アニメ・漫画・映画の感想等…好きなものを好きなだけ(*´∀`*)銀魂とデュラがマイブーム♪
Retrieval
Calendar
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links


Official site
Twitter
Spare Time
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
Profile

李胡

  • Author:李胡
  • トラバ コメント リンク歓迎!
    アダルト 違法 宗教関連サイト以外のリンクはフリーです。

    コメント・TBはフリーですが記事に無関係なもの、宣伝目的、スパム、その他こちらが不適切だと判断した場合、削除対象となりますのでご了承下さい。また一部コメントへの返信は控えさせていただくことがあります。

    ※仕事の関係で不規則な時間帯勤務となったため、更新・TB返信その他諸々遅れます。ツイッターにはほぼ毎日浮上しているので、連絡等ありましたら申し訳ありませんがそちらからお願いします。

Entry
Track Back
Comment
Category
Recommended

BLEACH 死神代行消失篇 6 [DVD]
銀魂´ 延長戦 04(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D かぶき町四天王篇(完全生産限定版) [DVD]
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍刀七人衆の章 2 [DVD]
ヨルムンガンドPERFECT ORDER 6 (初回限定版) [Blu-ray]
黒子のバスケ 9 [Blu-ray]
黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
ソードアート・オンライン 8(完全生産限定版) [Blu-ray]
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]
夏目友人帳 主題歌集(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.3
ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック
サクラミツツキ
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/兵部京介 starring 遊佐浩二
THE UNLIMITED 兵部京介 Character SINGLE/アンディ・ヒノミヤ starring 諏訪部順一
ZERO!!
ユキトキ TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」オープニングテーマ 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
空と原
500年の営み

「鋼の錬金術師 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.07.04 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第64話「旅路の涯」
劇場版製作決定おめでとうございます!
って衝撃告知にちょっとびっくりしましたが…
どんな内容になるんでしょうか、今後の情報が待ち遠しいです!

イシュヴァール政策に乗り出した大佐の下へ訪れたノックスさん
原作読んだときは随分絶望的って感じでしたけど、こうしてみると色々と勉強してたりと
前向きになって和やかな雰囲気になってましたね!
心配して様子を見に来たノックスさんもちょっと拍子抜けしちゃったようで(笑)
「未来を夢見たもに真理を与えた罰だそうだ」
立ち止まるわけにはいかないからと、まだ大総統になることも諦めてないのかな
その前にイシュヴァール殲滅戦の責任をとろうとしてるんですね…
閉鎖地区を開放し各スラムにいるイシュヴァール人を聖地に帰すため尽力すると!
協力してくれたスカー達の恩返しのために、罪が消えるわけではないけどできることから始める…
なんとか前に進もうとしてる司令部メンバーを見ると明るい気持ちになります

そんな大佐の前に現れたマルコーから、賢者の石を使えば視力を取り戻せると提案が!
殲滅戦に関わったものとしてマルコーも罪の意識に苛まれていたんですよね…
「だが使わせてもらおう その上で私は全力を尽くす
ただ、その前に私より先にその石が必要なものがいる 私がその者のあとだ」

イシュヴァールの民の魂が犠牲となった賢者の石を使うのは心苦しいけど、
それでも自分達が先頭に立って政策を進めていけばこの国も変えられるでしょうし
決死の思いで覚悟したんでしょうね…
セントラルに呼び戻されたハボックの足も治りそうで本当によかったです!

暫く安静にしていたスカーだけど、マイルズと共にセントラルに向かうことになりました
錬丹術を得るために生かしていたというのがオリヴィエさんらしい言い方ですね!
「おまえの手で民族を死から救え」
マイルズの言葉にスカーも生かされている意味を探そうと心に決めたようで
スカーが生きているとわかったら肝を冷やすだろうと楽しそうなオリヴィエさんがw
あ、原作だともっと黒いしたり顔で笑ってました(コラ)
「…己れは二度死んだ この世にはいない人間だ 名は無くていい 好きに呼べ」
オリヴィエさんに名前を訊ねられたスカーの台詞がかっこよかったです!
以前とは違ってスカーもやるべきことを見出せたみたいですし…
って最後まで結局本名はわからずじまいでしたねw

賢者の石を手に入れたリンはシンへ戻る前にメイとヤオ家は責任を持って守ると約束したようで!
グリードを受け入れたのだから他の家もまとめて面倒を見るってカッコイイ!
エド達やグリードと出会って考え方も変わったんでしょうね
「シンの者は盟約を必ず守るだろ?」
顔を見合わせて笑うエドとアルがいいなぁ!
リンが王になった暁にはきっとシンもいい国になってるんだろうなぁ
拳をあわせてリンと別れを交わしたエドだけど、また再会することもありそうですしその時が楽しみです

そしてようやくリゼンブールへと帰ってきたエドとアル
久しぶりの再会にエドとアルに抱きつくウィンリィ!
ああ、元の身体に戻ってようやく約束を守ることができましたね!!
ってエドに会うまでの音楽がちょっと暗すぎるような感じもしたんですが(苦笑)
それから二年後、すっかり平和を取り戻したアメストリスでそれぞれのその後が見れました
屋根の修理に時間がかかって思わず錬金術を使おうとしちゃうエドがw
とはいえこうやって手間がかかるのもまた今までにはない新鮮さがあるんだろうなと

その後、大総統になったグラマンは大佐やオリヴィエさんの協力で成り立っているようで
夫人に引き取られて成長したセリムを危険視していた感じでしたけど…
笑顔を見せて手を振るセリムを見て思わずグラマンも表情を緩めていましたね!
ホムンクルスと人間が真に心を通わせることができるのか――
そんな未来がある可能性もまたあるんですよね

左足はオートメイルのままなエドは自分を戒めるためにこのままでいるのだと
これがないとウィンリィが嘆くとかさらりと惚気てるみたいですが(笑)
いろんな場所でいろんな人に幸せをもらった分返していくというアル
「10もらったら自分の1を上乗せして11にして返す
小さいけれど僕達がたどり着いた新しい法則です」

エドとアルもそのためにこれから進む道を決めたようですね!

シンだけではなく東方の国々を回り色々なことを学ぶ…
その第一歩がシンへ行き錬丹術を学ぶとのことですがザンパノとジェルソも同行すると!
ポーズつけて野生の勘が疼くとか言われても~なんでやたらと派手な演出なんですかw
とはいえ二人とも元の身体に戻る方法を探すためというのもあるようで
あの勢いで言われたら面白半分に見えなくもないですけどw
なんだかアルの方は騒がしい旅になりそうです(笑)
アルとは逆に西回りで旅を続け、その知識を持ち寄ればニーナのような不幸を繰り返さずにすむかもしれないと…
「見てみたいんだ、世界の広さを!」
培った知識で他の苦しんでる人達も助けられるかもしれないですしね!

出発の時、ウィンリィに色々オートメイルの扱いについて注意されても
どこかそわそわして落ち着きのないエドがw
「等価交換だ 俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」
列車に乗り込むギリギリのところでついに告白――!!
意を決していってみたのに、錬金術師は馬鹿だとあしらわれちゃいました(笑)
「半分どころか全部あげるわよ」
あはは、さらりと答えが返ってきましたね♪お互い真っ赤な二人が可愛すぎるw
楽しみにしていたニヤニヤシーンが見れてよかったです(コラ)
ここまで本当にスローペースな二人でしたけどようやく進展することができましたね!
等価交換の法則なんか簡単に覆すのはウィンリィだからこそですよねw
抱きしめあうエドとウィンリィにほのぼのさせてもらいました♪
少しぐらいは腰を落ち着けてもいいのかもしれないけど、
やっぱり旅をしてあちこち回ってるほうがエドとアルらしいのかなと!

「痛みを伴わない教訓には意味がない
人は何かの犠牲なしには何も得る事ができないのだから
しかし、その痛みに耐え乗り越えたとき 人は何者にも負けない強靭な心を手に入れる
――そう、鋼のような心を」


EDはホログラム!そしてその後のメンバーの写真が映る演出は原作と同じですね!
って一部増えてるメンバーもいましたが(笑)
ヨキと師匠に何があったのか気になりますw
というか大佐、威厳が出てるのに髭はなしの方向でお願いしますー!(苦笑)
本誌で見たときはなかったと思うんですが…あとで確認してこよう(ぁ
エドとウィンリィの子供達にも温かい気持ちになりましたし、ラストを飾るエドの笑顔がまたいい♪

本当に大縁談で綺麗に収まった最終回でした!!
初期の頃は消化スピードがあまりにも速くて違和感を感じる部分があったりもしましたが
一期では放送されなかったところに入ってからはじわじわと盛り上がってきて、
特にここ数ヶ月、総力戦になってからは毎週見応えのあるシーンばかりで見入ってしまいました!
バトルや声優さんの演技は本申し分なかったし、未読域に入ってからは伏線の回収が
こういう形になるのかと驚いたり、とにかく30分があっという間でした
終わってしまったのは寂しいですが、また時間があるときに見直してみたいなと
キャストさん、スタッフさん、長い間本当にお疲れ様でした!!
それから荒川先生、9年間この作品で楽しませていただきありがとうございました!
TBとコメントでも本当にたくさんの方にお世話になりました
また別作品でもよろしくお願いします♪
スポンサーサイト

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(10)   TrackBack(80)   Top↑

2010.06.27 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第63話「扉の向こう側」
もう今日が最終回な勢いでした!!
ラスト残り一話…みたいけどみたくないという複雑な葛藤が(苦笑)

防御の態勢がとれなくなったお父様に連続コンボを叩き込むエド!
せっかく追い込んだのにまたしても賢者の石を求めて今度はグリードに襲い掛かってきた!(汗)
お父様に引きずられるグリードを必死で掴んでいたのは中にいたリンでした
「一緒に闘おうぜ 相棒」
リンの協力を受け入れるかと思いきや…リンを殴った隙に掴んでいた手から逃れたグリード!
嘘をつかないのを信条にしていたグリードがついた最初で最後の嘘がこんな形になるとは…
ランファンを呼んで自分とリンとの繋がりを断ち切りグリードはお父様に反抗を!
手の甲からウロボロスの刺青が消えていくのが切なすぎる…!
炭化能力を使って一番脆い炭へとお父様の身体を変えたグリードだけど
口の中から引きずり出され噛み砕かれることに…
「十分だ…もうなんにも要らねぇや…じゃあな 魂の…友よ」
リンを助けるために自分を犠牲にしたグリード、最後までかっこよかったです
仲間だと認めてくれた二人に見守られて消えていったのがまた切なかったですが(涙)

お父様の身体を貫いたエドの拳によって残りの賢者の石となっていたクセルクセスの魂が放出
「生まれた場所へ帰れ フラスコの中の小人 ホムンクルス!」
神の力を完全に抑えられなくなったお父様が真理に捕らわれ再び元の形に戻っていくのがちょっとグロかった(汗)
他人の力を利用し、人から生まれただけなのに神に固執し成長していないと指摘されたお父様
完全な存在になりたいといいながら利用することしかしてこなかったから
今までの行いが全て自分に返ってきたということなんですかね…
思い上がらぬよう正しい絶望を与えるのが真理――
「だからおまえの言う通り おまえにも絶望を与えるのだよ」
そして再び真理の扉の中に閉じ込められたお父様!
ここからはもう永遠に出られそうにもないですかね
嫌だと泣き叫びながらひきずられていくのは何とも情けない姿でしたが
こちらはすっきりしない最後でしたね…(汗)

お父様には勝利したものの、まだ戻ってこないアルが…
リンの差し出した賢者の石も、身体と取り戻すときに使わないとアルと約束したからそれをとることはできないんですよね…
必死に方法を考えるエドに自分の命を使ってアルを取り戻せというホーエンハイム!
「父親だからだよ」
理屈とか必要じゃなく、ただエド達が大事で幸せになって欲しいからだと…
人体錬成に走ってしまったのは、ほったらかした自分の責任でもあると思ってるんですね
「もう十分生きた 最期くらい父親らしいことをさせてくれ」
「バカ言ってんじゃねぇよクソ親父!!二度とそんなこと言うな!!はったおすぞ!」
ってそんな申し出受け入れるわけにはいかないですよね(涙)
身体を取り戻すのに人の命は使わないと約束しましたし、
もしそんな方法で元に戻れたとしてもアルもエドも納得できるわけないですもんね!
誰の命も犠牲にしないという意志をきっちり貫いたエドがかっこよかったです!

試行錯誤して思いついたエドは、立ち上がりアルの周りに人体錬成の陣を描き始め…
「ちょっと行ってくるわ 鋼の錬金術師 最後の錬成にな!!」
再び扉を開き、アルの身体を取り戻す代価として差し出したのはエド自身の真理の扉!
全ての人間の内にある真理の扉…つまりは錬金術を使う力があるということ
エドは錬金術を差し出してアルを助けることを決めたのですね!
真理を見せられ錬金術で全てを解決できると思いこんだけれどそれは思い上がりだったと…
「錬金術がなくてもみんながいるって」
錬金術よりも何よりも仲間が大切だという答えが正解だと告げた真理!
ああ、これが本当に最後の錬成となるわけですね…
エドは錬金術よりも何よりも大切なものを見つけたんだろうなぁ
なんだか満足そうな様子の真理が印象に残りました!
これでもう二度と会うこともないと思うとなんだか寂しいような(苦笑)

アル、エドお帰り―!!
扉の向こう側にいたアルと手をとりあって無事に戻ってくることができて本当によかった!
あ、シグさんに抱きつかれて痛がってるシーン、ちょっと見たかったですがw
錬金術の大実験を行っていたということで事態は収束されたんですね
国民に対して今回の事件は上層部が起こした錬金術の大実験という形で公表されたようで
まだまだ混乱は続きそうですが大佐やオリヴィエさん達が何とかしてくれそうですし
夫人の下に届けられたセリムはこれからどうなるのか気になります!
大総統の死に関しても真実は伏せられたままですけどこれはこれでよかったのかな?

「エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリック
あの二人の少年がいなければこの国は滅んでいました」

自分の血がきっかけとなって生まれたお父様の言葉…
こうなってしまったのはやっぱり自分のせいだと思っているところもずっとあったのかな…
エドとアルがいたからこそ助かったという少佐の労いにようやく今までの荷が少しだけ降りたのかもしれないですね
そのままトリシャさんの墓前に向かったホーエンハイムの身体にも限界が…
「充実した人生だった そうだ十分だ…ありがとう、トリシャ
ああ…でも――やっぱり死にたくねぇって思っちまうなぁ ホント俺ってしょうがねえな…」

ついにホーエンハイムまでー!!(涙)
せっかくエドとも和解して素直に話せるようになったのもお別れだなんて!
でも今まで過ごしてきた人生を話したり、トリシャさんにエドが親父と
呼んでくれたことも報告できて本当に幸せだったんだろうなぁ…
なんとも幸せな最期の表情が忘れられません(泣)
ピナコばっちゃんもこんなところを見てしまったらもうそれ以上何もできないですよね

やっぱりお父様を倒すのはエドの役目でしたね!!
ちょこちょこカットされてたり順番が変わってるところがありましたがそれでも
アニメの演出も凄くよくて30分がホントあっという間で…
来週の後日談、いよいよ最終回ですがどんなラストになっているのか楽しみです♪

次回「旅路の涯」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(70)   Top↑

2010.06.20 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第62話「凄絶なる反撃」
『ホーエンハイムの策略により身体からアメストリス国民の魂を失ったお父様だったが、自身の中にある神の力を保持し続けるため、自分の周囲にいる人間たちに襲いかかり、魂を得ようとする。お父様の中の賢者の石を消滅させるべく、生き残ったブリッグズ兵やロイ、アームストロングたちはありったけの力を持って攻撃を仕掛けるのだった。だがお父様の反撃に遭いアルは身体を、エドは右腕の機械鎧を壊されてしまう。そのエドの魂を取ろうと迫るお父様。兄を救うためアルは非情の決意をする。それは………。』


お父様の後を追って地上へ戻ったホーエンハイム達
足りなくなった賢者の石を補充するため再び作り出そうとしていたようですね
なぜそんなに人間を見下しているのかという問いに、賢者の石として精製しホムンクルスを作ることができるからだと…そんなものを作り出したところで破壊しか生み出さない、完全な存在になったと思うのは見込み違いでどん詰まりだと叫ぶホーエンハイム!
「そうかね?ならば人間を生もう」
って自分の身体から突然人間を作り出したお父様がー!!
しかも賢者の石の下となったクセルクセスの人達を出すとは…
足下に歩み寄った赤ん坊の姿に動揺する師匠の姿がなんともいえないです…
そして目の前で全ての人間を消し去ったお父様のやり方が何とも残酷です!!
この衝撃で中央司令部の半分が吹き飛ばされてしまったんですね
ってエド達は大丈夫なんですか!?(汗)

一方、地下からやってきたオリヴィエさん達とグリードも合流したようで
負傷している人間はここに残れというグリードに反発するオリヴィエさん
仲間が戦っているのに自分だけ安全なところにいるなんて耐えられないんだろうなぁ
見た目は普通でも、賢者の石を体内に持って神の力を取り込んだお父様に錬金術師でもない人間はあらがえない…
「私の部下が上でまだ戦っている 私は彼らの指揮官なのだ」
どんなことがあってもオリヴィエさんは部下を見捨てないんですよね
例えボスがいなくても怯まず戦うという言葉を受けて、この場に残ることを決めたオリヴィエさん
少佐に必ず勝てと言付けるオリヴィエさんの決意がかっこよかったです!

「奴の賢者の石を私が焼き尽くす そのためには中尉の助けが必要だ」
リザさんと共に戦う覚悟を持って大佐もお父様と対峙するようですね!
二人とも万全じゃないからホント無理はしないで欲しいところなんですけどね…
そしてランファンやダリウスもグリードと一緒に戦いの場へ!!
師匠を頼んだシグさんの言葉に気合をいれた少佐のキラキラ描写に笑ってしまったりw
「どうだブラッドレイ 私の部下は強かったろう」
倒れていた大総統の亡骸を見て呟くオリヴィエさんがなんだか切なかったです…
バッカニアやフー爺さんの活躍がなければここまで大総統を追い込めなかったんですもんね
スカーからこの話を聞いたことで、オリヴィエさんのこの言葉がバッカニアへの労いになっただろうなと…

爆発に巻き込まれたエド達、なんとか一命はとりとめたものの皆傷がかなり酷いよ…
メイを庇ったアルは鎧がボロボロに崩れて動けないし、エドと師匠を庇ったホーエンハイムの
姿がかなり痛々しいです…二人を守るためにどれだけ賢者の石の力を使ったんだろう(汗)
その様子を後ろから見下ろし、ホーエンハイムを殴り飛ばしたお父様!
そしてエドと師匠に襲い掛かり、賢者の石を作り出そうと襲い掛かってきたー!!
あわや…というところで残っていたブリッグズ兵の一斉攻撃が開始されました!
ここぞとばかりに仲間が駆けつけてくれてホント盛り上がる展開です!
手当たり次第の弾薬を使ってお父様の中の賢者の石を消滅させるため猛攻を仕掛けたようですが
これぐらいの力じゃお父様はあっさり防いでしまうんですよね(汗)

大佐とリザさんの強力タッグ!!
久々に焔の錬金術師の独壇場を見ましたよ!
二人のコンビプレイにテンションあがりっぱなしですー!
リザさん、少佐と共に佇む大佐がなんともカッコイイ♪
アイキャッチもかっこよくて思わずじっくりと見ちゃいました!
「目が見えんから火加減がわからん」
「加減する必要はありません!!」
リザさんが距離を測り、言われた場所に大佐が炎を放つことで攻撃可能としているんですね!
手合わせ錬成はやりなれてないせいかどうにもしっくりこないようですが
大佐の炎を吸収し打ち返してきた時も防御の壁を一瞬で作り出したりと便利なのは確か(笑)
もうそれぞれのキャラに見せ場があって慌しいですw

「貴様の言っていた世界を手に入れるっていうのはこういうことだったのか?」
お父様の力を手に入れれば自分の中の乾きが納まるかもしれない、本当に望んでいるのはそうじゃないだろうと諭すリンはずっと一緒にいたからこそきっとわかってるんだろうなぁ…
ってそのままグリードはお父様の下へ突っ込んでいっちゃいましたけども(汗)
師匠の作った壁の中で蒸し焼き状態になったお父様もほとんど無傷…
なんですかね、この半端ない強さはホント反則すぎですよ!

