
ただサスケが向かっている道もマダラに利用されてるんだと思うとなんともいえない(汗)

一方ますます苛烈を極めるサスケVS雷影!
千鳥を受けてもそのまま雷我爆弾で地面にたたきつける雷影!!
チャクラを纏ってはいるけど体術でここまでってホント凄すぎる!
けれどこの衝撃も須佐能呼で吸収したサスケのダメージはあまりない様子で…
というか雷遁を流されて身動きできない水月がちょっと可哀想に見えたり(苦笑)

天照を発動し黒炎の盾を操るサスケもなんのその、容赦なく首元に一撃叩き込む雷影の覚悟が(汗)
続いて義雷沈怒雷斧を喰らわせようとする雷影と炎遁加具土命を発動したサスケとの間に砂の壁が阻む!!
黒炎の犠牲となった侍はテマリさんとカンクロウによって助けられることに!
我愛羅が入ってきたことで苛立ったもののそのまま左腕を落として様子を見る雷影
「復讐を生きる糧としても何も解決はしない事をオレは実感できた
お前ならまだ間に合う…憎しみに取り憑かれ一人の世界に逃げこむな…帰って来られなくなるぞ」

復讐しか見ていなかった我愛羅だからこそ今のサスケの気持ちが痛いほどわかる、
だけど自分も立ち直れたからこそ、サスケにもそのチャンスはあると思いたいんじゃないかな…
風影である前に一人の忍として向き合う我愛羅の心の葛藤が痛いほど伝わってきました
昔の自分を見てるようだったから最後の最後まで希望は捨てられなかったんじゃないかなと
一筋の涙を流しながら攻撃をしなければならない我愛羅のシーンが悲しいです(涙)
サスケももう後戻りなんてしようはないってのはわかってるけれど、これじゃ本当に孤独になってしまいますよね、今の状態ってあまりにも痛々しくて…

長門のやり方は残酷だったけれど本心では平和を望んでいた…
うちはの存在をサスケに証明させるための目的は一体何なのか?
「…そうだな…しいていうなら完全体になる事か…」
詳しくは明かさずとっとと姿を消しちゃいましたが…
なんだか結局のところ初代への愛憎いりまじった執着心が元となってるような感じがして(汗)
この間にダンゾウの居場所を感知した香燐、そして会談場に留まってる青たちも気づいたようで!

ってここからの砂三人とダルイの連携が凄かったですね!
しかしこの同時攻撃も須佐能呼が封殺してしまうとは…悪役顔にはこっそり反応しちゃいましたが(笑)来週はメイさまの出番も多くなりそうで楽しみです♪

「五影の実力」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2011.03.15 Tue
BLEACH 313話「十一番隊に命を賭けた男!」
今回のメインは十一番隊でしたね!!
男らしい熱い展開とまではいかなかったものの仲間思いな一面が見れたりとよかったなと
…どうせなら剣ちゃんにも登場してもらいたかったですけどね(笑)

十一番隊の道場で恋次と共に稽古に付き合っていた一護!
というか恋次も相変わらずこっちにちょこちょこ入り浸ってるんですね~好きだなぁ(笑)
言い争いしてる恋次と一護を見て仲良しって例えられてるのがw
虚の目撃情報を受けて流魂街へとやってきたものの既に虚は逃走したあと…
負傷者の手当てを行う中、率先して救護を行う隊には似つかわしくない晴蔵と知り合った一護
十一番隊っていうと武闘派集団だし荒くれ者の集まりでああいう大人しい人は珍しいですけど、
訊ねてみた一角さんからは知らないの一点張りでこれは何かありそうな感じが…

救護だけでなく雑用の一切も請負っているようですが、稽古中の一護について木刀で戦う場合は
剣の腕前も重要だとアドバイスしてくれたり本人も元々はかなりの使い手じゃないのかな?
刀は枝先でしかない、根となる下半身が大地に根付いていない限りは無意味――
指摘されたとおりにやってみると今度は恋次から一本とれた様子で!
勝てたのもアドバイスのおかげなのに実力が出たって得意げに言う一護がw
あはは、でもちょっとしたコツで掴む一護のセンスはさすがといったところですかね(笑)

