アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2009.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2009.07≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2009年06月 」 の記事一覧
2009.06.30 Tue
BLEACH 226話「激闘終結?新たなる戦いへ!」
打ち切り直前ということで作画もよかったですよね(違/コラ)
黒山爺も降臨しましたし…あ、黒キャラ好きですが山爺は範囲外ですw
というかラストのウルキオラ@浪川さんに全て持ってかれた気が(笑)

山爺の霊圧に震える大前田の顔に一発食らわそうとする砕蜂だけどしっかり読まれてた!!
あ、でもそのあと急所に一撃を入れる砕蜂はさすがですねw
にしても最後まで大前田を画面で見ることになるとは~
出番をさくっと削除してくれてもよかったのに(苦笑)
「我らは戦いに来ているのだ それは総隊長とて例外はない」
というわけで、動けない隊員達の代わりに山爺も参戦ですね!
情けないと言われて頭を下げるイヅル君にそんな暇があったら敵をよく見ろという山爺。
山爺の攻撃で胸に開いた穴の部分をベシベシ叩いて苛立ってるアヨンが不気味すぎる!
…というかイヅル君、アヨンを見てるよりも早く乱菊さんの治療をした方が(汗)

「…どうやら 仕置きが足らんようじゃの」
ついに黒山爺降臨―!!さすがに総隊長が怒ると迫力が違いますねw
咆哮したアヨンの霊圧があがり、傷も修復すると共に筋肉が増強されちゃいましたよ!
正直あんまり見てたなくないのでさっさと処理して欲しいです(ぁ
アヨンの身体全体を使った一撃も片手で食い止めた山爺
「人を…殺すことしか考えられぬ物の怪か 哀れ 流刃若火一ツ目撫斬」
うーん、山爺の一刀両断はもうちょっと迫力欲しかったですね(苦笑)
「…やれやれ もう止さんか お主のような哀れな獣を何度も斬るのは気が重い
止せというのが 解らんのか小童」

真っ二つにされたアヨンだけど、再び襲い掛かってくるとか気持ち悪すぎです!
結局山爺の流刃若火の前に跡形もなく消されちゃいましたw

一方、その頃のハリベルとシロちゃん!
山爺が参加してシロちゃんの部下が死なずにすんだせいで集中力が増したと冷静に見切るハリベル!!
「吉良 まだじゃ 結界を強う張れ」
その破壊力の強さに愕然とするイヅル君を窘める山爺
…まだフラシオンたちが残ってる状況で油断するのは早いですからね
でも三人の同時攻撃も一瞬で蹴散らして火傷程度で済まされこちらも消し炭に~(汗)

「アパッチ…スンスン…ミラ・ローズ…よく戦った」
部下達の戦いに敬意を表して胸のチャックを開けたハリベルの体にあった数字は3!!
ハリベルほどの力でまだNo.3かと驚くシロちゃん。
「…私程の力で?私の力の底など…まだ貴様に見せた覚えは無いぞ」
露出が少なくなってるせいか胸の仮面のデザインも若干違うんですねw
刀の空洞の部分に霊圧を集めたハリベルの一撃は、シロちゃんの卍解をいとも簡単に砕いてしまいました!!

いまだにのらりくらりと戦いを交わしていたスタークも、仲間が残り僅かとなってようやくこのままじゃいかなくなってきたようで…
自分の見立てで破面Noを予想する京楽さんに、手袋を外して自分のナンバーを見せるスターク!
「悪いな 俺が#1(プリメーラ)だ」
でも、スタークがNo.1だと知っても落胆してない感じの京楽さんがw
「残念だなぁ 君見たいのが一番だと…やり辛いんだよどうも」
ちょ、このシーンの京楽さんももっと黒いと思ってたのに…
スタッフさんは京楽さんの黒シーンをとことん削る気ですね(マテ
破面それぞれの霊圧が跳ね上がる形で現世の方はとりあえず一区切りですかね

その頃、ウェコムンドで戦いを続ける恋次達
なんかウェコムンドにいるメンバーを見るのも久しぶりですね(笑)
「エクセキアスとやらは全滅した 残るは貴様ただ一人だ」
いかにルキアが犠牲になって一護を先に行かせても、先に待っているのは死だというルドボーンにもとより犠牲になるつもりもないというルキアがいいなぁ!

ウルキオラ@浪川さんキタ――!!
一護VSウルキオラのバトルシーンに緊張感があってよかった!
ガルガンダも閉じられた状況で戦い続けても、行き場などないと言葉攻めするウルキオラがいい(コラ)
「ここで無為に時を過ごし 我らの手にかかり死ぬ、それだけだ
じきに空座町は消え去る
王権を再生した藍染様によって尺魂界も滅ぶ 貴様らにそれを止める手立ては無い」

「煩え!まだだ!俺の力を見くびるな!!
藍染は必ず護廷十三隊が止めてくれる それで足りねえなら、俺が行って止めてやる
てめえを倒していくんだよ、ウルキオラ!!
俺はてめえを倒すぜウルキオラ!そして井上を連れて帰る!!」

相変わらず淡々としてるウルキオラがかっこよかった~
ってこっちの戦いもまた暫く見ることができないんですよね(苦笑)

☆次回予告☆
ちょ、次回予告が既に色々と崩壊してるんですけど―!(笑)
「どうやら邪魔が入ったようだ 一時中断させてもらう」
来週からは大人の事情ってことでオリジナル突入ですねw
それにしてもウルキオラ…あまりにも冷静すぎて笑えます!!

☆死神図鑑ゴールデン☆
「わかった 大人の事情なら仕方ない」
ってウルキオラがネルの言葉に刀収めちゃいましたよw
次回からはこれまで語れなかった現世での話と新たな戦いが待っているらしい(笑)
出番がきたらウルキオラ@浪川さんが呼んでくれるそうですよ~
というか最後までアランカル大百科待ってたのになかったな…(ぁ
スポンサーサイト



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(13)   Top↑

2009.06.30 Tue
07-GHOST Kapitel.13「光ある道の先に見るものは…」
殺されたアルドに残された文字から、人を殺した罰をセブンゴーストが下したのではないかという噂が広まる中、塔の上に立つフラウを見つけたテイト。
月夜をバックに冷たい視線のフラウが怖いですが、そこがまたカッコイイ(笑)
その夜、目が冴えて眠れなくなったテイトは部屋を抜け出してステンドグラスの前で問いかけていました。
「あんた達が神なら教えて欲しい また何かよくないことが起こるのか?」
その時、唐突に昔の記憶を垣間見たテイトが見たのは、幼い自分がファーザーという人に連れられてどこかへ向かう光景。…ファーザー@木内さんとはまた豪華な(笑)
「貴方も彼らを大切に想えることを願って…」
テイトが見た過去の記憶もミカエルの瞳が関係しているのか?
不思議に思いながらも部屋に戻ると、どうやらテイトが抜け出した時に目を覚ました
ハクレン、テイトが戻ってくるのを待っていてくれたようで(笑)

浮かない顔をしていたテイトにも相変わらず茶化しながら話すハクレンがw
「女性へのアプローチに自信がないなら、この俺が教えてやる」
あはは、どこまでも上から目線ですね、そんなハクレンが面白い♪
だけど本当はテイトが何かに悩んでいることに気づいて心配してくれてるんですね!
「まあいい 悩みを打ち明けあうにはまだ俺達の距離は遠いし」
まぁまだお互いルームメイトになったばかりですし、それに何も知らないハクレンに打ち明けるには重過ぎる内容だしでさすがに無理ですよね…
早くミカゲみたいに何でも話せる仲になれるといいなぁ!!

調べることがあるからと図書館へ向かうテイトがシスターズに捕まった!!(笑)
テイトが勉強熱心だと雪が降るとか何気に失礼発言ですよねw
苦笑いしてるテイトの横で無表情なブルピャも可愛いんですが(マテ)
周りの人達をこれ以上巻き込まないためにも、過去の事やミカエルの瞳について知る必要があると思ったテイト…相談できる相手がいないから全部一人で抱え込んでるのがちょっと切ない;
ただ、どの本を読んでもミカエルの瞳について新しい情報は載っていないようで…
そんな中見つけた一冊の本で、フェアローレンについての内容を読んでいたテイト
天界の長の娘を殺すという大罪を犯し地上へ逃げ、疫病や災いを振りまいた死神――
その文字を読んでいると、突然ザイフォンのように浮かび上がりテイトを巻き込んで幻を見せました。

驚いたテイトは椅子ごと後ろに倒れちゃいましたけど一人で騒いでたから不審な目で見られちゃったり(苦笑)そんなテイトに声を掛けたのはハクレン!
ハクレンてば美形だからメガネも似合うなぁ、勉強中だけメガネ姿なんですね♪
あ、でもそのあと優しくテイトの頭を撫でるフラウの方にニヤニヤしてたのであんまり見てなかった(笑/コラ)その場で昨夜のことについて聞きたかったテイトだけど、ハクレンが手渡した本の中身のせいで後回しにw
というかそんな本渡すならやっぱり工口司教でいいと思います(笑)
せっかくハクレンから貰った本もあっけなくバスティンに回収されちゃいました!
…バスティンの手刀って凄いんですねw
ってあれ、図書館にいたのってテイトを心配してじゃないんですか~?(笑)

セブンゴーストが本当にアルドを殺したりするのかと訊ねるテイト。
帝国警備隊が調査したところによるとアルドの子音は後ろからの一撃によるショック死。
外からの新しい足跡が血を踏んでいたことから外から門をあけた外部の犯行のものの可能性が強いというバスティンに、それだけで決め付けるのはおかしいと異論を唱えるハクレン。
けれど、昨夜は誰も外出した形跡がなかったそうで…
フラウが抜け出したことは隠蔽済みですか(苦笑)
コールと同じく、人間に仇なすものと判断されたのなら死ぬこと罪を償うしかなかったと…
「全ては天より遣わされた 七人の神々がお決めになることです
彼らは、決して悪を許しはしない」

バスティンの言葉に怯えるブルピャが可愛い!
境界の警備も倍にしてあるし、何より正しい行いをするものは神が必ず守ってくれるといわれ安心するテイトとブルピャだけど、どうもこのバスティンって人が胡散臭く見えて仕方ない(苦笑)
その後ろで何か引っかかってる様子のハクレンも気になりますし!

壊れたバクルスのことを謝りに司教室へ向かうテイトはその頃、丁度部屋でカストルと話していたフラウの会話を耳にしました…これもミカエルの瞳の力なんでしょうか??
しかもミカエルの瞳を奪って…なんてとこから聞いたら誤解しちゃいますよね(汗)
テイトがザイフォンの力をコントロールしてバクルスをうまく使えるようにならなければ
ミカエルの瞳を野放しにできないというカストルだけど、その話をしている最中外に人の
気配があることに気づいたフラウが扉を開けると、丁度そこにはテイトが!
「すまない…お前の大切なこれ 折っちまって…じゃあ!!」
気まずい雰囲気の中走り去るテイトが妙に可愛かったんですがw

二人はミカエルの瞳のことを知っていたのに、どうして話してくれなかったのか――
そんな時、自分も幼い頃教会で育ててもらっていた孤児だということを思い出したテイト
父親が殺されたあとファーザーと一緒に暮らしたささやかで幸せな日々…
ファーザーに褒めてもらいたくて必死に頑張るテイトが可愛い♪
帝国と戦争になった直後、テイトを助けるために記憶を封じ必要な時まで思い出さないようにしたのがファーザーだったんですね…あれ、でもこのときはまだ国王が生きてたっていうならどうしてテイトは孤児になってたんだろう??
「愛していますよ テイト 我がラグス王国に栄光と、貴方に神のご加護を…」
自分が大切に思ってくれた人は、ミカエルの瞳のせいでいなくなってしまった――
だから大切なものなんかいらないと嘆くテイトが切ないですよ(涙)
その様子を見ていたハクレンは声をかけずにフラウにこのことを伝えるのでした

自分を救ってくれたことを感謝するテイトだけど、ミカエルの瞳のことを知りながら黙っていたフラウ達のことを誤解して同じように奪おうとしてるんじゃないかと思ってしまったんですね
首輪をつけたのもそのためなのかと訊くテイトに、ミカエルが覚醒している間の記憶がないことに気づいたフラウ…
「お前に他人を疑ってる暇なんかあんのか?
帝国軍からも一人で逃げ切れねえひよっこの癖に」

かっとなって飛び掛ったテイトをいとも簡単に押さえつけるフラウ
…ちょ、なんだかこのシーン工口いです、テイト涙目になっちゃってるし
きっと脳内で変換しろってことですね、わかりました(コラ)

「俺はお前を守んなきゃいけねえんだよ けど、いつまで傍にいられるか未来のことはわからない だから…強くなれ いつか一人で歩けるように
お前はやらなきゃなんねえことがあるんだろ?」

学べる全ての技術を身につけて、コールに乗っ取られないために闇との戦い方を覚えろと…
フラウの言葉にファーザーを重ねて思い出したテイト――

噴水に落としたバクルスを持ってきたラゼットとフラウに頭にかじりついてるブルピャが可愛い(笑)
「お前が持つ瞳は、ファーザーがお前に託した希望なんだろ?
だったら、とことん守りぬけ」

テイトを励ますフラウが優しくていいですね、とことん気にかけてくれてる感じで!
…ってファーザーのことを知ってる口ぶりだけど一体どうしてなんだ(笑)
口笛を吹いたり飯の時間だって誤魔化そうとするフラウ@諏訪部さんがw

「…何れわかる」
哀しい表情をしたフラウから何も聞けなかったですけどどうも記憶を読んだわけじゃなさそうな…
「何一つわかってなかった 
フラウの言った言葉の意味も、ミカエルの瞳の存在すら 本当の意味さえも…」

二人の様子を見ていたカストルも教会の中に潜む何かを危惧していましたが
後ろにクロユリの姿があるんですけど!!
しかも次回予告でクロユリと一緒にいたのはバスティンじゃないですか?(汗)

次回「共に戦う理由…戦友と呼ばれる資格」

http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1684.html

テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック
07-GHOST    Comment(4)   TrackBack(21)   Top↑

2009.06.29 Mon
シャングリ・ラ 第13話「飛行少女」
今回は久々にバトルメインで盛り上がりました!
もっとこの部分全面に押し出してくれればいいのになぁ。
ブーメランを持った國子は向かうところ敵無しですね、けどその無謀さがいいかも?(笑)

総裁となってアトラス制圧へと乗り出した國子!
トップとしての演説も中々様になってきたみたいですね(笑)
「私達メタルエイジは 未来に生きるための、未来を勝ち取るための戦いを始めます!」
モモコさんも合流したところで準備を進める國子達だけどあんまり緊張感がないのがらしいというか逆にいつもどおりで安心します、モモコさんのノリもいいしw
「恐れてはなりませんぞ アトラスで何があろうとも」
「必ず勝ち取って見せます みんなの未来を!」
凪子さんの言葉に元気づけられてアトラスへ向かう國子。
全員じゃないけど、総裁となった國子はメタルエイジ以外の人達からも受け入れられたみたいで、よかったなぁ。

まず國子達が向かったのは元横田米軍基地ですか、道中でのモモコさんと武彦のやりとりが面白いなぁもう!憎まれ口叩きあいながらもこの二人もかなり仲良しですよね(笑)
國子のことを総裁と呼ぶことになれないつつも、
モモコさんに窘められた後はちゃっかりさらっと呼んでるしw
待ち合わせ場所にいたのはKD@中博史さん!また豪華なキャスティングで♪
どうやら秋葉の三爺の知り合いっぽいですがあの三人て顔広いんだなと(コラ)
用意されていたのはブーメラン型のステルス戦闘機!

「名前もわからないやつが信用できないかい?お嬢ちゃん」
「この戦いには、地上で生活する人、全ての未来が懸かってるんです」
「そいつはご立派な意志だが、あんたら以外の誰がそんなことを望んでる?」
確かにこれはドゥオモの人達やメタルエイジという一部の人達の望みであって
全員が希望だとは限らないわけですけど…國子は自分がそうしたいから動くんですよね

その頃地上ではアトラス工事の最中に暴動を起こし國子達の侵入を援護する形に!
海軍の失敗が影響して陸軍の動きが慎重になっているという凪子さんの予想もあたり
あとは國子達が無事たどりつけるかどうかですが…
戦闘機のステルス機能もアトラスのものよかったために制空圏内へは簡単に入ることができましたが、予想通り空軍の攻撃が!!
「相変わらず腰抜けな連中だが 一応は空軍だからな」
格納庫を空けてミサイルを撃つ真似事をしたりとKDの機転は凄いですね!
とはいえ本当にミサイルなのか確認せずに退避する空軍もちょっとどうかって感じですが;
元々KDは軍人だったんですかね…ってもしや軍爺もれっきとした元軍人だったり?(苦笑)

香凛はまた金儲けに力を入れてるみたいですね、先週は可愛かったのにw
「日本政府ってば、この前アンタに軍艦を沈められちゃったばっかりなのにバカだよね」
次にメデューサを仕掛ける時はタルシャンも関係してきますかね?
そういえばタルシャンはアトラスの最高顧問だったみたいですけど、
突然日本にきた理由はやっぱりディグマ関係のことなのかなぁ…

焦った軍上層部はアトラス上空でミサイル迎撃を開始!
…ええとこんな建物が密集してる所で使うなんて何考えてるんですか(汗)
空軍のミサイル攻撃をチャフで一網打尽にしたKDに、ブーメランを持った國子が自分で行くと宣言!
「これが…メタルエイジの…宣戦布告だぁ!!」
酸素マスクのみで機体の外に出た國子はあっという間にミサイルを撃破しちゃいました
ちょ、これは一体どういう仕組みになってるんですかw
涼子が楽しい冗談だって言いたくなるも解る気が(笑)

アトラスを危険にさらしたことを理由に空軍司令を解任し、首都防衛のシステム管理をゼウスに移行させ、涼子のいる総理特別執務室が当面の司令本部となることに!
「烈音 空軍できちんとお使いのできる子はいる?プレゼントも必要よ」
國子を抑えるために涼子が出した指令とは…?

人が次々と死んでいく様子をみて楽しそうに笑う美邦に家族や仲間を護るために戦っているのだと諭すミーコ。
「美邦様は、ミーコが死んだららいかが思われますか 目の前から消えてしまったら…」
いなくなったら嫌だと涙を流して縋りつく美邦は、ミーコから大切なことを教わりましたね
これで命を弄ぶようなことをしなくなるといいんですけど…
こうしてみてるともうミーコは國子達の所へ戻ってくることがなさそうな気がしますね(汗)

「相手がなんだろうと、ここで引き下がったら全てが無駄になる
仲間を裏切るくらいなら、死んだほうがマシです!!
ありがとう 私、KDさんの腕を信じてます」

勢いに押されて國子の作戦に乗ることにしたKDが國子に本名を名乗るシーンがいいなぁ!
それにしても國子ってばいつの間にこんなに熱い子になったんですか(笑)

「うまくいったら 追加料金だからな!!」
ハッチをあけて戦闘機に飛び移れるよう機体をコントロールするKDが凄い!
「ニューハーフに弾は効かないわよ!」
あはは、相変わらずこんなときでも下ネタなモモコさんがw
動きを止めようとした國子達を援護したのは一体何者なのか――
以前の池袋砲撃事件のときと関係があるみたいですが、國子に協力してると見ていいのかはまだちょっと謎ですね…
二体目の戦闘機も時限装置で爆破した國子達!

その間にKDがメタルエイジのメンバーをアトラスに降下させますが、三体目は擬態装甲を装備して雲に紛れていた一体がステルス機を襲います。
「あたしの仲間は殺させない!」
ブーメランを持った國子が無敵で凄すぎる!攻撃の反動をそのまま足で受け止めたり
なんだかこのあたりの動きがかっこよかったです
「本当に暑苦しい奴だ……勝てよ 小娘」
國子の心意気を認めたKDはまさか最後の機体とともに心中する気ですか?!
それを見た國子は、ブーメランで数回攻撃し、見事撃破しました
背中の翼が故障して落ちていく國子を見事キャッチしたのはやっぱりモモコさん♪
近衛さんも寸前のところで何とか脱出できたみたいでよかったです!

今日からEDの絵が変わりましたね~これってもしかして原作の絵なのかな?
モモコさんが美人でドキドキしました!
個人的にはアニメ本編よりこっちの感じの方が好きです(`・ω・´)

次回「変貌都市」

http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-417.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/13-5e3b.html

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック
シャングリ・ラ    Comment(2)   TrackBack(32)   Top↑

2009.06.28 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第13話「ダブリスの獣たち」
『ついにセントラルへ異動となったロイ。
一方、ホムンクルスたちに重傷を負わされたスカーも、セントラルへ向かうべく行動を再開する。その頃、真理の扉の記憶を取り戻すためイズミの元に滞留するアルのもとに、「おまえの秘密を知ってる」という怪しげな一派が接触を図ってきた。彼らはなんと全員キメラだというのだが・・・。』


「わが弟子ながらたいしたものだ でもケジメはつけなきゃならないんだよ、破門だ」
拳を握り締めながらお世話になりましたとお礼をいうエドは、その日の列車で帰ろうとするけど、イズミうさんがエド達を破門にした本当の理由をシグさんに教えられて急いで戻ります!
「師匠でも弟子でもなくなったってことは、
これからは一人の人間として対等に接するってことだ 何を遠慮することがある」

でも錬金術をあんなことに使ってしまった以上負い目もあるし、エドにとっては破門にされて会えなくなっても仕方ないって思ったんですよね
「どのツラ下げて戻ってきた!!」
ダブリスにきた本当の目的は賢者の石について教えてもらうこと
だけど戻って早々師匠の包丁攻撃が!(笑)
ドレッドヘアーが蛇みたいに動いてて原作より怖いです 師匠w
「…ばかたれが」
エドとアルの熱意に押される形で結局また引き受けちゃいましたけど
師匠ってホントこういう風に押し切られることに弱いんだろうなぁw

全身を持っていかれた形であるアルは、真理の言う「通行料」からしたら一番近いところにある、だからアルの記憶が戻れば真理についてわかるかもしれないし、身体を取り戻す手がかりになるかもしれないんですよね!
真理の表現が抽象的すぎるエドと師匠が(笑)
「それでも、手がかりが掴めるなら…それにすがりたい!」
イズミさんが知り合いに記憶を戻す方法を聞いてくれることに!
だけどその前にまず腹ごしらえ…っていつもどおりなイズミさんがいいですね♪
そんな三人の会話を盗み聞きしてたビドー…ってこんなとこでの登場ですかw

その頃、東方司令部では大佐がセントラルへの辞令を受け入れていました。
餞別ついでに…といいながら自分の部下の司令部メンバーごっそり連れていっちゃうのがまた(笑)
それぞれの場面がカットされていきなり招集場面になってるのが残念(苦笑)
あ、でもハボの彼女ネタはしっかり入れてくれたようで何よりですw
ってこの彼女が厄介なんですけどねぇ…(ぁ
ハボックにせっかくできた彼女とも別れろときっぱり告げる大佐が酷い(笑)

スラム街で保護されたスカーは師父と再会していました。
復讐は結局復讐しか生まないからどこかで断ち切らねばならない――
けれどスカーにとってそんな風にはわりきれないんですよね(汗)
っていきなりヨキ中尉@矢尾さん出た!!(笑)
かつての地位に返り咲いてエドに仕返しするためにスカーの居場所を賞金稼ぎに売り渡すとか相変わらずやり方が汚いw
「俺がここにいては迷惑になるようだ」
スカーを捕まえようとした二人組もあっさり倒されちゃいましたが…
スカーに怯えまくって一生ついていくとか口にしちゃうヨキが(苦笑)
まぁこんな人だけど極稀にいいこともしますし(ぁ

店の前を掃除していたアルだけど、メモの気づいてデビルズネストに向かうことに!
ってもう向かっちゃうんですね、話が早いなぁ(苦笑)
「ボクもね、ボクの秘密を知りたいと思ってる」
一味と対面したアルだけど、師匠に知らない人についていっちゃいけないといわれてるからとか…師匠との約束破ったら怖いですもんねw

「自分で考えた結果…おじさん達をふんじばって秘密とやらを訊く事にしたよ」
会って早々アルの足蹴りを喰らうことになったドルチェットがw
この後もドルチェットの不運っぷりは続きますよね、アルに張り手もらうことになるし(笑)
ってあれ、アルがひょいひょいとダブリスの街を逃げ回るのはカットですか
鎧の頭をとられて体の中に入られたアルは体の動きが鈍り後ろ手をとられて拘束されてしまいました
「そいつらはキメラ 俺の手下だ」
グリード@中村さん―!!
思ったよりも違和感ないですがやっぱり慣れるには多少時間がかかりそうw
…中村さんのグリードだとちょっとかっこよすぎる気もしますが(マテ)
なんだろう、こう諏訪部さんだといい意味での泥臭さとかもあったと思うんですけどね、まそれはさておき!
というか登場も早いけどメンバーをキメラだってばらすのも早い(笑)
マーテル達との会話は省いて欲しくなかったなあ…

「ありえないなんて事はありえない」
目の前にいる一味達も牛や蛇、トカゲやワニ、犬とかいろんな動物と合成させられてキメラだと…そしてそれを成功させたのが軍だといってましたけど、このあたりも今後の伏線ですよね
なんだか随分さらりと流されちゃいましたが(汗)
「ちなみに俺はキメラじゃねぇ ホムンクルスだ」
ちょ、グリードってば自分でばらした~!(笑)
まぁそりゃウロボロスの刺青見たら一目瞭然ですけども…そこはちょっと違うんじゃw
ホムンクルスの証拠を見せるためにロアに殴らせて一回死んでみせるグリードが(苦笑)
アルが魂だけ錬成された身体だということも裏の情報網から入手済みってわけですね

「魂のみで死ぬことのない身体ってのは、どんな気分だ?
個人の魂のみ錬成させ他のものに定着させる…
やりようによっては永遠の命を手にいれられる、違うか?
俺はグリード 強欲だからよ
金も欲しい!女も欲しい!地位も名誉も!この世の全てが欲しい!!!そして永遠の命もだ!」

ホムンクルスといえども決して不死身なわけじゃないんですよね
だからこそアルの身体の秘密を知って役立てたいと…

けどアルには魂を錬成された時の記憶がないし、錬成したのは別人だと言います
…錬成した本人が今はいないって呟くアルが見たかったなぁ(笑/コラ)
というわけで誘拐されたアルのお迎えは師匠じゃなくてエドにチェンジ!!
開口一番にグリードがホムンクルスだってばらすのは一緒ですねw
同じウロボロスの刺青をした相手を第五研究所で見たエドは、魂の錬成方法を知ってる同じ仲間に聞けばいいと…
「ちとわけありでな そういうわけにはいかないんだ」
まぁこのあたりのことは追々ってことだから今はあえて省略ですね

ホムンクルスの製造方法尾を教える代わりに魂の錬成方法を教えろと取引を持ちかけるグリード!
本当に元の身体を取り戻すより、食事も睡眠も必要としない方がいいんじゃないかというグリードに、ついに堪忍袋の尾が切れたエドが―!!(笑)
「魂の錬成方法だぁ!?んなもんミジンコ一匹分もくれてやる義理はねぇ!!
悪党はボコる!どつく吐かせる!もぎ取る!すなわちオレの総取り!!!
悪党とは等価交換の必要無し!!」

あはは、あの師匠あってこの弟子ありって感じですねw
エド@朴さんの演技が凄すぎて笑っちゃいました(コラ)
エドにとってはアルを誘拐して好き勝手何言ってやがるんだって感じでしょうし!

