アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
09 ≪│2006/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2006.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.11≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「 2006年10月 」 の記事一覧
2006.10.31 Tue
DEATH NOTE5話「駆引」
今回、page.8~10まで一気にいきました。

ユリとスペースランドはあっけなくカットされてましたね。
にしてもアニメの南空ナオミは何だか幼い。もうちょっと美人に描いてほしかったです。
「関わらないほうがいいと判断して見届けなかった」→「見届ける暇はなかった」
になってました。
見届ける暇がないっていうのもな…ライトとあんまり関わっていたくないから早々引き上げたって感じですけど。

あれ、ライトの「顔の入ったファイルを~」っていうのはなかったですね。これなくてもわかるっていえばわかるんですが。
わかりやすくするために、レイ・ペンバーを殺すという話を先にもってきましたね。

原作では、レイが電話して部下からファイルをもらうんですが、アニメではメンバー全員を把握しているレイの直接の上司の名前を、一番上の穴に書く→パソコンを開けば、その上司から、日本に入ったFBI全員の顔と名前が入ったファイルが送られてくる、つまりそうするようあらかじめ、ライトがデスノートにそのように記入してたんですかね。
そのあとの流れは同じでしたが…そうした方がレイが何処にも連絡することがなく死ぬから証拠も残らず安心てとこでしょうか。でもまあ、かえた意味はあんまりなかったような気がしないでもないですが…

ところで、死ぬ間際にあんな風に倒れるんだろうか。心臓麻痺だったら、うっ!ってなってそのまま、ですよね?あんなわざわざ裏を見るようなことするだろうかとか思ったり(原作よりアニメのがかなり不自然な倒れ方ものだったので^^;)ま、FBIだから電車の中に犯人がいるかもしれない、っていうことで見ようとしたのかもしれませんけど。

長官からLに、日本で捜査しているFBIが全員死んだとの知らせが日本からきた、といったあとのファイルのことのやりとりがありませんでしたね。
しかも局長、FBIの長官と話したあとにLにすかさず連絡。
ここも原作ではなかったところですよね。

L=キラとかそういう話はなかったですね~
相沢と伊出が妙に喋るな~特に相沢!
にしても捜査本部の声優さん豪華☆

相沢→藤原さん(ヒューズ中佐)
模木→中井さん(ゾロ、土方さん)
宇生田→木内さん(忍足)

ですもんね。豪華すぎ!
あと、レイの声は石川さんなんですよね…ちょい役なのに(ちなみに鰤の浮竹さん)
他には南空ナオミの声がシカマルのお母さん(ヨシノさんだっけ?)なんですよね。ちょっと笑いました。

Lの言葉が微妙に減ってたり話が前後してますけどアニメの展開もなかなかいいですね。
ドアコンコンてやって入ったところで終わっちゃったよ~
お楽しみは次回に持ち越し(!)です。

次回「綻び」
南空ナオミVSライト!Lもやっとこさ登場です。
スポンサーサイト



テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.29 Sun
30話「決壊ギリギリ、ナナの心」
最初はナナVerハチと出会ったときの回想ですね。
「アンタは覚えちゃいないだろうけど、広い庭のある立派な家も、私は本気で建てる気だったんだ。」
ってナナ…そこまで。
思えば、つくづくあのときナナはヤスも東京に来て欲しかったんだなあと思いました。
東京にも弁護士事務所はある、けど此処でも歌は歌えると返されてしまったときのナナの表情が切なくて痛かったです。きてほしい、といいたいけどそれは自分のエゴだ、だから言えない、ヤスが行くとさえ行ってくれれば嬉しかったのに…とそんな気持ちだったんじゃないでしょうか。

花火大会の日は台風で大雨…ハチの浴衣姿カワイイなあ。
寂しがってるハチを見て、ノブに「来い!」って強気で言っちゃうナナ大好きだー。
ハチの浴衣想像してシンまでついてきちゃった~
着物と浴衣の違いがわからないシンちゃんも可愛いですv

ハチてペットみたい、よくいえばマドンナか。
ハチがいるだけでまわりが明るくなる、ってたしかにそうですね。
一挙一動を見て、ナナは心がかき乱されてる…って、それってハチのこと好きってことじゃ。友情以上恋人未満、みたいなもんなんですかねえ。でもレズってわけじゃないだろうしレンいるし。ナナは重く考えるんですね、一つ一つを大事にというか。
レンはその感情に対して嫉妬とかしないのかなあ。まあ相手が女だからかもしれないですけど。

より戻すつもりなかったのに通い妻みたいなことしてんだっていいながら自己嫌悪しつつもレンに抱きしめてキスされたらもうどうでもよくなっちゃうのって、やっぱり惚れた弱みって奴ですよ。ん~、ハチに対しての感情とレンに対してはやっぱり別物だ、きっと。

シンちゃんと美里が話してるの見て、この二人が付き合ってたら面白いなあとか思ったんですけどないですよね(笑)

ハチ、デパートのトイレで妊娠検査薬で調べちゃったな・・・わかっちゃいたけどやっぱり妊娠てねえ…と思いました。

NANA    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.26 Thu
NARUTO207話「封じられたはずの力」
今日で八雲話はようやく終わり…無駄に長かった気がするのですが。

炎に包まれたキバを救ったナルト、なんですけどここ!キバにのっかかってるんですけど!?
大の字になったキバに覆いかぶさるようにして!オイイイイとか思ってしまいましたよ!
大きく肥大した大脳を持つから幻術から逃れることはできない、ということで蟲を中にいれたシノ。

中では八雲が紅の身体をどんどん消しています。
「貴方が憎むべきなのはこの私だけ」
八雲は三代目と紅が鞍馬一族を滅ぼそうとしているのを聞いた、といいます。

ナルトは影分身で自分をぼこり(笑)、気絶させ中に放り込むという作戦に出ました。
ナルトが雲海に聞いたことを八雲に話します。
本当のことをしらない八雲に話すとなると、どうなるんでしょうね。
力が暴走しだすとか?

「はあ~」
ってガイ!そんなこと言ってる場合じゃないよ!
炎の中に浮かぶ般若のような恐ろしい怪物の姿、=八雲の中にいる怪物なのでしょうね。
つまり、あの火事ももしや八雲がやったのでは?
「八雲、貴方は知らない、何も知らないのよ!」
とか言ってるあたりきっとそうですよね。

どろどろ流れる中から現れたのは、あの日の火事の絵。
親に期待を一心に背負ってやってきたのに、幻術の力を封じられて忍を諦めろって言われたら、悔しいでしょうね。
それが、八雲の中のものを呼び出して、両親を殺したってことか。
ありそうな話ですよ…
で、自分は自分で親は殺されてたって思い込んでたわけですね。

八雲は自分が殺したと知って、自殺しようとしますがその手を絵の中の八雲がとめます。
精密検査の結果、八雲の深層意識が作り出したイドの怪物だとわかった。
全てを消し去るかもしれない、深層意識は鞍馬一族、もしくは木の葉の里を消し去るかもしれない、だから雲海は八雲を抹殺してくれと三代目に頼むのですが、三代目は承服しなかったのですね。危険性はあるというだけで、罪の意識のない焼くもの命を奪うことは出来ない、と。三代目らしいなあ。
だから、八雲自身に制御する力を身につけさせるか、能力を封印させるかしようとしました。

「かつて九尾の妖狐を一人の若者を使い封印した伝令がある」
雲海は八雲を封印できるような力を持つ強い術者がいない、いいますが、それをなせるものがいるかもしれない、ということでそれを頼んだのが紅さんだったわけですね。でもそれはかけで、八雲が自分自身の力を制御できるようになればいいが、もし出来なかった場合はその力を封印しなければならないわけで、鞍馬一族にかわり、八雲の恨みを受けて生きていかなければならないからずっと辛いことだと。
紅さんは自分のことを犠牲にして八雲を守ろうとしたんですかね。

八雲の深層心理に入った紅さんを見てて思ったのですが、なんか前サスケも九尾にふれてましたよね。
てことは、紅さんと同じようなことが出来るようになったサスケって…やっぱすご(笑)

ナルトが必死に応戦しますがイドの怪物の口から出した炎にまかれます。
八雲に、怪物を倒せるのは八雲しかいないと言います。
「現れた獣の力は自分の意思とは関係なく思わぬ力を発揮して、まわりのものを思わず傷つけてしまうこともある。だが、その獣を制御し、自分の力でコントロールできるとすれば、それは素晴らしい力となり、夢を叶えるために働いてくれる」
って九尾のシーンが。ナルトのことですね。
まあ自分で思いのままに動かせることが出来れば、それは自分の力に成りえますが、それがなかなかうまくいかないからナルトも苦労してるんですよね。

静まれ、心の闇っていってパレットを手にとり鬼の頭に刺すと、鬼は消えた…ってそんな簡単に消えるんですか!
九尾でもそうはいかないよ。
八雲の術で紅さんの身体元に戻りましたが。
それだけの力があるなら、普通に修行してれば力の制御とかそういうのできたんじゃないですかね。暴走する前に。
どう考えてもイドの怪物は九尾より力弱そうだし。
ま、これで一件落着というわけですか?
ナルトもさ、中の九尾何とかしなきゃね。そのためには少しでも早く二部に突入してくださいぃ。

あれ、EDの最後ナルトが二部の衣装に…なりましたよね?
前からなってましたっけ?もしや今更気づいた?
あー早く二部入れ!

次回「名器 花鳥風月の重さ」
キバとナルトが二人組みで?ギャグの一話完結ものっぽい。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.26 Thu
銀魂28話「いい事は連続して起こらないくせに悪い事は連続して起こるもんだ」
今日はホント近藤さんがいっぱいでウハウハです!
そしてオールキャラっていうかレギュラーがいっぱい出てきましたv

朝から近藤さん天気予報見てる~!
乙女心と秋の空じゃなくて女心ですよね…(笑)

「乙女座で、顎鬚をたくわえ、今歯を磨いている方、今日死にまーす。幸運を切り開くラッキーカラーは赤。何か赤いもので血にまみれた体を隠しましょう」
て!
横で見てた総吾、心配して近藤さんに赤褌…
土方さんまで赤いマフラーもってきちゃった!
やばい、カワイイよ近藤さん!心配されてるよ!!!土近大好き!(オイ)
いきなり松平さん登場。強烈すぎるキャラだ…凄すぎる。
3秒以内とかいいながら1秒ですぐ銃で撃ってしまいますし。

どうやら、松平さんは煉獄関に手を出したということを知って近藤さんに文句言いにきたみたいですね。
まあ近藤さんにあたるのは八つ当たりというかそんなもんでしょうけど。
近藤さんだけ煉獄関の一件知らなくて、蚊帳の外でちょっと可哀想だ…

天道衆に呼び出された松平さんと近藤さん。殺されるのかと心配する近藤さんですが、さすがに向こうも公に殺すわけにはいかないから(そうすると煉獄関に関わってるとばれますからね)、この移動中二人揃ってるときにこっそりと殺されるかも、という話になりました。
「おうち帰るー!こんなおっさんと死ぬのいやだー!!死ぬならお妙さんの膝枕で死ぬー!!」
って颯爽と逃げ出そうとしてるし(爆笑)
「楽しくHに生きたい」とか本能のままですね近藤さん!そんな近藤さんも可愛ラシィ☆

呼んどいて殺すってのはなしだって聞いて一回中に戻るんですけど、松平さんが乙女座って聞いてまた暴走しだしました。
ああ可哀想…

急ブレーキでぶつかった車の相手はマダオぉぉ~!
松平さんはなぜか殺し屋確定して車ぶち抜いて爆発させちゃったよ。
マダオ生きてるかな…いや死にゃしないだろう(笑)
グラサンかけた人=殺し屋なのだそうですよ、松平さんにとって。
って、いきなりさっちゃん乗車!
さっちゃんになでられてちょっと照れてる近藤さんカワイイ~!
やっぱり美人さんが好きなのね(笑)
車の前にエリーが…!は、はねられたよ!
エリーはねたよ!?(爆笑)しかもそのまま放置。
さっちゃん、命令して縛っていいのは一人だけ、ってそれ銀さんでしょー
トラックの横に桂さんきたー!爆弾もってやってきた。
殺し屋っていうか明らかに恨みでしょあれは…エリーの敵討ちですね。
マダオよりエリーのが危ないかもね…
松平さん飛ばしすぎて電柱ぶつかって自損事故起こして車おじゃんにしてしまいましたよ(アレ、そのまま放置?)

