アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2010.11  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.01≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2010年12月 」 の記事一覧
2010.12.21 Tue
BLEACH 302話「最後の月牙天衝!?一護の修行!」
最後の月牙天衝を会得するため、断界へと飛び込んだ一心さんと一護!!
断界とは、断絶した空間を幾重にも重なった時間の激流が取り囲んだ空間、
わかりやすくいえば時間の密度が高く外で一時間過ぎる間に2000時間が経過するのだと――
拘流に捕らわれれば断界から抜けられず拘突に追われれば突入した時間から大幅にそれた時間へと飛ばされる…流刑地と呼ばれるのにはこういう意味があったようで、一護達が尸魂界へ潜入した際ほとんど誤差がなかったのは喜助さんの技術力のおかげだったと(苦笑)

しかし拘突がないおかげで時間を稼ぐのには最適だと、一心さんが界境固定で拘流をとめている間に修行をすることになりましたが、本来は数人の死神でやるところを一人の霊圧でこなすとか凄いです(汗)
霊圧が尽きるまでの時間は見積もって2000時間――その間に最後の月牙天衝の正体を訊きだせと!
早速斬魄刀との対話に入った一護だけど…
一心さんの拳骨を避けたことで心が入ってないとばればれでしたねw
こういうやりとりも面白いのでオリジナルでもっと増やしてくれてもよかったのに♪
刀をひざに置いて座禅を組み刀一つに心を絞らせる――"刃禅"で集中する一護!
力だけでこじあけてきた今までのやり方とは全く違う形で挑まなければならないんですね(汗)

その頃、現世では久々の出番の啓吾が余計に叫んでましたねww
たつきに偶然出会えて嬉しいのはわかるけどテンション抑えてください(笑)
黙らせるためにラリアットと拳くらわせたくなるのもわかるようなw
倒れていた千鶴とみちるを背負い、とりあえず学校に向かうことにしたたつき達!
町外れまで歩いてみるとその外は山になっていたと町が丸ごと移動したのではないかと推測したようで、一護が関係しているのなら何とかするのも一護だと信じているんですね

精神世界へ突入した一護がまず見たのは一面水に覆われた景色
って思わず溺れそうになって慌ててたりと忙しないのがw
そこに現れた謎の少年に声をかけられ、姿がわからないのは無理もないと言われた一護
「お前の卍解の名は何と言う?私は"天鎖斬月"だ」
天鎖斬月@森久保さん!!相変わらず豪華すぎるw
体に現れた反応に接触したことに気づいた一心さんも以前体験したからわかるようですね
この技を教えたくないというのはどういうことなのか…
いつか剡月と一心さんの過去のやりとりも見てみたいなぁ!

「…思い違うなよ一護…お前の護りたいものが私の護りたいものではないのだ…」
戦いに来たわけではないという一護に聞く耳を持たずけしかけてくる天鎖斬月!
何を思って力を貸してくれていたのかと問い詰める一護にそのままの意味だと…
希望に満ちた摩天楼の群は小さな町に成り下がり、雨が降らない代わりに全てが水没した――
一護が絶望し歩を止めたせいでこの世界は変貌してしまったのだと、一護の中にある絶望を引きずり出す天鎖斬月が(汗)
そこから現れたのはかつてウルキオラを倒したとき完全虚化したときの白一護!

藍染さんの前に偶然通りかかった一般人が…
さすがにあのスプラッタな描写はまずかったのかそのまま消し飛んだ形になってましたね(汗)
そんな藍染さんに町を歩いていたたつき達が見つかりかなりヤバイ状況ですよ~!
一護がいなくなってから一人で学校に来ていた水色、どこか距離をおいてたのは何か感じるところがあったからですかね…ちょっと辛気臭い空気になってしまいましたが適当にはぐらかしてくれたたつき
あんまり深刻になられても反応に困っちゃいますしね、こういう軽いやりとりがいいなと!

「私はその力を完璧へと近付けたい 君たちの死がその助けになるだろう」
一護の力を完成させるためにたつき達も巻き込もうとする藍染さんがドSすぎる!!
啓吾を先に逃がしたたつきだけど状況的に絶体絶命なのは変わらずで…
霊圧に圧倒されて動けないたつきの前に現れた一人の影、ということで次回へ持ち越し!
物凄く久しぶりなあの人も登場しますね、忘れちゃってる人もいるのではないかと(笑)

☆次回予告☆
次回は1/4放送のまたまたオリジナル!
お正月SPということでどんな内容になるのかw
でも竜弦さんが出てるのが気になるのですが(笑)
しかしつり橋効果で藍染さんに恋って…ツッコミどころありすぎるww
あ、一月からはEDがROOKiEZ is PUNK'Dになるということで楽しみです♪