力ずくでエドを捕まえることになったけど、先行したドルチェットもあえなく倒されてる~(笑)
あ、さすがにグリードVSエドのバトルは見ごたえありましたね
奇襲でグリードを頭から床に叩きつけたエドだけど、いとも簡単に立ち上がるグリード…
「ちょいと再生能力が過ぎるのと『最強の盾』があるだけだ」
自分が傷だらけになるのは平気だけど、身内が少しでも傷つくと耐えられずに冷静さを失うとエドの行動を言い当てるグリード。
エドも不死身じゃないってことがわかってるから、生身の部分を攻撃し続ければ…と思っていたけどグリードは体の一部分じゃなく全身を盾て覆うこともできるんですよね(汗)
その頃、アルとエド二人とも姿をくらましたことに怒り心頭なイズミさんがw
「もっぺん弟子にさせて、ものを大切にしろってとこから叩きなおしてやるかぁ!!」
あはは、本気でやりかねないから怖いです、でもそんな師匠が好きだw
エドがデビルズネストという店に入っていたと知った師匠も後を追うんですよね
…ってメイスンさんはこのことをイズミさんに報せるだけの出番ですか(苦笑)

「ありがとよ 頭に上ってた血が少ーし抜けて脳味噌が冴えてきた」
オートメイルもボロボロで壊れる寸前だけど、窮地の中でグリードへの対抗策を編み出したエド!
ホムンクルスといえど体の抗生物質は人間と同じ炭素
炭素原子は結合の度合いによって硬さを自由に変えることができる、
そこまで仕組みがわかればあとはエドの得意な分野ってわけですね
グリードの体の炭素の結合を脆くして、そこに攻撃を仕掛けることに!!
「そして今わかったことが一つ 硬化と再生を一度にすることはできない!」
だけどエドの体力が限界に近づいているのも見抜いていたグリードは、
あと何回その攻撃も持つのかと見計らっているようで…

「はいちょっと失礼するよ」
恐怖の師匠キタ――!!
掃除の途中でいなくなったエドに早速激怒する師匠がw
ってこの役目は本当はアルなのに、エドってば可哀想に(笑)
女と戦う趣味はないって油断してたグリードが師匠に一撃で蹴り飛ばされるとかw
「通りすがりの…主婦だッ!!!」
というわけで師匠の名言で終了しちゃいましたw
また何とも微妙なとこで切っちゃいましたね!
本編に色々気になるとこはあるけど師匠の行動が楽しかったのでまいっか(笑)
あ、でもグリード一味はやっぱりキャストさんがらりとかわっちゃいましたね
中に大川さんとかうえださんとかいたのに…(ぁ

新CMで新章突入の報告ありましたが…リン@宮野さんですか!?
ますます00メンバー勢ぞろいって感じになりますね(笑)
むしろ次回予告よりもこっちが気になっちゃいましたよ!

次回「地下にひそむ者たち」

http://blogs.yahoo.co.jp/sebasuciel/2819330.html

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(61)   Top↑

2009.06.28 Sun
戦場のヴァルキュリア 第13章「戦慄の移動要塞」
『今回ウェルキンたちが攻略命令を下されたのは、ガリアでも有数のラグナイト産出量を誇る工業都市ファウゼン。この街はダルクス人が住民の約3割を占め、山岳地帯に位置する。ドライ・シュテルンが一人グレゴール率いる帝国軍は、この地形を利用し装甲列車エーゼルで難攻不落の要塞を作り上げた。ウェルキン達に課された目的は、装甲列車エーゼルの破壊と、占拠している帝国軍の指令中枢である採掘基地の制圧、そして帝国の支配の象徴である"ダルクス人強制収容所"の解放である。この作戦への参加に気が重いロージーの前に、ダルクス人レジスタンスのリーダーである、ザカが現れた…。』


ウェルキンの戦果が正規軍内部でも評価され始めたものの、それを理解しようとしないダモン将軍のやっかみが…
戦意の高揚は必要だけど、そのシンボルが義勇軍である必要がどこにあるって
大体作戦で失敗しておいて今更何言ってるんですか…
「これからの戦争はより高度な教育を受けた専門家達のものになっていく
そこに素人など必要ない 英雄は、我ら正規軍にこそ必要なのだ」

その教育を受けたはずの人達がまともに指揮できないからこんなことになってるんじゃ(ぁ
活躍する義勇軍を目障りに思っている上層部は、工業都市ファウゼンの奪還を任務として与えたのでした。自分の手を汚さずに戦死として処理しようとするダモン将軍をホントどうにかしてください!!

ウェルキン達も、これが無茶な作戦ということは重々わかっているけど、ガリア有数のラグナイト算出量を誇るファウゼンがどちらの勢力化にあるかで今後の戦局は大きく変わってくると…
ってウェルキンはどこか上の空ですね~
ファルディオが告白したことは気になってはいるんだ?(笑/コラ)
でもそれが判断を鈍らせることにならないといいですけどね…
本来ならば、防衛に向かないはずのファウゼンを難攻不落の要塞とかえた装甲列車・エーゼル
桁外れの射程距離で一方的な攻撃を可能として近づくこともままならないそうですが…列車の破壊を第一とするために他の小隊を陽動にしてウェルキン達を潜入させる作戦って(汗)
先行した第五小隊はほぼ壊滅しちゃったみたいですし…
「仲間の犠牲に報いるために、何としても俺たちは町へ潜入するんだ」
陽動部隊を撤退させるまで追い詰めたグレゴールも慢心することはないようで
地形とエーゼルが成した仕事だと冷静に受け止めていました。

ウェルキン達は、ファウゼンのレジスタンスの協力を得て潜入することに!
ロープ一本で切り立った崖を難なく降りていくアリシア達って凄いですよね(笑)
比較的簡単に潜入できたアリシア達を迎えたのは、レジスタンスのリーダー・ザカ@中井さん!
てっきり隻眼なのかと思ったら予告でしっかり両目開いてたから…
癖か何かでいつも瞑ってるんですかね、個人的には隻眼でもよかったですけど(コラ

ただ、ダルクス人だというだけでわざわざ喧嘩を売っちゃったロージーが!
今は任務中だから個人のことは後回しにして欲しいところだけど、
そういう風に割り切れない何かがロージーの過去にあるんでしょうね…
「差別にゃ慣れてる アンタがどう考えていようが俺には関係ない
だがこれだけは忘れるなよ この街は俺たちの街だ
アンタが何をするにも俺たちの協力が必要になるってことさ」

だけどザカから正論を言われてますます苛立っちゃったみたいですね
相手のリーダーがダルクス人だとわかっていてロージーと引き合わせたらこういう諍いが起こることも予想されたけど、ロージーの力が必要だから選ばれたんですよね、いざというときの潔さも銃の腕もあるでしょうし、そういうとこウェルキンはちゃんと見てると思いますよ!

ファウゼンが閑散とした街になってしまったのは、帝国軍に占領されダルクス人の強制収容所ができてから――この街だけではなく、帝国側からも招集され強制労働をさせられている現状に、施設を壊してファウゼンを自分達の手に取り戻すというザカ。
「そのためにずっと戦ってきたんだ」
そしてこのレジスタンスとの利害が一致したため義勇軍と協力することになったんですね
打ち合わせのため呼びにきたファルディオがアリシアを部屋へ招き入れたときの仕草が(笑)
つい気になってそっちを見ちゃうけど、すぐに視線をそらしちゃうウェルキンにニヤニヤ♪
自分の中でモヤモヤしてるけどまだ自覚はしてないんだろうなぁ(笑)

まずはレジスタンスに感謝を述べてから作戦の概要に移るウェルキン!
作戦としてあげたのは、ファウゼン攻略の要となるエーゼルの破壊、
敵司令中枢である採掘基地への攻撃、ダルクス人強制収容所の解放の三つ。
開始されるのは深夜二時で収容所解放のA班のリーダー・ラルゴ
そのサポートと走行列車の破壊を目的としたB班のリーダーにロージー、
残りのメンバーで基地襲撃を行うC班とに別れることが決まりました

目的の最優先は列車の破壊であり、収容所と基地襲撃はそのための陽動…
敵には最後までレジスタンスの暴動程度と思われている方がやりやすいというラマール
何せ列車が破壊されない限りは正規軍は進行してなこないみたいですし
そこまでは義勇軍が紛れているとばれない方が戦いやすいんですよね
って正規軍はまた一番おいしいとこどりですか…

「この作戦には意義があります どんな理屈を並べたところで、帝国のやっていることは間違っています 人を人種で選別するなんて決して許してはいけないことです
だから、最後までやり遂げましょう!」

イサラの言葉でメンバー士気も高まったようで!
後ろでうんうん頷いてるラマールが可愛いじゃないですか(笑)

作戦開始まで自由行動になったものの、ファウゼンの地形を把握するために外にでるロージーだけどウェルキンはその案内&お目付け役としてザカに頼んだんですね!
少しでも二人の険悪なムードを和ますために一緒にしたんだろうなぁw
でもロージーも本当は優しい人なのかな、迷子の子供を助けようとしてたり…
もしかしたら昔の自分と重ねていたのかもしれないですけど…

帝国兵の目を誤魔化すためにちょっとやりすぎですよザカ(笑)
先週の予告だとロージーがピンチっぽかったけどこういうことだったんですね
「どうこう言われる筋合いはないはずだぜ?差別はあんたの専売特許だからな」
ロージーも思いっきり肘鉄食らわしてたけど、ザカが悪い人じゃないってのはわかったんじゃないですかね!ロージーもツンデレっぽいからザカに対しても態度が変わってくんじゃないかと♪早くダルクス人への偏見がなくなるといいんですけどね^^

一方でファルディオも積極的にアリシアと会話してないですか??
ウェルキンが休んでる間に何だか二人も親密になってるし(笑)
まぁでも起きてても何も言わないだろうしなぁ…こっちもどうなっちゃうんですかねw

そしてロージーに興味を持ったザカはB班に同行することにw
「一つ言っとくよ アタイは女である前に義勇軍の兵士さ」
「臭うんだよ アンタは誰よりも人間臭いぜ」
なんだか今後一気にこの二人の仲が進展する可能性がでてきましたかね(笑)
ザカ@中井さんの活躍が楽しみです♪

次回「ファウゼンの選択」

http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51214073.html

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック
戦場のヴァルキュリア    Comment(0)   TrackBack(33)   Top↑

2009.06.27 Sat
大好きな声優さんに会いました!というタイトルにして下さいバトン
まったり感想日記のはなさんのところで見かけたバトン、
面白そうなのでこっそりお持ち帰りさせてもらいました♪


【ヲタク専用地雷バトン】

ルール

★タイトルは必ず『大好きな声優さんに会いました!』にしてください。
★ヲタクだと言われた事のある人
★自分はヲタクだと思う人
★なんかよくわかんないけど、アニメとか漫画とか好きだ!


上記に当てはまる方は必ずやってくださいとのことですがご自由にどうぞ~(笑)

テーマ:バトン - ジャンル:アニメ・コミック
バトン    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2009.06.26 Fri
Pandora Hearts -パンドラハーツ- 13話「歪んだ記憶の住人」
『オズ達は行方不明になったブレイクとアリスを探し出すため、
シャロンのチェイン・エクエスの力を使って、チェシャ猫の住み処へと向かう。
そこにたどり着いた直後、チェシャ猫が襲いかかってきた。
シャロンの助けにより一時は逃げ切ることに成功するが、再び現れたチェシャ猫の襲撃により、オズとギルバートはぐれてしまう。一方その頃、パンドラの本部では――』


エクエスの力によってチェシャ猫の空間へとやってきたオズとギル!
到着して早々オズの影からシャロンの声がするとかびっくりですね(笑)
ブレイクの影についていたはずのエクエスだけど、ブレイクを見失ってしまったからオズの影へ…ってことだったんですね
淡々とブレイクに何かあったんだろうというシャロンがw
影と影と繋ぎ、行き来可能な穴をつくるエクエスの能力――
ブレイクが行方不明になれば変な場所へ飛ばされる可能性もあったけど、結果たどり着けたから問題ないってそんなアバウトな!もしチェシャ猫の空間じゃなかったらどうしたのかと(笑)

「とにかく今は、二人を探してください
まぁブレイクはそう簡単には死にはしないでしょうから どうぞアリスさんを優先して」

確かにブレイクなら自分の力で何としても脱出しそう…
シャロンも信頼してるからの言葉ってわけですね(笑)
そんな中、オズとギルの前に早速チェシャ猫の襲撃が!!
素早くオズを抱え込んで守るギルがいいなぁ(コラ)

アリスとブレイクをどうしたのかと訊ねるオズが感じた違和感…
チェシャ猫の目が一瞬ブレイクと重なったっていうのが気になります!
もしかしてチェシャ猫の左目がブレイクの…ってことなんでしょうか(汗)
「赤眼の奴なら、さっき鏡の中に引きずり込まれていったぞ
今頃己の過去に抱かれて 深い眠りについているはず…」

アヴィスの意志にとって邪魔になる存在を片付けようとするチェシャ猫
どうするのかと戸惑うオズはギルに相談するけど、
ギルってば目の前のチェシャ猫見て固まってる―!!(笑)
ちょ、まだ猫嫌い克服してなかったんですか、
しかも見るまで『猫』だと気づかないとか、そんなギルも可愛いですけど(マテ)
というか普通の猫だけじゃなく猫耳とかもダメなんですかね?

一歩も動けないギルの代わりにオズを助けるためシャロンがエクエスを発動!
おお、シャロンのチェインは一角獣なんですね、中々カッコイイ♪
エクエスを見てようやく我に返ったギルが(笑)
本来は情報収集がメインだけど戦闘能力が劣っているわけではないんですね
「チェシャ猫、私は貴方からアヴィスの意志の情報を聞きに来ました
私も、ブレイクも確かめたいのです 百年前の真実を…」

アヴィスの意志にたどり着けば、百年前の全てのことが判明するのかな…
結局チェシャ猫もオズ達を追って姿をくらましてしまいました。
あ、でもエクエスがオズの影から離れちゃったらどうやって現実世界と繋ぐんだろう(汗)
一方で、シャロンの後ろに迫る影はどうみてもエコーですけど一体何をしにきたのか…
ブレイクがいない時を見計らってって何を企んでるのか、ヴィンセント@福山さん怖すぎですw

延々と続く階段を走りながらアリスを探すオズ達の前に現れたアリス――は偽者!
「それは歪んでしまったアリスの記憶」
いくら偽者とはいえ躊躇いもなくギルが凄い(汗)
この世界で再生される記憶は侵入者を排除するもので、
取り込まれたら時の狭間で永遠に苦しみを味わうことになると告げるチェシャ猫!
「それはとても辛いこと だからどうせならチェシャの餌になれ」

そして、この空間はアリスの記憶によって作られたもの…
ってあれ、チェシャ猫の空間だっていってたのにアリスの記憶っていうのはどういうことですか?
ギルに近づいたチェシャ猫は、レイヴンの力でビーラビットの力を封じていると知ると
爪でギルの胸を抉り、その衝撃でギルは階下へ落下していっちゃいました!!(汗)

「お前達は、アリスの記憶を集めているんだろ?何故そんなことをする」
「そんなの…アリスがそれを望んでいるからだ!」
そのオズの言葉に嘘つきと連呼し、アリスは全てを忘れたかったから自分の意志で記憶を破り捨てたのだと…アリスは記憶を失ったんじゃなくて自ら捨てたんですね
そこまでしなければならない程の理由が何なのか気になりますよ…

「バラバラになった欠片はお前達の世界に散らばり、この記憶のみが自らを殻の中に閉じ込めた チェシャの役目はここでアリスの記憶を誰にも見せずに守り続けること…
ここにあるのは アリスの最も消し去りたかった記憶だから…」

アリスのためにこの空間に存在することがチェシャ猫の存在理由だったんですね
だから人との契約も必要ないし、現実世界に出る必要もなかったのか…
それなのにオズ達が記憶を集めているとわかって冷静じゃいられなかったんですかね…

「なぁ 教えてくれ…お前は 私の何なんだ…
こんなに近くにいるのに、私にはその顔が見えない…
お前のことを 思い出せたなら…ようやく私にもわかるのかな 私が一体何なのかを…」

記憶の空間の中で出会ったジャックに語りかけるアリスが何だか切ない感じで(苦笑)
アリスにとって記憶を取り戻すことは辛い過去と直面することにもなるんですかね…

その頃、会議のためパンドラ本部に訪れていたオスカーですが、レインズワース公爵が体調を崩しあたことで延期になっちゃったようで…
あ、レイム@諏訪部さんも再登場してくれて嬉しいです(笑)
廊下を進んでいた二人の目の前に人が倒れてると思ったらヴィンセントですか!
契約したチェイン・ヤマネの影響で気を抜くと力にあてられてすぐに眠っちゃうとかw
普段はエコーがいるから眠っても大丈夫だということですが、
「生憎 今はお使いに出していまして」
ヴィンセント@福山さんの言い方が黒くて気になる~!
表情が見えないのも腹黒さ倍増って感じがしますよw

ヴィンセントが呼び出されたのは、グリム事件についての報告…
本当は、殺さず捕獲して情報を引き出すことを命令されていたのに、ヴィンセントはいとも簡単に殺しちゃいましたからね…子供を助けるための名目で"誤って"殺してしまったと理由づけようとしたっていうブレイクの線はやっぱりあたってたのかな(汗)
でも、その際に助けた少年がアヴィスから生還したオズだということは報せていない…
「パンドラの者に知られたら大変ですからね」
…というかすぐ傍でレイム@諏訪部さんが思いっきり聞いちゃってるのですがw
巻き込まれ損なのにオスカーとヴィンセントの間に挟まれてタジタジになってるレイムがw
それにしても存在感のないレイムが悪い…って意地悪だなぁ(笑)
でも悪い人じゃなさそうだからパンドラに報告はしないですかね
ビーラビットと契約済みの違法契約者ってことも自慢げに話してるオスカー、
どうみても全然隠す気なさそうですしw
「ベザリウス公、夜はまだ長いことですしゲームでもしながらお話しませんか?」
「いいですなぁ お相手しましょう」
ちょ、チェスのやりとりしながらお互いの腹の探り合いってわけですか!

そして、その場でバスカヴィルの民について残されている記録を元にして説明するレイム。
彼らは四大公爵家によって倒されたバスカヴィル家の者達――
元々表舞台にすら出てくることの無かった一族だから、真実を知るものも少ないのだとか。
オズ達を襲撃したのはその一族の生き残りというわけなんですね
百年前に起こった『サブリエの悲劇』とは、かつての首都サブリエがその当時の当主、
グレン=バスカヴィルによってアヴィスへと堕とされた事件!
そしてその時ジャックが止めていなければ国そのものがアヴィスと化していたかもしれないと…
ということはジャックは百年前の人間でベザリウス家の英雄ってことなのかな?

「代わりに我々は手に入れたんです バスカヴィルが保持し続けてきた力
アヴィスへと繋がる四つの扉、即ち四体のチェイン」

けれど、パンドラの目的はアヴィスの意志を手に入れることにあり、その意志のある最下層に到達するにはバスカヴィルの持つ五つ目の扉を手にいれなければならないのだとか。
同じようにアヴィスの意志を求めているバスカヴィルも、四大公爵家の持つ扉を必要としているため、どちらが先に扉を手に入れることができるかによってその勝敗は決まるんですね
「パンドラが最後の扉を手に入れるその時まで我々にとって…」
パンドラ側の人間なのにバスカヴィルとも接点を持ってたり独自の行動とってるヴィンセントが気になります…もしかして自分一人でアヴィスの意志を手に入れようとしてたり…?

バスカヴィルが再び現れるきっかけとなったオズやアリスをどうしてパンドラへ連行しないのか…
「お前さん、一体何を考えている?」
「僕は、いつだって……ギルのことばかり考えてますよ」
あはは、ヴィンセントがいうと冗談に聞こえない、というかホントのことですよね(笑)
実際のところ、グリム事件を口外しないよう、しっかりギルに口止めされたからだとかw
「パンドラより、僕にとってはギルのお願いの方が重要ですからね
兄さんが望むなら、僕は口を硬く閉ざしましょう」

うーん、あえて報告しないのは何か別の意図もある気がする…
何せオズはアヴィスの意志を手に入れるための鍵なんですし(汗)
いまいち何を考えてるかわからないヴィンセントのやりとりは、オスカーにとっても疲れるみたいですねw

一方、アリスの記憶の中でオズを探すギルだけど、どこまでも同じ景色の中を彷徨っていました
チェインとだというのに人間に近い存在のアリスに困惑するギル…
「あの少女と黒ウサギ どちらが本当のアリスなんだろうねぇ」
ブレイクとの会話の中で百年前の事件の当事者ということや、ブレイクの求める真実があるかもしれないということを聞いていたギルは、自分に語りかけていたジャックと対面!
初めて顔が明らかになりましたけど、何だか成長したオズに見える(苦笑)
「私の名前は…ジャック ジャック=ベザリウスだ」
ついに姿を現したジャックはギルに何を語ってくれるのか…
随分とシリアスな展開になってきそうですね;

次回「紅き隻眼の悪魔」

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/pandora-heart-1.html

テーマ:Pandora Hearts - ジャンル:アニメ・コミック
Pandora Hearts    Comment(2)   TrackBack(19)   Top↑

2009.06.25 Thu
NARUTO疾風伝 115話「再不斬の大刀」
水月@近藤隆さん―!!
公式で先に知りましたけどついにナルトで近藤さんに日の目が…(涙/コラ)
料理忍者とかサイの兄とか色々ありましたけどまさか近藤さんとは!!
どうしよう、原作以上に水月が可愛く見えて困る、サスケの言うことに不満を洩らしつつも一応従ってて素直なところあるしアニメだと左前歯がちょっとだけ大きめな八重歯だしw

「僕を選ぶ君はともかく…あの二人を選ぶ君もどうかと思うよ、サスケ」
「ぐだぐだ煩い 服を着ろ」
サスケに服を着ろって言わせちゃう水月が好きだ(笑)
っていうか全裸で水遊びしてる水月が―!!
水月からしたら面識はあるけれど大蛇丸のお気に入りで自由に動けたサスケが気に入らないってところなんでしょうね、それで自分を助けてくれたのは幸いってことだけどただで従う気はない…と。
でも命を握られてるような状況でも動じないサスケをある程度は認めてるというかそういうところがあるのかなぁと!
再不斬の首斬り包丁の在り処を教えて見つけられたらサスケのやることを手伝ってもいいと言う水月。それにしてもサスケと対等な立ち位置でいられるっておいしいポジションですよね(コラ)
ナルトはライバルだし同じといえばそうなんだけど、サスケが断ち切ろうとしてる分元の関係には戻れるかどうかわからないしなぁ…

ちょ、なると大橋を見上げてフッって笑うサスケを何でカットしたんですか~!?
ここで戦ったことを思い出して昔を一瞬懐かしむサスケが見たかったのに…
思い出に浸って笑える気持ちがあったというね…なんでもなくないですよホント(苦笑)
というわけで波の国にきたサスケと水月だけど、肝心の首斬り包丁がないという;

ひとまず探しに出た二人だけど、街中でガトーの部下・ゾウリと遭遇します
この人まだ生きてたんですね…(ぁ
大刀を探す前に水月は腹ごしらえですか!
一体何個餡蜜食べれば満足するんだろうか…一瞬銀さんかと(マテ)
でも この落とし前はどうつけてくれるのかな?
あと二人を集めてこれからどうするのか…は全員揃ってからしか話してくれないというサスケに天下でもとるつもりなのかと聞く水月が(笑)
…サスケに限ってそれはないと断言できますよねw
「俺が獲るものはもっとでかい」
「他の奴がそんな話しても信じられないけど
君がいうとホントなのかなって信じられるのが不思議だよね」

初回から水月とサスケの会話が多くていいなぁ!
あんまり喋らないサスケだけど水月に対してはそんな嫌そうじゃないし…
というかサスケは波の国でもモテモテですね、さすが!!(笑)