足がなくなった近藤さんたちはモザイクかかった自転車こいでる人をのチャリ奪います。
え、なんでモザイクかかってんの?(笑)
さっちゃんと近藤さんのケツが近いんですけど。
耐え切れなくなったさっちゃんは近藤さんにクナイで…(爆

横断歩道で待ってるとお登勢さんとキャサリン。
松平さんソレ見て殺し屋って…なんかどんどんすごいことになってるんですけど。まるで北斗の拳みたいなイメージになってますよ。
でもお登勢さんに「自転車は車道とおりな」って凄まれて終わり。怖いよーお登勢さん。そして弱いよ!松平さん(笑)

ハタ皇子カラーひよこ全部買ってる…
「すいません。私だけは助けてください」ってじい卑怯者だ!(わかってるけど)

ハタ皇子達の車奪った松平さん、近藤さんに運転させてるのですが、お妙さん見てとまってしまいました。
うしろで新八がすごい顔してるんですけど。

動物にこにこ皆殺しって、近藤さん死んじゃうよ。
銃弾が掠ったこと「惜しい」って言ったー!
神楽ちゃん何してるのー?また変なところに入り込んで。

荷車でいくことになった近藤さん。自分でゴリラ言っちゃったー
しかも桂さんまた追いかけてきましたよ。
爆弾受け取ったさっちゃん、冷静に言ってる場合じゃないよ。

「行くわよ、みんな伏せて…」
って投げようとしたところで銀さん見つけててはなしちゃった。
銀さんは自分の鼻くそが原因か?って変なこと言ってるし。銀さんはあそこで一人一体何してたんですかね。気になる…

何とか待ち合わせの場所にたどり着いた松平さんと近藤さんですがもうぼろぼろですね…
結局今回は軽く注意されるって感じで終わりました。よかったよかった。
「次はばれないようにやるさ」の近藤さんちょいとかっこよかったですね。

あ、でも帰りにお妙さんに会って空手チョップ頭に食らわして半殺しに…(苦笑)
今日は近藤さんオンリーで終わってしまいました。

次回「テレビとか新聞とかちゃんと見ないとダメだって」「慌てるな!クーリングオフというものがある」
銀さん達いっぱいだー本編は無修正版ですとか出た!

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2006.10.24 Tue
DEATH NOTE4話「追跡」
今日で一巻終了~!

死神界の様子が映るの久しぶりですね~
アラモニア・ジャスティンとかその他大勢(笑)、いっぱいいましたv
こういう風にカラーで映るとなんかいい感じですよね。

リュークとの目の取引は断固拒否。ここでもしライトがリュークと取引してたらまた違った結末になってたかもしれませんが、ライトは少しでも長くキラとして世界に君臨するためにやめたんですよね。よかったのか悪かったのか…ライトの寿命が実際はどれぐらいだったのか、知りたかったです。

「もう前もって言っておくことはないんだろうな、死神リューク」
からあとのやりとちは全部ベッドの上…
原作だと椅子に座ってますけどね(笑)
死神界の説明がこのあと入り、それでそのあとリュークのような死神が千年に一度でも~の台詞が入りました。
「ライト、お前はものすごくプラス思考なのかもしれないな。」
「当たり前じゃないか。前向きじゃなきゃ、デスノートを使って自ら世界をよくしようなんて思わないよ」
このへんは前のpage.5のくだりですね。

ライトはストックしておいた犯罪者を使ってテストします。
それを聞いたワタリからLへ連絡が。
Lはその内容を見てキラが犯罪者を使って何か実験していることに辿りつきます。

物理的に不可能だったり、本人の知らない情報や考えもしない行動は 実行する事が出来ない。
「いくらデスノートでもありえない事は出来ない。しかし、その人間がやってもおかしくない範囲の行動なら、いくらでも動かしてから死なせる事が出来る」
これが何でも出来るんだったらもっと混乱したんでしょうけど、こういう風に出来ないこともあるっていうことがリアリティが出ていいんですよね。

あれ、中岡字の事件は取り扱われませんでしたね。いらないってことなのかな…(コンビニ強盗、逆に店員に刺され死亡ってやつです)

ユリをスペースランドに誘うライト。ユリは原作のがカワイイなあ。
「ゴメン、待たせちゃったかな」
とかちょっと台詞が違うところが(笑)
ユリに寄り添われてちょっと困ってるライトも面白かったですv
ユリの家族まで調べる必要は~はなかったですね。
ライト達がバスに乗ってる間(恐田が乗るまでですが)ちょっと場違いの爽やかな曲が流れてるんですけど、何でしょうこれ(笑)

恐田、電話をぶっ壊すという暴挙にまで出ましたよ(笑)
こういうオリジナルはいいなあv
「あれ、その喋り方日本人ではないですね~」がなかったですが。
うーん、たしかに綺麗な日本語ですけど…顔も生粋のアメリカ人っていうわけでもないですけど!
そこ惜しかったっていうか入れて欲しかったです。

レイ・ペンバーの身分証明書を見てニヤリとするライト!
これも原作にないんですけどいい!(笑)
あ、そういえばレイの声石川さんですねvちょっとしか出ないのに(殺されてしまうから)なんて豪華なんだ~

デスノートの切れ端を使い、犯人にだけリュークの姿を認識させ、恐怖により恐田がリュークに対して銃を使うんですけど、銃弾がリュークの身体にめり込んだのが出てくるという表現じゃなくて、銃弾があくまでも貫通して後ろのバスの窓を突き破る、という表現になってましたね。やっぱりよくないのかな、気持ち悪いから、とか?(笑)
「ジャスト11時45分。全て予定通り…デスノートに狂いなし
次はあなたの番だ、レイ・ペンバー。」

次回「駆引」
次回はついにレイ・ペンバーが…南空ナオミも出ますね。
え、Lも出る!!ちゃんと局長達の前出て喋りますかね(笑)♪

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.21 Sat
29話「愛情表現の問題」
のっけからハチとノブのラブラブシーンですかィ。
ノブはホントに旅館やっぱり継がないのかなあ…
ナナってクラスで孤立してたんだあ。話合う人とかいなかったのかなあ。
ノブって結構人見知りしなさそうですよね。
ナナの高校生時代カワイイ。今よりちょっと髪の毛長いんですね。
レンとナナを引き合わせたのもノブ。レンは強い人間ではなかったけど、ナナに出会って救われたのかもしれない、とノブは言います。
「男は女を支えてやるもんだと思って、付き合う女の前では虚勢はってたんだけど、それが大きな間違いだったのかもしれない。」
ノブは甘えるのが好き、ハチも甘えるのが好き。
ずっと傍にいて支えてくれさえすれば幸せにしてくれるってことだったんですね。
ハチも甘えるの好きだからうまくいくのかいかないのか…
たまにはこういうのもいいかもしれませんけどね、新鮮で。
(あ、ちなみに私は甘えたい派です関係ない)

ナナにタクミ以外の誰といたの?って聞かれて困るハチ。
でもナナは言わずともわかってるよ。
例えタクミと別れてノブと付き合うことになったよって言ったとしても、きっとわかってくれると思います。

淳ちゃん達の展覧会でいちゃつくバカップルがいますよ。
たしかに二人いるとウザイかもしれん…
元彼章司!まだいたんですね~!(存在忘れてたよ)
「元彼さん、ジャクソンバーガーお待たせ」
って佐藤まで…
幸子とはうまくいってるみたいでよかったです。これで別れたとか言ったらますます可哀想ですもん(笑)
淳ちゃん曰く教祖様=ナナのことだそうです
普段は元彼並にしょうもないけど、ギターを持つと途端にかっこよくなるのだとか。
ナナにむかってノブが
「俺はギターさえ弾ければ幸せなんだ、お前の歌で」
それ聞いて淳ちゃんがおおおって!カッコイイですよね~!
「いえるか普通素でそんなこと!」
「寒くないところまで温度あげられないところがダメなの」
「どっちかっつーと照れ隠しで下げるたちだもんな」
ってこのへんのやりとりが好きだ~

普段は友達、いざといとき決め台詞言ってくれるってハチにはぴったりかもしれませんねえ。
「心から奈々の幸せを祈ってるよ」
ってそんなこといえるようになったんだ~章司!へえ~
家に帰って
「ゴメンね、ヴィトンのバッグじゃなくて、どうせダメな男だよ俺は」
って幸子に言うんですけど幸子はヴィトンのバッグよりジャクソンバーガーのがいいそうです(笑)よかったね章司。

章司はハチを好きな俺を好きかもってそれってあたってる!
章司も章司でかわいそうな人だったんですね。
ハチにいらないって言われたときは_| ̄|○てたんでしょうね…
ハチは自分が大好きな子だからしょうがないですよ。
ノブが浮気したらえらいこっちゃ!
淳ちゃんは泣いてすがりつくより弄り殺すっていうのがぴったりです!(笑)

レンはナナからタクミと別れてノブと出来たってことを聞いてるからな…タクミが荒れてるのを見てちょっと言ったりするのかと思いきや?放置でした。

ナナはノブの前で
「ハチ公を自分の庭で放し飼いにするため、一生どこにも逃がさないようにちゃんと見張ってろよ」
ってそのナナの言葉の真意は…?

ナナって結構貪欲っていうかハチのこと好きなんだなと思いました。
独占欲っていうか、自分が好きになった対象に対してすっごい過剰に反応するというか。
レンに対してもそうなんですよね。首に南京錠つけたり、自分の腕にタトゥーを彫ったりとか。
別れて2年たっても執着してるレンもナナに対して…だからどっちもどっち?それをお似合いのカップルと認めるハチがいいのか、それともそれを変だと思うシンが普通なのか、それは考える人によりけりだと思います。ナナが執着心凄いのは元々だし、レンもそうだし…元々自分が執着できるものが見つからなかったから他人に対してもどうでもいいって感じだったんだろうけど、本当に好きな相手が出来たから執着してる、って見えるんですけど私には。

シンはノブに答えを見せて欲しかった。
「男と女は所詮欲望の対象同士だろ?愛なんかで繋がれるのか?」
って証明できてよかったですねノブ!(笑)
「繋がれるんでしょ、愛で?」
「知りたきゃ、自分で確かめろよ」
「…僕には無理だよ」

シンちゃんにも運命の相手が見つかるといいですね。
いつか見つかるかな?

ヤスと一緒に契約の話してるのはシンの親です、よね。
息子を心配してるのではなくて、自分達他の家族にとばっちりがこなければ別にいい、と。
例え血の繋がりはなくても15年保護者として育ててきたのにそれはないだろう、と思うんですけど、愛情がないとこうも淡々なのかな。だからシンちゃんもちゃんと純粋に人を愛するってことが出来ないじゃないんですか?
やっぱり血の繋がりって大きいのかな、とも思いました。
生みの親より育ての親、ってよく言いますけどね(それとこれとはまた別な気がする)

NANA    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.19 Thu
NARUTO206話「幻術か現実か 五感を制するもの」
冒頭で絵を描いてたのはやっぱり八雲なんでしょうかね。
手元しかうつってなかったんですけど…
ナルトが八雲を背負い、そのあとを紅さん、サクラ、キバ達と続きます。
しかし、里に向かうと里がまるで大戦争があったかのように壊滅状態。
ヒナタが白眼で見るも全く人の気配もなし。
これってやっぱり幻術じゃないんですかね~どう見てもおかしいでしょう。

先に紅さんと八雲を病院に連れていき、それから調べることになったようです。
サクラ、手を見ただけで生態反応が狭まってるってわかるって凄いですね!
ホント成長したねーサクラ。
常に行動は三人一緒に、三十分したら必ず戻ってくること、ということを聞いてキバが、俺達に命令するのは紅先生じゃなきゃなって言うんですけど、そのときの顔がカワイイったら!!ふにゃってしてほっぺたぽりぽりかいてるんですよね。

ナルトとサクラは薬剤室に向かう途中、人影を見たので、サクラだけ病室に戻しナルトは人影を追います。
忍術が使えない、ってことはやっぱり…
体術で何とかするんですけどね。しかもやっぱり雲海だった。

「話を聞け、さもなくば全員死ぬぞ」
雲海は何か知ってそうですね。

キバ達が調べて見てる前で火影廷が崩れてきました。
ヒナタが白眼を発動してるとき、シノが蟲を一瞬見て、ヒナタに白眼を、キバと赤丸に嗅覚を閉じろと言います。
何者かの術中に陥っている、つまり八雲の術中ですよね。
木の葉の里全体が幻術、ナルト達もみんな閉じ込められている。
八雲の潜在能力が目覚めたとき、こんなことはたやすいのだそうです。

嗅覚や資格がどんなに優れていても、最終的に情報を処理し認知するのは脳。人間は複雑な電気信号を解釈する課程で誤りを起こすことがあるが、昆虫達は鋭い感覚だけで動くし、脳の処理する過程も違い必要最低限、だから蟲達は全然動じなかった、ということですね。

前回、火影廷が破壊されたのもそうだし、その気になれば人の命を奪うことも可能。
幻術でも脳が感じることによって自らの身体にダメージを与えることは出来る。つまり、感じることによってそれが偽の体感であっても被害を蒙るってわけですね。
いきなり破壊された家から蛇が出てきたんですけど、これ大蛇丸とかけてるのかと思いましたよ(笑)

大脳が作り出した恐怖の映像だそうですが、物理的な影響十分考えられると思うんですけどね…

サクラも、病室に戻るとそこは異次元状態。うーんこれは怖いかも。
足元がないんですもんね。

紅さんが八雲のベッドを確かめると八雲はおらず。
何代かに一人、特異体質を持つ人間が鞍馬一族に生まれる。八雲がそうなのだが、八雲はその能力を自覚しておらず、操ることができない。
つまりはその能力自体が暴走するってことですね。