晴蔵のことを聞くため弓親に相談してみることにした一護
十一番隊の悪いイメージを言われて一緒にされたらたまらないって感じの弓親が面白いw
昔は将来を有望視され剣の実力も目を見張るものがあったそうで、
駆け引きをせず実直な死神であるからこそ実力はあったものの同期の一角さんに負けっぱなし…
それでも正面から向かい合っていくことを諦めなかったんですね
討伐隊に編成された際、虚から一角さんを庇い霊圧のほとんどを失うことになったのだと…
戦闘員として無理ならばせめてと雑用や治療の手助けをしてたりするんですね(汗)

闘いたいのにどうして愛想笑いをふりまいてここに留まっているのか、何も気遣わない一角さんにも苛立ってる一護だけど、こういうのって本人同士にしかわからないこともありますよね…
あと3日で隊を除籍となるという晴蔵のためにできることはないかと奔走する一護
一角さんと晴蔵に勝負するよう提案するものの説得に応じるはずもなく
というわけで今度は自分と勝負して買ったら一つだけ頼みを聞いて欲しいと持ちかける!!
木刀での試合形式というわけではなく、雑用全般を早く終了させた方の勝ちってw
まぁわかっていましたけど結果は晴蔵の圧勝って感じでしたね~(苦笑)

後方部隊として残った晴蔵たちの前に現れたの虚が分散して襲撃を!
力もないまま無理だと諦めかけたとき、一護の言葉を思い出して立ち上がる晴蔵…
傷を負いながらも二体の虚を倒し死を覚悟した瞬間、一角さんが駆けつけたー!!
背中合わせの構図がカッコイイと思ってしまったり♪
ずっと覚悟を決めて戦場に戻ってきてくれることを待ち望んでたんですね!
除隊当日、揃って見送ってくれる十一番隊の面々にちょっとしんみりしました
口ではああいってたけど晴蔵の頑張りを認めたり慕ってくれる人もいたんじゃないかなと

☆次回予告☆
いなかった剣ちゃんとやちるちゃんはまた迷子になってるんですか!
そろそろ卯ノ花さんに迷子のお知らせを頼む時期ってww
ホントこの二人って迷子になってるときが多いですよね(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
乱菊さんと勇音さんの噂話に聞き耳立てて自分以外のメンバーを否定する弓親がw
あはは、よっぽど一緒にされたくないって感じですけど酔っ払いには効果ないですよ(笑)
中身とのギャップがいいとか乱菊さんの前では強がっておきながら一角さんには泣きついてるしw
久々に弓親の出番も多かったので楽しかったです♪

…そういえば情報出ましたけど4/12から『護廷十三隊侵軍篇』がスタートするそうで
今度はどんなオリジナル長編になるのかわからないですがあまり期待せず待とうと思います(苦笑)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(9)   Top↑

2011.03.15 Tue
レベルE 第10話「Boy meets girl」
『清水は親の事情で住み慣れた街を離れることになった。彼は寂しさ故、友に素直な気持ちを伝えれず喧嘩してしまう。そんな苦悩を抱えた清水は傷つき倒れていた一人の女性と出会う。自分が異星人だと明かした彼女は、友人と喧嘩した清水を諭す。すぐ行って、謝ってきなさい。・・・会いたくても会えないこともある、と。彼女の言葉を受け、友人達に素直に謝る清水。そして力を貸してほしい!と呼びかける。少年は傷ついた彼女を救いたいと思う。だが彼女は血痕を残し消えてしまっていた。彼女の身に危機が迫る中カラーレンジャー最後の戦いが始まる。』


親の仕事の都合でアメリカに転校することになった清水
出発するのが明後日…ってまわりもびっくりしますよね
大好きな空手も中学に入れば辞めるつもりだったとなんだかあっさりしてるけど…
本当は素直になれず逆切れして結局皆とは喧嘩しちゃったようで(苦笑)

そんな時、傷ついた人魚の女性とであった清水はすぐに状況を受け入れて
怪我を治療してあげようとしたものの、先ほど喧嘩別れしてしまったことを思い出すことに
「会いたくても会えなくなることだってあるのよ そしたら後悔しない?」
渋る清水を強く諭した人魚にも何か事情があるようですね…
言葉どおり面と向かい謝った清水に対して横田以外は許してくれたのかな
大切な友達だから尚更ずっと話してくれなかったことに苛立ってるんだろうなと…
元の場所に戻ってくると、血溜まりを残し忽然と人魚は姿を消していた!
思ってることを言い当てちゃう黛のせいで余計場は混乱(苦笑)