「無駄なことを 人間ごときは私に指一本触れることができん」
しかしここでグリードが自ら飛び込み、お父様に一撃を加えた!
賢者の石を得るため防御壁を外すことを見越しそのままお父様の力を吸収しようとするとは!
さすが強欲を名乗るだけあります、ここまで考えて動いてたんですね!!
お父様とグリード、どちらが競り勝つかというときに再び総攻撃を!!
壁から剣を作り出した師匠とエド、少佐の連携プレーがなんともカッコイイじゃないですか!
そしてついにエドの蹴りを素手で防御するという行動に出たお父様に限界が訪れたようですね
神の力を抑えられなくなった反動の衝撃で吹き飛ばされたエド達…!
石の材料を求めるお父様の前に、鉄筋に腕を貫かれ動けなくなったエドがターゲットに(汗)

助けにいきたくても動くことすらできず、
今にも血印さえ崩れて消えてしまいそうなアルはメイに対してある頼みごとを告げました…
「道を作ってくれるだけでいい できるだろ?
時間が無い お願いだ、こんなこと頼めるの君しかいない」

右腕を犠牲にして自分の魂をエドが錬成してくれた、ならば逆も可能ではないか…?
エドの右肩のまわりに錬成陣を描き、自分の魂と引き換えに腕を錬成したアル!
「勝てよ、兄さん」
アルー!!!(涙)
エドを信じて自分の身体へと戻っていったアルが切ない…!
でもきっとエドは取り戻しにまたやってきてくれますよね
真理の扉を開ける代償っていうのはホントいつもとてつもなく重いです…
何を犠牲にしてエドが再び扉をあけるのか気になります

アルが託してくれた腕で叫びながらお父様に反撃の隙を与えないエド@朴さんの演技が!!
ホント凄まじくて見ているこっちまで心が痛くなってきます…
そんなエドの攻撃なら勝てると信頼し声を張り上げるまわりの仲間達の声援が!
「俺が欲しかったのはこいつらみたいな仲間だったんだなぁ」
絶対的な力でもなく支えあえる仲間が欲しかったのだと認めたグリードが…
「たてよド三流 俺達とお前の格の違いってやつを見せてやらァ!!」
ついにお父様に攻撃が有効になり叩き込んだあとのエドのキメ台詞に痺れました!!
二巻のあの台詞が別の形でまた聞けることになるとは~!
重い展開で先に進むごとに辛くなったりしますが、アニメでこの先どんな演出なのか楽しみです
原作最終回もようやく読み終えましたが色々凄かった…!
クライマックスに向けてあと二話もあるだなんて身体がもちません~(苦笑)

次回「扉の向こう側」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(67)   Top↑

2010.06.13 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第61話「神を呑みこみし者」
『アメストリス国民全員の命を使い、天の扉から強大な力を引き出したお父様。彼はそれを「神の力」と呼んだ。すべてが絶望的になったと思われたその時、ホーエンハイムの仕掛けた錬成陣が発動し……。一方、別の場所で戦うスカーとブラッドレイの戦闘も今まさに決着がつこうとしていた。』


静まりかえったアメストリス全土が何とも…
やはり無事なのは錬成陣の中心にいた五人だけだったようですが、
国民全員を巻き込み真理を取り込んだお父様が若返ったー!!(汗)
「手に入れたよ、神を」
って本当に神なんて存在になっちゃったわけですか!
指一つでエド達の錬金術を封じ、掌の上で太陽を作り出したお父様
ああ、なんだかもう何でもありな状態になっちゃってますね…
「お前が神とやらを手に入れたとき空既に逆転劇は始まっているんだよ」
と思ったら、事前に仕掛けておいたホーエンハイムの錬成陣が発動したようで!
この日のために自分の身体の中にあった賢者の石を用いて配置し、日食によって落ちる月の影を錬成陣を発動させるための円として用いる――独自にこんなこと凄い事を講じておいたとは…さすがです!
お父様の中にあった魂が持ち主の身体へと還り意識を取り戻した人達
ああ、ウィンリィ達もちゃんと助かってホントよかったですよ…
残るお父様の中の魂はクセルクセスの人たちの魂だけ――
それだけでは強大な神と呼ばれる代物を押さえ込んでコントロールすることはできない…
それでも残った力で反撃してくるお父様のパワーがまだまだ半端ないです(汗)
地の力の流れを読み利用するのは錬丹術の十八番だと、メイが防御壁を作り出してくれました
お父様の攻撃を正面から受けたホーエンハイムを後ろから支えるエドとアルがよかった!
「まいったねこりゃ ボンクラ親父だけど、いいとこ見せたくなっちまうなァ!!」
二人に支えられて何とか押し戻しつつあるものの相殺できるのも時間の問題…

あとは上で大総統と戦っているスカーに頼るほかないようですが、
こっちのバトルも想像を絶するものになってるんですけど!!
錬金術を使うのはイシュヴァラへの冒涜ではないのかと叫びながら襲い掛かる大総統の迫力が…!
遠距離からのスピードのある攻撃も効かないし、ここでも両者の差が明確に出ましたね(汗)
床にお倒され剣を突きつけられようとしたその時、崩れた天井から降り注ぐ光が反射し一瞬視界をふさがれた
大総統の身体に破壊の一撃を叩き込んだスカー!!この衝撃で大総統は両腕の先を切断…!
その直後に折れた剣でスカーの腹を刺した大総統の執念も壮絶でした…
「天も神も信じていなかったが、こういうのを天は我に味方せずとでも言うのかね」
力尽きて倒れた大総統に歩み寄ったのはランファン…
何か言い残すことはないかと遺言を聞こうとするランファンに何もないと告げる大総統
「ナメるなよ あれは私が選んだ女だ 
私とあれの間に遺言などいらん 王たるものの伴侶とはそういうものだ」

やはり夫人のことは大総統の中でも特別な存在だったんですかね…
賢者の石が尽きて白髪になりながら息絶える大総統
「用意されたレールの上の一生ではあったが、お前達人間のおかげで
まぁ多少やりごたえのあるよい人生であったよ…」

敵だけど最後まで自分の意志を貫いた見事な生き様でした…

大総統が持ち去っていた賢者の石が入った小瓶はこういう形でランファンに渡ったんですね
壊れた錬成陣の上に座り、錬成を始めたスカー!
自分の中の憎しみは消えず、矛盾した思いを抱えていてもそれでもアメストリスを救うために協力すると
スカーが起こした錬成陣によってエド達の錬金術も復活!
「好き放題やってくれやがったなこの野郎!クソ真理と一緒にテメェもぶっ飛ばす!!」

先ほど起こしたのはスカー兄が研究を続け作り出したもの…
大地の気の流れを利用する錬丹術と、地殻エネルギーを使う錬金術――
その地殻エネルギーをうまく術に還元できないのは、地下に張り巡らされたパイプ…
賢者の石を使ってお父様が邪魔していたということだったんですか
というか最初にこの国の錬金術に疑念を抱き、国土錬成陣の存在に気づいたのがスカー兄だったとは!!
錬丹術でさらに上書きし賢者の石を無効にする逆転の錬成陣を編み出すことに成功していた…
キンブリーに殺されていなかったらまた凄い錬金術師になってたんでしょうね(汗)
スカーによって発動させられたことで、エド達はフルパワーで戦えることになったと!
お父様の体内にある賢者の石のエネルギーが底を尽きるまで全力で叩きのめす!!
溶鉱炉を作り出した師匠の錬金術がなんだか凄かったですw

ってグリードやエド達の猛攻も交わして上へと飛び出したお父様に思わず笑ってしまったり(コラ)
地上へ戻り、まわりを囲んだ兵士達から魂を取り出し再び賢者の石を精製するお父様
その後を追って全員が向かおうとする最中、プライドに縛り付けられたエドだけここに残ることに!
一人だけにしても今のエドならきっと大丈夫ですよね…
戻った大佐とリザさんのやりとりもまた切なくなっちゃいました
視力が奪われたというのに、こんなときでもリザさんの傷の具合を心配してるし…(涙)
でも大佐もまだ戦うことを諦めてはいないようですね!
ここからはリザさんと二人で協力して他のメンバーのサポートに回るのかな
動揺しつつも受け止めたリザさんはやっぱり軍人だなと思いました
そしてグリードも大総統の最期の表情を見て何か思うことがあったんだろうなと
今まで自分がどんなに戦っても倒せなかった相手が死んでどう感じたのか…

生みの親に従うのは当然だというプライドにつまらないと一蹴するエド!
今までホーエンハイムに反抗しっぱなしだったエドらしいなとw
「お前がそんなボロボロになってんのに気にも止めないんだぞ」
お父様にそういう愛情はないんですかね…
だからこそ仮初の家族でもプライドは受け入れてたんでしょうか
対してプライドは常識をあてはめるなと、崩れた容れ物から飛び出しエドに触手をつきたてた!!
というか中身が無事ならエドの身体を乗っ取るなんてこともできちゃうんですね
ホーエンハイムの血を受け継いだエドだからできるということらしいですが…これは(汗)
このままエドのピンチが続くかと思いきや…プライドの中に残っていたキンブリーの魂が邪魔を!!
「怨嗟の声など私にとっては子守唄に等しい」
まさかここでキンブリー@吉野さんの出番があるとは思わなかったですw
飲み込まれてからずっと自我を保ってたとは…さすが異常者と自覚してるだけあります(苦笑)
ホムンクルスの矜持を持ったまま戦っていれば見過ごしたけれど、危険を感じた途端
人間の身体へ逃げ込もうとするその手段が許せないと反抗をしたんですね!
「あなたはエドワード・エルリックをわかっていない!」
その隙をついて再び立ち上がったエドは自ら賢者の石として精神に入り込みプライドを捕獲し粉砕!
最後はなんともあっけなかったですね…そして手の上には残った本体だけが…
「そこで待ってろよ、バカセリム!」
死の間際家族の情景を思い浮かべるプライドもまた少し切なかったです
ここで殺さず見過ごしたけど、やはりエドだからこういう選択をしたんだろうなと

息を呑む展開の連続に見終わったらいい意味でどっと疲れました(苦笑)
ホーエンハイムの仕掛けた伏線もしっかり回収がありましたし、
一番驚いたのはキンブリーがエドを助太刀したことでしょうか
最後まで全力疾走で進んでくれそうで楽しみです!

次回「凄絶なる反撃」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(64)   Top↑

2010.06.06 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第60話「天の瞳、地の扉」
『ついに5人の人柱がお父様のもとに出揃う。だがエドやアルたちはあきらめず、メイ共々、国土錬成陣の発動までにお父様やセリムを倒そうとする。同じ頃、別の場所でブラッドレイとスカーの戦いも始まった。重症を負っていたブラッドレイであったが、その動きはスカーを凌駕し、ついには止めを刺す寸前まで彼を追い詰める。だがその時、スカーの左手より錬成の光が発生、床からとげのような石柱がブラッドレイを弾き飛ばした。』


カットされてたロス少尉とブロッシュ軍曹のやりとりがようやく見れた!
久しぶりの再会に号泣して抱きつきそうになってたりと反応が面白いです
でもまさか生きてるとは思ってなかったでしょうし本当に嬉しかったんですよねw
とはいえせっかく出てきたのに出番はこれでほぼ終了しちゃいそうな(ぁ
大総統に会いたいという夫人の願いも拒否されてしまいましたが
今出ていったところでどうしようもないのがわかってるからここに留めておくしかないと(汗)

「アルフォンス様 あれは私がもらいます」
目の前のお父様が不老不死だとわかったメイは一人で立ち向かう覚悟を!
錬丹術があったとしてもいくらなんでも単独で対峙するにはヤバイ相手ですよ…
先ほど大佐に強制的に扉を開けさせた、そんな方法があるならどうしてしなかったのかと
疑問に感じたエドに、プライドが仕方なくこの手段を用いたことを話す大佐
リスクがあるからこそ選びたくはなかったみたいですけど、
それはプライドの容れ物に表れてるみたいですね
以前ならエド達の攻撃に対し影を使って反撃に出てきたけど今回はあっさり避けてましたし!
「不老不死 いただきます!!」
お父様に向かってメイが投げた武器が倍以上になって返ってきた!!(汗)
それを避けて遠隔錬成で動きを封じたもののノーモーションで発動するお父様には
どんな術も効かないようで…大総統も凄いけどお父様の攻撃も反則すぎる強さですよ!

大総統と対峙するスカー!
死に直面してようやく地位や人種、性別など何にも縛られずに戦えるのが心地良いと…
「私を壊してみせろ 名も無き人間よ!!」
スカーに頭突きを繰り出したりと大総統の気迫が凄すぎる!
なんだかこの台詞がカッコイイと思ってしまいましたw
とはいえスカーも押されるだけじゃなく本当に両者のバトルは凄まじいものになってましたね
右腕を剣で封じられたスカーは錬金術で反撃に!!
その反応に驚く大総統だけど、破壊ばかり繰り返してきたスカーがまさか…といった感じでしょうか
「わが兄の研究所から得た再構築の錬成陣だ」
自分に何ができるのかずっと考えてたどり着いたのがこの答えだったと!

倒れたメイに指先から作り出した銃を向けるお父様
ってこの状態になるとホントなんでもありなんですね、不気味すぎる(汗)
メイを庇うように前に出たアルの表情が和らぐのがよかった!
プライドと一対一のエドに対して小さいものと戦った経験が少ないとか言われちゃってましたが…
「だからこそ…チビの攻撃パターンはわかるんだよ!」
襟首を掴んで頭突きとか、こういうやり方がエドらしい(笑)
ってこれでついにプライドの顔の一部が崩れた!?なんだか限界も近いようですが…

アルの攻撃を援護する師匠がカッコイイー!
とはいえ渾身の一撃も空しく拘束されたエド達が地面に叩き伏せられちゃいました!
「遊びはここまでだ 働いてもらうぞ、人柱諸君」
膨大な宇宙の情報を記憶するシステム、その扉を開けたらどれほどの力を手にすることが
できるか考えたことがあるかと問いかけるお父様…人柱を使ってその扉を明けるのだと!
そんなとき後を辿ってきたグリードが駆けつけたー!!
「世界の中心は俺のものだ 俺は世界を手に入れる!」
お父様を一瞬で粉砕してこれで終了…というわけにはいかないですよね(苦笑)
グリードの行動も予測済みだったとそのまま自分の計画を続行…
こうなってしまってはもう誰にも止められないというわけですか(汗)

机の上の錬成陣に手をかざした直後、赤い光と共に闇に包まれたアメストリス全土…!
「この力を持ってしてこの星の扉を開ける」
ついに国一つ使った錬成陣が完成してその場にいた人たちが次々と犠牲に…
苦しみながらホーエンハイムに文句を言うピナコばっちゃんや、エドに呼びかけるウィンリィが~!!
巻き込まれた人たちがどうなっちゃったのか心配です!
無事なのは人柱にされた五人だけ…なんてことはないですよね?
ちょ、巨大化して扉から出てきたお父様が気持ち悪すぎる…
空に浮かんでるのは真理っぽい感じですが、これと融合して新たな力をってことになるんですかね?
後半は未読部分だったので終始緊張しながら見てしまいました
なにやらとんでもない展開になってきましたけど、頑張ってついていこうと思います!

次回「神を呑みこみし者」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(10)   TrackBack(61)   Top↑

2010.05.30 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第59話「失われた光」
『金歯医者とロイの対決の場所へ、一瞬の隙を突きメイやザンパノたちが襲来。一挙にその場の形勢を逆転させるが、そこへなんとプライドと、死んだと思われていたブラッドレイが姿を現す。剣を取りロイに襲い掛かったブラッドレイは、そのまま彼の手のひらを突き刺し床に縫いとめる。そのロイを使ってプライドは金歯医者を犠牲に、強制的な人体錬成を行い始めた。』


「わかったよ、中尉 私は人体錬成はしない」
大佐よりも優位に立って会話していた金歯の医者が上へと消えた!?
丁度加勢に駆けつけたジェルソが拘束してくれてたんですよね
先ほどのリザさんの目配せはこれを示してたってことで、一瞬でそれに気づいた大佐も凄いです!
ってここまできても自分を殺せばリザさんが助からないとか命乞いする医者に原が立ちます!
賢者の石に気づいて手を伸ばすメイだけど、死ぬなと声を懸ける大佐を見て手を貸してくれました
本当は自分だって喉から手が出るほど欲しいものだろうけど…
目の前で助けを求めてる人がいるのに見捨てることなんてできないんですよね
「それに人体錬成なんてしたら撃ち殺してやるなんて形相で君が睨むのでね」
錬丹術で止血され、意識が戻ったリザさんと大佐のやりとりが見れてよかったです
無事に生きてるからできるわけだけど、こういう何気ない会話にニヤリとしちゃいます♪
一時はホントどうなることかと…(汗)

大総統候補も一掃し、一息つけるかと思いきや後方から大総統が来ちゃいましたよ!!
堀に落ちたあと排水溝から地下へ入り、内部へと戻ってきたんですよね…
大切なものが目の前で倒れたら大佐は人体錬成をするだろうと踏んでいた大総統
だけど今の大佐には止めてくれる人や正しい道を示してくれる仲間がいる――
エンヴィーのときの大佐だったらホントどうなってたわからない感じだったかもですね…
「まったく人間というやつは…思い通りにならなくて腹が立つ」
腹が立つといってるのにそんな表情に見えない大総統、
大佐達のような存在があったからというのもあるんですかね…

医者を拘束していたジェルソを切り裂いたのはプライドの影!
大総統一人だってヤバイのに、プライドまで集結しちゃって…これはかなりピンチな状況に!
リザさんから離れた大佐に一気に詰め寄り両手を剣先で地面に止めつけると医師の身体の中に
ある人体錬成の構築式を利用し強制的に真理の扉の前へ――!!
あわわ、大佐がついに五人目の人柱として引きずり込まれることになっちゃいましたよ…

「さて、私はごらんの有様なわけだがアメストリス大総統を討ち取って名を上げるのは誰かね?」
既に傷だらけで致命傷負ってるはずなのにこの威圧感は…
どんなに束になっても勝てるわけがないって感じてしまうのもわかる気がします
真理の扉の前からお父様の下に放り出された大佐
見た目はどこにも問題ない感じだったけど、
真っ暗で何も見えんという言葉に嫌な予感が的中しちゃいましたよ!
…扉を開けた代償として大佐の視力がー!!!(汗)
なんとも残酷な展開になってしまいましたね…
個人的には大佐の足を持ち上げて確認してるエドが見たかったですけどw

「人間が思い上がらぬよう正しい絶望を与える それこそがお前達人間が神と呼ぶ存在『真理』だ」
「そんなスジの通らねぇ真理は認めねぇ!!」
強制的に行った結果視力を奪われたのが正しいのかと反論するエド
自発的に人体錬成を行った者ならともかく、
強制的に発動させられて体の一部を失うことになんてなるのは納得いかないですよね…
久々に聞いたエドの啖呵がかっこよかったです!!
大総統VSスカーはまたなんとも凄いバトルになってましたね
グリードと戦ったあとで大分疲弊してるとはいえやっぱり強すぎる…
本当の名前がないもの同士のバトルはまた壮絶なものになりそうです!