暑さを感じたナルトがドアをあけると、下には溶岩の流れが。
これも幻術なんですか、でも溶岩に飛び込むと脳は現実の溶岩と判断し身体は燃え上がるそうで。
八雲を抹殺しようとしていたわけではなくて、八雲の中にある怪物を壊そうとしていた。
八雲の多きすぎる力は、いつしかその身に恐ろしい怪物を生み出した、放っておけば成長を続ける怪物は、八雲の意識を取り込み一つになろうとする。そう判断した三代目と紅はその力を封印しようとしていた…
「身体の中に怪物…」
ナルトは自分の中の九尾の力のこと思い出したんでしょうね。
ナルトも力をコントロールしないと九尾にのっとられちゃいますから。
それを聞いてナルトは足場から踏み外しそうになりますが、雲海に支えられてセーフ。
聞いてなかったの話!?この子は!溶岩に飛び込んだら肉体を溶けてしまうってさっき言ったのに(苦笑)
五感を閉じていれば、幻術は肉体に影響を与えることはない
、ナルトだけでも世界から逃れて八雲を討て、と雲海は言い、ナルトを羽交い絞めにし気絶させると雲海は溶岩の滝に飛び込みます。

ナルトは放り出され、雲海は大火傷を負いました。
てか溶岩に飛び込んで火傷だけですむっていうの、ありえないですけどね。普通は溶けちゃいますよ!?
山荘に向かう途中で既に八雲の幻術に堕ちていたのだそうで、まわりにはキバ達が。
ナルトに促されて起きますが、簡単だなー(笑
抜け出したというより追い出されたのは標的が紅さん一人だから。

八雲が絵を塗りつぶすことによって徐々に紅のからだが消えていくようです。
外ではガイが腕立て…何やってるんだろうこの人。
他の人ら寝てるし。
草むらから出てきた暗部が、
「ガイさん!」
て言うんですけど、ガイさんて…(爆笑)いやいいけど、多分先輩?かなんだろうなあ。
いや呼び捨ても呼び捨てで変か…
水わけてあげてるのが笑えた!
鞍馬の幻術にかかっていたそうなんですが、そんなんで暗部でいいんでしょーか。
下っ端の暗部?んなことはないだろうし。てか暗部自体普通の上忍より強いもしくは同等だと思うんですけど、暗殺部隊なんだからもうちょっとこう、何とかならなかったんですかね(汗)
医療班なら何となく弱いのもわかりますけど。
ガイ達の横をナルト達がとおりかかります。
ガイは話かけるけどほとんど無視…まあしょうがないですよね(苦笑)
サクラに手伝うように命令されてるし(笑)

ヒナタが白眼で見てることに気づいた八雲。
キバが一目散に走っていきますが、危ないですよ~?
と思ったらキバが幻術の炎に包まれた。幻術の溶岩につっこんだ雲海は大火傷、じゃあ八雲が作った炎に包まれたキバはどうなるんでしょうか。

次回「封じられたはずの力」
シノの蟲が八雲を襲っますね。
白眼で覗こうとしても大きな力が邪魔してとかヒナタがいってるからやっぱりナルトが行くぞ!…って感じなんでしょうか。
八雲の過去話とか出てきそうですね。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.19 Thu
銀魂27話「刀じゃ斬れないものがある」
大江戸女傑選手権を見に来た銀さん達はそこで総吾とばったり会います。
「女どもが醜い表情でつかみ合ってるとこなんて爆笑もんでさあ」
って総吾…
にしても総吾の着物姿て新鮮。いつも真撰組の制服ですもんね。

銀さん達が総吾に言われて向かった先は、煉獄関という名の闘技場。
ただの戦いではなくて、殺し合いが行われているらしい。
「役人だから手が出せねえ、こういうものの後ろには強い力が見え隠れするんでさあ。下手に動けばうちも潰されかねないんでね。自由なアンタが羨ましいや」
「言っとくがな、俺ぁてめぇらのために働くなんてゴメンだぜ」
「おかしいなあ。アンタは俺と同種だと思ってやしたぜ。こういうもんは虫唾が走るほど嫌いなたちだと」
銀さんと総吾って結構お似合い…?なんかいい感じですよねーv

総吾は鬼道丸を調べれば何か出てくるかもしれない、と銀さんに言います。
総吾の個人的な頼みであるから真撰組は知らない、ということは土方さんや近藤さんも知らないってことなんですね。

総吾のシーって動作が可愛かった!連れて帰りたいぐらいでした(笑)
嫌とかいいながらも普通に調べてる銀さん達が(笑)
「沖田さんも意外に真面目なところがあるんですね。不正が許せないなんて」
「私アイツ嫌いヨ」
「ああみえて奴は直参だ。報酬はがっぽりだぞ」
「って金かよ!?」
ホントだよ!即行ツッコミました!

家の中から悲鳴が聞こえたため銀さんが襖の端から覗くと、子供がたくさんいました。
ちょ、いきなりカンチョーされましたよ(爆笑)

って、和尚さんが鬼道丸じゃないですか。
本名は道信というそうです。
銀さんて案外子供のあやし方上手?子供好きなんですかね。
亭主関白はやだけど子供の面倒見てくれる人はポイント高いですよー(笑)
新八てメガネないとちょっと別人ですね…

総吾ってわざわざオフの日にやってたんだ。あ、でも勤務中あんなとこ行けませんもんね。結局土方さんにばれてしまい、また例の喫茶店で話す土方さん・総吾・銀さん。
土方さん奢りで出てきたのは
「カツ丼土方スペシャル」
マヨネーズのっけすぎですよね、相変わらず。のせるだけならまだしも、形が微妙なんですよ…
こんなもの食べれない、文句を言って一人だけチョコレートパフェを頼む銀さんに対して
「お前は一生糖分とってろ!」
だそうです(笑)
「どうだ総吾、うめーだろ」
「すげーや土方さん。カツ丼を犬の餌に昇華出来るとは」
「なぁんだこれ、奢ってやったのにこの敗北感。ま、いい、本題に入ろ」

このあたりの三人のやりとりが大好きなんです☆

天導衆は将軍を思い通りに操り勝手に作り上げる、実権を事実上握ってる連中だそうで土方さんは全て把握してたみたいですね。
全部ばれてますよ!

神楽ちゃんと新八は道信の家を見張ってるようですが…
「成長したなパスタ。俺の背中を頼むぞ」
「はい、山さん」
「すいません背中ががら空きですが…」
ってー(笑)そんなことやってる間に裏とられてますから!

道信は闇夜にまぎれて逃げる手はずだったようです。
道信を追う敵を神楽ちゃんと新八はやっつけますが、本物の鬼、鬼獅子道信にやられてしまいます。

総吾は、道信が死んでしまったことを銀さんに知らせにきました。
銀さん達の下へ子供達がやってきて、敵を討って欲しいといいます。
総吾はやらないだろうと思ってますけど、こういうときの銀さんは誰が言ってもとまりませんよ。ドッキリマンシールでやる気出たとかいってますけどそれはオマケですよね。
煉獄関に行こうとする銀さんに、
「小物が一人刃向かったところでどうにかなる相手じゃねえんだよ。死ぬぜ」
「てめえらには迷惑かけねえよ…どけ」
「別にテメエが死のうが構わん。ただ解せねえ。わざわざ死にに行くってのか」
「行かなくても俺は死ぬんだよ。俺にはなあ、心臓より大事な器官があるんだよ。そいつは見えねえが、確かにに俺のどたまから股間をまっすぐにぶち抜いて俺の中に存在する。そいつがあるから俺はまっすぐ立ってられる。ふらふらしても真っ直ぐ歩いていける。ここで立ち止まったら、そいつが折れちまう…魂が折れちまうんだよ。心臓が止まるなんてことより、俺にしたらそっちのほうが一大事でね。こいつは老いぼれて腰がまがっても真っ直ぐでなきゃいけねえ。」
「己の美学のために死ぬってか。とんだロマンチストだ。」
神楽ちゃんと新八それを聞いて銀さんのあとに。
総吾も鼻眼鏡つけていっちゃいましたよ。
「馬鹿そのものだ」
っていいながら行くところがいいなあ。そして土方さんも行くんですよね、きっとv

と、煉獄関へ鬼道丸の面をした銀さん。
鬼獅子も殺したはずなのに何故ここにいるかと不思議に思っているようです。
てかあきらかに体型とか違うから別人だってわかりますよね…普通。
「真っ直ぐに生きた魂はなあ、例えその身が滅びようが消えやしねえ」
銀さんカッコイイこと言ってますよ。

銀さんの木刀は木刀で、鬼獅子は棍棒で応戦。しかし銀さんはお腹にもろに棍棒をぶち込まれました。が木刀で威力を削減して軽傷で済んだようです。

新八と神楽ちゃん登場!
みっつ淫らな人妻じゃないでしょーよ銀さん(!)
正解は、醜い浮世の鬼を、でした(笑)

「理解できねえか?今時弔い合戦、しかも人斬りの為にだぜ。得るものなんざ何もねえ。わかってんだよ、だけどここで動かねえと、自分が自分じゃなくなるんでぃ」
って結局真撰組総動員じゃないですか。やっぱり真撰組好きだーv

銀さんと総吾のやりとり好きだなあ。
土銀もいいけど沖銀もいいなあ~
あ、でも沖神も結構好きです(笑)

次回「いい事は連続して起こらないくせに悪い事は連続して起こるもんだ」
松平さんの登場です!

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.18 Wed
BLEACH100話「砕蜂死す?隠密機動の最期?」
OP、シロちゃんと一護のうしろに一角と弓親いたんですね。今更ながら気づいたー(笑)
あとあと、シロちゃんが倒れてるあとに桃ちゃんまで。

部下に襲われた砕蜂。
「たしか、バウントの中に人を傀儡のように操れる能力者がいたはず。バウントと接触したそのときに仕掛けられた可能性が高い。」
バウントと接触したものがいるかどうか聞きますが、既に大勢の部下が馬橋によって操られているようです。

バウントを探している一護の元へも、操られている死神達がやってきてしまいます。
恋次、チャドも同じように襲われています。相手は死神だから、怪我しないように気絶させるしか手がないから悪戦苦闘してますね。

檜佐木さんは狛村さんへバウントのことを報告。
制圧する方法は今のところないみたいです。体内の傀儡のみだけ殺すっていうのは難しそうですもんね…

毒に苦しむ砕蜂は隊長服を脱いで刑軍装束に。
強い霊圧を感じ取った馬橋が砕蜂の元へやってきました。
え、あれはビットの毒だったのか。てっきりリズの何かかと思ってました。
「生きた魂魄を注入してほっとくとなあ…腐るんだよ」
解毒の方法もないらしいです。酷い!
それでも砕蜂は果敢に馬橋に攻撃。互角、といいたいところですが動けば動くほど毒のまわりは早くなる、少しずつ動きが鈍くなってきてますね。
「尽敵螫殺・雀蜂!」
を繰り出しますが一瞬砕蜂が目を瞑った隙を突いて馬橋は逃げます。
砕蜂は地面に倒れこんでしまいますが、一撃目はあたり蜂紋華を刻むことが出来ました。
砕蜂のあれ久しぶりですねー!
どうやら馬橋は砕蜂の蜂紋華のことを知ってるようです。
一体誰が教えたんだ?やっぱり死神つながりで真樹ちゃんですかね(笑)
けれど二撃目をやる前に砕蜂は倒れてしまい、馬橋は逃げてしまいます。

狛村さんと檜佐木さんのペア好きだな~
もしかしたら射場さんよりいいかもしれないよ?射場さんはまだ怪我の具合がよくないんですかね…
「貴公の言うとおりだな。傀儡は、完全に体内で融合しておるようだな。」
「意識を取り戻せばまた暴れだすでしょう」
「四番隊隊舎にいそうしよう。卯ノ花隊長の判断を、仰ぎたい。この状態のものをなんとかできるとしたら、あの方以外にはおられん」

気絶した者達は四番隊にどんどん運ばれてきます。
そうか、卯ノ花さんだったらなんとか出来そうですよね。
卯ノ花さんの始解、久しぶりに見たいかも。
「肉体と同時に、精神をも強力に支配されています。現場での摘出は、不可能でしょう。とにかく傀儡に操られている方を搬送してください。動きを封じ込めましょう。頼りない方法ですが、最善を尽くすしかありません。用意を。」
頼りない方法ってどんな方法なんだろう?

