アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2009.07  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009.09≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2009年08月 」 の記事一覧
2009.08.09 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第19話「死なざる者の死」
『ホムンクルス達に仕掛けたロイの作戦が大詰めを迎えた。自らの肉体を探すバリーを追って、ハボックやアルと共に第三研究所の地下へと潜入するロイたち。二手に分かれ進んだ先でハボックとロイは、彼らを始末しにきたラストと遭遇する。初めて明かされるホムンクルスの正体と秘密。戸惑いながらもロイは咄嗟の機転で大爆発を起こし、ラストを木端微塵に吹き飛ばす。だが賢者の石の力は凄まじく、一瞬の隙を突き復活したラストの矛がハボックとロイの体を鋭く貫いた。』


アバンで電話の向こうのリザさんの異変に気づく大佐が!!
うーん、カットされないのはよかったけどできればこれは前回見たかったです(苦笑)
リンから大佐が第五研究所に向かおうとしていることを知ったアルはヒューズさんの殺害犯がわかるかもしれないと向かうことに!
ってあれ、原作だとリンに促されて行くんじゃなかったですっけ?
身体の秘密を教えてもらえると思っていたリンだけど、それは帰ってからだと…
ああ、ホントアルはどこまでも律儀ですね、自分が了承したわけでもないのにw

グラトニーに拘束されたリザさんを助けるために飛び出したハヤテ号!!
その隙を突いて銃を渡して塔の壁際まで追い詰めたリザさんとフュリー曹長だけどこれぐらいじゃグラトニーは死なないんですよね!
焦る二人の前に、慌てて駆けつけてきた大佐が助けてくれました
「私達に万が一のことがあっても 無視していれば敵の追及を逃れられるのに!
こんな所にのこのこと…あなたは本当にバカですか!!」

あはは、リザさんも大佐のことが心配でいってるんだろうに、素直じゃないんだから(笑)
あーはいはいって適当に聞き流してる大佐とこのリザさんのやりとりが好きです♪
でもそのあとにしっかりお礼を言うのがいいですよね、大佐の背中を見つめるリザさんの視線が優しくてニヤニヤしました!!

バリーの後を追うために車を用意した大佐の前へ追いついたアルも一緒に乗り込み同行することに!ってアルが乗っちゃうと車内はぎゅう詰めで大変なことにw
潰されてるハボックがほとんど映ってないのが可哀想すぎる(笑)
以前に第五研究所であったホムンクルスだと話したアルの言葉に驚き思わず横を走ってたバリーを轢き掛けた大佐がw
ホムンクルスはそれぞれ驚異的な再生能力を持っている――
けれど急所に何度撃ち込んでも黒焦げの状態でも生き返ってるわけですしまさにデタラメ人間の万国ビックリショーだと…こんな言葉一つでもヒューズさんを思い出しちゃいます(涙)

バリーの肉体が向かった先は軍の管理する第三研究所でした
上層部を強請るきっかけが出来たからと引き上げようとする大佐を尻目にそのまま中に突入していっちゃったバリー!だけどこれもバリーを引き合いに出して研究所に堂々と乗り込む作戦だったわけですよね(笑)
逮捕は自分達が請け負うから出入り口を封鎖しろってホント口がうまいですw
なんかこのあたりも妙にさくさく進むんでなんだか物足りない~
道中のアルとリザさんのやりとりもカットされちゃってるし
原作読んでるときはもっとハラハラしたと思うんですけど…

途中で大佐、ハボックとリザさん、アルのペアで二手に分かれるとその先の古い実験室で対面したのはラスト――!!なんだか無駄に揺れすぎな胸が気になるんですが(笑)
それ以上にハボックのボイン好きが妙に強調されてたり、なんかちょっと違う気がw
「貴様 マース・ヒューズを知っているか」
「頭の切れるいい男だったわね 止めをさせなかったのが残念だったけど」
その言葉に容赦なくラストの足を撃ち抜いた大佐!!
そのまま胸や頭の急所に何発も撃ち込むけど、何事もなかったかのように傷口は修復し、それどころかラストはご丁寧に胸元の賢者の石まで二人に見せると石を核に作られた人間がホムンクルスだと…
「失礼ね 感情もある、親に対する愛情もある 私達は人間よ」
重大な秘密を暴露したということは生かして返す気はない――
でもそれ以上にこの奥には重要な物があるんですよね(汗)

銃をラストに切り裂かれた大佐は、発火布を使おうとするけど、見破られて先に頭上から大量の水を浴びせられちゃいました!!だけど大量の水があるのなら大量の水素があるということに繋がるわけで、ハボックのライターを火種にしてガスを錬成し巨大な爆発を引き起こしました!
その直後、大佐から火をもらおうとするハボックだけど濡れた大佐を見て無理だと(笑)
そういえば焼死体が近くにあるとっていう表現は原作と変わってましたね

注意深くまわりの様子を探ろうとしていた時、後方からラストの刃がハボックを貫いた―!!
あああ、ハボックが…!!そんな中ラストの胸下から賢者の石を引き抜き、力を底上げして治療に使おうとするものの再び生き返ったラストによって大佐までもラストの手に…!
ラスト@17歳の人だからこのあたりのシーンが余計に怖いんですが!
その頃、第三研究所の門前に辿り付いた大総統が一人で中に入っていくシーンも妙な迫力があった(汗)

発火布を破かれわき腹を貫かれたままハボックを見ていることしかできない大佐の横を通り過ぎながら微笑むラストが鬼畜です…!
自分の肉体を見つけて佇むバリーから出た、別々の肉体と魂を一緒にするのは元々無理、だからこうして肉体が腐敗していくのも無理はないという言葉に自分の身体もいつ拒否反応が出てしまうのかと不安になるアル…元の身体を取り戻すまで保つっていう保障はどこにもないんですよね

そして、アル達の前に現れたラストは人柱候補を一晩に二人も殺さなければならないと口にしました!ラストに襲い掛かったバリーだけど一瞬でバラバラにされちゃいましたね(汗)
「さて、中尉さん 貴方もすぐに上司の後を追わせてあげるわね」
その言葉に、大佐を手にかけたのだと気づき怒りの感情をただぶつけるリザさんが…!
銃弾が切れてどうしようもなくなり涙を見せるリザさんを見てるのが痛ましいです…
「本当に愚かで弱い 哀しい生き物ね」
崩れ落ちたリザさんを守りたって逃げろというアル!
「いやなんだよ…目の前で人が死んでいく…いやなんだ たくさんだ
もう誰も殺させない…守ってみせる!」

ラストの手からリザさんを守ろうと必死なアルがかっこよかった!
ああでも本番はここからですよね…
「よくいったアルフォンス・エルリック」
ラストの目の前には、立ち上がることができないはずの大佐の姿が…
自分の傷口を焼いて塞ぎ、火打石を火種に既に血の錬成陣で攻撃を繰り出す大佐に驚きを隠せないラスト!!
「貴様はこう言ったな 『まだまだ死なない』と ならば死ぬまで殺すだけだ」
そうして何度もラストに炎を向ける大佐がかっこよすぎる!!
ラストの最後の一撃は大佐の目前で灰となって消えました…
「その迷いの無い真っ直ぐな目 好きよ 楽しみね その目が苦悩にゆがむ日は……」
ラストの最期まであっという間でしたが、本当に壮絶なシーンでしたね…
こんなときでもリザさんが無事かどうか心配してる大佐に切なくなったりも…
この言葉の意味が明かされるのももうちょっと先ってことで、また伏線が(汗)
意識が朦朧としながらハボックに医者を早く呼んで欲しいと頼む大佐のすぐ傍で剣をしまい立ち去る大総統…わざわざ生かしたのにも理由があるわけですよね、こっちも怖いです;

ホテルの前でアルの帰りをずっと待っていたウィンリィが可愛いですね!
傷だらけの姿に思わず泣き出しちゃったウィンリィだけど、無事な姿で帰ってきてくれて嬉しかったんだろうなぁ、バカって泣き笑いの表情のウィンリィもよかったです。
そしてかろうじて生き残っていたバリーだけど、魂に興味を持ったバリーの肉体によって血印を消され両方ともこの世に存在できなくなることに…バリーも結構好きなキャラだっただけにこの退場も残念に感じた覚えが(苦笑)

そして、トリシャさんの墓前に立つ人の背中を見たエドはホーエンハイムと…!
ついに父親と向き合うのと同時に、エドはトラウマとも向き合うことになるのかな…
相変わらず展開スピードが速すぎてえって思ったりもしましたが今回は大佐とアルがかっこよかったです!とにかく大佐とラストの怒涛の猛攻が凄かったですし、17歳の人が怖かった(笑)
アクションシーンは安心して見れるってわかってるんでいいんですけど、あとは
もうちょっとでも心情面が丁寧な描写になれば申し分ないのになぁ…
ところでランファンやエンヴィーの出番が一切なかったですけどまさか全カットですか??
楽しみにしてたシーンもあるんですけど(汗)
あ、でも今回のEDの入り方は自然でよかったです!

次回「墓前の父」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(61)   Top↑

2009.08.09 Sun
戦場のヴァルキュリア 第19章「涙」
『隊員たちの心配は伝わらず、独り心を閉ざすウェルキン。そこに更なる出撃命令が下される。攻略の目的地は、ウェルキンたちの故郷であるブルール。バーロットのせめてもの心遣いだった。新たに入隊してきた、ファウゼンで一緒に闘ったザカと共に、第7小隊は戦地に向かう。その頃、ファルディオは書庫にこもり、ヴァルキュリア人に関する文献を読みあさっていた。彼の脳裏に繰り返し現れるのは、アリシアが見せてきた様々な事象。そして、あの夜光を放っていたラグナイトの欠片だった……。』



心を閉ざしたままのウェルキンを心配するもののこういうときはどんな言葉をかけたとしてもウェルキンにとっては傷を抉るようなことでしかないんですよね…まわりが気遣うたびに、ウェルキンにとっては腫れ物に触れられてるような感触になっちゃうんでしょうね…一方でウェルキンとアリシアの間の空気を察して心配するファルディオがいい人すぎる…!なんだか危ないフラグがどんどん立ってるように感じちゃうんですけど(汗)
「健気だな どうしてそこまでしてやれるんだ」
身寄りのないアリシアにとっては第七小隊は家族のようなもの――
それでいて生前イサラに嫌いにならないで欲しいと頼まれたこともあり
ウェルキンがどんなに変わってしまっても最後まで傍にいようって思ってるんだろうなぁ…

一方、ウェルキンを呼び出したエレノアさんの気遣い…
それはウェルキンやアリシア達の故郷、ブルールの奪還作戦でした
同じように大切な者を失った一人としてその気持ちはわかる、といわれてもその言葉でウェルキンが癒されることはないんですね…気が晴れるとは思わないでもせめてこのことでイサラへの手向けになればと作戦を第七小隊に任せてくれたエレノアさんは、時間があるときにでも妹の遺品の整理をと告げました。それでも表情を変えないウェルキンが切ないですね。