エドやメイがアルに呼びかけているとき、アルは扉の前で自分の肉体と対面!
ああ、ようやくこうやって会えたのに骨と皮だけの姿がなんとも…
「おかえり」
手を伸ばしたアルがこんな身体で戦えるわけないと叫ぶ姿が痛々しすぎる(涙)
元の身体に戻ることを何よりも望んできたのに、例え一緒になったとしてもエド達の手助け
すらできないってわかってしまったんですよね…
必ず戻ってくると約束したとはいえ仲間を助けるために迷いなく決断したアルは凄いなと
「気高いボクの魂よ 君の容れ物として誇りに思う
――けど、君が戻ることでこの世が絶望に満ちてしまうかもしれないんだよ」

再び意識を取り戻し現実世界へと戻ってきたアル
「五人揃った!!」
人柱が五人勢ぞろいし笑みを浮かべるお父様が不気味です(汗)
大佐の視力も奪われて、モーションなしで仕掛けてくるお父様とどう戦うのか…
来週からは未読部分も入ってきそうなのでどうなっていくのかハラハラします~!

次回「天の瞳、地の扉」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(61)   Top↑

2010.05.23 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第58話「ひとばしら」
『フーとバッカニアの命がけの連携、そしてランファンやブリッグズ兵らの手助けで、ついにグリードはブラッドレイを城壁より叩き落とす事に成功する。リンは、フーを助けてくれたバッカニアの最後の頼みを聞き、グリードの力を借りてたった一人、中央兵へ猛攻を仕掛けた。その頃、無数の影の手に捕まれ真理の目の中へと引きずり込まれたエドは、アルやイズミらとともにお父様の間へと放り出される。』


バッカニアとフーの連携もあり大総統を追い詰めたグリード!
それにしてもここまで深手を負いながらも諦めない大総統の執念も凄いというか(汗)
崩れた城壁から落ちかけたグリードを助けたのはランファンでした
オートメイルの腕で二人分の体重を支えられるわけなく腕からは血が…
「もう、間に合わない…」
フー爺さんの死を悟ったランファンの言葉が(涙)
ブリッグズ兵の銃撃でグリードの手を離し、
堀へと落ちていった大総統ですがこれで終わるような相手じゃないですよね

賢者の石があるのにフーを助けることができないリンの叫びが痛々しいです
「なんでだ…不老不死を手に入れても臣下一人救えないのかよ…」
大総統に致命傷を負わせ、フーの死を無駄ではなくなったというのに倒れているバッカニアに何もできないと…しかも中央軍が息を吹き返し、ブリッグズ側はそろそろ弾も尽きる頃…
息もたえだえな状態で、正門の扉を守って欲しいと頼むバッカニア
オリヴィエさんの命令が出るまでここは死守しなきゃならないんですよね
それを聞いたリンはランファンにこの場に残るように言い残しグリードの力を借りて中央軍と戦う決意を!
「シンの人間は盟約を必ず守る」
ここから中央軍を間を一気に突破していくグリードの動きが凄かった!
一気に下まで爆破が伝わっていく様子は大総統のときの逆バージョンみたいな感じで(汗)
全身硬化した状態のグリードに一般兵が敵うはずないですよね…
炎を背に立ち止まっているグリードは怖いけどかっこよかったw
「さらばだ同志 ブリッグズの峰より少し高い所へ先に行ってるぞ」
リンが約束を守り戦っているところを見届け、フー爺さんに続いてバッカニアまでもが…
フー爺さんもバッカニアもお疲れさまでした(涙)
最後までオリヴィエさんからの命令をたがえることなく
軍人としての務めをまっとうしたバッカニアのことを最後まで見届けましたよ

突然姿が消えてしまった師匠の消息がわからないオリヴィエさん達に、
バッカニアが大総統の戦闘において亡くなったとの報告が――
大総統が簡単に倒されることがないと叫んでた上層部の一員はオリヴィエさんに殴られることにw
「奴が笑って逝ったのなら我々が泣くわけにはいかん」
部下の死を悲しんでないわけじゃないけど今何をすべきなのか考えて行動するオリヴィエさんが男前すぎる!
どんなに辛くても前に進まなきゃいけないっていうのは切ないですが…

その頃、真理の扉に引きずり込まれたエド達はある場所に集合させられていました
師匠と再会したのも束の間、お父様の身体に取り込まれぐるぐるまき状態のホーエンハイムがシュールw
それにしても人間の皮がなくなってからますますグロイ外見になっちゃいましたね…
「歓迎するぞ 人柱諸君 ようこそ、私の城へ」
ただでさえ敵の懐に入り込んじゃってヤバイのに、アルの鎧からも反応がない!?
かなりピンチな状況になってきちゃいましたよ…

大総統候補と戦っていた大佐達
銃弾がつまり拘束されたリザさんを助けようとした大佐も剣先で発火布を破られ
錬金術が使えなくなり、スカーも身動きがとれない状況になってしまいました
「さてとマスタング君 ちょっと人体錬成をして扉を開けてくれないかね?」
誰でもいいから真理の扉をあけて戻ってさえ来ればいいと、
足りない人柱候補のために大佐に人体錬成をさせようとしているんですよね
頑なに拒否する大佐の前で剣を突き刺され首元から出血するリザさんの姿がー!
あわわ、リザさんになんてことするんですか!!(汗)
「私はね…命令で死ねないことになってるのよ…」
必死に大佐に訴えかけるリザさんだけど、出血が止まらないし段々と意識が朦朧と…
錬金術の使える医者がいて賢者の石もあると仄めかす金歯の医者が最低です
人体錬成なんてする必要がないと説得するリザさんの前で大佐が決断したのは…?
「わかった」
と一見納得したような返事をしたように感じますが
ってこことで切っちゃうわけですかー!またなんとも続きが気になる終わり方で(苦笑)

次回「失われた光」
次回は大佐が…な回ですね(汗)

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(67)   Top↑

2010.05.16 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第57話「永遠の暇」
『お父様を見つけ出すため地下を進むエドやロイたちは、その途中の広間にて金の差歯をした医者と出会う。自分のことを「キング・ブラッドレイを作った男」と紹介したその医者は、ロイがいると知るや、周囲より壮年の屈強な『ブラッドレイになっていたかもしれない』男たちを呼び出し、エドたちを襲わせる。一方、中央司令部入口にてブラッドレイと戦うグリードとフー。しかし二人がかりでかかってもブラッドレイを倒せず、逆にフーが斬られてしまう。』


一般人を犠牲にして上層部が不老不死を手にし世界を統一する話をきいたオリヴィエさんと師匠のオーラがドス黒くなっちゃいました!!でもこんなこと聞いて黙ってられるわけないですよね
魂だけが永遠に生き続けられるなんて掲げられて余計師匠の怒りを煽ることにw
懲りずに自分についてこい!って叫ぶ相手に思わずスリッパで殴った師匠!!
あ、せっかくだから原作どおりオリヴィエさんとのダブルツッコミが見たかったんですが(笑)
上官の命令に絶対服従な反面、今何を信じていいのかわからないという中央兵に叱咤する二人が!
「自分自身の魂に恥をかかせない生き方を選べばいいじゃない」
もうこういうとこのオリヴィエさんや師匠の生き様ってホントカッコイイですよね♪
再び敵に囲まれ危険な状態になりつつことを見据えて、何かあれば見捨てろと言い切りますし
その言葉にバッジや帽子を脱ぎ捨てて答えをつきつけた軍人達はそのままオリヴィエさん達に同行することに!
やばくなったら横穴でも掘って逃げるという師匠はオリヴィエさんに対して一緒に逃げないかと誘いました。一度脱出して態勢を立て直して再び攻め込む方が得策…とはいえオリヴィエさんの答えは決まってそうですね!

地下を進むエド達の目前には大総統を作り上げた医者が出現!
ここにきてあのときの怪しげな医者が再登場するとは~(汗)
事前に訓練させておいた大総統候補生を何人も用意し時間稼ぎのためにエド達に仕向けてきました
賢者の石が入ってないとはいえ戦闘能力はずば抜けて凄いってことで一筋縄じゃいかないですよ…

一方、大総統と対峙するグリードとフー爺さん!
ここもまたバトルがとんでもないことになってましたね!
偶然とはいえフーの剣がグリードの背中に誤ってあたっちゃうとこが好きです(コラ)
顔を踏みつけられナイフでコートの裾を縫いとめられ身動きができなくなったグリード
一人で戦うことになったフー爺さんだけど…
額を斬られて視界が霞みその間に懐に入られ斬りつけられることに!
身体を取り戻し、ギリギリのところでフーを助け出したリンの動きが凄かった;

「アイツは自分の国の民をも見捨てようとしている あれは俺の目指しているものとは違う!」
ああ、フー爺さんの身体から夥しい出血が…
もう助からないと見込んで最後の攻撃に出たんですよね(汗)
グリードに硬化するよう頼み、死を覚悟して突撃していったフー爺さん!
「この老いぼれはここで永遠のいとまを頂戴いたす!」
隠し持っていた爆弾を着火させ自分の命を懸けて大総統を倒そうとしたもののそのまま真横に切り伏せられてしまいました!リンに面目ないと後悔しながら意識が薄れていくのが…
「例え神のごとき目を持っていようとも見えないところからの攻撃は防ぎようがあるまい」
フー爺さんの体の影から剣をつきたて、大総統に傷を負わせたバッカニア
こちらも失血死するとわかってて自分の身体の剣を抜いちゃうし
二人の連携が凄かったですよ…辛かったけど二人の勇姿が本当にかっこよかったです!
そして大総統にできた一瞬の隙を狙ってグリードの手刀が最強の目に…!
ここまでの演出に迫力がありすぎてどうしようかと~もうホント大総統が強すぎる(汗)

先を急いでいるアルたちはようやく中央司令部近くまで駆けつけたみたいですね!
溝に嵌ったり街頭にぶつかったりして予想以上に時間がかかっちゃったみたいで言い争いしてるしw
地下で戦い続けるエド達も苦戦を強いられていました
おお、リザさんと大佐の背中合わせの共闘がまたカッコイイ♪
そして師匠とオリヴィエさんの会話のシーンも大分増えてましたね!
地下に降りる最中に過去の話を持ち出したりしたのはやっぱりオリヴィエさん達相手だったからかな?
人体錬成をしてわかったのは絶対に成功しないということ――
真理の扉を開けたものは人柱になる、その情報が手に入るだけでも有力だと
「死んだものへの未練など無意味 死なせないために戦うのみです」
ああもうどうしてこんな男前発言ばかりなのか!
オリヴィエさんならもし錬金術が使えたとしても人体錬成なんて絶対に考えないだろうなぁ…
師匠と話すことでエドの決意を露にした目の理由が少しだけわかったようで
そんな愚直なまでの思いがこの戦いで活路を開くのか、仇となるのか…
わからないけどエドを信じているっていうのが感じられますね
脱出しようとしている師匠に、最後まで残って戦うと覚悟していましたし頼もしいです!

足元に描いた錬成陣から五つの頂点を持つ巨大な錬成陣を発動させた医者
研究所を繋ぐ地下通路はここに繋がるよう円を描いていたと!
強制的に真理の扉が開かれ、引きずり込まれていったエド、アル、師匠がー!!
またしても一気にピンチになってしまいましたが一体どうなるのか(汗)

次回「ひとばしら」
せっかく登場できたのけど主人公の活躍はもうちょっと先な感じですね(苦笑)

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(64)   Top↑

2010.05.09 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話「大総統の帰還」
『お父様と対峙したホーエンハイム。膨大な時を使い、自らの中にある53万6329人の魂たちと対話を終えていたホーエンハイムは、彼らを使って、お父様の身体を内側より破壊しようとする。一方、中央司令部正面入口へ舞い戻ったブラッドレイに対し、ブリッグズ軍は一斉射撃を加えるが、ブラッドレイはたった一人でそれらを撃破。バッカニアも瀕死の重傷を負う。絶体絶命の状況の中、それでも一人、必死に大総統へ銃を構えるファルマン。そこへなんと行方不明だったグリードが立ち塞がった。』


冒頭は少し過去の話が入りましたね
クセルクセスから逃げ出して砂漠をひたすら歩いていたホーエンハイム
その間にも延々と自分の中の魂と会話していたと思うとどんな気持ちだったのか…
そんな一人一人の魂に対してお父様を倒す目的のため協力してもらおうとしたと!
「俺の中にいる五十三万六千三百二十九人全員と対話を終えている!
俺たちの力でその容れ物壊させてもらうぞ!!」

身体の中から破壊されそのまま倒れるかと思ったお父様だけど…自ら皮を捨てて出てきた!(汗)
今度は一転してホーエンハイムがピンチな状況になっちゃいましたね

「私の城に入るのに裏口から入らねばならぬ理由があるのかね?」
正面突破してくる大総統の台詞が怖すぎるw
ここから戦車相手に物凄いバトルが繰り広げられてましたね!
スローでの演出も迫力ありましたし、大総統が通ったあと血の海になるのがなんとも(汗)
戦車の運転手は気づかないうちに剣で貫かれてるし、最後は手榴弾によって木っ端微塵に…
バッカニア達のいる扉から出てくるとこまでホント容赦ないのが怖かったです

迎え撃ったバッカニアも一瞬にして切り伏せられてしまいましたし…
門を開けるよう命令されたファルマンも震えながら銃を向けるけど明らかに無理だろうと(汗)
オートメイルを破壊されてそれでも立ち上がるバッカニアが凄すぎる!
それを蛮勇だと一蹴する大総統の前に現れたのはグリード!!
「だけどなんでかねぇ…そういうの見捨てる気持ちになれねえんだよなあ」
上から大総統を見下ろす形になってるのがカッコイイですねw

大総統の帰還で勢いを増した中央軍に苦戦するブリッグズ兵
そして大総統が無事だという知らせは夫人にも伝えられましたが…
大佐を守るためにクーデターの首謀者をオリヴィエさんにしなければならない状況に
今まで協力体制にあった分こういうやり方は痛手だけど他にいい案もないですし…
全権が大総統に戻った場合、例え夫人がいたとしても意味はないというロス少尉
言葉どおりきっと簡単にそのまま切り捨てられちゃうんでしょうね…

「あいにく底なしの強欲なんでね お前の命も欲しいんだよ ラース」
列車事故に巻き込まれた時も最強の眼で逃げ道を確保し逃げ切った大総統
昔ほど身体がついてこないらしいですけど、全盛期には一体どれだけの強さだったのかとw
ファルマンに話しかけられて一瞬だけリンに戻ってまたすぐグリードに入れ替わるのが(笑)
ここからまた大総統とグリードの戦いがとんでもないことに!!
ホント傍にいたら巻き込まれてどうなるかわからないですよ
死角に入り込んで隙を突くやり方も、大総統が眼帯をとっちゃったらグリードが押され気味に…
加勢しようと銃弾を浴びせるブリッグズ兵を一太刀で掃討しちゃいましたよ!
そんな中再び向かっていったバッカニアは自分の身体を犠牲にして大総統の剣術を封じる行動に!
「無茶すんなバカ野郎!!だがよくやった!」
とはいえその場に倒れていたブリッグズ兵のナイフを手にして相変わらず余裕な大総統が(汗)

大総統の援護に向かおうとする中央兵を何とかするのは迷いながらも指示を出したファルマン
そのおかげで足止めはできたけど、この間に駆けつけたフー爺さんが大活躍でしたね!!
煙幕で目眩まししたうちにあっという間に一網打尽にして上へと駆け上がると大総統に攻撃を!
どうやらリンの身体でグリードの気を放っていたから居場所がわかったようですけど
「こやつが我が孫娘の腕を千切りよった男か!」
ランファンの敵だと知ったとたん目の色が変わってフーの雰囲気もがらりと変わりましたね…
というか予告がネタバレすぎるんじゃ…来週もまた重い内容になりそうですね(汗)

次回「永遠の暇」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(60)   Top↑

2010.05.02 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第55話「大人たちの生き様」
『ついに中央司令部本部を占領したバッカニアらブリッグズ軍。その頃、生き残った中央軍の兵士らと共に大量の人形兵と戦うオリヴィエとアームストロングだったが、そこへ動きを封じていたスロウスが再び動き始め、彼らに瀕死の重傷を負わせる。それでも逃げず、その場にいる兵士たちのために戦おうとするアームストロング。そんな彼らの元に、意外な人物が助けに入った。』


地下の奥へと進むエド達だけど…どうやら道に迷っちゃったようでw
どこぞの無能が馬鹿やってるから見に来てやったとか恩着せがましいのが(笑)
この二人が口喧嘩してる後ろでスカーとリザさんが隣通しで歩いてるのが不思議な感じです
「スカー 今のうちに礼を言っておくわ 大佐の説得をしてくれたこと」
自分のような人間に礼を言われても原が立つだけかもしれない…
「あの人、取り戻せたかもしれない…元の自分を ――ありがとう」
こうやって誰かに感謝されるなんて考えられなかったんだろうな…
自分が今までやってきたことを思い返せば余計でしょうね、スカーの心の変化が見て取れました…

中央司令部内の作戦本部はブリッグズ兵が制圧!
戦車で派手に砲撃を繰り返していたのは錬金術で地下道を掘る音を相殺するためと
気づいたけど時既に遅しってことですね(笑)
東西南北の門を閉じ、人形兵を殲滅するようバッカニアに命じるオリヴィエさん!
そして動きを藤田はずのスロウスも復活し少佐とオリヴィエさんに再び襲い掛かってきました
思いっきり引っ掛けられた二人が痛々しいです…

二人を逃がすための時間を稼ごうとスロウスを縛っていた鎖を使って押し留めた中央軍
「逃げろというのか…我輩にまた戦場から逃げろというのか…
そんなマネできるわけがなかろうが!」

