アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2008.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.11≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2008年10月 」 の記事一覧
2008.10.31 Fri
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 5話「キミヲマツ」
『保育園で子ども達のお世話をすることになった事務所の面々。
園児に振り回されるヒメやことはたちを横目に、アオは子ども達に人気の様子。
そんな中、ひとりぼっちでいるジュンタを心配したアオは、サトリの力を使いジュンタの
心の中を読む。しかし、それが裏目に出てしまい、ジュンタは泣きながら去ってしまう。』


今週はアオの話ですね!
アオって耳四つあるってことに初めて気づきましたよ(笑)
サトリの能力を使うときにネコ耳を使うってことなのかな??
学校があるのにあと一日寝ていようとすることははどう考えても寝すぎです(笑)
それにしてもアオの寝癖が可愛いです^^

ツンツンデレツンツン、耳に残りすぎて覚えちゃいましたよ、町歌として定着してるんですね。
…これ、サントラに入ったりしたら面白いのになぁ(マテ)
人手が足りないからと、恭助も強制的に相談室のメンバーにされてるんですね!
特別手当がタイヤキ一つだけなんて…可哀想(笑)

ことはとババ抜きをするアオは負けるのが嫌でついサトリの能力を使っちゃいました。
そりゃあドイツミリタリー全集と三万円のワンピースなんていわれたらねぇ…(^^;)
ジョーカージョーカーって言葉の矢を浴びせる大人気ないことは@沢城さんが面白いなぁ!

秋名が円神のことを相談にいったのは、元老院でした。
ギンの魂がまだ残っていたとしても、あの身体は既に円神のこと、だから既に上層部は敵とみなしているんですね…ヒメに円神のことを話さなくていいのかという八重に、知っても辛いだけだという秋名。

「でも 貴方が一人で抱えていいこと?」
「じゃあ、俺の我儘ってことで」
秋名にとってもヒメにとっても、ギンは大切な親友ですもんね
だからこそ円神の身体にまだギンがいることを知れば、ヒメは迷うだろうし…
でも秋名がチューニングを行えるようにサポートするのかな…複雑ですよね。
以前のシルバじゃないけど、真実を知ったらまたヒメが暴走しそう(苦笑)

保育園を作ったはいいものの、保育士が来るのが来週で、すぐにでも開園したいというヒメ
の我儘に付き合って保育士の代理をすることになったヒメ達!
ちょ、ヒメってば子供からツンデレの歌を洗脳させないでください(笑)
ことはにおばちゃんって呼びかけた子供が危険だ!!(怖)

吸血鬼と人魚のハーフの水奈と火奈に血を座れて貧血を起こして倒れる恭助!
何やってんだぁっていう小野さんボイスが面白かったw
…コレステロールが大目なのはヒメに付き合って同じ食事をしてるからですか(ぁ
言うことを聞かない子供達を落ち着かせるために、心を読んでクラシックを弾くアオ。
アオってばピアノも弾けるんだ?!
外で缶けりに付き合う鈴ちゃんはたしかに服の色もあいまって同じ園児に見えるような(コラ

「この物体は?」
ってぐったりした恭助を見て聞く秋名が(笑)
どうみたって恭助だってわかるでしょ~
「アオが頑張ってなかったら 大変だったわよ 意外な才能ってあるものよね」

読心術であっても、子供からしたら自分のしたいことを理解してくれる相手なわけですからね
アオが人気者になるわけだ!
そんな中、輪から離れて一人遊ぶ男の子がいました。
秋田で父親と二人暮しで困っていたところを、ヒメが連れてきたジュンタ君という子供。
一人でいるジュンタ君に近寄って、描いていた絵や名前をあてたアオですが、ジュンタ君は
外へ飛び出してしまいます。

アオが後を追って外へ行っちゃったため、ヒメが遊んであげると力強く子供達に宣言する即行で拒否されてるのに笑いました!(コラ)
サトリの能力を使って、リフティングを頑張るジュンタ君の心を読んで口に出してしまったアオは励ましてあげようとか、元気づけてあげようという気持ちからだったんですよね。しかし、ジュンタ君にとっては、父親と二人だけの秘密の約束だったため傷ついてしまったのです。勝手に心を読まれているなんてわかったら子供じゃなくてもショックですよ…それが今までは、全ていい方向に向かっていたからいいものの、ジュンタ君の痛いところをついてしまったわけなんですね。

「面倒だな 肉体があるというのも なぁ?」
「残念ながら 肉体を持たない感覚を経験したことがないので」
円神は常に誰かの身体を乗っ取って生きながらえてきたってことでしょうか?
篠塚ともあんまり信頼しあう仲ってカンジじゃないのかな…
仲間意識はあるみたいですけど(苦笑)

そんな二人の前に、風と共に現れたのは八重!
「一応 警告しておこうと思って やるなら、正々堂々とやりなさい?
神様欺くような真似すると 痛い目に遭うわよ」

「遭えるもんなら 遭ってみたいもんだな!」
警告というより喧嘩を売りにきたんじゃ…(汗

「全力できても 止めてみせるぜ 神様」
「…警告はしたわよ?」
剣捌きがカッコイイ八重の戦闘シーンをもうちょっと見てたかったんですけど、
ホント手合わせといった感じであっという間に終わっちゃいましたね( ̄▽ ̄;)
二人の黒い笑みから何が起こるのかってちょっと楽しみだったのに(ぇ

ジュンタ君が保育園を欠席したことから、心配になって家まで見に行ったアオ。
心を読んでしまったことを謝るアオですが、ジュンタ君は閉じこもったまま…
そこへ通りかかったヒメが隣町の町長のために送る贈り物のために、相手の心を読んで
好みを教えてほしいと頼みます。

「嫌です 心を読むの 嫌です」
もう誰かを傷つけるのは嫌だからと拒否するアオは、ちょっと今更な感じもしますが…
ジュンタ君のことがあったから余計になんだろうなぁ…

アオが怒っていることがよくわからず凹むヒメはいつもどおり秋名に相談!
ヒメは結構浮き沈みが激しいですよね(笑)
「ギンが前に言ってたろ?サトリはそういう壁に 一度はぶつかるって」
あとで誤りにいくと弱気になってるヒメはちょっと可愛かった!

「全部自分次第だよ サトリを好きになるのも 嫌いになるのも いつか わかる時が来るよ」
ギンの言葉を思い出していたアオの下から現れた秋名、セクハラです!!(笑)
「やめた方がいいのかなぁ、心を読むの 私、それがサトリにできることだからって
役に立つことがだからって そう思って…でも ジュンタ君のこと 傷つけちゃって」

相手のためを思ってしたことでも、知らない間に傷つけてしまっていた、
それはサトリじゃなくてもあることですよね

「何が一番いいのかなんて 誰にもわかるわけないだろ この世にさ 自己中じゃないやつなんて 一人もいないんだ お前も もっと思うように生きればいいんじゃないのか?
そんで 失敗したら 遠慮なく俺やヒメを頼って来い
女の子一人の我儘も聞けないほど、事務所もこの町も小さかないぞ
…ジュンタ君にしてあげたいことは あるんだろ?」


アオはジュンタ君の心を読まずにジュンタ君がしてほしいことを頑張って突き止めます。
それは、ジュンタ君の母親を探してあげることでした!
心配していてもたってもいられないヒメが可愛い♪
ジュンタ君のお父さんは、母親を探すためにこっそり町を出て、そのときにリフティングが
20回できたら帰ってくると約束したんですね。

丁度20回目のリフティングが成功したとき、ジュンタ君の両親が一緒に帰ってきました!
いや、父親はともかく母親はありえないでしょ、都合よすぎです(笑)
一瞬誰かが化けて嘘ついてるんじゃないかって疑っちゃいましたよ(ぁ
町民のためならどこへでも!なヒメに経費は節約しますな恭助のペアがいいなぁ(笑)
とってつけたようなラストにちょっと納得いかないですが、一応ハッピーエンドですかねぇ。
サトリの能力がなくても解決することができたっていうアオの成長はなしなんだろうけど、根本的なアオの問題は残ってる気が…

「先生 ありがとう」
心を勝手に覗いて傷つけたことを謝るアオに、ジュンタ君はお礼をいってくれました。
ギンがサトリのことを好きでいたかどうか…それも秋名は知らないんですか(苦笑)
あれだけ一緒に居て結構ギンについて知らないことが多いですよね。
まぁサトリっていう能力を持っている以上付き合うのも難しかったのかもしれないけど…

七郷の上にのぼり、兄に今日のことを報告するアオの前に、ギンの姿をした円神が現れました!
偶然なんだろうけど、その後のアオと円神がどうなったのか気になる!

次回「ツムグウタ」
突然始まったヒメのお悩み相談コーナー、一刀両断って悩みを全然聞いてないんですが!(笑)
だって答えが全部否定的だし、そもそもヒメに相談される側の役は無理ですよ( *´艸`)

http://aquamarine645.blog25.fc2.com/blog-entry-155.html
スポンサーサイト



テーマ:夜桜四重奏 - ジャンル:アニメ・コミック
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~    Comment(0)   TrackBack(22)   Top↑

2008.10.31 Fri
黒執事 5話「その執事、邂逅」
『子爵が犯人でないことが判り、あらためて犯人像の割り出しにとりかかるシエル。
被害者の身体的な共通点から、次の被害者を予想し、犯人を袋小路で待ち伏せるシエル
とセバスチャン。しかし、そのすぐ側で、新たな犠牲者の悲鳴が響き渡った。』


グレルの正体に唖然です!!
…福山さん凄すぎて、もう何が何だか!オカマキャラも結構いけそうですよね(マテ)

根を詰めすぎるのはよくないと、息抜きにマダムレッドとチェスをするシエル。
「あれは僕の駒にすぎない 命令し 動かすのは僕だ
だがただの駒じゃない 全てのマスに一手で動ける駒


だがこの世界では意味を持たない
必ず 反則する騎手も、裏切る駒も出てくる 油断すればすぐに チェックメイトだ」

<「敵を討ったとして 死人が蘇るわけでも ましてや喜ぶわけでもない
僕は 先代たちのためにファントムハイヴに戻ってきたわけじゃない
――僕のためだ」

シエルの両親は殺され、焼け跡から指輪だけが見つかったんですね…
それ一つしか形見がないなんて悲しすぎます(涙)
そして、両親の敵討ちでもなく自分のために戻ってきたというシエルは、ファントムハイヴ家
を裏切り 汚した人間に同じ屈辱と痛みを味わわせてやるため、セバスチャンと契約し
わざわざこの地に戻ってきたということなのかな。
何もかも忘れて幸せに暮らすことを望まなかったのもまた切ないですよ。

「生まれたあんたはちっちゃくて可愛くて 守ってあげなくちゃって思った
私には子供はできなかったけど アンタのこと 本当の息子みたいに思ってるのよ
できればこんな世界からは足を…」

「今僕がここにいることは 僕が望んだことで、僕が選んだことだ
後悔はしていないし、甘えてはいけない…誰にも」

シエルが大人びている理由の根本はここにあったんですね…
誰にも弱味をみせずにいる辛さなんて想像もつかないけど、シエルの過去は思うよりも
もっと悲惨だったのかもしれないなぁと;;

「どうか あの子の傍を離れないで あの子が道を逸れて 迷ってしまうことがないように」
「ええ 必ず 最後までお傍で お守りいたします」
…今思えば、このとき迎えに来たグレル@福山さんのトーンとマダムレッドのアップが伏線だったんですね(汗)

セバスチャンが再調査した結果、昨日子爵邸にいた人間に犯行は不可能とのこと。
「何度も言ってるでしょう 私は嘘はつきません、と
医学に携わるもの 秘密結社 黒魔術に関わりのあるもの そして事件発覚前夜にアリバイのないもの この条件を満たす人間はドルイット子爵 彼だけです」

「調査はただの茶番だったわけか」
「私はあくまで執事ですから ご主人様に命ぜられたことと、聞かれたことだけを忠実に
貴方の命令一つで 私は貴方の駒となり剣となる…さぁ チェックは?ご主人様」

調査書をばらまいてしたり顔で微笑むセバスチャン黒すぎ!!(笑)
えっと、ってことは犯人は人間じゃないってことですか!
確かに嘘はついてませんねΣ( ̄ロ ̄lll)

犯人がくるという現場に張り込むシエルとセバスチャン。
殺された娼婦達の共通点は、子宮を取り除かれた以外にも、艶やかな美しい黒髪という
点があったというセバスチャン。

「罪とも言える その愛らしさ…ぷにぷに あぁぷにぷに」
ちょ、シリアスだったのにぷにぷにって!!(爆笑)
稀に見る美人猫だったので思わず手が出てしまったようですw
木曜日の出演者は猫の肉球好きが多いですねぇ!これは何かの偶然?!(笑)
・・・もうセバスチャンは桂さんと思う存分肉球について語り合えばいいよ(コラ)

そんな中、ある部屋から断末魔の叫びが響きます!
暗い画面の中でもあたりに飛び散った血やうっすら見える遺体が結構グロイです(汗)
咄嗟にシエルを庇うように目を隠して後ろに飛びのくセバスチャン!
そして現れた犯人は…返り血を大量に浴びたグレル!?

「あなたのような方に 人間界でお会いするのは初めてです
人畜無害なダメ執事 お上手に振舞われていたじゃありませんか」

「お上手?…んふふ そう?あたし 女優なの それも飛び切りの一流よ
だけど 貴方だってセバスチャンじゃないでしょう?」

「坊ちゃんに頂いた名前ですから セバスチャンですよ ――今はね」
テンションの違いを演じる福山さんに拍手!!
もうここからグレルがただのキモイ人にしか見えないです(コラ)
福山さんのセバスちゃん?の言い方に笑いましたよ!
あ、それから投げキッスされてサブイボがたってるセバスチャンにも(笑)

グレルの正体は神と人との中立であるはずの存在、死神でした!
それが人側についている理由とは…一人の女にほれ込んでしまったから。
それがマダムレッドだったんですね…
セバスチャンの手を払いのけて真正面からマダムレッドを見据えるシエル。

最初の容疑者リストにはマダムレッドも入っていた、けれど完璧なアリバイから一時は除外した。全ての殺人に関わるのには、容疑者リストに入っていたどの人間にも無理、人外のものが共犯者なら、一瞬で殺人現場の部屋へ入れるのなら、伯爵邸からイーストエンドへの移動も可能。だからこそシエルはマダムレッドとグレルが切り裂きジャックだと突き止めたのですね。そして、被害者は皆マダムが勤める病院である手術を受けている患者ばかり…そしてまだ殺されていないメアリーのところへマダムレッドたちが来るだろうと踏んで待っていたのですが、結局助けることは出来なかった…

「気づかなければまた一緒にチェスができたのに…だけど 今度は何も譲らないわ!!」
マダムレッドが叫ぶと同時にチェーンソーを取り出したグレル!
「せっかくあたし用にカスタマイズしたのに どんな素材でも切り刻めるあたしだけに許されたデスサイズ ずっと大人しくしてたから身体がなまっちゃってるの
久々に激しい運動がしたいわ」


デスサイズって聞くとどうしても大川さんの声が浮かびます、死神様繋がりだし(マテ
ああ、でもあの庭の気を髑髏にしちゃったのはこういうことだったのかぁ。
気を抜くと死神の本性がうっかり出ちゃいそうになってたんですね(苦笑)
それにしてもくねくね動いたりつばがとんでたりとシリアスな場面なのに、どうしても気が抜ける~!!グレル@福山さんのせいだ!(笑)

「気色悪いこと言わないでくれますか 勤務中ですので」
あ、でも真面目に突っ返すセバスチャン@小野さんにも笑いが!
セバスチャンにそういう趣味はないようで悉く振られちゃいましたよ( *´艸`)
シエルみたいな美形ならありなのかもしれませんが(コラ)

髪も服も口紅も、赤が一番好きというグレル!
マダムレッドに付いているのはそういう意味もあるのかな?
「セバスちゃん?あたしがもっと貴方を色男にしてあげる
貴方の奥の置くまで 派手にかき乱してあげるわ」

ちょ、最高に気持ち悪いです、福山さん!!(←褒め言葉です)

「死神とは 死に逝くものの魂を静かに狩るもの
執事とは影のように主人に付き従うもの
その両者の美学に反する悪趣味さ はっきりいって 反吐が出ますね」

「いやん セバスちゃん あたしこれでも執事デス!」
グレルの語尾はDEATHとかけてたんですね(゚Д゚ノ)ノ
セバスチャンが「悪魔」グレルが「死神」…なるほど!
ってキメ顔もホント気持ち悪いよグレル!!(笑)
シエルにコートをかけてあげるセバスチャンに惚れそうになった(マテ

「女王と我が悪しき名において命令する 奴らを狩れ」
「イエス マイ・ロード」
手袋を口で外す仕草をしたときのセバスチャンの悪い顔が好きです!(*>ω<*)

でもさすがのセバスチャンでも死神相手には苦戦!?
燕尾服がはためく戦闘シーンがかっこよかったのですが、グレルに後ろをとられてデスサイズをつきたてらそうになってしまいます。

「アンタと私は今 番犬と獲物よ 狩らなければ狩られるのよ 道は一つよ!!」
隠し持っていたナイフで、シエルの腕を傷つけるマダムレッド!
傷ついたシエルを見たときのセバスチャンの表情が尋常じゃなかったですね(汗)

「アンタなんか・・・生まれてこなければよかったのよ!!」
シエルの首を絞め、ナイフを付きたてようとするマダムレッドですが姉を思い浮かべ、踏みとどまったのです。シエルを助けるために片腕を犠牲にし、マダムレッドの背後に音もなく移動したセバスチャンが怖い!!シエルがとめなければ確実にあの瞬間殺してましたね…

「大好きな姉さん 大好きなあの人 大好きな二人の…ダメ やっぱりダメ
私にはこの子は殺せない…でも …この子は私の…」

シエルの小さい頃の笑顔が可愛かった!あんなに表情豊かな子供だったんだ(´;ω;`)
次の瞬間、マダムレッドを見限ったグレルにあっけなく惨殺されたのです…
目が光るグレルが怖いよ!

お上から配られた死亡予定者のリストを再生して審査する、それが死神の仕事。
生かすべきか殺すべきか、全て死神に委ねられている、そしてそのリストは人間が走馬灯と呼ぶものなんですね。
マダムレッドがアンと呼ばれていた頃の話…自分が嫌いだった赤毛を好きだといってくれるファントムハイヴ伯爵を好きになったものの、伯爵はお姉さんと結婚したんですね。

「赤い色が また嫌いになった けれど 貴方を嫌いになることは出来なかった」
人並みの幸せを求めて、自分を好きになってくれた相手と結婚して子供までできたマダムレッドですが、不運にも馬車の暴走事故に巻き込まれ夫と子供、そして子宮も失い、二度と子供の産めない体となってしまったのです。

そして姉と伯爵も何者かによって殺害され、何もかも失ってしまったんですね。
そんなマダムレッドが医者になったのは、誰かを助けたいと思ったからなのかなぁ…?
子供ができたら堕ろすという娼婦に憤りを感じ、手をかけてしまったのか…

「私が染めてやる 全てを赤く この手で…」
そんな不幸続きの中、命を粗末にする女性を見れば、衝動的に手をかけてしまうことも
察しますよ…(><;)
彼女がそうなる前に、医者をやめていたら、こんな悲劇は起こらなかったし、グレルに出会わなければこんな結末は起こらなかったんですよね;

数ヵ月後、行方不明だったシエルがセバスチャンとともに帰ってきた――
「一つだけでも 取り返せた 私の大切なあの人と 姉さんの子」
生気のないシエルの表情が痛々しい…
シエルが帰ってきても、一番大好きだった伯爵は帰ってこない、今度は何も譲らない、誰にも何も奪わせない、大切だからこそシエルに最後まで手が出せなかったんですね。・゚・(*ノД`*)・゚・。

「チープな人生劇場はこれでおしまい さようなら マダム」
息絶えたマダムの見開かれた目を閉じたシエル…
「セバスチャン何してる 僕は切り裂きジャックを狩れといったんだ
まだ終わっていない
グズグズするな もう一匹を早く仕留めろ」

「御意」
「見逃してあげようと思ってたけど …そんなにお望みなら、逝かせてあげるわ
二人纏めて 天国にね!!」


グレルのチェーンソーを避けて屋根の上に降り立つセバスチャンがかっこよすぎ!
「天国ですか 縁がありませんね」
「あんた今顔狙ったでしょ!この人でなし!」
「でしょうね 私は悪魔で執事ですから」
もう黒モード全開ですね、セバスチャン!!
死神VS悪魔の戦いはどちらが勝者になるんでしょう…
勝ち目がなくても、シエルが勝てというなら必ず勝つと宣言するセバスチャン。
デスサイズで魂を狩られれば、いくら悪魔でも魂は消滅してしまうというのです。

「今のこの身体も 魂も 毛髪の一本に至るまで主人のもの
契約が続く限り 彼の命令に従うのが 執事の美学ですから」

このシーンのセバスチャンの色気が凄まじかったです(〃▽〃)
ピンチなのに余裕の雰囲気をかもし出すセバスチャンもカッコイイ!
今まで完璧だったセバスチャンがここまで追い込まれたのって初めてなので、
どういう決着がつくのかというのも楽しみです!

次回「その執事、葬送」
全ては自然の摂理なのDEATH☆ってグレルの口調が移ってるよセバスチャン!!(笑)
悪趣味に侵食されたくはありませんって小野さんノリノリじゃないですか( *´艸`)
「彼には早々にデスっていただくとしますか」
…予告を見てむしろグレルよりセバスチャンの方が赤が似合うんじゃないかと思いました(コラ)


http://quattroism.seesaa.net/article/108914707.html

テーマ:黒執事 - ジャンル:アニメ・コミック
黒執事    Comment(12)   TrackBack(61)   Top↑

2008.10.30 Thu
NARUTO疾風伝 82話「第十班」
アバンはアスマの死を知らされて泣き崩れる紅さんから…
全体的に色調が暗くて色が落ち気味なのが、アスマの死を悼むようで…
井上(ジョー)さんの歌詞もまた泣けます・゚・(*ノД`*)・゚・。

葬儀を欠席したシカマル…ライターを持って屋根の上でぼんやりするのは、アスマの死を
どう受け入れていいかわからないからですかね。以前十班で食べた焼肉の店のおばさん
からアスマのことを話されて、殉職したことを話さなきゃならないとか辛すぎる…

夕食も食べずぼんやりするシカマルに、将棋を打とうと誘うシカクさん。
将棋を打つのが目的じゃなくて、シカマルのことを心配して、これから本当はどうしたいのか
見定めるためだったんだろうな…
「アスマ程の男が敵わないなら お前など歯が立たんか
…本当に いい奴だったな まぁ 将棋は弱かったが」


任務としていくとしても、結局は敵討ちになるじゃないですか。
もしかしたらアスマの弔いのために無茶をしてしまうシカマルをとめたいけれど、だけどそれじゃ面倒だと手を引くことと同じになる、そんなシカマルでいてほしくないんですよね。
アスマは死んだ、と呟くシカクさんの言葉を聞いて盤をひっくり返すシカマル。
「曝け出しちまえよ 悲しみも、恐れも 憤りも 何もかも腹ん中全部吐き出しちまえ
…そして それからだ ――骨は、拾ってやるさ」

シカマルが男泣きするのにまた切なくなってしまいましたよ…
シカクさんが男前すぎてますます好きになりました!

そして何か思いついたように一心不乱に駒を並べるシカマル…
このときに作戦を考えていたんですね。決意したシカマルの表情と三味線のBGMが(。´Д⊂)
そして、図書館で調べものをしたり、アスマのチャクラ刀にチャクラを込めるシーンに繋がるわけですか…
目上の人に会ってお辞儀する子供達に何か切なくなりました。

シカマルは、裏山で修行しているというチョウジの下へ。
「で、いつ?やるんだろ!?僕、何すればいい?」
一仕事頼んだシカマルはいのの家へ。
「シカマル やるのね!」
ぽかんと口を開けつつ否定しないシカマルがいいですね。
ていうかこの十班の信頼関係がまた切なくなってどうしようもなくなる…
言葉に出さなくても考えていることがわかりあえる仲っていいなぁ

「顔出すの 遅れてすまねえ でも もう迷うの やめたよ
俺は すんげぇ無茶なことしようとしてるかもしんねぇけど 見守っていてくれよな」

そうしてアスマの墓前にシロツメクサの冠とタバコを供えたシカマル。

夜明け前、こっそり暁拘束任務へ出かけようとするシカマル達を目ざとく見つけた綱手さん。
「アスマはオレ達とともにいる このまま逃げて 筋を通さねェまま生きてくような…
そういうめんどくせー生き方、したくねーんすよ」

自らの意思で任務続行を決意したシカマル達。

「この形見のライター持ってっとアスマ先生が近くにいるような
俺らを守ってくれてるような そんな感じがするんすよ
この戦いのケジメがつくまでは このライターと一緒だ」

原作だとタバコだけど、やっぱりシカマルがタバコ吸ってるのは描写的によくないんですね…
でもそんなこと気にならないぐらいしんみりしましたよ(´;ω;`)
意固地でもいくときかないシカマル達に手を差し伸べたのはこっそり話を聞いていたカカシでした。

「それじゃアスマ班 いきますか」
「感謝するぜ カカシ先生!」
右手の包帯はナルトの修行に付き合ってできたもの。
冒頭のアスマの葬儀で、カカシも物凄くつらそうな顔をしてたので、やっぱり十班メンバーが
何かしら動くと見てずっと待ってたんだろうなぁ…カカシのそういうとこも凄く好きです(ぁ

次回「標的補足(ターゲット・ロックオン)」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(5)   Top↑

2008.10.30 Thu
銀魂 130話「猫好きと犬好きは相容れない」
神楽ちゃんに後を託して地面にのめりこむ桂さんのシーンからスタート!!(笑)

「仕方ない かくなるうえは・・・お前が餌になるネ」
ちょ、神楽ちゃんてば、それじゃ何の解決にもならない―!!神楽ちゃんは助かるけど( *´艸`)
金太郎を引きとめようと掴まる猫達!
「死ねない 俺は まだ死ぬわけにはいかねぇ!!」
とキャンドルライトラストスパーキングで一網打尽にした金太郎@堀内さんが(大笑)
結局ただの逆上がりですが、練習の成果があったというものですね♪

お爺さんのいる病院へと先にやってきた桂さんですが…ちっちゃいリーダーって!
「見た目はちっちゃいが 器は大きいリーダーだ いや やっぱ大きいリーダーで」
って、その前にその流血してる桂さんを手当てしてあげてください、看護婦さん(笑)
そこへやってきた銀さん、ちょ、なんでまだあの人形持ってんですか!!(ノ∀`*)ノ彡

死の間際にある寄生型エイリアンをその飼い主にあわせようとしていることを走りながら銀さんに話す桂さん。原付と並走できる桂さん凄い!(笑)
神楽ちゃんの代わりのメンバー・スザンヌって名前までつけて…うん、ホントグロテスクな色
除けばただの人形にしか見えませんよね(ぇー

神楽ちゃんもエイリアンに追われていることを話し、人手を貸してほしいと銀さんに頼むと、
桂さんとスザンヌのペアに!!(爆笑)
「よろしくなスザンヌ」
「足引っ張らないでよねぇ?」
一人二役な石田さんさすがです、もうずっとそれ聞いてたいよ(コラ)

公園に隠れた神楽ちゃんと金太郎。
逆上がりで寿命ゲージが残り五本になってしまった金太郎!
タバコ一本吸うと一本減るぐらいのカンジって説明が(笑)
「とにもかくにも 薄暗いから明かりをつけよう」
ちょ、神楽ちゃんってば具現化した寿命ゲージから一本引っこ抜いちゃいましたよ!?
自分の寿命を返すからって盛大に燃え盛る花火を入れたり…そのせいで隣の蝋燭が
解けてしまったり、火を消せって言われて定春が思いっきり消しちゃったり…
ほとんど神楽ちゃんのせいですよね(笑)

「お前にとっては邪魔者だったのかもしれない
でも 今日まで生き長らえてこられたのも
その邪魔者のおかげアル 一目くらい 最期にあってやるのもダメアルか?
むこうにとっては 長年の寂しい生活を支えてくれた 友達アルよ」

まわりからは仲睦まじい老人と老犬…
しかし本当は、お互いにくたばりあえと罵りあう仲だったという金太郎――
気に食わないことがあれば家族、友人 誰彼構わず言っていた、そのせいかはわからないがまわりの人間は次々と死んで、やがておじいさんは一人となった。お爺さんが生きていたのは、くたばれという相手がいたから、そして、誰も近くに寄せ付けないのは自分の死に顔を他人に見せたくないから…

孤独死なんて悲しい現実がある中で、この人は一人で死にたいだなんて…
なんだか変わった人だなぁと思っていたのですが…
お爺さんが生きてこれたのは、張り合う相手がいたからなんでしょうね。
お互い罵倒する関係というのが、生きたいという意志に繋がっていったんですかね。
「もうウンザリなんだよ あんなしつけぇ爺さん 会いたいなんて これっぽっちも思わねぇ
さっさとくたばっちまえばいいんだ」


そんな中、危篤状態であるはずのお爺さんが病院から抜け出し、リードを持って現れたのでした。まるで、金太郎と二人で散歩しているかのように…
「俺は もうテメェのそんな姿…」
お爺さんに駆け寄ろうとする金太郎の前に、巨大化した星喰いの姿が!
いくら猫が好きでもこんなでっかいのは嫌だ~(笑/コラ)
や、でも桂さんならでっかい肉球に喜ぶ!?