エーデルワイス号の操縦士の補充要員としてやってきたのはザカ!
「アンタの言ってたこと 少しはわかったような気がするよ」
イサラが亡くなったことを話したロージーに、現実を受け入れ向き合うのか、背を向け続けるかどうするのかはその人次第だと…レジスタンスであるザカは第七小隊のメンバー以上に仲間の死を間近で見て、それを受け止めたり悲しむ暇もなく戦い続けてきたからこそだなぁと…
あっさりといってるように聞こえるけど重い意味のある言葉ですよね…

イサラの遺品を整理しながら、昔のことを思い出したウェルキン
「僕らが最初に会ったときも イサラはほとんど荷物を持っていなかった」
父親に連れられてきたイサラに初めて訊ねたのは、どうして荷物がそんなに少ないのかということでした。イサラにとってはダルクス人であることを指摘されるんじゃないかと身構えていたけど、ウェルキンは見てわかることを聞いても意味がないから、イサラ自身のことをもっとよく知りたいと。
ダルクス人としてじゃなく一人のイサラとして見てくれたウェルキンに驚いたようで(笑)
「じゃあもうその心配はいらないね これからはずっと一緒だよ」
荷物を少なくしているのは、一つの場所に長く留まることがないから…
イサラはダルクス人というだけで各地を点々としていたんでしょうね
そんな時初めて一人のイサラとして受け入れてもらえて認めれてくれたウェルキンのことを本当に慕っていたイサラの気持ちがわかって切ないです
遺品を整理しているときにウェルキンの表情が変化したのがまた(涙)

その頃、ヴァルキュリア人の文献を調べていたファルディオはアリシアがその血を引くものだと確信していました。ヴァルキュリア人は圧倒的治癒能力を持ち、ラグナイトを媒介として超人的な力を発揮することが可能だと…このことにファルディオも戸惑っているみたいですけど、ヴァルキュリア人だとわかると何かまずい問題でもあるんですかね?(苦笑)

イサラの死に報いるためにそれぞれ思いを馳せるなか始まったブルールの奪還作戦!
作戦といってもまさか真正面から思いっきり突入するとは思わなかったですが(汗)
エーデルワイス号を盾にして次々と突入していくと、敵の防壁を突破し一気に司令部まで攻略してしまいました。うーん、このあたりなんだかあっさりしすぎて拍子抜けしちゃいました…
多分司令官が大した人じゃないし、帝国もさほど重視していた都市じゃないからってことなんだろうけど任務完了までが早かったですよね

ともあれ制圧が完了し感極まって涙する第七小隊のメンバー達!
そんな中、ウェルキンは自宅に戻ってぼんやりとイサラのことを思い出していました
姿が見えないウェルキンとアリシアに、地元だから色々あるんじゃないかと深く追究しないラルゴとロージーがいいですね!
半年間人が住んでいなかった家の中は荒れ放題だったけど、そこかしこにイサラの思い出が残ってるからまた切なくなりますね…
僕も貴方と同じだった 父さんは父さん、僕は僕
決して同じ道には進むまい そう思っていたのに…結局僕も家族を守れなかった」

ウェルキンの父親も戦場で大切な人を亡くしてるんですね…
だからせめて唯一の妹のイサラを守ろうと必死だったけど、自分のせいでイサラを死に追いやってしまったとそう責任を感じているんですよね…勿論イサラの死はウェルキンのせいじゃないけど、ウェルキンはそうでも思わないと自分を保ってられないんだろうなぁ…

「ねぇ覚えてる?あの時私が言ったこと 必ずここに戻ってくるって」
イサラと初めて出会い、ウェルキンと戦ったことで義勇軍に志願したというアリシア。
二人と戦えることが嬉しいと最初は思っていたけど今は…と続きを告げようとするアリシアに初めて心の内を吐露したウェルキン。イサラのことを思い出してばかりで後悔ばかりが頭を過ぎるって切なすぎる…
「だったら教えてくれ こんなに心が痛むのに…
イサラがいなくなってから ずっと苦しんできたのに…涙が出ないんだ」

どうしていいかわからないと苦悶の表情を浮かべるウェルキンが(涙)
イサラの死があまりにもショックで、ウェルキンは泣く事もできなかったんですよね…
そんなウェルキンをそっと抱き寄せて、我慢しなくていいと慰めたアリシア
一人その場に崩れて号泣するウェルキン@千葉さんにもらい泣きしそうに(。´Д⊂)
故郷に戻ってイサラの記憶に触れて、ようやく自分の中の悲しみと向き合うことができたのかな…ウェルキンが本当にイサラの死を受け入れられたんだなと感じました
そしてウェルキンが戻ってくるまで家の外でじっと待っていてくれたアリシア
コナユキソウを見つめるウェルキンの表情が以前と同じように戻っていて安心しました
っていつのまにか自然に二人は手を繋いじゃってますし(笑)
ウェルキンが立ち直るためにはやっぱりアリシアが鍵だったんですね!
…告白の返事も保留のままなし崩しに頼りにされてるファルディオが可哀想です(苦笑)

次回「愛しき人」

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック
戦場のヴァルキュリア    Comment(0)   TrackBack(30)   Top↑

2009.08.09 Sun
CANAAN 6話「LOVE&PIECE」
どうやらカナンやハッコーは同じ村出身ということが明らかになりましたね
カシミール地方に存在する小さな村がUAウイルスの実験場とされ、忽然と姿を消したはずの住民が体組織に異変を起こし再び戻ってきた…体に痣が浮かび上がったその者達はボナーと呼ばれる存在だと証拠はないものの、そこまで突き止めた御法川。この件を調査するってことは蛇と真っ向から対峙することになるわけでますます危険な目に…と思ってたら早速対テロ国際会議の記者として御法川が招待されることに!
しかも世界に認められた凄腕記者なんじゃないかって喜んじゃってるし思いっきりアルファルド達の策略に嵌っちゃってますよ(汗)
「いいか大沢 オレはいつだって自分の記者としての誇りを選ぶ」
御法川は取材の続行をするためマリアに記者会見を頼んじゃいました

リャン・チーはカナンに出会ってからのアルファルドが変わってしまったことに苛立ちまたカミングズにヤツアタリですか、カミングズ@大川さんの歌に笑っちゃいました(コラ)
国際会議に蛇が絡んでいるとカナンに情報を流した夏目!
この人もカナンを利用してる節があるから信用していいかどうかちょっと怪しいけど、
マリアと再会してから感情を表現しだしたカナンに興味を持ってるって感じですかね?
「マリアを失わないためにってそう思ってた でも…何か違う」
もしかしたらこれがシャムのいってた個人の欲望へと繋がるのかな?
カナンが何を感じ始めたのか気になるところです

ハッコーに再び取材を試みた御法川は単刀直入に聞き始めました
「知りたいのなら――」
ハッコーが口を開いたことにも驚きですけどその直後御法川の体に起こった異変はハッコーの能力なんですかね?記憶を相手に移す能力なのかなあ?ハッコーが蛇に管理されていないってことと繋がってるのかもしれないですね…

一方、会議が始まり始めてみる著名人に興奮して写真を撮るマリアが(苦笑)
大統領の演説が始まる中、ついにアルファルド達の作戦が始動――
そんな中、マリアに近寄ったアルファルドは久しぶりだなと声をかけました
二人は渋谷でのウイルステロのときに対面してるんでしょうか…でもマリアはその時の記憶がないから声をかけられても誰だかわからないんですよね
マリアが目をつけられたのは現場を目撃した張本人でカナンとの繋がりがあるってことも勿論だけど、一度UAウイルスに感染して抗ウイルス剤を投与されたマリアがどうなったのかっていう興味もあるんじゃないかなあとか考えちゃいます(汗)

会議場で爆発が起こり、人々が出口に殺到する中、もみくちゃにされそうになったマリアを助けたアルファルド
「ここで倒れられては困る お前には役目があるのだから」
主犯を捕らえようとする警備員も、紛れ込んでいた蛇のメンバーによって銃殺…
そんな中鼻歌を口ずさみながら一人回廊を進むアルファルドが異質な感じですね
「証明して見せよう 個人の欲望を持って尚、私は私であり続ける」
シャムはアルファルドにどうあって欲しかったのかなぁ…
個人の欲望を持てばアルファルドにかけている何かが手に入るって思ったんですかね

マリアを中央コントロール室まで呼び出し拘束したあと夏目から提供された地下道の搬入ルートを走るカナンへと連絡が!!
二人の繋がりをわかってるからまた人質にとられちゃいましたよ(汗)
マリアは自分のために助けに来なくていいって叫ぶけど、カナンがそれを聞いて承諾するはずないですよね…カナンに必死に謝るマリアの様子をぼんやりと傍観するアルファルドが思い出したのは、シャムとの過去――
「カナン」というのは希望の地っていう意味もあるんですね
両親が残した資産や人脈があるアルファルドと違って、カナンはこの世界に独り…
シャムは組織によって雇われたアルファルドの家庭教師みたいな人だったのかな
だけど生き残ったカナンを引きとって目にかけていたシャムのことがもしかしたら気に喰わなかったのかもしれないですね…

マリアの行動に苛立ったリャン・チーはマリアを殺そうとするけど、アルファルドに制止されました
「憎しみに呑まれるものは兵士として二流だ
飼いならせない憎しみなら早々に捨てるといい」

リャンの行動は全てアルファルドを思ってのことだけど自分が思う以上にカナンへ執着してるアルファルドが赦せないんでしょうね…だけどその憎しみをアルファルドへ向けることはできないから標的はカナンへと(汗)
けれどそのうち愛情が憎悪へと変わったりしそうで怖いです!
今回マリアとカナンの二人の絆も見せられちゃったわけですしね
そしてついにシェルタールームの中で事務次官が感染させられたUAウイルスが発症…
各国の首脳を人質にとった蛇の目的は一体何なんですかね?
任務を外れてもカナンに協力する夏目の動きも気になりますし…
派手な動きはないけど相変わらず面白かったです!

次回「慕漂」

http://plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200908130002/

テーマ:CANAAN - ジャンル:アニメ・コミック
CANAAN    Comment(0)   TrackBack(41)   Top↑

2009.08.07 Fri
Pandora Hearts -パンドラハーツ- 19話「涙の池」
『バスカヴィルの民から逃れるため、校内の地下通路を逃走するオズ達。
そんな中、オズはエリオットに煽られ自分の心情を吐露しはじめる。
そこに再びバスカヴィルの民が迫ってきた。
エイダを守るため応戦するオズとエリオットだが、バスカヴィルのチェインに一蹴されてしまう。
絶対絶命のピンチに、オズはジャックの言葉を思い出し――。』


自己犠牲は所詮自己満足の域でしかないと真っ向から突きつけられた言葉にオズは事情も知らないくせに何がわかるんだと叫びました。父親に存在を否定されたことがきっかけでせめてまわりに迷惑をかけないように受け入れてしまえばいいという自虐的な考えになってしまったオズが切ない…
「そういうもんなんだって思ってしまえば、この先皆が離れていってしまっても大丈夫」
自分が死んで傷つく人がいないなんてただの自惚れだとわかっているけど、他人と同じように守ってもらう資格なんてないって自分を責める気持ちもあって、オズの中ではまだ自分がどうしたいかってわかってないんでしょうね
「そうか、ひとまず話は纏まったな これで 心置きなく先に進める」
オズの言いたい事をひたすら聞いて、何事も無かったように先に進むエリオットがいいですね!
わざわざ真っ向からつきつけたのは、オズに気持ちを吐露させて心を軽くさせるためだったんですかね?
勢いに任せて思わずよくしらないエリオットに向かって色々とと話しちゃったオズだけどこれで抱え込んでいたものが少しは楽になったのかな?