自分たちのために必死な部下達をおいていけないとその場に踏みとどまった少佐にスロウスが…!
って次の瞬間思いっきり吹き飛んだスロウスの後から師匠来たー!!
「いいねぇ逃げない覚悟!いい男じゃないの
ま うちの旦那の方が数万倍いい男だけどさ」

あはは、さらっと惚気話を入れる師匠がさすがです(笑)
それにしてもちゃんとドア作って出てきたりと演出が細かいw

バッカニアに援護するように頼まれて来たってことですが、ホント頼もしいですね!!
向かってきたスロウスを素手で投げたあとシグさんのラリアット炸裂シーンが凄かったww
あまりの凄さにその場で見ていた少佐とオリヴィエさんも唖然としちゃってますよ(笑)
しかもシグさんの筋肉を見て勇気百倍筋肉千倍な少佐がww
同士を見つけてすっかり完全復活ですね、暑すぎる男の友情に爆笑でした!(コラ)
そのまま二人で協力して体術だけでスロウスを一網打尽に!
それでもなお起き上がろうとするスロウスだけど…破壊され続けたことで再生が不可能になり消滅!!
最後までキラキラ描写が派手になってましたね~面白かった♪

さすがに疲労しきちゃったオリヴィエさんと少佐は師匠がエド達の身内だと知ることに!
エド達もここにいると知った矢先立ち上がる二人がカッコイイですね
「これからこの世を背負っていく若者に
今この世を背負っている大人の我らの生き様を見せんでなんとする!!」

ああもうこういうとこのオリヴィエさんがホント男前すぎてどうしたら!
若者が頑張ってるのに休んでなんかいられないって意気込みがカッコイイです!
そんな二人にこの後も引き続き協力してくれることになったけど…
師匠は人柱候補になってしまってるから危なくなったら逃げなきゃいけないんですよね(汗)

お父様と対峙するホーエンハイムは、どうして感情を切り離して捨てたのかと
過ぎた欲は身を滅ぼすことになるけど、人間を理解するためには必要な感情…
って質問に答える前にとんでもない錬金術バトルが勃発しちゃいました
喧嘩が強くないとかいいながらお父様の攻撃をあっさり避けるホーエンハイムがw
ホムンクルスを作り父と呼ばせた本当の理由は、家族という存在が欲しかったのではないか?
一瞬表情を変えたお父様は答える前に地面を液状化し逃げたかに思えたものの
ホーエンハイムの背後から手刀で一突きするとは!
「私は人間になりたいのではない 完全な存在になりたいのだ」
しかし賢者の石を自分の身体に吸収したお父様に異変が起こったようで!
「お前は感情と一緒に大切なものを捨ててしまったんだ 簡単に勝てると思うなよ 俺達に」
面と向かってお父様に宣戦布告するホーエンハイムもかっこよかったですね!
この後も二人のバトルも楽しみですw

セントラル市街へ向かってるアル達だけど…脱輪して余計な手間がかかってるし…
って車を持ち上げようとする後ろを通り過ぎる大総統がー!!
一部しか映らなかったけどすっごい気になっちゃいましたよw
正門へと向かうバッカニアは女性軍人さん達を助けたお礼を言われて照れてるー!!(笑)
あはは、意外に可愛いとこありますよねw

司令部内でのオリヴィエさん達の共闘がかっこよすぎる♪
ホントこの四人がいると他の人の出番は皆無って感じですねw
人形兵に襲われている上層部の人間を助けた師匠だけど…『お父様』についての情報を訊く為でしたw
鳩尾に一発加えてから尋問する師匠の表情が凄みがあってカッコイイです(笑)
大総統執務室までやってきたものの、狙撃されやすい場所だからと一蹴するオリヴィエさんがまたいいなぁ!
椅子には目もくれず、地下まで続く階段を気にかけるところはさすがですね

その後、通信兵からの連絡で既に東西南北全ての制圧が完了したとの報告が入りました
「我々の――勝利です!」
あちこちで歓声があがる中、無線から入った大総統の命令が怖すぎる!!
自ら指揮をとり逆者を排除すると、中央軍に声をかける大総統!
しかも少数の部下を引き連れて正面突破してくるとは…何とも迫力のあるラストでしたね

次回「大総統の帰還」
来週はグリードと大総統の壮絶バトルが繰り広げられそうです!

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(59)   Top↑

2010.04.25 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第54話「烈火の先に」
『エンヴィーの仕掛けた卑劣な罠を、絶妙なコンビネーションで乗り切っていくロイとホークアイ。ついに限界を越したエンヴィーは再び小さなトカゲのような姿になってしまう。そのまま何かに憑かれた様に、エンヴィーにとどめを刺そうとするロイ。しかし、その行為をホークアイは銃を向けて止める。同時に、ロイを心配しその場へ急行したエドとスカー。彼らは言う、「誰かのためではない、憎しみを晴らす、それだけのための復讐をしてはいけない」と。長年追い求めてきた仇敵を目の前に、果たしてロイが取った行動とは。』


前半と後半の温度差がまた凄かったですね~
Aパートはずっとしかめっ面で見ちゃいました(汗)

イシュヴァール殲滅戦でのリザさんと大佐のやりとりをここでもってくるとは…
大佐を信じて父親が残した研究を託したことも、
軍人になって納得のいかない結果になったとはいえ事実から逃れることはできないと…
「お願いですマスタングさん 私の背中を焼いて潰してください」
こういう元凶を生み出すこととなった焰の錬金術師を二度と生み出さないようにと
答えを出すまでにはどれだけ葛藤して覚悟も必要だったのかなと考えるだけで辛いです(汗)
戒めを解いて欲しいというリザさんの願いを承諾した大佐は背中を焼いたんですよね…

大佐の背後から銃を突きつけたリザさん!
「誰に?笑わせないで 二人っきりのとき大佐は私のことリザって呼ぶのよ」
ってその言葉に驚いて慌てて外見を元に戻したエンヴィー!
正体を見抜くために巧みな嘘でエンヴィーを騙したリザさんの勝利ですね(笑)
そのまま隙を与えずに銃撃を繰り返すリザさんがカッコイイ!
部分的に変化してリザさんを掴まえて人質にしようとしたものの、
台詞全部言うまえに大佐に消し炭にされたエンヴィーが(苦笑)

「私の大切な部下に何をする」
上から見下ろしてる大佐の表情が怖いですよ…
そのまま何度もピンポイントでの連続攻撃で何度も燃え尽きたエンヴィーは本体だけの姿に…
足で押しつぶして止めを刺そうとする大佐に銃の引き金を引こうとするリザさんは
大佐の手で殺させるわけにはいかないと必死でとめようとしてるけど、
もうほとんど耳に入らない状態になっちゃってるのが(汗)
二人がやりとりをしている間に錬金術で大佐の足元を崩しエンヴィーを奪ったエド
「そいつをよこせ そいつには最低の死を与えてやらなければならない」
渡さないのなら右手ごと焼くと脅す大佐に啖呵を切るエドが!
激情に身を任せて復讐を終えたとしても後残るのは空しさだけだと思うのに…
ヒューズさんと約束したのはこんなことじゃなかったはずですよね
ここでまた回想シーンが入るのが何とも切ない(汗)

「復讐に生きるというなら止めはせん
己れに他人の復讐を止める資格は無い
ただ憎しみに捕らわれたものが人の上に立ちどんな世界を作るのか見物だな」

国のためにも仲間を助けるためでもなく憎しみを晴らすためだけで行動している大佐をこちら側に引き戻そうとするリザさんは、大佐をもし撃ったとしたらその後焰の錬金術を身体もろとも消し去ると――
「それは困る 君を失うわけにはいかない」
苛立ちをぶつけるように炎を放つ大佐…でもこの言葉でようやく大佐を説得できたんじゃないのかなと
大切なリザさん自身の命を出されてしまったらもう何もできないだろうし
エドやスカー達、諭してくれる仲間がいたから戻ってこれたんですよね…

それを見ていたエンヴィーは、お互いを憎む敵だったのにどうして本能のまま殺しあわないのかと
「エンヴィー お前…人間に嫉妬してるんだ」
ホムンクルスよりもずっと弱い存在なのに叩かれたりへこたれたり、道を踏み外しても
どんなに奇麗事だとわかっていても立ち向かったり、それができなければまわりが立ち上がらせてくれる――普段人間を見下してるような物言いだったのはずっと羨ましかったからだったんですね
無理やりエドの手の中から抜け出したエンヴィーだけど、残りの命もあと僅かに…
「こんなガキに理解されるなんて…屈辱の極みだよ」
最後に自分の身体から賢者の石を取り出し自滅したエンヴィー…
心情を理解されたことで本心からエドのことを認めたんですかね、
いつもはおチビさんて言ってたのにここでエドの名前を呼ぶとは(汗)
エンヴィーの最期はなんともやるせない気持ちになりました…

何とも重い話から一転、こっちは再びスロウスVSアームストロング姉弟!
オリヴィエさんの銃殺命令を受けて動いた中央軍の増援も強制的に協力体制に!
人形兵に襲われそうになっている軍人を助けて弱点を教えたりしてアドバイスするオリヴィエさんがカッコイイですw
スロウスVS少佐のバトルも見応えありました!
ボコボコに殴られてる少佐を見てもあれしきではくたばらないと
力を認めてるオリヴィエさんの言葉がなんと頼もしいことか!
普段は喧嘩ばっかりですけどいざというときは力になるような言葉かけてくれるのがw
脱臼していた肩もスロウスの一撃で無理やりはめちゃうし、キラキラオーラになった少佐が!!
それを見てもう心配ないと判断したオリヴィエさんもまたよかった♪
そのまま徐々に押し戻した少佐はスロウスを追い詰め一気に反撃に出たー!!

その頃、市街でもブリッグズ兵が奮闘していたようで、中央軍の作戦本部をあっという間に制圧!
セントラルに勤務していたファルマンの記憶力のおかげでここの位置が確認できたんですよねw
そしてもう一つ市街地から地下道を掘ってここまで進んでこれたのは…
『誰だ』と訊かれりゃ『主婦』だと名乗る
それが私の作法だが…今日ばかりはあえてこちらを名乗らせてもらおうか 錬金術師だ!!!」

イズミ師匠来たー!!!最後の最後で一番いいとこもってちゃいましたね(笑)
バッカニアと一緒に来た師匠がまた活躍してくれそうで楽しみです!

そしていよいよお父様と対峙することになったホーエンハイム…
「おいたをしたガキを叱るのに何人もいらないだろう?フラスコの中の小人 ホムンクルスよ」
EDとあわせての演出がまたかっこよかったです!

次回「大人たちの生き様」
来週もまたかなり先へ進みそうですね~原作追いつきそう…(汗)

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(10)   TrackBack(64)   Top↑

2010.04.18 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第53話「復讐の炎」
『セントラルのラジオ局を占拠したブレダたち反乱軍一派。彼らはそこで、大総統へクーデターを起こそうとしているのは実は軍上層部のほうであり、自分たちはそれを阻止するために動いているのだという、でっち上げの大義名分を国民に伝える。一方、中央司令部地下で大量の人形兵たちと戦うエドやスカーたちの元に、ロイとホークアイ、そしてメイと彼女を追いかけてきたエンヴィーが現れる。初めて会ったエンヴィーに「ヒューズを殺したのはおまえか」と尋ねるロイ。そんな彼に対し、エンヴィーが見せた答えは……。』


ラジオから流れる放送によって明らかになった事実――
大総統夫人の言葉によって告げられた内容は市民にとって大きな衝撃となったようで
この放送を聴いてニヤリなハボックの表情がいいですね!
途中、大総統の列車が爆破され行方不明になっていることを伝えたブレダ少尉
大佐が上層部に不信感を抱いていた矢先の出来事起こったことで、上層部で大総統を排除しようとする一派がいるのではないかと!大総統がいないからできることですけど本当に見事ですよねw
放送中止を訴えられても銃で撃たれたふりをして
無理やり電話を切ったラジオ局の人の演技がナイスでした(笑)
この放送を効いてたブロッシュ軍曹もロス少尉の生存に気づいたようで、本当によかったです!
そして東から来たイシュヴァール人によって真実が…
少しずつだけど徐々に大佐達サイドを信じる人達が増えていくのがいいなぁ!
そして大総統府には持ち込まれた戦車によって砲撃が!!
まさかブリッグズから持ち込んでくるなんて考えてもみなかったようでw

先週ラストでかっこよく登場した大佐!
相変わらずリザさんとのやりとりがいいですね、久しぶりにリザさんの口から無能が聞けたー(笑)
スカーに命令されてイラっとしてる大佐の傍で状況判断を冷静にこなすリザさんがさすがですw
人形兵を倒すことを躊躇しているエドを前に炎で一掃した大佐がかっこよかった!
先へと進むメイとエンヴィー、錬成陣で起こった爆破で落っこちた先がエド達のいる場所だったと!
スカーと大佐、そしてエド…お互い敵同士のはずなのに今は協力し合っていることに
うんざりって感じのエンヴィーが(苦笑)
「確かに愚か者が踊り狂っているのを見るのは愉快だ
特にホムンクルスとかいう愚か者が踊り狂う様を見るのは最高だ」

挑戦的な大佐が何ともカッコイイ!
あ、でも個人的には大佐の台詞に反応するエドが見たかったw

「マース・ヒューズを殺したのは誰だ?答えろホムンクルス」
ああ、ついにこのときがきちゃいましたか…
馬鹿にされて誤魔化すのも諦めたのかついに真実を話すことに!
事実だけを答えろと凄む大佐の目の前でグレイシアさんに化けてみせたエンヴィー!
ヒューズさんを殺したときの状況を自慢げに話すエンヴィーがえげつないです(汗)
「もう喋らなくていいぞエンヴィー まずその舌の根から焼き尽くしてやろう」
復讐に駆られた大佐の表情がなんともいえない表情で見てられないですよ…

「スカー 鋼の ここは私に預けろ こいつは私の獲物だ」
何とかしてみせるというリザさんの言葉に後押しされてエド達は先へ進むことに…
大佐の炎ならホムンクルスも一ひねりにできるというダリウスだけど、
問題は勝敗じゃなくて別にあるんですよね、以前同じような経験をしたスカーにはわかるんだろうな…
「あのままでは憎しみの炎で己の心をも焼き尽くすだろう」
このまま大佐がエンヴィーを殺してしまったらそれこそ取り返しがつかなくなってしまいそうです(汗)

「立て化物 さっさと再生しろ 死ぬまでその苦しみを繰り返してやる」
容赦ない攻撃を仕掛ける大佐に対してその場から逃げ出したエンヴィーはヒューズさんの姿で大佐の前へ!
でもその行動は逆に火に油を注ぐ形となったんですよね、
大火力とピンポイント攻撃を繰り返してエンヴィーをじわじわと追い詰める大佐がもう別人です…

その頃、命令に背いて移動しリザさんを見たエンヴィーが次にとった作戦は?
途中で出くわした大佐と一緒に行動することになったリザさんは大佐の背に向けて銃を!!
口角をあげるリザさんで終了ですか…!!これはまた続きが何とも気になる終わり方で!
何とも重々しい展開になってきましたが次回もシリアス全開って感じですね…
なんだかこっちが辛くなっちゃいますがしっかり見届けたいと思います

次回「烈火の先に」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(61)   Top↑

2010.04.11 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第52話「みんなの力」
『ハインケルの言葉で、ついに賢者の石の力を使うことを決意したアル。石に閉じ込められた魂たちの力を駆使して、プライドとキンブリー二人を相手に、アルは互角かつ怒涛の戦いを繰り広げる。一方、アームストロングの参戦でオリヴィエ側に微かな勝機が見えかけたスロウス戦。だがその直後、スロウスが怠けるのを止め“本気”の力を出した。その隠された力とは……。』


あちこちで場面転換するのでかなり忙しかったです~!
でもバトルメインなのはやっぱり迫力があって見応えがありました!!

賢者の石を使ってのプライド、キンブリーとアルの攻防戦、スピード感あってドキドキしました
1VS2は分が悪いと思いきや、囮を使って本物の閃光弾から注意を逸らし再びプライドを閉じ込めるとは!
なぜ石で自分の体を取り戻そうとしないのか…逃げ延びて元の身体に戻れば終わりだと問う
キンブリーに、元の身体に戻るのと皆を救うの一つしか選べないのは変だと
「なんで元の身体を取り戻してかつ皆を救うが選択肢にないんだよ」
原則に縛られずに可能性を求めるのも人類の進歩だと告げるアル
「ならばもう一つの可能性 あなたがたは戻れず皆も救えないという選択肢も用意しなさい」
持っていた賢者の石を口にしキンブリーの猛攻が…!

その頃、スロウスを相手にしていた少佐とオリヴィエさん!
姉弟タッグでの攻撃がカッコイイですね、タイミングもばっちりで二人ともカッコイイです♪
でもここで今まで隠していたスロウスの力が明らかに…
超高速移動でそのまま突撃してくるスロウスが危険すぎる(汗)
「いやはや…反則だな」
早すぎて体のコントロールが効かないことに気づいたオリヴィエさん、足を踏み外したところにスロウスの一撃が!

「ここからが人間のしぶといところさ …一人じゃない!」
プライドに動きを封じられたアル、土煙で視界を封じたと同時に風向きを知るためだったんですよね
賢者の石で底上げした力でハインケルの傷をマルコーに治療してもらい、キンブリーを背後から襲撃!
ここはアルたちの作戦勝ちということでしょうか、一瞬で喉元に噛み付いたハインケルが凄かった!

大佐達はトラックの外装を肉屋に変えて捜索の手から逃れていたようで
これくらいは錬金術を齧っていれば造作もないことみたいですね(笑)
とはいえ司令部全ての門が閉鎖されていることで、裏のルートを使って潜入することに!
地下で人形兵と戦うエド達だけど、段々と疲労の色が濃くなってきてる感じですね…
いくらこんな形といえど、賢者の石を破壊しなきゃならないのはエドにとって辛いことなんだろうなと

「君達は勝てないのです あそこに父上がいる限りね」
キンブリーを盾にすると攻撃の手を止めたプライドが次に狙ったのはマルコー!
ってその前にヨキが運転する車でプライドを思いっきり跳ね飛ばしたー!!
アルも巻き込まれちゃってましたけどここで助っ人に来るとは!
号泣しながらかっこつけさせろって説得力なさすぎるw
とはいえ一応しっかり見せ場もあって役に立ってたからよかったんじゃ(笑)
事前に運転手は拘束しておいて車を用意していたマルコー、さすがですね♪
プライドに追いつかれる前にセントラル市内でエド達と合流し、先にお父様を潰すことに

アル達が逃げ延びたあと、息も絶え絶えなキンブリーに近づくプライド…
「君は私の中で生き続けるのだから…」
舌なめずりしてキンブリーを体内に取り込んだプライドが怖すぎる!!(汗)
ハイスピードで進んでるのでそろそろ…と思ってましたがキンブリーもここで退場ですね
それにしてもこういうやり方で向かってくるプライドはホント厄介です…

スロウスの一撃からオリヴィエさんを守った少佐!
お互いこの状況でただの脱臼と骨折って言い切っちゃうとこが凄いです(苦笑)
こっちに突入してくるのを利用して、待ち構えていれば懐に叩き込めると見事にスロウスの動きを封じた少佐
ってセントラル軍に銃を向けられてる状況で相続問題の話をしてる二人がww
こういうところがハガレンの醍醐味ですね、言い争ってるのが面白いです♪
とはいえいよいよ不死の軍団がこの場所にも到達してしまったことで、
悠長に構えている余裕もなくなっちゃいましたよ!
こんな気持ち悪いのをブリッグズ兵と一緒にされたらそりゃオリヴィエさんだって怒りますよねw
「我らを撃ち殺してのちに化物の餌食になるか!
それとも我らと協力して化物を討つか!自分の頭で考えろ!!」

切羽詰った状況で要求を突きつけるオリヴィエさんがかっこよすぎです~!

