アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2010.11  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.01≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2010年12月 」 の記事一覧
2010.12.28 Tue
おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」
『百録に導かれ、総角、芳野葛、花桐の3人の少尉たち、薄蛍、雪洞、鬼灯の半妖の3人が辿りついた場所には思いもよらない風景が広がっていた。気を失ったままの西王母桃はそのまま沢鷹の手に落ちてしまうのか…。その全てに決着の時が近づいていた…。大団円、感動、感涙の最終回、いま燦々と降り注ぐ!』


百緑の案内で神がかりの里への近道を抜ける景達!
けど彼女は突然仲間を裏切るような自分のことを信じることに疑問を感じているようで…
「私達は同じ気持ちを、半妖としての悲しみを抱えている だからこそ信じるのは簡単なの」
あの時百緑に触れた薄蛍にだけじゃなく、同じ存在だからことわかりあえることもあるんでしょうね
全てが終わったら橙橙と一緒に妖人省に遊びに来て欲しいと言われ笑顔で答える百緑がいいなぁ!

屋敷内に火が放たれ、中にいた里の人間を始末した乱杭が!
慌てて探しに行った百緑が目にしたのは用済みとなって捨てられ重傷を負った橙橙でした…
やっぱりこういう展開になってしまうんですね、役立たずと罵られたり酷すぎる(汗)
いつも何かあれば声をかけられていた姉のことが羨ましくて、世話になって庇われてばかりの自分が情けなかったからと役に立ちたかった、あまりに必死すぎて周りが見えなくなってしまったんですかね…
命を落としてしまった橙橙が可哀想でならなかったけど、百緑に看取られたことが救いだったのかな

怒りのまま飛び掛る百緑も乱杭に敵うはずもなく(汗)
それどころか現れた沢鷹しかやはり眼中にないようで…
護符での攻撃も全く歯が立たないのは相手の生気を吸い取る女郎蜘蛛の能力が関係しているとのこと
徐々に近づいて距離を詰めてきた乱杭から守るように立ちはだかった景がかっこよかった!
「それに、ざくろ君ならきっとこうするはずなんです!」
ざくろなら誰か困っているとき躊躇なく敵味方関係なく助けるだろうと
わかってる景も最初の頃とは随分変わりましたよね!

しかしざくろを目の敵にしている乱杭にしてみれば邪魔存在でしかなく…
必死に護ろうとした景とざくろが一緒に蜘蛛の糸に絡めとられることに
二人を助けようと必死に向かっていく妖人省のメンバーと沢鷹も歯が立たず(汗)
皆が戦っていることはわかるのに動けないざくろは再び過去を思い出していました
「好きな人が増えていくのはとても素敵なことよ」
大好きな母親と櫛松と三人でいられればそれでいい…
けれどそんなざくろに突羽根は大切なことを教えてくれたんですね
ここにいるのは皆ざくろにとって大好きな人たちばかりなんだろうなぁ
「だってボクはまだ君にちゃんと伝えてない…ざくろ君…君が好きだ!」
強く抱きしめて必死に呼びかける景の声がようやくざくろに届いた!!
皆の声は聞こえていたようですが目覚めるには何かきっかけが必要だったのかな?
…それにしてもざくろの顔が一瞬近づいたからキスするのかと(マテ)

ペンダントに手をかけ、皆を守るために力を解放し戦うざくろ!!
ここでOPがかかるのが盛り上がる演出です♪
あの赤い月は力を解放を意味してたということになるんですかね
「乙女の純潔純なる決意 赤と散るのも厭わずに いざ妖々と参ります!」
乱杭に向かっていったざくろは一撃で止めを刺し勝利!
というかあの刀はいつの間に用意してたのか気になりますw
知らない間に拉致されたんだから豆蔵から受け取る余裕はなかったと思うのですが(苦笑)

燃え盛る屋敷の一室へと向かった沢鷹はやはり突羽根を助けようとしてたんですね…
しかしその場に居たのは生前の姿ではなく既に朽ち果てた骨だけの突羽根…
ずっとこの形で佇んでいたものの母への妄執のせいで自分には本当の姿が見えなかったのか?
二人に生前の姿を見せていたのは子供たちを見守っていたかったらからではないか――
ざくろにだって突羽根の姿がちゃんと見えていたんだからそうなんじゃないかと思いたいです!
言葉では伝えられなかったけど、ちゃんと沢鷹への愛情も残してくれてたんですね(涙)

「お前はずっと母と一緒にいただろう 最後は私に…」
母の亡骸と共に残ろうとする沢鷹が切なすぎる(汗)
やっぱり心の底では母親と一緒にありたかった、ずっと寂しかったんですね…
けれどそれが本当に突羽根の望んだことなのかどうか、それだけ伝えて去っていくざくろ
凛としたざくろの言葉に何か思うところがあったんじゃないかと
「沢鷹さま どうぞ私からこの自由を奪ってください
橙橙と共に最後まであなたにお仕えすることをお許しください」