リーオの銃で負傷したロッティだけど、
全然平気そうなどころか殺さなきゃいいだけの話だと相変わらずドS発言全開w
地下通路を抜けて逃げようとしたオズ達の前に現れたのは獅子の姿をしたチェイン・リオン!!
「さぁ坊や ジャックはお話ししてくれる気になったかしら?」
壁際に追いやられたオズは、エリオット達を逃がそうと一瞬考えたものの言って素直にきくわけないですしね…
腹を括ってその場にあった剣を手にするオズ!
お前より強いかもしれないと茶化しながら話すオズとエリオットがいいなぁ(笑)
今までは逃げるだけで立ち向かうことはしてこなかった…
そういえば今までのオズってピンチになってもうまく交わしてたり、自分から攻撃を仕掛けるのってなかったですもんね
エリオットの言葉がそれだけ効いたってことですか(笑)
応戦に転じたものの、リオンの一撃にあえなく吹き飛ばされちゃいました!
そりゃあチェインに生身だけで戦うっていうのは無理なものですよね…
というかチェインにもうちょっと迫力があるといいんですけどw
「たっぷりじらして痛めつけて ジャックを引き摺りだすのよ」
ってまた凄い発言ですねw
自分に資格があるのなら、ビーラビットの使い方を教えろとジャックに問いかけるオズ
「俺のせいで誰かを傷つけずにすむのなら
その人達の想いを背負って、オレは自分自身を…守らなければいけないんだ!!」

エイダやエリオットを助けるために自分が生きなきゃならないと…オズの考えはここで初めて変わったみたいですね
そんな答えに同調したからなのかジャックが現れオズの窮地を救ってくれました
オズには使命を背負う資格がある…って詳しいことを語ってくれないからいまいち説得力がないんですよね(苦笑)
ジャックはアリスの封印を解放し、ビーラビットをその場に出現させリオンを一蹴!!

「やっと出てきたわね サブリエの悲劇の英雄 ジャック=ベザリウス」
話は一度百年前の戻ってジャックやグレン、ロッティの過去に――
おお、グレン@谷山さんとはまた豪華なキャスティングですね!
それにしてもジャック、初対面から胡散臭さ全開です
怪しいけど大したものじゃないってロッティに言ってるしw
ロッティって愛称だったんですね、しかもジャックが勝手につけたものだったとは(笑)
「ただのしがないオルゴール職人です」
その頃のベザリウス家は今ほど有名でもなくしかも三男だったジャックは親からの期待も薄かったせいか自由奔放にバスカヴィル家に出入りしてたんですね
ロッティに髪の毛を引っ張られて足蹴にされてるジャックがww
使用人にもとことん無視されてたりと待遇悪かったんですね(笑)
だけどそんなジャックに心を許し、城の抜け道を教えたりと仲が良かったのはジャックだけだったのかな…二人の関係を聞き出そうとするロッティがちょっと可愛いとか思ってしまった♪
存在自体を闇に隠され続けその役割も他の貴族とは一線を隔する者達を束ねるグレンは、お互いを刺激しあえる友という存在だと言ったジャック

オルゴールの曲を作曲したのがグレンで、時計とオルゴールを作ったのがジャックで
その懐中時計は今オズが持っているものだったんですね…
曲について話すグレンが初めてみせた笑顔に、
ジャックの存在がそうさせたんだって思ったロッティはあの瞬間ちょっと嫉妬したんだろうなw
だけどそれ以上に二人の関係と穏やかな時間が長続きすればいいと願わずにいられなかったと…
けれどその時間も長続きせず、城中のものを根絶やしにしサブリエの悲劇を起こした…
一体何があってまるで人が変わったように命令したんでしょうかね?
敬愛していた主の命令だから、理由もわからずただ従ったというロッティだけど、少しも疑問に思わなかったわけじゃないようだし…主の異変を感じていても、それを止められたのは結局ジャックだけだったんだなぁ…

オズの身体を借りて表に出てきたのは、バスカヴィルを退けるためだと告げるジャック
「私が出世のためにグレンを殺したと、そういいたいのか?」
多くを語らないのは大切な友の名誉を護るため――
「君達はまた、同じ事を繰り返すというのなら この身は再び死神を滅する剣と化すだろう」
ビーラビットを盾にロッティたちを退けたジャックがオズに初めて見せた脆い一面…
オズの頭の中には、ジャックがグレンと向き合った最後の光景が流れ込んできました
友を殺したくないと叫びながら剣を振り上げなければならなかったジャック
どうして二人の関係はこんなにもこじれちゃったんですかね…

もし自分が同じような境遇にあったら、友に剣を向けずにすむように逃げる――
つまりは殺されそうになったとしてもその状況を受け入れてしまうだろうと…
ギルに銃口を向けられたときも撃たれる覚悟はあった、けれどギルなら止めてくれると思ったのも結局は相手に任せて運良く助かっただけで自分が選択したわけじゃない…
今までの自分の行動を振り返っているときに自分を弱いというジャックの姿を見せられたら
それ以上に何の覚悟もなくて自分のことがわからないオズにとっては辛いですよね…
「これは、自分から目を逸らし続けてきた報いだ
拒絶されることを懼れて、まわりの反応にばかり敏感になった臆病者
指摘されなければ気づけない 壊れた意味すら解らない
そんなの、誰よりも、何よりも、オレは…自分のことがわからない」

自己嫌悪に陥ったオズはその場に座り込んじゃいました!
しかも凹みすぎてエリオット達に対して敬語になってるし(苦笑)
受け入れるだけで逃げてばかりいた自分が情けないと落ち込むオズがなんとも…

そんなオズにバカかと頭から怒鳴るエリオットが(笑)
事情はわからないとはいえ、今気づけたのだから前へ進めた証拠だと…
「そこから先は好きにしろ そのまま進もうが戻ろうが 違う道を行こうが全てはお前次第だ」
落ち込んでるオズを励ましてくれたようで、やっぱりいい人ですよね!!
自分の弱さを見つめなおすってことは、それだけで一歩進んでいることと同じなんですよね
これでオズも簡単に命を投げ出すようなことはなくなるのかな?
「ぐちゃぐちゃになった想いを抱えながらも、それでも…この光に恥じないように!」
エリオットとのやりとりをきっかけにオズの中でも考え方が変わって少しは前向きになれたみたいですね!来週はまた前半後半の温度差が激しい回になったりするのかな~(笑)

次回「うつりゆく音」

テーマ:Pandora Hearts(パンドラハーツ) - ジャンル:アニメ・コミック
Pandora Hearts    Comment(2)   TrackBack(22)   Top↑

2009.08.07 Fri
東京マグニチュード8.0 5話「慟哭の、学び舎」
『未来の通っていた中学校に立ち寄ると、そこは帰宅困難者であふれかえっていた。冷たくなった遺体も多数運び込まれ、見慣れた学校の変貌ぶりに心を痛める。未来はそこで、ボランティアとして活動している老夫婦に優しくされ、真理を含めた大人達の見方を改め、自分にもできることを模索するのだった。』


東京タワーが崩壊からギリギリで免れた人達をよそにその光景を見に行こうと駆け寄る人達もいるわけで…このあたりは何ともいえない感じですね(汗)
学校の教室の窓から見えた東京タワーがなくなってしまって複雑な気持ちの未来に、
今向かっている避難所がその学校だと告げた真理。
改築したばかりが功を奏して被害が少なかったため、付近の避難所になっているようですね
有名なお嬢様学校だと言われて照れた未来がちょっと意外な感じでした(笑)
でも、このことをきっかけに母親のことも思い出したようで、入学式のときの話を始めました!
会場で転んで怪我をしたあと不機嫌だったのは、娘の入学式で格好悪いところを見せちゃったからと自分自身に腹が立ってしまったんじゃないかと推測した真理
晴れの舞台で情けない姿を見せちゃって恥ずかしいって気持ちもあったんだろうなぁ…
そんな母親と未来が似てそうだといわれて否定するけど、その横で母親の物真似する悠貴がw

ようやく学校の敷地内へ入ったものの、そこは避難した人達で溢れかえっていました
いつもとは違う光景に、自分の知らない場所みたいだと表現する未来
普段は学校の関係者しか出入りしないわけですし無理もないですよね(苦笑)
こんなときだけど未来の学校に来ることができて嬉しいと喜ぶ悠貴!
そんな悠貴に見せたいものがあると入った場所は講堂ですかね?
本当なら自慢のステンドグラスが見れるはずだったけど、そこは亡くなった人達が一時的に置かれていて、その中にはクラスメイトのメグの母親の遺体も…ああ、そんなに親しくなかったとはいえクラスメイトの両親が亡くなっちゃったときっていうのはどう声をかけていいかわからないですよね
なんだか同級生のお母さんが亡くなったときのこと思い出しちゃいましたよ(涙)

「何ができるんだろうね、私達に」
ぼんやりとそんなことを考えながらワンセグで情報を見ていた真理たちに声をかけてくれた古市さん@青野武さん!というボランティアの人に誘われて、少しだけ涼しい場所に移動することに。
三日月の別名を言いながら突然笑い出した真理にちょっとビックリした(笑)
何気ない話をして気を紛らわそうとしてもこう余震が続くと…いくら大丈夫だって言われても不安になります。だけどこんな時だからこそ約束を守って離れないようにと未来と悠貴に確認する真理がいいなぁ!