タズナさんの家へ向かったサスケ達だけど、生憎橋の工事に出張中でいないと!
丁度再放送で波の国篇のクライマックスだから不思議な感じがしますw
大刀を持ち去ったのは大黒天善という人物でした!
本当は再不斬を捕まえにきたそうですが、既に死亡しているということで代わりにもっていったんだとか…
水の国の側近で霧隠れで再不斬がクーデターを起こした際にその手下を殺されたことを根に持っていてって逆恨みですか。大盗賊団を率いる頭領で森の中に城を構えているという人物だと…

その夜城に忍び込んだサスケは自分で水月だと名乗り明後日攻め込む宣戦布告をします!
そして水月には他の豪族がテンゼンの城に兵を引き連れて攻め込むと嘘の情報をして
どちらが先に大刀を手に入れるのかという賭けをします!
ルールとして誰一人殺さないことを条件とするけど、これって水月の実力を試そうとしてるんですよね(笑)
馬に飛び乗って刀を抜く→鞘にしまうサスケがかっこよくて見入ってしまった♪
後は水月に任せて木の上から高みの見物してるサスケがw

難なく天守へと到達した水月は首斬り包丁を持っていた敵に真っ二つにされますけど
体を液状化させる能力があるからそう簡単には死なないんですよね!
なんだか体が半分で喋ってる水月が妙にシュールでした(笑)
「でも羨ましいよ 特別な訓練がなくてもその刀を振り回せるなんて」
恬然を威圧する水月@近藤さんボイスがいい♪
しかもあれですね、水分補給のためにわざわざ水筒を持ってきてくれるサスケとの関係が!!
なんだか原作より仲良しに見えるんですがこの二人(笑)

「勘違いしてるようだけど、僕と再不斬さんは別に親しくも何ともないんだ」
同郷の先輩が、弱い連中に無様な噂を立てられるのも納得がいかないからきたと仄めかす水月…受け継ぐと称して盗もうとしてたくらいだから尊敬はしてないんじゃないかとw
恬然を斬ろうとする水月を窘めるサスケが!!
サスケって水月のストッパーでもあるんだなぁとニヤニヤ(笑)

「この刀があれば君にも負けない…かもね」
刀がないことを知りながら城に呼び寄せたことを知った水月は、サスケに試されたことを理解したようでw
「ま それでこそ僕のイメージどおりのサスケだよ
で、どっちからいくの?あ待って、近い方からだよね
君の事は少しわかってきたんだ それが君らしい答えらしい」

「フ …そう 近いほうからだ」
もう今週はスタッフさんの策略に踊らされました(笑)
なんだかんだいってすっかり仲良くなってきてるんじゃないですかね♪

あ、それから香凛@東條加那子さん!
あんまり見覚えのない名前だけどトランスフォーマーに出てましたっけ?
香凛とサスケのやりとりも楽しみです(笑)

次回「鉄壁の番人」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(6)   Top↑

2009.06.25 Thu
銀魂 163話「黒船は沈む時も派手」
トッシー篇(?)終了!!
いや、呼び方わからないけど勝手にそう呼んどきます(笑/コラ)
迂回ルートを通りながらでしたけど終わったら終わったで寂しいような…
アバンの時間稼ぎは土方さん@中井さんのナレ♪
…ここを伸ばせばラストであんなに時間が残ることもなかったんじゃ?(笑)

「ここからは僕にやらせてくれ 最後くらい僕にやらせてくれ」
新八の強力な攻撃を受けた土方さんはLPがゼロに…
そんな中心に響くトッシーの声が…ってこことからは土方さんからトッシーへバトンタッチですか!
トッシーの出したカードはディゾン!
ライブの最中に突然のできちゃった婚宣言でまわりを全て無へと引き込む最凶最悪のカードってまだそんな隠し技持ってたんですか、さすがトッシー(笑)
結果的に相打ちとなったものの、再び立ち上がった二人はリング上での直接ボクシング対決で決着をつけることに!!
マウスピースつけないで全力で戦うとか危険すぎますよ(汗)
というかこのあたり無駄に作画が凄くて魅入っちゃいます、まるで別のボクシングアニメ(ぁ)
ファンクラブのためにここまでやらなきゃっていうけど、最初に始めたのはお通ちゃんですよね?なのに今更…って感じでなんかお通ちゃんの台詞にちょっとイラっとしました(苦笑)

「無駄だ 奴らは誰にも止められねぇ
奴らはもうオフィシャルファンクラブなんぞのために戦ってるんじゃねえ」

男二人の戦いを見守る銀さんがかっこよすぎる…!
「こんなに苦しいのに、こんなに痛いのに 初めて生きている気がするでござる」
新八はパンチを食らう中で、相手がトッシーだってことに気づいて受けてたったんですね。
お通ちゃんの声を聞きながらまだ戦い続ける新八に問いかけるトッシー

「己の生きた証…僕はそれを十四郎とともに捜し求め、オタク道を上り詰めてきた」
本当はオタクの覇王なんて肩書きはどうでもよくて、ただ一つのことに熱中して
仲間と共に思う存分全力を尽くして戦いたかっただけなんじゃないかと…
「証なんて必要ない 作る必要もない ただ一瞬一瞬を燃え盛るように全力で生きる
そうして僕らが生きてきた道 地面に焼け付いた焦げ跡…それこそが僕達の生きた証だ!!」

トッシーは一人で生きる無気力な時間が寂しかったのかなぁ…
だから新八みたいな熱意のある集団に憧れたのかもしれないですね
なんだかこういうときに無駄にかっこよくて困る、妙な感動もあるし(笑)

「燃えて燃えて燃え尽きるまで その戦い俺達の目に焼き付けて見せろ!!」
リングサイドでトッシーと新八にエールを送る近藤さん&銀さんがいいなぁ!
その声に答えるかのように力を振り絞って立ち上がった二人は最後の一撃を…
「新八氏…最後の最後に…君のようなライバルに会えてよかった…ありがとう…」
燃え尽きたトッシーの魂は完全に成仏したのかな?
直後思いっきり自分の写真を飾って遺影にしてる土方さんが(笑)
しかもこれは自分がトッシーに扮してる時の姿だからトッシーの時の写真に変えるように山崎に頼んでたりw
でもこれはもう一人の自分を認めてたってことになるからいいんじゃないのかなぁ

その後の親衛隊は解散することなく少人数で続いているようで…
オフィシャルの座も辞退しちゃったとか、勿体無いけど結局公式じゃなくても好きな人を応援するのは一緒ってことですよね、あれだけ頑張ったのに勿体無い気もしますが(笑)
「まぁでも丁度いい遺影が見つかった…永久欠番
せいぜいあの世で自慢しな、トッシーよ」

しかもオフィシャルの会員No.1をトッシーに謙譲しちゃうとか、男前なことするじゃないですか♪

今期も特別EDキタ!!
この長編は見返すとかなり危険…いえいえ面白い絵ばっかでw
それにしても特別EDの時の二番の歌詞がまた本編にあってるんですよね^^
…ところでお通ちゃんのシングルって永久的に発売未定ですかね?(笑)

時間があまったからキンコンへ振る銀さんだけど、その番組終わってるんですよねw
って、はんにゃが出てるからって名前変えればいいって問題でもない(笑)
残りの五分をいかに活用するか…ってことで既にグダグダになってるけど、
ジャンプの一週分で三十分アニメ作ればいいとかそれ無理ですから~!
神楽ちゃんの予算の話も危険すぎるし、何かオマケを放送することで何とか繋ごうと
するけど、新オマケコーナーって笑ってよきかなお増刊号ですか!!
というか増刊号もとい単なる総集編で編集しただけの…( *´艸`)
元々は人気はあるけど出番のないキャラを登場させて視聴者に喜んでもらう番組だったんですね!
出番のないキャラどころかもう人すら出てなかったですからねw

しかも次の話題が死神図鑑とかww
タカチンの魂をテイクアウトしようとして登場、体重は林檎七個分て(笑)
ツッコミしすぎて疲れる~!
ラストはイラストコーナーってことで四歳の子の描いたのを紹介だけどどうみてもヤラセな絵だったり…まぁ銀魂だから四年目もこのまま暴走してくんですよね、勿論(マテ)

次回「松茸のお吸い物ってアレホンモノよりうまいよね」「人は死んだら生き返らない」



なんだかいろいろ混じってるけど違和感ない(笑)


も一つ高杉さん@子安さんの個人的神MAD見つけたので貼っときますw

http://engage10.exblog.jp/10503587/

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(28)   Top↑

2009.06.23 Tue
BLEACH 225話「副隊長全滅!恐怖の妖獣」
リリネットの攻撃を困った顔して受け止めてる浮竹さんがw
その様子を見る京楽さんとスタークも相変わらずですね!
他人の心配をしている余裕はないんじゃないかと指摘されてその通りだと答えるけど
実際のところお互いまだ完全に本気で戦ってるわけじゃないでしょうし!
戦いの最中でも会話に余裕のある二人がいいなぁ(笑)

一方、意固地になって力任せの攻撃を刀で往なしてリリネットの虚閃も縛道の八"斥"で
あっさりと払いのけちゃった浮竹さん!
今まで見てきたどの虚閃よりも未熟でメノスにも及ばず素手でも簡単に叩き落せると…
「悪いことは言わない もう帰りなさい
これ以上君と戦うことは俺には耐えられない…!」

浮竹さんは子供好きだし本当にリリネットとは戦いたくないって感じですね
一方のリリネットは苛立つだけで…って感じですけど(苦笑)

ハリベルVSシロちゃんのシーンもちょっと増えてましたね~
「さすが隊長格…というところか」
「いつまでも余裕出したままだと、痛い目みるぜ」
この二人はいつでもカッコイイですね、
どうせ時間稼ぎするならこの二人の対決ももっと見たい(ぁ
アパッチ達の体の一部を切り離してできた混獣神・アヨンの不気味な姿と霊圧に恐怖を感じる乱菊さんと桃ちゃん!
止まったままのアヨンに木を抜いていた乱菊さんだけど、巨大な力で一瞬にして体を抉られてしまいました!
さすがにこのシーンの直接描写は無理だったか(汗)
落ちていく乱菊さんを助けるために縛道の三十七"吊星で受け止めた桃ちゃん
肋骨の下から腸まで抉られて意識を保ってる乱菊さんが痛々しい…
というか抉られたって言葉もカットされてたけどそれもダメなんですかね?(苦笑)
必死に助けようとする桃ちゃんだけど、追いついたアヨンに一撃で張り飛ばされてしまいました

その桃ちゃんを同じように吊星で受け止めて助けたイヅル君と助っ人に来た檜佐木さんの姿が!
「…よく頑張ったな 少し休んでろ雛森 こいつは……俺達で片付ける」
柱の向こう側から来るのを見てたのに止めなかったスンスンにヤツアタリするアパッチw
スンスンもいちいち嫌味を言うからまた口喧嘩が始まりそうですよ(笑)
次の攻撃を命令するアパッチの言葉もアヨンは全く聞いてないようで、
ってこれ、出したあと回収するときはどうやってしてたんですかね
アヨンの無愛想なところはスンスンに似たとか、顔はアパッチに似たとか見た目の野蛮さが一番ミラ・ロールに似てるとかお互いを罵りあう三人がw

「こいつは俺が引き受けとく お前は雛森と乱菊さんを頼む」
「…いいんですか?丸投げしちゃって」
あはは、とりあえず戦うのは檜佐木さんでイヅル君は治療メインってことですよね!
鬼道で目隠ししたあとは檜佐木さんに加勢…ってそれができればですが(汗)
元四番隊のイヅル君だから任せられるんですよね
いつの話をしてるのか…って自嘲気味になるイヅル君が気になるw
倒山晶で乱菊さんの治療を開始するイヅル君だけど、桃ちゃんの負傷度合いも相当やばそうで、早くしないとかなり危なそうです;

一方檜佐木さんは風死の鎖でアヨンを拘束して綴雷電で電撃を放ちます!
アヨンの巨体は軽々吹っ飛ばされたけど、倒れたアヨンの首が180度回転した―!!(汗)
鎖もいつでも引きちぎれたとばかりにあっさり切っちゃうし、体をぐるんと回転させたりホント気持ち悪いなぁ…
瞬間移動したアヨンは檜佐木さんを手で掴みその体を握りつぶそうと凄い力で締め上げる…!
背後から隙を突いた射場さんも、虚閃で弾き飛ばされてしまいました。
檜佐木さんを壁に激突させ戦う力を失った檜佐木さんをぽいっと放るアヨンが(汗)
戦えない相手に興味はないってことですかね…次の目的は治療を続けるイヅル君!

あと少しで終わるというところに迫るアヨンの足音に何もできないけど、
直前に迫ったアヨンの胸には大きな風穴が――
「やれやれ…総隊長を前に出させるとは…情け無い隊員達じゃの」
というわけで最後の一撃は山爺のものでした!
来週は黒山爺のターンですね、それから相変わらず気持ち悪いアヨンも(ぁ

☆次回予告☆
予告で俺達の戦いはこれからだ!!って連呼してる檜佐木さんや射場さん、まるでどこかで見た最終回のようなww
え、このアニメ打ち切りになるんですか?(コラ)
ともすれ山爺まで言ってるとシャレに聞こえないから困りますね(笑)

☆斬魄刀大図鑑☆
今週の斬魄刀紹介は侘助!
侘助の能力が残忍なものだからって憂さ晴らしに大量の酒を煽るイヅル君がw
侘助を使うたびにあんなことしてたら大変だろうなぁ、それに付き合ってるだろう恋次も(苦笑)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(4)   TrackBack(16)   Top↑

2009.06.23 Tue
07-GHOST Kapitel.12「痛みという名の闇はひたひたと…」
男を誘惑する占い師の悪魔の囁き――
「捨てるだけのその魂 三つの夢に変えてみない?」
その三つの願いを叶えた暁には代償として魂を奪われコールにされる…
テイトが教会で修行をしている間にも街中でコールは増え続けているんですね(汗)

前回ハクレンと知り合ったテイトだけど、早速嫌味合戦が勃発ですかw
背の小さいテイトに対して小学生呼ばわりするハクレン@福山さんが面白い(笑)
対するテイトも、正面から見たハクレンがシュリにそっくりだったからと腰抜けオーク呼ばわり!!
どうやら見に覚えがあるみたいですが、二人は兄弟か親戚なんですかね?
久々にシュリ@入野さんのおバカっぷりが見たくなってきたので再登場しないかな(コラ)
「「ここがサンクチュアリじゃなかったら…絶対にボコる!!」
って心の中で意気投合してる二人が笑えるw

ハクレンのいるオーク家は名門で軍人か政治家にならないと認めてもらえないそうで
そんなハクレンが何で司教試験を受けるのか?
どうやらある人に会うために教会にきたみたいですが、それ以外にも何か理由がありそうな…
でもすっかりブルピャが懐いてるんだから、悪い人じゃないですよね(笑)
テイトはついていっちゃったブルピャを探していたけど、思わず人違いして難癖をつけられちゃいました。シスターが間に入ってなかったらまた喧嘩することになってたかもですねw

そんな中、テイトが人ごみの中で見たのはバスティン大司教補佐がコール退治の瞬間!
…体の小さいことがこんな時にでも役に立ってる(笑)
患者に苦痛を与えずにコールを取り除く方法に驚くテイト!
ザイフォンには攻撃系とヒーリング系があってバスティンはヒーリング系のエキスパートなんですね
ってカストルが説明してる後ろで大あくびしてるフラウが(笑)
コールを直接攻撃することはできないけど、移動範囲を固定して除去することが可能で、努力次第では様々な術が使えるようになるけど、ザイフォンが強ければいいということじゃなくバランスが大事なんですね!逆に言えば弱いザイフォンでも使い方によってはコールを退治できるってことか…
「というわけで、早速今夜から特別授業を開始しましょう
一刻も早く貴方を鍛えねばなりませんからねぇ」

なんだかカストルが一人やたら楽しそうに聞こえるんですが(笑)
フラウ@諏訪部さんのクソガキっていうのもフラウなりの応援の言葉ですよねw

ようやくブルピャを見つけて取り返したテイトに
「…お前 本当は俺と友達になりたいんだろう?」
と勘違い発言を炸裂させるハクレンがw
ハクレンとしては執拗に付きまとわれてる…とか思ってたんですかね(笑)
ホントどこまで自意識過剰なんですか、面白すぎるよ!!
二人のやりとりを聞いてたブルピャの笑顔が可愛すぎた♪

魂を売り渡し、コールとなった男の退治にきたフラウ@諏訪部さんがかっこよすぎる!
「…無に帰れ お前ら、人として生きるありがたみを知れよ」
コールを切り裂いて鎌についた血を舐める仕草にドキドキしちゃったじゃないですか!
一瞬で片付けちゃいましたけど、結構グロいシーンでしたね…血はちょっと赤すぎた気が(汗)

一方、テイトはシスター達に連れられて試験塔へとやってきました。
受験生達が試験の準備をする宿舎でもあるわけですね
色々な人がいるけど、近場の人は通ってる人もいるんだとか
相部屋のルームメイトはなんとハクレン@福山さん!!
開口一番部屋を変えて欲しいと叫ぶものの、あっさり拒否されちゃいましたw
「お互いを高めあうため、常にペアで行動する決まりです」
ちょ、ここにはそんなルールもあるんですねw
というかテイトはフラウ@諏訪部さんと一緒にいなきゃいけないのでは(笑)
渋々了承したものの、ハクレンとうまくやってけるのかと悩むテイト
それに、まだザイフォンを闇の力に変換することができてないですからね…
バクルスについていた血は、今まで司教を目指し修行した人達の努力の証――
それを見たテイトは何か感じ取ったものがあったみたいですね!

講習のある部屋の前で門番をしていたアルドの腕輪を見て、元罪人だと指摘したハクレン
「罪を償ったから、ああやって働けるんだろうが気をつけるにこしたことはない」
いつ敵が追ってくる皮からない状況で、試験を受けなきゃならないテイトは大変ですよね…
それより前に、パスを手に入れて教会を出て行こうと決意するテイト。
突然苦しみながら倒れたアルドを救護室へ運ぼうとするテイトを手伝うハクレンがいいなぁ!
意外と人助けしちゃうタイプなんですかね?
「花達が…また怯え始めている」
アルドが倒れたことも何かの前触れなのか、ラブラドールの言葉が意味深です(汗)

アルドを運んでいたせいで講習には遅刻しちゃったけど、別にハクレンは本気で嫌味を言ってるんじゃないですよねw
「心がけは悪くない 小学生の割には感心するぞ」
って逆にとれば褒めてる感じですし、小学生だって最初はバカにしてたけど段々とテイトに対して見方が変わってきたみたいですね!

テイト達の講習は水の結界に閉じ込められた本物のコールを倒すことでした。
気になって水に手を伸ばすテイトにコールの呼びかけが…(汗)
「ま お子様は下がってるがいい」
攻撃系のバクルスで次々とコールを倒していったハクレンに他の候補生達も驚いていました!
「一緒にするな、小学生 放つ想いがお前とは違う」
相変わらず上から目線だけどもしやこれってテイトへのちょっとしたアドバイスだったり?(笑)
バクルスの先に息をフって吹きかけて払うハクレンがちょっとかっこよかったw

その言葉に、ザイフォンは文字の形をしているということに気づいたテイト
…というかミカゲが残した言葉を見たときにそのことに気づかなかったんだろうか(ぁ
軍では殺意で武器を発動させていたもののバクルスは人を殺す道具ではないから殺意では発動しないということがわかったようで!
「想いを込めて放ってみろ もう二度と、大切なものを失わないために」
バクルスに想いを込めるテイトだけど、一発目は失敗しちゃいましたw
「大丈夫だ 気持ちをあわせれば、必ず応えてくれる」
周りがテイトのことを笑う中、励ますシュリが何だかいい感じですね♪
その様子を見ていたバスティンも神に仕える気持ちで使ってみなさいと助言を!
「神様ってのがどんなのかわからないけど、
もし自分の心を支えてくれるのが神様なら…俺はお前を想うよ、ミカゲ!」

バクルスを発動させることができたテイトだけど、その力は強すぎて建物の天井も貫通しちゃいました!オマケに力が強すぎたせいでバクルスは壊れちゃったり…
ってこのバクルスはフラウが使ってたものだったんですねw
フラウの場合は使い方が雑で壊してた時もあったんじゃないかと思ったり(コラ)

「答えろ!お前はフラウ司教の何なんだ!!」
フラウの名前が出てきて思わずテイトに詰め寄るハクレンが(笑)
誰が工口司教じゃボケ!ってテイトを思いっきり殴ってるのとか面白すぎたww
二次試験の歴代最高得点保持者だったフラウ…を工口司教呼ばわりしたから怒ってたんですね~そんなことがあったなんてこっちもビックリしました(笑/コラ)
まぁでもテイトが何も知らずに使ってたとしても無理ないですよ
誰のものか説明もされずに手渡されたんですしw
とはいえ、テイトの年齢でバクルスの許容量を越えているというのも珍しいみたいですね!

その頃のアヤナミ@速水さんとブラックホークは再びテイトを捉えるための計画を立てているようで、まさしくとんでもない人に目をつけられたテイトの今後はまだまだ大変そう(苦笑)
「次なる手は打ってある」
とのことですが、また自分だけが把握してるつもりですか??(笑)
こっちもまだまだ進展はのんびりって感じですかねw

テイトが練習場を破壊しちゃったせいで追い出されたハクレンとテイトだけど、力を目の当たりにして一度手合わせしてみたくなったというハクレン!
「この僕が小学生を相手にするのは大人気ないが」
あくまでもテイトのことは小学生なんですねw
いつかハクレンがテイトのことを名前で呼ぶ日が来るのが楽しみだなあ(マテ

その夜、教会を訪れた何者かに殺されたアルド…
その身体には、ザイフォンで文字が刻まれていました
これもアヤナミ@速水さんが仕組んだことなんですかね…
というか冒頭のあれもそうだったのかな(汗)

次回「光ある道の先に見るものは…」

テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック
07-GHOST    Comment(2)   TrackBack(27)   Top↑

2009.06.22 Mon
戦場のヴァルキュリア 第12章「さらわれた姫君」
『セルベリアが何の気なしに手にした、床に残されていたラグナイトの結晶。それはファルディオがアリシアにプレゼントしたものだった。アリシアの身に何かが起きたことを察したウェルキンたちに、イェーガーはこの城で起きている陰謀について教える。ガリア義勇軍と帝国軍、相容れない両者ではあったが大胆にもウェルキンは共闘作戦を持ちかけた。同じ頃、目を覚ましたアリシアは銀髪の少女がぐったりとしている様子に息を呑む。ヴァルキュリア人の末裔であると言われている、コーデリア姫その人だったのだ。果たして公主誘拐の裏に潜む陰謀とは。ウェルキンたちは助け出すことができるのか…。』


廊下に落ちていたラグナイトの破片を見つけたセルベリア
そしてカールの報告からコーデリア姫ともう一人の女性が攫われたとの事実が!
一方、姿を消したアリシアがウェルキン達と一緒に現れなかったことから慌てて様子を見に行ったところで鉢合わせになりコーデリア姫と一緒に攫われたのがアリシアだということに気づきます
二人を攫った犯人は、どうやら連邦の国境付近のアドベンという町へ向かうようですが…

ボルグはコーデリア姫が連邦に亡命したことにして、そのあとは自分がガリアの実権を握るつもりであると…亡命したことは姫本人の意思であるとでっちあげ、連邦は一切関与してないことにするつもりなんですね。
これはタウンゼント大使とボルグ二人だけの計画だったんでしょうか…
アリシア達の匂いを辿ろうと一生懸命だけど全然できなくて涙目になってるハンスが(笑)

関係のない帝国側は手を引こうとするけど、そんな彼らに協力を求めるウェルキン!
「今協力すれば、僕らはコーデリア姫とアリシアを取り戻し、帝国はガリアが連邦のものになるのを阻止できる 双方が利益を得られる相利共生です」
おお、咄嗟にそこまで頭が回るとはさすがウェルキンですね!
その意見に面白い考えだと賛同するイェーガーもいいなぁ(笑)
ってイェーガー達と話してたウェルキン、早速イレーヌに目をつけられてるしw

連邦に入るにはシュラーデン街道が最短距離と思われているものの、峠を越える分ローベン街道の方が時間がかからないということで、イェーガーたちが先回りしてローベン街道、ウェルキン達はシュラーデン街道からアリシア達を追うことに!
「俺達が戦うに値する相手なのかそうでないのか」
この作戦に協力したのはウェルキンの能力を見定めるためでもあったんですね!
やっぱり一筋縄じゃいかない人だなぁ(笑)

ファルディオはアリシアのことも心配だけど、一歩間違えばこの国が一気に混乱状態になってしまうことも危惧しているようで…
「コーデリア姫を探すことはアリシアを探すことだし、
アリシアを助け出すことはコーデリア姫を助け出すことでもある 僕はそう思っているよ」

そんな風に言われたらもうファルディオは何も言えないですよね!
心配だからこそ一旦冷静になって考えるところはしっかりしてるなぁ…
一方情報を掴んだイレーヌだけどウェルキンから詳しいことは聞けずはぐらかされちゃいましたね
記者の勘で何かしら気づいてそうですけど(笑)

目を覚ましたコーデリア姫に何とか逃がそうとするアリシアだけど、当の本人は逃げるどころかこのまま何もしようとは思ってないようで、思わず声を荒げちゃったアリシアの気持ちもわかりますw
「なぁラマール この国はどこへ向かっているんだろうな
覇権争いに執着する軍部に、存在感のない統治者 好き勝手する大臣達
泥船も同然じゃないか」

…たしかにここまで来るとガリアよりも帝国の方がよさそうに見えちゃいますね(コラ)
連邦にどういう人がいるのかわからないけどマクシミリアン@福山さんが全権握ったら一番安定するんじゃないかとw

国境付近に向かう車を発見したファルディオ達はエーデルワイス号で向かうウェルキンに報告!というかパーティーなのに戦車乗ってきてたんですね…(^ω^;)
アリシアの助けを借りて車に乗り込んだファルディオは助手席から一人をひきずりおろすことに成功したけど、運転席から銃を向けられては何もできず…ってあの至近距離でよくあたらなかったなぁ(汗)
そこへタイミングよく戦車が到着し、ウェルキンからこちら側に飛び移るようにと指示が!
「一人でお逃げなさい 私がいなくなったところで何も変わりはしません」
「いい加減にしなさい!!皆、好きな場所に生まれて好きなように生きてると思ってるの!
何をやっても変わらないと思ってるみたいだけど、今まで本気で何かしたことあるの!?」

いつまでたっても流されるだけのコーデリア姫についに切れたアリシアが(笑)
いくらお姫様とはいえこういうとき遠慮も一切なしに怒鳴りつけちゃうのは結構好きです。
戦車に飛び移ろうとした矢先、助手席に乗っていた男が後ろからアリシアを人質に!!
ってあれ、さっきファルディオに落とされたんじゃなかったけ??