自由になったとしてもいくあてがないと、橙橙が守るために生きてきた百緑にとって
橙橙がいなければ一人になっても意味がないんですね…
こんな風に自分を思ってくれてる人がいるって沢鷹もようやく気づけたのかな

妖人省へと戻ってきたざくろ達はすっかりいつもの生活に
いつのまにかざくろも牛乳が飲めるようになってるし(笑)
そんな時、大事な話があると櫛松さんが打ち明けたのは妖人省が解散するという事実が!
軍と手を組んでいたのは沢鷹の謀略でざくろを手に入れるために仕組んだものだった、
首謀者が消えた以上軍にとって妖人と協力する必要はないということですか(汗)
ってまだまだ妖人と人間との間の蟠りが消えたわけじゃないし、やれることもあるだろうに…
納得がいかないと一番に声をあげて外へ出ていってしまった雪洞と鬼灯

神がかりの里がなくなったとはいえ、お互いの関係作りはまだまだやることは山積み…
けれど軍人にはもっと他の仕事もあり、人手を出す余裕はなくなったということになるんでしょうか
ようやく絆も深まったところだいうのにこれじゃ寂しくなりますね
最後まで利剱の身の回りの世話をしたかったと支度をしながら涙を流す薄蛍、
「それが私にとって嬉しい、幸せな気持ちだったとしてもお別れが辛くなるから…」
「…別れじゃない いつかお前を…」
慰めながらきつくだきしめる利剱にキュンとしました♪
ドキドキしすぎて利剱の気持ちがわからない薄蛍も可愛すぎる!
ずっと一緒にいたい気持ちは二人とも同じなんですよね
やっぱりこのカップルが一番可愛いくて萌えます(〃∇〃)

「きっと迎えに来ます!」
そして丸竜はすねている鬼灯と雪洞に優しく言い聞かせながら迎えに来ると宣言を!
あはは、二人ともっていうことになるんですねw
丸竜を真ん中に指きりする二人、やっぱり三人一緒が丸竜たちらしいなと感じました
本当は人間も妖人も、過去を知ることも怖かったというざくろに
怖いものがあったのかと驚く景がさらっとまた失礼なことを(笑)
しっかりしなきゃと肩肘張ってたのは景がヘタレなせいもありますが
そのおかげでいつのまにかいろんなことに慣れて怖いものがなくなっていたと…
気づかないうちに景の存在に支えてもらうようになってたんだなと!
「ざくろ君 好きだ」
ってなんでここで告白ですか、もうちょっとタイミングというものが~
全てが終わっていたあととは言ってましたけどいくらなんでも唐突過ぎるw
でもこうやって面と向かっていえるようになっただけ頼もしくなりましたかね?
ドサクサに紛れて最悪だと辛口のざくろの返答にとことん落ち込む景ww
てかここまできてざくろの気持ちに気づいてないとは鈍感にも程がある(苦笑)

「…好きよ 私もアンタが」
こうなったらもうざくろも素直になるしかないですよね!
って耳を隠しながら言うのは景の反応を聞くのが恥ずかしかったからなのかな?
それともやっぱり半妖だから…というのがまだ少しだけ気がかりだったのか、
ざくろの手に自分の手を重ねながらざくろを好きになった理由を告げる景
「半妖として生まれて、半妖の苦しみを背負って、
半妖の悲しみに必死で戦いを挑んで…僕はそんな君を、ざくろ君を好きになったんだ」

これからは一人で背負っていくんじゃなくて景にも助けてもらえばいいんですよね
今はまだ妖人と人の間で誤解があったとしてもいつかはわかりあえる時が来る――
お互いを知ってゆっくりと距離を近付けていけば…
景とざくろのように歩み寄れる存在になるんだろうなと!
最後の最後でこの二人もようやくカップルになりましたね♪

街では少しずつ妖人に理解してくれる人が増えてきたようで、
随分と人目を気にしないで外出できることになったことが何よりです!
ラストにはそんなざくろ達を見守る沢鷹と百緑の姿もありましたね
これからはもっと前向きに自分の好きなように生きていけたらいいなと
辛さや苦しみも乗り越えた二人にも幸せになってもらいたいですし!

その後意外とすぐに戻ってきた景達、あんなに別れを惜しんだのにw
なんでも中将に妖人省の必要性を必死に説いて存続させてもらったのだとか…
こんな風になるなら素直にならなきゃよかったと後悔するざくろに
この間景とキスしていたことを桜と桐にばらされてるし(笑)
傍でこのやりとりを聞いて照れてる薄蛍も可愛かったです~
普段のやりとりは夫婦なのにこういうことはまだまだ恥ずかしいんですねw

それぞれ傾向が違う3カップルの進展具合にも楽しませてもらいました!
個人的には利剱×薄蛍の萌え度が半端なかった~♪
あ、でも目が覚めてからのざくろと沢鷹のやりとりはもうちょっと見てみたかったです…
あれだけ葛藤してたのに景達とはあっさり協力体制になってたのが引っかかったりも(苦笑)
それでも母親からの愛情は伝わったと思うし、報われた部分があったのでよかったなと
五英や麦の話ではほろりとさせてもらったり半妖の出生の秘密にはやりきれなくなったり…
ラスト付近は駆け足で多少違和感があるところもあったけど
1クールの中きっちりまとめてくれたのには好印象でした!