そんな中であった一人のおばあさんは、古市さんの奥さんで地方から遊びにきていた矢先、震災に巻き込まれ孫を亡くしたショックで未来と悠貴を自分達の孫と思い込んでしまっているようでした…
大切な人を亡くして哀しいだろうに、ボランティアで人助けをするなんて強いなぁ…
でもきっと、何もしなかったら余計思い出して辛いって部分もあるからこうやって動くことで気を紛らわせてたりするのかもしれないですね…誰かのために何かしようとする気持ちが生まれることに凄いって思っちゃいますね…自分だったらまず無理です(汗)

ボランティアの人に勧められて夕食のカレーうどんを食べた未来達
…ところでカレーうどんにの材料に牛乳って入れなくないですか??カレーならまだしも(苦笑)
悠貴は疲れて眠っちゃったみたいですね、未来と真理が背中合わせで座ってる様子がいいなぁ
何かできないかと思案する未来の前に、喉が渇いてないかと気遣って水を持ってきてくれた古市さんの前で思わず泣き出しちゃった未来
「…死ぬべきは私でした 生きて欲しい お若い方々に」
自分達が遊びにきてほしいと呼ばなければってずっと思ってるんですね…
孫達を守れなかったのは自分のせいだって思って生きているんだろうなぁ
古市さんの言葉が切なくて重みがありました…
「あるんですね こんな時でも出来ること」
メグのために何もできなかったと嘆いていた未来だけど、
古市さんとであったことで自分にもできることがあるってわかったのかな
物語が大きく進展するわけでもなかったけど、未来にとって重要な話だったかなぁと!
あんまり大きな動きはなかったけど、古市さん達の姿を見て考え方や行動に変化が現れたらいいですよね

テーマ:東京マグニチュード8.0 - ジャンル:アニメ・コミック
東京マグニチュード8.0    Comment(2)   TrackBack(21)   Top↑

2009.08.06 Thu
DTB二期の追加キャスト発表!
10月からの放送が待ちきれないですがとりあえずヘイの名前があってよかった…(汗)
全く新キャラだらけの話になるのかと思ってましたけど一応前作と繋がってるようですし
来期一番の期待作になることは間違いなさそうな予感が♪

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック
雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.08.06 Thu
NARUTO疾風伝 121話「動き出すものたち」
今週もオリジナル部分はありましたけど原作どおりに進んでくれてるので特に問題はなかったです!
というか久々のイタチ兄さんの出番に一人画面の前で転がってました!!(マテ)
四尾を生け捕りにした鬼鮫とイタチ兄さんはリーダに連絡をとることに!
ああ、雨に濡れたイタチ兄さんが素敵すぎる♪ヽ(´∀`*)ノ
というかうちは兄弟は雨が似合いますよね!!
ノルマ(ナルト)を殺しちゃおうかって言われてそうはしゃぐなって鬼鮫を窘めるイタチ兄さんが好きだ!
そういえば原作だと皺を書き忘れたイタチ兄さんが二コマくらいいましたけどさすがにそれはないか(ちょっと期待した自分がいるんですが/笑)

九尾は最後に封印しないとバランスが崩れ封印像が崩れる、けど鬼鮫は面倒だからさっさと狩って拘束しておけばいい話だと…今思えばこのあたりのやりとりも後々の伏線だったわけですよね
暁の行動も派手になってきたためこれ以上目立つと行動しづらくなる、ということで今は八尾までを密かに回収して待つ時なだと告げるイタチ兄さん!
目を閉じてても美人なイタチ兄さんに目が釘付けです(*´Д`*)

ペインから大蛇丸が死んだことを訊く面々だけどホント暁のメンバーってギャグ要素てんこ盛りですよね!リーダーからの連絡がきたときのあのサボりがばれましたかねっていう鬼鮫の台詞とか、デイダラとトビのやりとりとか!堪忍袋爆発するぜなデイダラが可愛すぎる(笑)
あとは注意されてノリよく返事するトビとか…!!
やっぱりNARUTOって敵チームが面白いんですよね(コラ)
ええと話が逸れましたが大蛇丸を殺したのがサスケってところでイタチ兄さんは表情に出さずに絶対反応してたと思います♪
サスケがメンバーを集めてチームを結成し、イタチ兄さん達を狙っていると…
鬼鮫から水月が可愛かったなんて言葉を聴くと二人の関係も気になっちゃいます!
勝手に二人のほのぼのストーリーが頭の中に浮かびます(笑)
で、鬼鮫がそれだけいう水月が気になったデイダラは結局"蛇"を追うことになるんですよね

その頃、木の葉でも暁を拘束するための準備が進められていました
「実際は難しいでしょうね」
ノックもせずに火影室に登場したカカシ、イタチとあたるまで根気よく探すしかないというけど、前に暁とやりあってるからその難しさは重々承知してるわけですよね…
ああ、回想でサソリとか飛段とか角都とか懐かしい面々が!!
…どうして美少年サソリを出してくれなかったんですか!?(コラ)

サスケ率いる蛇は武器屋へ!その道中の水月と香凛の言い合いがやっぱり面白いw
日光にあてられて今にも倒れそうにぐったりしてる水月が何か可愛い(笑)
「辛気臭いところで悪かったな」
ちょ、ニャンコ先生@井上さんキタ!!(違)
まさかこんなところでニャンコ先生ボイスが聞けるとは!!
たちばなさん、ご覧になりましたか~??(名前出しちゃってすみません;)
ええと正しくはデンカ@井上さん、ヒナ@竹内さんですね!

猫にまたたびボトル献上するサスケとか、猫好きな水月とかここにも色々萌える要素がw
猫好き設定っていいですよね、というかもうニャンコ先生にしか見えない!
デンカに井上さんが声をあてられてるってだけでテンションあがります~!
たしかこの二匹って竹内さん家のニャンコと同じ名前なんですよね^^
スタッフさんの思惑にはまったなこれは…
とりあえず猫バアの猫耳は孫娘につけてあげた方がいいかと(笑)
ああ、でも猫バアってうちは兄弟の幼い頃を知ってる数少ない人でもあるんですよね
敵じゃない存在でっていうと少ないんですよね、そう思うとちょっと切ない…

出発前に一楽で語り合う自来也さんとナルトがいいですね!
イタチを倒せばサスケの目的は消える…だからその目的がなくなればサスケは里に戻ってくるってナルトは思ってる木の葉の他のメンバーは自発的には戻ってこないって認識なんだろうなぁ…

その頃、デイダラとトビは蛇を追うことになったようで!
殺すはずだった大蛇丸をサスケに先に手を出されたからって…思いっきり嫉妬ですよねw
なんだかすっかり熱血キャラですが、これでフラグが立っちゃったと(汗)
そしてようやく木の葉もカカシ班に同行する他のメンバーが決定!
オリジナルじゃない話でヒナタやキバ、シノがいるのは久しぶりだ♪
「熱くなりすぎてる奴にはちょうどいい雨じゃないっスか」
鳥海さんボイスのせいでキバがより格好よくなってました(笑)
そして蛇小隊も本格的に動き出して面白くなるといいんですが!

次回「探索」

Cパートはアフレコが終わったあとのヒナタ@水樹さんいじりですか?!(笑)
スタジオからイタチ兄さんやらトビやら暁メンバーが出てきてもスルーとか
そっちの方向にまずツッコミしたいんですが、まあアフレコだから仕方ないかw
「ナルト君!」で喜怒哀楽を表現する水樹さん、ちゃんと微妙に違うから凄い!!
それにしても使いまわしって酷すぎやしないですか(苦笑)


http://plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200908060002/

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(6)   Top↑

2009.08.06 Thu
銀魂 169話「導かれしバカたち」
メインシステムの前に到着した銀さん達はそこに広がる獏の雛形の大元の大魔王を退治することに!!
「世界に平和を取り戻すには、たま様を救うには奴を倒すしかない」
大魔王を倒せば他の獏達も消滅するはずだけど、敵の本拠地ということもあってかなり強そうな相手ばかりでどう戦うか作戦を立てようとするけど、銀さんは所詮ドラクエごっこしかできない奴らに作戦なんて不要だと一人で勝手な行動に(笑)そんなアバウトなやり方を当然白血球王が許すわけもなく思いっきりアッパーかけてとめられてるしw
「ただの遊び人じゃねえ 天空の遊び人だからね」
あはは、そんなの豪語されても困りますよ!!
今更だけどたまクエ篇(?)は銀さん@杉田さんが大忙しですね(笑)
薬草持ちすぎて宝箱も開けられず~っていってたこともあとの伏線になってたんだなとw
クリフととかザラキとかもうツッコミするのも疲れる( *´艸`)
銀さんと白血球王の会話に呆れ顔な神楽ちゃんと新八がw

結局作戦らしいものは立てられないままだったので神楽ちゃんが特攻して注意をひきつけることに!
「私が奴らをひきつけるネ」
ちょ、神楽ちゃんてばなんて男前!!かっこよすぎです(笑)
「モタモタすんな、チャンスは今しかねぇ!!」
って銀さんが飛び込んだ上から白血球王が思いっきり踏み潰したしw
先週は何たるイケメンキャラと思ってたけど、こういう負けず嫌いなとことか我儘なとことか銀さんにソックリですね!なんだ、しっかり銀さんのイメージが反映されてるじゃないですか♪
銀×銀で喧嘩勃発するのも二人が似たもの同士だからってことですよね(マテ
あまりに二人が大騒ぎしたため、あっけなく獏達に見つかっちゃいました!

ちょ、激昂した白血球王と銀さんの技がなんで洗剤名ばっかりなんですか(大笑)
全部家に使ったことあるものばっかで噴いたw
しかも最終的に二人の洗剤技が合体して"混ぜるな危険"状態に!!
現実世界ではたまの体内から黒煙が出ちゃってるし(笑)
最強の二人っていうか最凶の二人ですね!
とにかく獏の大群にダメージを与えて城内に潜入することはできたけど、
そのせいでたまの体内もダメージを受けてウインドウも真っ赤になっちゃってますよw
白血球王はラスボスに頼ってばっかで全然ダメだし、そりゃ聞いてる神楽ちゃんもため息出ますよね~

この状況を見かねた白血球王は銀さん達にこのまま帰るように告げました
「銀ちゃんとお前、いや、私達は分身みたいなものアル
たまを内側と外側で守ってきた同じ仲間ネ なのになんで協力しないアルか?」

カラクリのためにここまでできる銀さん達だからこそ、こんな場所にいてはいけないと
もっと他に護る大切な者達のために力を使って欲しいと願う白血球王がシリアスで
なんだかしんみりしちゃったじゃないですか…
たまさんを護るために作られた存在だからこそ死ぬときは一緒ってことですかね;・・・
「俺の生きる目的は たま様を守ることだけだ
たま様以外どうなろうと知ったことじゃない たま様以外のものに何も興味はありはしない」

ちょ、ここまでかっこよかったのにミミックに思いっきり引っかかってるし!!
凄い勢いで負け惜しみいいながら新八の手を掴んで助けを求めてるし(笑)

「同じでしょう?
自分のことを語るのが下手な所も、捻くれているところも皆、貴方がベースなのです」

このときのたまさんを見る銀さんの表情が優しいったら!その表情にキュンとしました♪
データを積み重ねるうちにいつの間にか自分よりも人間らしい存在になっていたと…
「だから、放っておけなかったのです 彼が一人死に逝くところを」
銀さん達を現実世界に帰して一人で魔王の下へ向かおうとするのも銀さんとソックリだからその理由もわかるだろうと告げるたまさんの身体が段々と消えかけていました…
仲間を救うためならどんな不利な状況でも一人で立ち向かおうとする銀さんならその気持ちわかりますよね!
分身を作った予備領域にも獏のウイルスが侵入して消滅していくとかなんだか切ない;
最後の言葉として、白血球王だけでも解放させてあげて欲しいと言い残して消えてしまいました…
「たまよ 悪いがその頼み聞けねぇや
もし野郎がよくできたオレの分身なら奴はそんなこと望んじゃいねえだろうぜ
だが 死なせやしねえよ、誰も テメェのダチもオレのダチもだ」