地下道を進んでいたメイと対峙するエンヴィー
その間にもどんどん賢者の石を取り込んじゃって力を増すエンヴィーに
大群よりも一人相手の方が逃げるのは容易いと喧嘩を売るメイがいいですね(笑)
足をとられ、防御がとれなくなったエドの助けに入ったのは巨大な爆発!!
「君のいる場所はいつも騒々しいな 手を貸した方がよいかね?鋼の」
満を持して大佐の登場ー!!久しぶりにカッコイイ大佐を見れてよかったです!
って活躍はここからなので期待してます…けど来週はエンヴィーと大佐のあのシーンがあるんですね(汗)

次回「復讐の炎」

というかハガレンの後番組にBSR二期!?びっくりしましたww

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(55)   Top↑

2010.04.04 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第51話「不死の軍団」
『軍上層部により、ついに解き放たれた大量の人形兵たち。死をも恐れぬ不死身の一群は、本来従うべき軍上層部の人間をも食い殺し、エドたちの元へ一斉に襲い掛かる。一方、公然と軍上層部に反乱を起こしたオリヴィエの前にも、彼女を始末すべくスロウスが立ちはだかった。その頃、ドームに閉じ込められたアルと共に、カナマの集落付近に残っていたハインケルは、ドーム内でアルの頭部を叩き続けるプライドの行為に、ある意図が込められている事に気づく。だが時既に遅く、彼の背後にはキンブリーが現れ…。』


今週から新OP&ED!!
どっちもシリアスカッコよくて好みの雰囲気です♪
EDの若ホーエンハイムがかっこよかった(笑)

それにしても今回は冒頭からかなりグロイシーンが…
肉体を求めて彷徨う光景が気持ち悪かったです(汗)
その頃のエド達は…地下への扉を開けるのに苦戦していたようで!
オリジナルで長めのシーンになってましたが、エドが全然開けれなくて必死な形相が面白かったw
そんな時内側から開き、中から出てきたのは大量の人形兵器!!

上層部の一人を人質にとりブリッグズ兵と大佐達を相手している中央軍を退かせるよう命令するオリヴィエさん!
足に剣を突き刺したりとことん容赦ないところがまたカッコイイです(コラ)
それでも相手もこれ以上大佐達を中に入れるわけにはいかないと根性はあるようで
って背後からスロウスの一撃がー!!!
人質にとられてた上層部メンバーはあっさり潰されちゃいましたよ(汗)
「また一つ上の席があいた!感謝するぞホムンクルス!!」
今回も本当にカッコイイオリヴィエさんに惚れ惚れです♪

人形を次々と破壊していくエド達だけど…いくらやっても死なないんですよね
魂を定着させた化物を外へ出さないようにと出口を封じたエド
エドがやってなかったら自分がぶっ壊してた、なゴリさんも何気にカッコイイですw

大佐達はその頃郊外へ身を潜めていたみたいですね
というか通信でモヒカンの熊って言われてたバッカニアがww
アイスクリームのトラックに目をつけられているっていうことは…ということで
大佐も次の作戦を立てたみたいですね♪うまくカモフラージュするんだろうなぁ!!

暗闇の中でアルの頭を叩き続けるプライドの行動は軍用の通信符号!
キンブリーに居場所を知らせるために昼夜問わず叩き続けていたんですよね(汗)
気づいたときには既に遅く…ハインケルが攻撃を受けてかなりのダメージを!
爆破の衝撃で閉じ込めてたドームも破壊されちゃってプライドも再び表に…
「多めに見てくださいよ もう油断しませんから」
ってさらっと笑顔で言ってるのが怖すぎるw

同じようにセントラル地下を走っていたメイも人形の大群に襲われていたようで…
エンヴィーの入った瓶を落とさないようにしながら戦うメイの動きがかっこよかったです!
人形に食われたと思いきや…逆に魂を取り込んでもとの姿に復活させることになるとは(汗)
「生き返ったぁ!ここまで連れてきてくれてありがとね おチビちゃん」
なんだか厄介な事になっちゃいましたが、ここからエンヴィーがどうでるか気になりますね…

スラムへ軍人が駆けつけ、アルが心配で向かおうとするマルコーを止めるヨキ
下手に動いて素性がばれるよりは…っていうことだけど、自分が危険に巻き込まれたくないだけなんじゃw
とはいえこっちの二人も後々…ですし色々と楽しみです(笑)
負傷したハインケルを助けるために砂煙で時間を稼ぎ足を切断して救出に向かったアル!!
いよいよこっちもかなりピンチな状況になってきましたよ…

その頃、スロウスと対峙していたオリヴィエさん!!
華麗な動きでスロウスの攻撃を避けるのがカッコイイです♪
銃殺命令をものともしないで冷静に状況を判断してたり、もうどこまで男前なんですか!
手榴弾でも傷一つ負わないスロウスに柱ごと捕らわれ、締め上げられるオリヴィエさんが…(汗)
ってピンチなときに少佐が助っ人に来てくれたー!!
姉上と叫びながらポーズをとる少佐の背景効果がかなり凄いことにw
あはは、相変わらず少佐登場時のキラキラっぷりは派手になってますね(笑)
銃弾もきかず、大砲ぐらいじゃないと効果もないと聞いて俄然やる気になってる少佐がw
ここから二人の強烈タッグバトル開始ですね、楽しみすぎる~!

もう誰も目の前で死なせないとエドと共に誓ったアルはここで諦めるわけにはいかないんですよね
こんな状況なのに自分の身も省みず他人を助けようとするアルが凄いなと…
「生き残りゃ勝ちだってキンブリーのヤツもいってたっけ」
アルの前に取り出したのは、炭鉱でキンブリーに見捨てられたときに拾った賢者の石
人の命でできている石を使うわけにはいかないと否定するアルに世界を守るために使って欲しいと
「どんな見てくれになったて大事なものを守るために戦いたいんだよ
こいつらにも戦わせてやってくれ…ぶちかましてやれ、アルフォンス!」

賢者の石をとり立ち上がったアルの姿が!!
最後にアルのアップで終わるのがカッコイイ演出でした!
ここからますますバトルも白熱して盛り上がってきますし楽しみです
エンヴィーが元の姿に戻ったってことは、大佐とのあのシーンももうすぐなんですね(汗)

次回「みんなの力」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(60)   Top↑

2010.03.28 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
『ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加勢により、セントラル全域を巻き込んだ激しい市街戦へと突入する。そんな中ロイたちは、反乱の協力者として思わぬ人物と再会。その者から、自分たちの計画を影ながら支援する意外な協力者の存在を知る。』


ブラッドレイ夫人を人質に取り行動を起こした大佐達に銃殺命令を下した中央軍!
援軍のおかげで大佐達は無傷ですみましたがこれによって夫人の身の安全も保障できなくなってきた感じですが、全ての事が片付いたとき、間違っていなかった事を証明してもらうためなんとしても命を守ると約束する大佐
次々に駆けつけてくる兵士を殺さず戦闘困難にさせるため本気じゃないようですし!
こうやって手加減して相手するのも何かと厄介でしょうね(苦笑)

戦力だけ削いで命を奪わない大佐のやり方を甘いと一蹴するオリヴィエさん!
「それを倒せない中央軍も甘いったるい事この上ない まるで子供の遊びです」
以前にも一人の反逆者に司令部を氷付けにされた…ってアイザックのことですかw
それに建国から今まで大きな敵に攻められたこともないため、攻撃はうまくても防御が下手だと…
「どうです?少し中央軍を私に預けてみませんか?」
虎視眈々と機会を伺ってるオリヴィエさんの横顔が美人です!

ブリッグズの動きを封じるため、人質として呼ばれたことをわきまえろと牽制されるものの
そんなことで身動きできなくなるようなオリヴィエさん達じゃないですよね!!
弱肉強食の掟に従い、いざというときは切り捨てひるまず動く事のできる集団――
「上っ面で私が育てた兵を語るな」
ちょ、もうオリヴィエさんがかっこよくてどうすれば!
その言葉どおり、既に抜け道からセントラルへやってきていたバッカニア隊も動き出したようで!
というか一瞬暗闇で師匠のトイレスリッパな足元が映ったのがw
大佐達に中央軍の目が向いている最中、事前にアームストロング家を修理した際武器と自分たちの部下を潜入させておいたオリヴィエさん!まさかそのためにあんなに見事に破壊したとはww

ってそろそろ銃弾がきれかけて市街戦を繰り広げる中頼りが大佐の炎しかなくなってきたようで(汗)
どうにもならなくなった逃げろといわれて間髪いれず了解と言う部下達がw
とか口ではいいながらちゃんと最後まで支えてくれる頼もしい仲間なんですよね
そんな時目の前に一台の大型トラックが滑り込んできました!
中にいたのは大量の武器を用意してやってきたレベッカと…こちらも久々なロス少尉ー!!
ロス少尉の顔を見て唖然としてる大佐が見れてよかったですw
そしてこの武器を調達した先は…負傷して前線から退いていたハボック!!
ああ、もうホント元気な姿が見れてなによりですよ♪
カッコイイ登場シーンに思わずニヤニヤしちゃいました!
原作で見たときは驚きと共にかなり嬉しかったですからね!
「かしこまっちゃってまぁ いつもの口調でいきましょうや大佐 あなたの町のハボック雑貨店」
改まって電話に出て名乗ったのに、まさか相手がハボックだとは思わなかっただろうなぁ(笑)
支払いはツケでっていう二人のやり取りにこちらまでにやりとしちゃいましたw
本当は飛び上がりたいほど嬉しいだろうに大佐も中々素直じゃないですよね!

市街地で警報が鳴り響き、大佐達が派手に動き回っている中で混乱に乗じて国土錬成陣の発動を止めるためエド達も行動開始!フラスコの中の小人が大きくなったお父様の入れ物を壊せば、その中に縛られている魂たちも解放できるだろうと考えるホーエンハイムがなんだか切ないですね…
とりあえず地下道の道を知っているスカーの案内で向かうことに!
行く直前にアルに向かって拳を付き合わせるエドがいいですね
ってすぐ傍で延々とアルの頭を叩き続けてるプライドが…(汗)

選ばれた者たちが高みに上りアメストリスを変える、変化のために伴う痛み仕方のないことだとオリヴィエさんに銃を向けた相手は一瞬で腕を剣で骨ごとえぐられちゃいました(汗)
眉一つ動かさず落ちた銃を拾って突きつけるオリヴィエさんがカッコイイです!
安全地帯から痛みを崇高なものであるように仕立てて利用するのが許せないと牙をむきました!
「事が終えたときには英雄になっているかもしれんぞ?
ただし私はイシュヴァールの英雄ほど甘ったるくはない!」

ってここでもあえて大佐を引き合いに出すオリヴィエさんが好きです(笑)
ついにオリヴィエさんも自ら反逆の意思をあらわにしましたがここからが正念場ですね!

騒ぎに駆けつけたブロッシュ軍曹に状況を説明する少佐だけど、
本当のことを知っててもいえないからロス少尉を殺しておいて夫人を人質にとった悪魔だって言われても何もいえないのが大変そうですね、なんとなくだけど表情に出ちゃってますしw
情報収集にきていたフー爺さんもこのことを知って、リンを探しに向かうことに!
その一方で地下に流れる巨大な気配はますます広がりを見せているようですね…
気配に聡い動物達は早くも気づいてるようだけど、人々が気づくのはまだまだ先ってことで
プライドが叩く音のあとに映るお父様のアップが怖かったですw

地下の入り口を突破するためにエド達が向かったのは第三研究所でした
こういうときこそ国家錬金術師の肩書きを利用する…って早速エド得意の悪知恵ですか!
まぁでもこんなときだから手段も何も選んでられないですよねw
指名手配のスカーに追われているとみせかけて裏から警備兵をタコ殴りにするとは(苦笑)
錬金術が使われた形跡のある場所に扉をつくり侵入すると、二手に分かれることに
錬成の力配分から考えてエドとスカーは一緒に行動することになったけど、納得いかない感じでw
でも錬金術封じの際スカーだけは使えたことを指摘されたら文句なんていってられないですよね
ホーエンハイムはランファンと一緒に行くことになったけど…わざわざ二人っきりになったのは
リンの行方を捜索したいランファンの気持ちを汲んでのことだったんですよね
すっかりスケベ親父って誤解されちゃってましたけど(笑)エドは最初からわかってたんだろうなぁと…
「我々の事は気にするな 大事な人なんだろ?」
ってまたこういうときのホーエンハイムがカッコイイんですよね!

そして地下ではついに不死の軍団も起動させられてしまったようで…
叫び声とともに目覚めた人形兵士の声がかなり嫌な感じです(汗)
あちこちで激しいバトルが繰り広げられそうで楽しみです!
何より司令部メンバーが集結してサポートしてる展開に盛り上がりました
エンヴィーに唆されて戻ってきちゃったメイの方も気になるところですが…来週も楽しみです!

次回「不死の軍団」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(56)   Top↑

2010.03.21 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第49話「親子の情」
『非情な手段でグラトニーの能力を手に入れたプライド。その力の前にエド達は成す術なく、あっという間に追い詰められてしまう。その頃、別の場所でようやく息を吹き返したアルは、自分のせいで兄たちが窮地に陥っている事を知り、ホーエンハイムに一計を提案する。その提案を持ってプライドと対峙するホーエンハイム。彼がプライドに攻撃を仕掛けようとした瞬間、プライドの背後より彼を抑えこもうと、アルが必死に走り寄った。だがすんでの所で、逆にプライドに捕まってしまい……。』


グラトニーを取り込んだプライドと対峙するエド達!!
冒頭からのバトルシーンも激しくてかっこよかったです!
エドに攻撃を仕掛けるシーンも長くなってたし、
グリードがランファンを煽るシーンまでの流れも見応えがありました!
腕の痛みでクナイを落としたランファンを蹴り飛ばしてプライドから庇ったエドが!
ランファンには余計なことをするなって言われちゃいましたけどね(苦笑)
自力で何とかできるグリードはともかく、自分の安全を最優先しろと…
そんなランファンに頼りにしてるっていうエドがよかったです!

ようやく意識を取り戻したアルはホーエンハイムと対面
全てゴリウスさんに話を聞いたってボケてるホーエンハイムに冷静にツッコミするダリウスがw
このシーン何気に好きなのでカットされなくてよかったです(笑)
魂に干渉されたようで気持ち悪かったのはホーエンハイムの分身の分身みたいなものだから…
なんだかそう考えると微妙な感じになりますねw

ここにフーじいさんとハインケルも合流することに!
自分のせいで他のメンバーが窮地に陥る原因になってしまったと責任を感じるアル
このままでは村の集落の人達も巻き込まれる可能性もありますしね…
「父さんはやり手の錬金術師でしょう?父さんの腕前を見込んで頼みがある」
アルが提案した作戦とは一体何なのか…

その頃、徐々に劣勢に追いやられていたエドとグリード
木の影に隠れていたランファンも見つかっちゃって成す術もないという感じで
「兄弟に対して失礼な口を聞きますね 食べてもいいですか?」
「俺食ったら腹ァ壊すぞ 兄ちゃん!!」
化物呼ばわりするグリードを笑顔で食べてもいいかと訊ねるプライドが怖いよ(汗)

「ヒーローは遅れてやってくるもんなんだよね」
あ、個人的にこの台詞にイラっとしてるエドが見たかったんですけどw
でもそのわりには戦う気は見せずに勝てる気もしないとあっさりと(笑)
警戒して自分の影を傍に集め、ホーエンハイムが足を踏み出した瞬間に攻撃に乗じたプライドを捕らえようと後方から駆け寄ってきたのはアル!
「俺の息子をバカにするな」
錬金術で一気に巨大な土の壁を作り、隙間をなくして暗闇にプライドを閉じ込めたホーエンハイム!
アルを人質にとったと思わせて実はこっちが本命だったんですよね
プライドが逃げないようにがっちりアルが抱えてましたし!
このシーンのホーエンハイムがやたらかっこよかったです!!
それにしてもこんな大きなものを一瞬で錬成しちゃうとは…さすがです(汗)
アルも一緒に閉じ込められて憤るエドだけど、これが実はアルの提案した作戦だったと!

「ここから出る気なんてはなからないよ 我慢比べしようじゃないかセリム
いや ホムンクルスのプライド こっちは酸素も光も食べ物もなくて平気な身体だ
今日一日約束の日が終わるまで お前はここで僕と一緒に大人しくしているんだ」

プライドを倒すことじゃなく、囮に押さえ込んでその間に対策を立て直す時間を作る…
エドに相談もしなかったのは強く反対されるとわかってたからなんですよね
犠牲者を出すことなく全員生き残る方法を考えた結果がこれだといわれたらもうこれ以上何もいえなくなっちゃいますよね…たった一日の辛抱っていうけど、こんな状況で離れるのには不安になるんだろうなぁ
そしてプライドの手が及ばなくなったことで逃げ延びてるグリードの姿が!!
ってあれ、とりあえずランファンとフーに声をかけてるカットですか(苦笑)
今セントラルにいるのはお父様とスロウスのみ…ってことでこの間にどこへいくつもりなのか
グリードの今後の出番が楽しみです

一方、スカー達もようやくカナマの近くまでやってきたようで!
というか話しかけたイシュヴァール人に中井さんと宮野さんがいたので気になりましたw
この人達の話からで、メイがまだシンに戻ってないことを知るんですよね…
そして大総統の列車が爆破されたことを知り、衝撃を受けるスカー
「彼らはそんなことをするために集まったわけではない
テロ以外でこの国を変えようとしている大切な仲間だ」

本当にスカーの考え方も変わりましたよね、エド達にも協力してくれてるし本当に頼もしい仲間になったなと
ってこっちも約束の日に向けて動き出したキンブリーが…(汗)

「お前達は僕ら人間のことを何もわかっちゃいない
なんでも思い通りになると思わない方がいい
霊の計画だって僕からしたらずさんそのものだ」

人柱を使っての計画も自分たちが国外逃亡したら総崩れになると話すアル
ブラッドレイ夫人を例えに、車に轢かれそうになったときのことを持ち出したプライドは母親とはこういうものだったのかと思ったと…自分だけがよければいいという人間もいるけれど、人柱候補である人間は他人のために命を投げ出す覚悟を持っている、選ばれたアルたちはその中でも強靭な心を持っていると――
「我々の計画にはずさんなどありえないのです」
淡々と言いながらアルの頭を棒で叩き続けるプライドが暇潰ししてるように見えて実は…なんですよね
実はこれも…ってことで後々あんなことになるとは思わなかったんです(汗)
ヒューズさんの墓前に佇む大佐に何か言い出したそうなリザさんが気になりました…

キメラメンバーが喧嘩してるのを止めようと仲裁に入ったエド、余計悪化させてますww
キンブリーに使い捨てにされたことで意気投合して、
自分たちを受け入れてくれたエド達を信頼してくれてるようで!
なんだかんだいっていいメンバーですよね(笑)

マルコー達と合流後、一度作戦を立て直して打ち合わせすることに
ここでフー爺さんとも一旦別れてセントラルでの調査を頼んだんですよね
「アルが踏ん張ってくれてんだもんな…あとは俺たちがやるだけだ!!
――約束の日の始まりだ」

赤いコートを羽織って宣言するエドがかっこよかったです!
決意も新たに主人公らしいかっこよさを見せてくれたなとw

Cパートではこれまた懐かしいブロッシュ軍曹の姿が!
弟達が日食について騒いでいる途中、町での騒ぎを聞きつけて自分も様子を探ってみることに!
その頃市内では大佐達も行動を開始して市街戦に勃発、ブラッドレイ夫人を人質にとって
動いていましたけど、上層部からついに大佐以外の抹殺命令が(汗)
ここからいよいよ激しい戦いとなってきそうですね…
大佐やオリヴィエさんの活躍がたっぷり見れそうで楽しみです!