その頃、コーデリア姫を待っていた相手はイェーガーとセルベリアが!
どうせなら蒼き魔女の戦慄っぷりも見たかったですw
アリシアにあたったらどうするのかと叫ぶファルディオに、ウェルキンは構わず発砲!!
その直前にお互い目配せしてたアリシアとウェルキンがいいなぁ♪
なんだかんだいってしっかり信頼関係にあるんですね!
でもちょっとでもずれてたら後ろのコーデリア姫がケガしてたかも
いっけえええと叫ぶアリシア@井上さんが郁っぽくてw
崖の上ギリギリで何とかストップした車、わかっていてもちょっと焦りました~

助かったアリシアはスージーから借りたドレスの心配を…(笑)
ウェルキンが何だっていったのは無事でよかったってことをさしてるんですよね♪
「一度属国となった国がまた独立するのは難しい 
歴史の流れは必然だが、悔いを残したくはあるまい オレのように
じゃあな、今はまだ仲間として言わせてもらうよ …お疲れさん」

無事二人を救出したことをイェーガーに報せるウェルキン
イェーガーは元々別の国出身だったんでしょうか…その国は帝国に併合されちゃったのかなぁ
でも敵とはいえ一時的に協力した相手に労いの言葉をかけるイェーガーはカッコイイ!
でもウェルキンてば凄い人に目をつけられちゃいましたね。

今回の誘拐事件は公表せず、今までどおり当主としてやっていくと…
「私には、まだまだ多くの人々の助けが必要なのです」
犯人もわかっているのに何もお咎めなしですか…
まぁ、ボルグの宰相としての力量は確かだろうし、ここで公表して混乱を招くよりは心の広さで罪は許して支えとなってもらうってとこですかね(苦笑)
事実を知ったイレーヌも、ウェルキン達とコーデリア姫が内密にしたものだから記事に書くこともしないそうで!
「でも気をつけて 強すぎるジョーカーを引いちゃったようなものなのよ、貴方達」
これで義勇軍の雲行きも怪しくならなければいいんですが…
アリシアの言葉とウェルキンに対する信頼がなければ自分はここにいなかったと伝えて欲しいというコーデリア姫。
これから少しは自分の考えをボルグに示していけるようになるのかな?

アリシアが銃を向けられた時、躊躇わずに撃てたのはウェルキン自身もよくわからないとファルディオに言うウェルキン
アリシアにもしものことがあったら――ということじゃなく絶対的な信頼があったからなんですよね、当の本人はそれすらも気づいてないみたいだけど(笑)
ラグナイトの破片が落ちてなかったらアリシアが攫われたことも気づかなかったというウェルキン
「お前の言葉は、時々酷く傲慢に響くな」
「なんだよ傲慢って」
「もし俺が、アリシアを好きだといったらどうする?」
ウェルキンからした本当に純粋な気持ちで言ったんだろうけど、目の前で信頼関係を見せられたファルディオは焦っちゃったんですかね、てっきりそのあとに冗談だよっていつもの軽い口調で付け足すかと思ったのに、目が真剣でしたし(汗)
でも今のウェルキンじゃ、親友が好きな人ならってあっさり譲っちゃいそう~
早くウェルキンにも自覚して欲しいところですw

次回「戦慄の移動要塞」

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック
戦場のヴァルキュリア    Comment(2)   TrackBack(24)   Top↑

2009.06.22 Mon
シャングリ・ラ 第12話「生勢流転」
ヘリで無事救出された国仁だけど、残りの生存者は涼子によって処分されてしまったようで…国仁がアトラスにとって必要な人間だから残されたものの、他の人間は用済みってことですか(汗)
紫音にマニキュアをぬらせていた涼子だけど、会見の準備が終わったとあって結局塗る前に部屋から出ていっちゃいましたね!最近そういえばお仕置きされる紫音を見てない気がw

モモコさんの行方はまだわからないけど、総裁になって何とか頑張ろうとしてる國子!
友香は自分のせいで迷惑をかけてばっかりだと落ち込んでいるけど
だったら國子のために少しでも何かしようという行動には出ないのかな(汗)
そんな中、アトラスの移住計画を凍結し、建設を最優先するというニュースが…
「どうせ皆さんは従うしかないんだから」
涼子が首相になったことからわかっていたけどホントとんでもない横暴っぷりで;

それを黙ってみているメタルエイジじゃないですよね!
具体策として取り出したのは微妙すぎるイラストでの説明ですか…國子(笑)
それを見て一瞬で意味がわかる邦彦、何気に凄いw
意表をついてアトラスの上空から責める…ってそう簡単にいきますかね?
國子なりに一生懸命考えた結果がこれということで、まぁ年齢相応の策かなとw
古河が何気に重要キャラになってきそうな…とりあえずはサポート全般ってとこですかね

久々に市場で儲けた香凛は気分転換に買い物にも出かけることに!
誰かに話しかけられたら不安だからって着ぐるみのまま出かけるとはw
むしろいろんな意味で注目されると思うんですけど(笑)
その頃、アキバに武彦と二人で乗り出した國子はアトラスへ攻め込む前の準備のため武器を購入していました!

って久々に見た三爺、やっぱりインパクト強すぎですw
アキバに乗り込んで妙に楽しそうな武彦は武器マニアだったんですね、なるほど(笑)
用意するのに一週間かかるといわれた國子はその倍の料金で三日で揃えてもらうことに!
いつから太っ腹になったんだと聞かれて一昨日からって応えた國子、それ意味違うんじゃないかとw
「制圧したら じいちゃん達も一緒に行こうね
アトラスはここより綺麗だし、ずっとずっと、長生きして欲しいしさ」

三爺たちはアトラスにはいかないんだろうなぁ、でも國子の優しさは嬉しかったでしょうね

公社の専務から涼子に取り次いでもらった小夜子は、美邦がお告げの声を聞いたのにどうして後継者に決まらないのかと…
頼みごとをするならそれ相応の態度をとれって…土下座ですか(汗)
それにしても、この二人って大学の同期だったんですね…
もしかして小夜子の過去についても知ってたりするのかな?
アトラスランクがAAAになっているのは美邦だけじゃなくあと二人いる――
その二人が国仁と國子ってわけですね…守り刀は継承者の証ってことなんでしょうか

その頃、店の商品を大人買していた香凛はいちいち回ってみるのも面倒だからと
秋葉ごと購入しようと人に尋ねて歩いていました!
唐突にどこへいけば買えるのって言われても困りますよねw
使い方は大人だけど、その方法を知らないところがまだ子供だなぁと(笑)
しかもその格好のまま國子に見られて思わぬところで声をかけられちゃうしで災難でしたね!
國子にとられたクマの頭は邦彦の頭に…色といい妙に似合ってる感じがw

涼子にはぐらかされた小夜子は自分でゼウスシステムにハッキングし何としても他のAAAランクの二人を探し出そうと奮闘していました
執念で最高機密の入り口まで到達したものの、そこに待ち受けていたのは涼子――
これがわかっていたから涼子も余裕の表情でいられたんですね
結局ハッカーとして捕らえられた小夜子は秦とその部下達によって連行…
でも、小夜子が持っていたイヤリングからモモコさんが近くにいると知ったミーコはモモコさんの拘束を解き手紙とイヤリングをそっと置いていったのでした。
会って話さなかったのはもう美邦から離れようと思ってなかったからなのかな…
でもモモコさんが無事だとわかって何よりです

アトラスへの突入計画を話し合う國子達
他の支部と協力して総攻撃を仕掛けるんですね
「私、もう揺らがないって決めたの モモコさんは無事でも無事じゃなくても、作戦は成功させなきゃいけない モモコさんだって、きっとそれがいいって言うはずよ」
國子も総裁として覚悟を決めたってわけですね、随分強くなったよな(笑)

「男は逞しいほうが好みだわ 考え方も、身体もね」
傷だらけになりながらもようやく帰還したモモコさんの姿が!!
國子に抱きつかれて窓から落ちちゃうけど、華麗に受け止めたモモコさんが素敵です♪
SMクラブに招待されてたとか茶化しながらも弱音なんて少しも言わないとこがモモコさんらしい!

メタルエイジの総裁になったことを聞き、普通に生きられるのにそれでいいのかと…
何よりも普通の女の子としての生活をして欲しかったから心配してるんですよね
「モモコさんは、反対だよね?」
「大事な娘が自分に正直な道を選んだのよ 反対すると思う?」
ああ、やっぱりモモコさんはカッコイイなぁ!
総裁になってもちょっと頼りなさげな國子だったけど、これでようやくいつもどおりの力を発揮できそうですね

次回「飛行少女」

http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1677.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/12-8d93.html

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック
シャングリ・ラ    Comment(4)   TrackBack(30)   Top↑

2009.06.21 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」
『ダブリスに到着したエドとアルは師匠・イズミとの久方ぶりの再会を果たす。邂逅の余韻覚めやらぬ中、エドはイズミより父・ホーエンハイムの消息を伝え聞くことに。その晩、イズミと初めて出会った時の事を思い出すエド。母の死からまもなく、錬金術の腕を磨くためイズミに無理やり弟子入り志願したエドとアルだったが、2人を待っていたのはなんと無人島での一ヶ月サバイバル生活だった。イズミは言う「“一は全、全は一”、その答えを見つけなさい」。果たして2人の修行の行く末は?』



ダブリスにやってきたエドを迎えたのはシグさんですね!
頭をがしっと掴まれたエドは圧力で縮むって泣いてたけど
アルは鎧になってから初めて頭撫でられたと照れてるのが可愛い♪
そしてついに恐怖の師匠と対面―!!(笑)
あ、カーティス夫妻は前期と同じ佐々木さん&津田さんペアで何よりです(´∀`*)
具合が悪くて寝込んでるはずなのに再会して早々蹴りを入れて吹っ飛ばしたりアルを片手で圧倒したり相変わらず師匠の態度が凄すぎるw
なんだか一瞬目からビームでも出そうだったのは気のせいですか(マテ)
虚弱体質でちょっと無理すると吐血するのも変わらずですね!!
シグさんとのラブラブっぷりが妙に気合入ってて笑えたw

とりあえず、賢者の石について訊ねてみるものの興味がないから知らないと言われちゃいました。だけどこの前の旅行で賢者の石にやたら詳しいヴァン・ホーエンハイムに会ったというイズミさん。
エド達にとっては二人の父親だけど、ずっと家に帰ってこなくて母親の葬式にも
来なかった父親をエドはずっと恨んでるんですよね…本当はいい面もあるのに(苦笑)
アルがお父さんはいつ帰ってくるのかと訊ねた時、トリシャさんが目の端に涙を浮かべてたのを見て、あれ以来父親の話はしないようにって思ったんだろうなぁ…切ない(涙)

その夜、夕食の席でラッシュバレーで出産に立ち会ったことを話すエドとアル
…アルが食事を必要としないのを誤魔化すためでもありましたけど(汗)
「家族が協力して、母親も命を懸けて、皆に祝福されて人間は生まれてくるんですね」
「そうだよ お前達もそうやって生を受けた 自分の命に誇りを持ちなさい」
嬉しそうな二人の話を熱心に訊くイズミさんを心配そうに見つめるシグさんが…
イズミさんの過去を考えるとまた切ない感じになるけど、エドが子供のことを聞かなかったから深みはあんまりなかったかなぁ…

話は過去に戻り、エドとアルが初めてイズミさんと対面した時ですね!
大雨で決壊した堤防を錬金術で一瞬にしてせき止めたイズミさん
「通りすがりの主婦です」って言って吐血するイズミさんが(笑)
その様子を見ていたエドとアルは弟子入り志願するけど、おばさんって何度も言うから思いっきりぼこられてるしwそういえば原作だとベッドを投げられてたけどアニメだと錬金術で作った拳に…って酷いのはどっちもどっちか(笑)
イズミさんの腕にしがみついてぐるぐる回ってる二人が何か可愛いんですがw
弟子は取らない主義だったけど、二人に両親がいないってわかって同情したんだろうなぁ…エドとアルの真剣な眼差しを入れてくれれば根負けしたっていうのもわかるんだけどなかったですね;
ひとまず本格的に錬金術を教える前段階として、無人島に連れてきたイズミさん!
ちょ、また凄い勢いでこのあたり飛ばしましたね(汗)

この島で一ヶ月二人だけで生き残り、錬金術を使わずに「一は全、全は一」の答えを見つけるようにと言い残してナイフ一本だけ残して去っていっちゃいましたw
わかってはいたけど相変わらずとんでもないスパルタ修行方法だなぁ(笑)
その答えが見つからなければリゼンブールに送り返すなんていわれたら、何としてでもやりきるしかないけど正直キツイですよね
「これで何も学べなかったら、所詮そこまでの才能って事 弟子入りは諦めてもらう」
錬金術の基礎にして肝の部分を叩き込むためにこの方法をとったというイズミさん!
そんなイズミさんは修行時代、ナイフ一本で冬のブリッグズ山で生き延びたんですよねw
思えばこの話もちゃんと後の北方司令部での話に繋がってたんですね
今でも語り草になってるぐらいだし(笑)

その頃のエド達はというと、罠にかかったウサギを捕まえたものの、あまりにも可哀想で戸惑っている間にキツネに横取りされちゃいました!
キラキラ目を潤ませてるウサギが可愛かったけど、そのあとのグロ描写があぁ~(苦笑)
それを見た二人はさすがに肉はやめて魚にしようとするけど、竿から何から全部自分で作らなきゃならないんですよね
…そういえば修行篇だとがっつりメイスンさんの出番が削られてる(汗)

何日も飲まず喰わずでいるエドはついに幻覚を見るほどに危険な状態に(汗)
隣にいるアルが肉に見えて噛み付いたり、餌を運んでる蟻がチョコレートに見えたり…
これはかなり危険な状態だw
とはいえ、蟻の酸っぱさにようやく自分を取り戻したエドは同時にやる気も取り戻し二人で協力して食料を獲ることに!

目に見えない大きな流れの中にいる自分達はその中の小さな一つに過ぎないけれど、
その小さな一つが集まって全ができると…
約束の日に出した「一は全、全は一」の答え――
「『全』は世界!『一』はオレ!」を聞いたイズミさんは大笑いして本修行入りを快諾(笑)
思えば同じ方法でイズミさんも自分自身の答えを見つけたんですよね
でも一歩間違ってたら本当に死んでたかもで…それを思うと(汗)
あ、イズミさんにタメ口聞いて視線を越えたエドは見たかったですw

料理本を読みながら二人相手に体術で受け流すイズミさんが凄すぎる(笑)
錬成陣の基本を復習しておくように言われて考え込むアルは、イズミさんが構築指揮もなしに錬成をやってのけることに疑問を持ちますが、その答えはイズミさん自身が構築式のようなもので、真理にたどり着ければできるかもしれないと…
その言葉を思い出したエドは、イズミさんも真理を見たのではないかと感じたんですね。

イズミさんを呼び出したものの、語尾を濁してはっきり聞かないエドに痺れを切らしたのか逆にイズミさんが槍を錬成してわざと攻撃し、エドが掌を合わせただけで錬成できるのかを確かめるという荒業に!!
最初に会った時にエドがオートメイルだということや、アルの鎧の中身が空っぽってことにも投げ飛ばした感触で気づいてたんですよね
ってなんだかこのあたり原作と違ってギャグ調が強くなってた気が(笑)

最初の妊娠で流産して子供を失ったイズミさんは人体錬成によって子供を取り戻そうとし
その反動で内臓のあちこちを持っていかれてしまったんですよね
「…つらかったろう」
気遣う言葉をかけられたエドとアルだけど、強がって何ともないふりをするのが切ないなぁ
そんな二人の気持ちを察して、無理しなくていいと抱きかかえるイズミさんが(涙)
人体錬成をしてしまった事実は変えられないけど、こういう風に抱きしめてくれるイズミさんは二人にとって母親のような存在ですもんね、少しは安らげたのかなと;

錬金術の基本は食物連鎖とそっくりだと気づいたエドとアルは、錬金術が命そのものなんだと…
イズミさんはそのことを二人に教えたかったんでしょうね
今週もハイペース&あっさりだけど来週はいよいよデビルズネスト篇ですか!!
グリード@中村さんも登場だし、早いなぁw

次回「ダブリスの獣たち」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(10)   TrackBack(72)   Top↑

2009.06.21 Sun
鋼殻のレギオス 24話「胎動する都市」
サイハーデンの刀を届けるためにゴルネオに頼み込むリーリンだけど、ゴルネオにとってレイフォンは仇だし、それを傍で一番見てきたシャンテが納得するのは中々難しいですよね…
それに、万が一刀を届けたとしてもレイフォンが使うはずないと言うゴルネオ。
ゴルネオしか頼れる人がいないからって…だから病室で渡しておけばよかったのに(苦笑)
正直いい迷惑だろうに、恨むなら自分達を恨めなんていわれたら後味悪いし
結局届けてあげるんだろうなぁ、そこまでゴルネオは冷たくないでしょうしw

一方、ニーナを拉致したサヴァリス@諏訪部さんは廃貴族を得るためにニーナを痛めつけてました!!
「君に恨みはないよ ただ、君の持つ力が欲しいだけなんだ」
興味あるのはニーナ本人じゃなくその中にある力だと言葉攻めするサヴァリス@諏訪部さんがたまらないです!!(コラ)
「聞いた話だと 外に出すには多少手荒なことをしなきゃならないみたいだ」
力を得るために顔見知りとはいえ剄を立て続けに打ち込むサヴァリスが鬼畜すぎる!
廃貴族が中にいることを確認してほくそ笑んだりと最早スーパー諏訪部さんタイム♪(マテ
諏訪部さんのせいで妙に工口くて困るんですがw

それでも離れようとしない廃貴族に、さらに強く打ち込もうとするサヴァリスの前へレイフォンがようやく到着!!
廃貴族の力を全て解放しちゃえばニーナは生きていられない…
「彼女が死ねば廃貴族は解き放たれる あとは僕がその廃貴族を引き受けるよ」
あくまでも冷酷なサヴァリス@諏訪部さんがいいですね(コラ)
だけどそんなことをレイフォンが許すはずもなく、ニーナを守ろうとしたレイフォンの剄とサヴァリスの剄がぶつかった衝撃で廃貴族はニーナから離れ、そのままサヴァリスの方に憑依しちゃったのか(汗)
普通の武芸者でもあんなことになるのに、天剣に憑依したらどうなるのか…って考えるのも怖いなぁ;

それと同時にサヤが目覚め、結界を発動しレギオスの外の空気が浄化されていきました
ええと、これはサヤが行ったってことでいいんですかね?
「凄い いやあ凄すぎる…何という高揚感 言葉で表すには勿体無い気分だ!!」
廃貴族を手にしたサヴァリス@諏訪部さんの暴走っぷりがw
怪しさも倍増してますます楽しいです(笑)
レイフォンはどうするのかと思ったら、ニーナを置いてとりあえず退避ですか!!
ちょ、その場にニーナを置き去りにするのは危ないのでは(ぁ
一緒に連れて行くのは無理にしても安全な場所に移動させるとかしないのかな(苦笑)

「想像以上の力だ ほら、
もっと表情を見せてくれないか?君の苦しそうなところを」

ああもう言い方が工口く感じて気になっちゃうじゃないですかw
戦う気が無くても、目の前にレイフォンがいるから仕掛けずにはいられないんでしょうね
一応再会するのを楽しみにしてた節があるわけですし(笑)

リーリンとレイフォンの下へ向かうゴルネオとシャンテの会話に思わずニヤリです
って、結局この依頼を受けたんですね、やっぱりお人よしだなぁ
レイフォンのことは今でも憎いけど、ツェルニを救うためにはレイフォンの力が必要だからとリーリンの頼みを聞いたんですね…
だったらツェルニなんか潰しちゃえばいいなんていうシャンテに、ツェルニにはシャンテがいるからもしグレンダンと戦うことになったとしてもツェルニを守り抜くと告げるゴルネオが!!
…なんですか、このさりげない惚気っぷりは(笑)
なんだかんだいってこっちの二人は両思いなんですねw
レイフォンもこれぐらいはっきりフェリの想いに応えてくれたらいいのに(苦笑)

レイフォンと遊び半分で対峙していたサヴァリス@諏訪部さんだけど、さすがにそろそろ…ってことだけどレイフォンもまだ本気は出してないですしね、早く黒モードのレイフォンが見たい!
そんな中、フェリの念威によってリーリンがこの場所に向かっていることを知ったレイフォン。
病室で渡したくても渡せなかった・・・って言われて後悔されても今更ですよねw
いまだ刀を受け取ろうとしないレイフォンを叱咤するフェリ!
「何を躊躇っているのです 人は一人では生きていけない
私達は誰かのために 誰かと共に戦っている
そうして心を繋げあっているから 強くなれるのです」

フェリだって、感情表現が苦手だったけどレイフォンと接することで随分素直になることができたんだし、レイフォンだって仲間同士協力していくことでまたさらに強くなれたんですよね
その気持ちをレイフォンから学んだっていうのがまたいいですね!

「僕は次の 新たなる高みを目指すよ 君との遊びは終わりだ」
動けないレイフォンに止めを刺そうとするサヴァリスの前に、グレンダンから飛んできた天剣が!!
え、これ一体どういう展開なんですか??(笑)
しかもサヴァリスの攻撃から守って逆に跳ね返しちゃいましたし一体どういう理屈なのかw
ってこれもサヤの意志ってことなんですかね?相変わらずよくわからない(苦笑)
結局一瞬で片がついてしまいましたが、サヴァリス@諏訪部さんはこれで退場ですか?
なんかこうもっとレイフォンVSサヴァリスは見せ場があるのだと思ってたんで残念です~

ようやくレイフォンと再会したリーリンは刀を渡すことができましたね
生きててくれてよかったと抱き合う姿はきっとどこかでフェリが見てるんだろうなぁ(笑)
持っていた刀と天剣を融合させたレイフォン、これで最強の技が出せそうですねw
「レイフォン、お前は好きに戦っていいんだ お前らしく動け 前に出ろ
そして退くときは、素直に下がれ」

そういって気を失ったニーナ…この言葉はレイフォンに届いていたのかな?

「レギオスは消え、イグナシスの夢想は現実となる
ダインスレイフ 究極の形を見るがいい 眠り子の意図を見出すのも後少しだ」

狼面衆の言葉はいまいち掴みづらいですが、ダインスレイフはサヤを目覚めさせるために
わざわざオーロラフィールドから呼び寄せたってことになるんですかね?
それにしても、脱皮した汚染獣はかなり気持ち悪い!!
剥いても剥いても中から出てくるからって玉ねぎに例えないでくださいw
…なんだか玉ねぎ見たら思い出しちゃいそうで(ぁ

ダインスレイフの狙いはツェルニとなり、その攻撃によって次々と破壊されていく都市…
「サヤ、貴方がレイフォンを選び レイフォンはその運命を掴み取った そういうことなの?」
これも全てはサヤが望んだ結果ってことなんですかね?
だからリーリンにも自分の力の一部を分け与えたってことなのかな…
ってこのあたりもまだ謎だらけなんですが(苦笑)
これ以上ツェルニに学生を残すのは危険だと判断したカリアン@子安さんはツェルニからの全員退避を勧告します!
「この都市で朽ち果てるのは 一人で十分だろ?」
このまま汚染獣に進行されてもカリアンだけは都市と共に心中するつもりだったんですかね(汗)
何とかレイフォンが間に合ったからよかったですけど、…って天剣使えばそれだけで空飛べちゃうんですかww
サーフボードみたいに操ってるレイフォン見たら笑っちゃいましたよ(コラ)

「刀よ!天剣よ!全ての力をここに!!」
フェリに汚染獣の弱点を教えてもらい最後の一撃に力を集中させるレイフォン!
一気に方をつけるレイフォンはかっこよかったけど、最後にニーナの表情が重なるのが何とも微妙でしたw
頸羅砲でダインスレイフは見事撃破、もう一体の汚染獣も他の天剣達によって消滅させられました。
なんだか他の天剣の戦いは最後まであっさりしてましたね、時間の関係かもですが(笑)

「ダインスレイフ レギオスの世界を滅ぼすためにゼロ領域から送られたイグナシスの使者だ
この世界で戦う限り、こいつらが滅びることはない これは始まりってことさ」

突然ニーナの前に現れたディックもまた意味深な言葉を…
レギオス以外の世界でなら倒すことも可能ってことになるんですかね?
というか大体ディックの存在がレギオスと別の世界を繋いじゃってるわけですよねw
結局ディックは最後まで何がしたいのかよくわからなかったなぁ…

グレンダンはツェルニから遠く離れ、別れ際にリーリンに伝言はないかとレイフォンに念威を使って訊ねるリンテンス!
どうやらサヴァリスは天剣だけ残して姿をくらましたようですね
ってことは機会があればまたレイフォンと再会することもありうる??
リーリンに何も伝えることはないっていうレイフォンの横で、先ほどの二人の会話を何度も繰り返すフェリがw
「あの緊迫した局面で まるでラブシーンみたいでしね!!」
あはは、やっぱりしっかり見てたんですね!
しかも久しぶりにヤツアタリして脛に蹴りを入れるフェリが見れた―!(笑)
今までのレイフォンの態度考えたらもっと蹴られても仕方ないくらいだとw

そしてラストでは衝撃の事実が明らかになりましたね!
まさかリーリンがアルシェイラの娘になっていたかもしれない子だったとは…
逃げた婚約者が他で授かった子供って、アルシェイラに婚約者がいたんだ!?(驚)
その人もよく逃げた…というかアルシェイラだから逃げたのかなw
普通の女の子として息させてやりたかったけれど、結局レイフォンと同じように自分でこの道を選んでしまったと…
「彼らと戦うには、彼女の右目が鍵を握る 今は…ゆっくりお休みなさい」
結局リーリンがどんな存在なのかっていう詳しい説明もなかったですね…
原作が終わってないのもあるのかまだまだ戦いは続くっていう最終回でした(苦笑)
ともあれレイフォンが自分の意志でツェルニやこの世界を守っていこうと決意できたのはよかったかな?