☆死神図鑑ゴールデン☆
水浸しになると機械製品が使えなくなったり、眠ってると知らない場所に飛ばされたりと
いろんな苦労があるってそっちの愚痴ばっかなんですけど、浮き輪装備したり
魚と一緒に天鎖斬月が泳いでたりとなんだかんだこの世界満喫してる様子じゃないですかw
スポンサーサイト



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(13)   Top↑

2010.12.21 Tue
おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」
『自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。一方、妖人省では西王母桃を救い出すため、総角たちはわずかな手掛かりと共に走り出す。あうん様に導かれ、辿りついた神がかりの里で出会ったのは…。最終局面を迎える緊迫の第12話。』


連れ去られたざくろを取り戻すべく、護符を手にあうん様に頼む景達!
今まで助けられてばかりで何もできなかった、だからざくろを助け出して隣に立ちたいのだと…
役に立ってないなんてことはないのに、それでもこう決意するのは自分の力でなんとかすれば認めてもらえるんじゃないかと思ってるのかな
景の強い心に動かされ道を開いてくれたあうん様によって神がかりの里へ―!!

無事に到着したものの、なぜか景だけ別の場所に飛ばされたようで(汗)
こんな時に限ってはぐれちゃうとは運が悪すぎるw
屋敷の奥から聞こえる泣き声に引かれて足を進めると、そこには突羽根の姿が…
「お願い…どうか私の声をざくろに…沢鷹に、届けて…」
って声が届いたのはざくろが心を許して信頼してる相手だからだったのかな?

婚姻の儀式が執り行われる中、いまだ意識の戻らないざくろ…
その時、それを遮るようにざくろを助けにやってきた面々が!!
使役されたいずなに足止めされ、沢鷹を先に逃がすことになってしまいましたが
戦っている最中、薄蛍はいずなから自分達を殺して欲しいという感情を読み取ったようで
いずれ半妖を生み出す道具として利用されるくらいならこの場所で息絶えた方がマシと…
あまりにも切ない心の声が悲しすぎますよ(汗)
いずな使いに操られ逃れられないからと櫛松さんを天竜寿が止めたのはこういう理由だったんですね

「お前達が倒せないのなら俺が手を汚す!
いつもお前達にばかり辛い役目を押し付けて…このままではお前達の隣に立つ資格はない!」

解放すると利剱が向かっていったのはいずな使いの目前!
この時の利剱もかっこよかったですが
札を離しただけでこんな簡単に終了とはちょっとあっけなさ過ぎるような(苦笑)
ともあれこれでいずなを傷付けることなくこの場所から脱出できましたね

恵永と突羽根が結ばれた場所へとざくろを連れてやってきた沢鷹
世界を手に入れられるような力を持ち、信頼できる仲間や親の愛情を受けてきたざくろに
自分には与えられなかったと呟く沢鷹は本当はそんなざくろが羨ましかったんですかね…
妖人省へざくろを帰して欲しいと頼む景に、これはざくろも望んでいたことと言い放つ!
「なぜお前はそこまで愛される お前と私は何が違う」
命を賭して助けに来た景のような存在がいてくれたら変わっていたのかなと(汗)
里長にどんなに大事にされたとしてもそれは後継者としてだけで愛情はもらえなかったんだろうな…

「ボクが助けたいのはざくろ君だけじゃない!」
追い詰められた景に加勢にやってきた丸竜たち!!
先代の里長も死の間際までざくろの力を求めていた…
そんな光景をずっと見ていたからますます固執することにもなったんでしょうか
例えその力に及ばなくとも、景達を相手にするのは十分だと護符を放つ沢鷹!
襲い掛かる式神や百緑と対峙している最中、弾かれた刀がざくろの下へ(汗)
咄嗟に景が庇ってくれたおかげで難を逃れましたが、
その時目についたペンダントに思わず手をかけることに!
これを外せばざくろの本来の力が解放される…
けれどそうしなかったのは、突羽根の想いを受け取ったから、
力を封じたのはざくろを隠すためだけではなく、普通の生活をさせるためだったと――