砕蜂、毒に苦しんで走馬灯のようなもの見てますが大丈夫ですか?
夜一さんとのメモリー(笑)思い出してる場合じゃないですよ!
必死に何とかしよう、と思った砕蜂は雀蜂を見ます。
あることを思い出し、悲鳴が…何やったんでしょうか。

檜佐木さんと狛村さんかっこいいよ。斬魄刀使わずに狛村さんなんか鬼道?だけでやっつけてるし。
刺された狛村さんを心配する部下を
「構うな!己の敵を倒せ!さぁ、来るが良い!」
ですもんね、カッコイイ!
修ちゃんの体術もなかなか見れるものじゃありませんよね。
あれ、でもまだ始解も見たことないなあ。

四番隊は大忙しですね。卯ノ花さんは鬼道?みたいな感じで治してますが、あれ、花太郎いない…
花がいないって珍しいですよねー。

馬橋はリズたちに命令が届かないことに気づき、死神が気絶していることにも気づきます。
リズって増殖するの?やっぱり馬橋を倒さないことには操られてる人は増えるばかりなんですかね。

恋次の鬼道久しぶり~!しかもルキアが昔やってた奴!
縛道の一、塞!ですよ。
「恋次さん、素晴らしい~ 鬼道でも戦えたんですね!」
「あぁ、蛇尾丸が使えねぇから、こっちでって。あ?お前、今さり気なくバカにしただろう?」
「何の事です?」
「俺が鬼道で戦うのが、そんなに珍しいかってんだ!俺だって副隊長だぜ?」
「はいぃ!」
ってやりとりが好きだー
結構恋次と蔵人仲良しなのかもしれませんね。

倒れてる砕蜂の元へ馬橋が再びやってきました。
まだ死んでませんよね…
刑軍がやってきました。でもこの人たち操られてるんじゃ…
「でもそいつら、ホントにアンタの仲間かな?」
やはり操られていたみたいですね。
と、目を瞑った砕蜂の霊圧が一気に跳ね上がりました。
まわりにいた刑軍、リズともに跳ね返され、蜂紋華の二撃目が馬橋にヒット!
小さい頃から刑軍で育てられたため、多少の毒に対して免疫を持っている、そして毒は毒をもって制す、というように雀蜂で毒を浄化したようです。
馬橋を確実に狙わなければ、部下達を助けることが出来ないから、最終手段だったようですね。
馬橋は二撃目をくらってもリズで何とかしよう、としますがリズは砕蜂を攻撃するどころか馬橋自身を攻撃し始めます。
「貴様らの傀儡の力は諸刃の剣。操る者の力が弱まれば、それは自分に跳ね返ると聞いている。無駄だ。既に雀蜂の毒は、貴様の身体を蝕んでいる」
つまり、馬橋が蜂紋華の二撃目をくらったことにより力が弱まってそのせいでリズが馬橋を攻撃したんですね。
馬橋が消えたため操られていた死神達も元に戻ったようです。

「消えたのは馬橋の霊圧か、敵もなかなかやるもんじゃの。さて、其処に隠れている御人、そろそろ出てきても良かろう?」
「ほぅ、何でわかったのかね?君達の真似をして霊圧を隠してみたのだがね」
「霊圧を隠しても、それ以上の殺気を出していたら誰でも気付きますぞ」
沢渡のところにはマユリさんが。てか殺気出してたらだめじゃないですか。そりゃばれますよっ!

マユリさんは真樹ちゃんを探していたようですが、真樹ちゃんは剣ちゃんに…ですもんね。
霊圧が消えた、っていうことはやっぱり真樹ちゃん死んでしまったのでしょうか。
今回もそのことに触れてなかったので、どうなったのかはわかりませんね。
「なら仕方ない、君で我慢するか。私に恥をかかせた償いをしてもらうよ」
「これはこれは。儂も甘く見られたものじゃ。まあ良いじゃろう、隊長各を消していくのも儂らの仕事じゃからな。」

☆次回予告☆
マユリさんVS沢渡!
「突如現れた異次元怪獣バウラ!迎え撃つ小怪獣金色足殺地蔵! 二大怪獣が激突する!
大怪獣尺魂界の決戦!近日公開!!」
「失礼な、私の斬魄刀は怪獣ではないよ!
「似たようなもんだよ」
って石田のツッコミ入ったー!(笑)

☆死神図鑑ゴールデン☆
流魂街の草鹿にいるやちるちゃんと剣ちゃん。
追いかけて走りまわって見つけたためしがないそうで、バウント探しはしないのだとか。どうやら別の目的があるようで。
「それに、俺が斬りてえのは、一護だぜ!!」
「っなんだ…この悪寒は…」
一護、前回に引き続きご愁傷様です(苦笑)

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.17 Tue
DEATH NOTE3話「取引」
前回の復習編みたいな感じで始まりましたね。
取引ってことは目の取引のことだろうから、page.5の眼球ぐらいまで行くのかな?

模木の声中井さんじゃないですか!土方土方ゾロ!(笑)
ゾロより土方さんぽいですけど(笑)
この声でミサミサと絡むって考えるとなんだか面白そうです~

Lは死亡推定時刻から既に犯人が学生である可能性やライトの性格まで読んでますね。
「犯人は彼なりの正義感に基づいて行動している…もしかしたら神にでもなるつもりなのかもしれません。これは非常に幼稚な心理と言わざるを得ません。」
やっぱり凄い!
Lの後姿だけですけど、原作みたくあんまりぴょんぴょんはねてなくて、原作登場時みたいにちょっとストレートっぽい感じですねー
原作だと帰り際に松田と局長が話してるのですが、アニメでは休憩中にコーヒー飲みながら。

今日一部顔がすっごい崩れてませんか…ライトの顔が(苦笑)
ライトの自信は、父親が刑事局長だから、なのですがリュークが言ったのは「父親が警察の人間」でした。
でも、ただの警察の人間、だけだったらあんまり説得力ないですよね。局長っていう肩書きがあるから説得力もあるんだと思うんですが…まいっか(笑)

ライトはきっかり一時間ずつ一人殺して死の時間を操れるということ、そして警察の情報を得ることが出来るということを教えました。
このことでLは警察内部を疑う、警察はLを疑うことによってライトはLを追い詰めようと思います。

Lが顔も名前も出してないことに不満を持つものが徐々に出てきました。
Lも警察内部に疑いを抱いたため警察関係者のリストを作り、FBIに操作させることになりました。

塾のシーンはサービスですね。こういう感じで尾行してる人発見したんでしょうか。そしてライトにつけている人物がいることを教えます。
やっぱり『眼球』まできましたね、話の展開。
死神を殺す方法、というのとリュークが人間界に降りてきたことで~のあたりは全部カットされてましたね。やっぱりわかりやすくするためかな?

Lの喋り方聞いてたら、だんだん東の名探偵にしか聞こえなくなってきた…もすこしボソボソ喋るイメージがあるんですけど、いまだに慣れない(苦笑)

次回「追跡」
次で一巻終わりですね、きっと。

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.16 Mon
BLEACH 24




またまた感想遅くなってゴメンなさい。
今回表紙はグリムジョー。カッコイイですよね。
感想は続きからドウゾ。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.15 Sun
実写映画 テニスの王子様




ようやく見ることが出来ました。
ネタバレっていうか、感想見たら気分害する人いるかもしれません…
すっごい私的感想です。見たあとで苦情は勘弁です(逃)
そして無駄にメチャクチャ長いです(!)
あ、言っときますが私は庭球大好きです(笑)

テーマ:邦画 - ジャンル:映画
テニスの王子様    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.14 Sat
DEATH NOTE HOW TO READ 13




発売日に直行しましたよ~山積みされてました。
13日の金曜日に発売、っていうのがいいですよね!そこは意図的でしょうけど。
(あ、勿論私が買ったのは特装版じゃなくて通常版です。ただ画像がなかったので^^;)
結構買う人は少ないのかな~!でもLの名前ですよ!

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.14 Sat
28話「ハチとノブ、急接近」
手をつないで歩くノブとハチ。
会話を聞いてると、やっぱり全く、ハチは都合よすぎるというか何と言うか。
優柔不断なんですよねー本当に。
「本当はずっと我慢してた。ノブの彼女になりたかった」
って言ってますけど、それホントなんでしょうか?
タクミと付き合うことがなかったら、それもありなのかもしれませんけど、今となってはねえ。

ナナはレコード会社と契約する方針で行くみたいですねー
ノブのアパートが使えないからって女の人に電話してるよシンちゃん。
ヤスはシンを呼び止めて、誰だって聞くと、シンが育ての親って言いますが、それについてヤスは女親はいないはずだって言います。
素性調べたんですね。
レコード会社と契約するには、保護者のサインが必要…だから調べて知っていたわけで、もし会うのが嫌なら自分がもらってきてやる、と。
ヤスは頼りになるというか、みんなの親代わりって感じですね。

え、美里ちゃんて偽名なの!?びっくりしたー
ヤスはかカマかけただけみたいですけど。
いい子なのに偽名…何か事情があるんでしょうけど。

普通に見てたらカップルだよなあ。
ハチが、ひとつ袋もって手つなぎたいなあって思ったのがわかったんですかね。
こういうドキドキがいいんですよね(笑)
「君のそういうドリーミーなところが好きなんだけどね」
とか。
「天然のふりして計算づくかよ。なんて女だ。魔王の手先?だからあんなに布教活動を?」
とかノブが…!

タクミとのことを知られずノブの彼女になろうとなんて百年早い!
けど、ノブは優しいから、タクミと別れてノブと付き合いたいって言われたら普通に許しちゃうんですよね。
必死に理性と戦ってる感じもしますけど。
「お前優しいし情にもろいから」
ってそうかなあ…?
「どう頑張ってもタクミに勝てない。でもお前がそれでもアイツと別れて俺の女になるってんなら、俺は意地でもお前を幸せにしてやる。俺はお前を幸せにするためなら何だってやってやる。つか、お前がいてくれたら何だってやれる気がするんだ。タクミと別れて、気持ちにけりがついたら、俺んとこきてよ。信じて待ってる」
なんなんだよカッコイイよノブー!君がそんなこと言うと思わなかったんですよ!
惚れちゃうよ!
ハチが帰ってきたのを見てちょっと驚く美里ちゃん。

ノブは先に帰ったみたいですね~
ハチは、ナナがいると知ってお風呂に飛び込んでっちゃいます。
ぽいぽい下着捨ててぽーんと入るのが笑える!
「女と風呂入る趣味はねえよ」
「男となら入るの」
「普通そうだろ」
「普通逆だよ」
「しかも人間の女ならまだしも散歩帰りの雌犬だし」
のやりとりが笑えました。
「待って、ナナ聞いて!実はノブが…」
でお風呂から出るのをやめたナナ。何かと思ったら
「一緒に花火大会に行こうって」
でナナは
「行けば」
で終わり(笑)
○○○ついてんのかよってそれはピーがはいりましたね。
ナナに話すのはタクミとのけりがついてから、だから話さなかったのか。これが銀魂だったらつかないんだよな(笑)

ナナは電話で別れを切り出そうとするけどやっぱりうまく言えないみたいですね。
でも、タクミの
「まさかガキでもできた!?」
「そうい煩わしい話なら勘弁してね」
それ聞いて人としてどうなんだとか自分が何で謝ってんのとかハチは思ってブチ切れて
「しなくていい!っていうかもうしてこないで!さよなら!!」
一方的すぎるような…

レンは子供やっぱり欲しいのかな~って、レンが避妊しないからナナは大変ですよね。

ハチって一直線すぎる…
しかもノブの家で何か作りたいとか。
けりがついたからきたとか、一日しか我慢できないとかうーん。でもま、ノブはそれでもいいっていう感じがするからお互い様ってことでお似合いの二人なんじゃないですか。
「もう一日我慢してみるっ!」
「…肉じゃがとか作れる?」
「超得意!」
「かんわいい~一年たったことにしてあげる!」
って単純ですし。いやノブは単純か。

ナナは、美里ちゃんからハチが帰らないっていうのを聞いて、タクミは夜中まで撮影のはずだから…と思いハチがノブのところにいると気づきましたね。
ハチとタクミはどうなるんだろう。でも結局くっつくから…ああ難しいですねえ。

NANA    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.12 Thu
銀魂26話「恥ずかしがらずに手を挙げて言え」
最初のテロップが元通りになりましたね(笑)
にしても最初の銀さん、とても黒いんですけど…!
これまだデスノ調なんですか?(笑)

コンビニの仕事なんてほとんどやってないじゃないですか。
うまい棒食べながらレジやってると思ったら銀さんもチョコ棒食べてるし…
なぜ銀さん達がコンビニの仕事やってるかと思ったら、マダオから頼まれたからなのですね。
てか頼む相手が銀さん達しかいないっていうのも切ないですよね。
それに銀さん達なんかに任せたら確実に店つぶれますよ!

万引き犯人は新八の幼馴染でした。
タカチンに絡む銀さんが面白かったですー
寺子屋時代に、いじめられたタカチンを新八とお妙さんが助けたらしいです。
でも、実質的に助けて(暴れて)たのはお妙さんだけだったみたいですけど(笑)

お妙さんの差し入れって…もしやあの黒焦げでは(苦笑)
と思ったら案の定そうでした。逃げようとしてる銀さんと神楽ちゃんをうまく捕まえるお妙さん、さすがだな(笑)

新八ってばそんな卑怯な手使ったの?もらしたときに無視するなんて…
いやでもそうするしかないですかね…(爆
その間必死にお互いに黒こげ必死に食べさせようとしてる銀さんと神楽ちゃんが…!