金太郎を庇ったのは神楽ちゃん!ちょ、夜兎ってホント最強ですね(汗)
「さよならなんて言えとは言わないアル くたばれって いってこいよ
最期まで 隣で罵って 隣で張り合って 隣でくたばってこいよ!!」

神楽ちゃんがカッコイイ!!
あ、関係ないけど犬と猫どっちに噛まれるのが痛いっていったらやっぱ犬じゃないかなぁ~
猫はかむより先に引っかきますけど、あれって慣れると大したことないですよね(ぇ
…一番痛いのは、リスに噛まれた時でした、指に穴があきました((;゚Д゚))

「それでいいネ お前達は それが お前達アル」
「ワン公には 二つだけ邪魔しちゃいけないものがあるネ
餌と散歩の時間アル!!」

身体に巻きついた猫達も振り払う神楽ちゃんが今日は主役ですね!
銀さんの出番ほとんど皆無ですよ(笑)

星吐き以上の脅威を神楽ちゃんに感じた猫達は、オメガを呼び寄せることを決めます!
酒の勢いで星食いと星吐きが交配してできた狂戦士は、星喰いに匹敵する凶暴性を
持っているというのですが…
空から降臨したのは桂さんとスザンヌ!!(爆笑)
え、オメガってスザンヌに寄生しちゃったんですか!?いやでもあれって桂さんが
石田さんの台詞にさっきから笑いっぱなしなんですけど( *´艸`)
神楽ちゃんが星吐きと戦ってるときには桂さんがスザンヌとダンスしてるし!

神楽ちゃんに投げ飛ばされた金太郎は蝋燭が一本に…ってお爺さんも残り一本ですが(汗)
お互いくたばれと罵る中で垣間見たのは過去の情景――
「死んでくやつらより残された奴らの方がよっぽど辛ぇもんさ
コイツが爺さんになって死ぬ時まで 俺は生きてく自信がねえ
コイツをまた一人残してくくらいなら いっそ死んじまった方がいい そういってるんだ」


お爺さんは、残される者の悲しみを知っているから、相手より先に死なないという掟を作っていたんですね…
金太郎を悲しませないために、先に死ねという言葉を毎日呟いていたんですか…
「だから安心してクタバレ ダチ公」
その言葉の裏に隠された真意を知ってから聴くと泣ける言葉です(。´Д⊂)

「頼むから さっさとくたばってくれ みたかねえんだ もう見たかねぇんだ
テメェが無理して苦しんでる姿なんて 俺ァもう見たかねえんだよ」

地面に倒れ伏す金太郎に向けられるライフル…
星吐きが狙いを定めていたところを銀さんが原付で撥ねた―!!(笑)
なんていうタイミングですか!

金太郎が姿を見せなければ、お爺さんは死を穏やかに待つことができる…
だから金太郎もあえて遠ざかっていたんでしょうか。そして、金太郎が先に死ねば
お爺さんも安らかな眠りにつける…
「いつのまにか 俺も恐怖の大王なんかより
テメェのダチ公になりたくなっちまってたんだよ
だから アンタ泣かせるわけにはいかねえんだよ なのに何でくたばらねぇ 爺さん」


お爺さんより少しでも長く、最後に走った金太郎…
「俺の勝ちだぜ…テメェは ダチ公を泣かしたからな ありがとうよ…ダチ、公…」

そしてお爺さんと金太郎が亡くなった場所には、神楽ちゃんが備えた白い百合と薔薇の花が…ギャグだと思ってたのに最後にはちょっともらい泣きしちゃいましたよ。・゚・(*ノД`*)・゚・。
しかも変則ED…最後には人情話になるところがニクイなぁ…

定春も、神楽ちゃんより先にひょっとしたら死んじゃうのかもしれないですよね。
ペットは普通に考えたらどうしても先に死んでしまうのが悲しいですよね
三回看取りましたけど、やっぱり辛いものです;;
それにしても銀さん、今回ホントいいとこなしですよ(←禁句

次回「旅行先ではだいたい喧嘩する」
銀さん@杉田さんの力入った予告が気になるw

http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/130-ea08.html

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(2)   TrackBack(21)   Top↑

2008.10.29 Wed
伯爵と妖精 4話「貴族の義務」
『ハスクリーの手下によって、父・カールトン教授とともに地下牢に閉じ込められてしまったリディアだが、エドガーの作戦により助けられる。残りの謎を解き、彼らはメロウのもとにたどり着くが、宝剣を手に入れるためには人の魂と引き換えにしなければならない。リディアはそのために自分が殺されると思い、エドガーより先に宝剣を手にするが、エドガーは意外な行動に出て・・・ 』


帰宅時間が遅かったのでさらっと感想いきます!
リディアに襲い掛かる黒妖犬から庇ったのはレイヴン!
その前にニコはヤバイと勝手に姿を消して逃げちゃってるし(^^;)
なんですがあのシーンとOPは違和感ありすぎですよ(笑)
ゴッサムに連れ出されたあと、大人しく従い採光窓のところで落ち合うというエドガーの言葉をリディアにいい、そこから遠ざかったレイヴン。ここで銀でできた鍵のことや宝剣を手にするには生贄が必要だってことも喋っちゃうんですね…

「僕を信じて 君の父上は あとで必ず助け出す 約束するよ」
と合流したリディアにいうエドガーがやっぱりうそ臭いです(コラ)
謎解きを続けていくついに、金貨と同じ大きさにあいた穴を見つけ、そこに金貨をあてはめると地下へと続く隠し階段がありました。酒樽だらけの蔵の中で、ニコは宝剣を見つけたらエドガーより先に剣をとり、斬りつけろといいます。そうしなければリディアが犠牲になっちゃうんですよね…

バンシーの歌声のする穴へと続く道に入った三人はつり橋を見つけ渡ります
「姉と約束しました エドガー様を お守りするようにと」
「アーミンは やはり僕に甘いな」
貴族は命をとして、家臣や家族、そして領民を守り導くという義務ノブレス・オブリージュ
がある…だからこそ、まず宝剣を手に入れなければならない。
このときはまだ、他人であるリディアの父親がどうなってもいいと思っていた部分も
あったでしょうね…

広い洞窟のような場所に出たリディア達の前に現れたのは、人間の姿をしたメロウ。
宝剣に反射した剣の影にエドガーが手を伸ばした隙に剣を手にしたリディア。
「迷うな リディア やらなきゃやられるぞ」
「本当に私を殺すつもりだったの?父様を助けてくれるっていったのも 嘘?
貴方の言葉の中に 本当のことはあるの?」

「何故迷うんだ 君を殺そうとした男なんて 死んで当然じゃないか
お人よし過ぎるよリディア 世の中には、どこまでも 冷酷な悪人がいるというのに
――どうしてなんだろう 君にはうまく嘘はつけないな」

剣の向きを変えたエドガーは、刀身を自分の手に押し付け、自ら血を流したのでした。

空洞の中に水が溢れ、エドガーだけを連れ去っていきました。
メロウたちは、既に伯爵家の人間が絶えていることを知り、ここへたどり着くのはフェアリー
ドクターでしかないとわかっていたようです。
約束が果たされたのなら、この島は人間に任せここから去るというメロウ。

リディアは、剣の柄に埋め込まれたサファイアの中に青騎士伯爵を意味するスターサファイアがないことにきづき訊ねます。星は伯爵が持ち、宝剣を預かるとき星を抜き取って伯爵の身体のどこかに刻み付ける、それを受け継ぐものにしか、宝剣に星を取り戻すことはできない。

メロウの星は星と引き換えに…生贄ではなく、伯爵の星そのものを石に取り戻すという意味だったのです。やってきたゴッサム達をニコの合図でブラウニー達が襲います!銀の鍵に書いてあった言葉を確認したリディアは、メロウと取引するとニコに道案内を頼みます。

深い海の底へと辿り付いたリディアは、エドガーと再会。
夢じゃないことを自分の頬じゃなくてリディアの頬をつねって確認するエドガーが(笑)

責任者のメロウの前で、宝剣を試したのはあらゆる陰謀から継承者を守るためだったのではないかというリディア!本物の伯爵なら意味を取り違えることなく、あの場で血を流すものもいない。もし血が流れたのなら、メロウはよこしまな考えをもった人間を排除しなければならない…
エドガーを伯爵と認めてもらうために、リディアは命を引き換えにしようとするのですが――

「待ってくれ!君たちが結んだ契約の本当の意味は 伯爵の後継者が持つ石を受け取って、サファイアに刻むことだ なら 僕の星と引き換えてくれればいい」
ここにあると、舌を出すエドガーがクロスの焼印を見せるシーンはもうちょっとゆっくり見てたかったかなぁ…
エドガーの舌に刻まれていたのは四方星でしたが、メロウの星に六方星だと決まりがあるわけでもないとメロウは星を受け取り、スターサファイアを刻んだのでした。

「君に掴まってた方が 安全そうじゃない…――ありがとう 僕の妖精」
今回はほとんどがシリアスでしたが、ラストはいつものエドガーに戻ってたかな?(笑)

「そうか 奴が宝剣を…」
ユリシス@宮野さん最後にキタ!!
とはいってもまだまだ本格的な出番は先かな…?

剣を女王に治め、イブラゼル伯爵の称号を手にしたエドガーは、伯爵家付きのフェアリードクターとしてリディアを雇用すると手紙を送ってきたのでした。
「…あの、大悪党―っ!!」
これで一巻終了ですが最後はちょっと駆け足でわかりづらかった部分が…
アーミンが既に亡くなってる設定なので、そのあたりの描写がなくなっていろいろ残念な部分はありますが、助かったあとのリディアとのイチャイチャとかなかったのは残念かも(マテ)

次回「妖精女王の花婿」
来週はポール@神谷さんとケルピー@子安さんの出番があるかなぁ??

テーマ:伯爵と妖精 - ジャンル:アニメ・コミック
伯爵と妖精    Comment(0)   TrackBack(14)   Top↑

2008.10.28 Tue
BLEACH 192話「ネルの秘密、巨乳美女参戦!?」
ザエルアポロ@鳥海さんの変態ボイスがないので残念です~(コラ)
慣れてくると毎週ないのが逆に違和感を覚えるザエルアポロマジックですね!(マテ
…アバンでご丁寧に紫の液体って説明されてるのに笑いました( *´艸`)

「テメェら全員騙されてんだよ こいつは紛れもねぇエスパーダの一人だ
なぁ、ネリエル?」

一護の前でネルがエスパーダだと明かしたノイトラはネルが
ラスノーチェスの奥に入り込むため、一護を騙しているのだと告げます。
…って、ここでまた回想ですか、長いなぁ(苦笑)

「ただネルは 一護達といたかったっス!離れたくなかっただけっス!」
「元々気に食わない奴だったが、こうなっちまっちゃおしまいだな」
「信じて欲しいっス ネルは 一護を騙してなんかないっス!」
ネルに振り上げられたノイトラの足をとめたのは一護!

「心配すんなネル 俺も他の連中も、お前を信じてる
昔エスパーダだろうが知ったことかよ 俺は今、 ここにいるネルを信じる
下らねぇことべらべら喋りやがって テメェにはネルに指一本触れさせねぇ!!」

ノイトラの言葉に耳を貸さず、身を挺してネルを守り続けるネルに、ネルの仮面を割った
のは自分だというノイトラ。

「忘れたのかよ テメェの剣じゃ 俺は斬れねえんだぜ」
「勝てるとか勝てねえとか関係ねぇ ネルは ネルは俺が守る ただ それだけだ」
「なら勝手に死ね」
「無駄です あの死神は 最早動くことすらできないでしょう」
攻撃を受け続ける一護に淡々と説明口調のテスラ@中村さんがいい声!!(コラ)

傷つきながらも戦い続ける一護は、ノイトラに腕を折られそうになり――
一護の名前を呼び続けるネルはついに覚醒!!
「ああ… 懐かしい この霊圧 そうだ この霊圧は… 紛れも無い ネル様の――…!」
急にペッシェ@子安さんがイケメンボイスになるから困るじゃないですか(*´Д`*)
一護を守りたいという強い気持ちから、元の姿になったネルは記憶も取り戻していました。

「一護のおかげで この姿に戻ることができました
一護が…小さな私をずっと護りながら ここまで連れてきてくれたおかげです…
…少しじっとしててください お礼がしたいの」

ノイトラと戦う意志を見せるネルの背中には3の文字が刻印されていました!
そういえば、ノイトラがネルに斬られてふき出す血の描写もなくなってましたね(^^;)
岩壁に追い詰められたネルが上へ飛んでノイトラの真正面に落ちてくるときの音楽がちょっと…(笑)

ノイトラからの虚閃を受け止め、飲み込み自分の虚閃を上乗せして放つ重奏虚閃!!
その虚閃の衝撃に気づいた石田にペッシェがまたしてもふざけた言葉を言ってますよ~(笑)
「え、あ 何ちょっと ばれちゃった??緊張してるからこそお腹が~」
ってさっきまでかっこよかったのにw
ネルが元の姿に戻ったことに気づいたかのように笑みを浮かべるザエルアポロが不気味です!

ノイトラの安否を気遣い織姫から手を離したテスラ。
そして、治療しようと駆け寄る織姫の前に一護を物凄い力で抱きしめるネルが!!((゚Д゚;))
重奏虚閃によって倒されたかにみえたノイトラですが、服を焦がしただけ…

「今のエスパーダの実力が テメェといた頃と同じだと思うなネリエル!!」
「一護 もう少し待ってて いいの ノイトラは私の相手
今度は私があなたを護ってみせる」

「教えてやるよ テメェの背中の数字が 今は 何の意味も持たねえってことをな!」

☆次回予告☆
「実はネル様は ステッキで大人に変身することができる 魔法少女だったのだ!」
「そしてオイラとペッシェは ネル様つきの可愛いマスコットだったでヤンス」
そんな誰でもわかるような嘘つかないでください~(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
ちょ、またしても恋次が巻き込まれてる!!( *´艸`)
今回は兄様の書道に付き合って…というかこれは強制参加っぽいですが(苦笑)
いいな、私も兄様が師範なら習いたいよ(コラ
休憩時間に遊びにきたやちるちゃんに出したお菓子…ってそれ、兄様デザインのわかめ大使の人形焼じゃないですか、結局JFで採用されなかったやつですよね(笑/コラ)

「変なの いらなーい☆」
「さすが隊長!見事な撃退法!」
と褒めたつもりの恋次ですが兄様に睨まれ…怒ってますよね??(怖)
や、見た目はともかく味はきっとおいしいですから!
中はきっと高級な餡子がいっぱいでしょう(ぁ
…どうせなら桃ちゃんの作ったメガネクッキーをあのシーンの再現でやちるちゃんがバキっと割るのが見たいなぁ(ヤメナサイ)


http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/bleach192-53de.html

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(13)   Top↑

2008.10.28 Tue
SOUL EATER 30話「灼熱の暴走特急!~大魔導師が残した魔道具?~」
アバンで、エイボンの書を死神様の保管庫にしまうシドがちょっと怖い…
これは何かの伏線でしょうか??

キッド達は、死神様からの依頼で灼熱のサハラ砂漠にいました。
紫外線と埃が強烈な場所…たしかにリズが一番嫌いそうな場所だ(笑)
レールのない砂漠の上を100年間一度も停まらず走り続けているという暴走特急は、
その動力である魔道具を、アラクノフォビアが狙っているとの情報を入手しキッド達が
回収に向かったのです。
って、回収の前にパティが熱射病で倒れそう(苦笑)

キッドは体質のせいで日焼けとは無縁のものだとか、羨ましい!!(コラ)
でもマントを羽織っているのは気分なんですね~暑さも感じてないのか…?
そういえばキッドって汗かいてる描写が極端に少ないように見えるんですが
「その毒物すら弾き返す体質のせいで 髪の毛を染めても三本線がすぐに出てきてしまうから 厄介だよ」
そうなんだ~一つ勉強になりました!
って、キッドは毒に対する免疫もあるってことなんですかね?

砂漠の中にたたずむ駅を見つけて嬉しそうに一番のりするキッド!
「決められたルートを 百年以上きっちりかっちり 時刻表どおり周回しているのだぞ!
一度見てみたいと思うのは当然だろ!!」

あはは、確かにキッドにとっては魅力的な列車ですね(笑)
ちょ、ここって観光スポットなんですか??( *´艸`)

挨拶を投げかけるものの相手は無視…
パティの壊れっぷりが暑さのせいかいつもより激しいですよ(汗)
やめんかって抑えるキッドと立場が逆だなぁって、あの舌打ちの声と髪の毛の色は
ミズネじゃないですか!!
「暴走特急 楽しみですな」と声をかけてもチチチとしか返ってこない…
キッドも微妙な表情してますねぇ(笑)

時刻ギリギリになっても現れずがっかりしているキッドの前に、砂を撒き散らして現れた汽車!!
「遅いじゃないか死神の使い この大物 フィッシャーキングが釣り上げる!!」
って、また変なアラクノフォビアの刺客が(笑)
ソウルプロテクトを解除したミズネも行動を開始します!!

あの爆弾は、オタマボムですね!
「追うぞ!ゴー、ゴー、ゴー!!」なキッド@宮野さんが楽しそうw
久し振りに見たキッドのスケボーカッコイイですね!!
フィッシャーキングからの攻撃を華麗に避けて粉塵をバックにするキッドもカッコイイ(≧∀≦)

ミズネからの爆弾攻撃の煙に紛れて列車に近づこうとするキッドですが、右に曲がる列車
に近づくのを阻まれます。横と上からの攻撃に配慮しながら暴走特急を捕らえるのは厄介
とパティに援護を頼むキッド!
むしろ今週はパティも暴走してるように見えるんですが(笑)
フィッシャーキングの姿をとらえ、銃口を向けたパティですが、その瞬間キッドが上空に
360度回転したせいで攻撃があたらなかったじゃないですか!!(≧▽≦)

「これだけ大自然のバンクがあるんだぞ!? トリックの一つや二つ 決めなければ
砂漠に失礼だろ! ほれ もう次のバンクだ!!」

ちょ、そういう問題じゃない!!(大笑)
フィッシャーキングもちょっと呆然としてましたよw

とはいえ、回転しながらもしっかり列車の上に着地したキッドは、ミズネの攻撃を避けながら
壊れた窓から車内へ滑り込みます!
フィッシャーキングは列車の結合部分を切り離し、後ろの車両ごとキッドを爆破しようと
するのですが、ミズネの鋭い髭から避けたフィッシャーキングはキッドと同じく後ろの車両に!
お馬鹿すぎるフィッシャーキングをちょっと可愛いとか思ってしまった(マテ)
「コイツ、馬鹿だぜ」とほくそ笑むキッドの表情が!!(笑)

しかし、フィッシャーキングは自分の武器からレールを延ばし前の車両へ飛び移ります!
リズとパティが連結してフィッシャーキングに捕まり、その後ろにキッドが!
ちょ、こんな状況でも遊び気分な三人がいいですねぇ!(笑)
キッドなんて目キラキラさせてるよ( *´艸`)

機関室へ逃げ込んだフィッシャーキングは銃弾で応戦、キッドは近づけません。
しかし、ミズネによって銃口が真っ二つにされ、その隙に走り寄ったキッドが銃を使って
フィッシャーキングに一撃を叩き込みます!
「魔道具は 渡さん!!」
とフィッシャーキングを持ち上げて拳銃で撃ち込みポーズを決めるキッドがカッコイイなぁ!
それに一連の動作の動きが凄かったです♪

魔道具の動力であるゼンマイを抜き、動きを止めたキッドに大魔導師エイボンが作った作品だと告げるフィッシャーキング
「エイボンは死神も同じさ いいことを教えてやろう
永久ゼンマイが刺さっていた箱を開けてみろ」

魔道具はゼンマイだけでなく鍵穴の開いている箱とセットだと言われるがままふたを開けたキッドは、その中のプレートにエイボンの名前と、その横に死神様のサインを見つけます。
「間違いない これは父上の筆跡 どうしてこんなものに父上のサインが!?」
「お前が言う邪悪な魔導師エイボンの隣に何が書いてある そのサインは誰のものだ?」
魔武器を作り出したのは魔女のはずなのに、どうしてそんなところに、まるで協力者のように死神様のサインがあるんでしょう?真相を聞こうとしたキッドですが、その前にフィッシャーキングは駆けつけたシドによってとどめをさされてしまいました。エイボンと死神様の関係って一体…
ミズネは情報収集のためメデューサに頼まれてこの場へきたということなのかな?
魔武器回収は正直二の次だったように思えるんですが…?

あとはシド達と南米支部の職員が処理するというのですが…キッドは腑に落ちないですよね。
「これでまた一つ 魔道具が死武専の手に入った」
と呟くシドに得体の知れない怖さを感じます(焦)
魔女に対抗するために魔武器を集めてるってことなんでしょうか??

そして、情報を得るために図書館で調査するキッド。
レベル4の本を貸出してもらうためには、デスサイズと一部上級職人じゃないと無理なんですね。キッドはまだ一つ星職人ですが、死神様の息子となれば話は別と立場を利用しました。
「俺もまだ一つ星の職人 できれば皆と フェアな立場でいたいんだが…
父上に鬼神のことを聞いたときと同様  何も答えてはくれないだろう
自分で調べるしかない」

マカ達と対等であるために権力を使うことは極力控えてるんですもんね。

戻ってきた司書は、エイボンに関する書物が一冊あったというのですが、その本は
二ヶ月前に借りられて返却されておらず誰が借りたかどうかもわからないとのこと…
貸し出しカードのサインにもMとしか残っていない――
本が借りられたのは、鬼神復活騒動の日…
M=メデューサ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
一瞬殺気を感じて振り返ったキッド、しかしそこには誰もいませんでした…

次回「涸れた幸福~月明かりに光るのは誰の涙?~」
ポッポーって言うパティは鼠先輩ですか?( *´艸`)
来週はエクスカリバーが出ますよ?って嘘告知しないでください!(笑)
いや、それならそれでウザ面白いけど(!!)


http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2008/10/post-400b.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-655.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-244.html

テーマ:SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル:アニメ・コミック
SOUL EATER    Comment(4)   TrackBack(31)   Top↑

2008.10.27 Mon
喰霊-零- episode 04「務 大義-つとめのたいぎ-」
茅原さんのOPいいですね!
この和やかな映像や「分かり合う、求め合う 絆の中」っていう歌詞も切ない…
揺れてリズムとってるナブー兄弟に盛大に笑いました(ノ∀`)

トオル達四課が全員死亡したので(汗)時間軸はこのまま続いて、二話のところまで
行くという展開なのかな?
対策室処理班の一員として任務を遂行する神楽と黄泉!
仲良しな二人ですがポッキーの奪い合いのシーンはどうみても百合です(コラ)
三年ぶりに悪霊が増え続けている、それは三年前母親が亡くなったことを思い出して
悲しい表情をする神楽を気にかけてこんな軽いノリにしたんだろうなぁ…

あ、一騎がそれを見るのはダメでも、岩端さんはOKって…
そんな顔で頬染めないでください!!(笑/コラ)
この処理班にまともな人はいないんですか?あ、紀之がいましたね(笑)

今回の任務は土蜘蛛の除霊!紀之の霊獣はやっぱり管狐だったんですね
前線に立つのはいつも黄泉の仕事とわかっていても神楽にとっては少々不満…
霊獣乱紅蓮によってあっという間に倒す黄泉ですが、倒した土蜘蛛の破片がその場に
いた一般人に降りかかろうとしたとき、先に回っていた神楽が退魔刀で斬ります!

霊感のある人間は悪霊に狙われやすく、死にきれず悪霊になる場合もある…
とすると、対策室の人間も裏を返せばそうなりやすいってことなんですよね?
ひょっとしたら黄泉が悪霊になったのも意外とこういう単純なことだったりするのかな
勿論、恨みや憎しみも必要なんでしょうけど…

黄泉は、その女性が自殺をはかってこの場へきたことを瞬時に見抜きます。
「経験測よ 場数を踏めばわかるようになるわ」
という黄泉がカッコイイですね!
神楽にとって、黄泉は姉であり母親のような存在感を持つ女性だったのかな

しょっちゅう学校を抜け出さなくてはならない神楽は、親しい友達もあんまりいないのかな
と思ってたけど、ノートを貸したことがきっかけで仲良くなれたみたいでよかったです。
うっかり仕事のことを話しちゃいそうになったりとか…(笑)

刀の手入れをしている神楽の前に変態が!!Σ( ̄ロ ̄lll)
そりゃフンドシ一丁で突然現れたら顔にスプレーかけられても文句言えないですよ(汗)
マイケル・小原と名乗るこの人物は名のある刀匠で、対策室の装備も作ったそうです。
獅子王を見たマイケルは研ぎなおした方がいいと黄泉に進言、黄泉も預けることにします。

暫く霊獣なしで戦わないといけない黄泉に、自分も使えたらいいのにという神楽を見て
黄泉が少し寂しげな表情をしたのが気になりました。
きっと、いずれ喰霊白叡を継ぐことになる神楽を心配してのことなんですかね…
霊獣を使うということは本人にとって何らかの負担を強いてるんでしょうか。
一緒にお風呂のシーンは毎回サービスとしてあるのかな(苦笑)

「実践に勝る練習はないのよ それに いつも乱ちゃんにばかり頼ってちゃ、よくないでしょ」
神楽を退魔士としてひとり立ちさせるために、あえて対策室の武器をほとんどメンテに出す菖蒲さん!そろそろ主戦力に考えられてもいい頃なんでしょうね。桐も気になってるマイケルがいつも裸ってことは完全スルーですか(笑)

獅子王を手いれに出した黄泉は、残った装備の中からアイロン型の退魔式ナックルを選択。
他にもチェーンソーや削岩機やらいろいろありましたけど、どうみても大きすぎて使いにくそう。
岩端さんとかナブー兄弟なら使えるかもしれないけど(笑/コラ)

練習に付き合ってほしいという黄泉の頼みを断り、一騎とダーツをする紀之。
「親が決めた相手のご機嫌とれって?アイツは今、俺より娘のことで手一杯さ
邪魔しない方がいいんだよ」

そっか、親同士が決めたことだったんですね…
でも、別に黄泉のことを嫌いってわけじゃないし、むしろ気に入ってると思うんだけど、
親の言うとおりにするしかなかった自分にもどかしさを感じてどこか距離をおいてるのかも
しれないですね。ってことは、黄泉から紀之への気持ちの方が大きかったんですね
あの寂しそうな表情に気づいてあげれば、もしかしたら黄泉も悪霊にならなかったかもしれない…のかな(´;ω;`)

処理班へのというより、黄泉にとって紀之や神楽、一騎三人への恨みが大きいのかったのかな(汗)アイツに恨まれると怖いなんて一騎がふざけていってましたけど、それが現実となったってことですよね…
マイケルの作った武器は、扱うものの霊力によって威力が何倍にも増幅するそうです
どんなに優れた武器でも、霊力が小さければただのガラクタってことなんでしょうね。
アーティストというわりにはネーミングセンスがないような気も(コラ)

霊力分布図に異常な反応が見られると対策室本部から連絡があり現場に近い
黄泉と神楽が調査に向かうことに!
現在は夜間の車両庫や休憩室として使われているそこは、カテゴリーCの悪霊が大量に
集まっていました。悪い気がたまり、それが悪霊を呼び寄せてまた悪い気が強くなるという
悪循環…しかし、その気が溜まるには何かの原因があるという黄泉!