次回「セントラル動乱」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(54)   Top↑

2010.02.28 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第46話「迫る影」
『「約束の日」を前に、リゼンブールの自宅へ戻ったウィンリィは、そこでエドと思わぬ再会を果たす。一方、マイルズと共に秘密裏に東部へ来ていたアルは、潜伏先で再び肉体に魂が引っ張られる感覚に襲われる。肉体のほうへ引っ張られる間隔が段々と短くなっている事に不安を覚えるアル。その最中、アルはなんとグラトニーに見つかってしまう。逃れようとするアルだったが、またもや魂が肉体のほうへ引っ張られてしまい、ついには気を失ってしまう。』


水の補給のために立ち寄ったリゼンブールで、タンクの中にウィンリィを隠して自宅に匿うことに!
部屋に戻って着替えようとしていたウィンリィと、中に潜んでいたエドと鉢合わせしちゃいましたw
あれだけ暫く会えそうにないっていってたのにあっさり遭遇するとは!
叫び声に慌てて駆けつけたブリッグズ兵、ダリウス・ハインケル、グリードのやりとりが(笑)
元は敵同士だったのにこんなとこにいたらそりゃびっくりしちゃいますよね
何でここにいるのか理由を聞かれて外を見ながら食べたかったってしどろもどろになっちゃってるし!
本当なら外から来る人間を見張るためだったのに、なんだか変なごまかし方です(笑)
犬うるせーなーって暢気なグリード@中村さんが面白いw
しまいには乙女の部屋から出て行け!!と追い出されちゃいましたけど当然ですよ(苦笑)

「…心配した」
エドが行方不明になって連絡がつかないからウィンリィも不安だったんですよね
駅にまだアルがいることを伝えるけど、二人一緒に軍と同行すれば嫌でも目立つしどうするかって感じで…
一方、ウィンリィも見た目はリンなのにグリードだって改めて自己紹介されて戸惑っちゃってます(笑)
セントラルはホムンクルスの目が光っているし、いざというときに備えてエドのオートメイルを万全にしておきたいと、リゼンブールに立ち寄ったんですよね

一足先にセントラルのカナマというスラムに向かったというホーエンハイム
約束の日がくれば元の身体に戻れるかもしれないし、大惨事が起こるかもしれない…
だからこそピナコばっちゃんと一緒に外国に逃げておけというエドをスパナで粉砕したウィンリィが!!(笑)
「万が一も奥が一もない!
エドもアルも元の身体に戻ってきてよ!そのためならあたしもなんだってするよ!」

ここに残ることを決めて、逆に弱気になりかけてたエドを励ましたウィンリィが強いなぁ…
でも危険に飛び込んでくエドをこうやって今は信じて待ってるしかないんですよね
欲に格付けするから人間はややこしいというグリードにツッコミするエドがなかったからなんだか随分しんみりした印象に(汗)

真夜中、人目を忍んで出て行くエドにトリシャさんとの約束の言葉をホーエンハイムに伝えるようにというピナコばっちゃんに面倒くさそうに手を上げて合図するエド
「約束の日とやらに全部終わらせて帰ってくっからアップルパイでも焼いて待ってろ」
なんだかつい最近このシーンをCMで聞いたような感覚なんですけどもうついにここまで来ちゃったんですね…

リオールで健康的な生活を送ってたザンパノのジェルソもようやくスカー達と合流!
スカーが協力してるのはイシュヴァール人を否定したこの国を変えるため…
何はともあれ、ここ最近マルコーとスカーがあちこちを歩いていたのは仲間を増やすため――
少しずつだけど確実に味方が増えていっているというのが頼もしいですね!

一方、演習先でマイルズたちの作戦に参加していたアルの前に現れたのはグラトニーとプライド!
段々と魂が身体に引っ張られる感覚が狭まってきている状況でまともに動けないまま拘束されることに
徐々に意識が奪われていくアルを見ているのがちょっと辛かったです…

すっかり修理を終えたアームストロング家を訪れたのは大佐でした
「ご存知ですか?ヒヤシンスの花言葉 『しとやかなかわいらしさ』」
あはは、満面の笑みで言い切った大佐が凄く楽しそうで何よりw
オリヴィエさんが怒るとわかっててこの花を選んだんだろうな
おかげで花束は焚き火の中に放り込まれちゃいましたが、これでメモの証拠も消えましたね!!
からかわれて怒ったオリヴィエさんの印象がいつもと違って可愛かったです♪

東と北の合同演習では、中央からの監視役としてわざわざ大総統が!
うざったいからいっそのこと吹き飛ばしちゃおうかって内緒話してるグラマンがw
そして、ハクロ少将より齎された情報は合同演習は囮でセントラルでイシュヴァールのテロが起こり、グラマンと手を組んだ大佐がその混乱に乗じて中央司令部を乗っ取る計画だと――
目撃者も証拠もとれたということで大総統も列車に乗り込みセントラルへと戻ることに
けれど途中で峡谷の線路上に取り残された後部列車は大佐たちの仲間に爆破…!
イシュヴァール戦で大佐と同じ部隊だったメンバーだけどなんだかあっさり流されちゃった感じが(汗)
ハクロ少将が情報を流すと見て逆に大総統を…という作戦だったんですよね
脱走してきたブレダ少尉やフュリー曹長と行動を共にするリザさん
「全部終わったら大佐に責任とってもらいましょ」
いよいよ司令部メンバーも集結ということで、次々にセントラルへと仲間が!

その頃、セントラルでは大総統が不在ということで慌てる上層部の面々の前についに姿を現したお父様とスロウス――
動くチャンスを見計らっていたオリヴィエさんの肩に手を置くお父様が怖かったです
なんだか今回もハイスピードで消化してった印象ですが…続きも一気に進展していきそうですね
来週はまたバトルメインになりそうですし、ホーエンハイムとエドのあのやりとりもあるのかな?
各地で動いているメンバーの話が繋がってきて白熱した展開になりそうです!
…それにしても津波情報はもうちょっと邪魔にならない位置にして欲しかった(苦笑)

次回「闇の死者」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(10)   TrackBack(56)   Top↑

2010.02.21 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
『シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。ただでさえアメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れるに揺れて…。一方、アルと再会するため、セントラルのロイの隠れ家を訪れたエドとダリウスたちは、そこで一時的に身体の主導権を取り戻したリンと再会する。リンはエドに、『来たるべきその日』にお父様が真理の扉を開けようとしていることを伝える。』


消されたはずの記憶の一部が蘇り、錯乱状態になったグリードは大総統を襲撃!!
仲間を殺した相手が大総統だったから余計混乱しちゃってるようで…
大総統の剣戟を避けながら戦うグリードの硬化があと一瞬でも遅れてたらやばかったですね(汗)
冒頭から凄い緊張感のあるバトルで見てるこっちがドキドキしちゃいましたよ!
いつでも動けるように影を伸ばしてるセリムもちょっと怖かったですしこのシーンの迫力半端なかったです!

そしてアームストロング家では別の騒動がw
「父上 隠居なされよ 家督を私に譲り余生をゆっくり過ごされよといっておるのです」
突然のことでびっくりしてましたけど、こんなことを言い出したのはちゃんと理由があるんですよね
丁度家にやってきた少佐と家督争奪戦のバトルが勃発―!!(笑)
「我輩の全身全霊全筋肉をもってお相手致す!」
「いい度胸だアレックス 己の未熟さを知るがいい!!」
あはは、なんだか家中が破壊されしつくそうですけど気にせず旅行に出かける家族三人がw
オリヴィエさんに羽交い絞めにされたり、飛ばされた先の噴水から引きずり出されたりと
原作以上に酷いことになってるし、本気で殺されるんじゃないかと心配になりました(ぁ
勝敗はあっさりつき、オリヴィエさんが家督を継ぐことに!!
コートを翻して去っていくオリヴィエさんがかっこよすぎです♪
「私は自分の目で見て判断している」
わざわざあんなことをいってたのは家族を守るためだったんですよね、
それともう一つオリヴィエさんの今後の作戦のために必要になってきますし、そのときが楽しみです!

シンへ向かう途中、ユースウェル炭鉱にたどり着いたメイは町の人から手厚くもてなされました
炭鉱の話をやってないからカヤルとかの印象が薄いですよね(苦笑)
赤の他人なのにこんなに優しくされて、思わず心を動かされて泣いちゃったメイを唆すエンヴィーが…
セントラルに行けば本当に不老不死の方法を手に入れることができるかもしれないしこの街の人達も助けることができない、なんていういかにもなことを言われて再びセントラルに戻ることに…
本当は自分が元の姿に戻るための口実にしか過ぎないんですけどね(汗)

アルが向かった先としてエドが考えたのは、以前使った隠れ家でした!
自信満々に必ずいるはず…って乗り込んでたけどいた形跡もなく全然あてにならなかったとw
そんな時、森の中から歩いてきたのは一時だけ主導権を取り戻したリン@宮野さん!
空腹で行き倒れちゃうとかこういうとこ相変わらずですね(笑)
事情を説明するときにホムンクルスだよ~ってさらっと暴露しちゃうリンがw
グリードの隙に乗じて体を取り戻した際セントラル近くに隠れられる場所を探してここに来たってことですが…リンと話せる時間は早々残されてはいないんですよね
って意識を保つためにガンガンリンの頭を叩いてるエドが面白すぎる!
絶対逆効果としか思えないんですけど(笑)

「セントラルの地下にいるお父様とやらが来たるべきその日に扉を開ける!!」
その瞬間にエドとアルが扉に飛び込めば元の身体に戻れるかもしれないと――
最後に自分の伝言がランファンに伝わったことを聞いて再びグリードが体の主導権を!

ホムンクルスと縁を切り、一人で生きていくというグリードに仲間にならないかと提案するエド
「行くとこないなら一緒に来いよ」
ってあれ、勢いで得体の知れない相手を仲間にするとかいうやりとりはカットですか(苦笑)
グリードが嘘をつかないって信じてるところも入れて欲しかったです…
賢者の石の中の魂の数は物凄いけど、ひとりだと呟くグリードに仲間になればいいと話しかけるリン
「どうせならよぉ 世界の王になるってのはどうだ?」
追いかけてきたエド、面倒くさくなってグリリンって勝手に命名しちゃったけ本編で聞くのは初めてでなんだか可愛いですw
「手下になってやるよ、グリリン」
自分が手下になるどころか、一緒に行動してるダリウスとハインケルまで勝手に手下扱いされて
激怒してチビとかカスとか酷い言われようなエドがw
でも一度敵だった相手にも利害が一致してるならとあっさりプライドを捨てちゃうのが凄いとこだなと
感情に任せてチャンスと情報を失うのは勿体無いと言うエドに思わず昔の自分が同じように考えていたことを思い出したグリード…このシーンの演出は中々好きな感じでよかったです!
そしてウィンリィから預かったピアスを見て思い返すエド…
二人と合流できるのはもうちょっと先になっちゃいますね(苦笑)

そして『約束の日』についての情報が人伝に伝わってるのがいい感じでしたね!
ブリッグズ山に襲撃した師匠が兵士の電話を奪って主婦だ♡っていうシーンが好きだ(笑)
あ、でももっと迫力あって黒い演出でもよかったですけどw

一人で警備隊を全滅させちゃうとか相変わらず強すぎです、師匠!!
身柄を確保されたイズミさんから徐々にいろんな人へと情報が伝わっていくのが面白かったかと
監視の目を気にしてハヤテ号の首輪やハボックへのタバコにメモを忍ばせたりと絶妙な感じで!
ハボックも久々だったけどそれ以上に大佐の出番を見るのが凄く久しぶりな気がしますw
「年を越して来春…約束のその日――北も東も動く!!」
いよいよ集結といった感じでEDも特別仕様になってましたね!
最後に受け取ったメモを一瞬で灰にする大佐がかっこよかったです!!
あちこちで密かにタッグを組んで行動してるっていうのが盛り上がる展開だなと!

次回「迫る影」
来週は大佐とオリヴィエさんのやりとりが見れそうな♪

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(64)   Top↑

2010.02.14 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」
『リオールにてホーエンハイムと再会したアルたち一行。アルはホーエンハイムに、これまでのいきさつや、エドが現在行方不明になっていることを話す。その頃、ノースシティの銀行に、エドの口座より金を引き出すダリウスの姿があった。彼はそのまま街の病院へと戻っていくが、その後を軍がこっそりとつけてきていて…。一方、グリードを探すため、中央軍司令部地下へ潜入したビドーは、そこで今はリンの姿となっているグリードと遭遇する。』


リオールでホーエンハイムと再会したアル
あって早々俺の鎧コレクション!って反応して違うとツッコミするアルが見たかったんですが(笑)
十数年ぶりの再会ということで色々話したいこともあるだろうけど、
忙しそうなので落ち着いてからということになっちゃいましたね
アル達が不正を暴いたことで大変なことにもなったけど、そのおかげで再び街の人達が協力して立ち上がるきっかえにもなったといわれて励まされたアルは自分も復興の手伝いをすることに!
そのあとにさりげなく続いてくザンパノとジェルソがいいですね、ヨキは引きずられて強制参加でしたけどw

父親として信用されてないから何を話したらいいかわからないと困った様子のホーエンハイムだけどアルにとっては昔と変わらない感じですね!
ウィンリィはロゼの好意に甘えてお風呂を借りることに!
そういえば人攫いなロゼはすっかりカットですか、ここも何気に見たかったシーンだったのに(苦笑)
お風呂に久々につかれて幸せそうなウィンリィが♪
エドのオートメイル技師であるウィンリィが立ち上がる足を作ったのなら、自分が立ち上がるきっかけを作ってくれた恩人だと!死んだ恋人を生き返らせてくれると奇跡の業にのめりこんだところをエド達が真実を暴いて、すがってきたものがなくなって絶望したけれど、エドの言葉を聞いて思い直すことができたんですよね…
「あれがエドの優しさ わかってるんでしょ?」
ってロゼにそれとなく追求されて照れてるウィンリィが可愛いです!
「おかげで目が覚めた 私もこの町も
奇跡なんかに頼らず皆自分の力で立ち直ろうとしている エドとアルのおかげよ」

こんな風にウィンリィの知らないところで誰かを助けてるのは嬉しい反面、
いろんなことに巻き込まれて危険だし今行方不明だから不安が募るとこもあるでしょうね…

司令部の地下でうろうろしていたビドーは
丁度同じタイミングでやってきたオリヴィエさんが説明を受けてるのを見てましたか!
人の形をした入れ物に魂を定着させ作る不死の軍団――
そしてこれから先その魂を戦場で手に入れるのだと…なんだかとんでもないことに(汗)
オリヴィエさんも黙って話を聞いてるけど、実際相当我慢してるだろうなと(ぁ

国土錬成陣の発動を阻止するためリオールへと地下トンネルの捜索にやってきたと話すアル
偶然だったけどホーエンハイムと出会ってラッキーだったと、セントラルの地下でもお父様にあったことも話してしまいましたが、もし自分が敵側だったらどうするのかと追求されちゃいました
というかこの状況でこんなことされた冷や汗ものですよ!
「俺を信用してくれてありがとうな 嬉しいよ」
ってアルもちゃんと信頼してくれてるんですよね、お礼を言われてホントに嬉しそうなのが!
そしてホーエンハイムの自身の過去について話そうとエドにも聞いてもらいたいと打ち明けましたが…
肝心のエドは行方不明ということで、ここにはいないんですよね(苦笑)

その頃、銀行でエドの口座から代理人として金を引き出していたダリウスの姿が!
潜伏先の病院で治療費、口止め料として払うためのお金でしたw
銀行から軍に連絡がつき、後をつけられたいたようで居場所がばれてしまいました
危うく正体がばれそうになったけど、丁度買い物から戻ってきたエドが大活躍!!(笑)
捜している人物の特徴、赤いコートで金髪のチビと聞いたところでブチキレたエドが先に手を出しちゃったとw
ってことでやってきた軍人全員一人で片付けちゃいました
「病人扱いすんな もうバリンバリンの本調子全開だぜ!」
ようやくここでエド完全復活ー!久々の主人公の登場シーン、派手で面白かったです♪
何気にここの医者夫婦も事情を詮索せずにかくまってくれたりといい人達ですよね

増援に追われたときも、ちっちゃいエドを人質にうまく逃げることに!
あ、でもこのあたりのやりとり大分カットされちゃってましたね
小さい子供とか言われてるエドが見たかったですよ(笑)
車を確保して雪道を突っ切るものの、追いつかれそうになったところでエドの策がw
外装をすっかり変えて軍の目を誤魔化すことに成功したけど、
相変わらずのエドのデザインセンスのせいで逆に悪目立ちしすぎです(笑)
逃げ延びた後どこへ向かうかという話になり、エドが考えたのは情報収集のためアルと合流すること
アルならどこへ行くか必死に考えてたけど結果は…ですよねw

ホーエンハイムから過去や生い立ちを一部始終聞いていたアル
いきなりのことでかなり衝撃を受けたようだけど、自分の体の状態のこともあるから動揺も少ないようで…
「ねぇ 死なないってどんな感じ?」
便利ではあるけれど、大切な人が先に逝ってしまうのが哀しいと呟くホーエンハイムが…
なんだかこのあたりあっさり流されちゃった感じですが、やっぱり自分だけ取り残されるというのは(汗)
賢者の石を父親に持った息子は果たしてまっとうな人間化と訊ねたアルに、たとえ賢者の石と融合していても核が自分であるから大丈夫だと話しました。
でも見た目がそっくりなお父様はホーエンハイムを模した皮袋に入っているようなもの、
その外側をなんとかできれば…という話にはなりそうですよね

研究書を解読して自分たちが調べ上げたことを話し急いで地下トンネルを壊そうとせかすアルだけど、ホーエンハイムはまだその日ではないと…
「下ばかり見ないで上を見ろ そうすれば見えてくるものもある
あいつはその"来たるべき日"を待っている」