「友達が脱糞したときは、一緒に貴方も脱糞しなさい、新ちゃん。友達なら、どんな痛みも分け合うことが出来るのよ。そしてね、新ちゃん、もし、友達が間違った道に進んでしまったときは、そのときは、友情を壊してでも友達をとめなさい。それが真の侍の友情よ。」
脱糞て…( ̄□ ̄;!)
それ以外はいいこと言ってるような気もするんですけどねえ

バイクで引きずられるタカチンのところへ現れたのは、お通ちゃん親衛隊の格好をした新八。
あの格好してると強いですよね…新八。
お通ちゃんファンクラブにいれるって本当ですか(笑)
○○○いったー!ゴールデンじゃなくなったますます暴走してますね銀魂!

ヤンキー銀さんカッコイイ!お妙さんカッコイイし夜露死苦って古いよー銀さん~!!
総長の権限全然ないですね…ヅラずれてるし(笑)
頭にフランスパンとかいい感じであってるかもしれませんね(オイ)

タカチンを取り戻すためにやることになったのは、
町のはずれにある工事中の高架道路まで突っ走って、先についたほうが勝ちという賭け。武器の使用、妨害なんでもあり。

にしても総長が馬にのってるのが気になります。
総長はあえて原付じゃないんですね。
上半身(半分)裸の銀さんにちょっとドキドキしてしまったよ。
お妙さん、運転中に目閉じて手離さないでください~(必死)
あと三キロを邪魔されて怒ったお妙さんは殴りかかりますが、衝撃でヅラがとれて、気を失ってしまいました。
「ああ、なんてことだ。髪の毛が引き抜かれてこんなことになってしまったぞぉ…」
「総長、心配しなくても総長の頭の件は、皆にとっくにばればれです…」
ってちょっと可哀想ですね。
神楽ちゃん人力車で追いかけてきたー
でも銀さん違くてえー!?

と思ったら総長の裏にいつのまにか銀さんが!
いやあの感じだと裸に見えて危険ですよorz
銀さんは新八と総長の一騎打ちをさせることにしたのですが、カーブでまがりきれず新八が総長の方へ倒れこみ、二人とも橋って行くことにしたようです。
結局先にゴールできたのは新八だからよかったですね。
銀さん達が放置したコンビニはえっらいことになってましたね。
てか銀さん達に頼むのが悪いよ…(苦笑)

次回「刀じゃ斬れないものがある」
歌って戦うアイドル?あ、総吾が出るんだ!
キングコングのくだりは毎回一緒なんですね(笑

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.11 Wed
BLEACH99話「死神VS死神!暴走する力」
OP、やっぱり前のよりこっちのが疾走感があってやっぱり大好きですv

使いっぱしり?のおかげで無事門をあけることが出来たみたいですね。それも全ての門。
門をあけて中に入っていくごろつきども。
駆けつけた死神すらもあっさり倒す狩矢。
「ご苦労だった。残念だが、ここでお別れだ。お前達の役目は終わったと言っている。お前達はただのコマだよ。もっと卑近な表現をすればただのアイテムだ、門をこじ開けるためのな。瀞霊壁はすべての霊力を遮断する。つまり、霊力では破壊することを通過することも出来ない。」
やっぱり本当に使いっぱしりだけだったみたいですね。自分達が通るまでには手段を選ばないのは狩矢だと知ってますけども。
大勢でいっせいに狩矢に襲い掛かるも空しく、あっという間に片付けられてしまいました。

倒れてる兕丹坊を発見して、狩矢が中に入っていくのを見つけた一護。
狩矢はドールの力で門をあけていた機械を倒し、門を閉めてしまいます。
「くっそう、逃がしたか」
ってシロちゃん言ってる場合じゃないよ!あの瞬間ちょっとでも隙があったでしょう。
隊長格ならあれぐらいの隙間、いけると思うんですけどね(苦笑)
ああこのシーン見るとギンちゃん思い出しますよね。
そのうち「射殺せ、神鎗」って声が聞こえてきそう…(遠い目)

馬橋とヨシが陽動をしている隙に古賀と沢渡が隊長を一人ずつ潰していく段取りらしいです。
狩矢は瀞霊廷を一瞬で潰すためにも一人で動くようですね。
「最終目的はこの尺魂界を完膚なきまでに破壊する事だ、しかも一瞬にしてな。我等を生み出し抹殺しようとした瀞霊廷にはそういう罰が下されて然るべきだ。だがその為にはある物が必要でね。私はこれからそれを取りに行く」

しかもそれ、技術開発局にあるっていうし、集合地点は双極の丘だって…藍染さんと同じじゃないですか!(笑
古賀は何か言いたげだったけど、何言おうとしたんですかね。
てかまた崩玉うんぬんかんぬんじゃあるまいし…もしかしたら崩玉に関係あるもの、だったりして…はは。

織姫のおかげで意識を取り戻した兕丹坊。
瀞霊壁の全開放には時間がかかるとわかった一護は、兕丹坊に門を開けてくれるよう頼みます。
てかさ、あの門て一度閉まるとあけるのにいちいち時間がかかるんですか?緊急のときに閉まるんですよね、あの門って。
だとして、外にいる死神も一旦閉まってしまったら入ること出来ないんですかね…
裏口とかないのかな、とか思いまして(笑)

兕丹坊が門を開けたことにより再度傷口が開き、それを見た織姫は一人兕丹坊と残ることを決めます。
蔵人は織姫が一護達の方によこしたことに納得いかなかったみたいですが、一護に諭されてようやく納得します。
「アイツは喋り出すと長ぇんだよなあ…」
って、ホントそうですね(苦笑)
「散ってくれ。今はとにかくバウントの捕捉が先だ。」
シロちゃんと乱菊さんのところへ地獄蝶が。

「護廷十三隊、各隊長を、第一級特例により、緊急招集、これより隊首会を開く」

隊首会となると、全員集合!ですねv

おお砕蜂久しぶり~しばらくぶりに活躍しそうな予感ですかね。

「こんなときにテンション低くてどーすんだよ」
「隣に熱い奴がいるとセンサー上手く働かないのよっ!」
だそうです。戦う前からそんなにあついともたないよ(苦笑)

蔵人は、というと恋次が連れてくことになったみたいです。
乱暴な走り方だと気に喰わないようですけどね、蔵人は。
刑軍と会ったのは、馬橋。てことはまたあのウザイリズとかなんとかいうドールが出てくるんですね(==;;)
リズ大量発生、しかも珍しく?今度は馬橋自身も攻撃に加わってますよ。
ってか刑軍弱すぎ。

隊首会に浮竹さんの姿あらず…また具合が悪くて寝込んでるみたいです(苦笑)
てかこないだまであんなに元気だったのに(笑)
いいな~ずる休みとかできそうだ!(何)

砕蜂が迅速に刑軍を瀞霊廷内各所に配置しているのを聞いたマユリさんはシロちゃんをいじめだしましたよ(笑)
「彼が、旅禍を殲滅する指揮官だと聞いていたが、どうやら瀞霊廷内への侵入を許してしまったようだねえ。それでよくもぬけぬけと指揮官などと」
「言い訳はしねえ。全てが俺の責任だ」
とシロかちゃんは素直に非を認めます。
「まあまあ、入ってしまったもんはしょうがないでしょうが。この先どうするかを考えないとねえ」
と京楽さんがすかさずフォロー(笑)
狛さんも、
「朽木隊長、狩矢という男と一戦交えたそうだが敵の首魁と聞いている、情報を皆に開示して欲しい。」
「風を操る男だ。さらには霊子をも操り、高い回復能力を有する」
狛さんと兄さんが会話してるシーンて何か新鮮!
そうだ、兄さんが上を向いて話しをするっていう機会がほとんどないからですよ(嬉)

話の腰を折られたマユリさんは激怒。
「私は、十番隊隊長の責任の所在を問うべきだと言っているのだよ。」
と、また京楽さんが話の腰を折りましたよ(笑)
「聞いてるよ」
「ん、何をだね」
「クインシーの道具の話。技術開発局にあったやつを誰かさんが渡したことで、奴らこっちに来れたって言うじゃない。それも奴らの策にはまったんじゃないの?」
「何が言いたい」
「いやあ、自分のこと棚にあげるのがうまいなあと思って。少しは他人の気持ちも考えてやんなよ」
このときの少しは他人の~って言い方すっごいツボですv
きゅんきゅんきました!さすが大塚さんv
「私だって、腸煮えくりかえっているのだよ。それに、責任の取り方だって心得ている。そもそもどこでその話を聞いたのだね」
「へへへへ、地獄耳でね」
京楽さんて、もしかして独自に調べてたんじゃないですかね。
しかし、相変わらずというか、この二人仲が悪い。

「言い争っている時間はないぞ。通達、護廷十三隊各隊は瀞霊廷内各所に展開、旅禍を発見しだい、殲滅せよ。なお一刻も早く旅禍に対処するのが望ましいと考える。よって、只今より各隊は独自行動をとるものとし、十番隊隊長については、暫定指揮官としての任を解くものとする。報告は随時迅速に行うように。以上である」

あれ、シロちゃん指揮官とかれちゃいましたよ。
シロちゃんは汚名返上とばかりに頑張ろうとしてた矢先、ってところですか。

マユリさんが直接出るとはホント、珍しいですね。
隊首会に時間をとられたことにもイライラしっぱなし、バウントにしても怒りが倍増って感じですね。て
ネムちゃんに頼んだ、”やるべきこと”が気になります。

バウントの気配を察知した、蔵人、ですがすぐに気配が消えたようです。
「てめえ、いいかげんなこと言ってんじゃねえだろうなあ」
恋次も怒るよ。蔵人の恋次のペアは大変そうだ。
だって恋次、短気だから(苦笑)で、蔵人はうんちくっていうか一回話し出すと長いでしょ、短気の恋次とは相性悪いかと。

一護にはテンション下げろと言っといて、りりん自身が高いのはいいようですね。
チャドと之芭のペアは…というと、こっちもこっちで大変そうですね、気配が消えたり出たりと。
でもちょっとこのやりとり好きだv

馬橋のところにきた死神たち、みんな刀の抜き方が同じで手抜きかと思いましたよ(汗)
リズって、人の身体を刺すだけでやっつけられるようになったの?
こないだは、人の身体に侵食してその人間自身を操るようなことやってましたよね。
ただ面倒だからいちいちそんなことはしないんでしょうけど。

馬橋がうまくやってるのを感じ取って動く沢渡、の後ろで見てたのはマユリさん。
マユリさんVS沢渡勃発ですか?

一方砕蜂は、情報が錯綜してることがわかり、刑軍全員を一旦北の辻に集めることになった様子。
馬橋は集まった刑軍達の近くで隠れて聞いてるようですね。

刑軍がまともに機能しないことに苛立つ砕蜂。
「リズ、そろそろだよ」
と怪しげに言い放つ馬橋が気になります。

「陣形を立て直す、一班、二班は西の辻に展開、三班、四班は東から迂回しつつ、中央の通りを目指せ」
「やっちゃいな」
と、砕蜂の背中に何か刺さりました。
刑軍の中の一人が、馬橋に操られて砕蜂に何か打ち込んだみたいですね。
肩を抑えて蹲る砕蜂。
ヤバイじゃないですか!ここで夜一さんとか出てきたらまたそれで面白いのですが(笑)

ED、前回兄さんだったとこが浮竹さんになってましたね。
ってことはこれ毎回変わるんですねー隊長全員→副隊長、とかってなるんでしょうか?楽しみです。

☆次回予告☆
「狛村隊長、副隊長が離脱中で不便じゃないですか。」
「仕方ない、鉄左衛門とて好きで負傷したわけではないからな。」
「今修兵が暇ですよ、臨時に雇います?」
「それは助かる」
「本人の気持ちは?」
「いいのいいの、中間管理職の副隊長に人権なんてないんだから」
「おっとぉ…」
この乱菊さんと狛さんのやりとりが本気に聞こえて怖い(苦笑)
そういえば射場さんて負傷してたんですねー。

修ちゃんと狛さん大活躍。卯ノ花さんと勇音さんも出てくるみたいですね。
恋次が縛道?みたいなのやってました。
そして馬橋VS砕蜂も見れますね!(夜一さんは出てこないのだろうか)

☆死神図鑑ゴールデン☆
燃え盛る炎の中一人立つ一角。
「最近ちっとも出番がねえと思ってたらこの有様だあ。ちくしょー!あつい!炎で灰になっちまいそうだぜえ!どこだ旅禍ぁ!出てきやがれー!この斑目一角が、相手してやんぜー!」
って何かと思ったら…
やちるちゃんが太陽光線で焼いてるから!そりゃアツイ!