これだからこそ銀さんのこと大好きだ!!
表面上は嫌っていても困っている人がいたら放っておけないんだもんなぁ
こういうお人よしなところもあるからますますかっこよさに磨きがかかると(笑)

ついに魔王の間に辿り付いた銀さんと白血球王!背中合わせの図に萌えます(´∀`*)
「この白血球王がいる限り 全てのシステムが止まろうとこの世界は終わらない
たま様はオレが守る!!」

最後の獏達を蹴散らした二人の前に現れた魔王の姿はなんとたまさんそのものでした
既に身体全体がウイルスに侵されたせいで獏=たまさんとなっちゃったんですね…
たまに姿を変えて動揺を誘っているのかと斬りかかる白血球王もたまさんによって作られた存在だから、システム上抗うこともできずにその場に膝をついてしまいました!
「全てはもう終わったといったはずだ 我を倒すことはこの世界を滅ぼすことと同じ
主らの護るものなどもう何もありはしないのだ ――主らにたまが殺せるか?」

たまさんを攻撃すれば本体を破壊するのと同じ…
だから手も足もでないと踏んでいた魔王だけど、そんなのおかまいなしに銀さんの飛び蹴りが炸裂!!(笑)
あはは、やっぱりこういう容赦ないとこが銀さんらしいですよねw

次回「そして伝説へ」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(25)   Top↑

2009.08.04 Tue
BLEACH 231話「白哉、桜と共に消ゆ」
久々のアランカル大百科キタ!!
…最後の数分間が個人的な本編!!(笑/コラ)
EDで遊佐さんの名前見つけてテンションがあがりっぱなしでしたw

妙な霊圧を感じて街を移動する一護の前に瀕死のルキアが現れ、その後を追ってきた袖白雪の姿が――否応なしに次々と一護を攻撃する袖白雪!!
実体化した斬魄刀が使う技って、本人が使うよりもパワーアップするんですかね?
「ですから、私の技です」
ルキアを連れ戻しにきたといいながらあっさり退いてったのって何か理由があったり?

傷ついたルキアを連れてひとまず浦原商店へ向かった一護。
前回留守だったけど今回はちゃんと店番しててくれたようで(笑)
ああ、なんだか凄く久しぶりに見る顔ぶれが…りりん達とかいつぶりだろうw
杉田さんと中村さんが同じ枠で喋ってると思うとニヤニヤします(マテ)
目の前で見たことから、斬魄刀が実体化したことを知った面々だけど、詳しいことはわからずじまいだからってことで夜一さんに調査してもらってるとのこと!

目を覚ましたルキアに、尺魂界で起こった一部始終を訊くことに――
既に斬魄刀の支配を解いたと告げる村正に、山爺の居場所を追及する京楽さん!
「僕達、山爺に呼び出されたはずなんだけどねぇ ――教えてくれないかな」
おお、なんだかこの京楽さん黒い!!
原作シーンの黒い京楽さんは悉くカットされてたのに~(苦笑)
山爺の斬魄刀が村正達の同志になることを拒んだため、花天狂骨と双魚理、肉雫唼の霊圧を持って力を封じたのだと…あわわ、ってことは山爺も…ってことですか!?
いやいや、あんな黒い山爺がそう簡単にやられるはずないw
「実に興味深いネ」って相変わらず興味津々なマユリ様が(笑)
「信じるも信じないも、それが事実だ」
まぁどっちにしろ山爺の出番は暫くないってことでOKですか?
ラスト間際になって何事もなかったようにひょっこり戻ってきそうな気が(ぁ

村正に斬りかかった一角さんの前に立ちふさがったのは氷輪丸!!
氷輪丸がいちいちかっこよくて困るw
このまま話を聞いているわけにもいかず、結局死神VS斬魄刀の乱戦に!
それぞれ応戦するメンバーだけど分が悪いということで一旦引こうとした矢先、
マユリ様の疋殺地蔵が襲ってきた―!!(汗)
毒を吐くつもりだネってこんなときでもいつものペースなマユリ様が面白すぎる!
飛梅の技も厄介だけど一番危険なのはやっぱり風死なんじゃ?
恋次とルキアが対峙することになったのは風死と厳霊丸だけど、厳霊丸の能力ってまだ謎ですよねw
ルキアに切りかかろうとする風死を縛道で止めたのは兄様!!
やっぱりルキアがピンチなときは颯爽と助けてくれますね~カッコイイ!
でも斬魄刀が使えないってわかってるんだから鬼道で戦うってことを最初からしてれば少しぐらいは役に立ったんじゃ…ってツッコミしちゃダメですかねw

「俺の名は千本桜」
千本桜@平川さんもカッコイイ!イケメンボイスなので仮面の下は二枚目決定ですね(マテ)
「――行け 二度は言わぬ」
ルキアの身を案じて先を急げっていう兄様にニヤニヤしますw
「オレの千の刃に その一本の刀で挑むことがどれだけ無謀なことか
貴様が一番わかっているはず 温いなァ!!」

千本桜の攻撃に飲み込まれた兄様が―!!!
姿が見えなくなっちゃいましたけどきっと大丈夫ですよね!
兄様に駆け寄ろうとしたルキアだけど、袖白雪の攻撃を受けて恋次ともはぐれ
現世に何とか逃げ延びてきたってことだったんですね…

斬魄刀が死神の意志を離れて襲い掛かるなんてこと喜助さんも聞いたことないと…
「そもそも斬魄刀は死神の内なる世界にいるものです」
斬魄刀には意思を司る本体がいて、死神が対話することでその能力を引き出す――
ってこのあたりは忘れてる人のための説明ですね(笑)
できれば紅姫の本体も見せて欲しいんですが!
尺魂界の様子を心配するメンバーの前に、早々と戻ってきた夜一さんが!!

戦闘の区切りはついていたものの建物は崩壊し大量の怪我人がいる四番隊の救護詰所に行った夜一さんは、その場にいた京楽さんや浮竹さんと話をして事実を知ることになった…
うーん、でも見た感じ思ったよりも被害は少なめって気が(汗)
あれだけの力を持ってたら一瞬で瀞霊廷を壊滅状態にもできるはずですよね
とりあえず護廷十三隊を混乱させることは成功したからいいってことですかね?
って、マユリ様は早速この現象の研究に乗り出してるんですか(笑)
でもこういうことは技術開発局で調べれば何かわかるかもしれないしw
暫くは四番隊を情報の基点として警護を強化するということに…

この事件がおきる少し前から斬魄刀の不調を訴える死神がいたっていうのはありましたけど、喜助さんの紅姫は異常は無かったんですね、斬月は異変を察知してたけど一護はその声が聞こえなかったですし…(苦笑)
現世の斬魄刀には影響がないのか、他の理由があるのかわからないという喜助さん!
とはいえ実体化してるのが隊長・副隊長格の斬魄刀だけってのも気になりますねw
夜一さんが調べたところ、他の隊の席官達の無事は確認できたものの兄様だけはいまだ行方不明――そんなこと聞いたら不安になっちゃいますよね、でも兄様だから大丈夫だと思います!
その夜、突然現れたりりん達にルキアが一人で抜け出したことを知った一護
ああ、兄様が心配で一人で尺魂界へ戻っちゃったんですね…
ルキアを追いかけようとする一護に、一人よりも二人で行った方が仕事は早いかもしれないと口添えしてくれる夜一さんがいいなぁ!
今回はちょっとスローダウンした感じですけど、まだまだ序盤ですし(笑)

☆次回予告☆
ルキアを追いかけて尺魂界へ乗り込もうとするコンだけど素手で斬魄刀と戦わなきゃいけないことを喜助さんに聞いたらあっさり諦めた!!やっぱりコンの出番は増えそうにないですねw

☆アランカル大百科☆
ギンちゃん@遊佐さんキタ――!!
説明してなかったレスレクシオンを説明するって…遅いですよww
それに早すぎて一時停止しないとどういう字を書くか判別はつかないかと(笑)
「まだ先は長いって油断しとったらいきなり大人の事情やんか
ここでやっとかんと彼らも成仏できんやろ?色々大変なんよ このコーナーも」

ちょ、なんかこのギンちゃん可愛いんですがw
簡単だろっていう一護に一回やってみろって…いやいや、このコーナーはギンちゃん@遊佐さんだからいいんです!!むしろ私が参加したい(ダマレ

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(13)   Top↑

2009.08.04 Tue
07-GHOST Kapitel.18「赦さざる者闇に溺れ…愛する者は涙に濡れる」
突然テイトとハクレンに襲い掛かってきたバスティン――
「私は帝国軍アヤナミ参謀 諜報部にお仕えする者
長くこの教会に潜入してきたがそれも今日で最後」

ハクレンを拘束し抵抗すれば殺すとテイトを脅すバスティンが帝国の人間だったとは(汗)
本来ヴァルスファイルでないバスティンがヴァルスを扱うことができるのは禁術を用いているから…
本来光と闇を操る表裏一体のバクルスに経典の逆呪文を打ち込めばヴァルスファイルを発動させることができる、そしてそのために人間の魂を使っているのだと!
バクルスで闇の力を使えばその代償は…やっぱり命なんですかね(汗)
「これは私の大義ですよ このまま貴方を野放しには出来ません
ミカエルの瞳ごとヴァルスに喰われればアヤナミ様のよき飼い犬となろう
せめて、痛くないように逝かせてあげますよ」

こんな時だけど最後の台詞が違う意味に聞こえる(コラ)
だけどテイトは逃げないって決めたんですよね、ハクレンを守れるぐらい強くなったら友達になって欲しいって言ってましたし…そのままバスティンに向かっていったテイトだけど案の定全く歯が立たず(汗)
帝国より大事なものがあるならミカエルの瞳を持つ資格などないとまで言われちゃいました…

フラウが幽閉されてから暗くなったように感じる教会…
ラブラドールもテイトに危険が迫っていると予言し、カストルも向かうことに!
ヴァルスを使ってテイトとハクレンを襲わせたことをバスティンは知らなかったんですね
その頃クロユリは昇降機でフラウのいる地下牢へと向かったものの、途中で消えた見張りの気配に異変を察知しハルセに様子見させることに…既にヴァルスファイルを使うことはできないからと大剣を預けて上へと戻ったのでした
ハルセの前に現れたのは花畑に包まれた部屋とラブラドール!
「君はここに来るべきじゃなかった そしてあの子も」
見張りを眠らせハルセにこのまま去って欲しいと告げる様子がいつもと違って黒くていいですね(笑)
で、今週のこの二人の出番はここで終了ですかw

ヴァルスに取り囲まれたテイトが感じたのは憎悪や恐怖、飢えや渇き――
有り余るほどの魂を手に入れているのに、救われず彷徨う魂に可哀想だと口にするテイト
「――私が消し去ってやろう
誰だ、我が主を裏切った愚かな者は 地獄の最果てまで案内してやろう」