でもやっぱりまだ解明されてない謎も多く残っちゃいましたね…
説明不足で展開も速いから想像するしかない部分も多く大変でしたが
声優さんは豪華でしたしそっち方面では十分楽しめました(笑)
個人的にはバトルよりもギャグパートの方が面白かったりもしましたがw
…そういえばレジェンドの方はどうなっちゃったんですかね??
原作が膨大な量なので纏めきるのは大変だったのかなぁと(汗
二期は…あったらまた見てみようかなと思います!
キャストさん、スタッフの皆さん長い間お疲れ様でした
そしてTB&CMでお世話になった方々、ありがとうございました♪
最後に小磯哲也さんのご冥福をお祈り申し上げますm(_ _)m

テーマ:鋼殻のレギオス - ジャンル:アニメ・コミック
鋼殻のレギオス    Comment(4)   TrackBack(29)   Top↑

2009.06.19 Fri
黒神 The Animation Episode 23「道」
『最後の闘いから数年後、とある結婚式。
ウェディングドレス姿の茜の前にクロの姿はない。慶太との思い出、クロとの出会い、そして、はじまった闘い―茜の脳裏にさまざまな情景が浮かんでは消えてゆく。』


総集編、というよりはダイジェストで送った最終回でしたね…
なんかこうクロがいなくなったその後のこととか色々見れると思ったのに(苦笑)
回想シーンの裏にあるそれぞれの想いが語られていましたが
これならやっぱり先週で終わっておいた方がよかったんじゃと思っちゃいますw
ああ、一話のあのワクワクしてた頃が懐かしい…(コラ)

「いつまでも黎真の背中ばかり追ってはいけません
自分で考え、自分が正しいと思う道を進まなければ」

クロの母親はこれから先を予見してこんな言葉をかけてたんですかね…
黎真を追って下界へやってきたクロは慶太と知り合って契約を結び、茜さんとも知り合ったんですよね

人間に実験を繰り返し、より強い契約者を得ようとしていた比に目をかけたのは黎真だったんですね。
契約するとより強い力、イクシードを放つことができる、だからクロも選ばれた人間と契約しようと思っていたものの、慶太を助けるために契約したけれど、それがますますドッペルライナーシステムの闇へと巻き込むことに(汗)

「慶太さんが目覚めたら、今度はもっと慶太さんを理解したい」
黎真から真神のことを聞いた茜さんは、慶太とクロの気持ちが通じ合ってることを感じて自分がいなくても大丈夫だと感じて、ドッペルライナーシステムを破壊するために黎真に協力。

その後幸せな日々を取り戻したクロだけど、真神の呪いを一人で背負い清き処に帰ったクロのおかげでドッペルライナーシステムは消えた――
魁音寺グループもそのせいで倒産したようですが、それをぼんやりと眺めていた蔵木はこれからどこへいくんですかね…システムに囚われたまま、次に自分がいるべき場所を見出せるのか…
まぁ結局は蔵木も捨てキャラのような扱いだったわけですけど(苦笑)

それから何年か経って茜さん慶太の結婚式でしたけど、むしろそこまでの経緯が気になるのに~;
「クロ…もういいんだ 呪いは全て俺が持っていく…
本当に幸せな人生だった ありがとう…クロ…」

「よかった…慶太さんはあれからずっと…慶太さん…ありがとう…安らかに」
息を引き取る直前、クロと最後のシンクロをした慶太は呪いを持って亡くなりました…
一応これで綺麗なラストとなったわけですが何か腑に落ちない~(苦笑)

純粋に面白かったのはやっぱり一話目で、それから段々とダウンしてっちゃいましたしね…
声優さんが豪華なのが勿体なかったなと(ぁ
深読みしてもあんまり意味が無かったので、途中からツッコミばっかりになったりも(笑)
ともかく、スタッフさん&キャストさん長い間お疲れ様でした!!
TB&CMでお世話になった方々もありがとうございました♪

テーマ:黒神 - ジャンル:アニメ・コミック
黒神 The Animation    Comment(4)   TrackBack(11)   Top↑

2009.06.19 Fri
Pandora Hearts -パンドラハーツ- 12話「鏡の国」
『ギルバートの帽子を探して町に出たオズ達はなぜか酒場の酔客と腕相撲をすることになる。
そこにオスカーが現れ、うろたえるギルバート。その後、再会を喜ぶオズ、オスカー、ギルバートの幸せそうな様子に疎外感を感じたアリスはその場を逃げ出してしまう。そして路地裏に潜んでいたブレイクと遭遇するが…。』


翌朝早くオズ達と久しぶりの再会を懐かしもうとしたオスカーだけど、三人とも街で失くしたギルの帽子を探すために出かけていっちゃったそうで(笑)
せっかくだからブレイクと一緒に出かけてはどうだというシャロンからの提案もオスカーにかかれば何か企んでるかって逆に勘繰られてるしw
「ただ、いい感じに獲物が餌に食いついたものですから
食い逃げされないように 見張りを置くんですよ」

ちょ、のっけから腹黒いブレイク@石田さんがいいですねw
今度は何をしようとしてるのか…聞きたいような聞きたくないような(笑)

で、帽子を探しにきたはずのオズ達はなぜか腕相撲対決をすることになってるしw
帽子を見つけたオズだけど、見知らぬ人が勝手に自分の帽子だと言い張るものなんだから口論になったところで正義の味方が現れて腕相撲で勝った方が帽子を取るってことに話を纏めたそうで
うん、途中からなんだか話がおかしいですよ(笑)
「俺は、あの帽子がいいんだ」
なんだかどうみても相手のほうが強そうなんだけど、ここまでその帽子に入れ込むギル@鳥海さんが可愛い♪特別な人に貰った帽子だったりするんですかね?
ところでアリスは…応援っていうか餌付けされてないですか?(笑)

一回戦はオズの勝負でしたけどお手柔らかにお願いしますといっておきながら突如黒モードに変貌するオズが!!話を聞いた相手は戦意喪失しちゃってあっさりオズの勝利!
ちょ、一体何を囁いたんですか…気になりすぎるw
ってさすがブレイク@石田さんと意気投合するだけあって何気に黒いですね(ぁ

二回戦はギルVS女性のはずだったけど、いつの間にか乱入したオスカーに焦って逃げるギルがwえ、顔見知りだってだけで何もそんなに拒否しなくても(笑)
ギルがオスカーと目も合わせられないのは、ベザリウス家を裏切ったからだと…
オスカーにも内緒で逃げるようにナイトレイ家に身を寄せたから、その後も負い目を感じてオスカーと面と向かって話しができなかったんですね
ギルの怯えっぷりが面白かったけど、だから弄められ体質なんですかねw
「本当に大きくなったなぁギル 俺は嬉しいよ」
そのことを責められることもなくすっかりほのぼのした空気になったもののこれも作戦勝ちするためのものだったとは!オスカーの言葉に気をとられて力を抜いてたからあっさり敗北ですよ、どうするんですか(笑)

「やはり貴様の力はその程度だったか、ワカメ頭!だが安心しろ
下僕の不始末は私が片をつけてくれるわ!」

上から目線で絶対負ける気なんてないアリスキタ!!(笑)
オズとギルで二勝するはずだったから、アリスの相手はかなりガタイのいい男だし…
しかも悪口を連呼して相手を散々挑発するというアリスのやり方がw
「この私に当たった不幸を呪うんだな、靴底!!」
何か策があると思ったら、チェインとしての力頼みだったんですか~!
アリスを心配するオズと帽子が戻ってこないって焦るギルとの対比がw
でもさすがはアリスですね、いざというときは火事場の馬鹿力ですかね
鬼気迫るアリスの表情が酷いことになってました(笑/コラ)
宣言どおり勝ったぞ!!ってオズに駆け寄ってくるアリスが可愛いなぁ!!
これは普段のギャップもあるからオズがキュンとしてしまうのもわかる♪

帽子も取り戻したところで、ようやく落ち着いてオスカーと話をすることができたオズ
久しぶりの再会だけど、自分のことでいろいろと迷惑をかけたということやベザリウス家を裏切ったと負い目に感じてるギル…
「オズもギルも俺にとって大切な息子なんだ だからちゃんと関わらせてくれ
お前らと今こうしていられることが、俺は何より嬉しいんだよ」

抱き寄せられて照れてるオズとギルを見てるとほのぼのしますね
二人にとっての救いは、優しく見守ってくれる大人がいることだよなぁと思ったり…
だけどタイミング悪くその場に居合わせたアリスは、自分にはない関係があるって思って疎外感を感じて思わずその場から逃げちゃったんですね
記憶がないから親の愛情もどんなものなのかわからないし…って切ないなぁ

一人で意気消沈してるアリスの処へ壁紙を持ったブレイク@石田さんがやってきた!!(笑)
ホントこの人って神出鬼没ですね、いつの間にアリスの後をつけてたのかw
「でもねえ
もう少し周囲に気を配った方がよかったようだ 奴はずっと君の事を尾けてましたよ
…私から離れてはいけないよ?アリス君
でないと、躾のなってない猫に道に迷わされてしまうからね」

アリスの近づくなという言葉にも動じずなぜか思いっきりアリスを抱き寄せたブレイク!
この後何が起こるのかって期待しちゃったじゃないですかw
でもブレイク@石田さんがこんなことするのは任務関係なんでしょうね、残念(コラ)
そして二人のいた場所にはアリスの抱えていた林檎とエミリーだけが残されていました…

記憶の中にいるジャックを必死で追いかけるアリス…顔が見えないのが余計気になるw
置いていかないで!と叫んで目覚めたアリスはブレイクの膝枕で寝てたんですね!
目が覚めるまでのんびり編み物してブレイクが待ってたのかと思うと…(笑)
二人が連れ去られたのはチェシャ猫が作り出したアヴィスでも現実世界でもない空間。
どちらでもない空間だからパンドラも手を出せずにいたと…
「彼が君に興味を示してくれたおかげで助かりましたよ
こうして私も拉致してもらうことが出来ました」

今回の一番の目的はこれですか!アリスを餌に…ってまたそんな反感買うようなことを(苦笑)
でも落下してきたシャンデリアから咄嗟にアリスを守ったブレイクはかっこよかったですね!
襲ってきたチェインも一撃で倒しちゃうし、今週は黒いだけじゃなくかっこいいw

チェシャ猫がアリスをこの場に呼んだのは、アヴィスの意志に嫌われていることが理由だそうで、チャシェ猫はアヴィスの意志の狂信者であり、ビーラビットと同じ特別なチェインでもあると話すブレイク。それもパンドラで得た情報なんですかね?
「さすがに全部相手にするのはダルイなぁ」
面倒くさいからってアリスを抱えて走って逃げ出したブレイク@石田さんの笑い声がw
レディを守るのが紳士の務めって言われてもどうにも胡散臭い(笑)

そんな中、アリスはチェシャ猫の空間にも自分の記憶があることに気づきますがいつもと違う感覚に少し怯えているようで、顔が青ざめてるのが心配です;
本来、違法契約者のチェインは人を食べないと生きていけないもの…
だけどアリスにはそれがなく、人格を持っているが故にチェインとしての本能を律しているのかと考えたブレイクですがアリスには食べる必要がないからじゃないかと推測したようで

「逆にチャシェ猫の場合は契約者の存在を望まない
なぜなら、ここに留まることこそが奴にとっては大事であり我々の世界に来る必要などないからだ
君もチェシャ猫も明らかに他のチェインとは別の目的で存在しているんだ」

だからアヴィスの意志に最も近い存在…一番多くの手がかりを持ってるんですよね
だけどアリスには一切の記憶がないから、代わりにチェシャ猫から意志の情報を聞き出そうとこの場へ来たんですね…でそのためにアリスを利用したと(苦笑)
「まぁ、彼には他にも言ってやりたいことがありますけどね」
むしろブレイク@石田さんにとってはそっちが本題じゃないかと(汗)

鏡の部屋に辿り付いたアリスは記憶の気配を感じ、震える体を自分で抱きしめました
今まで感じた愛おしさとは逆に、底知れぬ恐怖を感じたアリス――
「ねぇ なぜ私は記憶を取り戻そうとしているのかしら」
アリスの頭の中で話しかけるもう一人のアリスに、自分が何のために生まれてきたのか知りたいから記憶を探すと…
「じゃあ どうしてそんな大事なことを貴方は忘れてしまったの」
錯乱したアリスは部屋を飛び出していってしまいました!
後を追いかけようとするブレイクの腕を掴んだのは、鏡の中にいたもう一人の自分…
抵抗する間もなく一瞬で鏡の中に引きずり込まれてしまいましたが一体どういうことなのか(汗)

その頃、屋敷に戻ったオズとギルはシャロンから事の顛末を聞いていました
アリスを巻き込んだことに苛立つギルだけど、アリスと一緒に居るのはブレイクだから
何の考えもなしに敵地へ乗り込むようなことはしないと指摘するオズ。
ブレイクがチェシャ猫の空間から脱出する方法を逆手にとってアリスがいる空間へ自分達も行こうとするオズの言葉をあっさりと肯定するシャロン。

ギルは心配だからオズを残していきたかったんだけど、結局押し切られる形で一緒に行くことになりましたね!
「俺はアリスの契約者だ 俺がいかなくっちゃ意味がない」
いざというときオズがいなきゃアリスの力が解放できないですしね!
じゃなきゃまた肝心なときにかっこ悪い姿をさらすことになりますよ(笑)
ブレイクがエミリーを落としていったのは、その場にいたことをオズ達に知らせて事情をシャロンから聞かせるため…わざわざ話を聞かせる方法を選んだのはオズ達が自ら動くことを期待していると気づいたから!相変わらずオズは頭の回転が速いなぁw
「今回、ブレイクが俺達に早く君達も遊びにおいで~って言ってるように思えてならないんだけど どうかな、シャロンちゃん」
「さぁ ブレイクの考えは私にもよくわかりませんので」
呆気なくスルーされたような気がしますけど否定しないってことはきっとあたってるんですよねw
現在、シャロンはチェイン・エクエスの力を使ってブレイクの影にもぐりこませチャシェ猫との空間を繋ぐことができるようにしているのだと…
オズが行くといったらギルがついていかないわけにはいかないですよね、従者ですし♪
にしてもギル、わざわざ帽子をクリーニングに出すとは…意外と神経質?(笑)
「誰か来るよ…君の大事なものを奪いに…」
おお、チェシャ猫@山口さんですか!これまた豪華なw
ブレイクやアリス、オズにどう関わってくるのか楽しみですね

そしてブレイク@石田さんがいないのをいいことにこちらも何か企んでるヴィンセント@福山さんが!
「エコー 僕のお願い 聞いてくれるかな…」
ちょ、なんだかこの二人の仕草が工口いですよ!!(コラ)
チェシャ猫の空間の中で逃げるアリスが見つけた一匹の黒猫…これも何かの伏線かな?
この空間で少しずつ記憶が戻り始めてるみたいだし、少しでもアリスの過去に繋がることがわかればいいんですが…その前にオズがピンチになりそうですね;

次回「歪んだ記憶の住人」


http://animesakuru.blog73.fc2.com/blog-entry-58.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/pandora-hearts-.html

テーマ:Pandora Hearts - ジャンル:アニメ・コミック
Pandora Hearts    Comment(6)   TrackBack(23)   Top↑

2009.06.19 Fri
東のエデン 第11話「さらにつづく東」
『日本に迫り来る第2の危機。エデンメンバーが集まった豊洲にも危機が迫る。果たして滝沢は、この国を救う事が出来るのか?この日本は、救うに値する楽園(エデン)たりえるのか?』


全裸のニートから逃れながら連絡をとりあう平澤と咲達!
とりあえずスタッフルームに逃げ込んだ平澤達が中から監視してると、ニート達は自分の携帯を必死に探してるようで…
来るなといわれたみっちょんも、一緒に板津のデータを調べた方が捗るということで
とにかく急ぐことになりましたけど、ミサイル攻撃が本当にあるのかもわからない平澤達が
できることといえば限られてるわけで…
「滝沢君は、魔法の携帯を持って宝住民を助けたんじゃないと思う
ただ、当たり前のことをしようとしただけなんだよ」

朗がいなかったらニーと集団もあんなに激怒しなかったと声を荒げる大杉君が(汗)
…元はといえば大杉君が中途半端に関わっちゃったせいもあるかと(ぁ

そこで咲は、ミサイル攻撃から住民を守るだけじゃなく、住民の避難誘導に手を貸したことで疑惑の目を向けられたニートを守るために一人で記憶を消したのだと理由を話し始めました。
携帯の履歴からミサイル攻撃を知った朗はネット上で勇士を集め、犯罪ギリギリの行為で住民を逃がすことにしたものの、どうにも腑に落ちないという苦情が多く出て逆に疑念の目を向けられたわけですね…
そして協力したニートの中には窃盗行為をするものもいたんですか…酷すぎる;

多くの人は住民を救ったという事実に燃えていたけれど、ミサイルで何もかも失った住民達に芽生えた疑いの心と、その周りで傍観していた人が今度はネットで住民達を誹謗中傷の的に!
そのせいで『迂闊な月曜日』は複雑で奇妙なものになってしまったと――

けれど、ニート達だけでも助けようと、いくつかの偽名を使って豊洲にニートを集め
怒りの矛先を自分に向けさせるために、ミサイルテロの犯人だと目の前で名乗った朗!
そしてこれ以上世間に露見しないように二万人をドバイに密入国させたと…
「不確かな情報や、自分にとって都合のいい噂で簡単に自分の意見を変えてしまう無責任な大多数 一番守りたかった人達に裏切られ、絶望し、それで記憶を消すしかなかったんだよ」
朗は本当に人助けをしたのに、あられもない噂を書きたてられてショックだったろうなぁ…
そして今度も朗は一人で汚名を被ろうとしているってことなんですよね
あれ、でもやっぱりホワイトハウスには繋がってこないなぁ(汗)

「なんで咲ちゃんがそんな風に思う必要があるんだ!
いい奴だったとして、でもアイツはただのバカじゃないか
そんな携帯持って下手こいてるなんてただのバカとしか思えないよ!」

うーん、それをここで言っちゃうか大杉君…今はそれどころじゃないですけど
やっぱり咲がそこまで朗の肩を持つことに納得いかないんですねw

板津のデータに残されたミサイル落下地点を見てサイトに書き込めば何かリアクションが起きるかもしれないけど…肝心のパソコンが今はニート集団の手の中!!
いくら焦ってたとはいえ大事なPCをほったらかしておいてきちゃうからですよ~(苦笑)
パソコンを奪取するために春日の提案で全裸になって紛れ込むことに!!
ってそりゃあいい提案かもしれないですけどあんまり見たくないww
そういえば、咲とみっちょんをシネコンまで送ったタクシーの運転手って朗に接触してたのと同じ人物じゃ…やっぱりこの人がアウトサイドってことになるのかな?いやサポーター??

皆と合流するために一気にニート集団の至近距離を駆け抜ける咲とみっちょんだけどよくやるなぁw
一方、全裸になってうまく溶け込んだはずの平澤達だけど、ドバイに行ったはずなのに妙に色白なところを指摘されてあっさり仲間じゃないってばれちゃいましたよ(笑)
もうあとは脱兎のごとく駆けるしかないですよね!
追いかけてくるニートに二次元にしか興味ないとか痛烈な一言を言うみっちょんがw
何とか逃げ延びた大杉君と咲、みっちょんが無事合流しましたけど大杉君全裸ですからね(笑)
戸惑ってる大杉君と違って扉を開けて誘導するおネエのカッコイイことといったら(コラ)
遊んで欲しくて足にじゃれついてる豆柴も可愛いし♪

ミサイルの攻撃地点を確認すると、国会や霞ヶ関という重要拠点はともかく豊洲の文字まで!
それにしても群馬や京都まで攻撃するのが…何かあるのかなぁ(汗)
そんな中突然シネコン全体が停電し、その場に居た全員の携帯に着信が…
相手は朗からでしたが、真実全てを知っている人間と豊洲の住民を亡き者にするための攻撃って、これはまたわざと自分に悪意を向けるためですかね…
生き延びたいジョニーは屋上に集まるようにと言い残して連絡を断った朗。

復讐で動いていた結城君も、結局はジュイス本体が手に入るからと物部に体よく利用されてただけだったんですね
そしてアウトサイドを見つけ出すことができたら会おうと言い残してヘリで離脱…
「君、はめられたんだよ やりすぎちゃったってことかな
あの人がサポーターだったとしたらどう?」

辻君@遊佐さんの出番あった―!!(コラ)
11発目のミサイルも、事件の生き証人であるニートは消した方がいいと指示されたんだと指摘したり、最初から物部の思惑に気づいてたみたいですけどそれを止めようとは思わなかったんですね…
「しかしNo.9は面白いねぇ 多分今度も何かやらかすぜ」
しかも辻君の迎えはリムジンですか…やっぱり家は資産家か何かなんですかね(苦笑)
残りの時間じゃ何も出来ないという結城君に、一昨日パトリオットの戦略上のプログラムが書き換えられた話を持ち出した辻君!
ってもう事前に朗は策を講じてたんですね、最終回にして頭脳戦っぽくなってきた!!

屋上へ向かうニート集団を横目に何とか外へ抜け出そうとする咲達はエレベーターへ向かいました。降下音に気づいて向かってきたニートを何とかするために大杉君が活躍するのかと思ったら反対側からきた朗が助けてくれましたねw
「お前が大杉?やっぱガッツあるな」
ポカンとしてる大杉君に手を差し伸べる朗がカッコイイですね(笑)

一人で全部背負い込もうとする朗だけど、最後は咲の手をとって二人で屋上へ!
なんだかドラマチックな演出でしたね、それを見てた大杉君は…でしょうけど(ぁ
朗は一度板津のアパートに戻った時、データを平澤に送信したことを聞いたのだそうですが…ってあれ、もしかして板津って生きてるんですか?!

集まったニート達に、直接ミサイルを撃ち落す方法を東のエデンサイトに書き込めば助かると教える朗!こういうときにニート集団はとてつもない力を発揮するってそれも把握済みなんですねw
ってもしかして朗は使い方によってニートだって役に立つってことを言いたかったのかな?
というか、迂闊な月曜日のときも朗一人で作戦を立てたわけじゃなく皆の案を寄せ集めてのことだったのか…だから余計協力してくれた仲間が中傷されるのが許せなかったんですかね?