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.11 Wed
DEATH NOTE2話「対決」
段々原作と順序が逆になってきているせいか、話の進め方もちょっと違うって感じですかね。
始まりはやっぱり学校の授業風景から。
そしてまたもや英語の和訳を頼まれるライト(笑)
絶対先生に目つけられてるよ(いい意味でですけどね!)
「遂に夢を現実のものとした彼は、その夢の完全なる成就と
それによる至福の喜びに浸っている」
これってちょっと今のライトっぽいですよね。
何か伏線的な意味が含まれているのかな?
学校の机の脇からひょこっと顔出してるリュークがv
そうだ、ノートの持ち主にずっとついてなきゃなんないんですもんね。原作だとこういうシーンはなかったんですけど、やっぱ学校までついてきてたんですよね、きっと(笑)

ライトの言う大事な用事とは、デスノートに名前を書くこと、でした。
粧裕登場!大人の雑誌読んでたから~はありませんでしたが(笑)
あ、でも粧裕の声イメージと違う。平野さんなんですけど、どうなんだろう、レイラやまもり姉ちゃんとも全然違うし、そういう意味では違っていいんですけど、粧裕のイメージとも違うんですよね。粧裕はもっと(絵的にも)カワイイですよ!

ICPOのくだりは原作とそう変わりなく…
ワタリの声渋くてカッコイイ☆小林さんですよね?ワタリにぴったりだと思います。
松田の声も、まあ普通…でも局長の声はもう少し低くてもよかったかも…そのうち慣れますね、きっと。
てか思うんですが、なんでここに松田がいるんだるうとか思いませんでした?
だって松田って情けないイメージじゃないですか。局長と一緒にICPOの会議に出るの、松田じゃなくても…まあそこはスルーということで。

Lの声出たと思ったら変声期の声だったー(ガックリ)
ちょこちょことpage.2「L」とpage.3「家族」が混じってますね。
ライトがホームセンターへ二重底作る材料買うシーンなかったし、いきなり火つけてるところでした。

救世主キラ伝説のHP見て、
「カッコイイじゃねえか、これ、お前のことか」
って言うリューク。これアドリブですよね。原作なかったな~と思いまして。って、カッコイイのか?(笑)

リンドLテイラーの同時通訳の説明はなかったな…
ライトがテイラーの名前書くときの表現は凄かったですね。
本当に負けず嫌いというか、これは失敗でしたよね。
「私を殺してみろ、どうした、できないのか」
のあたりから山口さんボイスが…
「殺せない人間もいる、いいヒントをもらった」
とか
「これだけで十分推理出来た」
とか聞いてたらぞわわわ…ってきたよ(何)

うーん山口L、それにしても微妙ですね。犬夜叉でもないしウソップでもないしそげキングでもないですし(笑)
「お互いに顔も名前もわからない相手を見つけ出す。そして、見つかったほうが死ぬ。やっぱり人間って面白ぇ」
あれ、此処は面白っ!のがいいのでは(笑)

「L」
「キラ」
「「必ず おまえを探し出して始末する!!」」
「僕が」
「私が」
「「正義だっ!!」」

私が、のへんはもう少し落ち着いた感じがよかったです。
山口L、慣れるまで時間がかかりそうです…

次回「取引」
次回は、まだL出てきそうにありませんね…
取引ってタイトルからして、南空ナオミとか出てくるんでしょうか?来週も楽しみですv

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.07 Sat
27話「ハチの欲しい未来」
ブラストの一員にはなれなくても、一ファンとしては応援できるから、それじゃあダメなんですかね。

朝早くシンの家に押しかけてきたのは鍵を忘れたシン、じゃなくてナナでした。
ハチが作った料理を全部持ってきたようです。
「朝ご飯もってきたのダーリーン。」
のナナの言い方が面白かった。
なんかキャラ違うよ…

ノブは家にいこうとしますが、ナナがとめます。
ハチが寝てるっていうのは嘘ですよね。ノブを傷つけない嘘なんでしょうけど。
髪の毛下ろしてるとノブもちょっと別人ですね。
ケーキを食べるのが勿体ないから写真とっといて、っていうノブに対し撮ってる、っていったらその写真頂戴って(笑)

タクミはすっかりお疲れさんて感じですね。
ハチのたてる物音にも、目覚ましの音にも全然気づかないって。
あ、でも爆睡してるとそういうことよくありますけどね(苦笑)
ハチはタクミが自分が寂しいときに会ってくれる都合のいい男ってなっってるって自己嫌悪してます。
タクミも最初はハチのこと都合のいいときに抱ける女、だったんでしょうけど今はお互いちょっと関係変わってきてるんじゃないでしょうか…

レイラはシンが帰るときにお金を渡そうとするんですが、シンは断ります。
前多くもらいすぎたから埋め合わせできた、そうなんですが、レイラもまた埋め合わせできてもらえばいいと言います。
なんだかすごく寂しそうな表情でしたね。レイラも辛い境遇とか過去とかあるんでしょうか。
シンはお札を一枚だけもらうと出て行きました。

「うちのバンドはお前が壊れたら全機能停止せざるをえないの。皆が迷惑する。油さしとけ」
「人を物みたいに言わないでよ!」
とレイラが怒るのにはやっぱり何かありそうです。

ハチが夜家に帰ると水越さんから結婚のお知らせが。
タクミとは絶対結婚しそうにない、と言ってますけど後に結婚するんですよねー

部屋にはノブ達がいました。
シンが
「ケーキおいしかった」
っていったら
「シンちゃん…お嫁さんにして」
オイィ!
ブラストの音楽を愛する気持ちは誰にも負けない、だったらブラストのメンバーじゃなくてもいいじゃない。

パンクバンドがいきなりメジャーに出るより、インディーズでコアなファンを掴んでから出たほうがいいとヤスはいいます。
メジャーで一気に行くのもいいけど、メジャーに出ても一発屋のイメージがつくと再起かけるのも難しいから、インディーズでじっくり力をつけたり、ファンを増やしてから出るほうがいいとヤスは思ってるよう。
まあ普通はインディーズで力をつけてからいくんでしょうけど、メジャーの話があるならそれにのってみるのも手…難しいところですよね。
それに、今だとレコード会社の言いなりになるしかないけど、インディーズで人気になればデビューの話は来るだろうし、条件のいい会社も選べる…。
ノブは売れればいい、といいますがノブに売れ専の曲がかけるなんて思わない、とヤスは言います。
多分、ノブは少しでも早くデビューして、一つでもタクミと肩を並べるものが欲しい、ってとこでしょうか。

ハチはパンクにも興味ないし、音楽ファンでもなかったし…って言いすぎだろう。
美里ちゃんもちょっとひいてるよ…
ハチが、ノブのかく曲は好き。初めてきいたときから好きだった、感動した、かっこよくて鳥肌たったというと、
「嬉しくて泣きそうだ…」
何かハチとノブ見てシンがにこってしてるのがカワイイ。
シンちゃんはハチのノブがくっついてくれることをきっと望んでるんでしょうね。
若いのにこの子は…

ノブの曲はレンよりポップだから工夫次第で幅広い層に支持されるだろうと美里ちゃんが言います。
レンの曲も支持されてるのはプロ意識で書いてるから、それをアレンジしてるタクミも凄いのだとか。

だけど普通アレンジは皆でやるものなのに、タクミ一人でやるとレンから反感かわないのか、という話題になり、それがどうしてかっていうと、レンは元々タクミの信念を支持してたから、なのだそうです。
「レイラの歌声の魅力を最大限にまで引き出す音を作れるのは、この俺しかいない」
それを聞いてノブ達カッコイイとか思ったみたい。
美里ちゃんてホントバンドのことにしてはピカイチだよね。

ノブがナナのこと聞かれたときに
「バイトっつってたし、こないかも」
の言葉にハチはドキっとします。随分会ってないから会いたいんだろうなあ。
「ハチぃ、ワイン買ってきて」
シンちゃん自分明らかに未成年だからノブと一緒に買ってきてっていいます。
いやぁシンちゃん策略化!
絶対ノブとハチ二人っきりにしてあげようと思って言いましたよね。

二人で夜道を歩くんですが、
「視界に入ってないと心配だから…」
といってノブが後ろを歩くんですが、裏からこつこつくるのって怖くないですか?
と思ったら並んで歩くことになったみたいです。
ハチは突然
「っありがとう!」
ノブに口利いてもらえないと思ってたんですね。
ハチは、ノブが思ってるような女じゃない、すっごい悪い女だといいます。
「本当の私を知ったら、きっと幻滅するよ」
それで、シンちゃんが言ってたハチだって彼氏と別れて寂しかったんじゃないのという言葉を思い出すノブ。
「じゃあいっそ、幻滅させてよ。大歓迎。俺はお前のこと、他にどうすりゃ諦めつくかわかんないからさ。」
ノブついにハチのこと抱きしめたー!新展開ときましたか?

シンはヤスにレイラのこと聞きます。
タクミの信念にヤキモチ焼いてたんですね。
自信家で向こう見ずな性格にも、タクミに対して嫉妬してたというか。
で、レイラってタクミに惚れてたんだ!そういう感じじゃなくて普段おちゃらけてるんだけどな。
タクミ、レイラだけには手を出さなかった…大事にはしてるけど、それは歌姫としてであって、女として好きっていうことではない。
レイラがタクミのこと好きだと知ってて、だけどタクミはレイラのこと何とも思ってなくて、それを見てるのが辛いからタクミなんてやめて俺にしとけってヤスは言ったんじゃないでしょうかね。
ヤスは結局いざ付き合い始めたらタクミには敵わないって思って結局別れてしまったんですね。
「今のやっさんだったら支えてあげられるんじゃないの?」
なんか、シンがどうしてレイラと一緒にいてあげるのかわかったような気がします。
お互い寂しいんじゃないでしょうかね。

ノブの背中に手を回すハチ。
「私の欲しい未来が全部詰まってる」
あーもうはっきりしない子だなあ…

ナナとハチはまた入れ違い。
ノブと二人で行かないから戻ってこないって
「やるほうに一万円。」
「やらないほうに一万円」
「やる前にいっちゃうに100円」
「しょぼいね」
ってオイ…でもこの二人どうなるんでしょうか。

NANA    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.06 Fri
26話「すれ違うハチとナナ」
ブラストは三回目のライブにしては本当に凄いですよ。
知り合いだから入れたはずなのに、京助と淳ちゃんわざわざ上京してた子に席譲るなんて優しいですね。
まあ目の前であんな風に叫ばれたら可哀想にはなりますけど、本当に偉いなあ…

あの女の子達の裏にいる人は、きっとスカウト関係の人でしょうね。
話を聞くだけでわかる、っていいますしね。

淳ちゃんと京助の話を聞いて納得。
実力があっても成功できるとは限らない、プロとしてならある程度の実力は必要だけど、デビューできるかは、カリスマ性、ってことなんでしょうね。

やっぱりあの人はスカウトの人でした。
寿司、って聞いて飛び跳ねるシンちゃん、かわいい☆

ハチ達はそのまま帰ってきちゃったみたいですね。
淳ちゃんと京助は大学の課題におわれているため打ち上げには不参加。
「淳ちゃんたちは淳ちゃんたちの世界で頑張ってるんだな…なんかますますおいてけぼりかも」
ハチは一人孤独…って感じですね。

そこへナナからの電話。打ち上げを家でやると思っていたら、ガイヤの人と食べることになってしまいこれなくなってしまいました。
打ち上げの準備したかどうか聞かれて、まだだと答えるハチ。
夕方バイトだから昼間そっちに行く、と言うけどハチは午前中はバイト。

そこで
「美里は?ちょっとかわって」
ハチは傷つきましたよね。
美里ちゃんがいれば私はいらないんじゃ、とハチは思ってしまうわけですよ。タイトルにあるとおり、すれ違いですね。

「美里ちゃん、ハチは?」
「気にせず行ってこいって。」
このときのナナの行って来いのいいかたもちょっと棘があるように聞こえたのは気のせいでしょうか。
ナナもきっと寂しかったのかもしれません。
けど外へ出たところで上京してきた子達を見つけた満面の笑顔になります。

「ナナが…ひたむきにナナを追いかけて、ライブのたびに上京してくる美里ちゃんを、私より大事にするのは当然で、私との約束より、レコード会社との話を優先するのが当然で、私との暮らしより、レンといることを選ぶのも当然。全部納得がいく。でも、それなら私はもう、いらないじゃない…」
美里ちゃんといることで、自分の僻みっぽさがわかって自分が嫌になってるようです。
たしかにハチより優先してしまうのは仕方がないことだけど、ナナはナナなりにハチのこと大事にしてると思いますよ。
それも、かなり。でもどうしても不安になってしまうんですよね~きっと。

結局ハチはノブとも会わずじまいだし、どうするんだろうと考えていると、電話が鳴ります。
それもタクミから。メールの、居候が女かどうか確認したかっただけみたいですけど…

「タクミ…会いたい」
夜中なのに出かける準備をしてタクミの元へ。
耐え切れなかったんですよね、ハチは。

一方ナナは一度家に戻ることにしたみたいですね。
でもハチはタクミのところだから家には美里ちゃんしかいない…
シンは、レイラからのメールかな?途中でタクシーとめて降りてしまいます。
ノブ、ハチに会いづらい、女他にいるし、とか負け惜しみいってますね。
こっちもこっちで可哀想だ…
「突然慌てた様子で、今夜は帰れないって」
美里ちゃん、ハチに男がいたことにびっくりしてます。
ナナ一筋に見えたらしいですよ!まあそれはあたってますけどね(笑)

「ゴメンなさい」
と照れるナナカワイイ~!
ビールを飲もうと冷蔵庫をあけて、ハチが打ち上げの用意をしてくれていたことに気づきます。
電話かけたときにはまだ打ち上げの準備してないって言ってたのに、ですものね、びっくりしますよ。
ナナは自分のせいだ、とまた責めてしまうんですよ、優しいから。
早く仲直りできるといいですね。

NANA    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.05 Thu
NARUTOお引越し記念!木曜になってもやったらぁ!愛と憎しみの師弟対決!上忍も下忍も入り乱れて90分大暴れだってばよSP!203話「紅の決断 取り残された第8班」204話「狙われた八雲 封印された能力」205話「紅の極秘任務~三代目との約束~」
新OPラッシュですね~最初リズムかと思ったけど違うったなあ。
前のが凄い疾走感があったのでちょっと物足りない感が。
まあすぐ慣れるでしょうけども。
冒頭の下忍スーツ姿に萌え…!!
特にネジ兄さんかっこよすぎるー(>▽<)

キバの私服もいいけど、カンクロウと我愛羅OP!?
とかちょっと思いましたー( ̄ー ̄)
しかもテマリ姉さんまで出てるし。
上忍はあんまり出てないです…カカシなんて一番右端だったし…
イタチ兄さんの影もでやしなかったんですよ!