ってそんな様子を見てた委員長がついに切れた!!
もうすぐ離れ離れになるのに、気まずいまま別れてしまっていいのかと
あはは、こういうときの委員長の鶴の一声は凄いですね!
おまけにこれ以上揉めてると何をするかわからないとか毒々しいオーラを出してるしw
ひとまずこれで一時休戦となり、引き続きどこかへ消えてしまった人魚の捜索を開始し
血痕を辿っていくと、その先から聞こえた銃声が――
危機を察した清水達はカラーレンジャーに変身し中へと侵入することに

絶滅寸前だった人魚は仕事を全て請負う代わりに他の人魚を助けてもらう約束をした…
故郷に戻るのも人魚のためだけは勿体ないからつい撃ってしまった…って明らかに嘘なのに
最初から解放する気なんてさらさらないどころか密漁商はさらに儲けようと目論んでるし!
ただ、相手の言葉が嘘かどうか音で判断し、嘘をついていれば反射的に舌が伸びて攻撃する…
この密漁商が今まで一緒にいて無事ということは本音だと信じるしかないわけですか
故郷に帰りたい気持ちを利用してさらに一儲けしようとするとか最低ですよ(汗)
しかしここでまた委員長が密漁商に向けて攻撃を!!
「見ればわかるだろ?あいつらが本当のこと言ってるように見えるのかよ!」
ここはまたリーダーらしい決断でしたね、これを機に一斉にみんな動きましたし
なんだかんだとみんなをまとめたりするのはやっぱり得意なのかなと思ったり(笑)

カラーレンジャーの攻撃に真の正体を現した密漁者、清水と横田が連携で戦ってる間に援護しようとしていたリーダーを狙っていた一人は立花先生の一撃で隙を作られやられちゃいましたねw
五人が心配で様子を探ってたんだろうけど…気づかれないようにという配慮が優しい!
バトルライトに目が眩んだ隙に空手の技を叩き込む清水と横田が一致団結って感じで頼もしかったです♪
バックで流れるカラレンの歌もすっかり馴染んだ感じが~
舌が反応しなかったのは装置で脳波をコントロールし真実を見抜けないようにしていたと暴露!
答えなければ代わりにと銃を手に取る清水もさらりと怖かったですよね(汗)
残りの人魚はもう生きてはいない、そう聞いていてもたってもいられず密漁者を手にかけた人魚が反射的にじゃなく自分の意志でというのがまたなんとも痛々しかったです…

「ひとりぼっちじゃないよ」
仲間を失ってしまった人魚に手を重ね励ます五人がいいなぁ!!
携帯番号を渡したりと抜かりない百地は相変わらずですねw
ようやく素直になって本当はアメリカに行きたくないと駄々を捏ねる清水を慰める横田も許してくれた様子で、この出来事があったから全員の友情もまた深まったんじゃないかなと思いました!
それにしても冒頭で殺された重役と清水の父親が同じ会社だったとこんなところで繋がりが…
大幅な人事異動で海外赴任も白紙になったと転校する必要がなくなったんですねw

海へと潜っていった人魚はそこで地球の人魚と出会う――
これからは新しい仲間と共に幸せに暮らしていくことができるといいなと
凄く綺麗で最後は感動する終わり方でした
仲間同士のつながりを感じて思わずほろりとしそうになりました…
王子の出番がなかったせいか捻くれてるやりとりもなかったですし(笑)
来週はまたいつものテンションに戻りそうですね、ラファティ君の出番も楽しみです♪

次回「Field of dreams!」

http://d.hatena.ne.jp/taku_007/20110315
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52771678.html