ジュイスコールした朗は、書き込みの中からミサイル攻撃回避に最適な方法を抽出してもらいました!
発射されたミサイル同士をぶつけ合い落下させる前に消滅させるとは…
ミサイル攻撃を尻目に朗に問いかける白鳥や生存してる板津が!!
あの状況で一命を取り留めたってことなんですかね、板津は物部をどうこうする気はないのかな…
「ミサイルなんか落ちなくたって、この国は既に死に向かっている」
辻君の言葉って現実を皮肉った言葉ですよね…
このあと辻君はまた傍観者となるのか、それとも誰かに協力するのか…
あ、物部の朗がミサイル攻撃阻止を成功させることを知ってたかのような口ぶりが気になる!
もしかして朗の記憶を戻すために物部がやったこととか…そんな都合よくないですよねw

残りの一発が豊洲に接近し撃ち落すことにしたものの近くにいた咲も巻き添えに(汗)
とはいえ爆風で吹き飛ばされただけでケガはないみたいですが…
この事態を庇いきれないと感じた朗は、残りの金で自分をこの国の王様にして欲しいとジュイスに依頼します
「この国には、頭のいい連中もいっぱいいるのに、そんな役回りやる奴がいないんだ
できれば、俺だってあんましやりたくはないけどさ 一人だけ信じてくれた子がいたから…」

「受理されました ノブレスオブリージュ 今度会うときは素敵な王子様たらんことを」
「そん時もさ、このままの俺でいたいよね」
ちょ、最後のジュイスの声が何だか優しくていいなぁ♪
結局ジュイスの本体は誰がどこに隠したのかわからないままでしたけど
目を覚ました咲のコートのポケットに、そっと携帯を忍ばせた朗…
ってまた記憶を消して全ての罪を一人で背負ったというわけですか、切なすぎですよ!
これで一応、一話目に咲が言ってた仕方なく王子様になったという台詞に繋がるのかな

アウトサイドの正体とかジュイスの本体、残りのサポーター…
まだまだ謎が残ってますがあとは劇場版へ持越しってことなんですね
できればもうちょっと解明して欲しいこともあったんですけど~(苦笑)
それにしても劇場版のサブタイが気になる…
しかも二作もあるとなるとまたいろんな伏線がありそうですし;
でも本当に最後まで先が読めないいい展開だったなぁ…
最初の頃は伏線が多すぎてどうなるのかと思いましたけど(笑)
スタッフさん&キャストさん、引き続き頑張ってください、応援してます^^
それからTB&CMでお世話になった方々、どうもありがとうございました!


http://quattroism.seesaa.net/article/121821423.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/121910655.html

テーマ:東のエデン - ジャンル:アニメ・コミック
東のエデン    Comment(10)   TrackBack(51)   Top↑

2009.06.18 Thu
NARUTO疾風伝 114話「鷹の瞳」
迂回ルートは相変わらずだけど、キャラを立たせた回想シーン+オリジナルシーンならアリかと♪
回想シーンだけ繰り返してもまたか…ってなっちゃいますし(苦笑)

冒頭は大蛇丸の幼少時代ですね、チビ大蛇丸が可愛い♪
両親の墓の前で白蛇の脱皮した皮を見つけた大蛇丸…
脱皮して大きくなった蛇がまた現れるように、生まれ変わった両親とまたどこかで出会えるかもしれないって思ったのかもしれないですね;
「人はなんて…壊れやすいものなの」
縄樹やダンの死に打ち震える綱手さんを見たときから死者の復活について本格的に考え始めたんですかね、弟子のアンコさんにも実験内容を仄めかしたりしてたんだなぁ…
何も知らずに純粋に師匠と慕っていたアンコさんが切ない(涙)
この頃から危険な兆候はあったけど、それが一番きっかけになったのはやっぱりイタチ兄さんとの邂逅が原因だったと!
全方向からのクナイをいとも簡単に跳ね除けるチビイタチ兄さんがかっこよすぎる♪

写輪眼に魅入られ禁術に手を出そうとしたものの、その術を会得するのにはあまりにも時間が足りないと感じた大蛇丸は再生忍術で生きながらえてもあまり意味はないと…
術を手に入れるために不老不死を手に入れようと実験を重ねた結果あんな身体に(汗)
ある意味死への恐怖が突き動かしてたのかもしれないですね、ぞっとしますけど…

イタチ兄さんの体を奪おうとした大蛇丸だけど、逆に幻術にかけられて左腕を切り落とされたんですよね…
「大蛇丸…己の如何なる術も この眼の前では何の効力も持たない」
もうイタチ兄さんかっこよすぎます…!!
簡単に倒せたかに見せた大蛇丸の白蛇の体液は空気に触れると気化する痺れ薬!
サスケの自由を奪った大蛇丸は、異空間へと閉じ込めついに転生の儀式を開始します
ちょっと映った幻幽丸が一瞬銀さんに見えて困った(コラ

薬を用意し部屋に向かったカブトが見たのは、白蛇の脱皮した姿――
果たして目の前にいるのはサスケなのか、大蛇丸なのか疑心暗鬼に駆られる中訊ねると…
「どっちだと思う?」
と逆に聞き返されちゃいました!サスケの挑戦的な笑みがいいですねw
そんな中幻術で転生の儀式の瞬間を見せられたカブトは、写輪眼で逆に大蛇丸の空間を支配し、転生しようとしていた相手を捻じ伏せた真実を知ります
どこまでも貪欲に生にしがみついていた大蛇丸の叫びが虚しかったですね…

「大蛇丸さまが死んだ…いや これではまるで…」
「俺が奴の全てを乗っ取ったのさ」
アンコさん、自来也さん、綱手さんが移るのもよかったですけど
イタチ兄さんがちょっと気に欠けてるのがまた…
ああもうどこまでもカッコイイイタチ兄さんが素敵すぎます(*´Д`*)

次回「再不斬の大刀」
水月の声優さんが誰なのか気になります!鷹の中に杉山さんが共演したことがある人がいるって噂を聞いたんですけど…多すぎてわからないじゃないですかw
というか予告が柴田さんって珍しいですね~
あ、蛇足ですが『道標』が気になりすぎて"心景"買っちゃいました…!
『満員電車』も『境界線』もいい曲だったので損はなかったかなと(笑)

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(4)   Top↑

2009.06.18 Thu
銀魂 162話「愛とは無償のものなり」
アバンもお通ちゃんの回想で迂回ルートとってましたがまさか本編も…?
三本勝負のラストってことでてっきり決着つくと思ってたのに(笑)

「お前にとって最後の戦いだ 行って来い」
リングへ向かう新八に活を入れる銀さんがカッコイイ!
「世話んなったな 今度なんか驕るわ
俺はオタクの頂点に立つ 必ずトッシーからこの体を取り戻してみせる」

最後の勝負はリング場でのボクシング対決かと思いきやコレクション量って(笑)
どこまでマニアックなところまでお通ちゃんグッズを集めているか勝負に用いられたのはほとんど売れてないお通チップスw
そのオマケについてるカードでカードバトル対決をすることに!
…ええと、これなんて遊戯王ですか?(笑)
デッキとか実体化とかまんま水曜日と間違えたかと思いましたw

ただし、大会側からの支給カードは一切なしで手持ち札のみで戦う羽目に…
新八は持ってないどころかそんなカードが存在してたことすらも知らなかったようで(苦笑)
勿論土方さんは…って恥も外聞も捨てて購入したんですねw
「生半可な覚悟でオタクの覇王なんざ目指しゃしないさ」
その執念もっと別のものに活用して欲しかったですよ(笑)
ピンチに陥った新八は銀さんに売店で買ってきてくれるよう指示!
瞬時に頷いてダッシュする銀さんがいいなぁ…♪

開幕五分前の憂鬱ってカードの内容が酷すぎるw
一応これ攻撃的なカードなんですね、ホログラムがなぜか直接攻撃も可能だし
しかもお通ちゃんじゃなくてただのオバサンなんですけど(汗)
駆けつけた銀さんから手渡されたカードを確認することもなく発動しましたけど
ベースのKIMっていう謎の人物が出現ですよ…
正体はお通ちゃんにヤツアタリされてた木村ですか、しかもこの補助カードは相手のAPを倍にする効果があるとか…また思いっきり場違いなカードですねw
リング再度で内角を抉るようにっていってる銀さんが
なんで眼帯してるのかと思ったらあれか、あしたのジョーネタですか(笑)
「俺のターン」っていう土方さん@中井さんがメチャメチャ楽しそうなんですがw

次に土方さんが取り出したのは、全ての女性カードをいらつかせAPを三倍にする…
ってあの日って月に一度来る女性特有のアレですね(苦笑)
酷いと起き上がれないくらい激痛が奔ることもありますけど(ぁ
追加されたお通チップスの中はKIMカードばっかりで役に立たなかったものの、
ホクロをとることで一度だけ攻撃を無効化するKIMのおかげで新八はピンチから脱出!
しかも次カードが出せない無防備な土方さんに攻めるのチャンスは一度限り…
渾身の一撃で繰り出したカードだけど、今度はドラムのKIYOSHIが出てきた!!(笑)
ホントどうでもいい説明&設定だけど手を抜かないスタッフさんが好きですw

ここで語られる土方さんの苦悩もこの一撃で終わるのか!?
「このカードで俺は全てを終わらせてやる!これで…仕舞ぇだ!」
そこで取り出されたのはスタイリストMIYABIだけど、お通ちゃんと相性が悪いせいでAP・DPともに急上昇しちゃいましたよ…戦術の鬼っていうけどカードが大した内容じゃ(笑/コラ)
最後に新八が取り出したのは謎追及カード!
隠された真実を一つだけ暴きパラメーターに変化を齎すカードでピザを食べた犯人を示したために、KIMUとKIYOSHIの仲が修復されてセッションを始めちゃいましたよ(笑)

自分達からの攻撃は不可能だけど、相手から仕掛けられた場合、APを倍化し跳ね返す効果があるのだとか!そんな凄い技持ってたんですね、こんなどうでもよさそうな二人が(笑)
ってわけでLPに大打撃を受けた土方さんで本編は終了~!…まだ続くんですか(苦笑)

Cパートはお汁粉とぜんざいの違いについて素朴な疑問を持つ銀さんが♪
そういえば関東と関西で解釈は違うみたいですね!
ちなみにうちの地元では漉し餡か粒餡かで分けてましたけど、
そういえばお餅いれない粒餡だけの汁もぜんざいっていいますねぇ…
こっちきてから友達にどっちもお汁粉って呼ぶって言われて軽くカルチャーショックにw
地域差あると思うからこういうのを銀八先生が纏めて迂回ルートにすればいいかと(コラ)
でも蒼井さん二人は全然違いますからね、銀さん(笑)
一番衝撃的なのはさらりと爆弾発言した神楽ちゃんですね、銀さんがショック受けてましたから!!

次回「黒船は沈む時も派手」

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(23)   Top↑

2009.06.16 Tue
BLEACH 224話「3VS1の戦闘!ピンチの乱菊」
ハリベルのフラシオンの三人と戦っていた乱菊さんは灰猫を解放して戦うも数の不利が否めないまま防戦一方に…!
シロちゃんもハリベルと戦いながら乱菊さんを心配しているみたいですが
「部下のことが気になるか
私と闘うならば集中しろ でなければ…死ぬぞ」

と瞬間的に間合いを詰められてしまいました!!
このときのハリベル@緒方さんがかっこよかった(笑)

一方、スタークVS京楽さんの方もオリジナルシーンがちょっと追加されてましたね
お互い軽口をたたきつつも一歩も引かない二人の戦いがいいなぁ(笑)
相変わらず京楽さんが向かってくるから仕方なく戦ってる感じですがw
「まぁたそんなこと言っちゃって~」の京楽さん@明夫さんの言い方がいい♪

挑発するアパッチの隙を見て攻撃を仕掛ける乱菊さんだけどやっぱり読まれてる(汗)
勢いよく吹き飛ばされた乱菊さんも灰猫で応戦するけど、アパッチを怒らせただけのようで…
窮地に瀕した乱菊さんの前に現れたのは久しぶりすぎる出番の桃ちゃん!(笑/コラ)
ホントいつぶりの登場ですかね?
「どないかしはりました?藍染隊長」
「…ああ 何でもない 取るに足りない事だよ」
こちらも久しぶりなギンちゃん@遊佐さん&藍染さん@速水さんキタ―!!
ちょ、この二人の会話もっと聞きたいんですけど!
ギンちゃん@遊佐さんがアップじゃなくて遠目だったのも残念でした(苦笑)

刃を交える中でシロちゃんの霊圧が一瞬乱れたことを察知したハリベル
「雛森…なんで来ちまったんだ――…」
桃ちゃんを心配してるシロちゃんの声がちょっと悲しげですね…
藍染さんがいるこの場に来たところで苦しむだけだって思ったのかな
そして乱菊さんも、傍で藍染さんを尊敬してやまなかった桃ちゃんを知ってるから心配してるんですよね

そんな乱菊さんに、五番隊隊員の命を預かる副隊長としてこの場へやってきたと…
「"藍染隊長の部下"としてじゃありません あの人はもう、尺魂界の……敵ですから」
ってやっぱりまだ完全には吹っ切れてないんですよね(汗)
藍染さん目の前にしたらまだ本気は出せないんじゃないかと…
桃ちゃんが"藍染隊長"って呼んでることが引っかかりながらも
何も言わずにそうねと応える乱菊さんがカッコイイなぁ
今この場でそれを口にするのは不躾ですもんね

会話が終わるのをまってたかのように再び攻撃を繰り出すアパッチがw
一応空気を読むってことはしてるんですね(笑)
腕輪を投げて桃ちゃんの斬魄刀の能力を確かめた上で強気に出て、三人で同時攻撃しようとするアパッチ達だけど、既に桃ちゃんの策が講じられた後でした!
「…考えませんでしたか?最初にあたしがどうやってあなたに飛梅を命中させたのか」
自分より強い三人に対抗するために、鬼道で姿も霊圧も隠した上で接近し、
それと同時に鬼道の網を乱菊さんのまわりに張り巡らしていたと!
「――弾け『飛梅』」
始解の言葉と共に炎が放たれ、三人はそのまま爆発に巻き込まれることに!
斬魄刀っていろんな形がありますけど、桃ちゃんのもかなり独特の形してますよねw

そんな様子を見ながらそろそろ本気でいこうと嗾ける京楽さんが(笑)
「…嫌だよ」
「嫌だってことはないんじゃないの つれないね」
ほんのちょっと刃を交えた間に、刀を左右に持ち替えて使ってたり左右の間合いが微妙に違うことを指摘して、京楽さんが本来の二刀流を封印して戦ってるところに気づいたスターク

「…まいったね 左右の間合いは調節してたつもりなんだけど
流石 よく見てるねえ こわいこわい」

あれ、このあたりもあんまり黒くない京楽さんがw
スタッフさんは京楽さんをあまり黒くする気はないってことですかね?(マテ)
このあたりの小山さんと明夫さんのやりとりがいいなぁ♪声優さんの力は偉大です(笑)
一瞬で間合いを調節してスタークの頭上を掠め取った京楽さんと、ちょっと驚いた様子のスタークが楽しそうでいいですね!(笑)

その横でのんびり観戦してる浮竹さんとリリネットが面白いw
あえて加勢しようとしない浮竹さんに自分と対戦しようと言い出したリリネットだけど
まだ子供だからって思いっきり拒否されたり(笑)
あはは、見た目が子供だからって手加減してる浮竹さんがいい( *´艸`)
せっかく宥めたのに結局リリネットを煽るだけでついに逆切れして刀を抜いちゃったリリネットw
「…参ったな」
浮竹さんも困惑気味だけどこちらも仕方なくバトル開始となりそうですね!

「二本抜けば 本気でやってくれるのかな?」
「勘弁してくれよ アンタ今でも十分強いよ 二本抜かれちゃ困るね」
「成程 じゃあ二本抜くしかないね」
「…そうなっちまうのか」
京楽さんが二本抜いたらスタークも本気モードにならなきゃいけないですけど
スタークのナンバーは…ですもんね、続きが楽しみです!!

桃ちゃんが先ほど使ったのは破道の伏火に赤火砲を練りあわせたものに縛道の曲光で覆って隠し、慎重に相手のまわりに張り巡らせたもの…ってなんか書いててもわかりづらいですが(苦笑)
暫く戦線を離れてたけど、やっぱり鬼道の達人は凄いなぁ

「突き上げろ『碧鹿闘女』(シエルバ)
「喰い散らせ『金獅子将(レオーナ)』
「絞め殺せ『白蛇姫』(アナコンダ)』

倒せたと思って安心していたら動物系刀剣解放が一気にきちゃいましたよ!!(汗)
…なんかこう、アニメで色がつくと色々微妙な感じのレスレクシオンがw
特にアパッチのもこもこ具合が気になってしまう(笑)
攻撃力が一気に上がって傷の回復もした三人に苦戦を強いられる乱菊さんと桃ちゃん

「"混獣神"(キメラ・パルカ)」
アパッチ、ミラ・ローズ、スンスンが自分自身の腕を切り落とし生み出した化物――
って今週はここで終わりですか、気持ち悪い最後になっちゃいましたね(苦笑)
来週のグロイシーンはどうなるんだろう…

☆次回予告☆
ちょ、鬼道を組み合わせてそれ以上気持ち悪い生き物作らないでくださいw
というか対抗心がなんでそういうところに発展するかわからない…(笑)

☆斬魄刀大図鑑☆
今回は恋次による檜佐木さんの斬魄刀「風死」の説明~♪
風死の形を気に入ってない檜佐木さん、
「適当に振り回したらケガすることも実証済みだぜ」
ってちょ、修行中に散々ケガしたんですね!全然自慢にもなってないですけどw

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(14)   Top↑

2009.06.16 Tue
07-GHOST Kapitel.11「愛しき者への償いは…」
死ぬときは一緒だっていうミカゲの誓いも果たせないままで帝国軍に復讐も出来ず生きる意味を見出せないテイトはただ何となく教会で過ごすしかないみたいで…
でも数キロに及ぶ回廊掃除+各階への石炭運びはテイトには荷が重そう(苦笑)
ここにいても無駄な時間を過ごすだけと悩むテイトに、突然復讐の手伝いをしようとカストルが話しかけてきました!
「テイト君、貴方 司教試験を受けてみませんか?」
司教試験に合格すると世界中のあらゆる宿泊施設や交通機関のフリーパスがもらえ、
バルスブルグ帝国全区域に配備されている帝国警備隊の厳重な検閲もない…
って今のテイトにとって夢のような資格ですね!(笑)
「試験は一ヵ月後です あなたにとって、悪い相談ではないと思いいますが」
テイトにとって今本当に必要なのは何かわかってるフラウ@諏訪部さんはとめにはいるけど、カストルのドールによって邪魔されちゃいましたね
しーって口に指をあてるカストル@千葉さんが黒いw

なんだかすっかり復讐する方向へ話しが進んじゃってますけど、テイトもその司教試験を受けるとあっさり承諾w
一次試験は筆記試験だそうですが、その量が尋常じゃない(苦笑)
バルスブルグ経典全77巻をとりあえず半月くらいで全部暗記しろって
笑顔でさらりと言ってのけるカストルが鬼ですw
「俺だって三年もかかって覚えたんだぞ」
「それはあなたがバカだからですよ」
あはは、毒舌全開なカストルの仕打ちが酷すぎるw
…カストルは一体どの暗いのスピードで暗記したんですかね(笑)
でもなんだかテイトはこの本をどこかで読んだ記憶があるようで、カストルが試しに出した問題もすらすらと答えちゃいましたよ
ショックで段々と顔が崩れていくフラウ@諏訪部さんが面白すぎる!!
って後ろでドールと一緒に万歳してるブルピャも可愛いんですが♪
子守唄のように頭の中に浮かんでくる…ということは誰かに経典を読んでもらっていたんでしょうか、テイトの父親も司教っぽかったですしね

試験官は意地悪な奴が多いとフラウに言われてまさかフラウがそうだと思ってるテイトがw
むしろカストルの方がそういうことしそうなイメージもありますけど(コラ)
「誰かを想うだけでは、誰かのために祈るだけでは守れないものがたくさんあるから
だから、夢を奪われて絶望の淵を彷徨う人々を助けるために 私達司教は武器を持って戦います」

司教になるための第二次試験はザイフォンを使った法術試験!
そのためにカストルが持ってきたのはバクルスという不思議な形をした武器でした

ザイフォンは一般的に生命の源だから、そのままではコールを傷つけることしかできないんですね(汗)
だけど、このバクルスを媒体にザイフォンを使えば、闇に対抗するものに変換でき、コールを消滅させるとのこと。口で説明するよりは実際に使ってみる方がわかりやすいということで、士官学校で習ったように試してみるテイトだけど、うまく変換できずにザイフォンは消えてしまいました

「俺みたいなガキでも、本当に司教になんかなれるのか?」
本来なら信者になって神父の資格を取得していくのが普通の段階だけどバクルスを使えるものは特例として、年齢を問わずに闇退治専門の司教に選ばれる飛び級のチャンスが与えられるんですね
何年もかかって司教になるよりも、テイトの実力を踏まえてチャレンジさせてみようとカストルもフラウも思ってたんですね
「経験のないお前には厳しい世界になるだろうが、頑張れ」
なんだかんだいってテイトを心配してるフラウ@諏訪部さんがいいなぁ!
「正式な司教と違い
世界中を飛び回って闇の者達を対峙することで、経験と徳を積んでいくのです」

道は厳しいけど、今のテイトにとってはまたとない機会なんですよね
二人の言葉に励まされてテイトも頑張ってみることにしたのかな
フラウやカストルがコールを捕まえるときにバクルスを使ってないのは、セブンゴーストの力があるから必要ないってことなんでしょうね(苦笑)
ってあれ、結局記憶は消されちゃったんですか??

「いつどんな時でも、皆がお前を見ている 常に正しい行いを心がけろ…お前に 神のご加護を」
司教試験を受けるものの証として、プレートを授けてテイトの頭に手を置いたフラウ
テイトのことはいつでも見守ってくれてるってことですよね、ホントカッコイイw
早速修行を始めたテイトだけど、そう簡単に扱えるはずもなく苦戦してるようですね
床をごろごろして遊んでるブルピャは可愛すぎる、ずっと見てたい(マテ
いつの間にか三時間が経過してたけど全然進歩がない…ってその間ずっと見てたんですか
暇人ていうかテイトのことが心配で仕方ないんですねw
そんなテイトを見かねて手助けするために、捕まえたコールを人形に封じ込めて訓練用にと連れてきたカストルがw

「野放しにすると危険そうでしょう」
ちょ、フラウソックリに作ったのは絶対わざとでしょ!!(笑)
表情は手抜きなのか紙を貼り付けて描いただけだけど、それでもフラウってわかるw
封印でリミッターをかけてあるからそんなに危険はないって…
もしかしたらそれが解けちゃう可能性もあるかもしれないのに(笑)
しかもこのコール、奇声をあげてテイトのまわりを高速で走り回るとかかなりウザイw
…ってもしかしてこの声も諏訪部さんなんですか?(コラ
傍にいれば依頼心が生まれてテイトのためにならないってことで離れていることに!

テイトをからかうのをやめて、通りがかったシスター達に興味を持ったコール
フラウそっくりだけど、どうも様子がおかしいからとフラウじゃなくてただの変態ってw
「じゃあやっぱり フラウ司教なんじゃないの?」
フラウ@諏訪部さん=変態の図が出来上がってる―!!(笑)
工口いだけじゃなく変態の称号までもらってるんですね(違/コラ)
というかそんな変人を見て何もツッコミしないシスター達の方も気になるw
ぶち切れた時の渾身の一撃でなぜかザイフォンを変換させることに成功したテイト!!
思いっきりコール人形に直撃しましたけど、ダメージを与えるどころか逆切れして今度はテイトに狙いを定めてきましたよ!!
しかもその一撃でカストルが施した封印は解除されちゃうし…万事休すですね(汗)

カストルさーん!!と叫びながら逃げ回るテイトを助けてくれたのはラブラドール!
ラブラドールの直接攻撃は初めて見た気が(笑)
…てっきりここでもフラウ@諏訪部さんが活躍してくれると思ってましたw
ラブラドールの計らいでとりあえずちょっと休憩することになったテイト
貰った花を食べてるブルピャの仕草が可愛すぎる♪
淹れてくれたお茶を飲んで甘いと感じるテイトに、心のケガをしている人には甘く感じるというラブラドール

決断を迫られている中でもテイトのためを思って帰ってこいとは言わなかったミカゲの気持ちに気づいてやれなかったのは自分のせいだと責めるテイトを見たら、ミカゲはなんていうですかね…
「償いたいんです でもアイツが復讐をするなっていうなら俺は何も償えない」
「ミカゲ君は、最初から君の事を許していたよ」
ミカゲのためにも罪を償わなきゃって思ってるテイトが切ないです(汗)
でも、テイトを軍に引き渡せばそこで終わってしまう…愛していたからできなかったと

「でも俺は、その宝物がくれた人生を何のために使い、どうやって生きればいい…」
ミカゲの最後の想いに応えるためにも、ラグス王国の生き残りとしての使命を全うすることを決意したテイト
「俺の…本当の世界…使命を、結末を、コイツに見せなきゃいけないんだ!
それが俺の…償いだ!!」

そんな気持ちに応えるように、ミカエルの瞳が覚醒し光り輝きました!

「迎えが来たようですね、テイト君 ここが君の、スタート地点です」
「しかし、まず司教試験にパスしなきゃな」
というわけでようやくテイトの進むべき道も決まりましたかね
今回はカストルの働きが大きかった感じがしますが、テイトを一番気遣ってたのはフラウじゃないかとw

その直後、ミカゲの背格好と似た少年を見つけて思わず声を掛けたテイト!
顔を見てみると全然違うタイプでしたけど、何故かブルピャが懐いてるw
「美しさって罪だなぁ さては、この俺がかっこよすぎて妬んでるんだね?
俺がお前に心の広さというものを教えてやる」

おお、これが噂のハクレン@福山さんですか!!(笑)
美形だけど物凄いナルシーキャラで笑えるんですけど!手鏡常備してるしww
ってなんだかシュリ@入野さんとキャラ被ってるようなそうでないような?
テイトも全然ミカゲと違うキャラの危ない奴に声をかけちゃったと落ち込んでるし(苦笑)
「…お前 俺のライバルだな」
ハクレンの首下にも司教の証となるプレートが…
今後どういう風にテイトに絡んでくるのか楽しみですw
ここから切磋琢磨しあう関係になってくるんでしょうか~(笑)

次回「痛みという名の闇はひたひたと…」

http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-386.html
http://blogs.yahoo.co.jp/evaeureka55/40931505.html

テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック
07-GHOST    Comment(4)   TrackBack(26)   Top↑

2009.06.15 Mon
戦場のヴァルキュリア 第11章「招かれざる客達」
『これまでの善戦を称えられ、ウェルキンとファルディオはガリア公国の公主コーデリア姫主催の晩餐会に招かれることになった。正装の二人に同行するのは、ドレスアップしたアリシア、イサラ、ラマール、ハンス。ランドグリーズ城で一行を待ち受けていたのは、華麗な装飾に、笑いさざめく貴族たちと、人形のように表情のないコーデリア姫だった。その頃、次々と招待客が車から降り立つ中ひと際目立つ一組の貴族が現れる。美しい妻の笑みがアリシアを見て凍りついた。なんと貴族夫婦は、イェーガーとセルベリアが変装した姿だったのだ。かくして波乱の晩餐会が幕を上げる…。』


OPにはいるけどずっと話しにでてこなくて気になってた人はガリア公国のお姫様だったんですね!
宰相のボルグの言いなりというか、政治にただ利用されてるだけの姫って感じで(苦笑)
…でもあの衣装はさすがにおかしいんじゃないかとw
そんなコーデリア姫の晩餐会に招待されることになったウェルキン達
ネクタイがうまく結べず困ってるところにきたドレスアップしたアリシアが可愛いなぁ!
どうせならツインテールじゃなくてアップにした髪形も見たかったですけど♪
でもせっかく可愛くなったのに、褒め方がいまいちというか、他の女性にいったら多分殴られてますw
でも、アリシアしかわからない意味っていうのはある意味ニヤニヤ発言♪
「人にできることができなくて、できないことができるんだから」
あはは、でも出来ないことがある人の方が可愛いですよね!
完全完璧主義の人と付き合うのは疲れるでしょうし(笑)

ファルディオも足の怪我は完治したのかな、というよりはパーティーに招かれてる女性目当てって感じがしないでもないですけどw
ウェルキンのネクタイを結ぶのはこれからアリシアの仕事になるんですかね(´∀`*)
今回ウェルキン達が招待されたのは、ヴァーゼル橋奪還とクローデン奇襲戦を評価されてのことですが、この機にギュンター将軍の名前を利用しようと近づいてくる人間もいると警告するファルディオ
当の本人はあんまり気にしてないみたいですけど、ウェルキンなら無意識のうちにのらりくらりと交わしてそうな…理解するまでにかなり時間かかるでしょうし(笑)
運転中のラマールはドレスアップしたイサラをチラ見してて話半分にしか聞いてないw
ファルディオに指摘されて赤くなるラマールが可愛くてニヤニヤします(コラ
ところでパーティーにハンス同行って…いいんですか??