霊水が切れて悪霊に拘束された黄泉を助ける神楽がカッコイイですね!
窮地を脱したかに思えましたが、その場にカテゴリーDが現れます。
悪霊が集まった原因は、自殺した女性の霊が原因だったようです。

一度助けたはずの人間が悪霊となって現れ、例えもう死んでいるといわれても手出しできない神楽。
「一度怨霊になった霊は 浄化するしかないの 斬って神楽!!
人の世に死の穢れをまくものを退治するのが 私達退魔士の使命よ!」

知っている相手が悪霊となっても、冷静に対処して切り伏せることもできない…
神楽の甘さはここにもあったんですね。

悪霊に襲われる神楽たちを助けたのは、神楽の父親、雅楽さんでした。
霊獣白叡を使い、カテゴリーDを一網打尽に…!
雅楽さんは神楽に手を出すようにいい、鞘に入ったままの刀で神楽の手を叩きます。
「退魔士の家系に生まれた使命は知っているな その責任の重さも知っているな
ならば精進せよ …強くなれ」

その使命を背負い、時には冷徹になることも必要だと、言葉数は少ないですが神楽にしっかりと伝えているんですよね。そして、神楽が強くなることに雅楽さんも期待しているんですよね。

次回「頑 想-かたくなのおもい-」

http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-528.html

テーマ:喰霊-零- - ジャンル:アニメ・コミック
喰霊-零-    Comment(0)   TrackBack(47)   Top↑

2008.10.26 Sun
機動戦士ガンダム00 2nd season 4話「戦う理由」
『アロウズは次なる作戦を展開するため、リント少佐を招聘する。カティは、前回のプトレマイオスの作戦を分析し、何かを感じ取っていた。カタロン幹部のクラウスたちはソレスタルビーイングとの接触を図ろうとするが、マリナの行方を心配したシーリンも、それへの同行を申し出る。アラビア海へと進路を向けたプトレマイオスに、水中MAの利用を作戦に組み入れた、リントの追撃の手が迫る。』


乙女座さんミスター・ブシドーキタ――!
いや、もう全く仮面の下に隠してる顔が誰かわからないよ中村さん(笑)
ってか、この間自分が乙女座だって宣言してたのに!!
いつまでキャストに本名を明かさないつもりなんでしょうか( *´艸`)
でもこのネーミングは…あの服装同様センスの欠片もない気が(コラ

そして、アバンの説明してるのも中村さんボイスでしたね♪
ちっちゃいアレルヤとソーマが可愛い^^
超人機関で脳量思波の思考手術をされたアレルヤは、声に導かれるまま進むと…
そこにはマリーという少女が。
ソーマの声を始めてきいたのもアレルヤで、アレルヤという名前をつけたのもソーマ
なんですね…・名前も、何故ここにいるかもわからないというアレルヤ。
「だったら 私が名前をつけてあげる
そうね 貴方の名前は アレルヤがいいわ 神様への感謝の言葉よ」

「感謝 何に感謝するの?」
「決まっているじゃない 生きていることによ」
「――それは 文字通り・・・僕にとっての 洗礼だった」
もうアバンで泣きそうになったんですけど(。´Д⊂)
アレルヤにとって、生きる意味や理由を教えてくれた神のような存在だったんですね(涙)

マリナは、五年前アザディスタンの内紛をとめてもらったことのお礼を述べ、これからどうするという刹那の問いにアザディスタンへ戻ると告げます。マリナが戻れば、連邦はマリナを口実に連邦が介入してくる可能性もある…しかし、連邦に参加しなかったアザディスタンは、既に国内は再び悪化していました。経済が破綻し、保守派指導者のラサーが亡くなり改革派との争いも泥沼化している状況で、それでも帰らなければならないというマリナに、トレミーの進路をアザディスタンに向けるという刹那。

その判断に戸惑いを見せて声をかけたティエリアが気になる!
ミレイナから、刹那とマリナは恋人なのか?と直球に聞かれた質問に二人とも同時に違うって否定するのが面白い(笑)
スメラギさんは…相変わらず現実と向き合うことを拒否ですか?(汗)
もうこの人にはお酒を与えておけば問題ないかと(コラ)

ライルはシュミレーションを行っていました。とてもじゃないけどやっぱり素人には見えないですよね…
どこかで経験済みとしか思えないですよ(汗)そんなライルの訓練を覗き見するフェルトの視線をよく感じるというライルに、フェルトがロックオンのことを好きだったことを話すハロ!
空気読まないハロが可愛すぎる( *´艸`)
「俺は兄さんじゃない」
「わかってる…わかってる」
「アンタがそれでもいいっていうなら付き合うけど?」
ちょっ、ライルってばフェルトにちょっかい出した!?Σ( ̄ロ ̄lll)
びっくりしたフェルトは平手打ちをかまし、ハロには振られたといわれてましたが…
ニールとの違いを気づかせるためにわざとキスしたというライル。
そりゃあ、ライルと比較されるのは嫌でしょうけど…でもキスしなくてもそれはできたのでは??
うん、でもここにいたら常にニールの陰は付きまといますもんね、内心複雑なんだろうな…
…二代目ロックオンが好色だったりしたらいろんな問題がおきそうなのでこのへんはスルーで(マテ)

捕虜のガンダムパイロットを奪われカタロンにも突入を許したことをグッドマン准将に責められるカティ大佐。そして指揮官はカティ大佐からリント少佐へ移ってしまいます。CVは矢尾さん!!悪役似合うなぁ(笑/コラ)
掃討作戦を得意とする悪名高い人物らしいですが…?
CBがマリナを連れ去ったことやアレルヤ救出のために動いたことから、CBが私情で動いて
いると判断したリント少佐は、新型のトリロバイトの使用を許可され、もう一つミスター・ブシドーの参加許可も願います。っていうか、もうこの文字打ってるだけで笑えるんですが(ノ∀`)
…全然関係ないけどトリロバイトっていうとお掃除ロボを思い出してしまいます(笑)

僅か五分の電撃作戦…ガンダム四機の連携、大胆さと繊細さを併せ持つ作戦をどこかで
見た覚えがあると感じているカティ大佐。
GNアーマー搭載型のMA・トリロバイトに出資したのは留美でしょうか?
そして、待機していたルイスにも地上への移動命令が下されます。

一方、カタロンサイドも自分達の目的に必要な存在と、CBに加担し同時にマリナを助けることを決定します。シーリンは、マリナの下を去ると決めたときから反政府組織に入ると決めてたんだろうな…あの時一緒に連れていかなかったのは、戦うこと自体を否定するマリナがそのやり方に納得しないだろうからと思ったからなんですかね…マリナとアザディスタンを思って決断だったんですね。そんなシーリンも、マリナを迎えに自分も同行すると告げます。

自分にできることを考えたマリナは、刹那に自分と一緒にアザディスタンへ来ないかと
誘います。
「俺にできるのは、戦うことだけだ」
「刹那、争いからは何も生み出せない 失くしていくばかりよ」
「ソレスタルビーイングに入るまでは、俺もそう思っていた だが 破壊の中から生み出せるものはある 世界の歪みをガンダムで断ち切る 皆の為に
それが 俺とガンダムの戦うわけだ」

ようやく少しはヒロインらしくなったかな?と思いましたがまだまだ刹那が戦う理由を理解
できてはいないみたいですね。世界を変えるためには戦いも必要だってことは、平和主義
のマリナにはわからないことなのかもしれないけど…アザディスタンの紛争だってCBの
介入がなかったらどうなっていたか。まぁ、結局荒れちゃったんですけど(汗)

人手が足りないという理由から整備をさせられる沙慈。
働かざるもの食うべからず、なんてことから巻き込まれてますけどそのうちCBの一員になるんですかね?沙慈は、イアンがどうしてここにいるのかと訊ねます。

「嫌というほど戦場を見てきて 戦争をなくしたいと思ったからだ
ここにいる連中も同じだ
戦場の最前線へ送られたもの、軍に身体を改造されたもの 家族をテロで失ったもの
ゲリラに仕立てあげられたもの 皆戦争で大切な者を失ってる
世界には そういう現実があるんだ
儂らは犯罪者だ 罰は受ける 戦争を失くしてからな」


平和な生活を送る人間がいる一方で、極端に不幸な人間もいるということを沙慈自身が
キチンと受け止められればまた気持ちにも変化があるんじゃないですかね?
沙慈は後ろ向きっていう意見が結構多いと思うけど現実逃避はしてないと思いますよ、
ただ、あまりにも大きすぎる事実を受けてまだ自分の中で整理がついてないだけなんじゃないかな~と。戦争に巻き込まれて、大事な人が傍から離れて…いきなり目の前にその原因だったものが付きつけられたら誰だって混乱するでしょうし(汗

ワインを持ってスメラギさんの部屋を訪れたアレルヤはマリーの話をします。
国連軍に捕まったとき、僕は罪を償うためにこのまま朽ち果ててもいいとさえ思った――
「でも 今は違います 僕はマリーを取り戻したい」
アレルヤが超人機関施設の破壊をしたことをソーマが知れば、アレルヤへ復讐をぶつけるかもしれない、それでも、マリーを助け出すことは揺らぎない決意なんですね。ソーマへの一途な気持ちに泣きそう(´;ω;`)

スメラギさんは、イオリアの計画に、戦争を根絶しようという気持ちで参加したと同時に
自分が失敗した過去を払拭しようという思いもあったんですね。
けれど再び失敗を繰り返し、自暴自棄になったわけですか…
もともと精神が弱い人だから仕方ないのかもしれませんけどね、お酒に逃げるのはやめてください(苦笑)

「貴方がここにいる理由はあると思います
…戦う意味 見つけられますよ 貴方になら」

スメラギさんにアレルヤが返した言葉がカッコイイなぁ!
「アリオスガンダム キュリオスの後継機 この機体で、ガンダムで
僕はマリーを取り戻す
ハレルヤが逝き 脳量思波が使えないとしても」


「戦う理由か 昔なら否定していただろうな」
そんなアレルヤを見守るティエリアの声が相変わらず優しい!!(*>ω<*)
…そろそろティエリアの過去も知りたいなぁ
スメラギさんが呟いたエミリオって人物は誰なんでしょうね?

周辺が静かすぎることに気づいたスメラギさんですが、既にその時には魚雷が接近していました!
GNフィールドを展開するも、ソナーを無効化されトレミー内は浸水…
ガンダムを出撃できる深度へ浮上しようにも海上からのケミカルボムの攻撃によってトレミーは身動きがとれません。打つ手がないと焦るラッセ達の前に現れたのはスメラギさん!
やっぱりお酒を飲むと思考速度がアップしますね(笑/コラ)

以前似たような攻撃を受けたことと思い出し、的確に敵の手を先読みします。
爆撃が終わり、海中の敵が接近し、直接攻撃によってトレミー左舷に直撃!
「ラッキーね 私達は 索的不能の敵がそこにいて トレミーはガンダム出撃深度まで
到達している しかも敵は、下部コンテナの注水時間まで短縮してくれたわ」

これは好機だと喜ぶスメラギさん!

「切り札はある! トランザム!!」
久し振りにトランザム発動なティエリアを見ましたがカッコイイですね!
苦戦するティエリアをサポートするように狙撃するライル、
そしてGNソードで圧倒する刹那!
一瞬マリナの言葉を思い出し躊躇していましたが…目の前の敵に専念することが先と思いなおします。

アリオスとともに海上へと飛び出し、太陽を背に立つ00がカッコイイ!!ヽ(´∀`*)ノ
刹那にやられそうになった慌てふためくリント少佐がやたら雑魚っぽかったり(笑)
…悪名名高い人じゃなかったんですか?( *´艸`)

アロウズの本艦を叩こうとする刹那の前に、あの人が立ちはだかります!!(笑)
「その剣捌き 間違いない あの時の少年だ
何という僥倖 生き恥を晒した甲斐が、あったというもの!!」

久々に乙女座さんの名言キタ!!
剣裁きだけで刹那ってわかっちゃうほど待ち焦がれてたんですね(コラ)


ソーマと対峙するアレルヤですが、ハレルヤがいないせいもあってか圧倒され被弾してしまいます…カタロンの協力がなければ撃ち落されていたかも(汗)
「反政府組織が!私の道を阻むな!」
と怒りを露にする乙女座さんにも撤退命令が…手合わせがほんのちょっとで終わっちゃって残念です;
まぁ、運命の再会の続きは次の機会へ持ち越しですね
「大変勉強になりましたよ?少佐殿」
と嫌味をいうカティ大佐がいい!…というかコーラサワーは??(笑)

そして、マリナを迎えにきたシーリン。
「私は今カタロンの構成員 地球連邦のやり方に 異議を唱えるものよ」
いやあお迎えがきてよかった、やっぱりシーリンの傍にいるのが一番いいんじゃないでしょうか?(笑)

カタギリ司令はビリーのおじさん!っていうのはこの前ドラマCDの感想でも書きましたが
ようやく軍に復帰する決心がついたみたいですね!
エイフマン教授の後継として、新型MSの開発主任に着任したビリー!
「君はずっと前から 僕のことを利用していたんだね
そして 踏みにじったんだ 僕の気持ちを」

完全にスメラギさんと決別し、復讐の道へってとこですかね
黒くなったポニテさんを応援したくなりましたよ~
優男よりこういう方が魅力もあがりますよね(笑/コラ)
スメラギさんの制服がキツイとかイアンのセクハラ発言とかはあんまり興味ないかも(ぁ

次回「故国燃ゆ」

http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/00-2nd04-ab22.html
http://bluerose1220.blog66.fc2.com/blog-entry-503.html

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック
機動戦士ガンダム00    Comment(12)   TrackBack(146)   Top↑

2008.10.25 Sat
鉄のラインバレル 4話「正義の代償」
『ラインバレルを失った浩一は、自暴自棄に陥り、一般人を相手に暴力を振るう。ファクターである浩一に、生身で勝てる者はもういない。矢島は、浩一を心配する理沙子のために、浩一に向き合うことを決意する。降りしきる雨の中、矢島と拳を交える浩一。そこへ、加藤機関のハグレマキナが現れる!』


「あんなもの いらないさ」
城崎に罵倒され、ラインバレルまで取り上げられた浩一はラインバレルなんて必要なかった
んだと思い込み発言…散々利用していたくせにいらない発言とは…
お気に入りのおもちゃをとられて拗ねてる子供状態です(汗

ラインバレルは、回収した時点で既に事故修復が完了していました!
「こんな化け物マキナをあっさり捕まえちゃうなんて やっぱり玲二はカッコイイ~」
と森次さんを大絶賛するレイチェルが!(笑)
まだあんまり出てこないけど、シズナ&イズナもこんな感じで森次さんラブなんでしょうか(マテ)
一瞬映った森次さんのカットはカッコイイというよりちょっと怖かったですけどw
…作画崩れてませんか?

理沙子は、城崎と同棲してたことを浩一に問い詰めてましたが…
ぶっちゃけ聞く権利はあんまりないかと(苦笑)
ラインバレルを呼ぶとき、城崎の胸を触ってたことを聞こうとして、恥ずかしくなってしまって浩一の頬をひっぱたくという暴挙にも(笑)むしろ引っぱたかれるぐらいじゃ足りないと思いますが(コラ)

JUDAの面々は…これといった活躍というか見せ場がないのがいまいち残念ですねぇ。
今回はルルの出番がないから残念ですよ(ぁ
今のところ、加藤機関の方が断然目だってますし!
水着シーンはなくてもいいので戦闘シーンにもっと力を入れて欲しいなぁ(笑)

城崎の記憶は戻らないものの、過去に起きたことは少しだけ覚えているみたいですね。
「君の父上 城崎博士は 多大な困難をして君たちを この世界に送り出してくれた
その志に懸けて ラインバレルは必ず我々JUDAが 役立ててみせるよ」

一体のマキナにファクターは一人、もし不適任と判断し、次のファクターを選ぶことに
なれば…今のファクターに死んでもらうしかないとのこと。

視聴者の皆さんの大半の意見は多分聞かなくてもわかりますが(ぁ
…そっちの方が手早いとか言っちゃダメですよ?一応主人公ですから(笑)
アニメでの浩一のダメっぷりが度を越してるので、石神社長が浩一に期待する理由がよくわかりませんが、手に入れたことの本質と自分がしでかしてしまった事の重大さに気づいて欲しいってことなんですよね(汗)

「そうさ ラインバレルなんかなくたって 俺は最強なんだ」
と手にした力で不良達を圧倒的に屈服させる浩一。
青沼さんもちらほら出てるんですよね~あ、でも宗美さんやキリヤマ重工の話が削られたら青沼さんもほとんど出番ないですもんね!(笑)

城崎は石神さんに引き取られ、JUDAの本社で寝泊りする生活になりました。
それまで着ていた服を処分してもらおうとするのですが、心残りがあるのかやっぱり、と思いとどまります。や、その前に借りた服なんだから返しましょうよ(苦笑)

浩一のまわりでおかしなことばかり起こり、そのせいで浩一も変なことになった…
あたらずとも遠からずってとこですが…
「理沙子 明日まで 待ってくれないか?今から浩一と話し合ってみる
そしたら 全部話すよ」

明日、三人でお昼を食べようと矢島に約束する理沙子に。
…この先起こることが見えてきました(><;)

浩一にとって、自分はもう必要ないとけじめをつけるために、浩一と殴り合いの喧嘩をする矢島。ファクターの力で、一方的に矢島を痛めつける浩一…
「俺はコイツに勝ちたかったんじゃないのか コイツみたいに なりたかったんじゃないのか
なのに なのに なんでコイツを殴るたびに 嫌な気分になってくんだ」

そんな浩一に、矢島も今まで浩一に対して抱いていた劣等感を明かします。

「俺は…ただ 理沙子の気を惹きたくてお前を守っていただけなんだよ
お前がずっと、どんな思い出いたのかも気づかずに 俺は 卑怯者だよ」

矢島がそこまで僻む必要はないと思うけどなぁ…
どんなに頑張ったとしても最後に同情されるのは弱い浩一で、理沙子に見てもらいたい
気持ちがあった矢島にとってはショックだったんですね。

「安心しろ 浩一 俺は どこにでもいる ただの ガキだ
すまなかった 浩一」

結局、二人はお互いの気持ちに気づかないまますれ違い、浩一が力を手にしたことで
二人の関係も大きく変わっちゃったんですよね
ようやく理解しあい、再び昔のように戻れると思い、矢島と和解の握手を交わした浩一ですが、その場へ現れたマキナによって吹き飛ばされる矢島!

「大切なのは どうすればいいか じゃない…お前が、どうしたいかだ
せっかく手に入れた 力なんだ 正しいことに使ってくれ
――気にするな 昔から そうだっただろ?」

矢島の胸には深々と刺さった鉄骨が…そして、駆け寄ってきた浩一をマキナの銃撃から
守るために、あえて浩一を突き飛ばした矢島。

「今更 謝んなよ 今更、あんなこというなよ」
ちぎれた腕を抱え、泣き叫ぶ浩一…自分のことをただのがきだなんていっていたけれど、そんな矢島に浩一はなりたかったんですよね。
矢島の死は浩一に真のファクターとしての覚醒を促し、城崎の承認なしでラインバレルを
呼び出します。
ラインバレル確保のため、再び現場へ直行したのは森次さんと山下と美海!

「よし 取り押さえるぞ」
と暴走するラインバレルを力技で押さえ込む森次さん@中村さんがカッコイイ!!
ラインバレルの動きを止めようとする城崎ですが、呼びかける声もかき消されてしまいます。

浩一の憎しみや悲しみ、怒りはそのままラインバレルへと直結しているんですね…
にしてもエグゼキューターの威力が凄すぎですね(汗)
ハインドのバレットアームを使ってラインバレルの動きを止めた森次さん!!
ヴァーダントで飛び出す森次さんがかっこよかったです!!(*>ω<*)

「なぁ…矢島…それでも俺 お前みたいに なりたかったんだよ…」
海へラインバレルごと落下していく浩一とEDがシンクロして切なくなりました。
浩一を気にかけていたことから、矢島も巻き込まれてしまったわけですが、大切な人の
死を乗り越えて成長できるかどうか…
矢島の死は、浩一が覚醒するために必要だったとはいえ、やっぱり悲しいですね。

次回「明日への道標」

テーマ:鉄のラインバレル - ジャンル:アニメ・コミック
鉄のラインバレル    Comment(5)   TrackBack(65)   Top↑

2008.10.24 Fri
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 4話「フリカエル」
『ヒメと秋名は雄飛から円神の妖力の強さについての報告を受ける。
生活相談事務所に戻った二人の仲がぎくしゃくしているのを事務所のメンバーは心配していた。二人と仲の良かったギンのことが原因ではないかとメンバーは思案する。
その夜、秋名は七郷の結界を破った円神と遭遇する。そこで、円神の秘密を知る。』


七郷に残された傷跡から、円神の妖力の痕跡が発見されたことをヒメと秋名に伝える雄飛。
円神の身体にはまだギンの魂が残っているのでは?と聞く秋名。
身体を乗っ取られて二年…魂が奥底にあることを信じたい秋名とヒメですが、ヒメの様子が
ちょっと変??ギンていうのはきっとアオの兄弟なんでしょうね、その妖の中に円神が
取り付いたってことでいいんでしょうか、どうりで外見がアオと似てるわけだ

ツンツンデレツンデレツンツンなヒメの歌が頭から離れない~( *´艸`)
秋名はギンと戦うことになるかもしれないということに不安を感じていただろうに
これを町歌として流すなんていわれたら気が抜けちゃいますよね!(笑)
うーん、でもヒメってあんまりツンデレっぽくないですよね~
この間デレてましたけど…何かおかしかったし(≧▽≦)

円神は、桜を咲かせようとしているんですかね?
「あのときも 子犬ごときの意識を 完全に消せなかった
この身体を使いきれていないのか」

やっぱりギンの意識がまだ残ってるってことなんでしょうか。

秋田に出張するヒメのために、お弁当を作る桃華。
ご当地のラーメンが食べたいといったヒメですが、経費削減のために食事持参で
行くのだとか(笑)さすが恭助、しっかりしてますね~
でも、そのおにぎり大きすぎやしませんか?(笑)
中身が焼きそばだったことから、ことは、ヒメ本人も交えておにぎりの具についての
言い争いが勃発!くだらないやりとりですが台詞のテンポがいいなぁ♪
ヒメは子供なので梅干が食べられないらしいですよ?(ノ∀`)
…定番じゃなくてもいいなら具はツナマヨがいいな(コラ)

秋名は、事務所でラーメンを食べていたのですが、やってきた桃華の差し入れもパクリ。
ヒメの様子がおかしくなかったかと桃華に聞く秋名。
「アイツ 何考えてるかわかんないなぁ…って」
「あの~前から気になってたんですけど ヒメさんと秋名さんって 付き合ってるんですか?」
鈴ちゃんてばそんなに気になってたんですか!(笑)
で、気づいてはいたけど桃華は秋名のことが大好きなんですね~
関係ないのに全否定するのが可愛い^^

「空気かな…ヒメも、ギンも」
秋名にとって、いて当たり前のだけど、いなければ生きていけない存在ってことなのかな

そして、ヒメが作った町歌は本当に流す予定なんですね~
これ、サントラに入らないかな?(笑)
それにしても、恭助と比べてもヒメの分は明らかに多すぎですね!
体調管理は自分の仕事、これ以上食べ続ければぶくぶく太って飛べなくなるって…
まぁヒメの場合戦闘でカロリー消費してるのでは?代謝がいいとか(ぇ

桃華と話していた恭助が、勢いよく飛び込んできたヒメに体当たりされてドアに挟まってるのが面白すぎです!!(笑)
お嬢さんを連呼してる恭助@小野さんがかわいそうになってきたw

出張に行く前に、貸していたヘッドフォンを返してほしいと秋名に言うヒメ。
秋名が引き出しの中を探していると、猿のキーホルダーが。
「まだ 持ってたんだ」
どうやらこれは、ヒメとギンと秋名の大切な思い出の品のようです。

「俺はギンのこと 諦めてねえからな」
「私が諦めてるように見える?私だって、諦めたわけじゃない でも覚悟はしてるわ
希望がゼロなら そんなの希望じゃない その時は…」

ヒメなりの覚悟なんだろうけれど、もし前回のようになったらと思うと…
その時がきた場合、簡単には諦めてほしくはないですね(汗)

円神は、乗っ取ったはずのギンの身体にまだ意識が残っていることに気づきます。
自分で自分の首を絞めているのは、ギンが抵抗しているからなんですよね…

あのキーホルダーは、秋名とヒメ、ギンが一緒に定食屋で山盛りの焼きそばを食べたとき
に貰ったものなんですね。にしても、一皿三千円ってぼったくりすぎですよ(笑)
ほわほわしてる気の弱そうなギンの時と、黒い円神のときの演技わけはさすがですね、関智さん!!
「ダメだったときのことは ダメになってから考えればいいの」
と大皿を前に残り三分でも奮闘するヒメ!
隣の秋名とギンは今にも吐き出しそうなんですが…;
しかし、ヒメもギブアップ寸前、残り60秒をきったところでギン一人が猛追!!
結果タイムアップ前に何とか食べ終えることができたのですが、口に入れすぎて鼻から焼きそばが出ちゃったのには笑いました♪…結局最後には吐いちゃいましたけどねΣ( ̄ロ ̄lll)
花畑で遊ぶヒメ・秋名・ギンの映像に差し替えられてるし!!(笑)

秋名は人の話を聞かないからきかざる、ヒメは先も見ないで突っ走るからみざる、
本音を中々話さないギンは言わざるを貰って帰ったのでした――

「たかがサトリ一匹の魂だ 結界ごと吹き飛ばしてやる!!」
結界を強制的に開いて、仲間の篠塚を先に桜真町へと送り込んだ円神!
…開かれるのを悠長に観てる雄飛はどうなんですかね(苦笑)
秋名は七郷付近へと向かい、ことはとアオは元老院へと向かいます。

「結界が破れてもこれじゃ…桜が咲かない まだギンの魂が生きているなら…」
七郷を使って何かを企んでいるのはわかるのですが、桜が咲かないと意味がないという
のはどういうことなんですかね?

たまたま雄飛の前に現れた篠塚。
「土地神は 妖怪と人間の争いには手を出さないのでは?」
「そう思うか?」
雄飛の表情がちょっと怖かったですけど、手助けしてくれるっていう気持ちがあるなら
もうちょっと協力してくれてもいいですよね(苦笑)
駆けつけたことはの針の攻撃もいとも簡単に食べてしまう篠塚は半妖とのことですが…
ことはも同じ半妖だから、元々人間なんていう台詞があったんですね。
逃げる篠塚を追うこともせず、のんびり眺める雄飛…この人、いつか足元救われないかな(汗)

七郷に駆けつけた秋名は、倒れているギンの姿を目にし、駆け寄りますが円神によって
跳ね除けられてしまいます。
「僕だよ ギンだよ、比泉秋名
何だよその顔は 少しは笑顔を見せろよ 二年ぶりだってのに」

ギンの身体から出て行けと叫ぶ秋名に、出て行く方法を忘れてしまったという円神は、
チューニングによって自分を外へ出せと命じます。
まさか、円神ほどの妖怪が出る方法を忘れるわけないだろうし、これはわざとですよね??

秋名はチューニングを行おうとしますが、すんでのところでギンを思い出し手を止めます。
「俺を向こうに送れば この身体も一緒にあの世逝きだもんな
喜べ この身体の中にあるギンの魂、まだ生きてるぞ
色々抵抗されるので消してしまおうかとも思っていたが、これはこれで面白い」

とことんまでギンの身体を利用しようというのが円神の手なんですね…
もしここにヒメがいたら、やっぱり排除しようとするんでしょうか。

再び跳ね飛ばされた秋名を助けたのは八重でした!
「土地神だからって 余裕見せてると 足元すくわれるぜ?」
「自惚れてるのは 貴方の方よ」
八重は二刀流の使い手なんですね!円神が飛ばした車を両断する様がカッコよかった!
勝ち目がないとわかったのか、円神はまたなと秋名に言い残し姿を消しました。

秋田にいるヒメから様子を聞く電話が入りますが、いつもと変わらず平和だと返した秋名――
やっぱり、ギンのことは言えないんだろうな、ヒメのことだから、仕事ほったらかして
すっ飛んで帰ってきちゃうかもしれないですしね…
そして、アオにも黙っていてほしいとことはに頼む秋名。でも、これからも秋名に接触して
くるんだったら、いつかばれてしまうと思うんですけど、今はまだ話せないのかなぁ…

次回「キミヲマツ」
一人ボケツッコミする円陣&ギン@関智さんと
「次回の夜桜四重奏 七海の話 七海って誰やねん!」
と軽快に喋る篠塚@田坂さんが面白かった!