テーマ:レベルE - ジャンル:アニメ・コミック
レベルE    Comment(6)   TrackBack(43)   Top↑

2011.03.14 Mon
よりぬき銀魂さん #49 55話「ものを食べるときクチャクチャ音を立てない」
言いがかりをつけて高天原にやってきた黒駒たちを相手にするのはホストの振りした銀さん達!!
正体をばらしそうになった八郎母を気絶させる神楽ちゃんが何気にちょっと酷い(苦笑)
それにしてもホストギンの表情がいちいちかっこよくてドキドキしてしまう~♪
話を元に戻そうとする黒駒に近寄って水割りの割合を聞いてくる銀さんがww
あはは、いつのまにかはぐらかして『焼酎さん』になってるし(笑)
しかも煙草の火をつけるのに火打ちを使うってまた原始的な~これはわざとですよねw
ライターを貸してくれようとした黒駒を拒否する神楽ちゃんとかホント面白すぎる!
要求を受け入れるよう執拗に迫ってくる黒駒はついに八郎に手を出してきた!!
そんなとき銀さんが間に入りドンペリでチンピラの頭を強打したりとホント凄いw
ってここでなにやら黒駒に愛犬のメルちゃんが出産したとの報告メールが!

大の男がメルちゃん囲んでる図はなんだか不思議な光景です(笑)
息をしていない子犬を手に取りきびきび指示を出す母ちゃんが頼もしすぎるよ!
きっと出産云々を聞きつけて心配で駆けつけちゃったんでしょうね、世話焼きだなぁ
すっかり和んで打ち解けちゃってるのがいかにも肝っ玉って感じで
一方、実は狂死郎が探していた黒板八郎ということが判明―!!
写真にそっくりって勝手に落書きしたせいなのにヤツアタリですからw
「こう見えても元娘です」
と突然八郎からも衝撃の暴露トークされるし!!本名は花子だそうで(苦笑)
どうして狂死郎は自分から息子だと打ち明けないのか…整形したこともあるけれど、
何よりホストという職業が後ろめたいからとずっといえないままここまできちゃったんですかね…

母親を人質にとり狂死郎を呼び出した黒駒達は再び取引を持ちかける!
いくらホストとしてナンバーワンになったとしても、八郎であることを捨てた以上顔向けできない…
仕送りしてるとはいえやはり整形したことがネックになって正面から向き合えなかったのかな(汗)
仕事に誇りを持っている以上、要求は呑めないし息子だと名乗り出るつもりもないと
「ホストは女性を喜ばせるのが仕事です
だからこの世で最も大切な女性を悲しませるようなまねはしない」

全財産を持ち出しこれで何とか引いて欲しいと黒駒に交渉してみると一応応じてくれた様子…?
人質は解放してくれるかもしれないけど、これで向こうが諦めるわけもないですよね(汗)

金を受け渡そうとした瞬間またまた銀さん達が来たー!!
レジうちもうまくできない新八が重機を操縦してる時点で危険すぎるww
ジャストドゥイットな掛け声つけながら木刀振り回してる銀さんも対外ですけど(笑)
そして人質は神楽ちゃんが颯爽と救出してくれましたね~神楽ちゃんと黒駒のやりとりがw
「ドブん中でも必死に泥を掻き分けてる鼠を邪魔すんじゃねェ!!」
痛恨の一撃を与えた銀さんによって黒駒はとりあえず今回は負けを認めた様子でしたね
一応仁義は弁えてるってことなんでしょうか…借りは返すといってたので戻ってきそうですが(苦笑)

力になれなくて悪かったと謝る万事屋に笑顔で別れを告げる八郎の母ちゃん…
かぼちゃの煮物とともに添えられていた手紙には元気でいてくれればいいということや
どんなことになったって自慢の息子だという内容が書いてあったり本当に母親って偉大ですよね!
泣きながら煮物を頬張る狂死郎と、一人いなくなったことで静かになった万事屋にしんみり(涙)
鬱陶しいとか言いながらもどこか寂しそうな銀さんの横顔がちょっと切なかったです
今回の作監さんは鶴田女史!相変わらず神作画で困りました♪

『一日局長に気を付けろッテンマイヤーさん』
あはは、次回予告までちゃんと入ってる!!(笑)
犯人逮捕のためとはいえ店破壊はどうみても総悟のせいかとww
お騒がせなやり方はすっかり新聞の一面記事にも掲載されてましたが…
現実逃避なのか近藤さんは何となくスルーしようとしてるし!
そんなとき一日局長としてお通ちゃんがやってきたことでまわりも一丸となってるのが(笑)