このパーティーにはイレーヌも招待されてたんですね!
こんな機会は滅多にないとばかり写真を撮ったりと奔走するイレーヌが(笑)
タウンゼント大使に今後の帝国と個別に会談する時があるのか聞こうとするイレーヌだけど、
あっさりと追い払われちゃいましたね。ってまぁ普通そうだと思いますけどw
そんな中ウェルキンを見つけた早速シフトチェンジ
だけど受賞前だからまだ実感がわかないとインタビューにはなりませんでしたね(苦笑)
カメラ目線でいいですよなウェルキン@千葉さんがちょっとかっこよかった!

何かありそうだとアリシア達にこっそり教えたイレーヌの勘はイェーガーとセルベリアがパーティーに潜入しているってことを差していたんですね
調査とはいえ夫婦の芝居をするって…とんでもなく目立つ二人組で(笑)
連邦ににも帝国にもどちら側にもいい顔をするガリアの王女は一体どんな人物なのかと気になっているイェーガーは自ら調査に向かうのだと!陛下の命令だから仕方なく…といいつつも大勢の手前笑顔を見せることは忘れてないですし(笑)
そんな中、偶然セルベリアを見てしまったアリシアはウェルキン達に知らせるけど、
隣にいる人が誰かわからない以上警戒は怠らない方がいいということに
ってアリシアはあの時イェーガーに向けて銃乱射したこと覚えてないんですね;
廊下を通りがかったコーデリア姫が一瞬アリシアを見て足を止めたのも引っかかります…

「おやまぁ こんなところでグレゴール将軍の想い人に会うとは」
奇襲作戦の指揮官がウェルキンだったってことにイェーガーも気づきましたね
それにしても、わざわざウェルキンがギュンター将軍の息子だって言うボルグは抜け目ないですね…
慣れてるからって平気とは限らないとウェルキンを庇うラマールがイサラにお礼を言われていい感じにデレてたような!最近デレ度合いがどんどんあがってます(笑)
勲章を受け取るウェルキンを羨ましそうに見つめるアリシア。
誇らしいけど、ウェルキンがちょっと遠い存在のように感じちゃったのかな…

休憩がてら風にあたろうとバルコニーに出たアリシアの前に現れたイェーガーは挨拶代わりにと手の甲にキスを♪いちいちかっこよくて困る(笑)
一方、人ごみに疲れて同じように外へ出たウェルキンを追ってきたファルディオ
偵察任務でアリシアと二人っきりになったときどうしたのかってそれが聞きたかったんですかw
「アリシアは可愛い お前は男だ それ以外の何がある」
ちょっとは意識してるかと思いきやまだまだウェルキンにこういうことを期待するのは難しいんですかね、そんなことしてるとすぐ傍の誰かさんにとられちゃいますよw

「忠告だ 面倒に巻き込まれたくなきゃ、早めに帰ることだ
と、坊ちゃん達に伝えるんだな」

そう言い残して消えてしまいましたが、一体何のことだったんですかね…
偶然居合わせたウェルキンとファルディオへそのことを知らせると、ウェルキンはイサラたちを探しに向かいました!
イェーガーに挨拶をされたことを思い出して照れてるアリシアが可愛い♪
そんなアリシアにファルディオが差し出したのは遺跡の欠片でした!
ケガで休んでいるときにバリアスにいって拾ってきたって危ないなぁ(苦笑)
ファルディオの優しい心遣いに素直にお礼を言うアリシアはファルディオにじっと見つめられて気まずくなっちゃいましたね
思わずウェルキンを探しに出て行ったけど反対方向に走ってっちゃいましたしw

ヴァルキュリア人の末裔の一族といわれるだけあってコーデリアって銀髪なんですね…
しかしそんなコーデリアが拉致される瞬間を見てしまったアリシアは、同じように連れ去られてしまいました…
首謀者はボルグのようですけど、自分が公国を乗っ取るつもりですかね?
コーデリア姫を殺したのは帝国だとでっちあげるとかやりそうな(汗)

次回「さらわれた姫君」

http://aricnia.blog122.fc2.com/blog-entry-311.html

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック
戦場のヴァルキュリア    Comment(2)   TrackBack(22)   Top↑

2009.06.15 Mon
シャングリ・ラ 第11話「胡蝶夢幻」
「大地よ 昼と夜を従え 世界を――」
夢の中で歌と不思議な声を聞いた国仁は海のど真ん中で目を覚ましました
擬態空母でメデューサ掃討作戦に出たはずが、逆にアポロンから攻撃を受けて沈没してしまったんですね。擬態しているだけだから大した耐性はないってことでしょうか(苦笑)

「一度訊きたかったんだけどさ、君は何のためにこの仕事をしてるの?」
チャンに訊ねられて思わず言葉に詰まる香凛
本当は両親のためにやってることなんですよね
お金を稼ぐのは忙しい両親が働かなくても一緒にいられるようにするためかな…
そんな中、エレベーターに乗って一匹の黒猫が紛れ込んできました

アポロンが空母に攻撃したのは正体不明のアクセスを受け何者かが故意に作動させたため!
領海内を隠密行動中だったため、処理を誤れば外交問題に発展するかもしれないとのことですが、涼子は全ての責任を外務大臣一人に押し付ける気なんですね(汗)
そしてマーシャル諸島近辺には、突然発生した大型台風により接近は不可能…
一体誰がこんなことをしているんでしょうか、って紫音の頬染めシーンはわざわざ入れなくてもわかってますって(笑)

父親から届いたボイスメールには、久しぶりに日本へ帰るから一緒に食事に行こうと…
父親の声が浜田さんって、これだけの登場だったら勿体無いなぁ(笑)
「出たいけど出られない 出たくないけど出たい
それでいいの?本当はいきたいんでしょ?」

突然香凛に話しかけてきた一人の少年は誰なのか…
最初はてっきりメデューサがイメージとして具現化したのかと思ったけど声が入野さんだから違うんだなと(ぁ

「歌を忘れた姫君を、この鳥籠よりお助けに参りました」
自分の意志でここにいるし助けられたいと思ってないという香凛に対して全部逆の言葉を投げかける少年は、香凛と自分が一緒だから助けたいのだと…
香凛が叫ぶとその少年は消えてしまいましたが、相手が人でなければ本音を話せるんですね…全て本当のことを言い当てられたから怖かったけど、できればもう一度話してみたいという香凛の前に再び現れました!

延々と救助を待つ国仁達だけど、まわりの海兵はすっかり弱気に…
国で待ってる人がいないかって聞かれた直後に國子が映るのはやっぱりそういう意味なんでしょうか(笑)
見るからに顔がにやけてた理由も問いたいw
後継者になったものの、アトラスに進行する策も何もない國子(苦笑)
モモコさんがいないといまいち決定力に欠けるというか…
というかモモコさんは無事なんでしょうか、それが一番気になる!!

どうしていいのかわからない自分が怖いと心の中を曝け出す香凛
他人とどう話していいかわからない…ってクロナを思い出しちゃいましたよ(ぁ
少年が歌っていた歌の最後には、カナリアは忘れていた歌を思い出す――
「僕も人と会うのが怖かった 君と、同じだったんだよ
違うのは 僕の周りには檻があったけど 君は自分で檻を作っている」

西の空が黄昏色に染まる頃、表の公園に来れば失くしたものがきっと見つかると言い残して去っていきました

小夜子はあれから何度もアトラスにアクセスしたんでしょうね
涼子と小夜子はやっぱり昔からの知り合いなんでしょうか…
ディグマに関する資料の閲覧許可を貰った烈音も個人的に興味を持ったことでもあるのかな?

夕方、約束どおり外へと踏み出した香凛は、自分がどんな空間にずっと閉じこもっていたのか客観的に知ることができたみたいですね、そしてうろ覚えだったあの歌は、昔母親が自分に歌ってくれた子守唄だと気づくことができました。
「よかったね、香凛 さよなら たった一人の…」

烈音が閲覧していた資料から、この少年はディグマゼロというプロトタイプだと判明
欠陥品で、管理施設を一歩も出ることなく五年前に死んだ人間――
ディグマっていうのはアトラスの後継者候補って意味なんでしょうか??
伝えたいことがいまいちよくわからないなぁ(苦笑)
「一度くらい、外の世界を見てみたかったろうに」
自分の檻に入って外を怖がっている香凛に同情して何とかしてあげたかったんでしょうね
これでようやく安心して消えることができたっていうことなのかな

一応それぞれのキャラメインの話なんでしょうけどこれがどう繋がるのかって感じで;
個人的には一話みたいにテンポよく楽しみたいってのがあるんですけど(苦笑)

次回「生勢流転」

http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/11-1aaa.html

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック
シャングリ・ラ    Comment(2)   TrackBack(28)   Top↑

2009.06.14 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第11話「ラッシュバレーの奇跡」
『ウィンリィたっての希望で、ともに機械鎧技師たちの聖地「ラッシュバレー」を訪れたエドとアルだったが、到着早々国家錬金術師の証である銀時計をパニーニャという少女に盗まれてしまう。だがそれがきっかけとなり、エドたちはパニーニャや、パニーニャの両足につけられた機械鎧の作成者ドミニク、そしてドミニクの家族らと思わぬ触れ合いを持つことに。ドミニクの機械鎧技師としての腕を見たウィンリィはなんと彼に弟子入りを申し込む。そんな中、身重だったドミニクの息子の嫁・サテラが急に産気づいた。 』


ラッシュバレー篇、結構量が多かったと思うんですけど一話で終了するとは(苦笑)
かなり端折ってるとこは多かったですけどとりあえず流れとしてはこんなものかな~って感じで見てました。なんかもうすっかりこのペースに慣れちゃったなぁ…

オートメイルの聖地へやってきたウィンリィのテンションが最初から尋常じゃない(笑)
エドのオートメイルの型も珍しいからって続々と人が集まってきて、公衆の面前でパンツ一丁にされちゃいましたねw
後ろでアルも全身オートメイルだって勘違いされてるけど嬉しそうな♪
そんな中銀時計を盗まれたことに気づいたエド!

ドミニクという名前のオートメイル技師のところにいると知ったエド達は後を追うことになったけど、その家が山奥にあるものだからそこまでたどり着くのが大変そうで(笑)
原作だとパニーニャとは市街戦でしたけどアニメだと山奥に!
これだと回りに迷惑かからなくていいですねw
錬金術でパニーニャを追い詰めて捕まえようとするけど、
身軽なパニーニャは寸前のところで逃げちゃうんですよね!
アルの作戦で籠を使って捕まえたものの、
オートメイルの足に仕込んでいたナイフとカルバリン砲であっさり逃げられちゃいましたww
運良く捕まえたウィンリィはというと、オートメイルに興味を持っちゃって銀時計のことなんてどこへやら、すっかり頭から抜けちゃってますし(笑)

パニーニャにオートメイルを装着したドミニクさんと知り合ったウィンリィは、エドのオートメイルを見せてアドバイスを貰いました!身体のわりに装備が重過ぎるから身長が小さいって言われたまた反応してるエドw
軽量化すれば身長が伸びる可能性はあるといわれて出た妄想のエドが笑える(コラ)
あ、でもエド@朴さんボイスは男前でしたww
技師としてのドミニクさんに感銘を受けたウィンリィは、弟子入りを志願するけど即行で断られちゃいました!エドとしては身長が伸びるオートメイルを少しでも早く伝授してもらいたいとお願いすると「帰れミジンコ」とダメージ大な一言を!!
あはは、ミジンコのエドが何だか可愛いんですけど(笑)

サテラさんのお腹に触れて、その温かさを感じるエドとアル
自分達もこんな風にお腹の中に入ってたのかと思うと不思議だっていうエドがいいなぁ
このあたりはもうちょっとじっくり見たかったんですけど(苦笑)
そして、パニーニャは自分が足を失ったときのことをウィンリィに話し始めました
列車事故に巻き込まれて両親を失い、両足を無くして絶望していたパニーニャを拾い上げて有無を言わさずオートメイルをつけてくれたのがドミニクさんだと。
「でも…また両足で立てた時は嬉しかったなぁ…」
また自分の足で歩けるようになって、パニーニャは立ち直れたんですよね!
そんなドミニクさんに感謝しているし、一生かけてもお礼をするというパニーニャは
オートメイルの代金をスリで支払おうとしてたんですよね…
「本当に感謝してるなら、スリなんて止めなさい
この両足は、ドミニクさんが誠意でくれたものよ だったら、アンタも誠意で応えなきゃダメ!
一生かけるっていうなら、スリなんかしないでしっかりと立って働くの、その両足で!
その方が、きっとドミニクさんも喜ぶと思うよ」

ウィンリィに諭された真面目に働いてこつこつと返金すると改心したようですね
エドの想いはしっかりとウィンリィにも伝わってるようで…ウィンリィのこういうとこ好きだなぁ!

エドから奪った銀時計の蓋が開かないとしるや工具を取り出してさくさくっと開けちゃうウィンリィがw
そこにはエドが自分で刻んだ文字が――
「もう一回、ドミニクさんに弟子入りお願いしてくる!」
思わず零れかけた涙を拭いて向かったウィンリィのところへ、
もうすぐ赤ちゃんが生まれると叫ぶエドの姿が!!これはビックリしますよね(笑)
外は土砂降りの雨で、身重のサテラさんを病院へ連れていくわけにもいかないと
医者を呼びに馬を走らせるドミニクさん
ってこのあともちょっとしたエドの苦悩に繋がる部分もあったのにスルーですか…
無力さを感じる台詞も違うところで入ってましたし(汗)

医者も間に合わないってことで、大慌てするエド達と対照的に自分が赤ちゃんを取り上げるというウィンリィ!
「みんなで協力して 赤ちゃんを取り上げます」
ウィンリィだって怖いのは同じなのに、腹を括って的確にアドバイスするのが凄いですね!
小さい頃から医学書を絵本代わりに読んできたとはいえ
この土壇場での度胸は目を見張るものが(汗)
あ、でも怖さを隠し切れない様子は原作の方がリアルだったかなと…
エド達三人に応援されて覚悟を決めたウィンリィ
部屋の中から聞こえてくる叫び声に怯えるエドとアルが(笑/コラ)

「神様なんていねえと思ってるけど…今だけは…」
赤ちゃんとサテラさんの無事を祈って蹲っていたエドとアルの前に、無事生まれた赤ちゃんが目に入りました!
生命の誕生を無邪気に喜ぶエドがいいなぁ!
錬金術と比べちゃうのは職業柄仕方ないにしろ本当に嬉しかったんでしょうね
安心して腰が抜けたウィンリィを背負って椅子に下ろそうとするエドだけど、銀時計の中身を見たことを知られて思いっきり落としちゃいましたね(苦笑)

「自分への戒めと覚悟を…
我ながら女々しいよ こうやって形にして持ってなきゃならないなんて」

銀時計の中に刻まれた文字は、自分達の家を焼いてリゼンブールを出て行くときの覚悟を刻んだものだったんですよね…
その日付を忘れないように刻んだことを誰にも知られたくなかったんだろうなぁ

エドの覚悟を見て、半端な覚悟じゃいられないと、もっと腕を磨いてもっといいオートメイルをつけられるよう再度ドミニクさんに弟子入り志願してみるというウィンリィ!
って原作だとパニーニャは同じ部屋にいたんですっけ?
血を見てダウンしてたからほとんど話し聞いてなかったと思いますけど
ちょっと照れてるエドがいたんですよね、あれ見たかった(笑)
銀時計を盗んだお返しに思いっきり右腕で殴ったエド、女の子相手に容赦ないw

赤ちゃんを取り上げてくれたお礼に頭を下げるドミニクさんに早速取り入ろうとするエドが図々しくていい(笑)
ドミニクさん、早速爺バカ炸裂ですね!!( *´艸`)
でも、なんだかんだいって麓の技師を紹介してくれたりやっぱりいい人だなぁ
孫の顔をたまに見るくらいなら…っていうのも建前ですよねw
ちょ、駅にスカーやらヨキの指名手配書がある(笑)
ウィンリィはラッシュバレーに残って修行を続行、ここからエド達とは別行動ですね!
どうせならリゼンブールの女豹も見たかったんですが(コラ)
まぁそれはおいといて無難に纏まってたんじゃないかなと思いました

次回「一は全、全は一」
恐怖の師匠来る―!!(笑)
予告のあれだけならホラーに見えて困るw

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(81)   Top↑

2009.06.14 Sun
鋼殻のレギオス 23話「イグナシスの欠片」
発射した剄羅砲は汚染獣に直撃したものの、消滅することなく二つの身体に分離しただけ…
攻撃を加えるごとに分離して増殖するんだったらかなり厄介な相手ですね(汗)
再発射までのチャージにかかるのは二時間で、その時間を使って武芸者を招集し汚染獣にとどめをさすことをカリアンに提案するヴァンゼですが、カリアン@子安さんからはグレンダンがどう出るかはっきりしない以上、力のある武芸者を招集させるのは不安が残るんですよね…

そしてもう一つ厄介なのはニーナをどうするかということで…
最下層から防護服もなしに飛び出したニーナはかなり危険な状態になってそうです(汗)
停止したままのツェルニを復活した汚染獣から守るためには、次の剄羅砲発射前までにニーナを回収して欲しいと告げるカリアン!

廃貴族を引き剥がせないのならニーナの中からツェルニを追い出すしかないと…
最終手段としてはやっぱりニーナごと廃貴族を…って形しかないんでしょうか
二時間後までに任務完了しなければ、
レイフォン達が都市外のどこにいようと再び砲撃を開始するとのこと!
「都市ひとつ無くなるかどうかの瀬戸際だ
会長さんにしたら、選択の余地はねぇ…てことさ」

シャーニッドに拳を向けられても表情一つ変えないカリアンが凄い(汗)

汚染獣に攻撃してもそう簡単には倒すことはできないとわかっていたアルシェイラ
連絡手段があるんだからツェルニに教えてあげてもよかったんじゃ…(苦笑)
一方で、グレンダンの奥の院に侵入を企てているものがいるとの報告が!
そこには一体何があるんですかね…
その一方で、グレンダンに向かうためにバイクを強奪してるサヴァリス@諏訪部さんがw
マスクで顔のほとんど覆っててもカッコイイですね(マテ

アルシェイラからの命令で地下の迷宮と呼ばれる場所にやってきたのはバーメリン
何だか物凄い口の悪い女性っぽいですが、久しぶりすぎて印象が…(ぁ
「必ず来ると思ったぜ」
そこに現れたのはディックと狼面衆の一団!
ディックの存在自体がこの世界と自分達の世界を繋ぐ穴…
どうやらディックがいるだけで周りの人間を巻き込んでるみたいですが、元々はディックもオーロラフィールドの人間なのにあえてこちら側に残ってるってことなんですかね?

「お前達は俺の都市を潰した 親父を殺し、兄貴を殺し全員潰しやがった
俺がぶち殺したかった奴も 信頼してた奴も どうでもいい奴も全部だ
ディクセリオ・マスケインから奪うという事は、そういうことだ!
お前らの骨身に叩き込む!!」

ディックが一人で戦いを挑むのは家族を殺された復讐心からなのかな??
一族滅亡させられたのは、二つの世界を繋げることとなったことが原因なんでしょうか(汗)
狼面衆とディックだけで話しが終了して納得いかないバーメリンは敵も味方も関係ないとヤツアタリですか、明らかに周りにも被害が増大してるとしか(笑)

汚染獣討伐に向けてアルシェイラが呼び出したのはリンテンスですか!
天剣を六人残してあとは汚染獣討伐に…ってなるとリンテンスサイドは五人になっちゃうわけですね!いちいち数字に細かいって嫌味を言われてるリンテンスがw

危険な任務になるのを知って、ダルシェナを一人残らせようとするシャーニッド
いつものように茶化してる感じでしたけど、シャーニッドの口からはいつも嘘ばかりでいつになったら真実が聞けるのかと即答されちゃいました
あはは、どうやらダルシェナの方が一枚上手だったみたいですね(笑)
「私も十七小隊の一員だ そのことを忘れるな」
ここにきてようやくダルシェナも十七小隊のメンバーだと自分から言ってくれましたね
この二人の今後もどうなるかとかちょっと気になりますw

ヴァンゼと連絡をとっていたカリアン@子安さんの疲れ気味な表情と声がいい(笑)
「人の成長を喜ぶべきか、そうではないのか…独り言だ 切るよ」
ってさらっと愚痴ってたのはフェリのことだったんですねw
念威端子をうまく使えない状況でフェリが任務に同行するのをよしとしないカリアンは、
フェリが砲撃に巻き込まれてしまうかもしれないと心配だったんですよね!
でも、フェリからしたら十七小隊のメンバーが全員向かっているのに自分だけ行かないわけには…というよりレイフォンの手助けを少しでもしたかったんでしょうけど(苦笑)
カリアン@子安さんに念威端子を突きつけてまで向かうフェリ!!

「レイフォンの笑顔に安心してレイフォンの背負ってきたものを何一つ知ろうとしなかった」
シェルターに避難したリーリンは昔のことを思い出して浸っていましたけど、
レイフォンが汚染獣を倒すために出撃したことを知るやダイトを届けるためにと一人で外に向かおうと…って先週渡しておかなかったから今困ってるんじゃないですか(苦笑)
それにここはツェルニだから、汚染獣からリーリンを守りながらレイフォンにダイトを届けるなんてできる人は早々いないですよね、だけどリーリンには一人思い当たる人がいたようで…
ただでさえこの忙しいときにゴルネオに頼んじゃうわけですかw

次々と出現する狼面衆から奥の院を守るために迎撃にでる天剣達!
「レギオスは消え、リグザリオ思想は塵と化す
今こそイグナシスの夢想が実現するのだ
オーロラフィールドからの使者 ダインスレイフがそれを可能とする
我々はイグナシスの邪魔をする眠りを引きずり出し、その正体を暴く」

狼面衆の目的が相変わらずよくわからない…(汗)
その邪魔をするのはサヤの力を引き継いでる(?)リーリンだったりするのかな
とはいえ、このダインスレイフっていうのは今ツェルニの目の前にいる汚染獣の名前だったんですね。というか狼面衆はイグナシスの使いってことになるんでしょうか…

この状況を見守り、リーリンを守ってくれているのかとサヤに問うアルシェイラ
グレンダンの意志とサヤはどう関係してるのかな…
あと残り一話なのにますますこんがらがってきましたよ(汗)
そんな中、廃貴族を得るために天剣をもらいにきたとサヴァリス@諏訪部さんが!
てっきり天剣って常に携帯してるものかと思ってましたけど、使用許可がいるのかな(笑)
「レイフォンは、まだ負けてはいないわ」
資格は剥奪されても、戦う理由をもって汚染獣に挑んでいるレイフォンはまだ負けてないってことなんですよね、残された一つの天剣はレイフォンのものなのかな…

廃貴族に憑依されたニーナを見つけたものの、レイフォンが本気でかかれるわけもなく…
とはいえ足で蹴り上げて衝撃で廃貴族からの支配を退けたレイフォンはさすがですね!
ニーナを見つけて連絡しなかったことでフェリに怒られてましたけど(笑)
意識を取り戻したニーナに防護マスクをつけてあげるレイフォン
汚染獣が復活しはじめたため、急いでニーナを連れてフェリ達と合流することに!!

その間、自分がどうして強くなりたいと思い続けてきたのか話し始めたニーナ
ツェルニを守りたいというのは自分の意志だけど、廃貴族を抱えたままこの先どうなってしまうのか考えると怖いと吐露します…
そんなニーナに、自分が戦ってきたのは師であるデルクに対しての贖罪であったことをレイフォンも話しました。闇試合に出たという裏切り行為に報いるために、サイハーデン刀技と刀の使用を禁じた…
それでも、この前のハイアとの戦いで再び刀を持って戦いたいと認識してしまったと
「僕はまだ罪を償っていません
皆を裏切り、悲しませた気持ちを許してもらってません なのに、僕はまた…」

「レイフォン、戦いの理由を武器に託すな
いや、戦いたい気持ちを自分以外のものに理由付けするな
その気持ちは、自ら沸き起こるべきだ 戦う目的も同じだ
人が戦うから自分も戦うのではない 同じ目的の中に自分を置き、律し、協力し行動する それが、一番正しいと思っている」

レイフォンはやっぱり最後まで、例えまわりが許してくれても納得いかなかったんでしょうね…だけど十七小隊のメンバーに引き入れたことで、同じように自分も間違えてしまったというニーナ

「今ここにいるのは僕の意志です
それより、まるで死ぬみたいな言い方止めてください」

最初は武芸者じゃない別の道を歩もうとしていたけど、今は仲間やツェルニを守るために戦う理由をもってるんですよね、話を終えて安心したのかニーナは眠ってしまいました…
ああ、二人の会話を全部聞いてたフェリの気持ちを思うと切なくなる…!