キャストさん、スタッフさんお疲れ様でした!!
そしてTBやコメントでお世話になった方もありがとうございました!

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/12/post-dbc6.html
スポンサーサイト



テーマ:おとめ妖怪ざくろ - ジャンル:アニメ・コミック
おとめ妖怪 ざくろ    Comment(0)   TrackBack(50)   Top↑

2010.12.28 Tue
ぬらりひょんの孫 総集編「少年たちの残照」
『四国妖怪、隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が現れたシリーズ後半の総集編。前半オープニング、エンディングの楽曲にのって、七人同行と奴良組の面々のバトルをメインに見所、聴き所満載!犬神、玉章の刹那を堪能しよう。』


ラストを飾る総集編!
…正直二期始まる直前にやった方がいいんじゃと思ったりもしますが
牛鬼篇のときみたいに再編集してナレも交え振り返りながらでしたね
京妖怪というよりもメインが犬神になってたような…

奴良組に襲い掛かる四国勢がそれぞれ紹介されてましたが、
夜雀の本編では一度も声を発しなかった寡黙な妖怪って説明がw
全国制覇の野望とともに七人同行を率いてやってきた玉章!
その後挨拶も含めて奴良組が襲撃されたり、友達が巻き込まれたりしたんですよね
妖怪同士だけじゃなくて陰陽師も関わることになっちゃいましたし
しかし境遇が似ているからってしつこくつきまとうのはやめてもらいたいですよ(苦笑)
この纏めにまで清継君たちのやりとりを入れるとかいい加減いらないんじゃww

ムチとのバトルで有利に立ってたゆらちゃん!
ってこの時止めを刺したのは総大将でしたからね…
初めて覚醒した夜リクオと幼いときのカナちゃんのやりとりももっと前に入れて欲しかったなぁ…
アニメだと中学生からいきなり始まってるから清十字メンバーも全体的に印象薄いというか
残念な立ち位置になってる人がほとんどで残念でした(苦笑)
あそこまで近づいて夜リクオの正体に気づかないカナちゃんは結構鈍感ですよねw

総大将の若い頃のカットは何度見てもカッコイイ♪
こういう楽しみがないととても続かなかったなと(笑)
圧倒的力を持って妖怪を殲滅した魔王の小槌を持ち去った玉章
仲間を斬り殺してその畏を手にし力を蓄えていたようですが、
この刀と犠牲になった中で一番可哀想だったのは犬神でしたね…

ここからOPにあわせて犬神とのバトルが開始!!
ってまたバトルシーンにまた合わないBGMだなぁ(苦笑)
編集した方がスピード感あるし、こうやってみると本編でどれだけ引き伸ばされたかが(ぁ)
人間にも妖怪にも受け入れられるリクオが羨ましいと妬む犬神とは最後まで相容れなかったですが
もし説得できて犬神が少しでも改心してたらまた展開も変わってたのかな
居場所を捜し求めていたのにまわりから疎まれ、最後の最後に手を差し伸べてくれたのが玉章だったと…
新しい妖怪の世界を見せてやるといわれついていったというのに最後は切り捨てられるとは無残です、恨みや憎しみの心を増やしていたのも魔王の小槌に吸収する力を増大させるためだったんでしょうね…

「仲間の骸を背負うやつなんて誰もついてきやしねえんだ」
桜吹雪の中発動したリクオの鬼憑『鏡花水月』!!
これが見抜けなかった玉章は負けることになりましたが、
最後に出会った子犬は犬神の転生した姿なのかどうなのか…
これを見た玉章も何か思うところがあったという形のラストでしたね
それにしても主役なのに夜リクオの出番がほとんどなかったようなw

全体通してみるとやっぱり後半の引き伸ばしがネックに…
段々感想にも突っ込みと愚痴が多くなってしまいましたし
牛鬼篇まではまだなんとか持ってたのですが、そのあとの対決までが長すぎて(苦笑)
あとは無闇やたらに入る清十字団のシーンとか緊張感がなくなってしまうのでやめてほしかったり…
幹部メンバーの活躍も終わり周辺しかほとんどなかったですしね
バトルもいまいち迫力に欠けてたし、原作の墨絵っぽいよさがいかされてなくて残念でした。
…夜リクオと若総大将、つららがいなかったらきっと最後までもたなかった(コラ)
二期はそういうところをきっちり補完して原作基準で作ってもらえたらいいなと!

キャストさん、スタッフさんお疲れさまでした!!
TB、コメントでもお世話になった方、また来期でもよろしくお願いします♪

テーマ:ぬらりひょんの孫 - ジャンル:アニメ・コミック
ぬらりひょんの孫    Comment(0)   TrackBack(15)   Top↑

税金