次回「一日局長に気を付けろッテンマイヤーさん」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(2)   Top↑

2011.03.13 Sun
テガミバチ REVERSE 23話「アカツキにて」
対峙するラグとガラードたちの前に現れたゴーシュ!!
お互いの間に入る形になりましたが、リバース側からしたらノワールの裏切りとして映るんでしょうか…しかもどうやらガラードとヘイズルはロレンスが精霊になれなかった者を犠牲にする計画は知らない様子(汗)
まあこれもどこまで本当のことを言ってるかわからない感じですが…
けれどこのやり方に納得がいかないとラグとニッチもガラードを庇う形に
「ボクの目的は彼らの…彼らの心を守ること」
最初からゴーシュの目的は精霊になれなかった者たちを救うためにあるんですね…
アカツキへの憎さもあるだろうけれど、仲間を犠牲にするなんて見過ごせるわけないだろうし
真相を知ったラグは動揺するものの、二人を撃ったところで何も解決しないしゴーシュならば
こんな風に誰かを巻き込むことなんてしないだろうと言い切る!!

「失われた心が戻らないなんて僕は絶対に信じない」
そして今度はラグとゴーシュが銃を向け合うことになってしまいました…
というかラグはなにがなんでもノワールの存在を認めないつもりなのかな(汗)
ゴーシュの一面はちゃんと残ってるしノワールもゴーシュの一部だと思うのですが…
手紙弾で無理だったのだからと諦めるコナーに弱気になるなと叱咤するザジは強いなと!
いつだってザジは最後まで諦めずに必死に立ち向かっていくんですよね
同じように必ず戻ってくれると信じるラグを真正面から見据えるゴーシュ――

カベルネの移動の衝撃でラグとゴーシュは祈りの丘の下にある地下の洞窟に落下!!
背中を強打したゴーシュに手を貸そうとしたものの、ゴーシュではなくノワールだからと突き放すような言い方をするのはこれからもノワールとして進んでいく覚悟があるからですかね…
それでも今は心をなくしているだけでゴーシュであって欲しいと願うラグは意固地な感じが(汗)
「それに、今の僕にはかつての心は必要ない」
心弾銃を向けたラグより先にゴーシュの心弾がラグを撃ち抜いた!!
あふれ出した心の欠片に触れたことでノワールの今までの軌跡を見ることに…!

目覚めてからロダと出会い、一度ユウサリに戻ってシルベットを垣間見たりと切ない光景です…
ラグと再会し心弾で貫かれてからの出来事、シルベットと三人の絵がさらに切なさ倍増で(涙)
どんな気持ちで最後にシルベットが自分を見送ったかも…わかっていても止まらなかったんですよね…
そんな時、触れた欠片の一つにゴーシュの時の記憶と共に映るラグの母親の姿が!!
アカツキに入ったゴーシュは一体どうやって会うことになったんだろう…
そのあたり細かいところか色々気になるのですが、これもロレンスの手引きということに??

配達を終えラグと友達になったことを報告するゴーシュにお礼を言うアヌが…
少なくともまだこの時は無事だったということになるけど、今はどうしてるのかなと(汗)
わが子に会いたいと強く願うアヌの気持ちを届けることならできると立ち上がったゴーシュ
「あなたの心を命を懸けてラグ・シーイングに届けます それがテガミバチの仕事ですから」
アカツキで人工太陽に心を奪われながらもこんなことを約束していたんですね…
真実を知りながらテガミバチとしての仕事を全うしようとするゴーシュが何ともいえないです
ただ、ゴーシュがこんな状態なのにアヌはどうして平気だったのかとか色々気になるところですが…
いくら精霊になれなかった者じゃないとはいえあんな至近距離じゃ巻き込まれかねないかと