テーマ:夜桜四重奏 - ジャンル:アニメ・コミック
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~    Comment(0)   TrackBack(24)   Top↑

2008.10.24 Fri
黒執事 4話「その執事、酔狂」
『ホワイトチャペルで娼婦の猟奇殺人事件があった。
その残忍な殺害方法から、スコットランドヤードは犯人を「ジャック・ザ・リッパー」と呼んだ。
女王の憂いを払うため、犯人の特定を急ぐシエル。
やがて、捜査線上に黒魔術に傾倒している一人の貴族が浮かんだ。
変装したシエルとセバスチャンは、その子爵が開くパーティに潜入するが・・・。』


「あの四人もいないことですし、静かにすごせそうじゃありませんか?」
シエルとセバスチャンがお屋敷を離れて娼婦の猟奇殺人事件の捜査に!
しかしそこにはなぜかマダムレッドや劉の姿が勿論グレルも/笑)
あまりにびっくりしすぎてセバスチャンの顔が某魔人様の気が抜けた時みたいになってる!!

「伯爵が来るってことは あれだろ?」
「女王の番犬が動き出すのよね」
シエルが呼ばれてくることも事前に把握済みってわけですか。
手伝いに、というよりお節介ぽいですけど(笑)

ホワイトチャペルで起こった殺人事件は、あまりにも異常なもの…
その残忍な殺害方法から、「ジャック・ザ・リッパー」と呼ばれるようになった殺人鬼。
シエルはそのために女王陛下に呼び出されたというわけですね。

「フ 君にあの現場を見る勇気があるのかい?
現場に充満する闇と獣の臭い 同じ業のものを蝕む
足を踏み入れれば 狂気に捕らわれてしまうかもしれないよ?
その覚悟はあるのかい?ファントムハイヴ伯爵」


黒い遊佐さんボイスキタ!!もっと喋って!(コラ)
しかし、シエルの決意は揺らがないものでした。
劉がシエルに触ってるとよからぬ妄想が入りそうなんですが(笑)
いやあだってシエルに手出そうとしてた前科がありますもん( *´艸`)

事件現場にやってきたシエルはスコットランドヤードの捜査資料を見るのですがあまり
あてになる情報は得られず…
というか群集の中でマダムレッド目立ちすぎ!(笑)
劉がまさか!?というようなところへ情報収集へ向かいます。
…その直後ここどこ?って聞き返してますけど(笑)

おお、この人が公式に掲載されてた葬儀屋@諏訪部さんか!
「そろそろくる頃だと思ってたよ よぉ 伯爵
やっと小生特製の棺に入ってくれる気になったのかい?」

想像以上に不気味なキャラだ!!いつもとは全然違う雰囲気だなぁ(笑)

情報交換の条件に、極上の笑いを提供してほしいというアンダーデイカー!
まずは新年会の眠れる虎と呼ばれる劉@遊佐さん♪
「布団が ふっとんだ」っていう内容はどうでもいいんですけど遊佐さんボイスが可愛い~(*>ω<*)

お次は社交界の花形、マダムレッドがとっておきなお話って下ネタすぎます!!
深夜でも放送禁止用語音満載な内容って…マダムレッドは銀魂に出演できますねw
あ、でもちょっといつもの朴さんっぽいような(コラ)
最後に白羽の矢がたったのはシエルだったのですが、こういう話が出来るこじゃないですよね…最後はやっぱりセバスチャンの役目!
「絶対に、中を覗いてはなりませんよ」
なんて念押しされたら気になってしょうがないじゃないですか~!
アンダーテイカーが死ぬほど爆笑して、セバスチャンがやけににこやかになる笑いって!?

棺に入れる前に調べてみると、子宮だけが取り出されている死体が多いらしい…
人通りが少ないとはいえ、真夜中に的確に切除するのは難しい、
専門的な知識と技術がなければ不可能とのこと。
…葬儀屋の手つきが妙に工ロくみえるのは気のせいですか?(マテ

「女王の庭を汚すものは 我が問にかけて例外なく排除する
どんな手段を使ってもだ」

まずは医学解剖学に精通するもの、事件発覚前夜にアリバイのないもの、臓器を持ち去っていることから秘密結社や黒魔術に関わるものに的を絞ろうとするセバスチャン。容疑者としての数はまだまだ多く、貴族が地方から連れてきた医者もシーズンが終わってしまえば帰ってしまう…

「では それまでに調べればいいのですね?
ファントムハイブ家の執事たるもの それぐらいできなくてどうします」

ちょ、そんなことができるのセバスチャンだけですから!(笑)
横で冷や汗をかいてる劉が何かいい(ぇ
シエルはさも当然のごとく嘲るような笑みを浮かべてますが(笑)
名簿を作るために馬車から飛び降りましたよ!!
というか、劉は本当に適当なこといってたんですね…何か知ってそうな口ぶりだったけど
セバスチャンの身体能力に普通に驚いてるし( *´艸`)

ファントムハイヴ家に戻ったシエルたちを出迎えたのは、先ほど馬車から降りたはずのセバスチャン!
条件に見合った名簿を作り、全ての人に話を伺ってきたのだとか…
時間的におかしいと思うんですけど、もうセバスチャンだから何でもありの方向で!(マテ)
早口で延々と調査書を読み上げるセバスチャン@小野さんが(笑)
後ろで嬉しそうな笑みを浮かべるシエルとときめくグレルが気になった!(ぁ

「アンタ 本当にただの執事?軍の諜報将校とかじゃないの?」
「いいえ 私は あくまで 執事ですから」
この台詞のときがやっぱり一番黒く聞こえますね!( ̄ー ̄)

リストアップした中に、一人だけ条件に見合う人物がいました。
名前はドルイッド子爵、医学部卒業後開業はせず、自宅で何度かパーティーを催しているのだとか。裏では、親しいものだけが参加できる秘密のパーティーが行われていると聞きつけ、ドルイット子爵が黒魔術にはまり裏のパーティーで娼婦が生贄にされているのではないかと考え、潜入捜査に。
シエルの女装メッチャ可愛い!!*:・゚☆d(≧∀≦)
個人的にはセバスチャンのメガネの方が萌えますが(コラ)

シエルは田舎からでてきたマダムレッドの姪っ子、セバスチャンはその家庭教師役ということでドルイット子爵に近づくことになりました。いつもの燕尾服じゃないセバスチャンもいいですね~!メガネをくいっとあげる動作が好きだw

「仰っていたじゃないですか どんな手段でも使うんでしょう?」
なんていわれたら意地でもやらなきゃですよね、シエル!(笑)
こんな姿をリジーに観られたらいい笑いもの…ってすぐそこにいるし(!)
声に気づいた後ろを振り返ったらセバスチャンとシエルの顔が崩れてる~(≧▽≦)
一瞬坊ちゃんといいそうになるセバスチャンもちょっとは焦ってたんですよね!?(笑)

マダムレッドに助けを呼ぶにも、パーティーを満喫しているのであてになりません。
見かねたセバスチャンがシエルをバルコニーに連れ出しました。
ウェイターにリジーを足止めさせることも忘れずに、とはさすがですね♪
…ウェイターの声がルルすぎて困った!(笑)

ドルイット子爵に近づくため、ダンスに紛れて傍へ近寄ることにしたシエル達。
セバスチャンと踊ることに抵抗するシエルですが、
「私は今、あくまで家庭教師ですから 今宵だけは公の場で お嬢様とのダンスを許される身分なのです 参りましょう」
あはは、うまく言いくるめましたねぇ!
それにしてもシエル、ダンスうまくなったじゃないですか(笑/コラ)

ダンスが終わり、ぐったりとするシエルに声をかけてきたドルイット子爵@鈴木達央さん!
「駒鳥のように 可愛らしいダンスでしたよ お嬢さん」
近くで見ると子爵が金髪セバスチャンに見える(コラ)
シエルは早速気に入られたようで、ドルイット子爵に近寄られてますよ…
挨拶で手の甲にされたキスをドレスの裾で拭うシエルが(^^;)

子爵の言動がいちいち気持ち悪いのも達央さんのおかげですね!(コラ)
この日のために、姿勢やマナーまで習ってきたんですねぇ、シエルは(苦笑)
女の子と男の子バージョンでしっかり分けて演じてる真綾さんも凄い!
「全てが終わったら すぐ始末してやるこの男ぉ~~」
っていうシエルの心の叫びに笑いました!


ドルイット子爵に触れられて鳥肌がたちつつも、リジーに声をかけられたら全てがばれて
しまう…その前にと必死で子爵を誘うシエルですが・・・?
ダンスが終わった直後、駆け寄ってくるリジーの前に立ちはだかったのはセバスチャン!
リジーの目を引くため、魔術をするというセバスチャンは仮面なのにやたらカッコイイ
美形って得ですね~(笑)

「子爵 私 手品も見飽きてますの だから ね?(何がね、だ)」
「わかったよ 私の駒鳥」
もう~さっきから駒鳥発言がキモイです!!(爆笑)

衣装ダンスにセバスチャンが入ったあと、鍵をかけサーベルで上から串刺しに…
「見事生還してみせましょう 種も仕掛けもございません 希代の魔術をご覧あれ」
「じゃ 遠慮なく」
って、助手に任命された劉@遊佐さん、叫びながら刺しすぎですよ!!

「さすがに少し痛かったですねぇ いきなり脳天から来るとは思いませんでした
私でなきゃ死んでましたよ」

少しっていうか、かなり痛かったんでしょうね、多分全部刺さってたんだろうし…
じゃなきゃ毒はかないでしょう(≧艸≦*)
まぁ悪魔なので死なないことはわかってますが…いや、そりゃ種も仕掛けもないよなぁw

奥の部屋に案内されたシエルは、甘い香を吸い込み意識を失ってしまいます。
ちょ、次回予告の工口いのですねこれは!(コラ)
女装する際にコルセットをしめてただけなのに、その色気は何ですか(笑)
夢で魘されてみてしまうほどシエルにとっては屈辱だったんですね(汗

シエルが目覚めると、そこは闇オークション場でした。
殺した娼婦の内臓もここで売りさばいていたと気づいたシエル!
「セバスチャン 僕はここだ」
蝋燭の火が消えかけた一瞬でその場に居た全員を一網打尽にしたセバスチャン!
「本当に捕まるしか脳がありませんね 貴方は」

「契約書は 悪魔が獲物を見失わないようにつける印  契約書は 目に付けばつく場所にあるほど強い執行力を持つ その代わり…」
「絶対に悪魔から逃れられなくなる」
シエルがあの眼帯を常時つけていなかったらどうなるんでしょうね?
執行力があるかわりに失明したりとかするんだろうか(汗)

「ええ どこまでもお供します 例えこの身が滅びようとも
私は絶対貴方のお傍を離れません
地獄の果てまで お供しましょう 私は嘘は言いません …人間のように」

「それでいい お前だけは 僕に嘘をつくな」
「イエス マイ・ロード」
両親を亡くして一人ぼっちだったシエルが、セバスチャンと契約したのはどんな要求をつき
つけても従ってくれる相手がほしかったからなんですかね…
いくら大人びているとはいえ子供ですし、寂しかったのかなあと(´;ω;`)

シエルを片手で出来上げて屋根の上に着地したセバスチャンがかっこよすぎ!(笑)
これで切り裂きジャック事件は解決、かに思えたのですが真犯人は他にいたようです…

次回「その執事、邂逅」
「世間知らずの坊ちゃんには 少々苦い展開となりそうですね
全てを片付け終えたなら 甘い甘いホットミルクをお淹れしましょう」

どんな展開になるのか楽しみです!


http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-236.html

テーマ:黒執事 - ジャンル:アニメ・コミック
黒執事    Comment(12)   TrackBack(56)   Top↑

2008.10.23 Thu
NARUTO疾風伝 81話「悲しき報せ」
ナルトは螺旋丸に風の性質変化を加える修行中…
性質変化に集中すれば 螺旋丸がうまくいかない、たしかにこういう集中する作業は
ナルトにはあんまり向かないですもんね(苦笑)
せっかく四代目を越える火影になるとカカシに言ってもらえたのに…と凹むナルト。

影分身でも本体の意思と関係なく九尾化しちゃうのは厄介ですよねぇ、
あ、でも自分で自分は制御できないんだなと客観的に見れるのはいいかもですが
「ヤマト隊長、ヘルプ!!」なナルトがいいな(笑)
「それでもお前は オレの知ってる うずまきナルトか?」
弱音をはくナルトにお前らしくないっていうカカシの優しさも好きです(マテ)

そして、雨の中ナルトを見守るサクラに超獣戯画で作った傘を差し出すサイ!
アニメのサイは原作より紳士な気がする(笑)
ていうかこれはサイサクですよね?アニメだとサイが優遇されてていいなぁ!(ぁ
性質変化を加える修行は想像以上に難しい…だから、ナルトは身体で覚えるしかない。
「性質変化を術に組み込むのは、努力や根性だけじゃどうにもならない壁があるわ
その術に性質変化を組み合わせるなんてナルトには…無理なのかも」


「そうだね…ナルトは馬鹿だし 不器用でガサツなナルトに、チャクラの性質変化を組み込むだなんて繊細なことができるはずない、そもそも
それなのに、カカシ先生もヤマト隊長も ずっと付き合っちゃって 里では暁対策の小隊が編成されたっていうのに、戦力の無駄遣い 火影様は何を期待して…」

「それ以上言ったら アンタも殴るわよ
アンタに ナルトの何がわかるっていうのよ 不器用で ドジで おたんこなすだわ
意外性は人一倍 これまで何度もそんなナルトに助けられてきた
皆が絶対出来ないってことを覆す それが うずまきナルトなの!
チームメイトなら 覚えておきなさい!」


サイはサクラをわざと怒らせて、元気づけたのでした!
相手の気持ちを知るシリーズの本って…(笑)
いつもナルトを信じ続けてきたサクラが不安になるぐらい、この修行は高度なもの
だからそんなサクラを放っておけなくなっちゃったんですね!
…サイってこんなに目立つキャラだったっけ??(コラ)

「サクラがナルトを信じているのは わかっているよ 
そのサクラを、ナルトは決して裏切らない」

微笑を浮かべてるときにこれはわざとだなぁと思ったんですけど、以前のサイなら絶対
こんなことしなかったですよね~( *´艸`)
はめたわね!ってサイに突っかかるサクラと傘を預けて逃げるサイにニヤニヤ♪(コラ

「右を見ながら左を見ろっていわれてもできないだろ」と弱音を吐くナルトに、
なるほどそういうことか、と影分身して片方が右、片方が左を見るカカシ!
影分身の中で集中して螺旋丸を生成するだけの部隊と集中してそれに性質変化を
練りこむことをする部隊に分ける、ってことなんですよね。

暁は二尾の封印の最中でした。
延々と説明してるのはちょっと退屈ですが、まぁこれは声を楽しむということで…(マテ)
堀内さん、てらそまさん、土師さんボイスを堪能しましょうw
暁の目的を纏めると、まず金を集めて莫大な資金を使って、どこの国にも属さない「戦争請負」の組織を作り、世界の戦いをを牛耳り最終的に世界征服ってことでいいんですよね!
大分端折りましたけど(笑)
原作で読んだときは、ついにわかりやすく世界制服きちゃったかって思ったもんだけど(コラ)
リーダーは戦争をビジネスとして提供していくってわけなんですよね。
戦争が「生活するために」必要だと思う国に対し戦いを売る、という商売をしてゆくゆくは現在の忍社会を崩壊させて世界を牛耳るためその「武器」として世界の尾獣を集めているということなんだろうな。

シカマル達から、アスマ訃報の知らせが・・・
紅さんに、自ら伝えに行くというシカマル。・゚・(*ノД`*)・゚・。

修行中のナルトは、三人目の影分身が風の性質変化をやればいいことに気づきました!
本来ナルトが螺旋丸を作るにあたり二人がかりでやってましたもんね。
チャクラ量が多く、影分身ができるナルトだからできる方法、
自分はともかく、四代目もこんな方法ではできなかっただろうと驚くカカシ

「さすがは 意外性No.1の忍者かな ナルト
何だかな…俺はお前のことがものすっごく好きになってきたぞ♪」

カカシ@井上さんの言い方が好きすぎる(*´Д`*)
ないはずの♪まで見えましたよ?(笑)
びっくりして、術が消えちゃいましたが…
なんというか~その~っていいながらナルトに近づいてくる井上さんボイスが(ノ∀`)
これなんていうカカナルですか

そんな風に楽しんでいたものの、イズモがヤマトにアスマの訃報を伝えます…
あまりのショックにナルトの目が見開かれていくシーンが…なんていうか辛いですね(涙)

次回「第十班」

イズモの水遁水飴拿原ができあがった際の秘話が!(笑)
仕事をサボって綱手さんから逃げ回り、こっそり水あめを食べていたコテツを捕まえようと
すっころんで、水飴の壷がひっくり返って身動きがとれなくなったときに思いついたんですね!
コテツが見つかったときにしめた!って顔してるヤマトも面白いw

「ま 発想の種なんつのは 何気ない日常にあるってもんだ お前も頑張って見習えよ」
「帰っていっすか?」
あはは、困った上司に付き合うのも部下の仕事です、
一応話しぐらいは聞いてあげようよシカマル(笑)

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(2)   TrackBack(4)   Top↑

2008.10.23 Thu
銀魂 129話「拾い食いに気をつけろ」
ちょ、アバンから全く別物が始まったかと思ったじゃないですか!(笑)
一応これが本編に関係あったってことはあとからわかりましたけど…;
『ハートフルワンニャンアニメ銀魂 ご家族一緒に楽しんで観てください!』
ってとてもじゃないけどそんな風にオススメできないw

普段、食欲旺盛な定春が最近めっきりご飯を食べず心配になった神楽ちゃんは、定春を
動物病院に連れて行きます。
女にもてたくてダイエットしてるとか言っちゃダメですよ、銀さん!
例え前科があったとしても(コラ)

硬派なんだから塩ふってなめときゃ治るってどういう理屈ですか( *´艸`)

病院で診察してもらった定春の胃に影があると聞いて焦った神楽ちゃん、
いやいや、徳川とか柳生とかそっちの陰じゃないですよ~(笑)
どうやら定春が何か拾い食いしちゃったようで、胃に異物が入ってるということで…
ちょ、影がどうみても人間の手なんですが((;゚Д゚))
よくわからないとかこの医者ヤブでしょ!!(マテ)

場合によっては帝王切開しなきゃならない状況ときいて
「腹切るのなら得意ですから僕ら!!」
って焦る銀さんが~(笑)
苦しむ定春の口から引っ張り出したのはマネキンでした…
いや、ホントよかったですね。
落ち込む銀さん&新八が妙に可哀想になりました

一応様子見ということで、一泊することになった定春に付き添って泊まることにした神楽ちゃんは、そこでばったり桂さんと遭遇。定春の具合を聞かれて桂さんの頭の具合が悪いとか、普通の病院じゃ手をつけられなくて動物病院にきたとか、どんだけ酷く思われてんですか( *´艸`)
桂さんは、エリーの診察のためにきていたようですが…
レントゲンに写った影ってそれ中の人ですから―!!(笑)
摘出手術なんかしたら銀魂が終了しちゃいますよ(ぁ
加齢臭とか言っちゃダメ!!(大笑)

「やはりペットには いつまでも隣で微笑んでいて欲しいものだからなぁ」
たしかにそれはそうですよね!
親心というか…飼い主なら皆そう思ってるはずですよ^^
いや、最近じゃ虐待とか世話もしないまま放置する人だっていますけど(--;)

神楽ちゃんと桂さんは、入院中の老犬・金太郎が息を引き取ろうとしていることを知ります。
そして、その飼い主である老人も危篤状態でお互い死を待つ状況だというのです。
「さよならは言わねえよ ありがとな」
いきなりシリアスになってちょっと悲しくなってきました…
もしや今日は感動話なんですか?

定春が大きすぎて檻もないんですね、神楽ちゃんと定春が寄り添って寝てるのは和むなぁ!
とはいえ、中々寝付けない神楽ちゃんが起きると金太郎を見守る桂さんの姿が…
「いや ちょっと寝苦しかったものでな ここは風通しがよくて寝やすそうだ」
「ホントアル 私もここにしよう」
この二人の何気ない優しさが好きだ~!
神楽ちゃん、いつもは桂さんのこと毛嫌いしてるくせに、認めるところはやっぱり認めてる
んですよね!それはやっぱり、銀さんの知り合いだからっていうのもあるんだけど、こう
いつも仲悪い二人が並んでるのっていいですよね(*ノωノ)

金太郎は、一人暮らしのお爺さんをずっと支えてきた老犬…
奥さんが亡くなってからも、子供達を寄せ付けず頑固爺さんの横にずっと寄り添っていたそうです。
「こんなボロボロになるまで…お爺さんが倒れると同時に 役目を終えたようにぱたりと
倒れたらしい ひょっとして、あの世にまで付き従っていこうとしてるのかもな
だとしたらこれで本望なのかもしれんよ この小さな侍も」

「ヅラ そんなんだからお前は動物病院送りにされるネ」

そんな賢明な金太郎の姿を見た神楽ちゃんは飼い主の下へ連れて行こうと決意します。
危篤状態で会ったとしても、わかるはずもない…けれどそんな状態だからこそ、最期に
一目会わせてあげたいと思ったんですよね;
「無駄に苦しめるより 穏やかに死なせてやろうと…」
しかし檻を開けると老犬は力を振り絞るように立っていました…

「犬っころがボロボロになっても 必死に長生きして それでもずっと主人の傍を離れないなんて決まってるアル ずっと傍にいたかったからに決まってるアル 離れたくなかったからに決まってるアル
だったら 最後にこの子にしてあげられることは一つネ」

「そうか 小さな侍殿 俺はお主を見くびっていたようだ 本物の侍とは
信念に順ずるものではなく 信念に生きるものであったな」

と外に出してやろうとした桂さんですが…

「ついに鎖は腐り落ちた 恐怖の大王復活のときがきたのだ!」
ってメッチャ元気なんですけどこの老犬―!?
ついさっきまでもしや泣く準備必要なの?と身構えてたのに!!(コラ)
…なんだか、壮大に釣られた気がする(苦笑)

時を遡ること18年前――
寄生種X星喰いと恐れられる存在が地球へ迫っていた。
Xに侵略された星は、巨大な顎に食いちぎられたような傷跡を残ることから星喰いといわれる
所以だったのですが、そのXが高をくくって目を瞑って襲来したためなぜか犬に寄生して
しまった、というわけですか!(笑)

Xも遺伝子を弄って何とか進化しようと思ったのものの、できたのは逆上がりだけ(笑)
いつの間にか自分も寿命だったってことなんですねぇ
ん~まぁ犬で18年生きたら十分ですよね(汗
うちの実家の猫は今年19歳になりますがまだまだ全然余裕で生きそうなとこが怖い!
そのうち尻尾が三又になって化けるんじゃないかと(マテ)

お爺さんの傍にいたのも地球制服を企んで、解放されるのを虎視眈々と狙ってた…
って全然感動秘話じゃないじゃないですか~!(笑)
「この天人をレンジでチンしてホットドッグにしてください」
あはは、犬だからですかそれは!!
まぁそんなこともいいたくなりますよねぇ、とはいえ人のいい(?)桂さんはお爺さんに非はないと犬とおじいさんをあわせてあげようというのですが…

ちょ、また時が遡った!!(笑)
今度は寄生種Z、えーっと、星喰いを倒す正義の味方だとか?
寄生して星喰いから救ったあと、宿主からゲロととともに出てきて星中をゲロまみれに
するため、星吐きといわれてるんだとか…最低な所以ですねw(オィ
ちょろそうだから 今回は白目向いていこう!っていった結果が猫に寄生…
おばかすぎる宇宙人ですよね!!(ノ∀`)
どこがハートフルワンニャンアニメですか(笑)

必死に星喰いを連れて逃げる神楽ちゃんたち!!
「古来より犬と猫が地球の存亡をかけて戦いを繰り広げていたとは!」
桂さん~そういう問題じゃないですから!!

「お、俺は一体どうすればいいんだ 犬に猫 どちらも捨てがたいぞ
どっちも肉球がついてるしふわふわしてるし どちらかの肉球も消えてほしくない」

照れてる桂さん@石田さん可愛いなぁ!!
ここまでのデレは初めてみたような…

論点は明らかにずれてますが、でも肉球がぷにぷにしてるのは若いうちだけですよ~?
子供の時はピンク色で綺麗なのに、年取ると斑点が出るのも不思議ですよね~
人間のシミみたいなもんなんでしょうか(汗)
勇敢なる肉球達よ!!な桂さんに爆笑!攻撃されても肉球に触れればそれでいいなんて、どこまで肉球フェチなんですか?