追い込まれたテイトを助けるために再びミカエルの瞳が発動!
ミカエル@斎賀さんの低音ボイスがカッコイイのですが(笑)
バスティンが放ったヴァルスをそっくりそのまま返し手傷を負わせると挑発するような笑みを浮かべてるし!テイトの肩からブルピャが飛び降りたのは危険を感じてですかね?(笑)
そのまま止めを刺そうとするミカエルを制したのは、自分にとってのファーザーと同じように大切な人だから、フラウとバスティンの絆を思って攻撃できないんですよね…

「貴方はいつか 自分の大切な者の為にこの帝国を犠牲にすることも厭わないだろう
だが、それではこの帝国の未来は守れんのだ…」

テイトがミカエルの瞳を押さえつけた一瞬の隙を狙って首を締め上げるバスティン!
体の中でミカエルの意志と葛藤しつつバスティンに問いかけるテイト…
「お願いだから…どうか…フラウの傍に…いて」
テイトの言葉に動揺したバスティンの前に現れたのは、ゼヘルの姿をしたフラウ!!
やっぱりフラウは絶妙なタイミングで助けにきてくれますね!(笑)
だけどこんな形で対面したくはなかっただろうなぁ
バスティンもフラウがセブンゴーストだと知っちゃったわけですし…

「出口の見えない闇の中に一筋の光が 戻ってくる
最初で最後だろう 神の御手からではない 愛しいあの子の声が聞こえたからだ」

こんな時なのに笑顔を浮かべているのはここに来てくれたのがフラウでよかったからって思ったからですかね…ヴァルスファイルがバスティンだったことも気づいていたフラウが切ない;

バスティンは、サンクチュアリの掟を利用して救われる罪人が許せなかったと話し始めました
人の命を奪った罪人が赦され、大切なものを亡くした人達は悲しみから救われない――
正義の意味が見出せなくなったバスティンは罪人達の咎を贖わせるため手にかけたんですね…
「アンタの義は間違っている 愛なき義は正義にあらず 赦さざるもの闇に同じ
だから、そんなにボロボロになってしまったんだ」

神に仕えるものとして方法を間違えたバスティンだけど、理不尽な掟に抗ってのことだと思うと切ないです…本当はフラウの傍にずっといたいけど、次は人間に生まれ変わることも叶わないだろうってわかってるのも(涙)

「大丈夫 俺はヴァルスに穢されたりなんかしない
オレのために、テイトを餌にしてヴァルスを操るヴァルスファイルと交渉しなくても
大丈夫 ――ずっとあんたの傍にいるよ 最後まで…」

フラウ@諏訪部さんの優しい声でたまらなく切なくなります…!!
最後の一振りを躊躇するフラウに神が迷ってはいけないと諭すバスティンの言葉にようやく鎌を下ろしてバスティンが貫かれた瞬間、見てるのが辛かった…

人はいつか死ぬ――だからこそ今こうして一緒に居る時間が大切だと教えてくれたバスティン
「フラウ、人は一つの場所に留まっていられない
魂の導くまま進み行くのです その先の世界へ…」

「アンタの最後の願い 確かに受け取った」
フラウに看取られる形で消えていったバスティンが切ないけどせめてもの救いですかね…
ゼヘルの姿だから表情はわからないけど、泣いてるように感じてしまいます(涙)

「あまり抜け出すなゼヘル そのうち戻れなくなるぞ」
でもミカエルに話しかけられた瞬間いつものフラウの調子に戻っちゃうんですね(苦笑)
テイトの体にヴァルスが少し入り込んじゃったみたいだけど…これって大丈夫なんですかね?
「助けにこなくてもよかったのだぞ 私の本来の存在意義を知っているくせに」
「だからこそ大事にしている 早く本当に覚醒しちまえよ
お前になら、殺されてもいいぜ」

ちょ、フラウ@諏訪部さんの殺し文句―!!(マテ)
だからそれまでテイトも生きてなくちゃならないってことですよねw
大事にしてるとかニヤニヤする台詞もありがとうございました!
でも本来の存在意義って何なんでしょうね、てっきりもう覚醒してるかと思ってました(汗)
あ、今回テイトはミカエルと初めて会話したと思うんですけどこの記憶も消えちゃうんですかね?気になります!それにハクレンもミカエルの瞳を見ちゃいましたけど…なんだかこのあたり伏線が大量にある気がするw

バスティンがジオ大司教に残した手紙には、自分がしでかした過ちが全て記載されていました…
己の罪と向き合おうとしなかった罪人達の罪も苦しみも自分が全て背負っていくのだと、罪滅ぼしなのかヴァルスの研究記録も残されていたようで…
「私は帝国に仕えることも、神に仕えることも叶わなかった
あの子の、よきファーザーになりたかった…」

ああ、最後までフラウのことを思ってたバスティンが切なすぎる…
自分が信じた方法でフラウを守ろうとした結末がこんな風になってしまったけど
バスティンは決して後悔はしてないんだろうなぁ…

一方、フラウに近寄り首を切り落としたはずのクロユリだったけど、
それはカストルによって作られた人形でした!!
「残念でしたねえ フェアローレンの鎌が見つからなくて」
クロユリも気づかないほど本物にそっくりのドールって、さすがですね!
テイトを助けるためにゼヘルが体を抜け出すのも事前に把握づみ…だけどその先をさらに読んでカストルも人形を読んでたって中々の策士ですw
「ゴメンなさいね 私が用があるのは貴方の向こう側にいる方ですから」
たくさんのドールの中からカストルを見抜き、剣を突きつけたクロユリだけど、いとも簡単に糸で拘束されてアヤナミ@速水さんを誘き出したカストルが黒い!!
暴れると痛いとかいいながら力を緩める気がないとこがドSですw
「また貴様に邪魔されるとはな…フェスト」
カストルのセブンゴーストでの名前はフェストっていうんですね~
来週はカストル@千葉さんVSアヤナミ@速水さんのブラック対決になったりしないかな(マテ)

次回「まじわらぬ愛、されど消えぬ愛の行く末は…」

http://plaza.rakuten.co.jp/litchi912/diary/200908040000/

テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック
07-GHOST    Comment(2)   TrackBack(26)   Top↑

2009.08.03 Mon
シャングリ・ラ 第18話「双頭奇譚」
凄まじいスピードで成長するダイダロスから身を守るため、
東京を爆撃し全てを焼き払おうと計画を立てる國子は香凛と取引を!!
爆撃機や爆弾をそろえるためには国家予算並のお金が必要だという香凛だけど、
今回限りはレンタルで外国の軍隊を借りるという手段もあると提案します
「この世の中にお金でできないことはないわ」
ってそんなあっさり…とはいえ香凛にも条件があるということで、
事前に爆撃の日時を教えることと、國子の守り刀を代金代わりに受け取るという内容でした
剣があろうとなかろうと自分だという國子は簡単に渡しちゃいました!
ああ、凪子さんからもらった大切なものじゃなかったんですかね(苦笑)

とりあえず交渉も成立し、席を立ったモモコさんのイヤリングに気づいて思わず声をあげた香凛!
香凛が何かしってると踏んで、白状するまでいろんなこと教えるって何やってるんですかw
耳元に息を吹きかけるモモコさんの口元が妙に色っぽいんで困ります(笑)
その攻撃に仕方なく美邦と小夜子がいる場所へと案内した香凛!
久しぶりに会った途端「オカマ」「サディスト」って第一声がこれとはw
でも偶然とはいえこんなところで再会するとは…これもツキがあるってことですかね(笑)

モモコさんの過去はわからなかったけど、何と國子と美邦が姉妹かもしれないと…
あのイヤリングは凪子さんから貰ったのだというモモコさん…本当は盗もうとしてたんじゃないですか、アウトレットで購入したっていうのは嘘だったんですねw
元々は國子の母親のもの、だとしたら母親が同じ可能性もあるってことですが
だから全く同じ守り刀を持ってるってことに繋がるんですかね?
だとしたら国仁とも…っていう展開になりはしないでしょうか(汗

モモコさんの名前を聞いた美邦は、ミーコが話していた熱帯魚のママだと知り、ミーコにあわせてくれることに…って水蛙子の姿だからさすがのモモコさんも怖いって思いますよね
水蛙子の霊に憑依されたと説明されたとはいえ理解しがたいだろうし…
最初は暴れていた水蛙子だけど、モモコさんが近寄ると一瞬我に返りモモコ姉さんと…
姿は違っても中にミーコがいると感じたモモコさんだけど、元の姿には戻れないだろうしなんだかちょっと切ないですね。帰り道、國子もモモコさんも話しはかみ合ってないけど、お互い信じられないっていうことは一致してるようで(笑)

ドゥオモに戻った二人が見たのは、残っていたダイダロスに攻撃された痕――
国仁も駆除に手伝ってくれたみたいだけど…ええとメタルエイジの一員みたいに馴染んでることにツッコミしたいです!でもほんの少しでも残っていればこれだけ増えるってことは、爆撃ぐらいで全滅するのかなってのもちょっと疑問です(汗)
涼子はダイダロスの増殖にどう対応するのかって具体案がないから紫音の顔の傷を見て見苦しいとかヤツアタリしたんじゃ…そのうち烈音がブチ切れそうな気がしてならないです(^ω^;)
美邦は國子が自分の姉なのかどうか気になるようですけど、小夜子はドゥオモで暮らす國子と血の繋がりがあるとは信じたくないみたいですね。でも國子の両親はアトラスにいるっていってましたし、やっぱり姉妹なんじゃ?そのあたりのことは凪子さんが知ってそうですけど教えてくれるかどうか…

東京が爆撃されれば日本のたんそは指数は跳ね上がる、爆撃前の情報を掴んでおけば事前に市場で有利な取引ができると思案する香凛は、國子の剣を分析して美邦のものと全く同じ剣だと調べ上げました。残るは国仁が持っているものですけど、三つ集めると何かあるんですかね?