里へ戻ってきたのはざくろを守るため、里との関係を断ち切るためだと思っていた沢鷹だけど、
それ以降半妖を生み出すことを拒否し食事もとらないまま亡くなった…
殺された…というのは嘘でこれ以上里に利用されないためにもと自殺してしまったのか(汗)
死してなお生前の美しさを保つ突羽根の姿に罪を感じていた沢鷹に突羽根の本心を伝える景
「あなたの本心は傷つき震えている」
わが子を手放して心に傷を残してしまったとこんなにも沢鷹のことを思ってるのが切ない!
自分の持つ力が利用されるなら自害することを決めていた突羽根は、せめて最後くらいは息子の傍で過ごしたいと里へ戻ってきたのだと
母親と引き離され、ようやく会えたと思ったら好きな人と笑いあっていた、
幼心に裏切られたととても傷ついてしまったんでしょうね
誰からも愛情を受けられないならと全てを否定するように育ってしまったのかな
親子が互いを思いあっていたのにすれ違ってしまってたとは…
そこからあの突羽根を突き放すシーンへ繋がると思うとなんともやりきれないよ(汗)
再会できたところで例え真実を告げたところで沢鷹は受け入れられなかっただろうなぁ…

「だからどうだというんだ」
後戻りはできないし傷も消えないとざくろの命を絶とうとする沢鷹!
たった一人の家族なのに、本当はこんなことしたくないんじゃないかなと
何もかも無かったことにしても誰も報われないですよ…
ってこの時の沢鷹の表情が色々な葛藤を抱えていて見てるのが辛いです
そんな時、乱杭が反乱を起こし橙橙が屋敷内へと火を放っていました!!
常にざくろ中心の沢鷹に見切りをつけ自分が神がかりの里を支配しようとしてるんですかね
命令どおりに動く橙橙が用済みとなった後で始末されないかと怖すぎるんですが(汗)

ざくろを抱えたまま屋敷に戻った沢鷹は突羽根を助けにいくのかな?
立ちはだかっていた百緑も景が全てを見たことを案じると協力を申し出る!
「お前が…沢鷹さまを過去から救い出してくれるのなら」
いよいよ百緑も自分の足で歩き出したようですね!
そして夢の中では涙を流す沢鷹を慰めようとするざくろが…
せめて最後には沢鷹が救われるような形になってくれるといいなと思います

次回「おわり、燦々と」

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2010/12/post-3a93.html
http://illust.go-jin.com/e9359.html

テーマ:おとめ妖怪ざくろ - ジャンル:アニメ・コミック
おとめ妖怪 ざくろ    Comment(2)   TrackBack(36)   Top↑

2010.12.21 Tue
ぬらりひょんの孫 第24話「月は空にある」
『リクオと玉章の一騎打ちが始まった。ただならぬ妖気がリクオと玉章を包み、頂点に立とうとする者同士の妖気のぶつかり合いが、周囲を取り巻いた。 覚醒した魔王の小槌の力は伊達ではなかった。やがてその刃がリクオの身体を捕らえた時、ついに闇は終焉を迎えようとしていた。夜が終わり朝が訪れる。リクオは戦いを制することはできるのだろうか?』


覚醒した魔王の小槌を持つ玉章との最終決戦!!
前に出て戦おうとする猩影を止めて真っ向から挑む夜リクオ!
ってここでもまだ清継君たちのやりとりを入れてくるんですか(苦笑)
騒ぎに駆けつけてやってくるのを見て巻き込まないようにか?
リクオたちはさっさと屋上に退散しちゃいましたがw
たとえ妖怪だとしても人間を守ってくれるなら心も人間と同じ…
カナちゃんはすっかり夜リクオのことを信頼してるようで
ただ悪者だと目の敵にしていたゆらちゃんの考えも変わりそうですね

「驕りに曇ったその目、覚ましてやる」
ようやく畏をぶつけ合えるという玉章、
最初から自分についてきた妖怪を仲間なんて思ったことないんでしょうね…
ここまで力を持つまでになれたのはまわりが支えてくれた面もあるだろうに
それにしてもこれほどの戦いを見るのは初めてって…過去のあの二人の壮絶バトルは?(ぁ)
ハラハラしながら見守るつららの心情を汲み取ってくれた毛倡妓がナイスです
さて、つららの惚れた男って誰でしょうね~(笑)

空が白み始めたことでリクオにとっては不利な状況へと…
「真昼にも月は昇る 気づかぬだけで月はいつも空にある
お前の中にもいつも月は存在している」

昼の姿に戻ってしまえば戦うことはできなくなってしまう、
そんな焦りが玉章の攻撃を受けることになってしまったのか(汗)
仲間を背負いながら戦うリクオを弱いと嘲る玉章!
リクオに加勢しようともできることはないと見守るしかなかったものの、つららの目には桜が!