木の葉の大うん動会って前やってましたよね…?
前感想書いた気もするんですけど、ま、もう一回書いてもいいか(笑)
すっごい下ネタなんですよねコレ…
今は懐かしいサスケもいるし、トイレ行列の中に音の四人やら鬼鮫やらイタチ兄さんやらいるのはポイント高いかと。しかも暗部の目の前~!(笑)
やっぱり鬼鮫と一緒にトイレ行ったりするんですね?イタチ兄さんー!
鮫イタですからv
シカマルもまだ中忍服じゃないし。
サクラも力持ちだと思ったけどいのもナルト引きずれるぐらいだから、結構力強いんじゃないですかね。
ナルトがシノのこと、お前はキライだーって言わずに苦手だーって言うとこが凄いですよね(笑
いや嫌いっていったら嫌いでヤバイですか?

ナルトが見つけた女の子、天候操って好きな場所に雷落とすことができる、みたいですね。
本当に火影邸燃えてるみたいだから、幻術ではなさそうですし。
そっか、こういうときって消防車じゃなくて水遁で消火できるんですね。
間違って綱手さんにあてちゃうあたり(絶対わざとだ!)面白かったんですけど。

医療班と暗部絡みか。
紅さんが8班から手をひくって言ったのと関係があるようです。
こういう感じで担当上忍がころころかわったらやる気なくなるよなー…とか思いました。
まあ原作で8班にはまだ紅さんがついてるから大丈夫だけど。
他の班のことなのに、ナルトが何とかしてやるってかなり無謀ですよね。
余計なことに首を突っ込むとろくなことがないんですよ(苦笑

サクラ、ひょんなとこからナルトに話を盗み聞きしたことがばれて
結局サクラはナルトに話すことになってしまいました。

話の冒頭に出てた女の子は八雲というそうで、
里見ヶ丘に暗部監視つきで閉じ込められているのだとか。
八雲は鞍馬一族で、かつてはうちは一族と同じように木の葉の里で一大勢力を築いていた。幻術に秀でた一門だったが、ここ数年は人材に恵まれず、その勢力は衰え、上忍クラスの忍を排出することが出来ずに終わっている。
八雲は本家群雲の一人娘で、体力面に問題があるためアカデミーに入学していないが、幻術の能力はとても優れている。

紅さんは八雲に体力がないことをわかっていたから、忍には向かないと思ったんですね。
八雲は八雲でリーのことを話しに出すけれど、紅さんは自分はガイとは違う、だから八雲を育てることがない、と八雲を捨て置いたのか。
もしかしたら体力面うんぬんより、身体が弱くて持病を持っていたり?とかしたんじゃないんでしょうか。
じゃなきゃそんな簡単にやめろなんて言いませんよね。
まあ人には向き不向きがあるからそういうことも考えて、なんでしょうけど。

里見が丘にきた紅さん、これナルトが変化した姿じゃないですかね。
紅さん(多分ナルト)が八雲の部屋に入ると、紅さんの胸の真ん中が貫かれている絵がありました。
これって現実に起こりうることなんでしょうか。
多分それを見ると幻術にかかるようになっていて、そういう風になった感覚に陥る、みたいなものなんですかね。
結局窓の外に飛び出してナルトとばれてしまいます。(やっぱりナルトだったー)
ナルトは医療班に注射うたれて気絶してしまいますしね。
でも、暗部まで騙せるっていうんだったらよっぽどナルトは変化うまくなったんだ!

ナルトが見たのは、夢の風景だったみたいですね。
山荘って特別警護とかなるんですね…木の葉も暇だなあ。

上忍って寮みたいなところに住んでるんですかね?
だって紅さんの家に行ったんですよね、ナルト。
その隣からガイが出てきたんだから…え、ガイと紅さんてお隣さん!?

紅を追いかけていったナルトは直接聞きます。
紅さんが八雲に封印術を施したことは本当のようです。
だから8班の担当上忍である資格がない、といいます。

暗部て、幻術には弱いんでしょうか…でも暗部でしょ?幻術返しぐらいしろよーとか思っちゃう私はダメですか。
ああも簡単にやられちゃってますし。

緊急伝令用の鳩が持ってきた文書を見て、ガイ、サクラ、キバ、シノ、ヒナタが里見が丘に行くことになりました。
なんでガイなんだろう(笑)
宗家群雲とその妻が死んだことと、八雲が狙われることと何か関係があるようですね。

八雲の幻術能力は危険きわまりない、一応紅が封印術を施したけどその能力を解放することが出来たら、とんでもないことになる、そう判断したんですね。
そういえば、サクラが医療忍者としてちゃんと行くのって、初めてじゃないですか?
今までもちらほらあったけど、ちゃんと治療してるシーンは見たことないですし。
それはやっぱり二部までとっておくとか?
でも、幻術を解く動作は多いですね。
医療忍者としてっていうより、ぴ○ろさんはサクラを幻術使いにしたいんですかねえ(笑)

紅さんはさすがというべきか、幻術返しきちんとしてますね。
でも花の中からうにゃうにゃ出てくるのはちょっと気持ち悪い(苦笑

紅が見つけた二人は、幻術に堕ちていました。
これって八雲がやったんじゃ…?紅を見つけた八雲は紅に泣きながら抱きつきます、が、一瞬だけ口角があがって笑いましたよね?!これ絶対何かたくらんでるって。一番危ないのは紅さんじゃないんですか。

鞍馬一族<紅さんて感じですか強さの度合い。
いや鞍馬が弱すぎなのか紅さんが強いのかどっちがどっちだかわかんなくなってきましたよ(笑)
鞍馬→植物、紅さん→花って感じですけどねーイメージ。

雲海の術にはさすがに紅さんも苦戦してる様子。
幻術かと思い解、と言いますが解けず、紅は自分の胸を刺して幻術を解きます。
でも血のにおいで何処にいるか辿られて、居場所を察知されてしまいます。
でも間一髪?ナルトが中に入ります。
ナルトは本当に幻術に向きませんね。ヒナタの白眼があるからいいですけど、もしいなかったらどうするんだって。
なのに、なぜか影分身にあっけなくやられる雲海。よわ~!

応急処置、とはいえ、やっぱり治療するシーンはありませんでしたね。
やっぱりまだ傷を治すっていうのは出来ないんでしょうか。

八雲は本当に幻術の才能があったんですね。両親も親戚も期待を寄せたけれど、身体が弱かったためにアカデミーに入ることが出来ず、期待に沿うことが出来なかった八雲は酷く落ち込んだ。それを見ていた群雲は三代目火影に相談、そして三代目から紅に八雲を預かり育てるよう命じられた。紅は八雲の個人教授になったが、八雲の能力を封印術で封じた。

あの封印術ってカカシがサスケにしたのと同じ?ようなものですよね。
でもあれって自分の力により能力が封じられたり封じられなかったりしますよね。

紅は八雲の能力に嫉妬したって言いますけど、そんなことで封じたんじゃないと思いますよ。
八雲の力は木の葉を脅かすことになる、だから封じた?
またもしかしたら力が溢れ出すかもしれない、そのときは、殺すんでしょうか。
八雲の両親の死もそれに関係しているみたいですね。
三代目の命令により両親は殺された、と八雲は言いますが。
うーんそんなことあるんでしょうか。だってそうなる前に手なずけてしまえばいいとか(無理)思うんですけど。

EDは下忍いっぱいでいい感じですね。
ナルトが持ってる額あてはサスケのですよね。またEDで使うと思わなかった!(笑)
カカシ、ジラさん、イルカ先生も出ましたね!
しかもEDに砂の三兄弟出たー!!

でも、このOP、EDだとまだ二部には当分入らないって感じですよねーSP終わったら入るかと思ったのに。もしかしたら年内に二部入らないかもしれませんね。

次回「幻術か現実か 五感を制するもの」
来週はなしで再来週だそうで。ちょっと八雲話どうでもよくなってきたー…

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック
NARUTO    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.05 Thu
銀魂25話「鍋は人生の縮図である」
gin1.jpg gin2.jpg gin3.jpg
gin4.jpg gin5.jpg takasugi.jpg
sakamoto.jpg

今日から新OPですね。
なにこれ銀新じゃん!君の後姿を僕は見つめていたんだなんて…!二人で一緒に原チャのってさぁ。
でもやっぱり銀土だか土銀だかわかんないけどあってよかった!( ̄ー ̄)bグッジョブです!
あと高杉さんや坂本さん、そんなに出番ないのにOP?とか思いました。
一回聞いたときはそんなによくも悪くもない感じでしたけど、何回も聞いてるとどんどん浸透してくっていうか、なんかそんな感じでしたよ。

テロップが元に戻りましたね!
3クール目作ってなかったって本当なんですかねえ?
打ち切りの話とか出てたんだろうか?でも結構コアなファンとかいるから!(笑)
始まって数分ずっと銀さん達の姿見えず音声のみ…
何だコレ。
神楽ちゃんが一分五十秒とかいってたけどほとんどあたってた!
で、結局計4分、姿見えず喋ってましたね。ずっとこのままなのかと思ってたよ(笑)
なんか前もこんなことありましたよね~?

なんか皆で一斉に鍋囲んで肉の争奪戦ですか?
定春は今日は寝てるんですね。
神楽ちゃん普通に謝ってるときに銀さんと新八が取り合うから肉が飛び散ってえっらいことに…

な、なんだろう、デスノが始まったからでしょうか?
銀魂もデスノ調なんですけど…腹の内の探りあいっていう感じが。
新八だけかと思いきや銀さんまで。ということは、神楽ちゃんもなのか?
目がさ、ライトみたいだったから(笑)

なんかこんなに肉が喰いたくない喰いたくないいってる人たちの間に入って自分が食べてやりたくなりました…
と思ったら桂さんとエリーがいきなり乱入!
これ明らかに意識して入ってきましたよね!

桂さんの、
「てへ、ばれちゃった」
カワイイんですけど?☆;~♪!

いちご牛乳に餡子って想像したら気持ち悪くなった_| ̄|○ll
エリー凄い!あの手で鶴折っちゃいましたよ。
まあ中に入ってる人がやってるんでしょうけど。

新八も銀さんも目が血走ってて怖いんですけど!?
銀魂は頭脳戦になると見せかけて全部肉体戦ですもんね。

神楽ちゃんの鼻水で全部吹っ飛んだ!?
これでもう誰も食べれないじゃないすか。
鼻からしらたきでてる!神楽ちゃんもお腹ならすとこから意識してやってたって…凄。
でも、鍋の肉は豚肉だった…ってオチでした。
そうか、そうだよね…万屋貧乏だものね。
でも豚肉の鍋もなかなか、美味しいですよ?鶏肉だとばさばさするけど。
牛肉使って作るのもそりゃー勿論美味しいですけど。
でもやっぱりアメリカ産と国産じゃ違いますね(何言ってんの)

お登勢さんが持ってきた肉、すっごい霜降り…
多分国産!美味しいよコレ絶対!

鍋レオンはお登勢さんとキャサリン?かと思いきや
でも最後の勝利者?は神楽ちゃんでしたね。
銀さん達結局少しも食べれてないじゃーん(笑)

「なんかちちくさくていまいち。豚の方がいいアル。」
って神楽ちゃん…
にしてもあんなあつい鍋をいっき食いできる神楽ちゃん凄いね…
「人間ってくだらね」
ってやっぱりデスノ調だったんだ!?(笑)

shinsengumi.jpg takasugi2.jpg sakamoto2.jpg

EDはなんかちょっとシリアスな感じですね。
雪の中一人原チャリ走らせてる銀さんちょっと寂しそうでした。
にしてもこれ覚えやすい歌ですね。
え、EDに坂本さん!?OPにも出てたし、人気があるのはわかりますけど。

次回「恥ずかしがらずに手を挙げて言え」
銀さんヤンキー姿似合ってますね!