計画を進める中、住民の避難場所についてがまだ決まっていないようで…
「アンタここにいていいの?ここ、メタルエイジの作戦室だよ?」
ちょ、國子ってばここまできて今更だと思うんですが(笑)
残された道は地上のアトラスに逃げ込むことだけど政府がそんな交渉を呑むわけがないという意見も飛び交う中、旅行から帰ってきたように普通に家に上がりこむ凪子さんがw
色々と唐突すぎるけど、とりあえず凪子さんが戻ってきてくれてよかったです!
いつものようにぬか漬けを確認しながらとりとめもない話をする凪子さんは
秋葉原の同行を見て軍隊を雇い東京を爆撃することも察知していたんですね…
「私の力が必要なんじゃないのかい?初代アトラス公社総裁のさ」
ただビジネスとして互いに利用しあえばいいのだと告げた凪子さんの目的は涼子と対面すること!
「お前も少しは知ってるんじゃないのかい?アイツのことは」
國子がいれば取り合ってくれるっていうのは確かにあってますよね…
涼子がそこまで國子に固執する理由も明らかになってませんけど、
なんだか凪子さんも腹黒く見えてきました(笑)

国仁が協力するのは今自分にできることをしたいから…何だか物凄くアバウトな感じがしますけど、武彦がいなくなった穴がこれで少しは埋まるといいですよね
そんな国仁は擬態装甲を持ってアトラス内部へ!!
軍を辞めたとはいえまだアトラスの人間だから簡単に出入りできるってことですか?
涼子もこのあたりは関知してないからセキュリティ問題は難なくクリアできたんですかね…

再会し、手短に用件を話す國子だけど、いくらダイダロスの被害が増大したとはいえ地上の人間がいくら死んだとしても関係ないっていう考えは変わらないんですよね。それどころか命を弄ばずに何の価値があるのだと反論されるし…爆撃の準備を全て請け負う代わりに、地上の人間をアトラスへ避難させて欲しいと要求を伝える國子!それを簡単に涼子が受け入れるはずはない…
「地上の人間がどうなろうと私には関係ないわ アトラスが無事ならね
この国にはあなた達の命より、アトラスの方が大切なのよ」

交渉が決裂したため、擬態装甲に隠して持ち込んだ爆弾を作動させ、ダイダロスが的確に動力炉を攻撃できるよう仕向けた國子!いくら頑丈なアトラスでも、中からの攻撃には弱いと踏んでのことでした!
「私を脅すの?」
「まさか、取引よ ビジネスってやつ?」
というわけで一応國子の用件を呑むことになった涼子だけど何かありそうで…怖い!

次回「東京空襲」

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック
シャングリ・ラ    Comment(2)   TrackBack(25)   Top↑

2009.08.02 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第18話「小さな人間の傲慢な掌」
『ロイの命令で、セントラルにアルを残し、アームストロングと共にリゼンブールへ向かったエド。ところが到着早々、ブレダの手引きでなんと秘密裏に伝説の王都・クセルクセス遺跡へと旅立つことに。大砂漠を越えなんとか到着した遺跡にてエドはフーとも再会、彼の案内で遺跡奥深くに向かったエドたちは、そこで思いがけない人物と遭遇する。』


話が前後してると原作とは大分違った雰囲気になりますね!
原作読んでると切り替えのシーンも所々違和感を感じるところが…(苦笑)

少佐と一緒にリゼンブールへと戻ってきたエド!
大佐の命令とはいえ詳しいことはブレダ少尉と合流してからってことになってるんですよね
一方セントラルではアル達の泊まっている宿屋へこっそり侵入してきたリンがw
密入国に留置所脱獄犯ってまた凄い肩書きになっちゃいましたね(笑)
エドはリゼンブールに腰を落ち着ける暇もなくそのまま東へ!
この前の出国云々のやりとりが欠けてるからなぁ…
目的地はクセルクセス遺跡だけど、オートメイルの手足のエドにとっては熱が篭るから大変な行動だと…馬の水飲み場に身体ごと使ってるエドがw

一夜にして滅んだクセルクセスの生き残りがアメストリスに流れ着いて錬金術を広めたという伝説がある一方、シンでは西からきた賢者がそれを伝え、シンではシンの技術とあわせて今の錬丹術となったといわれているんですね…別々の国の賢者の出身がこのクセルクセス遺跡っていうのも後から考えると色々意味があったんだなと…まぁこの遺跡自体かなり重要になってくるわけですが(苦笑)

奥へと進んだエドがその先に見たのは、死んだはずのロス少尉――
東部には美人が多いっていう大佐の言葉の意味がようやくわかったわけですね!
無事な姿に大喜びして再会の抱擁を迫る少佐が危ない人に見えるw
ああ、でも今週あっさりこのことがわかっちゃうからインパクトはあんまり…(苦笑)
大佐はヒューズさん殺害犯として本来軍にとって不名誉である同僚殺しを掲載するのもおかしいと不審に感じていたところに、丁度ファルマンからの電話があってその電話口にバリーが出たことで色々とわかったんですよね!盗聴されてるといけないからって慌てる大佐が面白かったけど、是非バリーの名演技も聞きたかったですww

バリーの証言からロス少尉が犯人じゃないことを確信した大佐はバリーと取引を!
「バリー 久々に暴れてみたくはないか?」
この時点で大佐の頭の中では既に計画も完成してブレダ少尉に焼死体をでっちあげるための準備を頼みます。これを使ってロス少尉の身代わりを作るだけだから、鑑定できないほど焼いてしまえばいってあっさり言ってのける大佐が凄いです!
「専門ではないが、それなりに知識は持っている 焼死体を作るのは得意だ」
大佐のこの言葉、イシュヴァール殲滅戦を思い出して切なくなります…

「君は今夜ここで死ぬ」
ダミーをでっちあげ、ロス少尉の前で死体を手早く作り、証拠として腕輪を切って死体の手につけるっていう裏工作までしてたんですよね!ゴミ置き場に投げ入れられたロス少尉を逃がす手助けをしたのはハボックで、その間にエドがきちゃったためにややこしい状態になっちゃったと!
だけどそこで真実を明かすわけにはいかないし一番いいのは本人に合わせる方が納得できるだろうってことで有無を言わさずエドを拉致したということなんですよね、大佐も人が悪い(笑)
密かにロス少尉を助け出したあと、リンとバリーが取引して、ロス少尉を無事逃がせるよう手筈を整えていたのだと知ったエドでしたw
「頭に血が上った奴に邪魔されたら作戦の邪魔になる、とも言ってたっけ」
あはは、大佐の一言を聞いて怒りをぶちまけるエドが面白いw
でもこうなったことでロス少尉も当事者になって賢者の石やホムンクルス関係にどんどん巻き込まれることになっちゃうわけですよね…可哀想に(苦笑)
無関係といえば、アルもいつのまにか取引の対象になっちゃってるし…
自分の身体を研究してた人間はもういないから、同じような身体をしてるアルに聞けってバリーに言われてリンもアルのところへやってきたとw

禁忌を侵した自分達を怒ってくれたり、支えてくれる人がいる…
元の身体に戻ろうと約束した弟がいるから、誰一人失わない方法で前へ進むというエド
「もし誰かが犠牲になりそうだったらオレが守る」
自分を守ることで精一杯なのに、他人まで守ろうとするのは傲慢かもしれない
けれどそれしか方法がないから前へ進むのだと…
ブレダ少尉とのやりとりはカットされちゃいましたね、傲慢でバカなガキだけどそんな真っ直ぐバカは嫌いじゃないっていう台詞結構好きだったのになぁ(苦笑)

これからシンへと向かうロス少尉だけど、両親にも真相を話せないってのは辛いですよね…
「有事の際は遠慮なく呼び戻してください その時は命を懸けて働かせて頂きますと!」
複雑な表情を浮かべるエドに手を差し伸べ、握手を求めるロス少尉…
エドの前では笑顔でまた今度っていうロス少尉が気丈ですよね
エドや少佐の見てないところでこらえきれなくなって涙を流す少尉が切ないけどしっかり軍人としても責務を全うしようとする少尉の姿は見ていてカッコイイですよね!

ってその頃大佐はエリザベスと会話を弾ませていたようで!(笑)
…その割に軍部の人達がイライラしてなかったのが意外というかw
「ケイト、お客様が来たわ ジャクリーンを呼んでちょうだい」
突然襲撃してきたバリーの肉体に驚くファルマン!なんだか始まり方が凄い唐突に感じるんですけどw
本来ならファルマンは巻き込まれただけってことにするはずなのに、サポートにきたハボックの名前をぽろっと言っちゃったりするから覆面して顔を隠してる意味がなくなっちゃいますよ(笑)
外に逃げた敵を追ったハボックの銃が詰まった瞬間、後方から援護射撃が…!
「心配すんな 俺達には鷹の眼がついてる」
バリーの掌を打ち抜いたのはリザさん…!というわけでエリザベスの正体がわかりましたw
それにしてもこのリザさん、いつもより口数が多いしノリがいいですよ(笑/コラ)

クセルクセス遺跡を調べようとするエドを襲うイシュヴァール人!
エドを人質にとって軍を動かそうとするものの、シャンという人によって制止されました
全てのアメストリス人が悪ではないことも知っているし、エドを助けようとしたこの二人は
ロックベル夫妻に助けられたんですよね
まさかこんなところでウィンリィの両親の活躍を知ることになるとはエドも思わなかったですよね
でもそんな夫妻の最期は、助けたイシュヴァール人の患者に無惨に殺されたのだと――
右腕に刺青のあるイシュヴァールの武僧がその犯人だと知ったエド!
ってここまでいったらもう犯人はもうわかりますよね(ぁ
「機会があったらロックベル夫妻の墓前に報告しておいてくれないか 感謝と謝罪を」
まさかこんなところで…何とも切ないですよね、ウィンリィにどう話すのかって悩むだろうし(汗)

一方、自分の肉体だと知ったバリーは自分の身体を今にも斬ろうとしちゃってるし!
「――いけない 電話はまたにするわ こっちもお客が来てしまった」
その様子を見ながら大佐を話していたリザさんの下へもホムンクルスの襲撃が!!
ってリザさんの異変に気づく大佐もカットですか!?
なんだか凄い勢いで進んでるので相変わらず余韻がなくて残念です(苦笑)
細かいやりとりも相変わらずかなりカットされてますし…
それにしても今回ランファンの出番が一切なかったですね、最初はファルマンたちと一緒にいたと思うんですけど…出番は来週思いっきりあるからカットされたんですかね?

次回「死なざる者の死」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(12)   TrackBack(60)   Top↑

2009.08.02 Sun
戦場のヴァルキュリア 第18章「八月の雨」
『雨が降る八月のある日、アマトリアン基地は悲しみに包まれていた。ロージーは医務室で憔悴し、小隊メンバーもこの悲劇を受け入れられずにいる。そんな中、ウェルキンだけが涙もみせずに淡々と仕事をこなし、事態を冷静に受け止めていた。いぶかしむ面々。そこに追い討ちをかけるように、正規軍のダモン将軍が現れる。イサラを侮辱し罵声を響かせるが、怒りに駆られる小隊メンバーをよそに、ウェルキンの反応は鈍く…。途切れてしまった小隊メンバーとウェルキンの心。両者を繋ごうと奔走するアリシアだったが……。』


イサラが…!!。・゚・(。´Д⊂)・゚・。
こんなにあっけなく亡くなってしまうとは思わなかったですよ
予告にいなかったこともあたってしまなんて哀しすぎる(涙)

親友の墓参りをするラルゴとエレノアさん…
「友を亡くし部下を亡くし 私はこの苦しみになれることができないでいる」
中隊長という大事な位置にいるエレノアさんに辛い顔を見せるなと諭すラルゴがいいなぁ。
そして雨の中静かに行われたイサラの葬儀――
勝利を確信して喜んでいたのも束の間、イサラの死を知ったときのウェルキンの表情が何ともいえなかったです…それでも少しも涙も見せず、淡々と進める様子が切ない…
「確かに、イサラの死は悲しいことではあるけれど
皆早く忘れて これまで以上にガリア義勇軍の一員として頑張って欲しい」