ここで本家で身を案じる牛鬼の思いに応えるように
昼も夜も二人で一人だとお互いを受け入れたリクオが再び息を吹き返した!!
「知らなかったのか?真昼の月というやつを 月は朝の空にある」
桜吹雪が起こる中捕らえられたはずのリクオは消え、背後に立つリクオも幻影――
玉章を翻弄したのは鏡花水月――ここで鬼憑が発動しましたね!
「超えるのは父親じゃねえ オメェがこえなきゃならねえのはお前自身だ!!」
魔王の小槌ごと一刀両断された玉章の中から吸収された畏が次々と抜け落ち…
割れた仮面が落ちて百鬼の力を失った玉章だけが残ることとなりました(汗)

最後の一撃を加えようと駆け出したリクオと向かい合ったのは総大将!
ぎりぎりで間に合ったようですが、ホントいいとこどりすぎる~
途中から列車ではなく迎えに来た三羽烏に連れられてきたようですが…
まだまだ総大将が戻ってくると安心感も段違いって感じでしょうか、まわりの反応がw
諦めてなかった玉章が隠神刑部狸に向かって切りかかるとそれを防ぎ刀を顔につきつけるリクオ!
畏についてきた妖怪を裏切った玉章、慕ってきた妖怪を背負う義務はあると
というかリクオが間に合ったからよかったですけど、完全に油断してましたよね(苦笑)
って猩影とのやりとりは丸々カットですか!!
親の仇だっていうのにただ見てただけっていうのは…(汗)

必ず罪を悔い改めさせると頭を下げた隠神刑部狸に免じ手打ちにすることに…
今までしてきたことを考えればこのまま見逃すのは甘すぎる感じもしますが
隠神刑部狸の言葉を信じて後始末は任せたということなんでしょうか
まぁこういう甘さも含めてリクオの魅力といったところですかね(ぁ)
数日後、すっかり元通りの日常に戻った奴良組――
丸二日眠りっぱなしだったリクオもようやく目が覚めたようで!
傷だらけの妖怪を何も言わず迎え入れるとか若菜さんて何気に肝っ玉ですよねw
毛倡妓に本命を突っ込まれて照れるつららがかわいい~♪
夜明け前のリクオのかっこよさについて惚気たりとニヤニヤです!
どんなに年上でも可愛ければ全然問題ないですから!!

乾布摩擦でべしべしやってる総大将が面白いよw
あの後、隠神刑部狸と玉章は無事に四国に到着したとのこと
止めを刺さなかったのは総大将が介入したからもあるんでしょうけど
結果としてそう決めたのはリクオの意志ということでその情けを生涯忘れないと…
玉章にもその意志が伝わるといいですけどね、どうなるのか
子犬とのやりとりがなんだかしんみりした空気になっちゃいましたが
あれを見て少しでも犬神に対して何か思い出してくれる部分があれば救いはあったかなと(汗)

四国勢とのことはいまいち納得いかない一つ目
猩影に引きずられたりリクオの笑顔で気おされたりいいとこなしですw
百鬼屋工の門出と奴良組の繁栄を祝って宴会が開かれる中、牛鬼に話しかけたリクオ
ここぞという勝負のときに思い出したのは捩目山での戦いだった…
それだけ牛鬼の言葉は胸に残っていて支えになってるんだろうなと
以前は受け止めていなかった、昼も夜も同じだということをようやく理解できた
人間と妖怪、それぞれの力があるからリクオは強くなれるということなんでしょうね

皆が宴会を楽しむ中、屋根の上でこっそり見守ってる牛頭と馬頭
本音じゃ混じりたいだろうに馬頭に突っ込まれて殴ったりと素直じゃないですよねw
「奴良組はこれからが大変だ お前たちの力が必ず必要になる」
三羽烏にもこれからのことを頼むと念を押されてニヤリ…な牛頭と馬頭がよかったです
にしてもあの黒羽丸の笑みは反則だろう~思わず反応しちゃったじゃないですか!

こんなときに限って清十字団がお邪魔してたことで妖怪を見られちゃいましたね
これでも気づかない清継君、もう霊感がないとかそういうレベルじゃないかとww
夜リクオと似てる…と思うものの同一人物だと気づかないカナちゃんは相変わらずで(笑)
一人酒を楽しむ夜リクオの横顔がラストを飾りましたね!

次回「少年たちの残照」
ってあれ、なんで今更総集編?
そしてとりあえず…二期決定おめでとうございます!
今期みたいにアニメオリジナルで大量引き伸ばしとかあるんだったらなと思うと複雑ですが(苦笑)
でも花開院家のメンバーや京都勢のキャストは豪華になるんだろうなとそこは楽しみです(ぁ)

http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1020.html

テーマ:ぬらりひょんの孫 - ジャンル:アニメ・コミック
ぬらりひょんの孫    Comment(0)   TrackBack(27)   Top↑

税金