「愛らしい肉球同士の争うところなど、見たくないのさ
あとは頼んだぞリーダー 武士道とは肉球に包まれて死ぬことと見つけた!!
さぁ くるがいい 肉球たちよ!その肉球で俺を…俺をぉぉ…」

空へとダイブした桂さんの嬉しそうな表情が!(笑)
ただ、猫達には完全に無視されちゃいましたけどね(ぁ

そして一方では、病室で息を吹き返したお爺さんが…
ちょ、息子殺されたんですか!?Σ( ̄ロ ̄lll)
散歩の時間だからって目覚めたとは…なんだか執念のすごそうな人ですね(汗)
金太郎@堀内さんのツッコミが楽しかった!
ブリーチ、ナルト、銀魂って・・・堀内さんが連続で出演するのも凄いですね(笑)

本編で銀さんの出番が少ないからあんまりテンションあがらなかったんですけど(コラ)
Cパートで銀八先生が!!(嬉)
しかも空知先生からの投稿ですか!
「神楽が夏の海辺を走るEDを見て疑問を感じたのでお便りしました
夜兎族っていう天人で 日の光が苦手だから基本 日傘差してるって設定じゃなかったですっけ 確か漫画江がいてて 傘描き忘れたりするけど 気になって原稿が進みません」


中の人も、初めてみたときに
「誰このEDに出てくる可愛い女の子」なんて発言してたそうです!!(笑)
ちょ、釘宮さんがそんなことを…自分のキャラなのに( *´艸`)
その答えはずばりスタジオで撮影してたから!
都合の悪いことは全部後付け…それで片付くところが銀魂の凄いところです(笑/コラ)

次回「猫好きと犬好きは相容れない」
予告の桂さん@石田さんが面白すぎる♪

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(4)   TrackBack(28)   Top↑

2008.10.22 Wed
夏目友人帳 LaLa エクセレントドラマCD
LaLa (ララ) 2008年 11月号 [雑誌] 夏目友人帳 2


先週あたりに某所にアップされてるのが気になってたんですが中々聞けず…
たちばなさんのところで感想読ませていただいて激しく気になっていたので(笑)
聞いてみたらこれほんとに付録!?っていう豪華な内容でした♪
あ、約一年前のトレジャードラマCDのカッコイイままのニャンコ先生@井上さんもいいですね!
このニャンコ先生はいつもより優しく感じますね…(笑)

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック
夏目友人帳    Comment(2)   TrackBack(2)   Top↑

2008.10.22 Wed
伯爵と妖精 3話「メロウの島」
『レイヴンと合流したリディアたちは宝剣を求めてマナーン島へ向う。その島の宿屋で、エドガーはレイヴンに対し、リディアが自分の思い通りにならないことに戸惑っていると告げる。それでもメロウの宝剣を手にするためなら、彼女を犠牲にすることも厭わないと自分に言い聞かせるエドガーだが、その会話はリディアに聞かれていた。翌朝、謎解きをする彼らの前に、ハスクリー一味がリディアの父・カールトン教授を人質に現れた。 』

レイヴンと合流したリディアとエドガーは早速マナーン島へと行くことに。
無事でよかったとレイヴンを抱きしめるエドガーが何かいい!(マテ)
ニコはブラウニーから話をきき、船に乗せてあげるかわりに宝剣のことを知っているという
親戚に合わせてくれるよう取引します。
本当に世話が焼けるっていうニコの台詞は、たしかにあたってますが(笑)
エドガーの傍が一番危ないっていうのはアーミンがいればツッコミしてもらえたのに(ぁ

島に到着したリディアたちは、宿の主人だというトムキンスに出迎えられます。
こんな辺鄙な島へわざわざやってきたのは、伯爵家の後継者ではないかといきなり核心を
つかれるエドガーですが、エドガーは青騎士伯爵と称してこの土地を訪れるものがあとを
たたないことを即座に理解します。

トムキンスは代々伯爵家の執事で、メロウの血を引く人間、エドガーが本当に伯爵の子孫
なら仕えることになるというのですが、今までこうして話した人間は皆三日以内に浜辺に
打ち上げられて亡くなっているのだとか…
背中に鰭があるといわれてもエドガーは冗談としか思ってないですよね(笑)

迷子になっているブラウニーのために、水とレモンで通り道を作るリディアを見ていたエドガーは自分も手伝いたいといいます。
「君は他の誰よりも現実が広いんだろう 目のいい人は遠くまで見合えるじゃないか
君の話を聴くと そんなものだと思えなくもないな」

妖精は存在しないと思っているエドガーですが、リディアの話を聞いているといても
おかしくないんじゃないかと、信じたくなる気持ちもあるようですね。

変わってるとついいつもは他人に言われる言葉を口にしてしまったリディア。
フェアリードクターとして今まで周りに理解されなかった分、エドガーが話を聞いてくれると
嬉しくて、つい頼ってしまうんでしょうね~( ̄ー ̄)
「貴方って嘘つきだから いくらでも私の機嫌をよくすること言えるってわかってるのに
つい 騙されそうになるの 私のこと わかってくれる人じゃないかって
あの 誤解しないでね 私 あなたこと 信用してないのよ
でも、ちょっとだけ ほんの少し 嬉しかっただけよ」

エドガーに惹かれてる部分があるところを必死に否定するリディアも可愛いなぁ(笑)

「キャラメル色 そういった方が君には似合う 食べてみたら甘いのかな」
自分の髪の毛の色を鉄錆色というリディアの髪の毛を手に取りキスするエドガー!!(笑)
ちょ、セクハラっぷりがエスカレートしてませんか?(コラ)
そんないい雰囲気の中邪魔が入るのはお約束ってわけで…(ぁ

「思い通りになりそうでならない なのにとんでもなくお人よしで 
裏表なんかこれっぽっちもなくて 思ったことだけが口に出る
その上僕みたいな極悪人でも 縋りついて懇願されれば見捨てられなかったりするらしい」

悪人だとわかっていても、助けたいと同情してしまう気持ちが少しでもあれば手を差し伸べてしまうリディア…そんなお人よしだから、昔話をして反応を試したくなったというエドガー。

「あの不思議な目で きっと嘘も誤魔化しも全部見抜いてしまうんだろうね
だが僕には嘘しかない 偽りの名前 偽りの姓、何もかもが嘘 僕にとっては
本気の嘘とそうじゃない嘘があるだけだ 本気の嘘だけが僕の真実だって
彼女にも通じたんだろう」

青騎士伯爵を名乗ることも、その希望がなくなってしまうのなら死ぬといったのも
本気の嘘なんですよね…

けれど、エドガーが考えているこれからの作戦のことは、リディアに話す気はないようです。
妖精の歌を解読してもらい、宝剣を手に入れるまで協力してもらうだけ…
その先、本当にメロウが存在しようがしまいが当初の予定どおり進めるというエドガー。
自分のために犠牲にしてしまった仲間を救うためにも生き続けなきゃならないっていうことはどんなことよりも辛いのかもしれないですね。ここにアーミンがいればなぁ;

そんな話を立ち聞きしていたリディアは、部屋まで送るようにとエドガーに言われたレイヴンに自分は殺されるのではと怯えます。リディアを殺しても、エドガーの利益にはならないから殺さないというレイヴン(!)

生まれ落ちてから強制的に精霊の奴隷だったレイヴンは無差別に血を求め、殺戮を
行っていた…そんなレイヴンの主になってくれたのがエドガーだったのです。
精霊が人を襲うのは、主の敵と感じた相手のみ。
自分の意志があることもわからなかったレイヴンを見捨てず、大切なことを教えてようやく人間らしい自由を得ることができたけれど、主人を失えば、また残忍な精霊に意識を支配されてしまうのですね…

レイヴンの犯した罪を背負い、善悪を教え、レイヴンの意志を守るのはエドガーしかできないことなんですよね。だから、エドガーが命令しなくても主人のためと判断すれば迷うことなく手を汚す…気になっていた「アーミン」という人のことは聞けずじまいでした。

レイヴン、エドガーとリディアの二手に別れて城のまわりを探すことに。
宝剣を盗もうとした偽伯爵は、メロウに海に引き込まれる――それが怖くないのかと聞く
リディアに、その時は自分のために悲しんでくれる?と茶化すエドガー。
うっかりリディアは、アーミンの名前を口にしてしまうのですが…
恋人じゃないから安心してってわざとらしくいうのが(笑)

「彼女が幸せでいられるなら 何でもしてやりたいって思ってた」
「特別な人なのね 私には あなたのことはちっともわからないけど
でもきっと、貴方のそばにいる人は幸せね」

「君は羽でもあるの?何となく、妖精の羽を隠してるんじゃないかって」
「貴方の方がずっと不思議よ まるで 悪い人じゃないみたいなんだもの」
気取った台詞でもリディアが不快に感じなかったのは、妖精になぞられたことが心地いい
響きに聞こえたからですかね♪こういう瞬間があるたびに、リディアはエドガーのことを
悪人と思えずに悩んじゃうんだろうなぁ(笑)

「レイヴンの精霊がいるかどうか 僕にはわからない
ただ彼がどういう人間で 何が必要で
僕に何が出来るのかがわかっていればいいだけだ」

自分にできることだけをすると割り切っている強いエドガーなら、青騎士伯爵に相応しい
のかもしれない…と思ってしまうリディア。

芝生の上に丸く石が並べられている、ピクシーのフェアリーリングにそっくりな場所に立つと
木々に隠れていた城から、一つの扉が見えました。
しかしそれは壁に描かれていた絵で、中に入ることができないとわかった二人は城の正面
玄関に向かおうとするのですがそこにはゴッサムが!

「世間では強盗犯が大学教授の令嬢を誘拐したってことになってる」
「そう でもねぇリディア アイツより僕の方が無難だと思うけど」
ちょ、どっちもどっちじゃないですか、自分のことは棚にあげてエドガーも言うなぁ!(笑)

茂みから飛び出したレイヴンがゴッサム達を相手にしている間に逃げるエドガーとリディアの前に、リディアの父親のカールトン教授が駆けつけてきました。
強盗犯に人質にとられていると思っているカールトン教授は娘を助けるためならなんでもする
というのですが…

「ご心配をかけて申し訳ありません でも僕は真剣なんです どうかお父さん
お嬢さんを僕にください
本来なら きちんと交際のお許しを頂くべきでした

でも彼女に夢中になって すっかりまわりが見えなくなってしまったんです
彼女が傍にいて この愛の熱を少しでも冷ましてくれなければ きっと僕はすぐにでも死んでしまいます 彼女しか 深い愛で僕を救ってくれる人はいないでしょう」


ちょ、エドガーの恥ずかしい愛の告白キタ!!(笑)
まぁ宝剣を得るためにリディアのフェアリードクターとしての力が必要っていうことを思えばあたらずとも遠からず…?中身は今のところ全部嘘ですけどね!(ぁ
そのうちエドガーの気持ちがリディアを利用しようということだけじゃなく変化していく
ことを思えば…間違ってないかも(笑)

銃を向けるゴッサムを抑えようとしたカールトン教授を助けようと、ゴッサムともみ合いになったエドガーの傍で鳴り響いた一発の銃声!その場はひとまず逃げろというニコに従って逃げたリディアですが、その先にはユリシスが使役する黒妖犬が!!
リディア、最大のピンチですね(汗)
…というかユリシス@宮野さんはいつ出てくるんですか?

次回「貴族の義務」

テーマ:伯爵と妖精 - ジャンル:アニメ・コミック
伯爵と妖精    Comment(4)   TrackBack(16)   Top↑

2008.10.21 Tue
BLEACH 191話「恐宴、ザエルアポロ劇場」
ザエルアポロのスーパーイリュージョンキタ――!!(笑)
というか怪しい鳥海さんボイスが楽しすぎるんですが♪
鳥海さんと神奈さんの悪役声がいいなぁ(マテ

外に出たつもりが元の部屋に戻ってきて慌てるドンドチャッカの後ろで自分も見たいと
蹴りをいれるペッシェ@子安さんが面白い!!(笑)
というか子安さんもお久しぶりです~!ヽ(´∀`*)ノ
「私もリアルタイムで 驚かせろ!」
って、そんなに仲間はずれが嫌なのか!
危険だと察知したらすぐに後ろに隠れるのに( *´艸`)

「どうだったい?僕の宮の中は わざわざ説明してやることもないが、
一応話しておこう」

ちょ、自分が話したいだけにしか聞こえないですよ(笑)
マユリ様にしろ研究者ってのは説明好きが多いのかもしれないですねぇ!
普通の人には理解できないだろうからわざわざ説明してあげてるんだっていう上から目線ですよね!

「覚えているだろう?君がこの部屋に最初に足を踏み入れたときのことを」
といってまた回想シーンに…お着替えタイムの前のことですねw
ここで時間こういう時間稼ぎの手段を取るんですか(苦笑)

「この宮の中では僕は無敵 しかしそんな状況の中でも君らはよくやったよ
僕の服をアレだけボロボロにしてくれたんだからねえ」

この人まだ根に持ってるよ!!替えの服があるならいいじゃないですか(笑)
「仕方なく僕は 着替えるためにこの部屋を出るためにした でもその間も
僕は君たちを監視ししていたんだよ?」

ザエルアポロの宮の中は全ての壁面にカメラが埋め込まれ回廊は意のままに組み替えることが出来る、つまり自分自身の身体を操るがのごとく容易いということですね!

石田と恋次達が逃げて走っている間、回廊ごと操作してこの部屋に戻ってくるように仕向けた…
「だからそんな顔をするのは止してくれないか 『長い廊下を走り回って』
『長い階段を駆け上がって』 『辿り付いたのが元の部屋』
なんて『性質の悪い冗談だ』とでも言いたげな顔は

そんな些細なことよりも――君達のような低劣種が この僕をこれ程迄に苛つかせ
あまつさえ全力で戦わせようとしている… その事のほうが余程…『悪い冗談』だ
――啜れ 邪淫妃(フォルニカラス)」

ザエルアポロの斬魄刀解放シーンは思ったよりグロくないですね(ぁ
光のせいで口に刀を入れるところはあんまりはっきりとしてないし、何より液体が飛び散ってないし(笑)
あ、解放するとザエルアポロに口紅が!(マテ)
それよりも斬魄刀解放後の鳥海さんボイスの方がいろいろとヤバかった!!(コラ)
なんていうか喘ぎ声がエ(ry

「…お待たせして済まなかったね いよいよ お待ちかねの第二幕の開演だよ
――ああ 済まない 訂正しよう 正しくは いよいよ第二幕の――終演だ」

ちょ、このあたりのザエルアポロの作画がやたら綺麗なのはあえてですか!?(笑)
そんなザエルアポロからふき出した液体に触れると、自分と全く同じ姿をしたものが現れます。
ペッシェ、自分だけあたらないのが寂しいからってあえて真正面からあたるって
おばかすぎるんですが(爆笑)

「だって 私だけ仲間はずれは寂しいではないか」
「この場合はいいんだよ」
「そんなに怒らないで 見えちゃう見えちゃう」
恋次じゃないけどホント漫才してる場合じゃないです!面白いからいいけどw
ていうかペッシェの腰布はどうみてもフンドシにしか見えない(コラ)
自分に驚かされてびびってるペッシェも笑える~!!

「さて 登場人物も出揃った 早速始めてもらおうか?
見て解るだろうが、自分と同じ能力を持った敵だ 半端な戦い方は死を誘うぞ
だがまあ喜んでくれ 君たちに一つ 嬉しいお知らせだ 君たちの能力を封じていたこの部屋の仕掛けを 解除しておいた
さあ 思う存分自分自身と全力同士で殺し合ってくれ」

「敵と戦う前に自分と戦え…か まるで禅問答だな 確かに…悪い冗談だ」
そして自分同士で戦う展開に!

「こんな男前が増えては 女の子達が 目移りしてしまうではないか!!」
「悪い冗談でヤンス」
ペッシェが本当に自分のことを男前って!!(笑)
「何故避ける?男前をもっと増やしてやろうと思ったのに」
ってザエルアポロもとっても楽しそう~(≧艸≦*)
というか、いつになったら石田と恋次はドンドチャッカを攻撃したら自分が痛く感じるだけ
って気づくんですかね??(笑)

一方ノイトラの攻撃をかろうじて避ける一護!
一護が怪我してるから戦いをやめて欲しいって言う織姫は…うーん何か微妙で(コラ
斬月を素手で掴み頭突きを一護に食らわすノイトラ!

テスラに捕らえられた織姫は、隙を突いて立花で対抗しようと考えますが、その考えもテスラに見抜かれていました。
「藍染様のご命令は〝攻撃を受けない限り立花を破壊してはならない〟
攻撃すれば破壊します」

テスラ@中村さんもいい声ですねぇ!(*>ω<*)
どんどん本編と関係ないことに注目してしまいます(笑)

目線でネルを探した織姫のせい(コラ)でネルが隠れていることがばれてしまいます…
って、探そうと思えばペスキスで簡単にわかっちゃうんでしょうけど、居場所がわかった
のは織姫が目線を動かしたからっていうのも入ってるような(ぁ

「やっぱりだ そのエスティグマ!随分と見すぼらしくなったもんだな ええ!?
どうだ 割れた仮面は疼くか?オイ!」


「こいつはネル ネリエル・トゥ・オーデルシュバンク 元 エスパーダだ」
ついにネルの正体が明らかに!!

☆次回予告☆
ネリエル・トゥ・オーデルシュバンクなんて発音できないからネルの本当の名前じゃないっていう織姫!
長すぎてネル自身も言える自信がないそうですが(笑)
これ早口言葉にしたら噛みかみになりそうですね!

☆死神図鑑ゴールデン☆
ていうか恋次は巻き込まれすぎ!!(笑)誘われたら断れない性格ですか?( *´艸`)
生花をしている卯ノ花さんからおやつを貰うやちるちゃん…って
お花まで食べるんですか!
食用とそうじゃない花とあるから要注意ですよ(マテ)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(16)   Top↑

2008.10.20 Mon
SOUL EATER 29話「復活のメデューサ!~蜘蛛と蛇、因縁の再会?~」
アバンからメデューサの陰が…!((;゚Д゚))
蛇の中で身を顰めていたメデューサは犬に乗り移り、偶然居合わせたレイチェルという子供の身体を乗っ取ったんですね、怖すぎます!!
ここまでじらしといて中々OP変わらないですねぇ、ホントいつからですか?(笑)

アラクネの研究施設から持ち帰った魔道具の設計図は、エイボンの書だと判明、
死神様から秘密の保管庫に封印するよう言われたシド達。
「シド ナイグス わかってると思うけど、このことは他言無用 内密にね」
ブラック☆スターがあの場にいたことも死神様には言わなかったのかな?
まあいったところで設計図のことは知らないから、関係ないのかもしれないけど…

生気のない目で瞬きもせず一心不乱にテレビ画面を見るレイチェル@メデューサが怖すぎる!!
「ママの言いつけは守りなさい いい子にしないとお仕置きされるから」
娘の雰囲気が違うことに気づいた母親ですが…
レイチェルが両親の寝室に入ってきたときに見えた蛇の残像が…Σ( ̄ロ ̄lll)

アラクネの魔法は解け、マカもばっちり復活して元気になったようで^^
暴れたいぐらい!ということで元気になったお祝いにパーティーしようと提案するパティとリズ。
マカがいればクロナも出てこれる…ってクロナのこともちゃんと考えてくれてるんですね♪
うん、でも授業中に急に立ち上がっちゃダメですよ(笑)

ブラック☆スターは、ミフネと対峙してから喧嘩三昧の日々…
それも一人で喧嘩を買いまくってるようですが、椿ってばそれでいいの?(汗)
かってだな つばきをむししてたんどくこうどうかな
「私語を慎みなさい 次 確実に狙うよ」
チョークじゃなくてメスが飛んできた!!
いや、むしろこの場合わざと外したとしか…(焦

喧嘩から戻ってきたブラック☆スターは意気揚々と勝利宣言!
マリーの立会いって…喧嘩に見届け人がいればOKなんですか?
「結果はどうあれ遅刻 廊下に立ってなさ~い」
のシュタイン@内田さんの言い方が好きだ(コラ)
遅刻したから廊下に立ってろって何か久しぶりに聞いたなぁ(笑)

ミフネと再戦し敗北したブラック☆スターはもっと強くなりたいと望み、それでタイマンで
だれかれ構わず挑戦していたってことでしょうか?
我武者羅になって無理をするのと、強くなるっていうのはちょっと別物な気がしますが…
椿も何かしてあげたいんだけど、何を言ってあげればいいかわからなくて迷ってるところも
あるんじゃないですかね?

アラクノフォビアの組織図を見せるシュタイン!
えーっと、アラクノフォビアには諜報部、電動愛好部、職人改造部、武器調達部、破壊工作部、突撃研究部、アラクネ親衛隊とわかれているようで…
電動愛好部の弱点は電源とか、モスキートが姑息だとか、俺も改造したい!とかシュタインの意見がいろいろ入ってるのが面白い図ですね( *´艸`)
電動愛好部ってもしやギリコも所属…!?いやいや彼は破壊工作でしょうね、危険そうだし(ぇ

「言葉で説明するより 身体で覚えた方が早いでしょう」
この言い方にドキっとした人挙手!!(マテ)
とそれはさておき、鬼神の狂気によって目覚めた魔女アラクネとアラクノフォビアへの対抗授業と題して格上の相手に武器なしで戦う実践授業を行います。
指名されたのはオックス君とハーバー@羽多野さん、マカとソウル、ブラック☆スター!
武器があると教室壊すからとブラック☆スターは単独で指名ですが、というかまず教室内で
やること自体危ないんじゃ…(汗)

パートナーと波長を合わせることを専念してきたマカ達に出された課題はチームでの魂の共鳴!
強大な敵に、一人で立ち向かっていっても捻り潰されるだけ…とはいっても、それぞれを
ピッタリあわせるのはそう簡単にはいかないですよね。
椿みたいに協調性の高い魂を持つタイプなら別でしょうけど^^

「今回は初めての授業だし 君たちで適当に俺を攻めてきなさい
…さぁ来い 解剖してやろう」

シュタインの表情が怖い~!!でもゾクゾクしていいですね(*´Д`*)
唯一怖がらずに気合十分なのはブラック☆スターだけですが(笑)

母親の料理の味を単純で退屈な味と表現するレイチェル@メデューサ…
家の中に入ってきた蜘蛛によって、アラクネが自分に気づいたということを知り出かけていきます。
どうみたって死んだような目をしてるレイチェルが((;゚Д゚))
「やあねぇ 自分の子を他人みたいに この子はとてもいい子よ 素直で扱いやすいわ
戸締りを忘れないでね 隙があるから入り込むのよ 蛇も蜘蛛も」

レイチェルの母親がもっとしつこく引き止めていたら、間違いなくメデューサは殺していた
でしょうね…後ろにベクトルアローが迫ってましたもん(汗)

頭のネジをまわして準備万端なシュタインに対抗するには…!?
えっと、あんな狭い中で武器を振り回したら戦いづらいと思うんですが(笑)
ブラック☆スター、先生にスプラッター馬鹿とか言っちゃだめです!
でもあんな素早いブラック☆スターの動きを椅子一つで避けるとか、やっぱりシュタインは
強いんですよね~!
そしてオックス君の武器は電槍…?シュタインが避けたせいでブラック☆スターが感電してるし(笑)
鎌を振り回したマカによってブラック☆スターは二度も攻撃を( *´艸`)
いや、でも二回目の電撃攻撃(被害はマカ&ブラック☆スター)はわざとですよね?!

「博士 今からこのオックス君をぶっ飛ばすから立ち会ってくれ」
魂の波長を合わせる授業なのに、オックス君が気に食わないブラック☆スターはまたしても
喧嘩を吹っかけ圧勝!
ちょ、オックス君は自称雷王なんて呼ばれてるんですか!自称じゃ意味ないですよ~
オックス君@吉野さんが面白すぎるんですが!(笑)

「チームプレイを学ぶ授業で 仲間を吹っ飛ばしちゃって
…時間が無限にあるとでも思ってるんでしょうかね 暢気なもんだ」

鬼神の狂気は刻々と迫っていても、やっぱりマカ達にはまだ遠いものなんでしょうね。
その一方で自分は狂気に捕らわれつつある…
シュタインも表には出さないけれど内心焦ってたりするんだろうな(苦笑)
エイボンの書は死神様のコレクションが保管されている部屋に封印されましたが…
この部屋って怪しいものがいっぱいなんでしょうね、何だかシュタインの研究室より怖そう(!)

アラクノフォビアでは、エイボンの書を奪われるという失態をおかしたモスキートと
それに一切の咎めがないことに苛立ちを募らせるギリコとの間で喧嘩勃発!
「使えるねぇ?それを判断するお前が使えなきゃ意味ねえだろ」
「錆付いた音で喚くな 小汚いノコギリめ」
やっぱり神奈さんの悪役ボイスがいいなぁ!
鼻が割れたり伸びたりなモスキートは強いというより笑えて仕方ないんですが(ぁ
二人の戦闘シーンも中々見ものだったんですが、後ろで仕えてる人達が花瓶や皿を交互に
出し入れしてるのが激しく気になる…!!

アラクネに妹と名乗る客人がきたと告げる声は…エルカですね~(!)
「800年たってもちゃんと覚えていてくれたのね」
っていうメデューサ@桑島さんボイスは、レイチェルの年齢にあわせて幼いんだけど
しっかりしたメデューサの声になっていて、演じわけが凄いですね。
レイチェルの家を出る前は完全に子供の声だったのに…

シュタインにとどめをさされそうになったメデューサは、あの状況で魂を喰われることを恐れ
ばらばらにした魂を逃がしておいた蛇の中で修復させ、現在に至ったのです。
たまたま運がよかった方法というのですが、えーっと、既にデスサイズであるスピリットが
魔女の魂を吸収するとどうなるんだろう?さらに強くなったりするのかな?

「鬼神頭の復活直後 溢れ出した狂気の波長で魔力が跳ね上がったからできたこと
あんな真似 もう二度とゴメンよ」

「800年前 死神との戦いのとき私を裏切り、窮地に追いやった者がいる 城に一人で
乗り込んできて ただで帰れるとお思い?」

メデューサは死神様にも魔女にも追われるアラクネを裏切って、助けようとしなかったんですね…
せっかく姉妹で復活できたんだから、仲良くしようというメデューサ…
これはまるっきり言葉だけですよね(汗)

ミフネ、モスキート、ギリコに囲まれたメデューサですが、また会おうとだけ言い残し
城の外へと出て行きました。
「今はまだ泳がせてあげますわ せいぜい私の網の中で 足掻けばいい」
アラクネにとっては、身体の一部である蜘蛛によってメデューサがどんな行動をしても手に取るようにわかるってことなんですよね。っていうことは、エルカを潜入させてることもばれてる…?

「ただで自由は手に入らない
大事な忘れ物を取りに戻らなくちゃ デスシティへね」

忘れ物って…まさかクロナですか!?
それなのに来週出番ないなんて…死武専が再び危機へってことなんでしょうか?
でもそんなすぐに正体を明かすとも思えないですしね
とんでもない策があるんだろうな、ドSだし(マテ)

次回「灼熱の暴走特急!~大魔導師が残した魔道具?~」
復活したメデューサは予告にも意気揚々と舞い戻り、マカと普通に会話してました(笑)
趣味や特技について延々と…や、人を誑かすのが特技って!(ぁ

http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-223.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2008/10/post-5404.html

テーマ:SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル:アニメ・コミック
SOUL EATER    Comment(2)   TrackBack(35)   Top↑

2008.10.20 Mon
喰霊-零- episode 03「邂逅 砌 -かいこうのみぎり-」
「三年前のあの日、私は 悲しみにくれる少女に出会った」
「それは 篠突く雨が 煙る午後――」
今回はまた時間が戻って黄泉と神楽の過去話。
…トオル達は完全死亡確定ですか??公式には神楽達が新キャラとして紹介されてますし(汗
ってことは前野さんボイスはもう聞けないことに?Σ( ̄ロ ̄lll)

「三年前のあの日、それは 宿命を背負う者同士の、運命によるめぐり合わせ
それが 物語の始まり…」

母親が亡くなったことによって諌山家に預けられることになった神楽。
神楽の父親は、継承した白叡を自分の魂と繋げるために封印の儀を執り行っているため、
その間一人ぼっちになってしまう神楽を預けたということなんですね。

神楽の土宮家は、代々分家の取りまとめを行ってきた家で、白叡を宿す以上前線で
戦うことが多くなるために、黄泉の父親奈落がそのお役目を引き継いだようです。
神楽と黄泉は同じ分家の者同士のようですが、白叡を使役する土宮家の方が立場と
しては上ってことなのかな?

早く諌山家に馴染むようにと、気を遣う黄泉。
けれど、厳格な父親の下で育った神楽にとって、優しくされるのは初めてで、我儘を言う
ことすらわからないんだろうなぁ…神楽の境遇が切ないです(´;ω;`)
玩具やお菓子にも興味が薄く、自分の持ち物が母親の写真だけっていうのも(涙)
一人でいるときはいつも修行をする、という神楽に付き合う黄泉。
練習とはいえ防具をつけないでいいのかちょっと心配になったり(笑)

一瞬で勝負がついたのは実力差も勿論あったのですが、神楽は負けは負け、と酷く落ち込みます。
「実践では、相手の強さは選べないって 父上が 負けたらそれは死を意味する
お役目のある人間が死ぬと、罪のない人が100人死ぬ
我々退魔師に生まれたものは 簡単に死んではいけない責任がある
例え練習であろうと、負けた時は強く反省しろと」

「偏屈ね 神楽ちゃんのお父上って すっごい偏屈 それで すっごくへそ曲がり
勝とうが負けようが 褒められたら素直に喜べばいいの!」

世間なれしていなくて、大人びた考えを持つ神楽に、普通の楽しみを教えようとしたのも
黄泉なんですね!退魔士の家系は、代々受け継がれていくものだからそうあって当然
なんだろうけれど…黄泉はそれより年相応に育って欲しいと思ったんだろうなぁ

ゲームをして、神楽が負けたらあえて神楽が嫌いな料理を夕食に出したり…
一緒にお風呂に入ってたシーンなんて微笑ましくて和みました…
とっても微笑ましいです。なのにあんなことになってるんですもんね、切ないですよ。
ちょっと気になるのは、前回あんなにも神楽の強さに執着してたことですが…
勝ち負けに拘らなかった黄泉が強さにも執着していたのは、自分を追い越した神楽の
嫉妬心が倍増して…ということなんでしょうか。

一緒に寝ようと提案する黄泉ですが、メールが入りお務めがあるからと出かけてしまいます。
母親も同じように出かけていって、そのまま帰らぬ人となってしまったんですね…
でも仕事だから、ただ笑顔で見送るしかできなかった神楽を思うと辛いです。
母親の役目を誇らしい、自分もいつかああなるんだと思う反面、いつも傍にいて欲しかったんですよね…

菖蒲さんも室長着任直後、飛行機事故で死亡した海外派遣チームの件について慌しく動いていました。チームリーダーであり腹話術を使う家系であった三途河教授は、バチカン市国で何かを探していたとのことですが、殺生石の専門ということと何か関係が?そして教授と一緒に写真に写っていた男の子は、トオルの恋人が殺された時、傍にいた子じゃ…(汗)

そして、この頃から怨霊は完全に除霊できたりできなかったり…ということなんでしょうか?
白叡をもってしても苦戦した相手・・白叡がどの程度のものかよくわからないんですが(苦笑)
菖蒲さんも、大叔母様という存在に室長を引き継がされたというようなことを洩らして
いましたが、彼女もお役目を担う一人ってことなんですかね?