「次はキングコングのお二人、よろしくー」
って経由してるよ経由!

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック
銀魂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.04 Wed
BLEACH98話「激突!更木剣八VS一之瀬真樹」
新OPカッコイイですね~!
YUIのRolling Star。

itigo.jpg shirochan.jpg kisuke.jpg
yoruichi.jpg ginran.jpg aizen.jpg

一護がなんか亭主関白みたいになってるのが気になった。
シロちゃんと恋次私服~!
しかも恋次の被ってる帽子かわゆいんですけど。寒いときよく子供が被ってるやつ?に似てた。

ちょこっと乱日みたいなシーンがv
喜助さんの私服と新しい帽子カッコイイ!
いつも普通の服きてればいいのに。
夜一さんも出たのは嬉しかったなあ~

なんかギン乱っぽいシーンもありましたね!
あの後ろから乱菊さんに抱きついてるのは絶対ギンちゃんだと思う。

足元で横たわってるシロちゃん、気になりました。
なんかシロちゃん→乱菊さん→ギンちゃんて感じのイメージ?
そのあとに藍染さん登場!黒いよーもうこの人は白に戻ることはありませんね(笑)
何となく、全体的に原作に戻りそうな感じのOPでした。
(OPだけでこれだけ語れるってある意味凄い)

二週間ぶり、ということで前回の復習からやっぱり始まりました。
うーんやっぱり水曜ってまだまだしっくりきませんね。
そのうち慣れるんだろうけども。どうしても鰤と銀魂は火曜!ってイメージなので昔っから(笑)

今週もシロちゃんの顔に力入ってますねー!
でもちょっと他のキャラは崩れてる気が…
シロちゃんが真樹ちゃんのところに残り、乱菊さん達を瀞霊廷に向かわせようとするのですが、そこで真樹ちゃんが斬魄刀を解放。
シロちゃんが先陣きって行き斬りあった相手が真樹ちゃんかと思いきや恋次でした。
「私の虹霞は光の斬魄刀、虹霞の放つ光が君たちの周りの空気を反射、屈折させ、この空間を作りだしている」
「光の反射による幻影?しかし彼は死神。バウントとは違う。姿が見えなくとも…霊圧も感じない?」
「之芭のように空間移動が出来るのか。」
「いや違う。空間を開いた気配はしなかった。」
「まさか、霊圧を消した…そんなことが。」
「バウントが潜んでいた洞窟は、特殊な鉱石が全ての霊圧を遮断していた。それを応用しているのか」
光の反射による幻影で同士討ちを狙ってるってわけですか。
鉱石で霊圧も消すことが出来るという設定?みたいなので、鉱石をうまく工夫して霊圧を消すようにすることが出来るようにしたんでしょうか。

狙われるチャド(!)を助けたのは剣ちゃんでした。
相変わらず凄い霊圧ですな。
「よう、久しぶりじゃねえか。一之瀬」
織姫とやちるちゃん、何か妙に親近感わきあってませんか(笑)
「一護、こっちにきてんなら一番にうちの隊に顔出しに来いよ。歓迎してやるからよ」
「いや、まあ、今度…」
とあせる一護。ね~ら~わ~れ~て~る~ぞ~

「更木」
「よぉ。なんか面白そうなことになってんじゃねえか」
「ふん」
一護と剣ちゃんはともかく、剣ちゃんとシロちゃんはあまり仲良くない?
っていうか邪魔されたのがちょっと気に喰わない様子に見えた。

「で、どうする? お前はこいつ等の足を止めなきゃならねぇんだろ?やるんなら邪魔はしねぇぜ。」
「更木、貴様!」
「だが、もし此処に残るんなら俺がお前と戦ってやっても良いぜ」

「確かに、狩矢さまのことを思うなら、一人でも多くの死神をひきつけ、瀞霊廷突入の援護とすべき。しかし…」
元十一番隊隊長のことを思うあまり真樹ちゃんはどうすべきか迷ってるようです。
「狩矢様、申し訳ありません…」
と、真樹ちゃんは剣ちゃんと戦うことに決めたようですね。
「よし、ちょうど退屈してたところだ。相手してやる。どんだけ腕をあげたか、見せてみろよ。」

「剣ちゃんも真樹チャンも頑張れ。」
「うるせえ。気が散る。ちょっと向こうへ行ってろ」
「はーい」
ってこのへんのやりとり好きだー!
剣ちゃんて、やちるちゃんに関しては甘々って感じですよね。
やっぱり一番最初に出会った二人だから、信頼関係は凄く強くあると思うんですよ。
原作でもまあ、表現はされてるんですけど、言葉にはあんまりでないんで、そういうのがわかってちょっと嬉しかったv
「ねえ、此処は、剣ちゃんと真樹ちゃんの二人だけにしてあげて。そのほうが、真樹ちゃんも喜ぶと思うから」
やちるちゃんもやちるちゃんで考えてたりするのかな。
やちるちゃんは剣ちゃんの戦いには絶対手出ししませんよね。

真樹ちゃん、姿を消したりもしてますが、やはり剣ちゃんの方が上のようですね・・・

「更木!!光華閃け 虹霞!」

「我が虹霞が輝けば、その光は全てを透過する。一度照らし出されれば、そこに逃げ込む影は無い」
しかし、剣ちゃんは真樹ちゃんの攻撃を全て霊圧ではじき返しました。
やっぱり剣ちゃん、強いなあ。
首を切られる前にひょいとよけた真樹ちゃん。なんかその避け方が、あまりにも笑えたもので。

戦いを終わらせようとする剣ちゃんに、真樹ちゃんの霊圧の質がかわり、次なる技が発動しました。

「光華閃け、彩玉 虹霞!」
すると、真樹ちゃんの攻撃が剣ちゃんにあたりました。
「その名が示すように、護廷十三隊とはそれぞれに守るべきものの為に戦うのでは無いのか!貴様は何の為に戦う?貴様の忠義は何処を向いているのだ!」
「またその話か、何の為に戦うだ?面白れぇからに決まってんだろう。理由なんてねぇんだよ!!」
と剣ちゃんが隊長についてるのにまだ納得がいかない様子。

真樹ちゃんが戦うのは尺魂界の考えに疑問を持っているから、だから同じ理由をもっている狩矢についているのだとか。
「気にくわねえなら、力で俺をねじ伏せてみろよ」
というと、光の玉が剣ちゃんを包み込み始めました。
「虹霞は私の霊圧を得て、無限の光を生み出す。その光は全ての影を消し去り、飲み込むのだ」
虹霞の真の力は、真樹ちゃんの霊圧で光を生み出し、その光がどんどん圧縮されて中にいるものは押しつぶされてしまうということのようです。
剣ちゃんは負けないと信じるやちるちゃん。

剣ちゃんはというと、眼帯を取り外し霊圧を最大限に解放、そして霊圧の塊を霊圧ではじき返してしまいました。凄いな~!
そして刀の切っ先を真樹ちゃんに向ける剣ちゃん。
虹霞は鬼道系の斬魄刀ですから、霊圧をこめることが出来たみたいですね。

「全ての影を消し去り、飲み込む光だ?馬鹿野郎が!全部光で照らそうって考えに無理があるんだよ。光が照らした所には必ず影が出来るもんだぜ」

正義のために力をすべて出した元隊長ではなく、剣ちゃんがなぜ隊長であるのか、どうして自分達の前に立ちはだかるのか、納得がいかない真樹ちゃん。
「くだらねえ!何が崇高だ。それは本当にてめえの目的か?全部人に与えられたことじゃねえのか」
「何をわかったような口を!」
「だからてめえはダメだっていうんだ。人に寄りかかるのと忠義の心は別だろうが。自分の目的のねえ奴とは、戦っても面白くもなんともねえんだよ。」
「ならば、ならば何故私と戦った。嬲り者にして楽しむためか」
「狩矢とかいう奴の目的を果たすなら、一護達を足止めするのが先だったんだろ。だがてめえは俺に向かってくることを選んだ。それはてめえ自身の意地じゃねえのか。てめえの手に入れた力はこの俺を殺す為、てめえ自信がその怨念で得た力だ。その怨念全部ぶちまけてみろよ」
「この男…まさかっ…」
剣ちゃんは全部最初からわかってて真樹ちゃんと対峙しようと思っていたのですね。なんてカッコイイ男なのだ。
元隊長の恨みからくる力でも、自分を倒しにくるという目的があるならばこそうけてたつ、と決めたのでしょうか。
もしかしたら、自分のせいで真樹ちゃんがこんな風になってしまったという負い目もあったかも、しれませんね。
にしても、かっこよすぎる…!
「狩矢様、すみません。この一之瀬真樹、最後の最後にお役にたてないかもしれません。それでも、お許し下さい…」

お互い、最大限の霊圧をこめてぶつかり合う。
真樹ちゃんの斬魄刀は折れ、倒れこんでしまいました。最中、鈴の音が聞こえる…
「剣ちゃん…」
「本気は出したぜ」
このやりとりが切なかったです。

そのまま動かないようですが、真樹ちゃん死んでない、ですよね…?
この終わり方だと死んだみたいで…

EDは前回と違って死神いっぱいで嬉しい!
特に兄さんがいっぱい出てたのが嬉しかった!
絶対スタッフに兄さんファンがいるって(笑)曲はまあ、微妙でしたけども。いいんじゃないっすか?

☆次回予告☆
「剣ちゃん、瀞霊廷に帰らなくてもいいの?」
「ああ、急ぐ必要はねえ。バウントと戦えば、一護はもっと強くなるはずだ。そこを俺が倒すって寸法よ」
「あったまいー」
「というわけだ。頑張れよ一護」
「ああっ、急にお腹がきりきり痛い…」
また隊長格勢ぞろいって感じですね。
兄様登場ー!狛さんと兄さんが話してんですけど!?

☆死神図鑑ゴールデン☆
あれ、いらっしゃいませって言ったぞ?
「山田七席、この書類だが…」
「はい、コンビニの設立計画書です」
「君は、本気で言ってるのかね。」
「現世で研修も受けてきましたから、大丈夫です」
「いえ、そういうことではなくて…ああもう、隊長からも言ってください!」
「山田七席」
怒られると思いきや…?
「化粧品も、置いてくださいね」
「はい」
「隊長…」
伊江村さんも大変だ(苦笑)
卯ノ花さんも化粧品とか興味あるんだ~?
乱菊さん達と選んでたりすると、いいなv

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック
BLEACH    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.10.04 Wed
DEATH NOTE1話「新生」
ぎゃ、また新しくカテゴリ作ってしまいましたよ。

ナイトメアのOPカッコイイなあ~
LVSライトって感じですね。にしても赤髪赤目ライト、ちょっと怖いぞ(笑)
対してLは青髪青目ってとこですか?
l.jpg

しかもミサミサまで出てるし、捜査本部メンバーまで。

絵はホント、申し分ないって感じで凄く綺麗でした。
クオリティ高いですね!
原作のイメージもそのまんまだし、リュークも中村獅童で相変わらずよいし(降板ならなくてよかったね)

ライトはやっぱり赤目設定なんですか?
最初のシーン、授業風景が意外に長いことぐらいかな、違ったのは。
これは多分、ライトが日常に退屈してるってことを表現したかったのだと思いますが。
にしても宮野ライト結構いいな~ところどころ環っぽいところあるけど(笑)、多分それは慣れないから、ということだけで、慣れてしまえば多分いいと思います。

映画版と違って原作重視なので、ストーリ内容は一緒、ところどころオリジナルが入ってる、という感じです。

大学受験は寄木って書いてあるんですけど、これってもしやイメージが代○木ゼミナールとかじゃないですよね(苦笑)

シブタクが想像以上にキモイ(笑)
シブタクに捕まえられてる女の人、バットで首絞められてるのと服脱がされそうになってるのは違いましたね。

「死神か。驚いてないよ、リューク。いや、待ってたよ、リューク」
って言うけど、絶対驚いたって!だってあー!!ってでっかい声で言ったあと椅子から転げ落ちたじゃないですか(爆笑)
まあ原作でもそれは言えるんですけど。

リュークの姿はライト以外には見えない、ということを、母親を部屋の中に入れることで表現したり、リュークの林檎好きを差し入れの林檎で表現するところとか、なかなかですねv
原作だとどうして林檎そんなに好きなのかは表現してなかったですし。
「凄いぜ人間界の林檎は。こういうのなんていうんだ?ジューシー?」
っていうリュークが面白かったです(笑)

原作と違ってちょっと話前後してるとこありますが、どうなんだろ?見る人にもよるだろうけどこっちのがわかりやすいのかもしれません。
にしても、アナウンサー普通に声出演してたのには驚いた!
あと脇役良チンの声、瞳孔開き気味の人と三頭流の人の声に聞こえたのは、気のせいですか(苦笑)?

次回「対決」
粧裕ちゃん可愛い!捜査本部やらワタリやL出る!
何処まで放送するかわかんないけどとりあえず山口Lがどういう風になるのか不安半分楽しみ半分です…

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック
DEATH NOTE    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

税金