一方、地下トンネルにいたビドーはグリードと対面!
セントラルで重要な事実を聞いちゃっただけじゃなく自分が信じていたグリードに殺されることに…
「侵入者背後が俺の仕事だ 悪いなホント」
ようやく思い出してくれたと喜んだ矢先のことだったのに何とも悲惨な(汗)
けれどそんな時、昔の記憶を思い出して動揺した隙にリンが間髪いれずに一喝!
久々にリン@宮野さんボイスを聞きました~(笑)
「お前は魂の家族を切って捨てやがった!
全てを手に入れんとする"強欲"が聞いて呆れる!!」

過去など全て忘れているといっても片隅に残っている記憶は消えたわけじゃないんですよね…
混乱したグリードはそのまま大総統の屋敷に単身乗り込み、いきなり攻撃を仕掛けてしまいました!
どういう理由でグリードがけしかけたのか…
またしても気になるところで斬られちゃいましたが来週は冒頭からバトルが盛りだくさんですね!
アームストロング家の騒動も見れそうだし楽しみです♪

次回「約束の日」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(64)   Top↑

2010.02.07 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
『アスベックというイシュヴァール人達のスラムに身を寄せていたマルコーたちのもとへ、ザンパノから居場所を知らされたエンヴィーがやってくる。応戦するマルコーやジェルソたちだったが、すんでの所で巨大化したエンヴィーにマルコーが捕らえられてしまう。マルコーが犯した罪をあげつらい、じわじわと彼を苦しめるエンヴィー。そのうえエンヴィーは、かつてマルコーの部下であった者たちを全員、賢者の石にした事を暴露する。それを知ったマルコーは……。』


ドラクマとの決戦はブリッグズ側の圧勝に終わったようで!!
血の紋を刻む…とはこういうことだったとはまさかドラクマも思わなかっただろうに(苦笑)
全てはキンブリーの思惑どおりってわけですね

アスベックに身を寄せ匿って貰っていたマルコー達はそれぞれの時間を過ごしていたようですね
メイに錬丹術を教えてもらってるけど、理論的じゃないせいかうまく理解できないようでw
ヨキは遊び相手というか髪を毟られて遊び道具になってる感じがしないでもないですが(笑)

リザさんと大総統のやりとりをここで入れてきますか!
国のトップと息子がホムンクルスであるのはどういう気分なのかと問われ、信じるべき家族が虚構で家族ごっこだと、人間を愚か者と罵って影で笑っていると応えるリザさん
息子だけでなく大総統の地位も部下も与えられたものだけど、妻だけは自分で選んだと――
こういうところを知ると他のホムンクルスとは違った一面が見てとれますよね…

ザンパノの密告によってこの場所をかぎつけたエンヴィー!!
だけど協力したと見せかけてエンヴィーを誘き出すための作戦だったと!
「ゴミ虫共が 我々を出し抜こうなんて考えが甘い」
マルコー達に近づこうとするエンヴィーだけど、足元からの攻撃に阻まれて前へ進むことができず苦しむことに!
地雷式で発動し、ホムンクルスだけに反応する錬金術だと種明かししたマルコーだけど、実際は離れた小屋に隠れているメイが操っているただの遠隔操作なんですよねw
足止めされて思い通りに嵌ってるエンヴィーの様子がおかしかったです(コラ)
苛立った一網打尽にしようと自分の体を巨大化、でもここでもザンパノ、ジェルソの連携とスカーの一撃で地に倒れることにあったと…
動けないふりをしてマルコーを拘束したエンヴィーは抵抗するマルコーを脅迫してきました
「何を今更悲しむ事がある?今まで散々賢者の石を作ってきたんだろう?人の命を使ってさ!!」
多くの人を犠牲にして作った賢者の石の作り方を知っているなら、
壊し方も当然理解していると手のひらの錬成陣をエンヴィーに叩き込んだマルコー!

石が破壊されて魂が徐々にはがれて本来の姿に戻っていったエンヴィー
ってこのシーンはまた中々グロイ感じになってましたね…
小さな虫みたいになっちゃったエンヴィーはちょっと可愛いなと思ったりw
麓の方で凄まじい光を見ていたイシュヴァール人の中に中井さんがいたのが気になりました(笑)
「勝ったぞ マルコー」
戦いを終えて疲れきってるマルこーに声をかけたスカー
これまで何もしてこなくてただ見てるだけだったから、少しでも責任を取りたかったんですよね…
だからせめてエンヴィーのことは自分で片をつけたかったと!
それはウィンリィの両親を見て強く感じた事だと打ち明けるシーンがよかったです

ってエンヴィーにちょっかいだしてたヨキが体に寄生されてるし!
仲間の命が惜しかったら…と人質にとろうとしてたエンヴィーだけど、他のメンバーからは仲間でもないしメイやアルはお別れの挨拶をしてるしw
結構長い付き合いのはずのスカーも完全に視線をそらして見ないようにしたー!!(笑)
「無駄な事はするなエンヴィー
もはや形振り構っている我々ではない 邪魔するならその男の身体ごと滅ぼすぞ」

迫真の演技で詰め寄ったわけですが、なんだか本気に見えて仕方ないw
でもこれを聞いたエンヴィーも仕方なく諦めるしかなくなったようで、作戦成功ですね!
あ、個人的には友達なんかじゃないと泣き喚くヨキに知り合いだけど友達じゃないとツッコミ入れるアルのシーンが見たかったです(笑)

お父様の計画について少しでも情報を得ようとする面々だけど、そう簡単に話すわけはないですよね
小さい瓶に閉じ込められてザンパノ上下に振られてるのが面白いですw
でもここでエドが坑道の崩落に巻き込まれて行方不明だということを知ることに…
だけどここでエドの身を案じてても何か進展するわけじゃないし無事を信じて先へ進むと!
こういう前向きで諦めないとこがアルのいいとこですよね
イシュヴァールを否定したこの国をただ憎むのではなく変えるために何かできることをと考えたスカーはマルコーと行動を共にすることになりました。そしてアルはスロウスの掘っていたトンネルを破壊するためにリオールへと向かうことに!なんだかいい感じにメンバーが集結って感じですね!

そしてメイにエンヴィーという不老不死の手がかりを渡すスカー
解読が進んでこれからも錬丹術の知識が必要だとわかってきたけど、他人の国に構っていて命運を預けたシン国の人達に示しがつかないということで託したんですよね…
「行け この国の事はこの国の人間でなんとかする」
別れ際のシーンでアルに抱きついたメイを見ててニヤニヤしてるウィンリィが見たかったのに(マテ)

久々にオリヴィエさんの出番が来ましたね!
セントラルで少佐と会って早々足を踏みつけて延々と嫌味を言い続けるオリヴィエさんがw
でもこれもオリヴィエさんなりの思いやりの一つですよね!
「今我らにとって守るべきはこの国の安寧
それを一瞬たりとも脅かす敵あらば圧倒的で完璧な敗北を与えてやらねばならん」

ってカッコよすぎです、ホント女性初の大総統も夢じゃないって思えてきます~(笑)
あんまり猛々しいから嫁の貰い手もない…とか余計なこと言うから思いっきり蹴られてるしw
膝を抱えてる少佐がデフォルメでなんとも可愛らしい画に(笑)

国家錬金法の三大制限――金を作るな、軍に逆らうな、人を作るな…
それぞれにちゃんとした理由があるけど、
人を作ってはならないというのは個人が強力な軍隊を持たないようにするためだと!
地下へと案内されたオリヴィエさんが見たのは人形の形をした兵器
…踏み込んではならない領域まできてしまいましたね(汗)

リオールに到着したアル達がまず訪れたのはロゼが切り盛りしている飲食店
突然現れた初対面の女性にエドに会いたかったのに…といわれて複雑そうな表情のウィンリィにニヤニヤ♪
是非エドの何?ってロゼにもツッコミして欲しかったです(笑/コラ)
ってここで店の手伝いをしていたホーエンハイムとばったり遭遇することになるわけですね!
バンダナまいて仕事してるとなんだか先週のカッコイイ人とは別人みたいですw

次回「バリンバリンの全開」
来週はようやくエドが…ってとこまでで区切られそうですね!
元グリードの一味だったビドーも動いてましたし次回も気になります!

http://blog.livedoor.jp/riku_mio/archives/51526588.html

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(6)   TrackBack(62)   Top↑

2010.01.31 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第42話「反撃の兆し」
『突如意識を失ったアルを抱え、道中の山小屋へ立ち寄ったウィンリィたち。そこで休憩がてら、メイとマルコーはスカーの兄の書を読み解こうと試みる。途中、意識の戻ったアルとマルコーの会話からヒントを得たメイは、スカーの兄の書に細工を施し、そこに秘められていた一つの錬成陣に辿りつく。だが、その錬成陣はなんと…。一方、スロウスの掘ったトンネルへ入ったキンブリーはそこでプライドと出会う。プライドはキンブリーに、ブリッグズ兵の一枚岩っぷりを利用し、ブリッグズの地に血の紋を刻めと命令する。』


山中で意識を失ったアルを抱え、山小屋へ立ち寄ると暫く休憩しつつ研究書の内容を探ることに
錬金術は一般人が簡単に解読できないよう比喩や寓意が用いられていることが多いということで
スカー兄の書にもそれがないか探っているものの肝心の暗号のようなものがないようで…
ようやく意識を取り戻したアルを一度元の状態に戻そうと組み立てている様子を見ていた
メイが何かに気づき、一度研究書を紐解くと同じ語句の表現がある場所を重ねてみようと!
こうやってちょっとしたことで気づいて組み立てなおすことができる錬金術って凄いですよね

重ね合わせた紙の束の図案を繋げて見えてきたのは…アメストリス国土錬成陣!
研究書に残されたのは本当にこれだけのことだったのか?
「まだ何かある バラバラにも気づけなかったんだ まだ何か…隠された何かがあってもおかしくないよ!」
アルのいうとおりこんなところで諦めてちゃ前に進めないですよね
というかせっかく順番どおりに並べたのに、くしゃみで台無しにするヨキがw
でもそのおかげか(笑)一度整理した紙を逆転させてみると、
そこには錬丹術を組み込んで発動する新たなアメストリス国土錬成陣が完成していました!

スカーの捜索を続けていたキンブリーは一度閉じられ使われなくなった扉からさらに地下へ足を踏み入れました
そこで出会ったのはホムンクルスのプライドはお父様からの命令を伝達にしきたようで
一枚岩であるブリッグズの強さを利用し、血の紋を刻めと――
その頃、砦に到着したマイルズの口から行方不明になったエドを発見することができなかったという情報が…
現在あちこちでの内乱の最前線に借り出されているのは元東方司令部メンバーなんですよね
上層部に目をつけられているからわざと酷い状況の戦場に置かれていると
中でも南部のアエルゴ軍との激戦の中に身をおくフュリー曹長の状況が…(汗)
大佐とのやりとりはアームストロング家縁のメッセンジャー、花屋のおばちゃんを使って連絡してるから問題ないけど、国の裏側で大変な事態になっているというのに手出しできないというのは何とももどかしいですよね…

暴動後、町の人達が協力して復興を続けているリオールではすっかり元気になったロゼが!
ってここで行き倒れそうになってるホーエンハイムがw
何もできないから料理を振舞うぐらいしか役に立てないというロゼに、
食事と笑顔だけでも十分笑顔になってると励ますホーエンハイムがいいですね♪
ロゼの存在はすっかり町の人達の癒しになってるんだなぁと!

そして、レト教の本部に向かったホーエンハイムは地下通路の奥へと進んでいきました
毒の水が広がり、一般人は足を踏み入れることができないけど、ホーエンハイムは錬金術で足場を!
突き当たりの壁を壊してさらに足を進めると、そこにはどこかへと続く線路が伸びていました
暗闇の奥から突然現れたプライドに襲われるホーエンハイム!
障害物や壁を作って封じようとするけど、鋭利な斬撃には全く意味がないようで(汗)
後ずさりしながら先ほど自分が入ってきた入り口に足をとられて倒れたところを狙われたものの
それ以上進むことができず傍観しているだけのプライドが!

一定ラインを超えてしまうと生きていられないため、トンネル内とセントラル中心部でしか動けないと推測されたけどどうやら図星のようで、攻撃手段を失ったプライドは苛立ってますねw
「あいつが最初に切り離したのがおまえ…『傲慢』だったって訳だ」
フラスコの中にいたときと同じ姿で切り離したことが傲慢で自尊心の強いお父様の本質だと!
「あいつに伝えろ そのうち奴隷二十三号が会いに行く
せいぜいセントラルでふんぞり返ってまっていろとな」

お父様に対して宣戦布告をしたホーエンハイムがかっこよくてニヤリとしちゃいました!
エドがいない分せめて父親が巻き返しとかないとですもんね(マテ)

そしてブリッグズの北壁が不在という情報、砦内部に協力者がいることをドラクマ側に伝えたキンブリーによって開戦宣言が…!!でもこっちの決着は意外と…ですよねw
ザンパノの密告によってマルコーたちの居場所がエンヴィーの耳に(汗)
これを原作で読んだときはその後の展開にびっくりしましたけどね!
駆け引きの結果はどうなるのか…来週のオリヴィエさんと少佐のやりとりが楽しみです♪

次回「蟻のひと噛み」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(63)   Top↑

2010.01.24 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第41話「奈落」
『キンブリーとその部下たちを始末しようと動き出すマイルズらブリッグズ要塞の面々。エドはなんとか彼を生かしたまま捕らえる事を提案するが、逆にマイルズに「その甘さが君や仲間の命を奪うかもしれないのだぞ」と一喝されてしまう。キンブリーが一人になったところを狙撃しようとするマイルズたち。だが彼らの計画に気づいたキンブリーに、実行直前で反撃に遭ってしまう。しかもエドの所には、キメラ化したキンブリーの部下、ダリウスとハインケルが襲い掛かってきて…。』


坑道を先へと進むウィンリィ達が見つけたのはダイナマイト
おっかなびっくりなウィンリィとメイとは別に湿気ってるから大丈夫だってヨキがなんだか頼もしい感じにw
その頃、天候が落ち着いたためキンブリーとその部下を殺すため動き出したマイルズとブリッグズ兵
即始末の方法は賛同できないと、錬金術を封じた上で情報を吐かせるよう提案するエドだけど…
キンブリーが素直に従うわけもないし、部下達が仕方なく命令に従っているにしろ
今のところはその可能性があるわけで、弱肉強食のブリッグズじゃそのやり方は通用しないんですよね(汗)
「君のその甘さが君の仲間の命を奪うかもしれないのだぞ」
だけど、エドのその甘い考え方は羨ましくもあると…
殺すことは簡単だけど生かす方が難しいっていうのは重い言葉ですよね…
でも仲間の命っていうとこがちょっと引っかかるというか違和感が(汗)

研究書を読み解きつつ進む一行は、スカーから単語の意味を聞くことで少しずつ理解できてきたようで
不老不死と金の関連用語が多いのは、シンでは不死の人を真人と呼び、完全な人と完全な金属の金を
あわせて金人と呼ばれているんですね!
話の内容がわからず悶々としてるウィンリィと他二人の表情が面白いw
シンに錬金術を伝えた人物が不老不死で金髪金眼だったという説もあるからだとか…
ってそれってホーエンハイムですよね、まるでエドとアルみたいってちょっとあたってます(笑)

ようやく山向こうに出られたと思ったらついてこい!!と偉そうなヨキがw
雪の深さに足をとられて落っこちてるのに他のメンバーにスルーされてるし、
今まで散々カットされてきたので今回も…と思ったらしっかり描写されてましたね(笑)
そして山越えして吹雪のせいで雪の中に埋もれてたアルを発見し合流!
久しぶりに再会してめちゃめちゃ嬉しそうなメイ・チャンが♪
砦に向かおうとしていた面々に、中央軍が配置され危険だと知らせたアル…
今戻ればまた敵の手中に戻ることになっちゃいますしね
ということで、この先にあるアスベックのイシュヴァール人のスラムへと身を隠すことに!

アルが姿を眩ましたことあばれないように、鎧の中にはブリッグズ兵の別人が!
微妙にぎこちない動きだけど、エドのために裏声で演技してるけど明らかにおかしいよw
スカー捜索にも自分たちの部下だけ連れて竪坑へと向かったキンブリーを狙撃するため
物陰に潜んで準備を進めていたわけですが、そこへエドがやってきちゃったと
ってあれ、エドから話しかけたらばれる可能性が高くなっちゃうんじゃ(汗)
この場にエドがいるのも時間稼ぎだと気づいていたようで、余裕の表情で錬金術を発動!
爆発を起こし雪煙で状況把握できないうちに一人だけ竪坑の中に入ったキンブリーを
追っていこうとするものの、そこにはハインケルとダリウスの二人が立ち塞がりました

視界が限られているのは向こうも同じだと思っていたエドだけど、
相手はキメラでしかも鼻が利くってことで厄介なんですよね
マイルズ少佐に近づかないよう忠告するものの、足を滑らせて下に落ちちゃいましたw
鉱山で使うダイナマイトを発見したエドはなにやら作戦を思いついたようで!
ダイナマイトの原料の中にある硝酸アンモニウムを分解してアンモニアを発生させるとは!
というかエドの質問に素直に答えてる二人とかしっかり鼻栓用意してるエドが面白かったですw

早速賢者の石を取り出したキンブリーがそれを使う前に軽量化したオートメイルのスピードで翻弄するエドがかっこよかった!!素早い攻撃シーンが凄かったですね!
一気に畳み掛けて術の発動前に錬金術の描かれた手を切り裂いたエド!
これで勝算があると思ったものの…キンブリーは焦ることもなく殺さない覚悟は戦場において付け込まれる隙になるともう一つの石を取り出し一気に爆破!!
爆発の衝撃で鉄骨が身体に刺さってるエドが~!!(汗)
アルも魂が肉体がある本来の場所へと引っ張られちゃって意識が朦朧としてるし、二人ともヤバイです…

「こんなんで泣かせるわけにはいかねえよなぁ…」
重傷を負いながらも何とか立ち上がり、ダリウスとハインケルまでも助けたエド
鉄骨を抜いてくれる人が必要だからってホントエドは強がりですよね…
賢者の石がないなら、自分の生命エネルギーを使って使って力を底上げすると
「自分の甘さが招いた結果ならケツは自分で拭かなきゃな」
痛みに耐えながら賢者の石、魂の力を使う感覚で錬金術を発動したエド@朴さんの演技が壮絶でした(汗)
とりあえず無事な組織を繋ぎ合わせて止血しただけだから、まだ危険な状態なんですよね…
こんな状態でも自分じゃなくキンブリーに狙われてるウィンリィ達を心配しちゃって
もうちょっとエドは自分の身も省みてくれないと見てるこっちがはらはらしちゃいますよ
ともあれエドが命の恩人という事で協力してくれることになりました!
廃坑の中に落ちていた賢者の石も発見してたけど、これが後々役に立つことになるんですよね

前回はかなりのペースで進んだのに、今回はそんなにだったりとペース配分が謎です~(苦笑)
エドがこんな状態になっちゃったので、ここはガツンとオリヴィエさんに決めてもらいたいです(コラ)

次回「反撃の兆し」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(66)   Top↑

2010.01.17 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第40話「フラスコの中の小人」
『ブラッドレイの命令で中央司令部へ召喚されたオリヴィエ。突破口を開くため、彼女はあえてブラッドレイの懐へ飛び込み、軍上層部に籍を置く。一方、中央司令部の食堂でホークアイと再会を果たしたロイは、彼女から伝えられた暗号から、大総統の息子、セリムの正体を知る。その頃、中央司令部地下では、お父様が在りし日の過去を夢見ていた。かつて隆盛を極めていた頃の王国・クセルクセス。そこで、“23号”と呼ばれる奴隷少年の血から生まれた彼は、礼としてその少年に名前を与える。その名は「ヴァン・ホーエンハイム」-。』


大総統によってセントラルへ呼び出されたオリヴィエさんは
そこで偶然セントラル勤務の大佐とばったり遭遇する事に!
会って早々舌打ちして思いっきり敵意をむき出しにしてるオリヴィエさんがw
あ、ここは是非もっとドロドロした黒いオーラで見たかったです(コラ)
ブリッグズへ暫く戻れないと話すオリヴィエさんを食事へ誘う大佐だけど…
奢りで破産するまで食べていいならと高圧的に言われたら引き下がるしかないですよね(笑)
「代わりに花などいかがでしょう?セントラルには良い花屋が多いですから」
ってしっかりと情報をくれたことに対して暗に感謝する大佐がいいなぁ!