「ゴメンね 一人にしないよ 私が神楽を守る」
待ってて、と微笑んだ母親を見たのが最後だった、だから黄泉も同じように帰ってこないの
ではないか?そんな不安が堰をきってあふれ出して泣いてしまった神楽…
誰かにおいていかれる辛さを知っている黄泉だから任務に同行させたのかな。・゚・(*ノД`*)・゚・

極秘任務に一般人を連れ込んだことを怒られる黄泉ですが、土宮の名前を聞いた途端全員が黙りました。えーっと、ナブー兄弟って二人とも同じ名前なんですね(笑)そういう風習の土地の生まれって言われても…声が若本さんだからどうしても笑っちゃいますよ(ノ∀`)

「若い女性なら 人が余ってても歓迎するよ」
なんていってた紀之ですが、この頃から黄泉一筋だったんですね~(笑)
「俺は黄泉 お前一筋だ」
なんて黄泉に熱烈なアタックする紀之にニヤリとしました!
…照れる黄泉も可愛いのになぁ♪

あ、でも黄泉じゃないけど全くの初心者(一応修行はしてるといえど)いきなり退魔刀を渡した
のにはさすがにビックリしました!抜く時にトリガーを引けば、切断力が倍になる…
ってそんな説明してる場合じゃなくって!!動じない神楽も凄いですが(笑)

「私達は 環境省自然環境局 超自然対策室の処理班なの
人の世に危害を及ばす悪霊 人を恨み、乗ろう怨霊を処理するのが 私達のお務め」

黄泉の持つ宝刀獅子王には鵺という霊獣が宿っているようです。
だから悪霊となって神楽に攻撃を仕掛けてたんですか…

黄泉の願いで自分を預かってくれたという話を聞いてしまった神楽は何で自分を預かった
のか?と聞きます。それに、妹が欲しかったからかな?と答える黄泉。
「よ~し 今日から神楽は私の子分だ!お姉ちゃんにとっては 妹は子分と同じなのだ!」
そういってお守りを渡す黄泉…
なんだかこのシーン泣けてくるんですけど(。´Д⊂)

父親に怒られるのも羨ましいという神楽は、修行の時以外はほとんど会話もなかったというのです…
そして、黄泉の本当の父親、というか両親は怨霊に殺され既に他界しているんですね(涙)
仇である怨霊を殺し、養子に引き取って宝刀を預け、その力を継承したのも奈落さんなんだとか…環境は違えど、本当の親の愛情をあまりよく知らないまま育った二人なんですね。

「諌山家の宿命を、退魔師という使命を継ぐの そう それが私の存在意義の全て」
そんなにも固い信念を持っていたのに、悪霊に落ちてしまった…んですよね?
やっぱりその理由が気になります。
大きくなった神楽は、黄泉とともに任務に赴き…本当の姉のように神楽を見守る黄泉を
見てるのがまた切ないですね。

今回は誰も死亡者が出なくてほっとしましたよ…
気になってた紀之の傍にいたオコジョっぽいものですが、圭@レンマギが使ってた管狐と似てるなぁと。もしかしたらあれは霊獣じゃないんですかね?
あ、それからEDの茅原さんの曲が気に入りました!毎回この曲にならないかな(ぁ

次回「務 大義-つとめのたいぎ-」

http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-518.html

テーマ:喰霊-零- - ジャンル:アニメ・コミック
喰霊-零-    Comment(2)   TrackBack(53)   Top↑

2008.10.19 Sun
機動戦士ガンダム00 2nd season 3話「アレルヤ奪還作戦」
『アレルヤは反政府勢力収監施設に拘束されていた。尋問に立ち会うピーリスに、「マリー」と呼びかけるがその声は届かない。アレルヤが収監施設に捕らえられていることを知ったプトレマイオスクルー。ソレスタルビーイングへの参加に煮え切らない態度を取るスメラギに刹那は、救出プランはスメラギが立案するよう、言葉を投げかける。』


アレルヤお帰り!!ヾ(。・ω・。)`*:;,。
アレルヤが戻ってきて嬉しそうなマイスター達を見てるだけでも和みました♪

マリナは、四年前起こったアザディスタンの内紛で、CBと接触したことを尋問されていました。
最重要人物っていいますけど、マリナって詳細は何も知らないのでは(汗)

連邦保安局は、アロウズの直轄組織になることが決定したようです。
その創設を可能にしたのは、ヴェーダの情報統制があればこそ…
「連邦政府は どんな些細な抵抗にも屈してはなりません 
僕達は そのために生まれてきたのだから
僕は、イオリア・シュヘンベルグの計画を忠実に実行している
人には出来ない 出来るのは僕達、イノベーターだけさ」


リボンズ達は、世界の変革のために新たに作られた存在ってことなんですかね?
人間にそっくりだけど実は違うっていう…よくわかりませんけど(汗)
ひょっとしたらティエリアもこの中に入ってるんでしょうか?
そして、マイスター達を誘き寄せるためにあえてマリナを収監させたのもリボンズのようです。

拘束されたアレルヤを見てるのは辛いですよ…。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ん、でも四年間という時間のわりには髪の毛あんまり伸びてないですよね(ぁ
脳量思波の干渉も受けなくなったアレルヤ…
完全にハレルヤは戻ってこないこと確定なんですね、ひょっとしたら1%ぐらい望みは
あるんじゃないかと思ってたんですけど(涙)

アレルヤは、ソーマにマリーと呼びかけますが、ソーマには完全に否定されてしまいます。
ソーマは記憶改竄されているってことなんでしょうか…
ラグランジュ1では、ロックオンが訓練を行っていました。教官がティエリア…って
何かいいなぁ、や、普通に考えて刹那が人に教えるのは無理だからでしょうけど(笑/マテ)

てっきりカタロンでMSの搭乗経験があるのかと思ったら、全くの素人だったんですね!
作業用のワークローダーに乗ったぐらいだというロックオン
「だからさ やることいっぱいあるだろ?よろしく頼むよ 可愛い教官殿?」
「茶化さないで欲しい」
ティエリアってばすっかりツンツンに戻っちゃって…
というか現段階では以前とは違うロックオンに警戒心むき出しって感じで可愛いですね(コラ)
そんな二人の様子を見るフェルトも辛いんだろうなぁ…
ニールは皆に分け隔てなく優しかったけど、ライルは随分軽そうな気がします(汗)
だからかなあ、やっぱり別人だから、ライルもロックオンって呼ぶのはちょっと複雑です…

一方、スメラギさんはまた部屋に閉じこもりっきりですか…
どこまで現実逃避したら気がすむのやら(苦笑)
刹那は沙慈に、スローネとは別部隊であり仲間ではなかったことを話します。
「それでも 君達は同じようにガンダムで人を殺し 僕と同じ境遇の人を作ったんだ
君達は 憎まれて当たり前のことをしたんだ
世界は平和だったのに 当たり前の日々が続くはずだったのに、そんな僕の平和を壊したのは君達だ」

「自分だけ平和なら それでいいのか」
「そうじゃない でも 誰だって不幸になりたくないさ」
沙慈達は不運にも巻き込まれてしまった人たちなんですよね・・・
世界を平和にしようと武力介入した結果が大勢の犠牲を生んだ、けれど結局平和にならなかった世界に満足していない刹那達はまた戦いを挑むしか方法が見つからない、どっちの思いもわかるから辛いですよね…

ソーマはセルゲイ大佐に超人機関関係の資料にマリーという名前がなかったか訊ねます。
資料の中にそれらしき名前はなかったとのことですが…
カティ大佐は、アレルヤが収監施設にいることを知らなかったのですね。
AEUの上層部に引き渡したあと、どうなったか情報はわからなかったらしいですが、
アロウズは既に把握していたようです。カティ大佐もアロウズに少しずつ不信感を
抱いているような気がするのですが…
そして、リボンズから齎された情報どおり、マイスターの生存を確認したネーナ。
確認したネーナは撤退します。ネーナが介入してくることは当分ないのかな?

トレミーのクルー達は、留美から受け取った情報によりアレルヤ生存を確認!
…って、これはわざとわからせるようにしてるんですもんね(汗)
早速ブリーフィングを開き救出作戦を立てます。
アレルヤって?と聞くロックオンにお仲間!お仲間!と答えるハロが可愛い♪

「スメラギ・李・ノリエガ 俺達に戦術予報をくれ」
「彼が戻れば ガンダム四機での作戦行動が可能になります」
「それでも心もとないが おっと」
ライルの雰囲気がやっぱり軽薄な感じですねぇ…
余計なことを言ってティエリアに睨まれてるし(苦笑)
一期だとどっちかというと逆の立場みたいな感じだったじゃないですか、
意固地になるティエリアをロックオンが窘めたり・・・だからちょっと不思議な感じ(^^;)

うん、でもこんな状態のスメラギさんに作戦の立案を頼むのは無理がありますよ。
まだ逃げてるスメラギさんに制服を渡して重圧をかけるなんて…
「後悔はしない 例えミッションに失敗しようとも、アンタのせいなんかにしない
俺達は、どんなことをしてでも アレルヤを 仲間を 助けたいんだ」

刹那の口から仲間という言葉が…。・゚・(*ノД`*)・゚・。
今のCBには、誰が欠けてもうまくはいかないんですよね!
そして、スメラギさんは結局その言葉に動かされたのか、戦術予報を立てることを決意。
いや、今まで逃げてきた人がそんなあっさり心変わりすることもあんまり共感できないんですが、それよりも刹那の成長が見えたことがよかったので^^

「それにしても ライル・ディランディの能力値の高さ、一体どういうこと?」
ライルもどこかで何かの訓練を受けていたことがあるとか…
カタロンに入る以前に何をやってたのかというのも気になります。
そしてティエリアにいちいち突っかかるライルが(苦笑)

00のツインドライヴは起動はするものの、まだまだ安定圏内には程遠いようでまだ完全に使用できる段階ではないんですね。トランザムの使用も制限されてますし(汗)そして、スメラギさんからミッションプランが届きました!
「僅か300秒の電撃作戦 それでこそ スメラギ・李・ノリエガ」
鼻で笑いながらも言い方の優しいティエリアがいいなぁ!
そして、ロックオンとなったライルにも役割が!
「こっちのことだよ サポート頼むぜ ハロさんよ」
とオレンジハロに手をかけて微笑むロックオンにドキっとした!!(*>ω<*)

留美からの調査データには、アレルヤとともにマリナの名前もあったことを刹那に告げるティエリア。以前だったら絶対そんな情報教えなかっただろうに~!人間味溢れる優しいティエリア、ホント優しくなりましたよね、いい傾向です。それだけロックオンが影響を与えたってことなんでしょうけど。

ついに作戦行動が開始され、大気圏からトレミーが原則しないまま収容施設前の海へ潜水!
今回のトレミーは潜水モードも可能なんですね、凄すぎます!
地上のMSを片付け、粒子ビームを拡散させ300秒の間にアレルヤを救出する作戦です。
「残りの二分で もう一人を助けたらどうだ」
どうしよう、優しいティエリア@神谷さんにときめく!!(マテ)
ツンツンティエリアもいいけどデレもいいですねぇ
二期になってからティエリア株急上昇中です~♪

やっぱりケルディムは援護射撃メインなんですね!
ハロに、ニールが戦うときに何か言っていたたかと聞いたライル
「ケルディムガンダム ロックオン・ストラトス 狙い撃つぜぇ!!」
軽い、軽いよ三木さんの言い方が(笑)
久しぶりに聞けて嬉しいけど、これはやっぱりニール@ロックオンの台詞だなぁと(。´Д⊂)

「ここはここは死守する!! 梃子でも動かん!!」
って必死に守るティエリアがいい!
言い方がちょっと古めかしい感じがしますが、それもティエリアらしくていいなぁ(笑)
カッコイイし可愛いし、もうどうしたらいいかわからないですよ(*´U`*)

そんな中カタロンの救出部隊もきました!
どうやらカタロンの人質解放はメインの目的だったみたいですね。
現段階ではライルはカタロンサイドの人間てことなんですよね…それがいつひっくり返って
本当にCBの一員になるかも楽しみですが。
これがアロウズにはCBとカタロンが結託したようにみえて好都合…なんだけどやっぱりライルはまだ信用できないですね…
アレルヤを解放した刹那は、アリオスガンダムが来る場所へ行け!と告げます。
四年ぶりなのにあんなに走れるアレルヤにもツッコミしたいですが(コラ)
超兵だからそこは問題ないですよね?(笑)

アリオスに乗り込もうとするアレルヤを、ソーマが銃で制止します。
残り30秒、間に合うか否か見ていてハラハラします!!
「いいや これが本当の君の名前なんだ マリー…マリー・パーファシー」
ソーマはマリーだった頃の過去が頭に思い浮かび、膝をついて座り込んでしまいます。
アレルヤにとってマリーってどういう人だったのかな…
その場へ駆けつけたアンドレイによって、ソーマを連れていくことは出来ませんでしたが
必ず助けると誓ってアレルヤはアリオスに乗り、出撃!
俊敏な動きをみせるアリオスがかっこよすぎるんですがヽ(´∀`*)ノ

ミッションは無事完了し、人質救出も成功したたま喜ぶカタロンのメンバー。
収容施設に、マリナがいたことをクラウスから知るシーリン。
思ったよりもシーリンはマリナのことを心配してたんですね(ぁ
カタロンについたということから、連絡はとってなかったんでしょうけど、これからどう動くのかな…ひとまずはライルが渡してくる情報をもとにマリナの状態を確認するだけなんでしょうけど、なんだか刹那に嫉妬してるようにみえました(汗

無事に救出されたアレルヤにコーヒーを差し出して労うティエリアが!!
どうして連邦政府に捕まっていたのかアレルヤに訊ねるティエリアのところへ、ロックオンが…
ライルと会ったときの反応はアレルヤが一番ビックリしてましたね!( *´艸`)

その反応飽きたなと言われてすまないと謝って照れてるアレルヤ可愛すぎる~!!
「変わらないな 君は
…無理に変わる必要はないさ  お帰り アレルヤ」

「ああ ただいま」
いや~なんかこの雰囲気大好きです!!(コラ)
優しくなったティエリアにも変わらないアレルヤにもニヤニヤしてしまいます(*´Д`*)

自分が関わったことで、面倒に巻き込んだことをマリナに謝る刹那…
マリナは、刹那が戦うことに疑問を抱いているようですが、刹那が戦う理由を本当に理解出来る日は来るのかな?
「戦いのない生き方なんて いくらでもあるじゃない」
「それが思いつかない だから俺の願いは 戦いでしか、叶えられない」
マリナがヒロインらしくなるのはまだまだ先ですかね(苦笑)

次回「戦う理由」
ちょ、ライルってばフェルトに何してるんですか!!(汗


http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-409.html
http://rashin2007.blog88.fc2.com/blog-entry-954.html
http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/00-2nd03e57-b40.html
http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-311.html

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック
機動戦士ガンダム00    Comment(14)   TrackBack(148)   Top↑

2008.10.18 Sat
鉄のラインバレル 3話「蒼の戦慄」
ラインバレルを確保できず帰ってきた山下と美海を物凄い剣幕で叱るレイチェル@斎藤千和さん!
美海のマキナはペインキラーっていうんですね!

そして技術部の牧さんも登場ですね、これでJUDAのメンバーは全員揃ったかな?
森次さんJUDA内でも大人気!!(笑)
山下はともかくレイチェルも大絶賛するとは驚きです!
ていうか多分ファクターとしての能力を見てってことなんでしょうけど…
普通にあの性格考えたら皆ちょっと距離置きそうな人ですもんね(ぁ

石神社長は、前回の被害についての損害賠償と苦情に頭を悩ませてました
浩一が壊したもの全てJUDAの責任として被ってくるわけですね(汗
「あの子なら やれるはずなんだけどねえ
仕方ない 森次君が帰り次第 片付けてもらおうか
早瀬くんには可哀相なことになるかもしれないねぇ」

いよいよ森次さん本格参戦ですね!というかもう早く片しちゃってください!(コラ)
でも石神社長もよく耐えたというか…むしろ放置したことによって被害拡大というか(苦笑)

朝から浩一を呼ぶ城崎の姿はまるで新婚の新妻みたい…(^^;)
ちょっと失敗した目玉焼きとか、これ見てるとなんだか番組間違えた気分になる(ぁ
ニュースでは、ラインバレルが起こした騒動はまたもアルマの暴走として隠蔽され
自分の活躍が報道されないことに腹を立てる浩一。
「次はもう少し 周りの被害には気をつけるから」
という浩一はとても信用できないんですけど!

「二度も街中で暴れられては さすがのJUDAもお人よしではいられないだろう
次は確実にラインバレルを落としに出る 手持ちの一番強いカードを切ってね」

今週もルルボイスがやたらカッコイイ加藤@福山さんw
もうこの人が主人公でもいいですよ(マテ
影の付き方が仮面っぽくてちょっと怖いけどそれがいい!
加藤機関からのラインバレル確保の部隊は、デミトリーが請け負うことに。

「想像せよ 諸君 取るべき道を あるべき世界を それが出来ぬ者には 未来を生きる資格はない」
加藤機関もいよいよ全員集合って感じですが…
ちょ、宗美さんそこで何やってるんですか!(笑)
あの村のエピソードとかなしに最初から敵キャラで登場ってことなんですね
…もしや人数あわせのためにですか?(笑)

学校では、強くなった浩一の態度がすっかり豹変し、降矢もうってかわって浩一のパシリに。
ああ、中村さんが…(オィ
そんな浩一を心配して、矢島に何か知らないか訊ねる理沙子ですが…

「私 浩一にもう何もしてあげられないのかなぁ
何だか浩一が 凄く遠くなっちゃった気がする」

まぁそんな風にかいがいしく世話を焼くからこそ、余計浩一が捻くれてしまうんでしょうけど
二人にしては昔から守ってきた浩一が手を離れてしまうのが寂しいし、矢島は本当の強さ
じゃないっていうことを気づいて欲しいんでしょうね。
もうそんなこと通じないぐらいウザイ状態になってますけど(コラ)
矢島はいい奴すぎて彼女ができないんでしょうねぇ
浩一と理沙子の面倒をみるのに精一杯で、それどころじゃないとか(笑)

「力ってのは もっとでかいことのために使うものなんだぜ?」
と降矢達に自分の力を誇示する浩一!どうみても悪い方向へしか向かってませんが?
「力の使い方が、わかっていないな」
ラインバレルの戦いをチェックする森次さん@中村さん、すでにこれだけでカッコイイ!!

神社で、浩一の名前が書かれた墓を見た矢島は、浩一に問い詰めます。
「無力だった俺は 死んで生まれ変わったんだ 正義の力を持つ、選ばれた存在としてな」
「馬鹿じゃないのか」
っていう矢島に拍手したくなりました!もっと言っていいですよ!(オィ)
浩一が生き返ったのは、たまたまラインバレルが浩一の上に落下して殺してしまったから
なんですけど…どこをどうとれば選ばれた存在ということに繋がるんですか(苦笑)

理沙子も、浩一が豹変したことを心配してるというのですが、話を聞きません。
強くなったと自負していても、矢島がいつまでも目をかけてくるから、浩一的にも
鬱陶しいんでしょうけどねぇ…
「お前 最低だな」
それ本人に対して思いっきり言えばよかったのに!
というか、浩一を心配する理沙子に一生懸命アドバイスする矢島も見ていて可哀想に
なってきましたよ~いくら幼馴染とはいえ放っておきたくならないのかな(コラ)

浩一のためにカップケーキを作るよう提案した矢島の言葉どおり、作ってそれを持ってきた理沙子。
そこには洗濯ものを干す城崎の姿が!
浩一のことをさんづけで呼ぶ城崎になにやら理沙子が勘違いを…
今日のラインバレルはラブコメですか?そこ、妹同士で理沙子を煽らないでください(汗)

子供時代の浩一は、やっぱりいじめられっこで、いつも矢島が助けてくれていた…
庇ってくれるのは矢島で、そんな矢島を応援する理沙子を見ていて劣等感も感じていたんでしょうけど、そこへ城崎が現れて力をくれたと思って、あの衝動で繋がるわけですね…

紅茶と間違えてわかめを入れた城崎に対抗して鰹節を持ってきた理沙子、
張り合うっていうか、そこまで浩一に執着するのがよくわかりません(笑/コラ)
理沙子はなんでこんなダメダメな浩一が好きなんですかねw
昔のことなんて捨てたよ、と浩一に言われて自分が捨てられた!?と誤解を…
というかまだ始まってもいないんですが?(´・ω・`;)

「私だって ここらでどかーんと一発!」
という理沙この後ろで大爆発が!
どうみてもコントなノリですが、えーっと、一応アルマ襲来のシリアスな場面ですよね?(ぇ
ラインバレルを呼ぶために、城崎に胸をあてる浩一を見てしまった理沙子。
慌てて目を逸らす理沙子ですが…そこってツッコミするとこじゃないんですか?(汗)
戦いに向かう浩一に少し注意する城崎ですが…いや、多分浩一は口だけですよ~

「性懲りもなく また来やがったな この町の正義は 俺が守る!!」
意気揚々とカグツチの前に出る浩一ですが、あっという間に大量のアルマに囲まれる浩一。
力で強引に押す戦い方に、防戦一方でしかありません。

そこへ、駆けつけた矢島は、偶然拾ったアルマで浩一に戦う必要はないと叫びます。
アルマじゃない マキナだ!って、そんなこと気にしてる場合じゃないんですけど
でも矢島もここまでお節介をやくといつ巻き込まれてもおかしくない状況ですよね…( ̄▽ ̄;)

「お前に お前なんかにわかるか 俺の気持ちが
力がなくて何もできないやつの気持ちが 好きな子を守ることもできなった 悔しさが!
好きな子を…他の誰かが守ってるのを見てるしかなかった 悲しさが!」

弱い浩一を守ることが当たり前だった矢島が、初めて知った浩一の本心…
だけど、浩一はそんな矢島よりも誰よりも強くなりたいという鬱憤がたまり、
ファクターとして力を得たことで、歪んだ心が表面に出てきてしまったんですね
だから正義の味方へ異様なほど固執するし、誰かを守るという執着もこれが元なんですよね…いや、それでもあまりにも酷い暴走っぷりですが(ぁ

しかし、デミトリーに敵うはずもなく、とどめの一撃をくらいそうになった浩一の前に蒼い機体が!!
森次さんようやくキタ――!!
ヴァーダントを見たデミトリー達はさっさと後退、判断がさすがに早いですね(笑)
「そのマキナ ラインバレルは 我々JUDAに渡してもらおう
JUDA特務室室長 森次玲二
もう十分遊んだだろう?
正義の味方ごっこは終わりだ」

上から冷たく見下ろす森次さんカッコイイ!*:・゚☆d(≧∀≦)
中村さんの言い方もツボにはまります♪

というかヴァーダントの立ち姿すらカッコイイんですが(マテ
森次さん大好きな山下とレイチェルに激しく共感しました(笑)

「このあたりが潮時だろう 自分の力の程度を理解したはずだ」
「俺は 俺は正義の味方になったんだ!
これは俺の力だ!誰にも渡さない 渡すもんかあァァァ!!!」

森次さんの容赦ない怒涛の攻撃開始です!
ヴァリアブルバインダーを開いて太刀で攻撃する森次さんがかっこいいよ(*´Д`*)
ただ戦闘シーンがちょっと見づらかったのが残念かなぁ、液体が飛び散りすぎて(苦笑)
動きもあんまり重量感がなくって、浩一が味わった死の恐怖っていうのもあんまり伝わって
こなかったですしね(ぁ

驚異的なラインバレルの修復力に一瞬驚く森次さん!
このままでは殺されると思った矢島は、必死に浩一を助けようと声を張り上げます…
「俺は力を手に入れたんだ 正義の味方なんだ なんで お前ら俺に逆らうんだよ!!」
何で皆認めようとしないんだ 俺がこの町をまもってるんだろぉ!?
俺のこと 褒めろよ! 俺が一番強いんだって 認めろよぉ!!強いのは俺だ!
俺が一番強いんだぁあああ!!!」

森次さんに敵わないことを知るやあたりの建物にやつあたりする浩一…
癇癪を起こして爆発した子供そのものですね(汗
それをとめに入る森次さんがまたカッコいい!!(*>ω<*)

しかし、ラインバレルの動きを制御したのは城崎の一声でした!
「何故とめた もう少しで アイツに勝てたのに」
「あなたはただ 自分の力を誇示したいだけなんですか?」
「煩い!口出しするな お前は黙って 俺に守られてりゃいいんだよ!!」
ラインバレルをとられた浩一はついに本音を…

「あなたは …最低です!」
名台詞ようやくきましたね!!
城崎がすっぱり浩一を両断してくれたのでちょっとすっきり!
ああ、でももっと森次さんにボコボコにされる浩一が見たかった…
原作の森次さんは、もっと静かで冷徹で怖いですよね、それがまたいいのに(マテ)

次回「正義の代償」

テーマ:鉄のラインバレル - ジャンル:アニメ・コミック
鉄のラインバレル    Comment(8)   TrackBack(61)   Top↑

2008.10.17 Fri
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 3話「ソノカクゴ」
『ヒメが捨て犬・シルバを飼い始めてから一ヶ月が経ち、いつものように一緒に町をパトロールしていた。町民たちはそんなヒメの姿を快く思っていない。
悪い噂を心配する秋名は暗に忠告するが…。
そんな中、シルバが秋名の不意をつき、突然噛みついてしまう。
その行為を卑怯だと叱りつけたヒメの元からシルバは去ってしまう。』


日々鍛錬をかかさないヒメ!
それを傍で見守ってきたのは恭助なんですね~
袴着て遠めで見ると何となく藍染さんに似ててドキっとしました。
近くで見ると全然違うんですけども(笑)

「人に愛され 町に愛され 龍に愛され それがこの町の町長に必要な素質
そのためには 己を磨き続けないとだめよ」

ヒメの家系も、秋名のように代々町長を受け継いでいく家系だったのかな?
先代に町長になるための教えを受けていたようですが、突然その祖母が死に、代理を
たてようとした家族の意見を退けてヒメが町長となったんですね…
随分小さい時のことみたいだけど、何年前のことだろう?

あ、それからヒメが首に巻いてるマフラーも気になりますね。
修行の時ぐらいとったらいいのに…引っかかってぐるぐる巻きになってるよ(笑)
そんなヒメの前に現れた一匹のコーギー犬をシルバと名づけたヒメは、自分が面倒を
見ることを決めたのでした。

ヒメがシルバを飼いはじめてから一ヶ月、生活相談所のメンバーもすっかりシルバに
馴染んでいました、アオ以外は(笑)
アオって猫耳が生えてるけど別に猫の妖怪じゃないんですよね?( *´艸`)
それにしても食い意地の張った犬ですねぇ、ことはがメタボっていうのもわかる…(汗
ヒメがちゃんと躾をしないから、テーブルの上に乗って食べるようになっちゃって、
これは飼い主の責任ですね…うん、でも簡単に割れる事務所の窓ガラスもどうかとw

ヒメはシルバにラーメンも食べさせていました。
えーっと、そういう塩味の濃いものはよくないし、大体ネギは言ってるんじゃ…Σ( ̄ロ ̄lll)
「私が育てる以上、不自由は絶対させないわ たくさん食べさせて逞しく育てるの
そう 私が乗れるくらい シルバにまたがってこの町をパトロールするの」

いやいや、それも虐待の一部ですよっ!
体調管理も飼い主の責任…ってヒメはやっぱり動物飼うの向いてないんじゃないかなぁ?

「本当にそのつもりなら お嬢様も食事制限をしていただかないと
最近 少々摂取カロリーがオーバーしております」

いくらおつきの人だからって体重のチェックまでしてるんですか!
いやあさすが悪魔で執事の人ですね
ヒメの現時点での体重を口にしようとして、雑誌で叩かれた恭助は鼻血出してるし!
そのままふわふわしてる表情が何だか怪しいよ(笑)

「まだリハビリが必要でね 何か 体が本調子にならないよ」
と七郷のまわりをうろうろする円神。
手に持っているのは前回破損させた七郷の欠片?
というか、これだけ危機が迫っているというに全く気づかない相談所メンバーもどうなのかなぁ…
それはおいといても、察知した(はずの)雄飛が教えてあげればいいのに(ぁ

チューニングを使いすぎると、人間の世界にはいられなくなるということのようです。
相当負担がかかっているため、じゅりに診察してもらってるんですね…
そんな秋名に、訪れた甚六さんが、ヒメについて苦言をもらします。
パトロールと称して犬と散歩してるだけのヒメ?!