ニーナをシャーニッド達に預け、一人で汚染獣と対峙しようとするレイフォン
何とかなるっていうけど無茶はしないで欲しいですよ…
「必ず戻ってきてください …バカ」
念威を飛ばしてレイフォンにだけ伝わるようにいったフェリが可愛すぎる♪
相変わらずレイフォンに対してのバカは優しいですね
必ず戻ってきてフェリに蹴られるとこ見せてくださいww
そんな中、ニーナがサヴァリス@諏訪部さんに攫われたとの連絡が――
最終回はニーナ…じゃなかった廃貴族を巡ってレイフォンVSサヴァリスになりそうですね!
期待してたバトルが見れそうで楽しみです!

そしてゴルネオと対面したリーリンがダイトを差し出して届けたいと頼んでいました。
汚染獣のところにリーリンも向かうとは…こっちも危なっかしそうですね;
そういえばガハルドの死をしっててっきり立ち直れくらい凹んでるのかと思ったら案外そうでもなかったのが意外でした(汗)

次回「胎動する都市」

テーマ:鋼殻のレギオス - ジャンル:アニメ・コミック
鋼殻のレギオス    Comment(6)   TrackBack(21)   Top↑

2009.06.13 Sat
黒神 The Animation Episode 22「運命」
『真神の力を得たクロは慶太とシンクロし真神に闘いを挑む。
黎真のイクシードによって再生能力を失った真神は、 肉体をひとつに融合させ新たな力を手に入れる。闘いの終わりは間近、クロ・慶太は真神を打ち破り、 全てに決着をつけることが出来るのか。』


黎真のイクシードが真神の再生能力を塞ぎこれで終わったのかと思ったら
消滅を免れようとして互いのテラを結び再び復活した真神が(汗)
それにしても、極限の力を刀一本で止めちゃうナムがやっぱり凄いと思いますw
この人が最初から戦ってくれてたら違ってたかもしれないですね、今更だけど(笑)
たった一人でこのせかいにやってきてにげることなく立ち向かってきたクロ
真神との戦いで消耗するクロに再びテラを送り込む慶太!
「俺達は、運命に立ち向かう!!」
…最終決戦だっていうのにちっとも燃えない展開です(ぁ

真神はクロ達のテラを吸収し、三位一在になろうとします
慶太と茜さんはサウザンドを使ってシンクロを深め、茜さんのテラをクロへ送ります
サウザンドってこういう使い方もできるんですね、ってこれは茜さんだからかな
大量のテラを得たクロはあっさり真神を倒しちゃいました!
あれだけ黎真がイクシードを放って無傷だったのになぁ(苦笑)

真神に吸収された人間のテラを返還し、一連の事件は天災だと疑わない人々のおかげで真神のことを知る人は誰も存在しないまま平和な日常に――
冷蔵庫からキャベツをむさぼるクロが何だか懐かしい(笑)
マカナは隆人さんと暫く一緒に住むことになったようで…
カクマがいないのが寂しいけど何とかやってけそうで安心しました!
で、ナムはまるで自分の家みたいに居座っちゃってるんですねw
ナム曰くまだ書くことがあるから聖域に帰らず残っているそうで…
揶雲もすっかり主夫と化してるし、全てが終わったってことなんだなあと

清きところへ帰った方がいいのではないかと訊ねるクロに、いつまでもいていいという慶太
エクセルは水華魅と一緒にドイツへ帰るんですね
ただ、帰国前に少し気になることも残っているみたいですが…
真神を倒したのは慶太達だから判断は任せるというエクセル

真神が倒されて解けたはずのドッペルライナーシステムはまだ継続していました!
吸収したテラは返還しても、真神本体だけはクロの体の中に残ったために呪いは解けなかった…つまり、クロが生きている限りこのシステムは続くのだそうです。
人間のテラにそれぞれ差があることに気づきながらもどうすることもできなかったクロ
クロが死ねばシステムも消滅するが、テラを循環させている契約者も死ぬことになる…
そして、呪いを消す方法はないのだと――

慶太と初めて会った屋台のラーメンを食べに行ったクロと慶太。
「私 慶太さんに出会えて本当に幸せです
感謝でいっぱいです 約束します 
私、絶対に慶太さんより先に死んだりはしません
だから慶太さん これからもずっと元気で、長生きしてくださいね」

これが二人っきりになる最後だったんですかね、別れの挨拶をして、翌日プニプニと共に散歩に行くとだけいって出かけたクロが目の前からいなくなることもわかっていて止めなかった慶太
慶太@浪川さんの気をつけてなが優しくていいなぁ♪

真神ののろいを一人で背負い、人間に呪いがかからないよう清き処に留まり自分を世界から隔絶することでドッペルライナーシステムを封印したクロ
あれだけ強い呪いをそれだけのことで封印できるのも違和感がありますけど(苦笑)
そんなクロを一人にしておけず、揶雲はどこまでも共についていくことを決意しそれを里央奈に伝えたんですね
ラストには、沢村家の墓参りをする蔵木も姿も…
一応纏まって今回で最終回と思いきやまだグランドフィナーレって、どれだけ延長する気ですか;
もう素直に終わった方がいいんじゃないかと…だらける一方ですし(汗)

次回「道」

テーマ:黒神 - ジャンル:アニメ・コミック
黒神 The Animation    Comment(2)   TrackBack(10)   Top↑

2009.06.12 Fri
Pandora Hearts -パンドラハーツ- 11話「堕とされた鴉」
オズがアヴィスに堕とされてからのギルの10年間の出来事が明らかに――
ほんの少しだけどブレイク@石田さんの闇もほんのちょっと垣間見たような(汗)
相変わらずまだまだ謎が多い人ですけどw

包まっていたシーツの下に何も見つけてないアリスを見たギルの反応が保護者っぽい(笑)
「話しそびれていたことを話しにきた 十年前、俺は…ナイトレイの容姿になった
ナイトレイが所有するチェイン レイヴンを手に入れるために」

そういってあの日以降、何があったのか話し始めたギル…
成人の儀式の日に居合わせた参列者はバスカヴィルの民が襲来したときの記憶が一切ないのだとか!そのせいで余計ギルは一人で抱え込んじゃったんですかね(汗)

マスターを失って打ちひしがれるギルの前に現れたブレイク@石田さん
十年前も今と全然変わらない愛想笑いですねw
オズを失って直後、レインズワース家を仲介して、ギルをナイトレイ家の養子としてのもらいたいという話が持ち上がっていたようですが、それもヴィンセントが必要としていたからだったですね
五年前、ギルと同じように傷だらけで倒れていたところをナイトレイ家に保護されたヴィンセントは生き別れになった兄を探していると、その兄の名前がギルだったとは!
兄弟二人とも記憶がなくて、お互いが敵対する家に保護されていたなんてなんだか裏がありそうな感じがしますね…

ギルだって、オズに忠誠を誓ってベザリウス家で生きていくと決めたのに、突然養子に来いって言われて戸惑うのもわかりますよ…こんな状況の時に養子の話を持ち出すなんて不謹慎だというギルに、ナイトレイ家の力を手に入れることができればオズを助けることができるのに、ってわざとらしい会話をエミリーとw
「ほぅら 食いついてきた」
ちょ、ギルの耳をつついて遊ぶブレイク@石田さんが!!(笑)

「感傷に浸っていても何も変わらない ただ真実を見落とすだけ」
なんだかこれってブレイクが自分自身に言い聞かせてきたような言葉に聞こえるような?
「大切なマスターを助けたいんだろう?
ならそんな感情は捨てて、利用できるもの全てを利用してみろ」

黒いブレイクが怖すぎる!!こっちが本性ですねw
傷が痛む体で無茶をするギルに手を差し伸べたブレイクだけど、
思わずギルに跳ね返されたときに見えたブレイクの左目は既に失われていました!(汗)
チェインと契約する時に奪われたんでしょうか?それを見られまいと前髪を伸ばしてたんですね…
その後何事もなかったように帽子から手品で鳩とか雨とか出すブレイクがw

これからオズがアヴィスに堕とされたのは起こる事件の幕開けの一つに過ぎない――
自分が隻眼で全てを見渡すのは不可能だからとギルに協力を仰ぐブレイク!
うん、でもそこでレイヴンの力を手に入れればって仄めかすのはやっぱり黒いですよねw
もしナイトレイ家の養子に入ってくれるのならば、力を手に入れる手助けをしてあげようと取引するブレイクが黒い!!(笑)

「私はナイトレイ公爵家の動きを知りたい そう…叶うのならば…どうか君が…
私の目の代わりとなって欲しい ナイトレイ家という溝鼠を監視する私の大切な左目としてね」

ギルの顎に手を添えて囁くブレイクが石田さんボイスのせいで工口い感じに!(コラ
顔を触る仕草でさえも妙に色っぽく見えちゃいますw

「君はただ私を利用すればいい 私もただ、君を利用しているだけなのだから」
ブレイクを信用して動こうとするギルに打撃を与えた一言…
今までお互いの信頼関係があって成り立ってきた行動も全て覆される感じでギルはショックだったんじゃないかと(汗)

「彼も心の内に闇を抱えていそうでしたが、
まぁそれはそれで…虐め甲斐があるというものです」

ちょ、ブレイク@石田さんってば早々に目をつけてギルで遊ぶ気満々ですねw
お嬢様好みのショタ少年…ってギルに対しても使ってたんだ(笑)
ブレイクに言われたことも大きかったけど、何よりオズを守れなかった自分を誰も責め立てられないことが一番苦しくて、逃げるようにベザリウス家を後にしたギルは支えてくれたオズがいなくなった以上、自分の居場所はないって感じてしまったのかな…

屋敷の中を案内されて弟のヴィンセントと対面したギルだけど、
言い知れぬ恐怖を感じて伸ばされた手を思わず振り払ってしまいました!
この二人、昔の方が似てる感じがしますね(ぁ
それにしても人形をずたずたにハサミで切り裂いてる様子はちょっと怖いw
必死にヴィンセントの名前以外の記憶を辿ろうとするギルの脳裏にあったのは血に塗れた剣…記憶を失くす以前の二人の間に何があったんだろう??
「いいんだ いいんだよ 思い出さなくて…思い出さない方がいいんだ
僕は…兄さんにまた会えた それだけでいい」

優しく抱きしめてくるヴィンセントの背中に腕を回し返すギル。
ヴィンセントは過去についても何か知ってそうだけど話すつもりはないんですかね…

ある日、意を決してレイヴンのことをヴィンセントに聞き出したギル!
四大公爵家が生まれ今の地位を保証されたのはアヴィスへの扉を手に入れたため…
百年前の英雄と世間では言われているものの、扉を手にした四大公爵家はパンドラという組織を作り上げアヴィスの研究や違法契約者の管理等を行い、互いを見張る意味でもこの地位を与えられたのだと!
ナイトレイ家が所有する鴉(レイヴン)はアヴィスから手に入れたチェインの一つ――
「黒い翼を持つチェインには、アヴィスへの道を作る力があるって言われてる
あれと契約できたなら、兄さんの大事な人もアヴィスから取り戻せるかもしれないよ」

ギルがどうして養子になったのか、その本当の理由もヴィンセントは既に見抜いてたんですね、こっちも相当黒い~!!だけどギルのことが好きだから見過ごしてたってことなのかな?

ちょ、ブレイクにおんぶされてるギルが可愛い(笑)
その背中で、ベザリウス家とナイトレイ家の成り立ちについて聞かされるギル
100年前のサブリエの悲劇で英雄と称えられるベザリウス家と、
逆に裏切りの嫌疑をかけられつつも存在するナイトレイ家は光と闇に例えられる…
ナイトレイ家は裏で暗躍する闇の仕事をメインとし、養子となればその手を血で汚すことも厭わなくなるだろうと言うブレイクはオズのためにそこまでできるのかと問いたかったんですね;

「構わないと思った また、あの光を取り戻せるなら
この手が…どれだけ血に染まることになっても」

オズに正体がばれたとき、頑なにオズの言葉を拒否していたのはこのせいだったんですね、それでもオズを守ろうと必死だったギルの気持ちが切ないなぁ…

鴉と契約したギルをレイヴンとわざとらしく呼ぶブレイクがw
十年経っても見た目の変わらないブレイクに皮肉を言うけど
「心の清らかな人は年を取らないんですよ」
って即行で返された!!そんなうそ臭い言葉が一番似合わない人から出るとは(笑)
オズがいない間弄られ倒されたんでしょうね、それもちょっと見てみたい(マテ

でも、ブレイクはギルがレイヴンと契約できるとは思ってなかったようで…
ナイトレイ家の事情を知ることができる手駒としての認識しかなかったと(苦笑)
でもこんな風にからかったり癪に障るような言い方をするのも、
気になってる相手だからですよね!無関心だったら本当にスルーしてそうですしw
「君のその忠誠心 いや 執着心かな
一途といえば聞こえはいいけれど、私から見れば…異常ですよ
これは忠告だよ 閉ざされた忠誠心は、刃となっていつか君の大切な人を貫くだろう
ちゃんと両目を見開くことだ 君も、私のようになりたくなければね」

なんだか意味深だけどどういうことなんだろう…
ブレイクも信じていた相手に裏切られたりした過去があるんでしょうか?

「俺はもう 失うわけにはいかないんだ」
そう決意してオズを助けに向かったギルの胸のうちに残ったブレイクの言葉…
一体何を示すのか考えると怖いなぁ(汗)
話の最中、疲れて眠っちゃったアリスとオズ…寝てるときでもオズを足蹴にしてるアリスがw
アリスの足を剥がしてオズを支えて抱えるギルがいい♪
そんな三人の様子をこっそり見ていたオスカーとブレイク!
頭に燭台を乗っけたままを手をひらひらさせて久しぶりに飲み明かそうとオスカーに近寄るブレイクが可愛い(笑)
というか燭台がついてても違和感が全くないんですがww

オスカーがここへきたのはブレイクに頼まれていた調査結果を持ってきたからだったんですね
「四大公爵家、バスカヴィル、アヴィスの意志…
全ての点と点が結びつき、やがて一つの場所へと終着する
失われた百年前の記憶へと…それが手に入れば、その時全てが明らかになる…」

オズ達が屋敷でみた光景は百年前のもの――
じゃあちょくちょくオズに語りかけるジャックも百年前の人だったりするのかな(汗)
ブレイクが単独でパンドラ内部を調査してることといい気になることがまた増えました!

次回「鏡の国」


http://animesakuru.blog73.fc2.com/blog-entry-55.html

テーマ:Pandora Hearts - ジャンル:アニメ・コミック
Pandora Hearts    Comment(6)   TrackBack(22)   Top↑

2009.06.12 Fri
東のエデン 第10話「誰が滝沢朗を殺したか」
『滝沢への不安がつのり、電話をかける咲。滝沢は咲に、記憶の謎とMr.OUTSIDEの秘密を知るセレソンNo-01/物部との会話を聞いて欲しいという。滝沢と物部は、滝沢の記憶の手がかりである播磨学園都市に向かう。物部が明かす真実。咲は電話越しの会話に耳を傾ける。』


物部と会うために、用事ができたといって新幹線に乗らなかった朗
心配する咲の携帯にはまたまた大杉君からの大量メールがw
なんだかもうこれは一括削除したくなるほどの量ですね(苦笑)
「君は ミスターアウトサイドをぶん殴りたいそうだが、記憶は戻ったの?」
駅のホームで朗と接触した物部は板津が朗のことを英雄だと言っていたことを話し今度もその期待に応えるのかと…だけど記憶が戻った気配もなく、携帯の履歴も見てない朗を嘲るように言う物部!
ああ、このとき携帯を見てたら板津がどうなったか知りえただろうに…(汗)

今から播磨学園都市を訪れこのゲームをあがるという物部
「心配しなくてもいい 君もゲームを終われるようにしてやる
どうだい 一緒に来ないか?
そのふざけた携帯の正体や、君が何で記憶を消したのかも一緒に教えてやるよ」

ちょ、物部は一体何をしってるっていうんですかね…
接触してきたのは全てを教えて協力させるためだったんでしょうか
でも、こんな風に自分の知らない情報を提供してくれるって言われたら行くしかないですよね

朗に連絡をとった咲は、大杉君が行方不明になったとき駆けつけたホテルの部屋で白鳥を見たことも話しました。
「あそこで起きた不思議なこと、あの女の人が携帯使ってやったんでしょ?
滝沢君と同じ携帯で…セレソンって 迂闊な月曜日を起こしたテロリストのことだよね
もしかしたらそのことと何か関係してるの?教えて、滝沢君 貴方は誰?」

ついに自分から訊ねた咲はもういてもたってもいられなかったんでしょうね…
自分が何者なのかは本当にわからないとはっきり言った朗は、自分を知っている人間と話すことになったからそのまま話を聞いておいて咲達に判断して欲しいと…
「それでもし、俺が犯罪者だった時は…俺のことは忘れて
俺もこのまま咲の前から消えるからさ」

そんなこと言われたら忘れるどころか余計気になっちゃいますよ!

ショッピングモール周辺を調べていた大杉君達、大量に廃棄された携帯をチェックしたりしてましたが既に朗が偽名を使って六都市からニートを集め迂闊な月曜日直後に収容したと突き止めました。全てはその人達を助けるためにやったことなのに、断片的な情報しか入ってないから朗が犯人としての証拠ってことに繋がりかかってるし(汗)
板津のデータ送信先は平澤とみっちょん、両方だったんですね!

ヘリに乗り込んだ朗と物部の会話に耳をすませる咲とみっちょん
「アトウ商会って会社しってるかい?
君や私をこのゲームに巻き込んだミスターアウトサイドの正体は
そこの会長兼相談役のアトウサイゾウって爺さんだよ」

ちょ、ミスターアウトサイドの正体がこんなにもあっさりと語られるとは(苦笑)
戦後の復興期に運輸業からスタートし巨万の富を築いた人物…ってなんだか凄いけど朗は全く聞いた事がない名前みたいで、しかもミスターアウトサイドって単に自分の名前をもじってつけたものだったとは!意外と適当だったんですね(ぁ
フィクサーなんて呼ばれる人だから政府関係の仕事が安上がりになってたのか…(汗)
物部が調べたところ、戦前ヨーロッパに留学経験のある人が好みそうな思想や無類のサッカー好き、特にブラジルサッカーへの系統からきたと思われるネーミングセンスを辿っていけばこのアトウにたどり着くのは比較的簡単だったと…
いやいや、そこまで推理した物部が凄いと思います(汗)

「ミスターアウトサイドにとって、若者に金と権限を与えたり 連続殺人鬼や戦争肯定論者にミサイル攻撃を許可したりすることは、日本を救う方法論の一つとしてありだったんじゃないかな」
自分が築いてきた日本の結果を見て、本当にこれで正しかったのかと見つめなおした時、眼鏡に適う人間に強制的に力を与えて日本がどういう風に変化するのかを自分で演出したかったと…
なんだ、結局独断と偏見で選んでただけなんじゃ…(コラ
確かに百億の金を自在に使えるのはいいとしても、そのシステムの詳細を知れば難点ばかりですからね、巻き込まれた人はたまったものじゃないかと!

ミスターアウトサイドが急いでいたのは、末期がんで余命が幾許もなかったから…
ただ、本人は既に亡くなっているのだと告げる物部。
それなのにこのゲームが終わらないってことは、まだ裏で操ってる人物がいるってことですか??(汗)
「私はミスターアウトサイドに成り代わることでゲームの勝者になろうと思っている」
物部の方法は、コンシェルジュのジュイスをそっくり奪うことだそうですが、一体どうやってやるんだろう、なんだかここにきて展開が凄いことになってきましたね(苦笑)

播磨脳科学研究所に到着した朗と物部
この施設はアトウ財団が管理するもので、アウトサイドが死ぬまでの数年間を過ごした場所。
物部は、アウトサイドの正体に気づいた段階で官僚を辞めてアトウと取引のある商社に入り、ついにアトウの執行役員にまで就任してこの施設の責任者になったのだと
わざわざ官僚を辞めたのはこういう理由があったんですね…
って自力で役員になるって物部の実力が計り知れない~(汗)

既に朗を入れて9人までのセレソンの素性を特定していると言い
No.10の結城君を朗に紹介した物部は、彼が迂闊な月曜日事件の犯人だと――
祝杯用にシャンパンを一本制御室に届けて欲しいという物部に、そんな申請をするのは珍しいというジュイスがちょっと嬉しそうだったような(笑)

「やっぱり君はユニークだな 我々の下にあるこれがジュイスだよ
後は生きていれば今年で百歳 こんなものまで作ったのは、彼なりの贖罪なんだろうな」

…ジュイスってプログラムだったんですか!
そりゃ尋常じゃないスピードで依頼も受理してるのは気になってましたけど
あれだけ個々に丁寧に対応できてたのは脳科学の研究の賜物だったからなんですね(汗)
ミスターアウトサイドの死後、この施設の真実を知るものはセレソンだけ――
「君もこの国を戦後からやり直す計画に参加しないか?」
明日の午前八時、60発のミサイルで日本を攻撃すると…!
先週の履歴は思いっきりこのことだったんですね
そのことに気づかれたから板津も抹殺したんですか…怖すぎる!

両親を亡くした結城君は社会に居場所をなくし、その恨みを『迂闊な月曜日』事件として世間に知らしめたのだと…てっきり物部に言われてやってるのかと思ったら、個人的な復讐心だったんですね;
「俺は元々百億なんて持ってるから このウザイゲームから解放されればそれでいい」
ちょ、辻君@遊佐さん―!!まさかこんなところで遊佐さんボイスが聞けるとは♪
あ、でもあと残り一話しかないから…そんなに台詞なさそうですけど(苦笑)

「君は、君が助けた人達と協力した仲間 双方から裏切られたんだよ」
朗が記憶を消したのは信じていた人達に裏切られたから…
恩を仇で返されて絶望した挙句、やるせなくなって記憶を消しちゃったんですかね(汗)

その頃、板津から送信されたデータをパソコンで閲覧していた平澤達
ミサイル事件もこのままじゃ全部朗が犯人てことになっちゃいますよ
そんな中、豊洲に大量のコンテナを積んだ老朽船が到着…
二万人のニートが戻ってきたみたいですけど、全員全裸で微妙なモザイクですからww
ちょ、逃げるのはわかるけど平澤ってばパソコンそのままでいいんですか??(焦)
咲も真実をしって、困惑すると同時にあの時もっと凄いことが起きればいいのにと言ったことを後悔していました…

「今宵 ゲームの勝者は決定しませんでした
ミスターアウトサイドの指示に従って
今後も救世主たるべく、ゲームを続行してください」

物部がジュイスに依頼したシャンパンは空瓶で、既にジュイスの本体はNo.12によって秘密の場所に移送された後でした!その移送代が五千円てこれまた安いですねw
No.12がサポーターなのか、果たしてアウトサイドなのか…
そして朗は貨物列車に乗り再び豊洲へと戻るのかな?
ミサイル発射まで残り八時間しかないのに、それをどうやって止めるのかも気になりますがまだ出てない残りのセレソンは最終話でも出てこないんですかね…


http://blogs.yahoo.co.jp/evaeureka55/40870939.html
http://turezure721.blog73.fc2.com/blog-entry-88.html

テーマ:東のエデン - ジャンル:アニメ・コミック
東のエデン    Comment(6)   TrackBack(43)   Top↑

2009.06.11 Thu
NARUTO疾風伝 113話「大蛇の瞳孔」
回想シーンだけどイタチ兄さんの登場にドキドキした(*´Д`*)
早く本登場してもらいたいですねぇ!
それにしても、せっかく原作に戻ったというのにまたまた迷走してる感じが…(苦笑)
冒頭のカブトと大蛇丸の会話はもういいやってことでさくっと飛ばしたので感想短めです

ランク10の薬を投与しない限り保てなくなってきた体から転生を使うために準備を進めていたカブトと大蛇丸…
体は限界を超えているのに気力だけでも今までのどの戦いよりも強い殺気を放つ大蛇丸の傍を離れられないというカブト!
「大蛇丸様の成長が怖ろしいよ 大陸全土すら大蛇丸様の前に平伏すに違いない
サスケ君の体を手に入れることによってね」

クナイを投げるイタチ兄さんの映像と重なって千鳥流し!なサスケがカッコイイなぁ♪

そして絶妙なタイミングで反旗を翻したサスケ!
「もうアンタに教わる事は何も無い…アンタの前でも非情になれそうだ…」
病に侵されているとはいえ、自分よりも大蛇丸が弱いとわかった時点で見限ったサスケの根本にあるのは復讐ですもんね、このタイミングで来るのは妥当だったんじゃないかと(汗)
それにしてもうちはの血筋について語るサスケが…よく喋りますよねw

実験を繰り返し人の命を弄ぶ大蛇丸に、利己的な理由で云々~はサスケにも言えることで他人から見たら同じように見えるかもしれないですよね、
自分の都合で力を手に入れるために手段を選ばない選択をしたことを思い出して…って
いうのはサスケの頭にはないわけですね、そんな自己中サスケも好きですけど(笑)
サスケが一般的な幸せを手にするために七班て存在が必要だったんじゃないのかなぁ…

大蛇丸の正体は白い大蛇!
おお、刀を納めてから状態2になるまでのサスケの一連の動きがカッコいい!!
「血を這いずる蛇が空を飛びたいと夢見たところでしょせん無理な話…
それでもどうにかしたいと巣の中のひよっこを狙ってたお前が
…逆に狙われてたのさ これから空高く飛び立つ …鷹の目にな」

大蛇丸VSサスケは来週の持ち越しですね(苦笑)
新キャラの声優さんが誰なのか気になるところだけどこの分だと来週は出てこないのかな?

次回「鷹の瞳」
予告で淡々と喋ってるカブトだけどその間に大蛇丸大変なことになってますから~(ぁ

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(4)   Top↑

税金