「ゴーシュ・スエードという人間はもうどこにもいないんだ…」
何よりも辛いことだけど、カベルネを止めなければアヌも助からないかもしれない…
迫られたラグは今一番何をすべきなのかようやく決意したようで、ノワールと呼びかけると
心地雷で誘い出し、ラグとザジ、ノワールの心弾で一気にカベルネを殲滅する作戦を開始!!
ようやく全員での共闘となりましたね~待ち構えてました!
こんなときでもラグの痛みを感じ取って心配するニッチにほろりとしそうになる(汗)
出現したカベルネは巨大化し形も変化してますます強敵になってしまったようで
一緒に戦えていても目の前にいるのはゴーシュではないという葛藤が悪い方向へ働かないと
いいのですが…ニッチの呼びかけも聞こえてない感じでしたしなんだか心配です…
青棘、赤針、漆黒と三人の連続攻撃がカベルネを叩いたところで次回へ!!
ユウサリへとさらに進んでいるようですがどうやって決着をつけるのか気になります

次回「決戦!ユウサリ中央」

テーマ:テガミバチ REVERSE - ジャンル:アニメ・コミック
テガミバチ    Comment(0)   TrackBack(16)   Top↑

2011.03.11 Fri
フラクタル-FRACTALE- 第8話「地下の秘密」
『バローに捕らわれてしまったクレインとフリュネ。重傷を負ったクレインを人質に取られ、フリュネはバローの仕打ちに耐えるしかない状況に。一方クレインはネッサと同じ容姿の女の子に出会う。フリュネの居場所を尋ねるが、彼女は自分の名前もフリュネだと言いなんだか会話がかみ合わない。そんな中クレインは自分が捕らわれた施設の全貌を知ることになる。』


クレインが撃たれたことで暴走し一時的に飛行船のシステムに引きこもったネッサ
目の前で見たことがあまりにも衝撃だったんだろうなと
今はとりあえず落ち着いてるようですが暴走したままだったら大変なことになってたかと…
一方、身柄を拘束されたフリュネはクレインを人質にとられバローに従うしかない状況に
ってフリュネに擦り寄って二人の時間が欲しかったとかかなり気持ち悪いんですけど!!
鍵の資格があるのかどうか確かめる検査…っていかがわしいやり方っぽいですし(汗)

準備を整えてからクレインたちを救出しようとするものの、
すぐにでもクレインの下へ行きたいネッサは駄々を捏ねてるようで
でもそんな仕草もネッサがやってると可愛く見えちゃうんですよね♪
結局力ずくで出て行くことになったわけですが…
あれだけ特別な力を持つのに無理やり押さえ込むなんて無理ですよね…
僧院の関連施設の居場所をつきとめ、ロスミレが連合を組み一斉攻撃を仕掛けようと!
持ちかけたスンダだけど、それぞれのリーダーは僧院がシステムを維持できないかもしれないと
中々腰をあげようとしなかったりと後ろ向きな意見ばかり(汗)
確実な方法が見つけられない限り全面的な協力は得られそうにないですね…

隔離され治療を施されたクレインの前には星祭の夜見かけたネッサと同じ姿をした少女が!
それにしてもあれだけ重傷そうだったのにもう動けるのにもびっくりです
「俺の会いたいフリュネは特別なフリュネなんだ」
目の前にいる少女のドッペルがネッサなのかという質問の意味がわからないといったり、
フリュネのことを訊ねると自分自身もフリュネだといったり、話がかみ合わないのが(苦笑)
思わず自分の…とかいっちゃって赤くなるクレインは我に返って慌てて訂正したりw
クレインとのやりとりで何か感じることがあったのかな、ここからこの少女と共に行動することに

僧院の攻撃計画を発案したのはスンダらしくないと連絡してきたディアス
重要なものでも掴んだんじゃないかと鍵についてカマをかけてきましたね!
この人もあわよくば鍵を奪って僧院を一気に殲滅させようとするんじゃないかと…
探索するうちに、施設の全容について触れることになったクレイン
「フリュネは何人でもいるし何人でも作れるの」
この量産されてるネッサはフリュネのクローンってことですか!(汗)
ということはやはりフリュネのドッペルはネッサだったんですね…
名前が同じなのでややこしくなりますがw

傷を手当てされたクローンのフリュネは優しくされたことが初めてでびっくりしたのかな…
少しずつ感情が芽生えはじめたようでしたね、そしてクレインは教えてくれた道を進むことに
鍵としての検査を受けられそうになったフリュネのところへ飛び込んだネッサ!
クレインが心配で暴れまわってただけみたいですけど絶妙のタイミングだったかと(苦笑)
ただの鍵としてしか必要とされないそんな日々に嫌気が差しネッサを連れて抜け出した――
此処に来てようやくフリュネが僧院から逃げてきた理由が明らかになりましたね
偶然遭遇したクレインに大事なネッサを託していったのはまた凄い賭けだったと思うのですが(汗)