「私が飼っているんだから 皆に愛される犬にならないとねぇ」
シルバはすっかり町の人気者になっていろんな人から食べ物を分けてもらってました
…リードもつけないで街中を散歩させるなんて、いくら人懐こい犬だとしてもおかしいと思うんですが(苦笑)

「健全なる精神は 健全なる肉体に宿る」
と真面目に稽古をしているはずの恭助とヒメでしたが、ヒメは眠ってる!?
「勘違いしないでよね!別に、アンタのために寝ていたわけじゃないんだからっ!!」
「何ですか その薄っぺらいツンデレハント」
いや、そこでツンデレになる意味がよくわかりません(笑)

甚六さんから受けた話を聞き、ヒメに忠告にやってきた秋名。
「でも 町の人にはそう見えてないんだよ 犬連れて遊んでるようにしか見えないって
仕事してるのかって」

「そんな 見た目で判断するの?」
「それが町長だろ?自覚、持てよ」
シルバの面倒をみることで、仕事が疎かになる可能性もあると洩らすのですが、結局ヒメは最後まで自分が世話をすると躍起になるだけでした。

ヒメがこんなに意地になるのは、町長になった直後、いつも先代と比べられては
好奇の目に晒されていたからなのか…でも、そんな風に意固地になったら町の意見を
聞くはずの町長の役目はできないのでは…
そして、ヒメと口論した秋名を敵と見たシルバは、秋名が寝入っているときに噛み付いたのです!

サトリのアオはピッチャーが投げる球もサッカーのフェイントもわかるけど、ルールがわか
らないし技術がないからあんまり意味がないんですねぇ
あ、でもポーカーとかならルールさえわかってれば連勝できそうですよね(マテ)
…ていうかことはって女子高生だったんだ!?(゚Д゚ノ)ノ

そんなシルバに、卑怯なことが大嫌いだからと手を上げたヒメ!
や、たしかに秋名を襲おうとしたシルバのニヤリ笑いは怖かったですけど、
もとはといえばヒメがちゃんとしつけをしなかったことが原因なのでは(苦笑)
「もういいわ 卑怯者の飼い主なんてゴメンよ どっか行きなさい!」
何もしないで自分のいうとおりにしてるときは可愛がって、悪さをしたらはいさよならですってしてるように思えるよ、ヒメ…
ヒメが竹を割ったような性格なのはわかってるけど、どうみても途中で放棄したとしか;

結局、アオの言葉にも耳を貸さずシルバはどこかへいってしまいました。
違和感を感じたアオが七郷を見上げると、結界に青い稲光が走っていました。
「町長に愛想を突かされた犬か 面白い お前を落としてやるよ」
あれ、円神もサトリの能力を持ってるんですね…容姿といいこの能力といい、
やっぱりアオの関係者じゃないんだろうか?

土手に向かった青い光を追うヒメたち!
そこには、円神によって妖怪にされたシルバの姿がありました。
シルバ相手に攻撃もままならないまま翻弄されてしまいます。
…突き飛ばされたことはを受け止めた恭助は役得だったのでは(コラ)
妖怪に落ちて間もないシルバならまだ助けられるという秋名!

しかし、捕まえることもままならないままヒメが槍で投げ飛ばします。
「ほうらなぁ ヒメは お前より秋名の方が大切だってよぉ 可哀想にな
アンコールだ」

円神が合図すると、シルバは巨大な妖怪の姿に!!

「見てわかんないの?もう救える状態じゃないのよ 町の脅威を私が倒し
あんたらが妖怪の魂を送る そう決めたじゃない」

「それがあのシルバでもか」
「可能性が1%でも残っていたら 力ずくでも助けてやるけど
そうでなければ、 私は町を守るために倒す!
0%の希望なんて もう希望じゃないわ!私の覚悟の邪魔すんな!!」
「何つうかな これはうまくいえないけど、 お前がやっちゃ だめだと思うんだわ
被れる泥なら 被ってやるよ そのために、俺達がいるんだろ?」


そして、助からないと判断されたシルバは秋名にチューニングされました…
無抵抗のシルバは、自分がどうされるか何となくわかっていたのかな?
落ち込んで悔しい表情をするヒメに、秋名は頑張れと伝えます。

そして、結界が破壊されたことを知った雄飛は、元老院に報告するとのこと。
一応土地神って、それで偉そうにしてたのか!(汗)

ヒメの背負った使命がテーマだったんでしょうけど、何だか動物を蔑ろにしてるようにしか
見えませんでしたよ…初めて飼った犬が可愛いのはわかるけど、ちゃんとした世話もせずに、
妖怪になった直後は助けようとしていたのに、巨大化したらさっさと諦めてしまうなんて…
大切なペットだったから、何とかしようとするヒメの葛藤が見たかったんですけど、
随分あっさりしていて、結局自由になる玩具が欲しかっただけのように感じてしまいました。
秋名が泥を被るっていったのは優しさなんだろうけれど、このヒメのせいで何だか
共感できずじまいでしたし。ヒメの覚悟って…うーん…

結論、最後までちゃんと世話できない人はペットを飼っちゃダメなんです(ぁ
犬を飼ってる人にとって今回の話は納得できないだろうなぁ…

次回「フリカエル」

テーマ:夜桜四重奏 - ジャンル:アニメ・コミック
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~    Comment(2)   TrackBack(31)   Top↑

2008.10.17 Fri
黒執事 3話「その執事、万能」
『マダムレッドの頼みで、役に立たない執事グレルを引き取り、鍛えなおすことになったシエル。そこに突然、許婚のエリザベスが訪れる。
勝手に屋敷を少女趣味に飾り立てたエリザベスは、ダンスパーティーをやろうと言い出す。
ダンスの経験が浅いシエルに、セバスチャンは指導を申し出た。』


いやああああって叫ぶ福山さんの声にビックリした!!(笑)
執事としてはまるで使えないグレルをセバスチャンに鍛えてもらえないかとマダムレッドに
頼まれたシエルは、見返り目当てに仕方なく了承したのですが…
お茶をぶちまけるわナプキンをとろうとしてテーブルクロスごと引き摺るわというとんでもないダメっぷり!
「こんな使えない野郎 どうして預かったんです?」
ちょ、それはバルドが言える台詞じゃないでしょ!!( *´艸`)

「面倒がかかるのはセバスチャンだけで こちらにまで実害はないと思ったが」
ダメすぎていつも役立たずな三人に睨まれてるよ(ぁ
「ここはざっくりすっぱり死んで!! 死んでお詫びいたしますぅ~!」
といつの間にか取り出したナイフを首に付きつけ自殺しようとするグレル!!

「死なずとも結構ですよ 血液があたりに飛び散ると さらに後片付けが大変ですから」
笑顔でさらりとそんなことを言うセバスチャンが怖い~!
…あの、もしかしていつもそんな処理をされてるんですか??((;゚Д゚))
後始末が面倒だからっていう意味なのに、なんと優しい人だとグレルは勘違い(苦笑)

香のとんだお茶を出そうとしたグレルに、紅茶の淹れ方を一から教えるセバスチャンにうっとりするグレルが!(笑)後ろで全員メモってますが、この中でちゃんと淹れられるのってタナカさんくらい?
「では皆さん 後片付けは任せましたよ グレルさん、貴方は余計な手間を取らせぬよう
ゆっくり休んでいてください ああ、もし永遠に休まれる場合は くれぐれも 屋敷の外でお願いしますね」

「セバスチャンさん…なんとお優しい…」
いや、えーと・・・いろいろ間違ってますから!(笑)
永遠に休むとかセバスチャンがいうとしゃれにならないですね( ̄▽ ̄;)

街へ出かけたシエルとセバスチャンは、ステッキの新調ですか?
短いステッキを使うのがまさかシエルだと思わなかったとうっかり口にした店主の眼前
ギリギリまでステッキを付きつけ確認するセバスチャンが!(汗)
シエルは一当主であるから、子供扱いされるのが一番嫌いなんだろうなあ…
とはいっても相手に対して報復云々するのはセバスチャンの役目ってことなんでしょうね~
…あれ、今さらっと怖いこと言いました?(ぁ

どうやらステッキはフィニに壊されたみたいですねぇ。
ステッキ折るってどんな馬鹿力ですか!(笑)
「そうですねぇ 背が伸びたわけでもないのに お手間をとらせました」
セバスチャン、さらっと嫌味いいましたよね?(笑)

ちょ、リアルタナカさんがカッコイイ!(マテ)
ファントム社は、三年間で急成長を遂げた製菓玩具メーカー。
三年前、ファントムハイヴ家の屋敷は全て焼け落ちたものの、現在建っているこの屋敷は
以前とと寸分違わず、柱の傷一つでさえも忠実に再現されているのだそうです。
シエルの両親もその時亡くなっているようですが…自殺ということなんでしょうか?
それとも何か事件に巻き込まれて?
あえて当時と同じままの屋敷を建て直したっていうのもちょっと不気味ですよね(汗)

説明をし終わった途端デフォルメに戻る田中さんが!(≧∀≦*)
普段熱消費量の少ないタナカさんは、三分以上リアルタナカさんになるとおねむになるとかw
よくできたつくりものですね(コラ)
そんな中、余所見をして庭の剪定をしていたグレルにまたも悲劇が!
なんで全部髑髏マークになるんですか、ある意味芸術ですって(笑)
にしてもこのBGM、どうにかしてくださいw
死んでお詫びを~!っていうのがグレルの口癖なんですね…
フィニがうっかり(わざと?)脚立を倒して本当に首つっちゃってるしΣ( ̄ロ ̄lll)

帰宅したセバスチャンとシエルが見たのは、すっかり可愛く模様替えされたお屋敷でした(汗)
使用人三名も可愛く飾りつけ!?フィニのうさぎ耳は可愛いかもと思ってしまいました♪
そしてグレルも飾りつけされたまま首吊ってるし…
シエルに下ろせと言われて御意って答えるセバスチャン@小野さんがいい(´∀`*)

この飾りつけをしたのは、公爵令嬢でシエルの婚約者であるエリザベス@田村ゆかりさん!
可愛いものしか存在してはいけないということで、タナカさんもアントワネットのヅラを装着?!微妙ですw
でもセバスチャンにピンクの帽子は似合いすぎ!
…今週はこのキャプがいっぱい見れそうですね(ぇ

後ろでセバスチャンのその姿を笑った三人は、もれなくサーベルの餌食に(!)
や、血が出てるから、後始末大変だから!!(焦)
うん、でも取り外さないってことはその帽子お気に召したってことですよね?
悪魔にピンクな帽子…ダメだ笑いがこみ上げてきてとまりません(*>ω<*)

イメチェンして素敵な屋敷になったところで、ダンスパーティーをやりたいとシエルに提案するエリザベス。この子は人のhな足を全く聞かない子ですね…(^^;)
貴族とはいえよく婚約したものだ…親戚関係なのかな?

部屋に戻ったシエルはぐったりしていました。
エリザベスはダンスを所望しているといわれてむっとするシエルが何だか可愛い♪
シエルはダンス未経験なこともあり、今まで逃げていたんですね(笑)

「お言葉ですが坊ちゃん 社交ダンスとはよくいったものでして 夜会や晩餐会などでは
当然必要になってくる教養でございます 上流階級の紳士ともなれば
ダンスは出来て当然のこと ご令嬢のダンスを断りでもすれば
社交界での坊ちゃんの評判はがた落ち」

あはは、なんだかシエルを言いくるめてませんか?
それよりもお皿に乗ってるフルーツケーキがおいしそうで話に集中できないんですが(笑)
って、これもセバスチャンの戦法ですね、ケーキも餌の一つってとこでしょうか
…アンティークといい、夜中に甘いものが食べたくなる~!!

「今から マダムをお呼びする時間はありません
僭越ながら 私めがダンスのご指導を 一曲お相手願えますか?マイロード」

はいはーい、セバスチャンのダンス指導受けたいです!(コラ)
でもこの身長差はやりづらいでしょうね~…

さてさて、笑い転げてのたうち昇天する無様なシエルのダンスは…
やっぱりセンスゼロでした(苦笑)
足を踏んづけたり蹴ったり、主人だから文句言わないんだろうけども、これが
使用人三人のうち一人だったらどうなってるでしょうね( *´艸`)
うん、でもシエルが失敗しても可愛いからいいと思います!

「私にぶら下がっていてはダメですよ?
何よりも まずその仏頂面を何とかしなさい レディに失礼にあたります はい笑って」

頬っぺたを引っ張って笑わせようとするセバスチャンですが…
「大体僕は 楽しそうに…楽しそうに笑う方法など 忘れた…」
両親が亡くなってから、そんな風に楽しむ余裕はなかったんでしょうね。
年のわりに大人びてるのもそのせいなんだろうなあ(泣)

「これは… 何と屈辱的な姿!こんな 小娘じみた白なんて!ドレスアップするなら
情熱的な赤で セクシーかつ退廃的に決めたかった!」

…グレルには女装癖あり、と(メモ
生き恥をさらすぐらいならいっそ死んで!と窓から飛び降りようとしたグレルを
誰も止めやしない!
「引き止めて、くださらないのです?」って指をくわえるグレル@福山さんに大ウケ!!
いや、むしろ後ろにいるタナカさんが十二単な点が激しく気になって仕方ないのですがw

「夢の世界は目でみちゃだめ 心で感じるのよ」
とメイリンのメガネを外そうとするエリザベスですが、素顔は見られず、残念(笑)
メイリンの素顔は実は超絶美人だったりするのでしょうか??(ぇー

全身青で統一したシエルのコーディネートも可愛いですね!
しかしエリザベスはシエルがしていた指輪が気に入らず取り上げてしまいます。
怒ったシエルは大声で怒鳴るのですが、そんな風に怒る理由がわからず床に投げつけて
壊してしまいました。
怒りに任せて腕を振り上げたシエルをとめたのはセバスチャン…
その指輪は、代々ファントムハイヴ家に受け継がれてきた世界で一つの大切な指輪でした。
しかし、シエルは指輪を外へ放り投げてしまいます!

「構わん あんなもの ただの古い指輪だ
あんなものがなくとも ファントムハイヴ家当主はこの僕だ!!」

シリアスなのに背景とのギャップが(苦笑)
でも、あの指輪って唯一残ってた親の形見でもあるんじゃないのかなぁ…
「そんな顔の女を ダンスに誘いたくはないんだが」
なシエルがかっこよかったです♪

セバスチャンて楽器も弾けるんですね!
って、グレルの特技は歌ですか!?(゚Д゚ノ)ノ福山さんうますぎます!!(笑)
もしやこれサントラに入る…ってそんなわけないですよね~?
「嫌なことを忘れ 踊り明かすのが 夜会の礼儀だろ?レディ?」
エリザベスに手を差し伸べるシエルが美人さんでした^^

踊り疲れて眠ってしまったエリザベスはグレルが送っていくことに。
・・・無性に不安になったのは全視聴者でしょうか(汗
「はい 私これでも執事です セバスチャンさん 私は貴方に執事の何たるかを教わりましたです 人間は死ぬ間際に走馬灯が巡るといいます もし私が死ぬときは 走馬灯に 今宵の夢の世界が巡りめぐりまくるでしょう」
「…ふぅ 貴方が言いますか?」
何この意味深な台詞のやりとり!?
まるでグレルが死なないみたいな言い方…気になるなぁ!
いや、もしくは既に死んでるとか!?(マテ)セバスチャンは絶対何か知ってますよね??

「馬鹿はどちらです?」
見栄を張って指輪を捨てたシエルに、当主の指輪をはめたセバスチャン。
「ファントムハイヴ家の執事たるもの この程度のことができなくて どうします?この指輪は あなたの指にあるためのもの 大事になさってください」

何度も主人の死を見届けてきた指輪――
そんな指輪に看取られてシエルも亡くなるということは、逃げられない運命…
死の間際の断末魔の叫びを、指輪を捨てれば聞かなくてすむと思っていたんですね
そしてシエルが、唯一弱味を見せる存在がセバスチャンなのかあ…
「どこまでも 坊ちゃんのお傍におります 最後まで」
不敵な笑みを浮かべるセバスチャンが怖いですが、例えシエルがセバスチャンに甘えて
いてもそこに親愛の情とかそういったものはなさそうですよね。
「さぁ 明日の準備をしなくては――」
まるで弱味を握れることを楽しんでいるような…
一体何を考えているのか想像もつきませんが(汗)

次回「その執事、酔狂」
「さあ 怖くありませんよ?苦しいのはほんの一瞬
ほら もうこんなに締まってきたじゃないですか あと少し…あと少しで最後まで…」

ちょ、これはもう危ない妄想に入っちゃいますよ(*´Д`*)
裸のシエルや小野さんボイスがとてつもなく怪しいし(ぁ
うっかり釣られそうに…というか釣られました!(笑)
…勿論ロマチカな展開でも全然OKですけどね(マテ)

テーマ:黒執事 - ジャンル:アニメ・コミック
黒執事    Comment(12)   TrackBack(58)   Top↑

2008.10.16 Thu
NARUTO疾風伝 80話「最期の言葉」
殉職した忍の墓場から始まり、紅さんがアスマに呼びかけて、
それからアスマが倒れるシーンまで…

わかってはいたんだけど正直キツイです;;

必死に駆け寄るシカマルも角都に飛ばされたイズモに阻まれ何も出来ないまま…
そんな窮地の中駆けつけたのはアオバ・ライドウ・いの・チョウジ!
大量の鴉が舞う中黒刀で角都の隙を突いたライドウがカッコよかったです。
そういえばアオバといえば津田さん…ナルトでこの声聞くの久しぶりだ(ぁ

飛段と角都はリーダー(っていうかあの人ですね)の介入により一時中断。
リーダー@堀内さんですか(゚Д゚ノ)ノ
敵キャラがいい声だと正直困る(苦笑)
いや、ついこの間まで大人の事情であった某隊長より全然いいですけどね(コラ
「二尾を封印する 今すぐ飛べ 最優先だ」

その言葉には逆らえず、すぐに戻ると捨て台詞を残して角都と飛段は姿を消します。
必死にアスマを助けようとするシカマル達…
「もう俺はここまでだ それぐらいは 自分でわかる お前達も わかってるはずだ」
医療忍術で助けようとするいのですが、急所を四ヶ所も突かれどうしようもないことを知る…
そんないのの表情を見て全て悟ったシカマル。・゚・(*ノД`*)・゚・。

晴れていた空も徐々に曇り、雨雲が押し寄せてくる描写がまた泣けます・・
「三代目のしたこと…今になって やっとわかった気がする…俺は…いつも遅すぎる
最後に… いの チョウジ シカマル お前達に いっておきたいことがある」

「チョウジ いの  …アスマ先生の最後の言葉だ しっかり聞け」

いのには、シカマルとチョウジの面倒を見るように、そしてサクラに忍術も恋も負けないようにと。チョウジは仲間思いの優しい性格だから自分に自信を持てと、シカマルには、頭も切れるし忍としてのセンスもいい、火影にもなれる器だと三人にそれぞれの言葉を告げ、「玉」が誰なのかシカマルに耳打ちするアスマ…

やっぱりこれは、紅さんとの子供のことなんだろうな、はっきり描写されてないけども。
うう、ダメだ泣ける(。´Д⊂)
そして、やめていたたばこを取り出し最後の一服を吸うアスマ。
想い出すのは、初めてシカマル達十班の担当上忍になった日のこと――

焼肉屋で遠慮を知らないチョウジがたらふく食べて店の外で申し訳ないって土下座してるアスマ、いのの店で誰に花を買ってるかばればれでギクっとしてるとこ、(きっといつもいのの店で買ってたんだろうね)、アスマとシカマルが始めて将棋を指したあの日、中忍試験で中忍になれたのはシカマルだけで鼻が高いとか、それから全員が中忍になり、担当上忍から外れることになってお祝いにピアスを買って笑顔のアスマ。

「オレたちが、第十班のチームだったことを 忘れないようにな!」
雨が降ってきて、煙草に火をつけて涙の訳を煙草のせいにするシカマルは男泣き。

「…やっぱり…タバコはキライだ…
煙が目に…染みやがる…」

大嫌いな煙草のはずなのに…改めて忍とは無常ですね。
任務で大切な師が死んでしまったとしても変わらず前を向いて生きていかないといけない。
忍は涙を見せるべからず、という決め事がありましたが、今だけは泣かせてあげてください。
雨と煙草のせいにすればいいよ、シカマル…

アスマの最期を看取ったイズモとコテツは辛い表情を見せつつも、涙を流さないのが辛い…
でも、これが忍として看取るということなんでしょうね。
仲間にも誰にも知られず、一人で死ぬことの方が忍って圧倒的に多いと思うんですよね。
だから、こうして弟子や里の仲間、信頼できる相手に看取られた最期はアスマにとって
幸せだったと思います、唯一心残りがあるとすれば紅さんですが、それはアスマが
シカマルに託したんでしょうから、幸せな最期だったといっていいのかな…
アスマ、今までありがとう、本当にお疲れさまでした。安らかに眠ってください。

アスマの訃報を知った紅さんはどう思うのか…
シカマルからアスマの遺志を聞いて、面影を思い出しながら生きていくのかな。
紅さんだって、もしかたらという覚悟はいつでもしてたと思うけれど、やっぱり実際
大好きな人がいくら里のためとはいえ殉職してしまった事実はあまりに悲しいと思います。
シカマルも、辛い務めを自ら負いましたよね…(涙)

次回「悲しき報せ」

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(4)   TrackBack(4)   Top↑

2008.10.16 Thu
銀魂 128話「会ってもわからないこともある」
知り合いの中島君がハワイに行ったっていって後で大変なことになったって
またそんなどうでもいいことを…(笑)スタッフさんは身内ネタ大好きですよね~

総悟の写真を使って文通をしていたことがばれてしまい、あっさり白状した新八。
正直に話すのはいいけど誤魔化し方が逆に危ない感じが(笑)
「騙す気もなかったんです いやらしいこととか そんなの一切考えてませんでした
ただ 眩しくて 貴方の妹さんがあまりに煌いてて、火傷しそうで 写真とかいろいろやっちゃって 最低ですよね ゴメンなさい もう二度と妹さんには近づきません!」


「わかります 私もわかります その気持ち…
最低なのは 私なんです 謝らなきゃいけないのは 私なんです
私のせいでみんな…」

間違いは起きてないでしょ~って銀さんが総悟の写真送ったのが原因ですから!(笑)
しかも新八が嘘ついて文通してたとか責任転嫁してるし…まぁたしかにアドバイスしてた
のはホントのことですけど(ぁ

妹が心配でついてきたきららちゃんのことを褒める銀さんですが…
きららちゃんはすっかりネガティブモードに(苦笑)
たしかに自分も嘘をついてるけど、傷つくのが怖くて正直に話せないんですもんね…
そんなきららちゃんはうららちゃんを口説くのを手伝わせて欲しいと頼みます。

「例えば私がうららちゃんの目の前で悪人に攫われて、それを助けるとか」
妹が楽しそうに文通してるのを見て、思うところかぁ…
実際自分が文通してたから心中複雑でしょうね(汗)
そして銀さんは総悟に伝達!
銀さんが人攫い役になってお姉さんの前でうららちゃんを攫い、総悟は銀さんを止めようとして負け、その時に新八が助けに入る作戦!?そううまくいきますかね(笑)

ようするに総悟は普通にデートしてればいいわけなんですが
紳士的にエスコートじゃなくてドSコートしてるし―!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
鎖と首輪つきで連れてるのに何で誰もツッコミしないんですか!?


いつのまにそんな手名づけられたんですか??
飯屋ってそれ野良猫の集まりに混じれってことですか…
普通に従ってるうららちゃんがとても信じられません(≧▽≦)
ちゃんと猫らしく髪の毛が逆立ってるうららちゃんに大爆笑なんですがw
うららちゃんてばドMだったんですね…(汗

下手に芝居を打つより総悟を潰してうららちゃんを救うべきと助けに向かった新八ですが
猫なうららちゃんに返り討ちに!!
うららちゃんの顎を撫でる総悟の手つきが工口いと感じたのは気のせいですか?(コラ)
総悟の黒い笑みが怖い―!

そんな中銀さんがやられキャラの悪漢風を装ってお姉さんを拘束!?(笑)
いやでもうららちゃんほくろしか気にしてないし!
銀さんのマントみてたらなんだか星海坊主さんを思い出してしまいました(ぁ
オールバックだけならメチャメチャカッコイイのに~( *´艸`)
「俺が惚れろといえば 誰にでも惚れますよ」
ちょ、そんなの全然ダメですから!
やっぱり総悟と銀さんに任せておくとろくなことにはならないですね(苦笑)

何の役にも立たないと追い詰められたきららちゃんは申し訳なく思ってかその場から逃げ出してしまいました…
そんな中見回りをしていた近藤さんと土方さんの車の前にきららちゃんが飛び出します。
危うく轢かれそうになりましたがぎりぎりのところで回避!
って、後ろから何か凄いのキタ――!!(怖)
豊口さんのにゃ~!に大笑いしましたよ!

いやいや、もう人扱いされてないんですけど…うららちゃん、それでいいの?(^^;)
「勘違いしないで 私がお仕えしているのは ご主人さまだけ」
とすっかり総悟のことをご主人様に認定してるし(汗
車を奪われた近藤さんと土方さんですが
え、近藤さん何でそのスピードについてこれるの??(ノ∀`)

うららちゃんは、新八を文通していたのは本当は姉だったことを話します。
うまくいくように強力するといったのも、うららちゃんに惚れ込んだ新八を見て、居た堪れなく
なったからでした…
「だが 色々と邪魔が入ってなぁ~」
「あてつけがましいい方はやめてくだせェ」
元々一番の原因は銀さんが総悟の写真入れたからですよ!
って総悟の悪ノリもかなりの割合占めてますが(笑)

「うまくいかなくて 自分を責めてどっかいっちまった 騙してたのはお互い様だってのに」
手紙を見て新八に会いたいといったきららちゃん…
好きな人だから、何とか相手の役に立とうと奮闘したけど、全部から空回りしちゃって
自分で自分が許せなくなって結局逃げてしまったんですね。

「目の前で泣いている女がいたら 惚れた女ほっといて涙拭きに行く奴だ
そういうやつだ どおりでモテねェはずだよ」

やっぱり新八のことよく見てるんだなぁ…いや、新八に限らず神楽ちゃんもですけど、
一件邪魔をしてるようにみえても最後には助けてあげようとする銀さんが好きだ(コラ)

「ガキの惚れたはれたに付き合ってる暇はねぇんだ こっちは
事件なら起きてからいえ 俺達は下らねぇ仕事こなす万事屋じゃねェんだ」

何だかんだいってその下らない仕事に首突っ込んだりしてるじゃないですか、ねぇ?(ニヤ

そんな中事件発生!きららちゃんがビルの屋上から飛び降りようとしていたのです!
こんなときだけど銀さんの緊迫した表情がカッコイイ(コラ)

「もう死んでもいいって 自分のことがどうでもいいってなったら あんなに苦しんでたのに
途端に変われた 私 結局自分が可愛かっただけだったのね
自分だけが愛しくて尊い存在で だから人から動思われているのが知るのが怖くて
傷つくのを恐れて 逃げて自分の殻にずっと閉じこもってた」


いろんな人に支えてもらいながら誰かのために何かしようと思わず、自分のことしか
考えていなかったというきららちゃん。
本当は自分が文通していたと伝えられなかったのは、新八に嫌われるのが怖かったから
だけど新八の目がうららちゃんを見るのに嫉妬してたんですね…
自分の嫌なところをちゃんと理解してる分きららちゃんは十分いい子だと思いますよ!

ちょ、土方さんが後ろでB型の女は話し聞かないとかいってるし!
前回と同じようなテロップで注意流さないでください(苦笑)
あ、土方さんってA型だったのか~(ぇ
何となくO型っぽいけど、変なところで神経質なのはA型っぽいかも(マテ
「俺がいったら自画自賛してるみてぇで何か変な感じになるだろが お前が言やいいだろ」
「何で俺がお前のありもしないいいところ発掘しなきゃなんねえんだ」
あはは、もうこの二人の会話が痴話喧嘩に聞こえてきますよ(コラ)
…ところで銀さんの血液型って何型??