イサラをあの時一緒に連れて行かなかったから戦死することになったのだとウェルキンに詰め寄るラマール!でもウェルキンがイサラを殺したものだっていうのは言いすぎですよ…
あの時あの場に残していなければ…って後悔するのは誰しも思っちゃいますよね
「イサラを怒りの感情で見送りたいのか?」
ファルディオの言葉にようやく思いとどまったラマールだけど、相変わらずウェルキンは表情が硬いしその奥に本心を隠してるのが見ていて辛いなぁ…

そんな隊長を気遣って、珍しい虫を見つけようとしてくれたオスカーとエミールの心遣いも、素っ気ない態度で返しちゃうし…それだけイサラのことがショックだったし、こうやって自分を保っていないとあっという間に崩れちゃうってことなんでしょうね…でももうちょっとオブラートに包むというかどうこうできなかったものでしょうか(汗)
イサラの最期を看取り、夜な夜な魘されるロージーはお見舞いにきたアリシアとウェルキンにイサラの最後を伝えました…
「なんで…なんであんな顔ができるんだよ…死んでいくってときにさ…」
ロージーの歌が聴けてよかったと穏やかな表情で眠るように亡くなったんですね
無事助かるようにと、お守りの人形を手渡したロージーが切ない…!
自分が死ねばよかったと嘆くロージーにイサラは自分の人生をちゃんと生きたから誰のせいでもないと淡々と告げるウェルキンもなあ、見てて痛々しいんですが(汗)
むしろ誰かに悲しみを吐露するぐらいだったら…

その頃のダモン将軍は、第七小隊の煙幕に目をつけ招集し煙幕弾を製作させようとやってきたんですね。けれど作ったイサラはもういない…別に第七小隊を称えるわけでもなく相変わらず自分の利益を追求しにきたわけですか…
戦車にかけられたダルクスの布を見て声を荒げ、その布を踏みつけたダモン将軍!!
あわわ、イサラを追悼したものなのになんてことを(怒)
激怒したロージーは思わずダモン将軍を罵倒しちゃいますが、ウェルキンは反対に隊長として非礼を侘びました…自分が処罰を受けるといったウェルキンに、新型煙幕弾の製法を提出できなければ軍規違反で処分すると通告、なんて自分本位な考えですか!
「僕が全ての責任を負う」
ウェルキンも何でもかんでも自分の責任だって背負い込んでるし、どうしたらいいのか(苦笑)
最後にイサラと交わした言葉が自分を気遣ってくれた言葉だからこそ余計…ってのもあるんでしょうけど;

ダモン将軍に仕返しするため、落とし穴を掘る第七小隊のメンバー達
そのことをウェルキンに報告するアリシアだけど、好きにやらせておけばいいと…
もうなんだかウェルキンが全てのことに投げやりになってるように見えてくる(汗)
「一人で何もかも引っかぶったって 皆との間に溝が深まるばかりじゃない」
「隊長らしくしろっていつもいってたのはアリシアだと思うけど?」
一緒に悲しませて欲しいといったアリシアの言葉も、放っておいて欲しいと突き放しちゃうウェルキンが居た堪れないですね…理解してくれないウェルキンに勢いのまま告白しちゃったアリシア!
呆然として何も答えなかったのは、今そんなこと言われてもってことなんですかね
イサラの死のショックが大きすぎて、ウェルキンの許容範囲を超えちゃったんじゃ(汗)
思わず飛び出したアリシアがファルディオとぶつかり、その拍子に落としたラグナイトが光ってるのはヴァルキュリア人としての覚醒が近いからとか??というかどこまでもファルディオは優しいですね…

作業を続ける第七小隊をあえて止めようとはせず、先に頭で理解させようと
例えダモン将軍を追い出したとしても、また同じような人間がやってくるだけ――
「勝って勝って勝ち続けて ガリアに平和を取り戻す
それしか イサラの死を報いる方法はない」

傷の状態もよくなり、イサラの墓前へとやってきて人形を返したロージーは、イサラに歌を捧げました…あんなにダルクス人を嫌ってたロージーがイサラ一人のためにダルクスの歌を歌う日が来るなんてなぁ…ここにイサラがいてくれればって思わずにいられないですよ(涙)

ウェルキンを訊ねて元気付けようとするファルディオにも、同じような態度のウェルキン
それどころか、イサラ一人守れなかったと思わず口にして…
第一小隊では既に三人の除隊者もいるし戦線に戻れないものもいるけれど、
精一杯やった結果であってそれを後悔したことはないんですね
「お前は神か 英雄か 一体何様のつもりだ!解らないなら教えてやる
自己憐憫に浸るただの馬鹿野郎だ」

アリシアが悲しんでもファルディオがいるなんて結果にたどり着いちゃうわけですね
ウェルキンが本音を曝け出せるのは一体いつになるんだろう??
こんな状態じゃ第七小隊も崩壊しちゃいますよ、アリシアだけじゃなくファルディオの言葉も届かないし…イサラの死を受け止めてはいるけど心がついていかないんだろうなぁ…

次回「涙」
ザカのあれって測量の癖だったんですね、って中の人ネタっぽい…(コラ)

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック
戦場のヴァルキュリア    Comment(5)   TrackBack(27)   Top↑

2009.08.02 Sun
CANAAN 5話「灯ダチ」
『照りつけるような朝の光の中、カナンは公園を力なくふらふらと歩いていた。しかし、やがて力尽きてその場に倒れ込んでしまう。そのころ、ビルの一室にいたアルファルドは、部下に対しある計画が次の段階に移行したことを告げる』


あてもなく先を歩くカナンは物音一つとってもアルファルドを思い出しちゃうようで…
それだけ前回のことは精神的にカナンに苦痛を与えてるってことですよね(汗)
その頃、アルファルド達は計画の最終段階へ――
「その骨に刻まれた文字をお読みください そこにはこう書かれているはずです
姉さまは私の全てと」

アルファルドはリャン・チーが参加することをよく思ってないようだけど、本人は何があってもついてくって決めてるんですよね!カナンを殺すためには手段を選ばない彼女の方が厄介そうです…

一方、すっかり仲良くなったマリアを自分の家に招き入れたユンユン!
というかユンユンって結構天然だったりするんでしょうか?マリアにツッコミされるぐらいだし(笑)
ここに住んでいる人達は出稼ぎにきているから皆一人だけど、一人同士が集まればそこまで寂しくないというユンユンになんだかしんみりしちゃいました…ユンユンの家族ってどうしてるのかなぁ
居心地がよくて帰りたくないというマリアに合鍵を渡すユンユンだけど、この家のどこに鍵が必要なのかw

「唯一つ 日本から来た事務次官を感染させること…UAウイルスにね」
リャン・チーから告げられる過酷な命令――
というかこんなにいい子なのに蛇の一員なんですね…
もしカナンがきたらどうするのかという問いに、簡単に死ねばいいと答えるリャン・チー。
ユンユンもただの手駒の一つでしかないんでしょうね…ユンユンがこんな扱いをされても
ここにいるのは、やっぱりお金のためなんですかね?
カナンがアルファルドと直接対決したため、蛇の同行が見えてきたと連絡をつけた夏目も、ユンユンがボナーの一人だとつきとめたようで…

ユンユンは事務次官が訪れる予定のサンタナの店へ潜入することに!
どうやらユンユンとハッコーは知り合いみたいですね!髪型に興味持ってるハッコーが可愛かった♪
翌日、ホテルへと帰ったマリアを寝ないで待っててくれた御法川も素直じゃないですねw
毛細血管がある一定の法則を持って浮かび上がる痣を持つ人に直接あたる…ってまたハッコーにあたるんですね、サンタナに追い返されるのが関の山だと思いますけど(苦笑)

UAウイルスを仕込んだお酒を事務次官に飲ませる作戦も失敗し落ち込むユンユンの前に、今一番会いたくなかったカナンが現れちゃいました!銃の撃ち方がわからないユンユンに手取り足取り教えてくれてるし…のんびりしてるなぁ(笑)
このユンユン・カナンのやりとりもサンタナVSハッコーの口喧嘩が面白かったw

アルファルドの情報をユンユンから聞き出そうとするカナン!
銃を突きつけるその現場を見たマリアは殺さないで欲しいと…
「――私は、マリアにとって殺人者なんだ…
殺してた…マリアがこなかったら きっと殺してたと思う」

ああ、また拒絶されたと思って哀しい表情を見せるカナンを見てると辛いですよ
悪気があったわけじゃないけど、今のカナンにとってちょっとしたことでも心に突き刺さるんですよね…

ユンユンを監視していたリャン・チーはマリアを使ってカナンを誘き出せと!
「私はあなたに死ねといったのよ カナンと一緒に」
何のとりえもなくても命をかければ多少のことはできるから、死ねなんて酷すぎる…!!
ユンユンを死なせたクナイと泣いてくれた人っていうのも気になるなぁ…
情報を聞き出そうとした御法川も悉く失敗したばかりか接客代としてぼったくられてるし(苦笑)

体にダイナマイトを巻きつけ、マリアを人質にカナンを呼び出したユンユン!
本当に、マリアがピンチになると助けに来てくれるんですね…
あ、でも飛び掛ってきたユンユンを軽くあしらってたのはさすがでした(笑)
陸橋から落ちそうになったユンユンを助けようとして手を引っ張ったものの、そのまま一緒に川底へと落下していった二人――どんなに殴られても手を離さないユンユンに最初は抵抗しようとしたものの、マリアの言葉を思い出して留まったカナンが何だか切なかったです…
マリアを助けるためならいつでも自分が犠牲になっていいなんて思ってるんじゃないかなぁ…
爆発から運良く逃れたカナンは、マリアを悲しませたくないからユンユンを助けたと
ってなんだかよくわからないけどユンユンのおかげでマリアとカナンはあっさり仲直り?
二人にしかわからない空気があるってことで…そういうことにしとこう(笑)
そして事務次官はカミングズの手によってUAウイルスを知らない間に感染させられ…
ユンユンが失敗したこともしっかりフォローされてました(汗)

UAウイルスに感染させられたユンユンは、盲腸が二つになっただけで何の能力も得られなかった、だから役立たずだからと悲観するのが切ないなぁ…
「ユンユンは役立たずなんかじゃない!
ユンユンのおかげで カナンと…仲直りできた」

カナンもマリアがこういってくれて少しは楽になれたならいいんですけど
蛇を裏切ってカナン達と一緒にいるのも常に死と隣り合わせなんですね…
ボナーは薬を飲み続けなければ生命を維持できない、だから例え放置していても害はないってことなんですね、ボナーが蛇に従うのは薬のためだったとは(汗)
ユンユンもいつも明るく振舞っているけど、辛いものを背負ってるんだなぁ
御法川は、ユンユンの順応性を評価して特派員に任命してくれました
…って、蛇から離れているハッコーは薬なしでも大丈夫なんでしょうか?
まだまだ謎は多いけど少しずつ繋がってきましたね!

次回「LOVE&PIECE」

テーマ:CANAAN - ジャンル:アニメ・コミック
CANAAN    Comment(0)   TrackBack(43)   Top↑

税金