「彼女たちは幼い頃の私の姿なのです」
失敗作と判断されたりヘマをすれば容赦なく処分されるクローンのフリュネ…
今までネッサに対して冷たい態度をとっていたりしたのは僧院の実情を知って絶望してたからというのもあったんでしょうか、ネッサもクローンと同じ姿だったから複雑な気持ちだったろうし同接していいかわからなかったのかな…
「フリュネはいっぱいいるかもしれないけど、俺の目の前にいるフリュネは特別なフリュネなんだ!」
自分を助けてくれたクローンのフリュネを助けようとするクレイン
想ってくれる相手がいれば特別になれるといてもたってもいられず飛び出した!

一斉攻撃の前に単独で動き出したディアスはクレイン救出よりも殲滅が目的のようで
見ず知らずの相手を助けるよりは…といった感じである意味わかりやすい行動ですかね(汗)
施設内が炎上する中、クレインにシェルターの場所をを教えてくれたクローンのフリュネが…
手当てして人間と同じように扱ってくれたクレインに感謝の気持ちを伝えたかったのかな
一人残っていたクローンのフリュネがなんだか切なかったです(汗)

ようやく話も動き出した感じですが、クレインにあまり主人公らしさが~
なんだかまわりに流されてるだけの感じがするのでもう少しなんとかして欲しいかなと…
ネッサと同じく鍵であるといわれるフリュネにもまだ秘密がありそうですしラストまでに纏めきれるのか…なんだか説明不足でどうにもわかりづらい印象になってる感じがします(苦笑)

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51712328.html

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック
フラクタル-FRACTALE-    Comment(2)   TrackBack(31)   Top↑

2011.03.11 Fri
IS<インフィニット・ストラトス> 第10話「その境界線の上に立ち(シン・レッド・ライン)」
『旅館での夜。温泉あり、わさびあり、怪しい(?)マッサージありと、臨海学校を満喫する一夏たち。一夜明け、実習訓練にIS専用機持ちだけが集められ、その中には箒の姿もあった。そこへ、IS開発天才博士にして箒の実姉である篠ノ之束が登場し、ついに箒の専用IS「紅椿」をお披露目する。その驚異的なスペックに唖然とする一同。その時、試験稼働中のIS「銀の福音」が暴走したとの連絡が入り……。』


臨海学校の夜を満喫する一夏たち!
隣に座りたいからと苦手な正座をこらえるセシリアは必死な感じで
ってそのわりにシャルは手馴れてる感じで座ってますよね、箸使いもうまくなってる(笑)
キツイならとかわりに食べさせてあげようと提案したところ喜んで返事を!!
あはは、そっちに気がとられて以前シャルが…っていうのがスルーされたしw
まぁ一夏が付きっ切りで食べさせてあげれば当然まわりのブーイングが起きるってことで
騒ぎが起きたということで千冬さんが訪れ原因の一夏が叱られることになるのは当然かと

一夏の部屋に呼ばれ勝負下着で参戦するセシリア!
なぜか部屋の前には箒たちが居座っていて聞き耳を立ててる様子
中からは怪しい雰囲気の千冬さんと一夏の声が漏れてきて…って時点でオチはわかりますw
というかこの中でやっぱり一番工口いのは千冬さんだと思います(コラ)
みんな色々と期待してたんでしょうか、残念ながらマッサージをしてただけということで
って一夏はマッサージが得意なんですね、でも直接じゃなくてタオルとかひいた方がいいかと(苦笑)

ビール片手にいい飲みっぷりの千冬さんの表情が可愛い♪
席を外して一夏がいなくなったところで、どこがいいのか全員に質問!
家事も得意だし優しいし…と付き合える相手はかなりお徳って弟自慢にしか(笑)
欲しいか?とけしかけておいてやらん!と拒否する千冬さんがww
「女ならな 奪うくらいの気持ちでいかんでどうする」
結局千冬さんも一夏が大切で大好きなんだろうなぁ
なんだかんだと本音がチラッと見えた感じがします、一夏も一番反応する相手が千冬さんですしね!というか個人的に千冬さんプッシュしたい(笑)