「広がらない パサつかないよね」
って銀さんにキメ顔で言われても( *´艸`)

近藤さんが凹んでるのはA型だからか―!!(大笑)

きららちゃんついに屋上から飛び降りてしまいました!!
ああ、やっぱり近藤さんと一緒の血液型がよっぽど嫌だったのか…(ぁ
え、そんな私も一緒なんですけど(笑)
旦那ァ!って鎖を投げる総悟がかっこよかったり、ビルを物凄い勢いで駆け下りる銀さんが
人間じゃないと思ったり(マテ)

うららちゃんの目の前でビルから飛び降りようとしたのは、そこへ新八がきて うららちゃんに
いいところを見せるためだった・・・
「わかるんです 私ずっと 一人で文字に触れてきたから
不器用で大雑把 でも表情豊かで不思議な温もりがあって 新八さんのために
皆さんで頭を悩ませて書いているのが伝わってくるようで
あれは私あてじゃない 皆さんから 新八さんに宛てた手紙だったんですね」


不器用でうまく人と付き合えない自分をかえようとしたくて、自分あてに手紙を書いていた
けれど、自分のことしか考えてなかったから誰にもその想いは届かなかった――
自分のために筆をとっても 臆病で小さく纏まった文しかできないけれど、誰かのためなら
いくらでも強くなれる…そんなことを新八達を見ていて気づいたというきららちゃん(´;ω;`)

「差出人は不明でいいんです 私ってわからなくても うららちゃんのままでも
それでも 新八さんあてに手紙を書きたかった でも 届かなかったみたいですね」

諦めていたきららちゃんに、名前を教えて欲しいというメッセージを書いて向かいのビルに立つ新八の姿が!

「とっくに届いてたよ アンタの手紙 ちゃんと 返事返してやってくれるか」
ああ、やっぱり最終的に一番カッコイイのは銀さんなんですね(コラ)
きららちゃんを抱えて窓をブチ破って飛び込む銀さんに惚れた!!(*´Д`*)

その後、新八ときららちゃんは文通を続けているようで何よりです♪
きららちゃんも引っ込み思案だという自分を変えられたのかな?
大勢の友達と仲良く楽しそうにしている写真が同封してありました。
…って、うららちゃんにまだ総悟がつけた首輪がついてるんですけど!?
まさか洗脳されたままなんじゃ(汗)
お妙さんも相変わらずおやつにこんにゃくとか持ってきてるし…
むしろうららちゃんのその後が気になったラストでした(笑)

次回「拾い食いに気をつけろ」

http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/128a-5781.html

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(4)   TrackBack(27)   Top↑

2008.10.16 Thu
機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー「Road to 2307」
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」
(2008/09/24)
ドラマ宮野真守

商品詳細を見る


ようやく聞けました~!勿論某所で(笑)
今回は第一弾とうってかわってシリアスモード?
前回のようなギャグらしさはほとんどないです、皆さん真面目~
いや、本来こういう雰囲気が正しいんでしょうけど、第一弾の破壊力は凄まじかったです
もんね、うっかりああいうのが続くのかと期待しちゃいましたw

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック
機動戦士ガンダム00    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.10.15 Wed
伯爵と妖精 2話「僕の妖精」
『青騎士伯爵を名乗るエドガーに誘拐同然で連れ去られたにもかかわらず、結局、彼の依頼を引き受けてしまうお人好しのリディア。エドガーたちと宝剣探しをするうちに、同じく宝剣を手に入れようとするハスクリー一味との争いに巻き込まれ、リディアをかばったエドガーは怪我をし、頼りのレイヴンとははぐれてしまう。さらにエドガーの正体が手配中の強盗犯と判明し、ますます混乱するリディア。それでも負傷した彼を放っておけずにいるリディアに、エドガーは自分の過去を語り始めた。 』


二話目ということで前回よりは口説きは少なめ…?(笑)
ああでもやっぱりいろんな意味で恥ずかしいです、このアニメ( *´艸`)

これからの打ち合わせをしようというエドガーは、リディアに一つの金貨を見せました。
そこには、妖精が刻んだ妖精の文字があるらしいのですが小さくて見えないというリディア。
「フェアリードクターの武器は、妖精に関する知識と交渉能力なの
私は魔法使いじゃないわ」

そんなリディアに、今度は拡大した写しを見せるエドガー。

妖精が見えないことをいいことに、誤魔化す人間も多いからとリディアを試していたようです。しかし、こんな細かい細工は人間の手でもできるとエドガーは妖精が存在する証拠にはならないと信じていません。
「リディア フェアリードクターの武器は 妖精に関する知識と交渉能力だと言ったね
僕はその知識の方が欲しい 不思議な能力はいらない」

あれ、知識以上のものを求めないと宝剣は手に入らないっていうリディアの強気な発言
はないんですねぇ(苦笑)

OP、手抜きのままだったらどうしようかと思いましたがちゃんとしたのきましたね!(笑)
猫扱いされることを嫌うニコが猫っぽいことしてるんですが(∀≦*)
レイヴンとケルピーカッコイイ~!!あ、ポールは可愛かったです♪
で、アーミンはそっち側に最初からいるってわけですね、どうりで出てこないわけだ…
まぁいずれ戻ってくるんでしょうけど、エドガーとアーミンのあのシーンもないのかぁ(´・ω・`;)

延々と内容を読み解くリディアは、宝剣の隠し場所のヒントか何かだと推測したリディアは
伯爵の所有する土地から探そうとするのですが、エドガーは知りたいの一点張り。
けれど、前向きにフェアリードクターに対してのまともな仕事だと持ったリディアは頑張ろうと決意!

アイルランド系の妖精が多いことに気づき、メロウが人魚のことだというリディアに、エドガー
達は海に近いマナーン島にある別荘から探すことに。
そして、リディアはエドガーから渡された500ポンドの小切手で契約してしまいました。

その後、ロンドンで起こった強盗事件の犯人を追って軍人が取調べにやってきます。
丁度リディアぐらいの女性の人質を連れているといわれてヒヤヒヤですね、
エドガーはそんなことおくびにも出しませんが(笑)
アメリカで100人殺した殺人鬼とエドガーの特徴が似ているというのですが…
前回ニコが読んでた新聞はエドガーにソックリでしたし(ぁ
じーっと見つめるリディアに隙のない笑顔を見せるエドガーがますます怪しいですねw

処刑されたという殺人犯の特徴は、舌にある十字架の刺青と聞いたニコは、リディアにそのことを話します。レイヴンがいない間にこっそり除き見ようとするリディアですが、さすがに指を突っ込んだらそりゃ起きますよ、一体他にどうやって確かめるつもりだったのか(笑)
効果音にどうしても笑ってしまうんですが( *´艸`)

「このまま唇を寄せてくれるなら 寝たふりしておこうと思ったんだけど
女性に恥をかかせちゃいけないね 君の期待になら喜んでこたえよう」

タラシモードキタ―!!(笑)
エドガーに押し倒されそうになってるリディアがあんまり抵抗してないように
見えるのは気のせいですか??(コラ)
そして女性が襲われそうになっても微動だにしないレイヴンが(笑)

「レイヴンはね、僕が今君の細い首をへし折ろうとしたって止めやしないよ」
我を忘れてエドガーに平手打ちしたリディアはそれでも怒りがおさまらず、熱いお茶を
エドガーにかけようとするのですが、それは割り込んだレイヴンにかかってしまい…
先に手あてをしておいでといいながらリディアが見てないところで黒い笑みをこぼすエドガーが怖い(汗)

「たいしたことはありません あの時 エドガー様を止めるべきでした
まさかレディが あんなことをするとは想像しませんでしたので」

淡々とした口調で生真面目に返すレイヴン@杉田さんが面白い!
レイヴンに冗談は通用しませんからね~(笑)
「童顔ですから」
エドガーが人を殺そうとしても見過ごすのかという問いに、止めるより自分が殺すというレイヴンは、精霊の血を引く悪霊の化身として生きてきた過去があり、エドガーはその精霊ごと引き受けて主人になってくれたそうです。

「私には この国の妖精達は明るすぎてよく見えませんが 私の精霊も
貴方には見えないのでしょうね」

そんなレイヴンに、例え妖精が見えても違う種類の人間だといわれている気がしたリディアも少しさびしくなってしまったようです…リディアは気になることがあって集中するとをじーっと見つめる癖があるみたいですね(ぁ

汽車を降りて馬車を探すリディアはハスクリーの部下に教われてしまいました!
警戒心がないお人よしな面がこんなところでも難点に…
原作だとリディアは声をかけてないんですが(苦笑)
ハスクリーとエドガーの話によって、エドガーの正体が明らかに!?
レイヴンの超人的能力と光る目が怖い!!(汗)
あ、でも羽が舞う描写は中々よかったかもしれないです、レイヴンて大鴉ですし^^

レイヴンにその場を任せて逃げるエドガーの前に、再びハスクリーが!
「彼女はこちらにもらうといっただろ ジョン
どう足掻いても お前はごみ溜めで死ぬのがお似合いだ」


リディアに振り上げられた剣から庇おうと、エドガーは腕を負傷してしまいます。
ステッキから振りぬいた剣でハスクリーのサーベルを跳ね飛ばすエドガーがかっこよかった!
「身を挺して庇うとは やはりあの男は後継者には相応しくない」
ユリシス@宮野さんここで登場ですか!!
物陰からエドガーたちを見つめるのがいかにも怪しいですね、って公式じゃもう出てる
けどまだまだ先ってことで…プリンスの策略がわかってから顔見せかな??

ハスクリーの追手をまいて逃げたリディア達は空き家に隠れました。
姿を消して隠れていたニコもリディアの傍に戻ってきました。
リディアは、自分を庇ってエドガーが怪我をしてしまったことに負い目を感じて、強盗殺人犯だとわかってもその場から離れられないんですよね…同情を買うためにしたことだとしても、そのまま放り出していけないのがリディアのよさですよ。でも、そんなリディアを心配してニコは妖精秘伝の眠り薬を渡します。

「人を騙したり、脅したりするのは得意じゃないの?ロード・エドガー
それともサー・ジョン?」

そんな中、エドガーは自分の過去を話し出します。
12のとき、反逆を疑われ両親とともにその名前の少年は死んだというエドガー。
その後、白人奴隷を欲しがっていた男に売られ、その男の下を逃げ出してからゴミためにいたエドガーは、下町から逃げるため、生きるために何でもしたというのです…

「ただ 何処に逃げても奴隷の刻印は付きまとい 追っ手の影に怯え続けた」
ああ、なんだかシリアス全開になってきましたね…
深刻な話をしながらふざけたこともいうのがエドガーのいいとこなのに(マテ)

リディア達を追ってきたハスクリーという男は、本当はゴッサムという名前で、人体実験の材料として犯罪者の脳を利用しようとし、絞首刑にされる前に金でエドガーを買い取ったのですが、ゴッサムにとっては相手が悪かったということですね…
そんな良心を持たない人間がいることに驚きを隠せないリディア
「人は どんな残酷なこともする生き物なんだよ」
自分がしてきたことを思っていったのかな、なんだかしんみりしました…

「反逆の烙印を押された家名を取り戻して何になる?例え偽者でも 僕には大きくて
存在感のある名前が必要なんだ きっと偽者を本物にしてみせるよ」

だからそのために、青騎士伯爵の宝剣が必要なんですよね…

意を決したリディアは、火にかけてあった鍋からお湯を掬い取り、ミントの葉とニコから貰った
薬を落とし、エドガーに手渡しますが、エドガーにはばれていました。
「こういう極悪人を刺激するのは危険だ 命がいくつあっても足りないよ
人を言いなりにする方法なんていくらでもあるよ 世間知らずのお嬢さん
自分が息をしていることすら許さないほどの絶望なんて 想像もできないんだろうね」

黒エドガー@緑川さんボイスにドキドキ!!(*´Д`*)
でもこの言葉はエドガーの過去が伺いしれますね…
とリディアを脅迫したと思ったら、行かないでくれと懇願するし、困っちゃいますよね!

「どうしても行くというのなら 僕はここで死ぬ
最後の希望が消えるなら 生きていることは苦しむだけだ」


「目覚めた時に運命が決まるわけだ 君が目の前から消えたなら 僕の命はそれまで
――おやすみ 僕の妖精」

僕の妖精って言っちゃった―!!(笑)
これ以来所々でこの台詞使いますよね(コラ)
そんなエドガーが夢の中で見たのは、多くの仲間が死んでいく姿と、助けられなかったアーミンですよね…

目覚めたエドガーは「おはよう リディア」とキラキラオーラでリディアに朝の挨拶♪
あえて嬉しいという笑顔が非常に胡散臭いんですが(笑)
「でも 君は僕を見捨てなかった
ねぇリディア 僕のみを案じてくれてるととってもいいのかな
力をあわせて きっと宝剣を手に入れよう
君がいてくれたから生きてるんだよ 命の恩人だ」

あはは、もう話なんて全然聞いてないですよね!
こんな歯の浮くようなことを照れずに他の女性にもいってるんだからそりゃ原作のリディアも
素直になれないでしょう(≧ω≦).

EDは主要キャラのサービスカット満載な裸祭り!!(マテ)
…あの、皆さん腰が細すぎます(*´Д`*)
ニコはその中の癒しでしたが、ポールはなんでそんな色気満載なんですか??
苦悩してるような表情にドキドキですよ~もしやこれは中の人効果(ry
あ、でもやっぱり一番注目してしまうのはケルピーです(オィ

Cパートはカールトン教授を呼び出すゴッサムの姿が…
杉田さんボイスがまたしても聞こえるんですが(笑)
また会えたら嬉しいよ、なエドガーのキラキラアイキャッチにも爆笑です(コラ

次回「メロウの島」

テーマ:伯爵と妖精 - ジャンル:アニメ・コミック
伯爵と妖精    Comment(4)   TrackBack(20)   Top↑

2008.10.15 Wed
図書館戦争 状況♥♥「恋ノ障害」
図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻
(2008/10/01)
井上麻里奈前野智昭

商品詳細を見る


今回は堂上と郁のラブラブっぷりはあんまり見れませんでしたが…
かわりにテレビ未放映分の小牧と毬江ちゃんのお話♪
某所でこっそり見ちゃいました~相変わらず甘い雰囲気がいいですねヽ(´∀`*)ノ
それにしても相変わらず麻子@沢城さんがカッコイイ!
男だったら麻子と付き合いたい~(コラ)

テーマ:図書館戦争 - ジャンル:アニメ・コミック
その他    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2008.10.14 Tue
BLEACH 190話「ウェコムンド編、再開!」
新OPキタ――!!Aqua Timezの曲やっぱいいですね♪
陰影のつけ方が何となくグレラガのアイキャッチ風に見えたのは気のせいでしょうか?
…てかOPにネリエルの姿が(゚Д゚ノ)ノ
ああ、藍染さんはOPでも相当黒いです、黒さで後ろのギンちゃんが霞んで見えますもん(笑)
仮面の軍勢のメンバーもありましたよ!本当にメンバー勢ぞろいって感じですねぇ~
夜一さんの横で帽子をくいってやる喜助さんがかっこよかった!

…ん?本編は今までのおさらい?
ていうか半年ぶりだからかアバンも含めてやたら長いんですけど―!!(苦笑)
Aパート丸々使うとは…大胆な引き伸ばし作戦にでましたね
やる気があるのかないのかわからないサブタイといい全く…(コラ)
皆現世や尺魂界から32巻の終わりにいた場所まで飛ばないとならないので大変ですよね(ぁ
多分このパートの間に皆さん移動したんじゃないかと(笑)

まぁウルキオラ@浪川さんとグリムジョー@諏訪部さんが見れたのはいいですけどね!
「やれやれ 両手を使っても止めきれんとは 今のが全力か?ふ 残念だ」
久しぶりのウルキオラ@浪川さんの「やれやれ」がいい!!(コラ)
長髪グリムジョーも見れたので満足です、一護にやられちゃいましたけど(ぁ

織姫を抱えて下に下りようとする一護の急所を物凄い勢いで殴ったネルが!(大笑)
「たとえ重くてもそこは軽いって答えるべきっス!たとえ重くても!!」
ちょ、ネルが一番連呼してるんじゃないですか~!
でも一護が虚化をといた途端戸惑ってたことなんか忘れたように振舞う織姫にはやっぱり
感情移入できないですね(汗)

チャドとルキアを助けに向かおうとする一護の前に、傷だらけのグリムジョーが立ちはだかります。
…見てるだけで痛々しいよ(。´Д⊂)
「俺が…敗けるかよ…俺が…てめぇなんかに…敗けるわけがねぇんだ!!」
「…もうやめろグリムジョー てめぇの敗けだ てめえが王だかなんだか知らねぇが
気に喰わねえ奴を片っ端から潰して…一人だけで王になって…
そんなもんの何が楽しいんだ…!
俺のことが気に喰わねえなら何回だって戦ってやる…だから 今はもう止めろ」


戦う力の残っていないグリムジョーをノイトラの聖哭螳蜋が襲います!
「…往生際が悪りィんだよ さっさと死ね 死神は俺が貰う」 
神奈さんもお久しぶりです~(コラ)
グリムジョーが生きていることを確認したノイトラは、とどめを誘うと鎌を振り上げるのですが
そこに一護が割って入ります!

「名は何てんだ?死神」
「…黒崎 一護」
「黒崎か 憶えとくぜ てめえが死ぬ迄の ちょっとの間だけだがなァ!!!」

弾き飛ばされた一護を心配して駆け寄ろうとした織姫を取り押さえたのはテスラ@中村さん!!
もっとしゃべってください(コラ)
あぁ、こういう悪役キャラな神奈さんはいいですね~ホント(笑)
5の階級を一護にみせたノイトラは斬魄刀を振り下ろし…

一方、ザエルアポロのお着替えタイムの間に逃げる石田と恋次達!
「おかえり さて そろそろ第二幕といこうか」
散歩は楽しかったかい?な台詞はなかったですね!
…散歩といえないぐらい長い間どこかへ行ってましたし(笑)
やっぱり鳥海さんのザエルアポロは最高です~ヽ(´∀`*)ノ
久しぶりだったので破壊力も凄かった(*´Д`*)
来週からの気持ち悪いザエルアポロは放送大丈夫だろうか(汗)

新EDもなかなかいいです、曲はちょっとおいといて(マテ)
ポーズとる乱菊さんが艶やかだけどなんだか笑ったり、シロちゃんが可愛かったり♪
ところで、りりん達がEDにいましたけど出番あるんですかね?(笑)
ギンちゃんがEDにも―!!(コラ)
後ろにいたグリムジョーもカッコイイ!!影がちゃんと斬魄刀開放状態に(!)
悪乗りする一心さんと喜助さんが面白い!

☆次回予告☆
「次回は僕のスーパーイリュージョンをお送りするよ
魅惑のザエルアポロワールドを楽しんでくれたまえ」

「だったらこっちは石田を使った切断マジックで受けてたつぜ!」
「仕掛けは準備してあるのか」
ねぇ!!」
ちょ、恋次ってばそんなきっぱりといったらやっぱり勝ち目ないってことじゃないですか(笑)
それにしても鳥海さんの言い方の怪しいこと…翻弄されっぱなしですよ~♪

☆死神図鑑ゴールデン☆
第一弾はアランカル大百科だと思ってたのですが…(ぁ
今日から大人の時間で放送時間が変わってるから、タイトル変更しないとまずいという花太郎!
…いや、後ろで※大人の都合で前回からですって書かれても(笑)

「どうせ俺様の出番なんていつになるかわかんねえんだ テメェも同じだろ」
「…言えない もうじき僕に出番あるなんて…」
あはは、たしかにコン@真殿さんもお久しぶりですよね~!
出番があるとあえて言わない優しい花太郎も可愛いじゃないですか!
って、出番があるといってもそんなに台詞は…(コラ)

http://dreamin-planet.air-nifty.com/blog/2008/10/bleach1901740-c.html

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(8)   TrackBack(14)   Top↑

2008.10.13 Mon
SOUL EATER 28話「剣神立つ~味は甘いかしょっぱいか?~」
新OPいつからですかね~あ、曲はTommyに決まったようで♪
本編で流れてたのがもしかしたらそうですかね?
そして今週はミフネ@津田さんがカッコよかった~!*:・゚☆d(≧∀≦)b

アラクネ一味は魔道具「道徳操作機」の開発を行っていました。
試作品は完成間近であり、ギリコはモスキート一人に任せて大丈夫なのかと思っているようですが…
「生きながら既に伝説 剣神とも言われている男」
用心棒に雇ったから心配ないというアラクネ!

アラクネの術によって身動きのとれないマカはソウルに面倒を見てもらっていました(笑)
みんながいるところであーんって食べさせてもらうのは恥ずかしいですよね♪
赤くなるマカが可愛いなぁ!
シュタインが診察したところ、あと数日で魔法は解けるそうですが、それまで何をされても抵抗できないってことですね(コラ)

早く治るようにとマジックでサインとひげをマカの顔に落書きするブラック☆スター!
「お前のアキレス腱をずたずたにしてやる」っていうマカもどうかと( *´艸`)
で、キッドは何やってるんですか??
薬棚を左右対称にして一人満足…って全然関係ない!!(笑)

ちょ、いきなりシュタインの半裸にドキドキしちゃったじゃないですか(コラ)
健全な魂は健全な肉体に宿るってことで禁煙も決行?シュタインには無理そうだ(ぁ
狂気を抑えるために精神統一の修行をしているようですが、そんなシュタインの前にもメデューサが語りかけます。

「恐怖心をなくすのは無謀なこと これも死武専の教えでしょ
人に嫌われたくないからいい人間になる 強い人間になりあたいから脆弱に足る力を求める 恐怖心が規律を作る だけど 恐怖の数の方が、実際の危険の数より遥かに多いものよ 恐怖の目で未来を見るのは あまりにも危険だわ」


現状維持の規律を守るため、死武専は有能な人材を集め力を持ちすぎているというメデューサは、例え神の規律であっても矛盾が生まれることを指摘します。シュタインによりかかって体の汗を拭う仕草が工口いんですがΣ( ̄ロ ̄lll)

「この世が現実であるかぎりなら 守りの盾より攻めの矛を私はとるわ
それは貴方も同じでしょ?ねぇ シュタイン?」

このままだといつ狂気の発作が起こるか不安ですね…
シュタインは我を保っていることができるんでしょうか(><;)

魔女アラクネが率いるアラクノフォビアの研究施設を発見した梓は、そこで魔道具が
開発していることを突きとめ、開発中の魔道具の内容と目的、それを破壊することを
シドとナイグスに頼んだようです。その魔道具とは、歴史に名を馳せた大魔導師エイボン
の技術が投入されている可能性があるのだとか…
その話をこっそり盗み聞きしていたブラック☆スターはマカの敵討ちのため独断に行動!
壁を壊すブラック☆スターにドキっとしましたよ(^^;)

そしてこの魔道具が冒頭でいっていた道徳操作機ってわけですね。
これによって人々の道徳観念を捜査し 少ない狂気でも狂気行動を起こさせる代物。
「小さな魔女の身柄と引き換えに 用心棒とは気に食わぬか」
「俺は アンジェラの身を守れるのなら なんだっていい」
ミフネキタ―!!
相変わらず津田さんボイスがカッコイイです♪

研究施設へと向かったシドとナイグスは早速潜入!
梓は魂の共鳴をすることで千里眼を発動し広範囲の索敵が可能なんですね^^
共鳴した相手を媒介として半径50メートルしか見れないそうですが、十分な能力ですよね
梓が見たところ、魔女の魂一つと老いた化け物の魂、物凄く強靭な魂の反応がありました!
…老いた化け物ってモスキートですか(笑)

そんな中侵入者のアラームが鳴り響きます!
正面玄関に走る敵…梓が索敵すると、そこには案の定ブラック☆スターの姿が!!
そして応戦するために用心棒のミフネが現れます。
「何故だ 俺は子供を アンジェラを守るために刀を振るってきた
なのに何故 子供のお前がまた俺の前に立ちはだかる」

ついに因縁の対決再びですね!

持っている刀を一本残し、全てを投げたミフネ!
一本一本の刀から威圧感を感じるほどのブラック☆スターですが、ミフネの攻撃を
まずは止めます!
「刀の動き一つでわかる 成長した これだから子供は」
ちょ、こんなところでもそんな冷静に相手のことを見てるんですね~
って、ブラック☆スターが子供だからか(笑)

「俺様は一回お前に勝ってんだよ 偉そうに語るんじゃねぇ!」
「ミフネは子供好きだから お前みたいな子供相手だと本気で戦えないんだもん!」
「いくら相手が子供だとしても 二度同じ相手に負けるわけにはいかない」

鎖鎌モードになってミフネに攻撃をかけるブラック☆スターですが三刀撃ちで避けられ、
柄の上に乗って走ったミフネに鎖を押さえられ、切りかかれたところを椿が煙球でカバー!
そして妖刀で斬りかかります!
それを見ていたモスキートが椿が中務家のものであることを知り、興味津々。
…これから椿が狙われる展開になったりしないでしょうか(汗)

モード妖刀のブラック☆スターを簡単に押さえ込んだミフネ、カッコイイ~!(マテ)
ゴメン、今回はブラック☆スターじゃなくてミフネを見ちゃいましたよ…
しかもまた手加減されてるし、ホント子供好きですね( ̄▽ ̄;)
「マカの敵は絶対討つ 仲間に手を出すやつは 絶対に許さねぇ」
「そうか すまなかった」
自分がしたことでもないのに、原因がこちら側にあるとわかって謝るミフネが優しいですね。

そんな優しいミフネが、なぜ魔女アラクネについているのか――?
「貴方のような武芸を持った優しいう人が 死武専生の教師になっていただけたら…」
「何!?俺を教師にと?」
ちょ、ミフネってばそこで反応ですか、可愛いなぁ!!( *´艸`)
一歩間違うとロリコンに入っちゃいますよ、その妄想は

「無理な願いだ …アンジェラを誰が守ってやるのだ」
アンジェラとミフネの過去はちょっと泣きそうになってしまいました;;
マフィアの用心棒についていたミフネは、ある時魔女を奪うか殺して欲しいとの命令を
受けたのですが、その魔女がまだ子供のアンジェラだったことから組織を裏切って二人で
安息の地を求めていたんですね…子供を安心させるために、いつも飴を持ち歩いているミフネは…なんでそんなに優しくてカッコイイんですか(。´Д⊂)

だから死武専にいけるものなら行きたいけど、魔女のアンジェラにとっては敵地…
だからアラクネについていればアンジェラに危険は及ばないと考えて庇護を求めて
アラクノフォビアについたんですね…

「人間の息のかかった社会では アンの安息はない
アラクノフォビアの保護が何としても必要だ すまない」

その最後の一手を突きつけるミフネの前に銃撃が!
掠めてもスキーとに命中、ちょ、振り返って銃弾を弾くミフネがカッコイイんですが(笑)
モスキートはあれだけ身体が破壊されても他人の血を吸えば復活?するってことでしょうか
鼻がのびて蚊みたいに吸ってるとこはちょっと笑っちゃいましたよ(ぁ

狙撃をしたのはシド!でもそれを操ってるのは梓でしたが、10キロ圏内なら誤差
一ミリ以内ってどれだけ凄い狙撃能力ですか(゚Д゚ノ)ノ
って、それに反応してシドたちの場所を把握し死角に入ったミフネも凄すぎですけど(汗)

「お前は強い そのまま前を見て進めばいい
そして椿の中のもう一つの存在を理解しろ
すれば妖刀も答える 俺は刀には拘らないが、よい刀を持ったな」

「当たり前だ!」
「呪いで苦しんでるお前の友人に こいつを渡してやってくれ」

ブラック☆スターにアドバイスをして去っていくミフネがカッコイイですね!
勿論、椿のことを理解した上で当たり前だって答えるブラック☆スターもいいんですが♪
成長したブラック☆スターは、きっとミフネの強さをわかっているんだけど、
だからこそ逃げずにミフネと再戦したかったんだろうなぁ…
今回は勝ち目はなかったけど、ミフネの言葉を頭において修行すればその先の可能性は
無限大にありそうですよね、なんてったって子供だし(笑)

その後、死武専へ戻ったブラック☆スターはマカのお見舞いに飴を渡して帰りました。
「どこかの甘いお侍さんからだよ 飴だけにな
気張って襲撃かけて 結局見舞いのパシリかよ 俺様を何様だと思ってやがる
……あ~あ しょっぺえな…」

ミフネがあげた飴は昆布味でした…
ブラック☆スターはまだま強くなる、けれど妖刀モードを使いこなさそうと無茶しないと
いいですけど…(苦笑)

次回「復活のメデューサ!~蜘蛛と蛇、因縁の再会?~」
ちょ、メデューサ早くも復活ですか!そりゃ生きてるとは思いましたけど…
次回はミフネとアンジェラが遊園地にいく話!?
お姉ちゃんだってつるぺた子供体形だよ?って言われて切れたマカが(笑)


http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-208.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2008/10/post-9066.html

テーマ:SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル:アニメ・コミック
SOUL EATER    Comment(19)   TrackBack(37)   Top↑

税金