そして大総統から単刀直入にレイブン中将に何をしたか追求されるオリヴィエさん…
怯むことなく聞いてもいない情報を喋る人間を傍においておくのはどうかと言い出し
中央に呼び出されたことを逆手にとり大総統に取り入っちゃうとは凄すぎる(汗)
相変わらずかっこよすぎです、オリヴィエさん!!
これでオリヴィエさんは栄転となり敵の内情を探ることも可能になるわけですよね…
「気に入ったぞ 強かに足掻けよ 人間」
って大総統の目が光ってるのが相変わらず怖いw
ブリッグズは中央の手が入ることになっちゃいましたが…
一枚岩である兵士達が易々と乗っ取られるようなタマじゃないと!
オリヴィエさんとの信頼関係があってこと成せる技ですよね

食事中、リザさんがコップで合図してから大佐と始めた会話
演習の話をそれとなくしてましたが順番に出てきた人の名前を繋ぎ合わせると…
リザさんが密かに教えてくれたのはセリムがホムンクルスだという事実が判明!
「ありえない…なんて事はありえない…か!」
こういう機転の利くところが凄いですよね、原作で読んでてもびっくりした覚えが!
直接は伝えられないから遠まわしに…だけどそれを理解してる大佐も凄いです(笑)
あ、でも大総統は仕事をサボらないから助かるとか言われちゃってましたがw

そしていよいよお父様の成り立ちが明らかになることに!!
ちょ、青年時代のホーエンハイム@浪川さんですか、かっこよすぎる(マテ)
まだクセルクセスで奴隷二十三号として働いていたホーエンハイムに呼びかけたのはその血を元に作られた黒い物体!
お礼に名前を与えるとなんだか最初から上から目線ですねw
長すぎて覚えられないということで、ヴァン・ホーエンハイムという名前を与えました(笑)
「自由と権利が欲しくないか?人間としての権利を手に入れないまま奴隷で一生を終える気か?
それでは息苦しいフラスコの中にいるのと同じだ」

フラスコの中の小人…と名乗ったそれはホーエンハイムにいろんな知識を与えたんですよね
その中に錬丹術もあり、いつしか奴隷を抜けて主について王宮に出入りできるようにもなったと!
青年時代のホーエンハイムがカッコイイので困りますw
でもこうやってみるとホントエドにそっくりですよね(笑)

クセルクセス王の前におかれ、不老不死の方法を教えたホムンクルス
灌漑用水路を作るという一環で派遣された兵士達は夜中に村の人々を皆殺しにし
次々と賢者の石精製の錬成陣を完成させていったと…
何も知らず国王が不老不死になる世紀の瞬間を目の当たりにしようとしていた時
けれど犠牲になった命を使って不老不死の身体にされたのはホーエンハイムでした
そしてその半分はホムンクルスがフラスコの外へ出るために使い、
容れ物としてホーエンハイムそっくりの身体を作り出したと!
これが一夜で滅亡したといわれるクセルクセスの真実だったとは…
この一件に加担させられ、賢者の石と融合させられたと知ったホーエンハイムを見てると何ともいえないです(汗)

道中であったカーティス夫妻にエドの親だと話すホーエンハイム
そういえば話してなかったんですっけね、顔見知りなのにw
発作を起こしたイズミさんの身体の異常に気づき、真理を見たのではと問い質しました
事情を知ったホーエンハイムがいきなりイズミさんのお腹に手刀を突き刺しましたよ(汗)
慌てて戻ってきたシグさんに殴り飛ばされたホーエンハイム!
本当は血の巡りをよくしてイズミさんの身体の状態を少しでも改善してくれたんですよね
でもあんないきなりじゃそりゃ誤解されちゃいますよ、それだけ切羽詰ってた状態だったんでしょうけど(苦笑)
医学を齧った程度だといってましたけど、やっぱり賢者の石の相乗効果が大きいのかな?
「私は…ヴァン・ホーエンハイムという人間の形をした賢者の石だ」
賢者の石に色々な呼び名があるように、その形状もさまざまだったというエド
小石サイズより大きいものは見た事がないというエドだけど…
巨大なものならばその材料に使われた人間も当然大量に必要になる
つまりホーエンハイムはそれだけの人が犠牲になってできた存在というわけですよね
父親がそうだと知ったらエドやアルはどう思うのか(汗)

今回はこれまた一気に解明されましたね、お父様の正体やホーエンハイムのことなど…
消化スピードもまたあがってきましたしどういう展開になるのか気になります!
来週はまたバトルがメインになりそうで楽しみです♪

次回「奈落」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(64)   Top↑

2010.01.10 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第39話「白昼の夢」
『エドとアルの奮闘により捕らえられたスカー。自分の両親を殺した彼に、ウィンリィはなんと傷の手当てを施す。「俺を許すのか」と尋ねるスカーに、「理不尽を許してはいない」と毅然とした態度で答えるウィンリィ。またイシュヴァールの血を継ぎながら「この国を変えるため」軍に居続けるマイルズの存在もスカーの心境に新たな変化をもたらす。マルコーたちの嘆願により、捕らえたスカーを一旦釈放する事にしたマイルズ。なんとかキンブリーの目を誤魔化し、ウィンリィ共々もまとめて彼らをブリッグズ要塞に匿おうと一同は作戦を考えるが、その時ウィンリィが思わぬ方法を口にした。』


今日から新OP&ED!
どっちもセリムとのプライドとのバトルが目立ってたような(笑)
曲は何度も聞いてれば慣れるかな?

ウィンリィを脇に抱え、上からキンブリーを見下ろすスカー!
キンブリーは人質がいるにも関わらず錬金術を発動させようとしましたよ(汗)
目の前にスカーがいてそんなこと関係ないって感じですね…
そのまま後を追いかけようとするものの、起きた爆煙に姿を隠しそのまま逃走!
エドがキンブリーに本気で掴みかかっていたのは芝居をしなければならなかった自分の不甲斐なさに腹を立てていたようで…

話はちょっと前に戻り、どうしてこうなったのかと場面に戻りました
ロックベル夫妻を殺したのは事実だし、自分を裁く資格があるというスカーに歩み寄り傷の手当てをするウィンリィが…
「勘違いしないで 理不尽を許してはいないのよ」
まっすぐにスカーを見据えて告げるウィンリィの言葉が胸に刺さります
スカーのしたことを決して許したわけではないんですよね
自分の両親を殺した相手なのに、その二人が助けた命だから何か意味があるだなんて…
本当にウィンリィは強いですよね、見てるこっちが心配しちゃいます。
「次に泣くときは嬉し泣きだって約束したから」
そんなウィンリィの頭にそっと手をやるエドも優しいなと!
ウィンリィはじっと堪えてるけど、スカーを目の前にしてエド達は許せるわけないですよね

なぜイシュヴァール人がアメストリスに加担するのかとマイルズに尋ねるスカー。
「この国の内側からイシュヴァール人に対する意識を変えるためだ」
いつまでかかるかわからないけれど国軍の中に投じられた小さな石の波紋がやがて大きな波となって
この世界を変えてくれるかもしれないし、そのことに気づかせてくれたのが生粋のアメストリス人だったと…
「貴様のような奴がいてくれてよかった」
こうやってマイルズやウィンリィと話した事で少しずつスカーの考えも変化していったのかなぁと

スカーを連行しようという直前、部屋の奥から現れたマルコーとメイ!
研究書解読のためにスカーが必要だから、身柄を拘束されては困るんですよね
ともあれオリヴィエさんからブリッグズ砦につれてくるようにも言われているし、
両方の問題を一度に解決するとなると全員を砦に匿うのがいい手だと考えたマイルズ
納得がいかず憤るエドに、アメストリス国民の命を守るためにも研究書の解読が
第一ではないかと諭しました。
ということでスカーとは一時休戦して協力体制をとることに!
「『どうせ』とか『しょうがない』とかあきらめないでよ!枯れたこと言わないでよ!!
元の身体に戻れる可能性を探りもしないでさ」

殺されそうになったザンパノとジェルソから本当の気持ちを引き出し自分の体がないことを明かし元の体に戻ることを何年かかっても諦めないと宣言するアルがかっこよかったです!
外は吹雪になりそうな天気になりどうしようかと迷っていたところでヨキの一言がその場を一転w
巨大な鉱山なら地下坑道が山の向こうまで繋がっているんじゃと指摘しました
あとはウィンリィを人質から解放し、キンブリーからも疑われないような策となると難しいところだけどここはウィンリィが意を決して自分がスカーに誘拐されるという提案を!思わず唖然としちゃってるエド達がw
スカーが抱えて逃げるところをエド達が静止するという案を聞いたらいてもたってもいられないですよね
「命握られてるのよ!?こっちも命がけで逃げなきゃ逃げ切れないのよ!!」
ウィンリィを巻き込みたくないし何よりスカーにウィンリィのことを託すなんて…って感じで(苦笑)
こういうとき肝っ玉が据わってるウィンリィがカッコイイなぁ!!
非常事態ということで仕方なくスカーにウィンリィのことを頼むことにしたエド
そして、キンブリーの手下達も一緒に同行することになりました
別れる手前に自分のピアスをエドに手渡したウィンリィ
必ず再会できることを願って砦で待ってると伝えるウィンリィがいいなぁと♪

そしてようやく冒頭のシーンへと繋がるわけですね!
吹雪で立ち往生してる際に少しでも先へ進んでくれるといいわけですが…
道中でマルコーから両親の話をきいたウィンリィ
それを傍で聞いていたスカーも思うところがあるようで
以前師父や兄に言われたことを思い出していました
理不尽を許すのではなく耐える、実際直面すると難しいことですよね…
ってここでも元炭鉱経営者のヨキの知識が大活躍w
坑道の地図を見て抜け道をあっさりと言い当て感心されたせいか調子に乗ってるし(笑)
もし賢者の石の作り方を持ち帰れば皇帝はそれを実行する、大勢の人々を犠牲にしてまで
不老不死の方法を手にしようとは思えないメイ
その答えも研究書を解読すれば手がかりが掴めるかもしれないと一向は砦へ急ぐことに!

でもそんな矢先オリヴィエさんがセントラルに召喚され、ブリッグズにも中央の手が!
そんなときにウィンリィたちが到着したら敵の手中に飛び込むことになっちゃいますよ…
何とか知らせる手段を探すものの、生身の人間がいったとしてもこの吹雪の中では、
ということで、疲れを知らない体を持っていて凍えないアルが向かうことに!
吹雪の中、目が眩んだアルが目撃したのは審理の扉の前に佇む自分の肉体でした
伸ばされた手を思わず掴み取ろうとするとその幻はすぐに消えたけど、
相反する存在の鎧に定着されている魂が肉体に引っ張られていると…
アルにも残された時間は少なくなってきてるんですよね(汗)
そして地下では錬成陣の上に人柱候補の人間を駒として並べているお父様が…
いよいよ舞台は整ってきたという感じで圧迫感がありました
最後の一人は誰なのか…それはまだ先になりそうですね!
来週はお父様についてまた明らかになることが…
それにしてももう19巻とは、早いなぁと感じます(苦笑)
そういえばキンブリーとやりとりしてるブリッグズ兵に子安さんがいたのが気になりましたw

次回「フラスコの中の小人」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(58)   Top↑

2009.12.27 Sun
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第38話「バズクールの激闘」
『スカーを捕まえるため、バズクールという街に来たエド、アル、ウィンリィとキンブリー、マイルズたち。各所が手分けして探す中、エドとアルは軍の目を盗んで、独自にスカーを、彼と一緒にいるメイ共々探し出そうとする。予想外にあっけなくメイやマルコー、ヨキたちと再会するエドとアル。彼らがヨキの思わぬ過去話を聞かされていたその頃、メイたちと別行動していたスカーの所へ、キンブリーの部下であるザンパノとジェルソが現れる。』


部屋に戻ったリザさんを出迎えたハヤテ号が可愛い♪
とはいってもセリムに脅された後だと暗闇に光る目を見たら怖くなっちゃいますよね…
珍しく冷静さを失っていたリザさんの所へ一本の電話が!
「ありがとうございます ご贔屓の花屋です」
って明るい大佐@三木さんボイスがw
大量の花を処分して欲しいという電話だったけど、リザさんの様子がおかしいと一瞬で察知して気遣ってくれる大佐がいいですね!話せば大佐にも危険が及ぶとわかってるから何でもないとしか言うことができないけど
気遣ってくれる大佐の声を聞いてちょっとは安心できたんだろうなぁ
年内ラストに大佐の出番がちょっとでもあってよかったです(笑/コラ)

スカー追跡のためバズクールという元鉱山の街を訪れたエド達
とりあえず各地に散らばって捜索することになったけど、エドとアルにはダリウスとハインケルが同行するってことで、隙を突いて監視の目を潜りあっさりと撒くことに成功したものの、場所が広すぎてぐったりしてるし
って困ってたら予想外に早くメイと合流できた二人!!
自分を捜しているってことと会いたかったなんていわれてメイの妄想がまたレベルアップしてるよ(笑)
単に錬丹術のことを聞きたかっただけなのに、いつのまにか兄弟で略奪愛とか酷い妄想にww
あ、でも鎧の中に隠してたウィンリィのことをただの幼馴染と弁解するアルも面白かったです(コラ)
そしてここでメイを追いかけてきたマルコー、ヨキと再会することに!!

マルコーは顔がすっかり変わっちゃってるからわからないのは仕方ないとして本気で忘れ去られてるヨキがw
しかもなぜかモノクロでヨキのユースウェル炭鉱時代の回想シーンがスタートですか(苦笑)
まぁこの話はすっかりカットされちゃいましたからね…今更やってもって感じが(ぁ
エドに騙されて炭鉱の経営権を奪われた挙句悪行を東方司令部に報告されて追放されたんでしたっけw
まぁ元々は賄賂で中央に取り入ってたり、炭鉱の経営権を振りかざして町の人を苦しめてたから自業自得というか…資金調達のために賭博で一攫千金を夢見たものの逆に一文なしになっておまけに最後は強盗ですか!
しかも侵入した屋敷がアームストロング家とかもうどうしようもなさすぎるw
ここでチラッとでてきた末っ子のキャスリンとあわせてオリヴィエさんの二人はやっぱり突然変異だと思う(マテ)
やたらと長い回想シーンを無視して適当に同情したふりをするエドw
その頃、いつの間にかいなくなったウィンリィのことでキンブリーも何となく気づき苛立ってる感じで…

賢者の石の作り方も知り、この国の成り立ちと錬金術の違和感に気づき
シンの錬丹術に可能性を求めてメイを追ってきたことを話すエド
スカー兄が残した研究書を読み解くことができれば解決策はあるのではないかと…
暗号を解くためにはスカーの力が必要だけど、エドにとっては簡単に納得はできないですよね(汗)
近くで爆発が起こり、スカーが戦闘しているのではないかと様子を見に行くエドとアル

一方、潜んでいたスカーはキンブリーの部下のザンパノ、ジェルソと対峙していました!
久しぶりのバトルメインだけど安心してみれますね!
相手がキメラってことで最初から本気なものの、状況が悪くなると足場崩しに出るスカーの手も見抜かれちゃってるようで、動きを封じられているところへ丁度エドとアルが到着、キンブリーの取り巻きをみるやゲテモノ―!!!って思いっきり蹴ったり殴り飛ばしたり、わざとらしい演技が酷すぎるw
しかも寒冷地仕様で軽量化されたせいか前よりも素早く攻撃できて嬉しそうなエドが悪人面すぎです(笑)
ジェルソの唾液を水に分解しそのままアルに体当たりさせて急速に冷却させて動きを封じた!!
もう一人のザンパノには味方の証拠を見せろと告げて元に戻ろうとした隙に踵落としで粉砕ってw
ここはテンポよくて本当に面白かったです(笑)

でもこの間にスカーが復活し、エド、アルと再びバトル開始!
足場を崩され向かってきたスカーに窮地に陥りそうになったエドとアルだったけど
ウィンリィの言葉に動揺した瞬間に再びスカーを拘束することに成功しました
そこへ合流し、スカーに銃口を向けるマイルズ
「話させてください ちゃんと向かいあって話がしたいの」
どうして両親を殺したのか尋ねるウィンリィに対してロックベル夫妻を殺したのは事実でどんなことをいっても言い訳にはならないと…両親を殺した相手に向き直るウィンリィを見てると覚悟があるとはいえ切なくなります…

その頃、ブリッグズでは先遣隊捜索が出口へと戻ってきていました
24時間経過すれば塞ぐと宣告されていたため、希望は薄かったものの合図を送ると扉が開き外へ出ることができたようで!オリヴィエさんが見張りに手渡した時計ははじめから壊れていたんですよね、
こういう情に厚いところも含めて本当にオリヴィエさんがカッコイイ!!
ブリッグズの山は白と黒しかないと言うオリヴィエさんに見上げれば青もあるというバッカニア
「人の心と同じですな このたびはお情けをかけていただきありがとうございます」
「さあ 何のことかわからんな」
ここであえてとぼけるオリヴィエさんも男前すぎです!このときのオリヴィエさんが綺麗でした♪
氷の女王って言われてるけどこういう優しさもあるところがブリッグズの一枚岩に繋がってるんだろうなと!
しかし派遣されてきた中央軍によって雲行きが怪しくなってきましたね…

ウィンリィとスカーの話は途中で区切られちゃって来年ですか
潜んでいた建物の屋上にはウィンリィを連れ去ったスカーの姿が!!
あのあとに何があったかは次に語られるわけですが
ウィンリィーとスカーのやりとりはもうちょっと入れといた方がよかったなと思ったり(苦笑)

次回「白昼の夢」

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師    Comment(8)   TrackBack(50)   Top↑

税金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。