翌日、地中に生えたウサギ耳を発見した箒はそのまま放置したー!!
いかにもな怪しい感じですがこんなことするのは一人しか…
思い切って引き抜くと上空からニンジン型の機体が落下してくるし(苦笑)
中からはしっかりスタンバイしてた束さんが登場!!
一夏は昔からこのキャラに慣れてるからいいだろうけど、初対面だったらかなりびっくりですよ
それにしても箒探知機って…発信機でもつけてるんだろうかw

しかも手配中の身のはずなのに生徒達の前にあっさり現れちゃうし…
各国から追われてるって自覚はあるんでしょうか(笑)
過剰なスキンシップをしようとしたせいで箒には殴られてるしw
ここへやってきたのは第四世代型紅椿を全員の前で披露するためだったのかな?
まだ第三世代の試験機を運用してる最中に完成させた…とはまた凄いですね
これが世界にばれたらまた論争の火種になるんじゃないかと(汗)
ISを箒に最適化させるのも一瞬で終了、まずは練習をかねて試乗してみることに!

紅椿には刀剣の武器雨月と空裂が搭載されてるんですね!
いくらデータが送信されてるとはいえ一度で思い通りに扱いミサイルも全て打ち落とす箒が凄い(汗)
猫耳っぽいのも標準装備なのは束さんの趣味なんじゃないかと思ったりw
そんな時、試験稼動中だったIS、シルバリオ・ゴスペルが暴走し監視区域から離脱したとの報告が!
情報によれば無人のISだそうですが、確かクラス対抗戦のときもこんなことがあったけど
こんなにしょっちゅう暴走したりするものが多くて大丈夫なのか(苦笑)

追跡の結果、福音は二キロ先の空域を通過することがわかり通達によって千冬さんたちが対処することになったとのことで、教員も総動員であたるようですが、今回は専用機持ちも参加すると!
スペックデータによると敵機体は遠距離攻撃も可能で防御にも優れている…
超音速飛行を続ける福音に接触できるのは一度きり――
「一撃必殺の攻撃力を持った機体であたるしかありませんね」
つまりは零落白夜でダメージを与える方法が最適だと!
一人話しから置いてかれてる一夏は大丈夫か~(笑)

フルで攻撃に使うため白式はエネルギーを止めておくことが必要
白式を福音と同じスピードにあわせられる機体も…とどんどん
話は纏まっていきましたが千冬さんに確認され一夏も覚悟を決めたようですね
またもや乱入してきた束さんは紅椿が最適だと積極的にアピール!
その後すんなりと決心したようですが、IS相手の経験もないのにいきなり大丈夫なのかな(汗)
それに箒の気持ちとかも色々な葛藤とかあったほうが共感しやすいのですがなんだかあっさり進行しちゃって…

紅椿は雪片弐型が進化したものであり全身のアーマーが展開装甲になっているのだとか
戦闘能力もとんでもないものってことでしょうか…
「海で暴走っていうと十年前の白騎士事件を思い出すね」
束さんがISを発表して一ヵ月後、各国のミサイルがハッキングされ日本へ向けて発射…
世界が混乱する中白銀のISが現れミサイルを撃墜し日没と共に姿を消し後に白騎士と呼ばれるようになった――ってやりとりを訊いてるとどうやらパイロットは千冬さんだったんでしょうね♪
是非そのときの回想をもっと入れてもらいたかった~!!

ブルーティアーズの高軌道パッケージならできると申し出たセシリアだけど、
やはりこの作戦は箒と一夏の二名で行い他のメンバーはその補佐をすることに!
一夏に目配せする箒を目敏くチェックする束さんはいつも箒が中心なんですねw
過去に色々あったから箒もすぐには受けいれないんだろうけどいつか素直になれるのかな??
初めての専用機に機体を膨らませる箒は果たしてうまく戦えるのか…!?

次回「ゲット・レディ」

http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51232779.html

テーマ:IS<インフィニット・ストラトス> - ジャンル:アニメ・コミック
IS<インフィニット・ストラトス>    Comment(0)   TrackBack(59)   Top↑

税金